close

Enter

Log in using OpenID

PDF形式:420kB

embedDownload
Ⅴ 技術力の維持・向上
職員の技術力の維持・向上を図るためには、技術情報の共有化と局内外への情報発信を進めるこ
とによって技術を継承することが必要である。また、下水道関連機関や各国と技術交流をすること
により更なる技術の向上が期待できる。
1
1 技
技術
術の
の継
継承
承
技術を確実に継承していくために、技術情報の共有化および有効活用を促進するとともに、局内
外への情報発信を継続的に実施する。この一環として、平成18年度に既存システムを改良し、技
術情報検索システム及び技術情報データベースを導入している。
【技術情報の共有化・有効活用】
• 技術情報の共有化の充実
・局内各部所に蓄積されている技術情報を集約
・データベースによる一元的な管理
• 技術情報の水平展開
・職場研修や職種ごとの研究発表会を開催
• 職員提案の中の技術的課題の抽出
・職員提案における現場等における技術的な課題と取組について抽出・活用
【技術情報の発信】
• 技術調査年報による情報発信
・技術調査年報の編集、発行
・過去26年分の技術調査年報の電子化と局ホームページへの掲載
• 技術情報の発表
・下水道協会誌などの専門誌に投稿
・下水道研究発表会や講演会などへの参加
・WEF(米国水環境連盟)
、IWA(国際水協会)などでの論文発表
• 技術の公開
・建設技術展示館、下水道展などにおける共同研究の説明用パネル・模型の展示
技術情報検索
システム
技術管理
新技術
技術情報
データベース
データベース
データベース
技術情報検索システムのイメージ
40
2
2 技
技術
術交
交流
流
技術交流には、国土交通省等の関連機関への技術協力と国際交流がある。これらにより、広い範
囲の最新技術情報を得るとともに、局からも情報発信を行い、相互に交流することで、技術力の維
持向上に努める。
• 下水道関連機関への技術協力
・各種会議・委員会の委員
下水道技術開発連絡会議(国土交通省、日本下水道事業団、下水道新技術推進機構、
東京都、政令指定都市の職員で構成)
、国土交通省、土木学会等
• 国際交流
・都の姉妹・友好都市との交流への参加
ニューヨーク市(姉妹都市)、北京市、パリ市など10都市(友好都市)
・アジア大都市ネットワーク 21(ANMC21)への参加
「下水道維持管理技術者研修」による研修生の受け入れ
・国際会議への参加
WEF(米国水環境連盟)
、IWA(国際水協会)等
・海外からの訪問者及び技術研修員の受入れ
局への申し込み、知事本局、外務省、国際協力機構(JICA)等を通じての受入れ
・インターネット等による海外への技術情報発信
英語事業概要、R&R(Reclamation&Recycling:局の英語技術情報誌)の局ホ
ームページへの掲載
VOL.11 NO.4
March 2004
The name of "Water Reclamation Center"
starts in April 2004!
Sewerage has played an important role in improving our living environment through drainage
and disposal of wastewater. In addition, it performs more and more various roles at present
such as creating rich and pleasant water environment by introducing reclaimed wastewater
reuse, advanced wastewater treatment and recycling resources and energy in sewerage such
as extracting thermal energy from wastewater, etc.
The Bureau of Sewerage intends to contribute, as the core of local community, to the
development of a recycling society that harmonizes with the environment.
To clear this intention, the name of "Wastewater Treatment Plant" will be changed to
"Water Reclamation Center."
The name, "Water Reclamation Center" was decided by public proposals of Tokyo
residents. And "The Committee for Reviewing Wastewater Treatment Plant in Local
Community" has proposed 5 viewpoints through that
Bureau of Sewerage should consider
Water Reclamation Centers "to be recognized", "to be visited", "to be delighted", "to be
learned" and "to be made use of" by Tokyo residents as our customers.
Bureau of Sewerage has held many events that everyone can take part in and variety of PR
activities at wastewater treatment plants by making use of local characteristics. Meanwhile,
upper parts of treatment facilities are made opened to public as parks and playgrounds.
Taking the committee's proposal into consideration, Bureau of Sewerage will enhance a
relationship with people by expanding such efforts to become a company loved by Tokyo
residents, creating desirable water environment for the future.
>>top of this page
英語技術情報誌「R&R」
IWA(国際水協会)専門家会議の様子
41
103
2,500
105
100
87
79
2,000
80
大韓民国
65
61ヵ国
1,500
人
数
大韓民国
1,000
中国
大韓民国
500
中国
大韓民国
クロアチア
中国
アメリカ
その他
タイ
その他
H13
H14
その他
42
大韓民国
大韓民国
フィリピン
その他
タイ
中国
マレーシア
インド
その他
その他
H17
H18
その他
0
H15
H16
H19
海外からのお客様の推移
アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)共同事業の一つ、
「下水道維持管理技術者研修」の様子
(管路内清掃作業現場)
(和田弥生幹線内)
42
60
40
大韓民国
中国
中国
中国
国
数
20
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
421 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content