close

Enter

Log in using OpenID

パスファースト Prolactin

embedDownload
三菱化学メディエンス
体外 診 断用医 薬 品
診断薬・機器
臨床検査機器
プロラクチンキット
パスファースト Prolactin
パスファーストProlactin
性周期
n
卵胞期
参考基準範囲
パスファーストProlactin (ng/mL)
中央値
95%範囲
78
7.08
2.36 - 26.8
排卵期
24
6.67
5.61 - 19.9
黄体期
52
3.82
4.41 - 26.7
閉経後
50
67.5
1.74 - 12.8
パスファースト
プロラクチンキット
Prolactin
他法との相関(血清)
200
200
y = 1.029x + 0.203
y = 1.017x - 0.549
r = 0.988
n = 108
150
本法 (ng/mL)
本法 (ng/mL)
r = 0.992
n = 105
150
100
50
100
50
0
0
0
50
100
150
200
0
50
他法 -1(ng/mL)
100
150
200
他法 - 2 (ng/mL)
交差反応性
検体 種間の相関(血清・血漿・全血)
検体種
交差反応物質
濃度
交差反応性
黄体形成ホルモン (LH)
1,000 ng/mL
検出感度以下
X
Y
甲状腺刺激ホルモン (TSH)
1,000 ng/mL
検出感度以下
血清
卵胞刺激ホルモン (FSH)
1,000 ng/mL
検出感度以下
ヒト成長ホルモン (hGH)
1,000 ng/mL
検出感度以下
ヒト絨毛性ゴナドトロピン (HCG)
35,000 ng/mL
検出感度以下
ヒト胎盤性ラクトーゲン (hPL)
200,000 ng/mL
検出感度以下
傾き
切片
r
n
ヘパリンLi血漿
0.987
0.628
0.993
50
ヘパリンLi血漿
ヘパリンLi全血
1.010
-1.152
0.993
68
ヘパリンLi血漿
ヘパリンNa血漿
1.000
0.100
0.996
68
ヘパリンLi血漿
ヘパリンNa全血
1.023
-1.013
0.990
68
全血測定におけるヘマトクリット値は40%を使用した。
血清検体に上記ホルモンを所定濃度添加し、影響を確認した。
仕様
Prolactin
プロラクチンキット
製品名
製品番号
測定方法
測定時間
検体種
測定時必要検体量
測定範囲
試薬セット内容(60テスト用)
較正の頻度
推奨されるコントロール
検体の安定性
参考基準範囲
認証番号
パスファーストProlactin
パスファーストProlactin
PF0161-K
1ステップ CLEIA
約26分
ヘパリン加血漿・全血・血清
50μL
0.2〜200 ng/mL
カートリッジトレイ
(6テスト) 10個
較正剤(1) 2本
較正剤(2) 2本
較正剤希釈液 2本
4週間毎
バイオラッド社製「リクイチェックTM イムノアッセイプラスコントロール」
全血:2〜8℃で6時間
血漿:2〜8℃で3日、20℃で2ヶ月
血清:2〜8℃で3日、20℃で2ヶ月
4.98〜26.4 ng/mL(健常人男性分布の95%値)
221AHAMX00012000
製造販売元
(本社)〒108-8559 東京都港区芝浦 4-2-8
お問い合せ先 TEL. 03(6722)5710 URL http://www.medience.co.jp/
3C1007PFM-01
2010年7月作成
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
624 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content