close

Enter

Log in using OpenID

平成18年度予算概要説明

embedDownload
2006
甲 斐 市 広 報 誌
April.2006
No.020
4
平成18年度予算概要説明 …………3
甲斐市議会議員一般選挙 …………………7
竜王土地改良区総代選挙…………………9
固定資産税課税台帳の閲覧など ………10
税金等納期限および口座振替日 ………10
おみゆきさん開催 ………………………11
消防団表彰 ………………………………11
寄付 ………………………………………12
ガーデニングの知恵 ……………………12
あなたの好きな甲斐市 ……………13
自治会訪問 …………………………14
甲斐の歴史探訪 ……………………15
スポーツインフォメーション ………16
マンスリーニュース ………………18
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
図書館、児童館情報 …………………20
インフォメーション・お知らせ
お花見
■桜は神が宿る木として昔から神聖視
された木でした。そのため桜の下での
お花見は、神と人との共同飲食という
古代の信仰行事の名残りともいわれて
います。■お花見は平安時代に二条城
のあたりで天皇が桜を見物したのが始
まりとされ、その後、豊臣秀吉が行っ
た吉野、醍醐の豪華絢爛な花見は有名
です。江戸時代になると庶民の間でも
盛んに行われるようになり、今日にい
たっています。■市のホームページ上
の「甲斐市BlogNews」では今年も市内の
桜情報を掲載します。みなさんのお花
見会の参考にしてください。
行
政 ……………………………………22
講
座・教
相
談 ……………………………………30
室 …………………………26
イベント …………………………………30
その他情報 ………………………………30
甲府地区広域行政圏情報 ………………30
ふれあい文化館だより …………………31
警察からのお知らせ ……………………32
環
境 ……………………………………33
福祉保健 …………………………………35
予定表 ………………………………38
玉幡公園オープン …………………40
表紙の写真は玉幡公園内の河津桜です。
QRコード
甲斐市の人口
74,295人(−138)
(平成18年1月末現在)
住民基本台帳人口72,976人(−129) 男性36,491人(−110) 女性36,485人(−19)
世帯数28,117世帯(−121) 外国人登録人口1,319人(−9)
( )内は前月比
■発行/甲斐市
〒400-0192
■編集/秘書広報課
山梨県甲斐市篠原2610
055
(278)
1678
055
(276)
7216
http://www.city.kai.yamanashi.jp
対応する携帯で読み取
ると甲斐市の携帯ホー
ムページを表示します。
り
組
み
ま
す
︒
ぎ
︑
総
合
計
画
で
定
め
る
将
来
像
で
あ
り
ま
す
「
3
あ
ふ
れ
る
生
活
快
適
都
市
﹂
を
実
現
す
る
た
め
︑
全
力
で
取
緑
と
活
力
の
定
年 3 の
と年年
位目で
置をし
付迎た
けえ︒
︑る
新
市平
建成
設 18
計年
画度
のは
基︑
計
本画
理に
念基
をづ
引く
き実
継行
等
新
生
甲
斐
市
の
歩
む
べ
き
方
針
︑
指
針
を
決
め
る
計
画
策
出た
し平平
︑成成
総
17
合 年 16
年
計度度
画はは
︑甲合
防
災斐併
計市元
画と年
及し︑
初
びて
のめ
男第て
女一の
共歩通
同を年
参力予
画強算
プくと
ラ踏な
ンみっ
要審に平
旨議提成
を に 出 18
掲先さ年
載立れ度
しちまの
し各
ま︑
藤
す た会
︒巻︒計
義
麿 予
市 算
長 が
3
よ
り 月
概 甲
要 斐
説 市
明 議
が 会
あ 定
り 例
ま 会
し
た
の
で
︑
市
民
サ
ー
ビ
ス
の
一
層
の
向
上
を
図
り
ま
す
自
己
改
革
を
進
め
︑
財
政
の
健
全
化
に
留
意
し
︑
平
成
18
年
度
予
算
概
要
説
明
線
﹂
の
整
備
を
図
り
ま
す
︒
に
努
め
ま
す
︒
生
活
快
適
都
市
﹂
の
推
進
に
向
け
︑
市
民
の
生
活
向
上
づ
く
施
策
を
引
き
続
き
展
開
し
︑
﹁
緑
と
活
力
あ
ふ
れ
る
こ
が
︑平と
主成が
要 18 必
な年要
施度で
策はあ
に︑る
つ総と
い合考
て計え
は画て
︑のい
新初ま
市年す
建度︒
設と
計な
画り
にま
基す
支
を
均
衡
さ
せ
︑
持
続
可
能
な
財
政
構
造
へ
転
換
す
る
歳
出
の
効
率
化
を
進
め
る
こ
と
に
よ
り
︑
単
年
度
収
て
い
る
市
道
﹁
上
の
段
南
原
線
﹂
お
よ
び
﹁
岩
森
菖
蒲
沢
市
建
設
計
画
に
伴
う
幹
線
道
路
整
備
に
位
置
付
け
ら
れ
改
良
︑
ま
た
︑
幹
線
道
路
整
備
事
業
に
つ
い
て
は
︑
新
●
道
路
網
の
整
備
ま
す
︒
塩
崎
駅
周
辺
整
備
に
つ
い
て
は
︑
都
市
計
画
決
道
路
改
良
工
事
等
に
要
す
る
経
費
な
ど
を
計
上
し
て
い
道
路
新
設
・
改
良
事
業
に
つ
い
は
︑
市
道
の
新
設
・
定
に
向
け
て
の
図
面
等
を
作
成
し
ま
す
︒
し
ま
し
た
︒
最
小
の
経
費
で
最
大
の
効
果
が
発
揮
で
き
る
よ
う
編
成
削
減
の
難
し
い
経
常
経
費
の
見
直
し
に
重
点
を
置
き
︑
駅
橋
上
駅
舎
︑
南
北
自
由
通
路
お
よ
び
竜
王
駅
北
口
線
整
備
を
進
め
る
た
め
︑
用
地
取
得
費
を
は
じ
め
︑
竜
王
口
に
ふ
さ
わ
し
い
利
便
性
︑
安
全
性
の
高
い
交
通
環
境
ら
︑
こ
れ
ま
で
の
よ
う
に
投
資
的
な
経
費
だ
け
で
な
く
︑
竜
王
駅
周
辺
整
備
事
業
に
つ
い
て
は
︑
本
市
の
玄
関
す
が
︑
市
税
な
ど
歳
入
の
確
保
に
全
力
を
尽
く
し
な
が
●
新
市
の
拠
点
と
な
る
地
域
整
備
事
業
よ
り平
︑成
国 18
・年
県度
支の
出予
金算
等は
が︑
削国
減の
さ三
れ位
厳一
し体
いの
状改
況革
でに
﹁
し都
た市
ま機
ち能
づの
く充
り実
﹂
甲斐市総合計画基本構想
市政運営の基本方針となる甲斐市総合計画基本構想の策定にあ
たり、市民の声を反映するため、アンケート調査を実施するとと
もに、地域懇話会を開催し広く意見をいただきました。また、地
つ
い
て
検
討
し
て
い
き
ま
す
︒
試
験
運
行
を
行
い
︑
市
全
体
の
公
共
交
通
の
あ
り
方
に
中
東
部
︑
南
部
地
域
と
J
R
竜
王
駅
を
結
ぶ
ル
ー
ト
の
関
の
利
用
促
進
お
よ
び
渋
滞
解
消
を
目
的
に
市
西
部
︑
査
と
し
て
︑
駅
利
用
の
利
便
性
の
向
上
︑
公
共
交
通
機
間
に
お
い
て
︑
竜
王
駅
周
辺
整
備
事
業
の
事
業
活
用
調
で
の
検
証
の
結
果
︑
平
成
18
年
度
か
ら
19
年
度
の
2
年
試
行
期
間
を
延
長
し
運
行
し
て
き
ま
し
た
が
︑
こ
れ
ま
コ
ミ
ュ
ニ
テ
ィ
バ
ス
試
行
運
行
事
業
に
つ
い
て
は
︑
●
●す
公︒河河
共
川川
交
・改
通
水修
機
路事
関
等業
等
の
の
改
整
良
備
・
改
修
の
経
費
を
計
上
し
ま
域を代表する市民や学識経験者、市議会議員による総合計画審議
会において、十分な協議、検討を進め、答申をいただきました。
本計画については、本市の現状や特性、地域経営の方針を踏ま
えつつ、合併の理念などを引き継ぎ、目指すべき将来像を、「緑
と活力あふれる生活快適都市」とし、平成18年度から27年度を
目標年次とする今後10年間の地域経営の方針を定めています。
まちづくりの基本理念として、「地域の経営」「市民との協働」
「行政運営の見直し」を掲げ、基本政策としては「都市機能の充
実したまちづくり」「心豊かで文化のかおるまちづくり」「健やか
で心ふれあうまちづくり」「活気にあふれるまちづくり」「安全で
快適に暮らせるまちづくり」「住みよさをみんなで築くまちづく
り」の6つの方針を設けました。
今後、計画の推進にあたり、市民本位にたった市政を基本とし、
市民のみなさんに対する説明責任を果たすとともに、透明性の高
い市政運営に努めていきます。
4
5
●
ス
ポ
ー
ツ
活
動
の
推
進
定
文
化
財
の
保
護
︑
活
用
に
努
め
て
い
き
ま
す
︒
の
予
防
体
制
や
各
あ
り
︑
そ
の
た
め
康
管
理
が
重
要
で
支
援
し
て
い
き
ま
す
︒
換
奨
励
金
支
給
事
業
等
に
よ
り
就
業
・
自
立
に
向
け
て
支
援
教
育
訓
練
給
付
金
支
給
事
業
お
よ
び
常
用
雇
用
転
財
団
の
補
助
制
度
を
活
用
し
︑
長
期
利
用
可
能
と
な
る
双
葉
B
&
G
海
洋
セ
ン
タ
ー
に
つ
い
て
は
︑
B
&
G
種
検
診
の
充
実
を
整
備
を
行
い
ま
す
︒
利
用
者
の
利
便
性
を
図
る
た
め
︑
駐
車
場
の
用
地
取
得
︑
実
施
し
︑
文
化
・
芸
術
の
振
興
に
努
め
る
と
と
も
に
︑
市
民
の
健
康
づ
●
保
健
医
療
施
策
葉
ふ
れ
あ
い
文
化
館
に
お
い
て
も
自
主
企
画
事
業
等
を
で
あ
る
各
公
民
館
事
業
の
充
実
を
図
り
ま
す
︒
ま
た
双
実
を
図
る
た
め
︑
引
き
続
き
図
書
を
購
入
し
ま
す
︒
立
図
書
館
に
つ
い
て
は
︑
親
し
ま
れ
る
施
設
と
し
て
充
多
く
の
み
な
さ
ん
に
利
用
し
て
い
た
だ
い
て
い
る
市
り
︑
継
続
し
た
健
揚
が
不
可
欠
で
あ
と
り
の
意
識
の
高
は
︑
市
民
一
人
ひ
費
を
計
上
し
︑
ま
た
︑
母
子
福
祉
に
つ
い
て
は
︑
自
立
る
生
活
が
送
れ
る
よ
う
各
種
の
支
援
制
度
に
要
す
る
経
家
族
を
含
め
障
害
者
が
地
域
の
中
で
生
き
が
い
の
あ
●す事童をも画
障︒業健運にに
害
を全営フ基
者
は育しァづ
福
じ成まミき
祉
め事すリ︑
と業︒ー相
しおまサ談
たよたポ・
子び各ー支
育延児ト援
て長童セ体
支保館ン制
援育にタの
施なおー整
策どけ︑備
をのる子を
推特放育図
進別課てる
し保後広と
ま育児場と
国
指
定
重
要
文
化
財
を
は
じ
め
と
す
る
数
多
く
の
指
く
り
の
た
め
に
生
涯
学
習
の
推
進
に
つ
い
て
は
︑
文
化
活
動
の
拠
点
●
生
涯
学
習
・
ス
ポ
ー
ツ
活
動
の
推
進
﹁
健
や
か
で
心
ふ
れ
まあ
ちう
づ
く
り
﹂
児
童
福
祉
に
つ
い
て
は
︑
次
世
代
育
成
支
援
行
動
計
上
し
て
い
ま
す
︒
校
耐
震
補
強
お
よ
び
大
規
模
改
修
に
要
す
る
経
費
を
計
替
に
要
す
る
経
費
︑
ま
た
災
害
対
策
に
伴
う
竜
王
小
学
さ
ら
に
︑
老
朽
化
に
伴
う
敷
島
中
学
校
体
育
館
の
建
流
を
深
め
ま
す
︒
は
︑
平
成
18
年
度
は
中
学
生
を
派
遣
し
︑
さ
ら
な
る
交
ア
・
タ
ラ
マ
ラ
ハ
イ
ス
ク
ー
ル
と
の
交
流
に
つ
い
て
ア
メ
リ
カ
・
キ
オ
カ
ッ
ク
市
お
よ
び
オ
ー
ス
ト
ラ
リ
支
援
サ
ー
ビ
ス
を
推
進
し
ま
す
︒
援
・
要
介
護
状
態
に
な
ら
な
い
よ
う
介
護
予
防
や
生
活
し
ま
す
︒
こ
れ
に
よ
り
︑
高
齢
者
が
で
き
る
限
り
要
支
役
割
を
担
う
た
め
に
地
域
包
括
支
援
セ
ン
タ
ー
を
設
置
図
り
ま
す
︒
サ
ポ
ー
ト
す
る
講
座
を
開
催
し
︑
自
学
学
習
の
推
進
を
目
指
し
︑
中
学
生
の
自
主
学
習
を
学
生
チ
ュ
ー
タ
ー
が
に
進
め
て
い
き
ま
す
︒
ま
た
︑
中
学
生
の
学
力
向
上
を
●
国
際
交
流
の
推
進
会
の
実
現
を
目
指
し
て
い
き
ま
す
︒
活
動
な
ど
に
積
極
的
に
取
り
組
み
︑
男
女
共
同
参
画
社
す
る
た
め
︑
市
民
の
み
な
さ
ん
へ
の
情
報
提
供
や
啓
発
男
女
共
同
参
画
プ
ラ
ン
で
定
め
た
基
本
目
標
を
達
成
●
福
祉
施
策
の
充
実
で
き
る
保
健
福
祉
サ
ー
ビ
ス
を
推
進
し
て
い
き
ま
す
︒
て
そ
れ
ぞ
れ
所
要
の
経
費
を
計
上
し
︑
安
心
し
て
生
活
伴
い
︑
介
護
予
防
に
係
る
事
業
を
一
体
的
に
実
施
す
る
高
齢
者
福
祉
に
つ
い
て
は
︑
介
護
保
険
法
の
改
正
に
に
よ
り
︑
学
校
運
営
を
円
滑
し
た
学
校
教
育
支
援
員
制
度
と
も
に
︑
小
学
校
を
対
象
と
か
な
指
導
の
充
実
を
図
る
と
設
置
制
度
に
よ
り
︑
き
め
細
学
校
3
年
生
へ
の
市
単
教
員
●
男
女
共
同
参
画
事
業
の
推
進
い
き
ま
す
︒
の
里
ク
ロ
ス
カ
ン
ト
リ
ー
な
ど
各
種
事
業
を
開
催
し
て
種
ス
ポ
ー
ツ
教
室
や
ス
ポ
ー
ツ
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
︑
梅
さ
ら
に
夏
期
巡
回
ラ
ジ
オ
体
操
の
誘
致
を
は
じ
め
各
の
た
め
︑
国
民
健
康
保
険
特
別
会
計
へ
の
繰
出
金
と
し
特
別
会
計
な
ら
び
に
国
民
健
康
保
険
制
度
の
基
盤
安
定
計
お
よ
び
平
成
18
年
度
か
ら
新
設
す
る
介
護
サ
ー
ビ
ス
す
る
た
め
︑
老
人
保
健
特
別
会
計
︑
介
護
保
険
特
別
会
高
齢
者
が
生
き
生
き
と
暮
ら
せ
る
地
域
社
会
を
実
現
小
学
校
低
学
年
お
よ
び
中
●
学
校
教
育
の
充
実
﹁
か心
お豊
るか
まで
ち文
づ化
くの
り
﹂
内
プ
ー
ル
の
管
理
・
運
営
を
進
め
て
い
き
ま
す
︒
す
︒
ま
た
︑
4
月
に
オ
ー
プ
ン
す
る
玉
幡
公
園
総
合
屋
ー
キ
ン
グ
用
コ
ー
ス
を
設
け
る
等
の
改
修
を
行
い
ま
び
生
活
習
慣
病
対
策
と
し
て
も
活
用
で
き
る
水
中
ウ
ォ
所
要
の
経
費
を
計
上
し
ま
す
︒
児
救
急
医
療
セ
ン
タ
ー
の
確
立
を
目
指
し
︑
負
担
金
等
域
医
療
体
制
の
整
備
︑
夜
間
等
の
救
急
体
制
お
よ
び
小
ま
た
︑
地
域
の
医
療
機
関
と
の
連
携
を
強
化
し
︑
地
よ
う
温
水
化
整
備
を
図
る
と
と
も
に
︑
介
護
予
防
お
よ
図
り
ま
す
︒
費
を
計
上
し
ま
す
︒
き
続
き
実
施
し
︑
平
成
18
木
造
住
宅
耐
震
診
断
を
引
5
月平
号成
で 18
お年
知度
ら各
せ会
し計
まの
す予
︒算
額
等
に
つ
い
て
は
市
内
3
か
所
の
温
泉
施
設
の
維
持
管
理
に
要
す
る
経
を
作
成
し
ま
す
︒
さ
ら
に
︑
●
温
泉
管
理
事
業
に
つ
い
て
は
︑
引
き
続
き
支
援
し
て
い
き
ま
す
︒
新
緑
ま
つ
り
﹂
﹁
緑
と
ふ
れ
あ
い
フ
ェ
ス
テ
ィ
バ
ル
﹂
﹁
学
問
ま
つ
り
﹂
﹁
ド
ラ
ゴ
ン
フ
ェ
ス
タ
﹂
﹁
い
き
い
き
観
光
イ
ベ
ン
ト
事
業
と
し
て
︑
﹁
お
み
ゆ
き
さ
ん
﹂
市
民
防
災
パ
ン
フ
レ
ッ
ト
識
の
啓
発
を
行
う
た
め
︑
ま
た
︑
市
民
へ
の
防
災
意
耐
震
性
貯
水
槽
を
設
置
し
︑
テ
ム
構
築
に
引
き
続
き
取
り
組
み
ま
す
︒
●
観
光
資
源
の
整
備
も
引
き
続
き
実
施
し
て
い
き
ま
す
︒
す
る
と
と
も
に
︑
勤
労
者
の
生
活
安
定
資
金
貸
付
事
業
業
の
担
い
手
で
あ
る
中
小
企
業
へ
の
資
金
供
給
を
支
援
小
学
校
へ
の
飲
料
水
兼
用
策
事
業
と
し
て
︑
双
葉
西
計
上
し
て
い
ま
す
︒
ま
た
︑
地
震
対
策
お
よ
び
防
災
対
組
合
お
よ
び
峡
北
広
域
行
政
事
務
組
合
へ
の
負
担
金
を
務
等
の
運
営
経
費
と
し
て
︑
甲
府
地
区
広
域
行
政
事
務
合
で
進
め
て
い
る
行
政
へ
の
申
請
や
届
出
業
務
の
シ
ス
子
自
治
体
構
築
に
向
け
︑
山
梨
県
市
町
村
総
合
事
務
組
●
情
報
化
推
進
上
し
て
い
ま
す
︒
市
民
の
利
便
性
向
上
の
た
め
︑
国
が
進
め
て
い
る
電
小
口
資
金
融
資
制
度
の
活
用
促
進
を
図
り
︑
地
域
産
常
備
消
防
事
業
と
し
て
︑
消
防
事
業
お
よ
び
救
急
業
る
補
助
金
な
ど
の
経
費
を
計
●
商
工
業
の
振
興
所
要
の
経
費
を
計
上
し
て
い
ま
す
︒
た
︑
広
域
営
農
団
地
農
道
整
備
事
業
負
担
金
と
し
て
︑
●
消
防
・
防
災
の
充
実
負
担
金
を
計
上
し
ま
す
︒
広
域
事
務
組
合
お
よ
び
峡
北
広
域
行
政
事
務
組
合
へ
の
会
施
設
設
置
改
修
事
業
に
係
自
治
振
興
事
業
︑
地
域
集
●
身
近
な
自
治
の
振
興
道
水
路
の
改
修
を
引
き
続
き
実
施
し
て
い
き
ま
す
︒
ま
ご
み
処
理
︑
し
尿
処
理
事
業
と
し
て
︑
中
巨
摩
地
区
す
る
と
と
も
に
︑
農
業
振
興
を
図
る
た
め
の
農
業
用
の
朽
化
に
伴
う
上
堰
頭
首
工
改
修
に
要
す
る
経
費
を
計
上
き
推
進
し
て
い
き
ま
す
︒
土
地
改
良
事
業
と
し
て
︑
老
●
環
境
衛
生
の
向
上
積
極
的
な
事
業
の
推
進
を
図
り
ま
す
︒
め
︑
下
水
道
事
業
特
別
会
計
へ
の
繰
出
金
を
計
上
し
︑
﹁
住
築み
くよ
まさ
ちを
づみ
くん
りな
﹂で
す
る
経
費
を
計
上
し
︑
中
北
部
活
性
化
事
業
を
引
き
続
流
域
の
水
質
保
全
と
生
活
環
境
の
改
善
を
図
る
た
望
し
て
い
き
ま
す
︒
ラ
イ
ン
ガ
ル
テ
ン
休
憩
施
設
の
残
り
20
棟
の
建
設
に
要
努
め
る
と
と
も
に
︑
ク
ン
施
設
の
管
理
運
営
に
め
︑
ク
ラ
イ
ン
ガ
ル
テ
展
開
を
促
進
す
る
た
●
下
水
道
事
業
調
査
研
究
を
進
め
て
い
き
ま
す
︒
に
即
し
た
水
道
ビ
ジ
ョ
ン
を
策
定
す
る
た
め
に
必
要
な
金
を
計
上
し
︑
上
水
道
事
業
に
つ
き
ま
し
て
は
︑
地
域
理
を
図
る
た
め
︑
簡
易
水
道
事
業
特
別
会
計
へ
の
繰
出
設
置
さ
れ
ま
す
よ
う
︑
引
き
続
き
関
係
機
関
に
強
く
要
安
心
し
て
暮
ら
せ
る
甲
斐
市
の
実
現
の
た
め
︑
早
期
に
●
防
犯
体
制
等
の
充
実
め
ま
す
︒
甲
斐
警
察
署
の
設
置
に
つ
い
て
は
︑
市
民
が
安
全
で
開
発
や
交
流
型
農
業
の
簡
易
水
道
事
業
に
つ
い
て
は
︑
給
水
施
設
の
維
持
管
を
図
り
︑
交
通
事
故
の
な
い
安
全
な
環
境
づ
く
り
に
努
業
と
連
携
し
た
特
産
品
し
︑
ま
た
︑
観
光
や
商
●
上
・
下
水
道
の
整
備
維
持
管
理
に
要
す
る
経
費
を
計
上
し
ま
す
︒
引
き
続
き
交
通
安
全
教
育
と
交
通
安
全
施
設
整
備
等
●
交
通
安
全
の
推
進
優
良
な
農
地
を
保
全
玉
幡
公
園
を
は
じ
め
と
す
る
市
内
の
都
市
公
園
等
の
て
い
ま
す
︒
●
農
林
業
の
振
興
●
公
園
の
整
備
・
緑
化
の
推
進
改
修
の
た
め
の
調
査
と
設
計
に
要
す
る
経
費
を
計
上
し
﹁
活
気
まに
ちあ
づふ
くれ
り
﹂る
﹁
安
全
で
快
暮適
らに
せ
る
ま
ち
づ
く
り
﹂
防
災
無
線
の
維
持
管
理
︑
防
災
無
線
の
老
朽
化
に
伴
い
︑
修
工
事
に
対
す
る
補
助
金
を
交
付
し
ま
す
︒
こ
の
ほ
か
︑
年
度
よ
り
︑
木
造
住
宅
耐
震
改
修
事
業
と
し
て
耐
震
改
6
投
票
所
整
理
券
は
︑
は
が
き
で
1
人
投
票
所
に
は
点
字
投
票
用
紙
と
点
字
●
場
所
◆
投
票
所
整
理
券
す年ば
︒4投
月票
17 で
日き
まま
です
︒
につ
生ま
まり
れ︑
た昭
人和
で 61
◆
点
字
投
票
・
代
理
投
票
す
の
で
ご
注
意
く
だ
さ
い
︒
●
時
間
甲時午日
斐ま前︵
市で8土
役
時︶
ま
所
30 で
竜
分
王
か
庁
ら
舎
午
3
後
階
8
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
1
7
投
票
時
間
が
午
後
7
時
ま
で
と
な
り
ま
︻
年
齢
要
件
︼
の
住
民
基
本
台
帳
に
登
録
さ
れ
て
い
る
現
在
で
︑
引
き
続
き
3
か
月
以
上
本
市
し地てりす
なょ図あま︒市
おうをるせこ内
︑︒よ投んれに
く票がま投
第
確所︑で票
14
か名投の所
・
めと票投
15
て8所票は
・
か 〜 整 所 21
16
ら9理とか
投
出ペ券変所
票
かーに更あ
所
けジ書はり
は
まのいあま
︑
◆
投
票
所
投
票
日
ま
で
に
満
20
歳
以
上
に
な
れ
●人仕て
期は事投
間期や票
日親所
4前族に
月投の行
10 票 冠 け
日が婚な
︵で
月き葬い
︶ま祭人
な︑
か
らすどあ
4︒がる
あい
月
15
るは
︵
総
務
課
法
制
選
挙
担
当
内
︶
出
が
し
て
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
︒
甲
斐
市
選
挙
管
理
委
員
会
事
務
局
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
ら
か
の
用
務
で
投
票
区
の
区
域
外
に
い
公
共
施
設
に
も
置
い
て
あ
り
ま
す
︒
年
1
月
8
日
以
前
に
転
入
な
ど
の
届
け
投
票
日
に
レ
ジ
ャ
ー
や
買
い
物
等
何
し
ま
す
︒
な
お
︑
各
庁
舎
︑
公
民
館
等
こ
と
が
必
要
で
す
︒
つ
ま
り
︑
平
成
18
◆
期
日
前
投
票
の
で
︑
届
か
な
い
人
は
連
絡
を
お
願
い
し
出
て
く
だ
さ
い
︒
で
に
新
聞
折
り
込
み
で
配
布
さ
れ
ま
す
行
さ
れ
ま
す
︒
選
挙
期
日
の
2
日
前
ま
登
録
基
準
日
の
平
成
18
年
4
月
8
日
て
い
ま
す
の
で
︑
投
票
所
の
係
員
に
申
今
回
の
選
挙
で
は
︑
選
挙
公
報
が
発
︻
住でまけ日い
所すすて本る
要︒が住国人
︑所民︒
件
詳ので名
︼
しあ︑簿
いる本に
要人市は
件がに︑
は登3満
次 録 か 20
のさ月歳
とれ以以
おて上上
りい続の
本
市
の
選
挙
人
名
簿
に
登
録
さ
れ
て
◆
投
票
で
き
る
人
承
く
だ
さ
い
︒
を
尋
ね
る
場
合
が
あ
り
ま
す
が
︑
ご
了
た
め
免
許
証
等
の
提
示
や
生
年
月
日
等
い
れ
ば
投
票
で
き
ま
す
︒
本
人
確
認
の
人
の
た
め
に
︑
代
理
投
票
が
認
め
ら
れ
補
者
の
氏
名
を
書
く
こ
と
が
で
き
な
い
自
由
な
人
な
ど
自
分
で
投
票
用
紙
に
候
いく由器
ま︒申で具
た
し点を
︑
出字用
体
るの意
が
よでし
不
うきて
自
るい
に人ま
由
おにす
な
伝は︒
人
え︑目
や
く遠が
目
だ慮不
が
不
さな自
◆
選
挙
公
報
い
人
で
も
選
挙
人
名
簿
に
登
録
さ
れ
て
いれれ
︒ぞば
れ︑
の不
施在
設者
で投
票
確が
認で
しき
てま
くす
だ︒
さそ
な
お
︑
紛
失
し
た
人
︑
届
い
て
い
な
が
不
在
者
投
票
施
設
に
認
定
さ
れ
て
い
票
の
際
に
持
参
し
て
く
だ
さ
い
︒
病
院
や
老
人
ホ
ー
ム
等
︑
そ
の
施
設
に
1
枚
ず
つ
郵
送
さ
れ
ま
す
の
で
︑
投
し
ま
し
ょ
う
︒
議
員
選
挙
で
︑
あ
な
た
の
1
票
が
こ
れ
か
ら
の
甲
斐
市
を
決
め
る
大
切
な
機
会
で
す
︒
必
ず
投
票
甲
斐
市
議
会
議
員
一
般
選
挙
は
︑
4
月
16
日
︵
日
︶
が
投
票
日
で
す
︒
甲
斐
市
と
し
て
初
め
て
の
甲
斐
4 市
月
16 議
日 会
(日)
議
午
前
員
7
時
か 一
ら
午 般
後
8
選
時
ま
で 挙
投
票
は
︵
一
部
午
後
7
時
ま
で
︶
◆
※
不いがす投期
在︒届で票日
者
いにで前
投
て投き投
票
い票ま票
れ所すは
ば整︒︑
持理
3
参券
施
し︵
設
ては
ど
くが
こ
だき
で
さ︶
も
館
︵
双
葉
庁
舎
東
隣
︶
甲目敷庁
斐的島議
市室総室
双
合
葉
文
歴
化
史
会
民
館
俗
2
資
階
料
多
第1投票所 竜王中学校屋内運動場
第2投票所 竜王西保育園
対 象 竜王1区・竜王2区
地 区 竜王3区・竜王4区
対象
上篠原区・古村区・新居区
地区
県緑化センター
(竜
国
道
20
号
警察官宿舎
至竜王駅
国道
いこいの広場
至榎
深沢建材
トキワ管工
日本石油タンク
至
韮
崎
至
甲
府
竜王駅
ソネカワ
サイクル
山梨交通駐車場
対 象 田中区・田中2区・万才1区・万才東区・
地 区 榎東区・榎西区・下八幡3区
至
甲
府
国道52号
杉山洋品店
第5投票所 竜王南小学校体育館
対 象 名取区・竜王仲町区(旧仲町)・富竹新田1区・
地 区 富竹新田2区・富竹新田3区・富竹新田4区
道
市立北保育園
市立西保育園
三菱SS セブンイレブン
有泉輪業
県道竜王芦安線
金丸時計店
第4投票所 竜王東小学校体育館
央
岸谷産業
亀屋商店
至
信
玄
橋
小田切自工
20号
中村文具店
メゾン青柳
竜王中学校
とん平
中
三枝病院
ホンダクリオ山梨
至
甲
府
山県神社
竜王寿し
至慈照寺
バイパス食堂
王バ
イパ
ス)
青葉幼稚園
中央
保育園
和食吉野
対 象 竜王新町1区・竜王新町2区・竜王新町3区・竜王新
地 区 町4区・竜王新町5区・竜王新町6区・竜王新町7区
竜王北
小学校
本妙寺
オスカー
第3投票所 竜王北保育園
第6投票所 竜王体育館(旧中部町民体育館)
対 象 仲新居区・上八幡区・中八幡・
地 区 下八幡1区・下八幡2区
至竜王駅
榎郵便局
中
央
道
甲府信用金庫
竜王支店
保坂医院
もちでん
パークス
二区・三区公会堂
中部公民館 玉幡小学校
中銀
りゅうえい
万才保育園
ぼんち
竜王体育館
東保育園
駐
車
場
竜王東児童センター
田中団地
東小学校体育館
敷
島
田
富
線
働く婦人の家
南小学校体育館
塩部自動車
ケーヨーディツー
国道20号
至
甲
府
第7投票所 竜王西小学校体育館
対 象 八幡新田1区・八幡新田2区・
地 区 月林区・玉川西区
至
開
国
橋
かおり
幼稚園
第8投票所 玉川地区集落集会所
対 象 玉川東区・冷間区・
地 区 玉川団地1区・玉川団地2区
玉
幡
四
ツ
角
対 象 敷島台・大久保・天狗沢・
地 区 境北・境南・牛句
敷島総合
公園
玉幡保育園
パチンコクイーン
笹本商店
玉川保育園
ほっかほか弁当
玉川保育園
玉川地区集落集会所
冷
間
住
宅
駐在所
〒郵便局
清澤寺
金丸米殻店
マルサン食品
日立寮
農林高校
敷島北小学校
屋内運動場
なかよし児童館
南部公園
日立玉川寮
セブンイレブン
警察学校
至吉沢
南部
公民館
くすりのめぐみ
めぐみ薬局
至
甲
府
いわした
第9投票所 敷島北小学校屋内運動場
西小学校
西小学校体育館
東部農協玉幡支所
さいとう
至玉川団地
瑞良寺
敷島総合会館
敷島中学校
ハイツ浅川
ヤマザキ
ショップ
敷島庁舎
シェル石油
セブンイレブン
第10投票所 敷島中学校屋内運動場
対 象 大栄・西町・上町北・上町南・
(旧竪町)
地 区 敷島竪町
第11投票所 松島団地集会場
第12投票所 敷島南小学校屋内運動場
対 象 事業団・敷島新町(旧新町)・
地 区 寺前・松島団地・さつき野
対象
長塚・大下条東・大下条西・大下条南
地区
アマノ
パークス
駐在所
〒郵便局
敷島総合会館
敷島中学校
屋内運動場
敷島庁舎
清澤寺
オギノ
貢
川
中
下
条
公
園
集松
会島
場団
地
消防署
シェル石油
セブン
イレブン
デイリー
↑
松島団地入口
宝
珠
寺
ロ
ー
ソ
ン
小僧寿し
長塚公民館
山梨中央
銀行
セブン
イレブン
敷島南小学校
屋内運動場
ファミリー
マート
本
興
寺
JR中央線
シャトレーゼ
中央自動車道
8
第13投票所 敷島小学校屋内運動場
対 象 敷島仲町(旧仲町)・東町西・東町仲・
地 区 東町東・宮地・町屋・町屋南・川辺町
第14投票所 睦沢地域ふれあい館(旧睦沢地区公民館) 第15投票所 清川地域ふれあい館(旧清川地区公民館)
対 象 大下・中下・中村・久保・藤の木・
地 区 打返・漆戸・獅子平・上菅口
ふれあい
中央児童館
対 象 下菅口・安寺・神戸・前屋・下福沢・上福沢・
地 区 下芦沢・本村・小川・平見城・大明神
中村公民館
敷島小学校
屋内運動場
昭和シェル
JA農協
亀
沢
川
車不可
車
不
可
電話交換局
ビニールハウス
バーベキュー
亀沢の村
睦沢地域
ふれあい館
エネオス
JA睦沢支所
清川地域
ふれあい館
亀
沢
川
デイリー
ストア
清川釣り堀
小僧寿し
シャトレーゼ
第16投票所 吉沢地域ふれあい館(旧吉沢地区公民館) 第17投票所 双葉保健福祉センター(旧双葉町保健センター) 第18投票所 双葉東公民館(団子公民館)
対 象 下宿・高山台・上宿・
地 区 双葉竪町(旧竪町)
対象
窪田・中島・寺平・千田
地区
対 象 大垈・高原団地・団子・
地 区 新田・菖蒲沢
至昇仙峡
青龍寺
双葉東小学校
竜
地
溜
池
至サントリー登美の丘ワイナリー
大︵
垈工
バ事
イ中
パ︶
ス
双葉保険
福祉センター
吉沢地域
ふれあい館
オギノ
団子公会堂
長泉寺
妙秀寺
吉沢簡易水道
双葉東
公民館
大
垈
バ
イ
パ
ス
荒 川
高原団地
中央自動車道
平瀬浄水場
第19投票所 甲斐市役所双葉庁舎(旧双葉町役場) 第20投票所 双葉西保育園
横町・寺町・双葉仲町(旧仲町)・上町・富士見台・
対象
緑ヶ丘・双葉新町(旧新町)・旭台・つくし野・
地区
山本・上の山・岩森・下志田・上志田・バイパス
中央自動車道
東部・塩崎町・田畑・田畑団地・
対象
中村条・上郷・米沢・笠石・
地区
金剛地・滝沢・唐松団地・駒沢
桃花の街・藍色の街・杏色の街・
対象
萌黄の街・双葉響が丘団地・登美団地・
地区
希望ヶ丘・滝坂・大屋敷
中央自動車道
双葉JCT
広域農道
広域農道
塩崎駅
第21投票所 桃花の街クラブハウス
JR中央線
JR中央線
長昌院
双葉西保育園
桃花の街
クラブハウス
オギノ
甲斐市役所
双葉庁舎
妙善寺
双葉ふれあい
文化館
JAよってけし
国道20号
中央自動車道
双田橋
塩川大橋
竜王土地改良区
総代総選挙
国道20号
4月29日に任期満了を迎える竜王土地改良区の総代選挙が、
次のとおり執行されます。
● 投票日時………4月26日
(水)午前7時〜午後2時
● 立候補届受付…4月19日
(水)〜20日
(木)
午前8時30分〜午後5時
■問い合わせは…
甲斐市選挙管理委員会事務局(総務課法制選挙担当内)
055
(278)1661
9
甲
斐
市
に
固
定
資
産
税
を
納
税
す
る
人
縦土
覧地
帳・
簿家
の屋
縦価
覧格
等
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
3
税
務
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
示
し
て
い
た
だ
き
ま
す
︒
た
だ
き
ま
す
︒
納期限・
納期月 口座振替日
が
わ
か
る
書
類
︵
契
約
書
等
︶
を
提
本
人
で
あ
る
こ
と
を
確
認
さ
せ
て
い
は
︑
当
該
資
産
を
借
り
て
い
る
こ
と
は
︑
運
転
免
許
証
等
に
よ
り
納
税
者
ま
た
︑
借
地
人
・
借
家
人
に
つ
い
て
は
︑
委
任
状
が
必
要
と
な
り
ま
す
︒
や
﹁
課
税
明
細
書
﹂
の
提
示
も
し
く
※
縦
覧
に
あ
た
っ
て
﹁
納
税
通
知
書
﹂
※
右
記
以
外
の
人
が
閲
覧
す
る
場
合
・
納
税
管
理
人
資
産
の
み
︶
・
借
地
人
・
借
家
人
︵
貸
借
に
か
か
る
◆
・・閲
・
納親所固覧
税族有定で
管
者資き
︵産る
理
納の人
人
税所
義有
務者
者︵
納
︶税
と
同義
居務
者
の︶
15
番
窓
口
︶
竜
王
庁
舎
税
務
課
資
産
税
担
当
︵
1
階
◆
・縦
・
家
土
納る甲覧
屋
地
税人斐で
︵
︵
者
市き評号家地土
と
にる価︑屋積地
同
︑人額種の︑の
︶類所評所
居
固
の
定
︑在価在
親
資
構︑額︑
族
産
造地︶地
税
︑番
番
を
床︑
︑
納
面家
地
税
積屋
目
す
︑番
︑
市県民税 軽自動車税 固定資産税
国民健康
保険税
下水道受益
者負担金
4月 5月 1日(月)
固定資産課税台帳の閲覧
および土地・家屋価格等縦覧帳簿
の縦覧ができます
閲
覧
場
所
午
前
9
時
〜
午
後
5
時
︵
土
・
日
・
祭
日
を
除
く
︶
4
月
1
日
〜
5
月
閲
覧
期
間
31
日
記
縦
載 15 竜 覧
内番王場
容窓庁所
口舎
︶税
務
課
資
産
税
担
当
︵
1
階
日
を
除
く
︶
午
前
9
時
〜
午
後
5
時
す
の
で
ご
利
用
く
だ
さ
い
︒
1期
全期前納
5月15日(月)
全期後納
(口座振替無し)
5月
5月31日(水)
1期
5月31日(月)
1期
6月15日(木) 全期前納
6月
全期後納
(口座振替無し)
6月30日(金)
1期
7月 7月31日(月)
8月 8月31日(木)
6月30日(金)
全期
2期
2期
2期
4期
2月 2月28日(水)
3月 4月 2日(月)
2期
3期
3期
4期
4期
4期
3期
4期
11月30日(木)
12月25日(月)
6期
資
産
の
内
容
に
つ
い
て
知
自
分
の
所
有
す
る
固
定
の
閲
覧
が
で
き
ま
す
︒
る
基
礎
と
な
る
課
税
台
帳
固
定
資
産
税
を
算
定
す
す
の
で
ご
確
認
く
だ
さ
い
︒
き
ま
し
て
は
︑
左
表
の
と
お
り
と
な
り
ま
金
等
の
納
期
限
お
よ
び
口
座
振
替
日
に
つ
は
︑
市
役
所
各
担
当
課
窓
口
ま
た
は
︑
市
座
振
替
を
御
利
用
く
だ
さ
い
︒
申
込
用
紙
納
付
に
は
手
間
が
か
か
ら
ず
便
利
な
口
す
の
で
︑
お
早
め
に
お
願
い
し
ま
す
︒
ま
で
1
か
月
以
上
か
か
る
場
合
も
あ
り
ま
さのの内
ない本で金
お︒・︑融
支振機
︑
店替関
申
窓希窓
し
口望口
込
に口に
み
て座用
か
おの意
ら
申あし
口
しるて
座
込金あ
振
み融り
替
く機ま
開
だ関す
始
平
成
18
年
度
の
甲
斐
市
の
税
金
︑
負
担
10月2日(月)
10月31日(火)
5期
12月 12月25日(月)
7月31日(月)
8月31日(木)
3期
11月 11月30日(木)
1月 1月31日(水)
1期
3期
9月 10月 2日(月)
10月 10月31日(火)
2期
り
た
い
人
は
︑
こ
の
期
間
5期
1月31日(水)
7期
2月28日(水)
8期
4月2日(月)
■問い合わせは
● 市県民税、
軽自動車税、固定資産税…税 務 課( 竜 王 庁 舎 1 階 )
● 国民健康保険税………………………保 険 課( 竜 王 庁 舎 1 階 )
● 下水道受益者負担金…………………下 水 道 課( 竜 王 庁 舎 2 階 )
● 保育料…………………………………子育て支援課
(敷島庁舎1階)
● 介護保険料……………………………高齢福祉課
(敷島庁舎1階)
税固
台定
帳資
の産
閲課
覧
※覧縦格び
縦
4覧ん資屋所で覧等家
月期の産の有き帳縦屋
1間でのどすま簿覧の
ご帳ちるす﹂帳価
日
了簿ら課のを簿格
〜
承だか税で次﹂等
5
くけだ対ごのおを
月
だしけ象利期よ記
31
さかの資用間び載
日
い縦場産くの﹁し
︵
︒覧合がだみ家た
土
・
では土さ無屋﹁
日
き︑地い料価土
・
まそ︑︒で格地
祭
縦等価
せの家
保 育 料 介護保険料
5月1日(月)
の
み
無
料
で
閲
覧
で
き
ま
6期
055(278)1663
055(278)1665
055(278)1670
055(277)3115
055(277)3116
は
︑
市
内
す
べ
て
の
課
税
対
象
土
地
お
よ
平
成
18
年
度
税
金
等
納
期
限
お
よ
び
口
座
振
替
日
10
一宮の神輿
二宮の神輿
小河原正夫交通部長から藤巻市長に
︵
財
︶
日
本
消
防
協
会
会
長
表
彰
団
る永に
体表表年お
表彰彰のい
彰種を功て
別受労︑
は章が
次い認甲
斐
のた
め
市
とし
おまら消
れ防
り
でし栄団
すた誉は
︒︒あ︑
第
58
回
山
梨
県
消
防
記
念
日
式
典
3
月
4
日
に
開
催
さ
れ
ま
し
た
各
種
表
彰
甲を
斐受
市章
消
防
団
し
ま
し
た
︒
市
は
︑
2
月
27
日
︑
山
梨
県
警
で
死
亡
事
故
ゼ
ロ
2
0
0
日
に
達
生
し
た
の
事
故
以
来
︑
2
月
22
日
県
警
か
ら
感
謝
甲状
斐
市
へ
輿
の
会
の
メ
ン
バ
ー
も
︑
神
輿
を
女
装
姿
で
本
竜
王
地
区
の
み
な
さ
ん
と
消
防
団
・
神
も
に
釜
無
川
の
水
防
祈
願
に
や
っ
て
き
ま
す
︒
ダ
イ
・
ソ
コ
ダ
イ
﹂
と
独
特
の
掛
け
声
と
と
は
竜
王
一
区
の
三
社
神
社
を
め
ざ
し
︑
﹁
ソ
コ
市
で
は
︑
昨
年
8
月
6
日
に
発
竿
頭
綬
11
謝
状
を
贈
ら
れ
ま
し
た
︒
日
間
発
生
し
な
か
っ
た
と
し
て
感
0
5
5
1
︵
2
0
︶
3
6
5
4
商
工
観
光
課
︵
双
葉
庁
舎
2
階
︶
お
み
ゆ
き
さ
ん
実
行
委
員
会
事
務
局
︵表
財
︶彰
山旗
梨
県
消
防
協
会
会
長
表
彰
ご
へ
い
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
6
竜
王
支
所
地
域
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
れ
る
﹁
お
み
ゆ
き
さ
ん
﹂
が
︑
信
玄
堤
を
舞
15
日
に
甲
州
三
大
神
幸
の
ひ
と
つ
に
数
え
ら
挟
ん
で
垂
ら
し
た
も
の
の
こ
と
︼
三
社
御
幸
つ
で
︑
紙
ま
た
は
布
を
切
り
︑
細
長
い
木
に
幸
行
列
絵
巻
よ
り
︶
︻
御
幣
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
い
も
煮
汁
・
も
ち
無
料
配
布
さ
く
ら
の
花
満
開
を
過
ぎ
る
こ
ろ
︑
4
月
形
︒
︵
上
絵
江
戸
時
代
中
期
宝
暦
の
三
社
御
ご
へ
い
:
諸
神
社
︵
甲
府
美
和
神
社
︵
笛
吹
市
御
坂
町
︶
台
に
し
て
︑
行
な
わ
れ
ま
す
︒
:
市
︶
か
ら
御
幣
か
ら
は
お
神
輿
が
︑
三
宮
の
玉
三宮の御幣
察
本
部
か
ら
死
亡
事
故
が
2
0
0
一
宮
浅
間
神
社
︵
笛
吹
市
一
宮
町
︶
︑
二
宮
の
神
祭
用
具
の
一
演
奏
︑
み
ゆ
き
ソ
コ
ダ
イ
踊
り
︑
や
は
た
催
し
物
案
内
神
輿
等
の
渡
御
︑
信
玄
太
鼓
こ
れ
は
江
戸
時
っ
て
き
ま
す
︒
こ
さ
ん
﹂
︶
が
や
︵
通
称
﹁
ぽ
ん
ぽ
会日や
場時い
だ
三4雰
社月囲
神 15 気
社日に
︵︵包
信土ま
玄︶れ
堤正ま
公午す
園〜︒
︶︵
付雨
近天
決
行
︶
や
信
玄
太
鼓
の
演
奏
な
ど
が
行
な
わ
れ
︑
華
ま
す
︒
そ
の
ほ
か
︑
み
ゆ
き
ソ
コ
ダ
イ
踊
り
担
い
で
信
玄
堤
と
本
竜
王
地
区
を
ね
り
歩
き
い
た
ま
つ
り
の
代
に
行
わ
れ
て
「土壌資材を上手に使いましょう」
いよいよ春本番です。一面に咲き乱れた草花、また鉢
に溢れんばかりに咲いた草花を見ると、自分でも咲かせ
てみたくなります。
花苗は、咲き始めたばかりのものが簡単に調達できま
すが、それらを大きな株に育てたり、長持ちさせるのは
大変です。それには良い土と、十分な肥料が必要です。
今回は良い土について話しましょう。
植物が健康に育つ土は、通気性・保水性・保肥性が適
度であることです。もちろん、乾燥を好むサボテン・松
葉菊と、湿地を好むカラー・水芭蕉などでは「適度さ」
も違います。少ない鉢数であれば、市販の用土を使うの
が簡単ですが、基本の用土の配分は次のとおりです。
●草 花 用→ 赤玉土5:腐葉土3:ピートモス・
バーミキュライト2
●花 木 用→ 赤玉土6:腐葉土4
●サボテン→ 川砂9:腐葉土1
●アロエ・シャコバサボテン→ 赤玉土6:腐葉土3:
パーライト1
大切なのは、土の性質を知ることです。例えば、水はけ
の悪い土には良くするものを、鉢物には土を軽くするた
めに比重の軽い土を混ぜるなどです。種類により適宜調
整を行ってください。
■用土・資材の性質
基 本 の 用 土
調 整 資 材
用土名 通気性 保水性 保肥性
用 土 名
◎
◎
◎
腐
鹿沼土
◎
○
○
完熟堆肥
◎
◎
◎
川 砂
◎
△
△
パーライト
◎
△
△
軽 石
◎
○
△
く
◎
○
○
黒 土
△
◎
◎
ピートモス
○
◎
○
赤 土
△
◎
◎
バーミキュライト
○
◎
○
田 土
△
◎
◎
ヤシ殻活性炭
−
−
◎
山 砂
△
◎
◎
ゼオライト
−
−
◎
凡例
葉
ん
土
通気性 保水性 保肥性
赤玉土
炭
◎
◎
◎
◎:非常によい ○:よい △:やや劣る
−:通気性や保水性、
保肥性をよくする資材ではない
このコーナーは、ガーデニングを楽しんでいる、また始
めてみたいという人の相談や疑問に、市の園芸アドバイ
ザーがお答えします。お気軽にご相談ください。
■相談・問い合わせは…
緑化推進課(ガーデニングコーナーあて)
〒400-0192 甲斐市篠原2610番地
甲斐市役所(竜王庁舎2階)
055(278)1671 FAX055(276)7216
E-mail:[email protected]
●
本 甲 ノ
︵ 斐 キ
10 市 1
万 設 本
円 計 ︵
相 連 10
当 合 万
︶ が 円
︑ 相
ヤ 当
マ ︶
ボ
ウ
シ
1
●
佐
野
美
實
さ
ん
︵
西
八
幡
︶
が
︑
ト
チ
栽
工
事
共
同
企
業
体
と
早
野
組
・
新
光
万
円
相
当
︶
木
・
戸
島
造
園
玉
幡
地
区
拠
点
公
園
植
●
名
取
藤
吾
さ
ん
と
名
取
綾
子
さ
ん
︵
10 玉
川
︶
が
︑
ハ
ナ
ミ
ズ
キ
・
赤
1
本
︵
モ
ク
レ
ン
1
本
︵
10
万
円
相
当
︶
●
オ
リ
エ
ン
タ
ル
モ
ー
タ
ー
㈱
が
︑
ハ
ク
︵
30
万
円
相
当
︶
エ
ゴ
ノ
キ
と
ハ
ン
カ
チ
ノ
キ
各
1
本
●
エ
コ
・
パ
ー
ト
ナ
ー
竜
王
タ
ウ
ン
が
︑
1
本
︵
1
0
0
万
円
相
当
︶
●
㈱
く
す
り
の
め
ぐ
み
が
︑
ヤ
マ
モ
ミ
ジ
︻
寄
付
︼
■
玉
幡
公
園
へ
樹
木
を
●
●
●
●
●
富 相 体 幡 中 キ ㈱ が 河 ワ 養 社
士 当 が 地 村 1 富 ︑ 田 ズ 護 会
グ ︶ ︑ 区 建 本 士 サ 武 サ 老 福
ク 拠 設 ︵ グ ザ さ ク 人 祉
リ
ン
ラ ホ 法
ス 点 ・ 50 リ カ
ー
2
ノ 公 四 万 ー 1 ん
ン
︵ 本 ー 人
ム
キ 園 谷 円 ン 本
テ
1 造 建 相 テ ︵ 昭 ︵ ゆ 山
ッ
本 成 設 当 ッ 10 和 30 め 梨
ク
︵ 工 ・ ︶ ク 万 町 万 み 樫
・
が 円 築 円 ど の
3 事 三
敷
︑ 相 地 相 り 会
0 共 澤
島
カ 当 新 当 が
0 同 工
緑
イ ︶ 居 ︶ ︑ 特
万 企 業
化
ノ
カ 別
円 業 玉
土
︶
ノ
キ
1
本
︵
2
0
0
万
円
円
相
当
︶
施
設
整
備
工
事
共
同
企
業
体
が
︑
タ
ブ
土
木
・
三
澤
工
業
玉
幡
地
区
拠
点
公
園
︵
1
万
円
相
当
︶
●
田
中
道
夫
さ
ん
︵
西
八
幡
︶
が
︑
紡
車
● ■ ●
■
双 相 V 小 竜 本
葉 当 D 野 王 田
歴 ︶ カ 重 中 茂
史
ラ 孝 部 之
民
オ さ 公 さ
俗
ケ ん 民 ん
︵
資
プ ︵ 館 篠
料
レ 富 へ 原
館
イ 竹
︶
が
へ
ヤ 新
︑
ー 田
現
︵ ︶
金
4 が
3
万 ︑
万
円
円 D
■
甲
斐
市
へ
︵
1
0
0
万
円
相
当
︶
事
共
同
企
業
体
が
︑
サ
ル
ス
ベ
リ
1
本
区
拠
点
公
園
屋
内
プ
ー
ル
機
械
設
備
工
●
新
日
本
空
調
・
山
梨
相
互
工
業
玉
幡
地
円
相
当
︶
業
体
が
︑
ケ
ヤ
キ
1
本
︵
1
0
0
万
円
園
屋
内
プ
ー
ル
電
気
設
備
工
事
共
同
企
●
関
電
工
・
伸
電
工
業
玉
幡
地
区
拠
点
公
ドラゴンパークの花が見ごろです
4月、ドラゴンパ
ークは寒さ厳しい
冬を乗り切った桜、
パンジー、芝桜、
チューリップの花
が見頃を迎えます。
■問い合わせは…赤坂台総合公園(ドラゴンパーク)
管理事務所
055(276)2161
12
下今井のJR
下今井の
下今井のJRに架かる橋から見る風景
JRに架かる橋から見る風景
に架かる橋から見る風景
駅
崎
塩
中
部
横
断
自
動
車
道
甲斐市役所
双葉庁舎
中
央
自
動
車
道
国
道
20
号
花田春美さん
(甲斐市下今井)
子どもとよく散歩するところで、家から歩いて10分ぐ
らいの場所。季節の野菜をみなさんが育てている畑など
が広がっています。その後ろ側の林の上には富士山が大
きく見えます。穏やかで気持ちがのんびりできる場所で
す。また、橋の下をJRの電車が汽笛を鳴らしながらやっ
て来ると子どもも大喜び。とてものどかな雰囲気のある
大好きな場所です。
竜王図書館
荒川土手沿いの桜並木
市営
川辺町
団地
国
道
20
号
敷島小学校
甲斐市役所
竜王庁舎
竜王北部
竜王図書館
公民館
山の
手通
り
竜王小学校
水道局
もとき
大八木幹さん:左
(甲斐市篠原)
望月大樹さん:右
(甲斐市西八幡)
竜王中学校
竜王中学校の同級生で、今も同じ高校に通っています。竜
王図書館には小学生のころから、読みたい本を探したり、読
書感想文の課題図書を借りたりとよく来ていました。今もテ
スト時期の週末にはずっと利用しています。静かで勉強に集
中できるので、2階のキャレルデスクでわからないところを
教え合ったりして勉強しています。
13
上條河原
決戦跡地
県
道
甲
府
・
中
下
条
線
荒
川
千松
橋
中村純子さん、友則くん
(甲斐市牛句)
私が好きな場所は、荒川土手沿いの桜並木です。おじいちゃ
んの家が近くにあるので、子どもが小さい時から散歩がてら
河川公園に遊びに訪れる所です。毎年、4月上旬頃には土手
沿いの桜が満開になり、とてもきれいです。晴れた日は、青
空に薄ピンクの桜の花が栄え、千松橋越しに富士山も眺めら
れる絶景ポイントです。また、この場所は、武田軍が今川軍
と戦い、最終的に勝利をおさめた「上條河原決戦の地」とし
ても有名な場所なんですよ。
竜王新町1区(小林教夫区長)
訪自
問治
会
現在、竜王新町の春、夏、秋の祭りは、
竜王新町全区の自治会と氏子総代などが協
力して取り組んでいます。
春の祭りとして竜王新町
1区にある赤坂稲荷神社で
行われる「初午祭り」。ここ
の初午祭りは峰観音堂と並
んで近隣では有名な祭典で
す。昔はたいへん賑やかな
祭りを知らせ 祭典で、露店が道路まで並び、寄付し
る吹流し
た人の名前の入った提燈が並んだ「飾
り枠」もたくさん飾られたそうです。また、稲荷神
社は本来、田の神ですが、福神ということもあり、
たくさんの芸者さんが人力車で訪れた時期もあっ
たそうです。
以前は3月に入った最初の午の日に開催して
いたので、毎年開催日が異なっていました。
開催日が早いと「ひ(日→火)がはやい」と
いうことで、火事が起こり
やすいと言い、みんなで注
意したという話も伝わって
います。
現在、この祭りの目玉は、
神楽奉納。以前は外部から舞手を招き
お願いしていましたが、20年前、こ
の地域のみなさんが神楽部を結成し、
舞を披露しています。舞は、
基本的には、古事記・日本
書紀にある『天の岩戸開
お神楽の様子
き』神話を主題にした
もの。神楽部のみなさん
は、この日のために1月
上旬から練習を始めてき
ました。
また竜王北小の児童
が舞う「浦安の舞」も
一緒に披露されます。
今年は、商工会主催
の第1回甲斐市ちいさ
な旅ツアーの見学場所
として組み込まれた祭
りです。
先月号でご紹介した自治会名が誤っていました。
正しくは「金剛地区」です。関係者には深くお
牛句区(横山英麿区長)
牛句は、歴史ある地区で古くからの祭り
を代々みなさんが続けており、現在でも
9つある組が1年ごとに交代で当番を受
け持っています。
その中で
3月第2
の土、日曜
日に開催
されるの
が峰観音での初午の
祭典。観音堂は「長
夕闇がせまるとお堂に灯りがとも
光寺の前身である灯 り宵祭り。みなさんをお迎えします。
明寺の奥の院として
建てられたと伝えら
れています。現在
の建物は室町末期
の建立と考えられ、
内部には馬頭観音像が安置されています。
馬頭観音は菩薩の一つですが、近世に
なってから馬などの守護神という信仰
が生まれました。峰観音の中には、鉄
枠に入った木製の馬があります。この
馬が暴れ、飛び出すので中に
入れたという伝説があり、
そのほか馬用わらじや蹄鉄
なども奉納されています。
終戦ごろは一面水田だっ
た牛句。あちらこちらで馬が
働く姿を見ることができたそう
です。春初め、この馬を連れて、初
午祭りに多くの人がやってきました。遠く
は帯那村
からも。馬
のお札は、牛
句のみなさんが版
木で摺って作りま
した。訪れた人は、
これを持って帰
り、厩の入口に貼
りました。貼る位
置の関係で馬の向きが左右2種類のものを用意し
ています。当時は、現在の公会堂の付近から大き
な吹流しが3本ほど立ち、露店もたくさん建った
大きなお祭りで、馬に乗って峰観音まで来てお札
を受け取った人の中には、その足で同じ日に開催
されている竜王赤坂の初午祭りに行くという人も
いたそうです。
詫びするとともに訂正いたします。
14
ー
ト
ル
︑
六
角
筒
形
は
15
直
径
4
・
5
セ
ン
チ
メ
0
セ
ン
チ
メ
ー
ト
ル
︑
ま
円 し
筒 た
形 ︒
は
高
さ
9
・
3
8
枚
の
銭
貨
な
ど
が
掘
り
出
さ
れ
形
と
六
角
筒
形
の
2
基
の
経
筒
と
1
地
内
で
地
元
の
人
々
に
よ
っ
て
円
筒
経
塚
信
仰
と
は
平
安
時
代
中
期
に
て
埋
納
し
ま
し
た
︒
て
︑
法
華
経
を
小
型
の
経
筒
に
入
れ
教
者
が
地
元
有
力
者
の
依
頼
を
受
け
る 室
六 町
十 時
六 代
部ひは
聖じ全
︵りか国
廻いこ
国くひ六
聖じり十
︶ 六
と か
い 国
う を
宗 廻
よ
っ
て
や
り
方
が
異
な
り
ま
す
が
︑
て
お
く
と
い
う
信
仰
で
す
︒
時
代
に
し
ま
っ
た
時
に
備
え
︑
経
典
を
残
し
始
ま
っ
た
と
さ
れ
︑
仏
教
が
滅
ん
で
る
よ
う
に
な
り
ま
し
た
︒
機
能
も
果
た
す
倉
と
し
て
利
用
さ
れ
し
︑
飢
饉
や
凶
作
時
に
非
常
救
済
の
米
・
麦
・
雑
穀
な
ど
の
食
料
を
貯
蔵
が
多
く
な
り
︑
特
に
天
明
・
天
保
の
江
戸
時
代
中
期
以
降
︑
各
地
で
飢
饉
時
的
な
収
納
倉
庫
で
し
た
︒
し
か
し
徴
収
し
た
年
貢
米
輸
送
の
た
め
の
一
と
い
う
数
は
経
塚
か
ら
出
土
し
た
例
ら
輸
入
さ
れ
た
銅
銭
で
︑
1
3
8
枚
日
本
国
内
で
流
通
し
て
い
た
中
国
か
同
時
に
発
見
さ
れ
た
銭
貨
は
当
時
の
内
部
は
東
と
西
の
二
間
に
仕
切
ら
一
重
切
妻
造
り
桟
瓦
葺
き
で
す
︒
倉
メ
ー
ト
ル
︑
梁
間
2
・
7
メ
ー
ト
ル
︑
上
菅
口
の
郷
倉
は
︑
桁
行
6
・
4
倉
は
貴
重
な
民
俗
資
料
で
す
︒
に
残
存
す
る
の
み
で
︑
上
菅
口
の
郷
が
多
く
︑
現
在
は
山
間
地
に
わ
ず
か
ま 〜 後 不 建 い 西
郷 す 1 期 明 設 て 倉
倉 ︒ 8 文 で 年 ︑ 南
は
4 政 す 代 壁 面
明
4 〜 が は は に
治
︶ 天 ︑ 資 土 は あ れ 北 央 れ
頃 保 お 料 壁 採
以
と 年 お が で 光 り 出 端 と ︑
降
考 間 む 残 で 窓 ま 入 に ︑ 東
廃
え ︵ ね っ き が す 口 は 西 倉
絶
ら 1 江 て て 開 ︒ が ︑ 倉 の
し
れ 8 戸 お い か ま 設 そ の 南
た
て 1 時 ら ま れ た け れ 西 面
も
の
い 8 代 ず す
︒ て ︑ て ぞ 面 中
飢
饉
の
の
ち
は
︑
平
時
に
お
い
て
ら
れ
た
共
有
の
穀
倉
で
す
︒
本
来
は
︑
︵
小
字
名
は
﹁
登
﹂
の
文
字
を
使
う
︶
が
確
認
さ
れ
て
い
ま
す
︒
郷
倉
は
︑
江
戸
時
代
村
内
に
設
け
塔とう
之のこ
越しき
き
平
経ょう経ょう
成
14 筒づ塚づ
つ
か
し
年県
・
出
ゅ
7指
つ
月 定 銭せ
土
ど
ん
4考
か
日 古 貨と
指 資 等う
昭
和
30
年
代
に
下
今
井
字
登
之
越
炭
化
物
と
経
筒
内
に
付
着
し
た
紙
片
定料
が
書
か
れ
た
紙
の
一
部
と
思
わ
れ
る
ど
と
刻
ま
れ
て
い
ま
す
︒
ま
た
経
典
昭県
和指
38 定
年有
9形
月民
9俗
日文
指化
定財
に
は
﹁
永
禄
4
年
︵
1
5
6
1
︶
﹂
な
銅 直
製 径
で 5
鍍と
き・
金ん2
が セ
施 ン
さ チ
れ メ
︑ ー
特 ト
に ル
前 で
者
︑
上かみ
菅すげ
口くち
の
郷ごう
倉くら
高
さ
1
1
・
8
セ
ン
チ
メ
ー
ト
ル
︑
と
し
て
は
全
国
的
に
も
多
い
例
で
す
︒
春の訪れを告げる「第2回甲斐梅の里クロスカントリー大会」が市内外か
ら1,456人の参加者を迎え盛大に開催されました。参加した選手たちは、ちょ
うど見ごろを迎えた梅の薫りただよう甲斐路を駆け抜けました。
この大会が無事終了することができましたのは、大会にご協力していただ
いた各種団体、ボランティアの方など多くの市民のみなさんのお
かげです。ありがとうございました。来年も「緑と活力あふれ
る生活快適都市」甲斐市を感じてもらえる大会にしていきたい
と思いますので、ご声援、ご協力をお願いいたします。
大 会 結 果〈敬称略〉
◆3kmコース
3位
串田優大(甲斐市)
5位
矢嶋千明(甲斐市)
一般・高校生女子の部
4位
内藤正道
(南アルプス市) 6位
渡辺正英(甲府市)
1位
滝澤恵美(長野県)
親子ファミリーの部
1位 内田淳・佑歩
(甲斐市) 5位
2位 小関公一・友登
(甲斐市) 6位
3位
4位
中島大輔
(南アルプス市) 40歳以上女子の部
前田真志(韮崎市)
1位
2位
進藤雅一・翼
(甲府市) 中学生女子の部
3位
1位
齋藤由貴
(南アルプス市)
雨宮正二・龍之介
(笛吹市)
2位
5位
吉岡靖二・昂哲
(静岡県) 3位
6位
池田浩士・陸
(北杜市)
2位
山口まな(甲斐市)
篠原りさ子(韮崎市)
3位
山口はな(甲斐市)
内藤英子(北杜市)
飯田玲子(笛吹市)
40歳以上男子の部
1位 河野寛(中央市)
青木菜摘(長野県)
60歳以上男子の部
2位
猪股勇(甲斐市)
河口英里奈(南アルプ
1位
串田栄司(大月市)
3位
増田康彦(甲斐市)
ス市)
2位
原勇公(甲府市)
4位
萩原一彦(静岡県)
小学校4・5・6年男子の部
4位
中込佑香(甲斐市)
3位
白川一(甲斐市)
5位
佐野芳晴(身延町)
1位
2位
福島慎平(笛吹市)
加藤史崇(笛吹市)
5位
佐山奈帆(甲斐市)
50歳以上女子の部
6位
望月光紀(甲府市)
6位
輿石みどり(甲斐市)
1位
込山美恵子(甲府市)
40歳以上女子の部
3位
山本光輝(増穂町)
一般・高校生男子の部
2位
4位
進藤大地(甲府市)
草間正博(韮崎市)
加藤淳一(甲府市)
3位
岩見キミ子
(神奈川県) 1位
小山幸美(甲府市)
2位
望月美和(甲府市)
5位
高橋勇人(神奈川県)
1位
2位
6位
米長卓哉(甲斐市)
3位
古屋昭(笛吹市)
◆10kmコース
60歳以上男子の部
小学校4・5・6年女子の部
4位
星野隆彦(甲州市)
一般・高校生男子の部
1位
1位
鈴木佑佳(甲府市)
5位
市川弘康(都留市)
1位
2位
湯澤ほのか(長野県)
6位
志村彰郁(都留市)
2位
近藤寛通
(南アルプス市) 2位
3位
岩瀬史明(甲斐市)
3位
4位
若月瞳(甲府市)
高橋可鈴(神奈川県)
一般・高校生女子の部
3位
土屋君仁(笛吹市)
1位
原しずか(甲斐市)
4位
八巻博文(北杜市)
5位
吉岡優海(笛吹市)
2位
藤嶋咲江(韮崎市)
5位
小俣翔(大月市)
6位
滝島あかね(甲州市)
3位
山田奈美(韮崎市)
6位
加々美大河
(富士吉田市)
◆5kmコース
40歳以上男子の部
1位 伊藤正弥(北杜市)
中学生男子の部
(南アルプス市) 2位
1位 河口佳亮
3位
2位 雨宮健(笛吹市)
小野貴史(北杜市)
4位
藤巻輝之(笛吹市)
梶壽雄(静岡県)
3位
宮沢智子(長野県)
羽中田好美(甲府市)
山田弘志(甲斐市)
佐藤芳寛
(富士吉田市)
福士弘美(甲斐市)
大会の詳しい結果は、甲斐市ホームページ新着
情報からご覧ください。
URL http://www.city.kai.yamanashi.jp/index2.html
16
甲斐市スポーツ施設開放
一斉開放
場 所 双葉公民館ホール
日 時 4月20日(木)
・学校体育施設(5月分) 午後7時〜
・社会体育施設(6月分) 午後8時〜
随時開放
場 所 スポーツ振興課・竜王北部公民館・敷島公
民館窓口
日 時 4月25日(火)〜
午前8時30分〜午後5時15分
・学校体育施設(5月分)
・社会体育施設(6月分)
■問い合わせは…
教育委員会スポーツ振興課
0551(20)3656
市体育協会フォークダンス部
お花見交流会
桜の花の下、
皆さんで楽しく
フォークダンス
を踊りません
か。どなたでも
踊れる世界の国
の楽しい踊りを
一緒に踊りまし
ょう。
日 時 4月9日(日)午前10時〜正午
※雨天中止
場 所 赤坂台総合公園
参加料 無料
申込方法 当日会場にて受付
注意事項 かかとの低い運動靴などでご参加くだ
さい。
■問い合わせは…
市体育協会フォークダンス部 部長 秋山房子
0551(28)7780
初心者弓道教室参加者募集
市体育協会弓道部では初心者弓道教室を開催し
ます。この機会に弓道を体験してみませんか。
日 時 4月15日(土)、16日(日)
、20日(木)、
22日(土)午後1時〜4時
17
※20日(木)のみ午後7時〜9時
場 所 双葉スポーツ公園弓道場
参加料 無料
対象者 市内在住者(中学生以上)
募集定員 20人
服 装 ・ジャージ(運動着)で前にボタンの無
いもの
・足袋もしくは靴下を必ず着用する
■申し込み・問い合わせは…
体育協会事務局(スポーツ振興課内)
0551(20)3656
ジュニアバレーボール教室参加者募集
市バレーボール協会では、市内の小学生を対象
にバレーボール教室を開催します。ふるってご参
加ください。
期 間 4月8日〜平成19年3月31日までの
毎週土曜日
時 間 午前10時〜正午
会 場 竜王小学校体育館 他
対象者 市内在住の小学生
内 容 バレーボールの基礎・実践
参加料 無料
持ち物 体育館履、タオル等
申し込み 電話・会場にて随時受付
※途中参加可能。
■申し込み・問い合わせは…
市バレーボール協会会長小池恒夫
055(276)3834
ソフトバレーボール大会結果報告
2月26日(日)、玉幡中学校を主会場に市バレー
ボール協会主催によるソフトバレーボール大会が
開催されまし
た。3部門
34チームが
参加し、熱戦
が繰り広げら
れました。
結果は次のと
おりです。
トリムの部
(14チーム)
優勝 竜王2区A 準優勝 竜王2区B
第3位 古村区、双葉5地区
フリーの部(16チーム)
優勝 ブレイカーズ 準優勝 しきしまソフト
第3位 冷間、ジョーカーズ
ファミリーの部(4チーム)
優勝 古村区 準優勝 KKF
第3位 富竹新田3区
卒業式●
市内の小中学校・高校で卒業式が行われました。
3月1日、学校のシンボルである農村黎明の鐘の
音で始まった農林高校の式には卒業生140人、関係
者約500人が列席。システム園芸科の生徒がこの日
に合わせて育てた約1300個の花鉢で飾り付けられ
たステージ上で、校長先生から卒業証書が手渡され
ました。
また、小中学校でも卒業式が行われ、小学生738
人、中学生684人が、楽しかった学校生活の思い出
を胸に新たな道へと旅立ちました。
●3月1日 人権ってなに
人権擁護委員会主催の「人権紙芝居」が竜
王地区の各児童館で開催されました。
子どものころから人権について正しい知
識、感覚を養ってほしいと企画されたもの
で、この日開催された竜王東児童センター
では、遊びに来ていた児童40人が参加。
用意した「じんけんってなあに」と題した
手作りの紙芝居を見せながら、相手の気持
ちがわかるとはどんなことか、思いやりと
はなんだろうか、子どもたちみんなで考え
ました。
農林高校卒業式
●2月26日
3月4日●
農機具のフリーマーケット
梨北農業
協同組合双
葉支店集出
荷所で、農
機具のフリ
ーマーケッ
トが行われ
ました。
これは甲
斐市双葉自
立経営農業振興会と梨北農業協同組合、中巨摩東部農
業協同組合が主催で毎年開催しており、今年で5回目。
農家で不要になった農機具等を必要な人に買ってもら
おうというものです。
この日は、田植え機、バインダー、管理機など21
点が出品され、訪れたみなさんは出品者の説明を聞き
ながら品定めをしていました。
敷島中学校卒業式
KAIふれあいステージ
ふれあい文化館主催のKAIふれあいコンサートが行わ
れ、午前9時30分から午後3時30分まで、23組のみな
さんが日頃の練習の成果を披露しました。甲斐信玄太鼓
保存会の演奏から子どもたちのヒップホップダンス。ピ
アノ、ギター、ヴァイオリンなどの楽器演奏、独唱や混
成合唱のほか、双葉中学校吹奏楽部や卒業を記念して双
葉西小学校6年生の合唱など盛りたくさんの発表。客席
からはそれぞれに大きな拍手が送られました。
●3月4日
経済講演会
甲斐市商工会(竹井清八会長)主催の経済講演
会が双葉ふれあい文化館で行われました。
会場には商工会関係者や一般の人など約300
人が集まり、参議院議員であり国際政治学者で
ある舛添要一さんが「これからの日本の政治と
経済について」と題して講演をしました。
舛添さんは、現在の政治状況を内側の立場か
ら分析。官僚の天下りや皇室典範改正問題、ま
たご自身が遠
距離で親を介
護した体験を
踏まえ取り組
んだ介護制度
などについ
て、考え方を
話しました。
18
軽スポーツ大会 3月4日●
中部コミュニティー主催の軽スポーツ大会が、竜王体育館で
開催されました。
会場には周辺7自治会からお年寄りや親子づれなど約100人
が集まり、室内用のグラウンドゴルフ、シャッフルボード、ダ
ーツ、輪投げなど簡単に誰でも出来る競技を楽しみました。
敷島公民館
(敷島総合文
化 会 館 )、 敷
島体育館を会
場 に「 敷 島 公
民館まつり」
が開催されま
した。
公民館では文化協会所属団体、公民館利用者団体
による盆栽、書道、パッチワークなどの作品展示、
茶室でのお茶会、大ホールでは大正琴や舞踊などの
舞台発表が披露されました。体育館では軽スポーツ
コーナーやバルーンアートなどの多彩な催しに、焼
そば、豚汁などの模擬店も大盛況で、多くの人がふ
れあい、交流を深めた一日となりました。
敷島公民館まつり
3月5日●
●3月11日
ふたばジュニアコーラス
はるかぜコンサート
双葉ふれあい文化館で、双葉ジュニアコーラス
による「はるかぜコンサート」が開催されました。
双葉ジュニアコーラスは4年前にゆとり教育の
一環として、双葉西・東小学校の児童を中心に結
成された児童合唱団で、毎週土曜日、2時間の練
習を積んできました。
昨年に続く2回目のコンサートは4部構成で、
弦楽三重奏「アンサンブル・オアーゼ」をゲストに迎
え、子どもたちの澄んださわやかな歌声と弦楽器
の演奏が、会場に詰め掛けた聴衆を魅了しました。
●3月11日、12日
松島団地老人クラブ作品展示会
松島団地老人クラブ(細田敦会長)で、初めて文化
作品展を開催しました。これは会員が趣味で取り組
んでいる作品を展示してみようと企画したもの。
会場の松島団地公民館には、絵画、書道、竹細工、
篆刻、盆栽などさまざまな作品115点が集まりまし
た。会場を訪れたクラブ員は、仲間の力作を熱心に
鑑賞していました。
甲斐市小さな旅 3月12日●
甲斐市内の話題は「甲斐市Blog News」で
このページに掲載されている以外にも、市内の毎
日の話題はインターネットホームページ「甲斐市
B l o g N e w s 」 で 紹 介 し て い ま す 。
URL:http://mt.city.kai.yamanashi.jp/
19
甲斐市商工会(竹井清八会長)主催の「甲斐市ちいさな旅」
が行われました。市内の観光スポットを巡る探訪ツアーで、
市内外から約100人が参加。NPO法人つなぐのメンバー
らの説明を受けながら、慈照寺、称念寺など旧竜王町の文
化財や名所を歩きました。
このコースは商工会が市民から募集した「名所」などを中
心に設定。今回の
目玉でもある初午
祭の神楽では、子
どもたちの浦安の
舞を堪能しまし
た。今後は、敷
島、双葉地区の
名所を巡るツア
ーを開催する予
定です。
図書館電子サービス
●双葉・本の祭典
市立図書館ではインターネットを使ったサービ
スを行っています。
ご利用の前に、メールアドレスとパスワードの
登録が必要ですので、市内各図書館窓口でお申し
込みください。
詳しくは、甲斐市ホームページの「図書館へ行
こう」をクリックして、内容を確認してみてくだ
さい。
〈登録後利用できるサービス〉
○WEB予約
甲斐市ホームページ内の市立図書館の画面から
蔵書検索を行うと、その場でいつでも予約できま
す。(予約数には制限があります)
○SDIサービス
興味があったり、必要とする分野の書籍の分類
番号、キーワード等を登録することにより、ヒッ
トした最新情報を定期的にメールで知ることがで
きる便利なサービスです。
○利用状況確認
現在借りている本のタイトル、返却日、また予
約されている本の一覧を確認できます。
3月5日、双
葉図書館では
双葉・本の祭
典 を開催。
多くの人に本
の世界に触れて
もらおうと、一
般の人たちを対
象 に「 み ど り の 風
朗読会」、幼児や小学生を対象に「おはなしか
い&人形劇」が行なわれました。
●子どもと本のかけ橋
3月11日、
「子どもと本のか
け橋」と題した講
座が開催されま
した。
参加者は、主
に図書館などで
子どもたちに読
み聞かせのボランティア活動をしている人た
ちで、講師からどんな絵本を子どもに読み聞
かせれば良いかを学びました。
講義後、さっそく自らが選んだ絵本を朗読。
みんなで感じたところを話し合い、更なる向
上を目指していました。
休館中に返却する図書は、返却ポストに入れて
ください。
ただし、ビデオ・DVD・CD等は、破損の恐れ
がありますので開館日に窓口へ返却してくださ
い。
●返却ポスト設置場所:各図書館入口
竜 王 西 児 童 館
竜王東児童センター
竜 王 北 児 童 館
玉 幡 児 童 館
敷島みなみ児童館
敷島ふれあい中央児童館
敷島なかよし児童館
双 葉 西 児 童 館
双 葉 東 児 童 館
055
(279)
3731
055
(278)
1178
055
(279)
1911
055
(276)
9656
055
(277)
9720
055
(277)
9220
055
(277)
1121
0551
(28)
4588
0551
(28)
1214
3
(月)
4
(火)
5
(水)
ビデオ会
ビデオ会
映画会
14:00
お花見
11:00
14:00
14:00
手話ソング 15:00
6
(木)
竹馬あそび 15:00
7
(金)
8
(土)
大型紙芝居 15:30
親子音楽遊び
11:00
リズミック遊び
9:30
おやつ作り
11
(火)
15:30
フラフープで遊ぼう
15:30
12
(水)
読み聞かせ 15:00
なぞなぞ大会
15:00
13
(木)
なかまづくり
15:30
14
(金)
17
(月)
手話教室
15:30
19
(水)
仲間作り
15:30 なかま作り 15:30
20
(木)
読み聞かせ
16:00
ビデオ会
折紙コンテスト
15:00
15:00
お誕生日会 15:30
こいのぼり作り
仲間作り
15:30
こいのぼり作り
15:30
15:30
ビデオ会
ボランティア 16:00
24
(月)
お楽しみ会 15:30
25
(火)
26
(水)
27
(木)
28
(金)
ともだちつくろう
15:00
おもちゃの病院
読み聞かせ 14:30
14時〜16時
21
(金)
仲良くなろうの会
15:00
15:30
作って遊ぼう
まちがい絵探し
運動遊び
15:30
15:30
こいのぼり製作
15:30
15:30
ブーメラン作り
こいのぼり製作
15:30
15:30
ボランティア
16:00
部屋飾り製作
15:00
部屋飾り製作
15:00
スライムで遊ぼう
15:00
こいのぼり製作
15:30
こいのぼり製作
15:30
ペーパークラフト
15:00
20
開館時間 ●平 日:午前10時〜午後 7 時
●土・日:午前 9時〜午後 5 時
4月のおやすみ 定例休館日 3日
(月)、10日
(月)、17日
(月)、24日
(月)
月末整理日 28日
(金)
内容
午前10時30分〜11時30分
お話、ゲーム
キッズぷらねっと
4月15日(土)
午前10時30分〜11時30分
テーマ たねまき
内容 お話、ブックトーク、工作
場所
対象
内容
双葉図書館おはなしコーナー
幼児・小学生
読み聞かせ、パネルシアター
など
日時
竜王図書館
朗読のおいしいお店
おきらく亭
敷島図書館
おはなしのもり
聞いて味わう本の世界。どなた
でもお気軽にご来店ください。
日時 4月20日(木)
午後1時30分〜
場所 竜王図書館会議室
メニュー 「茅蜩」竹西實子作 「祇園
建仁寺」瀬戸内寂聴作
板前 ねの会
らいおんちゃんのゆりかご
こぐまちゃんのおへや
日時
日時 4月13日(木)、27日(木)
場所 竜王図書館おはなしコーナー
場所
対象
内容
・ひよこ組
時間 午前10時15分〜10時45
分
対象 5か月〜1歳半
内容 読み聞かせ、手遊びなど
・こぐま組
時間 午前11時〜11時30分
対象 1歳半〜3歳
内容 読み聞かせ、パネルシ
アター、おりがみなど
しろくまちゃんのおへや
対象
日時
場所
内容
3歳〜9歳
4月8日(土)、22日(土)
午前10時30分〜11時15
分
竜王図書館おはなしコーナー
お話、読み聞かせ、パネル
シアター、工作など
キッズぷらねっと
〜ストリーテリング編〜
場所
日時
21
竜王図書館おはなしコーナー
4月1日(土)
日時 4月15日(土)午後2時〜
場所 敷島図書館じどうとしょか
ん
対象 幼児・小学生
内容 詩、読み聞かせ、紙芝居、
手話わらべうたなど
4月20日(木)
午前10時30分〜
敷島図書館じどうとしょかん
0歳〜1歳6か月
わらべうた、読み聞かせ、
手袋人形、絵本の紹介
らいおんちゃんのへや
日時 4月20日(木)
午前11時10分〜
場所 敷島図書館じどうとしょかん
対象 1歳6か月〜3歳
内容 わらべうた、読み聞かせ、
手袋人形、手遊び、パネル
シアターなど
双葉図書館
上映会のお知らせ
内容 『Mr.&Mrs.スミス』
2005年/アメリカ/120分/
字幕 監督/ダグ・リーマン
出演/ブラッド・ピット、
アンジェリーナ・ジョリー
他
日時 4月22日(土)午後2時開
演(午後1時30分開場)
場所 竜王図書館 視聴覚室
定員 先着200名
日時 4月23日(日)午後2時開
演(午後1時30分開場)
場所 敷島総合文化会館 大ホー
ル
定員 先着270名
子どもの読書週間
〜魔法の国へのパスポート〜
期間 4月23日〜5月12日
子どもたちに、よい本に親しむ
ことをすすめ、読書の楽しみや喜
びを知らせ、正しい読書の習慣を
身につけさせる好機です。
また、おとなにとっても、子ど
もの読書がいかに大切なことか、
よい本を与えるためにはどういう
努力をしたらよいかということに
ついて考える機会ともいえます。
ぜひ、この機会にご家族おそろ
いで図書館におでかけください。
おはなしのとびら
日時
場所
対象
内容
4月13日(木)
午前11時〜11時30分
双葉図書館おはなしコーナー
就園前の乳幼児
読み聞かせ、手遊び、パネ
ルシアターなど
ふうせん劇場
日時
4月8日(土)、22日(土)
午前10時30分〜11時
みどりの風の朗読
オフトークがおくる耳で聞く読書を
お届けします。
オフトーク2チャンネルにおいて
24日(月)から28日(金)まで、図書
館ボランティア「みどりの風」のみ
なさんによる朗読が放送されます。
午後のひととき、どうぞお気軽にお
聞きください。
●会※居ご票③ト②ら①
①い必
使︒ず開水い転先使︶名名住せお
用
水栓道の出の用に前と所︵客
記
検さ
に
道のを際先住を載
部
な
局手使にが所やさ使屋ア針ま
る
の続用精市︑めれ用番パ票番
日
窓きす算外電るて水号ー︶
に号
が
口がるしの話日い量
ト記
平
のも
に必とて人番
まおおの載使
号
き
い
日
は
お要︵
⑤す
場
用
の
知願合さ水
越で契た︑
連
れ
だ
場
ら
しす約き現
絡④せいはて量
合
くの︶ま地
先水︵しアいの
立
だで
道検まパまお
す
の針すーす知
転
ち
さ
︒
︑
は
︑
当
日
開
栓
で
き
ま
す
︒
そ
れ
以
降
午
後
3
時
ま
で
に
手
続
き
し
た
場
合
れ
ず
︑
サ
ー
ビ
ス
内
容
も
考
慮
し
た
う
ス
ト
が
か
か
り
ま
す
︒
値
段
に
と
ら
わ
・
質
の
高
い
サ
ー
ビ
ス
に
は
相
当
の
コ
発
注
す
る
小
規
模
な
工
事
︵
修
繕
︶
契
約
を
有
さ
な
い
人
を
対
象
に
︑
甲
斐
市
が
まの契望
こすと約さ
の︒お希れ
り望る
登
初者人
録
年登の
制
度録た
度
の制め
は
申度に
︑
請に小
入
をつ規
札
受い模
参
けて工
加
付︑事
資
け次等
格
は
翌
日
の
開
栓
と
な
り
ま
す
︒
運
送
事
業
者
と
の
ト
ラ
ブ
ル
回
避
さ受内へ
い付容の
︒はを持
しお参
ま聞提
せき出
んすと
のるな
でたり
︑めま
ご︑す
注郵︒
意送窓
くで口
だので
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
7
0
③
甲
斐
市
下
水
道
課
に
連
絡
0
5
5
︵
2
2
8
︶
3
3
1
1
︵
修
繕
︶
︹
30
万
円
以
下
︺
の
受
注
を
希
②
甲
府
市
水
道
局
に
連
絡
甲
斐
市
が
発
注
す
る
小
規
模
工
事
先
︑
電
話
番
号
①ま道よっ場
連す使って合
絡︒用てごは
料甲連︑
事
が府絡お
項
精市く手
算水だ数
氏
で道さで
名
き料いも
︑
る︑︒次
転
こ甲この
出
と斐の手
日
に市連順
︑
な下絡に
転
り水によ
出
始
ま
甲り
契斐ま
約市す
希小
望規
者模
登工
録事
制等
度
受ま
2
申階企付で5
請︶画場︵月
部所土1
書
・日
財
は
日︵
政
︑
曜月
課
財
お︶
契
政
か
よら
約
課
び5
担
契
祭月
当
約
︵
日 31
担
竜
を
当
王
除日
︵
窓
庁
く水
舎
口
︶︶
受
付
期
間
す
る
も
の
で
す
︒
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
4
内
業
者
の
受
注
機
会
を
拡
大
し
よ
う
と
定
の
対
象
と
す
る
こ
と
に
よ
っ
て
︑
市
登
録
し
︑
発
注
時
に
積
極
的
に
業
者
選
市
民
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
工
事
︵
修
繕
︶
契
約
を
希
望
す
る
業
者
を
外
に
転
出
ま
た
は
市
内
に
転
居
さ
れ
る
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
の
う
ち
︑
内
容
が
軽
易
で
か
つ
小
額
な
敷
島
地
区
に
お
住
ま
い
の
人
が
︑
市
し
た
日
か
ら
3
か
月
以
内
で
す
︒
知
ら
せ
て
い
た
だ
く
内
容
だ
さ
い
︒
敷
島
地
区
引
越
し
の
際
の
連
絡
方
法
送
事
業
者
の
責
任
は
︑
荷
物
を
引
き
渡
以
前
の
営
業
日
︶
ま
で
に
必
ず
ご
連
絡
く
0
5
5
︵
2
7
6
︶
0
7
3
3
荷
物
の
チ
ェ
ッ
ク
を
し
ま
し
ょ
う
︒
運
・
引
越
終
了
後
は
︑
必
ず
︑
速
や
か
に
引
越
し
で
は
⁝
●水
水道
道関
の係
使の
用
を手
や続
めき
るは
と早
きめ
︵
契に
次
の
点
な
ど
に
注
意
し
ま
し
ょ
う
︒
用
紙
は
水
道
局
窓
口
に
あ
り
ま
す
︒
入
︑
捺
印
の
う
え
提
出
し
て
く
だ
さ
い
︒
●
名
義
を
変
更
す
る
と
き
処
分
な
ど
の
付
帯
サ
ー
ビ
ス
は
︑
別
途
・すも・業難・
エ︒運パ者な貴
送ソと場重
ア
事コ相合品
コ
業ン談は類
ン
者なし︑を
の
とどま見自
取
ののし積分
り
打電ょもで
外
合子うり運
し
せ機︒時ぶ
や
にこ
が器
不
運と
必の
用
送が
要取
品
事困
で扱
の
の
日
が
土
︑
日
︑
休
日
の
と
き
は
そ
れ
水
道
の
使
用
を
や
め
る
日
の
前
日
︵
そ
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
水
道
局
業
務
課
料
金
と
な
り
ま
す
︒
約
解
除
︶
所
定
の
届
出
用
紙
に
必
要
事
項
を
記
4
月
は
転
居
の
時
期
︒
引
越
し
で
は
山
梨
県
合
は
︑
休
日
明
け
に
な
り
ま
す
︒
き
し
て
く
だ
さ
い
︒
手
続
き
の
な
い
場
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
②
土場使
︑合用
に
日
な
︑
る
休
日
日
が
の
土
前
︑
日
日
ま
︑
で
休
に
日
手
の
続
り
ま
す
︒
お
知
ら
せ
甲
斐
市
広
報
誌
見
積
書
に
も
と
づ
い
て
行
う
必
要
が
あ
・うえ
引︒で
︑
越
運
の
送
内
事
容
業
確
者
認
と
は
相
運
談
送
し
事
ま
業
し
者
ょ
の
住民基本台帳の閲覧結果(平成18年2月)
申請者
龍谷大学
閲覧の目的
「犯罪被害に関する調査」の対
象者の抽出のため
調査結果の公表時期とその媒体名
平成19年
3月に学術論文で公表
閲覧地域
大下条
閲覧件数
24件
22
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
書
︵
個
人
の
場
合
︶
人
の
場
合
︶
市
民
税
等
の
納
税
証
明
B
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
竜
王
駅
東
通
り
線
道
路
新
設
工
事
公
民
館
︑
敷
島
総
合
文
化
会
館
︑
双
の
健
康
保
険
に
加
入
し
て
い
な
い
人
23
平
成
18
年
10
月
31
日
ま
で
・
法
人
市
民
税
等
の
納
税
証
明
書
︵
法
場
合
︶
身
分
証
明
書
︵
個
人
の
場
合
︶
・
商
業
登
記
簿
謄
本
の
写
し
︵
法
人
の
・
小
規
模
工
事
等
契
約
希
望
者
申
請
書
の
提
出
が
必
要
で
す
︒
場
合
は
休
み
午︶
後
1
時
30
分
〜
4
時
・
パ
ー
ト
︑
ア
ル
バ
イ
ト
な
ど
で
職
場
を
保
障
す
る
保
険
で
︑
次
の
よ
う
な
人
・
自
営
業
者
︑
農
業
・
漁
業
従
事
者
が
加
入
し
ま
す
︒
開
催
時
間
険
な
ど
に
加
入
し
て
い
な
い
人
の
医
療
登
登ま証月
録 す 明 31 平 録
申︶書日成の
18
請
のま年有
の
みで6効
方
で︵月期
法
延次1間
長年日
す度か
るから
こら平
とは成
が ︑ 19
で納年
き税3
ま
し
た
ら
︑
お
手
数
で
も
駅
周
辺
整
備
ま
た
︑
工
事
期
間
中
の
ご
意
見
が
あ
り
開●ご報
催市覧︑
日民く市
相だホ
第談さー
いム
1
︒ペ
〜
ー
4
ジ
水
の
曜
新
日
着
︵
情
祝
報
日
を
の
と
お
り
で
す
︒
詳
細
に
つ
い
て
は
︑
広
A 工 竜 り
竜事王線現
王期駅橋在
駅間東梁︑
北
通工施
通
り事工
り
線のし
線
の上て
橋
新部い
梁
設工る
上
道工竜
部
路
工
の事王
工
整お駅
事
備よ北
︒び通
会委相
場員談
︑員
竜民
王生行
北委政
部員相
公
談
民
委
館
員
︑
︑
竜
人
王
権
南
擁
部
護
登
録
を
希
望
す
る
人
は
︑
次
の
書
類
工
事
内
容
国
国保
民資
健格
康の
保異
険動
はは
︑必
職ず
場 14
日
の以
健内
康に
保
室
へ
ご
連
絡
く
だ
さ
い
︒
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
4
市
民
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
し
ま
す
が
︑
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
︒
平
成
18
年
度
の
市
民
相
談
は
︑
次
の
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
工
事
期
間
中
大
変
ご
迷
惑
を
お
か
け
今
年
度
の
市
民
相
談
取
り
か
か
り
ま
す
︒
は
除
く
︶
な
ど
︵
た
だ
し
︑
水
道
給
水
装
置
工
事
気
・
管
・
消
防
施
設
・
造
園
・
備
品
成
を
目
指
し
︑
周
辺
の
道
路
整
備
に
も
工
事
に
着
手
す
る
と
と
も
に
︑
早
期
完
駅
南
北
自
由
通
路
お
よ
び
橋
上
駅
舎
の
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
7
駅
周
辺
整
備
室
︵
竜
王
庁
舎
2
階
︶
申会あ
込場た
り
電竜の
話王相
に北談
よ部時
る公間
事民は
前 館 30
予
分
約
︶
制
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
根
・
タ
イ
ル
・
ブ
ロ
ッ
ク
・
石
・
舗
装
・
防
水
・
内
装
仕
上
・
板
金
・
電
装
・
ガ
ラ
ス
・
サ
ッ
シ
・
建
具
・
塗
竜
王
駅
周
辺
整
備
事
業
で
は
︑
竜
王
す竜
王
駅
周
辺
の
道
路
整
備
が
始
ま
り
ま
土
木
・
建
築
・
大
工
・
左
官
・
屋
対
象
と
な
る
業
種
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
7
5
と
な
り
ま
す
︒
財
政
課
︵
竜
王
庁
舎
2
階
︶
・
公
共
施
設
等
の
小
規
模
工
事
︵
修
繕
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
契
約
金
額
1
件
あ
た
り
30
万
円
以
下
ペ
ー
ジ
を
参
照
し
て
く
だ
さ
い
︒
小
規
模
工
事
︵
修
繕
︶
の
範
囲
に
お
越
し
に
な
る
か
︑
甲
斐
市
ホ
ー
ム
を
申
請
し
て
い
な
い
○
甲
斐
市
入
札
等
参
加
な資
ど格
︵
建
設
業
︶
○
市
税
を
完
納
し
て
い
る
人
従
業
員
数
は
問
い
ま
せ
ん
︒
・
建
設
業
の
許
可
の
有
無
︑
経
営
規
模
︑
の
み
に
な
り
ま
す
︒
こ
の
制
度
に
登
録
さ
れ
る
人
は
申
請
書
︵
商
工
業
︶
の
提
出
さ
れ
て
い
る
人
で
︑
︵
注
︶
甲
斐
市
入
札
等
参
加
資
格
申
請
書
な
お
︑
詳
細
に
つ
い
て
は
直
接
窓
口
平
成
18
年
9
月
29
日
ま
で
金
曜
日
︵
弁
日開
護
午士奇︵催
後︶数司日
1
月法
時
第書偶
〜
2士数
4
な︶月
時
い
第
︵
し
2
1
第
木
人
曜
3
・
個
人
︑
法
人
を
問
い
ま
せ
ん
︒
本
店
︶
を
有
す
る
人
○
甲
斐
市
内
に
主
た
る
事
業
所
︵
本
社
・
防
施
設
等
の
工
事
︶
可
証
の
写
し
︵
例
=
電
気
・
管
・
消
種
に
つ
い
て
は
︑
資
格
証
ま
た
は
許
名
簿
に
登
録
で
き
る
人
・
資
格
︑
許
可
等
が
必
要
と
さ
れ
る
業
A
竜王 駅
B
開
催
時
間
●するは※校・・配・談望・相葉
無︒﹁行毎な学家ごあ﹂や国談公
行政月ど校庭とら
料
苦や内民
政相4
法
で内
ゆ
情県容館
相談回
を
律
の暴
る
な︑
巡
相
談委の
い力
悩
ど市
回
談
じ︑
み
のに
﹂員う
とのち
め差
ご
﹁対
なみの
︑別
と
行す
りに1
不
︑
政る
登
心
相要
まよ回
コ
ン
ビ
ニ
エ
ン
ス
ス
ト
ア
で
も
納
め
る
送
付
さ
れ
ま
す
︒
頃
︑
社
会
保
険
庁
か
ら
ご
本
人
あ
て
に
金
保
険
料
納
付
案
内
書
︶
は
4
月
上
旬
す
︒
平
成
18
年
度
分
の
納
付
書
︵
国
民
年
入
が
な
く
保
険
料
を
納
め
る
こ
と
が
困
学
生
の
人
も
加
入
と
な
り
ま
す
が
︑
収
人
が
加
入
す
る
こ
と
に
な
っ
て
い
ま
す
︒
い
る
20
歳
以
上
60
歳
未
満
の
す
べ
て
の
務
■
課竜問
︶王い
社合
0会わ
5保せ
5険は
︵事⁝
2務
7所
8︵
︶国
1民
1年
0金
4業
だ
さ
い
︒
号
の
わ
か
る
も
の
と
印
鑑
を
お
持
ち
く
場
な所
お
︑竜
年王
金社
手会
帳保
な険
ど事
基務
所
礎
年
金
番
竜
王
支
所
地
域
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
福
祉
課
︵
敷
島
庁
舎
1
階
︶
が
あ
り
ま
す
︒
保
険
料
は
全
国
の
金
融
機
関
の
ほ
か
︑
難
な
場
合
は
﹁
学
生
納
付
特
例
制
度
﹂
0
5
5
1
︵
2
0
︶
3
6
5
1
双
葉
支
所
地
域
課
︵
双
葉
庁
舎
1
階
︶
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
6
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
4
額
が
月
額
1
3
︑
8
6
0
円
に
な
り
ま
国
民
年
金
は
︑
日
本
国
内
に
住
ん
で
平
成
18
年
度
は
︑
国
民
年
金
保
険
料
4
月
は
学
生
納
付
特
例
の
申
請
を
国
民
年
金
保
険
料
額
が
変
わ
り
ま
す
国
民
年
金
か
ら
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
5
保
険
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
せ
く
だ
さ
い
︒
国
民
健
康
保
険
担
当
ま
で
お
問
い
合
わ
※
届
け
出
に
必
要
な
も
の
に
つ
い
て
は
︑
・
生
活
保
護
を
受
け
は
じ
め
た
日
・
死
亡
し
た
日
の
翌
日
・
他
の
市
区
町
村
に
転
出
し
た
日
日
の
翌
日
・
職
場
の
健
康
保
険
な
ど
に
加
入
し
た
︿
や
め
る
日
﹀
・
生
活
保
護
を
受
け
な
く
な
っ
た
日
・
出
生
し
た
日
・
他
の
市
区
町
村
か
ら
転
入
し
た
日
さ
ら
国民年金保険料の差 に
お
・「口座振替・早割」(当月末引き落とし) 得
で
13,860円 →
13,810円
す
・「口座振替・前納」(6か月分一括払い) ︒
83,160円 →
82,220円
学
生
の
人
︑
※納付書(現金)の場合 82,480円
・「口座振替・前納」(1年分一括払い)
166,320円 → 162,830円
※納付書(現金)の場合 163,370円
日
曜
日
を
含
む
︶
午
前
9
時
〜
午
後
7
時
︵
土
・
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
︒
日と
時もな
でお
4き︑
月ま当
8す日
日︒は
︵
保
土
険
︶
料
〜
を
20
納
日
︵
め
木
る
︶
こ
越
し
く
だ
さ
い
︒
ま
し
た
が
︑
届
い
て
い
な
い
場
合
は
お
・
社
会
福
祉
施
設
︑
介
護
保
険
施
設
に
該
当
者
に
は
3
月
中
に
通
知
を
出
し
入
所
し
て
い
る
人
次
の
と
お
り
で
す
の
で
︑
お
気
軽
に
お
で
は
な
く
︑
必
ず
ご
相
談
を
︒
日
程
は
動
車
燃
料
費
助
成
を
受
け
て
い
る
人
た
は
軽
自
動
車
税
の
減
免
お
よ
び
自
﹁
納
め
ら
れ
な
い
か
ら
﹂
﹁
面
倒
だ
か
ら
﹂
・
本
人
も
し
く
は
家
族
が
自
動
車
税
ま
合
は
保
険
料
の
免
除
制
度
が
あ
り
ま
す
︒
人
は
該
当
に
な
り
ま
せ
ん
︒
保
険
料
を
納
め
る
こ
と
が
困
難
な
場
会
を
開
催
し
ま
す
国
民
年
金
保
険
料
納
付
・
免
除
相
談
た
だ
し
︑
該
当
す
る
場
合
で
も
次
の
属
す
る
人
︒
で
あ
っ
て
︑
所
得
税
非
課
税
世
帯
に
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
5
て
い
る
も
の
に
介
護
さ
れ
て
い
る
人
・
山
梨
県
介
護
慰
労
金
の
支
給
を
受
け
保
険
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
級
に
該
当
す
る
人
︿
加
入
す
る
日
﹀
く
な
っ
た
日
︵
退
職
し
た
日
の
翌
日
︶
・
職
場
の
健
康
保
険
な
ど
の
資
格
が
な
﹁
口
座
振
替
・
前
納
﹂
も
現
金
納
付
よ
り
保
険
料
が
毎
月
50
円
割
引
に
な
り
ま
す
︒
れ
る
﹁
早
割
制
度
﹂
を
利
用
す
る
と
︑
●た年・加・
国人以外入退
保
上国し職
に
日人てし
加
本登いて
入
に録な職
す
滞をい場
る
在行人の
日
すな
健
・
るっ
康
や
とて
保
め
認
い
険
る
め
て
な
日
ら︑
ど
れ1
に
い
ま
す
が
︑
当
月
末
に
引
き
落
と
し
さ
通
常
は
翌
月
末
に
引
き
落
と
さ
れ
て
﹁
口
座
振
替
﹂
が
便
利
で
お
得
で
す
ず
に
納
め
ま
し
ょ
う
︒
翌
月
末
が
納
付
期
限
で
す
の
で
︑
忘
れ
こ
と
が
で
き
ま
す
︒
毎
月
の
保
険
料
は
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
ご
注
意
く
だ
さ
い
︒
※
手
続
き
は
毎
年
必
要
と
な
り
ま
す
︒
場
合
は
不
要
︶
し
︶
︑
年
金
手
帳
︑
印
鑑
︵
本
人
署
名
の
・ょをこ以納
届う得と内付申
出︒る︵でが請
よ追あ猶し
に
う納れ予て
必
に︶
要
もばさ認
なでされめ
な
っきかまら
も
たまのすれ
の
らすぼ︒る
追のっまと
学
納でてた保
生
し︑納︑険
証
︵
ま 収 め 10 料
し入る年の
写
育
手
帳
A
︑
保
健
福
祉
手
帳
1
〜
2
・
身
体
障
害
者
手
帳
1
級
〜
2
級
︑
療
該
当
に
な
る
人
4
月
よ
り
受
付
を
行
い
ま
す
︒
成
す
る
も
の
で
︑
18
年
度
に
つ
い
て
も
用
す
る
場
合
に
そ
の
料
金
の
一
部
を
助
と
が
困
難
な
た
め
︑
タ
ク
シ
ー
等
を
利
等
が
通
常
の
交
通
機
関
を
利
用
す
る
こ
ごタ平
こ案ク成
の 内 シ 18
ー年
制
利度
度
用
は
料
重
金
度
助
心
成
身
制
障
度
害
の
者
︵
児
︶
24
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
き
ま
す
︒
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
・対す限め指能内母
※
・・
雇 れ 適 過 と 所 象 ︒ 20 に 定 や 容 子
万本し資
用る職去同得
家
円人た格適庭
保人にに様制
︑が教を職自
険
就訓の限
下支育取に立
水以
法
く練
費
限払訓得就支
に
たを準内
8っ練すく援
の
︶
よ
め受
千た講るた教
人
る
に給
︵
円費座ため育
同
必し
児
︶用のめに訓
制
要て
をの
童
度
とい
支4受に必練
扶
な
の
認
給割講︑要給
養
い
対
め
し︵の市な付
手
ま上たが技金
象
ら人
当
を
始
め
ま
す
︒
要
事
項
を
記
入
し
て
申
請
し
て
い
た
だ
申
請
書
を
お
送
り
し
ま
す
︒
こ
れ
に
必
し
た
う
え
で
︑
該
当
す
る
人
に
は
支
給
か
っ
た
記
録
は
市
に
集
め
ら
れ
︑
計
算
申
請
の
方
法
受
給
者
が
病
院
等
に
か
費
と
し
て
支
給
し
ま
す
︒
度
額
を
超
え
た
分
の
金
額
を
高
額
医
療
計
が
限
度
額
以
上
に
な
っ
た
場
合
︑
限
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
約
3
か
月
後
で
す
︒
こ
の
一
部
負
担
金
の
1
か
月
分
の
合
し
て
支
払
っ
て
い
ま
す
︒
の
人
は
2
割
︶
の
金
額
を
一
部
負
担
金
と
医
療
費
全
体
の
1
割
︵
一
定
以
上
の
所
得
申
し
出
く
だ
さ
い
︶
︵
指
定
し
た
口
座
を
変
え
る
場
合
は
︑
お
口
座
に
自
動
的
に
振
り
込
ま
れ
ま
す
︒
受
給
者
が
病
院
等
で
受
診
し
た
場
合
︑
老
人
保
健
の
高
額
医
療
費
の
支
給
資
格
を
取
得
す
る
た
め
に
︑
修
業
期
間
士
・
理
学
療
法
士
・
作
業
療
法
士
等
の
内母者
容子は
家除
看庭き
護高ま
師等す
・技
介能
訓
護練
福促
祉進
士費
・給
保付
育金
た
こ
と
が
な
い
事
業
主
に
よ
り
常
用
雇
用
労
働
者
を
解
雇
し
・
・
・・事
・対給しへ雇内母
・
・
・
・ 対 0 12 の
・
・
過事引対受公雇業し職用過と所象し︑転用容子困就リ養な過と所象0か最
ま対換し
0月後
去業き象け共用主て業さ去同得
家難業キ成い去同得
す象した事庭でまュ機人に様制
円︶
い紹れ3様制
6主続者て職保
にの
︒者た母業常あたラ関
︶ 訓 1/3
る介た年の限
きを雇業険
か
訓の限
を練に
人機こ間水以
6常い安の
月
1場子主用るはムに
練水以
適
支給相
内
内
入
と
準
と
を
準
用
か
間
定
関
人合家が雇
に
育
お
促
用
給付当
の
の
れ
の
︶
認
修
︶
雇
月
に
所
に
当︑庭新用
︑
児
い
進
し金す
人
人
めと業て
転
雇用た等事
︑
求な対
た
そ
の
費
た
︵
︵
業
ま︵る
事
い
ら
し
へ
用
事
に
職
りの母に換
象
修
2
を
児
児
主
す月期
業
人
れ
て
転
奨
を
業
届
申
30 事 を 非
事
業
年
受
童
童
︒額
主
る
い
換
励
継
主
出
し
万業常常
業
の
以
間
給
扶
扶
人
る
し
1︵
続
の
を
込
円主用勤金
主
両人上
し
養
養
0上
した
都
行
み
をに雇等
に
立
の
て
手
手
後
3限
合
い
た
を
支対用で
雇
当
が
カ
い
当
︑
︑
利
用
料
金
フ
ァ
ミ
リ
ー
・
サ
ポ
ー
ト
・
セ
ン
タ
ー
セ
ン
タ
ー
で
は
万
一
の
事
故
に
備
え
︑
泊
を
伴
う
活
動
は
で
き
ま
せ
ん
︒
は
協
力
会
員
の
家
で
す
︒
子
ど
も
の
宿
す
︒
原
則
と
し
て
子
ど
も
を
預
か
る
の
会
員
同
士
を
組
み
合
わ
せ
て
紹
介
し
ま
セ
ン
タ
ー
が
条
件
や
要
望
に
合
っ
た
か
月
か
ら
小
学
生
ま
で
で
す
︒
だ
し
︑
援
助
対
象
と
な
る
の
は
生
後
3
別
︑
年
齢
の
制
限
は
あ
り
ま
せ
ん
︒
た
す会援け
トと育
フ
甲︒員助た当・きて子ァ
斐
とをいセセ甲の育ミ
市
し行人ンン斐おてリ
に
︑い︵タタ市手をー
住
相た依ーーフ伝手・
所
互い頼はにァい助サ
連
ポ
を
援人会︑
﹁絡ミがけー
︵
員
有
助
しし
育し
ト
す
を協︶
﹂児てリたて会
力
ー
る
行
いほ
とのく
会
・︑し員
人
う
﹁
援
だサ
募
員
な
組
こい集
︶育助さポ
ら
織﹂児をい
ん︑
性
でをの受︒ーな子
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
5
0
5
5
1
︵
2
0
︶
3
6
5
1
保
険
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
双
葉
支
所
地
域
課
双
葉
庁
舎
1
階
)
補
償
保
険
に
一
括
し
て
加
入
し
ま
す
︒
し母
母た子
子
家
家
庭
庭
自
の
立
母
支
の
援
自
事
立
業
を
を
促
創
進
設
す
し
る
ま
(
25
︵
個
人
負
担
は
あ
り
ま
せ
ん
︶
た
め
︑
平
成
18
年
4
月
か
ら
次
の
事
業
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
6
竜
王
支
所
地
域
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
申
請
書
の
送
付
は
受
診
し
た
月
か
ら
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
5
子
育
て
支
援
課
︵
敷
島
庁
舎
1
階
︶
■
手
続
き
・
問
い
合
わ
せ
は
⁝
を
締
結
し
た
事
業
主
ら
は
申
請
手
続
き
無
し
で
指
定
さ
れ
た
労
働
関
係
法
令
に
基
づ
き
雇
用
契
約
一
度
申
請
す
れ
ば
︑
次
回
の
該
当
か
・
対
象
者
と
の
間
で
労
働
基
準
法
等
の
子
ど
も
の
発
達
・
性
格
・
行
動
な
ど
指
導
を
受
け
る
こ
と
が
必
要
で
す
︒
早
い
う
ち
に
発
見
し
て
︑
専
門
機
関
の
子
ど
も
の
問
題
は
︑
何
と
い
っ
て
も
で
連
絡
し
て
く
だ
さ
い
︒
相
談
室
︵
敷
島
庁
舎
︶
に
来
る
か
︑
電
話
庭子
すど員
相︒もが家児ど
に︑庭童も
談
つ生児相の
す
いま童談こ
る
てれ相室と
場
のて談へに
合
つ
相か室
は
い
談らで
︑
て
を 18 は
直
の
受歳︑
接
相
けま家
家
談
てで庭
庭
は
いの相
児
家
ま子談
童
ひ
が
有の
効変受一4と
期更給部月り
者変か親
間
証わら家
=
のり医庭
申
有ま療医
請
効す費療
日
︵
助費
期
更
成の
間
新
制助
と
の
度成
更
制
場
の度
新
合
内
時
は
容
期
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
5
子
育
て
支
援
課
︵
敷
島
庁
舎
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
午
前
9
時
か
ら
午
後
4
時
ま
で
館
に
も
置
い
て
あ
り
ま
す
︒
援
課
︑
双
葉
・
竜
王
地
域
課
︑
各
児
童
お
よ
び
申
込
書
は
︑
市
役
所
子
育
て
支
員
登
録
を
し
ま
し
ょ
う
︒
入
会
の
案
内
ま
せ
ん
︶
い
ざ
と
い
う
時
の
た
め
に
会
録
が
必
要
で
す
︒
︵
登
録
料
は
必
要
あ
り
相順心る養
談調身家育
日に障庭に
発害やつ
月達に不い
曜し関良て
日てすな問
かいる地題
らな相域が
金い談環あ
曜な︵境る
日ど心なと
︶
ど
ま
や︶思
わ
で
体
が
の
れ
環
境
福
祉
に
関
す
る
相
談
︵
子
ど
も
の
な
い
で
困
る
な
ど
︶
ど
も
な
ど
︑
家
族
関
係
が
う
ま
く
い
か
虐
待
︑
父
母
と
子
ど
も
︑
祖
父
母
と
子
セ
ン
タ
ー
を
利
用
す
る
に
は
会
員
登
家
族
関
係
に
関
す
る
相
談
︵
子
ど
も
の
0
5
5
︵
2
7
7
︶
1
7
6
2
遊
び
な
ど
を
す
る
な
ど
︶
セ
ン
タ
ー
︵
敷
島
第
二
庁
舎
︶
甲
斐
市
フ
ァ
ミ
リ
ー
・
サ
ポ
ー
ト
・
を
か
け
る
︵
盗
み
︶
︑
家
出
・
浮
浪
・
夜
非
行
に
関
す
る
相
談
︵
人
の
も
の
に
手
■
申
し
込
み
・
問
い
合
わ
せ
は
⁝
す
︒
︵
3
時
間
を
限
度
︶
2
0
0
円
の
依
頼
会
員
助
成
を
行
い
ま
遅
れ
︑
言
葉
の
遅
れ
な
ど
︶
知
能
︑
言
語
に
関
す
る
相
談
︵
発
達
の
よ
く
な
い
︑
偏
食
や
遊
び
な
ど
︶
平
成
18
年
4
月
か
ら
1
時
間
あ
た
り
︵
神
経
質
・
わ
が
ま
ま
・
友
だ
ち
関
係
が
会
員
に
お
渡
し
し
て
い
た
だ
き
ま
す
︒
性
格
や
生
活
習
慣
な
ど
に
関
す
る
相
談
利
用
料
金
は
そ
の
つ
ど
︑
直
接
協
力
・
軽
度
の
病
児
保
育
8
0
0
円
早
朝
・
夜
間
1
時
間
8
0
0
円
・
土
・
日
・
祝
日
・
年
末
年
始
お
よ
び
1
時
間
7
0
0
円
談
相い十
談︒分個を
内
守人進
容
ら・め
れ家て
ま族い
すのき
の秘ま
で密す
ごに︒
安つ
心い
くて
だは
さ︑
・
平
日
の
午
前
7
時
〜
午
後
7
時
に
つ
い
て
︑
専
門
機
関
と
連
携
し
て
相
平成18年度公民館ふれあい講座(前期)●
■敷島公民館
講座
番号
①
②
申し込み・問い合わせは…敷島公民館
講 座 名
内
容
定員
055(277)4111
期間/時間
全6回 5月16日〜9月19日
ビーズアクセ はじめての方でも作れる、初夏か
ら秋にふさわしい、オリジナルビ 20人 第3火曜日および9月26日
サ リ ー 教 室 ーズアクセサリーに挑戦します。
午後1時30分〜3時30分
全6回 5月11日〜7月27日
健康ヨーガ教 心と体のバランスを整えて、健康
30人 偶数週、木曜日
室( 初 級 )作りに役立てます。
午前10時〜11時15分
〈安全な食肉を選ぶために〉生産
全3回
者から食肉の安全性に関する知 30人 5月19日、26日、6月2日(見学)
識を学びます。
(牧場・養鶏場の見
午後1時30分〜4時
学もあります。)
食肉の安全性
③
を 学 ぼ う
④ 能面作り教室
トレッキン グ
⑤ 教
室
■双葉公民館
講座
番号
講
師
材料費/持ち物
ビーズデザイナー
水村 和恵
健康ヨーガ 家元教授
諸寄 澄江
5作品5,500円
ハンカチ(無地のもの、タオル不可)
はさみ
無料
バスタオル、動きやすい服装
(素足でおこないます)
小林牧場
小林 輝男
黒富士農場
無料
向山 茂徳
生涯に残る自分自身の作品づくり。
5,000円
全12回 4月26日〜10月11日
関東能彫会
伝統技芸の世界をあなたも体験 10人 偶数週、水曜日
座布団、筆記用具、差し金または
林
義人
会長
できます。
ものさし(30cm位)、はさみ
午後1時〜4時
甲斐市とその周辺の山へ
(水の音・
全8回 4月22日〜11月25日
元清川地域ふれあい館 保険料等負担あり
鳥の声・・・自然の中を楽しく歩き 30人 第4土曜日 午前9時〜午後5時
館長 小田切 善博 弁当、水筒、雨具
ます。)
(天候等で変更あり)
申し込み・問い合わせは…双葉公民館
講 座 名
内
容
定員
0551(20)3666
期間/時間
講
師
材料費/持ち物
全10回
コンディショニングオフィス・ 無料
大切なのはバランス。快適な身体
バスタオル(ヨガマット、
イシハラ 主宰
30人 4月19日〜6月28日
づくりを無理なく楽しめます。
(5/3は休み)毎週水曜日
キャンピングマットでも可)、
石原 政文
午前10時〜11時30分
タオル
全10回 4月25日〜10月24日
700円
山梨造形美術会
自
(7/25〜8/22は休)
水彩絵の具(顔彩でも可)、
審査員
水 彩 画 に 親 し む 季節の移り変わりを感じながら、
20人 第2、4週火曜日
分らしく描きます。
絵筆(顔彩用でも可)、
祢津
里江
午後1時30分〜3時30分
筆洗い、雑巾
「やってみたい」
( 興味)から「でき
全6回 5月11日〜7月27日
日本クレイホビー協会講師 3,500円
た」
(自信)へ。バッグ、ポーチ、
ペン
裁縫道具、
パッチワーク小物 ケースの3作品をシリーズでつくり 15人 第2、4週木曜日
内田 まさ子
午後1時30分〜3時30分
ものさし
(30cm程度)
ます。公民館に見本があります。
① ゆがみ直し体操
②
③
④
週
末
に
アロマセラピー
初心者の方に基本から指導します。
全4回 5月12日〜6月2日
精油、ハーブのクラフトやスキンケ
毎週金曜日
アの方法などを学び、心身をリラッ 20人 午後1時30分〜3時30分
クスさせます。
ナードアロマテラピー
協会認定校
Se lever主宰
小番 今
2,500円
筆記用具
26
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
助
成
金
請
求
書
の
提
出
期
間
が
6
か
の
審
査
に
よ
り
︑
扶
養
義
務
者
の
所
得
で
︑
平
成
18
年
6
月
の
更
新
手
続
き
時
を
贈
り
ま
す
︒
金
婚
記
念
写
真
︵
撮
影
代
含
む
一
式
︶
迎
え
ら
れ
る
ご
夫
妻
に
お
祝
い
と
し
て
市
で
は
市
内
に
住
所
が
あ
る
金
婚
を
追
加
要
件
現
在
受
給
資
格
の
あ
る
人
甲
斐
市
金
婚
記
念
祝
事
業
る
場
合
は
対
象
外
と
な
り
ま
す
︒
金
婚
記
念
写
真
を
贈
り
ま
す
養
義
務
者
の
所
得
制
限
限
度
額
を
超
え
者
の
所
得
が
児
童
扶
養
手
当
制
度
の
扶
た
に
次
の
用
件
が
加
わ
り
︑
扶
養
義
務
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
6
高
齢
福
祉
課
︵
敷
島
庁
舎
1
階
︶
ば
受
給
対
象
者
と
な
り
ま
し
た
が
︑
新
く
は
養
育
者
が
所
得
税
非
課
税
で
あ
れ
○
ひ
と
り
親
家
庭
の
父
ま
た
は
母
も
し
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
調
査
期
間
い
ま
す
の
で
ご
協
力
を
お
願
い
し
ま
す
︒
4
月
〜
5
月
上
旬
養
義
務
者
の
所
得
制
限
地
区
民
生
委
員
が
調
査
員
と
な
り
行
ひ
と
り
親
と
生
計
を
同
じ
に
す
る
扶
所
得
用
件
に
新
た
な
制
限
が
追
加
と
を
目
的
に
毎
年
実
施
す
る
も
の
で
す
︒
今
後
の
高
齢
者
福
祉
の
向
上
を
図
る
こ
ら
通
知
し
ま
す
︒
と
に
よ
り
︑
高
齢
者
の
実
態
を
把
握
し
︑
度
の
み
6
月
︶
に
な
り
ま
し
た
ら
市
か
こ
れ
は
︑
統
一
的
な
調
査
を
行
う
こ
※
い
ず
れ
の
場
合
も
更
新
時
期
︵
今
年
福
祉
基
礎
調
査
を
実
施
し
ま
す
︒
り
ま
す
︒
︵
更
新
手
続
き
は
8
月
︶
歳
以
上
の
高
齢
者
を
対
象
に
︑
高
齢
者
は
8
月
31
日
ま
で
が
有
効
期
間
と
な
市
で
は
︑
今
年
も
4
月
1
日
現
在
65
申
請
に
よ
り
交
付
さ
れ
た
受
給
者
証
○
○
平 す 6 の 30 れ 月 受 平
成︒月で日た末給成
と ︑ ま 受 日 者 17
18
8今で給ま証年
年
月年が者での度
4
の度有証に更ひ
月
2の効は新新と
1
回み期︑規者り
日
必更間平申と親
よ
要新と成請平家
り
に 手 な 18 し 成 庭
新
な 続 り 年 交 18 医
規
りきま6付年療
認
まがす月さ3費
定
高
齢
者
福
祉
基
礎
調
査
に
ご
協
力
を
0
5
5
1
︵
2
0
︶
3
6
5
1
双
葉
支
所
地
域
課
︵
双
葉
庁
舎
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
6
階
︶
竜
王
支
所
地
域
課
︵
竜
王
庁
舎
子
育
て
支
援
課
︵
敷
島
庁
舎
1
階
︶
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
5
1
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
制
限
に
該
当
す
る
人
が
い
る
場
合
は
︑
1
甲
斐
市
広
報
誌
今
年
度
対
象
者
の
条
件
は
︑
平
成
18
7
月
よ
り
受
給
対
象
外
と
な
り
ま
す
︒
階
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
も
の
は
6
か
月
以
内
︶
ら
31
日
ま
で
︒
を
提
出
し
て
く
だ
さ
い
︒
︵
3
月
以
前
の
更
新
手
続
き
期
間
=
毎
年
8
月
1
日
か
つ
い
て
は
2
年
以
内
に
助
成
金
請
求
書
31
日
ま
で
︒
4
月
以
降
の
保
険
診
療
分
の
請
求
に
毎
年
9
月
1
日
︶
か
ら
最
初
の
8
月
月
か
ら
2
年
に
延
長
● 平成18年度公民館ふれあい講座(前期)
■ 受付開始…各公民館とも4月7日
(金)午前9時から電話で受付(定員になり次第締切)
■ 受 講 料…無料(講座により材料費がかかります) ■ 受講対象者…市内在住者および市内に勤務されている18歳以上の人
■竜王北部公民館
講座
番号
内
① 百人一首を読む
② トールペイント
③ 初めての韓国語会話
■竜王中部公民館
講座
番号
①
講 座 名
健康づくり
整 体 体 操
女性シニア
② カラオケ教室
講 座 名
容
定員
055(276)7511
期間/時間
講
申し込み・問い合わせは…竜王中部公民館
容
定員
期間/時間
自分自身で体を動かすことによって、偏っ
全10回 4月18日〜6月20日
た体形を整えます。楽しく日常生活が送れ 30人 毎週火曜日
る健康な体づくりをします。
午前10時〜正午
講
師
材料費/持ち物
コンディショニングオフィス
イシハラ主宰
石原 政文
無料
バスタオル(ヨガマット可)
タオル
山梨県作詩作曲家協会 無料
全10回 4月21日〜9月1日
見やすい映像と大きい字幕で歌いやすい
です。みんなで楽しく歌って心を癒します。 20人 奇数金曜日 午後7時30分〜9時30分 常任理事 小野 重孝 クリヤーブックA4
申し込み・問い合わせは…竜王南部公民館
内
容
定員
自 然 を楽しむ 教 室 山梨県内の山を楽しみます。トレッキングで仲
25人
③
「 ト レ ッ キ ン グ 」間と一緒に自然の恵を体と心に感受できます。
27
材料費/持ち物
055(276)5782
055(276)0711
期間/時間
学習や運動や
全10回 4月27日〜2月1日
雑
学
教
室 豊かに生きる知識や知恵を、
実習や体験を通し、其々の分野の達人から 25人 第1木曜日
①
「 大 人 の 寺 子 屋 」学び、体と脳を活性化します。
午後1時〜3時
その置き皿も創っ
全8回 4月18日〜12月19日
手作りを楽しむ教室 ミニ盆栽と苔玉を作って、
て、すべて手作り。おしゃれな緑のインテリ 15人 第3火曜日
②
「植と陶 気分は魯山人」アを春夏秋冬4鉢製作します。
午前10時〜12時
④
師
全10回 5月10日〜7月19日 元ことぶき勧学院学院長
馴染みのある百人一首を学び、日本人のう
20人 毎週水曜日(6/21は休み)
300円
た心を探り、和歌の世界を楽しみます。
渡邉
弘
午前10時〜12時
全10回 5月12日〜7月14日 トールペイントインストラクター 6,000円
初心者を対象にチューリップのフォトスタ
(3作品)
ンド、手鏡、ティッシュケースにペイントし 20人 毎週金曜日
エプロン、
松井 宏美
午後1時30分〜3時30分
描いていきます。公民館に見本があります。
ビニール風呂敷
全10回 5月11日〜7月13日
簡単なあいさつや、
ドラマを楽しめる表現
外国語学校講師
など覚えていきます。料理をしながらの回 20人 毎週木曜日
4,000円
安
仁淑
午後7時30分〜9時30分
もあります。
内
■竜王南部公民館
講座
番号
申し込み・問い合わせは…竜王北部公民館
講 座 名
技の伝承教室「ハギレ 家族に伝えたい優しい想いを四季折々の和
小物に託してハギレを使って制作します。公 20人
で創る 四季の和飾り」民館に見本があります。
全10回 4月26日〜1月10日
第2水曜日(天候等で変更あり)
全8回 4月27日〜8月10日
第2・4木曜日
午前10時〜正午
講
師
内容により
講師は違います
陶房うつの谷主宰
渡井 道輔
「山と渓谷」執筆者
天野 七郎
和小物創作家
望月 初子
材料費/持ち物
実費負担あり
各1,000円
実費負担あり
3,000円
高
校
在
学
者
⁝
月
額
1
万
円
貸
②
①
大付て他と学
学金いの︵費
在額な制所な
学
い度得ど
者
こに基の
⁝
とよ準支
月
等るが払
額
奨あが
2
学り困
万
資ま難
円
金すで
を︶あ
受
け
接
捨
て
る
よ
り
も
水
質
を
悪
化
さ
せ
る
響
を
調
査
し
た
と
こ
ろ
︑
食
用
油
を
直
商
品
を
混
ぜ
た
食
用
油
の
水
質
へ
の
影
対
象
要
件
く
だ
さ
い
︒
る
こ
類
を
揃
え
て
教
育
委
員
会
へ
提
出
し
て
貸
付
を
希
望
さ
れ
る
人
は
︑
申
請
書
奨
学
金
の
貸
付
を
行
い
ま
す
︒
高
校
や
大
学
で
の
修
学
が
困
難
な
人
に
優
秀
な
生
徒
で
経
済
的
理
由
に
よ
り
市
奨
学
金
の
貸
付
し座の水
し景油し
国た品処て公食込振請道※
民︒表理そ正用み替求局敷
生
示剤の取油がをにか島
活
違をま引処必利なら地
セ
反販ま委理要用り︑区
ン
の売流員剤とすま下は
タ
疑すせ会はなるす水︑
ー
いるるは使り場︒道上
で
で5﹂﹁用ま合こは水
︑
警社と家出すはの甲道
こ
告にし庭来︒別た斐が
ま
々め市甲
れ
を対た排せ
の︑か府
ら
しし食水ん
申口ら市
の
ま
用と
︑
0
5
5
︵
2
7
7
︶
3
1
1
6
求
し
ま
す
︒
水
道
料
金
と
一
緒
に
2
か
月
に
一
度
請
高
齢
福
祉
課
︵
敷
島
庁
舎
1
階
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
し
ま
す
︒
婚
記
念
写
真
撮
影
等
の
案
内
書
を
送
付
山
梨
県
場
合
は
上
水
道
使
用
水
量
に
応
じ
て
︑
下
水
道
使
用
料
は
︑
水
道
水
利
用
の
下
使水
用道
料
に
つ
い
て
本
籍
地
等
に
確
認
し
該
当
者
に
は
︑
金
市
で
は
提
出
さ
れ
た
申
出
書
の
内
容
を
0
5
5
1
︵
2
0
︶
3
7
0
3
祉
担
当
の
窓
口
で
随
時
受
け
付
け
ま
す
︒
教
育
委
員
会
教
育
総
務
課
な
お
︑
忘
れ
た
場
合
で
も
︑
高
齢
福
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
る
こ
と
を
伝
え
て
く
だ
さ
い
︒
査
員
で
あ
る
民
生
委
員
に
対
象
者
で
あ
査
︵
4
月
〜
5
月
上
旬
実
施
︶
の
際
︑
調
申
し
込
み
は
︑
高
齢
者
福
祉
基
礎
調
申し
4込て貸
月期6付
3間か期
日
月間
︵
を終
月
経了
︶
過月
〜
しの
4
た翌
月
後月
28
10 か
日
︵
年
金
以ら
︶
内起
算
は
除
き
ま
す
︶
年
度
以
前
に
対
象
と
な
ら
れ
た
ご
夫
婦
日
の
ご
夫
妻
で
す
︒
︵
た
だ
し
︑
平
成
17
和
30
年
4
月
2
日
〜
昭
和
31
年
4
月
1
返
貸
還無付高
方利利校
法子率⁝
最
高
3
年
内
に
住
所
が
あ
り
︑
婚
姻
届
出
日
が
昭
年
4
月
1
日
以
後
︑
引
き
続
き
甲
斐
市
貸
大付
学期
⁝間
最
高
4
年
甲
斐
市
広
報
誌
● 竜王中部公民館こどもふれあい教室
講 座 名
内
容
定員
期間/時間
小 中 学 生 友達と将棋して、物事をじっくり考える力をつけてみません
ふ れ あ い 将 棋 か。初歩から親切に教えてもらえます。初心者大歓迎です。 20人
受付開始…4月7日(金)午前9時から電話で受付(定員になり次第締切)
055(276)5782
講
師
材料費
全10回 4月15日〜8月19日 日本将棋連盟 竜王支部長
奇数土曜日 午前10時〜12時
小野 重孝
無料
受 講 料…無料
■ 申し込み・問い合わせは…竜王中部公民館
● パソコン教室
募集対象は市内在住の成人されている人となります。なお往復はがき以外のお申込は抽選外となります。
1枚の往復はがきにつき①か②のどちらか1講座を申し込みできます。
パソコンの持込はご遠慮下さい。
講座
番号
講 座 名
Microsoft
① E x c e l
入 門 講 座
内
容
定員
日
時
データや計算式の入力と編集操作から、
全4回
表の作成と編集、百分率計算、簡単な
4月18日(火)20日(木)25日
関数利用、並べ替え、抽出、グラフ、住 15人(火)27日(木)
所録作成のポイントや現金出納帳作
午後1時30分〜4時30分
成方法等を学びます。
パソコンの基本操作を一通り学びます。
全4回
場 所
4月18日(火)20日(木)25日 敷島公民館
パ ソ コ ン (ウィンドウズ、インターネット、
Eメール、
②
Word、Microsoft Excel等 15人(火)27日(木)
2階研修室A
初 級 講 座 Microsoft
午後6時30分〜9時30分
の基本操作)
申込方法
「パソコン教室申し込み」
と記入のうえ
1 講座番号と講座名
2 氏名(ふりがな)
と年齢
3 住所と電話番号
を明記して郵送してください。
なお、応募多数の場合は抽選となります。
対 象
パソコンの基本
竜王北部 操作(キーボー
公民館2階 ド操 作 等 )が で
視聴覚教室 きる初心者〜初
級者
テキスト代
1,100円
講師作成のオリジ
ナルテキスト
(準備
データ入CD付)
パソコンの基本
操作(キーボー 1,000円
ド操 作 等 )が で 講師作成のオリジ
きる初心者〜初 ナルテキスト
級者
締め切り 4月10日(月)必着
■ 申し込み・問い合わせは…
〒407-0105 甲斐市下今井236−2
甲斐市教育委員会 生涯学習文化課「パソコン教室担当」宛て
0551(20)3658
28
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
山
梨
県
サ
ー
ビ
ス
の
基
礎
知
識
と
選
択
第の
生5経
活回済
設︵準
計 12 備
を月
考︶
え
る
︒
金
融
商
品
・
第支
﹁4店
公回見
的︵学
年 10 ツ
金月ア
﹂︶ー
と
﹁
個
人
年
金
﹂
老
後
山
梨
県
﹁
日
銀
﹂
を
探
検
・
日
本
銀
行
甲
府
第
3
回
︵
8
月
︶
イ
ー
ン
の
魅
力
お
米
の
流
通
か
ら
見
た
ミ
ル
キ
ー
ク
第用レ
第講費へ活
2
ー﹁1座者の設市
回
サ表回の講備計で
︵
ビ示︵内座え︑は
6
リ﹂
か4容をな年︑
月
開ど金食
テら月
︶
催を︑品
ィ見︶
しテ資の
のる
まー産安
信食
すマの全
頼品
︒と形︑
性の
と素
し成老
そ顔
て︑後
の・
︑災の
活ト
消害生
消
費
者
講
座
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
7
0
下
水
道
課
︵
竜
王
庁
舎
2
階
︶
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
ま
し
ょ
う
︒
固
剤
で
固
め
て
か
ら
ゴ
ミ
と
し
て
捨
て
は
新
聞
紙
に
染
み
込
ま
せ
た
り
︑
油
凝
し
ま
し
ょ
う
︒
ま
た
︑
廃
棄
す
る
場
合
用
油
は
で
き
る
だ
け
使
い
切
る
よ
う
に
下
水
道
の
水
質
改
善
の
た
め
に
︑
食
こ
と
が
判
り
ま
し
た
︒
4月29日にオープンとなる「Kai・遊・パーク」の
屋内プールで各種教室が始まります。
● 事前申込み型レッスン
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
次のレッスンへの参加者を募集します。申し込みは4月3日(月)からで定員になり次第締め切ります。
なお、施設利用料のほかに保険料・受講料として11回分で1,000円の参加料がかかります。
レッスン名
ジ ュ ニ
水 泳 教
女 性 初 心
水 泳 教
定員
ア
室 15人
者
室
エ ア ロ ビ ク ス 20人
ヨ
回数
開
催
時
間
内
5月11日〜7月20日 午後4時30分
(60分)
毎週木曜日
容
水が怖い、潜れないといった小学校低学年を対象に、長田
友喜子さんがやさしく指導。
午前10時30分 「どうも水泳は苦手」
というみなさん。長田友喜子さんが水
(60分)
泳の楽しさ、魅力、そして効果を教えてくれます。
5月9日〜7月18日
毎週火曜日
5月11日〜7月20日
毎週木曜日
軽快なリズムに乗って全身運動を行い、心肺機能を高めて
健康促進をはかります。
5月9日〜7月18日
11回 毎週火曜日
ガ
脂 肪 燃 焼 系
アクアビクス(初心者) 30人
エ ン ジ ョ イ
アクアウオーキング
20人
転 倒 予 防 の
運 動 教 室
心と身体のバランスをとりながら行うシェイプアッププロ
午前10時30分 グラムです。
(45分)
5月10日〜7月19日
水の抵抗浮力を利用したアクアビクスは陸上の3倍の運動
毎週水曜日
量。水に顔をつけませんので、泳ぎが苦手な方でもOK。
5月12日〜7月21日
毎週金曜日
初心者の方でも安心。水中でのウオーキングや遊びながら
楽しく体を動かします。
午後1時30分
(45分)
5月9日〜7月18日
毎週火曜日
最近、バランスを崩しやすい、足腰が弱ったと感じている
人を対象に転倒予防運動を行います。
● オープン参加型レッスン
次のレッスンは、当日の申込みで参加が可能です。ただし定員になり次第締め切ります。
施設利用料のほかに保険料・受講料として1回100円の参加料がかかります。
なお、
「ストレッチ&軽運動」は無料です。
レッスン名
定員
開
催
エアロビクス
5月10日から
毎週水・金曜日
ヨ
5月11日から
毎週木曜日
ガ
20人
ス ト レ ッ チ
& 軽 運 動
水泳プライベート
レ ッ ス ン
間
午後7時30分
(45〜60分)
5月10日から
毎週水・金曜日
午前10時30分
(30分)
5月11日から
毎週木・金曜日
午後1時30分
(30分)
5月9日から
毎週火〜土曜日
随時受付
■ 申し込み・問い合わせは…Kai・遊・パーク
29
時
055(276)4189
内
容
運動不足解消・ストレス解消プログラムです。心地よい汗をか
いてリフレッシュしてみてはいかがでしょう。
ストレッチや軽運動によって、肩こりや腰痛などの予防を図り、
伸びやかな健康な体をつくります。
長田友喜子さんのプライベートレッスンです。
055(276)0089
セ
ン
タ
ー
所
属
司
法
書
士
0
5
5
︵
2
7
6
︶
2
0
2
0
担
当は
30
山分
梨以
県内
司と
法な
書り
士ま
会す
︶
総
合
相
談
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
県
緑
化
セ
ン
タ
ー
定場
員所
6
人
︵
1
人
あ
た
り
の
相
談
時
間
竜
王
北
部
公
民
館
亭参場
主加所
料
茶
県
道無緑
裏料化
セ
千
ン
家
タ
雨
ー
宮
宗
栄
日第
時 14
回
4甲
月府
23 市
日緑
︵化
日ま
︶つ
り
午
後
1
時
〜
4
時
山
梨
県
山午前
梨10時
県30分
〜
午
後
2
時
課■
問
0い
5合
5わ
︵せ
2は
3⁝
7甲
︶府
5
7市
0観
2光
開
発
興げ■シ
課ま問ャ
︶ついト
り
ル
0実合
バ
わ
5行
5委せス
︵
はが
2員⁝出
7会中ま
4事央す
︶務市︒
8局
5︵玉
8観穂
2光れ
振ん
日いま
時︒と
相め
4談て
月内相
13 容 談
日は会
︵
木厳場
︶秘へ
扱お
い越
で
すし
︒く
だ
さ
※
な
お
当
日
は
︑
東
花
輪
駅
よ
り
無
料
日を若
時企葉
画や
4い花
月た々
22 し を
日ま見
︵しな
土たが
︶︒ら
の
﹁
お
茶
会
﹂
〜
武
田
神
社
キ
ュ
ー
︑
カ
ラ
オ
ケ
大
会
な
ど
る
関
係
資
料
を
持
参
し
︑
相
談
内
容
を
そ
の
初
回
と
し
て
︑
萌
え
る
木
々
の
る
相
談
を
受
け
付
け
ま
す
︒
手
元
に
あ
裁
判
事
務
な
ど
司
法
書
士
業
務
に
関
す
イ
ベ
ン
ト
等
開
催
を
し
て
い
き
ま
す
︒
だ
け
る
施
設
を
目
指
し
︑
た
く
さ
ん
の
市
役
所
前
〜
遊
亀
公
園
〜
舞
鶴
城
公
園
場日し
所時ま
す
武4︒
田月
神9
社日
〜︵
甲日
府︶
午
駅前
前 11
〜時
甲〜
府
の
再
現
︑
れ
ん
げ
畑
の
中
で
バ
ー
ベ
ー
ス
︑
玉
穂
ゆ
か
り
の
虚
無
僧
行
列
シ
ョ
ー
︑
大
抽
選
会
︑
各
種
出
店
ブ
登
記
︵
相
続
︑
売
買
︶
・
成
年
後
見
・
多
く
の
み
な
さ
ま
に
親
し
ん
で
い
た
山
梨
県
24
将
が
勇
壮
に
甲
府
市
内
を
パ
レ
ー
ド
内
容い
広
爆場
笑お
ラよ
イび
ブ周
︑辺
キの
ャれ
ラん
クげ
タ畑
ー
に
繰
り
広
げ
ら
れ
る
戦
国
絵
巻
︒
武
田
司
法
書
士
に
よ
る
無
料
法
律
相
談
管
理
者
と
し
て
管
理
を
行
い
ま
す
︒
武
田
信
玄
の
命
日
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
4
か
ら
県
造
園
建
設
業
協
同
組
合
が
指
定
県
緑
化
セ
ン
タ
ー
で
は
︑
4
月
1
日
れ
ん
げ
ま
つ
り
︒
中
央
市
と
な
っ
た
今
■
申
し
込
み
・
問
い
合
わ
せ
は
⁝
お
茶
会
へ
の
お
誘
い
り第甲
43 府
回市
武
田
城
下
祭
会日年
場時も
次
中4の
央月内
市 29 容
玉日で
穂︵開
ふみ催
るどし
さりま
とのす
ふ日︒
れ︶
あ
市
民
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
か
ら
電
話
受
付
0
5
5
︵
2
7
6
︶
0
7
1
1
D
V
D
︶
玉中
春穂央
のれ市
恒ん
例げ
イま
ベつ
ンり
ト06'
と
な
っ
た
玉
穂
求
詐
欺
の
撃
退
法
︵
ま
し
詐
欺
︑
架
空
請
6
1
0
1
申定講会
込員師場
受
付 40 山 竜
人梨王
農北
4
政部
月
事公
10
務民
日
所館
午
職
前
員
8
時
30
分
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
竜
王
南
部
公
民
館
品
を
展
示
﹁
文
化
協
会
川
柳
部
﹂
の
み
な
さ
ん
の
作
い
て
い
っ
て
は
ダ
メ
!
︵
V
H
S
︶
︑
4
月
4
日
︵
火
︶
〜
6
月
14
日
︵
水
︶
ま
で
午
後
1
時
30
分
〜
3
時
日ま第
時す1
︒回
4
講
月
座
21
は
日
︑
︵
次
金
の
︶
と
お
り
開
催
し
ギ
ャ
ラ
リ
ー
紹
介
ジ
の
新
着
情
報
で
お
知
ら
せ
し
ま
す
︒
0
5
5
︵
2
7
8
︶
1
6
6
4
詳
し
く
は
︑
広
報
︑
市
の
ホ
ー
ム
ペ
ー
震
第
全対災6
て策害回
の
に︵
講
備1
座
え月
の
る︶
受
︒
講
家
料
庭
は
に
無
お
料
け
で
る
す
地
︒
市
民
課
︵
竜
王
庁
舎
1
階
︶
■
申
し
込
み
・
問
い
合
わ
せ
は
⁝
第
締
切
︶
30
分
か
ら
電
話
受
付
︵
定
員
に
な
り
次
ン
動
物
記
︑
振
り
込
め
詐
欺
︑
な
り
す
ア
ニ
メ
宮
澤
賢
治
シ
リ
ー
ズ
︑
シ
ー
ト
り
実
行
委
員
会
内
会
■
問0のンシ動チ農容広場
午
い0花サョ物ャ産
場
合鉢﹁ーーとリ物植﹂緑前
なト/のテな木
が9
わ
で/金ふィど・
丘時
せ
し起魚れーの花
ス〜
は
こ震すあオ展・
ポ午
⁝
﹂車くいー示園
ー後
甲
無
芸
ツ4
府
販
ク
/
い
体
料
造
公時
市
売
シ
ぬ
/
験
配
園
緑
布/音いョ/園
資
﹁
化
緑
ン
ぐ
楽
甲
1
材
舟
化
/
ま
る
隊
府
︑
出
つ
0市コみ小木・
0
5
5
︵
2
2
3
︶
新
作
情
報
ひ
び
け
!
和
だ
い
こ
︒
つ
視
聴
覚
ラ
イ
ブ
ラ
リ
ー
ル
ム
の
利
用
資
格
付
与
を
行
い
ま
す
︒
ラ
リ
ー
の
16
ミ
リ
映
写
機
お
よ
び
フ
ィ
得
さ
せ
る
と
と
も
に
︑
視
聴
覚
ラ
イ
ブ
機
等
の
視
聴
覚
教
材
の
操
作
技
術
を
習
・
視
聴
覚
教
材
の
理
論
と
16
ミ
リ
映
写
申
込
受
付
4
月
11
日
︵
火
︶
午
前
8
時
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
平 16 甲
成ミ府
18 リ 地
年映区
度写広
は機域
10 操 事
月作務
実技組
施術合
予講
定習
会
30
●臨時休館のお知らせ
4月5日(水)は休館になります。
9月分の施設使用受付開始日は4月4日(火)になりま
す。
●ふれあいロビーコンサート
美しい女声の響き〜心を込めて花束を〜
5月のさわやかな風にのってポピュラー曲を中心にお
届けします。女声ならではの響きをお楽しみください。
日時 5月14日(日)午後2時開演
出演 女声合唱 萌
入場無料
平成18年度自主企画事業の予定(10月まで)
6月●親子で楽しむ映画の集い
●ミュージカル「トム・ソーヤー物語」出演者
オーディション
7月●NHKラジオ番組公開収録
●宝くじ文化公演「レニングラード国立バレエ」
●本物の舞台芸術体験事業 劇団コーロ「聖の青春」
10月●ミュージカル「トム・ソーヤー物語」
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
願自
第書衛2
1受官年
回付と間
期しで
1 間 て 10
月
任日
10
用間
日
訓
〜
練
4
参
月
加
7
後
日
予
備
技
能
に
応
じ
53
歳
〜
55
歳
未
満
の
者
は
28
歳
未
満
︶
︶
■問い合わせは・・・甲斐市双葉ふれあい文化館ホール
事務室
0551(20)3660
・
昭
和
60
年
4
月
2
日
以
降
生
ま
れ
の
第
2
次
試
験
31
60
年
4
月
1
日
生
ま
れ
※
性
格
検
査
も
実
施
し
ま
す
︒
・
昭
和
54
年
4
月
2
日
〜
●
受
験
資
格
国
税
専
門
官
採
用
試
験
合
格
発
表
日
よ
び
記
述
式
︶
教
養
試
験
︑
専
門
試
験
︵
多
枝
選
択
式
お
7
月
4
日
︵
火
︶
課
へ
お
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
︒
ま
た
は
山
梨
労
働
局
労
働
基
準
部
監
督
試実第︽田
験施1試区
種日次験大
目
試日手
6験程町
等1
月
︾ー
11
日
3
︵
ー
日
3
︶
〒
1
0
0
ー
8
1
0
2
0
5
5
︵
2
2
5
︶
2
8
5
3
山
梨
労
働
局
労
働
基
準
部
監
督
課
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
詳
し
く
は
︑
人
事
院
ホ
ー
ム
ペ
ー
ジ
込
を
受
け
付
け
ま
す
︒
︵
月
︶
か
ら
4
月
14
日
︵
金
︶
ま
で
受
験
申
今
年
︵
平
成
18
年
︶
は
︑
4
月
3
日
合
格
者
か
ら
採
用
さ
れ
て
い
ま
す
︒
院
︑
厚
生
労
働
省
が
実
施
す
る
試
験
の
労
働
基
準
監
督
官
は
︑
毎
年
︑
人
事
東申有郵
京込効送午︵4
国先
の前土月
税
場9・3
局
合時日日
︵
人
は〜曜月
事
4午日︶
第
月後を〜
二
14 5 除 14
課
日時く日
試
︶︵
通
東
金
験
信
京係
︶
日
都
付
千
印
代
員
︶
で
す
︒
る
国
家
公
務
員
︵
厚
生
労
働
省
の
専
門
職
○自
の○□●集お
予
技衛3者一募予しよ防備
能官年
般集備まび衛自
と間
種自す幹庁衛
資しで
資目衛︒部自官
官
候衛補
格 て 50
格
任日
補
補隊等
生での
18 用 間
18
訓
をは募
歳
歳
練
次予集
以
以
参
の備
上
上
加
と自
保
34
後
お衛
有
歳
予
り官
す
未
備
る
募補
満
歳
未
満
の
者
︵
薬
学
修
士
学
位
取
得
者
含
︶
20
歳
以
上
30
歳
未
満
︵
薬
剤
は
26
○
歯
科
・
薬
剤
専
門
の
大
卒
︵
見
込
入含の○□●合※
隊︶者一募幹︑第第第
後︶︵般集部第121
約
22 ・ 種 候 2 回 回 回
1
歳技目補回で
年
生 は 採 10 4
未術
で
実用月月
満
3
施予下中
の 20
等
し定旬旬
者歳
陸
な者
は以
・
いに
大上
海
︒
卒 26
達
・
︵
し
歳
空
見
た
未
尉
込満
場
条
件
の
向
上
を
図
る
こ
と
を
任
務
と
す
基
準
を
遵
守
さ
せ
る
と
と
も
に
︑
労
働
に
立
ち
入
り
︑
事
業
主
に
法
に
定
め
た
係
法
令
に
基
づ
い
て
あ
ら
ゆ
る
事
業
場
受
付事た東
期務は京
間所甲国
府税
税庁
務人
署事
︑第
人二
事課
院試
各験
地係
方ま
労
働
基
準
監
督
官
は
︑
労
働
基
準
関
労
働
基
準
監
督
官
採
用
試
験
交
付︵午2
場土前月
所・91
日時日
曜〜︵
日午水
︑後︶
祝5〜
日時4
月
を
14
除
日
く
︵
︶
金
︶
0
5
5
︵
2
5
3
︶
1
5
9
1
交
付
期
間
受
験
の
申
込
書
の
交
付
自
衛
隊
山
梨
地
方
連
絡
部
本
部
︽
受
験
の
申
込
書
の
交
付
お
よ
び
受
付
︾
0
5
5
︵
2
7
2
︶
0
8
8
4
自
衛
隊
山
梨
地
方
連
絡
部
三
珠
分
駐
所
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
第旬願
1
書
次
受
試
付
験
期
間
5
月
4
下
月
旬
上
旬
〜
5
月
上
イ
ロ
等
の
資
格
が
あ
る
と
認
め
る
人
人
事
院
が
イ
に
揚
げ
る
も
の
と
同
第
1第
時2
試回
験
7
月
18
日
〜
10
月
13
日
る
見
込
み
の
人
19
年
3
月
ま
で
に
大
学
を
卒
業
す
大
学
を
卒
業
し
た
人
お
よ
び
平
成
人
で
次
に
揚
げ
る
も
の
暴力追放三ない運動
暴力団は、不法・不当な行為を行い、市民に脅威と不安を与えている「反社
会的な集団」です。このように社会秩序を無視し、善良な市民生活を脅かす暴
力団は、社会の敵と言えます。真に明るく住み良い郷土山梨を築くためには、
警察の取締りだけでなく、官民一体となった暴力団排除活動の展開が必要不可
欠です。警察では、県・市町村をはじめ関係機関・団体等と一体となった「暴
力追放三ない運動」を強力に推進しております。
「暴力追放三ない運動」とは…◇暴力団を恐れない ◇暴力団に金をださない
◇暴力団を利用しない
県民一人ひとりの強い意思と勇気で暴力団を社会から追放しましょう。
春の全国交通安全運動
春の全国交通安全運動が、4月6日(木)から15日(土)までの10日間、実施
されます。
この運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵
守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通
環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図るこ
とを目的としています。
また、運動の基本を「子供と高齢者の交通事故防止」とし、
1 自転車の安全利用の推進(全国重点)
2 シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底(全国重点)
3 飲酒運転等悪質・危険な運転の追放(本県重点)
の3項目を重点としています。
みなさん、交通ルールを守り、安全で快適な交通環境を作っていくために、
この運動に積極的に参加しましょう。
6月1日から違法駐車の取締りが変わります
車両の所有者などを対象とした放置違反金の制度が導入されます
確認標章が取り付けられた放置駐車違反車両(駐車禁止場所等で、運転者が
車両を離れて直ちに運転することができない状態にあるもの)について、運転
者が反則金を納付しない場合などは、車両の使用者に対して、放置違反金(反
則金と同額の金額)の納付が命ぜられる場合があります。また、放置違反金の
納付を繰り返し命ぜられた常習違反者に対しては、一定期間車両の使用を制限
する命令がなされます。
民間の駐車監視員が放置駐車違反の確認を行います
警察官以外にも、民間の駐車監視員が巡回し、放置駐車違反車両を確認した
場合は、その車両に確認標章を取り付けます。
悪質・危険、迷惑な違反に重点を置き、短時間の放置駐車も取り締まります
短時間の駐車もその反復により交通の安全と円滑に大きな支障を及ぼしうる
ことから、放置駐車違反車両であることが確認された車両については、駐車時
間の長短にかかわらず、確認標章の取り付け対象とし、良好な駐車秩序の確立
を目指すこととしています。
放置違反金を納付しないと車検を受けられなくなります
放置違反金を滞納して公安委員会による督促を受けた者は、財産の差押えな
ど滞納処分による強制徴収の対象となるほか、滞納が解消されない限り、車検
を受けることができません。
開
館
記
念
特
別
展
県
立
博
物
館
イ
ベ
ン
ト
情
報
日示画
程す像
るや
3予川
月定中
28 で 島
日す合
︵︒
戦
火
図
︶
〜
屏
風
な
ど
も
展
て
紹
介
し
ま
す
︒
ま
た
︑
武
田
信
玄
の
戦
国
の
世
︑
全
国
に
そ
の
名
を
と
ど
田
信
玄
の
世
界
﹂
に
ち
な
み
︑
子
ど
も
0
5
5
︵
2
6
1
︶
2
6
3
2
﹁
よ
み
が
え
る
武
田
信
玄
の
世
界
﹂
開
館
記
念
特
別
展
﹁
よ
み
が
え
る
武
0
5
5
︵
2
6
1
︶
2
6
3
1
﹁
子
ど
も
信
玄
公
祭
り
﹂
■
問
い
合
わ
せ
は
⁝
県
立
博
物
館
採
用
予
定
数
︵
全
国
︶
合
格
発
表
も
に
︑
現
代
の
人
々
に
語
り
継
が
れ
て
研
究
成
果
か
ら
そ
の
実
像
に
迫
る
と
と
8
月
29
日
︵
約火
9︶
5
0
人
き
た
信
玄
の
イ
メ
ー
ジ
や
伝
説
に
つ
い
か
い
じ
あ
む小
中
2
6
0
円
試実
験施
種日
目
7
人月
物 24
試日
験︵
︑月
身︶
以
体降
検
査
絵
画
︑
工
芸
︑
古
文
書
な
ど
最
新
の
ろ
か
せ
た
武
将
・
武
田
信
玄
︒
参
加
費
大
高
5
0
0
円
甲
斐
市
広
報
誌
イ
ン
フ
ォ
メ
ー
シ
ョ
ン
大
人
1
︑
0
0
0
円
特
別
観
覧
料
が
必
要
で
す
︒
5
月
14
日
︵
日
︶
参場日コ
加所程ー
ナ
費
県5ー
無立月な
料博3ど
物日を
館︵行
庭水い
︶ま
4
日す
︵︒
木
︶
会
︑
陣
中
食
︵
干
飯
︑
ほ
う
と
う
︶
試
食
向
け
の
弓
技
コ
ー
ナ
ー
︑
鎧
試
着
撮
影
32
ごみ(廃棄物)の焼却は禁止
されています
家庭や事業所から出たごみの焼
却は、廃棄物処理法の基準に適し
た焼却炉での焼却や、農業にともな
う焼却等、一部の例外を除いて禁止さ
れています。
家庭のごみは分
別して市のごみ収集に
出してください。
また、例外として認
められている焼却につ
いても、周辺の住民に
とっては迷惑となって
いる場合があります。
さまざまな事情があ
ると思いますが、市で実施しているせん定枝粉砕
処理事業を活用するなど、焼却以外に適切な処理
方法がとれる場合は焼却せずに有効利用し、生活
環境を第一に考えましょう。
■問い合わせは…
環境課
(双葉庁舎1階)
0551
(20)
3653
竜王支所地域課
(竜王庁舎1階) 055
(278)1666
敷島支所地域課
(敷島庁舎2階) 055
(277)
3113
愛犬の登録と狂犬病予防集合注射を
実施します
平成18年度の登録・狂犬病予防集合注射を実施します。日
程表をご覧になり、最寄りの会場で受けてください。
【登録について】
狂犬病予防法で1頭につき1回の登録が義務付けられています。
※ 初めて犬の登録をする方は、裏面の「犬の新規登録申請書」
に必要事項を記入し、当日会場に持参してください。
【狂犬病予防注射について】
生後91日以上の犬には毎年1回受けさせなければなりません。
(狂犬病予防法第5条第1項)
登録済みの犬は、飼い主宛に発送されたはがきを、注射当日
必ずお持ちください。
【その他】
次の項目に該当する場合は届出・申請が必要となります。
①犬が死亡したとき「死亡届」
②飼育場所が変わったとき・他人に譲ったとき・飼主が転出
(転居)するとき「登録事項変更届」
③鑑札、注射済票をなくしてしまったとき「再交付申請書」
集合注射終了後に新たに犬を飼う場合は、各自で狂犬病予
防注射を受けて届け出てください。
■届出・問い合わせは…
環境課(双葉庁舎1階) 0551
(20)
3653
竜王支所地域課(竜王庁舎1階) 055
(278)
1666
敷島支所地域課(敷島庁舎2階) 055
(277)
3113
33
せん定枝粉砕処理
家庭等において伐採されたせん定
枝を粉砕処理します。
◎玉幡中学校北側の市有地
日程
4月は次の日をお休みとさせていた
だきます。
毎週金曜日、祝日(29日)
◎自然休養村管理センター(敷島総合公園入り口)
日程
4月は次の日をお休みとさせていただきます。
毎週月・水・木・土曜日、祝日(29日)
受入時間 午前9時〜正午、午後1時〜午後4時
対象となる枝
せん定枝の長さは2m以下、直径10cm以下の
ものに限ります。
果樹のせん定枝についても対象とします。
*葉っぱ類、根の部分、腐食した物、金属類の付
いた物、及び草・竹等は受入しませんので注意
して下さい。
*営利目的で伐採したせん定枝の持ち込みは出来
ません。
なお、粉砕処理したチップは市内在住の人に限り
無料で差し上げています。
せん定枝受け入れ時間中であればいつでも取に来
ていただいて結構です。
希望する人は、チップを入れる袋などを持参して、
係員の指示に従ってください。
■問い合わせは…
環境課
(双葉庁舎1階)
0551
(20)
3653
竜王支所地域課
(竜王庁舎1階) 055
(278)1666
敷島支所地域課
(敷島庁舎2階) 055
(277)
3113
竜王地区・河川清掃は
4月23日に行います
今年の竜王地区河川清掃
は4月23日(日)に実施しま
す。みなさんの手で川をき
れいにしましょう。
なお、少雨決行とします
が、大雨など悪天候により
中止となる場合は、防災無
線で連絡します。
※雨天の場合は4月30日
(日)に行ないます。
■問い合わせは…
竜王支所地域課
(竜王庁舎1階) 055
(278)1666
竜 王 地 区
実 施 日
場
所
時
敷 島 地 区
間
実 施 日
竜 王 4 区 公 会 堂 午前9時〜11時45分
場
所
時
間
清川地域ふれあい館
午前9時30分〜10時30分
(旧清川公民館)
4月18日(火)竜王スポーツセンター
午後1時30分〜3時30分
(旧勤労体育センター)
睦沢地域ふれあい館
午前10時45分〜11時45分
4月11日(火)
(旧睦沢公民館)
竜 王 新 町 下 公 民 館 午前9時〜11時45分
4月19日(水)
竜王東児童センター駐車場 午後1時30分〜3時30分
吉沢地域ふれあい館
午後1時30分〜3時30分
(旧吉沢公民館)
働 く 婦 人 の 家 午前9時〜11時45分
4月20日(木)
榎
公
民
館 午後1時30分〜3時30分
境 老 人 憩 い の 家 午前9時〜10時
4月12日(水)敷 島 台 集 会 場 午前10時15分〜11時45分
竜 王 北 部 公 民 館 午後1時30分〜4時
4月23日(日)
竜 王 南 部 公 民 館 午後1時30分〜4時
天 狗 沢 公 民 館 午後1時30分〜3時30分
竜 王 南 部 公 民 館 午前9時〜11時45分
4月25日(火)
玉川東区集落集会所 午後1時30分〜3時30分
竜 王 中 部 公 民 館 午前9時〜11時45分
4月26日(水)
竜 王 北 部 公 民 館 午後1時30分〜3時30分
東
町
公
会
堂 午前9時〜10時30分
4月13日(木)西
町
公
会
堂 午前10時45分〜11時45分
松 島 団 地 集 会 場 午後1時30分〜3時30分
長 塚 公 民 館 午前9時〜11時45分
4月14日(金)
大 下 条 公 会 堂 午後1時30分〜3時30分
八幡新田1区公民館 午前9時〜11時45分
4月27日(木)
玉 川 西 区 公 会 堂 午後1時30分〜3時30分
4月16日(日)敷
島
庁
舎
前 午前9時〜11時45分
<切り取り線>
双 葉 地 区
実 施 日
場
所
時
【犬の新規登録申請書】
間
上 志 田 公 民 館 午前9時〜10時30分
5月 9日(火)宇
北
公
民
館 午前10時45分〜11時45分
滝
沢
公
民
館 午後1時30分〜3時30分
申
請
者
保健センター前駐車場 午前9時〜10時15分
名
電話番号
※
所在地
<切り取り線>
菖 蒲 沢 グ ラ ウンド 午前9時〜10時30分
高 原 団 地 公 民 館 午後2時45分〜3時45分
所
ふりがな
氏
下 今 井 公 民 館 午前9時〜11時45分
5月10日(水)
双 葉 支 所 前 午後1時30分〜3時30分
新 ・ 新 田 公 民 館 午前10時45分〜11時45分
5月11日(木)
団 子 公 民 館 午後1時30分〜2時30分
住
種
類
犬毛 色
生年月日
性
別
おす ・ めす
5月12日(金)桃花の街クラブハウス前 午前10時30分〜11時45分
登 美 団 地 公 民 館 午後1時30分〜3時30分
5月14日(日)双
葉
庁
舎
犬の名
犬の体格
☆
登録番号
☆
注射済
票番号
大・中・小
前 午前9時〜11時45分
【集合注射の料金】
注 射 の み 3,400円 2,850円(注射料)+550円(注射済票)
新規登録と注射 6,400円 3,000円(登録料)+3,400円(注射料+注射済票)
※当日は大変混雑しますので、おつりのないようお願いします。
※印欄には、申請者の住所と犬の所在地が異なる
場合のみ記入すること。
☆印欄は、記入しないこと。
34
●乳幼児健診
受 付 時 間 午後 1 時30分〜 2 時 ◎午前中の受付は致しません。
持参するもの 母子健康手帳、バスタオル、保険証、送付の問診票
(1.6歳、2歳、
3歳児健診のみ)、歯ブラシ
(11か月、1.6歳、2歳、3歳 *普段
使用しているもの)
*3歳児視聴覚・尿検査再検査日
(午前9時〜11時)
:4月13日
(木)
竜王保健福祉センター
4月21日
(金)
双葉保健福祉センター
1
内
容
実施月日
4・11か月児健診
4月21日
(金)
〃
4月25日
(火)
4か月児健診
11か月児健診
1歳6か月児健診
〃
2歳児健診
〃
3歳児健診
〃
4月28日
(金)
4月27日
(木)
4月 7 日
(金)
4月13日
(木)
4月 5 日
(水)
4月11日
(火)
4月18日
(火)
4月20日
(木)
該 当 児
4か月児:H17.12月生
11か月児:H17.4月生
4か月児:H17.12月生
11か月児:H17.4月生
H17.12月生
H17.4月生
対象地区
実 施 場 所
双葉
双葉保健福祉センター
敷島
敷島保健福祉センター
竜王
竜王
敷島
竜王
竜王
双葉
敷島
竜王
竜王保健福祉センター
竜王保健福祉センター
敷島保健福祉センター
竜王保健福祉センター
竜王保健福祉センター
双葉保健福祉センター
敷島保健福祉センター
竜王保健福祉センター
H16.9月生
H16.3月生
H14.10月生
※日程、会場の変更希望のある人は、事前にご連絡ください。なお、対象の人には個人通知します。
●乳幼児予防接種について
事前に指定医療機関に予約を入れ、接種を行ってくだ
持ち物
内
容
種 別
さい。なお日本脳炎予防接種については、平成17年 5 BCG、三種混合、二種混合 個別接種 母子健康手帳
予診票、保険証
月30日より引き続き積極的な接種勧奨を控えています。 麻しん、風しん、日本脳炎
*麻しん風しん混合予防接種の予診票は、各医療機関に設置してあります。
*ポリオ予防接種については 5 月より実施予定です。詳しい内容は、 5 月号広報にてご確認ください。
● 4 月 1 日から麻しん、風しんの予防接種方法及び対象者が変更になります。
麻しん
(はしか)
と風しん対策をより一層強化するため、 4 月より麻しん・風しん予防接種が混合ワク
チンとなり、接種回数も 2 回接種となります。対象年齢については、第 1 期
( 1 回目)
12か月から24か
月に至るまでの人、第 2 期
( 2 回目)5 歳以上 7 歳未満で就学 1 年前の人
(いわゆる年長児)
です。
*既に麻しんおよび風しん予防接種を 1 回ずつ接種している人は、あらためて接種する必要はありません。
〈 4 月からの対象者〉
接
種
歴
第1期(1回目)
既に麻しんのみ接種している人
×
既に風しんのみ接種している人
×
既に麻しん、
風しん両方とも接種している人
×
既に麻しん、
風しん両方とも未接種の人
12か月〜24か月に至るまでの人 ○
24か月以降の人
×
第2期(2回目)
×
×
×
5歳以上7歳未満で就学1年前の人 ○
7歳以上の人
×
※両方接種しておらず、第 2 期の接種対象年齢にある人は第 2 期の対象となります。
予防接種指定医療機関
指定医療機関
林野医院
保坂医院
竜王リハビリテーション病院
清水内科循環器科
中沢クリニック
杉田小児科医院
芦沢内科小児科医院
竜王レディースクリニック
竜王共立診療所
保坂メディカルクリニック
三枝病院
大久保医院
住
所
西八幡2436
富竹新田410
万才287-7
篠原1429-1
竜王3091
篠原2763-1
玉川159-1
篠原2199
富竹新田231-1
篠原2189-1
竜王新町1440
島上条213-3
電話番号
055(276)2816
055(276)2619
055(276)1155
055(279)3366
055(276)8111
055(279)2088
055(279)3355
055(279)4132
055(279)8611
055(230)6550
055(279)0222
055(277)2129
指定医療機関
小山医院
志鎌整形外科
敷島クリニック
大沢医院
大房整形外科眼科医院
桜こどもクリニック
中島医院
双葉クリニック
本橋医院
響ヶ丘整形外科
ふたば内科消化器科医院
住
所
島上条492-1
長塚2
中下条246
長塚115-11
島上条714-1
中下条1900
下今井88-1
竜地4710-1
岩森79-1
竜地2563-14
竜地2795-10
電話番号
055(277)5102
055(277)6761
055(277)8300
055(277)1020
055(230)9200
055(267)0505
0551(28)2181
0551(28)6789
0551(28)6130
0551(30)8100
0551(28)8227
■問い合わせは…
健康増進課
(敷島庁舎1階)
055
(277)
4735 竜王支所地域課
(竜王庁舎1階) 055
(278)
1666
双葉支所地域課
(双葉庁舎1階) 0551
(20)
3651
35
●介護予防教室開催のお知らせ
甲斐市では、市内 4 か所に在宅介護支援センターを委託し、甲斐市基
幹型在宅介護支援センターと共催で次の教室を開催しています。
テ ー マ
認知症のお年寄の心理
〜家族介護から得たもの〜
日
時
4月19日
(水)
午後1時30分〜
場
所
竜王北部公民館
甲斐市篠原2600
●個別運動指導の実施について
①運動プログラム作成
日常生活での健康づくりに役立つ、効果的な運
動を行うための、健康運動指導士による運動プロ
グラム作成および実践指導を行います。
運動器具等を使っての安全で適切な指導をしま
す。
日 時 4 月19日
(水)
・26日
(水)
午後 3 時45分〜 4 時30分
場 所 敷島保健福祉センター内軽運動室
費 用 無料 ただし施設利用料
(1回100円)
必要
持ち物 運動靴/運動のできる服装
※予約制となりますので、希望日をご連絡下さい。
②水中ウォーキング
集団で行なう水中ウォーキング教室を、受講で
●母子健康手帳の発行
妊娠中の心配事がありましたら、
ご相談ください。
発 行 時 間
場
所
持
ち
物
対 象 者
興味関心のある人
問い合わせ
めぐみ荘在宅介護支援センター
055(278)
0881
きない次の人を対象に、個別運動指導を行います。
場 所 敷島保健福祉センター内歩行浴プール
対象者 市内在住者で次の人
・病院などに通っていて、運動を勧めら
れるが長時間運動できない人
・体力、高齢、疾病などで、集団指導を
受けるのが困難な人
安全のため、かかりつけ医師の診断書
(費
用の補助はありません)
が必要な場合もあ
ります。
聞き取りの上、予約制になります。
■申し込み・問い合わせは…
敷島保健福祉センター
(月曜日以外)
055
(277)
7311
開庁時間(午前8時30分〜午後5時15分)
健康増進課(敷島庁舎)
、竜王支所地域課、双葉支所地域課
印鑑
●マタニティービクス教室
マタニティービクス
(妊娠中の健康と安産のための運動療法)
音楽にあわせエアロビックなエクササイズ
で妊娠中の太り過ぎや筋肉の衰えを防止することは、安産の第 1 歩です。そして、出産後のシェイプア
ップへとつながります。 ◎午前 9 時30分までに受付を済ませてください。
内
容
マタニティービクス
(講師)
マタニティービクスインストラクター、
助産師、
保健師
実施月日
4月19日
(水)
午前9時30分〜正午
対
象
実施場所
甲斐市に在住する
竜王保健福祉センター
5か月過ぎの妊婦
申し込み 申込書に医師の意見書を添え、当日お持ちください。(申込書は各庁舎に用意してあります)
持 ち 物 母子健康手帳、筆記用具、運動のできる服装、水分補給の必要な人は、お茶等を持参してく
ださい。
●母親学級
妊娠中の過ごし方や出産後の育児について学んだり、育児における交流の場として行なっています。
◎午前9時30分までに受付を済ませてください。
第1課
第2課
第3課
実施場所
持参するもの
対
象
実施月日
内
容
母子健康手帳、筆記用具
(月)
妊娠中の生活・妊婦体操 4月10日
*第 1 課 体操のできる服
(助産師、
保健師) 午前 9 時30分〜正午
装、バスタオル
甲斐市に在住する
4月17日
(月)
母乳教室
竜王保健福祉センター
*第 3 課 エプロン
(助産師、
保健師) 午前 9 時30分〜正午 5 か 月 過 ぎ の 妊 婦
4月24日
(月)
栄養教室
(栄養士、
保健師) 午前 9 時30分〜正午
●離乳食教室
内
容
実施月日
該 当 児
実 施 場 所
離乳食の作り方を学び、みんなで情
後期の離乳食教室
4月12日
(水)
H17.6 月生 竜王保健福祉センター
報交換ができる教室です。
前期の離乳食教室
4月26日
(水)
H17.
10月生 双葉保健福祉センター
受 付 午後 1 時15分〜 1 時30分
(教室 午後 1 時30分〜 4 時頃)
持ち物 母子健康手帳、離乳食用スプーン、水分補給が必要な人は、お茶等を持参してください。
◎申し込みが必要となりますので、事前にご連絡ください。
■問い合わせは…
健康増進課
(敷島庁舎1階)
055
(277)
4735 竜王支所地域課
(竜王庁舎1階) 055
(278)
1666
双葉支所地域課
(双葉庁舎1階) 0551
(20)
3651
36
●人間ドック受診申し込み
申込期間
4月3日
(月)
〜 4 月12日
(水)
対 象 者 40歳以上の人
*社会保険本人は対象外で
す。
申込場所 健康増進課(敷
2
島庁舎 1 階)、竜王支所地
域課
(竜王庁舎 1 階)、双葉
支所地域課
(双葉庁舎 1 階)
申込方法 健康保険証と印鑑を持参してください。
受診券を発行します。
申し込みの際に委託医療機関から受診
医療機関を選んでいただきます。
*総合健診申込書とは別に申請が必要です。
料
金 委託医療機関によって受診料が異なり
ます。市では、検査項目により次のと
おり金額を補助します。
○基本検診のみの人は、30,000円
基本検診に加え
○前立腺がん検査を含む人は、31,000円
○子宮がん検査、または乳がん検査
(マン
モグラフィー検査)
どちらか一方を含む
人は、32,000円
○子宮がん検査と乳がん検査
(マンモグラ
フィー検査)
両方含む人は、33,000円
委託医療機関 社会保険山梨病院健康管理センタ
ー、甲府共立病院総合健診センター、
甲府市医師会健康管理センター、山梨
県厚生農業協同組合連合会健康管理セ
ンター、中沢クリニック、竜王リハビ
リテーション病院、竜王共立診療所、
赤坂台病院、クアハウス石和
*申し込みは、12月まで毎月期間を区切って受付
します。
*医療機関への受診予約は、受診券の発行後にな
ります。
●健診受診調査および総合健診申し込みにつ
いて
平成18年度も市では、総合健診を実施します。
( 5 月〜 9 月実施予定)
健診実施前に「健診受診調査及び総合健診申込
書」を各世帯に送付します。申込書が届きました
ら、必ず全員
(19歳以上の人)
記入し、提出期日ま
でに同封されている返信用封筒にて健康増進課ま
で送付してください。
*「健診受診調査及び総合健診申込書」は総合健
診の実施時期にあわせ送付しますので、地区ご
と送付時期が異なりますが、ご了承ください。
( 3 月〜 7 月送付予定)
*子宮がん検診についても「健診受診調査及び総
合健診申込書」にて申し込みを受け付け、受診
券は後日送付します。
●運動教室
生活習慣病予防のため、ご自身の生活改善をし
たいと思っている人を対象に次の日程で運動教室
を実施します。
対象者 高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症など何
らかの異常があり運動の必要な人
内 容 3B体操、健康相談
日 時 4 月27日
(木)午後 1 時30分〜 3 時
場 所 敷島保健福祉センター
*運動のできる服装でお出かけください。
37
■申し込みは…
健康増進課(敷島庁舎1階)
竜王支所地域課(竜王庁舎1階)
双葉支所地域課(双葉庁舎1階)
055(277)4735
055(278)1666
0551(20)3651
●スリムボディ教室
運動で汗を流してみませんか。
日 時 4 月19日〜 6 月28日までの毎週水曜日
( 6 月16日のみ金曜日)
午後 1 時30分〜
場 所 竜王保健福祉センター
対象者 30〜65歳までの人
健康診断等で肥満を指摘された人
体重、体脂肪を落としたい人
教室に毎週参加できる人
定 員 20人
内 容 チェア・ビクス、チューブ、ちびボール、
ストレッチ
講 師 健康運動指導士
持ち物 運動靴・タオル・運動できる服装
申込期間 4 月 3 日(月)
〜4月7日
(金)
*申し込み順
●スリムボディ教室 〜水中編〜
水の中で運動をしてみませんか。
日 時 5 月 8 日〜 7 月31日までの毎週月曜日
(6月2日
(金)
、 7 月19日
(水)
)
午前 9 時30分〜
場 所 敷島保健福祉センター内歩行浴プール
対象者 30〜65歳までの人
健康診断等で肥満を指摘された人
体重、体脂肪を落としたい人
教室に毎週参加できる人
定 員 20人
内 容 水中ウォーク
講 師 アクアビクスインストラクター
受講料 施設利用料1回100円
持ち物 水着、キャップ、タオル類
申込期間 4 月24日
(月)
〜28日
(金)
*申し込み順
■各スリムボディ教室申し込みは…
健康増進課
(敷島庁舎1階)
055
(277)
4735
●いきいき健康教室
いつまでも元気で健やかな生活を送ることがで
きるように介護予防を中心に様々なテーマで健康
教室を開催します。
多くの皆様のご参加をお待ちしています。
○テーマ『お口の健康講座』
講 師 山梨歯科衛生士会監事 牛山京子
対象者 興味のある人どなたでも
日 時 4月6日
(木)午前11時30分〜正午
場 所 百楽泉 研修室
日 時 4 月 26日
(水)午後 1 時〜 1 時30分
場 所 志麻の湯 ことぶきセンター
○テーマ『楽しくリズムに合わせて健康づくり』
講 師 日本3B体操協会公認指導者 山田富士枝
対象者 興味のある人どなたでも
日 時 4 月 14日
(金)午後 1 時〜 1 時30分
場 所 志麻の湯 ことぶきセンター
日 時 4 月 20日
(木)午前11時30分〜正午
場 所 百楽泉 多目的ホール
※いきいき健康教室時、健康相談・血圧測定を実
施します。
■問い合わせは…
高齢福祉課
(敷島庁舎1階) 055
(277)
3116
水
木
金
●救急医療 まずは連絡してから…
(竜王・敷島地区)
(双葉地区)
○救急医療センター… 055
(226)
3399
○峡北消防本部… 0551
(22)
3311
夜間救急診療…毎日午後7時〜午前7時
○山梨県救急医療情報センター
応需医療機関の検索、紹介…24時間対応
… 055
(224)
4199
○歯科救急センター… 055
(220)
1199
夜間歯科救急診療…日曜、祝日の午後5時〜11時
○救急調剤センター… 055
(236)
5200
夜間救急調剤…毎日午後7時〜午後11時
医療品の情報提供等…毎日午前9時〜午後5時
○精神科救急医療相談… 055
(254)
3119
平日…午後5時15分〜9時15分
土・日・祝日…午前11時〜午後7時30分
5
6
7
土
1
●青空市場 午前9:00
敷島総合文化会館前
駐車場
8
●青空市場 午前9:00
敷島総合文化会館前
駐車場
●休館日
●しきしま幼稚園入園式
●野菜即売会
午前8:30 JA玉幡
●家庭相談室定例相談会
午後1:30〜3:30
敷島庁舎1階福祉相談室
●行政相談 午後1:30〜
4:00 竜王南部公民館
●小中学校入学式
●いきいき健康教室
午前11:30〜正午
百楽泉研修室
12
13
14
15
●休館日
●野菜即売会
午前8:30 JA玉幡
●市民相談
午後1:30〜4:00
敷島総合文化会館
● 司 法 書 士 によ る 無 料
法律相談(電話による
予約制)
午後1:00〜4:00
竜王北部公民館
●いきいき健康教室
午後1:00〜1:30
志麻の湯ことぶきセ
ンター
●青空市場 午前9:00
敷島総合文化会館前
駐車場
●おみゆきさん 正午
三社神社付近
19
20
21
22
●休館日
●野菜即売会
午前8:30 JA玉幡
●市民相談
午後1:30〜4:00
双葉公民館
●いきいき健康教室
午前11:30〜正午
百楽泉多目的ホール
●5月分学校体育施設
一斉開放受付
午後7:00 双葉公民館
●6月分社会体育施設
一斉開放受付
午後8:00 双葉公民館
●消費者講座
午後1:30〜3:00
竜王北部公民館
●市体育協会総会
午後7:30
双葉ふれあい文化館
●青空市場 午前9:00
敷島総合文化会館前
駐車場
26
27
28
●休館日
●野菜即売会
午前8:30 JA玉幡
●いきいき健康教室
午後1:00〜1:30 志麻
の湯ことぶきセンター
●市民相談
午後1:30〜4:00
竜王北部公民館
●休館日
29
●青空市場 午前9:00
敷島総合文化会館前
駐車場
甲府CATV市町村インフォメーション市の生活情報やイベント情報を文字情報でお届けしています。
月〜金
土
日
午前9時〜、午後2時20分〜、午後6時35分〜
午後10時20分〜
午前9時〜、午後6時50分〜、午後10時20分〜
38
日
月
凡例
●一般予定●
火
1日
7日
17日
18日
20日
23日
未成年者飲酒防止強調月間
世界保健デー
科学技術週間(〜23日)
発明の日
郵政記念日
子ども読書の日
みどりの週間(〜29日)
29日 みどりの日
2
市民相談の内容
・国や県、市への要望や苦情
(行政相談)
●双葉公民館まつり
・あらゆる悩みごと心配ごと
午前10:00
・家庭内暴力、差別等
双葉公民館・光照寺
・学校でのいじめ、不登校等
水道
日
3
4
●休館日
●固定資産課税台帳の
閲覧・縦覧開始(5/31
まで)
●野菜即売会
午前9:00 JA竜王
●休館日
●市立保育園入園式
10
11
休日当番
修理工事店
電話番号
山梨相互
055(276)5210
パイピング中村 0551(28)3753
山梨相互
055(276)5210
2(日)
パイピング中村 0551(28)3753
吉澤設備
055(276)3118
8(土)
双葉設備
0551(28)4775
吉澤設備
055(276)3118
9(日)
双葉設備
0551(28)4775
宝実水道
055(224)4642
15
(土)
レイコ−
055(277)6863
宝実水道
055(224)4642
16
(日)
レイコ−
055(277)6863
大木設備
055(276)8464
22
(土)
山口設備
055(277)2222
大木設備
055(276)8464
23
(日)
山口設備
055(277)2222
小澤設備
055(276)4548
29
(土)
公栄設備
055(277)5790
小澤設備
055(276)4548
30
(日)
公栄設備
055(277)5790
1(土)
※なお、甲斐市牛句・大久保・境・大下条・
中下条・長塚・島上条・天狗沢の方は、
甲府市水道局区域になりますので甲
府市水道局へ問い合わせ願います。
■甲府市水道局
055(228)3311
9
●フォークダンス部お
花見交流会
午前10:00
赤坂台総合公園
16
●休館日
17
●休館日
18
●甲斐市議会議員一般
選挙投票日
●休館日
●休館日
●クラインガルテンクラ
ブハウス竣工式
午前10:00
23
24
25
●竜王地区河川清掃
(雨天の場合30日)
●休館日
●休館日
● 5月分学校体育施設・
6月分社会体育施設
開放随時受付開始
○指定給水装置工事事業者(新規)
・桶幸商店
甲府市中央5-3-15
055
(235)
7640
○下水道指定店(追加)
・三晃設備
山梨市三ケ所894
0553
(22)
8088
・尽誠興業
(株)
甲府市国玉町1085
055
(232)
4603
・ナカヒロ設備
北杜市白州町島原2913-249
0551
(35)
3506
39
30
か い
ゆ う
Kai・遊・パーク
Kai
・遊・パーク
(玉幡公園 総合屋内プール)
(玉幡公園&総合屋内プール)
(みどりの日 オープン
4月29日(みどりの日)
総合屋内プール「年間利用券」好評発売中!
市南部のアルプス通り沿いに平成14年度から整備を進めてき ■ 総合屋内プール施設利用料
ました玉幡公園(愛称:Kai・遊・パーク)が、4月29日にいよいよ
区 分
種
別
大 人
オープンします。
利用券(1回分)
500円
園内には、4つのプールが1年を通して利用できる屋内プールも
併設され同時にオープンします。
市 内 回数券(11回分)
5,000円
当日、屋内プールでは午前中にオープニングイベントが開催され、
午後から一般開放(無料)となります。
年間利用券(1年間)
30,000円
屋内プールでは、
トレーニングルームに最新鋭のマシーンが設
置されているほか、健康運動指導士があなたに適した運動プログ
ラムを作成し指導にあたります。
また、ゴールデンウィーク明けからは長田友喜子さんが指導す
る水泳教室や親切丁寧なインストラクターによるエアロビクス等
の各種フィットネス教室が日替わりで実施されます。
詳しくは、本誌29ページをご覧ください。
月々で計算すると大変お得な「年間利用券」を随時販売していま
すので、ご自身、ご家族、社員の健康増進にご購入してみてはいか
がでしょう。
■ 申し込み・問い合わせは…
よ いパーク
Kai・遊・パーク
055(276)4189
利用券(1回分)
市 外 回数券(11回分)
年間利用券(1年間)
法 人 年間利用券(1年間)
小中学生
200円
2,000円
12,000円
800円
300円
8,000円
3,000円
48,000円
18,000円
80,000円
●備考
1. 未就学児は無料。
ただし、
保護者の同伴が必要。
オムツ着用児のプールへの入水はできません。
2. トレーニングルームの利用料は上記金額に含まれています。
3. 法人は、
個人事業主も含み、
1口につき無記名2人の利用が可能。
4. 団体利用は、
有料者20人以上で利用する場合10%オフ。
ただし、
2週間前までに申し込みが必要です。
5. 5月24日を初回とし、毎月第2・4水曜日、午後1〜5時は市内在住の
障害者および満65歳以上の人は無料となります。
オープニングイベント
【第1部】 午前10時〜
シドニーオリンピック出場の萩原智子さんと、本市出身でアテネ
オリンピックに出場した長田友喜子さんが「メモリアル・スイミン
グ」を披露します。
トップアスリートの泳ぎを生でご覧ください。入場は無料です。
※当日、混雑する場合は入場制限をします。
● プロフィール
【第2部】 午前10時30分〜11時30分
長田友喜子さんを講師として「親子水泳教室」を開催します。
※親子水泳教室への参加は無料ですが、事前申込みが必要となり
ます。また、定員になり次第締め切ります。
萩原智子
長田友喜子
2000年のシドニーオリン
甲斐市出身。2004年のアテ
ピックで200m背泳ぎと
ネオリンピックで200mバタ
200m個人メドレーに出場。
フライに出場。
40
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
58
File Size
3 889 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content