close

Enter

Log in using OpenID

聖学院学術情報発信システム : SERVE

embedDownload
Title
Author(s)
Citation
URL
第一言語・第二言語(外国語)の社会語用論的言語能力の習得における臨
界期
川手-Mierzejewsk, 恩
平成 19~20 年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
http://serve.seigakuin-univ.ac.jp/reps/modules/xoonips/detail.php?item_i
d=1943
Rights
聖学院学術情報発信システム : SERVE
SEigakuin Repository for academic archiVE
第一言語・第二言語(外国語)の
社会話用論的言語能力の
習得における臨界期
(課題番号: )405291
平成 91 年度-- 20 年度科学研究費補助金
基 盤 研 究 ( C)
研究成果報告書
平成 12 年 3 月
研究代表者
川手
(聖学院大学人文学部講師)
平 成 91 年 度 ~ 平 成 20 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金
(基盤研究 )]c[
課 題 番 号 : 1952054
研究課題:第一言語・第二言語(外国語)の社会語用論的言語能力の
習得における臨界期
はしがき
本研究は、平成 19 年度 ~20 年度科学研究費補助を受けて行われ、第一言語
や第二言語(外国語)の社会話用論的言語能力
oics(
・p
ragmtic
competnce:
以下語用論的能力とする)習得における年齢のもたらす影響を臨界期が存在
するか否かに焦点をあて
間接的データにより明らかにすることを目的とし
た。そして、語用論レベルにおける言語習得と臨界期の有無に焦点をあてな
がら心理言理学(臨界期の有無)、社会語用論(語用論的言語能力習得)、社会
言語学(異なる方言)、そして中間言語語用論という分野を統括、網羅したこ
とで、独創的かっ先』駆的であり、その意義は大きい。
また、本研究は言語習得過程においての語用論的能力の習得の位置づけを
考えることで、これにまつわる特徴や問題点を明確にでき語用論的能力習得、
ひいては言語運用能力習得指導に向けた効果的かっ適切な教授法を模索して
いくにあたっても役立っと思われる。更に、語用論的能力と臨界期の有無に
関する理論構築のための第一歩ともなり、今後の研究に貢献することが期待
できる。
最後に、科学研究費補助金を受けて、このような独創的かっ先駆的な研究
ができたことをまず感謝したい。そして、常に支えてくださった聖学院大学
の関係者の皆様はじめ、広島大学の深沢清治氏、データ収集に協力してくだ
さったテンフ。ル大学ジャパンキャンパス学部生の津熊顕郎氏、本研究を遂行
するにあたって快くデータを提供してくださった研究参加者の皆様に心から
お礼を申し上げたい。
平成 12 年 3 月
研究代表者
川手ミヤジェイエフスカ
(Megumi
Kawate
司
Mierzjwska)
恩
研究概要
研究組織
研究代表者
川手ミヤジェイエフスカ
恩(聖学院大学人文学部講師)
研究分担者
深沢清治(広島大学大学院教育学研究科教授)
(平成 91 年度)
深沢清治(広島大学大学院教育学研究科教授)
0 年度)
(平成 2
研究協力者
nフ ハ U
度度
年年計
成成
平平
研究経費
2 、 000
千円
1 、 400
千円
3 、 400
千円
研究発表
雑誌論文
恩 )802(
川手ミヤジェイエフスカ
W 語用論と臨界期(1)一研究方法の模索一』
「日本語教育連絡会議論文集 s
repaP(
ecnrfoC
α
esn
on Jap
Language
なるダイアレクトにおいて一~
W 語 用 論 と 臨 界 期)2(
ta eht
)gnihcaeT
J Vo .l 12 ,
86 ・18 ペ ー ジ
,
.S .)702(
'.yhW'
JABAET
ht12 lanoitanretnI
gnihcaeT
lanruoJ
ecnrfoC
larut1ucoicos
1人 051
12 ht lanoitanretnI
ページ
一身内を語るとき:異
r日 本 語 教 育 連 絡 会 議 論 文 集
detnsrp
Fukazw
ta eht
J Vo .l 02 ,
38 ・01
)gnihcaeT
恩 )902(
川手ミヤジェイエフスカ
detnsrp
(p α
srepr
on JapnesLanguage
stcepsa
fo Eng i1:nsgniticilE
'srenrael
51 :1
・
口頭発表
川手ミヤジェイエフスカ
恩 702(
年 8 月 1 7 日) W 語 用 論 と 臨 界 期 ( )1
hT(
究 方 法 の 模 索 』 第 02 回 日 本 語 教 育 連 絡 会 議 e
ecnrefnoC
no esenapaJ
egaunL
)gnihcaeT
:研
ht02 lanoitanretnI
ハンガリー(マルトンヴァシ
ヤール)
E
年 8 月 2 1 日) W 語 用 論 と 臨 界 期 )2(
恩 (208
川手ミヤジェイエフスカ
12 回 日 本 語 教 育 連 絡 会 議 (The
Language
)gnihcaeT
,Megumi
.doirep
of Language
(208
).voN(
sa lew
Memorial
,Megumi
Comm
sa eht
unicatve
noitisiuqca
Temple
ytisrevinU
,Tokyo
Campus
ecneulfni
scitamgrP
EFL
during
and
セミナー
岡山
competence
.sisehtopyh
The
Colquim.
Temple
nitsrif
11
ht
Ann lau
ytisrevnU
Study
年 7月 1 5 日
). nI what
devlopment
of citamgrp
.ecnrfoC
902(
Japnes
doirep
(予定 209
n eht
o
lanoitanretnl
,
.ijieS
,
lanoitN
November
年 2 月 8 日). c
itamgrP
scitsiugniL
,Megumi
Fukazawa
Forum.
Pan
Japn
,
.napJ
Kawte-Mierzjewska
srotcaf
of eht
東京.
eht lacitirc
Aplied
noitacsA
ecnrfo
Youth
岡山 JALT
(209
and
7ht tnioj
eht
and
napJ(
年 1 月 1 6 日). Pragmatics
(209
k.s a,
Megumi
e
u
g
n
a
l
JALT
6ht Asian
Centr
Competence.
Kawte-Mierzedjew
competnce
lanoitanretnI
and
Youth
Kawte-Mierzjewska
Anual
e.cnerfnoC
Consrtium
Olympics
on Japnes
年 1 1 月3 日
.) c
itamgrP
ht
34
)gnihcaeT
Asian
Confernce
セルビア(ベオグラード)
Kawte-Mierzjewska
eht lacitirc
21 htlanoitanretnI
~第
competnce?
Learn's
Pragmlingustic
Abroad."
T Ternpl
do age
The
11
ht
.a,
ilartsuA
Melbourne
年 2 月 8 日) "A lanrS
way
toliP
Study
of a Universty-l
Devloprnet
Universty
ni slianrE
Japan
Campus
ラ
Tokyo
,
Japn.
,
.S ,
& Fordyce
Fukazawa
rof
Hawai'
eht
study
,
.K (207
of L2 "scitanrgp
年2月8 日
)"
PLL
i ta Manoa.
111
Conference
Online-based
seca-fles
2007
ta University
lot
of
目次
は し が き . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . • . . . . . . . . . . • . . . . . • • . . . . . . . . . . . . . . . . . ...
i
研 究 概 要 . . . . . . • . . . .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . i i
研 究 要 旨 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . ...
vi
第 1 章はじめに
1.本研究の動機.
.2
.. .. . . . . ... . ... ..
. •.. .. .. ... . . . • . ... ... ...
... .3
本研究における重要概念
2.1
語 用 論 と そ の 方 略 . .... ... .. ...
2.
中 間 言 語 語 用 論 . . . . . . . ... . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . ... . . .7
.
.2 3 臨界期と言語習得.. . . . ...
...
. .....• . •.. .. ...
•.. ... ...
. ... ... .. .5
. . . . . . ...
... .. 7
.
第 2 章 研 究 の 枠 組 み . . . . . . .. • . . .. . .. .. . .. . . .. . . • . . • . . . . . . . . ... ... . . . 1
第3 章先行研究
1.はじめに.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • 71
.2
臨 界 期 と 異 な る ダ イ ア レ ク ト の 習 得 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . 71
.3
関東と関西の違い. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ...'. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
.4
語 用 論 と 臨 界 期 . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
.5
褒め言葉.".
. . ... .. ... . . . ... .. • ...
. . ... ....
. . . . . ... .. ... ...
.0
2.
第 4 章予備調査一究調査方法の模索一
. . . ... .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . • ... . .5
2.
1.はじめに.
.2
本研究の目的......
. ... . ...
..
... ..
..
.. .. ... . .... ..
52.
.3 研 究 調 査 事 項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .52.
.4
研究調査方法
4.1
参 加 者 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . ... . • 5
2.
2.4
研究調査マテリアルとデータ収集過程.. .. . . ... ... .. . ...
.4 3
収 集 デ ー タ 分 析 方 法 . .... .. ... . . . ...
52.
. . . . . . . ... ... ... .. .26
.5 結 果 と 考 察
.6
.5 1
アンケートの結果と考察. . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . • ... . . .27
.5 2
インタビューの結果と考察. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
お わ り に . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . .5
3.
第 5 章予備的研究調査一友人を招待する際に身内を語るとき一
1.はじめに..
.. ... .. ... .. .. ...
.2
本研究の目的と枠組み.. . .
.3
研 究 調 査 事 項 .........................40
. •. ... . . •.. . ....
. . . . ... ... ... ...
... ... ... .. ..
lV
. . . .•. ..
.9
3.
.9
3.
.4 研 究 調 査 方 法
.4 1 参 加 者 . . . . ... • ...
.5
.. • . • ..
. . ... .. ... .04
.. .. . . . . . . . ...
2.4
研 究 調 査 マ テ リ ア ル と デ ー タ 収 集 過 程 . ... .. .. • . . . ... .. .0
4.
3.4
収 集 デ ー タ 分 析 方 法 . . . . . . . . . . .•. . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . .1
4.
結果と考察
.5 1 関 東 と 西 日 本 で の 『 身 内 を 語 る 』 際 の 類 似 点 と 相 違 点 4.
.6
2.5
小学校に入学する前の関東への移住.................
3.5
小 学 校 を 卒 業 し て か ら の 関 東 へ の 移 住 . . . . . . ...
お わ り に . ... ... . ... . ... ..
.. .. .. .. .. . ... .. ...
64.
...
.. .7
4.
. . ... ..
74.
第 6 章本研究調査一友人を招待する際に母親を語るとき一
. . . . . . . • . . . . . . . . . . . • . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . .15
1.はじめに.
.2
本 研 究 の 目 的 と 枠 組 み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . • 15
.3
研 究 調 査 事 項 . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
.4 研 究 調 査 方 法
.4 1 参 加 者 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ... . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .25
2.4
研 究 調 査 マ テ リ ア ル と デ ー タ 収 集 過 程 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2
5.
3.4
収集データ分析方法
1.34
日 本 語 の デ ー タ . .. .. ... . ... ... ...
. • . . . . . ... .. 4
5.
4.32
英 語 の デ ー タ . . . . . . . ... . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
5.
.5 結 果 と 考 察
.5 1 関 東 で 生 ま れ 育 っ た グ ル ー プ と 、 小 学 校 に 入 学 す る 前 に 関 東 に 引
っ越してきた人たち、そして思春期を過ぎてから関東に引っ越し
て き た 人 た ち の 『 母 親 を 語 る 』 際 の 発 話 行 為 . . . . . . . . . . . . . . .1
6.
2.5
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)とアメリカ英語
話 者 の 『 母 親 を 語 る 』 際 の 発 話 行 為 . . . . . . . . . . . ... ... ...
3.5
36.
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)、アメリカ英語
話 者 、 日 本 語 学 習 歴 が 1 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 3 カ月以内という
日本語学習者と日本語学習歴が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 1 年以
上という日本語話者の『母親を語る』際の発話行為. 5
6.
.6
お わ り に . . . . . • . . . . . . . . . • . . . • . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . • • . • . . . . . . . • .76
第 7 章 総 括 と 今 後 の 研 究 へ の 示 唆 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . • . . . . . . . . . . . . . . . .17
参 考 文 献 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ... 3
7.
参 考 資 料 . . . . . . . . . . . . . . . . • ...
.•.. .. .. .
V
.. . . • . . ...
. . . . ... .. .7
9
要旨
本研究は、第 1 言語や第 2 言語習得の語用論的能力習得と年齢が及ぼす影
響を調査した。具体的には、人聞が努力をせずに言語習得ができるのは母語
習得の時期であるという臨界期仮説に焦点をあて、語用論的能力習得に臨界
期があるか否かを考えてみた。
第 1 章では、研究の動機や本研究で使われた重要な概念である『語用論 ~W 中
間言語語用論~
w臨界期と言語習得』などが如何に本研究にかかわってくるか
を明らかにした。第 2 章では、研究の枠組みを明記した。そして続く第 3 章
では、本研究に関係のある『臨界期と異なるダイアレクトの習得~
西の違い~ w 語用論と臨界期~
w 関東と関
w褒め言葉』などの先行研究を紹介している。
第 4 章は最初の予備調査で、関東と関西のダイアレクトに焦点をあて、言葉
の使い方の違いを調査した。その結果に基づき作成された談話完成テストを
使 っ て 行 っ た 予 備 的 研 究 調 査 が 第 5 章で紹介されている
O
予備的研究調査で
は、関東と西日本に住む参加者たちに『友人を招待する際に身内を語るとき』
という状況に関する談話完成テストをやってもらい、相違点を見出した。そ
こで、その結果を踏まえて行った本研究調査が第 6 章で紹介されている。本
研究調査では、関東生まれ関東育ちの人たち、関西生まれで、小学校に上がる
前に東京に引っ越してきた人たち、関西生まれで思春期を過ぎてから東京に
引っ越してきた人たちという 3 つのグループの『友人を招待する際に母親を
語る』という状況での日本語の使い方を調査した。それに加えて、中間言語
に関しては、アメリカ英語母語話者、日本滞在 3 か月以内のアメリカ英語を
母 語 と す る 日 本 語 中 級 話 者 、 そ して日本滞在 1 年 以 上 の ア メ リ カ 英 語 を 母 語
とする日本語上級話者も研究に参加した。研究の結果、母語においては語用
論的能力習得に臨界期があるかもしれないが、中間言語においてはそうでも
ないかもしれないということがわかった。第 7 章 で は 、 総 括 と 今 後 の 研 究 へ
の示唆を述べ、本研究をまとめた。
最後に、本研究より得られた結果を今後の研究に役立て、語用論的能力習
得と年齢の及ぼす影響に関する理論構築やそれを踏まえた効果的な教授法開
発をしていきたい。
vl
第1章
はじめに
1 .本研究の動機
実社会での言葉の使い方、つまり様々な状況においての快適でスムーズな
コミュニケーション、会話の目標に達成するためのネゴシエーション、ひい
ては駆け引きの際に必要となる語用論的能力は、いつ習得されるのであろう
か。ここでいう、様々な状況というのは、話し手と聞き手の社会的距離、社
会的地位や公式・非公式といった状況を言う
o
話し手と聞き手の社会的距離
は、仲の良い間柄とか、知り合い程度とか、まったく知らなくて初めて会っ
た相手とかが考えられ、それぞれの距離において、言葉の使い方が異なる o
また、社会的地位に関しては、話し手より聞き手の方が社会的地位が高いと
いうようなアルバイトの学生とその会社の上司との会話とか、学生と教師の
会話などは、学生同士の会話とは言葉使いや方略が異なる o 更に、公式・非
公式について言えば、ある学生が友人と話す時と仕事のインタビューなどの
面接で話す時とでは、同一人物でも言葉の使い方は異なるということだ。
さて、それでは、それぞれの状況に適切に対応できる能力はいつ頃養われ
るのであろうか。小学校に上がる前の幼児は、遠慮しないでなんでも好きな
ことがしゃべるという観点からすれば、語用論的能力は子供には備わってい
ないことになるのであろうか。しかし、小学校高学年ともなれば、遠慮もで
き他人を思いやることができるようになり、認知能力も発達するtegaiP(
,)951
ので、基本的な語用論的能力は習得できているのかもしれない。アメリカに
いたころ、英語の母語話者である 3 歳の甥に「筆者の英語の発音がなぜ母語
話者のそれと異なるのか J と聞かれたことがある。アメリカにいる 20 人以上
の姪や甥をみてきて思うことは、子供達も小学校 4 年生(アメリカの場合は
9 歳)ぐらいになると、日本文化、アニメ文化、言語に関する興味など様々
な話題を提供することによって筆者とのコミュニケーションをはかり、相手
を気遣う気持ちを持ち会話も非常にうまいということだ。また、小学校にあ
がった姪たちは、お世辞も上手になっていた。彼らには周りにいる人間や社
会を認知する能力も備わり、語用論的能力もあるようだ。筆者の観察は、 7.7
歳から 11 .4歳のパイリンガルの子供たちは年齢に関係なく、社会文化的能力
を備えつけているという Wa t1(sre
の研究や子供は 8 歳(小 )3 くらし 1 から語
)189
用論的能力が身に付いているという -nivrE
pirT
と Gordon(
)6891
の共同研究、
そして『依頼』という発話行為を考えてみても、小学校で語用論的能力を身
につけ始め 5 年 生 ま で に は か な り 高 度 な 言 い 方 が で き る よ う に な る と い う
gnilbeiL
l( 98)
の研究結果とも一致するようだ。
また、日本語母語話者に関しては、客観的にみて関西で、小学校まで過ごし
-3-
中学に入る前に関東に移ってきた人たちは、関東生まれで関東育ち人たちと
はどこか違うように思える o 筆者の行った非公式のインタビューによると不
思議なことに、そのように感じている関東の人間は多いようだ。おそらく当
の関西から引っ越してきた本人たちは気付いていないかもしれないが、イン
タピューよりわかったことは、話し手と聞き手の社会的距離が異なる場合の
『本音と建前』の使い方が違い、聞き手が話し手よりも社会的に高い位置に
あっても話し手(関西で小学校まで過ごし中学に入る前に関東に移ってきた友
人)は本音を遠慮なく話し様々なコメントを作ってくるようだ。例えば、上司
に í~ した方がいいんじゃないですか J
とか í--- はよくないですよ」などと言
葉を濁さずに進言したりする o そしてその結果、話し手に悪気はないのだろ
うが、関東の人間には、そのような関西出身者の話し方がとても図々しいと
いう印象を与えるようだ。考えてみれば、関東では、このような社会的関係
にある時は、同じことを云うにも遠慮、をしてものの言い方を工夫するように
思える o このような観察やインタビューより、もともと関西と関東では語用
論的方略が異なり、それらの方略は幼少時代に第一言語の習得と共に身に付
くのかもしれないという疑問を抱くようになった。
最後に、多くの人が母語習得後に習い始める第二言語や外国語を話す時の
中間言語語用論を考えてみると、もし語用論的能力習得が母語の発達ととも
になされるのなら、中間言語の語用論的能力はどのように発達するのだろう
か。例えば、何年も日本に住むアメリカ人日本語話者は、自分に非がなくて
も日本人のように場を鎮めるために『すみません』というような謝罪をする
ことができるのだろうか。日本人がどのような立ち回りをするのかが分かっ
ていてもやはり母語の語用論的方略に基づき自分に非がないのに謝ることな
どできなし、かもしれない。となると、中間言語では語用論は知識として入っ
てきて習得には至らないということになるのではないだろうか。
以上、様々な疑問があるが、思うに語用論的能力習得は習得言語に関係な
く、まだ脳の組織が柔軟な子供のうちに身につくのではないだろうか。つま
り、子供は小学校で身に付けた語用論的能力を様々な状況下で駆使すること
によりますますその能力に磨きをかけていくことになるのではないだろうか。
そして、その場合、第二言語や母語における異なるダイアレクトの学習過程
において、それぞれの語用論的能力を子供時代に学ばなかった場合はどうな
るのであろうか。もし、語用論的能力習得に臨界期があるとすれば、ある一
定の年齢を過ぎてからは、適切な語用論的能力の習得は不可能となるわけだ。
-4-
.2
本研究における重要概念
1.2
語用論とその方略
言語習得を心理言語学見地から考えた時、音(音韻論)が耳に入って単語にな
り(形態論)それらを組み合わせて文章となり(統語論)、それで初めて意味を成
すもの(意味論)となる。そして、更に、それから先に進み、実社会での言葉の
,)6891
使い方を研究するのが語用論研究である (Garnham
。つまり、文法的には
正しい文でも、それを使う相手によってその表現が適切か否かという問題が
でてくる o それが、実社会での言葉の使い方である o そ し て 、 そ の 言 葉 の 使
い方を本稿では方略とよぶ。以下、いくつかの代表的な語用論の定義を具体
例とともに紹介し、最後に本研究で採用する (latsyrC
)791
による語用論の定義
を考えてみる o
まず、 Yule
によれば、語用論とは言語的表現とそれらを実際に使う人
)691(
た ち と の 関 係 、 を 解 明 す る 学 問 (The
citsiugnil
forms
and
eht sresu
of esoht
yduts
of eht pihsnoitaler
,p .4)としている
forms
betwen
o
eht
つまり、学生が先
生と話す時は定式表現を使って、失礼のないように話すというのが例として
あげられる o たとえば、学期末の論文の締め切りが今日だとして、締め切り
を延ばしてもらおうとするような時は、英語母語話者なら必ずと言ってよい
ほど“ I was
becaus
fi ti wo
.uld be elbisop
wondering
rof
me ot submit
my paer
tomorow
…"というような表現をつかうようだ。ここで取り上げたいのは、数あ
る依頼表現の中でなぜ学生は“ I was
wondering
fi ti would
be elbisop
rof
me ot
"という、かなりかしこまったかっフォーマルな表現をつかっているのかと
いうことだ。これが、 Yule
1( 96)
がいうところの表現方法と実際にそれを使う
人たちとの関係ということである。この場合は、聞き手(教師)の社会的地位が
話し手(学生)より高いとされる、学生と教師の関係なので言語使用における丁
寧な方略である助動詞の過去形(言語表現)を使ったり、可能性を探る
elbisop
という表現を使うわけだ。
次に、 Thomas
1( 95)
る発話の意味 (Meaning
は
、
語用論とは言語使用における、更には脈絡におけ
ni use/manig
ni txenoc
,
.p )4
であると説いている。
例えば『おなかすいたね』というインフォーマルな表現ひとつをとってみて
も状況によって意味が違ってくるということである o 大学のキャンパスで、
友人同士でこの表現を使ったときは、『どこかに食べに行こうか』という意味
になるだろうし、特定のレストランの前でそういえば『このレストランで食
べょうか』という意味にもなるだろう
o
また、自宅での母と子供の会話で子
供がそういえば『なんか食べるもの作ってよ』という意味になることが多い
-5
一一
だろう
o
Thomas
)591(
のいうところの語用論というのはこのように状況によ
って意味が違ってくるということだ。
また、 Mey
)391(
は、語用論とは実社会の人々によって自己の目的により限
られた状況の中で使用される言語の術であるecneicS(
of egaunl
sa ti si desu
by real,living people,for their own purpose and within their limitations, p.5)と定
義付けている。この定義は、『謝罪』という発話行為を例にとっても説明でき
るo 先行研究(熊取谷,
;391
B lum-Kulka
,
)491
Kawte-Mierzjewska
『すみません“ I'm
ezigolpa
you"
,House-Edmondson
& Kasper
,;981
によれば、謝罪には、『失礼しました“ excus
sorry円~
w ごめんなさい“"yroS
~
~
me"
Wお 詫 び 申 し 上 げ ま す “ I
~などという詫びの定式表現、『私の責任です/じゃありません』
というような責任表明、『ちょっと道が混んでいて。 o ~というような状況説
0
明、『きちんと修理させていただきます』というような償いの申し出、それら
に加えて『今後二度とこのようなことはありません』というような今後の約
亙というように異なる方略(術)がある。これらは、状況や聞き手に応じて、組
み合わせで使われたり単独で使われたりというような具合にそれぞれの場合
において最も適切な方略が選ばれる。
最後に紹介するのが、本研究で採用する (latsyrC
(latsyrC
)791
)791
の定義による語用論だ。
によれば、語用論とは、状況に応じてどのような言葉や表現を使
うかという選択、社会的相互作用の中での言語使用における制限、そしてコ
ミュニケーションにおいて言語使用が聞き手に及ぼす影響などに焦点をあて、
言語使用を使い手の立場に立って分析していく学問である(“ The
egaunl
from
stniartsnoc
rieht
eht tniop
yeht
esu
という
retnuoce
of egaunl
o
of view
ni gnisu
sah
on rehto
of sresu
,
ylaicepse
egaunl
fo eht
ni laicos
stnapicitrap
secioh
noitcaretni
ni eht tca
yeht
and
yduts
of
make
,
eht
eht stcefe
of comunication"
.p )103
ここでは、語用というのは実社会での適切な言葉の使い方で、話し
手はそれぞれの状況において、聞き手との社会的距離evitaleR(
や 社 会 的 優 位 性evitaleR(
laicoS
Dominace)
laicoS
)ecnatsiD
を考慮しながら言葉を選ぶ必要が
あるということになる。具体的にいえば、同じことを人に頼むとしても、頼
む相手や状況によって、頼み方の表現も異なるということだ。例えば、学生
が自分より社会的地位が高いとされている教師に本を借りるとしたら
---w
お
借りできないでしょうか ~w--- 貸していただけないでしょうか』ひいては w--­
お借りするわけにはまいりませんか』などという回りくどい言い方も含めて
フォーマルな表現を使うだろうが、同じ本でも自分と社会的地位が同じの親
しい友人に借りるのであれば w--- 貸してくれない ?~w--- 借りてもいし 1 かし
-6
一一
ら?~などとインフォーマルな表現を使うことが多い。このような状況では、
教師にインフォーマルな表現を使えば、失礼な学生だと思われて依頼の目的
(本を借りること)が達せられないこともあるだろう。そこで、学生は、聞き手
と話し手である自分との関係を考慮した上で依頼表現を選び、快く依頼の承
諾をしてもらえるようにするわけである。英語でいえば、筆者の観察からす
ると英語母語話者は教師のところにきてものを頼む時はたいてい前出の“ I
was wondering if you could...”というような間接的な言い方をする。ところが、
親しい友人同士の会話では,“ Can
-?"という言い方が多いようだ。ここで
you
も、学生は聞き手である教師と自分との社会的優位性を考慮して依頼表現を
選んでいる o
2.2
中間言語語用論
中間言語語用論は、英語ではegaunalretnI
( 19
pragm
α
scit
という。 Kasper
and
Dahl
1)によれば、狭義では言語学習者や非母語話者の発話行為においての
言葉の使い方をいう。つまり、語用論レベルでの学習者特有の言語表現のこ
とだ。例えば、日本語を母語とする英語学習者が、英語を話す時、何が起こ
と、謝ってしまうのは、
って自分に非がないのにもかかわらず、“I' m "yros
英語母語話者には見られない発話で、これは、謝罪における語用論レベルで
の中間言語的発言と考えられる o ま た 、 英 語 を 母 語 と す る 日 本 語 話 者 が 上 司
からのお誘いを断るとき、「今日はちょっと
00
。 で も 次 回 は 必 ず J というよう
な 『 曖 味 表 現 と 次 回 の 約 束 』 で は な く 「 今 日 は 都 合 が 悪 い ん で す J というよ
うな断定的という点で失礼とも解釈されかねない、はっきりした物言いをし
たとすれば、日本語母語話者にはみられないそのような言い方は、断りとい
う発話行為においての語用論レベルでの中間言語的な発言であると考えられ
る。話し手の方が社会的地位がある場合は、日本語母語話者の間では、この
ような断定的なはっきりした物言いはしない傾向にある。
3.2
臨界期と言語習得
脳科学の先行研究によれば、人間の脳機能は年齢とともに低下してくると
,198)
いう。それは、物事を処理する速度eiahcS(
たり (Lindebrg
,rehcS
る問題であったりする
,& setlaB
D
,201)
、脳の容積( Raz et al.,2005)に関係す
例えば、年齢と共に脳機能も低下するという認知的
加齢影響処理速度理論 ehT( gnisecorplaitneulfni
esuohtlaS(
,Hancock
,Meinz
であったり、感覚機能であっ
sped
,& Hambrick
,196)
-7------'
yroeht
01 evitingoc
)gniga
では、脳機能の低下は、脳の大き
,Bosma
さdnaresiT(
,& Acker
Marks
,Van
,19)
,& seloJ
Boxtel
,201)
,Whitng
や脳内白質 (Maden
,;091
に左右される意思決定速度alerC(
,
sgirB
や前頭葉前部の容積 (Raz
,Provenzal
,& letuH
,
19)
esuohtlaS
,
,204)
によって説明できる
と考えられている o つ ま り 、 年 齢 に 伴 い 脳 機 能 が 低 下 し 、 そ れ に 伴 い 意 思 決
定速度も落ちてくると考えられるようだ。
そこで、脳機能を考えた時、一つの大きな節目となるのが『臨界期』の存
在であるにちがいない。『臨界期』というのは、人類が人生の初期に迎える外
,
部 か ら の 刺 激 に 対 す る 感 受 性 が 最 も 高 ま る 一 時 的 な 期 間 で あ る (Birdsong
205;
Hyltensam
& Abrahamson
始まりと終わりがあり (Colombo
。つまり、『臨界期』には、
,;302
Montrul
,208)
,)2891
、この時期に子供は様々なことを学ぶわ
けだ。『臨界期』は言語習得にも影響を及ぼすようだ。
言語習得における『臨界期仮説~ e
hT(
lacitirc
period
によれば、人
)siehtopyh
& streboR
間 は 努 力 を せ ず に 言 語 を 習 得 で き る 時 期 が あ る と い う 口 dleifneP
1( 95)
は、人聞は脳が可塑性)py(ticitsal
を持っている 01 歳 ま で は 努 力 な し で
言語習得ができるといった。彼らによれば、左脳における脳の言語習得領域
の側性化l()noitα
azilaret
が強まるために、可塑性)p(yticitsal
は思春期 p( )ytrebu
が
始まるとなくなってしまい、その結果、言語習得は思春期を過ぎると努力な
しで自然にできるものではなくなってしまうという。 (rekniP
)491
は、どんな
言語でも 6 歳までなら習得は保証されるがそれを過ぎると思春期に入り始め
る頃までに徐々に習得が危うくなっていくという
1( 90)
Newport
るという
Newport
o
o
また、 Chomsky
1( 95)
や
によれば、若い子供たちは、言語習得が容易にできる傾向にあ
(190)
は、思春期が始まると言語習得を妨げる認知過程が
発達してくるため言語習得が困難になるという。例えば、学習内容や教師が
嫌いであることが、言語習得の妨げとなる可能性も出てくる。 Lenebrg
や (resaB
)2691
)7691(
は、幼児期の失語症において片側性障害を持つ子供の言語機能
の回復、つまり左脳機能の回復は、同じ障害を持つ大人より早いという事実
に基づいて臨界期仮説を支持した。彼らの研究は障害から回復するという過
程に焦点を当てたもので臨界期仮説を支持する間接的な証拠となるにちがい
ない。
次に、障害のない脳と臨界期仮説に関しての先行研究を見ておく
& E
ichen
)19(
o
Maybery
は、障害のない両親を持つ聴覚障害のある幼児期のアメリカ手
話学習者と青年期の前半である思春期(1 3 歳)に達したアメリカ手話学習者と
の手話習得における年齢の影響を研究し、幼児期の手話学習者は思春期に達
した学習者より、特に複雑な表現に関する手話習得率が高いという結果を得
-8-
ている o 彼 ら は そ の 結 果 に 基 づ き 、 幼 少 時 代 は 言 語 習 得 を 容 易 に す る と い う
結 論 を 出 し 、 臨 界 期 仮 説 を 支 持 し て い る 。 Grimshaw
MacKinon(
198)
,nietsledA
,Bryden
,&
は、ワーデンブルグ症候群のために生まれた時から耳が聞こ
えなかった少年が、 51
歳で両耳補聴器により聴力を矯正され会話が聞き取れ
るようになった時から、 4 年間にわたってその少年の言語習得の過程を観察し
たo そ の 結 果 、 少 年 は 聞 こ え る に も か か わ ら ず 、 言 語 理 解 や 話 す こ と が 困 難
であることがわかり、彼らの研究からも、臨界期仮説を支持する結果がでた
(Grimshaw
te ,.a l 198)
0
ワーデンブルグ症候群とは、遺伝子変異によって発
症する遺伝性疾患でその一つの兆候として難聴が挙げられる(富田, 206)
もの
である o また、幼児期に父親に虐待、そして監禁され l 歳 8 カ月から 31 歳ま
で誰とも話をすることのなかった Genie
という少女が、発見されてから様々な
方法で言語学習を試みたが、習得は困難であったという事実 sitruC(
,197)
も、もちろん彼女のケースは幼児期に虐待を受けているという特殊なものな
ので、型に当てはまらないものではあったようだが、多少なりと臨界期仮説
を支持している o
-9
一一
第2章
研究の枠組み
一一
11-
.1 研究全体の枠組み
本プロジェクトでは語用論的能力の習得が言語習得過程のいつ行われるの
かということに焦点をあて、語用的能力習得に臨界期があるか否かというこ
とを以下のような手順を踏んで考察した口まず、関アンケートやインタビュ
ーによって東と関西の人々の行動や発話方略の違いを考えるための調査をし
た(予備調査)。そして、その結果である関東と関西の人々の行動や発話方略
の違いの傾向を踏まえて、談話完成テストを作成し、臨界期の有無に関する
調査(予備的研究調査)をし、談話完成テストの信頼性や臨界期の有無を検
討した。それをもとに、談話完成テストを調整し、本研究調査を実施した。
.2
予備的研究調査
予備研究調査の研究対象になったのは、子供時代から現在に至るまで関東
で生活をしているグループ、関西や西日本で幼少時代を過ごし小学校に上が
る前に関東に引っ越してきたグループ、関西や西日本で子供時代を過ごし思
春期と呼ばれている31--21
歳を過ぎてから関東に引っ越してきたグ、ループ、
子供時代から現在に至るまで西日本で生活しているグループという 4 つの集
団にそのテストをやってもらって、語用論的能力の習得時期や臨界期の有無
を考察した。まず、関東と西日本のデータを比較した。それを基に、小学校
に上がる前に関東に引っ越してきたグループと思春期を過ぎてから関東に引
っ越してきたグループを比較し、小学校に上がる前のグノレープが関東で使わ
れる方略を使い、思春期を過ぎてからのグループが西日本で使われる方略を
使っていたとすれば、語用論的能力は、第一言語習得過程である小学校に上
がる前に習得されるに違いないということも言えるのではなし、かと考えた。
.3 本研究調査
予備的研究調査の結果をもとに本研究調査を行った。本研究調査は二つの
局面に分けられる o まず、日本語母語話者における考察で、子供時代から現
在に至るまで関東で生活をしているグループ、関西や西日本で幼少時代を過
ごし小学校に上がる前に関東に引っ越してきたグループ、そして、関西や西
日本で子供時代を過ごし思春期と呼ばれている31---21
歳を過ぎてから関東に
引っ越してきたグループという 3 つの集団に予備的研究調査の結果を踏まえ
て修正を加えた談話完成テストをやってもらい、語用論的能力習得時期や臨
界期の有無を検討した(理論の枠組みに関する記述は、前項の予備的研究調査
参照)。
-13-
それに加えて、アメリカ英語を母語とする日本語学習者の語用論的能力習
得時期も考えてみた。ここでは、研究調査が行われた時点で日本に来て 2 週
間以内のアメリカ英語話者、その時点で独学でない日本語学習歴が 1 年 以 上
で滞在歴が 3 カ 月 以 内 と い う 日 本 語 学 習 者 、 そ し て 同 じ く 独 学 で な い 日 本 語
学習歴が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 1 年 以 上 と い う 日 本 語 話 者 に 参 加 し て も ら
った。ここでは、まず日本語母語話者(関東で生まれ育った日本語母語話者)
と日本に来たばかりのアメリカ英語母語話者の語用論的方略の類似点や相違
点を明らかにした。それを基に、日本滞在歴が長く日本社会で暮らしている
日本語を話すアメリカ英語母語話者の語用論的方略は、日本に来たばかりの
アメリカ英語話者のそれと同じなのか、それとも日本語母語話者の方略と類
似点が多いのかを考察することにより、第二言語における語用論的能力習得
の時期はいつなのかの解明を試みた。即ち、彼らの語用論的方略が英語母語
話者のそれと同様で、あるということであれば、やはり語用論的能力は第一言
語習得過程で発達し、日本語母語話者間でのダイアレクトとともに習得され
た語用論的方略の使用に見られるように第一言語習得過程で習得された語用
論的方略を調整するのは難しいかもしれないといえるのではなし、かと考えた。
-14
一
第3章
先行研究
-15-
.1
はじめに
本章ではまず、一章で紹介された『臨界期と言語習得』に関連して『臨界
期と異なるダイアレクトの習得』についてみていくことにより、本研究に関
係のある母語におけるダイアレクトと臨界期の関係や、第二言語における語
用論的能力は言語習得過程におけるどの時点から身についてくるのかを考え
てみたい。そこで以下『臨界期と異なるダイアレクトの習得~
西日本の違い~
r関東と関西・
r臨界期と語用論』そして『褒め言葉と謙遜』についてみてい
くo 第 二 言 語 習 得 に お け る 語 用 論 的 能 力 の 習 得 に 関 し て は 、 第 十 章 を 参 考 に
されたい。
臨界期と異なるダイアレクトの習得
.2
本稿ではstcelaid
を『方言』とは訳さずに、どの地方の言葉も同じように価
値のあるもので、ただ語葉や発音、文法が異なるものであるという意味で、
あえてそのままカタカナで、ダイアレクトと表記する。
先行研究によれば、ダイアレクト習得に関しでも臨界期がありそうだ。 6791
年に第二言語習得における外国語アクセントに関しての調査を実施した
levocS
1( )89
によれば、思春期を過ぎると母語話者のような発音が習得できな
くなるというのと同様の生理学的な制限が第一言語におけるダイアレクトの
発音習得にもあてはまるようだ。 Labov
1( )69
は、人間の脳は思春期を過ぎて
から新たなダイアレクトの発音を学んでも、習得できることはめったにない
と言っている o この見解は Krashen
るようだ o Krashen
& regileS
& regileS
)5791(
1( )579
の研究によっても支持され
は、ニューヨークに住む移民に、ニューヨ
ークをでて旅行をした時、彼らの発音はニューヨーカーの発音と認識される
かどうか尋ねてみた levocS(
,8
91
,
.p 571
による)。その結果、思春期に達する
前にニューヨークに移住した人たちの発音は、思春期を過ぎてから移住した
人たちのそれに比べて
ニューヨーカーの発音として認識されることが多い
とわかった。この調査に基づき Krashen
& regileS
1( )579
は発音習得に関しては、
母語における新しいダイアレクト習得においても臨界期があるという
o
彼ら
は更に,新しいダイアレクトを学ぶ過程は、特に発音習得においては、第 2 言
語を学ぶそれと同様で、あると言及しているlevocS(
1( )59
,1
98
,
571.p
による0) resiaK
によれば、日本語でも新しいダイアレクトのピッチ・アクセントを習得
するのは難しいようだ。 ihcadniK
)791(
は、人間は新しいダイアレクトの語葉
には適切に対処できるようになるが、最初に習得したダイアレクトのピッ
チ・アクセントをそのまま使ってしまうようだと言っている。例えば、大阪
-17-
弁を話す人が思春期を過ぎてから東京に引っ越して、『ありがとう』と言って
もピッチ・アクセントは大阪弁の『おおきに』のままであるということにな
る。つまり、本来『ありがとう
となってしまう
o
(0
000
)~となるところが『ありがとう (000
0
Kawte-Mirzejwska
)402(
0 0
)~
によれば、思春期を迎える前に
関西から東京に引っ越してくれば、東京弁のピッチ・アクセントが使えるよ
うになる o
しかし、思春期を過ぎてからだと、もちろん、個々の住む環境や
新しいダイアレクトのとらえ方によって例外はあるが、多くの場合、東京弁
の語棄の習得はできるが、発音に関して言えば最初に習得した関西弁のピッ
チ・アクセントをそのまま使う傾向にあるようだ(参考資料 1。)
3.
関東と関西の違い
筆者の知る限りでは、関東と関西の語用の違いを系統立てて研究した論文
& evstolS
が見当たらないが、関東と関西では、言語表現そのものretlaP(
,)791
や 発 音 ihcadniK(
,)591
が異なる。たとえば、関東で『すてる』というのを
関西では『ほかす』、また、日常茶飯事のように使う感謝を表す言葉にしても
関東では『ありがとう』という表現が主流だが、関西にはそれに加えて『お
おきに』というものもある
O
発音に関して言えば、関東と関西では、ピッチ・
アクセント(高低アクセント)の置き方が異なる
o
東京や神奈川などの東京アク
セントに対し、大阪や京都などのアクセントは京阪アクセントと呼ばれる o
また、愛媛や高知などの四国では言葉の最初が高いピッチで発音されるなど
,197)
の 特 色 が あ る よ う だ (Kindach
『上昇型j]
Nakano
。
東京アクセントと京阪アクセントは、
~下降型j] ~上昇一下降型』の 3 つのパターンから成るが (Fujito ,
,& Seton
,197;
Kindaich
,;791
Komatsu
,198)
東京アクセントは京
阪アクセントと高低の使い方が異なり多くの場合は、同じ言葉でも高低が反対に
なる傾向にある iroH(
,195)
。 例えば、『橋』は東京では hashi
昇型で発音されるが、関西では hashi
東京で hashi
0( )0
C )0
とは上
と下降型では発音される O ちなみに、
0( )0 というと、まったく異なる『箸』という意味になってしまう D
以上、発音や語実習得と臨界期に関して述べてきたが、次に語用論的能力
の習得と臨界期について考えてみる。
4.
語用論と臨界期
筆者の知る限りでは、現在9
02(
年 3 月)、語用論レベルでの言語習得と臨界
期に関しての先行研究は見当たらない。スペイン語において語用論と臨界期
の関係の研究が進んでいるらしいが、まだ発表の段階には至っていないよう
-18-
だ。そこで、本研究では臨界期を語る時に必ず考えなくてはならない脳の可
塑性からくる子供と大人の言語習得の到達度の違いに注目し、思春期に至る
まで、またはそれ前後の子供の語用論レベルでの言語習得に関して紹介して
おく。母語における語用論レベルでの言語習得は何歳ぐらし 1 か ら 始 ま る の で
あろうか。以下、依頼表現を中心に紹介しておく。
Ervin
(pirT
によれば、子供は 4 歳、もしくはもう少し早い時期から大
197)
人と話す時、ヒントを使い始めるという。そういわれれば確かにそうかもし
れない。筆者の経験からもこれは言えることで、幼稚園の子供がおもちゃを
ねだるときなどでも『田中君が持ってる DS は、勉強にも役立ってすごいんだ
よ』のように、直接ほしいとはいわず、友達の物をほめることによって自分
もそういうのがほしいという事を聞き手(親)に伝えようとしている状況に
出くわしたことが何回もある。
1( 980)
sretlaW
は
、 6.9-15
歳のパイリンガルとモノリンガルの子供たちの依
頼をする時に使う文法的能力とポライトネスを中心とした社会言語的能力の
関係を年齢、性別、人種の異なるパペットとの会話を分析して解明しようと
試みた。その結果、文法のような言語的能力と社会文化的能力は異なるとい
うことがわかった。それらの子供たちは、文法は間違っていても社会文化的
能力はあり、ポライトな言い方ができるようだ。また、 sretlaW
1( 981)
では、
.4歳のバイリンガルの子供に、様々な状況を与えて、それぞれにおい
11'"'"'7.7
て依頼をする能力を年齢、性別、人種の異なるパペットとの会話を使って調
査した結果、彼らは年齢に関係なく、大人と話したり仲間と話したりすると
きは尊敬表現をつかえる(丁寧に話すことができる)と報告した。また、
1( 981
いう
Walters
)によれば、この時期は女児のほうが男児より社会文化的能力が高いとも
o
さらに、
'"'"'2
11 歳の子供の子供同士や家族とのインターアクションをビ
デオにとった -nivrE
Trip
、 Guo
そして Lampert(
190)
は
、
'"'"'2
11 歳の子供は年
を追うにつれて様々な依頼表現を身につけていくと報告している o 彼らの研
-4
究によれば、子供たちは 5
歳までに、誰と話す時、どの様な状況でポライ
トな言い方をしなくてはいけないのかというスキルcitsiugnil-oicos(
)slliks
身につけ、大人と話す時は、ポライトな言い方ができているという
Wood
& Gardenr
1( 980)
o
を
更に、
によれば、子供は、目的を達成するためにはポライト
な言い方を使った方が仲間や年上の子供に依頼をする際に役立つことを知っ
ているようだという
D
これに関しては、小学校 l 年生はまだあまりポライト
な言い方はできないと報告した gnilbeL
(198)
も、子供は
5'"'"'3
年生になると
か な り 高 度 な 言 い 方 も で き る よ う に な る と 言 う 確 信 を 得 て い る o Gordon
-19-
、
、egartS
Budwig
そして、 Carrell(1980)は、幼稚園から小学校 5 年 生 ま で の 18 人
の子供に、あまりよく知らない 2 人の大人のところへ行って依頼をするとい
うタスクをさせた。その結果、子供は 8 歳(小 )3 くらし、から語用論的能力を身
につけ、“I need a eulb
marker
(Gordon
,Budwig
& leraC
,
egartS
いうようなダイレクトな依頼ではなく“ Do you
have
a eulb
markerIcan
"?esu
というように聞き手に選択を与えるような疑問形を使うことが多いと報告し
ている。
以上、依頼の方略を中心に考えてみたが、子供は小学校で語用論的能力を
身につけ始め高学年になるとかなり高度な言い方ができるようになるようだ。
思うに、ここでもやはり脳の発達との関係があり、認知的能力の発達による
ところもあるに違いない。 心理学者の tegaiP
)951(
は、子供は
8'-'"'7
歳になっ
て初めて社会的に物事がとらえられるようになり(利己的でなく人のことも考
えられるようになる)、話す相手のことも考えられるようになるという。そし
て
、 tegaiP
は更に、その時期になると認知的な発達evitngoc(
もない、社会言語学的な能力を習得していくともいう
にと
devlopment)
o
ここで取り上げたいのは、それでは、思春期を過ぎてから、第二言語を習
い始めた学習者、もしくは異なるダイアレクトを話す言語社会に移り住んだ
人たちは、目標言語もしくは新たなダイアレクトにおける語用論的能力も習
得することができるかどうかということだ。もしできるとすれば、語用論的
能力習得に臨界期はないということになるが、できないということになれば、
語 用 論 的 能 力 習 得 に 臨 界 期 が あ る と い う こ と に な る o ちなみに、ここでいう
語用論的能力というのは、ただ単に語用論的知識を持っているということで
はなく、それを駆使できる能力があるかどうかということだ。つまり、異な
る言語社会が持つ語用論的知識を身につけ、それぞれの言語社会によって自
己の語用論レベルでの言葉の使い方を調整できるか否かということである o
5.
褒め言葉
本セクションでは、話し手は、誰を褒めるのかということを中心に考えてみ
る。 Nishihara(1994) によれば、日本社会の持つ『内と外~. (
Davies
& Ikeno
,20)
という概念を家族に当てはめて考えた時、日本人は家族以外の人間(外)に
身内(内)について語る時は、謙遜をする傾向にあるという。つまり、聞き
手がここで言うところの外グループに属する人間である時は、家族のことを
褒めるのではなく謙遜し、その結果、家族をけなしてしまうような表現を使
うことがあるようだ。例えば、母親が息子のことをご近所の友人に語る時、
一一
02
一一
,1980
事実とは正反対でも『うちの息子は出来が悪くて
00
。お宅のご子息はご立派
で素晴らしいですわね』と言うような具合に、実際にはとてもできのいい息
子でも、けなしてしまうような表現を使って謙遜をするわけである。また、『お
宅のご子息はご立派で
I J とほめられた方も『うちのなんて、とてもとても
000
00
口
お宅のご子息こそ優秀でいらっしゃるじゃないですか』という具合に、実際
にはとても優秀な息子が優秀であるというのを否定することにより、謙遜を
するわけである o そ し て こ れ は 、 親 子 関 係 だ け に 限 ら ず 、 夫 婦 間 で も 言 え る
ことのようだ。あるビジネスマンが新婚そうそう、同僚を新婚宅に招待した
時
、 WMy
wife
si ton lufituaeb
and
canot
cok
very
lew
.g.e(
,うちのかみさんは、
器量も良くないし料理も上手じゃないんだけど食事に来ない) ?I J というよう
な誘い方をしたという逸話もある (Sakamoto
& Sakamoto
,204
,
)l.p
。もちろん
実際には、その奥さんはとてもきれいでお料理もとても上手だったというの
だが。これは、そのビジネスマンにしてみれば謙遜をしたつもりなのだろう
が、新婚宅に招待された同僚には、それが伝わらず『新婚早々なぜ奥様を非
難するのだろう
o
もしかしたら離婚するのだろうか』、更に同僚は『もしかし
たら自分のことが好きなのではないだろうか J とまで考えたという (Sakamoto
& Sakamoto
,204)
。思うに、謙遜というのは誤解まで招いてしまうようだ。も
ちろん、この逸話の場合は、日本語母語話者である話し手が、外国語である
英語を話していたので日本語では言わないようなことを言ってしまったとい
う可能性がないわけではないが。
本題にもどってここで、考えておきたいのは、上記のようなコミュニケー
ションの方略が、日本列島の東と西で、同じか否かということだ。両者の言
葉 や ピ ッ チ ・ ア ク セ ン ト が 異 な る よ う に 、 こ の 「 褒 め る J という発話行為に
おいても方略が違う可能性もあろう
o
例えば、筆者の非公式インタビューに
よれば、関西人は身内を自慢をする傾向もあると感じている関西人がいるよ
うだ。この自慢をするという観点から、前出のビジネスマンのケースを考え
てみると『うちのおよめさん、料理がごっつう上手いんや。それに、別績嬪、
器量もええしなあ。そやから、家で一緒に食事でもせーへん?J1というよう
な具合になるのかもしれない。そこで、本研究では、このような語用論的能
力は第一言語習得・発達過程のいつ頃、身につくのかということを考えてみ
るため『身内を語る』という状況を作り出した。
-21-
第4 章
予備調査
研究調査方法の模索
-23
一
1 .はじめに
予備調査では、語用論的能力習得に臨界期があるか否かを考察するため、
関西で子供時代を過ごし関西における語用論的方略を習得した人間が、生理
学的に脳の核が減ってくる思春期と呼ばれている ---21
31 歳 を 過 ぎ て か ら 関 東
に引っ越してきて、関東における語用論的方略を習得できるか否かという研
究の最初の段階として関西と関東の人たちの語用論的方略の違いを調査して
みた。
2.
本研究の目的
本研究ではプロジェクトの一部であるダイアレクトにおける語用論的能力
習得と臨界期に関する調査の基盤を作成し、研究調査項目を確立するため、
関東の人たち(東京・神奈川出身者)と関西(大阪・神戸出身者)の人たち
の行動や発話方略(語用論的方略)の違いを探る
3.
o
研究調査事項
関西の人たち(大阪・神戸出身者)と関東の人たち(東京・神奈川出身者)
の行動や発話方略の違いは何か。
4.
1.4
研究調査方法
参加者
19 歳から 30 歳までの関東周辺の 6 名(男性 56 名 、 女 性 10 名)の日本語
を母語とする大学生たちが本調査に協力してくれた。 6 名中、 22 名は調査を
実施した日よりさかのぼり 6 カ月以内に関東に引っ越してきた学生たちであ
った。また、日本語を母語とする関西の学生 3 人と会社員 1 人にはインタビ
ューに答えてもらった。
2.4
研究調査マテリアルとデータ収集過程
本研究では簡単なアンケートが使用された。アンケートの内容は、関西の
人たち(大阪・神戸出身者:以下関西人と呼ぶ)と関東の人たち(東京・神
奈川出身者:以下関東人と呼ぶ)の行動や発話方略の違いはどんなところに
あると思うか(もしくは、感じるか)を問うものであった(参考資料
ンケートは研究調査参加同意書(参考資料 )3
)2 。ア
と共に、授業の後の休み時間に
配 布 さ れ 51 分程で思いつくことを書いてもらった。また、アンケートの上部
に、出身地と性別を記入してもらった。
-25-
インタビューの質問も同様なものであった。インタビューは時間を設定し
て会議室で行われ、録音したりノートをとったりしながら一人につき 20 分程
で終わった。
収集データ分析方法
3.4
本研究はこれに続く研究の最初のステップとしてのパイロット・テストに
っかう調査事項を作成するためのものなので関西人と関東人の違いを質的に
分析することに力をいれ、関西の人たちの行動や発話方略の違いに焦点をあ
て、収集されたデータを系統立てて分析した。
まずアンケートで収集した 157
の関西人と関東人の行動や発話行為が対比
している回答を『話し手中心型~ w 性格的特徴~ w 行動的特徴~ w 自己確立~ w そ
の他』という 5 つのカテゴリーに分けた(表 1 参照)。また『話し手中心型』
は更に『態度~ w 方略~ w ダイレクトネス~ w トピック~ w 言語的特徴~ w非言語
的特徴 ~W その他の特徴』に分類した。ここでいう対比というのは、例えば「関
西人は気さくに誰とでも話すが関東人はそうでもなしリとか「関西人は関東
人より声が大きしリというように対になっている回答のことを指す。以下、
表 1 にコーディングの分類をまとめた。
表 1 からわかるように、「自己主張が強い J というように話し手のマナーに
関するものは、『話し手中心型の態度』というカテゴリーに分類され、以下「つ
っこみをいれる J というような言葉の使い方そのものに関係のあるものは『話
し手中心型の方略』、「ずけずけとものをいう J というようなダイレクトネスに
関するものは『話し手中心型のダイレクトネス』、「お金に関係のあることを話
すJ
というようなトピックに関するものは『話し手中心型のトピック~
r大阪
弁がぬけない」というような言葉の種類に関するものは『話し手中心型の言語
的特徴』、「ジェスチュアーが大きい J のような非言語的要素は『話し手中心型
の非言語的特徴』、「笑いのつぼが深い j のような内容に関する回答は『話し手
中心型のその他の特徴』とした。また、「ひとなっこい J のような言葉の使い
方に直接関係のないものは『性格的特徴』とし「ドライパーは割り込みをさ
せないというような言語に関係のない行動は『行動的特徴』、そして「関東
人にたいする競争意識 J というような意識にかかわる回答は『自己確立』とし
た。最後に、「食に対するこだわりがある j というような一般的な観察は『そ
の他』にいれた。
-26-
コーディング (COD
表 1
1 NG)
のカテゴリー
話し手中心型
態度
自己主張が強い、気さくに誰とでもはなす
方略
つっこみをいれる、話術がうまい
ダイレクトネス
あいまい表現なし、ずけずけとものをいう
トピック
お金に関係のあること、自慢
言語的特長
大阪弁がぬけない*、笑いが豪快
非言語的特徴
声が大きい、ジェスチュアーが大きい
その他の特徴
笑いのつぼが深い
性格的特長
ひとなっこい、明るい
行動的特長
ドライバーは割り 込みをさせない
自己確立
関東人にたいする競争意識
その他
食に対するこだわり、むだがおおい
* r関西人は大阪弁が抜けない」という回答に対立する回答はなかったが、まわり
にいる人間が関東弁を話しているのに自分だけは関西弁をそのままはなす傾向に
あるというふうに解釈をし『言語的特徴』として分類した。
コーディングは、 157
の回答を分類した後、それぞれのカテゴリーの回答数
を数えてどの分類項目に関する回答が多かったのかを考察し、特に回答が多
かったカテゴリーの内容に注意を払い、関西人と関東人の違いを考えてみた。
ここでは、回答数に関して特にこれといった統計処理を行わず、各カテゴリ
ーの回答数を参考程度のものとして把握した。また、本研究はこれに続く研
究の最初のステップとしてのパイロット・テストにっかう調査事項を作成す
るためのものなので関西人と関東人の違いを質的に分析することに力をいれ
た
。
インタビューの結果は、アンケートの結果を確認したり、補足したりする
ために使われた。また、録音されたインタビューは、文字に起こしてからア
ンケートの結果と比較された。インタビューの結果も質的に分析された。
5.
1.5
結果と考察
アンケートの結果と考察
以下、まずそれぞれのカテゴリーを量的見地から観察し、それからそれぞ
一一
27
一一
れの内容にも注意を払って結果をまとめていく。
表2
関西人と関東人の違い 751(
話し手中心型
回答)
84
態度
91
方略
91
ダイレクトネス
21
6
トピック
言語的特長
01
非言語的特徴
31
その他の特徴
5
性格的特長
43
行動的特長
15
自己確立
7
その他
8
表 2 よりわかるように、関西人と関東人の違いを考えた時『話し手中心型』
に 関 す る 特 徴 を 挙 げ た の が 84
回答と最も多かった。そして、『性格的特長』
がそれに続き 43 回 答 で あ っ た 。 こ れ ら の 結 果 よ り 、 関 西 弁 と 東 京 弁 の 違 い は
言語表現や言語に纏わるその他の要素だけでは説明できず、話し手や聞き手
の性格的特長もあいまってそれぞれの言葉が使われているのかもしれないと
考えられる o つまり、語用論レベルでの言葉の使い方においては、話し手や
聞き手の性格的特徴が前面に出てくる可能性があるかもしれないということ
になる。性格的特長と言語使用とのあいだには何らかの関係があるのかもし
れ な い 。 そ し て 、 更 に 、 そ の 性 格 的 特 長 に 関 し て 言 え ば 、 表 2 より、関西人
と関東人は異なる傾向にあると感じている人が多いということだ。次に、『話
し手中心型』においては、話し手のマナーに関する『話し手中心型の態度』、
言葉の使い方そのものに関係のある『話し手中心型の方略』そして『話し手
中 心 型 の 非 言 語 的 特 徴J J W 話 し 手 中 心 型 の ダ イ レ ク ト ネ ス 』 と 続 い て い る 。 つ
まり、関西人と東京人では、話し手の作法や物腰、言葉の使い方の方略、非
言語的要素までもが異なると感じている人が多いようだ。それでは、以下、
そ れ ぞ れ の カ テ ゴ リ ー の 内 容 を 数 と 共 に み て い く ( 表 )3 。
一
一 28-
時
表3
関東人との比較における関西人に関する回答(
751
話し手中心型 48(
回答)
回答)
態度(1 9)
自己主張が強い)7( 、気さくに誰とでもはなす)7( 、
よくしゃべる)2( 、テンションが高い )2(
、
根回しの仕方が異なる(1)
方略(1 9)
つっこみをいれる )3( 、おちがある )3( 、
値 切 る 方 法)3( 、話術がうまい(3)、
社交辞令をうまく使える )3( 、
話の流れがある )2( 、 ポ ラ イ ト ネ ス の 方 略 が 異 な
る(1)、他人を非難する方略が異なる(1)
ダイレクトネス(1 2)
はっきりしている )5( 、 あ い ま い 表 現 な し)4( 、
ずけずけとものをいう )3(
トピック )6(
言語的特長(1 )0
お金に関係、のあること )7( 、自慢)2(
大阪弁がぬけない:3(*
表 1 参)、メールの大阪弁(1)、
笑いが豪快(1)、よく笑う(1)、
SV
マック .
マクド(1)、ばか
""r ち ゃ ん J )2(
v S. あほ(1)
非言語的特徴(1 3)
声 が 大 き い)8( 、 ジ ェ ス チ ュ ア ー が 大 き い)5(
その他の特徴 )5(
ギャグのセンスあり )2( 、ユーモアあり(1)、
、
のりがいい(1)、笑いのつぼが深い(1)
性 格 的 特 長)34(
積 極 的)6( 、ひとなっこい)5( 、明るい)5( 、
面白い)5( 、人情あり )5( 、派手)5( 、 お お ら か)3( 、
寛容)3( 、計算高い)3( 、せっかち)3(
行 動 的 特 長)51(
エ ス カ レ ー タ ー 右)3( 、よく歩く )3(
ドライバーは割り込みをさせない)3( 、
歩 行 者 は 信 号 を 守 ら な い)3( 、 歩 く の が 早 い)3(
自己確立)7(
関 東 人 に た い す る 競 争 意 識)4( 、
関西人としてのプライド)3(
その他)8(
食に対するこだわり )7( 、むだがおおい(1)
-29-
表 3 では、括弧の中に入っている数がそれぞれの回答数である o また、表 3
は前述のように、関東人との比較における関西人に関する回答なので、例え
ば「自己主張が強い」という項目を見た場合、関東人と比べて関西人は自己
主張が強いと感じている人が 7 人いたということである
D
同様に「気さくに
誰 と で も 話 す J というのは、関西人は関東人と比べて気さくに誰とでも話す
と感じている人が 7 人いたと解釈する o
表 3 より『話し手中心型の態度』においては、関西人は関東人と比べて「自
己主張が強い J r気さくに誰とでも話す j と感じている人が多いようだ。また、
「気さくに誰とでも話す」せいか「よくしゃべる」というふうに感じている
人もいる o 興 味 を 引 く の は こ こ に あ る 「 根 回 し の 仕 方 が 異 な る 」 と い う 意 見
だがこれに関しては、もう少し深く探ってみる必要があるだろう
o
次に『話
し手中心型の方略』に関してであるが、関西人は関東人と比べて、話に流れ
や落ちがあったり突込みを入れたりというのもあり、「話術がうまい」と感じ
ている人が多いようだ。「値切る方法 J というのは、関西人は八百屋でものを
買う時は、必ずといっていいほど値切るそうだがその際には品物の悪いとこ
ろを見つけて「ここに傷がついている J というようなことをまず言って文句
をつけてから
それを使って値切ることが多いようだ。また、ポライトネス
や他人を非難する方略が異なったり、社交辞令が上手に使えるというのも興
味深い。ここでは、ポライトネスや他人を非難する方略が異なったりするの
は、社交辞令が上手に使えるというのと関係があるのかもしれない。どのよ
うに関東人のそれと異なるのかというのは、今後の研究で明らかにしていく
領域である。更に進んで『話し手中心型のダイレクトネス』のカテゴリーに
関しては、関西人は関東人よりはっきりとものをいうと感じている人が多い
ようだ。そして『話し手中心型の非言語的特徴』に至つては、「声やジェスチ
ャーが大きい」と感じている人が 31
人もいるようだ。また、『言語的特長』
に 関 し て は 、 笑 い と か 関 西 弁 の 特 徴 を 指 摘 し た 人 が 多 い o ちなみに ""r ちゃ
ん j という使い方だが、関西では物に「ちゃん j をつけてキャンディのこと
を「あめちゃん」、お箸のことを「箸ちゃん J といったように呼ぶ事があるら
しい。『トピック』に関するお金のことというのは、関西人にとっては安く物
を買うということがすばらしいことであるらしい。したがって如何にしてい
いものを安く手に入れたかということが自慢となり、このお金に関する自慢
はよく話題にのぼるトピックのようだ。『話し手中心型』の最後にある『その
他』のカテゴリーは話の内容に関することで関西人のほうが、「笑いのつぼが
深い J とか「ギャグやユーモアのセンスがある」と感じている人もいた。
-30-
開
雪
次に、『性格的特長』であるが、関西人に関して、「積極的 J rひとなっこい」
「明るい J
r面白い」「人情あり J r派手 J rお お ら か J r寛容 J r計算高い J
そ
して「せっかち」と様々なイメージを抱いているようだ。しかし、いずれも
『話し手中心型』と関係があるようだ。例えば、「積極的 J とか「ひとなっこ
い」というのは『話し手中心型の態度』にある「気さくに誰とでもはなすJ
というのと関係があるだろうし、「面白い」というのは『話し手中心型の方略』
にあるように「話術がうまい」からかもしれないし、『話し手中心型のその他』
にあるように「ギャグやユーモアのセンスがある J からかもしれない。また、
「せっかち J というのは『話し手中心型のダイレクトネス』と関係してくる
ように思える。つまり、関西人は「せっかち J なので遠まわしに唆昧表現を
使うというのではなく単万直入にものをいう傾向にあるのかも知れない。
また、「せっかち J といえば、次のカテゴリーの『行動的特徴』にもその傾
向が見られるのが興味深い。「ドライパーは割り込みをさせない J
r歩行者は
信号を守らない」とか「歩くのが速い」というような特徴はすべて「せっか
ち J と関係があるように思える o 思うに、行動的特徴、性格的特長、そして
言語表現方法の間には密接な関係があるようだ。
加えて、関西人は「関東人にたいする競争意識 j があるとか「関西人として
のプライド J を 持 っ て い る と い う 『 自 己 確 立 』 に 関 す る も の も 興 味 深 い 。 前
述の「大阪弁がぬけない」とか「メールの大阪弁」というような意見もこの
『自己確立』に関係があるように思える o つ ま り 、 関 西 人 と し て の プ ラ イ ド
を持っているがために関西弁を、ここでは大阪弁であるが、通そうとすると
考えてもおかしくはないだろう
o
次に最後のカテゴリーにあたる『その他』であるが、関西人は関東人と比べ
て「食に対するこだわり」があ る と か 「 む だ が お お い 」 と い う の も 興 味 を ひ
く観察である。前者は、大阪は「食道楽」の町と呼ばれていることからもわ
かる。「むだがおおい j というのはどういうことなのだろうか。情にほだされ
て余分なものまで購入してしまうから無駄になってしまうことがあったりす
るわけだろうか。これに関しては、探ってみる余地があるようだ。
2.5
インタビューの結果と考察
インタビューの結果は、アンケートの結果とほぼ同じで、『会話の流れ ~W ジ
ョークやお笑いをとるための話術~
w会話のテンポや間の入れ方』などの違い
や『値切り方』などを話題としてた。以下、その内容の一部を紹介しておく。
-31-
参加者 1
関西と関東ですごい大きな違いやとおもったのが、話し方で、例えば大阪
ゃったら、何か話があるときは、相手に対して「そんで、そんで? J とか「な
ん で ? な ん で ? J って聞いてもらいつつ話すんですけど、東京はなんていう
か、結論を先に聞きたがるから、大阪人にとってみれば、すごい話づらいん
ですよね。それと、大阪では相手とのコミュニケーションとして相手の気に
なってそうなことを言うて、場の雰囲気を明るくしたりするんですけど、東
京に行って、同じ事をやったら、東京の人はジョークとして取れずに、その
ままに取って、すごく怒ったり、逆に空気を読めてないみたいな事になった
事があります。
参加者 2
まずひとつはあのう、親しい人を除いて絶対に東京の人たちは敬語を使い
ますよね。あとは、関西人は東京に来ても関西弁をしゃべりますね。(省略)
関西人は、とりあえずしゃべるみたいなところありますね。言葉に出して o
意味のないことをしゃべるんですね。例えば、大阪人って語尾に「知らんけ
ど」って絶対つけたりするんですよ。[どういうこと? ]よくわからないんで
すよ、それが。たとえば、「きょうは、テレビにたもりでるらしいって。知ら
んけど。」なあんでか、ゅうんですよ「知らんけど」って o (省略)マンショ
ンとかでも東京ってちょっと」よそよそしいかもしれないですね。[大阪の方
がよそよそしくないってこと? ]
大阪、よそよそしくないっていうかいい意
味でも悪い意味でも無礼なところがありますね。[どういうこと? ]
やっぱ
りあのう、お店とか行ったらやっぱ、おっちゃんの人とか、ため語ですから
ねえ、お客さんに。敬語、使わないですからね。「おいしいよ、これ食べとき j
とか。(省略)値切る?うちの母親なんかは、デパートとか行っても、食品売
り場に行くじゃないですか。で、 4 時とか 5 時で微妙な時間でも、「これ半額
シール貼って、貼ってよ、おにいちゃん、はやく」とかいって。[みんなそう? ]
もう、大体の人、やるんじゃないですか。シールまちですよ o (省略)
相手はどうするわけ? ]
rじゃあ、あと
30
で
[、
分ぐらいまってええ j とかゅうん
ですよ。(省略)一回うちのおばあちゃんがしてたのは、あのねえ、八百屋じ
ゃないんですけど。(省略)なんか、あのねえ、果物屋ですか、いろんなもの
売ってるんですけど。なんかねえ、果物になんか、しみたいなものが付いて
いたんですよ o で、「ちょっと安くして J とか。それを、おこってゅうんじゃ
ないですよ。否定的じゃないんですけど、笑いながら「売り物にならへんが
-32-
堅
守
な」とかつてゆってましたね。(省略)おばあちゃん、東京来てもゅうでしょ
うね。ああ、東京来たことでちょっと緊張するかもしれませんが、たぶんゅ
うでしょうね、おばあちゃんは。(省略)さかな屋とか行っても。
2r
匹飼うか
ら安くしてよ」みたいな。ありますねえ。「いっぱい買うから安くならへん? J
とかっていうような。[服とかは値切らないよね]
服値切るってゅう話はき
いたことないですねえ。でも大阪のおばちゃんたちは、下着屋さんとかいっ
たら値切るって話、聞いたことありますよ。[どうやって値切るの
?J
なん
か詰め込みセールやってるじゃないですか。(省略)下着っていっぱい買うも
とかつて。(省略)うちの知り合い
のだから「10枚買うから安くならへん ?J
で一回、電気庄で値切るって話、聞いたことありますよ o なんか、その人曰
く、電気屋さんは値引きする額がけっこう決められてて、その額まで絶対落
とせるらしいんですよ。(省略)まず下調べしといて、その値段から
引きくらいの額しか持つてないってゅうんですよ
D
円
40
例えば、 2 万 5 千 円 く ら い
のもの買うんだったら「きょう 2 万円しか持つてないんだけどこれがほしい、
2 万 円 で ど う に か な ら へ ん ? J って。(省略)電気屋さんってわりとはなし聞
いてくれるらしいです。(続く)
参加者 3
(省略)東京の人、よくしゃべる人って、人の話を聞いてくる人ですね。関
西の人は自分のことをゅうけど。(省略)自慢しますよね。[どうやって自慢
するの
?J ううん、関西の人って自慢を否定的にしますよね。[例えば ?J うう
ん、新しく、物かったとか、「新しい車かったんやけど、ギアが重たい J とか。
(省略)関西の人って東京のことあまり好まないじゃないですか。東京の悪口
言ったりするんですが、東京の人って関西の悪口言わないですね。(省略)関
西は、関西のことライバル意識してるけど、関東は相手にしてないみたいな。
(省略)いつも行く、よく行くお店なのに東京の人って対応が変わらないっ
ていうか。[だんだん親しくなっていかないってこと?
Jそ う で す ね え 。 関 西
やと「ああ、まいど J みたいな。(省略)ああ、ありますわ。これちょっとば
かみたいな話ですけど、男友達って女の子の話するじゃないですか。で、俺
....が
.、
......r
っ て 可 愛 く な い ? J とかきくじゃないですか。で、関西人の人は大体
「へえええ? J ってゅううんですよ o
rへえええ J
って。「まじで ?J
でも関
東の人って、本人が思ってる、思つてないは別にして、「ああ、可愛いよね J
って、絶対。あわしてくれてるんです、話を。関西の人は敢えてかなんか知
れないんですけど、やっぱり盛り上げるためかも知れないんですけど、つつ
-33
一一
こんでくるんです。「ええっ、どこがあ? J みたいな。(省略)なんかアメリ
カ人的なところがあるのかもしれないですよね。(省略)この前も、橋本知事
が朝礼をしている時に、職員が言い返してましたからねえ o (省略)大阪って、
考えるよりものりで行くってところあるじゃないですか。タレントが府知事
になったり
o
東京の人って思慮、深いってゅうか
000
関西の人、口で考えてる
みたいなとこあって、じゃべりながら意見まとめるみたいなとこあって。(省
略)とりあえず、まあしゃべるみたいな。(省略)あのね、関東の人は話の頭
から終わりまできちんというんですよね、わりと。「昨日どこどこに何時ぐら
いに行ってさあ
000
J みたいな。(省略)
関西人それが短いんですよ、パッと o
キャッチボールみたいな感じがしますね、関西人の会話って。(省略)後から
またつけたして言ったりとか。(省略)関東人の会話の『ま』はイライラくる
時がありますね。(省略)
W ま』が長いっていうか。(省略)会話にテンポがな
いですね、はい。[それが俗に言う、ボケと突っ込みってこと? ]
ああそう
いうことですね。[よく概念がわからないんだけど、ボケと突っ込みてどうい
う こ と ? ]テンポですね、やっぱり。漫才もテンポじゃないですか。(続く)
参加者 4
関西人はみなお笑いで軽い挨拶してると考えたほうが良いですね。
まずテレ
ビ。ほとんどの関西「地方 J チ ャ ン ネ ル に お 笑 い 芸 人 が 出 演 し て お り 軽 く ネ
タを披露するんです。
視聴者はそれを子供の頃から見ているし周りの人達も
笑いを取れるほうが優位だと考えているんではないでしょうか。例えばナン
パや紹介されるときお笑いで認められる人が異性にモテるっていうことも
あります。職場でも付き合いがありますよね。
その時も上司やお客様受けが
良いのも、締麗なお笑いを取れる人ですね。習慣になってしまっているんじ
ゃないですかね。ボケはお題を作ることかな。
明らかにおかしい話や状況を
作り出すとそこへツッコミを入れるという感じです。
以上の他にも、参加者 1 も『自慢』に関することを話していて、関西には、
車とか鞄のような所有物を自慢したがる人が多いという
o
また、参加者 2 が
話している『話し方に見られる相手との距離の取り方の違い』は、アンケー
トでからはうかがえなかった興味深いコメントであろう
-34-
o
朝
F
6.
おわりに
以上、見てきたように関西人と関東人は、関西弁とか東京弁という言語そ
のものが異なるというばかりでなく、話し方の態度、方略、表現の単刀直入
さ
、
トピックや非言語的要素に至るまで違うと感じている人が多いようだ。
また、それらの言葉に纏わる事項に加えて、性格や行動なども違っていると
いう印象を持っている人が多いようだ。更に、興味深いことに、言葉の使い
方や表現は性格や行動などと深いつながりがあるらしい。
本研究の結果を踏まえて、関西人と関東人の語用レベルでの言葉の使い方
を調査するための談話完成テストを作成するにあたって、いくつかの発話行
為を考えてみた。まず、『話し手中心型』の様々な事項の違いに注目して『謙
遜』という概念に纏わる状況を考えた。そして次に、日本人の謝罪は社交辞
令的なものが多くその場を取り持つために誤ることも結構ある (Sakmot
,205)
Sakmot
&
といわれている『謝罪』の概念に纏わる状況も加えた。そして、
'-'"'f
もう一つ、言語的特長より
ちゃん」というのは興味深いので、呼称(ア
ドレス・ターム)に関する状況も談話完成テストに入れてみた。
次章では、本研究のアンケートとインタビューの結果に基づいて作成された
談話完成テストを用いて、語用論的能力の習得時期や臨界期の有無を考察し
てみる o
-35-
際
第5 章
予備的研究調査
(パイロット・スタディ)
友人を招待する際に身内を語るとき
一
一 37 一
一
.1
はじめに
本予備的研究調査では、関東と関西の違いを基に作成された談話分析テス
トを使って『身内を語る時』と言う状況においての東日本と西日本における
語用論的方略を比較し、年齢という要因が語用論的能力の習得においてどの
ような影響を与えるのかという考察を試みた。語用論とは、円滑なコミュニ
ケーションを図るため、状況や話し相手との関係を考慮して実際の社会の中
でどのように言語を使っていくかということを研究する学問である
,20)
(Kawte-Mirzjwska
。
そこで、まず語用論的能力の習得時期はいつなのかということをもう一度、
簡単に見ておく
o
パイリンガルの小学生にはすでに社会言語的能力が発達し
ているという Wa tI(sre
)189
の研究や、子供は 8 歳くらいから語用論的能力が
備 わ っ て い る と い う Ervin-Trippと G o r d o n ( 1 9 8 6 ) の 共 同 研 究 や Gordon
Budwig
とegartS
そしてleraC
1( )
089
と
の共同研究、そして小学校 3 から 5 年生
までにはかなり高度な語用論的能力が身につくという gnilbeiL
1( 98)
の研究結
果報告から考えれば、母語における語用論的能力は、小学生になってからの
第一言語発達の過程において発達するようだ。つまり、臨界期と呼ばれる言
語習得に努力を要する時期が来る前ということになる o
.2
本研究の目的と枠組み
本章では、研究調査項目を確立するために行われた、関東の人たち(東京・
神奈川出身者)と関西の人たち(大阪や西日本の人たち)の行動や発話方略
(語用論的方略)の違いを考察した予備調査の結果をも踏まえて選んだ、『身
内を語る』という状況に焦点をあて、年齢が如何に母語における語用論的能
力習得と関係してくるのかということを考えてみる。
具体的には、まず、東日本と西日本の『身内を語る』という状況において
の発話行為の共通点や相違点を考察する o その結果を踏まえて、西日本で生
まれたが、小学校に入る前に東京周辺に引っ越したグループと、子供時代を
西日本で過ごし臨界期が終了したと考えられる 31--21
歳を過ぎてから関東に
引っ越したグループの共通点や相違点を吟味し、年齢と語用論的能力の習得
の関係に関しての分析を試みる o
以上をまとめると、本予備的研究調査は、臨界期仮説を基に、関東に引っ
越してきた時期が異なる二つのグ、ループの発話行為を比較し、臨界期の有無
の間接的な証拠の確立を試みている。つまり、小学校に入学する前に引っ越
したグループが関東で使われる方略を使い、小学校を卒業してから引っ越し
-39-
てきたグループはそれ以来何年も関東に住んでいるにもかかわらず、なお西
lll
日本で使われる方略を使う傾向にあるということがわかれば、それを以って、
語用論的能力は中学に上がる前の母語習得・発達の過程で身についてくるに
違いないと想定できる o つ ま り 、 生 理 学 的 見 地 か ら す れ ば 間 接 的 な 証 拠 で は
あるが、語用論的能力の習得にも臨界期があるのではないかと考えられるわ
けだ。
そこで、まず前提となる関東と西日本での発話行為を吟味し、それを基に
年齢の持つ影響に関して分析する o
.3
研究調査事項
1.関東と西日本での『身内を語る』際の類似点と相違点は何か。
.2 小学校に入学する前に関東に引っ越してきた人たちの『身内を
語る』際の発話行為は、関東と西日本のどちらに多くみられるもの
なのか。
.3
小学校を卒業してから引っ越してきた人たちの『身内を諮る』際の
発話行為は、関東と西日本のどちらに多くみられるものなのか。
.4
研究調査方法
1.4
参加者
91 歳から 30 歳までの関東周辺(東京・神奈川・大宮までの東京よりの埼玉)
に住む 4 名と西日本で生まれ育った(近畿・中国・四国)
4 名の日本語を母
語とする大学生・大学院生たちが本調査に協力してくれた。本章では便宜上、
近畿や中国、四国などを含めた地方を西日本と呼ぶ。ちなみに、retlaP
1( 95)
&evstoIS
によれば、広島や岡山などの西日本の言葉や言い回しは近畿地方のそれ
らと共通点が多いという。
関東周辺に住む 4 名中、 7 名は西日本で生まれ、小学校に入学する前(本研
究では、便宜上『思春期を迎える前』という表現と同じ意味で使われている)
に関東に移り住んだ学生、もう 7 名は西日本で生まれ、小学校時代はそこで
暮らし小学校を卒業してから(本研究では、便宜上[思春期を迎えてから』と
表現と同じ意味で使われている)関東に移り住んだ学生で、
2 名は帰国子女で
小学校から高校まで海外で暮らしていた学生であった。
2.4
研究調査マテリアルとデータ収集過程
データ収集には、 5 つ の 異 な る 発 話 行 為 に 関 す る 状 況 を 想 定 し た 日 本 語 版
-40-
r
(参考資料 )4
と英語版(参考資料 )5
の両方から成る談話完成テストが使わ
れた。本談話完成テストで取り上げられた発話行為は、『友人を食事に招待す
る時に身内を語る~ w 先生を呼ぶ時に使う敬称~
『友人を励ます~
w スピーチをする時の修辞法』
w謝罪』というものであった。本研究は、そのうちの一つで
ある、『友人を食事に招待する時に身内を語る』際の発話行為の日本語の使い
方に焦点を当てた。また、この『友人を食事に招待するとき』の状況は Sakmot
& Sakmot
の逸話を基に作成された。
)402(
談話完成テストは、参加者自身に関する情報収集のためのアンケート(参
考資料 )6
と、研究調査参加同意書(参考資料 )7
と共に、授業の後の休み時
間などに配布され 20 分程でやってもらった。まず、情報収集のためのアンケ
ートを配り、それを書いてもらってから日本語版の談話研究テストをやって
もらった。それを回収した後で英語版もやってもらい、最後に研究調査参加
同意書を渡し回収した。
3.4
収集データ分析方法
参加者 8 人から、収集されたデータは、発話一つを『いち』と数え、各人
が一言から二言、三言と話すようで全体で 18
の発話数となった。分析に際
してまず、それらは、話し手と聞き手、そして内容という二つの観点から、『そ
の場にいない身内を褒める~ w その場にいない身内に代わって話す[代弁]~
き手に対しての発言~ w 家族としての発言~ w 話し手の気持ちを述べる~
w開
w その
場にいない身内のことを謙遜する~ w 話し手による謙遜[希望発言]~という
7
つの大きなカテゴリーに分けられた(表 1 参照)。
本研究は談話完テストに返答を書き込んでもらうという方法をとったので、
書 き 言 葉 を 収 集 し た 形 と な っ た o したがって、東と西の語彙や語尾などの相
違は、多少はあったが全体的にあまりみられなかった。そこで、分析の対象
として、発話行為の内容や方略に焦点を当てた。以下、それぞれのカテゴリ
ーを見ておく
o
まず『その場にいない身内を褒める』というカテゴリーは、何を褒めるか
という内容を考慮、し、更に『外見~ w 人柄~ w 能力~
w組み合わせ』という 4 つ
の カ テ ゴ リ ー に 分 け ら れ た 。 表 1 にあるように「きれしリとか「ハンサム J
というのは『外見』、「やさししリとか「親しみやすい」は『人柄』、そして「料
理が上手 J とか「料理が得意 j というのは『能力』で、「美しくて料理も得意 J
というような発言は『組み合わせ』と考えた o 次に『その場にいない身内に
代わって話す[代弁]~という項目に移る。これは、話し手が、身内が言うだろ
-41-
表1
分類の種類とコーディング
発話
その場にはいない身内をほめる
外見
とてもきれいです:ハンサムです:別嬪ですよ
人柄
とても優しい人です:とても親しみやすくて...
やさしくて親切な人です。
能力
料理がとても上手なので…:料理が得意じゃけえ…
組み合わせ
とっても美しくて料理も得意なんです。
その場にはいない身内に代
わって話す(身内のために)
社交辞令
代弁(内意識)
.お会いできるのを楽しみにしています。
ものすごく会いたがっていますよ;お会いしたいと言いよ
りました。
l
人物紹介
夫は 2 8 歳 で ア メ リ カ の 会 社 に 勤 め て い る の で 今 は 市
内で働いとるんです。
l 聞き手に対しての発言
|希望・前向きな意見
あなたも気軽に話せると思います:
すぐ気に入ると思 l
うよ:楽しい時間になるよ。
感謝
…ありがとう
(00
00
。であると考えられる)
家族としての発言
社交辞令
…それでは金曜日に会うのを楽しみにしています:お待ち
しています:お待ちしとります。
意志伝達
…おいしいお料理を作って楽しみに待ってます。
話し手の気持ちを述べる
のろけ
やっと結婚できました:料理の腕にほれ込んで、結婚したよ
うなものだから。
やきもち
おれの女に手をつけないで、くれよ口
その場にいない身内のこと
を謙遜する
前向きな謙遜
料理を作るのが好きなので張り切って作るでしょう
否定的な謙遜
夫は見た目はそんなにかっこよくないんだけど…:夫はちょ
O
っと変わっているけど…:料理があまり得意ではないんだ…
どちらとも言えない
とても恥ずかしがり屋です:とても恥ずかしがり屋なんだ
謙遜
けど…:少し恥ずかしがるところがあるので…
話し手による謙遜(希望発言)
希望発言による謙遜表現
陽気な人なので仲よくしてもらえるとうれしいよ:い
い時間になればうれしいです。
-42-
曹F
←
うことを想定して、代弁するもので、英語を使えば“eh/ehs
3( 人称単数)"で始
まる発話である o 発話の内容を基に、『社交辞令~ w 代弁[内意識]~
w人物紹介』
というサブ・カテゴリーに分けられた。そして、「…お会いできるのを楽しみ
にしています J のような定形発話は『社交辞令』、「お会いしたいと言いよりま
した J
というような発話の代弁は『代弁[内意識]~ (ここでいう内意識とは話
し手と身内は、うちという最小限の同じグループに属するということである
seivaD[
& I
o
n
e
k
,
)]20
、そして「今は市内で働いとるんです J のような身内の
紹介は『人物紹介』という項目にいれた。次の『聞き手に対しての発言~ 英
(
語を使えば“"1 で始まる発話)にもサブ・カテゴリーがあり、『希望・前向きな
意見』と『感謝』に分かれる。前者は「…あなたも気軽に話せると思う
j
や「す
ぐ気に入ると思う J のような発話で、後者は字のごとく「ありがとう J と感
謝を表す発話である o そ し て 『 家 族 と し て の 発 言 』 と い う の は 、 話 し 手 の 発
話はまた身内のものでもあるというもので、英語を使えば“we"
である。このカテゴリーは、家族としての『社交辞令~ .g.e(
日に会うのを楽しみにしています)と『意思の伝達~
.g.e(
にあたるもの
,…それでは金曜
,…おいしいお料理を
作って楽しみに待ってます)から成る。そして更に、『話し手の気持ちを述べる』
というカテゴリーも作成し、『のろけ~ .g.e(
うなものだ、から)とか『やきもち~ .g.e(
,料理の腕にほれ込んで結婚したよ
,おれの女に手をつけないでくれよ)を
拾い集めてみた。
以上見てきたような『褒める~
w中立』という立場での発話に加えて、『謙
遜 』 と 考 え ら れ る 発 話 も 見 ら れ た ( 表 1 )。まず、『その場にいない身内のこ
とを謙遜する』ための発話は、「料理を作るのが好きなので張り切って作るでし
ょう J というような『前向きな謙遜』、「夫は見た目はそんなにかっこよくない
んだけど…」とか「妻は料理があまり得意ではないんだ… j というような『否定
的な謙遜』、そして「とても恥ずかしがり屋なんだけど… j というような『どち
らともいえない謙遜』の 3 つのサブ・カテゴリーに分けられた。
最後に『話
し手による謙遜[希望発言]~というカテゴリーを設け、「仲良くしてもらえる
と う れ し い 」 と か 「 い い 時 間 に な れ ば う れ し い で す 」 と いうような発話を分
類した。
以上のように 81
性は 90%
の発話を 2 人のコーダーで分類した後(コーダー間の信頼
以上で、意見が合わなかった発話に関しては最終的に話し合いでカ
テゴリーを決めた)、それぞれのカテゴリーの発話回数を数えて、観測度数
devrsbo(
)ycneuqrf
を基に東と西の類似点や相違点を吟味した。更に、その結
果を踏まえて、年齢が語用論的能力の習得に与える影響を分析した。本研究
-43-
では、観測度数(observed frequency)を基にはしているが、これといった統計処
理は行われなかった。つまり、統計処理の結果を想定した上で質的分析が試
みられ、それぞれの調査事項に関しての確固たる回答でなく、傾向を見出そ
うとした。その理由としては、それぞれのカテゴリーにおける発話数が統計
処理をするのには少なすぎたことと、各人がそれぞれ一言から二言・三言の
発話をしていることから、多くの場合、一人の参加者の発話が一つのカテゴ
リーだけでなく他のカテゴリーにも及んでいることがあげられる o
.5 結果と考察
本セクションは、研究調査事項にしたがいまず、東と西の比較をし、それ
から臨界期の有無を分析していく。なお、以下のそれぞれのカテゴリーに分
類された実際の発話例は、表1を参照されたい。
1.5
関東と西日本での『身内を語る』際の類似点と相違点
まず、観測度数を基にして統計的にみても差異がないと思われる項目から
見ておく
o
表 2 からもわかるが、関東でも西日本でも『聞き手に対しての発
言』では希望や前向きな意見を述べることがわかった(東13/13&西 ( 1 4 / 2 0 )
この他にも『家族としての発言』で社交辞令を使ったり(東 4/3
し手の気持ちを述べる』時に、惚、気たりする(東 5/4
& 西 )5/5
& 西 )4/2
、『話
傾向は関東にも西
日本にもあるようだ J
次に相違点だが、統計的にも異なると思われる観測度数に焦点を当ててお
く o まず『褒める』という項目を見ると関東では『外見~ (8/26) や『人柄~ 1()62/0
を褒めるのに、西日本では『能力~ 1()32/5
を褒める傾向にあるようだ(表 0)2
次に『身内に代わっての代弁』を見ると関東では社交辞令的な発話が多い
1( )52/8
が、西日本では事実に基づく代弁)92/41(
、つまり身内が言ったことをそ
のまま伝えるという形式が多いようだ口これらの他に顕著な違いとしては、
『代弁(人物紹介)~ w 聞き手に対しての発言(感謝)~そして『話し手による謙遜
(希望発言)~というカテゴリーがある。
略(東1/ 52
)6/6(
& 西 )92/5
人物紹介は西日本に多く見られる方
のようだ。また、感謝
)02/6(
や希望発言による謙譲表現
は、西日本のみに見られ、関東ではこれらのサブ・カテゴリーに入る発話
はなかった。
-44-
r-
表2
自己の家族を語る時に使われる方略
重要な観察***
関東
西日本
26
23
外見
*]2[+6
2
RQ1D:RQ2B
人柄
10
4
RQ1D
能力
3+(3)**
組み合わせ
2
2
その場にはいない身内に代わ
25
29
その場にはいない身内をほめ
る
15
RQ1D:RQ2A
って話す(身内のために)
社交辞令
16+[2]
代弁(内意識)
)3(+3
14
RQ1D:RQ2A
人物紹介
0+( )1
5
RQ1D:RQ2A
聞き手に対しての発言
31
20
希望・前向きな意見
RQ1S
感謝
。
14
6
RQ1D
家族としての発言
4
4
社交辞令
]1[+2
2
意志伝達
1
2
話し手の気持ちを述べる
5
5
のろけ
]1[+3
やきもち
1
。
その場にいない身内のことを
4
5
前向きな謙遜
2
。
否定的な謙遜
1
2
どちらとも言えない
1
3
。
6
7
91
9
12+ ]1[
5
謙遜する
RQ1D:RQ2B
RQ1S
RQ1S
謙遜
話し手による謙遜(希望発言)
O
希望発言による謙遜表現
*[
6
RQ1D
]思春期を迎える前に関東に移り住んだ人
* ( )思春期を迎えた後に関東に移り住んだ人
***
RQID
hcraeseR(
RQlS
eseR(
RQ2B
hcraeseR(
RQ2A
(Resarch
noitseuQ
訂
)secn1erefiD
hc noitseuQ
noitseuQ
Question
…研究調査事項 1 相違点
1S
im )s1eiitira
…研究調査事項 1 類似点
2)erofeB
…研究調査事項 2 思春期を迎える前の移住
2)retfA
…研究調査事項 2 思春期を迎えた後の移住
-45-
以下に、以上の結果をまとめておく
)1(
o
ほめる:外見
g.e
関東は、外観を褒める .r
,とてもきれいなんだ:とてもきれいです」傾
向もあるが、関西は外見よりむしろ能力を褒める傾向がある o ちなみに関
g.e
西では外見を褒めるなら .r
,別績ですよ」とか「えらい美人やで」と聞
き手に話しかけるように言うようだ。
)2(
ほめる:人物・人柄
.sv
能力
関東は、能力よりも人柄を褒める .r
g.e
,やさしくて親切な人です J 傾向に
あるが、関西は人柄よりも、能力を褒める .r
g.e
,とても料理が上手ですよ J
ことのほうが多いようだ。
)3(
社 交 辞 令 .sv
代弁(内意識)
g.e
関東は、社交辞令的な発話 .r
,妻もお会いできるのを楽しみにしていま
g.e
す J をする傾向にあるが、関西は第 3 者を代弁する傾向にある .r
,妻も
ものすごく会いたがっていますよ J
)4(
感謝
関東は、感謝の発話がなかったのだが、関西は招待された人聞がお食事
に来てくれることに感謝を表す表現 .r
g.e
,妻もお会いするのをものすご
く楽しみにしているんですよ o ありがとう」を使うこともあるようだ。
)5(
謙遜(仮定的)
g.e
関東の発話には見られなかったが、関西では、話し手が謙遜表現 .r
,陽
気な人なので仲よくしてもらえるとうれしいよ:いい時間になればうれ
しいです J を使うこともあるようだ。ちなみに、関東では「陽気な人な
のですぐ仲良くなれると思うよ」とか「楽しい時間になるよ」というよ
うな言い方をする傾向にあるようだ。
2.5
小学校に入学する前の関東への移住
表 2 より、小学校に入学する前、つまり思春期を迎える前に関東に移住し
た人たちは、『褒める(外見 7/2)
~W 代弁(社交辞令 2/7~W 聞き手に対しての発言(希
望 ・ 前 向 き な 意 見 )71 ~ W 家族としての発言(社交辞令) 7/1 ~そして『話し手の
気持ち(のろけ 7/1)
~を使うようだ。すでに述べた東と西の相違点 (6・ 1 の結果を
参照)からもわかるが、最初の 2 つのカテゴリーである『褒める(外見)~と『代
弁(社交辞令』は、いずれも関東に多く見られる発話のようだ。つまり、小学
校へあがる前に、関東に移住したこの 4 人の西日本生まれの話者たちは関東
の発話方略を身につけているようだといえそうだ。そして、『聞き手に対して
-46-
FF
←
の発言(希望・前向きな意見)~ w 家族としての発言(社交辞令)~それから『話し
手の気持ち(のろけ)~に関しては、東でも西でも使われる方略なので、これら
の結果だけからは、年齢の及ぼす影響に関してはなんともいえない。次に、
小学校を卒業してから、関東に移住した人たちについて見てみる。
3.5
小学校を卒業してからの関東への移住
表 2 より、小学校を卒業してから、つまり思春期を迎えた後に関東に移住
した人たちは、『褒める(能力 7/3)
~ w代弁(代弁:内意識 7/3)
~ w代弁(人物紹介) 7/1 ~
を使うようだ。興味深いことに、これらの発話はいずれも西日本に多く見ら
れる発話のようだ6( ・1 の結果を参照)。つまり、思春期を迎えた後に関東に移
住した人たちは、関東に移住してから最低でも 6 年 は た っ て い る の に も か か
わらず、思春期までに、つまり生理学的に見る臨界期が終わるまでに習得し
たであろう西日本でよく使われる発話方略を使う傾向があるらしい。従って、
これらの結果から、語用論的能力も、臨界期と言われる思春期を迎える前の
母語習得・発達の過程で養われる傾向があるのではないかと考えられる o も
ちろん、各人の生活環境など(家庭ではどの言葉を使っているか、生活を共に
する家族の出身地はどこか等々)にも左右されるし、本研究では間接的な証拠
しか得られなかったので、一概にここでの結果がすべてというわけではない
が、本研究の結果にも一理あるということだ。
.6 おわりに
以上、見てきたように、まず関東と西日本では『身内を語る時』の方略は、
類似点より相違点のほうが多いようだ。『褒める』ひとつをとっても褒める内
容が異なる o 関 東 は 『 外 見 』 や 『 人 柄 』 を 褒 め る が 西 日 本 で は 『 能 力 』 を 褒
める傾向にあるというように。また、『人物紹介』や『感謝』や『希望発言に
よる謙譲表現』は関東では殆ど使われないが、西日本でよく使われる方略の
ようだ。
更に、年齢が語用論的能力の習得に与える影響に関して考えると、小学校
を卒業してからの関東へ移住した人たちが、未だに西日本でよく使われる方
略を使っていることを考えると、語用論能力も思春期を迎えるまでに第一言
語習得・発達とともに身につき、思春期を過ぎてからの無意識的な努力なく
しての習得は困難なのかも知れない。つまり、語用論能力習得にも、生理学
的な臨界期が存在する可能性があるわけだ。
次章では、本予備的研究調査の結果を踏まえた本調査の結果を紹介する。
-47-
野
第6章
本研究調査
友人を招待する際に母親を語るとき
-49-
brhrLh-A
ヤ
ドLM
町
1.はじめに
本研究は、これまでに行われた予備的研究調査の結果を踏まえて調整され
た談話完成テストを用いて、予備的調査とは異なる参加者を募って行われた。
また、本研究でも引き続き『身内を語る時』という状況においての語用論的
方略を考察し、年齢という要因が語用論的能力の習得においてどのような影
響を与えるのかという考察を試みた。
.2
本研究の目的と枠組み
本研究調査は、語用論的能力の習得が言語習得のどの段階で行われるかと
いうことの解明を目的とする o また、既に紹介している言語習得における臨
界期に焦点をあて、言語習得に努力が必要になる思春期を過ぎてからでも語
用論的能力の習得はできるのか否かということも考えてみたい D
具体的には、まず、現在関東(東京、神奈川、大宮までの東京寄り埼玉県、
市川までの東京寄り千葉県)に住む
3 つの異なるグループの『母親を語る』
という状況においての発話行為の共通点や相違点を考察する o それらのグル
ープとは、関東で生まれ育ったグループ、関西で生まれたが、小学校に入る
前に東京もしくは東京周辺に引っ越したグループ、そして子供時代を関西で
過ごし臨界期が終了したと考えられる 31-21
歳を過ぎてから関東に引っ越し
たグループである。
次に、日本語を話すアメリカ英語母語話者を考えてみる。ここでは、まず
関東で生まれ育った日本語話者(日本人データ)とアメリカ英語話者の英語で
のデータを比較し、類似点や相違点を考えてみる。それから、日本語運用能
力や滞在期間の異なる日本語を話す 2 つのアメリカ英語母語話者のグループ
( 2 章参照)
の『母親を語る時』に使われる方略を比較する o 第
.3
研究調査事項
関東で生まれ育ったグループと、小学校に入学する前に関東に
引っ越してきた人たち、そして思春期を過ぎてから関東に引っ
越してきた人たちの『母親を語る』際の発話行為の類似点や相
違点は何か。
.2
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグ、ループ)
とアメリカ英
語話者の『母親を語る』際の発話行為の類似点や相違点は何か。
.3
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)、アメリカ英語
話者、日本語学習歴が 1 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 3 カ月以内とい
-51-
う日本語学習者と日本語学習歴が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 1 年
以上という日本語話者の『母親を語る』際の発話行為の類似点
や相違点は何か。
.4
研究調査方法
1.4
参加者
91 歳から 30 歳までの日本語を母語とする関東(東京、神奈川、大宮までの
東京寄り埼玉県、市川までの東京寄り千葉県)に住む 68 人と 19 歳から 32 歳ま
で の ア メ リ カ 英 語 を 母 語 と し 、 同 じ く 関 東 周 辺 に 住 む 17 人 の 大 学 生 ・ 大 学 院
生たちが本研究に協力してくれた。
日本語を母語とする 68 人は、 3 つの異なるグループより成り、関東で生ま
れ育った 4 人、関西(大阪、神戸、滋賀、和歌山)で生まれ小学校に上がる
前(本研究では、便宜上『思春期を迎える前』という表現と同じ意味で使われ
ている)に関東に引っ越してきた
8 人、それから(大阪、神戸、滋賀、和歌
山)、思春期を過ぎてから関東に引っ越してきた
16
人が本研究に参加してく
れた。
アメリカ英語母語話者も、同じく 3 つ の グ ル ー プ か ら 成 り 、 研 究 調 査 が 行
われた時点で日本に来て 2 週 間 以 内 の ア メ リ カ 英 語 話 者 35 人、その時点で独
学でない日本語学習歴が 1 年以上で滞在歴が 3 カ月以内という日本語学習者
lillI
81 人 、 そ し て 同 じ く 独 学 で な い 日 本 語 学 習 歴 が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 1 年
以 上 と い う 日 本 語 話 者 81 人が参加してくれた。日本に来て 2 週間以内のアメ
リカ英語話者は日本語を習ったことが全くないアメリカ英語母語話者で、日
本語に関しては「ありがとうございます J とか「おはようございます」とい
うような挨拶の表現をいくつか知っているという程度であった。次に、独学
でない日本語学習歴が 1 年 以 上 で 滞 在 歴 が 3 日月以内というアメリカ英語を
母語とする日本語学習者のグ、ループの日本語のレベルは中級、そして日本語
学習歴が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 1 年 以 上 と い う 日 本 語 話 者 た ち の 日 本 語 レ
ベルは上級で、あった。
2.4
研究調査マテリアルとデータ収集過程
データ収集には、 3 つ の 異 な る 発 話 行 為 に 関 す る 状 況 を 想 定 し た 日 本 語 版
(参考資料 )8
と英語版(参考資料 )9
の両方から成る談話完成テストが使わ
れた。本研究で使われた談話完成テストは、予備的研究調査をもとに調整さ
れ『友人を食事に招待する時に母親を語る~ w 決断と交渉~
-52-
w 謝罪』という 3
際
つの発話行為を取り上げた。本研究は、そのうちの一つである、『友人を食事
に招待する時に母親を語る』際の発話行為に関して焦点を当てた。この『友
人 を 食 事 に 招 待 す る と き 』 の 状 況 は 前 章 で も 述 べ た が Sakamoto
の逸話を基に作成されたものである
(204)
O
&
Sakamoto
前章で紹介した予備的研究調査で
使われたシナリオは、『友人を食事に招待する時に、自分自身の妻や夫のこと
をどう話すか』という内容のものであった口しかし、本研究では、参加者が
大学生や大学院生で大半が独身であるということを考慮、して、母親にした方
が現実の状況により近いという結論に達した。そこで、予備的研究調査で使
われた談話完成テストに修正を加えて『友人を食事に招待する時に、自分自
身の母親のことをどう話すか』という内容で調査をした。
日本に来て 2 週間以内のアメリカ英語話者には、英語版の談話完成テスト
をやってもらった。その他のグループには、日本語版談話完成テスト(本研
究のため)をやってもらってから英語版の談話完成テスト(今後の研究のた
め)もやってもらった。
談話完成テストは、参加者自身に関する情報収集のためのアンケートと、
研 究 調 査 参 加 同 意 書 と 共 に 、 授 業 の 後 の 休 み 時 間 な ど に 配 布 さ れ 20 分程でや
ってもらった。日本語母語話者からの参加者自身に関する情報は予備的研究
調 査 で 使 わ れ た も の と 同 様 の 日 本 語 で 書 い で あ る ア ン ケ ー ト ( 参 考 資 料 )6
収集し、英語母語話者からは英語でのアンケートで収集した(参考資料
また、同意書も日本語母語話者には日本語で、書かれたもの(参考資料
使い、英語母語話者には英語で書かれた同意書(参考資料
)21
で
)01
)1
0
を
で、参加者の
承諾をもらった。
最後に、アンケートの手順としては、まず、情報収集のためのアンケー
トを配り、それを書いてもらってから談話研究テストをやってもらった。
そして、最後に研究調査参加同意書を渡し回収した。
3.4
収集データ分析方法
本研究では、日本語母語話者とアメリカ英語を母語とする日本語学習者や
日本語話者による日本語版とアメリカ英語話者による英語版の談話完成テス
トの『友人を食事に招待する時に身内を語る』という発話行為に焦点を絞っ
て収集データを分析した。
収集データを分析する際に、まず全ての発話(参考資料 [31
参 考 資 料 [41
日本語母語話者]、
日本語を話す英語母語話者]と参考資料 51 [英語])をそれぞれのグ
ノレープに分類しその結果を分析した。以下、分類の種類とコーディングにつ
-53-
いて述べる
1.3.4
O
日本語のデータ
まず、日本語母語話者 68 人 か ら 、 収 集 さ れ た デ ー タ は 、 表 現 ( 以 下 、 発 話
と呼ぶ)一つを『いち』と数え、接続詞で繋がっているような表現は二つの
発話と考えられた。例えば、「料理が得意なので、あなたに食事を楽しんでほ
しい J と い う よ う な 表 現 は 「 料 理 が 得 意 J と 「 食 事 を 楽 し ん で ほ し い 」 と い
うように二つの発話からなると考えられた。また、各人がそれぞれのターン
で 、 一 言 か ら 二 言 ( r君に会うのを楽しみにしてるよ o きっと素敵な食事会に
なるよ )J 、 三 言 ( rとても料理がうまいんだ。思う存分食事を楽しんでくださ
い。金曜日に会うのを楽しみにしてるよ )J
と話すこともあり全体で 12
話 と な っ た 。 内 訳 は 、 関 東 で 生 ま れ 育 っ た 44 人からは 71
の発
の発話、小学校に
上がる前に関東に引っ越して 8 人からは 14 の発話で、思春期を過ぎてから関
東 に 引 っ 越 し て き た 61 人からは 36
の発話を得た。そして、アメリカ英語を
母語とする中級日本語学習者(日本に来て 3 カ月以内) 81 人からは 29 の発話
が得られ、アメリカ英語を母語とする上級日本語話者(日本滞在
1 年以上)
81 人からも同じく 29 の発話が得られた。
分析に際してまず、全ての発話は、話し手と聞き手、そして内容という二
つの観点から、『その場にいない母親を褒める~
rそ の 場 に い な い 母 親 に 代 わ
って話す(母親のために) ~ r 聞き手に対しての発言~ r 家族としての発言~
r話
し手の気持ちを述べる~
6つ
rその場にいない母親のことを謙遜する』という
の大きなカテゴリーに分けられた(表1参照)。
本研究は談話完テストに返答を書き込んでもらうという方法をとったので、
書き言葉を収集した形となった。したがって、語彙や語尾などの相違には、
焦点をあてず、発話行為の内容や方略の分析を試みた。以下、それぞれのカ
テゴリーを見ておく。
まず『その場にいない母親を褒める』というカテゴリーは、母親の何を褒
めるかという内容を考慮、し、更に『外見~ r 人柄~
r能力』という
3 つのサブ・
カテゴリーに分けられた。予備的研究調査では『組み合わせ』というカテゴ
リーもあったがこれは本研究調査には見られなかったので削除された。表 1
にあるように「かわいい」というのは『外見』、「やさしい」とか「陽気な人」
は『人柄』、そして「料理が上手 j というのは『能力』と考えた。更に、「母
親の作った料理はおいしい」というようなお料理そのものを褒める発話も料
理が上手なのでその結果、作ったものがおいしいという具合に解釈をして『能
-54-
表1
分類の種類とコーディング(日本語)
発話
その場にはいない母親をほめる
外見
とてもかわいいよ。
人柄
とても優しいよ:とても陽気な人だから
能力*
料理がうまいので。 0 0
000
料理が上手だから 0 0 。
おいしいですよ。
その場にはいない母親に代
わって話す(母親のために)
社交辞令
君に会うのを楽しみにしてるよ:あなたに会うのを楽し
みにしてます。
代弁(聞き手に対する気持ち)
君のことをとても気に入ってます。
代弁(料理に関すること)
美味しいご飯を作ると張り切っていました。
人物紹介
彼女は昔、歌手だ、ったんだ。
聞き手に対しての発言
希望・前向きな意見
素晴らしい夕食をとることができるでしょう.
000
食事
を楽しんでほしい。
依頼
時聞があったら何か買ってきてよ。
提案
000
今回の選挙についてなんていうのか準備しておいた
方がいいよ。
感謝
ありがとう
代弁(聞き手のために)
該当なし
好意(聞き手の好みを開く)
なにか苦手なものはありますか。
O
家族としての発言
社交辞令
金曜日にお待ちしてますね。
話し手の気持ちを述べる
直接的
間接的
。君に会わせるのが楽しみです。
僕はいつも母に君のいいところを語り聞かせているから
ね
口
その場にいない母親のこと
を謙遜する
前向きな謙遜
否定的な謙遜
*
御馳走をふるまってくれるらしいよ。
o
はっきりいって料理には期待しない方がいいよ。
~能力』には、「母親は料理が上手だ J という料理の上手さを褒めるものに加えて、「母
親の作ったお料理はおいしい」というお料理そのものを褒めるものも入れてある。
-55-
カ』というサブ・カテゴリーにいれ、母親を褒めていると考えた。次に『そ
の場にいない母親に代わって話す(母親のために)Jlという項目をみておく
o
これは、話し手が、母親が言うだろうことを想定して、代弁するもので、英
語を使えば“ehs
辞令Jl
3( 人称単数)"で始まる発話である。発話の内容を基に、『社交
W 代弁(聞き手に対する気持ち) ~ W 代弁(お料理に関すること) ~
w 人物
紹介』という 4 つのサブ・カテゴリーに分けられた。そして、「あなたに会う
の を 楽 し み に し て い ま す 」 に あ る よ う な 「 楽 し み に し て い る j という定形発
話は『社交辞令』、「君のことをとても気に入っています J というような母親
の気持ちを代弁した発話は『代弁(開き手に対する気持ち)Jlと考え、「美味
しいご飯を作ると張り切っていました J というようなお料理に関することは
『代弁(お料理に関すること JJ)
というサブ・カテゴリーに入れた。そして、
「昔は彼女、歌手だったんだ」というような母親の紹介は『人物紹介』とし
た。次の『聞き手に対しての発言Jl (英語を使えば“ "1 で 始 ま る 発 話 やdluoc/nac"
にもサブ・カテゴリーがあり、『希望・前向きな意見
J J W 依 頼J J W 提案』
)"7..uoy
『感謝Jl
W 代 弁 ( 開 き 手 の た め に ) J J W 好意(聞き手の好みを聞く JJ)
に分かれ
た。まず、『希望・前向きな意見』は、「素晴らしい食事をとることができる
でしょう
j
とか「…食事を楽しんでほししリのような発話で、『依頼』は字の
ごとくリクエストで「時間があったら何か買ってきてよ」というで、『提案』
は「…今回の選挙についてなんていうのか準備しておいた方がいいよ j という
ような発言、『感謝』とは字のごとく「ありがとう」というものであった。更
に『代弁(聞き手のために)Jlと『好意(聞き手の好みを聞く
JJ) に関してだ
が、前者は日本語のデータには該当がなかったが、英語のデータとの比較の
ため便宜上入れてある。そして後者は「なにか苦手なものはありますか」の
ような発話があった。さて次の『家族としての発言』であるが、これは、話
し手の発話は同時に母親のものでもあるというもので、英語を使えば“ we"
あたるものである o
r金曜日にお待ちしてますね j
に
というような『社交辞令』が
このカテゴリーに入った。予備的研究調査では『家族としての発言』というカ
テゴリーの下に『意思の伝達』というサブ・カテゴリーがあったが、これは該当
がなかったため削除された。これらの他のカテゴリーとして『話し手の気持ちを
述べる』というもの作成し『直接的~ .g.e(
か『間接的
J J.g.e(
,君に会わせるのが楽しみです)と
,僕はいつも母に君のいいところを語り聞かせているからね)
というサブ・カテゴリーを作った。
以 上 見 て き た よ う な 『 褒 め るJ J W 中立』という立場での発話に加えて、『謙
遜 』 と 考 え ら れ る 発 話 も 見 ら れ た ( 表 1 )。そこで、『その場にいない母親の
-56-
ことを謙遜する』というカテゴリーを作成し、使われた表現より『前向きな
謙遜~ (e.g. ,御馳走をふるまってくれるらしいよ)と『否定的な謙遜~ .g.e(
,…
はっきりいって料理には期待しない方がいいよ)に分けた。
以上のように 12
性は 90%
の発話を 2 人のコーダーで分類した後(コーダ一間の信頼
以上で、意見が合わなかった発話に関しては最終的に話し合いでカ
テゴリーを決めた)、それぞれのカテゴリーの発話回数を数えて、観測度数
devrsbo(
を基に関東で生まれ育ったグループ、関西で生まれ小学校
)ycneuqrf
に上がる前に関東に引っ越してきたグループ、そして同じく関西で生まれ思
春期を過ぎてから関東に引っ越してきたグループによる発話の類似点や相違
点を吟味した。更に、その結果を踏まえて、年齢が語用論的能力の習得に与
える影響を分析した。本研究でも、観測度数(abserved frequency)基にはして
いるが、これといった統計処理は行われなかった。つまり、予備研究調査と
同様に、統計処理の結果を想定した上で質的分析が試みられた。本研究は、
語用論的能力の習得と臨界期の有無に関しての理論構築における最初の段階
で、間接的データより傾向を見出そうとするものなので統計処理にまでは、
至らなかった。また、それぞれのカテゴリーにおける発話数が理論構築のた
めの統計処理をするのには少なすぎたことと、各人がいくつもの発話をして
いる場合もあることから、多くの場合、一人の参加者の発話が一つのカテゴ
リーだけでなく他のカテゴリーにも及んでいるのというのも統計処理をしな
かった理由である。
最後に、予備的研究調査にあった『のろけ』や『やきもち』というサブ・
カテゴリーに該当する発話はなかったので、それらは削除された。
英語のデータ
2.3.4
次に、英語でのデータについてみていく。 英 語 母 語 話 者 35 人から、収集さ
れたデータは、日本語のデータと同じように、表現(以下、発話と呼ぶ)一
つを『いち』と数え、接続詞で繋がっているような表現は二つの発話と考え
られた。例えば、“ she
うような表現は“ she
a wonderful
meal"
si a taerg
si a taerg
cok
cok"
and
liw
erap
su a wonderful
r( 料 理 が 上 手 だ)J
と“ ehs
r( 素晴らしい料理を用意してくれる )J
とい
meal"
liw
erap
su
というように二つの
発話からなると考えられた。また、各人がそれぞれのターンで、一言から二
言 (e.g.,"she is very nice.You have no need to worry"[「とてもいい人です。全
然心配しなくていいから J ])、更には三言
hand
si very
god.
She
osla
makes
suoirav
sdnik
-57-
(e.g.,"she is a housewife.Her cooking
of suoicled
["dof
r主婦です。料
標額調周囲園田珊盟国盟国盟国圃圃画面画面司置置置
理がとても上手です。それに、いろいろな美味しいお料理を作ってくれま
す
。 J ])と話すこともあり全体で
63 の発話となった。
分析に際しては、日本語による発話と比較するため、日本語でのデータを
分析する時に使われた『その場にいない母親を褒める~
wそ の 場 に い な い 母 親
に代わって話す(母親のために) ~ w 聞き手に対しての発言~ w家 族 と し て の 発
言~ w 話し手の気持ちを述べる~
wそ の 場 に い な い 母 親 の こ と を 謙 遜 す る 』 と
いう 6 つ の 大 き な カ テ ゴ リ ー を 使 っ た ( 表 2 参照)。
まず、最初の『その場にいない母親を褒める』というカテゴリーは、母親
の何を褒めるかという内容を考慮し、更に『人柄』と『能力』という 2 つの
サブ・カテゴリーに分けられた。日本語でのデータとの比較のため日本語デ
ータに見られた『外見』というカテゴリーはそのままにしてあるがそれに該
当する発話はなかった。表 2 にあるように、“s'ehs
とか“ehs si a yrev
god
そして“ehs s' ataerg
更に、“…tinekcihc[
いしいよ J)"
rとてもいい人で、す J
woman(
koc
r( 料 理 が 上 手 で す J)"
top ]eip
yrev
si lufrednow
(ecin
九、い人です J ")
)"というのは『人柄』、
というのは『能力』と考えた。
rr( 母親の作る]チキンポットパイはお
というようなお料理そのものを褒める発話も料理が上手なので
美味しいものを作れるという具合に解釈をして『能力』というカテゴリーに
いれ、母親を褒めていると考えた。次に『その場にいない母親に代わって話
す(母親のために)~という項目をみておく。これは、話し手が、母親が言う
だろうことを想定して、代弁するものである o
ゴリーと同様、『社交辞令~
日本語のデータの分類のカテ
w代 弁 ( 聞 き 手 に 対 す る 気 持 ち )
~
w代 弁 ( お 料 理
に関すること) ~ w 人物紹介』という 4 つ の サ ブ ・ カ テ ゴ リ ー を 使 っ た 。 そ し
て、“s'ehs
gnikol
み に し て い ま す J)"
rof you
drawrof
ot gnitem
uoy
,
ot
r( あなたにお会いするのを楽し
というような定形発話は『社交辞令』、“… d
luow
evol
r( 君ためにお料理を作りたがっている )J "というような母親の気持ち
を代弁した発話は『代弁(聞き手に対する気持ち)~と考え、“ she's g
niog
taem
ot koc
dna seotatop
r( お肉とお魚を用意します)J
ot koc
というようなお料理に関する
ことは『代弁(お料理に関すること)~と考えた。そして、“ she's a e
fiwesuoh
(r彼 女 は 主 婦 な ん で す J)"
というような母親の紹介は『人物紹介』とした。
次の『聞き手に対しての発言』であるが、ここでは、『希望・前向きな意見』
『代弁(聞き手のために) ~ w 好意(聞き手の好みを開く)~の 3 つのサブ・カ
テゴリーが使われた。まず、『希望・前向きな意見』は、“'lIIerus
"reh
r( 彼女のこと、間違いなく気に入るよ )J
とか“
ll'tl
eb "nuf
you
iw 11iIek
( r楽 し い 食
事になるよ J )のような発話で、『代弁(聞き手のために)~というのは“ l'11tel
-58-
表2
分類の種類とコーディング(英語)
発話
その場にはいない母親をほめる
外見
該当なし
能力*
s'ehS
very
;ecin
s'ehS
a taerg
She
;koc
si a very
She
…ti nekcihc[
top ]eip
s'ehS
forwad
ecin
woman.
si a very
god
si wonderfu
.koc
.l
|その場にはいない母親に代
わって話す(母親のために)
社交辞令
代弁(聞き手に対する気持ち)
gnikol
… would
evol
代弁(料理に関すること)
s'ehS
gnio
人物紹介
s'ehS
a .efiwesuoh
ot meting
ot cok
diner
ot cok
meat
'I m e
rus
ekill'uoy
you
,
.oot
rof .uoy
and .seotatop
聞き手に対しての発言
希望・前向きな意見
tIll' be ;nuf
依頼
該当なし
提案
該当なし
.reh
感謝 該当なし
代弁(聞き手のために)
好意(聞き手の好みを聞く)
'Itell
her
What
would
know
you
you
era
want
.gnimoc
ot ?tae
家族としての発言
該当なし
社交辞令
話し手の気持ちを述べる
直接的
該当なし
間接的
該当なし
その場にいない母親のこと
を謙遜する
前向きな謙遜
She's a little crazy.**
否定的な謙遜
… they are all greatly exaggerated.
*『能力』には、「母.は料理が上手だJ
という料理の上手さを.めるものに加えて、「母
親の作ったお料理はおいししリとしづお料理そのものを褒めるものも入れてある。
**字面をみただけだと否定的なように見えるが、この発言はほかの人と違っている gnieb(
)tnereffid
という観点からなされたものであるので前向きな発言と考える。
-59-
reh
know
you
era
r( 君が来てくれることを母に伝えておくよ )J "のよう
coming
に、聞き手からのメッセージを母親に伝えるというものであった。そして、『好
意(聞き手の好みを聞く)』というのは“
べ た い ? J)"
what
you i1 ke ot ?tae(「 何が食
would
というような開き手の好みを聞くものであった。ちなみに、こ
の『その場にいない母親に代わって話す(母親のために)~というカテゴリー
で、日本語のデータを分類する際に使われた『依頼~
w提案Jl
W 感謝』という 3
つのサブ・カテゴリーに該当する発話はなかった。さて次の『家族としての
発言』、そして『話し手の気持ちを述べる』というカテゴリーだが、英語のデ
ータでこれらに該当するものはなかった(既に述べたように、これらのカテ
ゴリーは日本語のデータと比較をする為に使われるので表に入れてある)。
以上見てきたような『褒める~ W 中立』という立場での発話に加えて、英語
のデータにも『謙遜』と考えられる発話も見られた(表 0)2
W その場にいない
母親のことを謙遜する』というカテゴリーで、他の人とは違う gnieb(
)tnerefid
という意味で使われている“she's a little crazy... (「他の人とは違うんだよ J)"
は『前向きな謙遜』と考え“… yeht
era lla yltaerg
detargx
r( それらは、す
ご く 大 げ さ に 語 ら れ る か ら ね)J "は『否定的な謙遜』というサブ・カテゴリ
ーいれた。
以上のように、 63 の発話を 2 人のコーダーで分類した後(コーダー間の信頼
性 は 90%
以上で、意見が合わなかった発話に関しては最終的に話し合いでカ
テゴリーを決めた)、それぞれのカテゴリーの発話回数を数えて、観測度数
devrsbo(
を基に、まず、アメリカ英語母語話者による英語のグルー
)ycneuqrf
プと前出の日本語母語話者による日本語のグループ(関東で生まれ育ったグ
ループ)の発話の類似点や相違点を吟味した。それから、英語母語話者によ
る英語の発話、日本語母語話者による日本語の発話、滞在歴が 3 カ月以内と
いうアメリカ英語を母語とする日本語学習者の発話、そして日本語学習歴が 2
年以上で日本滞在歴が 1 年以上という日本語話者の発話の類似点や相違点を
吟味した。そして、その結果を踏まえて、年齢が語用論的能力の習得に与え
る影響を分析した。ここでも、日本語のデータを分析する時と同じように、
観 測 度 数0( bservd
qerf
uency)
われなかった(前項の 1.3.4
.5
に基づいてはいるが、これといった統計処理は行
を参照)。
結果と考察
本セクションは、研究調査事項にしたがいまず、関東で生まれ育ったグル
ープ(以下「関東
j
とする)と、小学校に入学する前に関東に引っ越してき
-60
一
た人たち(以下「小学校に入学する前 J とする)、そして思春期を過ぎてから
関東に引っ越してきた人たち(以下「思春期過ぎ J とする)の『母親を語る』
際の発話行為の類似点や相違点を前章で紹介した予備的研究調査と比較しな
がら、吟味する。それから、日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)
とアメリカ英語話者の『身内を語る』際の発話行為の類似点や相違点を分析
する o 最 後 に 、 中 間 言 語 語 用 論 に 焦 点 を あ て 、 日 本 語 を 話 す ア メ リ カ 英 語 の
母語話者の日本語用能力のレベルの異なる 2 つのグループを含めた、 4 つ の グ
ループ(日本語母語話者による日本語、英語母語話者による英語、
2 つの異な
るグループの英語母語話者による日本語)の発話を比較し類似点や相違点を
探る
O
また、それらの結果をもとに、語用論的能力の習得における年齢が与
える影響や臨界期の有無を、日本語母語話者の発話、更には英語を母語とす
るが日本語を話すという中間言語での発話において考えてみる o
1.5
関東で生まれ育ったグループと、小学校に入学する前に関東に引っ
越してきた人たち、そして思春期を過ぎてから関東に引っ越してき
た人たちの『母親を語る』際の発話行為
まず、類似点から見ておく。表 3 か ら も わ か る が 、 ど の グ ル ー プ も 多 か れ
少なかれ『聞き手に対しての発言』では希望や前向きな意見を述べることが
わかった(関東 81
、小学校入学前 4/3 、思春期過ぎ )9/8
0
この結果は、予備
的研究調査の結果と同じである。しかし、予備的研究調査で東でも西でも使
われているとわかった『家族としての発言』の社交辞令は本調査では、わず
かに関東 )2/2(
と 小 学 校 入 学 前 ()11
のグループに見られただけであった。
件数も少ないのでここでは、あまり問題にしないことにする o
次に相違点だが、まず統計的にも異なると思われる観測度数に焦点を当て
ておく。まず『褒める』という項目を見ると、関東 )02/6(
のグ、ループより思春過ぎのグループ (12/0
に、関東 )6/3(
や 小 学 校 入 学 前 )2/1(
思春期過ぎのグループは『能力~
や 小 学 校 入 学 前 )02/(
) が母親を褒める傾向にある。特
のグ、ループにはあまり見られないが
を褒める傾向にあるようだ(表 )3 。
(12)
予備的研究調査から、西日本では、『能力』を褒めるという結果が出ているの
で、これより、思春期を過ぎてから関東に引っ越してきたグループは、やは
り関西で見られる方略を使っているのかもしれない。次に『その場にはいな
い母親に代わって話す』をみると表 3 よりわかるように関東グループ 6/34(
が 圧 倒 的 に 多 く 、 思 春 期 過 ぎ (16
全 体 の 発 話 数 か ら 考 え て も 関 東 7/34(
1)、そして小学校入学前
)1
-61-
17(
)1
1)と続く
は、半数以上の発話がこのカテゴリ
o
表3
母親を語る時に使われる方略
関東
小学校入学前
思春期過ぎ
合計
6
2
21
20
外見
O
O
1
1
人柄
3
1
O
4
能力
3
1
11
51
その場にはいない母親
43
7
1
61
43
。
。
6
46
4
7
。
4
その場にはいない母親
をほめる
に代わって話す(母親
のために)
l 社交辞令
代弁(聞き手に対する
3
気持ち)
代弁(料理に関するこ
4
6
と)
4
人物紹介
2
聞き手に対しての発言
81
4
9
13
希望・前向きな意見
8
3
8
91
依頼
3
1
O
4
提案
2
O
O
2
感謝
代弁(聞き手のために)
。
。
好意(聞き手の好みを
4
O
家族としての発言
2
1
社交辞令
2
話し手の気持ちを述べ
O
。
。
。
。
。
2
4
4
る
O
3
3
間接的
。
。
その場にいない母親の
2
。
。
1
2
前向きな謙遜
1
O
O
1
否定的な謙遜
1
O
O
1
合計
71
14
36
12
O
聞く)
直接的
O
O
4
3
3
ことを謙遜する
-62-
ーに入る。また、小学校に入学前)4117(
も半数の発話がこのカテゴリーに入
る の に 対 し 、 思 春 期 過 ぎ ( )63/1
程の発話にとどまっている。また、
は 30%
サブ・カテゴリーをみると、この『母親に代わって話す』というカテゴリー
の関東グループの 80%
の発話 34/(
) 、そして小学校入学前の殆どの発話 ()7/6
は『社交辞令』となっているのに対し、思春期過ぎのグループの場合は、約
半 数 の 発 話 (116 1)にとどまっていた。予備的研究調査からも、関東では、身
内に代わって社交辞令的な発話をするという結果が出ている。これより、思
春期を過ぎてから関東に引っ越してきたグループは、関東の、身内に代わっ
て話す社交辞令的な発話には慣れていないのではなし、かということが伺える o
これらの他に、件数は少ないが『聞き手に対しての発言』というカテゴリ
ーにある『依頼』と『好意(聞き手の好みを聞く)~は思春期過ぎグループに
は見られなかった。前者は関東 )4/3(
は関東グループ。 )4/(
と小学校入学前 )411(
に見られ、後者
だけに見られた発話だった。また、『話し手の気持ちを
述べる』というカテゴリーでは、『直接的~ )3/(
W 間接的~ (1/1)にかかわら
ず、思春期過ぎのグループにだけ見られる発話であった。
以上より、関東と小学校入学前は共通点が多いが、思春期過ぎのグループ
の発話とは異なる点が観察される。更に、思春期過ぎの発話は予備的研究調
査に照らし合わしてみると西日本の発話との類似点が多いようだ。したがっ
て、身内を語るような状況においての語用論的能力は、母語習得の過程で発
達し、小さい時に養われたそのような能力は大人になってもしっかりと身に
付いているのかもしれない。そういう意味で、思春期を超えてから異なるダ
イアレクトの語用論能力を発達させ習得するのは難しいのかも知れない。
2.5
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)とアメリカ英語話
者の『母親を語る』際の発話行為
まず、類似点から見ておく
o
表 4 より、英語でも日本語でも『聞き手に対
しての発言』があり、希望や前向きな意見を述べたり(英語 3117
聞き手の好みを聞いたりするWc 好意』英語 31/5
、日本語)8114
、日本語)8118
、
ことが分かった。
また、『話し手の気持ちを述べる』というカテゴリーに該当する発話は英語に
も日本語(関東)にも見られなかった。
次に相違点だが、まず統計的にも異なると思われる観測度数に焦点を当て
てみる o 表 4 より『褒める』という項目を見ると、日本語(関東 : )62/
英 語 )62/0(
に『能力~ )02/41(
より
の方が母親を褒める傾向にあるようだ。そして、英語話者は特
を褒める傾向にあるようだ(表 )4 。 こ の 傾 向 は 関 西 で 生
-63-
表4
母親を語る時に使われる方略
英語(日本に来
日本語(関東)
合計
て 2 週間以内で
日本語学習歴殆
どなし)
その場にはいない母親をほめる
20
6
26
外見
O
O
O
人柄
6
3
9
能力
41
3
71
その場にはいない母親に代わ
26
43
69
社交辞令
31
34
47
代弁(聞き手に対する気持ち)
2
3
5
代弁(料理に関すること)
9
4
31
人物紹介
2
2
4
聞き手に対しての発言
31
81
31
希望・前向きな意見
7
8
51
依頼
O
3
3
提案
O
2
2
感謝
O
代弁(聞き手のために)
1
O
1
好意(聞き手の好みを開く)
4
9
2
2
話し手の気持ちを述べる
。
。
。
直接的
O
。
。
間接的
O
O
O
その場にいない母親のことを
4
2
6
前向きな謙遜
3
1
4
否定的な謙遜
1
1
2
合計
63
71
134
って話す(母親のために)
家族としての発言
社交辞令
1
5
2
O
2
O
謙遜する
-64-
まれ思春期を過ぎてから関東に引っ越してきたグループと同じでとても興味
深い。では、次に『その場にはいない母親に代わって話す』をみる
表 4 よ
O
)による発話が英語による発
り わ か る よ う に こ の カ テ ゴ リ ー は 日 本 語 (43/69
より多いようだ。サブ・カテゴリーをみると、日本語 (34/
話 )96/2(
は英語 )62/31(
)で
よ り 多 く の 『 社 交 辞 令 』 を 使 う よ う だ 。 そ し て 、 英 語 ()62/9
は日本語 34/(
)より多く、お料理に関して母親の代弁をするようだ。
これらの他に、件数は少ないが英語 )6/4(
の方が日本語 )6/2(
より、若干
多めの『母親を謙遜する』という方略を使っている。これは、少ない件数な
ので一般化などはできないが、日本文化は謙遜の文化である(Davies & Ikeno,
202)
という概念にそぐわないものでとても興味深い。
以上より、英語でも日本語でも、希望や前向きな意見を述べたり招待され
る人間の好みを尋ねたりするようだ。更に、英語では母親を『褒める』とい
う方略が頻繁に使われるのに対し、日本語では母親に代わって『社交辞令』
を述べるという傾向にあるということが分かった。
3.5
日本語母語話者(関東で生まれ育ったグループ)、アメリカ英語話
者、日本語学習歴が 1 年以上で日本滞在歴が 3 カ 月 以 内 と い う 日 本
語学習者と日本語学習歴が 2 年以上で日本滞在歴が 1 年以上とい
う日本語話者の『母親を語る』際の発話行為
まず、既に説明した英語と日本語の類似点である『聞き手に対しての発言』
を見ておく
o
日本語学習歴が 1 年 以 上 で 日 本 滞 在 歴 が 3 カ 月 以 内 と い う 日 本
語学習者(以下日本滞在
3 カ月以内)と日本語学習歴が 2 年 以 上 で 日 本 滞 在
歴が 1 年 以 上 と い う 日 本 語 話 者 ( 以 下 、 日 本 滞 在 1 年 以 上 ) に も こ の カ テ ゴ
リーに該当する発話が見られた。該当件数は、前者が 3/29
で、後者が 4/29
と
ほぼ同数であった。件数が少ないのでサブ・カテゴリーの分析は割愛する o
次に相違点だが、既に紹介した英語と日本語の相違点を踏まえてみていく
o
表 5 より『褒める』という項目を見ると、日本滞在 3 カ 月 以 内 の グ ル ー プ )54/1(
の方が 1 年 以 上 の グ ル ー プ 54/(
) より母親を褒める傾向にあるようだ。そし
て 、 英 語 母 語 話 者 が 母 親 の 『 能 力 』 を 褒 め る ()02/41
以内のグループも『能力』を褒める (814
ように日本滞在 3 カ月
)傾向にある。つまり、日本語学習
期 間 や 日 本 滞 在 期 聞 が 短 い 方 の グ ル ー プ が 母 語 で あ る 英 語 )54/02(
と同様の
方略を使うのに対し、日本語学習期間や日本滞在期聞が長くなってくるにつ
れ て 日 本 語 母 語 話 者 )5416(
が使う方略を使うようになるようだ。
では、次に『その場にはいない母親に代わって話す』をみてみる o 表 5 よ
-65-
表5
母親を語る時に使われる方略
日本語(日本滞
日本語(日本
日本語
在 3 カ月以内)
滞在 1 年以上)
(関東)
20
14
5
6
45
外見
O
O
O
O
O
人柄
6
6
2
3
71
能力
14
8
3
3
28
その場にはいない母親に代わ
26
12
26
43
107
社交辞令
13
2
13
34
62
代弁(聞き手に対する気持ち)
2
2
1
3
8
代弁(料理に関すること)
9
7
20
人物紹介
2
1
。
4
2
5
聞き手に対しての発言
13
3
4
81
38
希望・前向きな意見
7
O
1
8
61
依頼
O
2
1
3
6
提案
O
1
1
2
4
感謝
O
1
O
。
1
代弁(聞き手のために)
。
O
好意(聞き手の好みを聞
5
O
1
4
01
く)
話し手の気持ちを述べる
。 。
。
直接的
O
O
間接的
O
その場にいない母親のこ
4
前向きな謙遜
英語
その場にはいない母親をほ
合計
める
って話す
O
O
1
(
3
2
。
。
。 。
。
。
O
O
O
3
2
9
3
O
1
1
5
否定的な謙遜
1
O
2
合計
63
29
29
家族としての発言
社交辞令
O
O
O
O
3
2
5
5
O
とを謙遜する
-66-
4
71
192
りわかるように、日本滞在 l 年 以 上 の グ ル ー プ 162(
)70
の方が 3 カ月以内
よりこの方略を使うようだ。サブ・カテゴリーをみると、日本語母
)7012(
が社交辞令を使うように、日本滞在 l 年以上のグ、ループ )26/31(
語 話 者 )26/43(
も社交辞令を使う傾向にある o ちなみに、日本滞在 3 か月以内のグループ
は、日本語での社交辞令は殆ど使っていないが、英語母語話者 )02/9(
)261(
のように、お料理に関しての母親の代弁 )02/7(
はするようだ。
これらの他に、件数は少ないが『家族としての発言』は日本滞在 1 年 以 上
のグループ )5/3(
と日本語母語話者 )5/2(
会にある『内と外』という概念 seivaD(
にだけ見られた。これは、日本社
& I
keno
,20)
と結びついているのか
もしれない。最後に、日本滞在 3 か月以内のグループには『母親を謙遜する』
というカテゴリーに該当する発話はなかった。これは、英語にも日本語にも
あるものなので、日本語運用能力が及ぼす影響かも知れない。
以上、日本語学習期間や日本滞在期聞が短い方の日本語学習者グループ
は母語である英語と同様の方略を使う傾向にあるのに対し、日本語学習期間
や日本滞在期間が長くなってくるにつれて日本語母語話者が使うような方略
を使うようだ。つまり、第二言語・外国語における語用論的能力の習得過程
は母語のそれとは異なり、学習年数が増えるにつれ、また目標言語のコミュ
ニティに長く住めば住むほど目標言語における様々な方略を習得するのかも
知れない。そして、仮にこれが正しいとすれば、第二言語・外国語における
語用論的能力においては、年齢の影響はあまりないことになる o
.6
おわりに
まず、以下、それぞれのグループによる類似点と相似点を簡単にまとめて
おく
o
まず、類似点であるが、話し手に対して希望や前向きな意見をいうよ
うな『話し手に対しての発言』は言語を間わずに見られる発話のようだ。
次に異なる点だが、まず、関西で生まれ思春期を過ぎてから関東に引っ越
してきたグループによる発話と関東で生まれ関東育ちのグループによる発話
では相違点が多いことがわかった。具体的には、前者は『母親を褒める』と
いう発話が多かったのに対し、後者では、あまり見られなかった。一方、後
者は『母親に代わって社交辞令をいう』という発話が多くみられた。この発
話からも、関西で生まれて小学校に入学する前に関東に引っ越してきたグル
ープによる発話は関東の発話と共通点が多いことが分かつた。
次に英語と日本語の比較だが、類似点よりも相違点の方が多かった。興味
深いことに英語の発話は、関西で生まれ思春期を過ぎてから関東に引っ越し
-67-
てきたグループによる発話との共通点が多かった。つまり、『褒める』という J
発話は多かったが『母親に代わって社交辞令をいう』という発話は関東日本
語母語者の発話件数よりずっと少なかった。
そして、最後に日本語運用能力の異なる日本語を話すアメリカ英語母語話
者の場合は、日本滞在期間が 1 年 以 上 で 日 本 語 の レ ベ ル が 高 い 方 の グ ル ー プ
は日本語母語話者の発話と類似点が多く、滞在期聞が 3 カ月以下で日本語の
レベルが低い方のグループの発話は英語母語話者のそれと類似点が多かった。
以上のことより、第一言語(母語)と第二言語(もしくは外国語)習得に
おける語用論的能力の習得時期や過程は異なるのではないかということがわ
かった o つ ま り 、 母 語 で は 語 用 論 的 能 力 は 幼 児 期 の 母 語 習 得 と 同 時 に 発 達 す
るが、第二言語や外国語では語用論的能力は年齢如何にかかわらず言語習得
過程における最終段階で発達する
O
今後の課題として、参加者の数、発話行為の種類、言語の種類などを増や
して研究を進めていくことが大切であろう
o
また、調査方法の見直しもはか
りより現実に近い方法(会話分析など)で、臨界期と語用論的能力に関する
間接的データを収集していくとともに脳と語用論的能力習得における臨界期
の関係の直接的なデータの収集にも取り組めたら本望で、ある。(第 7 章参照)
-68
一
第7章
総括と今後の研究への示唆
一一
96
一一
調晶
総括と今後の研究への示唆
本報告書では、母語や第二言語(もしくは外国語)習得過程で、年齢が及
ぼす影響と語用論的能力習得の関係、の解明を、間接的データを用いて試みた。
本研究は特に言語習得における臨界期説に焦点を当て語用論分野にもそれを
当てはまることができるのかということを、間接的ではあるが脳と語用論の
発達という観点から解明しようとした画期的なものである o
まず、日本語の異なるダイアレクトにおける語用論的方略の違いを明らか
にするため東と西の語用論に焦点を当て類似点や相違点を探り、それをもと
にして、予備的研究調査をした o そ し て 、 そ の 結 果 を 踏 ま え て 本 研 究 調 査 を
おこない、母語においての語用論的能力は、思春期前の母語習得過程で発達
するのではなし、かということがわかった。また、中間言語においては一様に
そうとは限らなく、学習すれば語用論的能力を改善することができるのでは
ないだろうかという結果となった。
今後の課題として、研究調査の方法論においては、参加者の数を増やして
いくこと(各グループの参加者数を増やしたり、参加者の年齢や職業の幅を
広げたり、東京だけとか大阪だけとかいうようにダイアレクトグループを細
かく分けて考える)、男女の違いを考えてみること、参加者の言語環境も考慮
にいれること(東京に住んでいても家では関西弁を話しているかもしれない
し、周りはすべて関西出身の人間かも知れない)、『身内を語るとき』だけで
なく、アンケートにあった謝罪やとっさの判断と交渉などというのも含めた
様々な発話行為での比較をすること、そして、インタビューを増やしてデー
タ の う ら を と っ て い く こ と 、 な ど が 挙 げ ら れ る o また、中間言語としての日
本語の研究においては、以上に加えて、アメリカに住むアメリカ英語母語話
者のデータや日本語を使って働いているアメリカ英語話者の日本語のデータ
など様々な角度から、第二言語習得における語用論的能力習得の時期を考え
てみる必要があるだろう
o
また、同じ話者が母語を話す時と、第二言語や外
国語を使う時ではどのような違いがあるのかということも分析してみると面
白いだろう。そして、語用論的な知識があるというのとその知識を使いこな
せるということの違いなども考えてみる必要があるに違いない。調査方法に
関しては、談話完成テストではなくもっと自然なデータをとっていく必要が
あるかもしれない。つまり、談話完成テストでの研究結果を踏まえて状況を
絞り、自然なデータの収集方法を考えていく必要があるかと思われる o
次に、理論構築に関してだが、第一言語習得過程における語用論的能力の
-71-
習得時期と第二言語習得過程におけるそれとが如何に異なるのかということ
を心理言語学的見地、応用言語学的見地、社会言語学的見地、それから神経
言語学的見地のような様々な角度から研究していく必要がある。そして、間
接的データだけでなく、直接的データも使い、特に、脳の発達と語用論的能
力の習得時期との関係(語用論的能力習得における臨界期)、異なる言語にお
ける脳の使用部位の違いなども解明していきたい。
最後に、本研究より得られた結果を今後の研究に役立て、第一言語(母語)
と第二言語(外国語)における語用論的能力習得の位置づけを確固たるもの
にしていくため、研究を続けていきたい。また、最終的には、研究に基づい
て効果的な教授の開発ができればと考える o
-72-
参考文献
Baser
,L .)2691(
Hemiplegia
ecnrfe
of ylrae
ot eht stcefe
,D. .)502(
Birdsong
gniterpetnI
109
.)721
rutluc-sorC
α1pragm
:α
scit
steuqR
laiceps
・.
064
languae
.noitisiuqca
nI .J
cit,
siugnilohcysp
Oxford
ytisrevnU
,
.J ,
& Kasper
with
,
85 ,
427
of msilaugnilb
Oxford:
・
t1 y of spech
facu
ni second
,
Handbok
).sdE(
,
.S ,
House-Edmondson
Blum-Kulka
eht
Brain
age stcefe
,
.p(
sevitcepsrep
and
of hemispherctomy.
,& A. de Grot
lorK
tesno
.serP
,
.G ).sdE(
1( .)98
and .seigolpa
,
:.J.N
N orwood
Ablex.
alerC
,
.J 1( .)09
Aging
Scgaie
).sdE(
Diego:
Academic
sitruC
The lacitirc
,D. .).dE(
Trip
-nivrE
& K.W.
.de ,
.p
201
.)12
San
.).de
New
.,
;
Academic
.serP
The
Gordon.
D. 1( .)689
).dE(
,
L αngu αge competn:
London:
Taylor
,
.S ,Guo ,
.J ,and
s'nerdlihc
lortnoc
Trip
,S 1( .)79
.572
・
αof l
angu
αge (2nd
Wait
αe
sn
of αmodern-day
Mind.
Bostn:
“
dliw
eltuT
Thedevelopment
lihc .d "
.gnihslbuP
of .tseuqer
Asemnt
Lampert
,M. 1( .)09
Journal
ofpragmtics
rof
nI .R .L
and noitnevretni
sentiloP
and
14 ,
307
me ,
relor
,dlihC
).sdE(
Jap
yduts
& .sicnarF
.stca
Mitchel-Kerna
,260
91
idepolcyne
,O. .)20(
16 ・.)59
,and
methodology
.serP
Acitsiugnilohcysp
Schieflbus
トT
rip
neriB
,
35 ,
26 ・.85
Resarch
α
C m
bridge
.eineG
,
.S and
.p(
.tpecno
α1niteluB
Universty
York:
-nivrE
dr
3(
L αnguage
.7591
doirep
The
1( .)79
,
.S .)791(
,
R & Ikeno
nI J.E.
of agin
cigolhysP
Cambridge
Davies
psycholg
of reniks
.snreco
New
rivrE
ehtfo
Review
laciteroeht
York:
.etar
.serP
,
.J 1( .)289
Colombo
gnisecorp-tamf
,
Handbok
N. 1( .)95
Chomsky.
latsyrC
and
!etaks
nI -nivrE.S
esruocsid
noisaurep
・3.1
&
Trip
.)8-561p(
ni
New
.C
York:
Academic
.serP
,
A. 1( .)689
Garnham
:scitsugnilohcysP
,D. ,Budwig
Gordon
lartnec
,
N. ,
egartS
railmafnu
:stluda
ytisrevinu
conferc
Form
,
A. ,
and ller.raC
,
laicos
on langue
noitcnuf
.scipot
London:
,
.P n
erdlihC.)0891(
S :stseuqer
,αge .noitairav
development
-73-
Methuen.
iF 抗h anul
,Bston.
(ERIC
ot
Boston
document
noitcudorpe
ecivres
,
.G ,
nietsldA
Grimshaw
ED205
Br α
ni and
ecndiv
Osaka
539
.)85
netij
Kasper
,
.G ,& Dahl
Blackwe
Japnes
Report
Teaching
and
ta eht
hsilgnE
sa a ngieroF
.egaunl
.]tcelaid
Tokyo:
Number
3 laun
Langue)
,M. .)202(
Acent
Paper
of srehcaT
,
.dnaloP
of
Nov.
ni lanoitasrevnoc
esruocsid
secivreS
period
h
2i
laun
ni gniruqca
Jap
ecnrfo
α
esn
hctip
nI .S Oono
&
of Americansotin
,Oregon.
no bunpu
stcelaid
ot .nesh
and rieht
,
:ognhiN
Hogen
tnerefiD[
hctip
lacirotsih
tneca
.]segnahc
stcelaiD[
ni
~αpαn]
.p
127
.081
・
ト
.netohs
Iwanam
,H. .)189(
Nihongo
no sekai
Ch u uokoron
,
.S & regileS
lanoitaruM
ngu αeg secneicS
lacigoloiB
,
.E .)7691(
,
.C .)891(
Means
lohcs
,U. ,rehcS
evitngoc
[Japanese
as a tsrif
langue].
-sha
,
H. .)5791(
α
L.noitisiuqca
and
sequnc
lacitirc
,
dnaltroP
).sdE(
yratneml
Language
noitacosA
ecliK
lasufeR
ta eht
ni tnerefid
Tokyo:
,Second
lanoitanretnI(
.ecnerfnoc
detnserp
,H. .)791(
.T atbihS
pr α
.scitamg
α
cit .refsnarT
UMl noitatresiD
scitsiugnil
snretap
,
ωe
g noα
itisiuqc
ni egaugnalretni
of Pragm
IATEFL
,M. ehT.)402(
of deilpa
nI .C
.xtnirP
of Hawi'
A ydutS
.)480753
Paper
gnal
.3 Toky:
ytisrevinU
dr
Kawte-Mierzejwska
.tneca
ni SLA.
.retneC
Kawte-Mierzejwska
(UMI
of second
methods
:ulonH
Curiclm
detnserp
handbok
αe
g :11 Bok
,M. 1( .)49
yrosne
fo Osaka
stniartsnoc
hcraesR
.)1(
Kawte-Mierzejwska
Lindebrg
rof labrev
.l
Langu
,M. .)191(
lacinheT
gnilbeiL
[A dictonary
,ehT
).sdE(
:drofxO
・
,
.S 1( .)59
Lenberg
langue
.52
,
N. lanoitaruM.)302(
,& M. Long
resiaK
Krashen
doirep
tsriF
shupan.
.pp(
Komatsu
lacitirc
1( .)89
・
Doughty
Toky:
.E.G
・
kotba
,K. ,& Abrahamson
Hyltensam
ihcadnK
MacKinon.
rof
αg
e ,63 ,
237
Langu
,R. .)591(
&
,
.PM
ni :ecnecseloda
Tokyodo
)350
・
,
.A ,
Bryden
noitisiuqca
Hori
No.
found
ot an :dne
esruocsiD
.sraey
,H. ,& setlaB
perfomanc
stniartsnoc
on second
38 ,28 ・.92
α
snoit
of gnal
nerdlihC
ω.eg
New
s' knowledge
,
B.P .)102(.
-74-
:kroY
W1i e
y & .snoS
of sevitcerid
gnirud
eht
1 ,7 ・.9
secorP
ni dlo
tcelaid
:ega
The
gnorts
noitceno
Not
due
ot yrosne
betwen
ytiuca
snoitcuder
gnitarepo
gnirud
evitngoc
.t ygolhcsP
asemn
and
Aging
,1
6 ,
.502-691
,
.J.D
Madden
,Whitng
changes
,W.L
ni laruen
gnirud
,4
1 ,341
,R.L
Maybery
,& Eichen
langue
ni :dohdlihc
.noitisiuqca
lanruoJ
,
.L.J
,.AS
.rotcaf
.)191(
of Memory
.)402(
noitcetd
gnol
detalr-gA
by fM R.I
measured
gnitsal
advntge
kol
ta eht lacitirc
doirep
and
L αnguae
An .noitcudortni
noiα
tisiuqc
etlpmocnI
John
,
.E .L 1( .)09
tegrat
The
Another
Amsterdam:
ecnicS
lausiv
,
.AS
.51
,
.BE
.)802(
,& leteuH
・
Pragmtics:
(193).
Newport
,.MJ
ytivitca
Cerbalotx
Mey
Montrul
,Provenzal
圃
rof
,
30 ,
486
ngis
languae
.215
・
Oxford:
Blackwel.
ni ugnilib
Benjamins
α
:msil
gnihslbuP
lanoitruaM
of gnirael
Co.
xe-R
αm
ing
eht
ega
Company.
stniartsnoc
on langue
evitngoC
.gninrael
,14 ,
.82-1
,
.S 1( .)49
Nishar
194
:591
Japnes
corespndce
larutluc-sorC
・
esruoc
scitamgrp
and
rof
eht
eht
Japnes
JET stnapictrap
.egaunl
Tokyo:
CLAIR.
retlaP
,D.C
,& evstolS
erutluc
of eht
Atheneum
Raz
,
.J 1( .)959
ehT
Toky:
,
.S 1( .)49
,N ,Brigs
,
.L 1( )
95
・A里
pech
egaunl
and
1αnguae
ehT
and
thguoht
niarb
ehtfo
.sminahce
New
.dlihc
London:
ygolhcsP
niarb
secnerfid
York:
Routledg
&
,
.AT
1( .)19
,
.AT
,Hancock
edur
ot eαhc .rehto
laciteroehT
sevitcepsrep
elor
of laretalosrod
.44
ni agin
,Head
yhtlaeh
,D. ,Wilamson
:stluda
larbeC
snoitciF
,Meinz
-75-
Jap
.9861
・
α
esn
.odiesnK
on evitingoc
,
.J.E
Genral
Why
.gniga
Hi Ilelads
Erlbaum.
,H.E
,
,15 ,167
xetroC
ni:noisiloC
Toky:
ni
・
,K.M.
.sreifdom
etiloP
sticifed
.11 The
,Kennedy
and
detalr-egA
,14 ,436
changes
,
.S .)402(
α
sn sem
:segami
,K.M.
Regional
,
N. & Sakamoto
αnd Americ
esuohtlaS
and
Boks.
1( .)99
αnd Aging
,U. ,Borigue
,
laudivdni
Penguin
,
.D.J
of mental
A. ,
te a.l.)502(
sdnert
London:
,W. ,& Acker
noitalupm
.xetroc
,
N. ,
Lindebrg
esuohtlaS
The stcelaid
.gnihsilbuP
and
.tcnitsni
,
.S D. ,
Marks
latnorferp
Sakamoto
eltuT
:esnapJ
.luaP
noitareng
Raz
.noiger
Kansi
.serP
Kegan
Pinker
Co 1llaiuqo
1( .)59
Kansi
,W. ,
& streboR
dleifneP
tegaiP
,H.K
,& Hambrick
,.ZD
.)691(
,NJ:
snoitaleretnI
of age
,
seireS
ygoltnreG
,
lausiv
,and evitngoc
ytiuca
:B lacigolhcysP
slanruoJ
.gnioitcnuf
secneicS
and laicoS
fo
,15 ,
secneicS
317-0.
eiahcS
,
K.W.
1( .)98
lanidutignol
Scovel
lautpecrP
sped
g
l
o
h
c
y
s
P
.seiduts
,
.T 1( .)89
A emiT
human
Harpe
srehsilbuP
& Row ,
New
・
.354
yriuqni
:kroY
Newbury
otni
House
eht citirc
α
l
,A noisvid
srehilbuP
of
,
.cnI
,H. ,
Van
Boxtel
iba i1yt ni nondemented
evitngoc
and
,4 ,43
αnd A
gin
.hceps
,
.DJ. Bosma
lanoitces-orC
ot eps α
:k Acitsiugnilohcysp
periodf
dnaresiT
ni :dohtluda
,M.P
,& seloJ
redlo
stluda
,
.J .)102(
Head
ezis
Neurolgy
era .detaler
and
,
,5
6
96-71.
,
.J .)3891(
Thomas
larutluc-sorC
pragmtic
af1i.eru
deilpA
Oxford
University
,4 ,
scitsiugniL
91-12.
Yule
,
.G .)691(
Pragmtics.
New
,
.J 1( .)089
Grammar
second
langue
Wa t1sre ,
.J 1( .)189
.noitisiuqca
noitarV
sretlaW
nretnI
Wood
α
lanoit
,.B and
,meaning
ni eht
sentairpoa
roivaheb
of ygolicos
34 ,37-45.
ch 1i.nerd
of laugnilib
27 ,
7 ・.29
of 1αnguae
How
Comunic
ni
ofpsychlg
gnitseuqr
,.R 1( .)089
comunicaton.
.serP
,and larutluc-oicos
Candiljour
lanruoj
Gardenr
York:
α
noit
nerdlihc
educ
teG'
α
noit
rieht
29 ,
264-7
way':
sevitceriD
ni
.1
r発 話 行 為 対 象 研 究 の た め の 総 合 的 ア プ ロ ー チ 一 日 英 語 の
熊 取 谷 哲 夫 (193)
詫 び を 例 に 一 J ~日本語教育~ 79 号
、 p.26-40.
富 田 靖(206)
1 月 61
r色 素 異 常 症 の 遺 伝 子 診 断 J r医 学 の 焦 点 : ラ ジ オ
日 12 時 51 分"'
Di.
1t11:pt iekinodar.lacidemI
devirtR
12 時 30 分 」 ミ ノ フ ァ ー ゲ ン 製 薬
ni September
jlg .lf kJ0
6/fldplanif/netohs
,208.
-76-
.61
odf
Nikei
206
年
参考資料
一ー
77 一
一
f
参考資料
1
The lacitirc
period
ni acquirng
Japanese
pitch
acent
INTRODUCTION
During
tnerefid
esu
4
.tcelaid
netfo
ton
nev
when
eht
taht
tneca
ot eldnah
yeht
6
fo eht
iasnK
0(
esoht
iasnK
.tcelaid
51 wer
netfo
dlot
.tcelaid
,e si pronuced
above
Kansi
iasnK
,wheras
tcelaid
Tokyo
tneca
With
tcepser
htiw
a hgi
ar si pronuced
.tcelaid
.2
iarE
sunmahen
iasnK(
tcelaid
pronuced
htob
htiw
α
lI n
e iasnK(
tcelaid
pronuced
htiw
eht
Tokyo
iarE
employ
above
,
ti sraepa
we dluoc
eldnah
of eht
eht noiserpxe
tneca
of eht
gnikaeps
have
taht
eht
iasnK
level
,re α
i
word
enot
a hgi
hcus
sa
level
devrsbo
enot
sa :swolof
eht
]nahieK[s
we wer
gnisu
word
.)tcelaid
iasnK
Tokyo
,sunm
αhen
n1 any
tnev
tcelaid
thoug
tneca
Tokyo
)tneca
on eht tsrif
,
htiw
eht
Keihan
tneca
,
ti si eht tcaf
we dluoc
word
ton
hctip(
taht
eldnah
,
iare
we dluoc
eht
Keihan
eht
iasnK
word .yletairporpa
hand
,
ti sraepa
comunity
devil
netfo
)elpoep
dnoces
fo eht
On eht rehto
tcelaid
ni eht
)tneca
sunm
snretap
Kansi
αnes
ot eht
era
eht
snretap
htiw
The secnerefid
llet
fi we desu
in sumim
hctip
from
dluoc
nev
fo ruo
Tokyo
wer
anybody
otnoh(
esuacb
eht
yletairporpa
taht
comunity
sunmahen
and
My sdneirf
αhen evitan(
wheras
breakdowns
fo eht
tcelaid
sunm
As shown
eht ytisrevinu
of eht
ni eht
comunity
Erai
.3
yeht
iasnK
sa iare
'yros
3
gnikaeps
fo eht
gnikaeps
detseretni
tcelaid
.1
and
hctip
yrev
0 )ni eht
0
tcelaid
iasnK
tcelaid
snretap
hcus
sunmasen
sa iare
tneca
iasnK
era
from
) ni eht
Tokyo
and
tcelaid
‘
'l m/we
0( 0
tneca
,1 become
0891
eht
eht
comunity
eht
and
betwn
eht snoiserpxe
from
sa ni iare
2
from
eht hctip
ton
yltnerefid
1976
elpo
gnikaeps
)tcelaid
betwn
snretap
employed
we wer
1
taht
tcelaid
'yrev'
hcus
of hctip
elba
Tokyo
Tokyo
iare
ni Kyot
tI derap
noiserpxe
desu
my yats
ni eht
ni .otyK
and sgnidatsrednusim
llits
Tokyo
tcelaid
Moreover
ot me taht
employ
eht
my sdneirf
Keihan
gnikaeps
comunity
,
1dezilaer
taht
sa :swolof
-79-
ylanigiro
tneca
ylsuoicnu
ecnis
yeht
from
dluoc
thoug
yeht
tluser
detaudrg
ni noitasrevnoc
from
,
.4
tihsA
K:
αhoskuten
tahW(
(0
K naem :t dluoW
0
0
0
0
0
inm
)
?ianaki
uoy ekil ot tog otehtyrlewej
tahw :deterpTretni
dluoW
?erots
.sv
uoy ekil ot tog ot ees ehtyrlewej
)?noitibihxe
.5 :T
Doko
.6
K:
Chik
αku in u
ra
.7
:T
Eq?
Chik
.8
K:
Kokok
'?]
∞
'.d
‘
nI myhrobhgien
no .oy
?nodraP'
nI oy'?doぽ
ohrobhgien
iarug
no lOkOt
.・
o iW' niht
orkot
tta α?ek
'S hcu
agib etis ni oy
?ett
gibA' '?etis
α
α
rα etiuk
nup-01
anet
law .k '
Son an' iorih
:T
si[ ehntoitibihxe
αku ?ett
setunim
.9
‘
erhW
?ed
ぽ
'?doohrobhgien
.01
K:
ioriH
orokot
.11
:T
ijneT
.21
K:
Eq?
.31
:T
Mmmmm
kαiianj
4 ,K sksa
etairporpa
eyho
5 wher
eht noitibihxe
serugif
tuo
K means
deirt
ot etaitogen
hcus
K had
.esnapJ
hctip
tneca
repa
,1liw etagitsevni
and
lacitirc
.detagitsevni
srehcaet
neht
taht tnerefid
,
ti may
from
esoht
whetr
tneca
snretap
repa
snigeb
htiw
seog
doirep
be taht
on ot weivr
ylrae
rof .stcelaid
ylaniF
sa we 1l sasnoitatimil
repa
yllanif
siht
dnet
sredisnoc
alausac
lew
ton
and
tsuj
evitan
on eht lacitirc
wolof
snoitacilpmi
of eht .yduts
-80-
elor
ot eldnah
ni
tnerefid
nac
Then
,
ni siht
kcip
up new
.srekaeps
hctip
doirep
na
dnuof
alaicurc
ytrebup
ton
have
.yletairporpa
fo esnapJ
neht
T would
ot be elba
ekil
,T
,T thgim
yalp
retfa/erofeb
sksa
noitasrevnoc
howevr
tcelaid
them
work
was
snretap
noitanlpxe
Ther
,
eht
noitaitogen
tneca
elpoe
eht
31 ,T hguort
hctip
ro ton
esu
dna
.K
evitan
ton
noitibihxe
gnies
of rieht
a feirb
K seod
,
ecnis
K yrev
esu
no ?otk
)
yrl erots '?th,
gir
known
stluda
and
00
by ;netukohs
K m
eant
retfa
0
T rof eht yrlewj
nI enil
ton
0
howevr
Ksetivni
what
of hctip
The
¥e
ecniS
by hoskuten
snretap
si eja
;erots
.si
fi T had
However
0
by .netukohs
,
ti sem
As shown
yrlewj
etis
noitaitogen
meant
uoy tnaem
taht
ot dnatsrednu
what
seiteirav
油,吋
tal
,T skniht
ni enil
done
7
(0
,
tneca
what
naem '?nnoiatibihxe
nα nd αhoskuten
T ot go ot eht
hctip
have
uoY' t'ndid
:P' 訂'?nod
'Mnmmm
nI enil
no?
tneca
snretap
siehtopyh
tnuoca
of eht stluser
dna
of
a lams
rof
on a
yduts
egaunal
JAPANESE
As mentioned
sehctip
,hgi
.)1891
Ther
Tokyo
and
era
produced
epyt-‘
gnilaf
(Ehime
The
tneca
Kochi
and
,& Seton
Nakano
tneca
sepyt
of hctip
For
ni ihsah
si pronunced
si deretla
eht
from
of
withou
mentiong
eht
WORK
ON THE
The citirc
α1 p
eriod
siehtopyh
eriuqca
langue
langue
noitsiuqca
gnirud
siht tsrif
ytrebup
net
retfa
gnirael
langue
of "eni
and
eht .ytrebup
,eht
.p(
.)632
tneca
sa
dleifnP
human
Leneberg
of tnerefid
,
.)591
iroH(
Tokyo
,
tneca
,when
hαas
meaning
of eht
ni Japnes
ot
taht
erht
ecalp
si a doirep
-81-
ylevisrgop
sah
eht
tesno
ni eht
si ton
taht
becaus
eht
yticap
etats
taht
ot dleifneP
with
ffits
suported
of efil
disaper
noitsiuqca
1( )95
sgnieb
etats
Acording
langue
,langue
)7691(
decade
.yticitsalp
laiceps
human
1( )95
eht tsrif
ot be
becomes
Japnes
when
& Roberts
nihtw
sniater
a tluser
sucsid
evn
HYPOTHESIS
dleifnP
niarb
can
.snretap
& Roberts
niarb
tneca
PERIOD
of eht
niarb
esu
,eht
elbisopm
si thoug
of noitazilaretal
,
The
rehto
tneca
of hctip
.stroffe
eht
,eht yticitsalp
of eht
ylarutan
of efil
,
otijuF
.g.e(
Moreover
Tokyo
,ti sems
nekat
sraey
ot each
.tneca
CRITICAL
siylseltrofe
becaus
hemispher
esu
making
hctip
'
sya
withou
1( )95
& R
oberts
‘
.egdirb
eht hctip
EARLY
tnerefid
0( )0 ni eht
ni eht
,
.)6891
Akinaga
ni eht
oposed
of
,
.ylevitcepser
tneca
Keihan
hctip
strap
erht
,)189
of eht
ni a hig
'epyt
ihsa
word
of Miyazk)8
,;791
Keihan
era netfo
eht tnerefid
meaning
noitacnuorp
age
'skcits
,ecnis
As debircsd
eht
0( )0 ni eht
a hig
trap
end
,nrehtuos
.g.e(
Komatsu
sa Osaka
produced
of roughly
si pronunced
with
eht
,
' and gnilaf-gnisir'
from
ihsa
taht
si alwys
ihcadnK(
,;791
‘
'egdirb
such
some
tneca
tsinoc
,
.i.e ,
yeht
ot 'chop
non
epyt
Kindach
word
11)aera
tneca
,
tnerefid
,ihsa
ti si pronunced
can
,
'gnilaf'
snretap
wheras
change
type
,;971
tneca
example
word
Keihan
si ,however
Tokyo
of Kanto
eht
,
gnisir'
snretap
,
9 a
nd
strap
tneca
of eht
)serutcefrp
,
01 Northen
and
,
ni Japnes
aer
words'
,
Komatsu
groups
(Kansi
(Kagoshima
tnerefid
,;9791
tneca
tneca
begin
oftwo
,& Seton
of epy‘
t-gnisr
hctip
eht
gnitsnoc
of hctip
,Keihan
gnitsinoc
taht
and
Tokyo
sepyt
ni a hig
words'
aera
tnerefid
tneca
langue
,juF oti ,N akno
.g.e(
,Kanagawa)
,
nretap-eno
Tohoku
hctip
,Tokyo
si alwys
hctip
low
PATTERNS
si a enot
mai iIyl ruof
.g.e(
Kyot)
word
and
hctip
ACCENT
,Japnes
reilrae
tneca
and
PITCH
nekat
“
rof eht
and
aedi
digir
of
tfel
ecalp
purose
retfa
of eht lacitirc
of
eht
doirep
siehtopyh
hguort
noitagitsevni
taht
egaunl
retfa
do not
doirep
siehtopyh
deyalp
gniruqca
siehtopyh
ton
gnivehca
tsixe
evn
noitacnuorp
)2L(
si .ytrebup
ro ssel
,
detaler
Ther
era
,;961
athT
,Wood
taht
,& Loewnthal
htgnel
whetr
(LOR)
and
stnargim
deyalp
by nailatl
more
tnaropmi
,Oyama
taht
)6791(
edarg
1 stneduts
naht
noitacnuorp
era
12
more
of eht tegrat
was
,
i1 ke
evitan
egaunl
doirep
taht
siehtopyh
younger
srenrael
York
and
and
age
oc 1llevel-ege
stnargim
found
si eht
reteb
Kirch
ega
of
LOR.
1( )659
perfomanc
Thus
ni gniruqca
esac
ot
taht
LOR.
.srenrael
srenrael
of yrtne
naht
from
,
rof
)6791(
i1 ke noitacnuorp
much
fI siht
Oyama
by Cuban
ラ
&
,;5791
betwn
ylevitcepser
detacidni
redlo
(Asher
,& Ladefoged
tcefe
naht
have
egaunl
)961(
evitan
.egaugnal
be
Moreover
eht lacitirc
na noitcaretni
no tnacifingis
tneicife
ti may
dnoces
produce
3 ,6 and
edarg
srenrael
ereht
GSL
ti
rof
taht
gniruqca
& G
raci
ni gniruqca
of
:gnihcaet
gniruqca
,Krashen
regileS
ot New
found
doirep
noitdnoc
rof
aedi
on noitacnuorp
elor
ni
“
eht lacitirc
ni eht tegrat
Asher
ro ton
of ecndiser
eht
,;6791
,
.)1891
advntge
i1 ke .noitaicnuorp
tropus
Oyama
doirep
of .egaugnal
taht
i1 ke noitacnuorp
evitan
some
mentios
doirep
,
ti sraep
which
sah
fo eht
egaunl
seahp
of evitan
seiduts
eht lacitirc
taht
Se i1 ger 1( 978)
ti si rof
tnev
taht
of ngierof
eht lacitirc
ot noitisiuqca
,;6591
syas
rof tnerefid
hcus
,eht lacitirc
tub tneicifusni
xis ,wheras
age
many
noitacnuorp
tcelaid
stegus
nI any
Kirch
nI noitida
younger
sdoirep
,
detagitsevni
Ca i1ainrof
detats
lacitirc
ni gniruqca
aicrG
)891(
si a yrasecn
had
acount
trats
noiton
revocer
1.iyti
setats
an ylrae
.p( .)6
si around
segatnvd
taht
)2691(
si derdisnoc
)5891(
rae i1re eht reteb
tnerefid
1( )89
gramar
sillE
esnes
erusopx
have
“
si na etauqedani
levocS
ylrae
adu t1 who
basid
)7691(
ni eht
yldipar
(SLA)
,
.p .)701
fo s'resaB
hemispr
cisahp
noitisiuqca
i1 ke "noitacnuorp
evitan
ereht
permant
,1985
tropus
taht
eht tfel
,wheras
egaunl
sillE(
on eht sisab
detarepo
.noitaicnuorp
setats
yrtne
snoitarepo
tceroc
seod
example
hcus
ecndiv
by Lenberg
etairporpa
more
si ,
have
and yalpsid
siylaitrap
Long
who
second
by age"
ylpmis
some
detropus
siehtopyh
and
revoc
,when
However
taht
nerdlihc
snoitcnuf
snoitarepo
elor
gnidvorp
,can siht
on
,
ti sems
taht
ekilevitan
be osla
eurt
ni
acqu
EARLY
tI sraepa
WORK
taht
ereht
ON A CRITICAL
si lacitirc
PERIOD
doirep
-82-
rof stcelaid
FOR
DIALECTS
sa wel .l levocS
)891(
,on
eht
sisab
ksat
of eht stluser
conducted
of eht
ytiliba
1c aims
human
ti retfa
sgnieb
New
New
Yorkes
They
found
New
Yorkes
ytic
when
taht
yeht
who
much
rehgi
naht
Krashen
lacigonhp
,
ereht
“
gnirael
a new
selur
levocS
,.)891
eriuqca
eht
1( 97)
setats
yeht
dnet
sraep
taht
erht
a new
langue
imgrated
on
ot gnirael
of a new tcelaid
peol
ot kcits
tcelaid
ton
erht
delac
naht
aper
ot handle
ot eht
hctip
ni terms
of
ni gnirael
detsgu
ot ezilitu
much
detic
ni
t1 ot
ucifid
,
.)591
ihcadnK
tcelaid
evitan
new
175
more
resiaK(
ylufsecus
.stcelaid
on gnirael
OF THE
otni
nI
,
ti
sum
a new tcelaid
sa lew
sa
hctip
of a new
rof
noitsiuqca
rof noitsiuqca
of eht
taht
siht
tcejorp
who
erofb
tneca
liwI
hctip
tneca
si a lams
on siht
examine
whether
ro
of a new
tcelaid
ni
one
which
could
be
.cipot
QUESTIONS
moved
ytrebup
paer
noitagitsevni
RESEARCH
comunity
of eht
,
ni siht
a regib
peol
STUDY
,
ot my knowledge
be noted
1ito tset
Would
sa
sa we Il and
.p(
of rieht
percivd
taht
of a new
of
,.)891
ytrebup
langue"
words
stniartsnoc
doirep
tI should
.1
were
of gnirael
phonlogy
tneca
lacigonhp
si none
a p-erp
ytrebup
,
ti si derisnoc
noitagitsevni
si alacitirc
.esnapJ
ni Scovel
,conlude
level
ot
sa taht
detic(
rof stcelaid
eht
imgrants
devicrp
retfa
ot
.ytrebup
cificeps
ni Japnes
erofb
a new
PURPOSE
ecniS
York
trats
t1 s of eht
user
asked
was
,sa atluser
,ta tsael
tneca
retfa
who
doirep
,ni Japnes
tsixe
York
alacitirc
Moreover
taht
though
tcelaid
ot New
(1975)
was
si ralimis
hctip
noitacunorp
(196)
fi they
by eht
1( 975)
of New
esoht
& regileS
sytem
lacigonhp
moved
Labov
of a new tcelaid
& regileS
edistuo
a s'nosrep
.p( .)471
ot be detropus
ro ton rieht
delvart
esoht
.noitacnuorp
taht
whetr
niartsnoc
osla tcirtser
"tneca
Krashen
noitacifitnedi
taht
ytrebup
tneca
aper
tneca
mechanisms
retfa
eht
1c aims
ngierof
lacigolib
ngierof
a '‘
1( .)579
aer
eht
langue
eriuqca
Thes
& regileS
York
same
tuohiw
seldom
.ytrebup
of Krashen
“
eht
of a new
a new tcelaid
taht
yduts
throug
taht
phonlogy
ot eriuqca
nrael
,smialc
ni 1976
eht gnirael
eht
of sih noitagitsevni
ni
Tokyo
eriuqca
from
hctip
eht
tneca
Keihan
snretap
tneca
of eht
gnisu
Tokyo
?tcelaid
.2
Would
peol
who
moved
ni
一一
83-
Tokyo
from
eht
Keihan
tneca
gnisu
comunity
retfa
ytrebup
eriuqca
hctip
tneca
snretap
of
eht
Tokyo
?tcelaid
.3
Are
ereht
any
ytrebup
secnerfid
and
tneca
betwen
esoht
snretap
who
of eht
esoht
moved
who
ni retfa
Tokyo
moved
ytrebup
ni Tokyo
erofeb
ni noitsiuqca
of hctip
?tcelaid
HYPOTHESIS
Ther
si lacitirc
doirep
ni gniruqca
Japnes
hctip
tneca
of a new
.t
celaid
METHOD
stnapicitraP
Ther
wer
srekaps
netxis
of esnapJ
Tokyo
ta eht
elpo
31)SJN(
tnesrp
born
,and
time
net
who
detapicitrap
ni eht
Keihan
NJs
ni siht
.yduts
gnisu
comunity
tneca
born
and
desiar
Six
evitan
gnivil
ni
ni Tokyo/Kanagawa
were
.detapicitrap
Table
of ecndiser
who
moved
ni eht
ytrebup
1setacidni
taht
(LOR)
ni Tokyo
erofeb
Keihan
ytrebup
rieht
gnisu
stnerap
xis stnapicitrap
rof eht evif
have
tneca
have
lla eht
rieht
were
peol
were
stnerap
and sdneirf
ni eht
of xis
Gen red
N~
stnapictrap
esuopS
born
Le htgn
41
yeht
who
Keihan
averg
do ton
moved
acent
have
sdneirf
ni Tokyo
gnisu
ni the
Keihan
acent
comunity.
∞inToky
fo Re nedis
using
community
Er .C
Puberty
Aki
F
Single
81
sdneirf/taP
ni Tokyo/Kanagawa
Tai
F
Kobe
12
sdneirf/taP
ni Tokyo
Rie
F
Single
4
sdneirf/sretsi/stneraP
2
sevitaler/stneraP
Momo
,
esoht
nl noitda
Before
After
htgnel
1
TABLE
Descripton
and
esoht
gnivil
and
91 .sraey
ni Tokyo
,wheras
comunity
selamf
ni Tokyo
Puberty
Female
Tokyo
Li ved
Mika
F
Haru
F
Tokyo
Single
81
sdneirf/sretsi/stneraP
61
sevitaler/stneraP
-84-
ni Kobe
ni eht
U. .S rof
about
ni Osaka
ni Nara
01 years
retfa
With
tcepser
ot eht stser
,housewiv
)srehcaet
)2( ,
businem
)3( ,
and ecifo
slairetaM
nI redro
lamrofni
ot make
larutan
stnapicitrap
wer
tnerefid
tcelaid
sa yeht
alwys
eht rehcraesr
of hcae
.noitasrevnoc
dluoc
yalp
aelor
ni siht
)esac
was
sa LOR
ot netsil
deroc
Tokyo
might
sounde
ton
aevitan
ta eht rehcaet
aevitan
rekaps
fo eht
esoht
Tokyo
housewif
.eciffo
The ,
y
ro ton
a rekaps
seirogetac
wer
employed
of eht
Tokyo
was
ot
,
)b
tcelaid
,tub
reh
own
,and
)c eht
rekaps
epat
was
deyalp
ot eht sretar
,
ro ta eht
s' ecnediser
“
"tahc
eb delac
whetr
The
ta eht
ot net .sretar
tcelaid
.t
atd
,eht rehcraesr
deyalp
fo 'segduj
celaid
etaruca
rekaps
Tokyo
lenahc
gnireco
segmnts
ot judge
Tokyo
,
noitamrofni
ro rieht
was
eht
back
ecnediser
rekaps
of eht
,
eht
and
tsrif
lanoitasrevnoC
ot rehtag
,
ti waS
xis
eht noitasrevnoc
dluoc(
atad
of eht
ot kaeps
noitasrevnoc
tnerefid
from
rekaps
s' ecifo
lamrofni
Thre
tnerefid
fo
etairporpa
deroc
.tcelaid
be a evitan
,segmnt
wer
During
deksa
,
ni hcae
once
)a eht
dlot
some
1 wer
segmnt
made.
thoug
basemnt
ot hcae
wer
htiw
ta eht 'stnapicitrap
eht
eht rehcraesr
ni Toky.
sa elbisop
Each
eht ;snoitasrevnoc
ylraelc
efil
sa ni elbaT
ecalp
fo eht
ylanoisaco
yriad
sa much
3(
hcae
and
wer
ot eht stnapicitrap
sa .raenetsil
deksa
rekaps
They
As atluser
nekat
ksat
betwen
)sday
.rehtona
ot netsil
rekaps
judge
xis(
ni rieht
srehcaet
.)2(
noitngocer
usingcomunity
one
spoke
hcus
gniraper
tneca
segmnt
from
lohcs
workes
2 )setunim
2 setunim
snrut
retfA
a evitan
atcelaid
tneca
rieht
pa~ticipants
end
eht
Keihan
detpma
ot promte
wer
rof
were
serudcorP
yletamixorpa(
eht
stnetnoc
eht
lairetam
,
.i.e ,
xis
derocer-epat
seuc
and
noitasrevnoc
from
,yeht
of net stnapicitrap
tneca
busineman
snretap
was
s'.eciffo
seylanA
ecniS
eht
was tsrif
detaluclac
rehtona
tuoba
ytilibailer
wer
nomialy
eht gnitar
ro ton
be detcpx
.10.<
ot dnif
yrogetac
tnapicitrap
gnidnif
tuo
devrsbo
wer
segmnt
eht sgnitar
rehtruf
desucsid
retaerg
wer
naht
eht sgnitar
K
derga
htiw
one
,
.i.ereta,
rretni
detset
ot enimrted
eht seicneuqerf
taht
rof siht lacitsitats
tnetsisnoc
and
-85-
eht sretar
of snoitasrevnoc
level
taht
of agremnt
of K was
wer
The ecnacifngis
tneicifeoc
ro ton
,eht ecnacifingis
seicnuqerf
tuo
kapa
whetr
of eht xis
Then
by .ecnahc
retfA
hcae
eht
,
eht
delacs
ni redro
was .detaluclac
whetr
rof
atd
tset
,
eht
rof
devrsbo
eht stnapicitrap
was
would
tes ta p
seicneuqerf
who
moved
ni Tokyo
erofeb
moved
ni Tokyo
retfa
wer
ton
ytrebup
wer
htiw
tI dluohs
.ytrebup
,rof ti was
detcuno
compared
ton
be deton
yrasecn
esoht
rof eht stnapicitrap
taht
one-way
ot tcudno
who
erauqs-ihc
eht stset
stset
ot dsucsi
eht
.stluser
RESULTS
The
deta'cidni
kap
tneicifeoc
taht
fo tnemrga
eht sretar
detibihxe
,P.)10.<
z = 2.3
tnacifingis
,
ti was
Then
K htiw
dnuof
taht
TABLE
Presnce
of evitan
Nare
evitaN
gnitset
agremnt
on rieht
eht sgnitar
wer .elbailer
fo K
sgnitar
,
(K = 4. 6
4
2
ro noative
oykT
eht ecnacifingis
Tokyo
acent
,tub ylanoisaco
a1¥1 eby evitan
rrecca
tne
iffid
ぽ
evitanoN
Before
Puberty
01
Aki
8
iaT
01
Rie
retfA
O
O
2
O
O
O
Momo
5
5
Mika
O
2
Haru
9
elbaT
2setacidni
taht
.tneca
As rof
iaT ,thgie
ecndifnoc
,wheras
two
tub
ti ylanoisaco
have
With
deriuqca
tcepser
si ,
flah
eht stser
fo flah
ylanoisaco
sounde
tnerefid
sa evitano
segduj
detar
Tokyo
s'eiR
,t I
.tnereffid
tneca
judge
from
tneca
tneca
reh
s' tneca
taht
reh
Tokyo
might
be eht
Tokyo
,sem
taht
lla
sa eht
might
As rof
two
segduj
tneca
wer
Tokyo
tneca
be eht
remakd
htiw
,
tneca
eht
erht
ton .tnetsisnoc
htiw
Tokyo
,
thgie
Mika
Tokyo
ni .oykT
,
" eht stluser
own.
-86-
sa eht
of LOR
tneca
,wheras
deviecrep
sa eht
tneca
howevr
ytrebup
Momo
rieht
was
seldrager
fo “
retfa
puorg
tneca
taht
Tokyo
8
reh
remakd
detaulave
wheras
tneca
and
eht
ot eht
eht sretar
s'ikA
segduj
sounde
stnapicitrap
That
。
。
Puberty
,
ecndifnoc
,tub ti
tneca
segduj
taht
detar
reh
reh
tneca
might
be eht
Tokyo
tneca
was
tpecx
rof
one .retar
thoug
ehs
moved
judge
As
sa eht
Tokyo
snoisulcno
retfa
taht
elihw
group
Tokyo
;tneca
retfa
of “
".ytrebup
gniredisnoc
spihsnoitaler
rehto
htiw
rieht
sah
hcus
sa
and sdneirf
LOR
erofeb
ot draw
arehtruf
and
elbaT
evn
ni Tokyo
ekat
es(
tneca
tluciffid
,1llahs
sretar
ti .tey
moved
,
ti sems
Then
Tokyo
ton deriuqca
who
however
members
aIl the
eht
sah
esoht
srotcaf
ylimaf
deriuqca
Mika
taht
,s'uraH
by tsomla
,wheras
ytrebup
.t ylaniF
nerefid
ecndifoc
Haru
sraepa
eht
on eht
htiw
,
ti sem
ni Tokyo
deriuqca
sounde
tneca
,
ti ylareng
have
stluser
,tub ti ylanoisaco
Then
examined
ytrebup
tneca
any
kol
ta eht
eht 'stnapicitrap
.)1
DISCUSSION
gniruteR
ot eht hcraesr
hcraesr
1,namely
noitseuq
Keihan
tneca
gnisu
of eht
Tokyo
tcelaid
'stnapicitrap
tpecx
derisnoc
taht
Keihan
tneca
taht
eht stnapicitrap
gnisu
sdneirf
Tokyo
tcelaid
have
something
es(
moved
taht
Mika's
tneca
rof taht
rof
more
sklat
Tokyo
taht
s'uraH
amount
devicrep
evitano
ben
gnisu
eht
emit
ehs
seog
back
ot tisiv
ot reh sretsis
and
sdneirf
nI eht
tnev
amount
eht
Tokyo
of iaT ,
ti si
esac
husband
from
eht
,
ti areng
Il y sraep
deriuqca
eht
rieht
stnerap
taht
yeht
Tokyo
and
esu
of erusopx
Tokyo
erht
sa eht
have
comunity
retfa
eht
raep
ot
tneca
thoug
eht stluser
ro ton
elpo
who
ytrebup
tluciffid
sa eht
Tokyo
reh
sa lew
-87-
tneca
gnisu
semit
comunity
stnerap
hctip
The
,wheras
tI dluoc
a few
sa reh
eriuqca
tneca
ni reh etavirp
stnerap
moved
siht .noitseuq
Tokyo
.tneca
tcelaid
Tokyo
would
ot answer
Tokyo
sah
ni eht
judge
have
devicrep
Haru
of erusopx
snretap
by reh
whetr
saw'
sa eht
.t
namely
2,
,
ti sems
tneca
tneca
taht
eht
.ti
gnisu
tcelaid
was
eht
of eht
ot do htiw
tneca
hceps
stnapicitrap
and
noitseuq
Keihan
of eht
was
eht
gnihto
from
,
.i.e ,
ti si asumed
noitisiuqca
ot hcraesr
eht
ecnis
had
detacidni
ytrebup
eht erht
,
“"ytrebup
stluser
ot
ni Tokyo
hctip
nI any
erofeb
lla
moved
ecneulfni
.)1
ot Tokyo
Thus
snretap
detacidni
elbaT
,a esnopr
yduts
eriuqca
acen
of some
lla eht .emit
from
stluser
netfo
be esuacb
comunity
tcepser
ni Tokyo
much
may
gnisu
LOR
The
on s'iaT
tneca
taht
With
tpecx
judgments
ot do htiw
detacidni
tneca
Tokyo
would
suoenatp
two
eb deton
who
ytrebup
larutan
who
ni eht
elpo
ot eb .sey
comunity
tI dluohs
.tneca
erofeb
ni rieht
siht
ni siht
ro ton
,sraep
rof
detagitsevni
whetr
comunity
tneca
tneca
snoitseuq
gnivil
be detnuoca
and
cilbup
efil
a raey
,Haru
sah
naht
Mika
who
ni eht
Keihan
tneca
gnisu
evah
comunity.
ben
esuacb
retfa
na lanoitpecxe
one
of eht lacigoloib
stniartsnoc
,ro taht
ytrebup
wheras
ti was
srekaeps
“
dluoc
evitan
eht
kcip
up
,eht
new
stluser
detibhxe
some
used
yo.til'
tI si ton
have
sounde
tnerefid
taht
ehs
gnikaeps
had
devil
tsomla
rekaps
from
NN J's .tneca
LOR
sraep
secnerefid
betwn
ni retfa
.ecnerefid
ytrebup
eht stnapicitrap
taht
who
si sey
detacidni
semed
ot have
“
"ytrebup
moved
moved
taht
deriuqca
si an etodcna
eht
retfa
na tnaropmi
Tokyo
elor
and
-88-
,wheras
wer
and
,tub
eht
gnisu
ereht
esoht
some seitiralimis
tneca
may
tneca
ro ton
who
ni riuqca
tnerefid
tneca
Tokyo
ytrebup
ytrebup
etiuq
tneca
.tneca
lla eht stnapicitrap
eht
who
we went
reh
Tokyo
whetr
era
s'05
when
ti was
Tokyo
erofeb
ot me ,
2,
“"ytrebup
eht
no ,
.i.e ,
ereht
and
ni Tokyo
syalp
thoug
fo eht
ni Tokyo
thgim
hsilgnE
esuacb
noitseuq
ni gniruqca
左
s.a:!f an no
ni reh
14
from
.t
sa a evitano
akouzihS
elpoe
neca
American
Ther
noitisiuqca
,
eht
,yeht
noitacude
NJs
L;1
,
ta tsael
ni eht
a
ot have
)tcelaid
sertiaw
3 ,namely
noitseuq
The stluser
who
be
elor
answer
of eht
htiw
na tnatropmi
esoht
,
eht
ytrebup
erofeb
gnitcaretni
恥10mo
ti sem
i1 gniv
,sa rof hcraeser
,sa rof hcraeser
ylaniF
hguot
ni
ot do htiw
As rof
such
Tokyo
by a dega-lim
one
tnev
gnihton
yalp
ekops
from
rieht
was deifitnedisim
tnaruatser
hguorht
may
ehs
esnapJ
nI any
of erusopx
comunity
way
)271
tcelaid
ta eht rehgih
ni Englad
ekil
Tokyo
on reh .tneca
srotcurtsni
tnerefid
ot have
amount
decneulfni
fo reh efil
ta eht
sounde
Or reh
fi eht
sound
eht ekilevitan
yo ni eht
own
taht
,tub ti semed
iasnK
,
ot Haru
'fo .p(
ekil
rieht
ni Tokyo
and llits
tneca
fo eht
.tneca
by eht
renid
from
moved
ot .meht
sounde
tneca
setats
ytrebup
Tokyo
might
fo esnapJ
atcelaid
n αno desu
egaunl
a flah
ylanoisaco
words
have
esnapJ
of esnapJ
have
eht
Tokyo
might
of eht
must
eht
comunity
one
ton
(dame
'dog
retfa
eht
1l yti did
ehs
)891(
egaunl
was
s' esac
Tokyo
taht
levocS
tnerefid
Haru
atcelaid
be ylpmis
ot eht sretar
gnisu
taht
ot
would
employed
taht
eht ekilevitan
ylpmis
of hceps
tneca
ylanoisaco
was
was
a new yteirav
,
.i.e ,
anoisaco
Momo
ton deriuqca
ot Mika.
yteirav
dias
by eht tcaf
egaunl
Momo's
ecniS
had
tcelaid
eb ayllatot
taht
snoitairav
Mika
be osla
detaerc
new
fi ton ,
ti would
howevr
and
Tokyo
ayllatot
rekaps
,
ti dluoc
However
rehtar
era
who
any
moved
sa lew
moved
eht
.tnetsisnocni
sa a
ni Tokyo
outcomes
fo
tI
Thus
,
ti sraepa
yduts
,may
ni siht
taht
ton
ot eht stnapicitrap
tneca
be eht
ni siht
gnisu
,
ti sraepa
gniruqca
fo moving
ylno
taht
esnapJ
user tI s fo siht
osla
yduts
eht
taht
ti derap
ot have
,eht tegrat
eht
ton
ben
Tokyo
.tneca
si aIacitirc
ereht
,was
snretapneca
ni Tokyo
ni gniruqca
,namely
of a new tcelaid
thguo
of new
elor
yti ,Tokyo
commun
of erusopx
alaicurc
siehtopyh
tcelaid
otnoitisiuqca
amount
yalp
tneca
eht tegrat
detaler
,tub
eht
hctip
otni
rotcaf
yduts
,may
comunity
As atluser
eht
age
doirep
yletpmoc
ni
detropus
by
elbisopmi
ot
lI y .detropus
aitrap
CONCLUSION
Due
ot eht
ezilareng
lams
number
eht stluser
.t
new celaid
As
ot eht eritne
shown
syalp
na tnaropmi
Keihan
tneca
of eht
new
repa
elor
ni gniruqca
comunity
tneca
.snretap
comunity
snretap
,
ta tsael
tneca
ton
be eht
comunity
eht tegrat
tcelaid
ni esnapJ
be elba
ot eriuqca
amount
'stneduts
ylno
scope
of siht
.yduts
ot esoht
who
nede
of erusopx
era
ni gniruqca
have
rof
from
eht
rof noitisiuqca
,
eht tegrat
ni Tokyo
elor
fo a
“
"ytrebup
taht
tneml
amount
tneca
seicnedt
new
alaicurc
ylno
,may
detaler
eht
new
sa eht
ton
be elba
age
tneca
thoug
eht etaruca
and
taht
egaunl
ni
of stluda
srenrael
snretap
of
,wheras
stniartsnoc
lacigoloih
srehcaet
eht
stniartsnoc
be railimaf
gninrael
hctip
of erusopx
tneca
rieht
,
ti si tnaropmi
backgrounds
Some
overcoming
As
of eht
amount
of .stneduts
ot eriuqca
?srehcaet
eht
fo eht lacigoloib
them
Thus
Iangue
ot noitisiuqca
ot redisnoc
becaus
of .erusopxe
citsiugnil
rotcaf
,
tnaropmi
sa lew
,
rof example
by eht
some
tneca
ht si yduts
tI si ,
neht
of esnapJ
may
ot yalp
,does
sem
tcelaid
srehto
Tokyo
si ,
eht
,neht
of a new .tcelaid
eht tegrat
ot be
eht
sems
eht
hctip
ni siht .yduts
,
“"ytrebup
shown
raep
That
esnapJ
nihtiw
,
tub ti si ton eht
imp iIsnoitac
What
snoisulcno
,
ereht
ni siht
gnisu
ni gniruqca
,draw
,
osla
tcelaid
snoitautis
,
erofereht
1llahs
,
ti si yletulosba
of eht stnapicitrap
htiw
rieht
enviromts
edistuo
eht
condute
ot mrifnoc
eht
.morsalc
rehtruF
seiduts
ecnatropmi
eht
of eht
hctip
eht
of eht
Keihan
who
evil
.t
neca
sediseb
ega
Tokyo
eht
more
,and
of eht
sediB
era
amount
of erusopx
ni gniruqca
,
.g.e
be condute
by elpo
tneca
ot be
on noitisiuqca
dluohs
snretap
Keihan
stnapicitrap
snoitagitsevni
tneca
tneca
ni
htiw
gnisu
from
comunity.
一
一 98 一
eht
new snretap
of rehto
tneca
,na noitagitsevni
Tokyo
tI would
of
snretap
of noitisiuqca
tneca
gnisu
have
ben
comunity
gnitseretni
fi
sweivretni
had
comunity
ben
condute
ot ksa
ot etaulave
sgnitar
,and
evitan
rekaeps
hcraeser
rieht
ot ksa
eht sretar
fo eht
:era
citametsy
)a(
taht
rieht
detaler
ot lacigoloib
tneca
,and
yduts
rof
eht
a
tibihxe
ucitrap
For
ral
revn
words
elba
examp
ot
el ,
si siht
fo noitisiuqca
be laedi
fi eht
srehcaet
rehtruf
seiduts
tuo
tneca
was
tcelaid
era
dnert
egaunl
hctip
a new
si ?taht
eht
backgrounds?
tI would
ot dnif
htiw
rof rehtruf
tcelaid
a lams
ni gnitcudno
gnisu
a rekaps
era ereht
si ,
citsiugnil
by esnapJ
gniruqca
ro ton
fo
,why
ot etacidni
of a new tcelaid
tneca
snoitseuq
That
fI sey
.tcelaid
detseretni
doirep
whetr
snretap
'slaudividni
seirt
Keihan
atd
fo aniatrec
)b(
si derdisnoc
tnecahtip
lacitirc
tneca
eht
,
gnitseretni
srekaeps
Tokyo
yduts
and srehcraeser
esnapJ
gninrael
from
tnemsesa-fles
ediced
ylaniF
ro/dna
ni eht
ni siht
cipot
them
.tcelaid
evitano
,
siht
era
?stneca
snoaer
snretap
ycnedt
made
?snretap
nI noisulcno
tneca
what
who
ot compare
of etairporpani
snoiserpxe
eriuqca
tneca
elpo
snoitairav
ro/dna
own
Tokyo
Do
esoht
fo new
ecnatropmi
fo eht
detseretni
ni siht
on noitisiuqca
whetr
fo eht
ro ton ereht
snretap
siylniatrec
of tnerefid
a
stcelaid
ni
.esnapJ
NOTES
1 otoyK
sdietacol
ni eht tsew
i1(detim .)sserpxe
t1neps
tnatropmi
,
desu
tcelaid setacidni
eht otoyK
esenapaJ
esenapaJ
desu
saw depoleved
1dah devil
ytisrevinu
hcihw
morf
oykoT
yb naknihS
n・
es
,
tonsserts stnecca
sa nihsilgnE
y,
alp
ees( osla eton .)1 nIsiht repap
,
eht iasnaK
na
,
dna otoyK
yb NHK
.t
J(napagnitsacdaorb
no eht sisab
oykoTfo
gnikaeps
)noitaroproc
hcihw
dluoc
ebdellac
Comn
tcelaid
ytinumoc
ecnis
1saw nrob
yb eht emit
1tnew
ot eht
ni.otoyK
era desu
erots
oykoT ;tcelaid
9
ni akasO
dna eht akasO celaid
ni eht oykoT tcelaid
7 ht08 ytleweja
8 nrehtuoS
sruoh
i 1ef ni.otoyK
hctip tnecca snrettap
ybelpoep
lob
6 nIsiht repap scilatld,
noitibihxe
tuoba eerht
elor neisenapaJ .noitaicnunorp
of elpmaxe
3 tIsi r,
5
dna tisekat
my ruof sraey etaufdaorgrednu
si aenot egaugnal
2 esenapaJ
4 dradnatS
fonapaJ
strap
enO foehtsdnalsi
noitibihxe
,
emos elpoep
revewoh
hguoht
dna yrleweja
eotacidni
tisireven
hgih .hctip
eradecnuonorp
yolpme
desu eottacidni
hoskuten
yrlaewej
fo.napaJ
detacol
nieht tsew
hoskuten
fo.napaJ
-90-
(0
(0
erots
0
nieht oykoT
0
0
0
celaid
)
oetacidni
.t
0 0 0
00
nieht
)
yralewej
01 nrehtroN
strap
fo niam .dnalsi
11
yehT
21
erehT
era emos seiduts
revewoh
,
tsiraeppa
ekifloevitan
.noitaicnunorp
31
eradehcatta
ot ehtnrehtuos
hcihw
erew
es'hrtehcraeser
eiR sah neeb gnivil
ni oykoT
erugif
fo eht egareva
41 akouzihS
foukohoT
aera ees( eton .)01
siht aedi .g.e( dnar,
tskE
od tontroppus
taht eseht seiduts
A1 lsxti
naspicitrap
ecniS
strap
detpmetta
etoagtitsevni
sdneirf
tsomla
;,
8791
gnihtemos
dnalB
;),
6691
&ralsieK
tnereffid
morfnoitisiuqca
.secrnaotniauqca
eciwt
sa gnol
,
ehs saw ton dedulcni
sa eht srehto
nieht
.ROL
sitxen ot.awaganaK
tIsekat
tuoba
ruoh
ot teg ereht
morf
oykoT
ybtellub .niart
REFERENCES
,.K 1( .)689
Akinag
tneca
snretap
).sdE(
,
Hogen
Acent
,
.J ,& aicrG
resaB
Bland
53
ot eht stcefe
egaunl
tesno
eht
Japnes
tnerefiD[
Hino
hctip
.R
&
otaS
:oykT
.]seugolaid
ot nrael
angierof
.egaugnal
Modern
dna
eht ytlucaf
hsilgnE
tuohtiw
85 ,
427
htiw
laiceps
・
.064
laugnil-oidua
a bok
a lamrof
:detisiver
.gnittes
progam
The tceffe
Didakometry
,lohcS
hcraesR
,& .R ecraS
Il a).sdE(
Rowley
Understaig
fo hceps
rof
・
.672
αge .noiα
tisiuqc
1( .)589
ytisrevinU
MA:
,
1( )
289
on dnoces
Departmn
.06
fo
,Malmo.
of noitacudE
,
-nerdlihC
Newbury
1αnguage
second
fo ega
detnirpeR
α
tlud secnerefid
.esuoH
:drofxO
.noitisiuqca
Oxford
.serP
,.Y ,Nakano
,.E & noteS
.・
s T
oky:
fekaps
iroH
40 ,, 26
,M. Long
langu
,.S
Adelortnoc-fles
and lacigolhcysP
ni second
.K oyotiI
Brain
Review
ni
ni .S Krashen
bunp
.1
1( .)69
noitisiuqca
lanoitacudE
otijuF
・34
ega
of .ymotcerhpsime
,.E
,.L 1( .)879
,.R
,334
lamitpo
fo ylrae
hcnerF.nerdlihc
sillE
The
Hemiplga
,M. , & ralsieK
dnartskE
on
no hogen
,
.dtL
.oC
Journal
ecnerefer
nI
sevitcepsreP[
,.R 1( .)969
,.L 1( .)269
henka
.]stcelaid
ustesiag
・
iak
Language
iketihS
ni tnerefid
Kokushokanko
Asher
:ustesiag
,.C 1( .)979
ahsnijoB
,.R .)591(
Os αka
~αpanese
noitacurp
ediug
for
hsilgnE
,
.dtL
.oC
botk
αnetij
[A yranoitcid
L αngu
αge :11 Bok
of
Osak
.]tcelaid
:oykT
Tokyd-shupan.
resiaK
ihciadniK
,
.S 1( .)59
Jap
,.
H 1( .)79
αesn
Acent
no
bunpu
.3 T
oky:
ot .nesneh
-91-
.xtnirP
tnerefiD[
hctip
tneca
snretap
Kirch
tnerefidni
stcelaid
Nihong:
Hogen
,M. 1( .)659
and
.)189(
,.S
&
.]segnahc
ni Japn]
At what
,H.
Komatsu
lacirotsih
stcelaiD[
40 ,39
lanruoJ
rieht
age
nI .S Oono
.p
elmntary
127
lohcs
.081
& .T Shibat
Toky:
・
langue
,
).sdE(
Iwanmi-shoten.
Modern
?gnihcaet
Language
・
.04
Nihongo
no
iakes
esnapJ[
sa
a tsrif
ugnal
α
.]eg
Tokyo:
Chuokorn-sha.
Krashen
,H.
regileS
egaunL.oitsuqca
Labov
,W. 1( .)69
The
rof
laicos
Aplied
, M.
snoitaduf
ni New
olangu
lanoitruM
of Hawai
.i
doirep
rof
evitisnes
Journal
eht
ofcitsiugnilohcysP
,W. ,& Roberts
α
.eg
stniartsnoc
,
ytisrevnU
,
.S (1976).A
dleifneP
10 hsilgnE
noitacifitarts
1( .)89
.metsy
on
second
tcelaid
38 ,28 ・.92
lacigoliB
Mimeograph
stniartsnoc
kroY
.ytic
Washington
DC:
.scitsiugniL
,
.E .)7691(
Lenebrg
Oyama
lanoitruM
secneicS
Centr
Long
1( .)579
on
noitsiuqca
Spech
and
:kroY
Wiley
& .snoS
langue
devlopment.
of a evitan-o
5,
261
Resarch
,
.L 1( .)959
New
phonlgica
・
.482
brainmechanism.
New
:kroY
Atheneum
.serP
Se i1 reg ,H. 1( .)879
langue
New
.gninrael
York:
Academic
noitsiuqca
Taht
,.S ,Wood
langue
sdoirep
,Second
langue
siehtopy
rof
noα
itisiuqc
second
eser
αn .hceps
New
,.P 1( .)579
lanoitruM
stniartsnoc
Language
secnicS
36 ,
20 ・.2
.tneca
A iT me ot :kaeps
Row ,
srehilbuP
lacitirc
α
.hcr
.serP
of second
hum
).dE(
,
. .S ,& Ladefoged
,
.T 1( .)89
rof
of a elpitum
nI W. eihctiR
,H. ,Krashen
regileS
Scovel
Imp i1snoitac
:kroY
Acitsiugnilohcysp
yriuqni
Newbury
House
otni
ni eht
eht citirc
,A noisvid
srehsilbuP
α1 p
eriod
of Harper
&
gnitaler
ot
,
.cnI
,M. ,& Loewnthal
refsnart
of tneca
Spech
24 ,265
from
,K. 1( .)189
eht tsrif
Foreign
langue
ot a second
・.
27
-92
一
一
:stneca
srotcaF
.egaunl
Language
αnd
参考資料
2
調査事項
関西の人たち(大阪・神戸出身者)と関東の人たち(東京・神奈川出身者)の行動
や発話方略(言語使用に関すること全てを含む)の違いはどんなところにあります
か。各自の経験を踏まえて、本質問に答えてください
参考資料
3
同意書
現在、『第一言語・第二言語(外国語)の社会話用論的言語能力の習得における
臨界期』という課題で、実社会における言葉の使い方(語用論)と適切な言
語使用の習得に関する研究をしています。その、最初の段階として今回は関
西と関東の言葉の使い方の違いを探ってみることになりました。皆さんから
いただいた貴重なご意見・ご回答は、このプロジェクトのために匿名にて使
わせていただきたいと思います。この趣旨にご賛同いただけたら以下に署名
をいただければ幸いです。ご協力ありがとうございます。
「
私
、
見を使うことを許可しますJ
は、貴プロジェクトのために私の回答・意
日付
署名
-93-
参考資料
4
下のそれぞれの状況で、なんといいますか。空白を完成させましょう。
.1
友人を食事に招待するとき
あなた: W 先月結婚したばかりなんだけど、金曜日うちで食事しない?~
友人:~それは、おめでとう。よろこんで o 奥[又はご主人]さんにおあいする
のがたのしみです。』
あなた: ~ (妻は
2.
先生を呼ぶとき
先生の名前は、『かわてーミヤジェイエスカ
めぐみ』です。あなたは、先生
をなんと呼びますか。(
3.
スピーチをするまえ
日本語でスピーチをするとき、まえおき(iyrotcudortn
)skramer
をしますか。ま
ず、なんといいますか。
4.
堂監
あなたの友人が、これから大学入学試験をうけにいきます。
友人:~これから、入学試験をうけにいくんだ。』
あなた :
W
)~
友人:~ありがとう。』
5.
誤解が生じたとき
友人とホテルの受付でまちあわせをしました。以下電話での会話:
友人:~じゃあ、
10 分後にフロント (ateht
)tnorf
で。』
あなた;~じゃあ、後ほど。』
友人は、レセプションデスクのところであなたをまっていました。あなたは、
ホテルの前で友人をまっていました。一時間待っても、友人が来ないので、
帰ろうとしたら、彼がホテルの中からでて来ました。
友 人 : ~10 分後に会う約束だったよね。フロントでずっとまっていたんだけ
ど。 00 何してたの?~
あなた:
W(
)~
友人:~そんな、はずないよ。約束どうりフロントで、ずっとまっていたんだから O~
あなた: ~ (
1J)
-94-
参考資料
5
What
you
would
1.
say
ni each
noitautis
below?
lliF
ni eht
.sknalb
Invitaon
You
: 1tsuj
tog
come
Your
maried
tsal
ot our
dneirf
ecalp
rof
:s'tahT
2.
My
: (My
ekil
you
ot
,
'I d e
vol
Sure
your
.ot 'I m gnikol
.]dnabsuh[efiw
si
terms
name
si Megumi
Kawte-Mirzejwska.
What
would
1 have
you llac
me when
gniteg
a etarotcd
ni
Aplied
my ?noitneta
a soech
When
you
make?
(
4.
1 would
on .yadirF
ot meting
Adres
3 . ¥1!nika1
and
.l !snoitalutargnoC
wife[husband]
.scitsiugniL
My wife[husband]
renid
wonderfu
forwad
You
month.
make
0n a dav
a spech
ni Japnes
ecnarte
exam
of eht
Your
dneirf
si about
ot ekat
Your
dneirf
:IW liw
ekat
dneirf
: Thank
.uoy
eht
eht
,what
yrotcudortni
remaks
would
you
ot avtisrevinu
ecnarte
exam
ecnarte
ni flah
an .ruoh
ni 30 minutesJ
exam
You:
Your
5 . ¥1s!nidatreusi1
You
ta the
wer
suposed
eht letoh
ot ediug
tnorf
imagne
,you
He:
Where
dneirf
agred
ot met
of eht
gnidlub
,tub
where
hour
your
,and
loby
ta eht
letoh
he could
ylgniwnu
.eb
deci
have
you
around
lA
you
ben?
1 have
dneirf
showed
nevr
do was
tsuJ
ben
ca 1l ed sih
ni 10 .setunim
dluoc
ot .evael
You
“
ta eht "tnorf
him
your
NY.
,he came
neht
gnitaw
.tiaw
rof
room
from
You
.pu
You
retfA
detiaw
t'ndluoc
gnitaw
tuo
rof
na
of eht letoh
an .ruoh
You
He :You
a whole
You:
must
hour
be !gniyl
1 know
what
time
!etal
(
-95-
we were
suposed
ot met
and
you
era
参考資料
6
基本的な背景情報
名前(任意)
-e メール(任意)
出身地(し、つまで住んでいましたか)
*
大学と専攻
英語学習暦と学習機関
英語のレベル(自己評価)
六予備的研究調査では「生まれてからその地にいつまで住んでいたか J という
記述がなく、口頭で付け足しをした。
参考資料
7
同意書
現在、『第一言語・第二言語(外国語)の社会語用論的言語能力の習得における臨
界期』としづ課題で、実社会における言葉の使い方(語用論)と状況にあった適切な
言語使用の習得、年齢が語用論習得に与える影響に関する研究をしています。今回
は東と西日本の言葉の使い方の違いを探り、年齢が語用論習得に与える影響を考え
てみることになりました。皆さんからいただいた貴重なご意見・ご回答は、このプロジェ
クトのために匿名にて使わせていただきたいと思います。以上のような趣旨にご賛同
いただけたら以下に署名をいただければ幸いです。ご協力ありがとうございます。
「
私
、
は、貴プロジェクトのために私の回答・意
見を使うことを許可します J
日付
署名
-96-
閉
参考資料
8
した
くうはく
じようきょう
かんせい
下 の そ れ ぞ れ の 状 況 で 、 な ん と い い ま す か 。 空白を完成させましょう。
ゅうじん
.1
しょくじ
しょうたい
友人を食事に招待するとき
W: 母 が 、 君 を 食 事 に 招 待 し た い っ て い う ん だ け ど 、
はは
あなた
きみ
しょくじ
しょうたし、
きんようぴ
うち
金曜日、
で食事しない?~
ゅうじん
かあ
友人 W
: ありがとう
o
よろこんで。お母さんにおあいするのがたのしみです。』
はは
あ な た : W (母は
』
はんだん
2.
とっさの判断
よ
与d 、
13通しをします。
くすりや
ちゅうしゃじよう
ア パ ー ト の 駐 車 場 が い っ ぱ い だ っ た の で 、 となり
くるま
の薬屋のまえに車をとめました。
くすりやのおばさんが、 み せ か ら で で き ま
した。
お ば さ ん :W うちのまえに、 くるまをとめないで、 くれませんか。』
あなた :W すみません。
1 0 分だけおねがいします。 引越しをするんですが、
アパートの駐車所がいっぱいで ooo~
お ば さ ん :W で も 、 そ れ は あ な た の
信lOy(
l
,
ton
吋 se
nisu
mine) でしょ?~
さて、あなたはどうしますか。また、日本語でなんといいますか。
あなた :
W
3.
誤解が生じたとき
ゅうじん
うけつけ
か
でんわ
かいわ
友人とホテルの受付でまちあわせをしました。 以 下 は 電 話 で の 会 話 :
ゅうじん
ぶんご
や
あ
PHU
じ
たは
な ω人
あ判友
友 人 :W じゃあ、 01 分 後 に フ ロ ン トta( eht )tnorf
で。』
のち
後ほど。』
レセプションデスクのところであなたをまっていました。あなた
まえゅうじん
ぶん
ゅうじん
は、ホテルの前で友人をまっていました。 40 分 ま っ て も 、 友 人 が 来 な い の
かえ
ゅうじん
なか
き
で、帰ろうとしたら、友人がホテルの中からでて来ました。
ゅうじん
友人:
W01
ぶんご
あ
やくそく
分後に会う約束だったよね。フロントでずっとまっていたんだ
けど。 0 0
イ可してたの?~
あなた: W (
』
ゅうじん
やくそく
友 人 W: そ ん な 、 は ず な い よ o 約 束 ど う り フ ロ ン ト で 、 ず っ と ま っ て い た
んだから o~
あなた: W (
-97-
9 English
参考資料
.1
version:
What
would
you
say
ni each
noitaus
below?
1nvitao
You
: Would
you
evol
ekil
ot met
Your
dneirf
You
: (My
ot come
ot ruo
ecalp
rof
renid
on ?yadirF
My mother
would
.uoy
,
'I d e
vol
: eruS
mother
.ot
I'm
gnikol
forwad
ot meting
your
mother.
si
ミ
.2
Spot
decison
You
era
goin
parked
ot move
a rac
eht
ni tnorf
aprtmen
esalP
do ton
You:
Oh ,1 am ylbiret
I'm
gnihtyrev
otni
Then
,a ydal
Lady:
park
a rac
would
you
respond?
you
tuo
eht
ylbisop
of eht
respond
ot
.rac
a parking
drug
erots
tel
me park
came
,os
aprtmen
As a retam
aprtmen
You
tol rof
tuo
:dna
my rac
tsuj
the
lady
tol sah
,1 would
mine
ni
1 liw
of tcaf
't s g
nikrap
,
ton
senisub
your
of my .erots
01 .setunim
becaus
otni
becaus
of eht
could
nihtw
gnihtyrev
tnemrap
l( )drolna
move
your
ro behave?
pack
ot your
ni tnorf
,tub
my rac
and
txen
rac
ot
.,
.. tub s'taht
Wel
How
your
goin
me ot park
aprtmen
erots
yros
minutes?
rof
of eht
of a drug
was .lluf
Lady:
You:
tuo
rof
be
,
erht
01
packing
is no ecalp
luf .l
ben
.yas
English?
(How
would
you
?tcaer
)...
(
.3 ¥1s!nidatsrednuifr
ta the
You
were
suposed
from
eht
You
waited
showed
.gnitaw
ot ediug
letoh
.pu
letoh
,and
loby
rof
your
You
t'ndluoc
retfA
your
dneirf
derga
ot met
dneirf
ta eht
imagne
gnitaw
rof
your
dneirf
came
tuo
Your
:dneirf
Where
dneirf
: You're
!gnidik
era
40 minutes
around
40 minutes
your
tnorf
where
NY.
,you
delac
dluoc
ylgnilwnu
s'dneirf
"tnorf
,tub
gnidlub
dneirf
your
“
ta eht
dneirf
of eht
your
You
.eb
ni 10 .setunim
your
lA
deci
rom
you
dneirf
revn
could
do was
ot .evael
tsuJ
,
neht
of eht letoh
have
you
ben?
1 have
ben
gnitaw
rof
40 .setunim
You:
Your
You:
1 know
what
!etal
(
-98-
time
we wer
suposed
ot met
and
you
司
01
参考資料
Demographic
Data
Name(optin)
liam-e
)noitpo(
Where
era
you
from?
and
major?
have
you
ytisrevinU
How
Have
gnol
you
deiduts
Ja
?
s
e
n
p
s
e
n
p
a
J
Speaking?
?gnietsiL
ni Japn?
?esnapJ
Are
ycneicforp
ben
you
fI sey
gnikat
any
level
Reading?
,how ,wher
,and
how
esruoc
thgir
now?
Japnes
detaulave-fles(
your
& ?
gnitrW
esnapJ
?inaK
-99-
many
langue
sraey
did
)ycneicforp
you
yduts
1
参考資料
同意書
私は、現在、『第一言語・第二言語(外国語)の社会語用論的言語能力の習得におけ
る臨界期』としづ課題で研究をしております。具体的には、実社会における言葉の使
い方(語用論)と状況にあった適切な言語使用の習得、年齢が語用論的能力習得に
与える影響に関する研究です。そこで、このアンケートを通して異なる状況においての
様々な言葉の使い方を考え、年齢が語用論習得に与える影響を考えてみることにな
りました。皆さんからいただいた貴重なご意見・ご回答は、このブ ロジェクトのために匿
名にて使わせていただきたいと思います。以上のような趣旨にご賛同いただけたら以
下に署名をいただければ幸いです。ご協力ありがとうございます。
「
私
、
は、貴プロジェクトのために私の回答・意
見を使うことを許可しますj
日付
ρ
署名
参考資料 12
Consent
Form
1 am yltneruc
gnitcudno
a yduts
on “
scitamgrp
eht( esu fo egaunl
ni a
laer wo 1r )d and eht lacitirc
doirep
ni( smret
fo eht tcefe
fo ega ni eht secorp
fo egaunl
")noitisiuqca
ot make
some noitubirtnoc
ot eht dleif
fo App i1 de
scitsiugniL
and larutlucretnl
Comunicat.
seiroehT
detaerc
on eht sisab
fo
ruoy senopser
liw osla
be desu
ot polevd
reteb gninrael/gnihcaet
slairetam
ni ngieroF
Languae
noitacudE
and larutluc-sorC
Comunicato.
1 would
etaicerpa
ti fi you dluoc
etubirtnoc
ruoy snoitavresbo
and secneirepxe
ot my
.yduts
esalP
chose
“1lliw
esu
YES
rehtie
etubirtnoc
them
Yes
or No
my senopser
when
you
ot ruoy
etirw
a repa
/ NO
Date
erutangiS
yduts
on siht ".cipot
and
evig
you
my noismrep
ot
参考資料
31
日本語母語話者による発言
関東で生まれ育ったゆ無印
関西生まれ小学校にあがる前に関東に引っ越したゆ前
関西で生まれ小学校卒業後(思春期を過ぎてから)に関東に
引っ越した~後
.1
君がそう言ったことを知ったらきっと喜ぶよ o
2.
あなたのことを首を長くして待ってます。
もし来てくれたら喜ぶでしょう
3.
o
カレーライスを作るのが得意なんです。後
だから、あなたは素晴らしい夕食をとることができるでしょう。後
4.
きっと喜びます。
ありがとう
o
5.
料理が得意なのであなたに食事を楽しんでほしい。前
6.
とてもかわいいよ。後
彼女は昔歌手だったんだ。後
料理もうまいんだよ o 後
7.
君に会うのを楽しみにしてるよ o
8.
料理がうまいのできっと満足しますよ。後
9.
あなたに会えるのを楽しみにしています。
1 .O
近頃イタリア料理を学んでいます。前
だ、から、是非あなたの両親もよんでくれたらははもうれしいでしょう。前
1 1.
君と会うのを楽しみにしてるよ。
きっと素敵な食事会になるよ。
1 2.
とても優しいよ。前
話してみてください。前
1 3.
あなたに会うのを楽しみにしています。
14.
君と夕食を共にすることを楽しみにしているよ。
君とたくさん話をしたがっている。
1 5.
きっと喜ぶとおもうよ。
食事を楽しみましょう
o
1 6 .
とてもとてもあなたに会いたがっているツ o 前
1 7.
あなたに会うのを楽しみにしています。
美味しいご飯をつくると張り切っていましたよ。
1 8.
とても陽気な人だから、君もとても話しやすいと思うよ o
僕も母も君が来るのを楽しみにしてるよ o
1 9.
君のことをとても気に入っています。後
だからそれを聞いたら喜ぶでしょう
o
20.
同じくあたなに会うのを楽しみにしています。
2 1.
とても美味しい夕食を作ると思うよ o 前
22.
あなたと同じように楽しみにしてます。
そのことを聞いて喜ぶでしょう。
23.
料理がうまいんだ。後
君も楽しめるよ。後
24.
とても喜ぶと思うわ。
25.
料理が上手だから楽しみにしてね。後
26.
あなたと同じで君に会うのを楽しみにしているよ o
27.
それを聞いたらとても喜ぶと思います。
28.
きっと喜ぶと思うよ。
29.
喜ぶよ。後
ありがとう。後
30.
はりきっているけどはっきりいって料理には期待しないほうがいいよ。
だから時聞があったらなにか買ってきてよ。
3 1.
ミートボールを作るのがとても上手なのよ o
きっと気に入ってもらえると思うわ。
3 2.
素晴らしい料理人なの。
だからおいしい食事がたべられるわよ。
「
33.
料理が得意だからきっと楽しい夕食になると思うよ。後
34.
あなたと私はここ数年仲の良い友達なのに、あなたに会ったこと
がないから招待したがっているんだよ o
35.
国
それを聞くと喜ぶでしょうね。
たぶん、御馳走を用意しているよ。
36.
あなたの母の旧友なのよ。
だからあなたにも会ってお母さんと連絡が取りたいらしいの。
3 7 .
あなたに会えると聞いて喜んでうでをふるうと思います。
なにか苦手なものはありますか。
3 8.
あなたと食事をするのをとても楽しみにしています。
39.
とても喜ぶでしょう
o
-102-
あなたと母はここ 3 年も会っていませんから。
彼女は今回の食事会に向けて素晴らしい料理をもてなしてくれるはず
です。
40.
君の好きな料理を何でも作ると言っていたよ o
何が食べたい?
4 1.
君のことを女神のように思っているよ o 後
だって、僕はいつも母に君のいいところを語り聞かせているからね。後
42.
君のことをとてもきに言っているみたいです。後
43.
豪華な食事を作って楽しみに待っています。
44.
あなたに会っておしゃべりするのを楽しみにしてます。前
では、金曜日にお待ちしていますね。前
45.
あなたと会うのを楽しみにしているから御馳走をふるまって
くれるらしいよ
46.
D
とても料理がうまいんだ。後
思う存分食事を楽しんでください。後
金曜日に会うのを楽しみにしているよ。後
47.
料理がとても上手なんだよ。
きっと気に入ると思う
o
あと母は政治について話すのが好きなんだ。
だ、から今回の選挙についてなんていうのか準備しておいたほうがいいよ。
48.
女の子がほしかったみたいだから、きっと喜ぶよ o
49.
とても喜ぶでしょう。前
50.
とても楽しみにしているから君に会わせるのが楽しみです。後
5 1.
気さくな人だからあまり緊張しないでね。
52.
料理が得意だからきっと喜ぶよ。後
53.
きっと喜ぶよ。
54.
中華料理を作るのが上手なのですが
000
中華料理は好きですか。
5 5.
手料理を作って待ってるよ。
来てね。
56.
僕が君の話をして以来ずっと会いたがっていたんだ。
57.
あげものが得意です。後
きっとから揚げが出ると思います。後
美味しいですよ o 後
一103
一
一
58.
いい料理を作って待っているって言ってたよ。
母も君に会えて喜ぶよ。
じゃ、金曜日に。
59.
とても優しい人だよ。
特に君は僕のいちばん近い友人だし。
うちの母は喜んで、招待してくれるよ o
60.
君が来るのを楽しみにしていたんだ。後
僕も今から待ちきれないよ o 後
6 1.
君がどんなにいい人かを知りたいようだ。
62.
うちがあなたのことをいろいろと話したら会いたがっていたからぜ
ひ来てよ o
63.
君を気に入っているからね。後
僕も楽しみだよ。後
64.
君に会えることを喜ぶと思うよ。
65.
君にあうのを楽しみにしているよ o 前
66.
きっと喜ぶよ o
君がくるなら腕をふるって料理を作るってはりきっていたしね。
67.
君の好きな食べ物をしらなし、から教えてくれない。
68.
とても喜ぶと思います。前
君が来るのを楽しみに待っています。前
-104-
参考資料 14
日本語を話すアメリカ英語母語話者による発言
日本語(日本語学習歴一年以内・日本滞在 3 カ月以内)ゆ無印
日本語(日本語学習歴 2 年以上・日本滞在 1 年以上)~上級
1.
すごくうれしくなると思う
o
上級
じゃ、金曜日お待ちしています。上級
2.
一緒に食事をしたらうれしくなります。上級
じゃ、また恋に曜日に。上級
3.
ちょうたのしい。
4.
しんせつです。
5.
きっと喜んでいるよ o 上級
じゃあ、金曜日一緒に食事しょうね。上級
6.
料理が上手です。上級
7.
あなたに会えたらうれしくなります。上級
8.
フライトチキンを作るよ。
おなかをすかせてきてね。
9.
料理あまりしないけど 0 0 。 上 級
1 O.
ちょうたのしいです。
じゃあ、金曜日におれのうちに料理食べに来てください。
1 1.
肉料理をするつもりです。上級
肉がすきですか。上級
母の肉はとても美味しいです。上級
1 2.
母の食べ物はとても美味しいです。
母はあなたが好きですから。
1 3.
あなたが食べにくると聞いたらうれしくなりますよ o 上級
14.
かつ井を作ります。
1 5.
¥こだわりの料理をしたいと言ってます。
私の友達のために。
1 6.
夕御飯を作ってくれます。
1 7.
母がとても美味しい料理を作ります。
1 8.
ちょっと料理ができないので、コンビニで何か買いましょうか。上級
1 9.
とても優しい人です。上級
金曜日いっぱい食べましょう。上級
20.
気に会えたらうれしくなります。
2 1.
とてもうれしいです。
私の母は料理が上手ですよ o
いつもたくさん食べます。
22.
金曜日君に会えて、母はとてもうれしくなります。上級
23.
お料理が上手です。
24.
本当にうれしくなります。上級
長い間君と会っていなかったから o 上 級
25.
親切な人です。
おいしい料理を作ってくれます。
いろいろな料理を頼んで、もいいです。
26.
おいしい料理が作れます。上級
私の両親は本当に親切ですから、楽しみにしていてください。上級
27.
いろいろな料理を作ると思います。
28.
料理はまーま一。上級
でもよろしくお願いします。上級
29.
日本料理を作ろうと思っています。
おいしいですよ o
30.
あなたにすごく興味があるんだ。上級
3 1.
君に会いたいので楽しみにしています。上級
32.
食事に招待するとうれしくなると思います。上級
33.
君と会うことを楽しみにしています。上級
34.
本当にやさしい。
母も楽しみだと言っています。
じゃあ、また金曜日に。上級
3 5.
君と会うことを楽しみにしています。上級
36.
やさしいです。
母は料理が大好きです。
-106-
参考資料
51
アメリカ英語 )
EA(
母語話者による発言
1 .
(My
mother
)si gnikol
forwad
2 .
(My
mother
)si a taerg
cok
(My
mother
)si gnikol
forwad
She
si coking
4 .
(My
mother
)si goin
5 .
(My
mother
)si gnialp
ot meting
& very
,
.oot
you
ysae
er'uoy
ot ,
ot klat
ni rof
a
.taert
3 .
ot meting
reh ytlaiceps
tsuj
rof
sa wel .l
you
.uoy
ot be deticxe
ot es
on coking
.uoy
.ereht
t111' be .nuf
6 .
(My
mother
)si ealttil
'l m erus
7 .
(My
'uoy
11 ekil
mother
seirots
yzarc
random
derusa
taht
8 .
(My
mother
)si si yrev
9 .
(My
mother
)si making
1 O.
(My
What
1 1.
(My
(My
ehs 1iw
ot know
(My
mother
)si making
1 4.
(My
mother
)si goin
tIs' ekil
1 6.
(My
'l11 tel
1 7.
(My
mother
have
no ned
eip
ot .yrow
.l
and ti si wonderfu
.koc
your
.dog
etirovaf
fod
and
etirovafnu
one
,and
?gniht
reh ytlaiceps
meat
)si making
ecir
and
and
ot be very
ot cok
mother
of
of .gnihtemos
taht
mother
goa
ta .gnikoc
1 3.
(My
you 11a kinds
ot ?tae
god
1k
sa
1 5.
11et
.koc
something
an ygre1a
goin
might
.detaregaxe
top
be making
)si yrev
have
You
chiken
May
s'ehS
.ecin
want
,1 want
,os ehs
yzarc
era 11a yltaerg
)si a yrev
mother
.ecin
.koc
you
mother
ylautcA
you
yeht
)si a taerg
would
'l m e
rus
1 2.
tib
si a taerg
mother
very
.ffuts
Rest
She y1aer
,
tub s'ehs
)tnerefid
.reh
)si ealttil
about
gnieb(
can t' tiaw
ot met
.uoy
.ypah
and .seotatop
.a1eap
.dofaes
.deticxe}si
reh
know
you
)si a taerg
era
cok
coming.
and
-107-
1iw
erap
su a wonderful
mea .l
fi
1 8.
(My
mother
)si gnikol
drawof
ot gnitem
you .oot
1 9.
(My
mother
)si gnikol
drawof
ot gnitem
you
2 O.
(My
mother
)si making
top tsaor
2 1.
(My
mother
)si deticxe
ot met
renid
ot thgin
fi you
dna
you
come
revo
2 2.
(My
mother
)si gib
2 3.
(My
mother
)si .ecin
2 4.
(My
mother
)si gnio
ot be hapy
2 5.
2 6.
(My
(My
mother
mother
)si a yrev
)si a god
ecin
.koc
2 7.
(My
mother
)si a lufrednow
mother
)si deticxe
mashed
.seotatop
and lliw
kol
,
.oot
,
su asuoiciled
on .yadirF
mom.
'uoy
woman
er coming
and
fehc
and
.revo
regna
ot met
would
evol
and
ehs ylausu
.uoy
ot cok
renid
rof
.uoy
2 8.
(My
2 9.
(My
3 O.
(My
mother
Her
gnikoc
mother
of dof
She osla
3 1.
(My
3 2.
(My
She
3 3.
(My
ot met
)si yrev
god
when
my sdneirf
you .oot
ta gnikoc
isiv .t
)si a.efiwesuoh
hand
makes
mother
si osla
suoirav
)si yrev
mother
)si gnikol
si caitsatnaf
.koc
mother
)si gnio
yrev
.dog
sdnik
of suoiciled
(My
ihsuS
3 5.
(My
mother
Ok rof
mother
)si a yrev
drawof
ot gnitem
ot make
tehgaps
god
.koc
you?
)si gnio
.dof
.ecin
Do you ekil ?itehgaps
3 4.
a makes
ot be yrev
.deticxe
you
.i
sa wel .l
atol
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
14
File Size
6 463 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content