close

Enter

Log in using OpenID

[email protected] Plus 導入事例 株式会社アシスト

embedDownload
キヤノンユーザーリポート
No.372
株式会社アシスト
「使える」だけでは不十分、使いやすく
安全に「全社員がどこからでも
会社メールを使える」環境を整備
株式会社アシストは、独自の基準で厳選したパッケージ・ソフトウェ
アの販売・各種支援サービスを展開している。製品・サービスの提供
は対象が顧客であっても従業員であっても最善の品質で行う、という
ポリシーのもと、自社システムを運用する情報システム部門を、カス
タマーサポートを行う事業部のなかに組み込んでいる。
Webメールサーバ「[email protected] Plus」を導入したのは、全従業
員がどこにいても会社メールを利用できる環境を整えるため。従来も
営業を中心とした一部従業員向けに外部サービスを利用してきたが、
管理効率の面で改善の余地があったこと、震災を機に連絡手段の必要
性が高まったことが、リプレースのきっかけとなった。従業員が使い
たい時に使える自由さを許容しながらも、認証強化やカスタマイズ、
社内でのサーバ管理にて高いセキュリティを確保。導入済みスマート
フォンの有効活用、コスト削減といった効果も実現している。
お客様プロファイル
名 :株式会社アシスト
社
U
住
R
L :http://www.ashisuto.co.jp
所 :東京都千代田区
九段北4-2-1市ヶ谷東急ビル
設
立 :1972年3月
従業員数 :830名
(2013年4月現在)
事業内容 :コンピュータ用パッケージ・ソフト
ウェアの販売、技術サポート、
教育およびコンサルティング
「パッケージ・ソフトウェアを活用す
ることで、開発コストの削減やスピー
ドアップ、さらにはシステム実装以外
の戦略的な部分に人的リソースを集中
させるメリットも提供できる」という
創立以来の信念で、特定のメーカーに
依存せず、お客様に厳選したソフト
ウェアおよびサポートサービスを提供
しています。
アシストが提供する
クライアント仮想化製品 「Ericom PowerTerm WebConnect」
お客様が実現できたこと
全従業員向けに、オフィスの外から会社メールを
閲覧・送信できる仕組みを公開できた。
ログイン認証の強化、画面カスタマイズにより、気
軽かつセキュアに利用できる Web メール環境を構
築できた。
コストを抑え、導入済みスマートフォンの有効活用
にもつなげられた。
「Ericom PowerTerm WebConnect」
は Windows RDS/TS のデスクトップと
アプリケーション、VDI、そしてブレード
PC へのセキュアなアクセスを、単一コン
ポーネントで提供できるハイブリッド型クラ
イアント仮想化ソリューション・ソフトウェア
です。安価なソフトウェア・コストと、導入・
展開・運用が容易であることが特長です。
小規模から大規模まであらゆる企業の要
望に応え、高いコスト・パフォーマンスを
提供するクライアント仮想化ソリューション
として注目を集めています。
URL: http://www.ashisuto.co.jp/prod/
ericom/
お客様の声
お客様のご要望
全従業員がどこでも会社メールを利用できるようにし、緊急
時の連絡手段としても検討したい。
メールは重要な情報の交換にも使われるので、セキュリ
ティを重視して構築する必要がある。
導入したスマートフォンを積極的に活用して業務効率化
に役立てたい。
執行役員
サ ービス 事 業 部 長
星 博 様
「緊急の連絡に備えて PC
を持ち帰る必要がなくな
りました」
「 休 日であっても 緊 急 の 業 務
導入前の課題と背景
外出先でのメール確認手段に改善の余地あり
社外からメールの確認をする手段は、以前からお持ちだったそうですね。
「メールはビジネスでの連絡にメインで使われるツールですから、外出先からメールを確
認できる仕組みに対しては、営業部門を中心に高いニーズがあります。以前から、業務上
連 絡を受ける場 合 に備えて、
マ
の必要がある従業員約500人については、外部のサービスを利用し、会社支給の携帯電話
ネージャークラスの 従 業員は週
から社内メールを確認できるようにしていました。しかし、基本的にはメール参照のみで送
末 にはPCを持ち 帰っていまし
た。しかし、Webメールであれば
信は非推奨、という条件をつけていました。サービス上からメールを送ると自社サーバで
モバイルだけでなく自宅PCから
の一元管理ができなくなるためです。また、文字数の多いメールですとフィーチャーフォ
でも安 全 にアクセスできます。
ンの小さな画面では読みにくくなってしまいます。ほかにも、業務用PCでデータカードや
PCを 持 ち 運 ぶ 際 の 緊 張 や 重
SSL-VPNを利用して社内ネットワークに接続できる仕組みを用意していましたが、キャパ
さから解 放され 、楽 になりまし
た」
シティは通常業務で使える同時接続数のみとなっていました。
そのような状況で東日本大震災が発生しました。このとき、マネージャー以外は数日間自
宅待機するという経営からの判断が下されました。交通機関が平常通りに運行されていな
かったこと、環境に関する不確実な情報が少なくなかったことなどにより、従業員が安全に
定時通勤できるか、不安が拭えなかったからです。待機期間中は、従業員同士やお客さまと
確実に連絡できる手段がなく非常に不便でした。これを機に、『全従業員、メールぐらいは
どこからでもできた方がいいよね』という意見で一致し、緊急時のコミュニケーション手段
の一つとしても、検討が必要であると認識しました」
導入の必然性
セキュリティ重視で製品検討
Webメールに求められた条件についてお聞かせください。
「メールは利用頻度が高いため、単に社外から確認できて便利になれば良いというわけでは
なく、安全に使えることも重要になります。利用状況の記録・監査ができるオンプレミスの
製品で、セキュリティ対策もしっかりできるものを求めていました。
また、Webメール導入に先行して業務用携帯電話のスマートフォンへの切り替えも進め
ていましたので、スマートフォンに対応した製品であれば、両方を有効活用できるかもし
れないという狙いもありました。[email protected] Plusは、このような条件を満たしてい
たということ以外に、操作感が良いのも魅力でした。比較した
すし、全面的にWebメールに切り替えてもいいわけです。普段
製品の中には、当社の理想からすると、デザインは凝っていて
は『いいとこどり』で自由に使ってもらえるけれども、いざと
も動作が重く感じられたり、逆にシンプルすぎて機能が不足し
いうときは全従業員が使える分のアカウントを確保してありま
ていたりするものもありましたが、[email protected] Plusは
す。また、当初の狙い通り、先行して導入したスマートフォン
Ajaxを利用したインターフェースで自然に操作でき、社内への
を『もっと有効に使いたい』という動機からWebメールが利用
普及もスムーズに進められると感じました」
されるケースもあるようです。[email protected] Plusを利用
するための詳しい手順書は準備しませんでしたが、問い合わせ
はほとんどありません。ワンタイムパスワードPassLogicの考
運用の工夫
認証を強化し機能もカスタマイズ
え方を理解し慣れることができれば、操作にはつまずかず使え
ています」
セキュリティ対策は、具体的にはどのように実現された
取り組みの成果
のでしょうか?
「2つの方法を実施しまし
メールに関する手間とコストを削減
た。ワンタイムパスワード
によるログイン認証の強化
導入後、何か変わったことはありましたか?
と、添付ファイル機能を制
「当社で、日常的に業務
限するためのカスタマイズ
で使用するPCは、OSに
です。Webメールはメール
Linuxの『Ubuntu』を採
データをダウンロードしな
用していますが、業務上ど
いので、端末が第三者の手
うしてもWindowsが必要
に渡ったとしても読まれる
な社員もいて、1台のPC
心配はありませんが、ログイン
パスワードを知られてしまう
サービス事業部
情 報システム部 部 長 石田 昌光 様
の中で切り替えて使用して
います。その場合、メール
サービス事業部
情 報システム部
杉山 勝彦 様
と、逆にどこからでもメールを
データが散逸してしまうケー
読まれる危険性があります。 スがありましたが、Webメー
これに対処するため、[email protected] Plusのオプション機
ル導入によって、その非効率
能を導入してワンタイムパスワード『PassLogic』と連携しま
さが解消しました。
した。実は、この連携機能を持っていたことが、選定の一番の
また、営業は外出先から状況に応じて、PCでもスマート
理由だったんです。複雑な文字列を覚えなくても、毎回異なる
フォンでも、見やすいデバイスで用件を確認できます。マネー
パスワードで安全にログインできるようにしました。さらに、
ジャーは緊急の業務連絡が入ることがあるため、休日でもPC
社外からログインした場合は添付ファイルのダウンロードが
を手放せませんでしたが、[email protected] Plus導入後は
できなくなるように画面をカスタマイズし、『端末にデータを
PC持ち運びの手間や緊張から解放され、個人所有のデバイス
残さない』ということを徹底しました。また、従来利用してい
を利用して迅速な業務連絡ができるようになりました。これ
たサービスとは異なり、自社にサーバを置けるので、メールの
から利用がもっと普及していけば、レンタルPCの入れ替え時
受信・送信のどちらの履歴も一元管理できるようになっていま
に毎回メールデータの移行をする手間も省けると期待してい
す」
ます。さらに、コスト削減効果もあります。以前利用してい
たサービスは、1デバイスあたりの月額課金制で営業を中心
社内への普及や運用にあたって、工夫されていることは
とした一部の従業員に提供していました。全員が利用する場
ありますか?
合、契約・派遣社員も含めると必要なアカウント数は1,000
「国内11拠点、派遣社員・契約社員も含めた全従業員が使える
以上です。オプションを導入しカスタマイズを実施しても、
仕組みとして公開することができましたが、使い方を強制して
[email protected] Plusの方がコストを抑えて構築することが
はいません。社外からのメールチェックにだけ使ってもいいで
できました」
将来の展望
これからのビジネスシーンでは、メールだけでなく、業務系
のシステムもあらゆるデバイスで使用できるようになり、将来
新分野へビジネスを加速
的にはオフィス以外の場でも仕事ができるようになっていくと
当社では考えているためです。具体的にはクライアント仮想化
今後の取り組みについて教えてください
「今後は、
『仮想化』ソリューションにさらに注力して事業を展
を可能にする『Ericom』という製品を通じて、お客さま視点
で時流に合った提案を続けていくつもりです」
開していきます。
お客様の Web メール環境
PassLogic と連携したログイン画面。
右クリック、ドラッグ&ドロップも可能な
数字を取り出すマス目の「位置」
「順番」
操作画面
スマートフォン用画面
を設定する
毎回異なるパスワードで安全にログイン
「[email protected] Plus 連携オプション for PassLogic」
ログイン画面の「乱数表」のどのマス目をどの順番で使うか、任意で決める
ことができます。
「乱数表」は毎回変わるので、毎回異なるパスワードで安
全にログインすることができます。
スマートフォン対応 Web メールサーバ「[email protected] Plus」
Web ブラウザを使った電子メールの送受信を可能にする Web メールサーバです。携帯電話、スマートフォンにも
対応し、SSL 暗号化通信、セキュリティ強化オプションにより、安全に利用できます。
開発元: キヤノンソフトウェア株式会社
[email protected] Plus ホームページ
www.canon-soft.co.jp/product/catchmeplus/
● Windows は米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における
登録商標または商標です。その他、記載されている会社名、商品名は、一般に各社の
登録商標または商標です。
キヤノンソフトウェア株式会社 パッケージソリューション事業本部
東 京 〒140-8526 東京都品川区東品川2-4-11野村不動産天王洲ビル TEL(03)6701-3577
大 阪 〒541-0059 大阪市中央区博労町2-2-13大阪堺筋ビル
TEL(06)6125-4820
〒 140-8526 東京都品川区東品川 2-4-11 野村不動産天王洲ビル
Copyright© 1999-2013 Canon Software Inc. All rights reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
438 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content