close

Enter

Log in using OpenID

知恵の主 - F.E.A.R.

embedDownload
ɹʪˁʝɺ
ĞAR ĹDEXĺ
ĞAR ĹINTĺ
ĞAR ĹPERĺ
ĞAR ĹWILĺ
ĞAR ĹSYMĺ
ĞAR ĹMVĺ
ĹSTRĺ
ĞAR ĹREFĺ
8 32
ĞĀ Œ
ˀˊʆ
7 28
ĞĀ Œ
18 72
ĞĀ Œ
SR
ʐʄ˂
ყ௓
E
キャラクターシート
11 44
ĞĀ Œ
śʂʝʋˁĆɹʆʎʾˊ
ĹREFĺ
ĩ___Ī
ɃȰ ĩ___Ī
şť਑ഫࡘລ
50
50
ĹDEXĺ
ĩ___Ī
şກᘀ
śʂʝʋˁĆɿěʏɾˊʟ
ʄʺˀʆʖěყ
౮္
ʮ˃ɻʻěყ
ʦˊʖěʆˀʐ
୷ఫ
ネットライナー
074 P
《ヴェルスパ》
《バルドル》
《フォルセティ》
ʨˊʠˀ
ɹʪˁʝɺ
STR
REF
DEX
INT
PER
WIL
SYM
LUC
075 P
075 P
আඨ
8
8
11(50)
5
AR
32
7
7
28
18
18
72
6
6
24
15
15
60
9
12
12
ຸ෠
ఫෲ
SUV
D
‫ۥ‬ሖဃ
G
ຮဃ
D
36
şɹʆʒʐ
36
ĹINTĺĩ___Ī
50
86
şťɻʸěʏʬɸɻʟ
30
ĹWILĺ
ĩ___Ī
80
110
şʔʬʟɽɾɹ
36
ĹINTĺĩ___Ī
60
96
20
50
ĹPERĺ
ĩ___Ī
şťEX
ĹWILĺ
ĩ___Ī
ş๱ඪʂˊ
ĹPERĺ
ĩ___Ī
ş౻ణ႔ံ
30
ĹWILĺ
ĩ___Ī
şขಘĞຝക
ĹPERĺ
ĩ___Ī
śʂʝʋˁĆʝʆʥ˄ʏě
ş‫ۆ‬ᆪࡲ୸
ĹINTĺĩ___Ī
ş࠮ร
ĹPERĺ
ĩ___Ī
şಭᄐඩૺĩ______Ī
ĹINTĺĩ___Ī
şॐ༐ॐ୸ĩ______Ī
ĹSYMĺ
ĩ___Ī
şॐ༐ॐ୸ĩ______Ī
ĹSYMĺ
ĩ___Ī
şৃ௉
18
ĹSYMĺ
ĩ___Ī
40
58
śʂʝʋˁĆʶˁʖˁě
şʋʎʚʮ
18
ĹSYMĺ
ĩ___Ī
30
48
şʟˀʚʮ
ĹDEXĺ
ĩ___Ī
şťರᆑĞರ୸
ĹWILĺĩ___Ī
şť୬‫ࡈݭ‬
ĹDEXĺ
ĩ___Ī
şள‫ࡈݭ‬
ĹDEXĺ
ĩ___Ī
ş೦ଳರຣ
22
ĹREFĺ
ĩ___Ī
şťຂ੩‫ࡈݭ‬
ĹPERĺ
ĩ___Ī
şťຸଵ࿿ࡈ
şʡɻʬʊˊʧʚʟ
śʂʝʋˁĆʸʂʢʚʆ
ĹREFĺ
ĩ___Ī
şťʊˊʧʚʟʎɾ˂
şťୋᆄʸˊʝʡˊʐ
ĹINTĺĩ___Ī
şʠˀɻʪˊʇ
ĹREFĺ
ĩ___Ī
ĹREFĺ
ĩ___Ī
şťʡʪʉěʟĩ______Ī
ĹREFĺ
ĩ___Ī
ĹREFĺ
ĩ___Ī
şťʡʪʉěʟĩ______Ī
ĹREFĺ
ĩ___Ī
20
42
D
F
గᆄ
ʖɻʶˊʇ
ʐʄ˂
ୋ౶
്௢
ଖั
ൢ஥
ネ
オート
自動成功
なし
自身
なし
なし
マテルフォームを起動する。ターミナルシート参照。P061
《電脳の魔術師》
ネ
メジャー
自動成功
なし
場面(選択)
場面
なし
シーン内の電子機器を操作する。P061
《電界の守護者》
ネ
リアクション
本文
本文
なし
ケムリダマで自分以外の電子防御。P060
《ドミネイター》
ネ
オート
なし
本文
本文
なし
電子MWで装備を使用不能に。P061
ネ、対
リアクション
〈ソフトウェア〉 SR1
本文
本文
なし
格闘、射撃に代理リアクション。ラウンド1回。P060
ネ
オート
単体
場面
本文
対象の達成値+20。$2000消費。P061
ყ௓
D
੅ሖဃ
ସ္
《マテルフォーム》
《インターポーズ》
《ネットワークサポート》
〈ソフトウェア〉 SR1
自動成功
自動成功
なし
ʱʡ˂ʝɺ
პ‫ݶ‬
ĜĜ ĹSTRĺ
ŀ 8
्‫ݶ‬
ĜĜ ĹSTRĺľ2ŀ 16
‫ݶ‬୬౪ও
3
࿿ࡈĞ႔आ
࿿ࡈყ
1
短針銃
୬‫ݶ‬
SR1/2 ĹSTRĺľ4ŀ32
ENC
‫ݭ‬ᆴ
འଖၪૹ
ඡ౗
ࢮᆊĞࢮᆊୋ౶
2
〈物〉100
S
2
0∼5:56
NBC警告計 P106、GPS受信装置 地図に現在地投影 P106
バグ・ディテクタ 盗聴器捜索のSR2(ENC1) P106、バグジャマー 半径10mの
ृ঄
ʨěʔʡ˂
ʆɿʐʟ
႔आყ
ファイバーコート
ো‫ݲݩ‬஑ ENC ๜ઽǮǰDZ
胴、腕、脚
5
E
ഔ৲
ਖॊ
ᵕᴷ
ʊʤʆ
ʎʾˊ
஑૨ࣷ
$2175
ଣࣷ
16
J
ྨৼ
対物2 対光学0 対貫通0 対熱0 P098
ʌɻʧěɽɾɹ
ENC
96
/ĀĀ Ā/ĀĀ Ā/
受のSR1/2 P106、メガリスクーン パーソナルデッキ P351のターミナルシー
ト参照(ENC5)P158
ɹʆʎʞˊʟ ๜ઽǮǰDZ ও‫ݭޡ‬ᆴ
/ĀĀ Ā/ĀĀ Ā/
1
機 無線傍受。【INT】AR1(ENC2) P106、暗号化システム 通信を暗号化。傍
೏ᇗ
ো‫ݩ‬
MV
௺൓
盗聴器・無線機・トランシーバー・携帯電話の通信阻害(ENC1) P106、無線傍受
ʐʄ˂
ୋ౶
SR
ʵʢʼěʧ
D
ມဃ
๜ઽ
44
ɹɻʝʷ
୷૴
ཚɇఊ
ࢊဃ
9
རɇఊ
1
ʐʄ˂
ყ௓
şۢგ
śʂʝʋˁĆʊˊʧʚʟ
ຬɇఊ
ޫॼ
9 36
ĞĀ Œ
śʂʝʋˁĆʌɻʁʢʆʐ
śʂʝʋˁĆʊʶʼʢʝɺ
ળᅘ
ृ঄๗
15 60
ĞĀ Œ
śʂʝʋˁĆʊˊʫʼěʖ
şɹʐ˃ʘʚʆ
༂ᇕ
6 24
ĞĀ Œ
ມဃĩIPĆĀĀĀĪ
ຮဃĩIPĆĀĀĀĪ
‫ۥ‬ሖဃĩIPĆĀĀĀĪ
ࢊဃĩIPĆĀĀĀĪ
੅ሖဃĩIPĆĀĀĀĪ
೓ఫĩIPĆĀĀĀĪ
4
強化人工神経(C)
P116
145
ྨৼ
片手 対象の装甲値を2倍してダメージ算出。P081
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
488 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content