close

Enter

Log in using OpenID

3PAR OS 3.1.3リリースノート

embedDownload
HP 3PAR OS 3.1.3
リリースノート
本リリースノートでは、HP 3PAR OS 3.1.3 に含まれている機能および問題点について記載しています。本書の情報は、
HP のお客様、パートナー、および HP のサービス担当者を対象としています。 本書は、HP 3PAR OS 3.1.3.202 に適用さ
れます。
HP 部品番号: QL226-97820
2014 年 5 月
第1版
© Copyright 2014 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。 HP 製品、またはサービスの保証は、当該製品、およびサービスに付随する明示
的な保証文によってのみ規定されるものとします。 ここでの記載で追加保証を意図するものは一切ありません。 ここに含まれる技術的、編
集上の誤り、または欠如について、HP はいかなる責任も負いません。
商標について
Intel®、インテル ®、 Itanium®、 Pentium®、 Intel Inside®、および Intel Inside ロゴは、米国およびその他の国における Intel Corporation また
はその子会社の商標または登録商標です。
Microsoft®、 Windows®、 Windows® XP、および Windows NT® は、米国における Microsoft Corporation の登録商標です。
Adobe® および Acrobat® は、Adobe Systems Incorporated の商標です。
Java および Oracle は、Oracle またはその関連会社の登録商標です。
UNIX® は、The Open Group の登録商標です。
目次
1 HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート..............................................................5
オンラインアップグレードに関する留意事項.............................................................................5
サポート対象プラットフォーム................................................................................................5
サポートが終了した機能..........................................................................................................5
コンポーネント.......................................................................................................................5
OS の新機能...........................................................................................................................5
確実なサービス品質 (QoS) と回復力の強化...........................................................................6
HP 3PAR StoreServ Storage..............................................................................................6
フラッシュストレージの最適化............................................................................................6
スケーラビリティの向上.....................................................................................................7
最大ドライブサポート....................................................................................................7
最大 Raw 容量...............................................................................................................7
最大 FCoE ポート数.......................................................................................................7
ポートあたり最大 FC イニシエーター数 .........................................................................7
システムあたり最大 FC イニシエーター数.......................................................................8
基本仮想ボリュームの最大数..........................................................................................8
ボリュームの最大数.......................................................................................................8
VLUN の最大数..............................................................................................................8
HP 3PAR Remote Copy ........................................................................................................9
HP 3PAR フェデレーテッドテクノロジー..............................................................................9
HP 3PAR Online Import の機能強化................................................................................10
新しいドライブ................................................................................................................10
相互運用性.......................................................................................................................10
直接接続ケーブルのサポート........................................................................................10
機能拡張された仮想サービスプロセッサーのサポート....................................................10
ホストオペレーティングシステムのサポート.................................................................10
機能拡張された高温シャットダウン...................................................................................11
システムのシャットダウン...........................................................................................11
ノードのシャットダウン...............................................................................................11
システムの電源オン.....................................................................................................11
HP 3PAR OS ソフトウェアアップグレードのオプション......................................................11
カスタマーセルフアップグレード (CSU) ........................................................................11
HP サポート窓口、または HP 正規代理店への問い合わせ................................................12
OS での変更.........................................................................................................................12
OS での既知の問題...............................................................................................................21
2 HP 3PAR CLI リリースノート....................................................................23
CLI のインストールノート......................................................................................................23
CLI の新機能.........................................................................................................................23
変更されたコマンド...............................................................................................................24
削除および非推奨のコマンドとオプション..............................................................................26
CLI の変更.............................................................................................................................26
3 HP 3PAR CIM OS API リリースノート.......................................................29
HP 3PAR CIM API の新機能.....................................................................................................29
インターフェイスの変更........................................................................................................30
削除および非推奨のコマンドとオプション..............................................................................30
HP 3PAR CIM API への変更.....................................................................................................30
HP 3PAR OS CIM API の既知の問題.........................................................................................31
4 HP 3PAR OS 3.1.3 Web ServicesAPI リリースノート...................................32
HP 3PAR Web Services API Software の新機能..........................................................................32
既知の問題............................................................................................................................32
目次
3
5 サポートとその他の資料..........................................................................33
HP のサポート窓口................................................................................................................33
HP 3PAR のドキュメント........................................................................................................33
表記上の規則........................................................................................................................36
HP 3PAR のブランドに関する情報...........................................................................................36
4
目次
1 HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
オンラインアップグレードに関する留意事項
この機能により、一定の条件を満たす場合に、接続されているホストで I/O 動作を行いながら
OS をアップグレードできます。 ソフトウェア コンポーネントのアップグレードとインストー
ルに必要な順序について詳しくは、『HP 3PAR OS 3.1.3 Upgrade Instructions』 (P/N
QL226-97721) を参照してください。 オンラインアップグレードに関する情報および事前計画
については、最新版の『HP 3PAR オペレーティングシステムアップグレード事前計画ガイド』
を参照してください。 本書のコピーを入手するには、http://www.hp.com/3par/support_manuals
にアクセスし、ご使用の製品を選択して、[Manuals] をクリックします。
注記: HP 3PAR OS 3.1.1 を稼働中で、HP 3PAR OS 3.1.3 へのアップグレードを希望される
お客様は、HP 3PAR OS 3.1.3 へのアップグレードを行う前に、HP 3PAR OS 3.1.2 の最新の
MU (Maintenance Update) にアップグレードする必要があります。 HP 3PAR OS 3.1.1 を実行
しているお客様が 3.1.3 へアップグレードするには、3.1.1 MU3 へ、そこから、3.1.2 MU3
へ、さらに 3.1.3 へという順序でアップグレードします。各アップグレードごとに必要なパッ
チをインストールする必要があります。 HP 3PAR OS 3.1.1 GA から HP 3PAR OS 3.1.2 MUx
への直接アップデートはサポートされていません。
サポート対象プラットフォーム
HP 3PAR OS リリースは、HP 3PAR ストレージをサポートしています。 詳細は、SPOCK (Single
Point of Connectivity Knowledge for HP Storage Products) Web サイト (http://www.hp.com/
storage/spock ) を参照してください。
サポートが終了した機能
以下の機能は HP 3PAR OS でサポートされなくなりました。
•
HP 3PAR OS バージョン 2.3.1 の複製のサポート
注記: HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 は、T クラスおよび F クラスのシステムをサポートす
る最後の OS バージョンです。 HP 3PAR OS の次のバージョンでは、T クラスと F クラスシス
テムをサポートしません。
コンポーネント
コンポーネント
バージョン
OS
3.1.3.202
CLI
3.1.3.202
SNMP エージェント
1.7.0
OS の新機能
IT 要件は変化しています。 今日のマルチテナント、ワークロードの混在環境は、これまでにな
い厳しい環境です。 新しい HP 3PAR OS 3.1.3 では、最も要求の厳しいハイブリッドおよびプ
ライベートクラウド環境での要求を超えるために構築した、これまでになくスケーラブルなシ
ステムにおいても、階層 1 のパフォーマンスおよびサービス品質 (QoS) を提供します。
HP 3PAR OS 3.1.3 には以下のメリットがあります。
•
確実なサービス品質 (QoS) と回復力の強化
•
フラッシュストレージの最適化
オンラインアップグレードに関する留意事項
5
•
スケーラビリティの向上
•
Remote Copy の機能強化
•
フェデレーテッドテクノロジー
•
新しいドライブのサポート
•
相互運用性
•
機能拡張された高温シャットダウン
•
HP 3PAR OS ソフトウェアアップグレードのオプション
確実なサービス品質 (QoS) と回復力の強化
HP 3PAR StoreServ Storage
HP 3PAR Priority Optimization では、下限値と、IOP (つまり、パフォーマンス) と帯域幅に対す
る上限値を設定する機能が提供されました。 最もミッションクリティカルなアプリケーション
の遅延目標を定義することができます。 遅延目標を達成するために、システムは自動的に優先
順位の低いアプリケーションとワークロードのサービスレベルを調整することで、最高の優先
順位のアプリケーションに必要なサービス品質 (QoS) レベルの維持を保証します。 Priority
Optimization と仮想ドメインを組み合わせ、これらのしきい値を指定することで、個別のテナ
ントを保護し、1 つのテナントがリソースを独占することを防止することができます。 これら
の機能により、リソースに物理的パーティションを設定したり、分離されたストレージサイロ
を維持することなくサービス品質 (QoS) レベルを確保することが可能になり、これによって集
約の障害を除くことができます。
HP 3PAR Priority Optimization を仮想ドメインと統合することで、集約への最後の障害を排除
します。 これにより最もミッションクリティカルな仮想ドメインのパフォーマンスを確保でき
ます。 Priority Optimization は、アプリケーションやワークロードだけでなく、仮想ドメイン
や、さまざまな部門、業務部門、お客様などのマルチテナントシステムを使用するテナントの
優先順位最適化に使用できます。
System Reporter では、SR-On-Node データを使用して、HP 3PAR StoreServ 上に直接ユーザー
定義アラートを設定できます。
新しく機能拡張されたノード上の履歴統計により、ユーザーは以下の監視が可能です。
•
SSD のウエアゲージとしての履歴データレポート
•
Remote Copy リンクの履歴パフォーマンスデータレポート
•
Remote Copy ボリュームの履歴パフォーマンスデータレポート
Persistent Ports のサポートは、iSCSI と FCoE のアレイのターゲット接続に拡張されます。
Persistent Ports のファイバーチャネル接続のサポートが拡張され、コントローラーノードの接
続ステータスの検出ができます。 これにより、アレイのノードのポートと SAN スイッチの間
でのリンク喪失を防げます。 これはまた、ケーブルまたはスイッチの障害によりリンク喪失が
生じているコントローラーノードのポート側のホストを自動的にフェイルオーバーすること
で、仮想化環境の高可用性をサポートします。
フラッシュストレージの最適化
HP は、フラッシュテクノロジーへの投資と主導を継続します。 HP 3PAR OS 3.1.3 では以下
の新しい最適化を提供します。
6
•
改善された SAS 割り込み処理により、より高い IOPS およびより少ない遅延をを持つ HP
3PAR StoreServ 7000 System で実現。
•
新しい 480 GB および 920 GB SSD を実装した Adaptive Sparing テクノロジーにより耐
久性が向上 (HP 3PAR StoreServ 7000 システムで使用可能) 。
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
スケーラビリティの向上
スケーラビリティの向上は、HP 3PAR StoreServ 7000 および 10000 モデルにのみ適用されま
す。
注記: 新しいスケーラビリティの向上は、HP 3PAR F クラスおよび T クラスストレージシス
テムには適用されません。
最大ドライブサポート
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースでは、HP 3PAR StoreServ 7200 Storage でサポートするハードディ
スクドライブの最大数が増加しました。 HP 3PAR StoreServ 7200 は、最大 240 台のドライブ
と 9 台のアドオンドライブエンクロージャーをサポートします。
最大 Raw 容量
HP 3PAR StoreServ 7000 および 10000 Storage でサポートしているドライブの最大 Raw 容量
については、表 1 「サポートされる raw 容量」を参照してください。
表 1 サポートされる raw 容量
モデル
最大 Raw 容量
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
400TB
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
1200TB
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
220TB
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
1600TB
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
3200TB
最大 FCoE ポート数
HP 3PAR StoreServ 10000 Storage でサポートされている FCoE ポートの最大数については表 2
「サポートされる FCoE ポート」を参照してください。
表 2 サポートされる FCoE ポート
モデル
最大 FCoE ポート数
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
48
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
96
ポートあたり最大 FC イニシエーター数
ポート当たりの FC イニシエーターの最大数については、表 3 「ポートあたり最大 FC イニシ
エーター数」を参照してください。
表 3 ポートあたり最大 FC イニシエーター数
モデル
ポートあたり最大 FC イニシエーター数
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
128
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
128
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
128
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
128
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
128
OS の新機能
7
システムあたり最大 FC イニシエーター数
システム当たりの FC イニシエーターの最大数については、表 4 「システムあたり最大 FC イ
ニシエーター数」を参照してください。
表 4 システムあたり最大 FC イニシエーター数
モデル
システムあたり最大 FC イニシエーター数
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
1,024
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
2,048
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
2,048
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
4,096
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
8,192
基本仮想ボリュームの最大数
基本仮想ボリュームの最大数については、表 5 「基本仮想ボリュームの最大数」を参照してく
ださい。
表 5 基本仮想ボリュームの最大数
モデル
仮想ボリュームの最大数
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
4,096
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
8,192
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
8,192
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
32,768
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
32,768
ボリュームの最大数
ボリュームの最大数は、基本仮想ボリュームと仮想コピーの合計です。 ボリュームの最大数に
ついては、表 6 「合計仮想ボリュームの最大数 (基本仮想ボリュームと仮想コピー)」を参照し
てください。
表 6 合計仮想ボリュームの最大数 (基本仮想ボリュームと仮想コピー)
モデル
仮想ボリュームの最大数
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
8,192
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
16,384
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
16,384
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
65,536
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
65,536
VLUN の最大数
これは、特定のシステムで構成済みの基本ボリュームの現在容量とボリュームの最大数の差の
要素です。 基本仮想ボリュームとイニシエーターにマッピングされている仮想コピーの数
VLUN の最大数については、表 7 「基本 VLUN の最大数」を参照してください。
8
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
表 7 基本 VLUN の最大数
モデル
最大 VLUN 数
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage
32,768
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage
32,768
HP 3PAR StoreServ 7450 Storage
131,072
HP 3PAR StoreServ 10400 Storage
131,072
HP 3PAR StoreServ 10800 Storage
131,072
HP 3PAR Remote Copy
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースでは、 HP 3PAR Remote Copy テクノロジーに、より大きなスケー
ラビリティと柔軟性を提供します。 このリリースでは、以下の利点も提供します。
•
より大きなスケーラビリティにより、4 x 4 複製トポロジが可能。
•
スケーラビリティの向上により、より多くの仮想ボリュームの複製が可能。
•
ノード当たり最大 4 つの RCFC リンク、および 1 つの RCIP リンクのサポート
HP 3PAR フェデレーテッドテクノロジー
HP 3PAR OS 3.1.3 は、ストレージフェデレーションの主導を継続します。 このリリースで、
HP 3PAR Peer Motion 技術に以下の機能拡張がされました。
•
Microsoft Windows クラスター環境での無停止データ移行
Peer Motion は、Microsoft Windows Server 2008、R2 および Microsoft Windows Server
2012、R2 フェールオーバー クラスターの無停止データ移行をサポートします。 HP 3PAR
の複製元アレイとなり得るのは、HP 3PAR OS バージョン 2.3.1、3.1.1、3.1.2、または
3.1.3 です。 HP 3PAR の複製先アレイには、HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 以降が動作し
ている必要があります。 無停止データ移行のサポートされている Windows クラスターの
最大サイズは、4 つのノードです。 この機能は、HP 3PAR Management Console プラット
フォーム上でサポートされています。
•
Linux クラスター環境での無停止データ移行
Peer Motion は、クラスター化された Red Hat および SLES HA 環境で、HP 3PAR OS バー
ジョン 2.3.1、3.1.1、3.1.2、または 3.1.3 を実行する HP 3PAR 複製元アレイから、HP
3PAR OS バージョン 3.1.3 を実行する HP 3PAR 複製先アレイへの無停止データ移行をサ
ポートします。 サポートされる構成についての詳細は、下記の SPOCK (Single Point of
Connectivity Knowledge for HP Storage Products) Web サイトで入手できます。
http://www.hp.com/storage/spock
•
単一ボリュームの移行
HP 3PAR OS 3.1.3 の Peer Motion により、 ホストにエクスポートされた個々のボリュー
ムをオンライン移行できます。これにより、複製元アレイからのホストのゾーニング解除
の必要がなくなり、複製元の 3PAR アレイからホストに割り当てられているボリュームの
サブセットのみを移行することによる負荷分散が提供されます。複製元と複製先どちらの
アレイも、HP 3PAR OS 3.1.3 を実行している必要があります。
•
サポート
HP 3PAR OS 3.1.3 は、HP 3PAR OS 2.3.1 を実行する複製元システムでの Peer Motion 経
由のデータ移行をサポートする最後の HP 3PAR OS メジャーリリースです。
OS の新機能
9
HP 3PAR Online Import の機能強化
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースでは、HP 3PAR Online Import で以下の拡張機能を追加します。
•
HP EVA FW XCS 11200000 のサポート
•
Linux クラスターホストのサポート
新しいドライブ
HP 3PAR OS 3.1.2 MU3 Patch 18 で導入された新しいハードディスクドライブおよびソリッド
ステートドライブは、HP 3PAR OS 3.1.3 でもサポートされます。 以下が含まれます。
•
450GB/900GB 10Krpm SAS 暗号化 (FIPS140-2 対応) HDD
•
2TB/4TB 7.2Krpm ニアライン SAS 暗号化 (FIPS140-2 対応) HDD
•
480GB/920GB MLC SSD
相互運用性
直接接続ケーブルのサポート
HP 3PAR OS 3.1.3 で、HP 3PAR StoreServ 7000、および 10000 Storage は、直接接続銅ケー
ブルによる接続をサポートします。 HP 3PAR StoreServ Storage に直接接続して動作が確認さ
れているネットワークインフラストラクチャーには、HP ProCurve および HP 3COM の直接接
続銅ケーブルとスイッチがあります。
注記:
現時点では、直接接続ケーブルは、iSCSI の場合にのみ使用できます。
機能拡張された仮想サービスプロセッサーのサポート
HP 3PAR OS 3.1.3 以降では、HP 3PAR 仮想サービスプロセッサーを、お客様が提供する
VMware または Microsoft HYPER-V のシステムにインストールできます。 仮想サービスプロ
セッサー v4.2 は、Microsoft Hyper-V Server 2008 R2、Hyper-V Server 2012、ESXi 4.x、ESXi
5.1、または ESXi 5.5 オペレーティングシステムでサポートされています。 詳細は、SPOCK
(HP Storage Single Point of Connectivity Knowledge) Web サイト (http://www.hp.com/storage/
spock ) を参照してください。
ホストオペレーティングシステムのサポート
HP 3PAR OS 3.1.3 は、以下のホストオペレーティング システムをサポートします。
•
Microsoft Windows Server 2012 R2
•
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2
•
VMware vSphere 5.5
HP 3PAR OS 3.1.3 では、HP 3PAR StoreServ アレイ上での FCoE ターゲットインターフェイス
のサポートが強化され、HP 3PAR StoreServ 7000 および 10000 Storage プラットフォーム用
のホストオペレーティングシステムとして、以下が追加されました。
•
Microsoft Windows Server 2012
•
Microsoft Windows Server 2012 R2
•
VMware vSphere 5.5
HP 3PAR OS 3.1.3 は VMware vSphere ホストオペレーティングシステム用の Host Persona 6
および 11 をサポートします。
HP 3PAR OS 3.1.3 は、Host Persona 6 をサポートする最後の HP 3PAR OS メジャーリリース
です。今後の HP 3PAR OS バージョンでは、サポートするすべての ESX バージョンで、Host
Persona 11 のみを使用します。
10
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
HP 3PAR OS 3.1.3 は、ALUA サポートおよび SES LUN のサポートを含む、HP-UX 11i v3 用の
Host Persona 13 をサポートします。 HP-UX 11i v3 用の Host Persona 13 および 7 がサポート
されています。
HP 3PAR OS 3.1.3 は、Windows 2008、Windows 2008 R2、および Windows 2012 用の Host
Persona 15 をサポートします。これらのオペレーティングシステムが動作するホストは、アレ
イを HP 3PAR OS 3.1.3 にアップグレードした後に、Host Persona 2 から Host Persona 15 に
変換する必要があります。 これは、オンラインでアクティブなホストで完了させることが可能
です。
サポートされているオペレーティングシステムのリストについては、SPOCK (Single Point of
Connectivity Knowledge) の Web サイト http://www.hp.com/storage/spock を参照してくだ
さい。
機能拡張された高温シャットダウン
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースは、動作温度が限界値に達するとシステム全体または単一のノー
ドをシャットダウンします。
システムのシャットダウン
温度の異常上昇により、多数のドライブをスピンダウンする必要があるために、TOC クォーラ
ムの消失が差し迫っている場合、システムはシャットダウンされます。 システムのシャットダ
ウンには、すべてのドライブのスピンダウンと、ノードのシャットダウンが含まれます。 シャッ
トダウンの一部にはノード、ドライブ、およびドライブエンクロージャーの電源を切ることは
含まれません。 以前のリリースと同様、個々のディスクは温度が動作制限に達したときにはス
ピンダウンします。
ノードのシャットダウン
ノード内の温度センサーのいずれかが重大な状況を報告すると、1 つのノードがシャットダウ
ンされます。 この機能は、HP StoreServ 7xxx Storage と HP StoreServ 10xxx Storage System
で利用可能です。
システムの電源オン
HP StoreServ 7xxx Storage System および HP StoreServ 10xxx Storage System では、高温シャッ
トダウンの後、周囲温度がシステム電源オン温度より 30 分間継続して低かった場合、システ
ムは自動的に立ち上がります。 その他のすべてのシステムでは、現行のシステムを手動でオン
にする手順が適用されます。
あるいは、高温のためにシングルノードがシャットダウンされると、ノードは、無期限にダウ
ン状態を継続するので、オペレータの介入が必要です。
HP 3PAR OS ソフトウェアアップグレードのオプション
HP 3PAR OS 3.1.3 および SP 4.2 のリリースで、HP 3PAR StoreServ 7000 をご使用のお客様
には、HP 3PAR OS ソフトウェアをアップグレードするときに 2 つのオプションがあります。
カスタマーセルフアップグレード (CSU)
HP 3PAR OS 3.1.3 および SP 4.2 のリリースで、HP 3PAR StoreServ 7000 をご使用のお客様
には、HP 3PAR OS ソフトウェアをご自身で実行するオプションもあります。 HP 3PAR StoreServ
7000 Storage System でまだ HP 3PAR OS 3.1.2 を使用している場合は、HP 3PAR OS ソフト
ウェアのアップグレードを計画する際、HP のサポート窓口または HP 正規代理店にお問い合わ
せください。 HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System を、HP 3PAR OS 3.1.3 および SP 4.2
にアップグレードした後は、今後の OS と SP のリリースはセルフアップグレードすることが
できます。 HP 3PAR OS および SP ソフトウェアをアップグレードするには各種の方法があり
ます。 HP 3PAR サービスプロセッサーに組み込まれている SPOCC GUI を使用することをお
勧めします。 サービスプロセッサーのソフトウェアバージョン 4.2 に含まれる新しい完全装
OS の新機能
11
備のアップグレードウィザードが、HP 3PAR OS およびサービスプロセッサーソフトウェアの
アップグレード手順をガイドします。
セルフアップグレード時におけるお客様の責任と対応のお願い
お客様には以下の点をお願いします。
•
ホストと SAN 環境がサポートされていて、HP の推奨事項やベストプラクティスに準拠し
ていることを確認する。
注記:
ホストと SAN の実装ガイドは、www.hp.com/go/hpsc から入手できます。
サポートマトリックスは、HP ストレージの SPOCK (Single Point of Connectivity Knowledge)
web サイト http://www.hp.com/storage/spock から入手できます。
アップデートが必要な可能性のある、他の SAN およびホストのコンポーネントは、それ
ぞれの保証ポリシーがあります。 この情報については各製品のドキュメントを参照する必
要があります。
•
ソフトウェアのアップグレードを開始する前に、SAN とホストの環境での問題を解決し
ておく。
•
ソフトウェアのアップグレードを開始する前に、関連ドキュメントはすべて確認してお
く。 ドキュメントには以下が含まれます (これらに限定されません)。
◦
『HP 3PAR OS リリースノート』
◦
『HP 3PAR オペレーティングシステムアップグレード事前計画ガイド』
◦
『HP 3PAR OS Upgrade Instructions』
◦
『HP 3PAR Service Processor Onsite Customer Care (SPOCC) User's Guide』
これらのドキュメントを入手するには、HP サポートの Web サイト http://www.hp.com/
support/manuals を参照してください。
マニュアルを十分に確認します。 お客様が、セルフアップグレード処理に不慣れであったり、
不安がある場合、HP または HP 正規代理店をご利用いただくことをお勧めします。お客様が
HP 3PAR StoreServ のサービス契約を購入している場合、HP または HP 正規代理店にアップグ
レード作業のご用命ができます。
HP サポート窓口、または HP 正規代理店への問い合わせ
HP にアップグレード作業をご依頼する場合、サービス契約でご案内しているサービス窓口、
あるいは HP グローバルデプロイメントセンター (英語対応) [email protected] にお問い合わせ
ください。その際に、HP 3PAR StoreServ Storage System のシリアル番号をお知らせください。
電子メールでのサービスは 24 時間 365 日ご利用いただけます。HP 正規代理店とサービス契
約がある場合、その代理店にお問い合わせのうえアップグレード作業のスケジュールをご調整
ください。
OS での変更
今回のリリースでは、以下の項目が解決されています。
12
問題 ID
項目
説明
58471
ディスクの劣化により P10000
Storage System のケージがオフラ
インになる
リンクが確立されると、ドライバーが全デバイスに PLOGI を並行し
て発行します。
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
一部の PLOGI が保留のままリンクがダウンすると、ドライバーは該
当するデバイスに PLOGI を個別に発行します。
問題 ID
項目
説明
PLOGI の保留中にリンクが再度ダウンすると、該当するデバイスに
「ByPass」とマークし、イベントを sysmgr に送信します。
71784
タイマー入力がゼロの場合、
locatesys で LED が消灯しな
い。
LED の点滅する秒数がゼロと指定されている場合、locatesys は、
値 0 を使用せずにタイマーのデフォルト値を使用し、LED を消灯し
ません。 LED を直ちに消灯する必要がある場合は、タイマー値を 1
と指定することによって解消されています。
72577
OpenVMS OS ホスト用に新しい
Host Persona を追加
OpenVMS OS ホスト用に新しい Host Persona を追加しました。 該
当する機能は、”Lun0SCC"および"UARepLUN"です。 "Lun0SCC"機
能を適用する場合、LUN0 はストレージ LUN の名前として使用すべ
きではありません。
73224
ノード間のトランスポート層の問
題により、ノードがマップされて
いないメモリにアクセス後、応答
しなくなる。
HP 3PAR OS のトランスポート層モジュールの問題により、ノード
が大量データムーバー要求を送信中に、マップされていないメモリ
領域に誤ってアクセスし応答しなくなることがあります。 これは解
決され、ノードが大量のデータムーバー要求で無効なメモリ領域に
アクセスすることはなくなりました。
73521
compactcpg コマンドで、データ CPG のサイズの増加の特性と一致しない LD がある場合 (やみくも
を不一致 LD に移動しなくなった。 な成長により生成された可能性が高い)、compactcpg を実行する
とき、CPG のサイズ増加の特性に一致する LD からデータを移動し
ないでください。
73582
AO によって行われる領域移動の AO によって行われる領域移動の実行中に、VV I/O をブロックしな
実行中に、ホスト I/O をブロック いでください。 これにより、AO がアクティブのときの急激なパ
することを避ける。
フォーマンス低下を避けられます。
75801
多数のホストが接続されている FC
ポートにおいて、フェイルオー
バー/フェイルバックを十分な速
度で行えず、ホストのログにマル
チパスのメッセージが記録される
ことがある。
多数のホストが接続されている FC ポートにおいて、フェイルオー
バー/フェイルバックを十分な速度で行えず、ホストのログにマル
チパスのメッセージが記録されることがありました。 ホストのマル
チパス機能により、パスが一時的に障害とマークされることがあり
ますが、これらのパスはすぐに復旧します。 この動作は、より厳し
いパス検証アルゴリズムを持つ Linux ホスト (Red Hat および SLES11)
において確認されています。 ただし、StoreServ インターフェイス
の負荷の高さの程度によっては、この動作が他のホストタイプでも
確認される可能性があります。 この問題は、フェイル オーバー動
作の最適化により解消されています。
77377
HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 以
降、基本のボリュームのスナップ
スペース LD が影響を受けた場合
は基本ボリュームは保持されな
い。
バージョン 3.1.3 より前の HP 3PAR OS では、VV ファミリのいず
れかの LD が保持されている場合、基本のボリュームも保持されま
す。 HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 以降、基本のボリュームのス
ナップスペース LD が影響を受けた場合は基本ボリュームは保持さ
れません。
78419
ISCSI ポートにおいて、フェイル
オーバー/フェイルバックを十分
な速度で行えず、ホストのログに
マルチパスのメッセージが記録さ
れることがある。
ISCSI ポートにおいて、フェイル オーバー/フェイルバックを十分
な速度で行えず、ホストのログにマルチパスのメッセージが記録さ
れることがあります。 ホストのマルチパス機能により、パスは一時
的に障害とマークされることがありますが、これらのパスはすぐに
復旧します。 この動作は、Windows 2008 および Windows 2012
ホスト上で発生します。 ただし、StoreServ インターフェイスの負
荷の高さの程度によっては、この動作が他のホストでも確認される
可能性があります。 この問題は、フェイル オーバー動作の最適化
により解消されています。
78798
Peer Motion PD は、障害が発生し 長期にわたって、Peer Motion 構成の複製元アレイが使用できなく
たように見えても、作業を継続す なると、ピア PD が障害とマークされます。 複製元アレイで障害が
ることがある。
解決したとき、正しく動作しているのに PD が障害と表示されます。
この問題は、ピア PD の状態が正しく表示されるように解決されま
した。
78842
フェイルオーバーのパートナーの showport –ids コマンドで、フェイルオーバーのパートナーの
ポートについて、IMC が誤った
ポートについて、正しくない iSCSI IP アドレスと iSCSI 名が表示さ
iSCSI IP アドレスと iSCSI 名を表 れます。 この問題は解決されています。
示する。
OS での変更
13
問題 ID
項目
説明
78937
有効なフェイルオーバーパート
ナーが無い場合、CLI の showport
コマンドでは、パートナーの列に
ダッシュ ('-') のみを表示する必要
がある。 しかし、場合によって
は、パートナー列に正しくない値
(実際の ノード:スロット:ポート の
値) が表示される。
有効なフェイルオーバーパートナーが無い場合、CLI の showport
コマンドでは、パートナーの列にダッシュ ('-') のみを表示する必要
があります。 ただし、場合によっては、パートナーの列は、実際の
ノード:スロット:ポート の値を表示します。 この問題は解決されて
います。
79772
showspace コマンドの実行中に
Sysmgr が応答しなくなる。
オペレーティングシステムの問題のためにコアダンプが作成され、
showspace コマンドの実行中に Sysmgr が応答しなくなります。
この問題は解決し、コアダンプは生成されません。
79933
admitrcopyvv コマンドで admitrcopyvv コマンドで - createvv オプションを使用する場
createvv オプションを使用する 合に、プライマリとターゲットの間でデータの不一致が発生するこ
場合に、プライマリとターゲット とがあります。 この問題は解決されています。
の間でデータの不一致が発生する
ことがある。
80249
startao コマンドでは、aomover
ログファイルが作成されることが
保証される。 これにより、
startao コマンドが早期に終了す
ることをさけられます。
HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 より前のバージョンでは、以下のエ
ラーが発生することがありました。
startao を実行すると、ファイルロギングプロセス (LOGFILEMGR)
が、ログファイル /var/log/tpd/aomover のステータスをチェッ
クします。 しかし、startao では aomover ログファイルを明示的に
は作成しないため startao の最初の実行時には、aomover ログ
ファイルが存在しません。 LOGFILEMGR プロセスが、ログ ファイ
ルが存在しないことを検出すると、aomover ログファイルとタス
クの詳細にエラー メッセージを書き込み、/var/log/tpd/aomover
を作成し、startao にエラーステータスを返します。これにより、
startao は早期の段階で終了します。 startao が終了するタイミ
ングは、LOGFILEMGR が aomover ログファイルが存在しないこと
を検出するタイミングに依存します。 LOGFILEMGR プロセスが、
aomover ログファイルが作成されていることを確認すると、以降
のすべての startao は正常に動作します。 startao の最初の実
行のみが、この問題に遭遇します。
HP 3PAR OS3.1.3 ではこの問題は解決しています。 startao の先
頭で、/var/log/tpd/aomover が存在することを確認します。
aomover ログファイルは、現在は startao のステータスを報告す
るためには使用していないので、常に空です。 startao コマンド
のステータスは、タスクマネージャー経由で、または直接コマンド
ラインに報告されます。
14
80777
setrcopygroup の新しいパス管 HP 3PAR OS 3.1.3 から、新しいパス管理のポリシーを同期 Remote
Copy グループに適用できます。 ポリシーは、グループのエクス
理のポリシーが用意された。
ポートされたボリュームのステータスに影響します。 セカンダリボ
リュームはスタンバイモードに、プライマリグループ内のボリュー
ムがアクティブになります。 パス管理のないグループのボリューム
が、プライマリシステムとセカンダリシステムの両方でアクティブ
になります。 アクティブなボリュームはホストからのアクセスが可
能です (プライマリで読み取り/書き込み、セカンダリで読み取り専
用)。 アクティブなセカンダリボリュームの動作は、以前のリリー
スでのスタンバイのセカンダリボリュームの動作と同じです。
82625
HP 3PAR OS 3.1.1 MU2 から HP
3PAR OS 3.1.2 へのアップグレー
ド後に OpenVMS LUN にアクセス
できない。
82972
HP 3PAR OS が大きなワークロー より良いフロー制御のために、書き込み操作を遅延するアルゴリズ
ドに遭遇したときに、書き込みを ム (遅延 ack) を更新しました。 新しいアルゴリズムは、キャッシュ
遅延するアルゴリズムの更新
負荷に基づいて遅延時間を計算します。
83204
アサーションが失敗する問題を解 アレイがトークンを無効化しようとするが、それを行うためのリ
決
ソースがない場合、Assertion failed:
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
OpenVMS Persona を持つホスト用に SCSI inquiry コマンドの応答
が変更されました。 通常は、応答メッセージ ANSI Version フィー
ルドの値は 0x06 です。 OpenVMS Persona を持つホストの場合、
このフィールドは 0x05 になります。 このフィールドの値は tcli
インターフェイスで変更できます。
問題 ID
項目
説明
sc->sc_vlun_stats_act == 0 が表示されます。これは、ホス
トにビジー状態のステータスを戻す前に、sc_vlun_stat_act フラグを
クリアすることにより解決します。
84558
HP 3PAR OS バージョン 3.1.2 GA HP 3PAR OS バージョン 3.1.2 GA では、Emulex FC ドライバーは、
では、Emulex FC ドライバーは、 ロックを保持した状態のままスレッドを待機モードにしようとしま
ロックを保持した状態のままス
す。 この問題は、コードの変更を行うことによって解決しました。
レッドを待機モードにしようとす
る。
84818
新しい Host Persona の導入:
新しい Host Persona の導入: HPUX、このオペレーティングシステム
HPUX、このオペレーティングシス の最新バージョンに最適です。 2 つの既存 Persona (Generic ALUA
テムの最新バージョンに最適。
および OpenVMS) の機能が変更されました。 新しいバージョンを、
以下に示します。
ID
名前
機能
2
Generic-ALUA
UARepLun、SESLun、
ALUA
12
OpenVMS
UARepLun、
Lun0SCC、SESLun
13
HPUX
UARepLun、
VolSetAddr、
Lun0SCC、ALUA、
SESLun
84893
STEC MACH8 SSD ドライブ用の
新しいファームウェアのサポー
ト。
STEC MACH8 SSD ドライブ用の新しいファームウェアをサポート
します。
86196
Remote Copy スナップショットを 例外的な状況では、サポートチームが Remote Copy のスナップショッ
強制的に削除するコマンド。
トを強制的に削除することが必要な場合があります。 内部限定の関
数 rm_force_delete_ss が用意され、これは、RC スナップショッ
トの仮想ボリューム識別子を入力として強制削除を実行します。
86569
ケージのアップグレードまたは再 ケージのアップグレードまたは再起動後、 showcage コマンドの出
起動後、 showcage コマンドの出 力が正しくない場合があります。 この問題は、ケージに接続されて
力が正しくない場合がある。
いる HBA ポートをリセットすることで解消されています。
86867
FCoE ポートの EthernetPort
OperationalStatus が不正確。
87176
statldrg の無効なタイムスタン Statldrg のタイムスタンプが無効だと、エラーが報告されます。
プのエラーメッセージが表示され
る。
87689
UNREG_LOGIN mailbox コマンド UNREG_LOGIN mailbox コマンドを、割り込みのコンテキストで呼
を、割り込みのコンテキストで呼 ぶことができません。 この問題は解決し、UNREG_LOGIN コマンド
ぶことができない。
は、割り込みのコンテキストでと呼ぶことができます。
88066
ホストによる追加の Persistent
Reservation (PR) 登録と PR
read_key 操作が同時に起こると、
バッファーオーバーランが発生す
ることがある。
ホストによる追加の PR 登録と PR read_key 操作が同時に起こると、
バッファーオーバーランが発生することがあります。 その結果、他
のメモリを上書きし、アレイが予期せず終了することがあります。
この問題は解決されています。
88343
checkrclink ツールは、すべての
MTU 値を処理します。
HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 より前では、checkrclink ツールはす
べての MTU 値は考慮していなくて、最大の MTU は 1500 または
9000 のいずれかに制限されていました。HP 3PAR OS バージョン
3.1.3 はすべての値を考慮します。
88531
システム当たり最大 1000 のサー システム当たり最大 1000 のサービス品質 (QoS) ルールをサポート
ビス品質 (QoS) ルールをサポート します。
する。
FCoE ポートの EthernetPort OperationalStatus は不正確です。 CLI ま
たは IMC でポートの正しいステータスを確認してください。
OS での変更
15
問題 ID
項目
説明
88599
特定のドライブの表示プロトコル ドライブブリッジ経由で接続されたドライブに不正な接続プロトコ
を修正。
ルが表示されることがあります。 HGST 2TB、Hitachi 400GB のド
ライブなどの複数のモデルに影響がある可能性があります。 この問
題は解決し、ブリッジ経由で接続されたドライブは正しい接続プロ
トコルを表示します。
88642
特定のドライブの表示プロトコル ドライブブリッジ経由で接続されたドライブに不正な接続プロトコ
を修正。
ルが表示されることがあります。 この問題は、ドライブの複数のモ
デルに影響を及ぼす可能性があります。 この問題は解決し、ブリッ
ジ経由で接続されたドライブは正しい接続プロトコルを表示しま
す。
88658
スペースが使用可能な場合は、
以前は、25 ldrg サンプルのみが許されていました。 ただし、非常
AO 用に複数 ldrg サンプルを使用 に容量が小さいアレイでは、同じ領域に、より多いサンプルを収集
できる。
できます。 Ldrg のサンプルに使用されるスペースの総量が、合計
.srdata VV サイズの 0.3 倍より大きい場合にのみ、ldrg サンプルを
削除します。
88941
SSD の追加のパフォーマンス監視 低速ドライブと呼ばれるサイレント障害カテゴリの監視対象ドライ
を追加。
ブの種類に SSD を追加します。 ここには、NL、FC (速度 10 およ
び速度 15)、SSD などサポートされているすべてのドライブ タイプ
が含まれます。 システムは、このようなドライブのサイレント障害
を監視し、障害が検出されたドライブのうち制限された数を予防的
に削除することができます。
89035
類似の CPG が存在すると、デフォ そのドライブおよび RAID タイプの同じ CPG がすでに存在している
ルト CPG が再作成されない。
場合、システムはデフォルトの CPG を再作成しません。
89801
RCFC ポートで、RCFC リンクがダ RCFC ポートで、RCFC リンクがダウンしている場合、showport
ウンしている場合、showport コ コマンドの出力の「Type」列が、「free」ではなく「iport」と表示
マンドの出力の「Type」列が、
されます。 この問題は解決されています。
「free」ではなく「iport」と表示
される。
89893
適切なゾーン設定がなされていな
い環境では、ある状況下で、待機
状態の要求が適切なタイミングで
実行されなかった場合、ファイ
バーチャネルドライバーがポート
リセットを開始する可能性があり
ます。
ELS コマンド用の Emulex ファイバーチャネルドライバーのリクエ
ストキューがフルのとき、ドライバーは新しい要求を再試行のキュー
に接続します。 この後、再試行キュー内のエントリーが一定の時間
処理されていないことを、ドライバーが検出した場合、ポートをリ
セットします。 リセット処理では、再試行キューのエントリーおよ
びすべての未処理コマンドのキュー内のエントリーをクリーンアッ
プします。 この結果二重解放になります。 この問題は解決されて
います。
HP 3PAR はゾーニングの構成に関する推奨事項を提供します。 こ
れらの推奨事項に従わない場合、HP 3PAR ターゲットポートが 1 つ
のゾーンに多数のホストポートを認識する可能性があります。
89978
10G iSCSI と FCoE 用の DAC ケー P0 適格の DAC ケーブルは、FCoE ターゲットポートで動作します。
ブルのサポート
90034
一部のファブリックスイッチで作
成された誤ったフレームによっ
て、HP 3PAR StoreServ Storage
ポートのシャットダウンが発生す
る。
一部のファブリックスイッチで作成された誤ったフレームによっ
て、HP 3PAR StoreServ Storage ポートのシャットダウンが発生しま
す。 これらの誤ったフレームはフィルタリングされるようになり、
問題は解決されました。
90053
SMI-S 1.5 の準拠および SMI-S 1.6
のサポート
SMI-S 1.6 機能をサポートし、SMI-S 1.5 コンフォーマンス テスト
に合格するために、cimserver プロバイダーメソッドを更新しまし
た。
DiskDriveLite のサブプロファイル変更。
• TPD_DiskDrive に、プロパティ LocationIndicator、Encryption、
FormFactor を追加
• TPD_StorageVolume と TPD_DiskStorageExtent に、プロパティ
ExtentDiscriminator を追加
• DiskStorageExtents と Primordial StoragePool の間に、新しい
TPD_AssociatedPrimordialDisks アソシエーション
16
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
問題 ID
項目
説明
マスキングとマッピング
• StorageHardwareID と SCSIProtocolController の間に、新しい
AssociatedPrivilege アソシエーション AssociatedPrivilege アソシ
エーションは、次の新しいクラスで実装します:
TPD_iSPCAssociatedPrivilege および TPD_SPCAssociatedPrivilege
複製サービスプロファイル
• 次の外部メソッドのサポート: CreateListReplica、GetPeerSystem、
CreateGroupReplicaFromElements、
GetReplicationRelationshipInstances
• TPD_RemoteReplicationGroup と TPD_ReplicationGroup に、プロ
パティ ConsistentPointInTime を追加
• TPD_RemoteReplicationCollection および、そのアソシエーション
クラス TPD_MemberOfRemoteReplicationCollection、
TPD_ReplicationAffectsRemoteCollection、
TPD_HostedRemoteReplicationCollection を追加
FC/FCoE イニシエーターポート
• プロパティ TPD_FCPort.PortDiscriminator のサポートを拡張
iSCSI ターゲットポート
• iSCSISession 機能を設定するプロパティ
TPD_iSCSICpabilities.SupportedFeatures を更新
アレイプロファイル
• ThinProvisioning を示す、プロパティ
SupportedCapacityOptimizations を持つ新しいクラス
TPD_ImplmementationCapabilities
90118
SD のフラグメント除去チェック中
に (SD2 のチェック前でも) 2 つの
SD スペース (SD および SD2) の間
で共有するフラグメント除去タイ
マーが不正にリセットされ、SD2
のフラグメント除去タスクの起動
が延期される。
SD のフラグメント除去チェック中に (SD2 のチェック前でも) 2 つ
の SD スペース (SD および SD2) の間で共有するフラグメント除去
タイマーが不正にリセットされ、SD2 のフラグメント除去タスクの
起動が延期されます。 この問題は、SD および SD2 の両方のチェッ
クが完了したとき (必要な場合にのみ)、フラグメント除去タイマー
を 1 回だけ増加するようロジックを変更することによって解消され
ました。
90347
ポート当たりのイニシエーター数 Emulex FC ドライバーが、ポート当たりのイニシエーター数が上限
が制限値を超えたときの新規ア
である 128 を超えたときにアラートを生成します。
ラート
90493
Qlen (srstatqos の WQlen)
Qlen (srstatqos の WQlen) フィールドの値が正しく計算されま
フィールドの値が正しく計算され せん。 この問題は解決されています。
ない。
90994
HP 3PAR OS 3.1.2 では、チップ
障害中に SAS ドライバーで、中断
処理、中断タイムアウトを伴う問
題が発生し、最終的には、優先順
位の高いクレジットが空きではな
いために FW コアが作成される。
91112
システムが、削除されたスナップ 再生キューは、システムが、削除されたスナップショットから領域
ショットから領域を復元するのに を復元するのに長時間かかることを防止するために導入されまし
長時間かかる。
た。
91251
Remote Copy のグループ逆転操作 Remote Copy の setrcopygroup の逆転操作に、グループの逆転
が失敗しても、リモートグループ を開始する前にリモートグループが停止していることを確認する
の停止に失敗したことを検知せ
チェックを追加します。
ず、プライマリ側の逆転は継続す
る。結果としてグループの状態が
不統一になる。
91313
オンラインアップグレード中にリ HP 3PAR OS 3.1.1 から HP 3PAR OS 3.1.2 または HP 3PAR OS
カバリが応答を停止する原因とな 3.1.3 リリースへのオンラインアップグレード中にアップグレード
に失敗し、3.1.1 にロールバックする場合、リカバリが完全にはで
SAS ドライバーのコードを変更して、アレイのバックエンドコマン
ドの中断処理を改良しました。 ドライバーは中断要求のタイムアウ
トを検出すると、チップ障害を自動的に検出し、チップのリセット
による解決を試みます。
OS での変更
17
問題 ID
18
項目
説明
る pfail のセーブパスの問題を解
決。
きない場合があります。 HP 3PAR OS 3.1.2 または 3.1.3 は、古い
バージョンのノード複製情報を正しく保存しない場合があります。
このとき、HP 3PAR OS はリカバリを完全にはできません。 この問
題は、HP 3PAR OS 3.1.1 から HP 3PAR OS 3.1.2 および 3.1.3 へ
のオンラインアップグレード用の pfail セーブのコードのチェック
を追加することによって解消されました。 これにより、HP 3PAR
OS 3.1.1 でも正しく読める古い形式を使用した複製情報の保存が
可能になりました。
91543
keepvv オプションを使用した変 TOC を読み取るコードは、基本 VV が常にスナップショットの前に
換後に TOC を読み取る際の問題 入力されていると想定していました。 ただし、keepvv オプション
の解決
を使用した変換は、スナップショットを別のベース VV に転送しま
す。 コードが修正されたため、TOC はこのシナリオで VV を適切
に読み取ることができるようになりました。
91590
HP 3PAR OS 3.1.2 MU1 から HP
3PAR OS 3.1.3 へのオンライン
アップ グレードはサポートされな
い。
Peer Motion のボリュームがシステム上に存在する場合は、オンラ
インアップグレードはできません。 Peer Motion は、段階的アップ
グレード中アクティブにすることはできません。
91625
showspace の精度の向上。
CPU に集中する動作である showspace コマンドの動作速度と精度
とのバランスを取る変更がされました。
92060
偽陽性タイムアウト状態の問題を シャットダウン (controlport offline) またはリセット (controlport rst)
解決。
などのリンクイベント時に、拡張リンク サービス (ELS)、共通トラ
ンス ポート (CT) などの制御要求がファイバーチャネルドライバー
で保留中のとき、特定の状況で、要求がドライバーによりクリアさ
れず、偽陽性タイムアウトの状態になります。 この問題は、このよ
うな保留中の要求をクリアして偽陽性タイムアウト状態を除外する
ことで解消されました。
92259
Remote Copy の定期的な同期処理 この問題は、次の例外表の検索を、次のチャンクの場所ではなく、
が同期化期間より長い時間かか
次のスナップの差異の場所から開始することによって解決しまし
る。
た。
92316
ホストにエクスポートされ、サー ホストにエクスポートされ、サービス品質 (QoS) ルールが適用され
ビス品質 (QoS) ルールが適用され た vvset から仮想ボリュームが削除されると、システムはエラーメッ
た vvset から仮想ボリュームが削 セージを出力することがあります。 この問題は解決されています。
除されると、システムはエラー
メッセージを出力することがあ
る。
92855
FC ドライバーの競合状態が、シス FC ドライバーの競合状態が、システムの再起動を引き起こす可能
テムの再起動を引き起こす可能性 性がある問題は解決しました。
がある
93356
Remote Copy の Peer Persistence
構成を作成するための手順が、必
要な追加のグループポリシー
(path_management) を含むように
変更される。
93546
Toccheck_in_progress_or_died メタデータの整合性チェックは、システムに問題がない場合でもフ
に関する Checkhealth 警告の問題 ラグ toccheck_in_progress_or_died を更新しない可能性が
が解決。
あります。 この問題は解決しました。
93733
ODX のゼロトークンパフォーマン これにより、シンプロビジョニングされたボリュームに対して「ゼ
スを最適化
ロ」トークンで実行された WRITE USING TOKEN SCSI コマンドの
パフォーマンスが最適化されます。
94154
Avago D9 SFP で RXEQ パラメー
ターが機能しない。
IOC540 ポートに、異なる RXEQ パラメーターを適用します。 Avago
D9 SFP では、現在の設定は動作しません。
94354
AO または tunesys の実行時に高
負荷となることを避ける
AO を実行するとき、領域移動タスクが近接して完了することがな
いように、各領域移動のタスクを最低 3 分の間隔を空けて起動する
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
オンラインアップグレードプロセス中は Peer Motion の使用を一時
的に停止するか、またはオフラインの更新を実行します。
Remote Copy の Peer Persistence 構成を作成するための手順が、必
要な追加のグループポリシー (path_management) を含むように変更
されます。 詳細は、『HP 3PAR Remote Copy ソフトウェアユーザー
ガイド』を参照してください。
問題 ID
項目
説明
ようにしています。 領域移動の完了で、I/O 停止ブロックや高頻度
ブロックにより高負荷になります。
94775
updatevv コマンドは、RW ス
ナップショットの最初の 20 文字
に固有の文字がないと、失敗す
る。
updatevv コマンドは、RW スナップショットの最初の 20 文字に
固有の文字がないと、失敗します。 この問題は解決し、RW スナッ
プショットの最初の 20 文字に固有の文字がなくても、 updatevv
コマンドが正常に動作します。
94920、 cli コマンドが応答せず、tpdtcl プ cli コマンドが応答しなくなり、CLI SRV_PROC の最大許容 tpdtcl プ
95366、 ロセスの許容最大値を超える。
ロセス数 96 を超えるという問題が解決しました。
96650
95052
tunevv の失敗により sysmgr が応
答しなくなる可能性がある。
場合によっては、tunevv の失敗が、objlist データ構造が初期化され
ていない時点で発生します。 cleanup コードは、これを適切に処理
できず、システムが応答しなくなります。 この問題は解決されてい
ます。
95072
SCSI カーネルコード内のヌルポイ これは、ホストへエクスポートする処理中の LUN について、SCSI
ンター参照を解決
コマンドを受信した場合、SCSI カーネル コード内で発生し得るヌ
ルポインター参照を処理します。 これは、StoreServ がエクスポー
トプロセスを完了するのに十分な時間を取得できるように、ホスト
にビジーを返します。
95368
スレッドの競合状態が SNMP コア IF テーブルのエントリーを変更または削除すると、同時に同じス
ダンプを引き起こす。
レッドにアクセスします。 この問題は解決されています。
95459
HP 3PAR 7000 Storage System シ
リーズでは、 showcage -d コマ
ンドは、実際のリンク速度が
3.0Gbps のところ、6.0Gbps のリ
ンク速度を表示する。
95684
クラスターロックステップのタイ ノードまたはネットワークの停止によりホストの損失が発生したと
ムアウトを解決。
き、SCSI 2 リザベーション処理および NACA 状態処理を加速する
ことにより、クラスターロックステップタイムアウトが解消しまし
た。 これにより、クラスターロックを保持中に、この作業を行うこ
とに関連するクラスターロックステップのタイムアウトを避けるこ
とができます。
96019
vv の制限値を変更。
vv の制限値を増やし、関連する pfail のセーブおよびリカバリの変
更が行われます。
96050
まれに、Persistent Port のフェイル
オーバーまたはフェイル バックの
シーケンス中にファブリックログ
イン承認メッセージが破棄される
場合がある。
まれに、Persistent Port のフェイル オーバーまたはフェイル バック
のシーケンス中にファブリックログイン承認メッセージが破棄され
る場合があります。 その結果、StoreServ は、SAN ファブリックに
ログインした特定の WWN を認識せず、ファブリックから正しく
ログアウトしません。 その WWN については、ログインの試行が
拒否されます。これにより、StoreServ ポートと、SAN 上のホスト
間の接続が失われます。
96226
Setdate コマンドを使用すること setdate コマンドを使用して、1 時間以上時刻を前方に移動する
で、すべての iSCSI セッションを と、セッションタイムアウトの誘因となり、すべての iSCSI セッ
終了し、再確立することがある。 ションが終了され、再確立されます。
96229
cimserver は、SLP (Service Location Cimserver は、通常、数日の動作の後に、非常に多数の SLP 要求を
Protocol) 要求の処理中のメモリ
処理したときにコアダンプします。 cimserver がベースとしている
リークでコアダンプする。
基本のコードのメモリリーク分析を実行し、既知の問題に対するメ
モリリークの修正を実装することにより、この問題は解決されま
す。
96434
Remote Copy グループ用の VV
セットの自動設定
96827
Persistent Port のフェイル オーバー Persistent Port のフェイルオーバー中に、多数の SCSI コマンド再試
中に複数のノードがエラー表示
行メッセージが発生し、これがイベント処理機構をオーバーフロー
し、再起動することがある。
させるために、複数のノードがエラー表示し、再起動することがあ
HP 3PAR 7000 Storage System シリーズでは、 showcage -d コマ
ンドは、実際のリンク速度が 3.0Gbps のところ、6.0Gbps のリン
ク速度を表示します。 この問題は解決し、正しいリンク速度が表示
されます。
VV セットが Remote Copy グループに基づいて自動的に作成されま
す。 これには、HP 3PAR OS 3.1.3 にアップグレードする前に存在
していたグループが含まれます。 セットは、グループのメンバー
シップに対する変更に一致するように更新されます。
OS での変更
19
問題 ID
項目
説明
ります。 この問題は、フェイルオーバーを先に進める前に VLUN
がエクスポートされることを確認することで解決します。
97073
タスク ID の最大値が、9999 から HP 3PAR StoreServ 上に潜在的に多数の VV オブジェクトがあるた
29999 に増加。
め、複数同時に実行できるタスクが多数必要です。 たとえば、それ
ぞれ 1 つの VV を持つ 6000 の定期 Remote Copy グループの Remote
Copy を実行する場合、同時に実行できるタスクが 18000 必要にな
る可能性があります。 追加のタスクに対応するために、タスク ID
の最大値を、9999 から 29999 に増加しました。
97190
異常な低速ドライブの処理の改良 システム内の異常な低速ドライブ (サイレント障害) の処理を改良し
ました。 これは、低速ドライブと呼ばれるサイレント障害のカテゴ
リによってシステムから削除される可能性のあるドライブの数を増
やすことで実現します。
97205
upgradecage コマンドの成功率 upgradecage コマンドの成功率が向上しました。 失敗は削減さ
が向上。
れ、エラーメッセージが役に立ちます。
HP 3PAR OS 3.1.3 から以前のバージョンへのダウングレードで
upgradecage エラーが発生し易いです。 このような場合、
upgradecage コマンドを再度実行する必要があります。
20
97211
showcage -d コマンドの出力
に、一部のインターフェイスボー
ドの データが不正な列に表示され
る。
97444
特定のドライブを承認することが この問題は解決されています。 ドライブの SED 状態を取得すると
できない。
き、DAR/SED プロトコルスタックがリセットされる状態になる場
合、DAR/SED プロトコルをリセットします。
97582
オンラインアップグレード中の
これは、HP 3PAR OS バージョン 3.1.2 MU1 より前のバージョン
LUN 0 HP-UX 問い合わせ失敗の解 から HP 3PAR OS バージョン 3.1.2 MU1 より後のバージョンへの
決
オンラインアップグレード中に、HP-UX ホスト用 LUN 0 の SCC
LUN 問い合わせデータが返らない問題に対処します。 SCC LUN
データの値を使用できない場合は、オンラインアップグレード中
に、HP-UX の ioscan を実行すると、プローブの障害がレポートされ
る可能性があります。
98294
ケーブルエラーの Checkhealth 情 すべてのケーブルのエラーについての共通エラー メッセージが問題
報が改善された。
の解決を遅らせます。 エラーメッセージを改善し、(ケーブル内に
1~3 のリンクがある場合) 障害発生リンクまたは (いずれかのリン
クが 3Gbps で動作している場合) 3Gbps のリンクのいずれかのメッ
セージを、checkhealth エラーテキストの最後に追加します。
98747
ケージが接続されていない 2 つ目 ケージが接続されていない 2 つ目のポートが、代替ポートとして応
のポートが、代替ポートとして応 答しなくなる問題があります。 これは、コードの変更を行うことに
答しなくなる問題。
よって対応しました。
98994
ノードが再起動された場合、同じ
ボリュームに対して複数の同期ス
レッドが開始される場合がある。
これは、同期スレッドのいずれか
が動作中に再同期スナップショッ
トが削除される問題を引き起こす
可能性があります。 これは、過度
のメモリ消費につながります。
ノードが再起動された場合、同じボリュームに対して複数の同期ス
レッドが開始される場合があります。 これは、同期スレッドのいず
れかが動作中に再同期スナップショットが削除される問題を引き起
こす可能性があります。 これは、過度のメモリ消費につながりま
す。 この問題は解決し、ノードダウン後に新しく同期処理を開始す
る前に実行中のすべての同期処理がキャンセルされることが保証さ
れます。
99022
LDV は、VV を LD のように見せて
いる内部 LD 構造です。 すべての
CPG の容量の計算でも、これらの
LDV の容量をユーザースペースと
して扱います。
LDV は、VV を LD のように見せている内部 LD 構造です。 すべての
CPG の容量の計算でも、これらの LDV の容量をユーザースペース
として扱います。 この問題は、CPG の容量を計算するときに LDV
を含めないことで解決しました。
99251
3TB または 4TB ニアラインドライ 3TB または 4TB ニアラインドライブがあるシステムのオフセット
ブがあるシステムのオフセット
オーバーフローに対処しました。
オーバーフローに対処。
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
showcage -d コマンドの出力に、一部のインターフェイスボード
の データが不正な列に表示される。 この問題は解決されています。
Card0、Card1 の下にあるデータは正しくなり、それぞれインター
フェイスボード 0 とインターフェイスボード 1 に関連付けられて
います。
問題 ID
項目
説明
99429
割り込みスタックサイズの不足の
ために、Linux の"Oops"メッセー
ジが出力され、ノード 1 が再起
動。
割り込みスタックサイズの不足のために、Linux の"Oops"メッセー
ジが出力され、ノード 1 が再起動されます。 この問題は、Linux の
割り込みスタックサイズを 32K バイトに増やすことで解消されま
した。
99549
AutoExportAfterReboot パラ
メーターが「no」に設定され、再
起動後に LUN をエクスポートする
のに setsysmgr を使わない場合は、
システムの再起動後にホストが再
接続されると LUN がエクスポート
されることがある。
AutoExportAfterReboot パラメーターが「no」に設定され、再
起動後に LUN をエクスポートするのに setsysmgr を使わない場合
は、システムの再起動後にホストが再接続されると LUN がエクス
ポートされることがあります。 この問題は解決し、LUN がこのケー
スでエクスポートされることはありません。
99741
一貫性のない AOCFG が検出され SYSMGR の起動時に、一貫性のない AOCFG が検出された場合、
た場合に、SYSMGR が再帰的な無 AOCFG を削除し、アラートを報告します。
応答になるのを避ける。
ロギング処理が改良され、AOCFG が作成される原因の特定に役立
ちます。
102478
ODX コマンド処理の更新。
ODX に関連する一部の SCSI コマンドの処理が向上します。
102534
HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 に
アップグレードする前に、RCIP リ
ンクがチューニングされているこ
とを確認する。
HP 3PAR OS 3.1.3 において、Remote Copy のリンクで最適なパ
フォーマンスを得るには、 setrcopytarget tunelinks コマン
ドを使用して RCIP リンクをチューニングします。
たとえば、1Gigabit Ethernet RCIP リンク ×2 の構成で、showrcopy
targets コマンドを発行します。
cli% showrcopy targets
Remote Copy System Information
Status: Started, Normal
Target Information
Name ID Type Status Options
s125 19 IP
ready
mirror_configs273
Policy
cli% setrcopytarget tunelinks 200000 1 s125
setrcopytarget tunelinks コマンドの詳細は、『HP 3PAR
Remote Copy ソフトウェアユーザーガイド』に記載されています。
checkrclink コマンドを使用して、ネットワークスループットと
待ち時間のような必須のチューニングパラ メーターを確認します。
HP 3PAR OS 3.1.3 にアップグレードする前にチューニングを実行
することをお勧めします。
M:N 構成では、 setrcopytarget tput コマンドを使用して、
ターゲットシステムに対するスループットが、使用可能な帯域幅を
超えていないことを確認することをお勧めします。
OS での既知の問題
問題 ID
項目
説明
80428
AO 構成内の VV で誤った RAID タ Adaptive Optimization によって複数の階層に分割されている VV
イプおよびデバイスタイプ情報が では、誤った RAID タイプやデバイスタイプ (SSD、FC、NL) 情報
表示されることがある
が表示されることがあります。 これは表示上の問題であり、新た
な VV の拡大で取得されるプライマリ階層の CPG には影響はあり
ません。 これは、VV、AO 構成内の VV のプライマリ CPG を、
OS での既知の問題
21
問題 ID
項目
説明
setcpg コマンドを使用して変更する場合にも発生する可能性があ
ります。
87003
dismissrcopyvv コマンドで、 dismissrcopyvv コマンドのオプションを解析するときに、-pat
-pat オプション以後が無視され オプションは、コマンドの末尾で、パターンのリストの直前であ
ると想定されています。この想定は、構文の定義に合致しておら
る。
ず -pat 以降のオプションは無視されます。
92692
FC アダプターが CNA アダプター
と交換されると、 iSCSI ポートが
断続的に config_wait 状態になる
ことがある。
FC アダプターが CNA アダプターと交換されると、iSCSI ポート
の TOC 情報が正しくなくなることがあります。 アダプターを交
換すると、ノードの再起動やノードのエラーの後、iSCSI ポートが
断続的に config_wait 状態になることがあります。 ポートをリセッ
トすると、config_wait 状態がクリアされます。 TOC の矛盾を解
決するには、ポートを FCoE モードにスイッチし、その後 iSCSI
モードに戻します。
92831
rm_config_group_dr の問題で、
ターゲットのビジー ビットがセッ
トされる。しかし、ターゲットを
指定した復元コマンドがセカンダ
リアレイから発行されると、復元
コマンドの完了後、ターゲットの
ビジービットがクリアされない。
rm_config_group_dr の問題で、ターゲットのビジー ビットがセッ
トされます。しかし、ターゲットを指定した復元コマンドがセカ
ンダリアレイから発行されると、復元コマンドの完了後、ターゲッ
トのビジービットがクリアされません。
回避策: この問題を回避するには、復元コマンドをセカンダリアレ
イではなくプライマリアレイから発行する必要があります。
101049
tunesys の実行中に、CPG の名前 tunesys コマンドは、分析フェーズ中に多数の tune コマンドを生
を変更すると、チューニングが失 成することがあります。 生成されたチューニングを実行する前に、
敗することがあります。
CPG の名前が変更されると、チューニングが失敗することがあり
ます。 CPG の名前は tunesys の動作中に変更してはいけません。
さもないと、CPG 間で予期しない VV の移動が発生する可能性が
あります。
101859
HP 3PAR StoreServ バージョン
3.1.3 から以前のリリースへダウ
ングレードすると、checkhealth 警
告とノードの空きディスクスペー
スサービスアラートが発行され
る。
HP 3PAR StoreServ バージョン 3.1.3 から以前のリリースへダウン
グレードすると、Filesystems which are over 80% full
の checkhealth 警告やノードの空きディスクスペースサービスア
ラートが発行される可能性があります。 バージョン 3.1.3 では、
ローカルノードドライブの必要容量が増加し、以前のバージョン
の監視しきい値で問題とされていた位置まで増加しました。 3.1.3
のリリースでは、監視コードがこの増加をサポートする新しいし
きい値に変更されています。
StoreServ がその後、3.1.2 などの以前のリリースにダウングレー
ドされた場合は、プライマリパスにターゲットバージョンがイン
ストールされても、3.1.3 のファイルシステムは、ローカルノード
ドライブの代替ブートパスに移動されます。 これにより、必要な
場合、StoreServ を 3.1.3 リリースに戻せます。 この代替のファイ
ルシステムは 3.1.2 の監視ソフトウェアから認識されるので、
checkhealth 警告 (ファイルシステムがフルの 80% 以上) およびサー
ビスのアラート (ノードの空きディスク容量) が発生します。
102018
22
tunesys のチャンクレットクリーニ tunesys のチャンクレットクリーニングの表示では、最後の間隔で
ングの表示では、最後の間隔でク クリーニングされたチャンクレットの数が常に 0 と表示されます。
リーニングされたチャンクレット 残りのチャンクレット数は正しく表示されます。
の数が常に 0 と表示される。
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースノート
2 HP 3PAR CLI リリースノート
CLI のインストールノート
ウィルスチェック
ウィルスチェックによって速度が低下し、CLI のインストール時に問題が発生する可能性があ
ります。 OS CLI のインストールまたはアンインストールを行う前に、実行中のすべてのアプ
リケーションを終了し、ウィルスチェックソフトウェアを無効にしてください。
非推奨コマンド
HP 3PAR CLI の次回のメジャーリリースでは、非推奨のコマンドは、CLI から削除されます。
次のリリースでの互換性の変更
HP 3PAR CLI の次回のメジャーリリースでは、古いリモート CLI クライアント (3.1.2 より前の
CLI クライアント) は HP 3PAR OS に接続することはできません。
インストールディレクトリ
HP 3PAR CLI 3.1.3 のデフォルトのインストール場所が変更されました。 HP 3PAR CLI の以前
のバージョンは手動で削除する必要があります。
Windows 32 ビットシステム:
古いインストール先: C:\Program Files\3PAR\inform_cli_<version>
新しいインストール先: C:\Program Files\Hewlett-Packard\HP 3PAR CLI
Windows 64 ビットシステム:
古いインストール先: C:\Program Files (x86)\3PAR\inform_cli_<version>
新しいインストール先: C:\Program Files (x86)\Hewlett-Packard\HP 3PAR CLI
UNIX および Linux:
古いインストール先: /opt/3PAR/inform_cli_<version>
新しいインストール先: /opt/hp_3par_cli
Microsoft Windows OS の [プログラム] メニューが変更されました。
古いメニュー: [スタート]→[プログラム]→[HP 3PAR]→[HP 3PAR CLI <version>]
新しいメニュー: [スタート]→[プログラム]→[HP 3PAR CLI]→[HP 3PAR CLI <version>]
CLI の新機能
以下のホストオペレーティングシステムがサポートされます。
•
Red Hat Enterprise Linux 6 Update 3 (RHEL 6.3)
•
Red Hat Enterprise Linux 6 Update 4 (RHEL 6.4)
•
IBM AIX 6.1
•
IBM AIX 7.1
•
Windows Server 2012 R2、日本語版
タスク ID の最大数が増加します。
VV、VLUN および LD の数の増加に伴い、showvv、 showvlun、および showld コマンドの
出力はチャンク単位で表示されます。 つまり、出力されるオブジェクトの合計数が 8K 以上の
とき (showvv、showld、および showvlun では)、出力はチャンクの形式になります。
CLI のインストールノート
23
したがって、
•
1 つのチャンクから次のチャンクまで、列の名前または値が大きい場合は、列ももっと広
くなります。
•
出力をソートする場合、各チャンク内でソートされます。 つまり、最初のチャンクの最後
に VV zzzz が表示されることがありますが、最後のチャンクの最後にはありません。
合計の行数は、同じままです。
これは、コマンド setclienv histstatnum と同じです。 詳細は、コマンド setclienv-h
を参照してください。
オプション -sortcol が一部の CLI コマンドに追加されました。このオプションは、優れたレ
ポート機能を提供します。 このオプションにより、サービス リクエスト履歴データを任意の
列でソートできます。 たとえば、srstatcpu により CPU 使用率のサービスリクエストの履歴
データを取得し、使用率の昇順にソートして、最大または最小の CPU 使用率の発生時点を表
示します。
HP 3PAR CLI 3.1.3 では、以下のコマンドが追加されています。
コマンド
説明
createcert
HP 3PAR Storage System の証明書を作成します。
createsralertcrit
System Reporter のアラートの基準を作成します。
promotegroupsv
そのベースボリュームまたは指定された RW 親ボリュームに対する仮想コ
ピーのバッチプロモートをします。
removesralertcrit
System Reporter のアラートの基準を削除します。
removewsapisession
WSAPI ユーザー接続を削除します。
showcert
HP 3PAR Storage System の SSL 証明書についての情報を表示します。
showencryption
データの暗号化情報を表示します。
setsralertcrit
System Reporter のアラート基準のプロパティを変更します。
showsralertcrit
System Reporter のアラート基準を表示します。
showwsapisession
Web サービス API サーバーセッション情報を表示します。
srstatrcopy
Remote Copy リンクについての System Reporter のパフォーマンスレポート
srstatrcvv
Remote Copy ボリュームについての System Reporter のパフォーマンスレ
ポート
変更されたコマンド
コマンド
追加されたオプション (別途記述があるものを除く)
addsnmpmgr
-snmpuser、-version
canceltask
compactcpg
-nomatch
controlport
-virt_ports
createaspare
-checkonly
createsched
-f スケジュールバースト検出
histrcvv
promotesv
24
HP 3PAR CLI リリースノート
-online
コマンド
追加されたオプション (別途記述があるものを除く)
removetask
setdate
-f
setnet
複数 DNS サーバー
setqos
setrcopygroup
新しいポリシー [path_management | no_path_management]
setsched
-f および スケジュールバースト検出
setsys
ThermalShutdown <value>
注記: デフォルト値は、オンです。 これがオフに設定されていると、高温シャットダウ
ンはオフになりますが、個々のドライブは温度上限に達するとスピンダウンを継続します。
高温シャットダウン機能を有効にするには、値をオンに設定します。
settask
setvv
-clralua
showcert
showcpg
-sortcol、-aocfg
showport
showqos
showrcopy
showsched
-window
showsralertcrit
-major、-minor、-info
showsysmgr
-l
showtask
showvvmap
-allocmap、-unsharedmap
showvvset
-summary
showwsapisession
sraomoves
-oneline、-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srcpgspace
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srhistld
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srhistpd
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srhistport
-sortcol、-port_type、-btsecs デフォルト設定の変更
srhistvlun
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srldspace
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srpdspace
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srrgiodensity
-cumul、-pct、-withvv、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatcmp
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatcpu
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatld
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatlink
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
変更されたコマンド
25
コマンド
追加されたオプション (別途記述があるものを除く)
srstatpd
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatport
-sortcol、-port_type、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatqos
-sortcol、-target、-btsecs デフォルト設定の変更
srstatvlun
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
srvvspace
-sortcol、-btsecs デフォルト設定の変更
startao
-min_iops
statqos
waittask
削除および非推奨のコマンドとオプション
HP 3PAR OS 3.1.3 リリースでは、下記のコマンドは削除されたか、または非推奨になりまし
た。
削除されたコマンドとオプション
createald
同等のコマンドなし
createaldvv
代わりに、 createvv コマンドを使用します。
createavv
代わりに、 createvv コマンドを使用します。
createld
代わりに、 createvv コマンドを使用します。
createtpvv
代わりに、 createvv -tpvv コマンドを使用します。
growaldvv
代わりに、 growvv コマンドを使用します。
growavv
代わりに、 growvv コマンドを使用します。
growtpvv
代わりに、 growvv コマンドを使用します。
setntp
代わりに、setnet ntp コマンドを使用します。
srstatqos
オプション -vvset および -all_others は非推奨です。
tunealdvv
代わりに、 tunevv コマンドを使用します。
tunetpvv
代わりに、 tunevv コマンドを使用します。
CLI の変更
26
問題 ID
項目
47915
新しいオプション -sortcol 新しいオプション -sortcol が、showcpg コマンドに追加されます。
が、showcpg コマンドに追 これにより、任意の出力の列に基づいてソートができます。
加される。
59655
-listcols オプションで
-listcols オプションを使用して、スペースで区切られた項目を表示
は、項目の間にカンマが表示 します。 項目は、CSV (カンマ区切り値) 形式で表示されます。
されます。
62087
パターンを使用して複数の仮 VV 名のパターンを指定して、1 つのコマンドで複数の仮想ボリューム
想ボリュームの有効期限を設 の有効期限を設定できます。
定します。
たとえば、 setvv -exp 20d vv* - このコマンドで「vv」を名前の先
頭に持つすべての仮想ボリュームに対する有効期限を設定します。
HP 3PAR CLI リリースノート
説明
問題 ID
項目
説明
66173
HP 3PAR OS バージョン
3.1.3 から、CLI サーバーは
AES 暗号をサポートしてい
ます。
HP 3PAR OS バージョン 3.1.3 から、CLI サーバーは AES 暗号をサポー
トしています。 次の AES 暗号をサポートしています。
• AES128 SHA
• AES256 SHA
• DHE-RSA-AES128 SHA
• DHE-RSA-AES256 SHA
66440
CLI で日時の設定をする場合 setdate で指定した日付が正しいことを確認するために、指定した日付
のユーザー確認プロンプトが と時刻がユーザーに表示され、続行の確認が要求されます。 確認プロ
用意されています。
ンプトを表示しないようにするには、 -f オプションを使用することが
できます。
75452
VV 用のバッチベースプロ
モート
新しい CLI コマンド promotegroupsv が追加されました。
84204
CLI クライアントで AIX 6.1
および AIX 7.1 をサポート
CLI クライアントに新しく AIX 6.1、および AIX 7.1 のサポートが追加
されます。 ディスク スペース要件は次のとおりです。
インストーラー: 105MB
一時スペース: 290MB
インストール後のスペース: 90MB
84211
新しい再試行可能な終了ス
テータス (コード 10)
1. 再試行可能な終了ステータスを有効にするには、CLI ユーザーが、次
のいずれかを実行する必要があります。
• TPDCLIENHERROR のセット
• CLI オプション -enherror を使用する
2. 1 以外の終了ステータス
一部のお客様のスクリプト (内部および外部) では、ハードコード値
1 (エラーが 1 の場合) でエラーのチェックをしている可能性があり
ます。 この場合、ゼロ以外の値でエラーを返されると、お客様のス
クリプトが失敗する可能性があります。 お客様のスクリプトが現
在、エラーをチェックするのにゼロ以外の値を使用している場合は、
この変更による影響はありません。
86167
以前のバージョンの VV セッ
トは現在のメンバーでのみ表
示されていたので、セット単
位でアクセスすると、サービ
ス リクエストの履歴データ
が不正確になる可能性があっ
た。
以前のバージョンの VV セットは現在のメンバーでのみ表示されていた
ので、セット単位でアクセスすると、サービス リクエストの履歴デー
タが不正確になる可能性がありました。 この制限は解消されました。
さらに、srvvspace コマンドを groupby オプションで使用する場合で
も、VVSET_NAME が有効な列として使用できます。
86168
セットの機能の拡張
以前のバージョンの VV セットまたはホストセットは現在のメンバーで
のみ表示されていたので、セット単位でアクセスすると、サービスリ
クエストの履歴データが不正確になる可能性がありました。 この制限
は解消されました。 さらに、groupby オプションを使用する場合でも、
VVSET_NAME および HOSTSET_NAME が有効な列として使用できま
す。
87135
sraomoves コマンドの機能 sraomoves コマンドに -oneline オプションが追加されます。 この
強化。
オプションは、各 aocfg について合計と共に 1 行で出力します。
87138
srstatport および
srhistport コマンドの機
能強化。
87160
checkupgrade が接続を読 checkupgrade 接続を読み取ることができない場合、次のエラーが表
み取ることができない問題を 示されます。
解決。
can't read "connections(123456789ABCDEF1)": no such
element in array.
CLI コマンド srstatport および srhistport が機能強化され、特定
のポートタイプと特定のポートセットを選択することができます。 特
定のポートタイプを選択するための新しい port_type オプションと、
ポート選択パターン指定子が追加されました。
CLI の変更
27
問題 ID
項目
説明
checkupgrade スクリプトがアップデートされ、この問題は解決しまし
た。
87894
showcpg コマンドに、新し オプションは、 showcpg コマンドに新しいオプション -aocfg
いオプション -aocfg が追 <aocfg_name> が追加されます。 このオプションでは、aocfg
加される。
<aocfg_name> の一部である CPG のみを含めることができます。
89855
srrgiodensity コマンド srrgiodensity コマンドに新しいオプション -cumul と -pct が追
に新しいオプション -cumul 加されます。 これらのオプションは、それぞれデータを累積形式とパー
センテージ形式で表示します。
と -pct が追加される。
91044
srrgiodensity コマンド srrgiodensity コマンドで - withvv オプションが指定されると、
で - withvv オプションが VV 情報が出力に含まれます。
指定されると、VV 情報が出
力に含まれる。
92641
startao コマンドに新しい
オプション -min_iops
<min_iops> が追加され
る。
startao コマンドに新しいオプション -min_iops <min_iops> が
追加されます。 このオプションでは、AOCFG 用の最小の LD IOPS を
指定します。この値以下では領域の移動は実行されません。 min_iops
のデフォルト値は、50 です。
これは、startao の測定間隔の間にアプリケーションがダウン (計画
済みまたは予期しない) したために、以前はビジー状態だった領域が測
定間隔中にアイドル状態になるといった状況に対処します。 以前はビ
ジー状態だったすべての領域は低速の階層に移動されません。さもな
いとアプリケーションが再起動されたとき、アプリケーションのパ
フォーマンスが悪い状態になります。
94518
sr で始まるほとんどのコマ srrgiodensity 以外のすべての sr で始まるコマンドに -sortcol オ
ンドに列でソートする機能が プションのサポートが追加されます。
追加される。
96192
srrgiodensity -cpg コ srrgiodensity -cpg コマンドが機能拡張され、複数の CPG の名前
マンドが、複数の CPG に対 とパターンが使用可能となり、1 つのコマンドで複数の CPG を分析可
して動作する。
能になりました。
96523
コマンド removevv
コマンド removevv -expired エラーが発生すると、終了ステータス
-expired エラーが発生す を設定します。 これは、スケジュール済みタスク
ると、終了ステータスを設定 remove_expired_vvs にも影響します。
する。
97247
sysmgr 再起動時にすべての
cachesvr を更新する。
100335
SR コマンドの出力が低下す SR コマンドでサービス リクエストの履歴データを取得して表示する際
る。
に速度が低下することがあります。サービスリクエストの履歴データ
の取得の遅れは、SR コマンド (–btsecs オプション) のデフォルトの
開始時刻を制限することにより削減できます。–btsecs のデフォルト
値は、指定された開始時刻とサンプルカテゴリオプション (-hires、
-hourly、-daily) に依存します。
sysmgr の再起動時に、すべてのオブジェクトを同期化するために、す
べての cachesvr を更新します。 これにより、sysmgr の再起動後に、
getstatcmp -v コマンドが発行されたとき、イベント Entry xxx
vv id nnnn invalid が発生する可能性が排除されます。
開始時刻が指定されない場合、レポートの開始時刻は、指定されたサ
ンプルカテゴリオプション (-hires、-hourly、-daily) に依存します。
• hires のデフォルトの開始時刻は 12 時間前 (-btsecs -12h) です。
• hourly のデフォルトの開始時刻は 7 時間前 (-btsecs -7d) です。
• daily のデフォルトの開始時刻は 90 日前 (-btsecs -90d) です。
開始時刻もサンプルカテゴリ喪指定されなかった場合、レポートの開
始時刻は 12 時間前となり、デフォルトのサンプルカテゴリは hires に
なります。
28
HP 3PAR CLI リリースノート
3 HP 3PAR CIM OS API リリースノート
HP 3PAR CIM API の新機能
•
SMI-S 1.5 認定
•
プロバイダーの応答は常に HTTP チャンクが有効になっています。 以前のバージョンで
は、クライアントが要求の HTTP 転送エンコーディングヘッダーフィールドに「chunked」
または「trailers」を指定した場合、プロバイダー応答は HTTP-chunked のみでした。
•
HTTP のバージョン 1.1 以降のクライアントのみサポートします。 HTTP 1.0 のクライアン
トからの要求は拒否されます。
•
複製サービス
◦
•
•
–
CreateListReplica
–
CreateGroupReplicaFromElements
–
GetReplicationRelationshipInstances
◦
TPD_RemoteReplicationCollection およびその関連付けクラス
TPD_MemberOfRemoteReplicationCollection、TPD_ReplicationAffectsRemoteCollection、
および TPD_HostedRemoteReplicationCollection を追加します。
ディスクドライブライト
◦
TPD_DiskDrive クラスでの新しいプロパティ LocationIndicator、Encryption、FormFactor
のサポートが追加されました。
◦
TPD_StorageVolume および TPD_DiskStorageExtent クラスでの新しいプロパティ
ExtentDiscriminator が追加されました。
◦
DiskStorageExtents と Primordial StoragePool の間に、TPD_AssociatedPrimordialDisks
アソシエーションが追加されました。
マスキングとマッピング
StorageHardwareID と SPC の間に、AssociatedPrivilege アソシエーションが追加され
ました。
FC イニシエーターポート (FCoE を含む)
プロパティ TPD_FCPort.PortDiscriminator のサポートが追加されました。
iSCSI ターゲットポート
◦
•
GetPeerSystems
TPD_RemoteReplicationGroup と TPD_ReplicationGroup に ConsistentPointInTime プロ
パティを追加しました。
◦
•
–
◦
◦
•
ReplicationService クラスで次の外部メソッドのサポートを追加します。
iSCSISession 機能を設定するプロパティ TPD_iSCSICpabilities.SupportedFeatures を更
新しました。
アレイプロファイル
◦
ThinProvisioning を示す、プロパティ SupportedCapacityOptimizations を持つ新しい
クラス TPD_ImplmementationCapabilities を追加しました。
HP 3PAR CIM API の新機能
29
•
StorageClientSettingData に新しい ClientTypes が追加されました。
Persona
ClientType
OtherClientTypeDescription
13
HP-UX (4)
HP-UX (11i v3)
15
Microsoft Windows (15)
Generic Microsoft Windows
Microsoft Windows Server
2008(20)
Windows 2008/2008R2/2012
インターフェイスの変更
•
HP 3PAR 3.1.2 MU2 以前から HP 3PAR OS 3.1.3 にアップグレードする場合は、サーバー
証明書が変更になります。 クライアントアプリケーションがサーバーの証明書を無視しな
い場合に、この変更を処理できることを確認します。
削除および非推奨のコマンドとオプション
•
HTTP 1.0 クライアントのサポートが削除されます。 HTTP 1.1 以降のみサポートされてい
ます。
•
メソッド ReplicationService_TPD_CreateConsistentReplicaList は非推奨となりました。
CreateListReplica を代わりに使用してください。
HP 3PAR CIM API への変更
問題
ID
項目
説明
86867 FCoE ポートの EthernetPort
OperationalStatus が不正確。
FCoE ポートの EthernetPort OperationalStatus は不正確でした。
この問題は解決されています。
89041 TPD_StorageSystem と TPD_FCPort に
EnabledState プロパティを設定。
TPD_StorageSystem と TPD_FCPort に EnabledState プロパティが
設定されました。
90446 TPD_EthernetPort クラスに
DeviceTypeConnected プロパティを追
加。
TPD_FCPort クラスと同様に、TPD_EthernetPort クラスに
DeviceTypeConnected プロパティを追加しました。
98976 CIM_AuthorizedPrivilege からの
CIM_AuthorizedTarget アソシエーショ
ンは、時々間違った SPC になりまし
た。
CIM_AuthorizedPrivilege からの CIM_AuthorizedTarget アソシエー
ションが、時々間違った SPC になる問題。 この問題は解決され
ています。
99310 例外メッセージの最後に不要なライン 例外メッセージの最後に不要なラインフィード文字が存在するこ
フィード文字が存在することがある。 とがあり、クライアントの表示が混乱します。 この問題は解決さ
れています。
30
HP 3PAR CIM OS API リリースノート
HP 3PAR OS CIM API の既知の問題
問題 ID
項目
説明
100128
HidePaths 障害でエラーコードの不一 一部の HidePaths 障害 (たとえば、存在しないボリュームのマ
致が発生。
スキング) では、プロバイダーからの応答が、不正確なエラー
コードとエラーメッセージになる可能性があります。
100831
プロバイダーからのエラーメッセージ プロバイダーからのエラーメッセージが 85 文字を超えている
が途中から切り捨てられる。
と、途中から切り捨てられることがあります。
HP 3PAR OS CIM API の既知の問題
31
4 HP 3PAR OS 3.1.3 Web ServicesAPI リリースノート
HP 3PAR Web Services API Software の新機能
•
HP 3PAR Operating System 3.1.3 で、Web Services API がサポートされました。
HP 3PAR OS 3.1.3 WS API に、次の操作が追加されました。
•
多数の仮想ボリュームと VLUN をサポートするための HTTP チャンクの導入
•
拡大された同時 API セッション数のサポート
•
仮想ボリュームセットおよびホストセット (作成、削除、変更、オブジェクトの追加、お
よび削除) のサポート
•
仮想ボリュームセットの仮想コピーのサポート
•
1 つの仮想ボリュームと仮想ボリュームセットの物理コピーのサポート
•
既存の仮想ボリュームのサイズ拡張のサポート (これは、 growvv CLI コマンドに相当)
•
仮想ボリュームセット上の優先順位の最適化 (サービス品質 (QoS)) ルールのサポート
•
特定のストレージアレイのホストポート用の、スイッチポート WWN ならびにホスト
WWN と iSCSI 名のリスト機能のサポート (この機能は、 showportdev コマンドに相当)
既知の問題
問題 ID
項目
説明
87441
ドメインユーザーが、デフォルトのドメイン外で 複数のドメインへのアクセス権を持つドメインユー
特定の操作を実行できない。
ザーは、ホスト、CPG、またはホストセット/ボ
リュームセットを作成するときには、ドメインを
指定する必要があります。 そうしないと、オブ
ジェクトは、(CLI を使用して定義した) デフォルト
のドメインに作成されます。
ドメインユーザーが、「all」のアクセス権を持っ
ていない場合、デフォルトドメイン以外の任意の
ドメインでボリュームの作成/変更/削除はできま
せん。
91250
次のエラーが表示されることがある。
maximum number of server connections
has been reached
.
1 つ以上のユーザーがすでに WS API サーバー経
由でターゲットアレイに接続されているときに、
新しいユーザーがセッションキーを要求した、と
いった状況で、理論上のセッション数に達してい
なくても、WS API サーバーが次のエラーを表示す
る可能性があります。maximum number of
server connections has been reached
回避策は、現在接続されている WSAPI ユーザーに
関連するすべてのセッションを削除し、要求され
た新しいセッションキーのための余地を作成する
ことです。 WSAPI ユーザーに関連するすべての
セッションを削除するには、CLI コマンドを使用し
ます。 removewsapisession -f -pat *
<username> *
32
HP 3PAR OS 3.1.3 Web ServicesAPI リリースノート
5 サポートとその他の資料
HP のサポート窓口
ワールドワイドのテクニカルサポート情報については、以下の HP の Web サイトを参照して
ください。
http://www.hp.com/jp/support/
必要とされているサポートの種類を特定してください。
HP 3PAR Storage System
サポート要求
HP 3PAR StoreServ 7200、7400、および 7450 Storage
System
StoreServ 7000 Storage
HP 3PAR StoreServ 10000 Storage System
3PAR または 3PAR Storage
HP 3PAR T クラス Storage System
HP 3PAR F クラス Storage System
HP 3PAR のドキュメント
掲載されている情報:
参照:
サポートされているハードウェアおよびソフトウェアプ
ラットフォーム
Single Point of Connectivity Knowledge for HP Storage
Products (SPOCK) Web サイト
http://www.hp.com/storage/spock
HP 3PAR ドキュメントの検索
HP 3PAR StoreServ Storage サイト
http://www.hp.com/go/3par
HP 3PAR のマニュアルにアクセスするには、関連マ
ニュアルの [Support] リンクをクリックしてください。
日本語版が用意されているマニュアルは、
http://www.hp.com/jp/manual/ から入手できます。
HP 3PAR Storage System ソフトウェア
ストレージの概念および用語
『HP 3PAR StoreServ Storage コンセプトガイド』
HP 3PAR Management Console (GUI) による HP 3PAR
Storage System の設定および管理
『HP 3PAR Management Console ユーザーガイド』
HP 3PAR CLI によるストレージシステムの設定および管理 『HP 3PAR コマンドラインインターフェイス管理者ガ
イド』
CLI コマンド
『HP 3PAR Command Line Interface Reference』
システムパフォーマンスの分析
『HP 3PAR System Reporter ソフトウェアユーザーガ
イド』
ホストの構成および接続情報の管理のための Host Explorer 『HP 3PAR Host Explorer ユーザーガイド』
エージェントのインストールとメンテナンス
HP 3PAR Storage System を管理するための Common
『HP 3PAR CIM API Programming Reference』
Information Model (CIM) によるアプリケーション互換の作
成
HP 3PAR Storage System 間でのデータの移行
『HP 3PAR-to-3PAR Storage Peer Motion ガイド』
HP 3PAR Storage System の監視および管理のための Secure 『HP 3PAR Secure Service Custodian Configuration
Service Custodian サーバーの構成
Utility Reference』
HP のサポート窓口
33
掲載されている情報:
参照:
HP 3PAR Remote Copy の構成および管理のための CLI の使 『HP 3PAR Remote Copy ソフトウェアユーザーガイ
用
ド』
HP 3PAR オペレーティングシステムのアップデート
『HP 3PAR オペレーティングシステムアップグレード
事前計画ガイド』
ストレージシステムコンポーネント、トラブルシューティ 『HP 3PAR F クラス、T クラスおよび StoreServ 10000
ング情報、および警告情報の確認
Storage トラブルシューティングガイド』
HP 3PAR Policy Server のインストール、構成およびメンテ 『HP 3PAR Policy Server Installation and Setup Guide』
ナンス
『HP 3PAR Policy Server Administration Guide』
34
サポートとその他の資料
掲載されている情報:
参照:
HP 3PAR Storage System の設定の計画
HP 3PAR Storage System のハードウェアの仕様、インストール時の注意事項、電源要件、ネットワークオプショ
ン、およびケーブル配線
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage サイト計画ガイ
ド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 Storage サイト計画ガイ
ド』
HP 3PAR 10000 Storage System
『HP 3PAR StoreServ 10000 Storage 設置計画ガイド』
『HP 3PAR StoreServ 10000 Storage Third-Party Rack
Physical Planning Manual』
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System の設置とメンテナンス
7200、7400、および 7450 Storage System の設置とサー
ビスプロセッサーの初期化
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage インストールガイ
ド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 Storage インストールガイ
ド』
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage SmartStart ソフト
ウェアユーザーガイド』
7200、7400、および 7450 Storage System のメンテナン
ス、保守、およびアップグレード
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage サービスガイド』
7200、7400、および 7450 Storage System のトラブル
シューティング
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage トラブルシュー
ティングガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 Storage サービスガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 Storage トラブルシュー
ティングガイド』
サービスプロセッサーのメンテナンス
『HP 3PAR Service Processor Software User Guide』
『HP 3PAR Service Processor Onsite Customer Care
(SPOCC) User's Guide』
HP 3PAR ホストアプリケーションのソリューション
Oracle データベースのバックアップおよびディザスタリカ 『HP 3PAR Recovery Manager Software for Oracle ユー
バリへのバックアップの使用方法
ザーガイド』
Exchange データベースのバックアップおよびディザスタ
リカバリへのバックアップの使用方法
『HP 3PAR Recovery Manager Software for Microsoft
Exchange 2007 および 2010 ユーザーガイド』
SQL データベースのバックアップおよびディザスタリカバ 『HP 3PAR Recovery Manager Software for Microsoft
リへのバックアップの使用方法
SQL Server ユーザーガイド』
VMware データベースのバックアップおよびディザスタリ 『HP 3PAR Management Plug-In and Recovery Manager
カバリへのバックアップの使用方法
Software for VMware vSphere ユーザーガイド』
HP 3PAR VSS (Volume Shadow Copy Service) Provider
『HP 3PAR VSS Provider Software for Microsoft
software for Microsoft Windows のインストールと使用方法 Windows ユーザーガイド』
Storage Replication Adapter for VMware vCenter の設定の
ベストプラクティス
『HP 3PAR Storage Replication Adapter for VMware
vCenter Site Recovery Manager 実装ガイド』
Storage Replication Adapter for VMware vCenter Site
Recovery Manager のトラブルシューティング
『HP 3PAR Storage Replication Adapter for VMware
vCenter Site Recovery Manager Troubleshooting Guide』
VMware vSphere 向けの vSphere Storage APIs for Array
『HP 3PAR VAAI Plug-in Software for VMware vSphere
Integration (VAAI) プラグインソフトウェアのインストール ユーザーガイド』
および使用方法
HP 3PAR のドキュメント
35
表記上の規則
表 8 表記上の規則
規則
要素
ミディアムブルーの語句: 図
クロスリファレンスリンクおよび電子メールアドレス
ミディアムブルーの下線付き語句
(http://www.hp.com/jp )
Web サイトアドレス
太字
• アプリケーション名および強調するべき語句
括弧([ ])で表示
• キー名
• ボックスなどの GUI で入力される文字列
• クリックおよび選択される GUI(メニューおよびリスト項目、ボタン、
チェックボックス)
Monospace フォント
• ファイル名およびディレクトリ名
• システム出力
• コード
• コマンドラインで入力した文字列
イタリック体の Monospace フォ
ント
• コード変数
太字体の Monospace フォント
• ファイル名、ディレクトリ名、システム出力、コード、コマンドライン
で入力される文字列の強調
• コマンドライン変数
警告! その指示に従わないと、身体的危害や死に至ったり、データあるいはオペレーティン
グシステムの回復不可能な損害を引き起こす恐れがある注意事項を表します。
注意: その指示に従わないと、装置の損傷やデータの消失を引き起こす恐れがある注意事項
を表します。
注記:
補足情報を示します。
要件
「要件」には、HP での試験に基づき、機能の実装およびサポートされる実装を達成するため
に指示どおりに実行される必要がある手順が記載されています。
HP 3PAR のブランドに関する情報
36
•
以前「InServ」と呼ばれたサーバーは「HP 3PAR StoreServ Storage System」と呼ばれるよ
うになりました。
•
以前「InForm OS」と呼ばれたオペレーティングシステムは「HP 3PAR OS」と呼ばれるよ
うになりました。
•
以前「InForm Management Console (IMC)」と呼ばれたユーザーインターフェイスは「HP
3PAR Management Console」と呼ばれるようになりました。
•
以前「3PAR」製品と呼ばれたすべての製品は「HP 3PAR」製品と呼ばれるようになりまし
た。
サポートとその他の資料
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
638 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content