close

Enter

Log in using OpenID

3PAR StoreServ 7000 および 7000cStorage サイト計画ガイド

embedDownload
HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c
Storage サイト計画ガイド
概要
本書は、HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c Storage System の設置の計画と準備に関する情報を提供します。 本書を
使用して、ご使用のストレージシステムおよび運用サイトに対応した、システム設定や設置に関する具体的なガイドライ
ンをご確認ください。 本書で説明する内容は、HP のお客様が、HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System シリーズの設置
を計画するために、HP の販売担当者またはシステムエンジニアによる助言や支援とともに使用することを意図していま
す。
HP 部品番号: QR482-96972
2014 年 12 月
© Copyright 2014 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。 HP 製品、またはサービスの保証は、当該製品、およびサービスに付随する明示
的な保証文によってのみ規定されるものとします。 ここでの記載で追加保証を意図するものは一切ありません。 ここに含まれる技術的、編
集上の誤り、または欠如について、HP はいかなる責任も負いません。
商標について
Microsoft® および Windows® は、米国における Microsoft Corporation の登録商標です。
保証
保証に関して: この製品に対する保証の複写が必要な際は、保証内容に関する次の Web サイトを参照してください。
http://www.hp.com/go/storagewarranty
Federal Communications Commission Radio Frequency Interference Statement (米国)
WARNING: Changes or modifications to this unit not expressly approved by the party responsible for compliance could void the user’s authority
to operate the equipment.
This device complies with Part 15 of FCC Rules. Operation is subjected to the following two conditions (1) this device may not cause harmful
interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to Part 15 of the FCC rules. These limits
are designed to provide reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a commercial environment. This
equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may
cause harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential area is likely to cause harmful interference, in
which case the user will be required to correct the interference at his or her own expense.
目次
1 システムの構成および仕様.........................................................................6
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System のコンポーネント.........................................................6
StoreServ Storage のセキュリティ機能.......................................................................................9
Data Encryption によるセキュリティの強化...........................................................................9
ストレージシステムの仕様.....................................................................................................10
物理仕様..........................................................................................................................11
容量仕様..........................................................................................................................12
電源と熱に関する仕様...........................................................................................................14
環境仕様...............................................................................................................................16
ケーブル仕様........................................................................................................................17
2 一般的なサイト計画................................................................................18
お客様へのお願い..................................................................................................................18
設置前の計画........................................................................................................................18
ストレージシステムラック出荷用梱包箱.................................................................................19
環境順化...............................................................................................................................19
3 構造および環境上の留意事項...................................................................21
適切な基盤の確立..................................................................................................................21
重量および圧力荷重..........................................................................................................21
固定装置の寸法................................................................................................................21
環境条件への適合..................................................................................................................22
最適温度の維持................................................................................................................22
給気および通気................................................................................................................23
空気清浄度.......................................................................................................................23
4 電力要件.................................................................................................25
電気要件および制限事項........................................................................................................25
電力品質..........................................................................................................................25
電圧および周波数の許容範囲.............................................................................................25
静電気対策............................................................................................................................25
分岐回路...............................................................................................................................25
緊急時の電力制御..................................................................................................................26
パワーディストリビューションユニット.................................................................................26
電源コードの接続..................................................................................................................26
リダンダント電源..................................................................................................................26
Power Cooling Module ...........................................................................................................27
5 ネットワーク、ケーブル、および接続......................................................28
TCP/IP ポート割り当て..........................................................................................................28
コントローラーノードの接続..................................................................................................29
必要なケーブル.....................................................................................................................30
外部ケーブル接続..................................................................................................................30
内部ケーブル接続..................................................................................................................31
ケーブル配線オプション........................................................................................................31
ネットワークアクセス...........................................................................................................31
サポートされるネットワークトポロジ.....................................................................................32
共有.................................................................................................................................32
プライベート....................................................................................................................32
サービスプロセッサーの接続..................................................................................................32
6 他社製/既存のラックへの設置.................................................................33
サービスインストールの前提条件...........................................................................................33
寸法要件...............................................................................................................................34
目次
3
ラックスペースの考慮事項................................................................................................34
最小空きスペースの維持...................................................................................................34
ラックマウントキット...........................................................................................................35
4 ポストシェルフキット....................................................................................................35
リダンダント電源要件...........................................................................................................35
7 サポートとその他の資料..........................................................................37
HP のサポート窓口................................................................................................................37
HP 3PAR ドキュメント...........................................................................................................37
表記上の規則........................................................................................................................40
HP 3PAR ブランド情報...........................................................................................................40
A ストレージシステムインストールチェックリスト......................................41
ストレージシステムハードウェア設置チェックリスト..............................................................41
ストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト.................................................41
B File Persona のチェックリスト..................................................................44
C 規定に関するご注意................................................................................49
規定準拠識別番号..................................................................................................................49
Federal Communications Commission Notice (米国)....................................................................49
Class A Equipment.............................................................................................................49
FCC rating label................................................................................................................49
Class B equipment........................................................................................................49
Declaration of Conformity for Products Marked With the FCC logo, United States only................50
Modification.....................................................................................................................50
Cables.............................................................................................................................50
Canadian Notice (Avis Canadien) (カナダおよびカナダ、フランス語使用地域)............................50
Class A Equipment.............................................................................................................50
Class B Equipment.............................................................................................................50
European Union notice (欧州)...................................................................................................50
Japanese Notices (日本)..........................................................................................................51
VCCI-A に関するご注意.....................................................................................................51
VCCI-B に関するご注意.....................................................................................................51
日本の VCCI マーク..........................................................................................................51
電源コードに関するご注意................................................................................................51
Korean notices (韓国)..............................................................................................................51
Class A Equipment.............................................................................................................51
Class B Equipment.............................................................................................................52
Taiwanese Notices (台湾)........................................................................................................52
BSMI Class A Notice..........................................................................................................52
Taiwan Battery Recycle Statement.........................................................................................52
Turkish recycling notice (トルコ)...............................................................................................52
Vietnamese Information Technology and Communications Compliance Marking (ベトナム)..............52
レーザー規定に関するご注意..................................................................................................53
レーザー規定に関するご注意 (英語)...................................................................................53
レーザー規定に関するご注意 (オランダ語)..........................................................................53
レーザー規定に関するご注意 (フランス語)..........................................................................53
レーザー規定に関するご注意 (ドイツ語).............................................................................54
レーザー規定に関するご注意 (イタリア語)..........................................................................54
レーザー規定に関するご注意 (日本語)................................................................................54
レーザー規定に関するご注意 (スペイン語)..........................................................................55
リサイクルに関するご注意.....................................................................................................55
English Recycling Notice.....................................................................................................55
Bulgarian Recycling Notice.................................................................................................56
Czech Recycling Notice......................................................................................................56
Danish Recycling Notice.....................................................................................................56
4
目次
Dutch Recycling Notice.......................................................................................................56
Estonian Recycling Notice...................................................................................................57
Finnish Recycling Notice.....................................................................................................57
French Recycling Notice......................................................................................................57
German Recycling Notice...................................................................................................57
Greek Recycling Notice......................................................................................................58
Hungarian Recycling Notice................................................................................................58
Italian Recycling Notice......................................................................................................58
Latvian Recycling Notice.....................................................................................................58
Lithuanian Recycling Notice.................................................................................................59
Polish Recycling Notice.......................................................................................................59
Portuguese Recycling Notice................................................................................................59
Romanian Recycling Notice.................................................................................................59
Slovak Recycling Notice.....................................................................................................60
Spanish Recycling Notice....................................................................................................60
Swedish Recycling Notice...................................................................................................60
バッテリの廃棄に関するご注意..............................................................................................60
Dutch Battery Notice..........................................................................................................60
French Battery Notice.........................................................................................................61
German Battery Notice.......................................................................................................61
Italian Battery Notice.........................................................................................................62
バッテリに関するご注意...................................................................................................62
Spanish Battery Notice.......................................................................................................63
目次
5
1 システムの構成および仕様
この章には、HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System の詳細なシステム仕様が示されており、
本書の他の章で詳しく説明されている他の関連仕様のためのクイックリファレンスとして使用
できます。
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System のコンポーネント
HP 3PAR Storage System は、データ管理とフォールトトレランスの高度なテクノロジーを組み
込むクラスターベースの設計を採用しており、比較的小規模のサイトのストレージニーズを満
たすとともに、世界的企業に適合するように簡単に拡張することができます。
HP 3PAR StoreServ 7000 は、HP インテリジェントシリーズラック、HP ラック 10000 G3 シ
リーズなど、マウント用角孔付きのほとんどの業界標準 4 ポスト EIA 19 インチラックと互換
性があります。 HP 3PAR StoreServ 7000 は、工場で構成してラックに搭載した状態で出荷で
きます。また、ラックに搭載せずに出荷して設置場所で既存のラックに搭載することもできま
す。 工場での統合に使用されるラックは、HP インテリジェントシリーズラックです。
ストレージシステムは、次のコンポーネントで構成されます。
•
コントローラーノードは、データをキャッシュに格納して管理しシステムについて整合性
のある仮想ビューをホストに提供するために機能するストレージシステムコンポーネント
です。 コントローラーノードは、ノードエンクロージャーの背面にあります。
◦
HP 3PAR StoreServ 7200 Storage には 2 個のノード (ノード 0 とノード 1) が内蔵さ
れています。
◦
HP 3PAR StoreServ 7400 Storage は、2 つまたは 4 つのノードを搭載できます (4 ノー
ドシステムでは、下側のコントローラーに Node 0 および 1、上側のコントローラー
に Node 2 および 3)。
◦
HP 3PAR StoreServ 7200 および 7400 (2 ノード) Storage エンクロージャーは、最大
24 台の 2.5 型 SFF (スモールフォームファクター) SAS (Serial Attached SCSI) ディス
クドライブを収納できます。これらのドライブは直立した状態で横 1 列に並べて搭載
されます。 エンクロージャーの背面には、2 つの 764W PCM (Power Cooling Module)
と 2 つのコントローラーノードが収納されます。
◦
HP 3PAR StoreServ 7400 (4 ノード) Storage エンクロージャーは、最大 48 台の 2.5
型 SFF SAS ディスクドライブを収納できます。これらのドライブは直立した状態で横
2 列に並べて搭載されます。 エンクロージャーの背面には、4 つの 764W PCM と 4
つのコントローラーノードが収納されます。
注記: 7200 と 7400 のコントローラーノードは、システムタイプごとに異なるため、
入れ替えて使うことはできません。
•
6
ドライブエンクロージャーは、一連のディスクドライブを収納します。 これらは、それぞ
れが、小さなラックスペース (EIA 標準ラックユニット) に多数のディスクドライブを収納
することを可能にする、インテリジェントでコンパクトな超高密度ユニットです。
◦
HP M6710 ドライブエンクロージャー (2U24) には、前面側に最大 24 台の 2.5 型
SFF (スモールフォームファクター) SAS ディスクドライブが直立した状態で横 1 列に
並べて搭載されます。 エンクロージャーの背面には、2 つの 580W PCM と 2 つの
I/O モジュールが収納されます。
◦
HP M6720 ドライブエンクロージャー (4U24) は、最大 24 台の 3.5 型 LFF (ラージ
フォームファクター) SAS ディスクドライブを収納できます。これらのドライブは、
横にして並べられ 6 台のディスクドライブで構成される 4 つの縦列を構成します。
エンクロージャーの背面には、2 つの 580W PCM と 2 つの I/O モジュールが収納
されます。
システムの構成および仕様
•
I/O モジュールは、SAS ケーブルでコントローラーノードをドライブに接続し、ノード、
ドライブ、PCM、およびエンクロージャー間のデータの転送を可能にします。 I/O モ
ジュールは、ドライブエンクロージャーの背面にあり、下から上へ 0 と 1 の番号が割り
当てられています。 各エンクロージャーに 2 つの I/O モジュールが搭載されます。
•
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System は、HP 3PAR サービスプロセッサー (SP) を組み
込むことが可能です。また、仮想サービスプロセッサー (VSP) を使用することも可能です。
SP を組み込む構成では、SP はラック底部のエンクロージャーの下、パワーディストリ
ビューションユニット (PDU) の上にあります。
•
Power Cooling Module は、パワーサプライ、バッテリ、および冷却用ファンを組み合わせ
たモジュールです。 PCM には 2 つのタイプがあります。
◦
580W タイプはドライブエンクロージャーで使用され、バッテリを内蔵しません。
◦
一方、交換可能なバッテリを内蔵する 764W タイプは、ノードエンクロージャーで
使用されます。 PCM は、システム背面側の、エンクロージャーの両側に配置されま
す。
各エンクロージャーには PCM が 2 つあり、下から上、左から右に 0 と 1 の番号が付け
られます。
注記: HP M6720 ドライブエンクロージャーでは、2 つの PCM が対角線上に位置し、
残りの PCM スロットにはブランクパネルが取り付けられます。
•
パワーディストリビューションユニット (PDU) は、HP G3 ラックに搭載されます。 2 つ
のパワーディストリビューションユニット (PDU) がラック底部に横にして設置され、下か
ら上へ 0 と 1 の番号が付けられます。
注記:
構成によっては、PDU を直立した状態で設置することもできます。
以下では、HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System の各種ドライブエンクロージャーとコント
ローラーノードを示します。
図 1 HP 3PAR StoreServ 7200 の前面
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System のコンポーネント
7
図 2 HP 3PAR StoreServ 7200 の背面
図 3 HP 3PAR StoreServ 7400 (4 ノードシステム) の前面
図 4 HP 3PAR StoreServ 7400 (4 ノードシステム) の背面
図 5 HP M6710 ドライブエンクロージャー (2U24) の前面
8
システムの構成および仕様
図 6 HP M6710 ドライブエンクロージャー (2U24) の背面
図 7 HP M6720 ドライブエンクロージャー (4U24) の前面
図 8 HP M6720 ドライブエンクロージャー (4U24) の背面
StoreServ Storage のセキュリティ機能
HP 3PAR Data Encryption セキュリティ機能により、Storage System 上の特別にフォーマットさ
れたすべてのハードディスクドライブを認証鍵と自己暗号化ドライブ (SED) の使用によって暗
号化できます。
Data Encryption によるセキュリティの強化
Data Encryption のライセンスが登録されている場合は、システムの暗号化機能を手動で有効に
することができます。 暗号化機能が正常に有効化されると、システムに含まれるすべてのドラ
イブが自動的に暗号化された状態に設定されます。 システムに含まれる個々のハードディスク
ドライブの暗号化状態は、HP 3PAR Management Console の [概要]タブで確認できます。
この機能により、以下の暗号化関連タスクを実行できます。
•
暗号化ステータスのチェック
•
暗号化の有効化
•
認証鍵のバックアップ
•
認証鍵のリストア
•
新しい鍵の生成
•
鍵の復旧
StoreServ Storage のセキュリティ機能
9
この機能の有効化についての詳細は、『HP 3PAR Management Console ユーザーガイド』を参
照してください。
ストレージシステムの仕様
7200 および 7200c は 2 つのノードを搭載しますが、7400 および 7400c は 2 ノードで構成
することも 4 ノードで構成することもできます。 サポートされるドライブエンクロージャー
の最大数は、システムで使われるコントローラーノードの数と種類によって変わります。
10
システムの構成および仕様
物理仕様
次の表では、システムの仕様を示します。 仕様は、将来予告なしに変更されることがありま
す。
表 1 HP 3PAR StoreServ 7000 Storage のコンポーネント
7200/7200c/7400/7400c ドライブ/ノード統合エンクロージャー
構成
SFF (スモールフォームファクター) ドライブスロット x
24
コントローラーノード x 2
PCIe スロット (ノードごとに 1 つ) ファイバーチャネル
HBA または iSCSI CNA
ホスト FC ポート x 2
ディスク拡張 SAS ポート x 2
1Gb Ethernet RCIP ポート x 1
1Gb Ethernet 管理ポート x 1
インターコネクトリンクポート x 2
コンソールポート x 1
寸法 (幅 × 高さ × 奥行き)
3.46 インチ (87.9mm) x 19 インチ (483mm) x 26.6 イ
ンチ (674.9mm)
重量
48.7 ポンド/22.1kg (HDD 未搭載)、65.5 ポンド/29.7kg
(最大)
電源
100~240VAC 50~60Hz
ホットスワップ対応 1+1 リダンダント PCM、バッテリ
および冷却用ファン内蔵
通気
112 CFM
保守に必要な間隔
前面: 30 インチ (約 76cm)、側面: なし、背面: 24 イン
チ (約 61cm)
ケーブル接続
前面: なし
背面: データおよび電源
M6710 / M6720 ドライブエンクロージャー
構成
I/O モジュール x 2
SAS ポート x 4
ポート x 8
M6710 寸法 (幅 x 高さ x 奥行き)
M6720 寸法 (幅 x 高さ x 奥行き)
3.46 インチ (87.9mm) x 19 インチ (483mm) x 24.8 イ
ンチ (630mm)
6.89 インチ (175mm) x 19 インチ (483mm) x 24.9 イン
チ (631.3mm)
電源
100~240VAC 50~60Hz
ホットスワップ対応 1+1 リダンダント PCM、冷却用
ファン内蔵
M6710 通気
105 CFM
M6720 通気
109 CFM
保守に必要な間隔
前面: 30 インチ (約 76cm)、側面: なし、背面: 24 イン
チ (約 61cm)
ケーブル接続
前面: なし
背面: データおよび電源
ストレージシステムの仕様
11
容量仕様
次の表では、システムの容量と構成に関わる各項目を示します。
注記: SSD には書き込み回数に上限があり、SSD の書き込み耐久限度に達する前に書き込み
回数が上限に達する場合があります。 一般に、この上限は十分に高いために、大多数の構成、
入出力パターン、およびワークロードでは、HP 3PAR StoreServ の予想耐用年数の間に消耗故
障が発生することはありません。 HP 3PAR StoreServ は、SSD へのすべての書き込みを追跡
し、総書き込み耐久限度に対する使用済みの割合 (% 単位) をレポートすることができます。
これにより、書き込み耐久限度に近づいた SSD が自動的に排除される前に、あらかじめ交換
することができます。 SSD は、書き込み耐久限度を超えると、すでに使用限度に達していま
す。 使用限度を超えた SSD は、製品保証期間中であっても、HP サポート契約による修理また
は交換の対象にはなりません。
表 2 容量仕様
機能
7200/7200c
7400/7400c (2 ノード)
7400/7400c (4 ノード)
コントローラーノード数
2
2
4
制御キャッシュ
16–32GB
16–32GB
32–64GB
データキャッシュ
8GB
16GB
32GB
ホストポート
4~12
4~12
8~24
10Gb/秒の iSCSI ホスト
ポート
0~4
0~4
0~8
ファイバーチャネルホスト 4~12
ポート1
4~12
8~24
ドライブの台数1
6~240
6~240
12~480
物理容量 (概算)1
1.2TB~400TB
1.2TB~432TB
2.4TB~1100TB
RAID レベル
RAID (0、1、5、6)
RAID (0、1、5、6)
RAID (0、1、5、6)
2:1~8:1
2:1~8:1
4:2、6:2、8:2、10:2、
14:2
4:2、6:2、8:2、10:2、
14:2
300GB 15K FC、600GB
15K FC、600GB 10K
SAS、1.2TB 10K SAS、1TB
7.2K NL (SAS)、2TB 7.2K
NL (SAS)、3TB 7.2K NL
(SAS)、4TB 7.2K NL
(SAS)、2TB NL、100GB
SSD、200GB SSD、400GB
SSD、480GB SSD、800GB
SSD、920GB SSD
300GB 15K FC、600GB
15K FC、600GB 10K
SAS、1.2TB 10K SAS、1TB
7.2K NL (SAS)、2TB 7.2K
NL (SAS)、3TB 7.2K NL
(SAS)、4TB 7.2K NL
(SAS)、2TB NL、100GB
SSD、200GB SSD、400GB
SSD、480GB SSD、800GB
SSD、920GB SSD
RAID 5 のデータ/パリティ 2:1~8:1
比
RAID 5 ボリューム作成に必
要な最小物理ドライブ数: 8
RAID 6 のデータ/パリティ 4:2、6:2、8:2、10:2、
比
14:2
ベース RAID セット: 12 ド
ライブ
RAID 6 ボリューム作成に必
要な最小物理ドライブ数:
12
ドライブ容量 (GB 単位の概 300GB 15K FC、450GB
算)1
10K FC、600GB 10K
SAS、900GB 10K FC、
1.2TB 10K SAS、1TB 7.2K
NL (SAS)、2TB 7.2K NL
(SAS)、3TB 7.2K NL
(SAS)、4TB 7.2K NL
(SAS)、2TB NL、3TB NL、
100GB SSD、200GB
SSD、400GB SSD、480GB
SSD、800GB SSD、920GB
SSD
ドライブエンクロージャー数2
12
システムの構成および仕様
表 2 容量仕様 (続き)
機能
7200/7200c
7400/7400c (2 ノード)
7400/7400c (4 ノード)
HP M6720 (4U24)/DC1
0~9
0~9
0~18
HP M6710 (2U24)/DC2
0~9
0~9
0~18
1
2
同じストレージシステム内でレベル、比率、および容量のすべての組み合わせを利用できます。 1GB=1,000,000,000
バイト。
EIA 標準ラックの 4U および 2U シャーシにおいて、単一のドライブエンクロージャーで最大 24 台のドライブを搭
載できます。
ストレージシステムの仕様
13
電源と熱に関する仕様
次の表では、電源に関わる各要件を示します。
表 3 電力要件
コンポーネント
14
アイドル時 (ワット / BTU/時)
データ移動時 (ワット / BTU/時)
ノードペア (7200/7200c または 236W / 803
7400/7400c)、ドライブなし、増
設ホストアダプターなし
398W / 1357
4 ポート 8Gb/秒ファイバーチャ
ネルアダプター
32.6 / 111
24W / 81.72
2 ポート 10Gb/秒 iSCSI/FCoE ア 34W / 115.77
ダプター
40W / 136.4
HP M6710 2.5 型 2U SAS ドライ 150 / 512 (平均)
ブエンクロージャー、ドライブな
し
150 / 512 (平均)
HP M6720 3.5 型 4U SAS ドライ 164 / 559 (平均)
ブエンクロージャー、ドライブな
し
164 / 559 (平均)
300GB 15K スモールフォームファ 6.2 / 21.1
クター HDD
8.0 / 27.3
450 GB 10K スモールフォーム
ファクター HDD
3.7 / 12.6
6.3 / 21.5
900 GB 10K スモールフォーム
ファクター HDD
4.8 / 16.4
6.2 / 21.1
450GB 10K スモールフォームファ 4.8 / 16.4
クター SAS HDD
8.1 / 27.7
600 GB 10K スモールフォーム
ファクター SAS HDD
1.8 / 6.24
6.4 / 21.7
900 GB 10K スモールフォーム
ファクター SAS HDD
4.9 / 16.7
8.5 / 29
1.2 TB 10K スモールフォームファ 6.0 / 20.6
クター SAS HDD
7.6 / 26.0
1TB 7.2K NL スモールフォーム
ファクター SAS HDD
3.8 / 12.94
6.6 / 22.4
2TB 7.2K NL ラージフォームファ
クター SAS HDD
8.0 / 27.42
12.0 / 40.96
3 TB 7.2K NL ラージフォームファ 8.9 / 30.42
クター SAS HDD
12.2 / 41.56
4 TB 7.2K NL ラージフォームファ 9.2 / 30.42
クター SAS HDD
13.5 / 46.12
2TB 7.2K ラージフォームファク
ター NL HDD
7.5 / 25.6
10.6 / 36.1
3 TB 7.2K ラージフォームファク
ター NL HDD
8.5 / 28.9
11.8 / 40.2
100GB SLC SSD
1.4 / 4.8
3.9 / 13.3
200GB SLC SSD
1.4 / 4.8
3.9 / 13.3
400GB SLC SSD
2.2 / 3.7
7.5 / 12.6
480GB SLC SSD
2.2 / 7.49
5.5 / 18.7
システムの構成および仕様
表 3 電力要件 (続き)
920GB SLC SSD
2.0 / 6.7
5.2 / 17.8
480GB cMLC SSD
3.2 / 11
7.1 / 24.4
1920GB cMLC SSD
3.5 / 11.9
8.9 / 30.5
注記:
詳細は、「電力要件」 (25 ページ) を参照してください。
電源と熱に関する仕様
15
環境仕様
運用サイトは、次の環境仕様に準拠している必要があります。
表 4 環境仕様
高度
10,000ft/ 3,024m 動作時
40,000ft/ 12,192m 運搬時
温度
動作時: 41~104° F (5~40℃) - 1,000 フィートの高度上昇ごとに 1° F (1,000m の高度
上昇ごとに 1.8℃) 低下
非動作時: 32~203° F (0~95° C)
運搬時の温度
32~140° F (0~60° C)
湿度
10~90% (結露しないこと)
運搬時の湿度
10~90% (結露しないこと)
振動
動作時: 0.25G、正弦波、5~500Hz、0.15Grms ランダム波、5~100Hz
非動作時: 0.5G、正弦波、5~500Hz
衝撃
動作時: 2G、11 ミリ秒、半正弦波
非動作時: 10g、11 ミリ秒、半正弦波
詳細は、「構造および環境上の留意事項」 (21 ページ) を参照してください。
16
システムの構成および仕様
ケーブル仕様
次の表に、一般にストレージシステムを設置するために必要となるケーブルのタイプを示しま
す。
表 5 必要なケーブル
ケーブルのタイプ
コネクターのタイプ
7200 または 7200c システムでは、3 本以上の Ethernet RJ-45
(カテゴリ 5) ケーブル。2 つの静的 IP と SP 用の 1 つに
対応 7400 または 7400c の 4 ノードシステムでは 5 本
以上のケーブル StoreServ と SP は、同じサブネット/
ネットマスクス上に存在する必要があります。
• IP=SP
• IP=StorageServ
• 保守用 IP (ノードの復元など)
マルチモードファイバーチャネルで 8~10Gb/秒の速度 LC-LC
を実現する場合は 50 ミクロンの OM3 ケーブルが必要
ドライブケージ接続用の SAS ケーブル: 1M、2M、およ Mini SAS SFF8088
び 6M
次の表に、特定のタイプの接続に必要となる一般的なファイバーチャネルケーブルの長さを示
します。
表 6 ファイバーチャネルケーブルを使用するためのガイドライン
ケーブルの長さ
使用目的
6m
ドライブエンクロージャーの、同じラック内のコント
ローラーノードへの接続
10m
ラック間の接続。 (必ず、端数を切り上げて、もっとも
近い長さのものを使用してください)
25m
50m
100m
次の表に、ケーブルサイズとポート速度に基づいてサポートされるファイバーチャネルケーブ
ルの最大長を示します。
表 7 ファイバーチャネルホスト接続の最大ケーブル長
ケーブルサイズ
速度
最大ケーブル長
OM3 および OM4
4、8、または 10Gb/秒
300m
注記: ケーブルの要件および構成についての詳細は、「ネットワーク、ケーブル、および接
続」 (28 ページ) を参照してください。
ケーブル仕様
17
2 一般的なサイト計画
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System の設置を成功させるには、認定された HP の担当者と
協力して、慎重に計画し、作業を監督する必要があります。 適切な計画は、より効率的な設置
と、より優れた信頼性、可用性、および保守性を実現するために役立ちます。 この章では、ス
トレージシステム設置のための設置計画とサイトの準備について一般的に推奨される事項を示
します。
お客様へのお願い
仮想サービスプロセッサーをデプロイするときは、リモートサポートソフトウェアのホストに
必要となるハードウェアをお客様が準備する必要があります。 スケジュール済みのサービス
コールの場合は、合意した時間に HP が修復作業を行えるよう、仮想サービスプロセッサーを
使用できる状態にしてください。 HP への安全な接続で適切な HP 3PAR リモートサポートテク
ノロジーを維持し、ローカルネットワークと仮想サービスプロセッサーへのアクセスに必要と
なるパスワードを維持することは、お客様側の作業となります。 サービスとオプションの実施
を可能にするには、HP 3PAR サービスプロセッサーのリリースノートに従って、必要なすべて
のリソースをお客様の方で準備してください。 要件、仕様、および除外事項の詳細について
は、最寄りの HP サポート窓口にお問い合わせください。
設置前の計画
次の作業を責任を持って行い、ストレージシステムの設置に向けた計画と準備を進めてくださ
い。
•
ストレージシステムを開梱し、設置し、操作するために適したスペースを提供する
•
ストレージシステムにとって適切な環境条件を維持する
•
ストレージシステムに適合する電力設備を用意する
•
ストレージシステムに必要なネットワーク接続および外部ケーブル接続を提供する
•
適切な HP 3PAR リモートサポート戦略を実現する
注記: 電子機器は、出荷するために特別に梱包され、輸送中は特別な取り扱い方法が適用さ
れます。 機器の製造と出荷のための梱包は、HP が責任を持って担当します。
各設置場所で最大限のパフォーマンスを発揮するために、ストレージシステムは、制御された
環境条件を必要とします (フリーアクセス床と床下空調によってもっとも容易に実現されます)。
推奨環境仕様への継続的な適合を確保するために、この環境をお客様ご自身で監視してくださ
い。 サーバールーム環境に関する具体的な情報については、「構造および環境上の留意事項」
(21 ページ) を参照してください。
電子機器の確実な動作とお客様の設置環境の安全のために、適切な電力が必要です。 お客様の
方で、機器に適合する電力を調達し、設置し、維持してください。 入力電力およびアース要件
については、「電力要件」 (25 ページ) を参照してください。
機器の納入前に、必ず、設置前のすべての作業をスケジュールし、完了させてください。 設置
前の手順は、次のプロセスで構成されます。
•
システムコンポーネントのレイアウト、ドライブ割り当てなどの、ハードウェア構成計画
•
ストレージシステムと SP ネットワークのトポロジ、内部システムケーブル接続構成、接
続されるホストコンピューターのケーブル接続など、ネットワーク構成とケーブル接続に
関する項目
サイト計画に関する以下の作業を、選択したストレージシステムの納入および設置前に完了し
ておくことをお勧めします。
•
18
サブシステム設置の仮レイアウトを準備する
一般的なサイト計画
•
電力および冷暖房空調 (HVAC) 要件を確認する
•
電力および HVAC の確認によって必要性が指摘された追加支援機器を注文する
•
該当する HP の担当者と協力して、指定された構成に含まれるすべてのシステム装置と必
要な長さのすべてのケーブルが注文済みであることを確認する
•
設置の最終レイアウトを作成し、HP の担当者とレイアウトを確認する
•
主要スタッフを選択し、HP の担当者とトレーニングの手筈を整える
•
ストレージシステムの設置前に設置予定位置で電気設備の配線が完了していることを確認
する (要件についての詳細は、各製品の仕様を参照してください)
•
すべての追加支援機器が適切に設置されており、正常に動作することを確認する
設置前に梱包内容を調べ、製品に不正な変更が加えられていないか確認します。 装置の梱包箱
を開くときに、機器や備品がすべて届いており、間違いのないものであることを確認します。
届いた製品に付いている梱包明細や SKU を参照してください。 インストールチェックリスト
をすべて確認します。 「ストレージシステムインストールチェックリスト」 (41 ページ) を参
照してください。
ストレージシステムラック出荷用梱包箱
各ストレージシステムラックは個別の出荷用梱包箱に収納されています。 ドライブエンクロー
ジャーとノードエンクロージャーの出荷用梱包箱には最大 24 台のドライブが収納されていま
す。 届いた梱包箱をチェックして、明らかな損傷や改変の徴候がないか確認し、問題があれば
HP と納入業者に連絡します。
出荷用梱包箱の寸法は、以下のとおりです。
•
ラックの木枠梱包箱: 85.35×50.87×35.43 インチ (216.80×129.20×90cm)
概算の出荷時重量: 1606 ポンド (728kg)
•
ドライブエンクロージャーの梱包箱: 高さ 13 インチ (33.1cm) × 幅 11 インチ (28cm) ×
奥行き 27 インチ (68.6cm)
概算の出荷時重量: 33.8 ポンド (15.4kg)
•
ディスクドライブマガジンの梱包箱: 高さ 38 インチ (96.5cm) × 幅 29 インチ (73.6cm) ×
奥行き 34 インチ (86.4cm)
概算の出荷時重量: 392 ポンド (177.8kg)
•
ノードエンクロージャーの梱包箱: 高さ 30 インチ (76.2cm) × 幅 35 インチ (88.9cm) × 奥
行き 45 インチ (114.3cm)
概算の出荷時重量: 618 ポンド (280.3kg)
機器が到着したら、ストレージシステムを荷降ろしして開梱するための十分なスペースを確保
してください。
ストレージシステムを開梱するために必要なスペースの具体的な広さは、梱包箱やランプの寸
法と、ストレージシステムを取り出して設置場所まで移動させるために必要なスペースによっ
て異なります。
注記: ストレージシステムの設置と保守作業のためのスペースの確保についての詳細は、「構
造および環境上の留意事項」 (21 ページ) を参照してください。
環境順化
極端な温度のもとでストレージシステムが出荷または保管された場合は、使用開始の前に、時
間をかけて動作時温度に調整しなければならない場合があります。 非動作時のシステムの許容
可能な最大温度変化率は、36° F/時 (20° C/時) です。 ストレージシステムは、電源投入前に、
時間をかけて新しい環境条件に順応させる必要があります。 その間、ストレージシステムの物
ストレージシステムラック出荷用梱包箱
19
理的な設置作業を進めることは可能です。 ただし、すべてのシステム設置作業を完了させる前
に、新しい環境に順応させるために少なくとも 24 時間が必要になる場合があります。 24 時
間の順応期間が終了した後でも、凝縮 (結露等) がある場合は、すべての凝縮が蒸発するのを
待ってから、電源投入手順を完了する必要があります。
20
一般的なサイト計画
3 構造および環境上の留意事項
ストレージシステム用の施設を選択または設計する際は、以下の点を考慮してください。
•
効率的な使用、容易なメンテナンス、および将来の拡張を可能にする機器の設置場所およ
びレイアウト
•
適切な運用環境および十分な電力と、火災、汚染、またはその他の危険からの適切な保護
を提供する施設の建設
•
適切な温度と、環境汚染物を含まない適切な空気質
お客様の管理のもと、推奨仕様に則った設置環境を維持してください。 パフォーマンスや信頼
性を低下させないために、設置場所およびその床下の環境条件は、許容範囲内に維持する必要
があります。 設置環境は、定期的に監視して、推奨環境仕様への継続的な適合を確保してくだ
さい。 サイトの場所や環境を分析して適切な推奨事項を作成することを容易にするために、
HP 3PAR の担当者に支援を依頼することができます。
ラックの要件と検討事項の詳細は、『Best practices for HP Intelligent Series Rack Family』ホワ
イトペーパーを参照してください。
適切な基盤の確立
重量および圧力荷重
構成によっては、ストレージシステムの重量が最大 2000 ポンド (907kg) になります。 次の
表に、ストレージシステムラックの水平脚当たりの最大重量および圧力荷重を示します。 これ
らの値を使用して、ストレージシステムラックに必要な構造支持体を概算してください。
表 8 重量および圧力荷重に関する仕様
ラック搭載時の最大
重量 (ポンド) 装置 +
マウント用部品
運搬時の最大重量 (ポ
ンド) 梱包箱を含む
SKU
2 ノード (QR482A、 37.65 x 23.63 x
QR484A、QR483A) 11.00 (95.4 x 60 x
27.9cm)
65 ポンド (29.4kg)
89 ポンド (40.3kg)
QR482A
2U ドライブエンク
35.88 x 23.63 x
ロージャー (QR490A) 11.00 (91.1 x 60 x
27.9cm)
51 ポンド (23.1kg)
71 ポンド (32.2kg)
QR483A
4 ノード (QR485A)
129 ポンド (58.5kg)
160 ポンド (72.5kg)
QR484A
88.5 ポンド (40.1kg) 116 ポンド (52.6kg)
QR485A
ラック
寸法 (インチ)
36.77 x 23.63 x
14.50 (93.3 x 60 x
27.9cm)
4U ドライブエンク
36.77 x 23.63 x
ロージャー (QR491A) 14.50 (93.3 x 60 x
27.9cm)
ラージフォームファ
クター HDD
12.88 x 8.68 x 5.81 0.7 ポンド (0.3kg)
(32.7 x 22 x 14.7cm)
1.3 ポンド (0.6kg)
QR490A
スモールフォーム
ファクター HDD
12.75 x 7.25 x 5.12
(32.3 x 18.4 x 13cm)
1.9 ポンド (0.8kg)
2.7 ポンド (1.2kg)
QR491A
注記:
例では、計算を簡素化するために、公称の数値が使用されています。
固定装置の寸法
一部の設置環境 (特に地震活動が活発な地域) では、安定性を向上させるために、ストレージシ
ステムを床に固定しなければならない場合があります。 HP 固定キットを使用すると、地震が
発生しやすい地域で、インテリジェントシリーズラックを床に固定して、建築基準法規に関わ
適切な基盤の確立
21
る国際的なガイドラインを満たすことができます。 この製品は、建物全体や床が揺れた際の装
置の損傷や重度の負傷の防止に役立つ対策の 1 つになります。
注記: インテリジェントシリーズラックで使用できるオプションの詳細は、HP の Web サイ
ト http://www.hp.com/go/rackandpower にある『Rack Options Catalog』を参照してくださ
い。
ラックの要件と検討事項の詳細は、『Best practices for HP Intelligent Series Rack Family』ホワ
イトペーパーを参照してください。
環境条件への適合
清浄度が高く、温度と湿度が厳密に制御され、人が立ち入ることのほとんどない、制御された
環境を維持することをお勧めします。
注意: ストレージシステムの運用環境は、継続的な振動とほこりやその他の環境汚染物がな
い場所である必要があります。
最適温度の維持
ストレージシステムに必要な冷却レベルは、オフィスで使用される空調とは大きく異なりま
す。 人が快適に感じる空調システムは、人体によって生まれる比較的低い熱と比較的高い湿度
に対応して設計されます。 一方で、機器は、湿度のない高温の空気 (顕熱) を排出します。 快
適な空調システムでは、通常、顕熱負荷が全熱負荷の 60~70% ですが、電子機器の乾燥した
熱の場合は、顕熱比が 95% を超えます。
設置の前に、運用サイトが、すべての熱放出に対応できる冷却システムを備えていることを確
認してください。
システムの吸気口付近の周囲温度がシステム仕様を超えない状態を確保することが、適切なシ
ステムレイアウトにとって不可欠です。 わずかな時間でも最大周囲温度を超過するとシステム
の信頼性やパフォーマンスが悪影響を受けます。 そのような状態で長時間動作しつづけると、
システムが実際にシャットダウンする場合もあります。
注意: 周囲の機器から発生する暖気は、ストレージシステムの前面に排出されないようにし
てください。
次の表に掲載されているストレージシステムコンポーネントの平均および最大熱放出の値を使
用して、特定のシステム構成に基づくストレージシステムの冷却要件を推定してください。
表 9 コンポーネントの熱放出
コンポーネント (完全に実装された状 平均熱放出
態)
最大熱放出
コントローラーノード (ペア)1
2,164BTU/時 (545.3Kcal/時)
3,004BTU/時 (757Kcal/時)
ドライブエンクロージャー (単一)
3,657BTU/時 (921.6Kcal/時)
4,973BTU/時 (1,253.2Kcal/時)
ドライブエンクロージャー (ペア)2
7,314BTU/時 (1,843.2Kcal/時)
9,946BTU/時 (2,506.4Kcal/時)
1
コントローラーノードは、ペアでのみ取り付けることができます。
2
ストレージシステムには、2 つ以上のドライブエンクロージャーが必要ですが、 追加のドライブエンクロージャー
は個別に取り付けることができます。
ストレージシステムは、指定されたガイドラインが理解されており、それが守られていれば、
温度や湿度の変動を許容することができます。 指定された範囲外の条件にさらされると、シス
テムやそのコンポーネントが損傷する場合があります。
システムの電源を入れるには、サブシステムに流入する空気が、清浄であり、指定された温度
および湿度の範囲内である必要があります。 設置場所の湿度は、サブシステム上またはサブシ
ステム内での凝縮を防ぐために十分なだけ低く維持される必要があり、一時的であっても湿度
がサブシステムの環境要件の表で指定されている制限を決して超えないようにしてください。
22
構造および環境上の留意事項
システムは、サブシステムの内部に結露が発生する可能性のある条件に決してさらされないよ
うにしてください。
空調装置は、床下の温度状況を監視して制御できる必要があります。 冷却プロセスにおいて失
われる湿度を元に戻すために、通常、加湿が必要になります。 サブスシステム機器の設置場所
の相対湿度は、40% に設定される必要があります。 このレベルは、電磁電荷の蓄積を抑制す
るために十分であるとともに、腐食や凝縮の危険を回避することができます。 加湿器による空
気汚染を防止するために、ミネラル含有量が多い地域では、水処理が必要になる場合がありま
す。
給気および通気
ストレージシステムを設置する施設の通気容量は、機器によって生まれる熱を十分に排除でき
るレベルでなければなりません。 さらに、空気処理装置は、冷却対象の装置が必要とする通気
量を提供する必要があります。 この通気を確保するために、施設では、床下の空気圧が高く
なっている必要があります (施設にフリーアクセス床がある場合)。 コンピュータールーム内の
条件が変化した場合 (新しい装置の追加、コンピューターシステムの排除など) は、必ず、通気
をチェックしてください。
外気 (補給空気) は、コンピュータールーム内の気圧がわずかに高くなる必要最小限の量に維持
し、機器の設置場所に配備されている人員当たり 0.3 立方 m/分 (10 立方フィート/分) の業界
推奨値を超えないようにしてください。 快適な空調を実現するために推奨される外気量は通気
の 10~15% ですが、コンピュータールーム環境は、外気が通気の 1% 未満に維持される場合
に、より清浄になり、より効率的に運用されます。 また、そのようにすることで、冷却/過熱
および加湿の必要性が削減されるとともに、汚染された建物の空気が設置場所に流入すること
を最小限に抑えることができます。
空気清浄度
空気汚染物質によって、機器が誤動作したり、ストレージシステムが損傷したりする場合があ
ります。 金属粒子、溶媒蒸気、腐食性ガス、煤煙、飛散繊維、塩類などの空気汚染物質がサー
バールーム環境に入り込んだり、生成されたりすることを防ぐ手順の実行は不可欠です。
高性能エアフィルターを各外気吸気口に設置して、設置サイトの入り口で粉塵の流入を阻止し
てください。 設置環境が潮風、腐食性ガス、または特異な粉塵/汚染条件にさらされている場
合は、特別な追加フィルタリングが必要です。 電子機器は、以下のような空気汚染物質の影響
を受けます。
•
過剰な量の煤粒子
•
炭酸塩などの凝縮粒子
•
密封されていないコンクリートから排出されるコンクリート粒子
•
切断、研磨、削孔などによって生じるような金属の薄片または粉塵
•
アンモニア含有量の多い床洗浄液
•
床タイル、布地、壁板、絶縁体、防音タイルなどの劣化/腐食した建材
•
コンピュータールームの内部または周囲で実施される修理作業によって生じる汚染物質
•
コンピュータールーム内のプリンターから排出される紙くず、ほこり、およびトナー
•
マイクロフィッシュプロセッサーなどの複製機器から排出される処理化学薬品
電子機器では、汚染物質によって、コネクターの接点やモーターの軸受部が劣化します。 ま
た、漏電や、IC 導線間またはプリント基板上のプリント配線トレース間の短絡経路が発生する
原因にもなります。
サーバールーム内や床下プレナム内へ供給され、循環する空気は、理想的には、機械的または
電子的なフィルターを通過する必要があります。 HVAC ダクトおよびプレナムや下地床の領域
は (配線管が使用されている場合はその開口部も)、清浄な状態を保つ必要があります。 床下の
使用していないすべてのケーブル、ハードウェア、および廃材は、ちりやほこりがたまる場所
や、さびの潜在的な発生源になることを防ぐために排除してください。
環境条件への適合
23
サーバールーム環境に大きな変更を加える際は、削孔、切断、溶接、ろう付けなどを実施する
たびに、特別な注意事項を考慮に入れる必要があります。
資材の粒子 (コンクリート粒子や金属粒子など) が飛散しないように、予防策を講じてくださ
い。 削孔、切断、溶接、ろう付けなどを必要とする建築作業の実行中は、必ず、ストレージシ
ステムの電源を切ってください。 さらに、システムの電源を入れる前に、すべての廃材を排除
してください。 腐食性ガスや溶媒蒸気の最大濃度も考慮してください。
24
構造および環境上の留意事項
4 電力要件
以下では、HP 3PAR StoreServ 7000 Storage System 内部のすべての電源領域について説明しま
す。
電気要件および制限事項
ストレージシステムを配置する前に、運用サイトに必要な電気回路があることを確認してくだ
さい。 各ストレージシステムには、4 個の (200~240V、30A) コンセントまたは 2 個のコン
セント (ラックの下半分だけに機器を搭載する場合) が必要です。 適切なリダンダント電源保
護を実現するには、2 つ以上の電源から電力を供給する必要があります。 「電源と熱に関する
仕様」 (14 ページ) に示されているストレージシステムコンポーネントの概算電流要件を使用
して、特定のシステム構成の電流、電力、および放熱要件を推定してください。
電力品質
入力電力の品質は、システムのパフォーマンスと信頼性にとって非常に重要です。 入力電力に
変動があると、電力障害や誤動作が発生する場合があります。 商用電力線上で発生する過渡信
号およびノイズの原因の多くは、特定することが困難であるか、お客様では制御できません。
このような不規則性による影響を軽減するために、何らかの形の電力調整が必要になる場合が
あります。 これらに関する支援については、電気技師に相談してください。
電圧および周波数の許容範囲
定常電圧は、指定されたストレージサーバーの電力入力端子で測定 (負荷時) し、定格電圧の
10% 以内に維持する必要があります。 周波数は、(50~60Hz)、単相 50/60+2%、-4% に維持
する必要があります。
電力低下またはその他の限界電圧条件の可能性があるときは、電圧モニターを設置することを
お勧めします。
システムは、IEC/EN 61000-4–5 規格に準拠するようにテストされています。
以下の条件が存在する場合は、サーバールームの電源に避雷装置を設置することをお勧めしま
す。
•
1 次側電源が架空送電線によって供給されている
•
電力会社が 1 次側電源に避雷器を設置する
•
地域が雷雨や同種の電力サージにさらされる
静電気対策
ストレージシステムは、静電気放電 (ESD) によって故障する場合があります。 静電気は、床の
カバー材に直接触れたり、調度品のカバー材に触れたまま動いたりすることにより、人体や調
度品に帯電する可能性があります。 サーバーラックの金属面への静電気放電は、システムの動
作を妨げたり、そこに触れる人に不快感を与えたりする場合があります。
以下のようなものが、静電気放電の要因となります。
•
高抵抗の床カバー材
•
帯電防止特性を持たないカーペット
•
低湿度 (20% 未満)
システムは、IEC/EN 61000–4–2 規格に準拠するようにテストされています。
分岐回路
個別のパネル分岐回路は、製造元の仕様書および適用コードに適合する定格を持つ適切な回路
ブレーカーによって保護する必要があります。 各回路ブレーカーには、それが制御する分岐回
電気要件および制限事項
25
路を特定できるラベルを付けてください。 また、コンセントにもラベルを付けてください。
回路ブレーカーについては、PDU 当たり最大 30A (下限定格出力: 24 A) で計画してください。
緊急時の電力制御
安全対策として、ストレージシステムへの電気設備の主要配線を切断できる、緊急電源遮断制
御装置の導入を考慮しなければならない場合があります。 これらの制御装置は、詳細なガイド
ラインを得るために各地域の電気工事規定を確認した後で、オペレーターが扱いやすい場所
と、設置場所の主要な非常口の横に配備してください。
パワーディストリビューションユニット
HP によって組み立てられたストレージシステムでは、PDU が 4 台、ラック底部の背面側のエ
ンクロージャーの下に横に倒した状態で設置されます。 PDU の番号は、上から下に、0 から
順に割り当てられます。
注記: ストレージシステムラックの上部にコンポーネントが搭載されていない場合は、シス
テムに電力を供給するために上側の 2 つの PDU (PDU 2 および PDU 3) を接続および使用しな
いでください。 それでも、リダンダント電源は、PDU 0 および PDU 1 を通じてラックの下側
のベイに提供されます。
ストレージシステムの PDU は、NEMA® L6–30 または IEC 60309 コネクター (地域によって
異なる) を備えています。 国際仕様の PDU は、IEC 60309、2P+E (3 線、2 極 + アース) コネ
クターを備えています。 運用サイトには、これらのコネクターに適合するコンセントまたはア
ダプターが必要です。
各 PDU は、ストレージシステムコンポーネント専用の、2 つの電源バンクと個別の回路ブレー
カーを備えています。
警告! けが、ストレージシステム機器の損傷、およびデータ消失の危険を防止するために、
ストレージシステム PDU の余っているコンセントを使用しないでください。 PDU のコンセン
トを使用して、そのストレージシステムの構成要素ではないコンポーネントに電力を供給した
り、他のラックに設置されているストレージシステムコンポーネントに電力を供給したりする
ことは、決してしないでください。
電源コードの接続
ストレージシステムは、すべての内部電源コード構成が完了した状態で納入されます。 各 PDU
AC コードは、壁のコンセントに接続され、ノードとドライブエンクロージャーのパワーサプ
ライに電力を供給します。 電力は、ラックの上部または下部から配電することができます。
リダンダント電源
ストレージシステムは、PDU および PCM の使用によってリダンダント電源をサポートしま
す。
警告! けが、ストレージシステム機器の損傷、およびデータ消失の危険を防止するために、
ストレージシステム PDU の余っているコンセントを使用しないでください。 PDU のコンセン
トを使用して、そのストレージシステムの構成要素ではないコンポーネントに電力を供給した
り、他のラックに設置されているストレージシステムコンポーネントに電力を供給したりする
ことは、決してしないでください。
リダンダント電源をサポートするための条件は、次のとおりです。
26
•
各エンクロージャーの PCM が個別の PDU に接続されている
•
システムの各 PDU が独立した AC 回路に接続されている
電力要件
Power Cooling Module
ストレージシステムには、2 つの PCM を搭載するエンクロージャーが含まれます。PCM と
は、パワーサプライ、冷却用ファン、およびバッテリを内蔵するモジュールで、エンクロー
ジャーの背面の両側に搭載されます。 PCM は、交流電線からの電流を適切な直流レベルに変
換して、コントローラーノードに電源を供給します。
2 種類の PCM があります。
•
580W PCM - HP M6720 および HP M6710 ドライブエンクロージャーで使用
•
764W PCM - コントローラーノードエンクロージャーで使用 (交換可能なバッテリパックを
内蔵)
次の表に、764W PCM が内蔵する交換可能バッテリの技術仕様を示します。
表 10 バッテリパックの技術仕様
仕様
説明
動作温度
41~104° F (5~40° C) - 1,000 フィートの高度上昇ご
とに 1° F (1,000m の高度上昇ごとに 1.8°) 低下
動作保証高度 (最大)
10,000 フィート / 3,048m
運搬時の温度
32~140° F (0~60° C)
輸送高度 (最大)
40,000 フィート / 12,192m
内蔵保護機能
過電圧、不足電圧、過電流、過熱
容量
49.5Wh (5.0Ah)
設計寿命
バッテリは予想動作寿命が 5 年となるように設計されて
います。
保存可能期間
2 年 (最小)
メンテナンス放電サイクル
通常の動作状態では、各バッテリで 3 か月に 1 回のメ
ンテナンス放電サイクルが実施されます。 システムソフ
トウェアにより、確実に、一度に 1 つずつバッテリが放
電されます。 メンテナンス放電サイクルでは、現在の充
電容量がテストされ、最大限のバッテリ寿命が確保され
ます。
充放電サイクル
200 回 (最小)。 予想動作寿命は 500 回以上です。
有効期限/製品寿命日時
バッテリパックには、日付で示されるような有効期限や
製品寿命はありません。 製品寿命は、最小充電容量に達
することで判定されます。 このイベントは、HP 3PAR
ソフトウェアによって通知されます。
交換
バッテリは、バッテリ障害を示す PCM を取り外し、PCM
からバッテリを取り外して交換し、PCM をエンクロー
ジャー内に戻すことによって交換できます。
Power Cooling Module
27
5 ネットワーク、ケーブル、および接続
この章では、決定した設置場所にストレージシステムを設置する際に最適なネットワーク構成
(必要 な接続およびケーブル配線オプションを含む) を判断する方法について説明します。
注記: 以下の説明は、ネットワークが確立されていることを前提としており、ストレージシ
ステムをそのネットワークに接続する方法を示します。
TCP/IP ポート割り当て
次の表に、各種コンポーネント間の通信のための TCP/IP ポート割り当てを示します。
表 11 TCP/IP ポートの使用法の表
ポート
使用法
22: Secure Shell (SSH) プロトコル
以下のコンポーネントによって、SSH HP 3PARサービスプロセッサーSSH
接続を介したストレージシステムの監 クライアント --> HP 3PAR StoreServ
視および設定のために使用されます。 7000 Storage
• HP 3PAR サービスプロセッサー
• HP 3PAR OS CLI クライアント
• HP 3PAR 接続ポータル
80: World Wide Web HTTP
トラフィックフロー
他社製SSHクライアント <--> HP
3PARサービスプロセッサー
他社製SSHクライアント <--> HP
3PAR CLIクライアント
以下のコンポーネントによって、HTTP WWW --> HP 3PARサービスプロ
プロトコルによる通信のために使用さ セッサー
れます。
HP 3PAR サービスプロセッサー
161: SNMP
以下のコンポーネントによって、他社 他社製SNMPマネージャー <--> HP
製 SNMP マネージャーアプリケーショ 3PAR SNMPエージェント
ンによるストレージシステムの監視お
よび設定のために使用されます。
HP 3PAR SNMP エージェント
162: SNMPTRAP
以下のコンポーネントによって、要求 他社製SNMPマネージャー <-- HP
されていないアラートを他社製 SNMP 3PAR SNMPエージェント
マネージャーアプリケーション用の
SNMPv2c トラップとして送信するた
めに使用されます。
HP 3PAR SNMP エージェント
427: サービスロケーションプロトコ 以下のコンポーネントによって、CIM 他社製CIMクライアント <--> HP
ル (SLP)
サーバーの位置情報提供のために使用 3PAR CIMサーバー
されます。
HP 3PAR CIM API
HP 3PAR CIM サーバー
5781: 3PAR イベントレポートサー
ビス
以下のコンポーネントによって、要求 サービスプロセッサー <--> HP 3PAR
されていないイベントをストレージシ イベントサービス
ステムから渡すために使用されます。
HP 3PAR サービスプロセッサー
RM VASA イベント処理
5782: 3PAR 管理サービス (非セキュ 以下のコンポーネントによって、セ
HP 3PAR IMC <--> HP 3PAR CLIサー
リティ保護)
キュリティ保護されていないチャネル バー
HP 3PAR CLI <--> HP 3PAR CLIサー
28
ネットワーク、ケーブル、および接続
表 11 TCP/IP ポートの使用法の表 (続き)
ポート
使用法
トラフィックフロー
を介したストレージシステムの監視お バー
よび設定のために使用されます。
Recovery Manager <--> HP 3PAR CLI
• HP 3PAR OS Management Console サーバー
HP 3PAR System Reporter <--> HP
• HP 3PAR OS CLI
3PAR CLIサーバー
HP 3PARサービスプロセッサー -->
• HP 3PAR Recovery Manager
HP 3PAR CLIサーバー
• HP 3PAR System Reporter
• HP 3PAR サービスプロセッサー
5783: SSL による 3PAR 管理サービ
ス (セキュリティ保護)
以下のコンポーネントによって、セ
キュリティ保護されたチャネルを介し HP 3PAR IMC <--> HP 3PAR CLIサー
たストレージシステムの監視および設 バー
定のために使用されます。
HP 3PAR CLI <--> HP 3PAR CLIサー
• HP 3PAR OS Management Console バー
Recovery Manager <--> HP 3PAR CLI
• HP 3PAR OS CLI
サーバー
HP 3PAR System Reporter <--> HP
• HP 3PAR Recovery Manager
3PAR CLIサーバー
• HP 3PAR System Reporter
5785: 3PAR InForm Remote Copy
Remote Copy Software によって、別の
HP 3PAR ストレージアレイから Remote
Copy サービスによって送信されたリ
モート複製ストレージデータを受信す
るために使用されます。
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage上
のHP 3PAR Remote Copy Software
<-- HP 3PAR StoreServ 7000 Storage
上の3PAR Remote Copy
(HP 3PAR Storage System上のRemote
HP 3PAR Remote Copy Software
Copy Softwareからのデータ送信用
データ転送のために Remote Copy アプ に動的ポートが割り当てられます)
リケーションによって使用されるセ
キュリティ保護されていないポート (管
理 LAN 上には存在しません。RCIP ネッ
トワークセグメント上でのみ認識され
アクティブになります)
5988: WBEM CIM-XML (HTTP) (非セ
キュリティ保護)
以下のコンポーネントによって、セ
他社製CIMクライアント <--> HP
キュリティ保護されていないチャネル 3PAR CIMサーバー
を介したストレージシステムの監視お
よび設定のために使用されます。
HP 3PAR CIM サーバー
5989: WBEM CIM-XML (HTTP) (セ
キュリティ保護)
以下のコンポーネントによって、セ
他社製CIMクライアント <--> HP
キュリティ保護されたチャネルを介し 3PAR CIMサーバー
たストレージシステムの監視および設
定のために使用されます。
HP 3PAR CIM サーバー
8008: セキュリティ保護されていな HP 3PAR StoreServ 7000 の管理を実行 他社製 WSAPI クライアント <--> HP
い (HTTP) WSAPI ポート
するために WSAPI クライアントが使 3PAR CLI クライアント
用します。
8080: セキュリティ保護された
(HTTPS) WSAPI ポート
HP 3PAR StoreServ 7000 の管理を実行 他社製 WSAPI クライアント <--> HP
するために WSAPI クライアントが使 3PAR CLI クライアント
用します。
コントローラーノードの接続
コントローラーノードは、外部ドライブ、システム、およびその他のデバイスを接続するため
に必要なポートを提供します。 コントローラーノードは、デュアルポートまたはクアッドポー
トファイバーチャネルアダプター、デュアルポートまたはクアッドポート NIC、またはデュア
ルポート 10Gb/秒 iSCSI アダプターを挿入できる PCIe スロットを 1 つ内蔵します。 ホスト
接続に使用できるポートの数は、構成によって異なります。
コントローラーノードの接続
29
注記:
管理インターフェイス接続用に Ethernet ポート (MGMT) も使用されます。
ファイバーチャネル SFP アダプターは、お客様の FC スイッチやホストの接続に使用されま
す。また、Remote Copy の操作にも使用できます。 システムに含まれているノードの数 (2 ま
たは 4) や装着されている PCI アダプターのタイプ (FC または CNA) に合わせて、システムは
最大 4~24 個の SFP をサポートできます。
必要なケーブル
ストレージシステムの設置に必要なケーブルの本数と長さは、特定のストレージシステムおよ
びネットワーク構成によって異なります。 ファイバーチャネルケーブルは、外部的には、コン
トローラーノードをお客様のスイッチまたは (直接接続の場合) ホストに接続するために使用し
ます 。 SAS ケーブルは、コントローラーノードをドライブエンクロージャーに接続するため
に使用されます。
表 12 必要なケーブル
ケーブルのタイプ
外径
コネクターのタイプ
SAS
6.60~7.75mm (長さによって異なる) Mini SAS SFF8088
3 本以上の Ethernet (カテゴリ 5) ケー
ブルおよび 3 つの静的 IP
標準
RJ-45
7400 4 ノード、リンクケーブル
6.7mm
PCI Express
マルチモードファイバーチャネル
1.6mm
LC-LC
各ノードペアで、少なくとも 1 つの
Ethernet 接続を確保することをお勧め
します。
外部ケーブル接続
次の表では、コントローラーノードをネットワークおよびホストコンピューターに接続するた
めの具体的なガイドラインを示します。 サポートされるネットワークトポロジについての詳細
は、「サポートされるネットワークトポロジ」 (32 ページ) を参照してください。
表 13 外部コントローラーノード接続
30
接続のタイプ
最小構成
推奨構成
Ethernet
Ethernet スイッチまたはハブから 2 詳細は、「サポートされるネットワー
つのコントローラーノードへの接続 クトポロジ」 (32 ページ) を参照して
ください。
ファイバーチャネル
ホストコンピューターから 1 つのコ ホストコンピューターから各ノードへ
ントローラーノードへの接続
のスイッチを経由した個別の接続 (接
続をすべてのノードにわたって均等に
分散させる)1
メンテナンス
なし
システムおよびネットワーク構成に
よって異なります。
1
冗長性を実現するためと、オンラインソフトウェアアップグレードを可能にするために、ノードペア (ノード 0 と
1、ノード 2 と 3) に搭載される両方のコントローラーノードが各ホストサーバーに接続された状態を維持してくだ
さい。
•
各コントローラーノードは、スイッチまたはハブへの 1 つの Ethernet 接続をサポートしま
す。 冗長性をサポートするには、Ethernet スイッチまたはハブから 2 つ以上のコントロー
ラーノードへの個別の接続が必要です。 冗長性を利用する場合は、1 つの IP アドレスが
2 つの接続間で共有され、一度に 1 つのネットワーク接続だけがアクティブになります。
アクティブなネットワーク接続に障害が発生すると、IP アドレスは、自動的に、使用可能
なネットワーク接続に移されます。
ネットワーク、ケーブル、および接続
•
少なくとも、ストレージシステムには、ホストコンピューターからコントローラーノード
への 1 つのファイバーチャネル (または iSCSI) 接続が必要です。 ただし、各ホストコン
ピューターからストレージシステム内の各コントローラーノードへ個別に接続し、接続を
すべてのノードにわたって均等に分散させることをお勧めします。
次の表に、ケーブルサイズとポート速度に基づいてサポートされるファイバーチャネルケーブ
ルの最大長を示します。
表 14 ファイバーチャネルホスト接続の最大ケーブル長
ケーブルサイズ
速度
最大ケーブル長
62.5 ミクロン
2Gb/秒
100m
62.5 ミクロン
4Gb/秒
70m
62.5 ミクロン
8Gb/秒
21m
50 ミクロン
2Gb/秒
300m
50 ミクロン
4Gb/秒
150m
50 ミクロン
8Gb/秒
50m
50 ミクロン
16Gb/秒
35m
内部ケーブル接続
注記: この項で説明するケーブル接続のルールおよびガイドラインの重要な例外については、
『HP 3PAR OS Administrator’s Guide』を参照してください。
次の表に、特定のタイプの接続に必要となる一般的な SAS ケーブルの長さを示します。
表 15 SAS およびリンクケーブルの使用に関するガイドライン
ケーブルの長さ
使用目的
1m
ドライブエンクロージャー間およびドライブエンクロー
ジャーとノード間
2m
ドライブエンクロージャー間およびドライブエンクロー
ジャーとノード間
6m
ラック間の接続
7400、4 ノード、インターコネクトケーブル:
7400 4 ウェイノードインターコネクト
520mm
ケーブル配線オプション
ストレージシステムをお客様のネットワークまたはホストに接続する 10 Gigabit Ethernet
(10GbE)、iSCSI、およびファイバーチャネルケーブルの場合は、ケーブルごとに約 7 フィート
(2m) の長さを、ストレージシステムラック内での配線用に確保してください。
ネットワークアクセス
外部 Ethernet、iSCSI、FCoE、またはファイバーチャネルケーブル接続は、設置時に完了しま
す。 これらの外部接続は、次の目的のために必要です。
•
コントローラーノードから 1 つまたは複数のホストコンピューターへの接続を確立する
•
ストレージシステムをネットワークに接続して、HP 3PAR Management Console および
HP 3PAR Command Line Interface (CLI) によるストレージシステムの管理を可能にする
•
SP からストレージシステムへの通信を可能にする
内部ケーブル接続
31
サポートされるネットワークトポロジ
運用サイトのポリシーおよび要件に応じて、複数の異なるネットワークトポロジで、ストレー
ジシステムをローカルエリアネットワークに接続できます。 現時点でサポートされるトポロジ
には「共有」と「プライベート」の 2 つがあります。
共有
共有ネットワークトポロジでは、ストレージシステムと SP がお客様の内部ネットワークを共
有します。 共有トポロジには、以下のものがすべて必要です。
•
ストレージシステムの静的 IP アドレスおよびシステム名
•
ノードの数が 2 つを超える場合、スイッチまたはハブからストレージシステムコントロー
ラーノードへの 2 つ以上の Ethernet 接続
•
SP の静的 IP アドレス
•
スイッチまたはハブから SP への 1 つの Ethernet 接続
プライベート
プライベートネットワークトポロジでは、ストレージシステムと SP の両方がお客様のローカ
ルエリアネットワークの同じプライベートネットワークセグメントに存在します。 システムを
管理するために使用されるすべての管理ワークステーションも、同じプライベートネットワー
クセグメントに存在する必要があります。 プライベートトポロジには、以下のものがすべて必
要です。
•
ストレージシステムの静的 IP アドレス
•
ストレージシステムからプライベートネットワークセグメントへの 2 つの Ethernet 接続
•
ノードの数が 2 つを超える場合、SP からプライベートネットワークセグメントへの 2 つ
以上の Ethernet 接続
•
SP の静的 IP アドレス
•
プライベートネットワークセグメント上の 1 つ以上の管理ステーション
サービスプロセッサーの接続
SP は、リモートエラー検出およびレポート機能を提供し、ストレージシステムに関わる診断お
よびメンテナンス作業を支援するために使用されます。
SP によって収集されるデータは、HP によって、お客様のサイトの HP 3PAR Storage をメンテ
ナンス、トラブルシューティング、およびアップグレードするために使用されます。 これらの
作業を実行するには、SP が HP Central または各地域のサービスプロバイダーと通信できる必
要があります。 SP と HP Central または各地域のサービスプロバイダーとの接続は、お客様の
ネットワークおよびインターネットを使用して行われます。 お客様のネットワークを使用した
接続は、お客様のファイアウォールを通過します。 指定された管理ワークステーションが SP
と同じネットワーク上に存在し、SP にアクセスするように設定されている場合、お客様は、い
つでも外部通信をブロックできます。 SP は、ストレージシステムと同じサブネット上に存在
する必要があります。
表 16 サービスプロセッサー接続オプション
32
接続のタイプ (データ転送/リモート ソフトウェア更新方式
操作)
注記
ネットワーク/ネットワーク
これは、SP 接続の推奨される方式で
す。
ネットワーク、ケーブル、および接続
リモート更新機能
6 他社製/既存のラックへの設置
HP 3PAR StoreServ 7000 Storage コンポーネントの収納に、他社製のラックまたは既存のラッ
クを使用する設置方法もあります。 システムコンポーネントは必ず標準の 19 インチラックに
設置してください。 ラックは、適切な PDU または電源コンセントを装備している必要があり
ます。また、推奨レベルの冗長性を提供するための十分な電源を使用できる必要があります。
サイト管理者は、ストレージシステムコンポーネントの設置場所を選定するために、次のキッ
トを使用できます。
•
7200 ノードエンクロージャー
•
7400 ノードエンクロージャー
•
ドライブエンクロージャー
•
サービスプロセッサー
注記: ストレージシステムコンポーネントの物理寸法および電源/放熱仕様については、「電
源と熱に関する仕様」 (14 ページ) を参照してください。 配置と推奨される条件についての一
般的な情報は、「構造および環境上の留意事項」 (21 ページ) を参照してください。
サービスインストールの前提条件
ラックの位置
•
ラックが最終設置場所にある。
•
正しいコネクターを備えた稼働電源がラックの設置予定場所に存在する。 システムは、
100~240VAC 50/60Hz の電源で動作し、200~240VAC PDU または電源ストリップを
必要とします。 各ドライブエンクロージャーで、2 本の C13/C14 接続が必要です。 SP
には 1 本の C13/C14 接続が必要です。
•
ラックの真正面に 36 インチ (91.4cm) の保守用スペースが必要。 これは、エンクロー
ジャーの奥行きのため、およびラック/エンクロージャー前面にある他の機器への損傷を
避けるために必要です。
•
ラック前面の両側に 30 インチ (76.2cm) の保守用スペースが必要。 これは、2 人でエン
クロージャーを持ち上げてラックに設置しなければならないために必要です。 また、作業
者が立ってエンクロージャーを操作するために両側にスペースが必要です。
•
ノードの保守作業を行うために、エンクロージャーの背面から 30 インチ (76.2cm) に障
害物がないこと (たとえば、PDU、電源ストリップ、電源コードの配線が接続されていた
り、その他のものがラックの後ろに付いていたりしてはなりません)。 このスペースには
障害物があってはいけません。コントローラーノードを取り外したり設置したりするため
に、ノードエンクロージャーの真後ろにこのスペースが必要です。
ラック要件
•
ラックは使用可能で、システムの設置に十分なスペースがある。 新しいラックを組み立て
たり、既存のコンポーネントのラックを変更したり、コンポーネントを移動したりする作
業は HP の設置/アップグレードサービスに含まれません。 設置には隣接したラックスペー
スが必要です。必要なスペースサイズは、システム内の 7000 Storage およびドライブエ
ンクロージャーの数量によって決まります。 各 HP 3PAR 7000 Storage エンクロージャー
および 2U SAS ドライブエンクロージャー用に 2U、4U SAS ドライブエンクロージャー
用に 4U、サービスプロセッサー用に 1U のラックスペースが必要です。 また、設置した
ストレージシステムコンポーネントの上下のラックスペースを空けて、ドライブエンク
ロージャーのアップグレードに備えることもお勧めします。
サービスインストールの前提条件
33
•
設置には 4 ポストラックのみを使用。 他のタイプのラックの使用は、禁止されています。
垂直 RETMA レールには角孔が必要です。
•
お客様によるケーブル配線 (電源、FC、SAS、および Ethernet) は、コントローラーノード
の取り外しや保守作業の妨げにならないよう、整理された経路で配線する必要がありま
す。
•
7000 シリーズのノードおよびドライブエンクロージャー用のレールキットは、24.5 イン
チから 32 インチ (前面から背面の RETMA レール内側の間での測定値) の範囲の奥行きに
対応しています。 他社製ラックに取り付けられているユニットの配送はサポートされてい
ません。
エンクロージャーの設置
•
どのような保守作業を行う場合でも、エンクロージャーを持ち上げるには 2 人の人員が必
要です。
サービス制限事項 (他社製ラックへの設置に適用)
HP では以下の作業は行いません。
•
コンポーネントからのラックの組み立て
•
ラックハードウェアの設定
•
ラックの配置
•
ラックへの複数回の設置、ラックへの再設置、ケーブル配線作業 (コンジット、レースウェ
イ、パッチパネル、およびコンピューター室床パネルの取り外し/構成に関わるケーブル
配線作業を含む) の実施。
•
電源、冷却および湿度、空中汚染物質、振動、および、設置予定のアレイを収容するデー
タセンターのフリーアクセスフロアの構造上の耐荷重性の確認といった包括的な分析など
のサイトの完全な検証の実施。
寸法要件
エンクロージャーの物理仕様については、「物理仕様」 (11 ページ) を参照してください。
HP のどの機器を 4 ポストラックに取り付ける場合も、ラックが最小および最大仕様を満たす
必要があります。 前面と背面の垂直 (RETMA) レール間に障害物がないようにします。 レール
およびエンクロージャーの取り付け時に障害となるものが作業領域にあればすべて取り除きま
す。
ラックスペースの考慮事項
エンクロージャーは、隣接したラックスペースに設置することを強くお勧めします。これによ
り、銅線 SAS ケーブルが接続ポートに到達できるとともに、保守および設置に関して一貫性
が得られます。 将来ドライブエンクロージャーを追加する場合は、最初に取り付けたエンク
ロージャーと同じ場所に取り付けることをお勧めしますが、必須ではありません。
また、お客様のサイト構成では、HP 製機器を取り付けるラック内の隣接スペースの領域を明
確にする必要があります (ラックの上部、底部、中間部など)。 この設置領域を決定する際は、
ホストケーブルが供給される場所にもっとも近い領域を検討することをお勧めします。
ラックは下から上に構築します。
最小空きスペースの維持
すべての機器を取り付けた状態で、通気、ケーブル配線、およびメンテナンス作業を行えるよ
うに適切な空きスペースを維持する必要があります。
34
他社製/既存のラックへの設置
表 17 最小空きスペース
サービス
前面: 36 インチ (91.4cm)
背面: エンクロージャーの背面から 30 インチ (76.2cm) x 19 インチ (50.8cm) に障害物がない
こと。 側面: なし
通気
前面: 12 インチ (30.5cm)
背面: 12 インチ (30.5cm)
側面: なし
通気口のある床タイルとフリーアクセス床のいずれも必要ありません。
ドア: ラックドアは、エンクロージャーの前面および背面から少なくとも 1.5 インチ (3.81cm)
離れている必要があります。また、穴開けパターンにより、少なくとも表面全体の 50% に穴
が開いている状態が必要です。
ケーブル接続
前面: なし
背面: 合計 30 インチ (76.2cm) の空きスペース
側面: なし
ラックマウントキット
表 18 マウントキット
ノードおよびドライブエンクロージャー
サービスプロセッサー
692982-001、(M6720) 4U24 HDD シャーシアセンブリ用
683811-001 プロセッサー 1U
692981-001、(M6710) (7200) 2U コントローラーシャーシアセンブリおよび 2U24 マウントキット
HDD シャーシアセンブリ用
4 ポストシェルフキット
4 ポストシェルフキットにより、ドライブエンクロージャーおよびコンポーネントをさまざま
な 4 ポストラックにマウントすることが可能になります。 各エンクロージャーまたはコンポー
ネントには、それ自身のマウントキットが必要です。
注記:
エンクロージャーの上に別のエンクロージャーを積み重ねないでください。
4 ポストシェルフが 4 ポストラックの前面および背面レールにマウントされます。 前面およ
び背面には 2 つのシェルフハーフと対応する取り付けハードウェアが必要です。 シェルフハー
フは伸縮してさまざまな奥行きのラックに適合します。 前面のシェルフハーフには、左用と右
用の 2 種類があります。一方、背面のシェルフハーフはラックの左右両側で使用できます。
左右両側で取り付けが完了したら、機器をシェルフの上に置いて、RETMA レールに固定でき
ます。
リダンダント電源要件
各ストレージシステムコンポーネントには、リダンダント PCM から電源が供給されます。 コ
ントローラーノードおよびドライブエンクロージャーは、いずれかの PCM で AC 電源が失わ
れても動作が続行されるように設計されています。 この機能を正しく動作させるために、エン
クロージャー内の各パワーサプライの電源コードは、個別の回路ブレーカーにより制御および
保護されている独立した電源に接続する必要があります。 1 つのパワーディストリビューショ
ンユニットまたは電源タップ内の複数のコンセントは、独立した電源を構成しません。
ラックマウントキット
35
さらに、各電源ケーブルは、エンクロージャー全体の負荷をサポートする能力があるコンセン
トに接続する必要があります。
注意: PDU は取り付けキットに付属していません。 システムに電源を投入する前に、ご使用
の PDU が最小電源要件を満たしていることを確認してください。 この要件には、特別な注意
を払う必要があります。 要件を満たさない場合、1 つのパワーサプライに障害が発生した場合
に分岐回路が過負荷状態となります。これにより、ストレージシステムがシャットダウンする
可能性があり、またこの分岐回路に接続しているすべての機器にも同様な障害が発生する可能
性があります。
注意: AC 電源コードは、サービス作業中に不測の電源切断を防御するコード保持機構が付い
たお客様の PDU およびコンセントに確実に接続してください。 HP 製のパワーサプライには
コード保持機構が付いていますが、HP はお客様の PDU またはコンセントへの接続に対する保
持デバイスを提供していません。
注記:
36
電源要件についての詳細は、「電力要件」 (25 ページ) を参照してください。
他社製/既存のラックへの設置
7 サポートとその他の資料
HP のサポート窓口
ワールドワイドのテクニカルサポート情報については、以下の HP の Web サイトを参照して
ください。
http://www.hp.com/support
次の表を参照して、要求するサポートタイプを指定してください。
HP 3PAR Storage System
サポート要求
HP 3PAR StoreServ 7200、7400、7450 Storage System
StoreServ 7000 Storage
HP 3PAR StoreServ 10000 Storage System
3PAR または 3PAR Storage
HP 3PAR T クラス Storage System
HP 3PAR F クラス Storage System
HP 3PAR ドキュメント
掲載されている情報:
参照:
サポートされているハードウェアおよびソフトウェアプ
ラットフォーム
Single Point of Connectivity Knowledge for HP Storage
Products (SPOCK) Web サイト:
SPOCK (http://www.hp.com/storage/spock)
HP 3PAR ドキュメントの発見方法
HP Storage Information Library:
Storage Information Library
(http://www.hp.com/go/storage/docs/)
デフォルトでは、[Products and Solutions] 下の [HP
3PAR StoreServ Storage] が選択されています。
HP 3PAR Storage System ソフトウェア
ストレージの概念および用語
『HP 3PAR StoreServ Storage コンセプトガイド』
HP 3PAR Management Console (GUI) を使用した HP 3PAR 『HP 3PAR Management Console ユーザーガイド』
Storage System の設定と管理
HP 3PAR CLI を使用したストレージシステムの設定と管理 『HP 3PAR コマンドラインインターフェイス管理者ガ
イド』
CLI コマンド
『HP 3PAR Command Line Interface Reference』
システムパフォーマンスの分析
『HP 3PAR System Reporter ソフトウェアユーザーガ
イド』
ホスト構成と接続情報管理のための Host Explorer エージェ 『HP 3PAR Host Explorer ユーザーガイド』
ントのインストールとメンテナンス
HP 3PAR Storage System の管理のための、Common
Information Model (CIM) 準拠アプリケーションの作成
『HP 3PAR CIM API Programming Reference』
HP 3PAR Storage System 間のデータ移行
『HP 3PAR-to-3PAR Storage Peer Motion ガイド』
HP 3PAR Storage System の監視と制御のための Secure
Service Custodian サーバーの設定
『HP 3PAR Secure Service Custodian Configuration
Utility Reference』
CLI を使用した HP 3PAR Remote Copy の設定と管理
『HP 3PAR Remote Copy ソフトウェアユーザーガイ
ド』
HP のサポート窓口
37
掲載されている情報:
参照:
HP 3PAR オペレーティングシステムのアップデート
『HP 3PAR オペレーティングシステムアップグレード
事前計画ガイド』
ストレージシステムコンポーネント、トラブルシューティ 『HP 3PAR F クラス、T クラス、および StoreServ
ング情報、および警告情報の確認
10000 Storage トラブルシューティングガイド』
HP 3PAR Policy Server のインストール、設定、およびメン 『HP 3PAR Policy Server Installation and Setup Guide』
テナンス
『HP 3PAR Policy Server Administration Guide』
38
サポートとその他の資料
掲載されている情報:
参照:
HP 3PAR Storage System セットアップの計画
HP 3PAR Storage System のハードウェア仕様、設置に関する検討事項、電源要件、ネットワーク構成オプション、
ケーブル接続情報
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System
『HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c Storage サ
イト計画ガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 および 7450c Storage サ
イト計画ガイド』
『HP 3PAR StoreServ 10000 Storage 設置計画ガイド』
HP 3PAR 10000 Storage System
『HP 3PAR StoreServ 10000 Storage Third-Party Rack
Physical Planning Manual』
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System のインストールと管理
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System のイ
ンストールとサービスプロセッサーの初期化
『HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c Storage イ
ンストールガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 および 7450c Storage イ
ンストールガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7000 Storage SmartStart ソフト
ウェアユーザーガイド』
HP 3PAR 7200、7400、および 7450 Storage System の管
理、サービス、およびアップグレード
『HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c Storage サー
ビスガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 および 7450c Storage サー
ビスガイド』
HP 3PAR 7200、7400、7450 Storage System のトラブル
シューティング
『HP 3PAR StoreServ 7000 および 7000c Storage ト
ラブルシューティングガイド』
『HP 3PAR StoreServ 7450 および 7450c Storage ト
ラブルシューティングガイド』
サービスプロセッサーのメンテナンス
『HP 3PAR Service Processor Software User Guide』
『HP 3PAR Service Processor Onsite Customer Care
(SPOCC) User's Guide』
HP 3PAR ホストアプリケーションソリューション
Oracle データベースのバックアップとディザスタリカバリ 『HP 3PAR Recovery Manager Software for Oracle ユー
によるバックアップの使用方法
ザーガイド』
Exchange データベースのバックアップとディザスタリカ
バリによるバックアップの使用方法
『HP 3PAR Recovery Manager Software for Microsoft
Exchange 2007 および 2010 ユーザーガイド』
SQL データベースのバックアップとディザスタリカバリに 『HP 3PAR Recovery Manager Software for Microsoft
よるバックアップの使用方法
SQL Server ユーザーガイド』
VMware データベースのバックアップとディザスタリカバ 『HP 3PAR Management Plug-in and Recovery Manager
リによるバックアップの使用方法
Software for VMware vSphere ユーザーガイド』
HP 3PAR VSS (Volume Shadow Copy Service) Provider
Software for Microsoft Windows のインストールと使用方
法
『HP 3PAR VSS Provider Software for Microsoft
Windows ユーザーガイド』
Storage Replication Adapter for VMware vCenter セットアッ 『HP 3PAR Storage Replication Adapter for VMware
プのベストプラクティス
vCenter Site Recovery Manager 実装ガイド』
Storage Replication Adapter for VMware vCenter Site
Recovery Manager のトラブルシューティング
『HP 3PAR Storage Replication Adapter for VMware
vCenter Site Recovery Manager Troubleshooting Guide』
vSphere Storage APIs for Array Integration (VAAI) plug-in
software for VMware vSphere のインストールと使用方法
『HP 3PAR VAAI Plug-in Software for VMware vSphere
ユーザーガイド』
HP 3PAR ドキュメント
39
表記上の規則
表 19 表記上の規則
規則
要素
ミディアムブルーの語句: 図
クロスリファレンスリンクおよび電子メールアドレス
ミディアムブルーの下線付き語句
(http://www.hp.com/jp )
Web サイトアドレス
太字
• アプリケーション名および強調するべき語句
括弧([ ])で表示
• キー名
• ボックスなどの GUI で入力される文字列
• クリックおよび選択される GUI(メニューおよびリスト項目、ボタン、
チェックボックス)
Monospace フォント
• ファイル名およびディレクトリ名
• システム出力
• コード
• コマンドラインで入力した文字列
イタリック体の Monospace フォ
ント
• コード変数
太字体の Monospace フォント
• ファイル名、ディレクトリ名、システム出力、コード、コマンドライン
で入力される文字列の強調
• コマンドライン変数
警告! その指示に従わないと、死傷事故あるいはデータやオペレーティングシステムの致命
的な破壊を引き起こす恐れがある注意事項を示します。
注意: その指示に従わないと、装置の損傷やデータの消失を引き起こす恐れがある注意事項
を表します。
注記:
補足情報を示します。
要件
HP での試験に基づき、機能の実装およびサポートされる実装を達成するために指示どおりに
実行される必要がある重要な手順が記載されています。
HP 3PAR ブランド情報
40
•
以前「InServ」と呼ばれたサーバーは「HP 3PAR StoreServ Storage System」と呼ばれるよ
うになりました。
•
以前「InForm OS」と呼ばれたオペレーティングシステムは「HP 3PAR OS」と呼ばれるよ
うになりました。
•
以前「InForm Management Console (IMC)」と呼ばれたユーザーインターフェイスは「HP
3PAR Management Console」と呼ばれるようになりました。
•
以前「3PAR」製品と呼ばれたすべての製品は「HP 3PAR」製品と呼ばれるようになりまし
た。
サポートとその他の資料
A ストレージシステムインストールチェックリスト
ストレージシステムのハードウェア/ソフトウェアの設置/インストールを開始する前に、この
章を参照して、すべての要件が満たされていることを確認してください。
ストレージシステムハードウェア設置チェックリスト
作業を開始する前に、これまでの章に記載されていた環境条件、推奨されるラックスペースへ
のアクセス、および電源要件が満たされていることと、次に示す機器や道具の準備が完了して
いることを確認してください。
•
標準的な AC 電源
•
ソフトウェア、BIOS、ドライブ、および HP 3PAR OS にアクセスできるホストコンピュー
ター
•
ファイバーチャネル (FC) HBA、FC ホストケーブル、および電源コード
•
その他のケーブル
•
ネットワークアクセス
•
SP 接続
•
工具
•
レールマウントキット
•
システムコンポーネントまたはストレージシステム
ストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト
ストレージシステムソフトウェアのインストールを開始する前に、次の点をすべて確認してく
ださい。
•
すべてのコンポーネントが取り付けられている。
•
ストレージシステムのセットアップの確認が完了し、ストレージシステムに電源が入って
いて、LED が正常に機能している。
•
SP が装備され電源が投入され、IP アドレスが割り当てられている。または、VSP が装備
および接続され、一時 IP アドレスが決定されている。
•
SP 接続が確立している。
表 20 SP およびストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト
HP 3PAR Service Processor
SP ID。SP ID は、3PAR の 7 桁のストレージシリアル番号にプレフィックスとし
て「SP000」を追加したものです。 シリアル番号は、SP 上の サーバー前面の上
部と、サーバー前面の引き出し式プラカードの 2 か所にあります。
注記:
このシリアル番号は、ノードエンクロージャー PCM の電源スイッチの
横にある HP 3PAR Storage System の背面にあり、16 で始まります (例:
1624635)。
サービスプロセッサーホスト名
注記: SP セットアッププロセスの実行時には、StoreServ の電源を入れ、SP と
同じネットワークサブネットに接続する必要があります。また、SP が StoreServ
のシリアル番号を確認するため、初期化は許可されません。
固定 IP アドレス (IPv4 のみ)
サブネットマスク
ゲートウェイ IP アドレス
DNS 設定:
ストレージシステムハードウェア設置チェックリスト
41
表 20 SP およびストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト (続き)
ドメインの名前
DNS サーバー
サポートされる最高速度とデュプレックス設定:
オートネゴシエーションまたは
カスタムデュプレックス (ハーフまたはフル) および
カスタム速度 (10、100、または 1000MB/秒)
Remote Support 用のプロキシサーバー設定 (該当する場合):
プロトコル
アドレスとポート
認証情報 (オプション)
システムサポート情報:
• 設置サイト情報
• お客様情報
日付と時刻:
手動で入力
NTP サーバー情報の使用
タイムゾーン
setupusr に割り当てる新しいパスワード (システムセットアップウィザードで使
用)
注記: setupusr ユーザー名のすべてのパスワードは長さ 7~32 文字で、英数字
および次の特殊文字が使用できます: ピリオド (.)、プラス (+)、ダッシュ (-)、等
号 (=)、スラッシュ (/)。
3parcust に割り当てる新しいパスワード (SPOCC へのアクセス用)
注記: 3parcust ユーザー名のすべてのパスワードは長さ 7~32 文字で、英数
字および次の特殊文字が使用できます: ピリオド (.)、プラス (+)、ダッシュ (-)、
等号 (=)、スラッシュ (/)。
HP 3PAR Storage System
シリアル番号
注記: シリアル番号は、HP 3PAR Storage System の背面にあるノードエンク
ロージャー PCM の電源スイッチの横に掲載されています。 シリアル番号の先頭
2 桁は 16 (例: 1624635) です。
StoreServ システム名
IP アドレス (IPv4 のみ)
サブネットマスク
ゲートウェイ IP アドレス
日付と時刻:
日付と時刻は、次のいずれかの方法で設定してください。
• SP からコピー
• 手動で入力または NTP サーバー情報を使用
• タイムゾーン
3paradm に割り当てる新しいパスワード (ストレージシステムへのアクセス用)
注記: 3paradm ユーザー名のパスワードは長さ 6~8 文字で、印刷可能なすべ
ての文字が使用できます。
42
ストレージシステムインストールチェックリスト
表 20 SP およびストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト (続き)
HP 3PAR SmartStart
インストール時のセットアップで SmartStart を使用した後でホストの設定を行
う場合は、使用できるサーバーで Microsoft Windows 2008 R2 x64 Edition また
は 2012 を実行する必要があります。
ストレージシステムソフトウェアインストールチェックリスト
43
B File Persona のチェックリスト
チェックリストを使用して、File Persona を作成します。
一般的な質問
質問
回答
備考
File Persona ライセンス付与証明書を Y/N
受け取りましたか。
HP 3PAR CLI または SSMC UI を使用して File Persona ライセンス
をインストールします。
ネットワーク接続は、File Persona へ Y/N
の準備 (10GbE / 1GbE) が整ってい
ますか。
File Persona 用に選択した、適切なボンディングモードをサポート
するネットワークスイッチが設定されていることを確認します。
File Persona で Remote Copy の使用
を計画していますか。
複製方法 (RCIP または RCFC) を選択する場合、RCIP 構成で 1GbE
ポートを使用するときには、複製する必要があるファイルのデー
タ量を考慮してください。
Y/N
• RCIP (Remote Copy over IP) で使用 • Y/N RCIP に、IP アドレスを追加する必要があります。
する予定ですか。
• Y/N
• Remote Copy の適切な IP 接続を、
お持ちですか。
• RCFC (Remote Copy over FC) で使 • Y/N FC ポートは、StoreServ ノードの内蔵 FC ポートに制限されます。
複製に RCFC を使用する場合は、FC ポート経由の File Persona 複
用する予定ですか。
• Y/N 製が、ブロック IO 操作に影響する可能性を考慮してください。
• Remote Copy に適した FC 接続
を、お持ちですか。
• 仮想ファイルサーバー (VFS) をい • ...
くつ、使用する予定ですか。
• ...
• 1 つの VFS に、複数の IP アドレ
スを割り当てる予定ですか。 そ
うであれば、いくつですか。
VFS ごとに、IP アドレスが必要になります。
仮想プロビジョニンググループ (FPG) ...
をいくつ、使用する予定ですか。
FPG の最小サイズは 1TB、最大サイズは 32TB です。
IP アドレスは、VFS に追加して割り当てる IP アドレスごとに必要
です。
各ノードペアでは、最大 64TB を管理できます。
• ファイルベースのスナップショッ • Y/N ファイルベースのスナップショットポリシーは、スナップショッ
トの要件に基づいて、File Store (fstore) 実装の fstore レイア
トを使用する予定ですか。
• ...
ウトに割り当てられます。
• 異なるスナップショットポリシー
を、いくつ実装しますか。
クォータを使用する予定ですか。
Y/N
• NFS エクスポートを使用する予定 • Y/N クロスプロトコルのサポートに関しては、十二分に警告する必要
があります。
ですか。
• v3、
• NFS のバージョンは、いくつです
v4
か。
• SMB 共有を使用する予定ですか。 • Y/N クロスプロトコルのサポートに関しては、十二分に警告する必要
があります。
• SMB 署名が必要ですか。
• Y/N
SMB 署名を有効にする方法について、説明が必要です。サポート
• SMB 署名要求が必要ですか。
• Y/N に連絡するように言うか、ここで構文を説明しますか。
• rfc2307 のサポートが必要です
• Y/N Active Directory (AD) オブジェクトには、AD のアカウントごとに、
か。
UID/GID を割り当ててください。そうしないと、rfc2307 によっ
て、SMB 共有への書き込みアクセスが禁止されます。
ローカルユーザーやグループを使用 Y/N
する予定ですか。
44
File Persona のチェックリスト
ローカル認証プロバイダーを使用してサポートされるローカルユー
ザーアカウントの最大数は 200 です。ただし、HP が推奨するユー
ザーアカウントの最適な数は、50 以下です。 50 以上のユーザー
質問
回答
備考
アカウントを必要とする環境では、ディレクトリサービス ( Active
Directory、Lightweight Directory Access Protocol など) を使用して、
File Persona ファイルシステムのアクセス権を管理することを推奨
します。
ネットワーク情報の記録
システムのインストールと構成に進む前に、利用可能な正しいネットワーク情報を得ることが
重要です。 DNS 情報をあらかじめ設定する必要が、生じる場合があります。 システム管理者
に問い合わせて、ネットワーク構成の要件を明確化してください。
重要: HP 3PAR StoreServ File Persona コントローラーノードを Active Directory ドメインに参
加させる前に、各ノードとドメインコントローラー間にネットワーク接続が存在しているこ
と、および StoreServ のシステム時刻がドメインコントローラーと同期していることを確認し
てください。 通常、これは、Active Directory ドメインコントローラーで動作している NTP
サービスと時刻が同期するように、StoreServ コントローラーを構成することで行えます。
HP 3PAR StoreServ 7200c と 2 ノード 7400c の File Persona には、少なくとも 3 つの IP アド
レスが必要です。4 つのノードすべてで File Persona が動作する HP 3PAR StoreServ 7400c に
は、少なくとも 5 つの IP アドレスが必要です。 これらのアドレスは、静的に割り当てられる
か、DHCP サーバーによって動的に割り当てられるか、あるいは、その両方の場合がありま
す。 静的 IP アドレスの割り当てを推奨します。 静的 IP アドレス、または DNS を自動更新し
ない DHCP サーバーを使用する場合は、順引きと逆引きの DNS 情報 (A レコードと PTR レコー
ド) の両方が、DNS サーバーにあらかじめ設定されていることを確認してください。 HP 3PAR
StoreServ のモデルに従って、表 22 「ネットワーク情報 (HP 3PAR StoreServ 7200c)」または
表 23 「ネットワーク情報 (HP 3PAR StoreServ 7400c)」を使用して、システムのセットアップ
に進む前に、ネットワーク情報を記録します。
表 21 File Persona のグローバル設定
概要
備考
デフォルトルート
これは、File Persona ノード上で使用されるものと、同じサブネット上
に存在しなければなりません。
HP 3PAR File Persona は、1 つのルートをサポートします。 VLAN は、
ゲートウェイでは構成できず、デフォルトルートを使用します。
プライマリ DNS とサフィックス
セカンダリ DNS
ネットワークボンディングモード
ネットワークボンディングモード
インターフェイスのタイプごとに、ボンディングモードに関するアドバ
イスが必要です。
• 10Gb – モード 1
• 1Gb – モード 1 またはモード 6
注記:
ネットワーク MTU
LACP やモード 4 は、現時点ではサポートされていません。
ネットワークインフラストラクチャ内のすべてのコンポーネントがジャ
ンボフレームをサポートする場合、デフォルトからの唯一の変更です。
ウイルス対策スキャンエンジンとポート
バックアップ: NDMP ターゲット VTL デ 各 NDMP iSCSI VTL ターゲットの IP アドレスのリスト
バイス
バックアップ: NDMP DMA の IP アドレ
スとパスワード
45
表 22 ネットワーク情報 (HP 3PAR StoreServ 7200c)
ネットワークデバイ
ス
完全修飾ドメイン名
(FQDN)
IP アドレス
サブネットマスク
VLAN タグ
サブネットマスク
VLAN タグ
Host Persona ノード
0
Host Persona ノード
1
仮想ファイルサー
バー
表 23 ネットワーク情報 (HP 3PAR StoreServ 7400c)
ネットワークデバイ
ス
完全修飾ドメイン名
(FQDN)
IP アドレス
Host Persona ノード
0
Host Persona ノード
1
Host Persona ノード
2
Host Persona ノード
3
仮想ファイルサー
バー
Active Directory 環境
HP 3PAR StoreServ Persona システムが Active Directory 環境に参加する場合、Active Directory
オブジェクトをあらかじめ設定したり、特定の管理パーミッションが必要になったりすること
があります。
SMB 共有
CIFS、FTP、または HTTP の共有にアクセスしているユーザーは、Active Directory またはロー
カルユーザーを介して認証できます。 Active Directory を選択する場合、共有管理者の指定、
および Linux の静的ユーザーマッピングを有効化または無効化できます。 ローカルユーザーを
選択する場合は、適切なローカルユーザーとローカルグループのアカウントを作成できます。
設定値
値
認証のタイプ
ドメイン名
Linux の静的マッピング (rfc2307)
Y/N
NFS 共有
設定値
NFS v4 ドメイン名
46
File Persona のチェックリスト
値
ローカルグループ/ユーザー構成
ローカルグ
ループ
ローカルグ
ループ 1
ローカルグ
ループ 2
ローカルグルー ローカルグ
プ3
ループ 4
ローカルグ
ループ 5
ローカルグルー
プ6
ローカルユー
ザー 1
ローカルユー
ザー 2
ローカルユー
ザー 3
ローカルユー
ザー 4
ローカルユー
ザー 5
ローカルユー
ザー 6
SMB 共有 2
SMB 共有 3
SMB 共有 4
SMB 共有 5
SMB 共有 6
グループ名
グループのメ
ンバー
GID
ローカルユー
ザー
ユーザー名
デフォルトグ
ループ
セカンダリグ
ループ
ホームディレ
クトリ
UID
SMB 共有
設定値
SMB 共有 1
共有名
共有パス
共有の説明
共有のパー
ミッション
すべてのユー
ザー: フルコン
トロール/制限
付きグループ
またはユー
ザー
ABE (Access
Based
Enumeration)
共有ディスト
リビューショ
ン
制限 (File
Persona ノー
ドあたり 750
ユーザー)
47
NFS エクスポート
設定値
エクスポート
1
エクスポート
2
エクスポート
エクスポート 3 4
エクスポート
5
エクスポート 6
マウントポイ
ントのエクス
ポート
クライアント
リストのエク
スポート
パラメーター
のエクスポー
ト
ネットワーク情報を検証して、IP アドレスと名前の両方が、使用中ではないことを確認しま
す。
表 24 「検証テスト」のテストを完了して、ネットワーク接続を確認します。 テストの結果を
確認するには、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
表 24 検証テスト
テスト
実行するコマンド
ノード 0 から他の File Persona ノー • ping < ノード 1 の IP アドレス >
ドの IP アドレスに ping します。HP
3PAR StoreServ 7000 アレイ内のす • ping < ノード 2 の IP アドレス
(7400c のみ)>
べてのノードに対して実行します。
• ping < ノード 3 の IP アドレス
(7400c のみ)>
ノード 0 から他の File Persona ノー • ping < ノード 1 の名前 >
ドのノード名に ping します。HP
3PAR StoreServ 7000 アレイ内のす • ping < ノード 2 の名前 (7400c の
み)>
べてのノードに対して実行します。
• ping < ノード 3 の名前 (7400c の
み)>
ノード 0 から他の File Persona ノー • ping < ノード 1 の FQDN>
ドの FQDN に ping します。HP
3PAR StoreServ 7000 アレイ内のす • ping < ノード 2 の FQDN (7400c
のみ)>
べてのノードに対して実行します。
• ping < ノード 3 の FQDN (7400c
のみ)>
HP 3PAR StoreServ 7000 アレイ内の ping < ドメインコントローラーの IP
すべてのノードから、ドメインコン アドレス > ノード 0~3
トローラーに ping します。
48
File Persona のチェックリスト
成功? (Y/N)
C 規定に関するご注意
規定準拠識別番号
規定に準拠していることの証明と識別のために、ご使用の製品には、固有の規定準拠識別番号
が割り当てられています。 規定準拠識別番号は、必要な認可マークおよび情報とともに、製品
銘板ラベルに印刷されています。 この製品の準拠情報を請求する場合は、必ず、この規定準拠
識別番号を参照してください。 規定準拠識別番号を製品の製品名またはモデル番号と混同しな
いでください。
Product specific information:
HP StoreServ 7000
Regulatory model number: 3PARA-SV1009 (コントローラー)、3PARA- ST1111 (M6710)、
3PARA-ST1112 (M6720)
FCC and CISPR classification: A
これらの製品にはレーザーコンポーネントが組み込まれています。 レーザー規定に関するご注
意の項のクラス 1 レーザーに関する注意を参照してください。
Federal Communications Commission Notice (米国)
Part 15 of the Federal Communications Commission (FCC) Rules and Regulations has established
Radio Frequency (RF) emission limits to provide an interference-free radio frequency spectrum.
Many electronic devices, including computers, generate RF energy incidental to their intended
function and are, therefore, covered by these rules. These rules place computers and related
peripheral devices into two classes, A and B, depending upon their intended installation. Class A
devices are those that may reasonably be expected to be installed in a business or commercial
environment. Class B devices are those that may reasonably be expected to be installed in a
residential environment (for example, personal computers). The FCC requires devices in both classes
to bear a label indicating the interference potential of the device as well as additional operating
instructions for the user.
Class A Equipment
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device,
pursuant to Part 15 of the FCC rules. These limits are designed to provide reasonable protection
against harmful interference when the equipment is operated in a commercial environment. This
equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used
in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications.
Operation of this equipment in a residential area is likely to cause harmful interference, in which
case the user will be required to correct the interference at personal expense.
FCC rating label
The FCC rating label on the device shows the classification (A or B) of the equipment. Class B
devices have an FCC logo or ID on the label. Class A devices do not have an FCC logo or ID on
the label. After you determine the class of the device, refer to the corresponding statement.
Class B equipment
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device,
pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection
against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses, and can
radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions,
may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that
interference will not occur in a particular installation. If this equipment does cause harmful
interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment
規定準拠識別番号
49
off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following
measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
•
Connect the equipment into an outlet on a circuit that is different from the outlet to which the
receiver is connected.
•
Consult the dealer or an experienced radio or television technician for help.
Declaration of Conformity for Products Marked With the FCC logo, United States
only
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two
conditions: (1) this device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any
interference received, including interference that may cause undesired operation.
For questions regarding this FCC declaration, contact us by mail or telephone:
•
Hewlett-Packard Company P.O. Box 692000, Mail Stop 510101 Houston, Texas 77269-2000
Or
•
Call 1-281-514-3333
Modification
The FCC requires the user to be notified that any changes or modifications made to this device
that are not expressly approved by Hewlett-Packard Company may void the user's authority to
operate the equipment.
Cables
When provided, connections to this device must be made with shielded cables with metallic RFI/EMI
connector hoods in order to maintain compliance with FCC Rules and Regulations.
Canadian Notice (Avis Canadien) (カナダおよびカナダ、フランス語使
用地域)
Class A Equipment
This Class A digital apparatus meets all requirements of the Canadian Interference-Causing
Equipment Regulations.
Cet appareil numérique de la class A respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel
brouilleur du Canada.
Class B Equipment
This Class B digital apparatus meets all requirements of the Canadian Interference-Causing
Equipment Regulations.
Cet appareil numérique de la class B respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel
brouilleur du Canada.
European Union notice (欧州)
This product complies with the following EU directives:
•
Low Voltage Directive 2006/95/EC
•
EMC Directive 2004/108/EC
Compliance with these directives implies conformity to applicable harmonized European standards
(European Norms) which are listed on the EU Declaration of Conformity issued by Hewlett-Packard
for this product or product family.
50
規定に関するご注意
This compliance is indicated by the following conformity marking placed on the product:
This marking is valid for non-Telecom products and EU
harmonized Telecom products (e.g., Bluetooth).
Certificates can be obtained from http://www.hp.com/go/certificates .
Hewlett-Packard GmbH, HQ-TRE, Herrenberger Strasse 140, 71034 Boeblingen, Germany
Japanese Notices (日本)
VCCI-A に関するご注意
VCCI-B に関するご注意
日本の VCCI マーク
電源コードに関するご注意
Korean notices (韓国)
Class A Equipment
Japanese Notices (日本)
51
Class B Equipment
Taiwanese Notices (台湾)
BSMI Class A Notice
Taiwan Battery Recycle Statement
Turkish recycling notice (トルコ)
Türkiye Cumhuriyeti: EEE Yönetmeliğine Uygundur
Vietnamese Information Technology and Communications Compliance
Marking (ベトナム)
52
規定に関するご注意
レーザー規定に関するご注意
レーザー規定に関するご注意 (英語)
This device may contain a laser that is classified as a Class 1 Laser Product in accordance with
U.S. FDA regulations and the IEC 60825-1. The product does not emit hazardous laser radiation.
警告! Use of controls or adjustments or performance of procedures other than those specified
herein or in the laser product's installation guide may result in hazardous radiation exposure. To
reduce the risk of exposure to hazardous radiation:
•
Do not try to open the module enclosure. There are no user-serviceable components inside.
•
レーザーデバイスに対して、ここで指定されている以外の制御や調整を行ったり、手順を
実行したりしないでください。
•
Allow only HP Authorized Service technicians to repair the unit.
The Center for Devices and Radiological Health (CDRH) of the U.S. Food and Drug Administration
implemented regulations for laser products on August 2, 1976. These regulations apply to laser
products manufactured from August 1, 1976. Compliance is mandatory for products marketed in
the United States.
レーザー規定に関するご注意 (オランダ語)
レーザー規定に関するご注意 (フランス語)
レーザー規定に関するご注意
53
レーザー規定に関するご注意 (ドイツ語)
レーザー規定に関するご注意 (イタリア語)
レーザー規定に関するご注意 (日本語)
54
規定に関するご注意
レーザー規定に関するご注意 (スペイン語)
リサイクルに関するご注意
English Recycling Notice
Disposal of waste equipment by users in private household in the European Union
This symbol means do not dispose of your product with your other household waste. Instead, you should
protect human health and the environment by handing over your waste equipment to a designated
collection point for the recycling of waste electrical and electronic equipment. For more information,
please contact your household waste disposal service
リサイクルに関するご注意
55
Bulgarian Recycling Notice
Изхвърляне на отпадъчно оборудване от потребители в частни домакинства в Европейския
съюз
Този символ върху продукта или опаковката му показва, че продуктът не трябва да се изхвърля заедно
с другите битови отпадъци. Вместо това, трябва да предпазите човешкото здраве и околната среда,
като предадете отпадъчното оборудване в предназначен за събирането му пункт за рециклиране на
неизползваемо електрическо и електронно борудване. За допълнителна информация се свържете с
фирмата по чистота, чиито услуги използвате.
Czech Recycling Notice
Likvidace zařízení v domácnostech v Evropské unii
Tento symbol znamená, že nesmíte tento produkt likvidovat spolu s jiným domovním odpadem. Místo
toho byste měli chránit lidské zdraví a životní prostředí tím, že jej předáte na k tomu určené sběrné
pracoviště, kde se zabývají recyklací elektrického a elektronického vybavení. Pro více informací kontaktujte
společnost zabývající se sběrem a svozem domovního odpadu.
Danish Recycling Notice
Bortskaffelse af brugt udstyr hos brugere i private hjem i EU
Dette symbol betyder, at produktet ikke må bortskaffes sammen med andet husholdningsaffald. Du skal
i stedet den menneskelige sundhed og miljøet ved at afl evere dit brugte udstyr på et dertil beregnet
indsamlingssted for af brugt, elektrisk og elektronisk udstyr. Kontakt nærmeste renovationsafdeling for
yderligere oplysninger.
Dutch Recycling Notice
Inzameling van afgedankte apparatuur van particuliere huishoudens in de Europese Unie
Dit symbool betekent dat het product niet mag worden gedeponeerd bij het overige huishoudelijke afval.
Bescherm de gezondheid en het milieu door afgedankte apparatuur in te leveren bij een hiervoor bestemd
inzamelpunt voor recycling van afgedankte elektrische en elektronische apparatuur. Neem voor meer
informatie contact op met uw gemeentereinigingsdienst.
56
規定に関するご注意
Estonian Recycling Notice
Äravisatavate seadmete likvideerimine Euroopa Liidu eramajapidamistes
See märk näitab, et seadet ei tohi visata olmeprügi hulka. Inimeste tervise ja keskkonna säästmise nimel
tuleb äravisatav toode tuua elektriliste ja elektrooniliste seadmete käitlemisega egelevasse kogumispunkti.
Küsimuste korral pöörduge kohaliku prügikäitlusettevõtte poole.
Finnish Recycling Notice
Kotitalousjätteiden hävittäminen Euroopan unionin alueella
Tämä symboli merkitsee, että laitetta ei saa hävittää muiden kotitalousjätteiden mukana. Sen sijaan sinun
on suojattava ihmisten terveyttä ja ympäristöä toimittamalla käytöstä poistettu laite sähkö- tai
elektroniikkajätteen kierrätyspisteeseen. Lisätietoja saat jätehuoltoyhtiöltä.
French Recycling Notice
Mise au rebut d'équipement par les utilisateurs privés dans l'Union Européenne
Ce symbole indique que vous ne devez pas jeter votre produit avec les ordures ménagères. Il est de
votre responsabilité de protéger la santé et l'environnement et de vous débarrasser de votre équipement
en le remettant à une déchetterie effectuant le recyclage des équipements électriques et électroniques.
Pour de plus amples informations, prenez contact avec votre service d'élimination des ordures ménagères.
German Recycling Notice
Entsorgung von Altgeräten von Benutzern in privaten Haushalten in der EU
Dieses Symbol besagt, dass dieses Produkt nicht mit dem Haushaltsmüll entsorgt werden darf. Zum
Schutze der Gesundheit und der Umwelt sollten Sie stattdessen Ihre Altgeräte zur Entsorgung einer dafür
vorgesehenen Recyclingstelle für elektrische und elektronische Geräte übergeben. Weitere Informationen
erhalten Sie von Ihrem Entsorgungsunternehmen für Hausmüll.
リサイクルに関するご注意
57
Greek Recycling Notice
Απόρριψη άχρηοτου εξοπλισμού από ιδιώτες χρήστες στην Ευρωπαϊκή Ένωση
Αυτό το σύμβολο σημαίνει ότι δεν πρέπει να απορρίψετε το προϊόν με τα λοιπά οικιακά απορρίμματα.
Αντίθετα, πρέπει να προστατέψετε την ανθρώπινη υγεία και το περιβάλλον παραδίδοντας τον άχρηστο
εξοπλισμό σας σε εξουσιοδοτημένο σημείο συλλογής για την ανακύκλωση άχρηστου ηλεκτρικού και
ηλεκτρονικού εξοπλισμού. Για περισσότερες πληροφορίες, επικοινωνήστε με την υπηρεσία απόρριψης
απορριμμάτων της περιοχής σας.
Hungarian Recycling Notice
A hulladék anyagok megsemmisítése az Európai Unió háztartásaiban
Ez a szimbólum azt jelzi, hogy a készüléket nem szabad a háztartási hulladékkal együtt kidobni. Ehelyett
a leselejtezett berendezéseknek az elektromos vagy elektronikus hulladék átvételére kijelölt helyen történő
beszolgáltatásával megóvja az emberi egészséget és a környezetet.További információt a helyi
köztisztasági vállalattól kaphat.
Italian Recycling Notice
Smaltimento di apparecchiature usate da parte di utenti privati nell'Unione Europea
Questo simbolo avvisa di non smaltire il prodotto con i normali rifi uti domestici. Rispettare la salute
umana e l'ambiente conferendo l'apparecchiatura dismessa a un centro di raccolta designato per il
riciclo di apparecchiature elettroniche ed elettriche. Per ulteriori informazioni, rivolgersi al servizio per
lo smaltimento dei rifi uti domestici.
Latvian Recycling Notice
Europos Sąjungos namų ūkio vartotojų įrangos atliekų šalinimas
Šis simbolis nurodo, kad gaminio negalima išmesti kartu su kitomis buitinėmis atliekomis. Kad
apsaugotumėte žmonių sveikatą ir aplinką, pasenusią nenaudojamą įrangą turite nuvežti į elektrinių ir
elektroninių atliekų surinkimo punktą. Daugiau informacijos teiraukitės buitinių atliekų surinkimo tarnybos.
58
規定に関するご注意
Lithuanian Recycling Notice
Nolietotu iekārtu iznīcināšanas noteikumi lietotājiem Eiropas Savienības privātajās mājsaimniecībās
Šis simbols norāda, ka ierīci nedrīkst utilizēt kopā ar citiem mājsaimniecības atkritumiem. Jums jārūpējas
par cilvēku veselības un vides aizsardzību, nododot lietoto aprīkojumu otrreizējai pārstrādei īpašā lietotu
elektrisko un elektronisko ierīču savākšanas punktā. Lai iegūtu plašāku informāciju, lūdzu, sazinieties ar
savu mājsaimniecības atkritumu likvidēšanas dienestu.
Polish Recycling Notice
Utylizacja zużytego sprzętu przez użytkowników w prywatnych gospodarstwach domowych w
krajach Unii Europejskiej
Ten symbol oznacza, że nie wolno wyrzucać produktu wraz z innymi domowymi odpadkami.
Obowiązkiem użytkownika jest ochrona zdrowa ludzkiego i środowiska przez przekazanie zużytego
sprzętu do wyznaczonego punktu zajmującego się recyklingiem odpadów powstałych ze sprzętu
elektrycznego i elektronicznego. Więcej informacji można uzyskać od lokalnej firmy zajmującej wywozem
nieczystości.
Portuguese Recycling Notice
Descarte de equipamentos usados por utilizadores domésticos na União Europeia
Este símbolo indica que não deve descartar o seu produto juntamente com os outros lixos domiciliares.
Ao invés disso, deve proteger a saúde humana e o meio ambiente levando o seu equipamento para
descarte em um ponto de recolha destinado à reciclagem de resíduos de equipamentos eléctricos e
electrónicos. Para obter mais informações, contacte o seu serviço de tratamento de resíduos domésticos.
Romanian Recycling Notice
Casarea echipamentului uzat de către utilizatorii casnici din Uniunea Europeană
Acest simbol înseamnă să nu se arunce produsul cu alte deşeuri menajere. În schimb, trebuie să protejaţi
sănătatea umană şi mediul predând echipamentul uzat la un punct de colectare desemnat pentru reciclarea
echipamentelor electrice şi electronice uzate. Pentru informaţii suplimentare, vă rugăm să contactaţi
serviciul de eliminare a deşeurilor menajere local.
リサイクルに関するご注意
59
Slovak Recycling Notice
Likvidácia vyradených zariadení používateľmi v domácnostiach v Európskej únii
Tento symbol znamená, že tento produkt sa nemá likvidovať s ostatným domovým odpadom. Namiesto
toho by ste mali chrániť ľudské zdravie a životné prostredie odovzdaním odpadového zariadenia na
zbernom mieste, ktoré je určené na recykláciu odpadových elektrických a elektronických zariadení.
Ďalšie informácie získate od spoločnosti zaoberajúcej sa likvidáciou domového odpadu.
Spanish Recycling Notice
Eliminación de los equipos que ya no se utilizan en entornos domésticos de la Unión Europea
Este símbolo indica que este producto no debe eliminarse con los residuos domésticos. En lugar de ello,
debe evitar causar daños a la salud de las personas y al medio ambiente llevando los equipos que no
utilice a un punto de recogida designado para el reciclaje de equipos eléctricos y electrónicos que ya
no se utilizan. Para obtener más información, póngase en contacto con el servicio de recogida de
residuos domésticos.
Swedish Recycling Notice
Hantering av elektroniskt avfall för hemanvändare inom EU
Den här symbolen innebär att du inte ska kasta din produkt i hushållsavfallet. Värna i stället om natur
och miljö genom att lämna in uttjänt utrustning på anvisad insamlingsplats. Allt elektriskt och elektroniskt
avfall går sedan vidare till återvinning. Kontakta ditt återvinningsföretag för mer information.
バッテリの廃棄に関するご注意
Dutch Battery Notice
60
規定に関するご注意
French Battery Notice
German Battery Notice
バッテリの廃棄に関するご注意
61
Italian Battery Notice
バッテリに関するご注意
62
規定に関するご注意
Spanish Battery Notice
バッテリの廃棄に関するご注意
63
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
2 127 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content