close

Enter

Log in using OpenID

7章 塗装改修工事

embedDownload
7章 塗装改修工事
1節 一般事項
7.1.1
適用範囲
この章は、建物内外部のコンクリート、木部、金属、ボード類、モルタル等の素地の
塗装の塗替え及び新規の塗装を施す工事に適用する。
7.1.2
基本要求品質
(a) 塗装改修工事に用いる材料は、所定のものであること。
(b) 塗装の仕上り面は、所要の状態であること。
(c) 塗膜は、耐久性、耐火性等に対する有害な欠陥がないこと。
7.1.3
材料
(a) この章で規定する塗料を屋内で使用する場合のホルムアルデヒド放散量は、
JIS等の材料規格において放散量が規定されている場合は、特記がなければ
F☆☆☆☆とする。
(b) 特記により防火材料の指定がある場合は、建築基準法に基づき指定又は
認定を受けたものとする。
(c) 上塗り用の塗料は、原則として、製造所において、指定された色及びつやに
調合する。ただし、少量の場合は、同一製造所の塗料を用いて現場調色と
することができる。
(d) 塗装に使用する塗料の副資材は、上塗材料の製造所が指定するものとする。
7.1.4
施工一般
国土交通省大臣官房官庁営繕部監修 公共建築改修工事標準仕様書
(建築工事編)平成25年版による。
73
2節 下地調整
7.2.1 一般事項
塗替えで表7.2.1から表7.2.7のRB種の場合の既存塗膜の除去範囲は、特記による。特記がなければ塗替え面積の30%とする。
7.2.2 木部の下地調整
(a)木部の下地調整は、表7.2.1により、種別は特記による。特記がなければRB種とする。
表7.2.1 木部の下地調整
種別
工程
RA種 RB種 RC種 規格番号
既存塗膜
1
の除去
汚れ、
2 付着物除
去
3 研磨紙ずり
4 節止め
塗料その他
規格名称
○
-
-
-
-
○
-
-
○
○
○
-
○
○
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P240~320
○
-
-
木部下塗り用調合ペイン
ト
JASS 18
M-304
種類
スクレーパー、研磨紙等に
より、全面除去する。
スクレーパー、研磨紙等に
より、劣化部分を全面除去
し、活膜は残す。
木部を傷つけないように除
去し、油類は、溶剤等でふ
き取る。
露出素地面、既存塗膜面
を研磨する。
合成樹脂
セラックニス
5 穴埋め
○
-
-
6 研磨紙ずり
○
-
-
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
面の処理
耐水形
研磨紙P120~220
節及びその周囲にはけ塗
りを行う。
割れ、穴、隙間、くぼみ等
に充填する。
穴埋め乾燥後、全面を平ら
に研磨する。
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
-
-
タイコーペイント下塗
-
-
-
(注) 1.木部に新規に塗装を行う場合は、RA種(不透明塗料塗りの場合)又はRB種(透明塗料塗りの場合)とし、工程1を省略し、工程2と3の間にやに処理を行う。
2.やに処理の面の処置は、やにを、削り取り又は電気ごて焼きのうえ、溶剤等でふき取る。
3.ラワン、しおじ等導管の深いものの場合は、必要に応じて、工程2ののちに製造所の指定する目止め処理を行う。
4.合成樹脂エマルションパテは、外部に用いない。
5.JASS 18 M-304は、日本建築学会材料規格である。
6.工程4において、JASS18 M-304は合成樹脂調合ペイント及びつや有り合成樹脂エマルションペイントに適用し、それ以外はセラックニスとする。
(b)透明塗料塗りの下地調整は、RB種による。ただし、既存塗膜は、全面除去する。また必要に応じて、表7.2.1の工程を行ったの
ち、次の工程を行う。
(1)着色顔料を用いて着色兼目止めをする場合は、はけ、へら等を用いて、着色顔料が塗面の木目に十分充填するように塗り付
け、
(2)着色剤を用いて着色する場合は、はけ等で色むらのでないように塗り、塗り面の状態を見計らい、乾いた布でふき取って色が均
一になるようにする。
(3)素地面に、仕上げに支障のおそれのある甚だしい色むら、汚れ、変色等がある場合は、漂白剤等を用いて修正したのち、水ぶき
等により漂白剤を除去し、十分乾燥させる。
7.2.3 鉄鋼面の下地調整
鉄鋼面の下地調整は表7.2.2により、種別は特記による。特記がなければ、RB種とする。
表7.2.2 鉄鋼面の下地調整
種別
工程
RA種 RB種 RC種
既存塗膜
1
の除去
2
汚れ、付着
物除去
3 油類除去
塗料その他
面の処理
ディスクサンダー、スクレーパー等によ
り、塗膜及び錆等を全面除去する。
ディスクサンダー、スクレーパー等によ
り、劣化し脆弱な部分及び錆等を除去し、
活膜は残す。
素地を傷つけないようにワイヤブラシ等に
より、除去する。
○
-
-
-
-
○
-
-
○
○
○
-
○
○
-
-
○
○
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P240~320
4 研磨紙ずり
(注)新規鉄鋼面に塗装を行う場合は、RA種とし、工程1を省略する。
74
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
-
溶剤ぶき
-
全面を平らに研磨する。
-
7.2.4 亜鉛めっき鋼面の下地調整
亜鉛めっき鋼面の下地調整は、表7.2.3.により、種別は特記による。特記がなければ、RB種とする。
表7.2.3 亜鉛めっき鋼面の下地調整
種別
工程
RA種 RB種 RC種
塗料その他
面の処理
代表的な大日本塗料
該当商品
○
-
-
-
ディスクサンダー、スクレーパー等によ
り、塗膜及び錆等を全面除去する。
-
-
○
-
-
ディスクサンダー、スクレーパー等によ
り、劣化し脆弱な部分及び錆等を除去し、
活膜は残す。
-
汚れ、付着
物除去
○
○
○
-
素地を傷つけないようにワイヤブラシ等に
より、除去する。
-
3 研磨紙ずり
-
○
○
研磨紙P240~320
全面を平らに研磨する。
-
4 油類除去
○
○
-
-
溶剤ぶき
-
エッチング
5 プライマー
塗り
○
-
-
-
○
-
JIS K 5633
エッチングプライマー(1種)
1
2
既存塗膜
の除去
全面
プリマイト1型
露出亜鉛めっき面のみ
(注)1.RA種、RB種の工程5のエッチングプライマーの塗付け量は、0.05㎏/㎡とし、2時間以上8時間以内に次の工程に移る。
2.新規亜鉛めっき鋼面に塗装を行う場合は、RA種とし、工程1を省略する。
3.新規鋼製建具等に使用する亜鉛めっき鋼板は、鋼板製造所にて化成皮膜処理を行ったものとし、下地調整はRC種として、工程3に代えて油類除去(溶剤
ぶき)を行う。
75
7.2.5 モルタル面及びプラスター面の下地調整
モルタル面及びプラスター面の下地調整は、表7.2.4により、種別は特記による。特記がなければRB種とする。
表7.2.4 モルタル面及びプラスター面の下地調整
種別
塗料その他
工程
規格名称等
RA種 RB種 RC種 規格番号
○
-
-
-
-
○
-
-
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、全面除去す
る。
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、劣化し脆弱
な部分を除去する。
素地を傷付けないようにワ
イヤブラシ等により、除去
する。
既存塗膜
1
の除去
2
汚れ、付着
物の除去
○
○
○
-
3
ひび割れ
部の補修
○
○
-
-
4 吸込止め
○
○
-
穴埋め、
パテかい
○
○
-
5
6 研磨紙ずり
7 パテしごき
8 研磨紙ずり
JIS K 5663
C-1
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
耐水形
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P240~320
○
-
-
-
-
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
○
○
特記による。
合成樹脂エマルション
シーラー
○
全面に塗り付ける。
ひび割れ、穴等を埋めて不
陸を調整する。
パテ乾燥後、表面を平らに
研磨する。
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
C-1
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
耐水形
-
面の処理
種類
全面にパテをしごき取り平
滑にする。
パテ乾燥後、全面を平らに
研磨する。
研磨紙P120~220
(注)1.アクリル樹脂系非水分散形塗料塗りの場合は、工程4の吸込止めは、塗料製造所の指定するものとする。
2.仕上げ材が仕上塗材の場合は、パテ及び工程4の吸込止めは、仕上塗材製造所の指定するものとする。
3.仕上げ材が壁紙の場合は、パテ及び工程4の吸込止めは、壁紙専用のものとする。
4.仕上げ材がマスチック塗材塗りの場合は、工程4の吸込止めを省略する。
5.合成樹脂エマルションパテは外部に用いない。
6.新規に塗装又は壁紙張りを行う場合はRA種又はRB種とし、工程1に代えて素地を十分に乾燥させ工程3を省略する。
7.塗替え等の場合は、工程4を省略する。
76
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
-
-
マイティーシーラーE
クリヤー
-
-
-
-
-
-
7.2.6 コンクリート面、ALCパネル面及び押出成形セメント板面の下地調整
(a)コンクリート面及びALCパネル面の下地調整は、表7.2.5により、種別は特記による。特記がなければRB種とする。
ただし、8節の場合は(b)による。
表7.2.5 コンクリート面及びALCパネル面の下地調整
塗料その他
種別
工程
規格名称
RA種 RB種 RC種 規格番号
○
-
-
-
-
○
-
-
既存塗膜
1
の除去
2
汚れ、付着
物除去
○
○
○
-
3
ひび割れ
部の補修
○
○
-
-
○
-
-
-
○
-
4
下地調整
塗り
7 研磨紙ずり
○
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P240~320
○
-
-
○
-
-
特記による。
-
C-1又は 全面に塗り付けて平滑にす
る。
C-2
C-1又は
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
C-2
既存の塗膜の除去部分の
不陸を調整する。
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
耐水形
○
乾燥後、表面を平らに研磨
する。
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
C-1
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
耐水形
-
全面にパテをしごき取り平
滑にする。
乾燥後、全面を平らに研磨
する。
研磨紙P120~220
(注)1.ALCパネル面の場合は、工程4の前に合成樹脂エマルションシーラーを全面に塗り付ける。
ただし、アクリル樹脂系非水分散形塗料塗りの場合は塗料製造所の指定するものとする。
2.合成樹脂エマルションパテは外部に用いない。
3.工程4の建築用下地調整塗材のC-1、C-2の使い分けは公共建築改修工事標準仕様書4.6.4[下地調整](a)及び(c)による。
4.新規に塗装を行う場合は、RA種とし、工程1に代えて素地を十分に乾燥させて、工程3を省略する。
77
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、全面除去す
る。
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、劣化し脆弱
な部分を除去する。
素地を傷付けないようにワ
イヤーブラシ等により、除
去する。
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
5 研磨紙ずり
6 パテしごき
面の処理
種類
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
(b)コンクリート面及び押出成形セメント板面の下地調整は、表7.2.6による。ただし、種別は、塗り工法に応じた節の規定による。
表7.2.6 コンクリート面及び押出成形セメント板面の下地調整
種別
塗料その他
工程
規格名称
RA種 RB種 RC種 規格番号
○
-
-
-
-
○
-
-
汚れ、付着
物除去
○
○
○
-
3
ひび割れ
部の補修
○
○
-
-
○
-
-
-
○
-
4
下地調整
塗り(注)1
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、全面除去す
る。
ディスクサンダー、スクレー
パー等により、劣化し脆弱
な部分を除去する。
素地を傷付けないようにワ
イヤブラシ等により、除去
する。
既存塗膜
1
の除去
2
面の処理
種類
-
-
-
-
特記による。
C-1又は 全面に塗り付けて平滑にす
る。
C-2
C-1又は
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
C-2
既存の塗膜の除去部分の
不陸を調整する。
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
耐水形
JIS A 6916 建築用下地調整塗材
JASS 18
反応形合成樹脂ワニス
M-201
JASS 18
反応形合成樹脂パテ
M-202 (2)
5 吸込止め
○
○
-
6 パテしごき
○
-
-
○
-
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P220~320
-
-
-
マイティーエポシーラー
クリヤー
2液形エポキ
シ樹脂ワニス
全面に塗り付ける。
2液形エポキ
シ樹脂パテ
全面にパテをしごき取り平
マイティーエポキシパテ
滑にする。
乾燥後、全面を平らに研磨
する。
7 研磨紙ずり
(注)1.押出成形セメント板面の場合は、工程4を省略する。
2.2液形エポキシ樹脂ワニス、2液形エポキシ樹脂パテは、上塗り塗料製造所の指定するものとする。
3.新規に塗装を行う場合は、RA種とし、工程1に代えて素地を十分に乾燥させて、工程3を省略する。
4.JASS 18 M-201及びM-202(2)は、日本建築学会材料規格である。
5.屋内で現場塗装する場合、工程5の吸込止め及び工程6のパテしごきに使用する材料は、上塗り塗料製造所の指定するる水性塗料とする。
78
-
7.2.7 せっこうボード面及びその他ボード面の下地調整
せっこうボード面及びその他ボード面の下地調整は、表7.2.7により、種別は特記による。特記がなければ、RB種とする。
表7.2.7 せっこうボード及びその他ボード面の下地調整
種別
塗料その他
工程
規格名称等
RA種 RB種 RC種 規格番号
1
既存塗膜
の除去
○
-
-
-
-
○
-
-
-
2
汚れ、付着
物除去
○
○
○
3
穴埋め
パテかい
○
○
-
種類
6 研磨紙ずり
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
一般形
JIS A 6914 せっこうボード用目地処理材
ジョイント
コンパウンド
○
○
-
研磨紙P120~220
-
-
○
研磨紙P240~320
○
-
-
○
-
-
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
既存塗膜を全面除去する。
-
劣化し脆弱な部分を除去
する。
素地を傷付けないように除
去する。
釘頭、たたき跡、傷等を埋
め、不陸を調整する。
パテ乾燥後、表面を平らに
研磨する。
4 研磨紙ずり
5 パテしごき
面の処理
JIS K 5669 合成樹脂エマルションパテ
一般形
JIS A 6914 せっこうボード用目地処理材
ジョイント
コンパウンド
研磨紙P120~220
全面にパテをしごき取り平
滑にする。
パテ乾燥後、全面を平らに
研磨する。
(注)1.屋外及び水回り部の場合は、工程3及び工程5の合成樹脂エマルションパテは、塗料製造所の指定するものとする。
2.工程3及び5のせっこうボード用目地処理材は、素地がせっこうボードの場合に適用する。
3.けい酸カルシウム板の場合は、工程3の前に吸込止めとして反応形合成樹脂ワニス(2液形エポキシ樹脂ワニス)を全面に塗る。
ただし、屋内で現場塗装する場合、吸込止めに用いる材料は、上塗り塗料製造所の指定する水性塗料とする。
4.仕上げ材が仕上塗材の場合は、パテは、仕上塗材製造所の指定するものとする。
5.新規にせっこうボードの目地処理工法(継目処理方法)を行う場合は、RA種とする。
6.新規に塗装又は壁紙張りを行う場合は、RA種又はRB種とし、工程1に代えて継目処理部分を十分に乾燥させる。
なお、壁紙張りの場合は、パテは、壁紙専用のものとする。
79
-
-
-
-
-
-
-
-
3節 錆止め塗料塗り
7.3.1 適用範囲
この節は、鉄鋼面及び亜鉛めっき鋼面の塗替え及び新規の錆止め塗料塗りに適用する。
7.3.2 塗料種別
(a)鉄鋼面錆止め塗料塗りの種別は、表7.3.1のA種とする。ただし、9節の場合は、B種とする。
表7.3.1 鉄鋼面錆止め塗料の種別
錆止め塗料その他
種別
規格番号
規格名称
A種
JIS K 5674
鉛・クロムフリーさび止めペイント
種類
塗付け量
(kg/㎡)
標準膜厚
(μm)
適用
1種
0.10
30
屋外
屋内
-
-
グリーンズボイド速乾下塗
グリーンボーセイ速乾
-
屋内
アロナEPO
次のいずれかによる。
B種
JASS 18
M-111
JIS K 5674
水性さび止めペイント
-
0.11
30
鉛・クロムフリーさび止めペイント
2種
0.11
30
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
(注)1.JASS 18 M-111は日本建築学会材料規格である。
2.JIS K 5674の1種は溶剤系、2種は水系である。
(b)亜鉛めっき鋼面錆止め塗料の種別は表7.3.2のA種又はB種とし、適用は特記による。特記がなければ、A種とする。
ただし、9節の場合は、C種とする。
表7.3.2 亜鉛めっき鋼面錆止め塗料の種別
錆止め塗料その他
工程
規格番号
規格名称
A種
JIS K 5629
B種
JASS 18
M-109
鉛酸カルシウムさび止めペイント
変性エポキシ樹脂プライマー
種類
塗付け量
(kg/㎡)
標準膜厚
(μm)
適用
-
0.10
30
屋外、
屋内
DNT5629プライマー
フォースター
変性エポキシ樹
脂プライマー
0.14
40
屋外、
屋内
エポニックス#90下塗-R
0.11
30
屋内
JASS 18
水系さび止めペイント
-
M-111
(注)JASS 18 M-109及びM-111は、日本建築学会材料規格である。
C種
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
アクアマイティーエポ#1000
アロナEPO
7.3.3 錆止め塗料塗り
(a)鉄鋼面錆止め塗料塗りは表7.3.3により、種別は特記による。特記がなければ、新規に鉄鋼面に塗る場合は、見え掛り部分はA種、見え
隠れ部分はB種とし、塗替えはC種とする。
なお、塗料種別及び塗付け量は、7.3.2(a)による。
表7.3.3 鉄鋼面錆止め塗料塗り
工程
下地調整
錆止め塗料塗り
(下塗り1回目)
2 研磨紙ずり
錆止め塗料塗り
3
(下塗り2回目)
1
A種
○
-
○
-
○
種別
B種
○
-
○
-
-
C種
-
○
-
○
○
○
○
○
塗り工法その他
表7.2.2によるRA種
表7.2.2によるRB種
全面に塗り付ける。
素地露出部分のみ塗り付ける。
研磨紙P120~220
全面に塗り付ける。
80
(b)新規鉄骨等鉄鋼面の錆止め塗料塗り工法は、次による。
(1)1回目の錆止め塗料塗りは、製作工場において組立後に行う。ただし、組立後塗装困難となる部分は、組立前に錆止め塗料を
2回塗る。
(2)2回目の錆止め塗料塗りは、工事現場において建方及び接合完了後、汚れ及び付着物を除去して行う。
なお、塗装に先立ち、接合部の未塗装部分及び損傷部分は、汚れ、付着物、スパッター等を除去し補修塗りを行い、乾燥後、
2回目を行う。
(c)亜鉛めっき鋼面錆止め塗料塗りは、表7.3.4により、種別は特記による。鋼製建具等はA種とし、特記がなければ、鋼製建具はA種
とし、塗替えの場合はC種とする。なお、塗料種別及び塗付け量は、7.3.2(b)による。
表7.3.4 亜鉛めっき鋼面錆止め塗料塗り
種別
工程
A種
B種
C種
○
○
-
下地調整
-
-
○
-
○
○
錆止め塗料塗り
1
(下塗り1回目)
-
-
○
○
-
-
2 研磨紙ずり
錆止め塗料塗り
3
○
-
-
(下塗り2回目)
塗り工法その他
表7.2.3によるRA種
表7.2.3によるRB種
全面に塗り付ける。
亜鉛めっき露出面のみ塗り付ける。
研磨紙P180~240
全面に塗り付ける。
(d)新規鋼製建具等亜鉛めっき鋼面の錆止め塗料塗り工法は、次による。
(1)錆止め塗料塗りは、表7.3.4のA種とする。ただし、下地調整は表7.2.3の(注)3による。
(2)1回目の錆止め塗料塗りにおいて、見え隠れ部分は、組立前の部材のうちに行う。また、見え掛り部分は、組立後、溶接箇所等を
修正したのちに行う。
(3)2回目の錆止め塗料塗りは、原則として、工事現場において取り付け後、汚れ及び付着物を除去し、補修塗り後に行う。
ただし、取付け後塗装困難となる部分は、取付けに先立ち行う。
(4)新規鋼製建具に用いる鋼板類で鉄鋼面の場合は、(b)の工法による。
(e)8節の場合の新規鋼製建具等亜鉛めっき鋼面の下塗りの工法は、次の(1)から(3)までによる。
ただし、下塗りの工程、塗料及び塗付け量は、それぞれ表7.8.2による。
(1)見え隠れ部分は、組立前の部材のうちに下塗り(1回目)を行う。また、見え掛り部分は組立後、溶接箇所等を修正し、ディスク
サンダー又は研磨紙P120程度で研磨し、下塗りを行う。
(2)工事現場において取付け後、汚れ及び付着物を除去し、損傷部分は、ディスクサンダー又は研磨紙P120程度で金属素地面が
現れるまで錆等を除去し、変性エポキシ樹脂プライマー(表7.3.2のB種)を1回塗る。
(3)新規鋼製建具に用いる鋼板類で鉄鋼面の場合は、7.8.2(b)の工法による。
(f)次の部分は、塗装しない。
(1)8.16.2[工場塗装の範囲](a)の部分
(2)軽量鉄骨下地の類で、亜鉛めっきされたもの
(3)鋼製建具等で、両面フラッシュ戸の表面板裏側部分(中骨、力骨等を含む。)の見え隠れ部分
81
4節 合成樹脂調合ペイント塗り(SOP)
7.4.1 適用範囲
この節は、木部、鉄鋼面及び亜鉛めっき鋼面で既存塗膜が油性調合ペイント、合成樹脂調合ペイント又はフタル酸樹脂エナメルの
塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.4.2 塗料の種類
合成樹脂調合ペイント塗りの塗料の種類は、特記による。特記がなければ、1種とする。
7.4.3 木部合成樹脂調合ペイント塗り
木部合成樹脂調合ペイント塗りは、表7.4.1により、種別は、特記による。特記がなければ、次による。
(a)新規に塗る場合、外部はA種、内部はB種(多孔質広葉樹の場合を除く。)とする。
(b)塗替えの場合はB種とする。ただし、外部の場合は、工程2及び工程4は行わない。
表7.4.1 木部合成樹脂調合ペイント塗り
種別
工程
A種
B種
C種
○
○
-
下地調整
-
-
○
下塗り
1
○
○
-
(1回目)
2 パテかい
規格番号
JASS 18
M-304
塗料その他
規格名称等
7.2.2による。
表7.2.1によるRC種
木部下塗り用調合
ペイント
種類
塗付け量
(kg/㎡)
-
-
合成樹脂
0.09
耐水形
-
合成樹脂
0.09
合成樹脂エマルション
パテ
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
タイコーペイント下塗
-
○
-
JIS K 5669
○
-
-
JASS 18
M-304
-
○
-
5 中塗り
○
○
-
JIS K 5516
合成樹脂調合ペイント
-
0.09
タイコーペイントフォースター
6 上塗り
○
○
○
JIS K 5516
合成樹脂調合ペイント
-
0.08
タイコーペイントフォースター
下塗り
(2回目)
4 研磨紙ずり
3
木部下塗り用調合
ペイント
研磨紙P120~220
-
-
タイコーペイント下塗
-
(注)1.下塗りは、塗料を素地によくなじませるように塗る。木口部分は、特に丁寧に行う。
2.下塗りの吸込みの著しい場合は、目止めをし、研磨紙ずりを行う。
3.JASS 18 M-304は、日本建築学会材料規格である。
7.4.4 鉄鋼面合成樹脂調合ペイント塗り
鉄鋼面合成樹脂調合ペイント塗りは、表7.4.2により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.4.2 鉄鋼面合成樹脂調合ペイント塗り
種別
工程
A種
B種
C種
規格番号
下地調整
-
-
○
錆止め塗料塗り
○
○
-
穴埋め、
JASS 18
1
○
○
-
パテかい
M-110
○
-
-
2 研磨紙ずり
中塗り
3
○
○
-
JIS K 5516
(1回目)
○
-
-
4 研磨紙ずり
中塗り
5
○
-
-
JIS K 5516
(2回目)
6 上塗り
○
○
○
JIS K 5516
塗料その他
規格名称等
表7.2.2によるRC種
7.3.3(a)による。
塗付け量
(kg/㎡)
-
-
不飽和ポリエステルパテ
-
研磨紙P180~240
-
合成樹脂調合ペイント
研磨紙P220~240
0.09
-
代表的な大日本塗料該当商品
-
-
ポリベストパテ
-
タイコーペイントフォースター
-
合成樹脂調合ペイント
0.09
タイコーペイントフォースター
合成樹脂調合ペイント
0.08
タイコーペイントフォースター
(注)1.新規に塗装を行う場合、A種又はB種とし、工程1及び工程2を省略する。
2.JASS 18 M-110は、日本建築学会材料規格である。
82
7.4.5 亜鉛めっき鋼面合成樹脂調合ペイント塗り
亜鉛めっき鋼面合成樹脂調合ペイント塗りは、表7.4.3により、種別は特記による。特記がなければ、鋼製建具の塗替えの場合はA種、
その他の塗替え及び新規に塗る場合はB種とする。
表7.4.3 亜鉛めっき鋼面合成樹脂調合ペイント塗り
種別
工程
A種
B種
C種
規格番号
下地調整
-
-
○
錆止め塗料塗り
○
○
-
穴埋め、
JASS 18
1
○
-
-
パテかい
M-110
○
-
-
2 研磨紙ずり
塗料その他
規格名称等
表7.2.3によるRC種
7.3.3(c)による。
塗付け量
(kg/㎡)
-
-
不飽和ポリエステル樹脂パテ
-
研磨紙P220~240
-
代表的な大日本塗料該当商品
-
-
ポリベストパテ
-
3 中塗り
○
○
-
JIS K 5516
合成樹脂調合ペイント
0.09
タイコーペイントフォースター
4 上塗り
○
○
○
JIS K 5516
合成樹脂調合ペイント
0.08
タイコーペイントフォースター
(注)JASS 18 M-110は、日本建築学会材料規格である。
83
5節 クリヤラッカー塗り(CL)
7.5.1 適用範囲
この節は、木部で既存塗膜がクリヤラッカー塗りの塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.5.2 クリヤラッカー塗り
クリヤラッカー塗りは表7.5.1により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.5.1 クリヤラッカー塗り
種別
工程
A種
B種
下地調整
○(注)1
塗料その他
規格名称
7.2.2による。
規格番号
ラッカー系シーラー
ウッドシー
ラー
1 下塗り
○
○
2 目止め
○
-
3 中塗り
○
-
4 研磨紙ずり
上塗り
5
(1回目)
6 研磨紙ずり
上塗り
7
(2回目)
○
○
○
○
○
-
○
-
JIS K 5531
ニトロセルロースラッカー ヤラッカー
○
○
JIS K 5531
ニトロセルロースラッカー ヤラッカー
8 仕上げ塗り
JIS K 5533
種類
目止め剤
JIS K 5533
ラッカー系シーラー
サンジング
シーラー
研磨紙P220~240
JIS K 5531
木材用クリ
ニトロセルロースラッカー ヤラッカー
研磨紙P240~320
木材用クリ
84
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
0.10
-
-
-
0.10
-
-
-
0.10
-
木材用クリ
(注)着色兼用目止めとする場合は、工程2を省略する。
塗付け量
(kg/㎡)
-
0.10
0.09
-
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
-
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
7節 アクリル樹脂系非水分散形塗料塗り(NAD)
7.7.1 適用範囲
この節は屋内のコンクリート面、モルタル面等のアクリル樹脂系非水分散形塗料塗りに適用する。
7.7.2 アクリル樹脂系非水分散形塗料塗り
アクリル樹脂系非水分散形塗料塗りは表7.7.1により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.7.1 アクリル樹脂系非水分散形塗料塗り
種別
塗料その他
塗付け量 代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
工程
環境対応該当商品
(kg/㎡)
A種
B種
規格番号
規格名称
素地の乾燥を十分に行い、汚れ及び付着物を除去する。
下地調整
-
-
○(注)1
(注)2、(注)3、(注)4
1 下塗り
○
○
JIS K 5670
アクリル樹脂系非水分散形塗料
2 研磨紙ずり
○
-
3 中塗り
○
-
JIS K 5670
アクリル樹脂系非水分散形塗料
0.10
4 上塗り
○
○
JIS K 5670
アクリル樹脂系非水分散形塗料
0.10
研磨紙P220~240
(注)1.下地調整の種別は、塗料その他の欄による。
2.モルタル面の下地調整は、表7.2.4によるRB種とする。
3.コンクリート面の下地調整は、表7.2.5によるRB種とする。
4.押出成形セメント板面の下地調整は、表7.2.6によるRB種とする。
85
0.10
-
ビルデック
ビルデックグリーン
-
ビルデック
ビルデックグリーン
ビルデック
ビルデックグリーン
8節 耐候性塗料塗り(DP)
7.8.1 適用範囲
この節は、屋外の鉄鋼面、亜鉛めっき鋼面、コンクリート面及び押出成形セメント板面の耐候性塗料塗りに適用する。
7.8.2 鉄鋼面耐候性塗料塗り
(a)鉄鋼面耐候性塗料塗りは、表7.8.1により、種別は特記による。
なお、製作工場で溶接した箇所の下塗りは、(b)(2)による。
表7.8.1 鉄鋼面耐候性塗料塗り
種別
工程
A種
B種
○
-
下地調整
-
○
-
-
1
下塗り
(1回目)
下塗り
2
(2回目)
○
-
C種
-
-
○
規格番号
-
JIS K 5552
塗料その他
規格名称
表7.2.2によるRA種
表7.2.2によるRB種
表7.2.2によるRC種
ジンクリッチプライマー
種類
塗付け量
(kg/㎡)
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
2種
-
○
○
JASS 18
M-109
変性エポキシ樹脂
プライマー
変性エポキシ樹
脂プライマー
○
-
-
JIS K 5551
構造物用さび止め
ペイント
A種
変性エポキシ樹脂
プライマー
変性エポキシ樹
脂プライマー
ゼッタールEP-2
0.14
エポオール
エポニックス#10下塗
0.14
-
○
-
JASS 18
M-109
○
-
-
JIS K 5551
○
○
○
5 中塗り
○
○
○
JIS K 5659
鋼構造物用耐候性
塗料
中塗り塗料
0.14
Vフロン#100H中塗
6 上塗り
○
○
○
JIS K 5659
鋼構造物用耐候性
塗料
等級は特記に
よる。
0.10
Vフロン#100H上塗
下塗り
(3回目)
4 研磨紙ずり
3
構造物用さび止め
A種
ペイント
研磨紙P120~220
エポオール
0.14
エポニックス#10下塗
-
Vフロン#100Hスマイル中塗
Vフロン#100Hスマイル上塗
(注)1.新規に塗装を行う場合は、A種とする。なお、工程6まで、製作工場で行う場合は、工程4は省略する。
2.JASS 18 M-109は、日本建築学会材料規格である。
(b)新規鉄骨等鉄鋼面の下塗りは、次による。
(1)下塗りは、製作工場において組立後に行う。ただし、組立後塗装困難となる部分は、組立前に下塗りを行う。
(2)製作工場で溶接した箇所は、ディスクサンダー又は研磨紙P120程度で金属素地面が現れるまで錆等を除去し、構造物用さび止め
ペイント(A種)を3回塗る。
(3)現場組立後、現場溶接部及び組立中の下塗り損傷部分は、ディスクサンダー又は研磨紙P120程度で金属素地面が現れるまで錆
等を除去し、変性エポキシ樹脂プライマー(表7.3.2のB種)を3回塗る。
86
7.8.3 亜鉛めっき鋼面耐候性塗料塗り
亜鉛めっき鋼面耐候性塗料塗りは、表7.8.2により、種別は特記による。
表7.8.2 亜鉛めっき鋼面耐候性塗料塗り
種別
工程
A種
B種
C種
-
○
-
下地調整
-
○
-
-
-
○
規格番号
JASS 18
M-109
塗料その他
規格名称
表7.2.3によるRA種
表7.2.3によるRB種
表7.2.3によるRC種
変性エポキシ樹脂
プライマー
研磨紙P120~220
種類
変性エポキシ樹
脂プライマー
塗付け量
(kg/㎡)
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
1 下塗り
○
○
○
0.14
2 研磨紙ずり
○
○
○
3 中塗り
○
○
○
JIS K 5659
鋼構造物用耐候性
塗料
中塗り塗料
0.14
4 上塗り
○
○
○
JIS K 5659
鋼構造物用耐候性
塗料
等級は特記に
よる。
0.10
エポニックス#90下塗-R
-
-
Vフロン#100H中塗
Vフロン#100Hスマイル中塗
Vフロン#100H上塗
Vフロン#100Hスマイル上塗
(注)1.新規に塗装を行う場合は、A種とする。なお、工程4まで、製作工場で行う場合は、工程2は省略する。
2.新規鋼製建具等の下塗りの工法は、7.3.3(e)による。
3.種別がA種及びB種の場合は、下地調整の工程5「エッチングプライマー塗り」を省略する。
4.JASS 18 M-109は、日本建築学会材料規格である。
7.8.4 コンクリート面及び押出成形セメント板面耐候性塗料塗り
コンクリート面及び押出成形セメント板面耐候性塗りは、表7.8.3により、種別は特記による。
表7.8.3 コンクリート面及び押出成形セメント板面耐候性塗料塗り
種別
塗料その他
工程
A-1種 A-2種 B-1種 B-2種 C-1種 C-2種 規格番号
種類
規格名称
○
-
○
-
○
-
表7.2.6によるRB種
下地調整
-
○
-
○
-
○
表7.2.6によるRC種
1 下塗り
2 中塗り
代表的な大日本塗料
F☆☆☆☆環境対応該当商品
-
-
マイティー万能エポシーラー
クリヤー
マイティーエポシーラー
クリヤー
※Vフロン#200プライマー
○
-
○
-
○
-
JASS 18 反応形合成樹 2液形エポキ
M-201 脂ワニス
シ樹脂ワニス
○
○
-
-
-
-
JASS 18
M-405
アクリルシリコン樹脂
塗料中塗り
0.14
DNTシリコンスマイル
クリーン
2液形ポリウレタンエ
ナメル用中塗り
0.14
Vトップ
常温乾燥形ふっ素樹
脂塗料用中塗り
-
-
○
○
-
-
JASS 18 アクリルシリコ
M-404 ン樹脂塗料
-
-
-
-
○
○
JASS 18
M-403
○
3 上塗り
塗付け量
(kg/㎡)
○
-
-
-
2液形ポリウレタンエ
ナメル用中塗り
0.08
-
0.14
Vフロン#200上塗
-
主要原料
ふっ素樹脂(1級)
-
-
○
○
-
-
建築用耐候性 主要原料シリ
JIS K 5658
コーン樹脂(2級)
上塗り塗料
-
-
-
-
○
○
主要原料ポリウ
レタン樹脂(3級)
Vフロン#200スマイル中塗
DNTウレタンスマイルクリーン
Vフロン#200上塗
Vフロン#200スマイル上塗
0.10
DNTシリコンスマイル
クリーン
Vトップ
DNTウレタンスマイルクリーン
(注)JASS 18 M-201、M-403、M-404及びM-405は、日本建築学会材料規格である。
※ 本来、JASS 18 M-201反応形合成樹脂ワニスは「マイティーエポシーラークリヤー」ですが、ふっ素仕様に関しては
「Vフロン#200プライマー」をお奨めします。
87
9節 つや有合成樹脂エマルションペイント塗り(EP-G)
7.9.1 適用範囲
この節は、コンクリート面、モルタル面、プラスター面、せっこうボード面、その他ボード面等並びに屋内の木部、鉄鋼面及び亜鉛
めっき鋼面で既存塗膜がつや有合成樹脂エマルションペイントの塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.9.2 コンクリート面、モルタル面、プラスター面、せっこうボード面、その他ボード面等つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
(a)コンクリート面、モルタル面、プラスター面、せっこうボード面、その他ボード面等つや有合成樹脂エマルションペイント塗りは、
表7.9.1により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
なお、天井面等の見上げ部分は、工程3を省略する。
(b)塗替えの場合のしみ止めは、特記による。特記がなければ、種別がB種及びC種の場合は、工程1の下塗りをしみ止めシーラー
とする。
なお、しみ止めシーラーは、塗料製造所の指定するものとする。
表7.9.1 コンクリート面、モルタル面、プラスター面、せっこうボード面、その他ボード面等つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
種別
塗料その他
塗付け量
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
工程
環境対応該当商品
(kg/㎡)
A種
B種
C種
規格番号
規格名称
○
○
-
7.2.5、7.2.6及び7.2.7による。
-
下地調整
-
-
○
表7.2.4、表7.2.5及び表7.2.7によるRC種
-
○
○
○
JIS K 5663
合成樹脂エマルションシーラー
0.07
中塗り
(1回目)
○
○
○
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
3 研磨紙ずり
○
-
-
1 下塗り
2
4
中塗り
(2回目)
5 上塗り
研磨紙P220~240
-
ノボクリーンシーラー
水性マイティーシーラーマルチ
水性マイティーシミ止めシーラー
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
-
○
-
-
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
○
○
○
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
(注)1.新規に塗る場合は、A種又はB種とする。
2.押出成形セメント板面の下地調整は、表7.2.6によるRB種又はRC種とする。
7.9.3 木部つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
屋内の木部つや有合成樹脂エマルションペイント塗りは、表7.9.2により、種別は特記による。
特記がなければ、新規に塗る場合はA種(多孔質広葉樹の場合を除く。)塗替えの場合はB種とする。
表7.9.2 木部つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
種別
工程
A種
B種
C種
規格番号
○
-
下地調整
○
-
○
塗料その他
規格名称等
7.2.2による。
表7.2.1によるRC種
合成樹脂エマルション
シーラー
種類
塗付け量
(kg/㎡)
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
ノボクリーンシーラー
1 下塗り
○
○
○
JIS K 5663
2 パテかい
○
-
-
JIS K 5669
3 研磨紙ずり
○
○
-
4 中塗り
○
-
-
JIS K 5660
つや有合成樹脂
エマルションペイント
-
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
5 上塗り
○
○
○
JIS K 5660
つや有合成樹脂
エマルションペイント
-
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
合成樹脂エマルション
パテ
研磨紙P120~220
-
0.07
耐水形
-
-
-
-
(注)1.下塗りは、塗料を素地によくなじませるように塗る。木口部分は、特に丁寧に行う。
2.下塗りに用いる合成樹脂エマルションシーラーは、上塗り塗料製造所の指定する水性塗料とする。
88
水性マイティーシーラーマルチ
7.9.4 鉄鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
屋内の鉄鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗りは、表7.9.3により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.9.3 鉄鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
種別
工程
A種
B種
C種
規格番号
下地調整
-
-
○
錆止め塗料塗り
○
○
-
中塗り
(1回目)
○
○
○
2 研磨紙ずり
○
-
-
1
3
中塗り
(2回目)
4 上塗り
塗料その他
規格名称
表7.2.2によるRC種
表7.3.3による。
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
研磨紙P220~240
塗付け量
(kg/㎡)
-
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
0.10
-
-
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
-
○
-
-
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
○
○
○
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
(注)新規に塗る場合は、A種又はB種とする。
7.9.5 亜鉛めっき鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
屋内の亜鉛めっき鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗りは、表7.9.4により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.9.4 亜鉛めっき鋼面つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
種別
塗料その他
工程
A種
B種
C種
規格番号
規格名称
下地調整
-
-
○
表7.2.3によるRC種
錆止め塗料塗り
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
-
○
○
-
中塗り
(1回目)
○
○
○
2 研磨紙ずり
○
-
-
中塗り
(2回目)
○
-
-
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
○
○
○
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
0.10
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
1
3
4 上塗り
表7.3.4による。
塗付け量
(kg/㎡)
-
JIS K 5660
つや有合成樹脂エマルションペイント
研磨紙P220~240
(注)新規に塗る場合は、A種又はB種とする。
89
0.10
-
ノボクリーンビュー艶有
DNTビューウレタン
水性ビルデック艶有
-
10節 合成樹脂エマルションペイント塗り(EP)
7.10.1 適用範囲
この節は、コンクリート面、モルタル面、プラスター面、せっこうボード面、その他ボード面等の面で既存塗膜が合成樹脂エマルション
ペイントの塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.10.2 合成樹脂エマルションペイント塗り
(a)合成樹脂エマルションペイント塗りは、表7.10.1により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
なお、天井面等の見上げ部分は、工程3を省略する。
(b)塗替えの場合のしみ止めは、特記による。特記がなければ、種別がB種及びC種の場合は、工程1の下塗りをしみ止めシーラー
する。
なお、しみ止めシーラーは、塗料の製造所の指定する製品とする。
表7.10.1 合成樹脂エマルションペイント塗り
種別
塗料その他
工程
A種
B種
C種
規格番号
規格名称等
種類
○
○
-
7.2.5、7.2.6及び7.2.7による。
下地調整
-
○
表7.2.4、表7.2.5及び表7.2.7によるRC種
-
塗付け量
(kg/㎡)
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
-
-
ノボクリーンシーラー
○
○
○
JIS K 5663
合成樹脂エマルション
シーラー
-
0.07
中塗り
(1回目)
○
○
○
JIS K 5663
合成樹脂エマルション
ペイント
1種
0.10
3 研磨紙ずり
○
-
-
中塗り
(2回目)
○
-
-
JIS K 5663
合成樹脂エマルション
ペイント
1種
0.10
ノボクリーンビュー
ハイライト#700やすらぎ
水性ビルデック艶消
○
○
○
JIS K 5663
合成樹脂エマルション
ペイント
1種
0.10
ノボクリーンビュー
ハイライト#700やすらぎ
水性ビルデック艶消
1 下塗り
2
4
5 上塗り
研磨紙P220~240
(注)1.新規に塗る場合は、A種又はB種とする。
2.押出成形セメント板面の下地調整は、表7.2.6によるRB種又はRC種とする。
90
-
水性マイティーシーラーマルチ
水性マイティーシミ止めシーラー
ノボクリーンビュー
ハイライト#700やすらぎ
水性ビルデック艶消
-
12節 ウレタン樹脂ワニス塗り(UC)
7.12.1 適用範囲
この節は、木部で既存塗膜がウレタン樹脂ワニス塗りの塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.12.2 ウレタン樹脂ワニス塗り
ウレタン樹脂ワニス塗りは、表7.12.1により、種別は特記による。特記がなければB種とする。
表7.12.1 ウレタン樹脂ワニス塗り
種別
工程
A種
B種
下地調整
1 下塗り
○
○
○
○
○
3 中塗り
○
-
5 下塗り
○
○
塗料その他
規格名称
7.2.2による。
2 研磨紙ずり
4 研磨紙ずり
規格番号
-
-
JASS 18
M-301
1液形油変性ポリウレタン
ワニス
0.05
-
JASS 18
M-502
2液形ポリウレタンワニス
-
0.06
研磨紙P220~240
1液形油変性ポリウレタン
JASS 18
ワニス
M-301
-
-
0.05
-
2液形ポリウレタンワニス
-
0.06
研磨紙P240~320
1液形油変性ポリウレタン
ワニス
-
-
0.05
-
-
0.06
JASS 18
M-502
-
○
塗付け量(kg/㎡)
1液形
2液形
JASS 18
M-301
JASS 18
2液形ポリウレタンワニス
M-502
(注)1.一般木部及びフローリングは、1液形とする。
2.JASS 18 M-301及びM-502は、日本建築学会材料規格である。
91
代表的な大日本塗料
該当商品
-
外部用ウレタンクリヤー
VトップクリヤーDX
-
外部用ウレタンクリヤー
VトップクリヤーDX
-
外部用ウレタンクリヤー
VトップクリヤーDX
13節 木部ラッカーエナメル塗り(LE)
7.13.1 適用範囲
この節は、木部のラッカーエナメル塗りに適用する。
7.13.2 ラッカーエナメル塗り
木部ラッカーエナメル塗りは表7.13.1により、種別は特記による。特記がなければ、B種とする。
表7.13.1 木部ラッカーエナメル塗り
種別
工程
A種
B種
規格番号
下地調整
○(注)1
ウッド
シーラー
塗付け量
(kg/㎡)
-
代表的な大日本塗料F☆☆☆☆
環境対応該当商品
0.10
-
-
-
-
○
○
2 研磨紙ずり
中塗り
3
(1回目)
○
○
○
○
JIS K 5535
ラッカー系下地塗料
ラッカー
サーフェイサー
0.14
-
○
○
JIS K 5535
ラッカー系下地塗料
ラッカー
サーフェイサー
0.14
-
○
○
-
-
○
○
○
○
○
○
JIS K 5531
ニトロセルロースラッカー
ラッカー
エナメル
0.08
○
-
JIS K 5531
ニトロセルロースラッカー
ラッカー
エナメル
0.08
5
6
7
8
中塗り
(2回目)
研磨紙ずり
上塗り
(1回目)
研磨紙ずり
上塗り
(2回目)
9 仕上げ塗り
ラッカー系シーラー
種類
1 下塗り
4
JIS K 5533
塗料その他
規格名称
7.2.2による。
研磨紙P220~240
研磨紙P320~400
JIS K 5531
ニトロセルロースラッカー
ラッカー
エナメル
研磨紙P320~400
(注)下地調整の種別は、塗料その他の覧による。
92
0.08
-
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
-
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
DNTラッカーECO
(自主管理登録申請中)
14節 オイルステイン塗り(OS)
7.14.1 適用範囲
この節は、木部で既存塗膜がオイルステイン塗りの塗替え及び新規に塗る場合に適用する。
7.14.2 オイルステイン塗り
オイルステイン塗りは、表7.14.1による。
表7.14.1 オイルステイン塗り
工程
塗料その他
塗付け量
(kg/㎡)
代表的な大日本塗料
該当商品
下地調整
汚れ及び付着物を除去する。
-
-
オイルステイン
0.03
アルボ#4
全面白木綿布片でふき取る。
-
-
オイルステイン
0.03
アルボ#4
全面白木綿布片でふき取る。
-
-
1 1回目塗り
2 ふき取り
3 2回目塗り
4 ふき取り
93
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
215 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content