close

Enter

Log in using OpenID

Brocade VDX 6740/6740T/6740T

embedDownload
DATA SHEET
www.brocadejapan.com
BROCADE
VDX 6740,
6740T AND
6740T-1G
SWITCHES
DATA CENTER
特 長
•• 1000BASE-T ポートから 10GBASE-T に
アップグレード可能な柔軟性を提供するこ
とにより、高帯域に対応
•• 10 ギガビット・イーサネット(GbE)ポート、
低レイテンシ、および 24 MB のディープ・
バッファによる高性能の実現と、ネットワー
クの輻輳を低減
•• Brocade ISL ト ラ ン キ ン グ に よ る 最 高
160 GbE のアップリンクを作成する能力
により、キャパシティを向上
•• 高水準の管理/オーケストレーション・
フレームワークを可能にする REST API
を備え、Brocade VCS ロジカル・シャー
シ に よ り マ ル チ テ ナ ン ト の Brocade
VCS ファブリック全体を単一のスイッチ
として管理
•• 複数のレイヤ 3 ゲートウェイを含めたレ
イヤ 1、2、3 で、効率的に負荷分散され
たマルチパス処理を提供
•• ポート・プロファイルの動的な構成と移
動を自動化することにより、仮想マシン
(VM)のモビリティと管理を簡素化
•• Software-Defined Networking(SDN)
テクノロジをデータ、コントロール、管
理の各プレーン内でサポート
データセンターを変革する先進の機能
データセンターは進化し続けており、仮想マシン
(VM)
、分散型アプリケーション、そしてデータ
の増加をサポートできるだけでなく、性能を劣化
させずにクラウド・ベースのコンピューティングに
移行する能力も備えたインフラに対するニーズを
生み出しています。しかし、従来のデータセンター
は、
一般に、
柔軟性を欠いた3 層構造のネットワー
ク設計を採用しており、
「東西方向」
(サーバ間)
のトラフィックを効率的に管理できないだけでな
く、仮想化や新しいサービスの提供をサポート
するために必要となる帯域幅を提供することもで
きません。さらに、クラウド・コンピューティング
への移行により、柔軟性と応答性に優れたネット
ワーク・インフラを導入展開することの重要性も
増大の一途をたどっています。
この IT サービス提供の新しい方向性に対応する
ために、データセンターのオペレータは、性能、
運用効率、自動化、弾力性のいずれにも優れた
ネットワークを必要としています。理想的なネット
ワークとは、管理が容易で、しかも現在の需要を
満たすと同時に将来の要件にも適応できるス
ケーラビリティを備えたネットワークです。
BROCADE VDX 6740 スイッチ
Brocade® VDX® 6740( 図 1)は、48 個の
10 ギガビット・イーサネット(GbE)SFP+ ポー
トと4 個の40 GbE QSFP+ポートを提供します。
各 40 GbE ポートは、4 個の独立した 10 GbE
SFP+ ポートに分割できるため、追加の 16 個の
10 GbE SFP+ ポートとしても利用できます。さ
らに、このスイッチは消費電力が低く、10 GbE
ポート当たりの消費電力は 2 ワットです。
BROCADE VDX 6740T スイッチ
Brocade VDX 6740T(図 2)は、48 個の 10
ギガビット・イーサネット
(GbE)
10GBASE-T ポー
トと4 個の40 GbE QSFP+ポートを提供します。
各 40 GbE ポートは、4 個の独立した 10 GbE
SFP+ ポートに分割できるため、追加の 16 個の
10 GbE SFP+ポートとしても利用できます。
また、
このスイッチは消費電力が低く、10 GbE ポート
当たりの消費電力は 5 ワット未満です。
BROCADE VDX 6740T-1G スイッチ
Brocade VDX 6740T-1G(図 3)は、48 個の
1000BASE-T ポートと 2 個の 40 GbE QSFP+
ポートを提供します。各 40 GbE ポートは、4 個
の独立した 10 GbE SFP+ ポートに分割できるた
め、8 個の 10 GbE SFP+ アップリンクとしても
利用できます。48 個の 1000BASE-T ポートは、
すべてキャパシティ・オン・デマンド(CoD)ソフ
トウェア・ライセンスによって、10GBASE-T ポー
トにアップグレードが可能です。40 GbE ポート
は、基本ライセンスで 2 個が有効になっています
が、ポート・オン・デマンド(PoD)ソフトウェア・
ライセンスにより、さらに 2 個の 40 GbE ポート
を増設できます。
Brocade VDX 6740、6740T、6740T-1G は、
いずれも、イーサネット・ファブリック・
トップオブラッ
ク(ToR)スイッチであり、要件の厳しいデータセ
ンター環境をサポートします。アクセス・ポートは、
サーバ接続が容易になるように、またケーブル配
線が単純になるように配置されています。空冷の
通気方向として前面から背面または背面から前面
を選べるため、サーバ、ストレージ、および他の
スイッチを接続する ToR の展開に理想的であり、
また、ホットアイル(暖気通路)またはコールドア
イル(冷気通路)のどちらのデータセンター設計
にも理想的に適合します。また、各 1 GbE ポー
トはデュアルスピード機能を備えており、10 GbE
の接続もサポートするので、データセンターがよ
り高帯域へと移行する際に混合環境をサポートす
るために必要となる柔軟性が得られます。
Brocade VDX 6740、6740T、6740T-1G ス
イッチは、仮想化された環境が要求する高性能
と低レイテンシを実現しながら、データセンター
が必要とするさまざまな先進機能を提供します。
Brocade VCS® ファブリック・テクノロジとの組
み合わせによって、これらのスイッチは、ネットワー
クの設計と運用を簡素化してネットワークの自動
化と効率性を増大できるとともに、ネットワーク
を拡張するために必要な柔軟性を提供し、また
VM モビリティとラック密度をより効果的に管理
するためのインテリジェンスを実現します。さらに、
レガシー・データセンターの変革に貢献するクラ
ウド対応のインフラも提供できます。
データセンターのための高性能
データセンターでますます多くのサーバが仮想
化され、サーバ当たりの VM 密度が増大する
につれて、データとアプリケーション処理の爆
発的増加に対応するために、より帯域幅の高
い接続が必要となってきます。Brocade VDX
6740、6740T、6740T-1G スイッチは、10
GbE の接続により、仮想化されたデータセン
ターの要求に遅れず付いて行くために必要な高
性能コンピューティングを実現します。これに
より、ネットワークの輻輳を減少させ、アプリ
ケーションの性能を改善し、1 GbE および 10
GbE サーバが必要とするキャパシティ要件を満
たすことが可能となります。40 GbE のアップリ
ンクは、高帯域幅のトラフィックを容易に集約
することができ、複数の 10 GbE 接続を集約
するときに発生するボトルネックを軽減できるた
図 1.
Brocade VDX 6740 スイッチは、48 個の 10 GbE SFP+ ポートと 4 個の 40 GbE QSFP+ ポート
を提供します。
図 2.
Brocade VDX 6740T スイッチは、48 個の 1000BASE-T/10GBASE-T ポ ートと 4 個の 40 GbE
QSFP+ ポートを提供します。
図 3.
Brocade VDX 6740T-1G スイッチは、48 個の 1000BASE-T ポートと 2 個の 40 GbE QSFP+ ポー
トを提供します。ソフトウェア・ライセンスで 48 個の 10GBASE-T ポートと 4 個の 40 GbE QSFP+ ポー
トまで拡張できます。
め、データセンター・ネットワークを常にピー
ク性能で動作させることが可能です。
また、これらのスイッチは、ハードウェア・ベー
スの Brocade ISL トランキングによってネット
ワーク利用率を最大化することにも寄与します。
2 個の 40 GbE ポートを利用して 80 GbE のト
ランクを作成できるほか、
16 個の 10 GbE ポー
トで 160 GbE のトランクを作成することもでき
ます。2 つの Brocade VDX 6740、6740T、
6740T-1G スイッチが相 互に接 続されると、
Brocade トランクが両者の間で自動的に形成
されるため、トラフィックをすべてのポート間で
均等に分散することができます。これにより、リ
ンクの効率性を高め、特に、トラフィックが多
い時間帯にトラフィックの途絶を防ぐことが可能
となります。
先進的な設計が実現する
低レイテンシとディープ・バッファ
サーバ仮想化への動きにより、処理が必要とな
る VM、データ、アプリケーションの量はますま
す増大しています。このトラフィックの増加は、性
能とレイテンシの問題を発生させる原因となりま
す。Brocade VDX 6740、6740T、6740T1G は、
任意のポート間のレイテンシが(それぞれ)
850 ナノ秒(ns)と 3 マイクロ秒(µs)のワイヤ
スピード・ポートで超低レイテンシを実現します。
さらに、これらのスイッチは、業界最先端のスイッ
チ当たり 24 MB のディープ・バッファを実現して
います。これは、特に、ポートに輻輳が発生する
ピーク時に、トラフィックの増加を処理するため
のバッファリング能力を提供し、トラフィックを多
数のポート間で分散化させます。Brocade VDX
6740、6740T、6740T-1G は、他のスイッチ
で一般に採用されている複数 ASIC 設計ではな
く、単一 ASIC 設計を特長としているので、すべ
てのポートが単一の ASIC を通じて通信し合うこ
とができ、さらなる性能向上とレイテンシの低減
が実現されています。
BROCADE VCS ファブリック・テクノロジ
Brocade VCS ファブリックを Brocade VDX
スイッチ・ファミリ上で使用することにより、シン
プルな操作で効果的に稼動するデータセンター・
ネットワークを構築することができます。このテク
ノロジを連動させることで、卓越した自動化、効
率性、弾力性が実現され、リッチメディアや基
幹系アプリケーションなど、最も要求の厳しい
ワークロードにも対応することが可能となり、特
に、極めて動的なクラウド環境においてその威
力が顕著に発揮されます。Brocade VCS ファ
ブリック・テクノロジの詳細については、www.
brocadejapan.com/solutions-technology/
technology/vcs-technology をご覧ください。
迅速かつ容易な導入展開と構成
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、構
成と管理を自動化する組み込み機能によって、
ネットワーク・オペレーションを合理化し、導入
展開を迅速化します。そのような機能としては以
下があります。
イーサネット・ファブリック・アーキテクチャ
コア
コア
従来の階層型イーサネット・アーキテクチャ
エッジ
アクセス アグリゲーション
卓越したシンプルさと自動化
Brocade VDX 6740、
6740T、
6740T-1G スイッ
チは、Brocade VCS ファブリック・テクノロジと
連動することで、とりわけ高度に仮想化されたデー
タセンターにおいて、構成と管理を合理化し、効
率を最大化し、より自動化が進んだ信頼性の高い
ネットワークを生み出します。Brocade VCS ファ
ブリック・テクノロジは、従来のアーキテクチャや
競合するファブリック製品の追随を許さない、高
度な自動化、効率性、耐障害性を実現します。こ
のテクノロジは、現在、仮想化データセンター内
のトラフィックの主体となっているサーバ間(
「東西
方向」
)のトラフィック・パターンについて、スルー
プットを高め、レイテンシを低減します。VCS ファ
ブリックは、ネットワークのアーキテクチャを変革
することで、絶えず進化するデータセンターのニー
ズに合致する多くのメリットを提供します。
10 Gbps 接続のサーバ
拡張性
10 Gbps 接続のサーバ
図 4.
イーサネット・ファブリックは、従来のイーサネットのアーキテクチャと比較して、すべての経路が
アクティブなほか、高い拡張性を備え、管理の複雑さも軽減されます。
物理サーバや仮想サーバを再配置することが
可能となります。さらに、ファブリックは自己回
復機能を備えているため、ネットワークの耐障
害性が向上します。リンク障害の発生時には、
ファブリックがトラフィックをリダイレクトするた
め、トラフィックの流れを中断せずに済み、デー
タの消失も防ぐことができます。
•• Brocade VCS ロ ジ カ ル・ シ ャ ー シ :
Brocade VCS ロジカル・シャーシ機能は、
VCS ファブリック全体を単一のスイッチとして
管理する能力、1 つのコマンドでソフトウェアを
•• ファブリックの自動プロビジョニング : この機
ファブリック全体にわたってアップグレードする
能により、ファブリックに追加された新しいス
能力、および監視とトラブルシューティングを
イッチの構成を自動化することができます。ス
集中化する能力を提供することで、ネットワー
イッチをファブリックにプラグイン接続だけで、
クの全体的な可用性と信頼性を向上させます。
適切なソフトウェア・イメージがサーバから自
ファブリック・レベルの REST API により、高
動的にダウンロードされます。手作業による構
水準の管理フレームワークを実現し、クラウ
成は一切不要のため、ステージングと展開の
ド環境において VCS ファブリックの効率的な
時間を短縮できます。
オーケストレーションを提供します。単一拠点
•• ソフトウェア定 義ネットワーク(SDN)の
への管理の一元化により、各スイッチを手作
ための信頼性の高い基盤 : Brocade VDX
業で構成および管理する必要性が解消される
6740、6740T、6740T-1G は、ハードウェ
ため、管理作業が簡素化され、運用コストが
ア・ベースでありながら、新たに普及してきた
低下し、コンフィグレーション・エラーが減少
SDN プロトコルを VXLAN/NVGRE も含めて
します。さらに、ソフトウェア・アップグレード
サポートする柔軟性を備えています。ロジカル・
を 1 回のコマンドでファブリック全体にわたっ
シャーシ・テクノロジと、ファブリック/ノード・
てプッシュする機能も提供するため、展開が
レベルのオーケストレーション機能をもった
迅速化されます。また、VCS ロジカル・シャー
Northbound API によって、運用上の拡張性
シは、ファブリック全体を単一拠点から見渡す
が高い管理機能と、OpenStack のようなデー
能力も提供するので、
監視とトラブルシューティ
タセンターのオーケストレーション・フレーム
ングが容易になり、ネットワークの問題を最
ワークとの統合を実現します。詳細については、
小限の時間で修復することが可能となります。
ホワイトペーパー「SDN(Software-Defined
Brocade VCS ロジカル・シャーシの詳細に
Network)の基盤となる Brocade VCS ファ
ついては、ホワイトペーパー「Brocade VCS
ブリック:~ オーバーレイ(論理)に必要な
ロジカル・シャーシの概説」をご覧ください。
アンダーレイ(物理)の世界」をご覧ください。
•• ファブリックの自己形成 / 自己回復機能 : ファ
インサービス・ソフトウェア・アップグレード
ブリックの自己形成機能により、構成が簡素化
Brocade VDX 6740 ファミリーのスイッチで
されます。スイッチを新たに追加すると、追加
は、
マルチ・コア CPU にデュアル OS のインフラ
されたスイッチがファブリックの構成を継承する
を用いたソフ
トウェア・モデルを採用しています。
ため、ネットワークを容易にスケールアウト拡張
効
率
性
に
優
れ た ToR In-Service Software
することが可能です。構成情報とデバイス情報
Upgrade
(
ISSU)
機能を備えています。
これにより、
は、常に、すべてのスイッチ間で共有されるた
データセンターではソフ
トウェアのアッ
プグレード
め、ファブリックを手作業で構成する必要なし
/ダウングレードを実施する際に、ToR
スイッチ
に、
ファブリック・ノードを追加または除去したり、
でエンタープライズ・クラスのビジネス継続性を
実現します。ソフトウェアの更新は、レイヤ 2、レ
イヤ 3、ファイバーチャネル、FCoE に影響する
ことなく実施できます。
またこのISSU 機能は、
ハー
ドウェア向けに最適化されているため、短時間で
アップグレード/ダウングレードの作業を完了で
きます。
極めて高い効率性と耐障害性
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、フラッ
ト・メッシュ型レイヤ 2トポロジによるより効率的
で耐障害性の高いネットワークを生み出すことで、
データセンターが必要としている高性能と高信
頼性を実現します。これにより、事業環境やトラ
フィック・パターンの変化に速やかに適応するこ
とに役立つ柔軟性の高いネットワークを実現でき
ます(図 4 を参照)
。
東西方向のトラフィックの最適化
従来のデータセンターは、クライアント / サーバ・
コンピューティング環境の
「南北方向」
のトラフィッ
ク・フローに合わせて最適化された固定的な 3
層構造のツリー型トポロジで構築されているた
め、性能が劣化し、レイテンシが増大し、ボトル
ネックが発生しています。なぜなら、仮想化の普
及と分散型アプリケーションの増加により、現在、
データセンターのネットワーク・トラフィックは「東
西方向」
、すなわちサーバ間のトラフィックが主体
となっているからです。VCS ファブリックは、特
にこのようなトラフィック・パターンを適切に処理
する目的で設計および最適化されています。この
設計では、トラフィックが任意のアクティブ・パス
を通過できるため、他の階層型トポロジで発生
する複数のホップが回避されます。
マルチテナント型クラウド・データセンターの実現
さらに、パブリック/プライベート・クラウドを提
供するプロバイダでは、分散型の仮想ワークロー
ドを、テナントごとに安全・迅速かつスケーラブ
ルに展開してサポートする必要があります。これ
には従来から VLAN が使用されていますが、大
きなデータセンターになると VLAN ID 数の制約
データセンター
(リモート)
データセンター
(プライマリ)
パブリック
ネットワーク
VM
コア
ルータ
図 5.
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、ネッ
トワーク・アーキテクチャを簡素化し、ストレー
ジ接続を統合して、VM モビリティの向上を実
現するほか、サービスのシームレスな追加を可
能にします。
VCSファブリック
エクステンション
レイヤ4-7
アプリケーション・デリバリ
セキュリティ
サービス
(ファイアウォール・
暗号化)
VM
VM
VM
ブレードサーバ
レイヤ 1 ~ 3 のマルチパス負荷分散
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、レ
イヤ 1 ~ 3 における非常に効率的な負荷分散に
よって、極めて弾力性の高いドメインを実現しま
す。革新的な Brocade ISLトランキングが、ト
ランク内のすべてのリンクにわたってトラフィック
の負荷を分散させることで、レイヤ 1 の性能を
VM
SAN
VM
があり、また多数の VLAN の構成が煩雑である
ため、実用性の面で問題があります。Brocade
VCS ファブリック・テクノロジの VCS Virtual
Fabric 機能は、
マルチテナントのセグメンテーショ
ンに対応し、従来の VLAN がもっているスケー
ラビリティの制約を解決するように設計されてい
ます。VCS ファブリック内および VCS ファブリッ
ク間での物理/仮想化双方のアプリケーション
展開に対して、セキュリティの高いマルチテナント・
ネットワークをネイティブにサポートします。VCS
Virtual Fabric 機能は、Brocade VCS ロジカ
ル・シャーシを通じて一元管理され、アプリケー
ション展開の簡素化と迅速化を可能にします。ま
た、データセンターにおいてアプリケーションの
コンポーネントがどのように分散されていても、テ
ナントごとで一貫したポリシーを保証します。ネッ
トワークのセグメンテーションには、その他にも
VXLAN や VRF Lite などを利用することができ
ます。詳細については、
「Brocade VCS ファブ
リックにおけるマルチテナントの選択肢」をご覧く
ださい。
VCSファブリック
エクステンション
ネイティブ
ファイバーチャネル
VM
VM
VM
VM
FCoE/iSCSI/NAS
ストレージ
最重要アプリケーション専用
ファイバーチャネルSAN
ラックマウント
サーバ
向上させます。レイヤ 2 では、ECMP(Equal
Cost Multi-Path)により、すべての利用可能な
ネットワーク帯域幅が使用され、すべてのリンク
が完全なアクティブ状態となって利用されるよう
になります。障害発生時には、トラフィックが最
も近いパスに自動的に経路変更されるので、耐
障害性が高まり、アプリケーションのアップタイム
が増加します。レイヤ 3 では、ファブリックが自
動的に複数のレイヤ 3 インスタンスの間ですべて
のフローの負荷分散を実行します(それらのイン
スタンスは全体として単一のレイヤ 3 ゲートウェ
イとして動作します)
。このようなマルチレイヤのマ
ルチパス処理により、ネットワーク利用率が向上
し、レイテンシが減少し、ネットワーク性能全体
が増大します。
仮想化のための最適化
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは、仮想
化されたサーバおよびストレージ環境をサポート
し、クラウド・コンピューティングへの移行を可能
にするユニークな機能を提供します
(図 5を参照)
。
•• Brocade VCS Gateway for NSX:仮想
化環境とハードウェアのアーキテクチャを融合
して、クラウドへのシームレスな移行を進める
というソリューションを実現します。Brocade
VCS Gateway for NSX は、物理/仮想化
の両世界の長所を結び付け、物理機器を仮
想環境のオーバーレイ・ネットワークに接続し
ます。Brocade VCS ファブリック・テクノロ
ジを活用して、既設のネットワーク上に大量
の仮想ドメインを作ることができます。現在の
インフラを効率的に利用し VXLAN のメリット
を引き出せるため、マルチテナント環境の実装
や、アプリケーションと仮想マシン(VM)の
大規模な展開にも対応が可能になります。ま
た Brocade VCS Gateway for NSX は、
VMware NSX Controller と容易に統合して、
仮想化環境の能力を十分に発揮します。
•• ゼロタッチの VM 自動検出 : Brocade VMAware Network Automation は、VM が
移動されたり、
ファブリックに追加されたときに、
ポート・プロファイルを手作業で構成する必
要性を解消することで、自動化のレベルを一段
と高めます。VCS ファブリックは、VMware
vCenter と直接通信し合い、すべてのポート・
プロファイル情報と関連 MAC アドレスを自動
的にダウンロードし、VM 固有の情報をファブ
リック内のすべてのスイッチに配信します。VM
の移動時に、
追加の構成作業は一切不要です。
•• AMPP(Automatic Migration of Port
Profiles): VM マイグレーションの際には、
一貫したポリシーと構成が VMトラフィック
に適用されるような形で移動先のネットワー
ク・スイッチ・ポートが構成されなければなり
ません。AMPP(Automatic Migration of
Port Profiles)機能により、VCS ファブリッ
ク内で、VM のポリシーとネットワークのポリ
シーが、VM の移動に追随するようになります。
VM のマイグレーションが生じると、ファブリッ
ク内の移動先ポートは MAC アドレスの移動
を認識し、単一のファブリック内または別個の
ファブリックにまたがってポート・プロファイル
構成を自動的に有効化します。AMPP は、ハ
イパーバイザに依存しないため、さまざまなハ
イパーバイザとともに使用できます。
データセンターのニーズを満たす柔軟な設計
Brocade VDX 6740、6740T、6740T-1G
スイッチは、データセンターを、個別的な設計
要件を満たすための多数のオプションと接続で
きるように設計されています。この柔軟な設計に
よって投資保護が実現されており、1 台のスイッ
チによって多様なデータセンター要件をサポー
トすることが可能となります。以下の機能が、進
化するデータセンターのニーズを満たすことに貢
献します。
•• 10 GbE または 40 GbE アップリンク : 40
GbE SFP+ ポートが提供する柔軟性により、
ネットワーク・インフラを合理的かつ効率的
に拡張して相互接続しながら、ボトルネックも
減少させることができます。Brocade VDX
6740 および 6740T スイッチは、ブレイクア
ウト・ケーブルを介して、40 GbE アップリン
クを 4 つの 10 GbE アップリンクに分割するオ
プションを提供しています。キャパシティとニー
ズの増大に応じて、態勢が整い次第、簡単に
40 GbE に戻すことができます。
•• ポート・オン・デマンド(PoD): ポート・オン・
デマンド(PoD: Ports on Demand)により、
24 ~ 64 個のポートをアクティベートできます。
とりあえず現時点で必要な数のポート・ライセ
ンスを購入しておき、後で、単にソフトウェア・
ライセンスを適用するだけで、シームレスに拡
張することができます。この費用効率の高い柔
軟な「pay-as-you-grow」
(必要な分だけ支
払い、ビジネスの成長に応じて拡張する)ライ
センス・モデルは、IT リソースを必要に応じて
割り当てることでスケーラビリティの課題を解
決します。
•• キャパ シ ティ・ オン・ デ マ ンド(CoD)
:
Brocade VDX 6740T-1G は、 キ ャ パ シ
ティ・オン・デマンド・ライセンスによって、
48 個 の 1000BASE-T ポ ートのすべ てを
10GBASE-T ポートにアップグレードすること
が可能です。スイッチ本体をリップ&リプレース
(総入れ替え)することなく、ソフトウェア・ラ
イセンスだけで 1 GbE から 10 GbE にシーム
レスに移行できます。
先進的なストレージ・サポート
Brocade VDX 6740、
6740T、
6740T-1G は、
FCoE、ファイバーチャネル(Brocade VDX
6740 のみ)
、iSCSI、および NAS ストレージを
含む多数のストレージ接続オプションによって先
進的なストレージ・サポートを提供します。また、
デ ータセンター・ブリッジング(DCB: Data
Center Bridging)にも対応しており、
LAN ネッ
トワークを通じた信頼性の高いストレージ・ト
ラフィック交換が可能となるため、ネットワーク
輻輳の発生時のパケット消失が解消されるとと
もに、帯域幅が必要に応じて割り当てられるこ
とで常にネットワークの効率的な稼動が維持さ
れます。これらのスイッチは、NAS(NetworkAttached Storage)
のAuto-QoSインテリジェ
ンスを提供することで、ファブリック内で遅延の
影響を受けやすい IP ストレージ・トラフィックに
高い優先順位を設定することができ、レイテンシ
を減少させながら一貫した性能を確保すること
が可能となります。
Brocade VDX 6740 の特長は、32 個のフレッ
クス・ポートで、これは 10 Gb イーサネットと
16 Gb ファイバーチャネルのいずれにも使用でき
ます。ファイバーチャネルモードでは、ファイバー
チャネル・ストレージから VCS ファブリックへの
ダイレクト接続にも、ファイバーチャネル SAN へ
の FCoEトラフィックのブリッジングにも使用でき
るため、これまでの SAN への投資を保護できま
す。Brocade VDX 6740 でのフレックス・ポー
トおよび FCoE 機能は、ソフトウェア・ライセン
スの追加(アド・オン)で有効になります。
BROCADE NETWORK ADVISOR による
管理容易性の向上
Brocade Network Advisor は、容易に操作
できるネットワーク管理プラットフォームであり、
Brocade VCS ファブリックと Brocade VDX
スイッチをネットワーク・ライフサイクル全体にわ
たって管理するための先進的な機能を提供しま
す。Brocade Network Advisor を使用すると、
VCS ファブリック全体を単一の装置として管理
できるほか、個々の Brocade VDX スイッチま
で掘り下げて障害の検出、接続機器一覧の確認、
性能の管理などを実行することができ、さらには
複数の VCS ファブリックを並行して管理すること
も可能です。
また、Brocade Network Advisor は、AMPP
の 構 成の管 理を簡 素 化しており、Brocade
VDX の物理コンフィグレーション全体に対する
整合性チェックも実施できます。整合性チェック
は、同じ VCS ファブリック内でも、複数の異な
る VCS ファブリックにまたがる形でも実行でき
ます。さらに、Brocade Network Advisor で
は VM レベルの監視を実行でき、ファブリック全
体に対して sFlow を適用することで Top-Talker
アプリケーション(大量のネットワーク資源を
消費しているアプリケーション)を特定すること
ができます。Brocade Network Advisor は、
VCS ファブリックの診断機能も提供しており、た
とえば、VCS ファブリック内のトラフィック経路
の可視化やネットワーク・レイテンシの監視など
の機能により、ホップ・バイ・ホップの精査を通
じて問題を特定することができます。詳細につい
て は、www.brocadejapan.com/products/
management-software をご覧ください。
オンデマンド・データセンターの
オーケストレーション
テクノロジ要件の進化につれて、データセンター
もさらに進化し続けるでしょう。仮想化、クラウド・
コンピューティング、そして SDN の採用が拡大
する中で、今、必要とされているのは、ビジネス
の成長とともに進化する能力を備えたインフラで
す。Brocade VDX 6740、6740T、6740T1G スイッチは、OpenStack Neutron ML2 に
対応しています。YANG データ・モデルを装備し、
ファブリック・レベルでプログラム可能な REST
API をサポートしています。このためサード・パー
ティ製品や内製品の様々なネットワーク・オート
メーションやクラウド管理のツールへの統合が
可能です。Brocade VDX スイッチ・ファミリは、
現在だけでなく将来的に必要となる機能・性能・
運用効率性を提供します。
BROCADE グローバル・サービス
Brocade グローバル・サービスは、スケーラビ
リティと効率性に優れたクラウド・インフラの構
築を支援する技術力を保持しています。15 年に
わたるストレージ、ネットワーク、仮想化の技術
的蓄積を活かして、Brocade グローバル・サー
ビスは、世界最高水準のプロフェッショナル・サー
ビス、技術サポート、そして教育サービスを提供
します。このサービスを利用することで、ブロケー
ド製品への投資効果を最大限に高め、新しいテ
クノロジの導入展開を迅速化し、既存のネット
ワーク・インフラから最高の性能を引き出すこと
が可能となります。
経済的なネットワーク導入オプション
Brocade Capital Solutionsは、
柔軟なネットワー
ク導入方法とサポート・オプションを幅広く提供す
ることで、多様な IT 要件への容易な対応を可能
にしています。購入、リース、Brocade Network
Subscription、および Brocade Subscription
Plus の各オプションから選択できるため、各組
織に固有の資本要件とリスク・プロファイルに最
も適した方法でネットワークを導入することがで
きます。詳細については、www.Brocade.com/
CapitalSolutions をご覧ください。
投資効果の最大化
ブロケードは、テクノロジへの投資効果の最大化
を支援するために、販売パートナー各社と連携し
て、プロフェッショナル・サービス、技術サポー
ト、
そして教育サービスも含めた総合的なソリュー
ションを提供しています。詳細については、ブロ
ケード販売パートナーまでお問い合わせいただく
か、または www.brocadejapan.com/ をご覧
ください。
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G の機能概要
概要
Brocade VDX 6740
Brocade VDX 6740T
Brocade VDX 6740T-1G
フォームファクタ
1U
1U
1U
スイッチング帯域幅(データレート、全
二重)
1.28 Tbps
1.28 Tbps
1.28 Tbps
スイッチ性能
960 Mpps
960 Mpps
960 Mpps
ポート間レイテンシ
850 ナノ秒
3 マイクロ秒
3 マイクロ秒
寸法・重量
幅 : 43.99 cm(17.32 インチ)
高さ : 4.32 cm(1.75 インチ)
奥行 : 40.99 cm(16.14 インチ)
重量 : 8.66 kg(19.1 ポンド)
幅 : 43.74 cm(17.22 インチ)
高さ : 4.27 cm(1.68 インチ)
奥行 : 53.65 cm(21.12 インチ)
重量 : 10.82 kg(23.85 ポンド)
幅 : 43.74 cm(17.22 インチ)
高さ : 4.27 cm(1.68 インチ)
奥行 : 53.65 cm(21.12 インチ)
重量 : 10.82 kg(23.85 ポンド)
1/10 GbE SFP+ ポート数
最大 64
最大 16
最大 16
1/10 GBASE-T
0
48
48
2/4/8/16 Gb ファイバーチャネル・ 最大 32 ポート(10 GbE ポートと合 0
フレックス・ポート
わせて最大 64 ポート)
対応ポート・タイプ:E_Port(EX_
Port への接続のみ)
、F_Port、N_
Port(Access Gateway モード)
0
40 GbE QSFP+(10 GbE ブレイクア 4
ウト・ケーブル)
4
4
10 GbE ポート・オンデマンド(PoD) 24、32、40、48、56、64
24、32、40、48、56、64
-
-
16、32、48
10 GbE キャパシティ・オンデマンド
(CoD)
-
電源
2 基、ホットスワップ対応、負荷分散
2 基、ホットスワップ対応、負荷分散
2 基、ホットスワップ対応、負荷分散
冷却ファン
N+1 冗長構成、電源に内蔵
N+1 冗長構成、5 基のホットスワップ
対応ファン・ユニット
N+1 冗長構成、5 基のホットスワップ
対応ファン・ユニット
通気方向
前面から背面
背面から前面
前面から背面
背面から前面
前面から背面
背面から前面
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G の仕様
スケーラビリティ情報 *
コネクタオプション
アウトオブバンドのイーサネット管理 : RJ-45
(固定)
コンソール管理 : RJ45 から RS-232
(固定)
ファームウェアおよび診断 : USB
最大 VLAN 数
4,096
最大 MAC アドレス数
160,000
最大ポート・プロファイル数
(AMPP)
1,024
標準 LAG 内最大メンバー数
64
最大優先ポーズレベル数 / ポート
8
VCS ファブリック内最大スイッチ数
32
VCS ファブリック内最大 ECMP パス数
16
VCS ファブリック・ポート最大トランク・メンバー数
16
VCS ファブリック内最大 LAG グループ数
512
vLAG がスパン可能な最大スイッチ数
8
vLAG 内最大メンバー数
64
最大ジャンボフレームサイズ
9,216 バイト
キュー数 / ポート
8
DCB Priority Flow Control
(PFC)
クラス数
8
最大 ACL 数
13,000
*
†
最大 ARP エントリ数
32,000
最大 IPv4 ユニキャストルート数
12,000
最大 IPv6 ユニキャストルート数
3,000
†
スケーラビリティに関する最新の数値については、リリースノートの最新版をご参照ください。
ハードウェアサポート
全般
オペレーティングシステム
Brocade Network OS 5.0.0
レイヤ 2 スイッチング機能
•• アドレス解決プロトコル(ARP) RFC 826
•• 高可用性 / 稼働中ソフトウェア・アップグレー
ド — ハードウェア対応
•• IGMP v1/v2 スヌーピング
•• MAC 学習およびエージング
•• リンク・アグリゲーション制御プロトコル
(LACP) IEEE 802.3ad/802.1AX
•• 仮想ローカルエリアネットワーク(VLAN)
•• VLAN カプセル化 802.1Q
•• プライベート VLAN
•• Edge loop detection(ELD)
•• Per-VLAN Spanning Tree(PVST+/
PVRST+)
•• Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)
802.1w
•• Multiple Spanning Tree Protocol(MSTP)
802.1s
•• STP PortFast、BPDU ガード、BPDU フィル
タ
•• STP ルートガード
•• レイヤ 2 アクセス制御リスト(ACL)
•• ポーズフレーム 802.3x
•• 単方向リンク検出(UDLD)
レイヤ 3 スイッチング機能
•• ボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)
•• DHCP ヘルパ
•• レイヤ 3 ACL
•• マルチキャスト : PIM-SM
•• OSPF
•• スタティックルート
•• VRF Lite
•• VRF-aware OSPF、VRRP、スタティックルート
•• VRRP-E
•• IPv4/IPv6 デュアル・スタック
•• IPv6 ACL パケット・フィルタリング
•• IPv6 ルーティング
Brocade VCS ファブリック・テクノロジ機能
•• 自動ファブリック形成
•• DHCP Option 66/67(自動ファブリックプロ
ビジョニング)
•• 分散型コンフィグレーション管理
•• 分散型ファブリックサービス
•• Equal Cost Multi-Path (ECMP)
•• スイッチビーコニング
•• Transparent Interconnection of Lots of
Links (TRILL)
•• 透過的 LAN サービス
•• Virtual Link Aggregation Group (vLAG)
spanning
•• VRRP-E
マルチテナンシおよび仮想化機能
•• TRILL FGL-based Virtual Fabric feature
•• Brocade VCS Gateway for NSX with
VMware NSX Orchestration
•• Automatic Migration of Port Profiles
(AMPP)
•• VM-Aware Network Automation
DCB 機能
•• Priority-based Flow Control (PFC)
•• Data Center Bridging eXchange (DCBX)
•• FCoE および iSCSI のための DCBX アプリケー
802.1Qbb
•• Enhanced Transmission Selection (ETS)
ション TLV(Type-Length- Value)
802.1Qaz
•• FCoE、iSCSI 以外のプロトコルに対するロスレ
ス・キュー(マニュアル設定)
ファイバーチャネル / FCoE 機能
(FCoE ライセンスが必要)
•• マルチホップ Fibre Channel over Ethernet
(FCoE) - Brocade VCS ファブックテクノロ
ジが必要
•• FC-BB5 準拠 Fibre Channel Forwarder
(FCF)
•• ネイティブ FCoE 転送
•• FCoE からファイバーチャネルへのブリッジング
•• Brocade VDX 6740 および Brocade VDX
6740T 上の FCoE
•• QSFP+ ポート上の FCoE
•• フレックス・ポート(ファイバーチャネル・ター
ゲットの直接接続/ SAN 接続が可能)
•• エンドツーエンド FCoE(イニシエータからター
ゲットまで)
•• FIP(FCoE Initialization Protocol)v1、FCoE
デバイスログインおよび初期化のサポート
•• ネームサーバベースのゾーニング
•• FSB(FIP Snooping Bridge)デバイスへの接
続をサポート
•• 標準 LAG を通じた FCoE トラフィック
•• インターフェースバインディング
•• Brocade VDX 6740T-1G の FCoE サポートに
は、10 GbE CoD ライセンスが必要
IP ストレージ
Auto QoS
(IP ストレージ・
トラフィックの自動的な優先度設定)
QoS
(Quality of Service)
•• ACL ベースの QoS
•• ACL ベースの速度制限
•• 8 レベルの QoS 優先度
•• Dual-Rate Three Color(2R3C)トークンバ
•• サービスクラス(CoS: Class of Service)
ケット
•• ACL ベースの CoS/DSCP/Precedence 再マー
IEEE 802.1p
•• DSCP トラスト
キング
•• DSCP/ トラフィッククラス・ミューテーション •• ACL ベースの sFlow
•• DSCP/CoS ミューテーション
•• スケジューリング : Strict Priority (SP)、
•• DSCP/DSCP ミューテーション
Deficit Weighted Round-Robin (DWRR)、
•• ランダム早期廃棄
Hybrid Scheduling (Hybrid)
•• ポート別 QoS 構成
•• キュー・ベースのシェーピング
スイッチヘルスモニタリング
Brocade Fabric Watch 管理および通知機能
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G の仕様
(続き)
管理機能
管理および制御
•• IPv4/IPv6 管理
•• 業界標準コマンドラインインタフェース (CLI)
•• Netconf API
•• REST API with YANG データ・モデル
•• Brocade VCS Plugin for OpenStack
•• リモートライトアウト管理(将来のアップデー
タ尾)
•• Link Layer Discovery Protocol(LLDP)IEEE
802.1AB
•• ロジカル・シャーシ管理
•• MIB II RFC 1213 MIB
•• スイッチビーコニング
•• Switched Port Analyzer (SPAN)
•• Telnet
•• SNMP v1, v2C, v3
•• sFlow RFC 3176
•• 帯域外管理
•• リモート SPAN(RSPAN)
•• RMON-1、RMON-2
•• NTP
•• 管理アクセス制御リスト(ACL)
•• 役割ベースのアクセス制御(RBAC)
•• Range CLI サポート
•• UDLD
•• OpenStack Neutron ML2 プラグイン
セキュリティ
•• ポート別ネットワークアクセス制御 802.1X
•• RADIUS
•• TACACS+
•• セキュアシェル(SSHv2)
•• BPDU ドロップ
•• Lightweight Directory Access Protocol
(LDAP)
•• Secure Copy Protocol
機械仕様
筐体
使用環境
前面から背面 / 背面から前面に通気、
1U、
19 インチ EIA 準拠、
非ポート側から給電
温度
動作時 : 0° C ~ 40° C
(32° F ~ 104° F)
非動作時・保管時 : -25° C ~ 70° C
(-13° F ~ 158° F)
湿度
動作時 : 10% ~ 85% 結露のないこと
非動作時・保管時 : 10% ~ 90% 結露のないこと
高度
動作時 : 最高 3,048 メートル
(10,000 フィート)
非動作時・保管時 : 最高 12 キロメートル
(39,370 フィート)
衝撃
動作時 : 20 G、
11 ms 半正弦波
非動作時・保管時 : 矩形波、
44 G、
15 ms
振動
動作時 : 0.5 G ピーク、
0.7 G ms ランダム、
5 ~ 500 Hz
非動作時・保管時 : 2.0 G 正弦波、
1.4 G rms ランダム、
5 ~ 500 Hz
通気
Brocade VDX 6740T ポート側吸気口 : 最大 : 49.3 CFM、
通常 : 26.3 CFM
Brocade VDX 6740T ポート側排気口 : 最大 : 51.9 CFM、
通常 : 27.3 CFM
Brocade VDX 6740 ポート側吸気口およびポート側排気口 : 最大 : 25.7 CFM、
通常 : 11.5 CFM
発熱量
1,672.41 BTU/hr
電源仕様
電源装置
2 基、
内蔵、
冗長、
フィールド交換対応、
負荷分散 AC 電源装置
電源プラグ
C13
電源電圧
85 ~ 264 VAC 公称
電源周波数
50 ~ 60 Hz
突入電流
240 VAC でピーク時 30 A までに制限
(周囲温度 25° C でのコールドスタートアップ時)
最大電流
100 VAC/60 Hz で最大 6 A
最大消費電力
Brocade VDX 6740: 110 W
Brocade VDX 6740T: 460 W
Brocade VDX 6740T-1G: 276 W
(SKU ベース)
安全認証
•• CAN/CSA C22.2 No. 60950-1-07、A1 を含
む / UL 60950-1-07, Ed. 2、A1 を含む
•• CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1 Second
Edition
電磁環境適合性(EMC)
•• FCC Class A
•• ICES-003 Class A
•• VCCI-Class A
•• EN 60950-1 Second Edition +A1/A12
•• IEC 60950-1 Second Edition +A1
•• GB 4943.1-2011 および GB9254-2008
•• CNS14336-1(99)
•• CE
•• C-Tick
•• BSMI
•• GOST
•• KCC Class A
•• CCC
イミュニティ
•• ANSI C63.4
•• ICES-003 Class A
•• CISPR22 および JEIDA (Harmonics)
•• EN55022 Class A および EN55024
•• CISPR22
•• AS/NZS CISPR22
•• CNS 13438(95)
•• 51318.22-99 および 51318.24-99
•• KN22 および KN24
•• GB17625.1-2003
環境保護規則
RoHS-6
(鉛除外)
指令 2002/95/EC
準拠規格
Brocade VDX 6740 製品は下記のイーサネット規格に準拠しています。
•• IEEE 802.1D Spanning Tree Protocol
•• IEEE 802.1s Multiple Spanning Tree
•• IEEE 802.1w Rapid Reconfiguration of
Spanning Tree Protocol
•• IEEE 802.3 Ethernet
•• IEEE 802.3ad Link Aggregation with LACP
•• IEEE 802.3ae 10G Ethernet
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
802.1Q VLAN Tagging
802.1p Class of Service Prioritization and Tagging
802.1v VLAN Classification by Protocol and Port
802.1AB Link Layer Discovery Protocol (LLDP)
802.3x Flow Control (Pause Frames)
802.3ab 1000BASE-T
802.3z 1000BASE-X
下記の DCB
(Data Center Bridging)
規格と FCoE
(Fibre Channel over Ethernet)
規格のドラフト版も Brocade VDX 6740 でサポートされています。
•• IEEE 802.1Qbb Priority-based Flow Control
•• IEEE 802.1Qaz Enhanced Transmission Selection
•• IEEE 802.1 DCB Capability Exchange Protocol(IEEE 802.1 ワーキンググループの DCB タスクグループの下で提案)
•• FC-BB-5 FCoE (Rev 2.0)
Brocade VDX 6740 製品は下記のファイバーチャネル規格に準拠しています。
•• FC-GS-5 ANSI INCITS 427:2007(次を含む)
-- FC-GS-4 ANSI INCITS 387: 2004
•• FC-SP-2 INCITS 496-2012(AUTH-A、
AUTH-B1 のみ)
•• FC-DA INCITS TR-36: 2004(次を含む)
-- FC-FLA INCITS TR-20: 1998
-- FC-PLDA INCIT S TR-19: 1998
準拠 RFC
RFC
RFC
RFC
RFC
768 783 791 792 User Datagram Protocol (UDP)
TFTP Protocol (revision 2)
Internet Protocol (IP)
Internet Control Message
Protocol (ICMP)
RFC 793 Transmission Control Protocol
(TCP)
RFC 826 ARP
RFC 854 Telnet Protocol Specification
RFC 894 A Standard for the Transmission
of IP Datagram over Ethernet
Networks
RFC 1027 Using ARP to Implement
Transparent Subnet Gateways
(Proxy ARP)
RFC 959 FTP
RFC 1112 IGMP v1
RFC 1157 Simple Network Management
Protocol (SNMP) v1 および v2
RFC 1305 Network Time Protocol (NTP)
Version 3
RFC 1492 TACACS+
RFC 1519 Classless Interdomain Routing
(CIDR)
RFC 1584 Multicast Extensions to OSPF
RFC 1765 OSPF Database Overflow
RFC 1812 Requirements for IP Version 4
Routers
RFC 1997 BGP Communities Attribute
RFC 2068 HTTP Server
•• FC-MI-2 ANSI/INCITS TR-39-2005
•• FC-LS INCITS 433: 2007
•• FC-PI INCITS 352: 2002
•• MIB-FA INCITS TR-32: 2003
•• FC-PI-2 INCITS 404: 2005
•• FC-PI-4 INCITS 1647-D, revision 7.1(開発中)
•• FC-FS-2 ANSI/INCITS 424:2006(次を含む)
-- FC-FS INCITS 373: 2003
RFC 2131 Dynamic Host Configuration
Protocol (DHCP)
RFC 2154 OSPF with Digital Signatures
(Password, MD-5)
RFC 2236 IGMP v2
RFC 2267 Network Ingress Filtering
RFC 2328 OSPF v2(エッジモード)
RFC 2460 Internet Protocol, Version 6 (v6)
Specification(管理インターフェー
ス関連に対応)
RFC 2464 Transmission of IPv6 Packets
over Ethernet Networks(管理イ
ンタフェース)
RFC 2474 Definition of the Differentiated
Services Field in the IPv4 and
IPv6 Headers
RFC 2571 An Architecture for Describing
SNMP Management Frameworks
RFC 2865 Remote Authentication Dial-In
User Service (RADIUS)
RFC 3101 The OSPF Not-So-Stubby Area
(NSSA) Option
RFC 3176 sFlow
RFC 3137 OSPF Stub Router Advertisement
RFC 3392 Capabilities Advertisement with
BGPv4
RFC 3768 VRRP
RFC 4510 Lightweight Directory Access
Protocol (LDAP): Technical
Specification Road Map
RFC 4271 BGPv4
RFC 4292 IP Forwarding MIB
RFC 4293 Management Information Base
for the Internet Protocol (IP)
RFC 3411 An Architecture for Describing
SNMP Frameworks
RFC 3412 Message Processing and
Dispatching for the SNMP
RFC 3413 Simple Network Management
Protocol (SNMP) Applications
RFC 4456 BGP Route Reflection
RFC 4601 Protocol Independent Multicast
— Sparse Mode (PIM-SM):
Protocol Specification (Revised)
RFC 4893 BGP Support for Four-Octet AS
Number Space
RFC 4861/IPv6 Neighbor Discovery
5942
RFC 2462 IPv6 Stateless Address AutoConfiguration
RFC 4443 ICMPv6 (replaces 2463)
RFC 4291 IPv6 Addressing Architecture
RFC 3587 IPv6 Global Unicast Address
Format
RFC 2375 IPv6 Multicast Address
Assignments
RFC 2711 IPv6 Router Alert Option
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G の仕様(続き)
IPv6 ルーティング
RFC 2740
RFC 2545
OSPFv3 for IPv6
Use of BGP-MP extensions for IPv6
IPv6 マルチキャスト
RFC 2710
VRRP/VRRPe
RFC 5798
Multicast Listener Discovery (MLD) for IPv6
VRRP Version 3 for IPv4 and IPv6
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G ハードウェア発注情報
ハードウェア SKU
説明
BR-VDX6740-24-F
Brocade VDX 6740、
24P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
BR-VDX6740-48-F
Brocade VDX 6740、
48P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
BR-VDX6740-64-F
Brocade VDX 6740、
64P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
BR-VDX6740-24-R
BR-VDX6740-48-R
BR-VDX6740-64-R
BR-VDX6740-64-ALLSW-F
BR-VDX6740-64-ALLSW-R
BR-VDX6740T-24-F
BR-VDX6740T-24-R
BR-VDX6740T-48-F
BR-VDX6740T-48-R
BR-VDX6740T-64-F
BR-VDX6740T-64-R
BR-VDX6740T-64-ALLSW-F
BR-VDX6740T-64-ALLSW-R
BR-VDX6740T-56-1G-F
BR-VDX6740T-56-1G-R
BR-VDX6740-8x10G-POD
BR-VDX6740-2x40G-POD
BR-VDX6740T-1G-16X10GCOD
Brocade VDX 6740、
24P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740、
48P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740、
64P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740、
64P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
FCoE、
VCS ファブリック、
非ポート側排気
Brocade VDX 6740、
64P SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
FCoE、
VCS ファブリック、
ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
24P 10GBASE-T ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
24P 10GBASE-T ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T および 16 SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T および 16 SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T および 16 SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
FCoE、
VCS ファブリック、
非
ポート側排気
Brocade VDX 6740T、
48P 10GBASE-T および 16 SFP+ ポートのみ ― 光オプティクスなし、
AC、
FCoE、
VCSファブリック、
ポー
ト側排気
Brocade VDX 6740T-1G、
48P 1000BASE-T および 2 個の 40 GbE QSFP+ ポート、
ライセンスにより10GBASE-T にアップ
グレード可能 ― 光オプティクスなし、
AC、
非ポート側排気
Brocade VDX 6740T-1G、
48P 1000BASE-T および 2 個の 40 GbE QSFP+ ポート、
ライセンスにより10GBASE-T ②アッ
プグレード可能 ― 光オプティクスなし、
AC、
ポート側排気
8- ポートPoD ライセンス
(Brocade VDX 6740 および 6740T 用)
2- ポート40 GbE PoD ライセンス
(Brocade VDX 6740 および 6740T 用)
16- ポート 1 GbE から10 GbE への CoD アップグレード・ライセンス9
(Brocade VDX 6740T-1G 用)
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G ソフトウェア・ライセンス発注情報
ソフトウェア SKU
説明
BR-VDX6740-FCoE
ソフトウェア、
FCoE ライセンス
(Brocade VDX 6740 および 6740T 用)
BR-VDX6740-ALLSW
ソフトウェア、
VCS および FCoE ライセンス
(Brocade VDX 6740 および 6740T 用)
BR-VDX6740-VCS
ソフトウェア、
VCS ライセンス
(Brocade VDX 6740 および 6740T 用)
BROCADE VDX 6740、6740T、6740T-1G の FRU および光オプティクス発注情報
FRU および光オプティクス SKU
説明
XBR-250WPSAC-F
FRU 250 W AC 電源 / ファン、
非ポート側排気、
Brocade VDX 6740
XBR-250WPSAC-R
FRU 250 W AC 電源 / ファン、
ポート側排気、
Brocade VDX 6740
XBR-500WPSAC-01-F
FRU 500 W AC 電源 / ファン、
非ポート側排気、
Brocade VDX 6740T
XBR-500WPSAC-01-R
FRU 500 W AC 電源 / ファン、
ポート側排気、
Brocade VDX 6740T
XBR-AC-FAN-F
AC ファン、
非ポート側排気、
Brocade VDX 6740T
XBR-AC-FAN-R
AC ファン、
ポート側排気、
Brocade VDX 6740T
XBR-000190
(1- パック)
1 GbE カッパー
E1MG-SX-OM
(1- パック)
E1MG-SX-OM-8
(8- パック)
1000Base-SX
E1MG-LX-OM
(1- パック)
E1MG-LX-OM-8
(8- パック)
1000Base-LX
10G-SFPP-SR
(1- パック)
10G-SFPP-SR-8
(8- パック)
10 Gbps SR
10G-SFPP-LR
(1- パック)
10G-SFPP-LR-8
(8- パック)
10 Gbps LR
10G-SFPP-ER
(1- パック)
10G-SFPP-ER-8
(8- パック)
10 Gbps ER
10G-SFPP-TWX-0101
(1- パック)
10G-SFPP-TWX-0108
(8- パック)
1 m Twinax カッパーケーブル
10G-SFPP-TWX-0301
(1- パック)
10G-SFPP-TWX-0308
(8- パック)
3 m Twinax カッパーケーブル
10G-SFPP-TWX-0501
(1- パック)
10G-SFPP-TWX-0508
(8- パック)
5 m Twinax カッパーケーブル
10Ge-SFPP-AOC-0701
10 GbE SFP+ ダイレクトアタッチ アクティブ 光ケーブル、
7 m、
1 パック
10Ge-SFPP-AOC-1001
10 GbE SFP+ ダイレクトアタッチ アクティブ 光ケーブル、
10 m、
1 パック
40G-QSFP-QSFP-C-0101
40 GbE ダイレクトアタッチ QSFP+ to QSFP+ アクティブ カッパーケー
ブル、
1 m、
1 パック
40G-QSFP-QSFP-C-0301
40 GbE ダイレクトアタッチ QSFP+ to QSFP+ アクティブ カッパーケー
ブル、
3 m、
1 パック
40G-QSFP-QSFP-C-0501
40 GbE ダイレクトアタッチ QSFP+ to QSFP+ アクティブ カッパーケー
ブル、
5 m、
1 パック
40G-QSFP-4SFP-C-0101
4 × 10 GbE ダイレクトアタッチQSFP+ to 4 SFP+カッパー ブレークアウ
トケーブル、
1 m、
1 パック
40G-QSFP-4SFP-C-0301
4×10 GbE ダイレクトアタッチ QSFP+ to 4 SFP+ カッパー ブレークア
ウトケーブル、
3 m、
1 パック
40G-QSFP-4SFP-C-0501
4×10 GbE ダイレクトアタッチ QSFP+ to 4 SFP+ カッパー ブレークア
ウトケーブル、
5 m、
1 パック
40G-QSFP-SR4
40 Gbps SR4
40G-QSFP-SR4-INT
40 Gbps SR4
(4 × 10 Gbps SFPP へのブレイクアウト可能)
40G-QSFP-LR4
40GBASE-LR4 QSFP+ オプティック (LC)、
SMF で最大 10 km まで対
応、
1 パック
DATA SHEET
www.brocadejapan.com
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-4-2 大同生命霞ヶ関ビル
TEL.03-6203-9100 FAX.03-6203-9101 Email:[email protected]
[email protected]をご覧ください。
http://www.brocadejapan.com
©2014 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved. 08/14 GA-DS-1784-05-J
ADX、AnyIO、Brocade、Brocade Assurance、B-wing シンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、VCS、VDX および Vyatta は登録商標であり、The Effortless Networks、および
The On-Demand Data Center は、
米国またはその他の国における Brocade Communications Systems Inc. の商標です。
その他のブランド、
製品名、
サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマー
クである場合があります。
注意:本ドキュメントは情報提供のみを目的としており、Brocade が提供しているか、今後提供する機器、機器の機能、サービスに関する明示的、暗示的な保証を行うものではありません。Brocade は、本ドキュメントをい
つでも予告なく変更する権利を留保します。また、本ドキュメントの使用に関しては一切責任を負いません。本ドキュメントには、現在利用することのできない機能についての説明が含まれている可能性があります。機能や
製品の販売/サポート状況については、Brocade までお問い合わせください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
2 074 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content