close

Enter

Log in using OpenID

Brocade VDX 6940 Switch data sheet

embedDownload
DATA SHEET
www.brocadejapan.com
BROCADE
VDX 6940
SWITCH
DATA CENTER
特 長
•• Brocade VCS テクノロジの自動形成ファブリック
によるゼロ・タッチのスケール・アウト
•• 固定構成スイッチとして業界最高の 10 GbE およ
び 40 GbE のポート密度
•• アプリケーション性能を向上するパケット・バッ
ファとレイテンシの最適化
•• Brocade VCS Gateway for NSX による物理
/仮想リソースのシームレスな統合
•• マルチテナント・ファブリック全体を 1 台のスイッ
チのように管理する Brocade VCS テクノロジ
•• レイヤ 1、2、3 の効率的な負荷分散マルチパス
とレイヤ 3 のゲートウェイ冗長化
•• 業界で最もオープンなプログラマブル機能と SDN
オ プ シ ョン(OpenStack プ ラ グ イ ン、REST
API サポート、OpenFlow 1.3 統 合、Puppet/
Python による DevOps 統合など)
これまでにないデータセンターのスケール・アウト
データセンターは常に進化しています。現在の
ネットワーク・インフラは、仮想マシン(VM)
の利用や分散型アプリケーション、ビッグ・デー
タなどの急増やクラウド主体のコンピューティ
ングへの移行に対応しつつ、一方で処理性能
を低下させない高い能力が求められています。
しかし従来からのデータセンターは柔軟性の
低い 3 階層型のネットワーク設計を使用した
ものが典型的で、東西方向のトラフィックの効
率性が悪く仮想化などの新しいサービス提供
に応える大きな帯域幅も発揮できません。ク
ラウド・コンピューティングの発達とともに拡
張性が高く俊敏な対応力をもち、しかもオープ
ンなプログラマビリティを備えたネットワーク・
インフラが不可欠となっています。
高い性能と運用効率性が求められる IT サービ
ス配信やデータセンター運用には、弾力性の
ある自動化されたネットワークが必要です。理
想的なネットワークには、管理が容易で需要
の増加に応じてスケール・アウトしていく将来
への対応力も備えていなければなりません。
スケール・アウト・アーキテクチャの最適化
Brocade® VDX® スイッチはスケール・アウ
ト・アーキテクチャによる俊敏な拡張力を備
え、アプリケーションによって迫られるネット
ワークの変化に対して一歩先を行くことができ
ます。スケール・アウトのアプローチには大き
く 3 つのメリットがあります。まずビジネスの
成長に応じて長期的にネットワークを拡張して
いくことができます。リーフ・スイッチの台数増
加とともにスパイン・スイッチを水平展開する
ことができます。2 つ目として単一障害点をな
くしてダウンタイムの危険性を排除し、耐障害
性の高いネットワーク・ファブリックを構築で
きます。そして 3 つ目の最も大きな点として経
済的なベネフィットがあります。スケール・アッ
プ方式と違ってスケール・アウト・モデルでは
初期投資を低減できます。高密度の固定構成
スイッチを採用すると、データセンターの消費
電力、冷却、設置スペースが節約され総所有
コスト(TCO)を削減することができます。
•• 耐障害性機能の統合:レイヤ 1、2、3
でのマルチパス機能がネットワークの全レ
イヤで耐障害性をもたらします。
•• シンプルな運用管理:VCS ファブリック
全体を 1 台のスイッチから管理できます。
•• 優れた経済性:Brocade VDX スイッチ
による VCS ファブリックは運用費の 50
パーセント削減とネットワーク利用率の
100 パーセント向上を実現します。
コア
エッジ
10 Gbps接続サーバ
スケーラビリティ
10 Gbps接続サーバ
図 1.
従来のイーサネット・アーキテクチャと比較するとイーサネット・ファブリックは全パスがアクティブに
なり、拡張性が高く管理もシンプルです。
Brocade VCS® ファブリック・テクノロジはこ
のスケール・アウト・アーキテクチャを最適に
利用することを考慮して設計されたものです。
ゼロ・タッチ機能によってシンプルにスケール・
アウトができ、ネットワーク・リソースの追加
や移動、撤去が既設のネットワークの構成を
変更することなく行えます。耐障害性は VCS
ファブリックの全レイヤに組み込まれていて、
レイヤ 1、2、3 のマルチパス機能によって単
一障害点を排除しています。
Brocade VDX 6940 スイッチ
Brocade VDX 6940-36Q は 40 ギガビット・
イーサネット(GbE)に最適化した 1U の固定
構成スイッチです。36 個の 40 GbE QSFP+
ポートを装備してスパイン・スイッチとしてもリー
フ・スイッチとしても展開できます。40 GbE ポー
トは各々を 4 個の独立した 10 GbE SFP+ ポー
トに分解でき、総計 144 個の 10 GbE SFP+
ポートを提供できます。これをスパイン・スイッ
チに使う場合、リーフ・スイッチからのアップリ
ンクには 40 GbE と 10 GbE を選択できます。
高密度のコンパクトなスイッチであるため、電力、
スペース、冷却の費用を節約して総所有コスト
を抑えることができます。
リーフ・スイッチとして使用する場 合は、10
GbE ポートと 40 GbE ポートを混在させて柔
軟な構成をとりながらデータセンターやサービ
ス・プロバイダの環境の厳しい要件に優れたコ
スト効率性で対応します。他の Brocade VDX
プラットフォームと同 様 に、Brocade VDX
6940-36Q はポート・オン・デマンド(PoD)
2
イーサネット・ファブリック・アーキテクチャ
コア
•• ゼロ・タッチのスケール・アウト:VCS ファ
ブリックの備えたゼロ・タッチのプロビジョ
ニング、トランクの自動形成、ロジカル・
シャーシなどの機能が容量の増設・移動・
削除の管理作業を自動化します。
アクセス アグリゲーション
BROCADE VCS ファブリックによるスケー
ル・アウト・アーキテクチャを選択する理由
従来の階層型イーサネット・アーキテクチャ
のライセンス方式を提供し、
24 ポートと36 ポー
トのモデルを提供します。24 ポート・モデルは
価格を抑えたエントリ製品で、小規模から始ま
り徐々にネットワークを拡張していくことができ
ます。ソフトウェア・ライセンスをインストールす
ることにより、24 ポートから 36 ポートの最大
構成にアップグレードできます。
Brocade VDX 6940-144S は 10 GbE に最
適化され、アップリンクに 40 GbE または 100
GbE を装備した 2U 本体のスイッチです。96
個のネイティブ 10 GbE SFP+ ポートととも
に、12 個の 40 GbE QSFP+ ポートか 4 個の
100 GbE QSFP28 ポートを装備できます。ま
たBrocade VDX 6940-144Sはリーフ・スイッ
チとしてアップリンクに 40 GbE か 100 GbE
を柔軟に選択でき、東西方向のトラフィックに
も大きな帯域幅を提供します。1 台のスイッチ
で複数のサーバ・ラックを集約するスケール・
アウト型ネットワークのデータセンターやサービ
ス・プロバイダ向けに設計されています。
Brocade VDX 6940-144Sはデータセンター
のミドル・オブ・ローやエンド・オブ・ローの
展開のための大きなポート密度を備えています。
カット・スルー性能のスイッチ 1 台に複数のラッ
クを接続するアーキテクチャによって、大きな横
断方向の帯域幅をアプリケーションに提供し、
いずれのラックのサーバも 1 ホップで相互に通
信させることができます。コンパクトな 2U 本体
は設置スペースとともに電力と冷却の費用を節
約し、設備全体の総所有コストの低減にも貢献
します。
Brocade VDX 6940-36Q および 6940-144S
は双方ともポートを正面に配置し、サーバやス
イッチをシンプルに配線できます。通気は正面
から背面、背面から正面の向きを選択でき、ホッ
ト・アイルとコールド・アイルのいずれのデータ
センター設計にも対応し、サーバやストレージ、
他のスイッチも接続することができます。ブレー
クアウト・ケーブルによって 10 GbE 接続にも
使用できる 40 GbE ポートは、データセンター
やサービス・プロバイダが高帯域幅に移行する
途中段階にできる混在環境に対応する柔軟性
をスイッチにもたらします。
クラウドおよびビッグ・データ環境への対応
Brocade VDX 6940 スイッチは最適化され
たバッファとレイテンシで高い性能を発揮し、
クラウドのワークロードに必要な東西方向のト
ラフィックに大きな帯域幅を実現します。この
スイッチはスケール・アウト・ネットワークに
必要な柔軟性のほか、仮想マシンのモビリティ
を効率的に管理するインテリジェンスをもたら
し、SDN 対応のプログラマブルなインフラも
実現します。また Brocade VDX 6940 スイッ
チは仮想化されていない環境やビッグ・デー
タ環境から要求される高度な機能セットも提供
しています。オーバーサブスクリプションを自
在に設計できる 10/40/100 GbE のオプショ
ン、高いスループット、最適化されたバッファ
とレイテンシなどビッグ・データ・アプリケー
ションに最適な特長を備えています。さらに
Brocade VCS ファブリック・テクノロジと組
み合わせることでクラウド、ビッグ・データの
いずれの環境でもネットワークの設計と運用を
簡素化します。
外部
インターネット
インターネット
外部
DC境界/コア
L3
スパイン
スイッチ
L2
L3
L2
Brocade VDX 6940 /
Brocade VDX 8770
リーフ
スイッチ
Brocade VDX 6940-144Sスイッチ2台で最大8ラック
図 3.
Brocade VDX 6940-144Sスイッチを、
ミドル・オブ・ローに配置したアーキテクチャ
データセンターに向けた高い性能
データセンターのサーバ仮想化が進み、サー
バあたりの VM 密度が高まると大量のデータ
とアプリケーション処理に対応する、より広
い帯域幅の接続が要求されるようになります。
Brocade VDX 6940 スイッチは 40 GbE と
10 GbE のオプションによって仮想化データセ
ンターの要求に遅れをとらない高性能のコン
ピューティングを提供し、10 GbE 接続サー
バに必要な容量に対応すると同時にネットワー
クの輻輳を抑え、アプリケーションの性能を向
上します。40 GbE のアップリンクは高い帯域
幅のトラフィックを容易に集約し、10 GbE 接
続をいくつも収容する際にもボトルネックの発
生を回避しつつデータセンターのネットワーク
を常に最高性能で稼働させることができます。
MPLS
クラウド
DC境界/コア
スパイン
スイッチ
MPLS
クラウド
Brocade VDX 6940
Brocade VDX 6940
リーフ
スイッチ
図 2.
Brocade VDX 6940-36Qスイッチによる、
スパイン/リーフ・アーキテクチャ
さらに Brocade VDX 6940 スイッチはネット
ワークに備わった能力を最大限に引き出すハー
ドウェア・ベースの Brocade ISL Trunking
を装備しています。この機能では 40 GbE ポー
ト 3 つを使って最大 120 GbE の ISL トラン
クを構成できます。Brocade ISL トランクは
2 台の Brocade VDX 6940 スイッチを接続
すると自動的に形成されて、トラフィックは全
ポートに均等に分配されます。これによってリ
ンクを効率よく利用しながらトラフィック量が
高い場合にもデータを間断なく送り続けること
ができます。
最適化されたパケット・バッファとレイテンシ
によるアプリケーション性能の向上
Brocade VDX 6940 スイッチは 2 つの相容
れにくい属性、バッファとレイテンシを均衡さ
せている点がユニークな特長です。大きなバッ
ファをもたせたニッチ製品はレイテンシが大き
くなる傾向があり、レイテンシがきわめて小さ
な製品はバースト性のトラフィックのあるデー
タセンターには向かないことが多いようです。
Brocade VDX 6940 スイッチはデータセン
ターのために設計されたチップを搭載して、
バッ
ファとレイテンシを最適化しアプリケーション
性能を向上しています。レイテンシは全ポート
間とも 700 ns で、そこに業界最高水準の 24
MB の大きなバッファを組み合わせています。
このバッファ量によってトラフィックの増加を処
理し、ポートが混雑した際のピーク時にもトラ
フィックをポートに振り分けることができます。
また Brocade VDX 6940 スイッチはシング
ル ASIC 設計を採用しています。他のスイッチ
に見られる複数の ASIC を搭載した設計では
なく、全ポートが 1 個の ASIC で接続するた
め高い性能を発揮することができます。
3
BROCADE VCS ファブリック・テクノロジ
Brocade VDX ファミリー・スイッチ上で稼働
する Brocade VCS ファブリックはすぐに運用
できるネットワークをデータセンターに構築し
ます。これらのテクノロジを組み合わせること
で卓越した自動化機能と効率性、弾力性を提
供し、特に変化の大きなクラウド環境において
リッチ・メディアや基幹業務アプリケーション
などきわめて厳しいワークロードを支えます。
Brocade VCS ファブリック・テクノロジの詳
細については、Web サイトをご覧ください。
http://www.brocadejapan.com/
solutions-technology/technology/vcstechnology/overview
卓越したシンプルさと自動化
Brocade VDX 6940 スイッチ は Brocade
VCS ファブリック・テクノロジと組み合わせる
ことにより、きわめて高度に仮想化された環
境において構成作業と管理を合理化して効率
性を高め、自動化の進んだ信頼性の高いネッ
トワークを構築します。Brocade VCS ファブ
リック・テクノロジは従来のアーキテクチャや
他社のファブリック製品の追随を許さない高度
な自動化と効率性、そして耐障害性をもたら
すとともに現在の仮想化データセンターのトラ
フィックで主体になるサーバ間の東西方向トラ
フィックに高いスループットを小さなレイテンシ
で実現します。VCS ファブリックはネットワー
クのアーキテクチャを変容することで絶えず進
化するデータセンターのニーズに応える多くの
メリットを提供します。
迅速かつシンプルなディプロイメントと構成作業
Brocade VCS ファブリック・テクノロジは構
成設定と管理を自動化する様々な機能によっ
て迅速な導入展開と円滑なネットワーク運用
を実現します。
•• Brocade VCS ロジカル・シャーシ:Brocade
VCS ロジカル・シャーシは VCS ファブリッ
ク全体を 1 台のスイッチとして管理する機能
です。ファブリック全体のソフトウェア・アッ
プグレードを 1 つのコマンドで実行することも
でき、監視とトラブルシューティングの一元
化などとともにネットワーク全体の可用性と
信頼性を向上します。ファブリック・レベルの
REST API も装備しクラウド環境などの高水
準の管理フレームワークから VCS ファブリッ
クを効率的にオーケストレーションすることが
できます。このような一元化された管理方法
4
によってスイッチ 1 台ごとに構成や管理を行
う工数を省くことができ、業務の簡素化と運
用コストの削減を図るとともに構成作業の際
のミスを減らすことができます。ソフトウェア・
アップグレードをファブリックに一括適用する
機能とともに迅速なディプロイメントを実現し
ます。監視やトラブルシューティングの際も
ファブリック全体を 1 個のビューから取り扱
うことができ、シンプルな作業でネットワーク
の問題の修復にかかる時間を短縮できます。
VCS ロジカル・シャーシの詳細については、
ホワイト・ペーパー
「Brocade VCS ロジカル・
シャーシの概説」をご覧ください。
••ファブリックの自動形成と自動回復: 構成
作業はファブリックの自動形成の機能により
シンプルに行えます。スイッチを増設すると、
スイッチがファブリックから構成設定を自動
的に継承するためネットワークのスケール・
アウトがきわめて簡単に実施できます。構
成設定や機器の情報は全台の VDX スイッ
チに常に配布されていて、機器の追加や撤
去、物理/仮想サーバの移動などがあって
も構成を手動で行うことはありません。また
ファブリックの自動回復の機能によってネッ
トワークの耐障害性も向上します。リンクが
停止するとファブリックが自動的にトラフィッ
クを迂回させてフローを維持しデータの消
失を回避します。
•• ゼロ・タッチ・プロビジョニングとゼロ・タッ
チ・スケール・アウト:ゼロ・タッチのプロ
ビジョニングは VCS ファブリック・テクノロ
ジを通して Brocade VDX スイッチからネ
イティブに提供するシンプルで迅速なディプ
ロイメントの機能です。インストールやソフト
ウェア・ダウンロード、構成設定などをユー
ザが介入することなく実施できます。
Brocade VDX スイッチはあらかじめ構成
設定されているため、増設するスイッチは
電源の投入とネットワークへの接続だけで
ファブリックに追加されます。RBridge-ID、
VCS-ID その他の VCS ファブリックのパラ
メータは自動的に割り振られ、ファブリック
内の既設スイッチとの間にはスイッチ間リンク
(ISL)が自動的に形成されます。人手によ
る作業を省くこの機能はスケール・アウト・
アーキテクチャを大幅に簡素化します。
ゼロ・タッチのプロビジョニングはゼロ・タッ
チのスケール・アウトを容易にします。VCS
ファブリックのパラメータの自動設定の機能
のほかトランクの自動形成、そしてロジカル・
シャーシなどによって VDX スイッチの追加、
移設、撤去はネットワークの構成設定に手
を加えずに行えます。これらによってクラウ
ド展開やデータセンター拡張の際にもコスト
を抑えるとともに信頼性と迅速性を向上する
ことができます。
•• SDN に 対 応 す る 信 頼 で き る 基 盤:
Brocade VDX 6940 は 注 目され 始 めた
SDN プロトコルにも VXLAN/NVGRE な
どを含めて柔軟にハードウェア対応していま
す。VCS ロジカル・シャーシ・テクノロジ
にノースバウンド API を組み合わせたファ
ブリック・レベル/ノード・レベルのオーケ
ストレーション機能によって、OpenStack
などのデ ータセンター・ オー ケストレー
ションのフレームワークとも統合でき、運
用管 理の拡 張 性も提 供しています。 詳 細
については、 ホワイト・ ペーパー「SDN
(Software-Defined Network) の 基 盤
となる Brocade VCS ファブリック」をご覧
ください。
ISSU(In-Service Software Upgrade)
Brocade VDX 6940 スイッチはマルチ・コア
CPU の上で OS 基盤をデュアル稼働させるソ
フトウェア・モデルを利用して、効率性の高い
ISSU(In-Service Software Upgrade)機
能を提供しています。データセンターでのソフ
トウェアのアップグレード/ダウングレードの
際にエンタープライズ・クラスのビジネス継続
性を固定構成スイッチで提供する機能です。ソ
フトウェア更新の際にはレイヤ 2、レイヤ 3、
ファイバーチャネル、FCoE(Fibre Channel
over Ethernet)など、どのトラフィックも停
止させることはありません。また ISSU 機能
はハードウェアによって最適化されているため
アップグレード/ダウングレードの作業を短時
間で実行できます。
優れた効率性と耐障害性
VCSファブリック・テクノロジはデータセンター
が求める高い性能と信頼性をもたらすフラット
なメッシュ型レイヤ 2 トポロジによって、効率
的で耐障害性の高いネットワークを実現しま
す。
これによって業務条件やトラフィック・パター
ンの変化に迅速に適応できる柔軟なネットワー
クを構築できます。
東西方向のトラフィックの最適化
従来型のデータセンターではクライアント・
サーバ型のコンピューティング環境に見られる
南北方向のトラフィック・フローを想定した固
定的な 3 階層ツリー・トポロジが使われてい
ますが、そのため性能を十分に発揮できずレ
イテンシが増えボトルネックを引き起こしてい
ます。データセンターのネットワーク・トラフィッ
クはサーバ仮想化や分散型アプリケーションの
広がりによって東西方向のサーバ間トラフィッ
クが大きな位置を占めるようになっています。
VCS ファブリックはこのようなトラフィックを想
定して特に設計されたものであり、アクティブ
なパスをすべて利用してトラフィックを送るとと
もに階層型トポロジのような何ホップもの経由
を回避できます。
マルチテナントのクラウド・データセンター
プロバイダにおけるパブリック/プライベート・
クラウドではセキュリティの高い分散型の仮想
環境をテナントごとに迅速かつスケーラブルに
展開してサポートすることが求められます。こ
の目的には VLAN が利用できある程度まで
役割を果たしていますが、大規模なデータセ
ンターになると VLAN ID 数の上限や多数の
VLAN を設定する煩雑さから実用上の問題が
出ています。従来の VLAN を使ってマルチテ
ナントを切り分ける際の上限数の問題を解決
するために、Brocade VCS ファブリック・テ
クノロジは VCS バーチャル・ファブリック機能
を装備しています。これによって複数の VCS
ファブリックをまたぐ場合も含めて、物理/仮
想化双方の環境でのアプリケーション展開に
セキュリティの高いネイティブのマルチテナン
ト・サポートを提供できます。VCS バーチャル・
ファブリック機能は、Brocade VCS ロジカル・
シャーシを通して集中管理ができ、シンプルで
迅速なアプリケーション展開を促しながらテナ
ントごとに一貫したポリシーを保証できます。
これはアプリケーションの各コンポーネントが
データセンターの中でどのように配置されてい
ても左右されることはありません。ネットワー
クのセグメンテーションには他にも VXLAN や
VRF Lite などの選択肢もあります。詳細につ
いては、「Brocade VCS ファブリックにおけ
るマルチテナントの選択肢」をご覧ください。
バーチャル・ファブリック・エクステンション
バーチャル・ファブリック・エクステンションは
レイヤ 3 ネットワークのクラウドで接続される
複数の VCS ファブリック間をレイヤ 2 で結合
するものです。VLAN、サービス VLAN、トラ
ンスポート VLAN を複数の VCS ファブリック
にわたる範囲に拡張します。
この機能はレイヤ 2 フレームを VXLAN でカ
プセル化して、VCS ファブリック間をレイヤ 3
ネットワークのクラウドの上でトンネルさせるこ
とで実現しています。VCS ファブリックを接続
するレイヤ 3 ネットワークのクラウドに NSX や
その他のコントローラの必要はなくマルチキャ
ストも使用しません。バーチャル・ファブリッ
ク・エクステンションによってサービス・プロ
バイダやエンタープライズ・クラスのネットワー
クではマルチテナントの切り分けを保持しなが
ら、複数のバーチャル・ファブリックをまたい
でレイヤ 2 トラフィックの範囲を延長でき、ほ
かのデータセンターにわたる接続も可能です。
バーチャル・ファブリック・エクステンションは
サイト間を普通のレイヤ 3 の IP 接続で接続す
るため、 専用の WAN リンクや MPLS/GRE
などの基盤を用意するコストをかけないように
することもできます。
レイヤ 1-3 における負荷分散マルチパス
Brocade VCS ファブリック・テクノロジはレ
イヤ 1 ~ 3 での効率的な負荷分散によって弾
力性の高いネットワークを実現します。まず
Brocade ISL Trunking が高度な技術で、ト
ランク内のリンク全体にトラフィックを分散して
レイヤ 1 の性能を向上します。レイヤ 2 では
等コスト・マルチパス(ECMP)がすべてのリ
ンクをアクティブにしてフル活用し、ネットワー
クがもつ帯域幅をすべて利用します。また障害
が発生した際には最も近い経路にトラフィック
を自動的に迂回してアプリケーションのアップ
タイムを維持することができ、ネットワークの
耐障害性を向上します。そしてレイヤ 3 では全
体で 1 基のレイヤ 3 ゲートウェイとして働く複
数のインスタンスにフローが自動的に分散され
ます。この 3 つのレイヤのマルチパス機能によ
りネットワーク利用率を高め、レイテンシを低
減して全体のネットワーク性能を向上します。
詳細については、ホワイト・ペーパー「Setting
a New Standard for Network Efficiency
with VCS Fabric Multilayer Multipathing
Capabilities」をご覧ください。
仮想化に向けた最適化
Brocade VCS ファブリック・テクノロジはサー
バとストレージの仮想化環境をサポートしてク
ラウド・コンピューティングへの移行を促進す
る独自の機能を提供しています
(図 4を参照)
。
•• Brocade VCS Gateway for NSX:
Brocade VCS Gateway for NSX は仮想
環境と物理インフラを統合してクラウド環境
にシームレスに移行していくソリューションを
提供します。Brocade VCS Gateway for
NSX によって物理機器を仮想デバイスに接
続し、物理と仮想化の双方からそれぞれの
メリットを引き出します。
Brocade VCS Gateway for NSX を
VMware NSX と統合することによりゲー
トウェイの配置を具体的に決めることなく、
VCSファブリック全体が VXLAN ゲートウェ
イとして機能します。VCS ファブリックは
NSX コントローラから見て 1 個の論理ゲー
トウェイとなり、シンプルに管理ができると
ともに耐障害性が向上します。既存の設備
を生かしつつマルチテナンシや分散アプリ
ケーションの大規模な展開に VXLAN のベ
ネフィットをもたらすことができます。
Brocade VCS Gateway for NSX と
VMware NSX コントローラの統合を通し
て、セルフ・サービスによるプロビジョニン
グや柔軟なネットワーク・アーキテクチャ、
VCS ファブリックのモジュール型スケール・
アウトなどのもたらす俊敏性をはじめ、完備
したマルチテナンシ対応、シンプルに管理で
きる物理/仮想設備の一元化ソリューショ
ンなど、多様なベネフィットを提供します。
•• ゼロ・タッチの VM 自動 検出:Brocade
VM-Aware Network Automation は 仮
想マシンが移動したりファブリックに追加さ
れたときに、ポート・プロファイルを手作
業で操作する必要性をなくし自動化のレベ
ルを一段と高めます。VCS ファブリックは
VMware vCenter と通信してすべてのポー
ト・プロファイル情報と、関連する MAC ア
ドレスを自動的にダウンロードし仮想マシン
に固有の情報をファブリック内のすべてのス
イッチに配信します。仮想マシンが移動して
も、構成作業を行う必要はありません。
5
データセンター
(リモート)
データセンター
(プライマリ)
パブリック
ネットワーク
VM
コアルータ
VCSファブリック
エクステンション
レイヤ4-7
アプリケーション・デリバリ
VCSファブリック
エクステンション
VM
VM
ネイティブ
ファイバーチャネル
セキュリティサービス
(ファイアウォール、
暗号化)
SAN
VM
VM
VM
VM
ブレードサーバ
VM
VM
VM
基幹システムの
ファイバーチャネルSAN
FCoE/iSCSI/NAS
ストレージ
ラックマウント
サーバ
図 4.
Brocade VCSファブリック・テクノロジはネットワーク・アーキテクチャを簡素化して、
ストレージ接続の統合、VMモビリティの向上、
サービスのシームレスな追加などを実現します。
•• AMPP(Automatic Migration of
Port Profiles):仮想マシンがマイグレー
ションする際には移動先のスイッチ・ポート
を設定して仮想マシンのトラフィックに一貫
したポリシーと構成設定を適用しなければな
りません。Brocade AMPP(Automatic
Migration of Port Profiles)は VCS ファ
ブリックの中で VM ポリシーとネットワーキ
ング・ポリシーを仮想マシンの移動に追従
させる機能です。仮想マシンのマイグレーショ
ンが行われるとファブリック内の移動先ポー
トが MAC アドレスの移動を知ってポート・
プロファイルの構成設定を自動的に適用しま
す。これは複数のファブリックにまたがって
実施することもできます。また AMPP はハ
イパーバイザの種類に依存せず各種のハイ
パーバイザとともに利用できます。
データセンターのニーズに対応した柔軟な設計
Brocade VDX 6940 スイッチは、各々のデー
タセンターがもった固有の設計要件に応える
多数の接続オプションを組み入れています。以
下のような特長をもった柔軟な設計によって 1
台のスイッチでデータセンターの進化する多様
な要件に応え投資を最大限に生かすことがで
きます。
6
•• 10/40/100 GbE アップリンク:40 GbE
QSFP+ ポートはネットワーク・インフラを
効率的かつインテリジェントに相互接続し拡
張しながら、ボトルネックを減少させる柔軟
性を提供します。それぞれの 40 GbE アッ
プリンクはブレークアウト・ケーブルを使う
と 4 つの 10 GbE アップリンクに分割でき
ます。トラフィック量が高まり必要が生じれ
ば、適当な時期に容易に 40 GbE に戻すこ
とも可能です。
•• ポート・オン・デマンド(PoD): ポート・
オン・デマンドで 12 個のポートが有効に
なります。現時点で必要なポート規模でス
イッチを導入し、ソフトウェア・ライセンス
を追加するだけで後からそのまま拡張するこ
とができます。IT リソースを必要に応じて充
当する、柔軟で費用効率に優れた「Pay-asYou-Grow(ビジネスの成長に応じた拡張)」
のライセンス・モデルによってスケーラビリ
ティの課題を解決することができます。
高度なストレージ・サポート
Brocade VDX 6940 ス イッ チ は、FCoE、
iSCSI、NAS ストレージなどの各種のストレー
ジ接続に対応する高度なストレージ・サポー
トを提供しています。LAN 上でストレージ・
トラフィックを高い信頼性で送るデータセン
ター・ ブリッジ ング(DCB:Data Center
Bridging)に対応し、ネットワークの輻輳に
もパケット消失を起こさないほか、必要に合わ
せて帯域幅を割り当ててネットワークを常に効
率よく稼動させることができます。ファブリック
内の NAS 接続にはインテリジェントな Auto
QoS 機能を提供し、遅延に敏感なストレージ・
トラフィックに高い優先順位を設定して一貫し
た性能を確保するとともにレイテンシを低減す
ることができます。
Brocade VDX 6940 はファイバーチャネルに
ハードウェア対応する準備を整えています。必
要なソフトウェア・サポートは今後のリリースで
対応予定です。Brocade VDX 6940 本体は
32 個のフレックス・ポートを装備し 10 GbE、
40 GbE、ファイバーチャネルなどに切り替えて
利用できます。ファイバーチャネル・モードでは
ファイバーチャネル・ストレージを VCS ファブ
リックに直接接続するほか、FCoE トラフィック
からファイバーチャネル SAN へのブリッジがで
き、既存の SAN 設備をそのまま活用すること
ができます。Brocade VDX 6940 のフレック
ス・ポートと FCoE の機能はソフトウェア・ライ
センスの追加で有効になります。
操作性をさらに高めた
Brocade Network Advisor
Brocade Network Advisor はネットワーク
のライフ・サイクル全体にわたって Brocade
VCS ファブリックと Brocade VDX スイッチ
の高度な管理を実施する操作性に優れたネッ
トワーク管理プラットフォームです。Brocade
Network Advisor では VCS ファブリック全
体を 1 台の機器のように取り扱えるほか、個々
の VDX スイッチのドリル・ダウンによって異常
の診断や設備情報の一覧、性能の管理などが
行えます。また複数の VCS ファブリックの並
行した管理も行えます。
AMPP の 構 成 管 理 も 簡 素 化 さ れ る ほ か
Brocade VDX スイッチの物理コンフィグレー
ション間の整合性チェックが行えます。これ
は 1 つの VCS ファブリック内に限らず複数の
VCS ファブリックにわたっても可能です。さ
らに sFlow を 使 用 して Brocade Network
Advisor から仮想マシン・レベルの監視がで
き、ファブリック内で通信量の大きなアプリ
ケーションを特定することができます。VCS
ファブリックの 診 断 機 能としては、ファブ
リック内のトラフィック経路を視覚的に表示
したり、ネットワーク・レイテンシを監視し
たりすることができ、ホップ・バイ・ホップ
で詳 細を追 跡して問 題を特 定できます。 詳
細については、Web サイトをご覧ください。•
http://www.brocadejapan.com/
products/management-software
ON-DEMAND DATA CENTERTM の
プログラミング
仮想化によって自動化を拡大し実際のベネ
フィットを引き出すためには、シンプルかつ迅
速に展開できるネットワークであることが前提
となります。それにはビジネスとともに機敏に
変化するオープンなネットワークのツールとイ
ンフラが必要です。ブロケードではネットワー
クの展開と運用その他の操作にカスタマイズさ
れたアプローチをもたらすプログラマブルなソ
リューションと DevOps ツールをサポートして
います。それらによって新しい水準のシンプル
さと俊敏性、そして自動化された迅速な展開
をもたらしデータセンターを新しいテクノロジ
の要件に対応したものに進化させます。
Brocade VDX スイッチは OpenStack Neutron
ML2 に対応しているほか、プログラマブルな
ファブリック・レベルの REST API を YANG
データ・モデルとともにサポートしています。
これらを通してサード・パーティ製品や内製
品の様々なネットワーク・オートメーションや
クラウド管理のツールに統合できます。さらに
Puppet と Python によるスクリプティングも
サポートし、効率的な構成管理の手段を幅広
く選択することができます。このプログラマビリ
ティの選択肢によって自動化と簡素化を進め、
人為的なミスを低減するとともに作業を能率化
してコストを削減します。こうしたツール類が
一般企業においては迅速なアプリケーション展
開によって生産性が上がり、クラウド・プロバ
イダにおいてはテナントのプロビジョニング作
業の能率化やインテリジェントで柔軟なネット
ワークの実現によって収益性を向上させます。
VCS ファブリックは業界標準の SDN 通信プ
ロトコルである OpenFlow 1.3 をサポートし
ています。OpenFlow は複雑なネットワーク
挙動に対して豊富な機能セットによって性能を
最適化する機会をネットワーク運用にもたらす
ものです。Brocade VDX スイッチに組み込ま
れた OpenFlow 1.3 機能は現在から将来に
わたってデータセンターに必要な機能と性能、
運用効率を提供します。
BROCADE グローバル・サービス
Brocade グローバル・サービスはスケーラビ
リティと効率性に優れたクラウド・インフラの
構築を支援する高い技術力を保持しています。
15 年にわたってストレージ、ネットワーキング、
仮想化の技術的蓄積を生かして、世界最高水
準のプロフェッショナル・サービス、技術サポー
ト、そして教育サービスなどを提供します。こ
のサービスを利用することで、ブロケード製品
への投資効果を最大限に高め、新しいテクノ
ロジの導入展開を迅速化し、ネットワーク・イ
ンフラから最高の性能を引き出すことが可能と
なります。
投資効果の最大化
ブロケードでは、テクノロジへの投資効果の最
大化を支援するために、販売パートナー各社
と提携して、プロフェッショナル・サービス、
技術サポート、そして教育サービスも含めた総
合的なソリューションを提供しています。詳細
については、ブロケード販売パートナーまでお
問い合わせいただくか、または次の Web サイ
トをご覧ください。
www.brocadejapan.com
7
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 機能概要
項目
Brocade VDX 6940-36Q
Brocade VDX 6940-144S
本体サイズ
1U
2U
スイッチング帯域幅(データレート、全二重)
2.88 Tbps
2.88 Tbps
スイッチ性能
2.16 Bpps
2.16 Bpps
ポート間レイテンシ
700 ナノ秒
700 ナノ秒
寸法・重量
幅 : 44 cm(17.32 インチ)
幅 : 44 cm(17.32 インチ)
奥行き : 41.30 cm(16.25 インチ)
奥行き : 45.72 cm(18 インチ)
高さ : 4.37 cm(1.72 インチ)
重量 : 19.6 ポンド(トランシーバなし); 22.3
ポンド(トランシーバ装備)
10 GbE SFP+ ポート数
高さ : 8.67 cm(3.41 インチ)
重量 : 40 ポンド(トランシーバなし); 44 ポンド(ト
ランシーバ装備)
144 ポート(10 GbE ブレークアウト・ケーブル 96 ポート(固定)+ 48 ポート(ブレークアウト・
36 本)
ケーブル)
2/4/8/16 Gbps ファイバーチャネル・フレックス・ 最大 32 ポート(64 個の 10 GbE ポートから) 最大 32 ポート(64 個の 10 GbE ポートから)
ポート
対応ポート・タイプ : E_Port(EX_Port へ
対応ポート・タイプ : E_Port(EX_Port への接続
の接続のみ)、F_Port、N_Port(Access
のみ)
、
F_Port、
N_Port(Access Gateway モード)
Gateway モード)
1/10 GBASE-T
0
0
40 GbE QSFP+
36
12
100 GbE QSFP28
0
4
40 GbE ポート・オン・デマンド(PoD)
24、36
6、12
10 GbE ポート・オン・デマンド(PoD)
N/A
64、80、96
電源
2 基、負荷分散、フィールド交換対応、AC/DC
選択可能
2 基、負荷分散、フィールド交換対応、AC/DC
選択可能
冷却ファン
5 基、フィールド交換対応、1 基ごとに 2 個の•
ファン
5 基、フィールド交換対応、1 期ごとに 2 個の•
ファン
通気方向
背面から前面 / 前面から背面
背面から前面 / 前面から背面
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様
スケーラビリティ1
コネクタ
アウト・バンドのイーサネット管理 : RJ-45(固定)
コンソール管理 : RJ-45 からの RS-232(固定)
ファームウェアおよび診断 : USB
最大 VLAN 数
4,000 - 一部予約(15 個程度)
最大 MAC アドレス数
112,000(L2 MAC); ファブリック全体 256,000(CML)
最大ポート・プロファイル数(AMPP)
512
標準 LAG 最大メンバー数
16
優先度別ポーズ・レベル数 / ポート
8
VCS ファブリック最大スイッチ数
48
VCS ファブリック最大 ECMP パス数
16
VCS ファブリック・ポート最大トランク・
16
メンバー数
VCS ファブリック最大 LAG グループ数
vLAG がスパン可能な最大スイッチ数
8
vLAG 最大メンバー数
64
最大ジャンボ・フレーム・サイズ
9,216 バイト
キュー数 / ポート
8
1
8
1,000
現行のスケーラビリティ値は最新バージョンのリリース・ノートをご覧ください。
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
DCB Priority Flow Control(PFC)
8
クラス数
最大 ACL 数
10,000
最大 ARP エントリ数
84,000
最大 IPv4 ユニキャスト経路数
12,000
最大 IPv6 ユニキャスト経路数
3,000
HA/ISSU
ISSU フル対応
全般
オペレーティング・システム
Brocade Network OS(モジュール型オペレーティング・システム)
レイヤ 2 スイッチング機能
•• Address Resolution Protocol(ARP)RFC
826
•• 高可用性 /ISSU - ハードウェア対応
•• IGMP v1/v2 スヌーピング
•• MAC 学習およびエージング
•• Link Aggregation Control Protocol(LACP)
IEEE 802.3ad/802.1AX
•• VLAN
•• VLAN カプセル化 802.1Q
•• プライベート VLAN
•• Edge Loop Detection(ELD)
•• Per-VLAN Spanning Tree(PVST+/PVRST+)
•• Rapid Spanning Tree Protocol(RSTP)802.1w
•• Multiple Spanning Tree Protocol(MSTP)
802.1s
•• STP PortFast、BPDU ガード、BPDU フィルター
•• STP ルート・ガード
•• レイヤ 2 Access Control List(ACL)
•• ポーズ・フレーム 802.3x
•• Uni-Directional Link Detection(UDLD)
レイヤ 3 スイッチング機能
•• Border Gateway Protocol(BGP4+)
•• DHCP ヘルパー
•• レイヤ 3 ACL
•• マルチキャスト : PIM-SM、IGMPv2
•• OSPF
•• スタティック経路
•• VRF Lite
•• VRF 対応の OSPF、BGP、VRRP、スタティック経路
•• VRRP v2、v3
•• IPv4/IPv6 デュアル・スタック
•• IPv6 ACL パケット・フィルタリング
•• IPv6 ルーティング
•• IPv4/v6 ACL
•• Policy-Based Routing(PBR)
•• Bi-Directional Fault Detection(BFD)
•• 32 経路 ECMP
Brocade VCS ファブリック・テクノロジ •• 自動ファブリック形成
機能
•• DHCP オプション 66/67(自動ファブリック・プロ
ビジョニング)
•• 分散構成管理
•• 分散ファブリック・サービス
•• スイッチ・ビーコニング
•• Transparent Interconnection of Lots of Links
(TRILL)
•• 透過的 LAN サービス
•• 複数台にまたがる Virtual Link Aggregation Group
(vLAG)
•• VRRP-E
•• 16 経路 ECMP
•• ゼロ・タッチ・プロビジョニング
•• Fabric Virtual Gateway
マルチテナンシおよび仮想化機能
•• TRILL FGL ベースの VCS バーチャル・ファブリッ •• Automatic Migration of Port Profiles(AMPP)
ク機能
•• VM-Aware Network Automation
•• Brocade VCS Gateway for NSX と VMware •• Virtual Fabric Extension での BFD
NSX オーケストレーション
•• Virtual Fabric Extension
DCB 機能
•• P r i o r i t y - b a s e d F l o w C o n t r o l ( P F C ) •• Data Center Bridging eXchange(DCBX)
802.1Qbb
•• DCBX アプリケーション Type-Length-Value(TLV):
•• Enhanced Transmission Selection(ETS) FCoE、iSCSI
802.1Qaz
•• FCoE、iSCSI 以外のプロトコルでの、マニュアル
設定によるロスレス・キュー
9
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
ファイバーチャネル /FCoE 機能•
(FCoE ライセンスが必要)
•• Fibre Channel over Ethernet(FCoE)マルチ
ホップ ; Brocade VCS ファブリック・テクノロジを
使用
•• FC-BB5 準拠 Fibre Channel Forwarder(FCF)
•• ネイティブの FCoE 転送
•• FCoE - ファイバーチャネル・ブリッジング
•• Brocade VDX 6940 の FCoE 対応
•• QSFP+ ポートの FCoE 対応
•• フレックス・ポート(ターゲット機器の直接接続お
よび SAN 接続)
•• マルチホップの Access Gateway サポート
•• エンド・トゥ・エンドの FCoE(イニシエータからターゲッ
トまで)
•• FCoE Initialization Protocol(FIP)v1 による FCoE
デバイス・ログインおよび初期化サポート
•• ネーム・サーバによるゾーニング
•• FIP Snooping Bridge(FSB)機器への接続サポート
•• 標準 LAG を流れる FCoE トラフィック
•• インタフェース・バインディング
•• 論理 SAN
IP ストレージ
•• Auto QoS(IP ストレージ・トラフィックの自動優先順位付け)
高可用性
•• ISSU L2、L3
•• BFD
•• OSPF v2/v3
•• OSPF3-NSR
•• BGP4
•• BGP4-GR
QoS(Quality of Service)
•• ACL による QoS
•• 8 レベルの QoS 優先度
•• Class of Service(CoS)IEEE 802.1p
•• DSCP Trust
•• DSCP/ トラフィック・クラス変換
•• DSCP/CoS 変換
•• DSCP/DSCP 変換
•• Random Early Discard
•• ポート別 QoS 設定
•• ACL によるレート制限
•• Dual-Rate Three Color(2R3C)のトークン・バケット
•• ACL による CoS/DSCP/ 優先度の再マーキング
•• ACL ベースの sFlow
•• ス ケ ジュ ー リン グ : Strict Priority(SP)
、Deficit
Weighted Round Robin(DWRR)、Hybrid
Scheduling(Hybrid)
•• キュー・ベースのシェーピング
•• フロー別 QoS
スイッチ・ヘルス・モニター
Brocade Fabric Watch による監視と通知
管理
管理と監視
•• IPv4/IPv6 管理
•• SNMP v1、v2C、v3
•• 業界標準のコマンドライン・インタフェース(CLI) •• sFlow RFC 3176
•• Netconf API
•• アウト・バンド管理
•• REST API と YANG データ・モデル
•• Remote SPAN(RSPAN)
•• OpenStack の Brocade VCS プラグイン
•• RMON-1、RMON-2
•• Link Layer Discovery Protocol(LLDP) •• NTP
IEEE 802.1AB
•• ロジカル・シャーシ管理
•• MIB II RFC 1213 MIB
•• スイッチ・ビーコニング
•• 管理 VRF
•• Switched Port Analyzer(SPAN)
•• Telnet
セキュリティ
•• 管理 ACL(Access Control List)
•• Role-Based Access Control(RBAC)
•• Range CLI サポート
•• UDLD
•• OpenStack Neutron ML2 プラグイン
•• Python
•• Puppet
•• ポート・ベースのネットワーク・アクセス制御 802.1X
•• RADIUS(AAA)
•• TACACS+
•• Secure Shell(SSHv2)
•• BPDU ドロップ
•• Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)
•• Secure Copy プロトコル
10
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
SDN(Software-Defined
Networking)とプログラマビリティ
•• OpenFlow 1.3
•• Puppet
•• VXLAN Gateway
•• Python
•• REST API と YANG データ・モデル
機械仕様
筐体
前面から背面 / 背面から前面の通気 ; 1U(6940-36Q)、2U(6940-144S)
、•
19 インチ EIA 準拠 ; 非ポート側から給電
使用環境
温度
動作時 : 0℃~ 40℃(32° F ~ 104° F)
非動作時・保管時 : -25℃~ 70℃(-13° F ~ 158° F)
湿度
動作時 : 10% ~ 85%、40℃(104° F)
非動作時・保管時 : 5% ~ 80%、70℃(158° F)
高度
動作時 : 0 ~ 3,000 m(9,842 フィート)
非動作時・保管時 : 0 ~ 12,000 m(39,370 フィート)
衝撃
動作時 : 20 G、6 ms、半正弦
非動作時・保管時 : 33 G、11 ms、半正弦波、3/eg axis
振動
動作時 : 0.5 G 正弦、0.4 gms ランダム、5 ~ 500 Hz
非動作時・保管時 : 2.0 G 正弦、1.1 gms ランダム、5 ~ 500 Hz
通気量
最大 : 83.8 cmh(49.3 cfm)
標準 : 44.7 cmh(26.3 cfm)
発熱量
1,672.41 BTU/hr
電源仕様
電源装置
2 基、負荷分散、冗長、フィールド交換対応、内蔵電源装置
電源プラグ
C13
電源電圧
100 ~ 240 VAC または 48 V DC
電源周波数
50 ~ 60 Hz
突入電流
30 A ピーク(コールド・スタート)、50 A ピーク(ウォーム・スタート、<10 ms)、10 A ピーク(サイクル、
10 ms ~ 150 ms)、7 A 未満ピーク(>150 ms)
最大電流
6 A、100 VAC / 7 A、85 VAC
標準消費電力
100 VAC で 1 PSU 時 : 2.309 A、229 W、781.59 BTU/hr
200 VAC で 1 PSU 時 : 1.18 A、224 W、764.52 BTU/hr
最大消費電力
100 VAC で 2 PSU 時 : 2.706 A、268 W、914.7 BTU/hr
200 VAC で 2 PSU 時 : 1.375 A、263 W、897.64 BTU/hr
安全認証
•• CAN/CSA C22.2 No. 60950-1-07、および A1 / UL 60950-1-07、第 2 版、および A1
•• CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1、第 2 版
•• EN 60950-1、第 2 版、および A1/A12
•• IEC 60950-1、第 2 版、および A1
•• GB 4943.1-2011、GB 9254-2008
•• CNS 14336-1(99)
EMC
•• FCC Class A
•• ICES-003 Class A
•• VCCI-Class A
•• CE
•• C-Tick
•• BSMI
•• KCC Class A
11
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
イミュニティ
•• EN55024
環境保護規則
•• RoHS-6(鉛除外)、指令 2002/95/EC
•• NEBS 準拠
準拠標準
Brocade VDX 6940 製品は、下記のイーサネット標準に準拠しています。
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
•• IEEE
802.1D Spanning Tree Protocol
802.1s Multiple Spanning Tree
802.1w Rapid Reconfiguration of Spanning Tree Protocol
802.3 Ethernet
802.3ad Link Aggregation with LACP
802.3ae 10G Ethernet
802.1Q VLAN Tagging
802.1p Class of Service Prioritization and Tagging
802.1v VLAN Classification by Protocol and Port
802.1AB Link Layer Discovery Protocol(LLDP)
802.3x Flow Control(Pause フレーム)
802.3ab 1000BASE-T
802.3z 1000BASE-X
Brocade VDX 6940 は、下記の DCB(Data Center Bridging)と FCoE(Fibre Channel over Ethernet)の、標準草案にも対応しています。
•• IEEE 802.1Qbb Priority-based Flow Control
•• IEEE 802.1Qaz Enhanced Transmission Selection
•• IEEE 802.1 DCB Capability Exchange Protocol(IEEE 802.1 ワーキング・グループの DCB タスク・グループで提案)
•• FC-BB-5 FCoE(Rev 2.0)
Brocade VDX 6940 製品は、下記のファイバーチャネル標準に準拠しています。
•• FC-GS-5 ANSI INCITS 427:2007(以下を含む)
•• FC-GS-4 ANSI INCITS 387: 2004
•• FC-SP-2 INCITS 496-2012(AUTH-A、AUTH-B1 のみ)
•• FC-DA INCITS TR-36: 2004(以下を含む)
•• FC-FLA INCITS TR-20: 1998
•• FC-PLDA INCITS TR-19: 1998
•• FC-MI-2 ANSI/INCITS TR-39-2005
•• FC-PI INCITS 352: 2002
•• FC-PI-2 INCITS 404: 2005
•• FC-PI-4 INCITS 1647-D, revision 7.1(策定作業中)
•• FC-FS-2 ANSI/INCITS 424:2006(以下を含む)
•• FC-FS INCITS 373: 2003
•• FC-LS INCITS 433: 2007
•• MIB-FA INCITS TR-32: 2003
準拠RFC
12
RFC 768
User Datagram Protocol (UDP)
RFC 783
TFTP Protocol (revision 2)
RFC 791
Internet Protocol (IP)
RFC 792
Internet Control Message Protocol (ICMP)
RFC 793
Transmission Control Protocol (TCP)
RFC 826
ARP
RFC 854
Telnet Protocol Specification RFC 894
A Standard for the Transmission of IP Datagram over Ethernet Networks
RFC 1027
Using ARP to Implement Transparent Subnet Gateways (Proxy ARP)
RFC 959
FTP
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
RFC 1112
IGMP v1
RFC 1157
Simple Network Management Protocol(SNMP)v1、v2
RFC 1305
Network Time Protocol (NTP) Version 3
RFC 1492
TACACS+
RFC 1519
Classless Interdomain Routing (CIDR)
RFC 1584
Multicast Extensions to OSPF RFC 1765
OSPF Database Overflow
RFC 1812
Requirements for IP Version 4 Routers
RFC 1997
BGP Communities Attribute
RFC 2068
HTTP Server
RFC 2131
Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP)
RFC 2154
OSPF with Digital Signatures (Password, MD-5)
RFC 2236
IGMP v2
RFC 2267
Network Ingress Filtering
RFC 2328
OSPF v2 (edge mode)
RFC 2460
Internet Protocol, Version 6(v6)Specification(管理インタフェース)
RFC 2370
OSPF Opaque Link-State Advertisement(LSA)Option(サポートは一部のみ)
RFC 2385
Protection of BGP Sessions with the TCP MD5 Signature Option
RFC 2439
BGP Route Flap Damping
RFC 2464
Transmission of IPv6 Packets over Ethernet Networks(管理インタフェース)
RFC 2474
Definition of the Differentiated Services Field in the IPv4 and IPv6 Headers
RFC 2571
An Architecture for Describing SNMP Management Frameworks
RFC 2865
Remote Authentication Dial-In User Service (RADIUS) RFC 3101
The OSPF Not-So-Stubby Area (NSSA) Option
RFC 3176
sFlow
RFC 3137
OSPF Stub Router Advertisement
RFC 3392
Capabilities Advertisement with BGPv4
RFC 3768
VRRP
RFC 4510
Lightweight Directory Access Protocol(LDAP): Technical Specification Road Map
RFC 4271
BGPv4
RFC 4292
IP Forwarding MIB
RFC 4293
Management Information Base for the Internet Protocol (IP)
RFC 3411
An Architecture for Describing SNMP Frameworks
RFC 3412
Message Processing and Dispatching for the SNMP
RFC 3413
Simple Network Management Protocol (SNMP) Applications
RFC 4456
BGP Route Reflection
RFC 4601
Protocol Independent Multicast-Sparse Mode(PIM-SM): Protocol Specification(Revised)
RFC 4893
BGP Support for Four-Octet AS Number Space
RFC 4861/5942
IPv6 Neighbor Discovery
RFC 2462
IPv6 Stateless Address Auto-Configuration
RFC 4443
ICMPv6(2463 に代替)
RFC 4291
IPv6 Addressing Architecture
RFC 3587
IPv6 Global Unicast Address Format
RFC 2375
IPv6 Multicast Address Assignments
RFC 2711
IPv6 Router Alert Option
13
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S 仕様(続き)
IPv6ルーティング
RFC 2740
OSPFv3 for IPv6
RFC 2545
Use of BGP-MP Extensions for IPv6
IPv6マルチキャスト
RFC 2710
Multicast Listener Discovery (MLD) for IPv6
VRRP/VRRPe
RFC 5798
VRRP Version 3 for IPv4 and IPv6
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144S ソフトウェア・ライセンス製品番号
Software SKU
説明
BR-VDX6940-FCOE
Brocade VDX 6940 用 FCoE ソフトウェア・ライセンス
BR-VDX6940-144S-16-10GPOD
16 × 10 GbE ポート・オン・デマンド(PoD)ライセンス、Brocade VDX 6940-144S 用
BR-VDX6940-144S-6X40G-POD
6 × 40 GbE または 2 × 100 GbE ポート・オン・デマンド(PoD)ライセンス、Brocade
VDX 6940-144S 用
BR-VDX6940-36Q-12X40G-POD
12 × 40 GbE ポート・オン・デマンド(PoD)ライセンス、Brocade VDX 6940-36Q 用
BROCADE VDX 6940-36Q、6940-144Sハードウェア製品番号
14
ハードウェア製品
説明
BR-VDX6940-36Q-AC-F
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、36 ポート 40 GbE QSFP+、AC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-36Q-AC-R
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、36 ポート 40 GbE QSFP+、AC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-24Q-DC-F
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、24 ポート 40 GbE QSFP+、DC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-24Q-DC-R
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、24 ポート 40 GbE QSFP+、DC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-24Q-AC-F
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、24 ポート 40 GbE QSFP+、AC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-24Q-AC-R
Brocade VDX 6940-36Q 基本システム、24 ポート 40 GbE QSFP+、AC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-64S-AC-R
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、64 ポート 10 GbE SFP+、AC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-64S-AC-F
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、64 ポート 10 GbE SFP+、AC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-96S-AC-R
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、96 ポート 10 GbE SFP+、AC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-96S-AC-F
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、96 ポート 10 GbE SFP+、AC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-144S-AC-R
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、96 ポート 10 GbE SFP+、および最大 12 ポートの 40 GbE QSFP+、また
は最大 4 ポートの 100 GbE QSFP28、AC 電源、ポート側排気
BR-VDX6940-144S-AC-F
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、96 ポート 10 GbE SFP+、および最大 12 ポートの 40 GbE QSFP+、また
は最大 4 ポートの 100 GbE QSFP28、AC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-64S-DC-F
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、64 ポート 10 GbE SFP+、DC 電源、非ポート側排気
BR-VDX6940-64S-DC-R
Brocade VDX 6940-144S 基本システム、64 ポート 10 GbE SFP+、DC 電源、ポート側排気
15
DATA SHEET
www.brocadejapan.com
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-4-2 大同生命霞ヶ関ビル
TEL.03-6203-9100 FAX.03-6203-9101 Email:[email protected]
[email protected]をご覧ください。
http://www.brocadejapan.com
©2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved. 02/15 GA-DS-1902-00-J
ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wing シンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、Vplane および Vyatta は登録商標であり、Fabric
Vision および vADX は、米国またはその他の国における Brocade Communications Systems Inc. の商標です。
その他のブランド、製品名、サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマークである
場合があります。
注意:本ドキュメントは情報提供のみを目的としており、Brocade が提供しているか、今後提供する機器、機器の機能、サービスに関する明示的、暗示的な保証を行うものではありません。Brocade は、本ドキュメントをい
つでも予告なく変更する権利を留保します。また、本ドキュメントの使用に関しては一切責任を負いません。本ドキュメントには、現在利用することのできない機能についての説明が含まれている可能性があります。機能や
製品の販売/サポート状況については、Brocade までお問い合わせください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
1 590 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content