close

Вход

Log in using OpenID

AY樹脂アンカー

embedDownload
ハンドブック
2014年4月版
■目次
〈 ディスクピッチ関連 〉
IHディスクの割付図
・
・
・ 01
〈 施工関連 〉
アンカー選定基準
施工注意事項
・
・
・ 13
・
・
・ 23
〈 材料・施工関連 〉
施工量の目安
FL鋼板の規格
専用工具
・
・
・ 41
・
・
・ 42
・
・
・ 43
〈 資料〉
耐風圧設計
改定ポイント!!
・新耐風圧設計による
ディスクピッチの変更
・AY樹脂アンカー
の製品変更
製造
NO.4042.2014.4
・
・
・ 45
01
02
IHディスク割付図
RC
下
地
非 断 熱 工 法( 4 列 )
システム記号:MIH-SGM15・20※
防 水 シ ート:リベットルーフSGM
標準仕様
適応
シート
SGM相当
とは…
600以下 600
〃
IHディスク
FL鋼板
〃 600 600以下
600
4列
600
※各仕様については図面等をご参照ください。
周辺部ディスクが密の列数は 4
1,200
優れた引張・引裂強度を持つリベットルーフSWや高反
射機能を有するリベットルーフCOOL、高耐久仕様の
一般部は
粗に
リベットルーフHPを選定して頂くこともできます。
SW相当
とは…
風の影響を受けやすい場 所である為 、優れ
た引張・引裂強度を持つリベットルーフSW
を標準とした工 法です。
1,200
一 般 的なアンカー固 定 工 法 に用 いられる
リベットルーフSGMを標準とした工法です。
周辺部は
密に
4列
高反射機能を有するリベットルーフCOOL、高耐久仕様
のリベットルーフHPを選定して頂くこともできます。
※MIH-SW15・20、MIH-COOL15・20、MIH-HP20の場合も同様です。
ディスクピッチ関連
IHディスク割付図
■ 屋根の短辺長さが 18m未満の場合、
SGM相当
03 IHディスク割付図
RC
04
下
地
非断熱工法(6列 )
システム記号:MIH-SGM15・20※
防 水 シ ート:リベットルーフSGM
標準仕様
適応
シート
適応
シート
周辺部ディスクが密の列数は 6
〃
〃
〃
600
SW相当
IHディスク
FL鋼板
500
〃
〃
〃
〃 500
IHディスク
FL鋼板
6列
※MIH-SW15・20、MIH-COOL15・20、MIH-HP20の場合も同様です。
一般部は
粗に
周辺部は
密に
6列
※MIH-COOL15・20、MIH-HP20の場合も同様です。
1,000
1,000
一般部は
粗に
周辺部は
密に
1,200
1,200
500
600 〃
〃
〃
6列
6列
〃
〃
〃
〃
500
600 600以下
600以下 600
システム記号:MIH-SW15・20※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
強風仕様
■ 屋根の短辺長さが 18m以上の場合、
非断熱強風工法
ディスクピッチ関連
SGM相当
RC
下
地
05 IHディスク割付図
断熱材
〃
〃
〃
〃
〃
一般部は
粗に
6列
900
900
1,000 500 500
500 〃
周辺部は
密に
適応
シート
断熱材 長さ1,800
※MIH-SW15NU/S、MIH-COOL15NU/S、MIH-HP20NU/Sの場合も同様です。
断熱材
SW相当
450 〃
FL鋼板
6列
システム記号:MIH-SW15NU/S※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
強風仕様
IHディスク
600
〃 500
〃
断熱強風工法
非歩行
FLボードNU
FLボードS
〃 〃
IHディスク
〃 450
FL鋼板
6列
600 600 600
一般部は
粗に
周辺部は
密に
6列
断熱材 長さ1,800
※MIH-COOL15NU/S、MIH-HP20NU/Sの場合も同様です。
ディスクピッチ関連
FLボードNU
FLボードS
SGM相当
600
非歩行
下
地
500 500
システム記号:MIH-SGM15NU/S※
防 水 シ ート:リベットルーフSGM
標準仕様
適応
シート
RC
断熱工法
1,000
下
地
500 〃 〃 〃 〃 500
RC
06
07 IHディスク割付図
下
地
システム記号:MIH-SGM20SV※
防 水 シ ート:リベットルーフSGM
標準仕様
適応
シート
RC
歩行断熱工法
断熱材
システム記号:MIH-SW20SV※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
適応
シート
断熱材
SW相当
歩行仕様
ポリスチレン
フォーム
(3種b)
+
AYパネルV
IHディスク
〃
6列
910
周辺部は
密に
910
一般部は
粗に
6列
455 〃
FL鋼板
AYパネルV 長さ1,820
※MIH-SW20SV、MIH-COOL20SV、MIH-HP20SVの場合も同様です。
〃 〃
IHディスク
〃 455
FL鋼板
6列
607
一般部は
粗に
周辺部は
密に
〃
607
910
〃
455 〃 〃 〃 〃 455
〃
910 455 455
〃
455 〃 〃 〃 〃 455
607
607
6列
AYパネルV 長さ1,820
※MIH-COOL20SV、MIH-HP20SVの場合も同様です。
ディスクピッチ関連
SGM相当
歩行断熱強風工法
強風仕様
歩行仕様
ポリスチレン
フォーム
(3種b)
+
AYパネルV
下
地
455 455
RC
08
09 IHディスク割付図
ALC
10
下
地
ALC
非断熱工法
システム記号:MIH-SW15・20※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
標準仕様
適応
シート
下
地
強風仕様
非断熱強風工法
システム記号:M-SW15・20※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
適応
シート
FLディスク
IHディスク
〃
600
FL鋼板
FL鋼板
450
〃
〃 600
〃 〃 〃
1,200
周辺部は
密に
900
450 〃
450 〃
6列
〃 〃 〃
600 〃
450
300
300 600 〃 〃
全て
密に
一般部は
粗に
6列
ALCパネル幅
※MIH-COOL15・20、MIH-HP20の場合も同様です。
ALCパネル幅
ディスクピッチ関連
SW相当
SW相当
11 IHディスク割付図
金属
12
下
地
システム記号:MIH(F)D-SW15NU/S※
防 水 シ ート:リベットルーフSW
標準仕様
適応
シート
断熱材
下
地
L C S 接着 工 法
システム記号:F(F)D-SGM15MS※
防 水 シ ート:リベットルーフSGM
強風仕様
適応
シート
断熱材
FLボードMS
SGM相当
※FLボードMSを
使用した接着工法
IHディスク
〃 600
600 600 588 588 600 588
FL鋼板
12 12
FL鋼板
12 12
450 〃 〃 〃 〃
〃 450
500 〃 〃 500
600 〃
AYドリルビスF
500 500
6列
900
一般部は
粗に
900
1,000
900
周辺部は
密に
断熱材長さ 1,800
6列
300mm
※MIH(F)D-COOL15NU/S、MIH(F)D-HP20NU/Sの場合も同様です。
断熱材長さ 1,800
デッキ
形状
300mm
※F(F)D-COOL15MS、F(F)D-HP20MSの場合も同様です。
※超高層仕様、個別対応は、FLボードMSの固定ピッチが密になります。
デッキ
形状
ディスクピッチ関連
非歩行
FLボードNU
FLボードS
SW相当
金属
LCS工法
アンカー選定基準
13
RC
取付け 物厚
10mm以下
6.5mm
ドリル径:
ドリル
デプス(深さ)
ゲージ
刃先
(ビット)
50mm
●改修工事等で下地の強度確認ができない場合は、引き抜き試験を行い、アン
カーを選定して下さい。
φ6
●ステンレスビスやDPアンカーを締め込み過ぎた場合は、電動ドライバーを逆 回転させてアンカーを取り除き、別の位置に新しいアンカーで固定して下さい。
●アンカーは、取付け物に対して、垂直になるよう固定して下さい。
●取付け物にはアンカーの固定力はありません。
IHディスク
リベットルーフ
断熱材
取付け物
固定金具と下地に挟ま
れた材料などを「取付け
物」としています。
ステンレス拡張アンカー
φ6.0×L40
本体:ステンレス製
FL鋼鈑
AY樹脂アンカー
+
ステンレスビス
IHディスク
下穴
50mm
下穴
50mm
取付け物となる主な材料
防水層
・アスファルト防水
・ウレタン系などの塗膜防水
・合成ゴム、樹脂系などのシート防水ほか
断熱材
・ポリスチレンフォーム、ポリエチレンフォーム
ウレタンフォームほか
ボード類
・硬質木毛セメント板、硬質木片セメント板ほか
FL鋼鈑
IHディスク
取付け物厚
10mm以下
下穴
50mm
下穴
50mm
モルタル層
タイル
・クリンカータイルほか
ブロック
・コンクリート平板ブロックほか
アスファルトシングル
・アスファルトシングル、カラ−ベストほか
○ コンクリート ○ PCa部材 × ALCパネル × 断熱工法への適用
施工関連
FL鋼板やIHディスクなどを下地に固定するアンカーは、下地の種
別、取付け物厚、下地強度を十分に確認して、最適なアンカーを選
定して下さい。アンカーの選定を誤ると、所定の強度が得られず、
風圧力による不具合が生じる場合があります。
FLアンカー
40
アンカー選定基準
下地
14
アンカー選定基準
アンカー選定基準
RC
下地
FLφ6樹脂アンカー
取付け 物厚
10mm以下
6.0mm
ドリル径:
●ステンレスビスとセットして使用
樹脂アンカー
16
RC
取付け 物厚
10mm以下
下地
AY樹脂アンカー
8.5mm
ドリル径:
●ステンレスビスとセットして使用
樹脂アンカー ステンレスビス
ステンレスビス
ドリル
デプス(深さ)
ゲージ
刃先
(ビット)
デプス(深さ)
ゲージ
φ8
φ6
樹脂アンカー
φ8×L40
本体:樹脂製
樹脂アンカー 径4.5×
長さ40mm
φ6×L30
本体:樹脂製
径4.5×
長さ50mm
FL鋼鈑
取付け物厚さ:5mm未満
ステンレスビス:40mm
下穴
50mm
デプスゲージ:50mm
取付け物厚さ:10mm以下
ステンレスビス:50mm
10
FL鋼鈑
下穴
60mm
IHディスクは
固定不可!!
×
径5.8×
長さ50mm
60mm
取付け物厚さ:5mm未満
ステンレスビス:50mm
取付け物厚さ:10mm以下
デプスゲージ:60mm
デプスゲージ:70mm
ステンレスビス:60mm
取付け物厚さ:5mm
下穴
60mm
下穴
70mm
取付け物厚さ:10mm
下穴
70mm
デプスゲージ:60mm
○ コンクリート ○ PCa部材 × ALCパネル × 断熱工法への適用
○ コンクリート ○ PCa部材 ○ ALCパネル ○ 断熱工法への適用
施工関連
刃先
(ビット)
40
ドリル
30
15
アンカー選定基準
RC
下地
AY樹脂アンカー
18
断熱仕様
(取付け物厚150mm以下)
取付け物厚さ:31∼40mm
ステンレスビス:90mm
デプスゲージ:100mm
取付け物厚さ:40mm
取付け物厚さ:35mm
8.5mm
ドリル径:
下穴
100mm
下穴
100mm
●ステンレスビスとセットして使用
樹脂アンカー
ステンレスビス
取付け物厚さ:41∼55mm
ステンレスビス:105mm
40
17
デプス(深さ)
ゲージ
刃先
(ビット)
φ8
樹脂アンカー 径5.8×
長さ80mm
φ8×L40
本体:樹脂製 90mm
105mm
120mm
150mm
ステンレスビス:80mm
下穴
115mm
取付け物厚さ:25mm
下穴
90mm
取付け物厚さ:30mm
下穴
115mm
取付け物厚さ:56∼70mm
取付け物厚さ:71∼100mm
ステンレスビス:120mm
ステンレスビス:150mm
デプスゲージ:130mm
デプスゲージ:90mm
下穴
90mm
取付け物厚さ:50mm 取付け物厚さ:55mm
下穴
115mm
取付け物厚さ:11∼30mm
取付け物厚さ:15mm
取付け物厚さ:45mm
取付け物厚さ:60mm
デプスゲージ:160mm
取付け物厚さ:70mm
取付け物厚さ:75mm
下穴
90mm
下穴
130mm
○ コンクリート ○ PCa部材 × ALCパネル ○ 断熱工法への適用
下穴
130mm
下穴
160mm
施工関連
デプスゲージ:115mm
ドリル
アンカー選定基準
ALC
パネル(厚100mm)
AY樹脂アンカー
20
エポキシ樹脂
EP-20併用
8.5mm
ドリル径:
●ステンレスビスとセットして使用
樹脂アンカー
取付け物厚さ:5mm未満
取付け物厚さ:10mm以下
ステンレスビス:50mm
ステンレスビス:60mm
デプスゲージ:60mm
デプスゲージ:70mm
ステンレスビス
取付け物厚さ:10mm
ドリル
40
デプス(深さ)
ゲージ
下穴
60mm
エポキシ樹脂
EP-20注入
下穴
70mm
エポキシ樹脂
EP-20注入
施工関連
刃先
(ビット)
φ8×L40
φ5.8×L50・L60
本体:樹脂製 ビス:ステンレス製
● 振動ドリルは使わず、必ず回転式ドリルを用いて下さい。
打撃・回転切替スイッチがあるハンマードリ
ル・振動ドリルを使用する場合は、回転のみ
のモードにして使用して下さい。
ハンマードリルや振動ドリルを用いたり、深く ハンマードリル及び
穴をあけすぎたりするとALCの裏面が欠落す
る(花咲き現象)ことがあり、所定のアンカー
振動ドリルは
使用不可!
固定強度が得られません。
●エポキシ樹脂EP-20を併用
アンカーは必ず当社指定の樹脂アンカー・ステン
レスビスセットを使用し、ALCパネルの材料強
度を確保するためエポキシ樹脂EP-20を併用して
下さい。よく切粉を取り除いてください。
●ALC厚さが100mm未満の場合は、原則として施工不可
40
φ8
40
19
アンカー選定基準
金下 地属
アンカー選定基準
取付け 物厚
100mm以下
木・ボード
下地
DPアンカー
直径
長さ
50mm 60mm 75mm 90mm 105mm 120mm
12.5mm 12mm
12mm 12mm
12mm 12mm
取付け 物厚
65mm以下
6.0mm
直径
7.0mm
25mm
22
タップコン
(セルフドリルアンカー)
長さ L
12mm
50mm
75mm
100mm
12mm
12mm
12mm
15mm
40mm
65mm
L(mm)
施工関連
L(mm)
全ネジ
タイプ
下地+
取付け物厚
5mm
30mm
40mm 55mm 70mm 85mm 100mm
■ 施工例(デッキプレート下地)
■ 施工例(瓦棒下地)
※デッキ厚さ t=1.2mm、補強板厚さ t=1.0mm以上に適応します。
取付け物
35mm程度
取付
最大厚
20mm程度
21
下地
23 施工注意事項
24
FL鋼板をカットした場合
FL鋼板の取り付け
FL鋼板相互の隙間
FL鋼板相互の隙間は
3∼5mmあける。
現場の形状に合わせてFL鋼板をカットすると、適切な位置に
ビス穴がない場合があります。
FL鋼板相互の隙間には、
FLテープを貼る。
そのような場合は、リベットルーフ専用工具「ヒットホール」
を用いてビス穴加工して下さい。P.44参照
材料・施工関連
FLテープを貼らないと・・
FL鋼板
破断
FL鋼板の伸縮にシートが追従できずにシー
トが破断します。必ずFLテープを貼って下
さい。
その際は、次の注意事項を守って下さい。
1.ビス穴相互の間隔は500mm以内であること。
2.端部のビス穴はFL鋼板端部から約30mmであること。
約30mm
500mm以内
25 施工注意事項
26
横型
AYドレン(改修用)
「先付け」
一般的にドレンは「先付け」とされていますが、AYドレンはリベッ
トルーフと溶融着され完全に一体化するため、
「後付け」でも防水
性能上の問題はありません。施工要領書等で確認のうえ取り付け
て下さい。
「先付け」
縦型
「後付け」
材料・施工関連
「後付け」
横型のフレキシブルホース
AYフレキシブルホースは、先端が配水管のエルボー部分を超え
る位置まで挿入して下さい。下記の図「×」の状態では雨水が逆
流し漏水の原因となる場合があります。
27 施工注意事項
28
一般部がアンカー固定工法の場合でも、ドレン周囲を接着工法
で納める場合と、FL 鋼板原板を用いて納める場合があります。
施工要領書等で確認のうえ取り付けて下さい。
一般的な納まり例
縦型
一般的な納まり例
●接着工法で納める場合
●接着工法で納める場合
絶縁シート
横型
リベットルーフ
AYボンド580NF
FL鋼板
(FLP-4)
リベットルーフ
ストレーナー
(アルミダイキャスト製)
AYボンド580NF
AYドレンタテ型
AYドレンヨコ型
リベットルーフ
AYボンド580NF
ストレーナー
(アルミダイキャスト製)
FL鋼板
(FLP-4)
旧防水層
モルタル充填
絶縁シート
旧防水層
ステンレス製筒(補強用)
材料・施工関連
フレキシブルホース
※ 「先付け」で納める場合もあります。
※ 「先付け」で納める場合もあります。
●FL 鋼板原板を用いて納める場合
●FL 鋼板原板を用いて納める場合
ストレーナー
(アルミダイキャスト製)
リベットルーフ
絶縁シート
リベットルーフ
AYドレンタテ型
FL鋼板加工品
FL鋼板加工品
AYドレンヨコ型
ストレーナー
(アルミダイキャスト製)
旧防水層
FL鋼板加工品
リベットルーフ
絶縁シート
旧防水層
ステンレス製筒(補強用)
フレキシブルホース
※ 「後付け」で納める場合もあります。
※ 「後付け」で納める場合もあります。
29 施工注意事項
30
AYドレン ヨコ型
AYドレン タテ型
φ50用
ドレン径
φ50用
φ75用・φ100用・φ125用
φ100用
φ75用
φ50用
φ125用
塩ビ製
ドレン本体
ドレン径
φ75用・φ100用・φ125用
φ50用
φ100用
φ75用
φ125用
塩ビ製
ドレン本体
ストレーナー
ステンレス製
ストレーナー
ステンレス製
外径
φ36.5mm
φ61mm
φ84.5mm
φ99.5mm
フレキシブルホース
外径
φ44.5mm
φ69mm
φ91mm
φ110.8mm
内径
φ32.5mm
φ57mm
φ80.5mm
φ95.5mm
内径
φ32.5mm
φ57mm
φ80.5mm
φ95.5mm
アルミダイキャスト製
162mm
筒長
φ80mm
φ160m
50mm
115mm
フレキシブルホース
長さ
500mm
横巾
250mm
材料・施工関連
288
直径
157
2
213
高さ
2.5
ステンレス固定脚
60
2
内径
可動角度
2.5°
ステンレス
固定脚
内径
外径
162
ストレーナー
直径
ストレーナー
高さ
アルミダイキャスト製
外径
※φ50用はストレーナーの形状が異なります。
※φ50用はストレーナーの形状が異なります。
31 施工注意事項
32
立上りがアンカー固定工法の場合
出入隅角処理
出入隅角部の標準的な納め方です。図のように納めた後に
コーナーパッチを取り付けて下さい。
出隅角
立上りが接着工法の場合
立上り入隅角
入隅角
材料・施工関連
入隅角
FLテープ
出隅角
立上り出隅角
33 施工注意事項
34
断熱工法の注意点
IHディスクにはリベットルーフの固定だけでなく、断熱材の反
り防止の目的もあります。建物の形状や基礎廻りでは一般部と
断熱材の敷設方向が変わることがありますが、そのような場合
でも「断熱材の四隅」と「各辺の中央」には必ずディスクを取
り付けて下さい。
樹脂アンカー挿入位置に注意して施工
して下さい。
樹脂アンカーは適切な位置に挿入されていないと所定の強度を
発現しません。断熱工法では挿入位置を目視確認できないので
特に注意して下さい。
「作業がすすむ君」を使用すると確実な施工が可能です。
P.44参照
正しい位置
ステンレスビスが樹脂アンカーを貫通し、ア
ンカーの先端・ボディ部共に十分に拡張して
いる。
この部分にもIHディスクを
取り付ける。
ステンレスビスが樹脂アンカーの先端まで
届いていないため、アンカーが十分に拡張
していない。
浅すぎ
樹脂アンカーが断熱材の中にあるため所定
の強度は得られない。
※このページの図はステンレスビスと樹脂アンカーの位置関係を説明するため のイメージです。実際の状態とは異なります。
材料・施工関連
落ち込みすぎ
35 施工注意事項
36
誘導加熱装置使用上の注意
※ 詳しくは、誘導加熱装置に同封されている「取扱説明書」を必ずお読み下さい。
・始業前点検時に!
延長コードの長さが40m以下であるか。
電源∼延長ドラム(延長コード)∼誘導加熱装置までの距離(コード
の)は40m以下にして下さい。
40m以上になる場合は必ず昇圧機を使用し下さい。
昇圧器
作業を行う場合はIHディスクとシート片で数回加熱、
圧着作業を行い、正常な状況を確認した後、本作業を行
って下さい。この時、IHディスクはかなり高温になるので、
コンクリートなどの上で行って下さい。
40m以上の場合。
電圧が85∼115Vの範囲にあるか確認して下さい。
目視確認!
圧着作業が終われば、接合が正しく行われているか目視確認します。
接合作業が正しく行われているどうかの見分け方は以下の通りです。
発電機の供給電力は2.0kVA以上あるか。
正常な場合
圧着するとこのようになります。
※写真はシートの厚さが1.5mmの場合
です。2mmの場合は外周部の輪
かくが、ややぼやけて見えることがあ
ります。
異常が認められる場合
外周部の輪郭が
ぼけて見える
IHディスクの外周、内周の輪郭が
見えなかったり、ぼやけたりしている。
原因:加熱及び圧着不足
対処:ディスクが冷えた後、再度
加熱し、速やかに圧着する。
再加熱はシ−トが冷却されたのを
確認してから行って下さい。 同じ箇所を何度も加熱するとシートを変形(溶かす)させます。この場合
シートに損傷をきたし、クレームにつながる恐れがあります。
電源が近くにない場合は、発電機(インバーター付)を用意して下さ
い。発電機の供給電力2.0kVA以上。よく解らない場合は専門(リー
ス)業者等にご相談下さい。
加熱出力設定の確認はできているか。
加熱出力設定は「HIGH」と「LOW」があります。設定の切換は外気温によ
り行いますが、目安としては、
「LOW」は夏期、
「HIGH」は春、秋、冬です。
始業前点検時の接合具合を参考にして決めて下さい。
材料・施工関連
外周部輪郭
●シート表面に異常が無い。
●外周部の輪郭が見える。
●IHディスクの形状を確かめるように
37 施工注意事項
38
・本作業の時に!
加熱不良を生じた場合は、
「ピッ、ピッ、ピッ」と単音(6回)
で警告音が鳴ります。
加熱ホルダーとIHディスクの位置を確認してから、加熱
を始めて下さい。
ディスクの温度が上
がっていると過加熱
となり、シートが溶け
ることがあります。
加熱前
加熱ホルダーがズレてい
ると誘導加熱装置が作
動しません。
加熱ホルダー
加熱完了後、速やかにIHシリコンパッドを使い、両手で
圧着すること。
シートの下に設置
(固定)されたIHディスク
加熱後
体重をかけて
両手で加圧
材料・施工関連
圧着時間は
5 秒以上!
加熱ホルダーを押えながら可動スイッチを押す。
加熱中は加熱ホルダーを押えたままにする。
IH工法専用「IHシリコンパッド」
圧力
加熱ホルダーを押えな
がら可動スイッチを押
します。ランプが点灯
し、1秒以内に加熱が
開始されます。
可動スイッチ
サイズ:φ120mm
IH工法は、誘導加熱作
業後の、圧着が非常に
重要です。IH工法専用
「IHシリコンパッド」を
使用することにより、安
定した圧着作業が容易
に行えます。
39 施工注意事項
40
IHシリコンパッドの位置が片寄っていたり、片寄った部分
に力をかけたりすると均一に加圧されません。
・装置がうまく作動しない時!
加熱作動しない、加熱中に突然停止するなどの症状がおこる場
合、安定した電力供給ができていない可能性があります。
ひざや足での
圧着は禁止!
加
圧
ひざや足による圧
着 は 、ず れ が 生じ
たり、均 一な 加 圧
が行えない。
加圧
その場合には.....
テスターで電圧が85∼
115Vの範囲にあること
を確認する。
夏期の炎天下でのIHシリコンパッド使用は、シート
表面に「てかり」が発生させる場合もあります。その
場合は、IHシリコンパッドの使用を止め、手による圧着
を行って下さい。
※「てかり」が発生する場合は水を含ませた布等を
使用し圧着させると効果的です。
どちらにもあてはまらず、よく解らない場合は
アーキヤマデ(株)技術開発部までご相談下さい。
☎ 06-6385-1265
材料・施工関連
発電機を使用している場
合は、出力2.0kVA以上
のものか確認する。
41 施工量の目安
42
FL鋼板の規格
▼印方向は、塩ビ被覆面を示す。
7穴/本
50
▼
約60∼75m2/缶
FLシール
約75∼80m /缶
▼
25
45°
専用ジョイント板あり
長さ70mm
AYテックスA
安全率 300%
一般部
厚さ0.5mm
∼0.7mm
30∼40m2/セット
厚さ1mm
20m2/セット
7.5m /セット
2
40
35
55
20
20
20
55
20
15
20
FLA-15
FLP-4LCS
FLA-13LCS
ALCパネル入隅用
LCS工法用
LCS工法用
5穴/本
110
=1,795mm
25
25
AYテックスB
厚さ5mm
3m2/セット
厚さ10mm
1.5m2/セット
50
FLAS-5
7穴/本
70
▼
45°
専用ジョイント板あり
長さ70mm
FLAS-7
5穴/本
受注生産品
▼
50
30
20
▼
40
FLAS-8R
12穴/本
60
20
12穴/本
R5
95°
40
5穴/本
120∼150m /缶(セメントは別途必要)
15
AYプライマー685
FLAS-16
FLAS-13
▼
5穴/本
10
20
27
FLAS-6
30
2
20
▼
FLAS-2
7穴/本
40°
30
25
50
▼印方向は、塩ビ被覆面を示す。
FLPS-4
10
7穴/本
▼
▼
FLステンレス鋼板
54
50
7穴/本
15
85
10
27
▼
30
20
50
20
厚さ2mm
55
受注生産品
▼
95°
20
IHディスク工法は2,700N
FLディスク工法は3,000N
20
▼
▼
外周部
LCS工法
5穴/本
R5
20
一般部
安全率 200%
▼
35
50
60
外周部
20
FLA-14R
40
歩行断熱工法
(RC下地)
30
R5
95°
40°
12穴/本
60
5穴/本
45
一般部
FLA-13N
12穴/本
10
安全率 200%
FLA-8RN
約3.7
枚/m2
約4.44
枚/m2
約3.33
枚/m2
約4.83
枚/m2
約3.62
枚/m2
20
▼
40
外周部
約4
枚/m2
約2
枚/m2
40°
50
40
50
20
▼
60
20
FLAS-17
12穴/本
受注生産品
受注生産品
20
6穴/本
135°
60 4
0
135°
30
▼
40
60
20
▼
40
60
20
材料・施工関連
断熱工法
(RC下地)
約2.78
枚/m2
約1.39
枚/m2
約3.7
枚/m2
約1.85
枚/m2
約3.33
枚/m2
約2.22
枚/m2
約3.62
枚/m2
約2.41
枚/m2
約3.33
枚/m2
約2.22
枚/m2
30
10
▼
60
アンカー固定工法 外周部
(ALC下地)
一般部
安全率 250%
強風
仕様
35
アンカー固定工法 外周部
(RC下地)
一般部
安全率 200%
標準
仕様
5穴/本
▼
工 法
FLA-7
FLA-6N
5穴/本
10
約1,000穴/セット
エポキシ樹脂EP-20
ディスク
FLA-5N
20
60
2
7穴/本
70
▼
100
50
25
10
AY溶着剤
25
50
55
25
10穴/本
受注生産品
35
約25∼30m /缶
AYボンド580NF
2
FLA-2N
FLP-100
FLP-4
目安
45
品名
43
44
ヒットホール
専用工具
●FL鋼板、FLステンレス鋼板に
簡単かつスピーディーに皿穴加
工(φ6)出来る専用工具です。
●重量 : 980g
●材質 : 本体/ステンレス製
ピン/ダイス鋼
●交換ピンもあります。
交換ピン
ラピットSⅡ
定規・下敷セット
●AY溶着剤専用の刷毛付き溶着器
定規(3種類)
●サイズ:5mm×45mm
●長さ:1,300mm・500mm 200mm
●材質:アルミ製
清掃用
ピアノ線付
ジョイントチェッカーSN
●防水層端部、シートジョイントの
チェックと補修の際に使用します。
下敷(3種類)
●サイズ1.5mm×80mm
●長さ:1,300mm・500mm
200mm
●材質:ステンレス製
プラグセット工具
材料・施工関連
圧着板
●シートジョイント溶着後の圧着補助に
使用します。
●セット販売です。
作業がすすむ君
●断熱工法においては、樹脂アンカ
ーが 所 定の 位置に設 置されている
かの確認が困難です。プラグセット
工具「作業がすすむくん」なら樹脂
アンカーの下地への確実な取付け
が可能です。
●可変アダプタサイズ:
20mm用、25mm用、30mm用
35mm用、40mm用、50mm用
ジョイントウォーマー ヌック
●低温時におけるシートジョイント
部分の加熱により溶剤溶着作業が
容易になります。
●製品長さ(450mm)のジョイン
ト部分を10秒間加熱することによ
り、ジョイント部表面温度0℃が約
25℃まで上がります。
●サイズ : 長さ450mm ・ 幅100mm
●材質 : アルミニウム製
●付属品 : 溶剤ボックス
可変アダプター
45 目次
46
耐風圧設計
屋根への風圧
建物の屋根に風が吹くと、屋根を持ち上げようとする力(負圧)が働きます。強
風により、瓦などの屋根ふき材が飛ばされたり、防水層がめくれ上がったりす
るのは、
この負圧による現象です。
屋根を持ち上げようとする力
負の風 圧
固定力
単 位 面 積 あたり
耐風圧設計
となるような 設 計 をしています。
風圧力<固定力
風圧力
IHディスク
例
IHディスク
B
A
A
IHディスク1個/A×Bm 2
IHディスク2 個/A×Bm 2
リベットルーフ防水アンカー固定工法は、風圧力に耐える強度設計を行い、
IHディスクの固定強度を計算します。 の最も低い強度をIHディスク
1 2 3
部の固定強度としています。
※アンカーの引抜き強度は、コンクリート
下地にAY樹脂アンカーを使用した場
合の試験値です。
※実現場での引抜き強度試験が必要です。
※2700N/ 箇所を下まわる場合は、その
値をIHディスク部の固定強度とし再
検討する必要があります。
1 誘導加熱接合強度
2,700N
2 ディスクからの
アンカー抜け強度
4,900N
3 アンカーの引抜き
強度
3,900N
IHディスク
資 料
固定力
IHディスク
B
47 耐風圧設計
48
標 準・強 風・超 高 層 仕 様 の 分 類
風圧力計算は、建物高さ、短辺長さ、屋根形状、基準風速、粗度区分に基づき
屋根部位に作用する風圧
負圧の力は建築基準法により屋根の形状によって「一般部」
「周辺部」
「隅
角部」などに分かれ、それぞれについて耐風圧強度が異なります。
計算します。従来の耐風圧の考えは、工法ごとに区分し、建物高さや立地を考
慮せず一律に同じ固定強度となるよう設計していました。耐風圧設計におい
ては、その条件の中から建物高さ、基準風速、粗度区分と建物の下地によって
カテゴリー分けし、防水仕様ごとに「標準仕様」
「強風仕様」
「超高層仕様」を
0.1a
短辺長さと建物高さの2倍の数値の小さい方を
aとし、0.1a≧3mの場合は一律3mと考える。
隅角部
周辺部
隅角部
設定しました。
周辺部
一般部
1.
建物高さ
2.
基準風速
3.
粗度区分
仕様
強風
仕様
一般部
弱
風圧の強さ
4.
建 物 の 下地
2.
標準
強
超高層
仕様
基準風速
建築基準法に準拠し基準風速を
5つのカテゴリーに区分しています。
■ 標 準 風 速 地 図 Vo(m / 秒)
1 . 建物高さ
45m<H
高層建築物
38m<H≦45m
オフィスビルなど
28m<H≦38m
マンションなど
20m<H≦28m
倉庫・研究所など
H≦20m
学校など
資 料
勾配屋根やボールト状の屋根の場合は、建物の高さと軒の高さの平均値を
建物高さとし、5つのカテゴリーに区分しています。
Vo=30
Vo=32
Vo=34
Vo=36
Vo=38
Vo=40
Vo=42
Vo=44
Vo=46
32m/s 以下
34m/s
36m/s
38m/s
40m/s 以上
49 耐風圧設計
3.
50
都市計画区域内
粗度区分
<地表面粗度区分Ⅱ・Ⅲの区分>
建設地の地形や周辺環境も建物へ吹く風の強さに大きな影響を及ぼすため、
建物高さ
このような環境の違いを
「地表面粗度」
という指標で表現します。
■地表面粗度区分Ⅰ
対岸まで
1,500m以上
海上など、ほとんど障害物が無い平坦地。
例:海岸地域、海上
31m
13m
■地表面粗度区分Ⅱ
田園地帯や草原。または低層建築物中心の平坦地。
例:田園地帯、沿岸地帯
■地表面粗度区分Ⅲ
0m
樹木・低層建築物が密集、もしくは、中層建築物が散在する地域。
200m
500m
例:森林地帯、工場地帯、都市周辺の住宅地
■地表面粗度区分Ⅳ
4.
都市化の極めて著しい地域。
例:大都市
特定行政庁がⅠと指定
都市計画
区域外
指定されていない
建物高さ
13mを超える
13m以下
都市計画
区域内
RC下地
アンカー固定工法
アンカー固定断熱工法
建物高さ
13m以下
※本ハンドブックでは粗度区分 ・
のみ規定しています。
アンカー固定工法
(非歩行仕様・歩行仕様)
金属下地
指定されていない
13mを超える
ALC下地
資 料
特定行政庁がⅣと指定
建 物の下 地
LCS工法
LCS-R工法
51 耐風圧設計
※超高層仕様は、風速40m/s以上と同じく個別対応とします。
標準・強風仕様の区分
RC 下地
※ディスクピッチについては耐風圧ガイドブックを参照してください。
※粗度区分Ⅱ・Ⅲ以外や超高層仕様、個別対応についてはご相談ください。
RC 下地
非 断 熱 仕 様・アン カ ー 固 定 工 法
粗度区分Ⅲ
基準風速
建物高さ
32m/s以下
34m/s
36m/s
38m<H≦45m
強風仕様
38m/s
28m<H≦38m
H≦20m
以上
基準風速
建物高さ
32m/s以下
34m/s
標準仕様
38m/s
40m/s
38m/s
40m/s
38m<H≦45m
標準仕様
28m<H≦38m
以上
非歩行 P.5
参照
歩行 P.7
20m<H≦28m
短辺18m 未 満 は P . 2
参照
短辺18m 以 上 は P . 3
36m/s
超高層仕様
45m<H
(P.4 参照)
20m<H≦28m
40m/s
個別対応
超高層仕様
断 熱 仕 様・アン カ ー 固 定 工 法
粗度区分Ⅲ
個別対応
45m<H
52
H≦20m
※風の影響が懸念される場合、
リベットルーフSWを使用してください。
粗度区分Ⅱ
32m/s以下
34m/s
36m/s
38m/s
40m/s
以上
基準風速
建物高さ
45m<H
45m<H
超高層仕様
28m<H≦38m
強風仕様
38m<H≦45m
20m<H≦28m
H≦20m
36m/s
以上
超高層仕様
強風仕様
28m<H≦38m
(P.4 参照)
H≦20m
34m/s
標準仕様
非歩行 P.5
歩行 P.7
参照
非歩行 P.6
参照
歩行 P.8
個別対応
個別対応
38m<H≦45m
20m<H≦28m
32m/s以下
資 料
基準風速
建物高さ
粗度区分Ⅱ
53 耐風圧設計
※超高層仕様は、風速40m/s以上と同じく個別対応とします。
ALC 下地
非 断 熱 仕 様・アン カ ー 固 定 工 法
金属 下地
54
断 熱 仕 様・ アンカー固定工法/接着工法
※超高層仕様、個別対応は、FLボードMSの固定ピッチが密になります。
粗度区分Ⅲ
基準風速
建物高さ
32m/s以下
34m/s
粗度区分Ⅲ
36m/s
38m/s
40m/s
以上
対応不可
45m<H
強風仕様
38m/s
※1
(P.12 参照)
28m<H≦38m
40m/s
以上
※1
強風仕様
(P.9 参 照 )
36m/s
超高層仕様 ※1
38m<H≦45m
標準仕様
34m/s
個別対応
20m<H≦28m
32m/s以下
45m<H
38m<H≦45m
28m<H≦38m
基準風速
建物高さ
20m<H≦28m
(P.10参照)
標準 仕様
H≦20m
H≦20m
(P.11 参照)
※1 FLボードMSを使用した接着工法
粗度区分Ⅱ
基準風速
32m/s以下
34m/s
36m/s
38m/s
40m/s
以上
基準風速
建物高さ
45m<H
38m<H≦45m
38m<H≦45m
対応不可
28m<H≦38m
20m<H≦28m
H≦20m
強風仕様
(P.10 参照)
28m<H≦38m
20m<H≦28m
H≦20m
※1 FLボードMSを使用した接着工法
34m/s
36m/s
38m/s
40m/s
以上
超高層仕様 ※1
強風仕様 ※1
(P.12 参照)
個別対応
45m<H
32m/s以下
※1
資 料
建物高さ
粗度区分Ⅱ
Author
Документ
Category
Без категории
Views
3
File Size
2 670 Кб
Tags
1/--pages
Пожаловаться на содержимое документа