close

Enter

Log in using OpenID

3.05.3(06) ブレース(応力設計)

embedDownload
第 3 章 モデリングフェーズの操作
3.5.3 (6) ブレース
画面名:応力・設計プロパティ
タブ名:応力解析条件
メニュー :編集-部材プロパティ-応力・設計(ブレース選択時)
画面イメージ
フェーズ:モデリング
分
類:プロパティシート
ボ タ ン:
HP450
説明
Link
・応力解析の部材の条件を入力する。
・断面増大率の基準は長方形断面である。
・モデル化
鉛直モデル:長期鉛直荷重時応力解析モデル
水平モデル:短期荷重時応力解析モデル
解析モデルに無効とした部材に定義されている荷重(自重も含め)は節点荷重とし
て保存される。
鉛直に有効とするとブレースが鉛直荷重を負担するので注意すること。
・弾性・NL 解析時特性指定は 1 次設計用非線形(NL)解析時(NL1~4)に当該部材の
降伏を「降伏無視」又は「降伏考慮」でモデル化する指定である。
1次設計は許容応力度に収まっていなければならない。非線形(NL)解析時の降伏考
慮部材は降伏していないか、結果に注意すること。
特性指定の詳細は次頁を参照。
・形状係数は弾性・非線形(NL)解析時のせん断剛性に効く。
・端部条件は「固定」
「ピン」から選択する。ばね定数(k=)は入力不可。
ここでの指定は部材断面の指定(断面形状プロパティ)とは独立している。剛接に
できない断面(丸鋼等)でも自動的にピンにはならない。ここで必ず指定する必要
がある。水平ブレースはピン接合引張ブレースに固定される。
断面との関係は詳細は次頁を参照。
理論編:4.3.2 上部架構解析
次頁あり
C-3.5.3(6)-1
第 3 章 モデリングフェーズの操作
*非線形(NL)解析時特性指定は「1 次設計用応力解析の方法」により下表のような作用になる。
表 非線形(NL)解析時のブレースの特性
非線形(NL)解析時特
性指定ラジオボタン
コンボの指定
引張りのみ
降伏無視を選択
圧縮有効
引張りのみ
降伏考慮を選択
圧縮全強
圧縮座屈
耐力低下
1次設計応力解析の方法
弾性の場合
非線形(NL)の場合
引張・圧縮弾性
引張=弾性
剛性を 1/2 し、2倍の応 圧縮耐力=0
力で断面計算
引張・圧縮弾性
引張・圧縮弾性
引張・圧縮弾性
引張=引張耐力
剛性を 1/2 し、2倍の応 圧縮耐力=0
力で断面計算
引張=引張耐力
圧縮=引張耐力
引張=引張耐力
引張・圧縮弾性
圧縮=座屈耐力
引張=引張耐力
圧縮=座屈後耐力低下
1 次設計用応力解析の方法は建物共通->応力・設計->応力解析条件で指定する。
*断面検定時の許容応力度は下表のように設定される。弾性・非線形(NL)解析結果共通で断面検定
時に設定されるので、注意する。
(例えば、降伏考慮かつ圧縮全強を選択した場合、弾性解析の結果
に対しても許容圧縮応力度は ft で断面検討する。
)
表 断面検定時の許容応力度(弾性・非線形(NL)共通)
非線形(NL)解析時特
性指定ラジオボタン
降伏無視を選択
降伏考慮を選択
断面検定時の許容応力度
引張側
圧縮側
コンボの指定
引張りのみ
ft
-
圧縮有効
ft
fc
引張りのみ
ft
-
圧縮全強
ft
ft
圧縮座屈
ft
fc
耐力低下
ft
fc
C-3.5.3(6)-2
第 3 章 モデリングフェーズの操作
*ブレースの断面と設計時の扱い
表 使用断面と設計時の扱い
断
面
全ての種類
H、□、○
[
L、-、
・
剛接合
圧縮全強 座屈耐力
○
-
○
○
△**
△**
△**
△**
圧縮全強
○
○
○
×
ピン接合
座屈耐力
-
○
○
×
引張ブレース
-
○
○
○
** チャンネル、アングル~丸鋼は剛接ブレースは構成できないが、部材端条件は自動的に
ピン設定にはならないので注意すること。剛接ブレースとしての断面設計はできないの
で設計不能となる。安全限界、保有耐力計算はH型鋼に近似して計算される。
*** 水平ブレースはピン接剛引張ブレースに固定される。
C-3.5.3(6)-3
第 3 章 モデリングフェーズの操作
3.5.3 (6) ブレース
画面名:応力・設計プロパティ
タブ名:設計共通条件
メニュー :編集-部材プロパティ-応力・設計(ブレース選択時)
画面イメージ
フェーズ:モデリング
分
類:プロパティシート
ボ タ ン:
HP325
説明
・設計/検定しないをチェックすると、このタブ以降の項目は全て入力不可となる。
・設計/検定指定を検定とすると、一貫設計時にも当該部材は検定計算される。
・横座屈長さは入力しなければ部材長になる。なお、X型ブレースの交点は部材端で
はない。
・設計フェイス位置は寸法基準点(格子点)からの寸法を指定する。
フェース寸法
フェース寸法
フェース寸法
FL
移動格子点
FL
通心
Link
寸法基準点
通心
理論編:5.4.1 Sブレースの設計
C-3.5.3(6)-4
フェース寸法
FL
フェース寸法
FL
通心
通心
第 3 章 モデリングフェーズの操作
3.5.3 (6) ブレース
画面名:応力・設計プロパティ
タブ名:設計応力
メニュー :編集-部材プロパティ-応力・設計(ブレース選択時)
画面イメージ
フェーズ:モデリング
分
類:プロパティシート
ボ タ ン:
HP352
説明
Link
・建物共通の応力組合せで設定したものから、この部材の設計用応力組合せを選択す
る。
・係数は建物共通なので、部材毎には変更できない。
・設定していない荷重ケースの列はグレー表示となる。
理論編:5.4.1 Sブレースの設計
C-3.5.3(6)-5
第 3 章 モデリングフェーズの操作
3.5.3 (6) ブレース
画面名:応力・設計プロパティ
タブ名:応力調整
メニュー :編集-部材プロパティ-応力・設計(ブレース選択時)
画面イメージ
フェーズ:モデリング
分
類:プロパティシート
ボ タ ン:
HP307
説明
Link
・部材単位に設計用応力の調整係数を荷重ケース別に入力する。
設計用応力は設計応力組合わせ時に各ケースの応力に応力調整係数を乗じたもので
ある。
・応力を1.5倍したい場合は「1.5」と入力する。
・この指定は架構応力には影響しない。応力図及び部材応力表は調整前の値で表示さ
れる。
・設定していない荷重ケースの列はグレー表示となる。
理論編:5.4.1 Sブレースの設計
C-3.5.3(6)-6
第 3 章 モデリングフェーズの操作
3.5.3 (6) ブレース
画面名:応力・設計プロパティ
タブ名:鉄骨
メニュー :編集-部材プロパティ-応力・設計(ブレース選択時)
画面イメージ
フェーズ:モデリング
分
類:プロパティシート
ボ タ ン:
HP344
説明
Link
・断面について、算定計算時の検討範囲の最小値、最大値と範囲を指定する(設計ル
ール)
。検定には影響しない。
1次設計応力解析の条件は断面・形状プロパティの「初期断面」による。
算定計算での断面計算は初期断面とは別に、ここでの最小値から計算される。
・断面積低減率はアングル材ではフランジが有効になる。
・幅厚比指定は算定時の検討範囲の最大幅厚比をランクで指定する。
・「初期断面と同じ系列」チェックボックスをチェックすると最小断面が初期断面と
なり、算定計算検討範囲を同じ形鋼種別内に制限する。最大断面の選択リストも同
形鋼種別になる。
形鋼種別と最小断面、鋼材種別・強度は入力不可となる。
・組立材の時のみ「ウエブのみ」が入力できる。
・算定計算の検討ピッチは形鋼は1サイズ、組立材の板厚はレギュラー板厚ピッチ、
幅は 50mm で固定されている。
・断面積有効率は、断面設計に考慮される。保有耐力算定時の部材強度には考慮され
ないので注意すること。
理論編:5.4.1 Sブレースの設計
C-3.5.3(6)-7
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
191 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content