close

Enter

Log in using OpenID

Catalyst スイッチ GigaStack の設定と考慮事項

embedDownload
Catalyst スイッチ GigaStack の設定と考慮事項
目次
概要
前提条件
要件
使用するコンポーネント
表記法
ケーブル設定
ポイントツーポイント接続
カスケードされたスタック接続
冗長リンクを使用するカスケードされたスタック接続
Cross-Stack UplinkFast 機能の使用
トラブルシューティング
関連情報
概要
GigaStack Gigabit Interface Converter(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)は、シスコ専売の GBIC です。
GigaStack GBIC は、サポートされているデバイス間の高帯域幅接続を低価格で実現します。 ギガビット接続は、冗長性の有無に
かかわらずポイントツーポイントまたはカスケード スタック構成で設定することができます。
GigaStack GBIC を使用すると、最大 9 台のスイッチを接続して 1 つのスタックを構成し、独立したバックボーンとして、1 つ
の IP アドレスで管理できます。 ネットワーク管理の観点では、このようなスタックは 1 つの大規模スイッチとして扱われま
す。 また、2 台のスイッチ間でポイントツーポイントのリンクを確立することもできます。 GigaStack GBIC は、他のギガビッ
ト イーサネット デバイスとの間で 1 つの全二重リンク(ポイントツーポイント構成)、または最大 8 つの半二重リンク(スタ
ック構成)をサポートします。
この文書では、動作可能な構成を保証する手順、および構成ミスによって発生する可能性のある問題について、概要を説明しま
す。
前提条件
要件
次の表は、GigaStack GBIC をサポートする Cisco スイッチと、冗長ループ構成をサポートする IOS を示しています。 冗長ルー
プ構成は、以前のリリースではサポートされていません。 GigaStack GBIC は Catalyst 4000、Catalyst 5000、および Catalyst
6000 の製品ラインではサポートされていません。
モデル
GigaStack をサポー
トするために必要な
ミニマムリリース
ループ 検出に必
最小はリリース
要なミニマムリリ
を推奨します
ース
Catalyst 2912MF
11.2(8)SA6
XL
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 2924M
XL
11.2(8)SA6
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 2924M
XL DC
12.0(5)XU
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst WSX2931-XL
11.2(8)SA6
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 3508G
XL
11.2(8)SA6
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 3512XL 11.2(8)SA6
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 3524
XL
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
11.2(8)SA6
Catalyst 3524
PWR XL
12.0(5)XU
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 3548XL 12.0(5)XP
12.0(5)XU
12.0(5)WC3b
Catalyst 2950G12.1(6)EA2
12-EI
12.1(6)EA2
12.1(6)EA2c
Catalyst 2950G12.1(6)EA2
24-EI
12.1(6)EA2
12.1(6)EA2c
Catalyst 2950G12.1(6)EA2
24-EI-DC
12.1(6)EA2
12.1(6)EA2c
Catalyst 2950G12.1(6)EA2
48-EI
12.1(6)EA2
12.1(6)EA2c
Catalyst 355012G
12.1(6)EA1
12.1(6)EA1
12.1(8)EA1c
Catalyst 355012T
12.1(4)EA1c
12.1(4)EA1c
12.1(8)EA1c
Catalyst 355024-SMI Catalyst 12.1(6)EA1a
3550-24-EMI
12.1(6)EA1a
12.1(8)EA1c
Catalyst 355024-SMI-DC
12.1(6)EA1b
12.1(6)EA1b
12.1(8)EA1c
Catalyst 355048-SMI Catalyst 12.1(8)EA1b
3550-48-EMI
12.1(8)EA1b
12.1(8)EA1c
注:同一シリーズのスイッチはすべて、同じソフトウェア バージョンにアップグレードしてください。 異なるバージョンが混在
していると、ループブレーク アルゴリズムが解決されない場合があります。 たとえば、スタックが Catalyst 2900 シリーズ
XL および 3500 シリーズ XL スイッチだけ含まれていれば、リリース 12.0(5)XU またはそれ以降を実行する必要があります。
スタックが Catalyst 2900 シリーズ XL、3500 シリーズ XL、2950 および 3550 のスイッチの混合物が含まれていれば、すべて
の 2900 XL および 3500XL スイッチはリリース 12.0(5)xw または それ以降を実行する必要がありますすべての 2950 スイッチ
は 12.1(6)EA2 またはそれ以降を実行しすべての Catalyst 3550 スイッチはモデルによってソフトウェアリリース 12.1(4)ea1
またはそれ以降のバージョンを、実行する必要があります。
使用するコンポーネント
GigaStack GBIC は、サポートされているスイッチの GBIC モジュール スロットにのみ取り付け可能なアダプタです。 GBIC 同士
を接続する場合の最大距離は 1 m です。 GigaStack GBIC には、シスコ独自のシグナリングと配線が必要となります。 各
Gigastack GBIC は 2 つのポート、ポート 1 およびポート 2.で構成されています。 1 つのまたはポートは両方ともケーブルコ
ンフィギュレーションによって、使用することができます。
GBIC: WS-X3500-XL(Cisco GigaStack GBIC および GigaStack GBIC 用 50 cm ケーブル)
ケーブル: CAB-GS-1M (1 メートル cable/39.3696 インチ)
ケーブル: CAB-GS-50CM (50 センチメートル cable/19.6850 インチ)
注意:Gigastack GBIC と標準 IEEE 1394 ケーブルを使用しないで下さい。 必ず、いずれかのシスコ製ケーブル(CAB-GS50CM または CAB-GS-1M)を使用してください。 他のどのケーブルも使用する場合、接続を持っていません。
注意:標準 IEEE 1394 機器と Gigastack GBIC を使用しないで下さい。 機器の損傷やデータの損失が起こる可能性があり
ます。
表記法
ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。
ケーブル設定
どんな動作モードが行われるか理解することは非常に重要物理的に GigaStack GBIC を接続する方法をであり。 各物理的コンフ
ィギュレーション is is は幾分別様にケーブル接続し、スイッチ毎に複数の GigaStack の使用を必要とするかもしれません。
従う失敗は接続切断という結果に終るかもしれません。 GigaStack GBIC の接続には、次の 3 通りの方法があります。
ポイントツーポイント
カスケード スタック
冗長リンク付きカスケード スタック
GigaStack GBIC はオート ネゴシエーションによって全二重と半二重のどちらかに設定されます。 動作モードは、ケーブルの接
続方法とスタックに存在するスイッチの数によって決まります。
二重が強制である場合もあるがサポートされないことに注目して下さい。 二重モード用にサポートされているオプションは、オ
ートネゴシエーションだけです。
ポイントツーポイント接続
ポイントツーポイント接続は、スイッチあたり 1 つの GigaStack GBIC で構成され、これらのモジュール間には 1 つの接続しか
存在しません。 GigaStack の余りのポートは使用されませんが、このポートを他のデバイスに接続しないでください。 この設定
では、GigaStack インターフェイスは全二重に自動的にネゴシエートします。 隣接スイッチに対して別個の GigaStack のポート
を 1 つずつ使用すれば、1 台のスイッチで隣接スイッチと複数のポイントツーポイント接続を確立できます。
ポイントツーポイント オペレーションでは、どんなによってポートが相手のポートに接続されるか重要ではありません。 たとえ
ば、スイッチA の GigaStack ポート 1 はスイッチ B の GigaStack ポート 2 に接続することができます。
カスケードされたスタック接続
カスケードされたスタック コンフィギュレーションはスイッチ毎に 1 Gigastack GBIC で構成されています。 マルチ接続はこれ
らのモジュールの間にあります。 スイッチ毎に 1 つのモジュールの使用によって、スイッチごとの GigaStack 1 モジュールだ
けを使用して 3 つおよび 9 つのスイッチの間で相互接続できます。 スイッチ間の対向するポート番号を接続することによっ
て、スイッチ間でケーブルがデイジーチェーン方式で接続されます。 つまり、ポート 1 を隣接スイッチのポート 2 に接続する
ということです。以降、同様に接続します。 物理的な冗長性はありません。
この設定では、GigaStack すべてのインターフェイスは半二重に自動的にネゴシエートします。 GigaStack すべてのポートはリ
ピータとして機能し、1 Gbp チャネルを共有します。 すべてのスイッチで共有されたギガビット接続は、マルチドロップ バック
ボーンと呼ばれます。
注意:GBIC は敏感スパイクに動力を与えるためにです。 デバイスに電源を調整することを GBIC 失敗を防ぐ助言します。
冗長リンクを使用するカスケードされたスタック接続
冗長リンクとのカスケードされたスタック 設定はスイッチ毎に 1 Gigastack GBIC で構成されています。 マルチ接続はこれらの
モジュールの間にあります。 スイッチ毎に 1 つのモジュールの使用によって、スイッチごとの GigaStack 1 モジュールだけを
使用して 3 つおよび 9 つのスイッチの間で相互接続できます。 スイッチ間の対向するポート番号を接続することによって、ス
イッチ間でケーブルがデイジーチェーン方式で接続されます。 つまり、ポート 1 を隣接スイッチのポート 2 に接続するという
ことです。以降、同様に接続します。 最初と最後のスイッチを接続すると、物理的な冗長性が生じます。 GigaStack すべてのモ
ジュールの各ポートに使用中の接続があります。
この設定では、GigaStack すべてのインターフェイスは半二重に自動的にネゴシエートします。 GigaStack すべてのポートはリ
ピータとして機能し、1 Gbp チャネルを共有します。 ループ構成はループ 検知アルゴリズムによって検出する、GigaStack モジ
ュールのリンクの 1 つは冗長リンクとして使用されます。 スタック内の他のリンクがすべて稼動している場合、冗長リンクはデ
ータ送信に使用されません。 スタック内の他のリンクがダウンした場合、冗長リンクでのデータ送信が自動的に可能になりま
す。 ユーザ 介入が必要となりません。
注:この構成は、スタック内のすべてのスイッチで、ループ検出メカニズムをサポートするソフトウェアが動作している場合にの
みサポートされます。
Cross-Stack UplinkFast 機能の使用
クロス-スタック UplinkFast (CSUF)は共用カスケードされた設定(マルチドロップ バックボーン)で接続される GigaStack
GBIC を使用するスイッチのスタックを渡るファースト スパニングツリー遷移(正常なネットワークの状態の下のより少しにより
1秒の速やかな収束)を提供します。 ファースト遷移の間に、スイッチのスタックの代替冗長リンクは FORWARDING 状態にバック
ボーンに一時的なスパニングツリーループか接続切断を引き起こさないで置かれます。 この機能を使用すると、一部の構成では
冗長ネットワークや復元力のあるネットワークを構築できます。 次に Catalyst 2900/3500XL、2950 および 3550 シリーズ スイ
ッチで最初にグローバル コンフィギュレーション モードで、および望まれる Gigastack インターフェイスのスパニングツリー
スタック ポート インターフェイスコンフィギュレーションコマンドを使用して spanning-tree uplinkfast コマンドを入力する
ことによって CSUF を有効に します。 catalyst スイッチ 3750 では、spanning-tree uplinkfast グローバル コンフィギュレ
ーション コマンドを使用して UplinkFast 機能をイネーブルにすると、CSUF が自動的にイネーブルになります。 CSUF 機能は、
スイッチが PVST を実行している場合にだけサポートされます。
注:2900xl と 3500xl スイッチで Cross-stack UplinkFast 機能をサポートするには、コード バージョン 12.0(5)XW 以上が必
要です。
CSUF がどのようにはたらくか
CSUF はスタックの 1 リンクがルートへのパスとして選ばれるようにします。 下記の図に示すようにアクセス層でスイッチを渡
る制御およびデータトラフィックを伝えるマルチドロップ バックボーンを形成するために、スイッチA、B および C は
Gigastack GBIC によってカスケードされます。 スタックのスイッチは互いに通信し、スタックにバックボーンを接続するのにス
タック ポートを使用します; スタック ポートはスパニングツリー転送状態に常にあります。 スイッチA のスタック ルート ポ
ートはスパニングツリーのルートにパスを与えます; スイッチ B および C の代替スタック ルート ポートはスパニングツリール
ートに現在のスタック ルート スイッチが失敗したか、またはスパニングツリールートへのリンクが失敗すれば代替パスを与える
ことができます。
A を、ルートリンク リンクして下さい、スパニングツリー転送状態にあります; リンク B および C はスパニングツリー閉鎖状
態にある代替冗長リンクです。 リンク A、スイッチA またはスタック ルート ポートが失敗すれば、CSUF はスイッチ B かスイ
ッチ C 交替スタック ルート ポートを選択し、より少しにより 1秒の FORWARDING 状態に入れます。
クロス-スタック UplinkFast トポロジー
CSUF はディスカバリ helloパケットの受信を通してスタック メンバーの隣接リストを作成するのにスタック メンバーシップ デ
ィスカバリ プロトコルを使用します。 (この文書の「ファースト コンバージェンスを引き起こすイベント」のセクションで説
明したような)特定のリンク損失またはスパニングツリー イベントが発生する場合、ファースト アップリンク移行プロトコル
は、隣接リストを使用して、スタック ポートで高速移行要求をスタック メンバーに送信します。
高速移行要求を送信しているスイッチは、ルート ポートとして選択されたポートの状態を、フォワーディング ステートへ高速移
行する必要があります。高速移行を実行する前に、このスイッチは各スタック スイッチから確認応答を取得する必要がありま
す。
スタックの各スイッチは送信 スイッチがよい選択より自体このスパニングツリー例のスタック ルート ルート、コストおよびブ
リッジID のことを比較によって行うためにだったかどうか確認します。 スタック ルートが、スタックの各スイッチ 確認応答を
戻すので送信 スイッチが最もよい選択なら; さもなければ、それは送信 スイッチに応答しません(パケットを廃棄します)。
この場合、送信側スイッチは一部のスタック スイッチからの確認応答を受信していないことになります。
すべてのスタック スイッチから確認応答を受信した場合、送信側スイッチのファースト アップリンク移行プロトコルはただち
に、そのスイッチの代替スタックルート ポートをフォワーディング ステートに移行します。 すべてのスタックスイッチからの
確認応答が送信 スイッチによって得られない場合、正常なスパニングツリー遷移(ブロッキング、受信し、学び、転送します)
起これば、スパニング ツリー トポロジは正常な比率(2 *転送遅延時間 + max-age 時間)でコンバージします。
ファースト アップリンク移行プロトコルは、VLAN ベースで実装され、一度に 1 つのスパニングツリー インスタンスにしか影響
を与えません。
速やかな収束を引き起こすイベント
ネットワークイベントか失敗によっては、CSUF 速やかな収束は発生しないかもしれないしまたはそうではないかもしれません。
速やかな収束(正常なネットワークの状態の下のより少しにより 1秒)はこのような状態で発生します:
スタックルート ポート リンクで障害が発生した。
スタックの 2 つのスイッチがルートに代替パスを備えている場合、スイッチの 1 つがファースト遷移を行います。
スタック ルートをスパニングツリーのルートに接続するリンクの障害が回復した。
ネットワーク 再構成は新しいスタック ルート スイッチの選択されるために原因になります。
ネットワーク 再構成は現在のスタック ルート スイッチの新しいポートをスタック ルート ポートとして選択します。
注:ファースト遷移は複数のイベントが同時に発生する場合発生しないかもしれません。 スパニングツリールートにスタック ル
ートを接続するリンクが戻って来る間、たとえば、スタック メンバー スイッチがオフになれば、正常なスパニングツリー 収束
は発生します。
正常なスパニングツリー 収束は次の状態の下に(30 から 40 秒)発生します:
スタックルート スイッチの電源がオフにされたか、ソフトウェアで障害が発生した。
電源がオフにされていたか、障害が発生していたスタックルート スイッチの電源がオンにされた。
スタック ルートになるかもしれない新しいスイッチはスタックに追加されます。
スタック ルート以外のスイッチはオフになるか、または失敗されます。
リンクはマルチドロップ バックボーンのスタック ポートの間で失敗します。
制限事項
次の制限事項が CSUF に適用されます。
CSUF は Gigastack GBIC を使用し、インストールされる 1000BASE-X モジュールがある GBIC モジュールスロットとすべて
の Catalyst 3550 スイッチ、すべての Catalyst 3500XL スイッチ、Catalyst 2950 スイッチとモジュラ Catalyst 2900
XL スイッチでだけ動作します。
マルチドロップ バックボーンへのスタック ポートを介して、最大 9 台のスタック スイッチを接続できます。 1 台のスイ
ッチにつき、スタック ポートは 1 つしかサポートされません。
各スタックスイッチは 1 アップリンクによってスパニングツリー バックボーンに接続することができます。
スタックが Catalyst 3550、Catalyst 3500 XL、Catalyst 2950 および Catalyst 2900 XL スイッチの組み合わせで構成さ
れていれば、有効に なる スパニングツリーとの 64 まで VLAN はサポートされます。 スタックが Catalyst 3550 スイッ
チだけで構成されている場合、有効に なる スパニングツリーとの 128 まで VLAN はサポートされます。
CSUF 機能は、スイッチが PVST を実行している場合にだけサポートされます。
スタックに Catalyst 2900 XL か Catalyst 3500XL スイッチがある場合、Catalyst 2900 XL または Catalyst 3500XL スイ
ッチのマネージメントVLAN が VLAN 1 (デフォルト)以外 VLAN に変更される場合クロス-スタック UplinkFast
(Catalyst 2955、Catalyst 2950、または Catalyst 2940 スイッチがまたある CSUF)は機能しません。 回避策はスタック
のすべての Catalyst 2900XL または 3500XL スイッチのマネージメントVLAN が VLAN 1. (CSCdv82224)に設定 されるこ
とを確かめることです
トラブルシューティング
次に、ケースバイケースのシナリオに基づいて、トラブルシューティングの手順を説明します。
よくある問題およびソリューションに関しては、次に挙げるドキュメントを参照して下さい:
よくある問題およびソリューション
GigaStack LED の説明に関しては、次に挙げるドキュメントを参照して下さい:
Gigastack GBIC LED
エラー メッセージ: NO_LOOP_DETECT
NO_LOOP_DETECT, GIGASTACK, LOG_ALERT, 0, The link neighbor of link %d of GigaStack
このエラー メッセージは、GigaStack GBIC のリンクの 1 つから受け取った GigaStack ループ検出要求に対して確認応答がない
ことを示しています。 近接のスイッチはアルゴリズムを壊す GigaStack ループをサポートしませんまたは 2 GigaStack GBIC 間
のリンクは壊れています。 この状況では、GigaStack ループ トポロジは自動的に検出されず、スタック内のスイッチ間の接続が
失われる可能性があります。
ループ トポロジーが GigaStack で使用される場合、最新のソフトウェアがスタックのすべてのスイッチで動作していることを確
かめて下さい。 確かめるために含まれる GigaStack GBIC を機能していますチェックして下さい。
、回避策のように存在 する ループが gigastack ループブレーク[interface-id]グローバル 設定 コマンドの発行なによって
Gigastack GBIC スタックでループブレーク アルゴリズムをディセーブルにすることができなければ。 これは、すべてのスイッ
チをアップグレードしてループ ブレークが使用可能になるまでの回避策です。
一方向だけのトラフィックフロー
IOS リリース 11.2(8.1)SA6 が動作している Catalyst 3500 XL スイッチまたは 2900 XL モジュラ型スイッチで GigaStack
GBIC を使用している場合、ケーブルを取り付けた後、または取りはずした後にトラフィック フローが単方向になるという問題が
生じる場合があります。 この問題は 11.2(8.2)SA6 以降では解決されています。
リンクがフラップし安定しない場合
2 台のスイッチが GigaStack GBIC で接続されていて、両端で強制的に全二重モードに設定している場合、リンクがフラップして
安定しない場合があります。 両端で自動二重モードに再設定しても、リンクは安定しません。 Razor の 1 つを再挿入した後、
リンクは最終的に安定します。 この現象はリンクのネゴシエーションが遮断された場合にも起こります。 二重は Gigastack
GBIC が挿入されるとき常にオート・ネゴシエートする必要があります。
interface コマンド デュプレックス オートの発行によってデュプレックスをオート・ネゴシエートするために GigaStack ポー
トを設定して下さい。 interface コマンド ネゴシエーション オートの発行によってリンクをネゴシエートするために
GigaStack ポートを設定して下さい。 設定が完了したら、GigaStack GBIC をいったん取りはずして取り付け直します。
GigaStack のネゴシエーション結果は、show interface コマンドで確認できます。 show interface コマンド出力の次の値があ
るように確認して下さい:
Auto-duplex (Half), 1000Mb/s, media type is CX_GIGASTACK
注:リンクおよびデュプレックス・オート・ネゴシエーションは GigaStack インターフェイスのためのデフォルト 設定です。
メッセージ: %GIGASTACK-6-LOOP_DETECTED
選択が GigaStack リンク ブロックされる冗長 な ループ構成では、別名マスタ ループ ブレーカは発生します。 すべての
GigaStacks のすべての LED は橙色に点滅します。 マスター ループ ブレーカーの選択が完了すると、ブロックされたマスター
ループ ブレーカーを除くすべての GigaStack の LED が緑色に点灯します。 ブロックされたリンクはオレンジ色に点灯します。
選択されたマスター ループ ブレーカーのスイッチには、次のメッセージが表示されます。
%GIGASTACK-6-LOOP_DETECTED: Gigastack GBIC in
is selected as Master Loop Breaker.
マスタ ループ ブレーカ Gigastack GBIC のリンク 2 はループを切断するためにディセーブルにされます。 マスタ ループ ブレ
ーカ ポートの show interface コマンドを発行することは次を表示する:
GigaStack module(0.1) in GBIC slot. link1 is up, link2 is redundant link.
これは正常な動作であり、このメッセージは単なる情報に過ぎません。 この時間の間に、リンクが複数回アップまたはダウンす
るのを参照するかもしれません。 This is normal behavior. ]
ループ ブレーク アルゴリズムは、GigaStack GBIC の間で A ポートと B ポートを使用して MAC アドレスを交換することで実行
されます。 ギグ ポートに MAC アドレス 00:d0:79:6b:ee:01 (00d0.796b.ee01)があれば選択の優先は、最も低いバイト順序に
よって反転させた MAC アドレスとのもの、マスタ ループ ブレーカになり、ポート 2.をたとえば無効にするために、バイト順序
によって反転させる MAC アドレスは ee:01:79:6b:00:d0 (ee01.796b.00d0)です。
マスタ ループ ブレーカを判別するために、反転させた MAC アドレスはマスタ ループ ブレーカとして最も高い重要性を持って
いて最初のチャンクが 7 つのデータビット チャンクに、分けられます。 ループ ブレーカは最も低い値の 7 データビット チャ
ンクです。 最初の 7 つのデータビット チャンクが同一である場合、ループ ブレーカになるまで次の 7 ビットを比較して下さ
い。
調べるためスイッチが B ポートをディセーブルにし、各スイッチの sh int gig x/y コマンドを発行し、括弧内の MAC アドレス
の注記を作る(BIA および MAC アドレスを言う)もの。 この情報を利用して、バイト順序反位操作を行い、次に最も低い値を検
出するために最初の 7 つのデータビット チャンクを比較して下さい。 最初 7 データビット チャンクの最も低い値の反転させ
た MAC アドレスはマスタ ループ ブレーカで、ディセーブルをポート 2。 最初の 7 つのデータビット チャンクが同一である場
合、非同一の比較値が検出することができるまで次のグループを比較して下さい。
関連情報
トラブルシューティング テクニカルノーツ
1992 - 2014 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Updated: 2014 年 10 月 19 日
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1003/1003148_150.html
Document ID: 22360
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
217 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content