close

Enter

Log in using OpenID

2_レッドリスト【動物】( pdf : 5346KB )

embedDownload
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
哺乳類
I-2-2 哺乳類
哺乳類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 35 種のうち 28.6%にあたる 10 種を選
定した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅危惧Ⅰ類はヤマコウモリ、ヒナコウモリの 2 種、準絶滅危惧はニ
ホンジネズミ、ヒミズ、キクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、ハタネズミ、カヤネズミ、ニ
ホンリス、ムササビの 8 種となっている。なお、絶滅、野生絶滅、絶滅危惧Ⅱ類、情報不足の該当種
はない(表 I-2-2 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅰ類の種群は、金華山北部、土居地区、加納地区の 3 メッシュで
記録がある。準絶滅危惧の種群は、金華山周辺、雛倉地区、安食地区周辺、椿洞地区周辺、山県地区
周辺などの 38 メッシュで記録がある。カテゴリーごとの分布状況は図 I-2-2 に示すとおりである。
表 I-2-2 哺乳類選定種一覧
カテゴリー区分
哺乳類
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
ヤマコウモリ、ヒナコウモリ
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
2
ニホンジネズミ、ヒミズ、キクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、
8
ハタネズミ、カヤネズミ、ニホンリス、ムササビ
情報不足
-
合
-
計
絶滅危惧Ⅰ類
10
準絶滅危惧
図 I-2-2 カテゴリー別分布状況(哺乳類)
- 86 -
ヤマコウモリ
Nyctalus aviator
<選定理由>
ヒナコウモリ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少
<種の概要> 日本の小型コウモリ類の中で最大種。翼を広げると 40cm にも
達する。背面の体毛は先端・基部とも明るい茶色で、光沢を帯びる。前腕長
58~65mm、頭胴長 89~113mm、尾長 51~67mm、体重 26~61g。市街地の社寺や
公園の大木から原生林まで広く生息する。ケヤキ、ブナ、スギなどの大木の樹
洞に群れですむ。日没近くになるとキチキチと鳴く。
哺乳類
<分布>[市内] 福光の民家、その周辺 4 キロ以内の神社と森林で記録がある。
[県内] 大野郡白川村、郡上市白鳥町に分布。
[県外] 北海道、本州(近畿以北)、対馬、壱岐、福江島、沖縄島に分
布。
ヒナコウモリ
Vespertilio sinensis
<選定理由>
撮影:梶浦敬一
ヒナコウモリ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:-
希少
<種の概要> 中型の大きさで、暗褐色の体毛に白っぽい長毛が混じって霜降
り状に見える。樹洞や海蝕洞を利用するほか神社や学校、民家などの建造物の
屋根裏や間隙をねぐらとして利用している。前腕長 45~54mm、頭胴長 60~
76mm、尾長 33~47mm、体重 13~29g。出産・哺育コロニーをつくる雌親は樹洞
で数十頭、建造物では 4,000 頭を超えることもある。
<分布>[市内] 加納で記録がある。
[県内] 高山市荘川町、大野郡白川村などに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
撮影:山本輝正
ニホンジネズミ
Crocidura dsinezumi
<選定理由>
トガリネズミ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> ネズミと名前がついているがモグラの仲間で、耳が大きく、鼻
がとがっている。背は暗褐色で腹は淡灰褐色。尾が長く、先に向かうに従って
次第に細くなっている。頭胴長 7cm 前後、尾長 5cm 前後、体重 8g。低地の湿
地や低木林に多く、落ち葉の下などに生息している。繁殖は 4~9 月に数回行
う。1 回につき、仔を 1~5 頭産む。日本固有種。
<分布>[市内] 達目洞、岩田東、彦坂、岩倉町で記録がある。
[県内] 東白川村、高山市国府町、大野町、美濃加茂市、郡上市白鳥
町、中津川市、下呂市、七宗町などに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
撮影:梶浦敬一
<特記事項> 湿地や池沼などが開発などにより減少しているほか、市内の低
木林などは土壌にチャートからなる小岩が多いため、本種の生息に適している
環境は少ない。このため生息数が極めて少ない。
ヒミズ
Urotrichus talpoides
<選定理由>
モグラ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 小型のモグラで、耳介はない。手はやや大きいが幅は長さより
小さい。尾は太く棍棒状で、頭胴長の 1/3 の長さをもち、比較的長い毛が生え
ている。背面は黒色か黒褐色で、腹面はやや淡色である。頭胴長 90~105mm、
尾長 27~38mm、後足長 13.8~16mm、体重 14.5~25.5g。平地から亜高山帯ま
での湿地や腐植層で半地下性の生活をしているが、地表にもよく出現する。昆
虫類やミミズ類などのほか植物の種子も食べている。湿地などの減少で生息域
がきわめて限定されている。日本固有種。
<分布>[市内] 彦坂、上雛倉で記録がある。
[県内] 高山市国府町、白川村、郡上市白鳥町、下呂市萩原町、下呂
市田口などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
草地や湿地の開発により、市内では生息地が極めて少ない。
- 87 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
撮影:梶浦敬一
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
哺乳類
キクガシラコウモリ
Rhinolophus ferrumequinum
<選定理由>
キクガシラコウモリ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 体色は淡い褐色で、頭部前面に鼻葉がある。生息分布域が重な
るコキクガシラコウモリとは明らかに大きさが違う。洞穴性で古墳内や小屋の
屋根裏も利用する。前腕長 52~65mm、頭胴長 59~82mm、尾長 28~45mm、体重
17~35g。チョウ目やコウチュウ目など夜行性飛翔昆虫類を捕食する。
<分布>[市内] 岩崎、上雛倉で記録がある。
[県内] 高山市、関ヶ原町、郡上市、瑞浪市、中津川市、養老町に分
布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
撮影:梶浦敬一
<特記事項> 市内には生息に適する洞穴環境がほとんど無く、生息場所は廃
屋などに限られている。
コキクガシラコウモリ
Rhinolophus cornutus
<選定理由>
キクガシラコウモリ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 体色は淡い褐色。外部形態はキクガシラコウモリに似るが、体
の大きさが約半分である。洞穴性で廃坑やトンネルなども利用している。
前腕長 36~44mm、頭胴長 35~50mm、尾長 16~26mm、体重 4.5~9g。小型の蛾
やガガンボなどの飛翔昆虫を捕食する。
<分布>[市内] 彦坂で記録がある。
[県内] 全域に分布するが、生息数は少ない。
[県外] ほぼ全国に分布。
<特記事項>
市内には生息に適する自然の洞穴やトンネルが見られない。
ハタネズミ
Microtus montebelli
<選定理由>
撮影:梶浦敬一
ネズミ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 背面は茶色あるいは灰黄色で、腹面は灰白色。同じ体型にスミ
スネズミやヤチネズミがおり、その区別に注意を要する。頭胴長 95~135mm、
尾長 60mm。低地から高山帯まで広く分布するが、捕獲することが難しく、詳
しい生態はわかっていない。草の茎、実、根茎までも食べる。日本固有種。
<分布>[市内] 長良川の河畔、上雛倉、石谷で記録がある。
[県内] 白川村、本巣市、瑞穂市、下呂市、高山市、郡上市、揖斐川
町などに分布。
[県外] 本州、九州に分布。
撮影:梶浦敬一
カヤネズミ
Micromys minutus
<選定理由>
ネズミ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
環境改変
<種の概要> 成体は頭胴長 50~80mm、尾長 61~83mm、後足長 14~16.7mm、
体重 7~14g。背面は暗褐色で腹面は白色である。通常、草地、水田、畑、沼
沢地などのイネ科が密生し、水気のあるところに生息する。水面を泳ぐ。鳥が
作るような巣を作り、巣材にはススキ、チガヤ、ゴウソなどが用いられ、巣の
ある高さは地上から 50~110cm で、晩春と初冬は低く、夏~秋に高い。冬季に
は地表の堆積物や地下に坑道を堀り、種子や昆虫を食べる。
<分布>[市内] 長良川河川敷の草地、北西部、北一色などで記録がある。
[県内] 飛騨地方の一部地域、美濃地方の中濃および東濃・西濃地域
などに分布。
[県外] 福島県以南の太平洋側、石川県以西の日本海側に分布。
- 88 -
撮影:梶浦敬一
ニホンリス
Sciurus lis
<選定理由>
リス科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 夏毛では背面は赤褐色、冬毛では灰褐色。腹は純白、尾の先は
白く冬毛では耳先にふさ毛が生じる。頭胴長 16~22cm、尾長 14~17cm、体重
250~310g。平野部から亜高山帯までの森林に生息し、昆虫や植物の種子、果
実のほか、特にキノコ類を多く食べている。日本固有種。
哺乳類
<分布>[市内] 大洞、百々ヶ峰周辺、雛倉で記録がある。
[県内] 飛騨、中濃、西濃、東濃などに分布。
[県外] 本州(中国地方以西には少ない)、四国、九州(近年確実な記録
はない)に分布。
<特記事項> 市内の低山帯では松林に多く生息していたが、近年の松枯れによ
り、生息に適した環境が減少している。さらに開発などにより生息環境の分断や移
動経路の遮断が見られる。こうしたことから、市内の個体群は、周辺地域から隔離
された限られた範囲に生息している状況にある。
ムササビ
Petaurista leucogenys
<選定理由>
撮影:梶浦敬一(市外撮影)
リス科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 体全体は褐色系であるが、親子でも個体間において色彩変異が
多い。腹面は白く、目と耳の間から頬にかけて帯状に淡色の部分がある。頭胴
長 30~50cm、尾長 30~40cm、体重 700~1,500g。飛膜が首から前肢・後肢・
尾の間に発達している。夜行性で、低地帯から亜高山帯までの天然林や二次林
のほか、杉林にも多く、樹上で生活している。神社仏閣の建物にねぐらを作っ
ていることもある。木の芽、葉、花、果実、種子のほか、昆虫も食べることが
ある。日本固有種。
<分布>[市内] 城田寺、三輪、彦坂、雛倉で記録がある。
[県内] 平野部を除いてほぼ全域に分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 市内では生息している山林で開発が進んだことにより、生息環境
の分断や移動経路の遮断が見られる。こうしたことから、市内の個体群は、周辺地
域から隔離された限られた範囲に生息している状況にある。
- 89 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
撮影:梶浦敬一
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
鳥類
I-2-3 鳥類
鳥類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 238 種のうち 9.5%にあたる 22 種を選定
した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅危惧Ⅰ類はヨタカ、ヒメアマツバメ、シロチドリ、コアジサシ、
サンショウクイ、セッカ、トラツグミ、コサメビタキの 8 種、絶滅危惧Ⅱ類はバン、タマシギ、サシ
バ、コシアカツバメの 4 種、準絶滅危惧はヤマドリ、カイツブリ、ササゴイ、イカルチドリ、ハチク
マ、オオタカ、フクロウ、アオバズク、サンコウチョウ、オオルリの 10 種である。なお、絶滅、野
生絶滅、情報不足の該当種はない(表 I-2-3 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅰ類の種群は、下奈良地区周辺、柳戸地区周辺、山県地区などの
27 メッシュで記録がある。絶滅危惧Ⅱ類の種群は、下佐波地区、河渡地区、則松地区、長良古津地区、
彦坂地区、山県地区周辺などの 26 メッシュで記録がある。準絶滅危惧の種群は、金華山周辺、長良
川や伊自良川、板屋川沿いの各所、彦坂地区、長良古津地区などの 120 メッシュで記録がある。カテ
ゴリーごとの分布状況は図 I-2-3 に示すとおりである。
表 I-2-3 鳥類選定種一覧
カテゴリー区分
鳥類
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
ヨタカ、ヒメアマツバメ、シロチドリ、コアジサシ、サンショウクイ、
8
セッカ、トラツグミ、コサメビタキ
絶滅危惧Ⅱ類
バン、タマシギ、サシバ、コシアカツバメ
4
準絶滅危惧
ヤマドリ、カイツブリ、ササゴイ、イカルチドリ、ハチクマ、オオタカ、
10
フクロウ、アオバズク、サンコウチョウ、オオルリ
情報不足
-
合
絶滅危惧Ⅰ類
-
計
絶滅危惧Ⅱ類
図 I-2-3 カテゴリー別分布状況(鳥類)
- 90 -
22
準絶滅危惧
ヨタカ
Caprimulgus indicus
<選定理由>
ヨタカ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 夏鳥として全国の草原や明るい林に渡来し、林道沿いの草地な
どで繁殖する。特に巣らしいものは作らず、直接地面に卵を産んでいることも
ある。夕方から夜間にかけて飛びながら昆虫を食べる。捕らえるというより口
を大きく開き、飛び込んでくる虫を食べている。昼間は木の横枝に平行にとま
って休み、まるで木のこぶのように見える。「キョッキョッキョッ・・・」と
連続的に鳴く。
鳥類
<分布>[市内] 稀に鳴き声の記録があるが、渡りの途中のものと思われる。
[県内] 以前は県下各地の山林で囀りを聞いたが、近年は繁殖地が減
少している。
[県外] 夏鳥として北海道から九州の丘陵帯から山地帯にかけて飛来
する。
ヒメアマツバメ
Apus nipalensis
<選定理由>
撮影:大塚之稔
アマツバメ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、特異生態
<種の概要> 本州中部以南に生息し、太平洋岸に多く見られる。九州地方で
は留鳥である。コシアカツバメやイワツバメの古巣を利用して繁殖するが、大
量の羽毛を持ち込むため、入り口に羽毛が見えていることが多い。アマツバメ
より一回り小さく、尾羽は燕尾状にはなっていない。ハリオアマツバメを小型
にした感じである。渡りの時期には、他のアマツバメ類に混じることがある。
<分布>[市内] 長良川にかかる鵜飼大橋の橋桁にあったイワツバメの巣で繁
殖したことがある。
[県内] 春と秋の渡りの時期に稀に観察される程度である。
[県外] 関東地方から九州の主に太平洋側の平地で繁殖する。
シロチドリ
Charadrius alexandrinus
<選定理由>
撮影:大塚之稔
チドリ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
分布限界、環境改変
<種の概要> 九州以北に留鳥として分布するが、北海道では夏鳥である。海
岸や河川下流域の砂地、砂礫地で主に繁殖する。冬は群れで生活し、ハマシギ
と混群をつくっていることがある。よく似た種類にコチドリ、イカルチドリが
いるが、本種は首の部分の黒い帯が前方で切れていることで識別できる。河川
中流域では稀であるが、コアジサシのコロニー内で同居していることがある。
<分布>[市内] 長良川の中州で記録がある。
[県内] 美濃地方の大きな河川の砂礫地や中州に分布。
[県外] 全国の海岸、河川下流域に分布し、北日本では冬は移動する。
撮影:大塚之稔
コアジサシ
Sterna albifrons
<選定理由>
カモメ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
特殊環境
<種の概要> 夏鳥として全国の海岸、河川などに渡来し、砂浜や河川の中州
などで集団で繁殖する。地面に直接、あるいは枯草などをほんの少し敷いただ
けの巣を作り、2~3 卵を産む。空中をホバリングしながら狙いを定めて水中
に飛び込み、小魚を捕えて食べる。外敵には「キリッキリッ」と鳴いて集団で
威嚇したり、糞をかけたりしてコロニー内から追い出す。カラス類はこの攻撃
を気にすることなく、卵や雛を食べてしまう。
<分布>[市内] 一日市場の長良川河川敷、西中島地内の造成地で記録がある。
[県内] 木曽川、長良川、揖斐川の中州などで繁殖記録がある他、飛
騨市や土岐市では渡り途中の記録がある。
[県外] 本州以南の海岸、河川流域に夏鳥として飛来する。
<特記事項>
「種の保存法」の国際希少野生動植物種。
- 91 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
撮影:大塚之稔
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
鳥類
サンショウクイ
Pericrocotus divaricatus
<選定理由>
サンショウクイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少
<種の概要> 夏鳥として九州と本州に渡来し、平地から低山の山林に生息す
る。全長が 20cm でツートンカラーのスマートな姿をしている。横枝にコケと
クモの糸で張り付けるように巣を作る。鳴き声が「ピリリリ ピリリリ」と聞
こえ、
「山椒は小粒でもピリリと辛い」という言葉からこの名が付いている。
<分布>[市内] 1970 年代は市内の山林で普通に繁殖していたが、現在は渡り
の時期に確認されるだけである。
[県内] 県下全域の丘陵帯から山地にかけて広く分布。
[県外] 本州や四国の丘陵帯から山地帯の林に夏鳥として飛来する。
南西諸島では留鳥である。
セッカ
Cisticola juncidis
<選定理由>
撮影:大塚之稔
セッカ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 本州中部以南に分布し、河川敷の草地や農耕地に生息する。積
雪の多い地方のものは暖地に移動する。一夫多妻制で、繁殖期には囀り飛翔を
よく行い、上昇するときには「ヒッヒッヒッ・・・」、下降するときには「チ
ャチャッ チャチャッ・・・」と、特徴のある声で鳴く。雄はイネ科の植物の
茎にチガヤの穂を編むようにして巣を作り、雌をなわばり内に誘い入れる。
<分布>[市内] 河川敷の草地や水田で見られ、以前は繁殖期に鳴き声をよく
聞いた。
[県内] 主に美濃地方の草地に生息し、飛騨地方では稀である。
[県外] 本州中部以南に留鳥として分布し、北方のものは冬季、暖地
に移動する。
トラツグミ
Zoothera dauma
<選定理由>
撮影:大塚之稔
ヒタキ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:情報不足
環境省:-
希少
<種の概要> 全国の平地から山地の林内に留鳥として生息し、冬は暖かい地
方に移動する。全長 30cm でツグミ類の中では最も大きい。上面が黄褐色で下
面にうろこ模様の斑点があるのが特徴で、トラという名もここからきている。
暗い林内の地上でミミズや昆虫を捕食している。夜間や雨天の暗い日、「ヒー
ヒョー」と気味悪い声で鳴くが、昔は「鵺」という怪物の声と思われていた。
<分布>[市内] 以前は金華山、百々ヶ峰や北部の山林で繁殖していた可能性
が高いが、近年は囀りが聞かれなくなった。
[県内] 県下全域の丘陵帯から山地帯の山林に分布。
[県外] 本州、四国、九州では漂鳥か留鳥で、北海道では夏鳥として
分布。
コサメビタキ
Muscicapa dauurica
<選定理由>
撮影:大塚之稔
ヒタキ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少
<種の概要> 夏鳥として全国の平地から低山に渡来し、明るい落葉広葉樹林
に生息する。枝先にとまって、飛んでいる昆虫を空中で捕え、また元の枝に戻
るという行動をする。渡りの時期には、市街地の公園などにも現れる。同じ仲
間のサメビタキやエゾビタキも同時に見られることがあり、本種は全体に色が
淡く、目の周りの白いリングがはっきりしているのが特徴である。
<分布>[市内] 渡り途中の個体が観察されるが、三田洞地内の山林で繁殖し
たらしいという観察記録がある。
[県内] 県下全域の丘陵帯の里山的環境に分布する。
[県外] 全国の丘陵帯から山地帯の落葉広葉樹林に夏鳥として飛来す
る。
- 92 -
撮影:大塚之稔
バン
Gallinula chloropus
<選定理由>
クイナ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境、環境改変
<種の概要> 湖沼や池、河川、休耕田に生息し、関東以北では夏鳥であるが、
中部以南では一年中見ることができる。「クルルッ」と聞こえる声で鳴く。全
身は黒く、嘴の基部から額にかけて赤いのが特徴である。年に数回繁殖し、先
に生まれた若鳥が次の雛の世話をする習性(ヘルパー)が知られている。近年、
冬鳥として額の白いオオバンが各地で越冬するようになった。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
鳥類
<分布>[市内] 天王川や伊自良川などの小河川や休耕田で見ることができ
る。
[県内] 主に美濃地方の小河川、池沼などの湿地に生息し、飛騨地方
では少ない。
[県外] 留鳥として北海道から九州まで広く分布するが、関東以北で
は夏鳥である。
タマシギ
Rostratula benghalensis
<選定理由>
撮影:大塚之稔
タマシギ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、特殊環境
<種の概要> 本州中部以南の内陸の水田や湿地に留鳥として生息している
が、近年は冬に見られる個体が少なくなった。一妻多夫という珍しい繁殖形態
をもち、抱卵、子育ては雄が行う。繁殖地では、雌は夕方、なわばり宣言の「コ
ォーコォー」という声を出して雄を誘う。役割が逆転していることで雌の方が
羽色が派手である。雌雄ともに目の周囲に勾玉模様があることから、この名前
が付いている。
<分布>[市内] 木田、佐波、三輪地内などで記録がある。
[県内] 主に美濃地方の休耕田や湿地で繁殖するが、数は少なく、飛
騨地方では稀に観察される程度である。
[県外] 本州中部以南に留鳥として分布し、東北地方、北海道では稀
である。
サシバ
Butastur indicus
<選定理由>
撮影:大塚之稔
タカ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 夏鳥として全国の低山の林に渡来し、繁殖するオオタカ位の大
きさのタカである。沖縄や宮古島で越冬する個体もいる。全身は褐色をしてい
るが、稀に黒褐色の個体がいる。谷地のある林を好み、カエルやヘビを捕食す
る。
<分布>[市内] 百々ヶ峰などで僅かであるが繁殖する。渡り途中の個体を普
通に観察することができる。
[県内] 県下全域の低山の山林で繁殖する。
[県外] 本州、四国、九州に夏鳥として飛来し、南西諸島では越冬す
る。
コシアカツバメ
Hirundo daurica
<選定理由>
撮影:大塚之稔
ツバメ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 夏鳥として九州以北に渡来するが、西日本に多く分布する。ツ
バメより一回り大きく、尾が長い。名前の通り、腰の部分が赤く、腹部に縦班
があるのが特徴である。コンクリートの建物の壁に徳利を半分にしたような巣
を泥で作る。本種やイワツバメの巣は横に出入り口があることから、スズメに
巣を乗っ取られたり、卵や雛を外に放り出されたりしてしまうことがある。
<分布>[市内] 長良地区、芥見地区の建物に数番いが繁殖していた。
[県内] 以前には美濃加茂市内で渡去前に数千羽の集合が見られてい
た。
[県外] 全国に夏鳥として飛来するが、南の地方では越冬した例もあ
る。
- 93 -
撮影:大塚之稔
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ヤマドリ
Syrmaticus soemmerringii
<選定理由>
キジ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、営利目的
<種の概要> 本州から九州のよく茂った山林に留鳥として生息している。雄
は赤味のある茶褐色で縞模様のある長い尾羽が特徴である。雌はキジの雌と似
ているが、褐色味が強い。暗い山林の地上で草や木の実を食べているため、見
つけることは困難である。囀りの代わりに翼を強く羽ばたき「ドドドッ」とい
う音を出し、
「ヤマドリのほろ打ち」と呼ばれている。日本固有種。
鳥類
<分布>[市内] 現在では百々ヶ峰のふれあいの森などにわずかに分布。
[県内] 県全域の山林に分布。
[県外] 留鳥として本州から九州の山林に生息するが、九州には亜種
コシジロヤマドリが分布する。
カイツブリ
Tachybaptus ruficollis
<選定理由>
撮影:大塚之稔
カイツブリ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
特殊環境、環境改変
<種の概要> 留鳥として全国の河川、池、湖などで見られ、北方のものは、
冬は暖地の水辺に移動して越冬する。全長 26cm で、国内で見られるカイツブ
リの仲間の中では最も小さい。盛んに潜水して小魚や水生昆虫などを捕らえて
食べる。ヨシの茎に水草をつなげて「浮き巣」と呼ばれる巣をつくるが、水位
の上昇、下降にしたがって巣も動くようになっている。親鳥は孵化した雛を背
にのせて移動する行動をとる。
<分布>[市内] 洞地区、岩田地区の溜池では繁殖記録がある。冬は長良川、
伊自良川、鳥羽川などで見られる。
[県内] 主に美濃地方の池沼、河川に分布。
[県外] 本州中部以南では留鳥として生息しており、東北、北海道で
は夏鳥として飛来する。
ササゴイ
Butorides striata
<選定理由>
撮影:大塚之稔
サギ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
特殊環境、環境改変
<種の概要> 夏鳥として本州以南に渡来し、河川や池で見ることができる。
ゴイサギに似ているが、ゴイサギより一回り小さく、スマートに見える。「キ
ューッ」と聞こえる声で鳴く。他のサギ類と一緒に繁殖することはなく、本種
だけで河川沿いのヤナギなどにコロニーを作る。寺社の境内や駐車場を囲む樹
木でも繁殖する。ゴイサギは夜行性であるが、本種は昼間も普通に行動する。
<分布>[市内] 伊自良川、長良川の河川敷のヤナギで集団繁殖していたが、
現在は少なくなった。
[県内] 岐阜市のほか美濃加茂市、瑞浪市、高山市で繁殖記録がある。
[県外] 本州、四国、九州に夏鳥として飛来し、北海道では稀である。
イカルチドリ
Charadrius placidus
<選定理由>
撮影:大塚之稔
チドリ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 本州以南の石の多い河川敷で見ることができる。コチドリが砂
地や砂利の多い造成地に生息し、本種は主に河川沿いに生息することで棲み分
けている。繁殖期には「ピヨ ピヨ ピヨ」と鳴きながらなわばり上空を飛翔
する。小石の隙間の窪みに普通 4 個の卵を産む。外敵が近づくと、親鳥は怪我
をした真似(疑傷行動)をして、外敵の気を引きつけ、卵や雛を守る。
<分布>[市内] 長良川流域の砂利のある広い河川敷で繁殖している。
[県内] 県下の河川中流域から下流域の砂礫地で見られるが、稀に上
流域にも分布する。
[県外] 本州、四国、九州では留鳥として生息するが、北海道では夏
鳥となる。
- 94 -
撮影:大塚之稔
ハチクマ
Pernis ptilorhynchus
<選定理由>
タカ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
環境改変
<種の概要> 夏鳥として本州以北の低山の林で繁殖する。トビより一回り小
さく、頭部が長く見えるのが特徴である。地中に巣を作るクロスズメバチの幼
虫や蛹を好んで食べるため、ハチの好きなクマタカという意味の名前が付いて
いる。渡りは瀬戸内沿岸から九州北部を通過するルートが分かっており、長野
県白樺峠や伊良湖岬など、ルートの途中によく知られた観察地がある。市内の
金華山もその一つである。
鳥類
<分布>[市内] 渡りで通過する個体が多く観察されるほか、市北部の山林で
は少数が繁殖する。
[県内] 県下全域の丘陵帯の山林で繁殖する。
[県外] 北海道から九州の丘陵帯から山地帯の山林に夏鳥として飛来
する。
オオタカ
Accipiter gentilis
<選定理由>
撮影:大塚之稔
タカ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 留鳥として本州、北海道の低山の林で繁殖し、冬はカモなどが
集まる水辺の林や農耕地でも見られる。ハシボソガラスとほぼ同じ大きさで、
背が淡い褐色、体下面が白っぽく見える。古くは蒼鷹と呼ばれていたが、蒼に
は褐色味のある青という意味があり、アオタカがオオタカに転じたという説が
ある。幼鳥は全体が褐色で胸に縦班があることで区別できる。近年、河川敷の
林でも繁殖する個体が見られるようになった。
<分布>[市内] 百々ヶ峰や金華山のほか、市北部の山林で少数が繁殖している。
[県内] 県下全域の低山の山林で繁殖するほか、近年は河川敷の林な
どでも繁殖する個体がいる。
[県外] 北海道から九州の丘陵帯から山地帯の山林に留鳥として生息
する。
<特記事項>
<選定理由>
撮影:大塚之稔
「種の保存法」の国内希少野生動植物種。
フクロウ
Strix uralensis
フクロウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 九州以北の平地から低山の林に留鳥とし生息し、大木の樹洞で
繁殖するほか、カラスやタカの古巣、巣箱なども利用する。本州に生息するフ
クロウの仲間の中では最も大きく、全長 50cm になり、灰褐色で他のフクロウ
類より白っぽく見える。顔が平面的で目が前についているのがフクロウ類の特
徴である。「ホホッ ホッホホッホー」と低い声で鳴く。夜間に活動し、ネズ
ミやカエル、小鳥類を捕食する。
<分布>[市内] 金華山や百々ヶ峰のほか、市北部の山林で少数が繁殖している。
[県内] 県下各地の丘陵帯の山林や大木のある寺社林で繁殖してい
る。
[県外] 北海道から九州の丘陵帯から山地帯の巨木のある山林に留鳥
として生息する。
アオバズク
Ninox scutulata
<選定理由>
撮影:大塚之稔
フクロウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
特殊環境
<種の概要> 夏鳥として全国の平地から低山の林に渡来する。樹洞で繁殖す
るため、大木のある市街地の公園や寺社林でも見られることがあるが、近年は
渡来数が減少している。キジバトより一回り大きく、青葉の頃に渡ってくるか
らとか、羽色が青葉のようであることから名がついている。夜間、飛び回って
昆虫やコウモリ、小鳥の雛を捕食する。
<分布>[市内] 以前は市内の大木のある寺社林や公園でも繁殖が見られた
が、最近は少なくなった。
[県内] 県下各地の丘陵帯の山林や寺社林、市街地の公園などで繁殖
するが、近年、繁殖地が減少している。
[県外] 北海道から九州の丘陵帯から山地帯の巨木のある山林や寺社
林に夏鳥として飛来する。
- 95 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
撮影:大塚之稔
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
サンコウチョウ
Terpsiphone atrocaudata
<選定理由>
カササギヒタキ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少
<種の概要> 夏鳥として本州以南の平地から低山の茂った林に渡来し、暗い
林で繁殖する。雄は 30cm もある長い尾を持ち、林内をひらひらと飛び回る。
「チーチョホイ ホイホイホイ」とテンポのよい声で囀るが、「月日星」と聞
きなしされ、三光鳥と呼ばれている。雌は雄ほど尾羽が長くないが、雄のよう
に囀る。
鳥類
<分布>[市内] 金華山、百々ヶ峰などで僅かに繁殖する。
[県内] 県下全域の丘陵帯の山林で繁殖しているが、渡来地は少ない。
[県外] 本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の山林に夏鳥として飛
来する。
撮影:大塚之稔
オオルリ
Cyanoptila cyanomelana
<選定理由>
ヒタキ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 夏鳥として飛来し、丘陵帯から山地の主に渓流沿いの林内に生
息する。見通しのよい枝先や木の梢で「ピーリーリー ピールリ ピールリ
ギッギッ」と、澄んだ声で囀る。巣は古木や岩の隙間に作るが、建物の軒に作
ることもある。枝先にとまって林の空間を飛ぶ昆虫を捕え、元の枝に戻るとい
う捕食行動を行う。渡りの時期には市街地の公園で見ることもできる。
<分布>[市内] 夏鳥として、金華山、百々ヶ峰の山林に少数が飛来する。
[県内] 美濃地方、飛騨地方ともに丘陵帯から山地帯の渓流沿いの山
林に分布。
[県外] 北海道から九州にかけて夏鳥として分布。
- 96 -
撮影:大塚之稔
I-2-4 爬虫類
爬虫類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 17 種のうち 35.3%にあたる 6 種を
選定した。
カテゴリー区分別にみると、準絶滅危惧はニホンイシガメの 1 種、情報不足はクサガメ、ニホン
スッポン、タカチホヘビ、ジムグリ、シロマダラの 5 種である。なお、絶滅、野生絶滅、絶滅危惧
Ⅰ類、絶滅危惧Ⅱ類の該当種はない(表 I-2-4 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域
メッシュ)についてみると、準絶滅危惧の種群は、伊自良川、鳥羽川、板屋川、荒田川、新荒田川、
境川の各河川沿いや、山県地区、芥見地区などの 67 メッシュで記録がある。情報不足の種群は、
準絶滅危惧とほぼ類似した地区の 79 メッシュで記録がある。カテゴリーごとの分布状況は図 I-2-4
に示すとおりである。
表 I-2-4 爬虫類選定種一覧
カテゴリー区分
爬虫類
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
-
-
絶滅危惧Ⅱ類
-
-
準絶滅危惧
ニホンイシガメ
1
情報不足
クサガメ、ニホンスッポン、タカチホヘビ、ジムグリ、シロマダラ
5
合
計
準絶滅危惧
6
情報不足
図 I-2-4 カテゴリー別分布状況(爬虫類)
<今後の課題>
・ 近年分子系統学的研究や江戸時代の文献の解釈から、日本のクサガメは国外外来種であるとの説が出ている。
しかしながら、生物学的研究ではサンプルの量や質が充分ではなく、また文献には別の解釈もあり、国外外来
種であることが事実として示されたとは言えない。一方、西日本や中国でペットとして養殖されたクサガメが
流通され、一部が野外放逐されていることは事実である。そのようなプロセスで野外定着したクサガメは、自
然分布のニホンイシガメに悪影響を与えている生息場所などから順次駆除や防除をせざるを得ないであろう。
・ ニホンスッポンは、食用として養殖するために人為的に移動されることが多く、養殖場から脱出した個体や
その子孫が野外定着している地域もあるようだ。そのような個体は、選択的に駆除防除の対象とすべきであろ
う。しかし外部形態で、そのニホンスッポンが岐阜市原産のものか市外、あるいは国外から持ち込まれたもの
かを判別することは極めて困難である。
- 97 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
爬虫類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
爬虫類
ニホンイシガメ
Mauremys japonica
イシガメ科
<選定理由> 希少、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 雌は背甲長 20cm 前後、雄は 12〜14cm。背甲後部がギザギザし
ている。 配偶期は秋と春で、冬には川や池の水底で越冬する。産卵期は 6〜
7 月で、1 回当たり 6〜7 個の楕円体の卵を年 2 回産む。孵化した稚ガメは夏の
終わりから秋にかけて地上に現れる。市内の他のカメよりも陸を歩くことが多
く、畑地や林床でも見つかる。雑食性である。
<分布>[市内] 市内で広く見られ、北部〜東部の山麓地域にも生息している。
[県内] 美濃地方では平地から山麓部にかけて多く見られる。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 本種が自然分布している地域に、ペットとして飼育されていた
クサガメが野外放逐されると、繁殖能力を持った交雑個体が生まれ、ニホンイ
シガメの個体群に遺伝子汚染をもたらす。地面に産み付けられた卵が曝される
温度により性が決定されるので、産卵場所の温度環境が偏っていると、個体群
の性比が偏り、個体群動態が不安定になる。
クサガメ
Mauremys reevesii
<選定理由>
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
撮影:岐阜市自然環境課
イシガメ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:-
希少
<種の概要> 雌は背甲長 25cm 弱、雄では 20cm 弱。背甲に 3 本の畝(キール)
がある。
頭部の側面と腹面には黒縁の黄色い斑紋があるが、
雄は背甲長約 14cm、
7 歳前後になると体全体が黒化し、その斑紋はなくなる。配偶期は秋と春で、
冬には水底で越冬する。産卵期は 6〜7 月で、1 回当たり 10 個前後の楕円体の
卵を年 2 回産む。孵化個体は産卵巣で越冬し、翌春地上に現れる。
<分布>[市内] 市内で広く見られるが、北部や東部の山麓地域には少ない。
[県内] 美濃地方の平地を中心に、県南部に分布する。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
撮影:岐阜市自然環境課
ニホンスッポン
Pelodiscus sinensis
<選定理由>
スッポン科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:情報不足
希少
<種の概要> 背甲長は 30cm ほどであるが、まれに 40cm 近くになり、体重が
7kg を超えることがある。他のカメとは異なり甲には甲板が無く、背甲後部や
腹甲全部が柔らかい。水搔きが発達しており泳力は強い。臆病なカメで、水底
の砂に潜んでいることが多い。配偶期間は不明であるが、少なくとも春には交
尾をする。初夏に 10〜30 個の球形の卵を産む。水底で越冬する。肉食性の強
い雑食性である。
<分布>[市内] 市内で広く見られるが、ニホンイシガメやクサガメよりも確
認地点はまばらである。北部や東部の山麓地域には少ない。
[県内] 美濃地方のおもに平地の河川や池沼に分布する。美濃地方に
分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
タカチホヘビ
Achalinus spinalis
タカチホヘビ科
<選定理由> 希少、特殊環境、特異生態、環境改変
<種の概要> 全長 30~60cm の小型のヘビである。背面の地色は褐色、黄褐
色あるいは灰褐色で変異があり、黒い背正中線がある。光にかざすと真珠光沢
が見られる。他のヘビとは異なり、背中の鱗が重なっておらず、鱗と鱗の間に
隙間があり、乾燥に弱い。森や林の林床に生息し、夜行性で、ミミズを中心と
した土壌動物を食べている。落ち葉や倒木の下など、浅い地中に生息するが、
雨天の時には地表に現れることがある。
<分布>[市内] 市の北東部および中央部の森で、まばらに記録がある。
[県内] 美濃地方では山地を中心に森林のある地域に分布。飛騨地方
の分布については、よく分かっていない。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 開発により生息場所である森や林が減少している。また残った
森や林の林床も、林業の関係で広葉樹ではなく分解されにくい針葉樹の葉に覆
われたり、枝の茂りすぎで林床に日光が届かなくなって地温が上がらなくなっ
たりして、タカチホヘビにとって好適な生息場所が減少している。
- 98 -
撮影:吉川晶子
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
撮影:高木雅紀
ジムグリ
Euprepiophis conspicillatus
ナミヘビ科
<選定理由> 希少、特殊環境、特異生態、環境改変
<種の概要> 全長は 70~100cm である。背面は淡黄褐色または緑がかった淡
褐色で、黒点が散在している。腹面には四角形の黒斑が市松模様状に見られる。
幼蛇は背面が赤褐色もしくは濃い朱色で、黒斑があり、頭部には黒い縞模様が
ある。おもに山地に生息し、地中性で、ネズミ類や食虫類といった小型哺乳類
を補食する。日本固有種。
<分布>[市内] 市の北西部の山地で、まばらに記録がある。
[県内] 美濃地方では山地を中心に森林のある地域に分布。飛騨地方
の分布については、よく分かっていない。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 山林の生息環境が本種にとって悪化しており、個体数が減って
いることは間違いない。市内では北部の山地でしか確認されていないが、2008
年に南接する羽島市で本種が確認されており、今後、市内での分布も精査され
なければならない。
シロマダラ
Dinodon orientale
- 99 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
爬虫類
撮影:高木雅紀
ナビヘビ科
<選定理由> 希少、特殊環境、特異生態、環境改変
<種の概要> 全長 30~70cm ほどの小型のヘビである。背面の地色は淡灰褐
色で、胴に 40 個前後、尾に 15~20 個くらいの黒褐色の横帯がある。幼蛇には、
頸部に左右 1 対の白い斑紋がある。丘陵地から山地にかけての森や林、河畔林
に生息する。ガレ場など地面の乾いたところで見かけることがよくある。爬虫
類食で、小型のヘビ類やトカゲ類を捕食する。
<分布>[市内] 市の北部、および中央部の森でまばらに記録がある。
[県内] 美濃地方では山地を中心に森林のある地域に分布。飛騨地方
の分布については、よく分かっていない。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 夜行性で小型なので、観察しにくいヘビである。今後注意深く
種の分布様式や生息状況を明らかにし、市内でこの種がおかれている実態を充
分に把握しなければならない。
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
撮影:岐阜市自然環境課
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
両生類
I-2-5 両生類
両生類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 16 種のうち 68.8%にあたる 11 種を選
定した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅危惧Ⅰ類は岐阜市の貴重野生動植物種であるカスミサンショウウ
オの 1 種、絶滅危惧Ⅱ類はナゴヤダルマガエルとニホンアカガエルの 2 種、準絶滅危惧はアカハライ
モリとアズマヒキガエルの 2 種、情報不足はオオサンショウウオ、タゴガエル、ツチガエル、ヤマア
カガエル、モリアオガエル、カジカガエルの 6 種である。なお、絶滅、野生絶滅の該当種はない(表
I-2-5 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅰ類の種群は、1 メッシュのみの記録である。絶滅危惧Ⅱ類の種群
は、市の北西部や南東部を中心に 58 メッシュで記録がある。準絶滅危惧の種群は、市の北部から東
部を中心に 50 メッシュで記録がある。情報不足の種群は、市の中部から北部を中心に 68 メッシュで
記録がある。絶滅危惧Ⅰ類を除くカテゴリーごとの分布状況は図 I-2-5 に示すとおりである。
表 I-2-5 両生類選定種一覧
カテゴリー区分
両生類
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
カスミサンショウウオ
1
絶滅危惧Ⅱ類
ナゴヤダルマガエル、ニホンアカガエル
2
準絶滅危惧
アカハライモリ、アズマヒキガエル
2
情報不足
オオサンショウウオ、タゴガエル、ツチガエル、ヤマアカガエル、
6
モリアオガエル、カジカガエル
合
絶滅危惧Ⅱ類
計
準絶滅危惧
図 I-2-5 カテゴリー別分布状況(両生類)
- 100 -
11
情報不足
カスミサンショウウオ
Hynobius nebulosus
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
サンショウウオ科
<選定理由> 分布限界、希少、環境改変
<種の概要> 全長は 60~125mm。
体色は淡灰褐色から暗褐色まで変異に富む。
尾の上下に黄色の条線が見られる個体が多い。幼生はバランサーを持つ。卵嚢
はバナナ状からコイル状まで変異に富む。低地から丘陵地の樹林や竹林などの
落葉下や腐植土中で生活している。水田周辺の水たまりや溝、池沼、湿原など、
落葉などが堆積した比較的浅い止水や緩やかな流れのある場所に産卵する。県
内での繁殖期は 2~4 月がピークと考えられる。
ふ化した幼生は 6~7 月に変態、
上陸する。
<分布>[市内] 北部の 1 カ所のみで生息を確認。住宅地と丘陵地の間の排水
溝が産卵場所。
[県内] 現時点の確実な分布は、岐阜市と揖斐川町の 2 か所のみ。
[県外] 愛知県以西の本州、四国の瀬戸内海沿岸、九州など西日本に
広く分布。
<特記事項> 「岐阜市自然環境の保全に関する条例」の貴重野生動植物種。
ナゴヤダルマガエル
Pelophylax porosus brevipodus
<選定理由>
卵嚢
撮影:高木雅紀
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
アカガエル科
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 体長は雄 35~62mm、雌 37~73mm でずんぐりした体型であり足
も短い。正中線を欠く個体が多い。体色の雌雄差はなく変異に富み、背面の黒
色の斑紋は丸く独立する。低地の水田とその周辺部に生息する。水田などの水
辺から離れることはなく、冬眠個体も水田の中やその周辺の土中などで発見さ
れる。繁殖期は比較的長く、5〜7 月。産卵は水田やその周辺の止水で行われ
る。2 度に分けて産卵する個体もある。
<分布>[市内] 都市部を除く水田地帯に分布。
[県内] 美濃地方を中心に分布。
[県外] 長野県伊那谷、東海、近畿、瀬戸内地方に分布。
撮影:高木雅紀
<特記事項>
トノサマガエルとの交雑個体が発見されている。
ニホンアカガエル
Rana japonica
<選定理由>
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
アカガエル科
希少、特殊環境、特異生態、環境改変
<種の概要> 体長は雄 34~63mm、雌 43~67mm で、体色は赤褐色から黄褐色
まで変異に富む。背中の両脇にある隆条(背側線)は鼓膜の後ろで曲がらず直線
的で、腹面は黄白色で斑紋はない。幼生は背面に 1 対の黒点があるものが多い。
平地ないしは丘陵地の樹林や竹林に生息し、山地には少ない。繁殖は日当たり
のよい水の残った水田や湿原で行う。繁殖期は 1~3 月で、市内でのピークは
2 月頃である。成体は繁殖活動後、春眠し、5 月頃に活動し始める。幼生は 5
~6 月頃に変態、上陸する。
<分布>[市内] 北部を中心に分布。
[県内] 美濃地方に分布。
[県外] 本州、四国、九州、隠岐、大隅諸島に分布。
アカハライモリ
Cynops pyrrhogaster
<選定理由>
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
イモリ科
希少
<種の概要> 全長は 70~115mm。背面は黒または暗褐色で、名前の由来でも
あるように腹部に赤色の斑紋や不規則な模様がある。皮膚にはフグ毒のテトロ
ドトキシンに近い神経毒を有するが、触れただけでは害はない。低地から山地
の池沼や水田、湿原の水溜まりや緩やかな流れの河川などに生息する。繁殖期
は 4~7 月。雌は、求愛行動をする雄が落とした精包を体内に取り込み、体内
受精した後、水草などに 1 個ずつ産卵する。
<分布>[市内] 中北部の山沿いを中心に分布。平野部では激減。
[県内] 県内全域に分布。
[県外] 本州、四国、九州、佐渡島、淡路島、隠岐、壱岐、五島列島、
天草諸島、甑島などに分布。
<特記事項>
撮影:高木雅紀
平野部では激減している。
- 101 -
♀
♂
撮影:高木雅紀
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
両生類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
アズマヒキガエル
Bufo japonicus formosus
ヒキガエル科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
<選定理由>
<種の概要>
環境改変
体長は雄 43~161mm、雌 53~162mm で、体色は灰褐色、茶褐色、黄
褐色など、個体により様々である。四肢は比較的短く、ずんぐりとしており跳躍力
は弱く、水かきは小さい。目の後ろにある耳腺や背中にあるイボ状の突起からは、強
♂
心作用を持つステロイドを含む白い毒液を分泌し、外敵から身を守り、また、有害な細
菌の繁殖を防いでいる。触れただけでは直ちに害はないが、触れた場合は手洗いをした
方がよい。市内での繁殖期のピークは 3 月頃である。水たまりや水田、湿原や池沼
両生類
などで、集団で繁殖行動が展開される。雌の数に比べて雄の数が多く、1 匹の雌に
多くの雄が群がる様子は、
「蛙合戦」と呼ばれている。紐状の卵塊は 5m 以上になる
こともあり、卵数は、1,500~8,000 個。オタマジャクシは真っ黒で、6 月頃に変態
し、体長 8mm 前後の幼体が上陸する。
<分布>[市内] 金華山周辺、市北部で記録がある。
[県内] 県内全域に分布。
[県外] 本州(近畿地方~東北地方)に分布。
<特記事項> 平野部では激減し、絶滅に近い状態であると考えられる。繁殖場
所と非繁殖期を過ごす樹林や竹林が残されていても、道路などで移動経路が分断さ
れてしまうことも減少の大きな要因であると考えられる。
オオサンショウウオ
Andrias japonicus
♀
撮影:高木雅紀
オオサンショウウオ科
<選定理由> 分布限界、希少
<種の概要> 全長は 300~1,500mm。世界最大の両生類である。体は茶褐色で黒
色の斑紋があるが、変異が大きい。頭部などにイボ状の突起がある。眼は小さい。
卵塊は数珠状である。流水性で河川の中上流部に生息する。内では、定着している
可能性は低いものと考えられ、上流から流されてきたものが長良川やその支流に迷
い込んだ個体が発見される。市内の長良川での幼生の発見記録もある。繁殖は上流
部で行われることが多く、 繁殖期は 8 月下旬~9 月で、8 月上旬頃から河川を遡上
し始め、上流部の河岸の横穴で産卵する。
<分布>[市内] 長良川およびその支流に分布。
[県内] 長良川流域および飛騨川流域などに分布。人為的に移入され
た場所も知られている。
[県外] 本州(岐阜県以西)、四国、九州の一部に分布。
<特記事項> 近年、京都府や三重県などでチュウゴクオオサンショウウオや本
種との交雑種がみつかっており、岐阜県においても監視が必要である。「文化財保
護法」の国指定特別天然記念物。「種の保存法」の国際希少野生動植物種。
タゴガエル
Rana tagoi tagoi
<選定理由>
岐阜市:情報不足
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
撮影:矢追雄一(郡上市産)
アカガエル科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 体長は雄 30~58mm、雌 31~54mm。背面の体色は明褐色、褐色、灰
褐色など変異に富み、腹面は喉から胸にかけて黒褐色の小斑が密にある。体形は比
較的幅広い。成体は、樹林や竹林などの湿った場所に生息し、3~5 月に渓流の伏
流水中や湿原の緩やかな流れなどの岩の隙間や落ち葉の下などで産卵する。繁殖期
には、姿は見えないが、岩の下などから「グルックククク、グルグルグル」と、声
だけが聞こえてくることがある。卵数は 30~160 個ほどで、卵黄を多く含む比較的
大きな卵を産む。幼生は餌を食べずに、卵黄の栄養分のみで成長し、変態する。
<分布>[市内] 北部の山沿いの地域を中心に分布。
[県内] 平野部を除く全域に分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
撮影:岐阜市自然環境課
近い将来、いくつかの種に分けられる可能性がある。
ツチガエル
Glandirana rugosa
アカガエル科
<選定理由> 希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 体長は雄 37~46mm、雌 44~53mm。体色は灰褐色から暗褐色で、
不明瞭な暗色の小斑が点在する。正中線をもつものもある。背面には多数の短
い隆条があり、他のカエルと違って皮膚の表面がヌルヌルしていない。そのた
め、「イボガエル」と呼ばれることが多い。触れると悪臭を放つことがあり、
本種に襲いかかったニホンマムシが、悪臭を放たれて本種を吐き出したのを観
察したことがある。水田、池沼や河川周辺の水辺に生息し、倒木の下や土中、
池沼や河川の水底や土中で冬眠する。また、幼生で越冬するものが多い。繁殖
期は 5~9 月で、10~60 個ほどの卵を含む卵塊を複数回産卵し、合計で約 1,000
個程度産卵する。
<分布>[市内] 金華山周辺と北西部を中心に分布。南部では激減している。
[県内] 全域に分布しているが、平野部では激減している。
[県外] 本州、四国、九州、隠岐、壱岐、五島列島などに分布。
- 102 -
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
♂
♀
撮影:高木雅紀
ヤマアカガエル
Rana ornativentris
<選定理由>
アカガエル科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少、特殊環境、特異生態、環境改変
♂
<種の概要> 体長は雄 42~60mm、雌 36~78mm で、背面の体色は赤褐色、暗
褐色、淡褐色など変異に富む。背中の両脇にある隆条(背側線)は直線的ではな
く、体側、下顎、喉などに黒斑のある個体が多いことなどからニホンアカガエ
ルと区別できる。成体は山地の樹林や竹林などの湿った場所で生息する。市内
では、2 月頃に、比較的浅く日当たりのよい山沿いの湿原や水田などで産卵す
る。
<分布>[市内] 市北部に分布。
[県内] 県内全域の山地または山沿いに分布。
[県外] 本州、四国、九州、佐渡島などに分布。
♀
両生類
撮影:高木雅紀
<特記事項> 山沿いの水田が耕作放棄されたり、イノシシなどに荒らされた
りしていることが、本種の減少の一因であると考えられる。
モリアオガエル
Rhacophorus arboreus
<選定理由>
アオガエル科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:-
希少、特殊環境、特異生態、環境改変
<種の概要> 体長は雄 42~60mm、雌 59~82mm である。指先の吸盤が大きい。
背面は明緑色から暗緑色で、赤褐色から黒色の斑紋を有する個体もある。虹彩
は赤みがかる。卵塊は泡状で直径 100mm 前後である。成体は普段は森林の樹上
で生活し、人目につきにくい。繁殖期には池沼や湿原、水田などに現れ、水面
上に張り出した枝や、草などに、白っぽい泡状の卵塊を生み付ける。孵化した
幼生は降雨時などに下の水面へ落下し、止水中で成長する。
♂
♀
<分布>[市内] 北西部の山沿いと金華山周辺に分布。
[県内] 県内全域の低地から亜高山帯に分布するが、平野部にはあま
り生息していない。
[県外] 本州、佐渡島などに分布。
撮影:高木雅紀
<特記事項> 北西部では隣接する本巣市などと連続的に分布しているが、金
華山周辺の個体群は人為的な移動による分布の可能性も考えられる。
カジカガエル
Buergeria buergeri
<選定理由>
アオガエル科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 体長は雄 37~44mm、雌 49~69mm で、灰褐色から褐色など、個
体により様々である。背面には顆粒状の小さな突起が点在し、不規則な淡い暗
褐色の模様がある。山地の水のきれいな瀬のある河川やその支流、周辺の森林
に生息するが、市内では長良川沿いで発見される。関市より上流では繁殖も確
認されており、市内でも繁殖の可能性がある。4~7 月に雄は浅瀬に集まり、
水際や水面から出た石の上で高くきれいな声で鳴く。水中の石の下などに 50
~80 個の卵を含む卵塊を数カ所に分けて産卵する。河川周辺の石の下などで
冬眠する。
<分布>[市内] 金華山付近より上流の長良川沿い。
[県内] 南部の平野部を除く県内全域の山地、山沿いの河川周辺に分布。
[県外] 本州、四国、九州、五島列島に分布。
<特記事項>
ている。
全国各地で、本種を清流のシンボルとして保護活動が展開され
- 103 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
撮影:江頭幸士郎
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
魚類
I-2-6 魚類
魚類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 67 種のうち 53.7%にあたる 36 種を選定
した。
カテゴリー区分別にみると、野生絶滅としてウシモツゴの 1 種を挙げた。また、絶滅危惧Ⅰ類はニ
ホンウナギ、イチモンジタナゴ、シロヒレタビラ、カワバタモロコ、デメモロコ、ハリヨ、トウカイ
ヨシノボリの 7 種、絶滅危惧Ⅱ類はスナヤツメ北方種、スナヤツメ南方種、ヤリタナゴ、アブラボテ、
アマゴ(サツキマス)、カマキリ(アユカケ)、カジカ小卵型の 7 種、準絶滅危惧はヌマムツ、タカハヤ、
カワヒガイ、イトモロコ、ニシシマドジョウなど 17 種、情報不足はコイ、カワアナゴ、マハゼ、ア
シシロハゼの 4 種である。なお、絶滅の該当種はない(表 I-2-6 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、野生絶滅の種群は 1 メッシュのみ記録がある。絶滅危惧Ⅰ類の種群は、市
の中西部を中心に 46 メッシュで記録がある。絶滅危惧Ⅱ類の種群は、長良川以北を中心に 102 メッ
シュで記録がある。準絶滅危惧の種群は、市の広範囲にわたる 249 メッシュで記録がある。情報不足
の種群も、市の広範囲にわたる 92 メッシュで記録がある。野生絶滅を除くカテゴリーごとの分布状
況は図 I-2-6 に示すとおりである。
表 I-2-6 魚類選定種一覧
カテゴリー区分
魚類
絶滅
種数
-
-
野生絶滅
ウシモツゴ
1
絶滅危惧Ⅰ類
ニホンウナギ、イチモンジタナゴ、シロヒレタビラ、カワバタモロコ、
7
デメモロコ、ハリヨ、トウカイヨシノボリ
絶滅危惧Ⅱ類
スナヤツメ北方種、スナヤツメ南方種、ヤリタナゴ、アブラボテ、
7
アマゴ(サツキマス)、カマキリ(アユカケ)、カジカ小卵型
準絶滅危惧
ヌマムツ、タカハヤ、カワヒガイ、イトモロコ、ニシシマドジョウ、
17
トウカイコガタスジシマドジョウ、ホトケドジョウ、ナマズ、アカザ、
アユ (天然)、ボラ、スズキ、ドンコ、ヌマチチブ、シマヨシノボリ、
ゴクラクハゼ、ウキゴリ
情報不足
コイ、カワアナゴ、マハゼ、アシシロハゼ
合
絶滅危惧Ⅰ類
4
計
絶滅危惧Ⅱ類
36
準絶滅危惧
図 I-2-6 カテゴリー別分布状況(魚類)
- 104 -
情報不足
ウシモツゴ
Pseudorasbora pumila subsp.
<選定理由>
コイ科
岐阜市:野生絶滅
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧ⅠA類
希少、環境改変、外来種の影響
<種の概要> 全長 8cm 程度。口が小さく上を向き、口ひげは無い。側線は不
完全で胸鰭上方までしか達しない。岐阜県、愛知県、三重県の東海 3 県固有で、
平野部の水路からは絶滅し、現在では中山間地のため池にのみ生息する。近年
の移殖放流を除くと野生生息地は 10 地点以下しか残されていない。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 私邸の庭池に 1 カ所のみ。
[県内] 美濃地方のため池 3 カ所のみ。
(保護用の放流池、ビオトープ等は除く)
[県外] 愛知県、三重県そして岐阜県の東海 3 県に生息する固有種。
<特記事項> 市内では、水田水路の改変、ため池への外来魚の放流などによ
って、野外では絶滅したと考えられる。「岐阜県野生生物保護条例」の指定希
少野生生物。
ニホンウナギ
Anguilla japonica
<選定理由>
魚類
撮影:向井貴彦(関市産)
ウナギ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、特異生態、環境改変
<種の概要> 全長 60cm 程度。成魚は降海してグアム島近辺まで移動して産
卵する。生まれた卵・仔魚は黒潮に乗って日本沿岸に到達して河川に遡上、数
年間かけて成長する。天然遡上以外に、河口域で遡上を始めた「シラスウナギ」
を捕獲して育てた個体が漁業用に放流されている。
<分布>[市内] 市内に広く分布するが、個体数は多くない。
[県内] 県内河川およびため池などに分布。
[県外] 北海道~九州に分布。
<特記事項> 日本沿岸への稚魚の来遊が激減しており、河口域の人為的改変
による幼魚の生育場の消失や、河川改修による成魚の生息環境の減少、乱獲が
減少要因と考えられている。
イチモンジタナゴ
Acheilognathus cyanostigma
<選定理由>
撮影:向井貴彦
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧ⅠA類
希少、特異生態、環境改変、営利目的
<種の概要> 全長 8cm 程度。口ひげは短く、タナゴ類の中では細身の体形。
肩部から尾柄部までつながる明瞭な青緑色の縦帯がある。繁殖期の雄は腹部や
臀鰭が桃色になる。湖沼や流れの緩やかな河川に生息するとされる。
<分布>[市内] 一部の河川にのみ分布。
[県内] 美濃地方の河川、ダム湖やわんどに分布。
[県外] 濃尾平野から近畿地方に分布。
<特記事項> 市内で確認される個体数は極めて少ない。河川改修による環境
改変と繁殖に必要な二枚貝の減少、愛好家等による過剰な採集が、本種の主な
減少要因と考えられる。また、市内の個体群は、すでに琵琶湖産などの放流に
よる遺伝的撹乱もしくは外来個体群への置き換わりが生じている。
シロヒレタビラ
Acheilognathus tabira tabira
<選定理由>
撮影:向井貴彦
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、特異生態、環境改変、営利目的
<種の概要> 全長 8cm 程度。口ひげは短く、体高はやや高い。肩部に暗青色
の斑点がある。繁殖期は春で、雄の婚姻色は主に青緑色で腹部が黒く、臀鰭外
縁が白くなる。水田周辺の水路や、河川下流域、わんどなどに生息する。
<分布>[市内] 一部地域のごく小規模な河川・水路にのみ分布。
[県内] 木曽川水系のダム湖、木曽三川の下流周辺に分布。
[県外] 濃尾平野から山陽地方に分布。
<特記事項> 市内で確認される個体数は少ない。河川改修による環境改変と
繁殖に必要な二枚貝の減少、愛好家等による過剰な採集が本種の主な減少要因
と考えられる。また、市内の個体群は、すでに琵琶湖産などの放流による遺伝
的撹乱が生じている。
- 105 -
撮影:向井貴彦
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
カワバタモロコ
Hemigrammocypris rasborella
<選定理由>
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、環境改変、外来種の影響
<種の概要> 全長 4cm 程度。小型のコイ科魚類で、繁殖期の雄は金色を帯び
た婚姻色を表す。繁殖期は初夏で、抽水植物などの茂った水路で産卵する。
<分布>[市内] 北西部と南東部でわずかに分布。
[県内] 美濃地方中山間地から平野部の河川、ため池に分布。
[県外] 静岡県~九州北部に分布。
<特記事項> 水田水路の環境改変と溜池への外来魚の放流が主な減少要因
と考えられる。市内での生息数は極めて少ないが、産地不明の個体の放流が散
発的に生じている。岐阜県では輪之内町が条例で保護している。
撮影:寺町茂
魚類
デメモロコ
Squalidus japonicus japonicus
<選定理由>
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。コウライモロコやイトモロコに類似するが、
口ひげが短く、頬部が広く、頭部背面がやや盛り上がった体形をしている。野
外で採集した直後の体色は銀色が強く、体側には青緑の縦条が目立つ。流れの
緩やかな泥底の水路に生息するが、生活排水などで汚染された環境にはいな
い。
<分布>[市内] 伊自良川水系の一部地域にのみ分布。
[県内] 美濃地方の一部の水田地帯の水路などに限って分布する。
[県外] 濃尾平野および琵琶湖淀川水系にのみ分布。
<特記事項> 河川改修による環境改変が主な減少要因と考えられる。市内で
の分布は非常に狭い範囲に限られている。
ハリヨ
Gasterosteus aculeatus subsp. 2
<選定理由>
撮影:向井貴彦
トゲウオ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧ⅠA類
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 全長 5cm 程度。背鰭の 3 本の棘には鰭膜が発達しない。鱗は無
く、体前部に鱗板がある。主に湧水の流れる河川に生息する。滋賀県と岐阜県
のハリヨは遺伝的にも形態的にも異なっている。
<分布>[市内] 主に伊自良川に分布。
[県内] 岐阜・西濃地方の、主に湧水のある河川に分布。
[県外] 岐阜県のほか三重県(絶滅)、滋賀県に分布。
<特記事項> 湧水の減少や平野部の市街化、河川改修が減少要因と考えられ
る。市内の寺社の池と市街地の河川にも記録があるが、それらは人為的な放流
の可能性が高い。
「岐阜県野生生物保護条例」の指定希少野生生物。
トウカイヨシノボリ
Rhinogobius sp. TO
<選定理由>
撮影:川瀬基弘
ハゼ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変、外来種の影響
<種の概要> 全長 5cm 程度。第一背鰭が伸長せず、体に鞍状もしくは不定形
の暗色斑がある。
<分布>[市内] 西北部のため池にのみ分布。
[県内] 美濃地方の丘陵地のため池、水枯れしない水田地帯の水路に
分布。
[県外] 岐阜県のほか愛知県、三重県の東海 3 県に生息する固有種。
<特記事項> 圃場整備による湿地の消失、それによって孤立した生息地への
ブラックバスの放流、水路のコンクリート化、池の改修による水抜き、国内の
他地域から持ち込まれたヨシノボリ類との交雑などが減少要因である。
- 106 -
撮影:向井貴彦
スナヤツメ北方種
Lethenteron sp. N
<選定理由>
ヤツメウナギ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。眼の後ろに丸い鰓孔が 7 対あるため、八つの
眼があるように見えることからヤツメウナギと呼ばれる。幼生期は目が無く、
数年間砂泥中に潜って藻類や有機物を食べて成長する。秋に変態して目が形成
された成魚は餌をとらずに越冬し、翌春産卵する。日本固有種。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 伊自良川水系から長良川本流の下流域、湧水河川に分布。
[県内] 美濃地方の平野部から中山間地の湧水のある小河川に分布。
[県外] 滋賀県以東の本州と北海道に分布。
<特記事項> 平野部の湧水や伏流水に依存するため、小河川の改修や住宅地
開発によって生息地が減少したと考えられる。岐阜県博物館には岐阜市加納長
刀堀産スナヤツメ(採集年不明)の標本があり、かつては市内中心部の湧水に
も生息していた可能性がある。
スナヤツメ南方種
Lethenteron sp. S
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ヤツメウナギ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。形態および生活史はスナヤツメ北方種とほぼ
同様。北方種と南方種の種判別には DNA 分析が有効であるが、北方種は成魚の
目の虹彩が黒く、南方種は虹彩が銀色の傾向がある。岐阜県内では河川本流・
支流の砂底に生息することが多い。
<分布>[市内] 伊自良川水系及び長良川本流に分布。
[県内] 飛騨・美濃地方の山間地から中山間地の河川に分布。
[県外] 東北地方以南の本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 河川上・中流域の流れの緩やかな砂底に生息するため、水質悪
化に弱いと考えられる。市内での採集事例が少なく、希少と考えられるが、砂
中に潜むために生息量が過小評価されている可能性もある。
ヤリタナゴ
Tanakia lanceolata
<選定理由>
撮影:岐阜市自然環境課
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
特異生態、環境改変、営利目的
<種の概要> 全長 8cm 程度。やや細長い体形のタナゴ類で、側線は完全。口
ひげは明瞭。繁殖期は春。非繁殖期の体色は銀色だが、繁殖期の雄の婚姻色は
背と腹が黒く、腹部は緑色を帯び、臀鰭が鮮やかな赤に色づく。マツカサガイ
に産卵するとされる。
<分布>[市内] 北部の支流に比較的広く分布。
[県内] 美濃地方の河川や水路に分布。
[県外] 東北地方から九州北部に分布。
<特記事項> 河川改修による環境改変と繁殖に必要な二枚貝の減少が、本種
の主な減少要因と考えられる。愛好家等による採集の影響も考えられる。
アブラボテ
Tanakia limbata
<選定理由>
撮影:向井貴彦
コイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
特異生態、環境改変、営利目的
<種の概要> 全長 5cm 程度。ヤリタナゴに近縁だが、やや体高が高い。側線
は完全で口ひげは明瞭。繁殖期は春。幼魚の体色は銀色だが、鰭がやや褐色を
帯びる。繁殖期の雄の婚姻色は黄褐色で臀鰭は黒く染まる。ヤリタナゴよりも
上流側、もしくは小規模な水路に多い。タガイやイシガイに産卵するとされる。
<分布>[市内] 北部の支流に比較的広く分布。
[県内] 美濃地方の河川や水路に分布。
[県外] 濃尾平野以西の本州、四国、九州北部に分布。
<特記事項> 河川改修による環境改変と繁殖に必要な二枚貝の減少が、本種
の主な減少要因と考えられる。愛好家等による採集の影響も考えられる。
- 107 -
撮影:向井貴彦
魚類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
アマゴ(サツキマス)
Oncorhynchus masou ishikawae
<選定理由>
サケ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 全長 30cm 程度。体に朱点が散在し、幼魚および河川に留まる
個体(アマゴ)はパーマークと呼ばれる暗色の小判型の斑紋が体側に並ぶ。降海
してから河川に遡上する個体(サツキマス)は全身が銀色で、繁殖期(秋)になる
と婚姻色に変化する。
<分布>[市内] 主に長良川に分布。
[県内] 主に河川の上・中流域。
[県外] 神奈川県以西の太平洋岸を四国までと、瀬戸内海周辺地域に
分布する。
魚類
<特記事項> 市内では、降海型のサツキマスと河川残留型のアマゴの両方が
長良川で見られるが、数は多くない。上流域の産卵・生育場所の環境悪化や、
下流域の環境改変による回遊阻害の影響が考えられる。
カマキリ(アユカケ)
Cottus kazika
<選定理由>
撮影:二村凌
カジカ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 全長 20cm 程度。頭部が大きく、鰓蓋の棘が鉤状に発達する。
鱗は無い。魚食性で、冬になると沿岸まで下って産卵する。生まれた仔魚は沿
岸で生育した後、春になると河川に遡上する。
<分布>[市内] 長良川にわずかに分布。
[県内] 木曽三川の中・下流に分布。
[県外] 東北地方から九州に分布。
<特記事項> 長良川河口堰運用前の 1992 年 8 月に建設省(当時)がおこなっ
た調査では、岐阜市から美濃市の範囲で 100 尾近く採集されているが、現在で
は極めて少ない。下流域の環境改変による回遊阻害の影響が考えられる。
カジカ小卵型
Cottus reinii
<選定理由>
撮影:向井貴彦
カジカ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。アユカケよりも頭部が小さく、鰓蓋の棘は小
さい。鱗は無い。冬に河川で産卵し、生まれた仔魚は沿岸まで流下して生育し
た後、春になると河川に遡上する。生まれた仔魚が海に下らず河川上流域で一
生を過ごすカジカ大卵型とは胸鰭条数で区別できる。
<分布>[市内] 長良川本流に分布。
[県内] 木曽三川の中・下流域に分布。
[県外] 本州と四国の太平洋側に分布。
<特記事項> 現在の長良川では個体数が少ない。下流域の環境改変による回
遊阻害の影響が考えられる。
ヌマムツ
Candidia sieboldii
<選定理由>
撮影:向井貴彦
コイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。カワムツに類似するが、側線鱗数が多く(53
枚以上)、胸鰭と腹鰭の前縁が朱色を帯び、やや目が小さく顔つきが尖ってい
る。中山間地から平野部の流れの緩やかな水路に多く見られる。
<分布>[市内] 北部から西部の河川に分布。
[県内] 美濃地方平野部に分布。
[県外] 静岡県以西から九州北部まで分布。
<特記事項>
る。
河川改修による環境改変が、本種の主な減少要因と考えられ
撮影:向井貴彦
- 108 -
タカハヤ
Phoxinus oxycephalus jouyi
<選定理由>
コイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。鱗は細かく、体側の縦条が不明瞭で全体に小
黒点が散在する個体が多い。尾柄は太く、ずんどうな体形をしている。河川上
流域や丘陵地の細流に生息する。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 北部に分布。
[県内] 山地や中山間地の河川に広く分布。
[県外] 静岡県・福井県以西に分布。
<特記事項> 市内では丘陵地の細流に生息が偏っており、開発や水路の三面
コンクリート化によって生息地が減少する可能性がある。
撮影:向井貴彦
カワヒガイ
Sarcocheilichthys variegatus variegatus
<選定理由>
コイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
特異生態、環境改変
<種の概要> 全長 12cm 程度。若魚は体側に明瞭な黒色縦条があるが、成長
すると不明瞭になる。成熟した雄の婚姻色は頬部が桜色、背側が青く、体側が
黄緑色を帯び、県内では地方名「さくらばえ」とも呼ばれる。成熟した雌は 1
~2cm の産卵管が伸びており、二枚貝の中に産卵する。濃尾平野の在来個体群
は他地域とは遺伝的に大きく異なる。
<分布>[市内] 長良川および比較的規模の大きな支流に分布。
[県内] 美濃地方の河川中流域、支流に分布。
[県外] 濃尾平野~九州に分布。
<特記事項> 現在のところ生息数は多いが、産卵のために必要な淡水二枚貝
類が減少しているため、存続基盤が脆弱である。
イトモロコ
Squalidus gracilis gracilis
<選定理由>
撮影:岐阜市自然環境課
コイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 8cm 程度。口ひげが明瞭。体側中央部に比較的明瞭な黒色
縦条がある。河川の中流域や支流に生息し、やや流れのある砂泥底を好む。コ
ウライモロコに類似するが、より小規模な河川、もしくはより上流側に生息す
る。
<分布>[市内] 伊自良川水系や荒田川水系に分布。
[県内] 美濃地方の河川中流域、支流。長良川本流の場合は関市より
上流に多く分布。
[県外] 濃尾平野~九州に分布。
撮影:向井貴彦
<特記事項> 市内では、市街地の水路においても生息する。長良川からの伏
流水の影響などによって生息が維持されていると考えられる。
ニシシマドジョウ
Cobitis sp. BIWAE type B
<選定理由>
ドジョウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。体側に黒色の点列があり、トウカイコガタス
ジシマドジョウに類似するが、背面の暗色斑が規則的に配列し、体側中央部が
青みを帯びることや、尾鰭の模様などで区別できる。やや流れのある砂底の河
川に生息する。
<分布>[市内] 長良川本流および比較的規模の大きい支流に分布。
[県内] 美濃地方の河川中流域に分布。
[県外] 中部地方から山陰地方に分布。
<特記事項> 比較的水のきれいな砂底に生息するため、水質悪化に弱いと考
えられる。市内での分布地点はトウカイコガタスジシマドジョウよりも少な
い。
- 109 -
撮影:向井貴彦
魚類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
トウカイコガタスジシマドジョウ
Cobitis minamorii tokaiensis
<選定理由>
ドジョウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:絶滅危惧ⅠB類
環境改変
<種の概要> 全長 6cm 程度。水田地帯の水のきれいな砂泥底の水路に多く見
られる。体側に黒色縦条もしくは点列があり、ニシシマドジョウに類似するが、
雄の胸鰭骨質板の形状や、背面の暗色斑が(特に後半で)やや不規則になるこ
と、尾鰭の模様などで区別できる。
<分布>[市内] 水田周辺の水路に分布。
[県内] 美濃地方平野部の水田水路や、河川のわんどに分布。
[県外] 静岡県西部から三重県に分布。
魚類
<特記事項> 市街地の拡大による水田地帯の減少や水路の環境改変によっ
て生息地が減少している。学名の模式標本は三重県産だが、和名の模式標本は
岐阜市産(三重大学水産実験所所蔵標本)である。
ホトケドジョウ
Lefua echigonia
<選定理由>
撮影:古田莉奈
ドジョウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧ⅠB類
環境改変
<種の概要> 全長 5cm 程度。ドジョウやシマドジョウ類とは違って鼻孔の近
くに 1 対のひげがあり、ずんぐりした体形をしている。体色は褐色で細かな暗
色小点が散在する。ほかの魚類が生息しないような丘陵地の小河川や細流に生
息する。
<分布>[市内] 主に北西部の丘陵地に分布。
[県内] 美濃地方の中山間地の小河川、水路に分布。
[県外] 東北地方から兵庫県に分布。
<特記事項> 丘陵地の宅地開発や高速道路等の建設によって、生息地が失わ
れ続けている。
「岐阜市自然環境の保全に関する条例」の貴重野生動植物種。
ナマズ
Silurus asotus
<選定理由>
撮影:寺町茂
ナマズ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 50cm 程度。国内に広く分布するが、自然分布域は不明。
鱗が無く、ひげが 2 対(幼魚は 3 対)。口は大きく、下顎が上顎よりも前に出て
いる。眼は小さく、背鰭も小さい。河川の中・下流域や湖沼に生息し、初夏に
は水田にも遡上して産卵する。雄より雌の方が大型になる。
<分布>[市内] 河川の本流、支流に広く分布。
[県内] 美濃地方の河川中・下流域、水田地帯に分布。
[県外] 北海道~九州に分布。
<特記事項> 産卵場所となる水田地帯の減少や環境改変、成魚の生息地であ
る河川から水田地帯への移動阻害などが減少要因となる。漁業対象種であり、
放流が行われているため、生息数が多く見えている可能性がある。
アカザ
Liobagrus reinii
<選定理由>
撮影:向井貴彦
アカザ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。全身が赤褐色で、ひげが 4 対ある。主に河川
の上流から中流域に生息する。胸鰭と背鰭の棘が鋭く、刺されると強く痛む。
5~6 月頃に石の下でゼリー質に包まれた黄色い卵を産む。
<分布>[市内] 長良川本流および丘陵地の支流に分布。
[県内] 河川の上・中流域に広く分布。
[県外] 秋田県以南の本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 長良川本流においては生息数が多いが、支流の河川改修によっ
て生息地が減少している。
撮影:向井貴彦
- 110 -
アユ (天然)
Plecoglossus altivelis altivelis
<選定理由>
アユ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 20cm 程度。口には付着藻類を食べるための細かい歯があ
り、体側前方に黄色い斑紋がある。春~夏は河川上・中流域で主に付着藻類を
食べて成長し、秋に中流域下部まで降下して産卵する。孵化した仔魚は沿岸域
まで下り、冬季にプランクトンを食べて成長した後に河川に遡上する。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 長良川を中心に分布。
[県内] 夏季は放流によって県内全域の河川上・中流域に分布。
[県外] 北海道~九州に分布。
<特記事項> 長良川における漁獲量は 1990 年代半ば以降に激減している。
市内が主な産卵場所であるが、孵化仔魚が海まで辿り着けずに死滅している可
能性が示されており、漁業者によって年 1 億粒の受精卵の下流域への運搬事業
が行われている。
ボラ
Mugil cephalus cephalus
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ボラ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 市内で確認されるのは全長 20cm 程度のものが多い。成長する
と 50cm 程度になる。一般的に海水魚と思われがちだが、夏季には河川に遡上
する個体も多く、輪中地帯の水路や岐阜市南部の河川でも見られる。群れで遊
泳しながら泥底の有機物などを食べる。成魚や幼魚は沿岸や汽水域にいるもの
と思われる。
<分布>[市内] 長良川本流、荒田川、境川に分布。
[県内] 木曽三川の下流域に分布。
[県外] 日本列島の沿岸から河川に広く分布。
撮影:向井貴彦
<特記事項> 過去の文献から市内の長良川に多数生息していたと考えられ
るが、現在は個体数が少ない。
スズキ
Lateolabrax japonicus
<選定理由>
スズキ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 成長すると 90cm 程度になるが、河川に遡上するのは全長 20cm
以下の個体が多い。吻は長く、顔は尖っており、口が大きい。背鰭が第一背鰭
と第二背鰭に分かれている。体色はほぼ銀灰色。成魚は内湾や沿岸に生息し、
幼魚や若魚が河川によく進入して抽水植物帯でエビや小魚を捕食する。
<分布>[市内] 長良川本流に分布。
[県内] 木曽三川の下流域に分布。
[県外] 北海道南部から九州に分布。
<特記事項> 市内では、かつては鮎漁の網に毎夜かかる程いたとされる。
1990 年頃に伊自良川で採集された標本もあるが、1990 年代半ば以降は長良川
本流で稀にしか捕獲されていない。
ドンコ
Odontobutis obscura
<選定理由>
撮影:向井貴彦
アカザ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。口が大きく、腹鰭は二つに分かれている。体
色は褐色で体側に黒色斑が並ぶ。やや小規模で水のきれいな砂礫質の抽水植物
が茂った河川に生息し、大きめの石の下面などに産卵する。エビや小魚などを
捕食する。
<分布>[市内] 主に北部の小規模河川に分布。
[県内] 美濃地方の平野部から中山間地の河川に分布。
[県外] 愛知県から九州に分布。
<特記事項> 水質が良い河川で、砂泥底に産卵床となる大きめの石などの障
害物が必要。河川改修によって河床が平坦化されることなどが原因で減少して
いる。
- 111 -
撮影:梅村啓太郎
魚類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ヌマチチブ
Tridentiger brevispinis
<選定理由>
ハゼ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。褐色から黒色のハゼで、頬に青白い斑点があ
る。雄は第一背鰭の棘が伸長する。川底の付着藻類や小動物を食べる。内湾の
汽水域から河川中流域まで生息する。仔魚期に海まで下って成長した後に河川
を遡上する。
<分布>[市内] 長良川本流と武儀川に分布。
[県内] 木曽三川の中・下流域と一部の支流に分布。ダム湖は琵琶湖
からの二次的移入。
[県外] 北海道~九州に分布。
魚類
<特記事項> 長良川下流域の環境変化によって、河口からの遡上が減少して
いると考えられる。
シマヨシノボリ
Rhinogobius nagoyae
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ハゼ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 7cm 程度。腹鰭は吸盤状。体側に暗色横帯があり、頬部に
朱色のミミズ状の斑紋がある。繁殖期の雌の腹部は鮮やかなコバルトブルーを
呈する。仔魚期に海まで下って成長した後に河川を遡上する。
<分布>[市内] 長良川本流および武儀川に分布。
[県内] 長良川と揖斐川の中・下流域に分布。
[県外] 本州~琉球列島に分布。
<特記事項> 長良川下流域の環境変化によって、河口からの遡上が減少して
いると考えられる。
撮影:向井貴彦
ゴクラクハゼ
Rhinogobius giurinus
<選定理由>
ハゼ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。腹鰭は吸盤状。体色は白っぽく、砂地に隠れ
やすい模様をしている。体側に黒色斑が並び、小さな輝青点が散在する。仔魚
期に海まで下って成長した後に河川に遡上する。
<分布>[市内] 長良川と周辺の支流に分布。
[県内] 木曽三川の中・下流域と周辺の支流に分布。
[県外] 西南日本の河川の汽水域から中・下流域に生息。
<特記事項>
長良川では個体数の変動が大きく、生息状況が不安定である。
撮影:向井貴彦
ウキゴリ
Gymnogobius urotaenia
<選定理由>
ハゼ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 全長 10cm 程度。口が大きく、腹鰭は吸盤状。頭部は扁平。体
色は褐色で体側に黒色斑が並ぶ。成魚は河川に生息するが、孵化仔魚は海に下
り、幼魚が河川に遡上する。ため池やダム湖では陸封も可能。
<分布>[市内] 長良川と周辺の支流に分布。
[県内] 木曽三川の中・下流域と周辺の支流に分布。
[県外] 北海道から九州に分布。
<特記事項> 長良川本流から支流に広く分布するが、それぞれの地点での個
体数は多くない。
撮影:向井貴彦
- 112 -
コイ
Cyprinus carpio
<選定理由>
コイ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
環境改変、外来種の影響
<種の概要> 全長 70cm 程度。フナよりも鱗の縁取りが濃く、口ひげがある。
大型の淡水魚であり、雑食性で底生生物を捕食する。現在、河川や湖沼で見ら
れるコイは、ほぼ全て大陸原産の養殖ゴイに由来し、日本在来のコイは放流さ
れた養殖ゴイとの交雑種以外、ほとんど残っていない。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 多くの河川、ため池に分布。
[県内] 放流された養殖ゴイが飛騨・美濃地方に広く分布。
[県外] 本州~九州に分布。
<特記事項> 在来コイについては実質的に絶滅している可能性もあるが、こ
のリストでは分類学的に同種の外来コイと区別せずに評価した。盛んに放流が
おこなわれてきたために多くの個体が見られるが、幼魚の数は少なく、繁殖が
充分に行われていない可能性がある。
カワアナゴ
Eleotris oxycephala
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ハゼ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。口が大きく、腹鰭は二つに分かれている。体
色の変化が著しく、全体が褐色の時や、背面が明色でそれ以外が暗褐色になる
こともある。汽水域から淡水域に生息し、エビなどの小動物や巻貝などを食べ
る。仔魚期は海で生活する。
<分布>[市内] 長良川に分布。
[県内] 木曽三川下流域に分布。
[県外] 西南日本(沖縄を除く)に分布。
<特記事項> 1990 年 11 月 2 日に岐阜市下奈良の長良川で採集された標本が
岐阜県博物館に所蔵されている(GPM-Z13945)。標本ビンに書かれていた採集者
のメモによると「エビ篭に入る。昔いて、絶滅したと思っていたら入った。」
とのこと。
マハゼ
Acanthogobius flavimanus
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ハゼ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 全長 15cm 程度。幼魚は頭部が大きく、第 1 背鰭に黒点があり、
体側の斑紋もやや不明瞭だが、成長とともに頭部の比率が小さくなり、背鰭の
黒色斑も消失、体側に並ぶ暗褐色斑が明瞭になる。主に汽水域に生息するが、
夏季には淡水域にも多くの個体が遡上する。
<分布>[市内] 過去には長良川に分布したと考えられる。
[県内] 主に揖斐川中・下流域と木曽川の馬飼大堰より下流に分布。
[県外] 北海道から九州に分布。
<特記事項> 文献的には、1990 年代半ば以前は夏季に多数の個体が長良川
にいたとされるが、写真や標本等は残されていない。揖斐川流域では現在も大
垣市まで遡上が見られるため、本来は岐阜市も生息域だったと考えられる。
アシシロハゼ
Acanthogobius lactipes
<選定理由>
撮影:向井貴彦(羽島市産)
ハゼ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 全長 9cm 程度に成長する。マハゼに似るが、鰭条数や縦列鱗数
が少ないことで区別できる。河川下流域から汽水域の低塩分な砂質の環境に生
息する。
<分布>[市内] 長良川に分布。
[県内] 主に揖斐川下流域と木曽川の馬飼大堰より下流に分布。
[県外] 北海道から九州に分布。
<特記事項> 2008 年の河川水辺の国勢調査において、長良大橋付近で採集
されている。長良川下流域に広く分布していたと推測されるが、1990 年代以
前の小型ハゼ類の信頼できる記録が皆無に近いため、実態は不明。少なくとも
現在は非常に稀。
- 113 -
撮影:向井貴彦(羽島市産)
魚類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
昆虫類
I-2-7 昆虫類
昆虫類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 3,358 種のうち 0.7%にあたる 25 種を
選定した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅はシルビアシジミの 1 種である。また、絶滅危惧Ⅰ類はベニイト
トンボ、アオハダトンボ、アオヤンマの 3 種、絶滅危惧Ⅱ類はホンサナエ、キイロヤマトンボ、カワ
ラバッタ、タガメ、ヒメタイコウチ、ミドリシジミ、ツマグロキチョウ、コクロオバボタルの 8 種、
準絶滅危惧はモートンイトトンボ、ナゴヤサナエ、トラフトンボ、マイコアカネ、ウラギンスジヒョ
ウモン、クロゲンゴロウ、ベーツヒラタカミキリ、トラフカミキリの 8 種、情報不足はオグマサナエ、
クツワムシ、ゴマフツトガ、エゾスジヨトウ、ヨツボシカミキリの 5 種である。なお、野生絶滅の該
当種はない(表 I-2-7 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅰ類の種群は、市の北部を中心に 10 メッシュで記録がある。絶滅
危惧Ⅱ類の種群は、市の中東部を中心に 16 メッシュで記録がある。準絶滅危惧の種群は、市の北部
を中心に 9 メッシュで記録がある。情報不足の種群は、市の東部の 1 メッシュで記録がある。カテゴ
リーごとの分布状況は図 I-2-8 に示すとおりである。
表 I-2-7 昆虫類選定種一覧
カテゴリー区分
絶滅
昆虫類
種数
シルビアシジミ
1
野生絶滅
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
ベニイトトンボ、アオハダトンボ、アオヤンマ
3
絶滅危惧Ⅱ類
ホンサナエ、キイロヤマトンボ、カワラバッタ、タガメ、ヒメタイコウチ、
8
ミドリシジミ、ツマグロキチョウ、コクロオバボタル
準絶滅危惧
モートンイトトンボ、ナゴヤサナエ、トラフトンボ、マイコアカネ、
8
ウラギンスジヒョウモン、クロゲンゴロウ、ベーツヒラタカミキリ、
トラフカミキリ
情報不足
オグマサナエ、クツワムシ、ゴマフツトガ、エゾスジヨトウ、
5
ヨツボシカミキリ
合
絶滅危惧Ⅰ類
計
絶滅危惧Ⅱ類
25
準絶滅危惧
図 I-2-7 カテゴリー別分布状況(昆虫類)
- 114 -
情報不足
シルビアシジミ
Zizina emelina emelina
<選定理由>
シジミチョウ科
岐阜市:絶滅
岐阜県:絶滅
環境省:絶滅危惧ⅠB類
環境改変
<種の概要> 翅を広げた大きさが 25 ㎜前後のチョウ。翅の表面は雄が青藍
色で、外縁に黒帯がある。雌は暗褐色で前翅に青藍色が現れる。裏面は雌雄と
も灰褐色で黒点がある。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 雄総、黒野、金華山で記録がある。
[県内] 大垣市、羽島市に記録がある。
[県外] 本州(栃木県以西)、四国、九州に分布。
<特記事項> 岐阜県では、岐阜市のほか大垣市、羽島市から記録されている
が、いずれの地とも絶滅した。
撮影:名和秀雄
ベニイトトンボ
Ceriagrion nipponicum
<選定理由>
イトトンボ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 翅の長さが 20mm 前後、腹部の長さが 28 ㎜前後のトンボ。体は
雄があざやかな紅色で、雌は赤褐色である。抽水植物や沈水植物、浮葉植物が
繁茂し、木陰のある池沼に生息している。成虫は 5~10 月にかけて発生するが、
7~9 月に多く見られる。
<分布>[市内] 達目洞、折立、黒野ばんが池で記録がある。
[県内] 羽島市、笠松町に分布。
[県外] 本州(関東平野以西)、四国、九州に分布。
撮影:渡辺千洋(市外産)
<特記事項> 生息地はヨシやガマなどの抽水植物が繁茂している池沼など
の水湿地。こうした湿地は埋め立てなどにより生息環境が悪化し、個体数が激
減。本県では 30 年以上記録がない。
アオハダトンボ
Calopteryx japonica
<選定理由>
カワトンボ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 体長 55~60 ㎜前後のトンボ。翅は黒褐色。体は強い金属光沢
のある緑色。平地や丘陵地の小河川が生息地。成虫は 5~7 月に発生するが 6
月に多い。雄は水際の植物のあるところを縄張りにしている。交尾後、雌は植
物につかまり、水中に潜って産卵する。
<分布>[市内] 則松、石谷、北野西山、太郎丸向良で記録がある。
[県内] 大垣市、関市、美濃市、本巣市、揖斐川町、中津川市、恵那
市、御嵩町に分布。
[県外] 本州~九州に分布。
撮影:中島和典
<特記事項> 生息地は丘陵地~低山地にある沈水植物などの水生植物が繁
茂する緩やかな流れの河川。近年、激減しているトンボの1種である。
アオヤンマ
Aeschnophlebia longistigma
<選定理由>
ヤンマ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 翅の長さは 46mm 前後、腹長が 54mm のトンボ。腹部は太く、鮮
やかな黄緑色で、顔の額の後ろにはT字型の斑紋がある。成虫は 4 月上旬〜7
月中旬に発生し、池沼周辺の樹林や草地で生息。幼虫は抽水植物の茎や水底の
沈積物などにつかまって生活している。
<分布>[市内] 黒野今川、黒野ばんが池、長良で記録がある。
[県内] 各務原市、瑞穂市、羽島市、海津市、笠松町、養老町などに
分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
<特記事項> かつて岐阜県南部に生息していたが近年生息地の環境が悪化
し、ほとんど見ることが出来なくなった。市内では 30 年以上記録がない。
- 115 -
撮影:渡辺千洋(市外産)
昆虫類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ホンサナエ
Gomphus postocularis
<選定理由>
サナエトンボ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少
<種の概要> 体長 50 ㎜前後のトンボ。体は黒色で黄色い模様がある。平地
や丘陵地の水域に生息。成虫は 4~6 月に発生。幼虫は渕やよどみの水生植物
の根元や泥に潜って生活している。卵から成虫になるまで 2~3 年かかる。日
本固有種。
<分布>[市内] 太郎丸向良で記録がある。
[県内] 多治見市、本巣市、美濃市、恵那市、可児市、土岐市などに
分布。
[県外] 北海道~九州に分布。
撮影:渡辺千洋(市外産)
<特記事項> 近年、県内各地で局所的に多数の個体が確認されているが、市
内では未確認。
昆虫類
キイロヤマトンボ
Macromia daimoji
<選定理由>
エゾトンボ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 翅の長さは 50mm 前後、腹長が 56mm 前後のトンボ。体は黒色で、
翅は黄色を帯びている。5 月下旬~8 月に発生するが、特に 6 月に多い。丘陵
地の砂泥底の緩やかな流れの河川で発生し、雄は流れに沿って川面を飛翔する
習性がある。
<分布>[市内] 日野で記録がある。
[県内] 美濃加茂市、瑞浪市、中津川市、御嵩町などに分布。
[県外] 本州(福島県以南)、四国、九州に分布。
<特記事項>
市内では 30 年以上前に日野で記録があるのみ。
撮影:渡辺千洋(市外産)
カワラバッタ
Eusphingonotus japonicus
<選定理由>
バッタ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 雄は 25~30mm で雌が 40~43mm のバッタ。体色は灰色で、生息
している河原の石と似ているので保護色となっている。前翅は長く、2 本の暗
色横帯がある。後翅は中央部に弧をえがく褐色の帯状紋があり、内部は鮮やか
な青色をしている。翅を後腿節とすり合わせ「カシャカシャ」と音を出す。日
本固有種。
<分布>[市内] 長良古津で記録がある。
[県内] 笠松町、垂井町、揖斐川町(旧徳山村)などに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
撮影:中島和典
<特記事項> 市内では 30 年以上前の記録があるだけであったが、2009 年に
長良古津で再発見された。
タガメ
Lethocerus deyrolli
<選定理由>
コオイムシ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 体長 45~65 ㎜前後の大型水生昆虫。体は褐色で、前足は太く
先には鋭い爪がある。低地~丘陵地にある水生植物が繁茂した池沼、水田、用
水路などが主な生息地。成虫で越冬し、6 月頃から水面から出た植物の茎に産
卵。卵は雄によって守られる。
<分布>[市内] 大洞、日野、溝口下、山県北野で記録がある。
[県内] 各務原市、恵那市、関市、可児市、多治見市、山形市、坂祝
町などに分布。
[県外] 日本全国に分布。
<特記事項>
最近県内各地で増えつつあり、市内でもその傾向が見られる。
- 116 -
撮影:野平照雄(市外撮影)
ヒメタイコウチ
Nepa hoffmanni
<選定理由>
タイコウチ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 体長 20 ㎜前後で、体が黒褐色の水生昆虫。主な生息地は湿地
であるが、湧水近くのコケの間や、水深の浅い水路の落葉の中でも見られる。
成虫で越冬し、4~6 月に水際近くの土やコケの上に産卵し、孵化した幼虫は
秋に成虫になる。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 大洞、安食で記録がある。
[県内] 各務原市、可児市、多治見市、土岐市、恵那市、中津川市な
ど県南に広く分布。
[県外] 岐阜県のほか静岡県、愛知県、三重県、兵庫県、香川県に分
布。
撮影:岐阜市自然環境課
<特記事項> 県内各地の湿地環境が悪化し、個体数が激減している。市内で
もその傾向が見られる。
ミドリシジミ
Neozephyrus japonicus
<選定理由>
シジミチョウ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:-
希少
<種の概要> 翅を広げた大きさが 35 ㎜前後のチョウ。
成虫は 6~7 月に発生。
ハンノキに群れをなして生息し、夕方になると活発に活動する。産卵は普通ハ
ンノキの小枝に 1~2 個。太い幹では 10 個以上産むこともある。そのまま卵で
越冬。
<分布>[市内] 長良古津、大洞、北野、佐野、太郎丸、志段見、雛倉など市
内各地で記録がある。
[県内] 県内各地に広く分布。
[県外] 日本全国に分布。
撮影:中島和典
<特記事項> 市内の生息地はいずれも湿地環境が悪化し、幼虫の食樹である
ハンノキが少なくなり、生息数は著しく減少している。
ツマグロキチョウ
Eurema laeta betheseba
<選定理由>
シロチョウ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少
<種の概要> 翅を広げた大きさが 35mm 前後のチョウ。翅の色は黄色。前翅
の縁には帯状の黒色斑紋がある。成虫は 5 月から活動し、年 3~4 回発生を繰
り返しながら 11 月頃まで見られる。成虫で冬を越し、翌年産卵する。
<分布>[市内] 岩佐、佐野、彦坂、三田洞、三輪、山県北野で記録がある。
[県内] 県内各地に分布。生息地は局所的。
[県外] 本州(宮城県以西)、四国、九州に分布。
<特記事項> 近年、県内各地で増えているようである。市内では各地に生息
しているが、いずれも局所的であり、増加傾向は見られない。
撮影:西田眞也(市外産)
コクロオバボタル
Lucidina okadai
<選定理由>
ホタル科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 体長 7 ㎜前後のホタル。体は黒褐色。前胸背には橙色の斑紋が
ある。湿地および休耕田などの周辺に生息。成虫は 6~7 月に発生。幼虫は地
上でミミズを捕食している。ホタル科の昆虫であるが成虫は発光しない。日本
固有種。
<分布>[市内] 達目洞、大洞で記録がある。
[県内] 可児市、高山市(旧高根村)、関市、山県市などに分布。
[県外] 岐阜県のほか三重県に分布。
<特記事項>
分布は局所的ではあるが、達目洞では毎年見ることができる。
- 117 -
撮影:野平照雄
昆虫類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
モートンイトトンボ
Mortonagrion selenion
<選定理由>
イトトンボ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 翅の長さが 15 ㎜前後、腹長は 17~24mm のトンボ。オスは体の
前半が黄緑の地に黒紋、後半は橙赤色である。メスは、羽化直後は橙色である
が、成熟すると緑色になる。低い抽水植物の間などで活動しているが、あまり
目立たない。
<分布>[市内] 達目洞、山県北野、古津で記録がある。
[県内] 県内各地に分布。
[県外] 日本全国に分布。
<特記事項>
市内の生息地は開発などで悪化し、個体数は減少している。
撮影:大塚英樹
昆虫類
ナゴヤサナエ
Stylurus nagoyanus
<選定理由>
サナエトンボ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、特異生態
<種の概要> 翅の長さが 35mm 前後、腹長は 42 ㎜前後のトンボ。体は黒色で
黄色の条がたくさんある。成虫は 6 月下旬〜8 月頃に発生する。羽化後は河川
敷や周辺の樹林へ移動し、成熟すると河川へ戻り繁殖活動を行う。日本固有種。
<分布>[市内] 長森岩戸、金園町、柳津下左波で記録がある。
[県内] 大垣市、羽島市、関市、海津市、安八町などに分布。
[県外] 日本全国(東北南部から九州の一部)に分布。
<特記事項>
市内では数例記録があるにすぎない。
撮影:渡辺千洋(市外産)
トラフトンボ
Epitheca marginata
<選定理由>
エゾトンボ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 翅の長さが 33~38 ㎜で腹長が 33〜39mm のトンボ。体は黒と橙
褐色の模様。成虫は 4 月後半頃から羽化し、成熟成虫は 5 月を中心に見られる。
独特の産卵様式を持ち、卵塊を形成してから水面に落とし、さらにその卵塊は
ひも状となる。成熟したメスは水面上を徘徊飛翔する習性がある。
<分布>[市内] 折立、柳戸、長良、黒野、日野で記録がある。
[県内] 大垣市、美濃市、羽島市、岐阜市、海津市、中津川市、可児
市など県南部に分布。
[県外] 本州北東部から九州南部にかけて分布。
<特記事項>
ない。
かつて市内にも分布していたが、1980 年代以降は確認記録が
マイコアカネ
Sympetrum kunckeli
<選定理由>
撮影:渡辺千洋(市外産)
トンボ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少
<種の概要> 翅の長さが 25mm 前後、腹長は 24 ㎜前後のトンボ。体は橙色。
顔面は黄白色で 2 つの黒い眉斑がある。成虫は 6 月下旬〜11 月に発生する。
羽化直後の若い個体は羽化水域周辺の林縁や草の茂みなどで生活して夏を過
ごす。
<分布>[市内] 大洞、折立、黒野、長良で記録がある。
[県内] 海津市、笠松町、関市、美濃加茂市、各務原市、中津川市な
ど美濃地方に分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
市内では 1980 年以降の確認記録はない。
- 118 -
撮影:渡辺千洋(市外産)
ウラギンスジヒョウモン
Argyronome laodice japonica
<選定理由>
タテハチョウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 翅を広げた大きさは 55mm 前後のチョウ。翅は橙褐色で黒い斑
紋が点在している。後翅の裏面には濃い褐色紋と銀白色の列状の斑紋がある。
成虫は 6 月下旬頃から発生し、夏になると活動を休止(夏眠)して、秋になると
再び活動を始める。幼虫で越冬する。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 網代、達目洞、山県北野、日野、本郷で記録がある。
[県内] 飛騨市、高山市、下呂市、郡上市、中津川市、大垣市などに
分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。生息地は減少傾向にある。
<特記事項>
はない。
かつて市内にも広く分布していたが、1982 年以降の確認記録
クロゲンゴロウ
Cybister brevis
<選定理由>
撮影:豊島健太郎(市外産)
ゲンゴロウ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 体長 20~25 ㎜前後のゲンゴロウ。背面は光沢のある緑色~褐
色。水生植物の豊富な池沼、湿地、放棄水田が主な生息地。成虫は 8~9 月に
発生し、そのまま越冬。翌年産卵。幼虫は水生昆虫を捕食して生活し、大きく
なると上陸して土中で蛹になる。
<分布>[市内] 山県岩、山県北野、佐野、奥、岩友で記録がある。
[県内] 土岐市、中津川市、郡上市などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
市内では局所的に分布し、個体数も少ない。
撮影:寺町茂
ベーツヒラタカミキリ
Eurypoda batesi
<選定理由>
カミキリムシ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 体長 20〜40mm のカミキリムシ。上翅は光沢のある茶褐色で、
点刻は少ない。昼間はシイなどの大きな照葉樹の腐朽部に潜み、夜間活動する。
灯火にも飛来する。本種は暖地にあるカシやシイなどの照葉樹林に生息してい
るが、大径木のある林に多い。
<分布>[市内] 金華山で記録がある。
[県内] 岐阜市にのみ分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
県内では岐阜市の金華山で確認記録があるのみ。
撮影:野平照雄(市外産)
トラフカミキリ
Xylotrechus chinensis kurosawai
<選定理由>
カミキリムシ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:-
希少、特殊環境、環境改変
<種の概要> 体長 17~26 ㎜のカミキリムシ。体は黄色と黒の縞模様で、ス
ズメバチによく似ている。触角は短く、脚が長い。成虫は 7~8 月に発生。幼
虫はクワの材内を食べて成長。幼虫の加害によってクワが枯死することもある
ので害虫として知られている。
<分布>[市内] 柳津町佐波で記録がある。
[県内] 高山市、中津川市、下呂市などに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
<特記事項> かつて県内各地に広く分布していたが、近年激減。市内では柳
津町佐波で確認記録があるのみ。
- 119 -
撮影:中島和典
昆虫類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
オグマサナエ
Trigomphus ogumai
<選定理由>
サナエトンボ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 翅の長さが 27~30 ㎜、腹長は 33~36mm のトンボ。胸の側面に
黒い筋が 1 本あることと、前肩条という黄色い筋がはっきりしているのが特
徴。平地から丘陵地にかけての古い溜池や浅い池沼や水田など、止水域に生息
する。日本固有種。
<分布>[市内] 折立、日野、長良川金華橋付近で記録がある。
[県内] 中津川市、恵那市、瑞浪市、可児市、海津市、関ヶ原町など
県内各地に分布。
[県外] 本州(長野・岐阜・愛知県以西)、四国(徳島県)、九州に分布。
撮影:渡辺千洋(市外産)
<特記事項> かつて県内各地に分布していたが、近年激減。市内では 1970
年以前に確認記録があるのみ。
昆虫類
クツワムシ
Mecopoda niponensis
<選定理由>
クツワムシ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 体長が 30~35mm、翅端までは 50mm 内外のキリギリスの仲間。
体は緑色と褐色のタイプがあり、緑色でも雄の背面にある発音器付近は褐色を
帯びている。翅は大きく幅広い。夜になると雄は「ガチャガチャ」と大きな声
で鳴く。成虫は 7 月下旬より発生し、11 月上旬まで活動する。日本固有種。
<分布>[市内] 日野、達目洞で記録がある。
[県内] 関市、可児市などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項>
確認記録が少なく、詳しいことはよくわかっていない。
撮影:中島和典
ゴマフツトガ
Chilo pulveratus
<選定理由>
ツトガ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 翅を広げた大きさが 19mm 前後の小さな蛾。前翅は明るい藁色
で、暗灰色鱗を散布し、後翅は白い。前翅頂が鋭くとがる。成虫は年 1 回、6
~7 月に発生する。河跡湖が残る河川敷や、低山地のヨシやススキなどの自生
する明るい湿地に見られる。
<分布>[市内] 山県北野で記録がある。
[県内] 多治見市、笠松町などに分布。
[県外] 本州、四国、沖縄本島に局地的に分布。
<特記事項>
確認記録が少なく、詳しいことはよくわかっていない。
撮影:宮野昭彦(市外産)
エゾスジヨトウ
Doerriesa striata
<選定理由>
ヤガ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 翅を広げた大きさが 23〜30mm の小さな蛾。前翅は藁色で白色
の筋が入る。後翅は白色。丘陵地や山地の湿地や草原に生息するが、発生は局
地的で、食草や生活史など詳しいことはわかっていない。成虫は 6~8 月に発
生する。
<分布>[市内] 山県北野で記録がある。
[県内] 土岐市、瑞浪市、関市、美濃市などに分布。
[県外] 北海道、本州(中部・北部)に分布。
<特記事項>
市内での確認記録は 1 事例のみである。
撮影:船越進太郎(市外産)
- 120 -
ヨツボシカミキリ
Stenygrinum quadrinotatum
<選定理由>
カミキリムシ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:絶滅危惧ⅠB類
希少、環境改変
<種の概要> 体長 8~14mm の小さなカミキリムシ。体は赤褐色で、上翅中央
部に 2 対の白紋がある。主な生息地はコナラ、クリ、ミズナラなどの広葉樹が
混成した雑木林。成虫は 5~8 月に発生し、ノリウツギ、リョウブなどの花に
集まる。灯火にも飛来する
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 長良古津、金華山、百々ヶ峰で記録がある。
[県内] 高山市、下呂市、中津川市、土岐市、美濃市、白川村、揖斐
川町、八百津町、七宗町などに分布。
[県外] 本州、四国、九州、沖縄に分布。
<特記事項> かつては県内各地に多数生息していたが、近年激減し、ほとん
ど見ることが出来なくなった。市内では 1978 年以降確認記録がない。
撮影:野平照雄(市外産)
昆虫類
- 121 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
I-2-8 貝類
貝類のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 101 種のうち 41.6%にあたる 42 種を選
定した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅危惧Ⅰ類はナタネキバサナギガイ、イボイボナメクジ、クチベニ
マイマイ、ミノマイマイ(クロイワマイマイ亜種)、タガイ、オバエボシガイ、カタハガイ、イシガイ
の 8 種、絶滅危惧Ⅱ類はヒメマルマメタニシ、クロダカワニナ、ナミギセル、ミジンナタネガイ、レ
ンズガイ、ヤマタカマイマイ、ヌマガイ、マツカサガイ、トンガリササノハガイの 9 種、準絶滅危惧
はキュウシュウゴマガイ、マルタニシ、オオタニシ、ニホンケシガイ、ヒラマキミズマイマイなど 16
種、情報不足はコシダカヒメモノアラガイ、モノアラガイ、ヒメオカモノアラガイ、キセルモドキ、
ヒラベッコウ、ビロウドマイマイ属の一種、カワシンジュガイ、カラスガイ、マシジミの 9 種である。
なお、絶滅、野生絶滅の該当種はない(表 I-2-8 参照)。
表 I-2-8 貝類選定種一覧
貝類
カテゴリー区分
貝類
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
ナタネキバサナギガイ、イボイボナメクジ、クチベニマイマイ、
8
ミノマイマイ(クロイワマイマイ亜種)、タガイ、オバエボシガイ、
カタハガイ、イシガイ
絶滅危惧Ⅱ類
ヒメマルマメタニシ、クロダカワニナ、ナミギセル、ミジンナタネガイ、
9
レンズガイ、ヤマタカマイマイ、ヌマガイ、マツカサガイ、
トンガリササノハガイ
準絶滅危惧
キュウシュウゴマガイ、マルタニシ、オオタニシ、ニホンケシガイ、
16
ヒラマキミズマイマイ、ナガオカモノアラガイ、ヤマナメクジ、ヒゼンキビ、
ウメムラシタラ、タカキビ、ヒメカサキビ、ケハダビロウドマイマイ、
コベソマイマイ、コオオベソマイマイ、オトメマイマイ、
ヒルゲンドルフマイマイ
情報不足
コシダカヒメモノアラガイ、モノアラガイ、ヒメオカモノアラガイ、
9
キセルモドキ、ヒラベッコウ、ビロウドマイマイ属の一種、
カワシンジュガイ、カラスガイ、マシジミ
合
計
42
一方、環境省レッドリストに記載されているタテヒダカワニナ、イボカワニナ、カゴメカワニナ、
ヒメヒラマキミズマイマイ、ヒラマキガイモドキ、オオウエキビ、ヤマトシジミの 7 種については、
以下の理由により岐阜市版レッドリストには取り上げなかった。
タテヒダカワニナ、イボカワニナ、カゴメカワニナ、ヤマトシジミは、人為的に放流された移入種
であり、ヒメヒラマキミズマイマイ、ヒラマキガイモドキ、オオウエキビは岐阜市内では生息地も生
息個体数も多いことから除外した。
なお、環境省レッドリストには記載されていないが、同定が困難で微小種であることから各地の情
報量が極めて少ないウエジマメシジミについては、岐阜市内では生息地も生息個体数も多いことから
除外した。
- 122 -
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅰ類の種群は、市の北部から西部を中心に 44 メッシュで記録があ
る。絶滅危惧Ⅱ類の種群は、市の北部から西部を中心とし南部にも点々と 92 メッシュで記録がある。
準絶滅危惧の種群は、市の南部の一部を除き広い範囲で分布し 184 メッシュで記録がある。情報不足
の種群は、市の西部および東部を中心に 111 メッシュで記録がある。カテゴリーごとの分布状況は図
I-2-8 に示すとおりである。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
貝類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
図 I-2-8 カテゴリー別分布状況(貝類)
- 123 -
情報不足
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ナタネキバサナギガイ
Vertigo eogia eogia
<選定理由>
キバサナギガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、特殊環境
<種の概要> 殻は微小で殻高 3mm 程度、殻径 2mm 程度、褐色または赤みがか
った淡褐色で平滑な蛹形の巻貝。螺頂は円く、体層は次体層の 1.5 倍程度。縫
合は深く、各螺層はよく膨らむ。殻口は半円形で殻口内に歯が出る。臍孔は広
く開いている。本種は湿地性種であるため、湿地または水田周辺など湿地に準
ずる環境に生息する。市内では湿地状の休耕田などに生息していたが、生息地
点数・生息個体数ともに非常に少ない。
<分布>[市内] 芥見、岩野田、常磐で記録がある。
[県内] 不詳。
[県外] 千島列島以南、北海道、本州、四国に分布。
<特記事項> 本種の生息環境である湿地や湿地に準ずる環境は減少してお
り、これが減少要因の一つと考えられる。
貝類
イボイボナメクジ
Granulilimax fuscicornis
<選定理由>
ホソアシヒダナメクジ科
撮影:川瀬基弘(市外産)
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:情報不足
環境省:準絶滅危惧
希少、特異生態
<種の概要> 体長 25mm 程度。本種は他のナメクジを含む陸産貝類と異なり、
粘液を持たないのが特徴であるため、匍匐後に粘液が残らない。肉食性であり
他の陸貝を捕食する。休止時は触角を引き込み昆虫の幼虫のようにも見える
が、匍匐時は触角を伸ばし体も細長く伸びる。背面の中央には不明瞭な太い縦
線があり、それを囲むように細い明瞭な環状の線が模様としてみられる。普通
のナメクジとは別系統である。市内では滅多に見つからない。
<分布>[市内] 岩野田北、常磐で記録がある。
[県内] 養老町、大垣市などに分布。
[県外] 和歌山、静岡、愛知、三重、山梨の各県、四国に分布。
撮影:川瀬基弘
クチベニマイマイ
Euhadra amaliae
<選定理由>
オナジマイマイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は中形で、殻高 20~24mm、殻径 26~37mm。淡い黄白色で光
沢があり、やや薄い。螺塔は低い円錐形。色帯は 0234 型、0034 型、0204 型、
0000 型、0030 型、0004 型、(1~3)0 型など多くの型がある。周縁は円く、殻
口は下降して斜位、ほぼ円形。唇縁は肥厚して広がる。外唇は淡紅色、内部は
紫紅色。臍孔は中位の大きさで開く。軟体の背部は白色で、両肩部は黒い縦条
である。その上縁は顕著、下縁は次第に消失する。
<分布>[市内] 真砂町 4 丁目(1984/7/30)で記録がある。
[県内] 大野町、恵那市、本巣市(旧根尾村)、白川町、瑞浪市、郡上市(旧
白鳥町)などに分布。
[県外] 本州中部以西、近畿地方、伊豆三宅島に分布。
<特記事項> 1984 年に市内での確認記録があるが、現在では市内全域で死
殻すら見つからないことから絶滅した可能性もある。
ミノマイマイ(クロイワマイマイ亜種)
Euhadra senckenbergiana minoensis
<選定理由>
オナジマイマイ科
撮影:川瀬基弘(市外産)
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は小形で、殻高 24.5mm、殻径 36mm。黄褐色~濃い赤褐色で
無光沢に近い。色帯はほとんど 0204 型で、2 は細く 4 は臍孔域よりかなりひ
ろがる個体もある。特に体層は膨らみが強い。螺旋状の成長線は密に現れ、火
炎彩は少し見られる。殻口は広くほとんど円形で、その外唇はやや厚く広く反
転する。臍孔は著しく小さく、急に狭くなる。軟体は背面が淡い虎模様である。
<分布>[市内] 下尻毛(1984/7/10)、北柿ヶ瀬(1984/7/9)で記録がある。
[県内] 揖斐川町、恵那市、大垣市、美濃市、美濃加茂市などに分布。
[県外] 岐阜県のほか滋賀県、三重県(中部以北)に分布。
<特記事項> 1984 年に市内での確認記録があるが、現在では市内全域で死
殻すら見つからないことから絶滅した可能性もある。
- 124 -
撮影:西尾和久(市外撮影)
タガイ
Anodonta japonica
<選定理由>
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 殻が長卵形で薄く、膨らみが弱く、中型で通常の殻長は 10cm
を超えない。殻頂は前方に寄り、殻頂付近には同心円状の皺がある。擬主歯も
後側歯もない。殻表は黒褐色で、内面はやや青みがかった真珠光沢をもつ。妊
卵期は一年中で、幼生も一年中放出される。間隔を開けて約一ヶ月間に渡って
幼生を放出する雌もいれば、数日で全ての幼生を放出する雌もいる。宿主はオ
イカワ、カマツカ、ヨシノボリで、幼生は鰭や鰓に寄生する。日本固有種。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 合渡、黒野、三輪北、七郷、常磐、方県、木田などで記録がある。
[県内] 海津市(旧海津町油島)、揖斐川町北方、笠松町米野木曽川な
どに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
撮影:市原俊
<特記事項> 生息環境の改修工事や汚染が進み、幼生の宿主となる魚類が外
来魚に捕食されるなどの理由で、本種の生息地や個体数は激減した。
オバエボシガイ
Inversidens brandti
<選定理由>
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅰ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
分布限界、希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 殻は卵円形で膨らみ、後端は嘴状にやや尖る。日本産イシガイ
科貝類としては最も小型種で殻長は通常 5cm を超えない。殻頂付近には弱い縮
緬状の彫刻がある。収足筋痕は前閉殻筋痕とつながる。鰓葉に蓄えられた卵は
グロキディウム幼生に成長した後放出され、グロキディウム幼生はオイカワ、
ヒガイ、タモロコ、モツゴの魚類の体表に付着し寄生生活を経て底生生活に入
る。日本固有種。
<分布>[市内] 岩野田、黒野、常磐、方県で記録がある。
[県内] 揖斐川町、関市などに分布。
[県外] 本州(岐阜県・愛知県以西)、九州に分布。
撮影:市原俊
<特記事項>
伊勢湾流入河川以西に分布し、岐阜県は分布の東限にあたる。
カタハガイ
Obovalis omiensis
<選定理由>
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
分布限界、希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 日本産イシガイ科二枚貝としては中型で殻長は通常 8cm を超
えない。左右両殻ともやや強い三角形の 1 主歯を持つが後側歯はない。この特
徴が片歯(かたは)という和名の由来である。殻表は平滑で、後背縁に放射状肋
がある。内面は青味を帯びた真珠光沢をもつ。小川や用水路の砂礫~砂泥底に
生息する。宿主はオイカワ、カワムツ、ヨシノボリで、主に鰓に付着寄生する。
日本固有種。
<分布>[市内] 黒野、三輪北、常磐、西郷、方県、網代で記録がある。
[県内] 関市、揖斐川町に分布。
[県外] 本州(岐阜県・愛知県以西)、四国、九州に分布。
<特記事項>
たる。
イシガイ
Unio (Nodularia) douglasiae nipponensis
<選定理由>
撮影:市原俊
三河湾以西の本州から九州に分布し、岐阜県は分布の東限にあ
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅰ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:-
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 殻は細長く 5cm 程度に成長する。黒い殻色をもつ。日本全国に
広く分布し、河川の中流・下流や水路、湖沼に生息する。タナゴ類の産卵対象
となる。用水路の三面張りや生活排水、農薬の流入などで生息環境の悪化が進
んでおり、日本各地で生息場所や生息個体数は減少している。市内では、長良
川以北の水路や稀に小河川に生息していたが、個体数は各地点ともに非常に少
なかった。近江盆地には亜種のタテボシガイが分布する。日本固有種。
<分布>[市内] 黒野、鷺山、三輪北、長良東、日置江、日野、柳津などで記
録がある。
[県内] 瑞浪市、関市、羽島市、坂祝町、笠松町などに分布。
[県外] 近江盆地を除く日本全国に分布。
<特記事項>
生する。
宿主はオイカワ、カワムツ、ヨシノボリで、幼生は鰓に付着寄
- 125 -
撮影:市原俊
貝類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ヒメマルマメタニシ
Gabbia kiusiuensis
<選定理由>
エゾマメタニシ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:情報不足
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
分布限界、希少、環境改変
<種の概要> 殻高 6~7mm 程度の小型種。殻は長卵形で、螺塔の高さや縫合
の深さには多少の変異がある。各層は平滑で光沢がありよく膨れる。蓋は石灰
質で厚い。もともと生息地が局限される稀少な種で、生態に関する知見は極め
て少ない。兵庫県以西の本州、四国、九州に分布し、岐阜県は本種の分布の東
限にあたるとされている。
<分布>[市内] 合渡、黒野、七郷、木田で記録がある。
[県内] 大垣市、養老町などに分布。
[県外] 岡山県、埼玉県、兵庫県、山口県、四国、九州全県に分布。
撮影:川瀬基弘
貝類
クロダカワニナ
Semisulcospira (Biwamelania) kurodai
<選定理由>
カワニナ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 外形は棍棒状でカワニナやチリメンカワニナに比べて細高く、
殻底肋が 5~6 本と少ない。殻高は 30~35mm 程度。胎児殻の体層には瘤状突起
がある。蓋は革質の卵形。雌雄異体の卵胎生で育児嚢をもつ。流れが極めて緩
やかな河川下流域や水路、溜池に生息する。泥が堆積している場所を好む。カ
ワニナと同属であるが、遺伝子分析の結果は琵琶湖固有種のタテヒダカワニナ
などと近縁であり分類学的な再検討が必要であろう。
<分布>[市内] 黒野、鷺山、常磐、長森南、長良、長良西、方県などで記録
がある。
[県内] 関市、川辺町、笠松町、羽島市、海津市などに分布。
[県外] 東海地方以西、近畿地方、紀伊半島、中国地方に分布。
撮影:市原俊
<特記事項> DNA 分析の結果、琵琶湖固有種のタテヒダカワニナと近縁であ
ったため亜属名には Biwamelania を用いた。
ナミギセル
Stereophaedusa (Stereophaedusa) japonica japonica
<選定理由>
キセルガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 殻は中形で、殻高 26mm、殻径 7mm、12 層。やや棍棒型で淡黄
~紫褐色。殻口は卵形で全縁、白色。外唇は厚くひろがり反転する。上板は斜
位で内唇にいたる。下板は顕著に発達し、弓状に湾曲し、上板に近づいている。
下軸板は弱く唇縁に現れる。主襞は長く、その下に上腔襞が少し斜めにあり、
それより短い下腔襞がある。地域による個体変異があり多くの地方名が与えら
れている。
<分布>[市内] 方県、網代で記録がある。
[県内] 大垣市、大野町、揖斐川町(旧久瀬村、旧徳山村)、山県市(旧美
山町)、本巣市(旧根尾村)などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
撮影:川瀬基弘
<特記事項> ナミギセルが好む生息環境である落葉樹林の減少が、本種の生
息地や個体数の減少要因と考えられる。
ミジンナタネガイ
Punctum atomus
<選定理由>
ナタネガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は極めて薄く微小で、殻高 0.5mm、殻径は 1mm 程度、3 層。
中位の臍孔、蒼黄色、光沢があり鋭い密縦脈と細螺脈をもつ。螺層はよく膨れ、
縫合は深く、体層周縁と底面は円い。殻口は円く新月形で唇縁は薄く、軸唇は
広くひろがる。極めて微小な種であるため、リター分析を行わないと見逃され
ることがある。市内の調査では全域のリター分析を行ったが、発見されたのは
1 地点のみであり、生息数が極めて少ない。
<分布>[市内] 芥見で記録がある。
[県内] 不詳。
[県外] 北海道、松島、三宅島(伊豆)、西郷(模式産地)に分布。
撮影:市原俊
- 126 -
レンズガイ
Otesiopsis japonica
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:情報不足
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少
<種の概要> 殻は薄く、殻高 7~9mm、殻径 13mm 前後。半透明で淡い黄褐色。
凸レンズ形で、周縁はキール状になる。螺塔は低い円錐形で、螺頂は鈍い。成
長線は不規則に現れる。殻底は膨れ、中央の軸部はくぼむ。殻口は斜位。唇は
薄く、底唇は湾曲し、上方の周縁角付近は広がり反転して溝状となる。狭い臍
孔がある。軟体は淡いアメ色。両肩部は太く漆様黒帯縦条が現れる。足部側面
の中ほどから後方にわたり黒い小さな斑紋が若干散在する。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 芥見、金華、日野で記録がある。
[県内] 美濃市、揖斐川町に分布。
[県外] 関東地方、静岡県、島根県、九州全域に分布。
撮影:川瀬基弘
<特記事項> 九州では連続的に分布するが、本州の記録は不連続で局限さ
れ、生物地理学的に興味深い種であることが指摘されている。
ヤマタカマイマイ
Satsuma papillifoemis
<選定理由>
ニッポンマイマイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻高 30mm、殻径 25mm 程度になる卵形の陸産巻貝である。色は
淡黄褐色で周囲に細い淡い茶褐色の線があることが多い。希に無帯のこともあ
る。殻口の底唇と軸唇とは直角になる。臍孔は閉じる。殻口外唇は広がって乳
白色になる。軟体は淡い茶褐色で、顆粒状模様を現している。自然度の高い林
内や川沿いの朽木や落葉の下など湿度の高い場所に生息する。
<分布>[市内] 方県、網代で記録がある。
[県内] 本巣市、山県市、郡上市、白川村、高山市、飛騨市などに分
布。
[県外] 長野・富山県以西、福井、島根、近畿地方一円に分布。
撮影:川瀬基弘(市外産)
ヌマガイ
Anodonta lauta
<選定理由>
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 殻は薄く卵形で膨らみ、大型個体の殻長は 20cm を超える。擬
主歯はない。殻表は黒色~緑褐色で、細かい成長線を除き、ほぼ平滑であるが
殻頂付近には同心円状の皺がある。後端はやや尖る。内面は真珠層に覆われる。
溜池や用水路の砂~泥底に生息する。幼生はグロキディウムと呼ばれ、オイカ
ワ、カマツカ、ヨシノボリの鰭や鰓に付着寄生する。妊卵期は春から夏で、幼
生もその間に放出される。日本固有種。
<分布>[市内] 岩野田、鏡島、厚見、鷺山、常磐、則武、柳津、鶉などで記
録がある。
[県内] 海津市(旧海津町、旧南濃町)、羽島市正木町、瑞浪市、恵那
市などに分布。
[県外] 北海道、本州、四国、九州に分布。
マツカサガイ
Inversidens (Pronodularia) japanensis
<選定理由>
撮影:市原俊
イシガイ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:準絶滅危惧
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 日本産イシガイ科貝類としては中型で殻長は通常 9cm を超え
ない。殻は卵円形で、膨らみは弱く平たい。湖沼産の個体は大型になることが
ある。殻のほぼ全面に強いさざ波状の彫刻がある。右殻の擬主歯は三角状であ
る。内面は真珠層に覆われる。小川や用水路の礫~砂泥底に生息する。25℃で
完全に乾燥させても数日間は生きられる。寿命は約 10 年。妊卵期は晩春から
夏にかけてで、幼生は主として日中に流下している。日本固有種。
<分布>[市内] 黒野、三輪南、七郷、長森東、日野、網代、木田などで記録
がある。
[県内] 瑞浪市、揖斐川町、関市、下呂市(旧萩原町)などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
撮影:市原俊
<特記事項> 宿主はオイカワ、カワムツ、ドジョウ、ヨシノボリで、グロキ
ディウム幼生は鰭や鰓に付着寄生する。
- 127 -
貝類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
トンガリササノハガイ
Lanceolaria grayana
<選定理由>
イシガイ科
分布限界、希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 日本産イシガイ科貝類としては大型で殻長は 15cm に成長する
個体もある。膨らみは弱い。前縁は丸く、後端は鋭く尖る。殻頂は前方に寄る。
殻表には不明瞭な皺状の彫刻がある。内面は真珠光沢が強い。ササノハガイは
琵琶湖水系特産の異名。宿主はオイカワ、ヨシノボリ、カワムツで、主に鰓に
寄生する。小川や用水路の砂礫~砂泥底に生息する。移動能力は高いが、あま
り移動しない。日本固有種。
<分布>[市内] 芥見東、鏡島、三輪南、市橋、常磐、方県、藍川などで記録
がある。
[県内] 瑞浪市、海津市(旧海津町)、揖斐川町、関市などに分布。
[県外] 本州(岐阜県・愛知県以西)、四国、九州に分布。
<特記事項>
する。
貝類
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:準絶滅危惧
キュウシュウゴマガイ
Diplommatina tanegashimae kyushuensis
<選定理由>
撮影:市原俊
分布は三河湾流入河川以西であり、岐阜県は分布の東限に位置
ゴマガイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻高 2.7mm、殻径 1.5mm、7 層。肥満した紡錘形で、淡い黄褐
色。次体層が最大となる。肋条は細かく弱い。最終層は正面で肋条が消えて、
平滑に近い。殻口の内部は肥厚し、腔滑層の縁は厚くなる。殻軸の下端で口縁
は弱く角張る。腔襞は長く強く、明瞭である。本種はタネガシマゴマガイの亜
種である。
<分布>[市内] 常磐、方県、網代で記録がある。
[県内] 不詳。
[県外] 本州中部~九州に分布。
<特記事項>
マルタニシ
Cipangopaludina chinensis laeta
<選定理由>
撮影:川瀬基弘
岐阜県が東限になる可能性もあるが詳細な分布情報がない。
タニシ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
環境改変
<種の概要> 殻は円錐形で各螺層の膨らみは強く縫合は深い。殻表面には刻
点列状の彫刻がある。殻高は 40~50mm 程度。近縁種のオオタニシに似ている
が、オオタニシよりやや小型で、殻の形が丸みを帯びる。主に、水田・池・沼
などの淡水の止水域に生息する。育児嚢で稚貝を育てる卵胎生。胎児殻は小型
で、30~40 個。6~7 月頃に胎児を産出する。比較的乾燥に強い。食用になる。
<分布>[市内] 合渡、黒野、七郷、常磐、西郷、網代、木田、藍川などで記
録がある。
[県内] 瑞浪市、羽島市、高山市、飛騨市、垂井町、池田町などに分布。
[県外] 北海道~九州、沖縄に分布。
撮影:市原俊
<特記事項> 近年では水質汚濁、農薬散布、用水路の改修、水田の乾田化の
ため生息地、生息数とも著しく減少した。
オオタニシ
Cipangopaludina japonica
<選定理由>
タニシ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
環境改変
<種の概要> 殻は高い円錐形でヒメタニシに似るがより大型で、殻底に比較
的明瞭な角があるものが多い。
殻高は 50~60mm 程度で、
環境条件がよいと 80mm
前後まで成長する。殻表は平滑で光沢がある。水田にも見られるが、水の干上
がらない池沼や湧水のある場所などに多い。育児嚢で稚貝を育てる卵胎生。胎
児殻は小さく、周縁に著しい角のあるそろばん玉状。通常胎児は 30~40 個程
度。食用にされる。
<分布>[市内] 芥見、黒野、三輪南、長森南、方県、網代、藍川などで記録がある。
[県内] 瑞浪市、恵那市(旧山岡町、旧岩村町を含む)、大垣市、七宗町な
どに分布。
[県外] 東北地方以南、四国、九州に分布。
<特記事項> かつては食用にするほど多産したが、近年では水質汚濁、農薬散
布、用水路の改修などのため生息地、生息数とも著しく減少した。
- 128 -
撮影:市原俊
ニホンケシガイ
Carychium nipponense
<選定理由>
ケシガイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は著しく微小で、殻高 1.3mm、殻径 0.6mm、4 層。螺頂は裁
断したように鈍くなる。透明な淡い黄褐色で平滑、光沢がある。体層はやや大
きい。縫合はやや深く、殻口は斜位で、細長く小さい。内唇の中ほどに尖る板
(歯)状があり、外唇内方にやや大きい節がある。極めて微小であるため、リタ
ー分析により確認された。市内全域のリター分析を行ったが分布が極めて局所
的であった。微小種であるため各地の詳細な分布情報は少ない。
<分布>[市内] 芥見、三輪南、長良東で記録がある。
[県内] 高山市(旧吉城郡上宝村、旧大野郡高根村、旧朝日村)、白川
村などに分布。
[県外] 奥羽地方以南、関東、近畿、徳島、隠岐島に分布。
ヒラマキミズマイマイ
Gyraulus chinensis
<選定理由>
撮影:市原俊
ヒラマキガイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:情報不足
希少
<種の概要> 殻径 5mm 程度の扁平な平巻き形。周縁は円いか、わずかにキー
ル状になる。本種はヒメヒラマキミズマイマイに比べて大型で同サイズのそれ
と比較すると巻き数が少ないことで区別できる。殻表は灰褐色や黄褐色を帯び
た半透明で微細な成長脈がある。殻は付着物に覆われていることが多い。遺伝
子分析により市内には、本種とヒメヒラマキミズマイマイが生息することを確
認したが、本種の分布は後者に比べて極めて局所的であった。
<分布>[市内] 岩、黒野、鷺山、常磐、則武、長良西、島、木田で記録がある。
[県内] 瑞浪市、本巣市(旧根尾村松田)、恵那市(旧明智町)、笠松町、
中津川市、笠松町などに分布。
[県外] 北海道以南~九州南西諸島までの日本全国に分布。
<特記事項>
<選定理由>
撮影:市原俊
水質汚濁や冬季の乾田化などが減少の原因と考えられる。
ナガオカモノアラガイ
Oxyloma hirasei
オカモノアラガイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻はとても薄く、やや光沢のある黄褐色の半透明。卵形~紡錘
形で体層は長い。殻高 10~13mm 程度。殻口が著しく長く広がり殻口高は殻高
の 8 割程度を占める。淡水産のモノアラガイなどに似ているが、眼が触角の先
端についていることで区別できる。陸産種であるが、水田・水路周辺の草地や
水路の水際など淡水産貝類調査の際に比較的よく見つかることが多い。
<分布>[市内] 茜部、芥見、鷺山、三里、島、日野、本郷、網代などで記録
がある。
[県内] 瑞浪市、大垣市、笠松町などに分布。
[県外] 本州(関東・中国)、四国、九州北部に分布。
撮影:川瀬基弘
<特記事項> 本種が付着するマコモなどの挺水植物の生息する湿地や水田
が激減しているので、本種の生息地、生息数も減少している。
ヤマナメクジ
Meghimatium fruhstorferi
<選定理由>
ナメクジ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 軟体は巨大で、13~16cm に及ぶ個体もある。灰褐~黒褐色で、
その両側に幅広く黒縦帯があり、足部近くで淡くなる。背上の中央に黒い斑点
が縦にあり、背面から側面にわたり黒~灰色の顆粒状隆起で縞模様を現してい
る。山地性で冬期は老樹の洞穴内深くに潜入して越冬している。
<分布>[市内] 三輪南、三輪北で記録がある。
[県内] 大垣市、郡上市(旧白鳥町)、飛騨市(旧吉城郡神岡町、旧河合
村稲越)などに分布。
[県外] 本州、四国、九州、久米島に分布。
撮影:岐阜市自然環境課
- 129 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
貝類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ヒゼンキビ
Parakaliella hizenensis
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻径 3mm 程度の微小種。殻は薄く半透明で黄褐色~褐色。螺塔
はやや高く円みのある円錐形。各螺層はよく膨らみ縫合はやや深い。ハリマキ
ビよりも体層が一回り小さく、ヒメハリマキビよりも丸みをおびることで区別
できる。市街地や平地には分布しない山地性種であり、市内では北部の山間部
の数地点で生息記録があるが個体数は少ない。
<分布>[市内] 岩野田、三輪南、常磐、長良東、方県、網代、藍川で記録が
ある。
[県内] 養老町(養老山系の北部の石灰岩地帯)
、揖斐川町に分布。
[県外] 本州(愛知県・中国地方)、九州に分布。
撮影:川瀬基弘
貝類
ウメムラシタラ
Coneuplecta (Sitalina) japonica
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻は微小で、殻高約 1.2mm、殻径 1.8mm 程度。螺塔が低く、巻
数は少なく、低い円錐形。縫合はくびれ、各層には段差を有し、3 本程度の螺
状殻皮を持つ。体層底部は平たく、周縁の角は尖らない。殻は淡黄褐色。殻口
は肥厚・反転せず、内部に歯はない。雌雄同体。低標高の比較的自然度の高い
森林の落葉下に生息する。コシタカシタラガイと比べると体層の周縁に 3 本の
螺状肋があることで識別できる。
<分布>[市内] 芥見、金華、三輪南、三輪北、長良東、日置江、日野などで
記録がある。
[県内] 揖斐川町、高山市高根町、揖斐郡大野町、大垣市赤坂町に分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
タカキビ
Coneuplecta praealta
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
撮影:川瀬基弘(市外産)
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:情報不足
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻高は 4mm、殻径 2.5mm 程度で小型である。殻はきわめて薄く、
淡い褐色で半透明である。螺塔は高い円錐形状の形態である。螺層は多く、そ
の頂部は鈍い。体層に周縁角があり、殻底はわずかに膨れる。殻口は半円形、
その唇縁は薄い。軸唇は少し広がり三角形となる。臍孔がある。山地の森林内
に生息し、薄暗い谷など湿潤な環境下において、アオキなどの常緑低木の葉の
裏側に付着していることが多い。
<分布>[市内] 岩野田、金華、三輪北、常磐、方県、網代、藍川で記録がある。
[県内] 瑞浪市、下呂市(旧下呂町)、揖斐川町に分布。
[県外] 本州(山口県以東・近畿・中部・関東地方)、九州に分布する。
ヒメカサキビ
Trochochlamys subcrenulata
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
撮影:市原俊
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻は微小で殻高 2.2mm、殻径 3mm 程度。淡い褐色で半透明。カ
サキビより著しく低い円錐形。螺層は緩やかに膨れる。体層の周縁角は鋭く突
起している。殻表は繊細な糸状縦脈と多少不明瞭な螺状脈を現す。殻口はやや
菱形、その周縁は薄い。軸唇はやや垂直にわずかに広がる。臍孔は狭く開いて
いる。軟体は淡灰~赤褐色。触角は黒褐色。宅地開発などによる自然林の減少
や乾燥化により生息地や個体数は減少していると考えられる。
<分布>[市内] 岩野田、京町、常磐、梅林、方県、明徳、網代で記録がある。
[県内] 瑞浪市、本巣市(旧本巣郡本巣町)に分布。
[県外] 本州、伊豆諸島、四国、九州及び付属島嶼に分布。
- 130 -
撮影:川瀬基弘
ニッポンマイマイ科
ケハダビロウドマイマイ
Nipponochloritis fragilis
<選定理由>
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
希少
<種の概要> 殻はやや小形で、殻高 15~20mm 程度。黄褐色。螺塔は低い。
縫合はやや深く、各層はよく膨れる。体層は急に膨大となる。殻表に比較的荒
い針毛様の殻皮が発達する。殻口は成熟しても反転しない個体が多い。ビロウ
ドマイマイ(トウカイビロウドマイマイ)に比べて、殻皮毛の密度が低く粗いの
が特徴である。山間部の倒木下や伐採して積み上げられた竹材の下などに生息
するが、生息地は少なく個体数も少ない。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 鷺山、三輪北、方県、網代で記録がある。
[県内] 揖斐川町、大野町など伊吹山周辺地域に分布。
[県外] 北陸以南、近畿地方、中部地方に分布。
<特記事項> 遺伝子分析の結果、市内のケハダビロウドマイマイは、エチゼ
ンビロウドマイマイに近縁であることが分かった。
コベソマイマイ
Satsuma myomphala
<選定理由>
ニッポンマイマイ科
撮影:川瀬基弘
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は大形でやや薄く、殻高 30~35mm、殻径 40~50mm。螺塔は
低く、淡い黄褐~赤褐色。周縁に赤褐色の色帯がある。縫合は浅い。殻口は斜
位でやや広い半円形。外唇は薄くわずかに反転する。臍孔は閉じる。軟体の背
面はアメ色。本種は山麓から平地に生息し、国内の分布域では南の方が小型化
する傾向があり多産する地域もあるが、東海地域では比較的個体数が少なく希
少な種である。
<分布>[市内] 芥見、岩、黒野、長良東、日野、梅林、方県、網代などで記
録がある。
[県内] 恵那市(旧明智町)、関市(旧板取村を含む)、養老町、御嵩町、
富加町(旧富加村)などに分布。
[県外] 本州(中部以西)、四国、九州に分布。
コオオベソマイマイ
Aegista mimula
<選定理由>
オナジマイマイ科
撮影:川瀬基弘
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は偏平でうすく、殻高 5~7.5mm、殻径 9~11mm。螺塔は低い
円錐形。褐色で光沢がない。殻表には伏したごく鱗片のようなものが弱い線条
にそって密生する。体層の周縁は円いが弱く角ばる。殻口は斜位、やや円形。
唇縁は白く狭くひろがり、やや反転して厚くなる。臍孔は広く開く。四国(香
川県)
・本州(秋田県~島根県)と広く分布し、地方変異がある。
<分布>[市内] 岩、三輪南、三輪北、方県、網代で記録がある。
[県内] 高山市(旧朝日村、旧丹生川村)、飛騨市(旧河合村)、多治見
市、大野町などに分布。
[県外] 奥羽地方以南~島根県、香川県に分布。
撮影:川瀬基弘
オトメマイマイ
Trishoplita goodwini
<選定理由>
オナジマイマイ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は小形で、殻高 6.5~8.3mm、殻径 8.8~11.7mm。薄く、半透
明でやや光沢があり、青白色。螺塔は円錐形。殻表には弱い成長線がある。周
縁には鈍い角がある。殻口は少し下降して斜位、円形に近い。唇縁は薄く、わ
ずかにひろがる。軸唇は白色、かなりひろがる。臍孔は中ぐらいの大きさ。自
然林で渓流ぞいのササ類や竹などが繁茂しているところに、生息している。
<分布>[市内] 金華、三輪南、城西、常磐、長良東、日置江、日野などで記
録がある。
[県内] 大垣市、郡上市(旧白鳥町)、本巣市(旧本巣町)、山県市(旧美山
町)、揖斐川町(旧谷汲村、旧藤橋村)などに分布。
[県外] 石川・福井県以南、岐阜・三重県以西の近畿地方、四国に分
布。
- 131 -
撮影:川瀬基弘
貝類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ヒルゲンドルフマイマイ
Trishoplita hilgendorfi
<選定理由>
オナジマイマイ科
希少
<種の概要> 殻はやや大きく、殻高 8mm、殻径 12mm 程度の低円錐形で、体
層は丸く膨らみ、周辺に弱い角がある。殻の色彩は淡黄色から黄褐色で、殻質
は薄く、殻表に薄い殻皮を持つ。産地によって殻の色彩、周辺角の強さなど殻
の形態は変異する。近似種のマメマイマイに比べて、より大きくなることで区
別できる。地方種や亜種として、アメイロヒルゲンドルフマイマイやオオヒル
ゲンドルフマイマイなどが知られている。
<分布>[市内] 京町、合渡、島、日野、梅林、白山、方県、明徳などで記録
がある。
[県内] 伊吹山、垂井町、美濃市、大垣市、大野町、揖斐川町(旧春日
村)などに分布。
[県外] 伊吹山系、鈴鹿山系の石灰岩地に分布。
貝類
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:準絶滅危惧
コシダカヒメモノアラガイ
Fossaria truncatula
<選定理由>
モノアラガイ科
撮影:川瀬基弘
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:情報不足
希少
<種の概要> 殻高 5mm、殻径 2.5mm 程度で、殻口高は殻高の 5 割程度を占め
るが、ヒメモノアラガイのように広くはならない。生時は軟体部が透けて黒っ
ぽく見えるが、殻は黄白色から飴色の半透明である。ヨーロッパ原産の外来種
であると考えられているが、在来種である可能性も否定できない。市内では、
劣化した水路のコンクリート壁面の亀裂など水際付近に生息していた。
<分布>[市内] 岩野田、三里、三輪南、早田、則武、長良西、鶉などで記録
がある。
[県内] 不詳。
[県外] 北海道以南、群馬県、愛知県、徳島県、九州に分布。
撮影:川瀬基弘
モノアラガイ
Radix (Radix) japonica
<選定理由>
モノアラガイ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:準絶滅危惧
希少、環境改変
<種の概要> 殻高 20mm 程度で、殻口が著しく広がり殻口高は殻高の 7~8 割
程度を占める。軸唇は多少ねじれる。殻表面には細かい成長脈がみられる。蓋
はない。かつては日本各地に普通に生息していたが、1980 年代後半頃から各
地で減少している。水質汚濁、農薬散布、用水路の改修のため生息地、生息数
とも著しく減少した。今回得られた個体は、最近分布を広げている似て非なる
外来種の可能性もある。
<分布>[市内] 鏡島、合渡、市橋、七郷、城西、島、日置江、本荘などで記
録がある。
[県内] 海津市(旧海津町)、可児市(旧可児町河合木曽川)に分布。
[県外] 北海道~九州に分布。
ヒメオカモノアラガイ
Succinea lyrata
<選定理由>
オカモノアラガイ科
撮影:川瀬基弘(市外産)
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻は卵形で短く、淡黄色。殻長 7~12mm。螺塔は幅広くやや高
く円錐形で 3 螺層。弱い皺があり、体層は強く大きい。殻口は幅広い卵形で、
殻高の 3/4 の長さである。内部は琥珀色である。オカモノアラガイよりも著し
く小型で、よく膨らみ、縫合は深い。中国大陸、トカラ列島、喜界島・沖永良
部島・沖縄・八重山に分布する。
<分布>[市内] 厚見、合渡、黒野、三輪北、常磐、鶉で記録がある。
[県内] 美濃加茂市、下呂市(旧下呂町)、郡上市(旧八幡町)、各務原
市などに分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
撮影:市原俊
- 132 -
キセルモドキ
Mirus reinianus
<選定理由>
キセルガイ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:-
希少
<種の概要> 殻高 25~29mm、殻径 6.5~8.5mm、黄褐色で狭長な右巻きの殻
をもつ。殻表には成長線に沿った不規則で微細な顆粒状の彫刻がある。殻口は
強く反転し肥厚する。滑層は磁白色。軸唇縁の下端はやや角があり、臍孔隙は
狭い。倒木裏面、朽ち木内部、湿潤な落葉や枯草の堆積下に生息する。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
<分布>[市内] 金華山周辺(1967 年)で記録がある。
[県内] 揖斐川町(旧久瀬村)、山県市(旧美山町)、郡上市(旧八幡町)、
高山市(旧朝日村)、瑞浪市、池田町などに分布。
[県外] 本州(関東~近畿・中国)、四国、九州に分布。
撮影:川瀬基弘(市外産)
ヒラベッコウ
Bekkochlamys micrograpta
<選定理由>
ベッコウマイマイ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:情報不足
希少
<種の概要> 殻はやや小形で、殻高 5mm、殻径 10mm 程度。半透明、淡い黄
褐色で光沢が強い。螺塔は低く扁平で、わずかに緩やかに突きでる。各層は緩
やかに広がり、体層は著しく広くなり、その幅は次体層の倍である。周縁は円
い。殻表は滑らかで、繊細な成長線と細密な螺線によって彫刻されている。殻
口はわずかに斜位で広い新月形、その周縁は鋭く尖る。殻軸は前方へ広がる。
臍孔は狭く、その幅は殻径の 1/10 ぐらいである。
<分布>[市内] 芥見南、岩野田北、金華、合渡、島、日置江、藍川などで記
録がある。
[県内] 瑞浪市、恵那市(旧串原村)、高山市(旧高根村)、白川村などに分布。
[県外] 本州、四国、九州とその属島に分布。
<特記事項> 自然林の減少や乾燥化が減少の要因である。適度な湿度を保っ
た腐葉土やリター層の貧弱な雑木林では生息が困難である。
ビロウドマイマイ属の一種
Nipponochloritis sp.
<選定理由>
ニッポンマイマイ科
撮影:西尾和久(市外撮影)
岐阜市:情報不足
岐阜県:-
環境省:情報不足
希少
<種の概要> 殻高 12mm、殻径 17mm 程度、殻はやや球形で、黄褐色。殻表に
は短い殻毛が密にある。螺塔はほとんど平らで、縫合の間は緩やかに中高とな
る。次体層と体層は下降し、円形となる。殻口はわずかに斜位、広い円形、そ
の唇縁は薄い。滑層は内唇から外側へ広がり半円状となる。臍孔がある。ケハ
ダビロウドマイマイに比し殻皮毛の密度が高いものを本種に位置づけた。
<分布>[市内] 芥見、岩、岩野田、三輪南で記録がある。
[県内] 可児市、瑞浪市、多治見市など東濃地域を中心に分布。
[県外] 東北・関東・中部・近畿・四国地方などに分布。
<特記事項> DNA 分析の結果、 従来から Nipponochloritis oscitans とさ
れている種には複数種が含まれるため、Nipponochloritis sp.とした。
カワシンジュガイ
Margaritifera laevis
<選定理由>
カワシンジュガイ科
撮影:川瀬基弘(市外産)
岐阜市:情報不足
岐阜県:絶滅危惧Ⅱ類
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 殻長 10cm 程度になる淡水産二枚貝。殻は褐色から黒色になり、
内側は青味がかった真珠光沢が強い。背縁は前方に傾斜し、前縁は楕円形に突
出する。前閉殻筋痕は丸い耳状である。一般に、夏季でも水温が 20 度以上に
ならないような河川上流の泥〜礫底に生息する。生育場所の流速は比較的速
く、多くは早瀬~平瀬に生息する。8 年で性成熟し、最大寿命は 80 年程度と
推定されている。ヤマメ、アマゴ、ニジマスが宿主となる。
<分布>[市内] 黒野、常磐、方県で記録がある。
[県内] 高山市、下呂市、郡上市、揖斐川町などに分布。
[県外] 北海道、本州に分布。
<特記事項> 市内での生息は極めて稀で、グロキディウム幼生の寄生した魚
類の移動にともなう偶因分布の可能性がある。
- 133 -
撮影:市原俊
貝類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
カラスガイ
Cristaria plicata
<選定理由>
イシガイ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:情報不足
環境省:準絶滅危惧
希少、特異生態、環境改変、営利目的、外来種の影響
<種の概要> 日本産の淡水産二枚貝としては最大級で殻長は約 40cm にまで
成長する。ドブガイ類(タガイやヌマガイなど)と混同されることが多いが、本
種にはドブガイ類にはない後側歯があり区別は明確である。殻表は滑らかで、
しばしば緑色の放射状の模様が見られる。本種の属するイシガイ科二枚貝は河
川の下流域や平野部の用水路などの緩やかな流れで、水量が多く水質の良い砂
泥底を生息場所としている。市内では絶滅寸前である。
<分布>[市内] 鏡島、合渡、鷺山、則武、木田で記録がある。
[県内] 揖斐川水系下流域に分布。
[県外] 北海道、本州に分布。
撮影:市原俊
<特記事項> 妊卵期は晩秋から早春で、幼生はその間に放出される。宿主は
ヨシノボリで、幼生は鰭や鰓に付着寄生する。
貝類
マシジミ
Corbicula leana
<選定理由>
シジミ科
岐阜市:情報不足
岐阜県:準絶滅危惧
環境省:絶滅危惧Ⅱ類
希少、環境改変
<種の概要> 殻は 30mm 程度の亜三角形で、殻色は黄褐色から黒褐色を呈し
光沢はほとんどない。小型の二枚貝で、湖岸や河川の砂地に分布する。汽水域
に分布するヤマトシジミと比べると、殻の高さが低く、光沢がにぶい。また殻
の表面に小さく黒い斑模様がある。幼貝は緑黄色で成長すると黒くなる。比較
的きれいな水が流れる川や池に生息する。市内では外来種のタイワンシジミが
分布を拡大し、マシジミの生息地は激減している。
<分布>[市内] 岩、厚見、合渡、早田、島、藍川、鶉などで記録がある。
[県内] タイワンシジミの侵入していない県内各地の河川や湖沼に分布。
[県外] 東北~九州、四国に分布。
<特記事項> マシジミをタイワンシジミのシノニムとする見解もあり、文献
により異なる見解が示されている。
- 134 -
撮影:市原俊
I-2-9 甲殻類(十脚類)
甲殻類(十脚類)のレッドリスト掲載種は、岐阜市内で生息記録のある 8 種のうち 50.0%にあたる 4
種を選定した。
カテゴリー区分別にみると、絶滅危惧Ⅱ類はミゾレヌマエビ、ヌマエビ北・中部群の 2 種、準絶滅
危惧はサワガニ、モクズガニの 2 種である。なお、絶滅、野生絶滅、絶滅危惧Ⅰ類、情報不足の該当
種はない(表 I-2-9 参照)。
確認場所の詳細な記録があるデータを基に、カテゴリーごとの分布状況(3 次メッシュの 1/2 地域メ
ッシュ)についてみると、絶滅危惧Ⅱ類の種群は、市の東部に 7 メッシュと南部に 1 メッシュで記録
がある。準絶滅危惧の種群は、市の中心市街地を除く広い範囲の 55 メッシュで記録がある。カテゴ
リーごとの分布状況は図 I-2-9 に示すとおりである。
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
表 I-2-9 甲殻類(十脚類)選定種一覧
カテゴリー区分
甲殻類(十脚類)
種数
絶滅
-
-
野生絶滅
-
-
-
-
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
ミゾレヌマエビ、ヌマエビ北・中部群
2
準絶滅危惧
サワガニ、モクズガニ
2
情報不足
-
合
-
計
絶滅危惧Ⅱ類
4
準絶滅危惧
図 I-2-9 カテゴリー別分布状況(甲殻類(十脚類))
- 135 -
甲殻類
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
ミゾレヌマエビ
Caridina leucosticta
<選定理由>
ヌマエビ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 体長 3cm 程度。両側回遊性の小卵型ヌマエビ類で、眼上棘が無
く、頭胸甲の前側角部が尖らない。額角上縁の先端部に他から離れた数個の棘
がある。体色は茶色や透明だが、背面の正中線上に 1 本の幅広い黄褐色の縞が
ある。ミナミヌマエビに比べると腹部に対して頭胸部が小さく、額角が長いこ
ともあってスマートな体形に見える。
<分布>[市内] 長良大橋近辺に分布。
[県内] 木曽三川の下流域に分布
[県外] 西南日本に広く分布。
<特記事項> 市内での分布は限られている。2002 年に岐関大橋付近で採集
された記録もあるが、写真や標本が無いため誤同定の可能性がある。
ヌマエビ北・中部群
Paratya compressa compressa
甲殻類
<選定理由>
撮影:向井貴彦
ヌマエビ科
岐阜市:絶滅危惧Ⅱ類
岐阜県:-
環境省:-
希少、環境改変
<種の概要> 全長 3cm 程度。形態的にヌマエビと呼ばれている種は、一生を
淡水で暮らす「北・中部群」と海に下る「南部群」の 2 種に分けられる。両種
は遺伝的に分化しており、北・中部群は東日本のヌカエビと近縁である。眼上
棘が有り、頭胸甲の前側角部が尖らない。額角上縁の先端部に他から離れた棘
は無い。体色は透明な個体が多い。体を伸ばした状態で腹部中央がやや盛り上
がった体形をしている。
<分布>[市内] 北東部の河川とため池に分布。
[県内] 不明。
[県外] 中部地方以北に分布。
撮影:向井貴彦
<特記事項> 市内での分布は限られている。やや水がきれいで流れのある環
境に生息する傾向にある。
サワガニ
Geothelphusa dehaani
<選定理由>
サワガニ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 甲幅 3cm 程度。丘陵地の小さな流れや上流域で普通に見ること
ができる身近なカニ。本州にいる他のカニ類は全て幼生期を海で過ごすが、サ
ワガニだけは親と同じ形の子ガニが卵から生まれて、一生を山で過ごす。地方
によって体色に大きな変異がある。
<分布>[市内] 丘陵地の河川に分布。
[県内] 県内に広く分布。
[県外] 本州、四国、九州に分布。
<特記事項> 丘陵地の細流に生息するため、宅地開発や水路の三面コンクリ
ート護岸化によって生息地が減少していると考えられる。
モクズガニ
Eriocheir japonica
<選定理由>
撮影:鈴木彰
モクズガニ科
岐阜市:準絶滅危惧
岐阜県:-
環境省:-
環境改変
<種の概要> 甲幅 8cm 程度。鋏脚に密な毛が生えることが特徴。川で数年間
育ち、成体は秋に交尾と産卵のために海に下る。降河期のものが漁獲され、茹
でてかにみそが賞味される。
<分布>[市内] 長良川と周辺の支流に分布。
[県内] 木曽三川の中・下流域周辺に分布。
[県外] 北海道から沖縄まで分布。
<特記事項> 下流域の環境変化による遡上・降下への影響が考えられる。漁
業用の放流が行われているため、市内で採れるものは必ずしも海から上がって
きたとは限らず、存続基盤が脆弱と判断される。
- 136 -
撮影:鈴木彰
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
I-3.岐阜市版レッドリスト掲載種一覧
- 137 -
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
【植物
(維管束植物)】(1/5)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
準絶滅危惧
1 ジュンサイ
Brasenia schreberi
2 ミズニラ
Isoetes japonica
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
3 カミガモシダ
Asplenium oligophlebium
絶滅危惧Ⅰ類
4 メヤブソテツ
Cyrtomium caryotideum
絶滅危惧Ⅰ類
5 ヘラシダ
Deparia lancea
6 ムカゴイラクサ
絶滅
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
営
利
目
的
○ ○
○ ○
○ ○
○
準絶滅危惧
○ ○
○
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
Laportea bulbifera
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
7 ミヤコミズ
Pilea kiotensis
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
8 シロバナサクラタデ
Persicaria japonica
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
9 ニッケイ
Cinnamomum sieboldii
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○ ○
○
10 カザグルマ
Clematis patens
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○ ○
○ ○
11 クサボタン
Clematis stans
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○ ○
12 トウゴクサバノオ
Dichocarpum trachyspermum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
13 バイカモ
Ranunculus nipponicus var. submersus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
14 ヘビノボラズ
Berberis sieboldii
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
15 オグラコウホネ
Nuphar oguraensis
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
16 ヒメコウホネ
Nuphar subintegerrima
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
17 ヒツジグサ
Nymphaea tetragona
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○ ○
○ ○
18 ヒトリシズカ
Chloranthus japonicus
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
19 フタリシズカ
Chloranthus serratus
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
20 モウセンゴケ
Drosera rotundifolia
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○ ○ ○
21 ヤマエンゴサク
Corydalis lineariloba
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
22 ヒロハコンロンソウ
Cardamine appendiculata
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
23 チダケサシ
Astilbe microphylla
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
24 アカショウマ
Astilbe thunbergii var. thunbergii
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
25 ウラジロウツギ
Deutzia maximowicziana
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
26 タヌキマメ
Crotalaria sessiliflora
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
27 ミヤマカタバミ
Oxalis griffithii
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
28 ヒカゲスミレ
Viola yezoensis
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
29 ミズユキノシタ
Ludwigia ovalis
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
30 ギンリョウソウモドキ
Monotropa uniflora
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○ ○ ○
31 ベニドウダン
Enkianthus cernuus f. rubens
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○ ○
32 ギンレイカ
Lysimachia acroadenia
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
33 アイナエ
Mitrasacme pygmaea
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
34 イヌセンブリ
Swertia tosaensis
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
35 ジュズネノキ
Damnacanthus macrophyllus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
36 シモバシラ
Collinsonia japonica
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
37 ヒメサルダヒコ
Lycopus ramosissimus var. ramosissimus
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
38 ラショウモンカズラ
Meehania urticifolia
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
39 ミズネコノオ
Pogostemon stellatus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○ ○
○
40 ミズトラノオ
Pogostemon yatabeanus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
41 ヒメナミキ
Scutellaria dependens
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○ ○
○
42 オオアブノメ
Gratiola japonica
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
43 イヌノフグリ
Veronica polita var. lilacina
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
44 イワタバコ
Conandron ramondioides
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
45 イヌタヌキモ
Utricularia australis
絶滅危惧Ⅰ類
46 タヌキモ
Utricularia japonica
絶滅危惧Ⅰ類
47 ウグイスカグラ
Lonicera gracilipes var. glabra
絶滅危惧Ⅰ類
48 スイラン
Hololeion krameri
絶滅危惧Ⅰ類
49 サワギク
Nemosenecio nikoensis
50 ヘラオモダカ
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○
○
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
Alisma canaliculatum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
51 スブタ
Blyxa echinosperma
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
52 ヤナギスブタ
Blyxa japonica
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
53 コウガイモ
Vallisneria denseserrulata
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
54 アマナ
Amana edulis
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
55 ミヤマナルコユリ
Polygonatum lasianthum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
56 キツネノカミソリ
Lycoris sanguinea
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
57 ホシクサ
Eriocaulon cinereum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
58 イトイヌノヒゲ
Eriocaulon decemflorum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
59 シロイヌノヒゲ
Eriocaulon sikokianum
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
60 ミズタカモジ
Elymus humidus
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
61 ウラシマソウ
Arisaema thunbergii subsp. urashima
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
62 オニスゲ
Carex dickinsii
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
63 カンガレイ
Schoenoplectus triangulatus
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
64 コマツカサススキ
Scirpus fuirenoides
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○
○
65 ムギラン
Bulbophyllum inconspicuum
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○ ○
66 キンラン
Cephalanthera falcata
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○ ○ ○
67 サイハイラン
Cremastra appendiculata var. variabilis
絶滅危惧Ⅰ類
68 セッコク
Dendrobium moniliforme
絶滅危惧Ⅰ類
69 オニノヤガラ
Gastrodia elata
絶滅危惧Ⅰ類
70 アキザキヤツシロラン
Gastrodia verrucosa
絶滅危惧Ⅰ類
71 エンシュウムヨウラン
Lecanorchis suginoana
絶滅危惧Ⅰ類
72 コケイラン
Oreorchis patens
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
73 サギソウ
Pecteilis radiata
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
外
来
種
の
影
響
法指定等
岐阜市条例(貴重野生動植物種)
○ ○ ○ ○ ○
絶滅危惧Ⅰ類
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○
- 138 -
○ ○ ○ ○
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○ ○
岐阜県条例(指定希少野生生物)
【植物
(維管束植物)】(2/5)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
○ ○
○
○ ○
○
営
利
目
的
74 ミズスギ
Lycopodium cernuum
絶滅危惧Ⅱ類
75 ウチワゴケ
Crepidomanes minutum
絶滅危惧Ⅱ類
76 クジャクシダ
Adiantum pedatum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○
77 ビロードシダ
Pyrrosia linearifolia
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○
78 ヤマモモ
Morella rubra
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○
○
79 オノエヤナギ
Salix udensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
80 カテンソウ
Nanocnide japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
81 カナビキソウ
Thesium chinense
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○ ○
82 サデクサ
Persicaria maackiana
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○
○
83 ホソバノウナギツカミ
Persicaria praetermissa
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○
○
84 ネバリタデ
Persicaria viscofera var. viscofera
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
85 フシグロ
Silene firma
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
86 ミヤマハコベ
Stellaria sessiliflora
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
87 アオハコベ
Stellaria uchiyamana var. apetala
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
88 シデコブシ
Magnolia stellata
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
89 マツブサ
Schisandra repanda
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
90 マツモ
Ceratophyllum demersum
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○
○
91 ヒメオトギリ
Hypericum japonicum
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
92 ヤマハタザオ
Arabis hirsuta
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
93 ジャニンジン
Cardamine impatiens
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
94 ミズタガラシ
Cardamine lyrata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
95 ユリワサビ
Eutrema tenue
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
96 ハタザオ
Turritis glabra
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
97 ツメレンゲ
Orostachys japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○
98 ヒメレンゲ
Sedum subtile
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
99 ツルネコノメソウ
Chrysosplenium flagelliferum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
100 ヒメウツギ
Deutzia gracilis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
101 タマアジサイ
Hydrangea involucrata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
102 ヤマアジサイ
Hydrangea serrata var. serrata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
103 コチャルメルソウ
Mitella pauciflora
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
104 ヤブサンザシ
Ribes fasciculatum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
105 ナメラダイモンジソウ
Saxifraga fortunei var. suwoensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
106 カワラサイコ
Potentilla chinensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
107 ワレモコウ
Sanguisorba officinalis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
108 タンキリマメ
Rhynchosia volubilis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
109 ヤマアイ
Mercurialis leiocarpa
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
110 コクサギ
Orixa japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
111 ツルシキミ
Skimmia japonica var. intermedia f. repens
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
112 ニガキ
Picrasma quassioides
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
113 エンコウカエデ
Acer pictum subsp. dissectum f. dissectum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
114 キツリフネ
Impatiens noli-tangere
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○
○
115 ナガバノスミレサイシン
Viola bissetii
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
116 エイザンスミレ
Viola eizanensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
117 ヒシ
Trapa japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
118 ハリギリ
Kalopanax septemlobus
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
119 シャク
Anthriscus sylvestris subsp. sylvestris
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
120 ハルリンドウ
Gentiana thunbergii var. thunbergii
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
121 アケボノソウ
Swertia bimaculata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
122 センブリ
Swertia japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
123 スズサイコ
Vincetoxicum pycnostelma
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
124 ヤマルリソウ
Omphalodes japonica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
125 ニシキゴロモ
Ajuga yesoensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
126 ヒキオコシ
Isodon japonicus
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
127 コシロネ
Lycopus cavaleriei
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
128 ヒメシロネ
Lycopus maackianus
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
129 ウツボグサ
Prunella vulgaris subsp. asiatica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
130 タツナミソウ
Scutellaria indica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
131 イヌゴマ
Stachys aspera var. hispidula
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
132 ツルニガクサ
Teucrium viscidum var. miquelianum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
133 ハダカホオズキ
Tubocapsicum anomalum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
134 シソクサ
Limnophila chinensis subsp. Aromatica
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
135 ママコナ
Melampyrum roseum var. japonicum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○ ○
136 クチナシグサ
Monochasma sheareri
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
137 ソクズ
Sambucus chinensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
138 オミナエシ
Patrinia scabiosifolia
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
139 ツルカノコソウ
Valeriana flaccidissima
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
140 サワギキョウ
Lobelia sessilifolia
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
141 キキョウ
Platycodon grandiflorus
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○
142 ヌマダイコン
Adenostemma lavenia
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
143 イヌヨモギ
Artemisia keiskeana
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
144 ミヤマヨメナ
Aster savatieri
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
145 センダングサ
Bidens biternata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
146 タウコギ
Bidens tripartita
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
絶滅危惧ⅠB類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
- 139 -
絶滅危惧Ⅱ類
外
来
種
の
影
響
法指定等
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
【植物
(維管束植物)】(3/5)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
営
利
目
的
147 リュウノウギク
Chrysanthemum makinoi
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
148 ヤマニガナ
Lactuca raddeana var. elata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
149 センボンヤリ
Leibnitzia anandria
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
150 フトヒルムシロ
Potamogeton fryeri
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
151 ホッスモ
Najas graminea
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
152 コオニユリ
Lilium leichtlinii f. pseudotigrinum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
153 ナルコユリ
Polygonatum falcatum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
154 アマドコロ
Polygonatum odoratum var. pluriflorum
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
155 ノハナショウブ
Iris ensata var. spontanea
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
156 アヤメ
Iris sanguinea
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○
157 ニッポンイヌノヒゲ
Eriocaulon taquetii
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
158 ヒメコヌカグサ
Agrostis valvata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
159 ヒメノガリヤス
Calamagrostis hakonensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
160 チョウセンガリヤス
Cleistogenes hackelii
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
161 オガルカヤ
Cymbopogon tortilis var. goeringii
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
162 オオハンゲ
Pinellia tripartita
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
163 マツバスゲ
Carex biwensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
164 クロヒナスゲ
Carex gifuensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
165 オオハリイ
Eleocharis congesta var. congesta
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
166 ノテンツキ
Fimbristylis complanata f. exaltata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
167 フトイ
Schoenoplectus tabernaemontani
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○
168 ギンラン
Cephalanthera erecta
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○ ○
169 ツチアケビ
Cyrtosia septentrionalis
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○
170 カキラン
Epipactis thunbergii
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○ ○ ○ ○
171 クロヤツシロラン
Gastrodia pubilabiata
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○ ○
172 トンボソウ
Platanthera ussuriensis
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○ ○ ○
173 カヤラン
Thrixspermum japonicum
絶滅危惧Ⅱ類
174 ホソバカナワラビ
Arachniodes aristata
準絶滅危惧
○
○
175 クサソテツ
Matteuccia struthiopteris
準絶滅危惧
○
○
176 コウヤワラビ
Onoclea sensibilis var. interrupta
準絶滅危惧
○
○
177 イヌガヤ
Cephalotaxus harringtonia var. harringtonia
準絶滅危惧
○
○
178 カワラハンノキ
Alnus serrulatoides
準絶滅危惧
○
○
179 スダジイ
Castanopsis sieboldii
準絶滅危惧
○
○
180 クヌギ
Quercus acutissima
準絶滅危惧
○
○
181 イチイガシ
Quercus gilva
準絶滅危惧
○
○
182 タニソバ
Persicaria nepalensis
準絶滅危惧
○
○
183 サワハコベ
Stellaria diversiflora
準絶滅危惧
○
○
184 アブラチャン
Lindera praecox
準絶滅危惧
○
○
185 シロモジ
Lindera triloba
準絶滅危惧
○
○
186 カゴノキ
Litsea coreana
準絶滅危惧
○ ○
○
187 ヤマグルマ
Trochodendron aralioides
準絶滅危惧
○
○
188 ニリンソウ
Anemone flaccida
準絶滅危惧
○
○ ○
189 ムベ
Stauntonia hexaphylla
準絶滅危惧
○
○
190 マタタビ
Actinidia polygama
準絶滅危惧
○
○
191 ミヤマキケマン
Corydalis pallida
準絶滅危惧
○
○
192 ヤマガラシ
Barbarea orthoceras
準絶滅危惧
○
○
193 ワサビ
Eutrema japonicum
準絶滅危惧
○
○ ○
194 マンサク
Hamamelis japonica
準絶滅危惧
○
○
195 オノマンネングサ
Sedum lineare
準絶滅危惧
○
○
196 トリアシショウマ
Astilbe odontophylla
準絶滅危惧
○
○
197 ガクウツギ
Hydrangea scandens
準絶滅危惧
○
○
198 ミカワチャルメルソウ
Mitella furusei var. furusei
準絶滅危惧
○
○
199 コゴメウツギ
Neillia incisa
準絶滅危惧
○
○
200 ワタゲカマツカ
Pourthiaea villosa var. villosa
準絶滅危惧
○
○
201 テリハノイバラ
Rosa luciae
準絶滅危惧
○
○
202 ミヤマフユイチゴ
Rubus hakonensis
準絶滅危惧
○
○
203 クサイチゴ
Rubus hirsutus
準絶滅危惧
○
○
204 ホドイモ
Apios fortunei
準絶滅危惧
○
○
205 ジャケツイバラ
Caesalpinia decapetala var. japonica
準絶滅危惧
○
○
206 カワラケツメイ
Chamaecrista nomame
準絶滅危惧
○
○
207 シラキ
Neoshirakia japonica
準絶滅危惧
○
○
208 マツカゼソウ
Boenninghausenia albiflora var. japonica
準絶滅危惧
○
○
209 キハダ
Phellodendron amurense
準絶滅危惧
○ ○
○
210 ヒメハギ
Polygala japonica
準絶滅危惧
○
○
211 ツタウルシ
Toxicodendron radicans subsp. orientale
準絶滅危惧
○
○
212 コハウチワカエデ
Acer sieboldianum
準絶滅危惧
○
○
213 ツリフネソウ
Impatiens textorii
準絶滅危惧
○
○
214 タラヨウ
Ilex latifolia
準絶滅危惧
○
○
215 ミツバウツギ
Staphylea bumalda
準絶滅危惧
○
○
216 ケンポナシ
Hovenia dulcis
準絶滅危惧
○
○
217 トウグミ
Elaeagnus multiflora var. hortensis
準絶滅危惧
○
○
218 アキグミ
Elaeagnus umbellata var. umbellata
準絶滅危惧
○
○
219 シロバナオオタチツボスミレ
Viola kusanoana f. alba
準絶滅危惧
○
○
準絶滅危惧
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
外
来
種
の
影
響
○ ○ ○ ○
準絶滅危惧
情報不足
- 140 -
○
法指定等
【植物
(維管束植物)】(4/5)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
営
利
目
的
220 ナガバタチツボスミレ
Viola ovato-oblonga
準絶滅危惧
○
○
221 スミレサイシン
Viola vaginata
準絶滅危惧
○
○
222 ヒメアギスミレ
Viola verecunda var. subaequiloba
準絶滅危惧
○
○
223 キブシ
Stachyurus praecox
準絶滅危惧
○
○
224 ゴキヅル
Actinostemma tenerum
準絶滅危惧
○
○
225 キカラスウリ
Trichosanthes kirilowii var. japonica
準絶滅危惧
○
○
226 ミズマツバ
Rotala mexicana
準絶滅危惧
○
○
227 ミズキ
Cornus controversa
準絶滅危惧
○
○
228 ツボクサ
Centella asiatica
準絶滅危惧
○
○
229 ウシミツバ
Cryptotaenia canadensis subsp. japonica f. dissecta
準絶滅危惧
○
○
230 オオバチドメ
Hydrocotyle javanica
準絶滅危惧
○
○
231 ムカゴニンジン
Sium ninsi
準絶滅危惧
○
○
232 アブラツツジ
Enkianthus subsessilis
準絶滅危惧
○
○
233 ヒカゲツツジ
Rhododendron keiskei
準絶滅危惧
○
○
234 カラタチバナ
Ardisia crispa
準絶滅危惧
○
○
235 リュウキュウマメガキ
Diospyros japonica
準絶滅危惧
○
○
236 クロミノニシゴリ
Symplocos paniculata
準絶滅危惧
○
○
237 アオダモ
Fraxinus lanuginosa f. serrata
準絶滅危惧
○
○
238 リンドウ
Gentiana scabra var. buergeri
準絶滅危惧
○
○
239 オオアリドオシ
Damnacanthus indicus var. major
準絶滅危惧
○
○
240 ナギナタコウジュ
Elsholtzia ciliata
準絶滅危惧
○
○
241 ミゾコウジュ
Salvia plebeia
準絶滅危惧
○
○
242 マルバノホロシ
Solanum maximowiczii
準絶滅危惧
○
○
243 サワトウガラシ
Deinostema violaceum
準絶滅危惧
○
○
244 スズメノハコベ
Microcarpaea minima
準絶滅危惧
○
○
245 オオカメノキ
Viburnum furcatum
準絶滅危惧
○
○
246 タニウツギ
Weigela hortensis
準絶滅危惧
○
○
247 タニギキョウ
Peracarpa carnosa
準絶滅危惧
○
○
248 カワラハハコ
Anaphalis margaritacea subsp. yedoensis
準絶滅危惧
○
○
249 カワラヨモギ
Artemisia capillaris
準絶滅危惧
○
○
250 ヤブタバコ
Carpesium abrotanoides
準絶滅危惧
○
○
251 サワアザミ
Cirsium yezoense
準絶滅危惧
○
○
252 ヤクシソウ
Crepidiastrum denticulatum
準絶滅危惧
○
○
253 フジバカマ
Eupatorium japonicum
準絶滅危惧
○
○
254 オグルマ
Inula britannica subsp. japonica
準絶滅危惧
○
○
255 ナガバノコウヤボウキ
Pertya glabrescens
準絶滅危惧
○
○
256 メナモミ
Sigesbeckia pubescens
準絶滅危惧
○
○
257 シロバナタンポポ
Taraxacum albidum
準絶滅危惧
○
○
258 サワオグルマ
Tephroseris pierotii
準絶滅危惧
○
○
259 アギナシ
Sagittaria aginashi
準絶滅危惧
○
○
260 シライトソウ
Chionographis japonica
準絶滅危惧
○
○
261 チゴユリ
Disporum smilacinum
準絶滅危惧
○
○
262 カタクリ
Erythronium japonicum
準絶滅危惧
○
○
263 ノカンゾウ
Hemerocallis fulva var. disticha
準絶滅危惧
○
○
264 カキツバタ
Iris laevigata
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○
○ ○
265 ホソイ
Juncus setchuensis var. effusoides
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
○
266 トウササクサ
Lophatherum sinense
準絶滅危惧
○
○
267 コメガヤ
Melica nutans
準絶滅危惧
○
○
268 ミヤコザサ
Sasa nipponica
準絶滅危惧
○
○
269 イブキザサ
Sasa tsuboiana
準絶滅危惧
○
○
270 イヌアワ
Setaria chondrachne
準絶滅危惧
○
○
271 ナガエミクリ
Sparganium japonicum
準絶滅危惧
○
○
272 ヒメガマ
Typha domingensis
準絶滅危惧
○
○
273 クロカワズスゲ
Carex arenicola
準絶滅危惧
○
○
274 サンカクイ
Schoenoplectus triqueter
準絶滅危惧
○
○
275 イヌスギナ
Equisetum palustre
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
○
276 コハナヤスリ
Ophioglossum thermale var. nipponicum
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
○
277 ヒメイワトラノオ
Asplenium capillipes
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
○
278 トキワシダ
Asplenium yoshinagae
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
○
279 オワセベニシダ
Dryopteris ryo-itoana
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
○
280 ミヤマウラボシ
Phymatopsis veitchii
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
○
281 カシワ
Quercus dentata
情報不足
情報不足
○
282 サンショウソウ
Pellionia minima
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
○
283 マツグミ
Taxillus kaempferi
情報不足
準絶滅危惧
○
284 ウナギツカミ
Persicaria sagittata var. sibirica
情報不足
準絶滅危惧
○
285 ヌカボタデ
Persicaria taquetii
情報不足
準絶滅危惧
286 オオヤマレンゲ
Magnolia sieboldii subsp. Japonica
情報不足
準絶滅危惧
287 イヌガシ
Neolitsea aciculata
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
288 イシモチソウ
Drosera peltata var. nipponica
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
289 キケマン
Corydalis heterocarpa var. japonica
情報不足
準絶滅危惧
290 クサフジ
Vicia cracca
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
291 ノウルシ
Euphorbia adenochlora
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○
292 ハナノキ
Acer pycnanthum
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
- 141 -
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
○
○ ○
準絶滅危惧
○
○
○
○
外
来
種
の
影
響
法指定等
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
【植物
(維管束植物)】(5/5)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
293 シロスミレ
Viola patrinii
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
294 ヒメビシ
Trapa incisa
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
295 タチモ
Myriophyllum ussuriense
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○
296 ヒトツバタゴ
Chionanthus retusus
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
297 シオジ
Fraxinus platypoda
情報不足
情報不足
298 ガガブタ
Nymphoides indica
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○
299 マメダオシ
Cuscuta australis
情報不足
情報不足
絶滅危惧ⅠA類
○
300 ツルカコソウ
Ajuga shikotanensis
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
301 キセワタ
Leonurus macranthus
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
302 オケラ
Atractylodes ovata
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
303 オナモミ
Xanthium strumarium
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
304 ヒルムシロ
Potamogeton distinctus
情報不足
絶滅危惧Ⅰ類
305 クロホシクサ
Eriocaulon parvum
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
306 ウマスゲ
Carex idzuroei
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
307 オオアオスゲ
Carex lonchophora
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
308 マメヅタラン
Bulbophyllum drymoglossum
情報不足
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
○
309 エビネ
Calanthe discolor
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○
○
- 142 -
○
○
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
○
環
境
改
変
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
法指定等
【動物
(哺乳類)】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
絶滅危惧Ⅱ類
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
1 ヤマコウモリ
Nyctalus aviator
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
2 ヒナコウモリ
Vespertilio sinensis
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
3 ニホンジネズミ
Crocidura dsinezumi
準絶滅危惧
○
4 ヒミズ
Urotrichus talpoides
準絶滅危惧
○
5 キクガシラコウモリ
Rhinolophus ferrumequinum
準絶滅危惧
○
6 コキクガシラコウモリ
Rhinolophus cornutus
準絶滅危惧
○
7 ハタネズミ
Microtus montebelli
準絶滅危惧
8 カヤネズミ
Micromys minutus
準絶滅危惧
9 ニホンリス
Sciurus lis
準絶滅危惧
○
Petaurista leucogenys
準絶滅危惧
○
10 ムササビ
【動物
環
境
改
変
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
法指定等
○
○
○
準絶滅危惧
○
(鳥類)】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
準絶滅危惧
準絶滅危惧
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
1 ヨタカ
Caprimulgus indicus
絶滅危惧Ⅰ類
2 ヒメアマツバメ
Apus nipalensis
絶滅危惧Ⅰ類
3 シロチドリ
Charadrius alexandrinus
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
4 コアジサシ
Sterna albifrons
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
5 サンショウクイ
Pericrocotus divaricatus
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
6 セッカ
Cisticola juncidis
絶滅危惧Ⅰ類
7 トラツグミ
Zoothera dauma
絶滅危惧Ⅰ類
情報不足
○
8 コサメビタキ
Muscicapa dauurica
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
○
9 バン
Gallinula chloropus
絶滅危惧Ⅱ類
10 タマシギ
Rostratula benghalensis
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
11 サシバ
Butastur indicus
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○
12 コシアカツバメ
Hirundo daurica
絶滅危惧Ⅱ類
13 ヤマドリ
Syrmaticus soemmerringii
準絶滅危惧
準絶滅危惧
14 カイツブリ
Tachybaptus ruficollis
準絶滅危惧
準絶滅危惧
15 ササゴイ
Butorides striata
準絶滅危惧
16 イカルチドリ
Charadrius placidus
準絶滅危惧
17 ハチクマ
Pernis ptilorhynchus
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
18 オオタカ
Accipiter gentilis
準絶滅危惧
準絶滅危惧
準絶滅危惧
19 フクロウ
Strix uralensis
準絶滅危惧
準絶滅危惧
20 アオバズク
Ninox scutulata
準絶滅危惧
準絶滅危惧
21 サンコウチョウ
Terpsiphone atrocaudata
準絶滅危惧
準絶滅危惧
22 オオルリ
Cyanoptila cyanomelana
準絶滅危惧
【動物
環
境
改
変
法指定等
○
○
○
○
○
○
種の保存法(国際稀少野生動植物種)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
種の保存法(国内稀少野生動植物種)
○
○
○
○
(爬虫類)】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
準絶滅危惧
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
1 ニホンイシガメ
Mauremys japonica
準絶滅危惧
準絶滅危惧
2 クサガメ
Mauremys reevesii
情報不足
情報不足
3 ニホンスッポン
Pelodiscus sinensis
情報不足
情報不足
4 タカチホヘビ
Achalinus spinalis
情報不足
○ ○ ○ ○
5 ジムグリ
Euprepiophis conspicillatus
情報不足
○ ○ ○ ○
6 シロマダラ
Dinodon orientale
情報不足
○ ○ ○ ○
- 143 -
○
外
来
種
の
影
響
○ ○ ○
○
情報不足
営
利
目
的
○
法指定等
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
【動物
(両生類)】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
○ ○
○
1 カスミサンショウウオ
Hynobius nebulosus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
2 ナゴヤダルマガエル
Pelophylax porosus brevipodus
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧ⅠB類
3 ニホンアカガエル
Rana japonica
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
4 アカハライモリ
Cynops pyrrhogaster
準絶滅危惧
5 アズマヒキガエル
Bufo japonicus formosus
準絶滅危惧
6 オオサンショウウオ
Andrias japonicus
情報不足
7 タゴガエル
Rana tagoi tagoi
情報不足
○
○
8 ツチガエル
Glandirana rugosa
情報不足
○ ○
○
9 ヤマアカガエル
Rana ornativentris
情報不足
○ ○ ○ ○
10 モリアオガエル
Rhacophorus arboreus
情報不足
11 カジカガエル
Buergeria buergeri
情報不足
【動物
○ ○
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
法指定等
岐阜市条例(貴重野生動植物種)
○
○ ○ ○ ○
準絶滅危惧
○
○
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
情報不足
文化財保護法(特別天然記念物)
○ ○
種の保存法(国際希少野生動植物)
○ ○ ○ ○
○
(魚類)】
選定理由
番号
和名
学名
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
野生絶滅
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧ⅠA類
○
○
絶滅危惧ⅠB類
○
○ ○
営
利
目
的
1 ウシモツゴ
Pseudorasbora pumila subsp.
2 ニホンウナギ
Anguilla japonica
絶滅危惧Ⅰ類
3 イチモンジタナゴ
Acheilognathus cyanostigma
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧ⅠA類
○
○ ○ ○
4 シロヒレタビラ
Acheilognathus tabira tabira
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧I類
絶滅危惧ⅠB類
○
○ ○ ○
5 カワバタモロコ
Hemigrammocypris rasborella
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧ⅠB類
○
○
6 デメモロコ
Squalidus japonicus japonicus
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
7 ハリヨ
Gasterosteus aculeatus subsp. 2
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧ⅠA類
○ ○
○
8 トウカイヨシノボリ
Rhinogobius sp. TO
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
○
○
9 スナヤツメ北方種
Lethenteron sp. N
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
10 スナヤツメ南方種
Lethenteron sp. S
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○
11 ヤリタナゴ
Tanakia lanceolata
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
12 アブラボテ
Tanakia limbata
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
13 アマゴ(サツキマス)
Oncorhynchus masou ishikawae
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
○
14 カマキリ(アユカケ)
Cottus kazika
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
15 カジカ小卵型
Cottus reinii
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧ⅠB類
○
○
16 ヌマムツ
Candidia sieboldii
準絶滅危惧
準絶滅危惧
17 タカハヤ
Phoxinus oxycephalus jouyi
準絶滅危惧
18 カワヒガイ
Sarcocheilichthys variegatus variegatus
準絶滅危惧
19 イトモロコ
Squalidus gracilis gracilis
準絶滅危惧
20 ニシシマドジョウ
Cobitis sp. BIWAE type B
準絶滅危惧
21 トウカイコガタスジシマドジョウ
Cobitis minamorii tokaiensis
準絶滅危惧
22 ホトケドジョウ
Lefua echigonia
準絶滅危惧
23 ナマズ
Silurus asotus
準絶滅危惧
24 アカザ
Liobagrus reinii
準絶滅危惧
25 アユ (天然)
Plecoglossus altivelis altivelis
準絶滅危惧
26 ボラ
Mugil cephalus cephalus
準絶滅危惧
27 スズキ
Lateolabrax japonicus
準絶滅危惧
準絶滅危惧
28 ドンコ
Odontobutis obscura
準絶滅危惧
準絶滅危惧
29 ヌマチチブ
Tridentiger brevispinis
準絶滅危惧
○
30 シマヨシノボリ
Rhinogobius nagoyae
準絶滅危惧
○
31 ゴクラクハゼ
Rhinogobius giurinus
準絶滅危惧
○
32 ウキゴリ
Gymnogobius urotaenia
準絶滅危惧
○
33 コイ
Cyprinus carpio
情報不足
34 カワアナゴ
Eleotris oxycephala
情報不足
情報不足
○
○
35 マハゼ
Acanthogobius flavimanus
情報不足
準絶滅危惧
○
○
36 アシシロハゼ
Acanthogobius lactipes
情報不足
準絶滅危惧
○
○
外
来
種
の
影
響
法指定等
○ 岐阜県条例(指定希少野生生物)
○
岐阜県条例(指定希少野生生物)
○
○
○ ○ ○
○ ○ ○
○
○
準絶滅危惧
○ ○
準絶滅危惧
○
○
準絶滅危惧
絶滅危惧ⅠB類
○
絶滅危惧ⅠB類
○
岐阜市条例(貴重野生動植物種)
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
○
○
○
○
○
○
○
- 144 -
○
【動物
(昆虫類)】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
1 シルビアシジミ
Zizina emelina emelina
絶滅
絶滅
絶滅危惧ⅠB類
2 ベニイトトンボ
Ceriagrion nipponicum
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○
○
3 アオハダトンボ
Calopteryx japonica
絶滅危惧Ⅰ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
○
4 アオヤンマ
Aeschnophlebia longistigma
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○
○
5 ホンサナエ
Gomphus postocularis
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
6 キイロヤマトンボ
Macromia daimoji
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
7 カワラバッタ
Eusphingonotus japonicus
絶滅危惧Ⅱ類
8 タガメ
Lethocerus deyrolli
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
9 ヒメタイコウチ
Nepa hoffmanni
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
10 ミドリシジミ
Neozephyrus japonicus
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
11 ツマグロキチョウ
Eurema laeta betheseba
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧ⅠB類
○
12 コクロオバボタル
Lucidina okadai
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧ⅠB類
○ ○
13 モートンイトトンボ
Mortonagrion selenion
準絶滅危惧
14 ナゴヤサナエ
Stylurus nagoyanus
準絶滅危惧
準絶滅危惧
15 トラフトンボ
Epitheca marginata
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
16 マイコアカネ
Sympetrum kunckeli
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
17 ウラギンスジヒョウモン
Argyronome laodice japonica
準絶滅危惧
準絶滅危惧
18 クロゲンゴロウ
Cybister brevis
準絶滅危惧
19 ベーツヒラタカミキリ
Eurypoda batesi
準絶滅危惧
20 トラフカミキリ
Xylotrechus chinensis kurosawai
21 オグマサナエ
外
来
種
の
影
響
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
法指定等
○
○
○
○
準絶滅危惧
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
○
○
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
準絶滅危惧
○
○
準絶滅危惧
○ ○
○
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○ ○
○
Trigomphus ogumai
情報不足
情報不足
○
○
22 クツワムシ
Mecopoda niponensis
情報不足
23 ゴマフツトガ
Chilo pulveratus
情報不足
情報不足
準絶滅危惧
○
○
24 エゾスジヨトウ
Doerriesa striata
情報不足
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
25 ヨツボシカミキリ
Stenygrinum quadrinotatum
情報不足
情報不足
絶滅危惧ⅠB類
○
○
【動物
営
利
目
的
準絶滅危惧
○
(貝類)】(1/2)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
1 ナタネキバサナギガイ
Vertigo eogia eogia
絶滅危惧Ⅰ類
2 イボイボナメクジ
Granulilimax fuscicornis
絶滅危惧Ⅰ類
3 クチベニマイマイ
Euhadra amaliae
絶滅危惧Ⅰ類
○
絶滅危惧Ⅰ類
○
4 ミノマイマイ(クロイワマイマイ亜種) Euhadra senckenbergiana minoensis
情報不足
準絶滅危惧
○
環
境
改
変
○
5 タガイ
Anodonta japonica
絶滅危惧Ⅰ類
○
○ ○ ○ ○
6 オバエボシガイ
Inversidens brandti
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○ ○ ○
7 カタハガイ
Obovalis omiensis
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○ ○
○ ○ ○ ○
8 イシガイ
Unio (Nodularia) douglasiae nipponensis
絶滅危惧Ⅰ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○ ○ ○ ○
9 ヒメマルマメタニシ
Gabbia kiusiuensis
絶滅危惧Ⅱ類
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
10 クロダカワニナ
Semisulcospira (Biwamelania) kurodai
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
11 ナミギセル
Stereophaedusa (Stereophaedusa) japonica japonica
12 ミジンナタネガイ
○ ○
○
○
○
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
Punctum atomus
絶滅危惧Ⅱ類
○
13 レンズガイ
Otesiopsis japonica
絶滅危惧Ⅱ類
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
○
14 ヤマタカマイマイ
Satsuma papillifoemis
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
15 ヌマガイ
Anodonta lauta
絶滅危惧Ⅱ類
○
○ ○ ○ ○
16 マツカサガイ
Inversidens (Pronodularia) japanensis
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○
○ ○ ○ ○
17 トンガリササノハガイ
Lanceolaria grayana
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
準絶滅危惧
○ ○
○ ○ ○ ○
18 キュウシュウゴマガイ
Diplommatina tanegashimae kyushuensis
準絶滅危惧
19 マルタニシ
Cipangopaludina chinensis laeta
準絶滅危惧
20 オオタニシ
Cipangopaludina japonica
準絶滅危惧
21 ニホンケシガイ
Carychium nipponense
準絶滅危惧
22 ヒラマキミズマイマイ
Gyraulus chinensis
準絶滅危惧
情報不足
○
23 ナガオカモノアラガイ
Oxyloma hirasei
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
24 ヤマナメクジ
Meghimatium fruhstorferi
準絶滅危惧
25 ヒゼンキビ
Parakaliella hizenensis
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
26 ウメムラシタラ
Coneuplecta (Sitalina) japonica
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
27 タカキビ
Coneuplecta praealta
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
28 ヒメカサキビ
Trochochlamys subcrenulata
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
29 ケハダビロウドマイマイ
Nipponochloritis fragilis
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
30 コベソマイマイ
Satsuma myomphala
準絶滅危惧
○
31 コオオベソマイマイ
Aegista mimula
準絶滅危惧
○
32 オトメマイマイ
Trishoplita goodwini
準絶滅危惧
33 ヒルゲンドルフマイマイ
Trishoplita hilgendorfi
準絶滅危惧
34 コシダカヒメモノアラガイ
Fossaria truncatula
35 モノアラガイ
Radix (Radix) japonica
○
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○
準絶滅危惧
○
○
○
情報不足
準絶滅危惧
○
準絶滅危惧
準絶滅危惧
○
情報不足
情報不足
○
情報不足
準絶滅危惧
○
- 145 -
○
法指定等
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
レ
ッ
ド
リ
ス
ト
【動物
(貝類)】(2/2)
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
36 ヒメオカモノアラガイ
Succinea lyrata
情報不足
37 キセルモドキ
Mirus reinianus
情報不足
38 ヒラベッコウ
Bekkochlamys micrograpta
情報不足
情報不足
○
39 ビロウドマイマイ属の一種
Nipponochloritis sp.
情報不足
情報不足
○
40 カワシンジュガイ
Margaritifera laevis
情報不足
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧Ⅱ類
○
○ ○ ○ ○
41 カラスガイ
Cristaria plicata
情報不足
情報不足
準絶滅危惧
○
○ ○ ○ ○
42 マシジミ
Corbicula leana
情報不足
準絶滅危惧
絶滅危惧Ⅱ類
○
【動物
法指定等
○
○
○
(甲殻類(十脚類))】
選定理由
番号
和名
学名
岐阜市
カテゴリー
岐阜県
カテゴリー
環境省
カテゴリー
分
特 特
布 希 殊 異
限 少 環 生
界
境 態
環
境
改
変
1 ミゾレヌマエビ
Caridina leucosticta
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
2 ヌマエビ北・中部群
Paratya compressa compressa
絶滅危惧Ⅱ類
○
○
3 サワガニ
Geothelphusa dehaani
準絶滅危惧
○
4 モクズガニ
Eriocheir japonica
準絶滅危惧
○
- 146 -
営
利
目
的
外
来
種
の
影
響
法指定等
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
5 345 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content