close

Enter

Log in using OpenID

Cortex-M3&ARM7で試す

embedDownload
第2部
第
10 章 Cortex-Aと同じARM命令を使うプロセッサには強い…かもネ
Cortex-M3&ARM7で試す
村井 和夫
ARM-USB-TINY-Hなど.
マイコンがCMSIS-DAPに
対応していればトラ技ARM
ライタなども使える
Windowsパソコン
VMware Player
Ubuntu14.04LTS
OpenOCD
GDB
コマンド入力
USB
シリアル・
コンソール
FM3/ARMマイコン基板
JTAGコネクタ
USB-JTAG
インターフェース
JTAG
USB-UART
変換アダプタ
UART
FM3/
LPC2388
5V電源
(USBバス
パワーなど)
USB
結果を表示
ARMマイコン基板では不要.
USBケーブルで直接接続できる
図 1 今回の実験…LLVM/Clang 環境が Cortex-M3 や ARM7 で使えることを確認する
低価格の書き込み&デバッグ環境を使って,円周率とネイピア数を計算する簡易ベンチマークを実行してみる
やること
● LLVM/Clang を Cortex-M3 と ARM7 で試す
第 7 章で構築した GCC & LLVM の ARM クロス・コ
ン パ イ ル 環 境 は, 必 要 な フ ァ イ ル を 用 意 す れ ば,
ARM のプロセッサが搭載されているさまざまなボー
ド で 使 用 で き ま す. 第 9 章 で は Cortex-A ボ ー ド の
BeagleBone Black での開発手順を紹介しました.本
本記事をそのまま試してみたい方は,以下のサ
イトから Cortex-M3 ボードと ARM7 ボードを入
手することもできます.
▶ Cortex-M3 ボード:本誌 2012 年 6 月号付属
http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/
books/MIF/MIF201206.html
▶ ARM7 ボ ー ド:「ARM7 32 ビ ッ ト・ マ イ コ ン
LPC2388 基 板[270 ペ ー ジ 解 説 収 録 CD-R 付
き]」
(本誌 2009 年 5 月号付属基板同等品)
http://shop.cqpub.co.jp/hanbai/
books/I/I000060.html
90
稿では Cortex-A 以外の Cortex-M3 や ARM7 を使って
開発を行ってみます.ARM ボードの例として,本誌
2012 年 6 月号付属の Cortex-M3 コア搭載 FM3 マイコ
ン 基 板 と, 本 誌 2009 年 5 月 号 付 属 の ARM7TDMI コ
ア搭載 ARM マイコン基板(搭載マイコンは LPC2388)
での開発手順を紹介します.
● 用意するもの
今回紹介する方法では,ARM-USB-TINY-H(Olimex)
などの USB-JTAG インターフェース・アダプタと,
オープンソースのデバッガ・ソフトウェア OpenOCD,
GNU の標準デバッガ・ソフトウェア GDB を使用しま
す(図 1)
.GDB を OpenOCD 経由でターゲットのマイ
コンと接続し,自作したプログラムをマイコン内蔵フ
ラッシュ・メモリに書き込みます編集部注.
● 従来の GCC 開発環境と互換で使えることを確
認する
今回構築した GCC & LLVM の ARM クロス・コンパ
イル環境では,FM3 および ARM7 用に開発した制御プ
編集部注:OpenOCD や GDB の基礎知識は特設記事「ビギナほど
超重要! フリー・デバッガ入門」にて解説しています.
2015 年 3 月号
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
738 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content