close

Enter

Log in using OpenID

ARM用LLVM&GCC 開発環境の構築

embedDownload
第2部
第
7章
C&C++ コンパイラ / リンカ / アセンブラ / デバッガ…
全部タダで My パソコンに!
ARM 用 LLVM & GCC
開発環境の構築
村井 和夫
実行
ファイル
Binutils2.24
GCC4.9.2
GNU系
コンパイラ
アセンブラ
コンパイラ
リンカ
LLVM系ツール
LLVM3.5.0
LLVM系
htm)より入手可能です.
性能を確認
C/C++
ユーザ・
プログラム
アセンブラ
リンカ
GDB7.8
デバッガ
LLDB
デバッガ
今回構築する環境
図 1 第 2 部でやること…GNU ツール群と LLVM/Clang を組み合
わせたマルチコンパイル環境を構築して性能を確認する
Ubuntu 14.04LTS 仮想マシン上に構築する
ここでは特集で紹介する GCC および LLVM/Clang
(以下本稿では LLVM)開発環境の構築方法について説
明します.なお,本稿の手順で構築済みの環境を仮想
マシン HDD イメージとして用意しています.詳細は
Appendix 2 を参照してください.
まず Windows パソコンに VMware Player と呼ばれ
る仮想化ソフトウェアをインストールします.
次に VMware Player で構築された仮想マシンの中に
Ubuntu 14.04LTS 64 ビット版をインストールし,この
上で GCC & LLVM 開発環境の構築を行います(図 1)
.
大きく次の 3 ステップで作業を進めていきます.
ステップ 1…Ubuntu 仮想マシンの準備
ステップ 2…ARM 用クロス・コンパイラのインス
トール
ステップ 3…オ ープンソースの JTAG デバッガ・ソ
フトウェア OpenOCD のインストール
参考用にステップ 2 の手順をまとめたインストール・
スクリプト install-llvm.sh を用意しました.本
誌のダウンロードのページ(http://www.cqpub.
co.jp/interface/download/contents.
2015 年 3 月号
ステップ1…Ubuntu仮想マシンの準備
● 手順 1…仮想マシンをインストール
▶標準的な仮想マシン構成(64 ビット版)
仮想マシンの構成は次の通りです.
・OS:Ubuntu 14.04LTS 64 ビット版
・仮想ディスクのサイズ:20G バイト
・仮想マシンのメモリ :4G バイト
仮想ディスクのサイズは 20G バイトほどあれば十分
です.ただし,LLVM/Clang のリンク過程で多くの
メモリ容量を必要とするため,仮想マシンのメモリは
4G バイトとしました.
▶仮想マシンの最小構成(32 ビット版)
仮想マシンの最小構成は次の通りです.
・OS:Ubuntu 14.04LTS 32 ビット版
・仮想ディスクのサイズ:20G バイト
・仮想マシンのメモリ :1G バイト
LLVM/Clang によるコンパイル時以外は,1G バイト
程度のメモリでも十分に動作します.LLVM/Clang で
コンパイルする時だけメモリを 4G バイトに設定するこ
と を 推 奨 し ま す.32 ビ ッ ト 版 の Ubuntu の 場 合,
LLVM のシンボリック・デバッガである LLDB バー
ジョン 3.4 が正常に動作しませんでした.LLDB の問題
を除けば 32 ビット版 Ubuntu でも環境構築は可能です.
▶ VMware Player と Ubuntu の入手先
VMware Player のインストール・ファイル,仮想
マシンにインストールする OS のイメージ・ファイル
は以下の場所から入手できます.ダウンロード後,
VMware Player のインストール・ファイルを実行し,
画面の指示に従ってインストールしてください.
・VMware Player
https://my.vmware.com/jp/web/
vmware/downloads
原稿執筆時点の最新バージョンは次の通りです.
ファイル名:VMware-player-7.0.0-2305329.
exe
57
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
741 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content