close

Enter

Log in using OpenID

20.鉱物資源マテリアルフロー2013 モリブデン(Mo)

embedDownload
1.需給動向
1-1.世界の需給動向
モリブデンは約 2,600℃の高い融点と機械的強度及び剛性に優れるなどの特性をもつ。そのため、
主に特殊鋼やステンレス鋼などの添加剤として多く用いられている。また、電気伝導、熱伝導が良い
上に加工が容易であるため、三酸化モリブデンを水素還元して得た金属モリブデン粉末を用いて線、
棒、板などに加工し、照明機器(マンドレル、反射鏡など)や様々な電子部品、自動車部品などに使わ
れている。さらに、その優れた耐熱性から、高温炉材・耐熱耐食合金としても用いられているほか、高
純度三酸化モリブデンとして、石油精製触媒、石油化学用触媒などの触媒や金属ターゲット材の原料
としても需要も増加しつつある。二硫化モリブデンは摩擦係数が低いことから、工業用の潤滑油やエ
ンジンオイルの添加剤に用いられる。
世界のモリブデン鉱石の生産量を表 1-1、図 1-1 に示す。2012 年の世界のモリブデン鉱石の生産
量は、前年比 96%の 252.4 千tであった。モリブデン鉱石の主要生産国は、中国、米国、チリ、ペルー
であり 4 カ国で世界の生産量の 87%を占める。
これらの主要生産国の 2012 年の生産動向においては、中国は前年比 99%の 105 千 t と横這いで、
米国とチリの生産量はそれぞれ前年比 89%と 86%の 57 千 t と 35.3 千tであった。ペルーは前年比
102%の 19.5 千tを生産している。
モリブデン
(Mo)
表 1-1 世界のモリブデン鉱石生産量
単位:純分千t
中国
米国
チリ
ペルー
メキシコ
カナダ
アルメニア
イラン
ロシア
モンゴル
その他
合計
2003
30.6
33.6
30.0
9.6
3.5
7.5
3.5
1.4
2.9
1.6
0.8
125.0
2004
29.0
41.5
41.5
9.6
3.7
5.7
3.0
1.5
2.9
1.7
0.9
141.0
2005
40.0
58.0
47.7
17.3
4.2
7.9
2.8
2.0
3.0
1.2
0.8
185.0
2006
43.9
59.8
43.3
17.2
2.5
7.3
3.0
2.0
3.1
1.2
0.7
184.0
2007
59.8
57.0
44.9
16.7
2.5
12.0
4.1
2.6
3.3
1.3
0.8
205.0
2008
81.0
55.9
33.7
16.7
7.8
7.7
4.3
3.8
3.6
2.0
1.5
218.0
2009
93.5
47.8
34.9
12.3
7.8
8.8
4.2
3.7
3.8
3.0
1.2
221.0
2010
93.6
59.4
37.2
17.0
10.9
8.3
4.2
3.7
3.8
2.5
1.5
242.0
2011
106.0
63.7
40.9
19.1
10.9
8.4
4.5
3.7
3.9
2.0
0.8
263.9
2012 12/11比 構成比
105.0
99%
42%
57.0
89%
23%
35.3
86%
14%
19.5
102%
8%
10.9
100%
4%
9.4
112%
4%
4.6
102%
2%
4.0
108%
2%
3.9
100%
2%
2.0
99%
1%
0.8
100%
0%
252.4
96%
100%
出典: United States Geological Survey「Mineral Commodity Summaries Molybdenum 2013」 Mine Production
(純分千t)
その他
ペルー
チリ
米国
中国
300
270
240
210
180
150
120
90
60
30
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
図 1-1 世界のモリブデン鉱石生産量
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-202 -
2011
2012
表 1-2 モリブデンの国内需給
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
三酸化Mo※
製鋼
FeMo
1,668
2,060
2,492
2,622
2,835
2,823
2,231
生産
Mo粉
648
936
1,013
1,388
1,311
1,305
783
供
給
小計
2,316
2,996
3,505
4,010
4,146
4,128
3,014
輸入(素材)
5,772
6,872
5,735
6,581
5,746
6,183
3,196
合計
8,088
9,868
9,240 10,591
9,892 10,312
6,209
三酸化Mo※
ブリケット
408
489
460
251
339
98
32
製鋼
FeMo
2,637
2,810
2,772
2,850
3,269
3,292
2,480
小計
3,045
3,299
3,232
3,101
3,608
3,390
2,511
内
338
528
569
994
894
920
500
需 需 金属Mo
要
無機薬品
1,348
1,327
2,019
1,999
1,343
1,510
1,209
その他
960
1,017
843
702
721
625
480
小計
5,690
6,171
6,664
6,797
6,566
6,445
4,700
輸出(素材)
3,759
1,046
664
619
718
659
864
合計
9,449
7,217
7,328
7,415
7,285
7,104
5,564
供給-需要
-1,360
2,651
1,912
3,175
2,607
3,207
645
出典:経済産業省鉄鋼・非鉄金属・金属製品統計、財務省貿易統計、タングステンモリブデン工業会
純分換算率(2011年以前):FeMo(フェロモリブデン)70%、粉・塊100%
純分換算率(2012年):FeMo(フェロモリブデン)62%、粉・塊100%
※素材はMo酸化物・水酸化物、Mo酸塩、FeMo(フェロモリブデン)、塊・粉、くず、二硫化Moによる。
※製鋼用の三酸化Moの直接投入における供給量及び需要量の統計無し
-203 -
2010
2,861
1,224
4,085
5,535
9,620
32
3,363
3,395
745
1,373
494
6,008
599
6,607
3,013
2011
3,204
1,190
4,394
6,214
10,608
31
3,548
3,579
666
1,511
633
6,389
661
7,050
3,558
単位:純分t
2012 12/11比
2,862
89%
1,061
89%
3,923
89%
6,317
102%
10,240
97%
43
138%
3,457
97%
3,500
98%
743
112%
1,236
82%
611
97%
6,091
95%
506
77%
6,597
94%
3,644
102%
鉱物資源マテリアルフロー 2013
モリブデン
(Mo)
1-2.国内の需給動向
国内のモリブデンの需給動向を表 1-2、図 1-2、図 1-3 に示す。2012 年のモリブデンの供給量(生
産と輸入の合計)は前年比 97%の 10,240t、需要(内需と輸出の合計)は前年比 94%の 6,597tであっ
た。ただし、表 1-2 の国内需給には製鋼用に直接投入されるモリブデン量が計上されていない。
国内のモリブデン需要では製鋼用需要が多く、同需要向けで使用されるモリブデンは主に焼成鉱
(三酸化モリブデン)として輸入され、製鋼原料として一次製錬の段階でそのまま転炉・電炉に直接投
入されている。焼成鉱(三酸化モリブデン)の直接投入分に関しては統計がないため、表 1-2 の国内需
給にはその供給量及び需要量が計上されていないが、国内に輸入される焼成鉱(三酸化モリブデン)
の約 8 割が製鋼用として使用されているとみられ、国内モリブデン需要の大半を占める。また、国内
に輸入される三酸化モリブデンの一部は、フェロモリブデンの原料としても使用されている。製鋼用モ
リブデンは焼成鉱(三酸化モリブデン)として直接投入されるもの以外に、ブリケット(三酸化モリブデン
ブリケット)やフェロモリブデン(FeMo)などの形態でも使用されている。ブリケットやフェロモリブデンは
主に製鋼の二次製錬の段階で成分調整を行うために用いられており、これらの需給分は表 1-2 に計
上されている。直接投入分を除いたモリブデンの製鋼用需要量は前年比 98%の 3,500tで、2012 年の
モリブデン内需 6,091tに対し 57%を占めた。
一方、製鋼用以外の需要では、無機薬品向けの需要量が前年比 82%の 1,236t、金属モリブデンが
前年比 112%の 743t、その他が前年比 97%の 611tの順となっている。
2012 年の金属モリブデンの需要は前年比 112%の 743tであった。金属モリブデンは、主に電気・電
子機器、照明、半導体などでの需要が多い。2011 年には減少した需要が、2012 年には 2010 年のレ
ベルに戻った。
2012 年の触媒などの無機薬品向け需要は前年比 82%の 1,236tであった。無機薬品の減少は、
2012 年の石油触媒の需要が減少したためである。
(純分t)
供給
12000
需要
10000
8000
6000
4000
2000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 1-2 モリブデンの国内需給 (製鋼用三酸化モリブデンの需要を除く)
その他
製鋼 ブリケット
金属Mo
無機薬品
製鋼 FeMo
(純分t)
8,000
モリブデン
(Mo)
7,000
6,000
5,000
4,000
3,000
2,000
1,000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 1-3 モリブデンの内需 (製鋼用三酸化モリブデンの需要を除く)
2.価格動向
モリブデンの LME 価格を図 2 に示す。2012 年のモリブデンの LME の年間平均価格は 28,251 ドル/
tであった。2012 年のモリブデン LME 相場は、31,038 ドル/tでスタートを切ったが、ヨーロッパ諸国の債
務危機問題や米国の景気回復の低迷、中国の経済成長率の低下などの不安要因からモリブデンの
主な需要先である鉄鋼の需要が伸び悩み、一時 24,000 ドル/t台まで下落した。
特に、2011 年の供給過剰が 2012 年のモリブデン市況に大きな影響を与えた。2011 年には景気回
復への期待から多くの企業でモリブデンの在庫を増やしていたが、予想に反して需要は伸びず、多く
の企業で在庫を抱える状況になった。その結果、2012 年は前年の在庫処理が優先され新規需要の
拡大が抑えられたことで、モリブデン LME 価格は低調が続いた。
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-204 -
$/トン
45,000
40,000
38,700
34,902
35,000
31,961
30,000
33,548
37,620
35,598
32,752
32,159
29,810
32,367
31,697
30,175
27,891
25,000
25,500 26,132
24,619
21,338
24,250
21,335
20,000
15,000
20,767
15,768
10,000
5,000
0
5 6 7 8 9 0 1 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
- 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 1 - 1 - 1 - 0 - 0 - 0 - 0 -0 - 0 - 0 - 0 -0 -1 - 1 - 1 - 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 0 - 1 - 1 -1 - 0 - 0 - 0 -0 -0 -0 - 0 - 0 - 0 - 1 - 1
10 10 1 0 1 0 10 1 0 1 0 1 0 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 11 11 1 2 1 2 1 2 12 12 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 2 1 3 1 3 1 3 1 3 1 3 1 3 13 13 1 3 1 3 13
図 2 モリブデンの LME 価格(MONTH AVERAGE)
3.輸出入動向
-205 -
鉱物資源マテリアルフロー 2013
モリブデン
(Mo)
3-1.輸出入動向
モリブデンの輸出入数量を表 3-1、図 3-1、図 3-2 に示す。2012 年のモリブデン輸入量は前年比
94%の 28,043tであった。内訳としては、原料の輸入量が前年比 92%の 21,120t、素材の輸入量が前
年比 102%の 6,317t、製品は前年比 98%の 606tとなっている。
モリブデン輸入で最も量が多いのは、主に製鋼用に用いられる焼成鉱である。表 3-1 で示した輸入
焼成鉱のうち、94%が三酸化モリブデンの形態であり、これは国内に入ってくる全てのモリブデン輸入
量において 76%を占める量である。
焼成鉱の次に多く輸入されているのは、同じく製鋼用に用いられるフェロモリブデンであり、2012 年
の輸入量は前年比 89%の 1,320tであった。このほか、主に触媒や無機薬品などに用いられるモリブ
デン酸塩及びモリブデン酸化物・水酸化物はそれぞれ前年比 85%の 898tと前年比 104%の 1,434tが
輸入された。
前年対比で輸入量が増加した品目は、モリブデン酸化物・水酸化物、モリブデン粉・塊、モリブデン
くず、二硫化モリブデンである。
2012 年のモリブデン輸出量は 1,526tで前年比 91%の規模であった。中でも輸出量の多い主要品
目としては、棒・板・線などの製品、モリブデン酸塩、二硫化モリブデン、くずなどが挙げられる。2012
年のモリブデン製品の輸出量は 1,014tで前年比 101%とほぼ横ばいであった。
表 3-1 モリブデンの輸出入数量
モリブデン
(Mo)
2003
19,636
16
23
0
19,660
16
19,643
478
10
743
88
3,175
17
429
70
180
38
767
3,536
5,772
3,759
2,013
568
188
380
25,999
3,963
22,036
2004
21,277
1
66
0
21,343
1
21,342
1,459
78
568
123
3,141
26
974
76
208
76
521
666
6,872
1,046
5,826
706
334
372
28,921
1,380
27,540
2005
24,173
58
70
0
24,244
58
24,186
756
91
653
146
2,554
32
991
72
204
90
577
232
5,735
664
5,071
960
520
440
30,938
1,242
29,696
2006
23,126
28
57
0
23,183
28
23,155
820
44
707
124
2,669
21
1,485
13
354
77
546
340
6,581
619
5,962
1,293
747
546
31,056
1,393
29,663
2007
22,936
10
58
0
22,994
10
22,984
1,200
177
708
102
2,005
19
1,018
48
217
25
598
347
5,746
718
5,027
1,498
942
556
30,238
1,670
28,568
2008
22,528
14
58
0
22,585
14
22,571
985
19
922
139
2,063
10
1,116
87
420
22
674
382
6,180
659
5,521
1,296
1,038
257
30,061
1,712
28,349
2009
13,285
39
14
0
13,298
39
13,259
553
8
774
103
575
321
411
141
597
61
286
229
3,196
864
2,332
736
1,052
-316
17,230
1,954
15,275
2010
20,564
19
43
0
20,607
19
20,588
708
59
849
146
1,429
93
1,179
68
709
77
662
157
5,535
599
4,936
825
1,205
-380
26,967
1,823
25,144
2011
22,886
8
0
0
22,886
8
22,878
1,385
158
1,053
164
1,483
21
865
125
750
48
678
145
6,214
661
5,553
621
1,000
-379
29,721
1,669
28,052
焼成鉱
輸入
(主に三酸化Mo) 輸出
輸入
原 硫化鉱
輸出
料
輸入
小計
輸出
輸入-輸出
Mo酸化物
輸入
水酸化物
輸出
輸入
Mo酸塩
輸出
輸入
FeMo
輸出
輸入
素 塊・粉
輸出
材
輸入
くず
輸出
輸入
二硫化Mo
輸出
輸入
小計
輸出
輸入-輸出
輸入
製
輸出
棒・板・線
品
輸入-輸出
輸入
合計
輸出
輸入-輸出
出典:財務省貿易統計 純分換算率(2011年以前):鉱石50%、Mo酸塩59%、Mo酸化物・水酸化物59%、FeMo(フェロモリブデン)70%、粉・塊100%、くず100%、
棒・板・線100%、二硫化Mo60%
純分換算率(2012年):鉱石60%、Mo酸塩59%、Mo酸化物・水酸化物66.6%、FeMo(フェロモリブデン)輸出62%・輸入70%、粉・塊100%、
くず100%、棒・板・線100%、二硫化Mo60%
※原料は鉱石(三酸化Mo)、鉱石(硫化鉱)、素材はMo酸化物・水酸化物、Mo酸塩、FeMo(フェロモリブデン)、粉・塊、くず、二硫化Mo、
製品は棒・板・線による。
原料 硫化鉱
製品 棒・板・線
素材 二硫化Mo
素材 くず
素材 Mo酸塩
素材 塊・粉
素材 FeMo
素材 Mo酸化物・水酸化物
原料 焼成鉱(三酸化Mo)
(純分t)
45,000
40,000
35,000
30,000
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
図 3-1 モリブデンの輸入数量
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-206 -
2010
2011
2012
2012
21,091
6
29
0
21,120
6
21,114
1,434
9
898
150
1,320
20
959
41
856
129
850
157
6,317
506
5,812
606
1,014
-409
28,043
1,526
26,517
単位:純分t
12/11比
92%
71%
92%
71%
92%
104%
6%
85%
91%
89%
94%
111%
33%
114%
269%
125%
108%
102%
77%
105%
98%
101%
108%
94%
91%
95%
原料 硫化鉱
原料 焼成鉱(三酸化Mo)
素材 Mo酸化物・水酸化物
素材 FeMo
素材 塊・粉
素材 くず
素材 二硫化Mo
素材 Mo酸塩
製品 棒・板・線
(純分t)
4,000
3,000
2,000
1,000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-2 モリブデンの輸出数量
3-2.輸出入相手国
表 3-2 焼成鉱(三酸化モリブデン)の輸入相手国
2003
2004
チリ
7,505 11,864
米国
869
1,235
カナダ
2,275
2,042
韓国
23
30
メキシコ
3,733
2,971
輸
ベルギー
672
833
入
ベトナム
-
-
中国
3,112
1,295
タイ
-
-
その他
1,447
1,007
合計
19,636 21,277
出典:財務省貿易統計
純分換算率:焼成鉱(三酸化Mo)60%
2005
12,918
1,406
2,445
24
3,574
1,366
-
1,680
-
761
24,173
2006
12,334
1,943
2,687
12
3,930
580
-
1,324
-
317
23,126
2007
12,800
2,259
2,178
44
3,509
691
32
843
-
579
22,936
2008
11,203
3,721
1,965
380
2,890
828
97
607
-
837
22,528
2009
7,633
2,338
1,060
495
946
420
11
258
-
125
13,285
2010
11,587
3,002
1,792
1,115
1,374
1,103
95
353
-
143
20,564
2011
13,004
4,193
1,570
1,045
1,275
972
360
344
12
112
22,886
単位:純分t
2012 12/11比 構成比
12,313
95%
58%
3,335
80%
16%
1,726
110%
8%
1,607
154%
8%
955
75%
5%
480
49%
2%
380
106%
2%
217
63%
1%
51
425%
0%
26
23%
0%
21,091
92%
100%
その他
メキシコ
韓国
カナダ
米国
チリ
(純分t)
30,000
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-3 焼成鉱(三酸化モリブデン)の輸入相手国
-207 -
鉱物資源マテリアルフロー 2013
モリブデン
(Mo)
3-2-1.焼成鉱(三酸化モリブデン)
焼成鉱(三酸化モリブデン)の輸出入相手国を表 3-2、図 3-3 に示す。2012 年の焼成鉱(三酸化モリ
ブデン)の主要輸入相手国は、チリ、米国であった。それぞれの輸入量はチリ 12,313t、米国 3,335tで
あり、上位 2 カ国の輸入量が全体の 74%を占めている。
3-2-2.モリブデン酸塩
モリブデン酸塩の輸出入相手国を表 3-3、図 3-4、図 3-5 に示す。2012 年のモリブデン酸塩の輸入
量は前年比 85%の 898tであった。主要輸入相手国は、中国、チリ、米国であり、このうち中国からの
輸入量が 756tと輸入量全体のうち 84%を占めている。この他、チリからは 89t、米国からは 47tが輸入
されており、この上位三カ国からの輸入量が全体の 99%を占めている。
一方で、2012 年のモリブデン酸塩の主要輸出相手国は、韓国、タイ、台湾であった。2012 年のモリ
ブデン酸塩の輸出量は前年比 91%の 150tであったが、国別の内訳では、韓国 82t、タイ 38t、台湾 8t
となっている。
表 3-3 モリブデン酸塩の輸出入相手国
2004
231
88
204
45
0
568
67
5
5
6
25
8
-
0
1
6
2005
389
83
144
35
2
653
84
10
6
5
13
10
-
1
1
17
2006
366
94
230
14
3
707
66
5
3
7
12
12
-
0
1
17
2007
432
124
152
-
1
708
56
3
6
7
8
8
0
2
1
10
2008
586
160
175
0
1
922
100
4
5
9
5
6
0
2
2
7
2009
602
141
31
-
-
774
56
6
8
10
8
6
0
1
1
7
2010
705
85
59
0
-
849
91
5
13
10
6
7
0
2
2
10
2011
875
72
106
-
-
1,053
104
19
9
7
5
8
1
1
2
9
合計
88
123
出典:財務省貿易統計
純分換算率:モリブデン酸塩59%
146
124
102
139
103
146
164
2005
2006
輸
入
モリブデン
(Mo)
輸
出
2003
439
69
175
55
5
743
48
2
4
8
11
4
-
7
0
2
中国
チリ
米国
ドイツ
その他
合計
韓国
タイ
台湾
中国
スペイン
イタリア
エクアドル
インドネシア
サウジアラビア
その他
単位:純分t
2012 12/11比 構成比
756
86%
84%
89
124%
10%
47
45%
5%
2
-
0%
3
-
0%
898
85%
100%
82
79%
55%
38
201%
25%
8
94%
6%
6
87%
4%
5
100%
3%
5
59%
3%
2
227%
1%
2
149%
1%
1
53%
1%
2
17%
1%
150
その他
ドイツ
米国
チリ
中国
(純分t)
1,200
1,000
800
600
400
200
0
2003
2004
2007
2008
2009
図 3-4 モリブデン酸塩の輸入相手国
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-208 -
2010
2011
2012
91%
100%
(純分t)
200
その他
タイ
180
韓国
160
140
120
100
80
60
40
20
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-5 モリブデン酸塩の輸出相手国
3-2-3.モリブデン酸化物・水酸化物
モリブデン酸化物・水酸化物の輸出入相手国を表 3-4、図 3-6 に示す。2012 年のモリブデン酸化
物・水酸化物の主要輸入相手国は、米国、中国、台湾、チリであった。国別の輸入量では、米国 563t、
中国 269t、台湾 260t、チリ 258tであり、これら上位 4 カ国からの輸入量が全体の 94%を占める。
2003
148
206
-
123
-
0
478
1
1
0
1
-
7
10
2004
421
251
-
465
-
322
1,459
1
1
69
4
-
4
78
2005
142
38
-
233
-
343
756
1
2
58
2
-
27
91
2006
143
33
-
264
-
380
820
5
1
0
2
17
20
44
2007
480
94
-
370
3
253
1,200
8
2
0
3
82
80
177
米国
中国
台湾
輸
チリ
入
韓国
その他
合計
韓国
シンガポール
台湾
輸
中国
出
南ア
その他
合計
出典:財務省貿易統計
純分換算率(2011年以前):モリブデン酸化物・水酸化物59%
純分換算率(2012年):モリブデン酸化物・水酸化物66.6%
2008
280
2
-
273
2
428
985
10
3
1
5
-
0
19
2009
2010
213
379
12
-
12
14
161
232
-
12
156
71
553
708
5
11
-
-
1
45
2
0
-
-
-
4
8
59
2011
580
191
248
283
50
32
1,385
6
-
151
0
-
0
158
単位:純分t
2012 12/11比 構成比
563
97%
39%
269
141%
19%
260
105%
18%
258
91%
18%
7
13%
0%
77
238%
5%
1,434
104%
100%
7
117%
77%
0
-
5%
0
0%
3%
0
132%
1%
-
-
-
1
325%
14%
9
6%
100%
その他
韓国
チリ
台湾
中国
米国
(純分t)
1,800
1,500
1,200
900
600
300
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-6 モリブデン酸化物・水酸化物の輸入相手国
-209 -
鉱物資源マテリアルフロー 2013
モリブデン
(Mo)
表 3-4 モリブデン酸化物・水酸化物の輸出入相手国
3-2-4.フェロモリブデン
フェロモリブデンの輸出入相手国を表 3-5、図 3-7 に示す。2012 年におけるフェロモリブデンの主要
輸入相手国はチリ、韓国、中国の順で、主にチリから 83%が輸入されている。国別の輸入量は、チリ
1,100t、韓国 141t、中国 64tとなっている。
フェロモリブデン全体の輸入動向としては、製鋼向け需要において三酸化モリブデンやモリブデン
スクラップなどへの代替が進んだ影響を受け、2003 年以降から持続的に減少する傾向にある。在庫
の負担を最小限にし、高品質で安定的な原料の調達が可能であることから国内の企業から調達する
ケースが増え、国内企業(太陽鉱工、妙中鉱業)の生産量が増加していることもフェロモリブデンの輸
入量減少の一つの要因として挙げられる。
主要輸入国の動向においては 2008 年以降からはフェロモリブデンの最大輸入相手国が中国から
チリへと入れ替わり、2009 年を除いては年間 1,100tを超えるフェロモリブデンがチリから輸入されてい
る。チリからの輸入量が増加した背景には 2007 年からの輸入関税撤廃がある。また、調達距離のメ
リットから韓国からの輸入も増加している。
表 3-5 フェロモリブデンの輸出入相手国
モリブデン
(Mo)
2003
161
22
2,970
9
12
3,175
-
8
1
1
3
3
17
2004
191
22
2,903
-
25
3,141
-
13
2
4
3
5
26
2005
322
73
2,074
-
84
2,554
6
11
2
2
2
10
32
チリ
韓国
輸 中国
入 台湾
その他
合計
台湾
タイ
フィリピン
輸
シンガポール
出
インドネシア
その他
合計
出典:財務省貿易統計
純分換算率:フェロモリブデン70%
2006
459
99
1,863
-
248
2,669
1
13
1
1
0
4
21
2007
843
177
898
-
87
2,005
-
12
0
2
0
5
19
2008
1,494
247
284
-
38
2,063
-
6
1
1
0
2
10
2009
496
64
6
6
3
575
213
3
0
1
0
104
321
2010
1,140
279
-
-
10
1,429
78
4
1
1
0
9
93
2011
1,235
198
42
1
6
1,483
13
5
1
1
0
0
21
単位:純分t
2012 12/11比 構成比
1,100
89%
83%
141
71%
11%
64
151%
5%
15
1185%
1%
0
-
0%
1,320
89%
100%
10
78%
52%
5
104%
28%
2
198%
10%
2
151%
9%
0
-
1%
0
38%
1%
20
94%
100%
その他
台湾
中国
韓国
チリ
(純分t)
4,000
3,600
3,200
2,800
2,400
2,000
1,600
1,200
800
400
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
図 3-7 フェロモリブデンの輸入相手国
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-210 -
2011
2012
3-2-5.モリブデン粉・塊
モリブデン粉・塊の輸出入相手国を表 3-6、図 3-8、図 3-9 に示す。2012 年のモリブデン粉・塊の主
要輸入相手国は、中国、ドイツ、米国で、主要 3 カ国からの輸入量がほぼ 100%となっている。2012
年における主要 3 カ国からのそれぞれの輸入量は、中国 633t、ドイツ 278t、米国 47tであった。
一方、粉・塊の主要輸出国は韓国、米国、タイで、この 3 カ国への輸出量が全体の 84%を占める。
2012 年の主要国への輸出量は、韓国 17t、米国 12t、タイ 5tとなっている。
表 3-6 粉・塊の輸出入相手国
中国
ドイツ
輸 米国
入 チリ
その他
合計
韓国
米国
タイ
輸 オランダ
出 中国
インド
その他
合計
出典:財務省貿易統計
純分換算率:粉・塊100%
その他
チリ
米国
ドイツ
中国
(純分t)
1600
1400
1200
1000
800
600
400
200
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-8 粉・塊の輸入相手国
その他
タイ
米国
韓国
(純分t)
160
140
120
100
80
60
40
20
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-9 粉・塊の輸出相手国
-211 -
鉱物資源マテリアルフロー 2013
モリブデン
(Mo)
単位:純分t
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012 12/11比 構成比
114
325
302
744
540
652
220
577
483
633
131%
66%
158
374
403
464
286
285
78
525
307
278
91%
29%
149
261
259
253
190
178
90
77
54
47
86%
5%
-
10
20
-
-
-
20
-
20
-
8
3
7
24
2
3
3
1
1
1
116%
0%
429
974
991
1,485
1,018
1,116
411
1,179
865
959
111%
100%
38
28
23
1
6
6
8
13
19
17
91%
41%
15
23
41
9
35
70
52
30
55
12
22%
30%
-
11
-
0
0
2
1
5
4
5
133%
13%
-
1
5
-
-
1
1
3
4
3
93%
8%
7
1
1
1
1
2
12
4
8
3
34%
6%
1
1
1
1
5
2
3
3
3
0
5%
0%
8
11
1
1
1
6
64
11
33
1
2%
2%
70
76
72
13
48
87
141
68
125
41
33%
100%
3-3.輸出入価格
モリブデンの平均輸出入価格を表 3-7、図 3-10、図 3-11、図 3-12、図 3-13 に示す。2012 年のモリ
ブデンの輸出入価格は、世界景気回復の遅れから全体的に 2011 年よりも若干下がり、リーマンショッ
ク以降比較的安定した価格を維持している。
原料の輸入価格においては、鉱石(三酸化モリブデン)が前年比 82%の 17,472 ドル/t、モリブデン酸
化物・水酸化物が前年比 85%の 21.2 ドル/kg と鉱石(硫化鉱)を除き、いずれも前年比 80%台まで落
ちた。また、素材においても、モリブデン酸塩は前年比 82%の 18.5 ドル/kg、FeMo(フェロモリブデン)
は前年比 84%の 21.3 ドル/kg、塊・粉は前年比 88%の 40.3 ドル/kg、くずは前年比 86%の 21.6 ドル
/kg、二硫化モリブデンは前年比 88%の 10.2 ドル/kg などと低下している。製品では、線の輸入価格
が前年比 107%の 85.5 ドル/kg に上昇しているものの、棒・形・板やその他製品などの輸入価格はそ
れぞれ前年比 89%と 84%の水準に下がっている。
モリブデンの輸出価格も、輸入価格同様、前年比 80~90%水準で落ち着いている。国内から海外
への輸出量が多い二硫化モリブデン、モリブデン酸塩、モリブデン製品(棒・形・板、線、その他製品)
の輸出価格の動向をみると、二硫化モリブデンが前年比 83%の 25.0 ドル/kg、モリブデン酸塩は前年
比 92%の 22.8 ドル/kg、棒・形・板が前年比 79%の 121.0 ドル/kg、線が前年比 85%の 75.4 ドル/kg、
その他製品が前年比 90%の 139.8 ドル/kg といずれも小幅に下落している。
表 3-7 モリブデンの平均輸出入価格
モリブデン
(Mo)
単位
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
焼成鉱
輸入
6,295 17,058 41,232 33,056 38,537 42,653 16,613 20,053 21,223
$/t
原 (三酸化Mo) 輸出
5,895 32,799 48,188 34,316 44,363 50,835 14,840 26,371 39,144
料
輸入
7,901 12,473 13,322 21,485 23,326 23,105 24,922 22,806 24,283
$/t
硫化鉱
輸出
-
-
-
-
-
-
-
-
-
Mo酸化物 輸入
7.7
18.3
46.0
37.0
47.5
55.0
20.0
23.0
25.1
$/kg
水酸化物
輸出
12.5
23.4
37.3
17.3
14.4
44.5
26.8
23.0
24.0
輸入
3.9
6.2
10.2
17.5
16.7
15.5
17.1
11.5
11.6
$/kg
二硫化Mo
輸出
0.2
1.7
7.0
7.3
10.6
10.9
11.4
28.2
29.7
輸入
7.5
17.5
41.5
33.5
38.3
43.3
15.6
21.3
22.5
$/kg
Mo酸塩
素
輸出
8.6
19.4
37.1
31.5
33.9
40.2
19.3
21.5
24.8
材
輸入
7.1
19.2
46.9
35.6
43.5
49.6
18.9
24.2
25.5
$/kg
FeMo
輸出
8.5
23.4
53.0
47.6
52.3
60.2
18.2
26.2
31.5
輸入
20.9
36.3
75.5
67.4
74.7
84.4
43.5
44.9
46.1
$/kg
塊・粉
輸出
18.7
44.1
85.3
112.2
75.8
95.6
57.8
86.0
67.0
輸入
11.5
23.1
52.1
48.6
61.7
36.4
17.2
21.6
25.1
$/kg
くず
輸出
10.5
23.4
28.1
34.2
43.5
42.2
25.8
34.6
26.8
輸入
58.4
93.5
117.2
111.7
105.0
127.1
118.4
113.7
124.4
$/kg
棒・形・板
輸出
60.1
80.8
148.6
110.1
122.3
144.7
206.9
135.4
153.6
製
輸入
34.4
59.0
117.0
105.3
109.7
121.8
85.6
81.5
80.3
$/kg
線
品
輸出
85.8
101.6
203.3
309.9
288.5
395.3
118.6
84.1
89.1
その他
輸入
107.0
131.3
130.3
80.6
64.4
91.0
92.5
118.2
118.9
$/kg
製品
輸出
140.2
122.0
140.1
165.5
161.3
188.0
157.4
151.7
155.8
出典:財務省貿易統計
輸出入価格は貿易統計の貿易額を財務省による年間平均為替レートにより米ドルベースに換算し、年間平均価格を示した。
($/t)
45,000
原料 鉱石(三酸化Mo)
原料 鉱石(硫化鉱)
40,000
35,000
30,000
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
図 3-10 モリブデン鉱石の平均輸入価格
鉱物資源マテリアルフロー 2013
-212 -
2012
2012 12/11比
17,472
82%
34,136
87%
25,705
106%
-
21.2
85%
34.8
145%
10.2
88%
25
83%
18.5
82%
22.8
92%
21.3
84%
28.9
92%
40.3
88%
46.6
69%
21.6
86%
18.3
68%
110.2
89%
121.0
79%
85.5
107%
75.4
85%
100.0
84%
139.8
90%
素材 Mo酸化物・水酸化物
素材 二硫化Mo
素材 Mo酸塩
素材 FeMo
素材 塊・粉
素材 くず
製品 棒・形・板
製品 線
製品 その他製品
($/kg)
200
180
160
140
120
100
80
60
40
20
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-11 モリブデンの平均輸入価格
モリブデン
(Mo)
($/t)
60000
原料 鉱石(三酸化Mo)
50000
40000
30000
20000
10000
0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-12 モリブデン鉱石の平均輸出価格
($/kg)
450.0
素材 Mo酸化物・水酸化物
素材 二硫化Mo
素材 Mo酸塩
素材 FeMo
素材 塊・粉
素材 くず
製品 棒・形・板
製品 線
製品 その他製品
400.0
350.0
300.0
250.0
200.0
150.0
100.0
50.0
0.0
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
図 3-13 モリブデンの平均輸出価格
-213 -
鉱物資源マテリアルフロー 2013
4.生産者及び生産品目
日本における主要生産者は表 4 の通りである。
表 4 主要生産者及び生産品目
企業名
FeMo
FeMo
ニッケル
金属Mo
棒・線・板
Mo合金
化合物
太陽鉱工
妙中鉱業
メタルテクノロジー
東芝マテリアル
日本新金属
アライドマテリアル
東邦金属
日本タングステン
日本無機化学工業
出典:矢野経済研究所
○
○
-
○
-
○
○
○
○
-
○
○
-
○ ○
-
○
○
○
モリブデン
(Mo)
5.リサイクル
2012 年のモリブデンリサイクル率は 2011 年同様 2%であった。国内では脱硫触媒からモリブデン
の回収を行っている。石油精製所では、石油の品質向上と大気汚染をもたらす硫黄を取り除くために
脱硫触媒としてモリブデン系の触媒が使用されており、この使用済みの触媒からモリブデンの回収が
行われている。
リサイクル率
=(使用済み製品からのリサイクル量)/(見掛消費量)
見掛消費
=(国内発生量)+(原料・素材の輸入量)-(原料・素材の輸出量)
※原料は焼成鉱(三酸化モリブデン)、硫化鉱、素材はモリブデン酸化物・水酸化物、モリブデン酸塩、フェロモリ
ブデン、塊・粉、くず、二硫化モリブデンの合計値
※国内発生量には使用済み製品からのリサイクル量および製錬残渣等から回収された量を含む。モリブデンの
場合には、触媒・金属スクラップからの回収を国内発生量とする。
表 5 モリブデンのリサイクル率
国内発生(触媒・金属スクラップから回収)
輸入(原料・素材)-輸出(原料・素材)
合計①
リサイクル量 触媒・金属スクラップから回収②
リサイクル率 ②/①
出典:財務省貿易統計、触媒資源化協会
見掛消費量
鉱物資源マテリアルフロー 2013
2008
869
28,095
28,964
869
3%
-214 -
2009
868
15,591
16,460
868
5%
2010
845
25,524
26,368
845
3%
2011
516
28,431
28,947
516
2%
単位:純分t
2012
488
26,809
27,297
488
2%
鉱物資源マテリアルフロー 2013
直接の輸出入なし
29 t
0 t
国内生産あり
輸出入のみ
触媒回収
国内生産量
488 t
国内生産量
ー
21,091 t
輸入量
6 t
輸出量
焼成鉱
( 三酸化モ リブ デ ン)
日本無機化学工業
製造フロー
(国内製造あり)
製造フロー
(国内製造なし)
ー
856 t
129 t
-
日本無機化学工業
くず
国内生産量
輸入量
輸出量
太陽鉱工
日本新金属
国内生産量
ー
輸入量
1,434 t
9 t
輸出量
国内主要生産企業
Mo酸化物・水酸化物
太陽鉱工
ー
国内生産量
輸入量
898 t
輸出量
150 t
国内主要生産企業
Mo酸塩
素材
妙中鉱業
-
リサイクルのフロー
国内生産量
輸入量
輸出量
ー
850 t
157 t
高純度
二硫化モ リブ デ ン
日本タングステン
東邦金属
アラ イ ドマテリアル
国内生産量
1,061 t
輸入量
959 t
輸出量
41 t
国内主要生産企業
東芝マテリアル 日本新金属
粉・塊
太陽鉱工
F eMo
国内生産量
2,862 t
1,320 t
輸入量
20 t
輸出量
国内主要生産企業
モリブデンのマテリアルフロー(2012)
ー
ー
需要量
1,236 t
無機薬品
需要量
板・線・棒
需要量
特殊鋼添加剤
潤滑剤
その他 肥料・ 薬品
石油脱硫触媒
水素化分解触媒
※廃触媒をフェロモリブデンと
無機薬品の生産でリサイクル
防食剤
パワー デ バイス用放熱板、
電子材料、永久磁石、
電極棒など
特殊鋼、ステ ンレス鋼、
高抗張力鋼、合金工具鋼、
ばね鋼、軸受鋼な ど
製品・主要用途
純分換算率:鉱石60%、Mo酸塩59%、Mo酸化物・水酸化物66.6%、FeMo(フェロモリブデン)輸出62%・輸入70%、粉・塊100%、くず100%、棒・板・線100%、二硫化モリブデン60%
輸入量
輸出量
硫化鉱
二硫化
モ リブ デ ン
鉱石
原料
6.マテリアルフロー
モリブデン
(Mo)
-215 -
リ
サ
イ
ク
ル
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
838 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content