close

Enter

Log in using OpenID

CFA NEWSLETTER No30_Mar 2014_final4

embedDownload
CFA NEWSLETTER
グローバル金融アナリストの情報誌
No.030/2014年3月号(隔月刊)
CONTENTS
Topics
■「金融の将来」プロジェクト議長、ジョン・ケイ氏来日
■第4回CFA協会ジャーナリスト・アカデミー開催、行動ファイナンスの基礎を学ぶ
■ジャパン・インベストメント・カンファレンス開催
CFAJ Update
■コミッティ活動報告
CFA News & Trend
ESGコラム
■ESG株式投資の問題
CFA Magazine 3- 4月号より
■シンメトリカルな報酬体系がテールリスクを低減する
■プライベートエクイティファンドと年金制度:新潮流
■格付け会社の評価
■クオリティ管理
■機敏、迅速、そして正確なモデル開発のために
■猛犬に注意
CFA People
■プログラム・コミッティ紹介
■今後の主な予定
ユニバーシティ・リエゾン
本ニュースレターでは、世界の公正な投資市場をリードする専門資格CFA®(CFA協会認定証券アナリスト)の認定・推進機関であるCFA協会の
活動から、情報をお届けいたします。取材の参考資料としてご活用いただくことができれば幸いです。
CFA協会ならびに日本CFA協会の詳細はホームページをご参照ください。
■CFA協会/http://www.cfainstitute.org
■一般社団法人日本CFA協会/http://www.cfasociety.org/japan
Topics
「金融の将来」プロジェクト議長、ジョン・ケイ氏来日
3月初旬、金融業界に失われた信頼
は、内外の市場関係者に大きな影響
性と公平性を、取り組むべき重要な
を取り戻すべくCFA協会が推進す
を与えており、今回も話題の一つと
6分野と位置づけ、それぞれの分野
る「金融の将来」プロジェクトで、
なりました。なかでも市場における
で調査・提言を行っています。CFA
諮問会議議長を務めるジョン・ケイ
短期主義(short-termism)への偏
協会では「投資家権利に関する声明」
氏が来日されました。各種会議やイ
重、分散化された株主構成がもたら
「誠実性リスト」
「運用報告書の原則」
ベントへの参加でご多忙のところ、
すガバナンスの問題、トレーディン
などの出版物のみならず、ブログや
3月5日には、日本CFA協会が主催す
グ主体の投資行動、運用者は受託者
他のSNSを通じて積極的な参加を
る資産運用業界首脳との昼食会およ
責任原則に基づき最終投資家との信
呼びかけています。
びセミナーでの講演に加え、メディ
頼関係を築くべきことなど、ケイレ
アのインタビューにも応じられまし
ビューで示された考察は、CFA協会
た。
の「金融の将来」プロジェクトに通
ジョン・ケイ氏が英国政府からの要
協会ウェブサイトを是非チェックし
てください。
www.cfainstitute.org/FutureFinance
じるものです。
請により英国株式市場の構造的問題
「金融の将来」プロジェクトは、投
について調査・分析を行い、2012年
資家優先、システム保護、退職後の
7月に公表された「ケイレビュー」
保障、金融知識、規制と執行、透明
第4回CFA協会ジャーナリスト・アカデミー開催
行動ファイナンスの基礎を学ぶ
協会のアドボカシーコミッティメン
行動ファイナンスは個人投資家にと
バーが中心となってプログラムを作
って理念を踏まえることで投資判断
成、提供しています。本アカデミー
の助けとなること、欧米では行動フ
は各国のソサエティでも展開し、好
ァイナンスの専門家がアナリストと
評を得ています。
して活躍している等、個人から実業
3月26日(水)東京金融ビレッジに
て開催された本アカデミー第4回目
日本CFA協会では、金融業界を担当
されるジャーナリストの方を対象と
した「CFA協会ジャーナリスト・ア
カデミー」を昨年5月より開催して
のテーマは「行動ファイナンスの基
界まで幅広く貢献している状況もご
理解いただけたのではないでしょう
か。
礎を学ぶ」と題し、日本CFA協会理
参加されたジャーナリストからは学
事、本間晶氏が講師として登壇しま
術的な見地からの講義は勉強になっ
した。
た、質疑応答の時間等双方向な時間
います。第一線で活躍する金融プロ
フェッショナルが、最新の事例を含
講義は行動ファイナンス登場前に主
め金融及び投資業界の基本的知識を
流だった理論の問題点から、行動フ
ジャーナリストの皆様と共有し、今
ァイナンスが発展してきた歴史、理
後の取材・記事執筆に役立てていた
念や課題を、簡単な演習を交えなが
だこうという主旨のもと、日本CFA
らその基本を学んでいただきました。
1
がほしい、などの反響がありました。
日本CFA協会では引き続き不適切
会計の検知、企業財務諸表評価につ
いて本アカデミーを開催する予定で
す。
ジャパン・インベストメント・カンファレンス
「復興する日本:認識を見直し、新たな視点で戦略を再構築」
2014年7月2日、大手町サンケイホール
イベント概要
プログラム
アベノミクスは日本の資産市場に活
8:15 受付
力を与えてきましたが、経済はまだ
8:45 開会の辞
ふらついており、日本が失われた20
9:00 基調講演「日本経済診断:量的・質的金融緩和の中間評価」
年からついに脱出するかどうかに疑
池尾和人、経済学博士
慶應義塾大学経済学部教授
10:00 休憩
問を投げかけています。
投資家は今こそリスクを再考し、認
識を見直し、新たな視点に立ち、投
資機会を再検討して、投資戦略を再
構築しなければなりません。
10:20 「日本のリターン革命」
神山直樹、CFA、メリルリンチ日本証券
日本株チーフストラテジスト
11:00 「景気循環を通じた株式リスクプレミアムの時系列変動:日米市場での
60年間」
山口勝業、CFA、イボットソン・アソシエイツ・ジャパン
7月2日開催のジャパン・インベスト
メント・カンファレンスでは、内外
代表取締役
社長
11:40「国債暴落」
(仮題)
の著名な専門家が世界市場の動向や
高田創、みずほ総合研究所
投資戦略に関する知見を提供します。
ノミスト
常務執行役員
調査本部長
チーフ・エコ
12:20 昼食
参加費
13:30 「日本経済の見通し:アベノミクスの行方」
(仮題)
CFA協会会員
30,000円
リチャード・クー、野村総合研究所
CFAプログラム受講者
35,000円
ト
一般
50,000円
主席研究員
チーフ・エコノミス
14:20 「新興国市場および為替の見通し」
(仮題)
早期申込み割引:
アビナッシュ・パサード、インテリジェント・キャピタル・リミテッド
6月2日(月)までの申し込みで1万
会長
円の割引となります
15:10 休憩
15:30 「金融業界が直面する主要な問題:金融の将来」
(仮題)
川村雄介、大和総研
副理事長
トニー・タン、CFA、CFA協会
基準および金融市場信頼性部門ヘッド
16:00 パネルディスカッション「これからの年金資産運用」
(仮題)
米澤康博、経済学博士
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授
堀越祐二、三菱商事企業年金基金
大塚修生、CFA、マーサージャパン
自家運用執行理事
取締役
資産運用コンサルティン
グ部門代表
古宇田義規、CFA、JPモルガン・アセット・マネジメント
員(司会)
17:15 閉会の辞
17:30 レセプション
(敬称略。上記は変更されることがあります)
イベントの詳細はこちらから:www.cfa.is/jic2014
2
専務執行役
CFAJ Update
このコーナーでは、メディアおよび会員の皆様に日本CFA協会の各分野での活動状況をお知らせしております。
いてのセミナーを企画中です。
メンバーシップ
1月末にCFA受験スタディーグルー
プのキックオフミーティングを開催
し、その後それぞれのグループで週1
回のペースで集まりお互いに切磋琢
磨し、6月試験に備えているようです。
6月の試験を成功裏に終えられるこ
とを祈っております。スタディーグル
ープなどに参加せず、独習の進め方な
どで心配されていらっしゃる方には、
メンターもご紹介しております(受験
者会員限定)。なお、会員や受験者間
の交流促進のため、定期的にHappy
Hour Eventを開催しています。次回
は4月9日(水)19:00から神田の「ク
ラフトビアマーケット淡路町店
( CRAFT BEER MARKET)」。詳細
はCFAJのHPをご参照ください。業
界内での横のつながりが広がります
ので、是非ご参加下さい。
2月6日には日興フィナンシャル・イ
ンテリジェンスの宮井専務取締役を
お招きし「ESG投資のリターンとリ
スクに関する定量分析」についてご
講演いただきました。2月18日には
CBOEからMatt Moran氏をお招き
し低金利下におけるデリバティブの
使用について、3月6日にはマイルス
トンアセットマネジメントのCEO
であるAlex Kinmon氏に「Japan’s
and
the
4 日開催の ICGN 東京コンファレン
エンプロイヤー・アウトリ
ーチ
スを後援しました。3 月 26 日にはジ
エンプロイヤー・アウトリーチ・コミッテ
行いました。
ャーナリスト向けの研修セミナーを
ィでは、3 月 5 日にジョン・ケイ氏を招い
た昼食会を開催し、資産運用業界より
ユニバーシティ・リエゾン
18 社の方々にご参加いただきました。
CFA Instituteの教育カリキュラム
ケイ氏からは、「ケイレビュー」を通じて
を 採 用 し て 頂 い て い る Program
学んだ教訓として短期主義やトレーデ
Universityは、日本では青山学院大
ィング主体の取引関係を是正すべきこ
学大学院国際マネジメント研究科
と、投資家教育の重要性や、スチュワ
(北川 哲雄 教授)、一橋大学大学院
ードシップ・コードに関するコメントなど、
国際企業戦略研究科(大橋 和彦 教
示唆に富んだお話しを聞くことができ
授)
、早稲田大学大学院ファイナンス
ました。また引き続き、金融業界を中
研究科(米澤 康博 教授)の3校で
心とする企業の経営者や人事研修ご
す。今後、各校との連携をより強化
担当者の方に CFA プログラムの紹介
し大学と協会双方からの発信力をさ
や、出版物、イベントのご案内等、
らに高めるため、各教授とも親交が
様々な情報を提供しております。また、
深く学会でも著名な山口 勝業 理事
コーポレート・スポンサーの募集もして
を中心に活動を活発化する計画です。
います。
アイデアのある方は、是非協会まで
ご連絡を下さい。
プログラミング
Slump
レートガバナンスの分野では、3 月
dangers
of
Economic Orthodoxy」と題してご
講演いただきました。3月17日には
FactSetのDr. Steven Greinerによ
るSRIについてのセミナーを行いま
した。引き続き、4月中旬にはコー
ポレートファイナンスのセミナー、
5月にはソブリンリスクや投信につ
アドボカシー
なお、4月23、24日にタイのバンコ
CFA 協会の本年度の重点プロジェ
ク で 開 催 さ れ る 予 定 だ っ た CFA
クトである「フューチャー・オブ・
Institute Research Challenge(IRC)
ファイナンス」に継続的に取り組ん
のアジア太平洋地区大会は、タイの
でいます。よりよい社会に奉仕し、
国内情勢が引き続き安定しないため
信頼の置ける未来志向の金融業界を
シンガポールのラッフルズホテルに
形成することというミッションのも
開催場所を変更することになりまし
と、CFA 協会本部と連携して「金融
た。開催日程に変更はありません。
の将来」プロジェクトに関連する
24 日 の 決 勝 戦 の 様 子 は CFA
諸々の施策を推進して行きます。
InstituteのIRCのホームページ
1 月 30 日には、
「投資分析環境変化
( http://www.cfainstitute.org/comm
と分析手法高度化に関する理解と情
unity/challenge/Pages/index.aspx )
報発信のためのワーキンググループ」
で実況が行われると思います。日本
の第1回研究会を開催しました。2
代表の東京工業大学チームが前日の
月には、金融庁公表の「日本版スチ
予選を勝ち抜いて決勝戦の実況に登
ュワードシップコード草案」に対し
場することを、メンバー全員で強く
てグローバルな投資家の観点からコ
祈っています!
メントレターを送りました。コーポ
3
翻訳・ウェブ掲載、およびCFAジ
不確実性について考える」について
ャーナルの発行準備を行なっていま
倫理教育
のレクチャーが行われました。最後
す。広報活動の一環として、ブログ
3 月 5 日(水)、CFA 協会が立ち上げ
に同氏が 2012 年 7 月にビジネス・
翻訳が雑誌メディアで取り上げられ
た「金融の将来プロジェクト」の諮
イノベーション・技能省の委託を受
ました。また、ジョン・ケイ氏(CFA
問会議議長を務めている John Kay
けて取りまとめた英国株式市場活性
Advisory Committee Chair)のイン
教授を講師に迎え特別セミナー「金
化のための提言 Kay Review や日本
タビューも放映されました。IRCに
融の将来:リスクと不確実性につい
版スチュワードシップ・コードの関
絡んで、学生向け就職誌のウェブサ
て考える 」を開催しました。当セミ
する事項も含めて活発な質疑応答が
イトに東京大会優勝校のインタビュ
ナーでは、先ず「金融の将来プロジ
行われました。当協会会員、非会員
ー記事が掲載されました。今後のニ
ェクト」の目的とプロジェクトの 6
を含め多くの方々が参加され好評裏
ュースレターでは、スタディグルー
つの主要テーマ(投資家優先、システ
に終了いたしました。
プの活動の一端をESGコラムとし
ム保護、退職後の保障、金融知識、
てご紹介する予定です。
規制と執行、透明性と公平性)につい
広報・出版
てその意義、位置付け、成果につい
引き続き、プレスリリースおよびニ
て説明がなされ、その後「リスクと
ュースレターの発行、CFAブログの
4
CFA News & Trend
ESGコラム
ESG株式投資の問題
辻本臣哉、CFA
も、取引高に占める割合が大きいた
合報告書』も、こうした流れの中に
め、市場へ大きな影響力があります。
あります。
短期の投資家の増加や、長期の投資
家の短期志向化は、実体経済に悪影
響を与える可能性があります。例え
ば、企業が短期の株価を意識して、
長期的な成長に必要な設備投資を行
わず、短期の利益を優先するといっ
環境(E)
、社会(S)
、コーポレート
たことが考えられます。一方、ESG
ガバナンス(G)を考慮したESG株
は、企業の長期成長やリスク低減に
式投資が、昨今、話題となっていま
関連しています。したがって、ESG
す。ESG株式投資とは、企業の環境
株式投資は、長期投資を促す可能性
への取り組みや、企業を取り巻く地
があり、短期主義問題の解決策の一
域社会への貢献、さらには取締役会
つであると考えられます。
の機能などを評価項目に加えて、投
当コラムでは、こうしたESG株式投
資について、三つの立場から考えて
みたいと思います。すなわち、アセ
ットオーナー、アセットマネージャ
ー、および企業です。アセットオー
ナーとは、年金基金など、実際に資
産を所有している機関です。アセッ
トマネージャーとは、投資顧問・投
資信託会社であり、投資顧問会社は、
アセットオーナーから、資金を預か
りその運用を行います。アセットマ
ネージャーは、上場企業を評価して、
次に、ESG株式投資とメインストリ
ポートフォリオを構築します。また、
ーム株式投資との統合が、急速に進
企業と、インベスターリレーション
んでいます。メインストリーム株式
(IR)を通じて、コミュニケーショ
投資とは、財務情報を中心に投資評
ンを行います。企業は、自らの企業
ESG株式投資は、別に新しいもので
価を決定する投資手法であり、ボト
年金基金を持つ場合もあり、この場
はなく、10年以上も前から、社会的
ムアップ型の運用会社のほとんどが、
合、アセットオーナーとも関係して
責任ファンド(SRI)などが運用さ
この投資方法を用いていると考えて
いるといえます。
れています。昨今、再度注目される
よいでしょう。ESG株式投資は、以
ようになった背景には、2つの理由
前は、SRI等、ESG要因(非財務情
があるように思われます。一つは、
報)のみに注目した投資が多くみら
短期主義の問題解決であり、もう一
れましたが、昨今は、財務情報と
つは、メインストリーム株式投資と
ESG情報の両方を利用する統合型
ESG株式投資の統合です。
ファンドが増えてきています。企業
資を行う手法です。こうしたESG要
因は、企業の長期的な収益向上やリ
スク低減に貢献すると考えられます。
まず、短期主義の問題についてです
が、昨今、短期のリターンを求める
投資家の力が増してきています。も
ちろん、様々な投資家の存在によっ
て、市場が成り立っているため、短
期投資は否定すべきものではありま
せん。しかし、短期の投資家は、資
を評価する場合、多角的な評価が必
要であり、それは財務情報だけでな
く、非財務情報も含めた分析が求め
当コラムでは、今後、このアセット
オーナー、アセットマネージャー、
および企業という、それぞれの立場
から、ESG株式投資について、語っ
ていただく予定です。それぞれ違っ
た角度から、ESGに対する考えを示
していただくことによって、ESG株
式投資を多角的に考察していくこと
ができると考えます。
られてきています。両者の統合は、
パフォーマンスの追及ということを
(辻本臣哉、CFA、Chief Executive
考えれば、当然の帰結と考えられま
Officer, Nippon Life Global
す。また、昨今話題となっている『統
Investors Singapore Limited)
産ベースではそれほど大きくなくて
5
CFA Magazineより
このコーナーでは、 CFA Institute会員に配布される隔月刊の会員誌 CFA Magazineの最新号から 6本の記事を日本語
で要約しています。原文は次の URLをご参照ください。http://www.cfapubs.org/toc/cfm/2014/25/2
シンメトリカルな報酬体系がテールリスクを低減する
Using Symmetrical Fees to Reduce Tail Risk
エデュアルド・セネシャル、CFA
運用者がパフォーマンスの下方リス
担に伴うオプション価値の変化分を
フォーマンスに完全に連動させるこ
クを完全に負うならば、業務の持続
基本報酬に上乗せします(ソリュー
とです。そうすれば運用者と顧客の
性が脅かされ、投資家の最善の利益
ション1)
。
利害は完全に一致しますが、運用者
にならないという議論からすると、
ファンドのパフォーマンスが悪くて
も損失を負担せず、良ければ利益の
一部に与るという現在の典型的な成
この場合、最悪のシナリオでは運用
者の報酬は大幅に削減されます。こ
れが運用者の業務の持続性を脅かす
が投資リスクを取るために必要な資
本を十分に有していないため、料率
を引き下げる必要があるでしょう。
ならば、シンメトリカルな成功報酬
2008年の危機以降、投資家はテール
体系を導入できます。すなわち、運
リスクを回避する傾向を強めていま
用者に損失を一部負担させると同時
す。テールリスクを低減する単純な
に、利益配分に上限を設定します。
方法は、運用者がそのようなリスク
それはコールオプションを売却する
を取るインセンティブを排除するこ
代替策として、損失時に運用者の報
ことであり、その価値相当分を基本
とです。シンメトリカルな成功報酬
酬を減らす代わりに基本運用報酬を
報酬に加えるのです(ソリューショ
への移行は、その解決策となるでし
高くすれば、全体の報酬(期待値)
ン2)
。その効果として運用者が不当
ょう。
を変えることなく、顧客との利害を
なリスクを取るインセンティブは低
より一致させることができます。こ
減されます。
功報酬体系は合理的にみえます。し
かし、オプションに類似するこの体
系は運用者に投資リスクを取るイン
センティブを与えています。
こでは成功報酬をファンドのグロス
のパフォーマンスに対するコールオ
(要約翻訳:松本(深津)みどり)
3つめのソリューションは、オプシ
ョンの要素を排除し、運用報酬をパ
プションとして価値評価し、損失負
プライベートエクイティファンドと年金制度:新潮流
Private Equity Funds and Pension Plans: A Changing Dynamics
デービッド・レビン、スーザン・マンジェロ、CFA
2013年に米国連邦裁判所は、プライ
新規公開による投資資金の回収が遅
分析する際には、以下の7つのステ
ベートエクイティファンドには、ポ
延する可能性があること、さらに受
ップを踏まえるべきです。
ートフォリオに組み入れている企業
託者責任不履行の申し立てにより訴
1つ目はそのファンドが企業の年金
に年金基金の積み立て不足があった
訟関連費用が嵩む可能性があること
積み立て不足を補填する義務が生じ
場合に、一定の条件下でその不足分
から、目標とする投資収益率の達成
るような所有形態を採用していない
を補填する義務があるとの判決を下
が難しくなるかもしれません。
か確認すること。2つ目にファンド
しました。これにより、年金積み立
て不足の補填のために追加資金を拠
投資家は投資収益を確保するため、
プライベートエクイティファンドを
出する可能性や、保有株式の売却や
が企業の過半数持分を保有していな
いか確認すること。3つ目は年金給
付保証公庫がファンド内の企業に懸
6
念を表明していないか調査すること。
容について把握すること。そして最
ザーと協力することで、年金負債に
4つ目はファンド内の企業で採用さ
後7つ目として、今回の判決が今後
対するリスクを回避しプライベート
れている年金制度改善案の内容につ
法規制強化への契機となり、ファン
エクイティファンドからの投資収益
いて把握すること。5つ目はファン
ド構造が変化して投資の採算や法的
を最大化することが可能になるので
ドが定期的に企業の包括的労働協約
権利に影響しうることを認識するこ
す。
について調査しているか確認するこ
とです。
と。6つ目はファンドが採用してい
るデューデリジェンスプロセスの内
(要約翻訳:金子豊和、CFA)
これらの内容は非常に広範囲にわた
ります。しかし経験のあるアドバイ
格付け会社の評価
Evaluating the Evaluators
マハ・カーン・フィリップス
2013年6月、欧州委員会は格付け会
という潜在的に利益相反を生むビジ
も聞かれます。アクティブ運用者は
社の活動の透明性を高めるために、
ネスモデルです。米国で全国的に認
独自の分析をしており格付けは分析
格付け会社の説明責任、利益相反の
知されている統計的格付け会社
過程で使用するデータの1つと捉え
回避、ソブリン債格付けを変更する
(NRSRO)9社のうち、投資家が費
られるものです。それでも信用リス
時期の事前発表義務および変更回数
用を負担するモデルを採用している
クに関して世界的に比較可能で独立
の限定等を内容とする規制強化を発
のは最小規模のイーガン・ジョーン
した見解を示す格付けは、投資ガイ
表しました。また、投資家は格付け
ズのみであり、100億ドルと推定さ
ドラインや規制の基準として有用で
会社の規制違反に対し損害賠償訴訟
れる格付け市場の90%を大手3社が
あり、資本市場が機能する上で重要
を起こしやすくなりました。この背
支配しています。新規参入も見られ
な役割を果たします。
景には金融危機後の格付け会社の信
ますが、すべての投資家があらゆる
用失墜があります。
格付け情報を無料で公平に得られる
サブプライムローンを基にした証券
化商品に高格付けを付与していた格
現在の構造を変えるのは容易ではな
いでしょう。
新ルールは資本市場参加者による格
付けへの過信を防ぐ狙いがある一方
で、格付け会社は、ふさわしいか否
かは別問題として、引き続き必要と
付け会社に対し訴訟が相次ぎました。
格付け会社からはプロセス等を改善
特に厳しい批判を受けたのは、発行
したとの指摘もあり、格付けの長期
体から格付け付与手数料を徴収する
的な有効性や存在意義を主張する声
されるでしょう。
(要約翻訳:井上佐知子)
クオリティ管理
Quality Control
スーザン・トラメル
ベンジャミン・グレアム(Benjamin
のように組み込むかは資産運用会社
格的に普及しました。ジョセフ・ピ
Graham)が、株価が妥当な水準に
や調査会社によって異なります。ク
オトロスキ(Joseph Piotroski)が
あるクオリティ銘柄を探すことの重
オリティ投資とは、将来の収益性が
考案したFスコアやジョエル・グリ
要性を指摘している通り、クオリテ
高い企業を見極めるための枠組みと
ーンブラット(Joel Greenblatt)が
ィ投資は目新しいものではありませ
言えるでしょう。
発表した「魔法の公式」は、財務健
ん。ただ、クオリティの定義や、ク
オリティをトレーディング戦略にど
クオリティ投資は、エンロン等の破
綻をきっかけに2000年代前半に本
7
全性の分析ツールとして広く使用さ
れるようになりました。
Mead)らによる研究があります。
る複数の企業属性(収益性、成長性、
クオリティ投資に関する最近の研究
安全性、配当)の合成からクオリテ
には、ノビイ・マークス(Novy-Marx)
ィを捉える研究、また、クオリティ
による売上総利益÷総資産が将来の
による選別は、バリュー銘柄の中で
収益性を捉えるとした研究や、クリ
行う場合に特に効果があると指摘し
フ・アスネス(Cliff Asness)らによ
たカトリーナ・メード(Katrina
クオリティに関するスクリーニング
方法は、新たな研究、更なるバック
テストやテールイベントを反映させ
て進化を続けています。
(要約翻訳:森由紀、CFA)
機敏、迅速、そして正確なモデル開発のために
Agile, Nimble, and Error Free
エド・マッカーシー
トレーディング戦略、プライシング、
見込みあるものを特定すること。
することも重要です。
リスク管理などの数量モデルを開
・モデル開発は体系的に、かつ担当
なお、戦略が市場の変化に対応しな
発・導入し効果的に運用するうえで、
の創造性や好みを損なわずに、スタ
いことを示す指標としてのストップ
低質なモデルを使用するリスクや、
ッフ間で協働すること。
ロスの発動はモデルが適正に機能し
また、部署間の連携不足による
ていない証左ですので改善が必要で
「REDO」(やり直し)を回避するた
すが、そのコストを事前に最小化す
めには、ユーザーからより早い時点
るためにも、効率的な開発とプロセ
で必要条件をプログラマーに提供さ
ス管理が求められます。開発工程の
その手法、戦略や対象、市場は多様
せ、ビジネスとテクノロジー両面を
自動化はその解決策ですが、これに
ですが、導入プロセスの効率化と迅
理解できる社員に各部門間の仲介役
よって、やり直しのコストやリスク
速化のためには、以下が必要です。
として機能させること、開発の自動
を大幅に削減することができ、組織
・多方面からの情報に対して初期的
化を図り、再プログラミングを回避
は、機敏で迅速にかつ誤りのないモ
なスクリーニングを行い、戦略やモ
することが必要です。
デル開発に向かうことができます。
開発遅延による市場変化への対応力
低下などの問題があり、多数の金融
機関がモデル開発工程の迅速化を求
めています。
デルに対する盲信を避けること。
さらに、検証を経たアルゴリズムを
・「失敗するなら早めに」
、つまり非
組織全体に幅広く展開し、円滑に運
生産的なアイデアを速やかに排除し、
営できるよう適正な管理体制を確保
(要約翻訳:大浜
匠一、CFA)
猛犬に注意
Beware of Dog
マハ・カーン・フィリップス
コンプライアンスおよびリスクに関
する規制は投資運用環境を変化させ
ています。規制当局による監視は主
として投資銀行に向けられてきまし
たが、資産運用会社も野放しにされ
てきたわけではありません。資産運
用会社はコンプライアンスおよびオ
ペレーショナル・リスク管理への対
応を再考する必要に迫られています。
多くの資産運用会社が金融危機前に
導入していた報告プロセスでは、複
雑なデータ集約および新たな規制に
より要求される分析を効果的に扱う
には不十分でしょう。金融危機以降、
米証券取引委員会は企業や個人に対
して150件以上の規制違反を告発し、
総額26億ドルもの制裁金を科して
います。商品先物取引委員会は管轄
8
を拡大し、欧州連合のオルタナティ
ブ投資指令も規制を強化しています。
それに応じて、資産運用会社では経
営陣によるリスク監視体制を強め、
リスク管理とコンプライアンスにか
ける予算を増やしています。効果的
なシステムとデータ管理能力への懸
念から、人員を増やすと同時に外部
コンサルタントを雇う動きも見られ
ます。運用部門に限らず全社的にコ
るには正しい企業文化が必要です。
何よりも、コンプライアンス機能に
ンプライアンスを日常業務に組み入
つまり、コンプライアンスやリスク
適正な権限が与えられていなければ
れること、適切な職責分離を確保す
管理部門を何か問題が生じた際の防
なりません。
ることが、資産運用会社の課題なの
衛線と捉えるのではなく、エラーや
です。
不正取引をなくすような企業文化を
しかし、コンプライアンスが機能す
築くという発想が重要です。そして、
9
(要約翻訳:獅々見和秀、CFA)
CFA People
コミッティ紹介
ユニバーシティ・リエゾン
University Liaison Committee は、
直近でも、早稲田大学大学院ファイ
ーティングで会社の将来に対する
CFA 協会が大学および大学院と連
ナンス研究科が6月4日、5日に開
丁々発止のやり取りが行われます。
携し、次世代を担う金融プロフェッ
催する International Conference
最後は、グローバルレベルの競技で
ショナルの育成に積極的に関わって
on Sovereign Bond Markets に対し
あるという点です。プレゼンや質疑
いくために、2008 年 4 月に発足し
て、CFA 協会全体で協賛することが
応答が英語で行われるだけでなく、
たコミッティです。
決まっています。
優勝校は日本代表として、アジア大
しかし、現在私たちの活動の最も大
会、世界大会への切符を手にして、
私たちは、主にファイナンスを教え
きい部分を占めているのが「CFA
同世代の他の国々の若者の実力を目
る学部の教授陣並びに学生との交流
Institute Research Challenge」
の当たりにします。
を深める中で、プロとしての資産運
(IRC)という学生の競技イベントの
毎年感動的なファイナルで幕を閉じ
用ビジネスの魅力を伝え、業界を目
企画、運営です。
るこのイベントは、会員の方を中心
指す若者を一人でも増やすと同時に、
CFA 協会が世界 60 ヶ国で開催し昨
にしたメンター、グレーダー、審査
協会や協会員が持つ知的財産を大学
年は日本から 13 の有力大学が参加
員そして実行委員、合わせて 30 人
を中心とする学会での研究活動に活
したこのイベントは、各大学が 5 人
以上の方々が、8 ヶ月もの間ボラン
用してもらうために日々活動を行っ
までの代表者チームを作り、協会が
ティアして下さることによって成り
ています。もちろん、近年アジアの
指定した企業に関する株式分析を行
立っています。今後も参加希望校が
他の国々に比べて非常に少ない
い、レポートを作成し、英語でプレ
増え、より多くのボランティアの
CFA の国内受験者・合格者を少しで
ゼンを行うというものですが、そこ
方々必要になると思われますので、
も増やし、会員数を増やすことも、
には他の同様のイベントとは異なる
ご興味のある方は協会事務局までご
メンバーシップコミッティと共同の
3 つの大きな特徴的があります。
連絡をください。皆さんのご参加を
大事なミッションです。
ひとつ目は、プロフェッショナルと
メンバー一同お待ちしています。
しての指導と評価が行われることで
CFA 協会には大学および大学院向
す。各大学チームには CFA 資格者
2013 年、日本で開催された CFA
けに CFA プログラム・パートナー
を中心とする本業のファンドマネジ
Institute Research Challenge のス
という制度があり、CFA 受験者に求
ャーや企業アナリストが一人ずつ
ケジュールは以下の通りです。
められる知識項目(CBOK)の7割
「メンター」としてアサインされ、
8月6日
以上を履修プログラムに含めている
プロにも通用するレベルを目指した
8 月 27 日、9 月 10 日
学部・学科に対して認定を行ってい
指導を行います。また、提出された
8 月 27 日、28 日
ます。
レポートは同じく CFA 資格者中心
ニング(ファクトセット)
現在日本では早稲田大学大学院ファ
とする「グレーダー」が、そして予
9 月 11 日
イナンス研究科、一橋大学大学院国
選を勝ち抜いた選抜校のプレゼンは
ト・ミーティング)
際企業戦略研究科、青山学院大学院
業界を代表する 3 人の運用会社のマ
9 月 27 日
国際マネジメント研究科の 3 校が認
ネジメントである審査員が、プロの
提出
定されており、それらの大学におい
目線で評価を行い日本代表校が選ば
10 月 25 日
て CFA 協会の定める職業倫理講習
れるのです。
11 月 8 日
一次審査結果発表
会を開催したり、セミナーやカンフ
ふたつ目は、リアリティある経験で
12 月 6 日
最終審査・表彰式
ァレンスの共催を企画したりという
す。毎年分析対象企業には多大なご
(University Liaison
のも、私たちの活動の一つです。
協力を頂き、IR 担当役員や経営陣の
Committee Chair 神谷精志, CFA)
ご出席の下、本番さながらの IR ミ
10
キックオフミーティング
倫理講習会
情報端末トレー
企業説明会(アナリス
調査レポートドラフト
調査レポート提出期限
4月以降、日本CFA協会が主催する主なセミナー等の予定は以下の
とおりです
●4月9日(水)
講師:金子
Happy Hour Event
クション・アドバイザリー・サー
Japan Investment Conference
会場:クラフトビアマーケット淡路町
ビス株式会社
「RESUSCITATING JAPAN:
店 ( CRAFT BEER MARKET)
ブ・ディレクター)
RETHINK, REFOCUS,
時間:19:00-
会場:東京金融ビレッジ・ルーム1,2
RESTRATEGIZE」
時間:19:00-
会場:産経ホール
和弘氏(EYトランザ
エグゼクティ
●4月 15日(火)
●7月 2日(水)
時間:8:45-
セミナー「コーポレートファイナ
ンスについてのケーススタディ 」
11
[報道に関するお問い合わせ先]CFA協会
広報事務局
担当:株式会社ppc福嶋・松本
Tel
03-6809-2690/Fax 03-6909-2691
E-mail:[email protected]
3 12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
861 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content