close

Enter

Log in using OpenID

1 再現答案 【平成 26 年度 第2次筆記試験】 坪井 優和 事例Ⅰ(組織

embedDownload
再現答案
26 年度合格
再現答案 【平成 26 年度 第2次筆記試験】
坪井
坪井
事例Ⅰ(組織・人事戦略)
設問1
経営環境の変化は①技術革新のスピードが速い中、新しい技術や新しい製品が必要となっ
ている事、②独創的な技術を得るための研究開発費を官公庁の助成金で賄うことができる
様になった事、である。
設問2
理由は①依頼に応じた製品のみで取引先の要望を超えるアイデアが提案できず技術革新や
代替品に淘汰されたため、②単発的な仕事で OEM 生産の様な需要量と生産量を確保できな
かったため、である。
設問3
課題は社内の研究開発力をより強化する事である。具体的には①工学博士号を持った社員
を採用し開設した研究室で更に専門性を発揮させる事、②大学院卒の博士号取得見込者を
長期育成する事、である。
設問4
要因は①大学教授や研究機関の研究者からのアドバイスにより社内で解決できない技術的
な問題を解決できた為、②中途採用者を製造課長に抜擢する事で他の有効な製造技術を取
り入れた為、である。
設問5
助言は①大学や研究機関との共同開発プロジェクトに積極的に参加させ技術を向上し経験
を蓄積させる事、②新製品開発の権限を早い段階で委譲することにより A 社への貢献意欲
を醸成する事、である。
1
再現答案
26 年度合格
坪井
事例Ⅱ(マーケティング・流通戦略)
設問1
(a)一般向けツアーと海外研修ツアーが③金のなる木に分類される。
(b)一般向けツアーと海外研修ツアーが④負け犬、介護付きツアーは市場シェアが迫りつ
つあり①花形に分類される。
設問2
戦略は①要支援、要介護の家族にダイレクトメールを送付する事で高齢者本人に情報を発
信する事、②介護の場に資格取得社員が参加する事で高齢者本人とコミュニケーションを
とる事、である。
設問3
(1) 構造はデシル1から3までの総利用金額シェアが53.1%を占め、リピート利用
が高い事である。重要顧客層は利用頻度の高い層である。
(2)要因は総利用金額に対する客単価がデシル1では 3.9 に対し、デシル 10 では 1.09
と上位顧客は複数回利用があることである。戦略的顧客層は利用頻度の少ない層である。
設問4
助言は①介護付きツアーの海外旅行商品を開発し B 社のノウハウを活用し付加価値を上げ
る事、②データベースを活用し既存商品の意見を収集、改良し満足度を上げる事、である。
2
再現答案
26 年度合格
坪井
事例Ⅲ(生産・技術戦略)
設問1
強みは超精密加工と超小型加工技術に特化した一貫生産体制、弱みは生産計画や切削の歩
留まりの悪さや在庫の増加である。
設問2
対応策は①自動旋盤のメンテナンスを予防を主眼に置くこととし標準化することで精度を
向上し不良を低下させる事、②今後の経営計画で自動旋盤の更新計画も検討し費用対効果
があれば実行する事、である。
設問3
(1) メリットは①顧客の発注情報をオンライン化でリアルタイムに入手できる事で生産
計画に活用することができる事、②業務移管により業務委託費が検討される等、X 社に対す
る C 社の付加価値が上がる事、である。
(2)必要となる改革は①生産計画面においてオンライン化で入手できる顧客のリアルタ
イムの発注情報を基に日々生産計画を更新し、切削以外の工程を各工程担当者ではなく全
体最適で加工順を決めることにより、小ロット化に対応する事、②品種ごとに定期発注、
定量発注の在庫発注管理を行い適正な在庫を確保し納期1週間に対応する事、である。
設問4
提案は①X 社同業の国内外の精密機器メーカーに対して、②超精密小型部品を、③超精密加
工と超小型加工技術に特化し、熱処理設備とメッキ設備を持つ一貫生産体制を活用する事
により、X 社以外の販路を開拓する事である。
(かなり空欄ができました)
3
再現答案
26 年度合格
坪井
事例Ⅳ(財務・会計戦略)
設問1
(a)
(b)
売上高総利益率
72.00%
(c)
売上原価が同業より低く利益が確
保できている状態である
有形固定資産回転率
1.11 回
店舗が有効活用できず効率性が低
い状態である。
流動比率
50.00%
売上高減少により現金の流入が
減り短期支払能力が低下している
状態である。
設問2
(1)
(a) 売上高 46200
原価 11500
販管費 32150
減価償却 3000
税引後キャッシュフロー 80 千円
時間がなくよくわからない解答です。
(b) 空欄
(2)空欄
設問3
(1)X:71.70% Y:72.00% Z:70.00%
(2)
1時間当たり限界利益 X:9500 円 Y:6000 円
Z:7700 円
X、Z、Y の優先とする
X:10000 ロットx0.4=4000 時間
Z:4000 ロットx0.5=2000 時間
Y:6000 ロットx0.6=3600 時間
よって X:10000 ロット、Y:6000 ロット、Z:4000 ロットとなる。
4
再現答案
26 年度合格
坪井
(3)
(a) X:11000 ロット Y:4500 ロット Z:5000 ロット
(b)
提案前
売上 105.000.000
変動費 30.000.000
固定費 67.000.000
営業利益 8.000.000
提案後
売上 108.300.000
変動費 31.050.000
固定費 68.000.000
営業利益 9.250.000
営業利益が 1.250.000 円増加するので提案を受け入れるべきである。
設問4
(a)
為替先物予約
(b)
円高:為替差損が発生する
円安:リスクをヘッジできる
コールオプション
円安:リスクヘッジし利益を上げる事ができる
円高:プレミアムが発生する。
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
195 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content