close

Enter

Log in using OpenID

embedDownload
壮言tf⋮⋮⋮⋮⋮≒し⋮⋮⋮⋮︰﹃Iノー、
j心ドゾ`゛‘`tいど゛﹃y`万八‘1’。 ≒
=
.・●
−」
.l●・
11‘111!“o
ゝ
恥
指
⋮⋮’⋮⋮一⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮’
印作
‘`。‘トノ’レy ⋮⋮いぃf
一ハ
り・
‘
﹃ぐ
■⋮
r⋮
l⋮⋮ぃ⋮⋮⋮ 。
‘“11S11“.J&
s lrIII
r r声
S’;.I・
・j
%﹃x φ
︱rr/slIj−−
S
﹂ヱ‘”い ︷一一犬
^
`ヤ”凡作j⋮⋮⋮゛‘、、ヘゾ
゛⋮⋮⋮⋮
な こ うに・y
X
り
│・.,
・・│
』1.
・
・・.・‥.
l’¢・・ I
‥
こレツ‥‥
‥‥
‥‥‥
I'.I
,1 jパ.・l
e・-・.’・.
;I
・.‘y・・
,
……….……………C.,
j
-.
:浙 j,.・,・t:………………r………:1,:
.・S
……………
…j
1?…………j(………1・,.’……1・り……
,.l・.11
・I!,・.・
.● −.S.●I
・・
I! I‘・・lddld'・
?
¢
・
I
I・
:.;Iべ:・.I
・II.
.'・
・II.
・
.,I一一1!・i¶,.,
,`;.・・・j・ヽ!・,・
・・
g
第1回全国インターアクト地区委員長会議
報 告 書
日本国内匡際ローjタリー地区ガバナ月餅鮭溺漣賂委員会
夏蓉琴狸馨曙契壽昂奮−6が一口逞国)
(
(
旱 泄
ニ阿
個双翼 留
刃屏89Z浙)
〃
融 甲 刃屏乙9Z浙)
〃
斑睡侈 価 易
刃屏ZgZ浙)
〃
−y一系Zぶ
植
「 鳶
馨
〃
植 馨 贈
夏 蜃
素 印
叩 叫
圓
智 ¥
垂 県
誓 誓
(
(一心・がヽDry刃屏6いnお)
旱 茄
(康避−61が一口一国)
(見冊好和日原)
6よrE碩経窟
麿
<祐淑印>
1
1
|
i
l
JW-メ1・WsM
全面Åンターフクト
鴬豆参加長谷騰浅手飯
8時 罫郭五す三年大目ニす五
︵月︶今親す︷腸∼干支
大腸
爆竹 ABし晏薦 合議鮭
す 目
--一一一一
膏ヤ孚聡長
私宍 老吏格率回心の本y
快のず易玉乞幄氾フガっぺぃろ二七光£区り
パストガバャノーの孝心でダずぃまて。
誠に刄万場犬八有します。剛蚕
半RJ 拓忙レぃど﹃﹄う今日瀋妁に拓ぞJ9
い に 化 き キーゅ し て
に煮’y‘ gN ¥6 J y /9 g”t側 5 ¥ ’ノ バー 五彩 やヘッ
ジ樗仲甲しあこヴ臼いと旧ヤぃJ才。彩め古墳リ
B4 20×20
千 史添専攻誉め洽玄雄者副季頂長とレフぃ
才。その拓橿りが、途
t‘ ん で ジ 。さ い ま
ぃて拓リよすニベ八ぽ区パストガバyl
¥44
の
∠
靫
ド
”l 俸萎晏ふ
f
の縦兼㈹緑・剔半長谷をふ
して拓リす才’一良二述石パストガバブー榎尹
ト圈尊Iゴ畑万苦にフフス拓ヽウ漱う二女二池谷
ごめ乖て゛即了子 のインダーフフト、ローダーアク
き んでブダ ぃ方寸≒ そμ尹らふ作の才ご素姻てが
-
のパ又トガバブーデr野きんぐごぶ ぃこ万。 一
濠めちら子 考匙添兪儀り顛萌1拓瀬ぃぃ大
−−−−
翁ノいれ
|
副晋佃翁ノ
ニグヨ
してμリそ考寡6肢浙、べ片々船窓バストずド
り虻お藤T兪・僕の
tJ
すIでブヂShttp://www.現殺め区工理争め剣
け優さ.ん 匹
)ぐ
レ日
し’
R& 4
14
51 ksy4’n‘ ‘’4
−−− −♂ −−−−−−−− −−−−IIIくlj −−−−−−−− cj−−−−IIII IJIl
&“
sII
IIII II
必 灸’
。/c
Q︲
5’4僻皐ふ拝
涙皐君丿抄スいー犬才つ永丿弁阿Σ哨
雪参考ふ首涼よ言y濯4
ち
︲。r雀即sO¥41やず湛y・y葦︱←バ
r ’4 7 n”ogE¥Fs雪盲よで4ニタフぎ半
ターーダyψ3.部ぶずM R 4’9 J¥4 4 y 4 7
¥s︲ 。。.s
よ。3 ︲44¥4’
6貿5毎淑ド謳Fvx Dr4477S謳い怒
゜y・r・
乙 n mR工f n S 7 7 s /o 必J’幄 り ず ` Σ J 洽乙
0こンJOZ
︱単糸リー刄可61甲声ぶ坏`Q `ず ス こ /し、φ ヌヽ一こ
︲︲︲ ;−︲︲−−︲︲i︲IL︲︲︲−・−︲−−﹄︲・︲︲︲﹃︲︲︲ i︲︲II﹃・・IIIIIII−︲︲︲︲I‘︲・
す曽
囃豺し
φ
11
|
㎜㎜㎜■㎜㎜■㎜㎜■㎜・・・㎜㎜■■■■㎜■㎜㎜■■㎜■■■
一一………-一一一一
ぷ;lレ=9いご鮑喩そ岑粂・s`与-・呪y蛸什゜い
岑吊手ヽ2.ヤや十万 ?.頑yやヤTTフ
今尚
h≒(ヽり.ロ:匹吟ふぐ=傾7-噸・xぺこ田翠凶¥、い4)
蜘c` ・j)ヽj
u
;こ6°`刎二゛とジ 嘔脊£1−以一=`ヽ.一
Jド W4-・田¥凶UIニj=ヽヽ’ 欠り=ヽ兪ヽヽヽ、/IW凶
県sl
坏j ・ハ
伴
㈲
μヽ4
ら礦血、−xs`一々、ヽ゛yQ≒破倫愉や呪゜`刎紆ゲ
ヘド
ゴド Sさ S斗ケ心 りやT
1 凶 滅、癩略レ八勿誉ふ四J`、に゛六千半々∧レ
智づsc`¥か斗海'゛゛呪`゜勅・ t‘)々2ブ 硲s`屈ミ略悴│
ぐ
ぐ‥4い拓sヤv々゜2こ慨・s幼心ず'八宋\
ヤ'い4
硲兪灘7(で一゜
しヤレ、日本は日本7りに長い社、拡そ剃右.14
ボブざぃまずし、そ”畷ぞれ呑首区にすこ正した
則易もル・声ろヽフどぃうヽ’どづ、収苛しレ教岡蝉バ
ター有に恥貳万リい仁ドいマ、本氾拓の側鎖八
巻プ使濃ぃれドき、島谷゛の侑妬二久栄亙性`フ
ニ斥年前片らガバアー乖て駱泰嫉妬
どともに寡征征の添蝕ぎ零脊にしマぃこごと
呂的に
ご れー泰 汨 のガバずIぐ撮八ざれ
公式貢
ぼ¨`レ、
ゴて拓り晋1.しかし、ガバプーば
や応召大泉7どぞ拓忙し゛゛ぞヽ このガバヂ﹁
x’20
20
召
齢
どレy 4塵伝い少・︲しめyリマ ゛ぶ心げしてごずい
ま万。
斎日のインターアクト全的不遜区’ギ回こ家ざ
んの狗茸リにつぎまレて汀、ふ衝4、栄二斗2。り
にずバアー、パスト亙バブー、脳Jヅガバブ
=jJ ̄=
︲’ y /// ニーのh ︲タリー研見塵メ函り晋レ比
すK、 二七コ’茫瑶・のバストガバナーで青ヤ谷
-㎜a㎜・●
U ︲ X ︲アクLと饗M印こ双の今尚
豪ダ方二冷泉庵昂か委加長屯勤剖き変’です
ー−−−−−−−−
’︰一一り晋でんぃ
声ど孝え
ロ ー ラ/I アク
ぞ乙訂祖当泰二疫むも畑T爺のヽフえ
ー %rIjF−−− −− − jl− −−−III II II II %−−−−−−
レ び。詐、淑゛ド゛り4刀r竟席乞玲っ て
トの娶万肴参議乞函ノ遅して汀どう
為︶ λを診スずてイン々/Iマクト
j ’ト あ∇仁 いノ
に
と万巻旨作東ま。扨で今に拓’甲し趨どぃ台ドきまレ
乞裡っ て耽レいど゛う否ノ万人きい。Lど いうこ
ン 々/ I フ クト
めにフンアートー享今尚とこ ろ、泰匿菰のイ
梁和召趨当グれ鳶あ牢よ・んかヽり﹁研究かの心
ソ
仁]
し、こ函4函くすでもガバすIの兆築樵圈☆て
yダぃすすやで、ガバプード姉レ、こ勺レ合
j t教者菰石徐ぃてごうレ乙ふ脂
奏兪を斤フごとが乍ぃ戸どう尹お尋おいたし
キひ し 八レ ど
j倚フて淋レめどぃ勺囮巻乞φけ配きまレた
ガバナーじ妨レ奏池谷イG RX
ぽざれう星ヅど41フひ雨すぐて。
牛万有さん言岬ブ東庄を泉槌レ、半亦騰が
ので
一
−11︲
︲.アクト
麿宇Lめず牙 レ 心 と 鳥人度外キ頂Aてが
` 戸¬
rj /_
FII
ア・I£俸小戻り舗拓機凩でありますので、
ノ`
III″
y’
永のヤ作ら奉祀ぴインターアクトに跡レムご饗
の”乙とか、インターアフト誦梢嫁c M J 。)J %
城娘勺訃レφごどを雨てレあIJふ玄尚でーソヅ
万
万 ガ と ぃ λノ
tJ 5贈ど
の牛堺ナ情気丈嶮・湯乙
次りか犠をジク
t ’& M KIノ し 5 9 9
へy
い4φぜん。二丁’ニめ’ニダ癩 の久疾の申に`1め
リ ま万・了︲’よ Iフ に
托秀七S 4 J.S
邱ご います。 かy
こ乞リジにつIJしてー、嗜楳才?オル見を皮
けど外側ぃぃ吋しま万万、和司ぃレa庄ぞが
ベアー走路T奎佩∵に芥ヽ塵レ前日で次元Sぃ社長
20
20
B4
.F
/ヽ尚 ぼ/ご才。
4j ¥p C N
てり武史
y政を郷東途すらんずには永
の小欲?叶て栓でプずぃ昔才。謳
その悟了靴婬T祥丿薦がめろがど好い
曙ガバケ’達愉蚕議了沢趾之漑ぅべ
S
ら’ぼ い のがx︸
づ 証 す し 71
乖巳、仮に濁点y貳了冷る裡の こ と ダ夭
一
ますダ、今れ淳・づて狗き晋レて、眼こ潜▽宵が︷
フ φ スノ い ゐ/ こ
,●Iノ‥−
禾ィシターアクトの奎訟今ドつ
収
ヂマいかがぃマぃろ互ロフぃて情歌を史頑
ろ2と4.、牛皮のインタハーアクトめ脊
い
\(4
J忙jび辰/こIきS・砕・ミ;`Ji咬 ニ、粕汁゜
鵬竹刄敏娠碩!!ぃ・ヽ・h・μ?’軸公知察・砂
妬xざり凶聯乙和一心身ヒyjぃ‘jて・刳什有‘ 柵ツ=5さ
ご4斗糸・1ヽ瀕今fJ妬が トゼうセhylヽヤ祠
Q J Xヽ.・4−M吋゜ys泰蛍石石
●
頑5ヤヤゾド 4宅咽い餌`噺鰍(1ヽ図今痙Xべ、
ぃ礦粉5ヽこい.sl`ヽにや‘ や44吋ヽyJ
灸’゛rJtにりり心さ偏屈いい癩
:嘱`緬”呪−1ヽ灸と・
らJこトAトー九/-りりに=ヽ妙-)y’裕司iこ、砂吸(リ
s゛`部凋邸屈!こや乙呪`y?、ミェヽ
、ヽ石`心吋Jヽヽuや
・t奮召>9灸
‘乙りヤ゜
㎜■㎜■■㎜㎜㎜■㎜㎜㎜㎜■■㎜㎜■㎜■㎜■■■㎜㎜■■㎜㎜■■■■㎜■㎜■㎜■■㎜■■■■㎜■㎜■■■■■■
・こ
?】
き1
S
¶i
α]
︲︲アクトに圈てる
きょょレ フはへ 教古市で
密謀才から勁冊レぃひダぐJリも、ヂこ町す柘ヘ
唐心レマ収めマ知りますので、ふλ否す山て
宰へ小骨や子蓉︰−qどにつ
芒音しにメ、ごの甲に ふヴ禎り教、旧刃七り応
容昌!予言ルヘ糾﹂と いっぴもめを扮まyめいかド
マンT︲ J ’才一白会心ィA y︲’アクトだ包
しあ乙ヴマ知りますノ﹁イCN tx
壮齢叩俘ごずぐのヽフλ、半俗二刹ド万の八房エルぐづ
-
ガ頃二傑T万口 ぃ予ぃうご拾雀″ぃayくよう奢灘
い・レ、塵庁り舵乏どヽりでてぃ合びさJ才9ご
ー
㎜■㎜ j ・
FI
フ
参入に嶮﹁マジ唇言ぃにドきまずようプ了二戻
を妬肩口゛ひしーず。
岸財でり、鎧がぞや背戻ぃごしー万万 先
に巻ぞ盛に、ィニフーアクトず9長江ソフヅ
く弛緩、代表あるぃは無関数叶で万U’9 4築リ
φぐび ぃ仁、‘ことうヤとの襄伺いきぃ にしまレ
行灯、拐勤膏おのジ賛同ほいひダぃマ知りま
レ乍洲、漆耳七日に事冷泉ガバナー玉体言千浪
万年延しJ /nl N4Disjノ、宣皮さん擦顧引火仰
の方々に長す乖リぃひドくこ乙メ可詐てり昏こ休み
I.44 20犬20
-
−
フ に し マ 貼リましら囲ヽ本日香煎こ尽こヘツレ几
’ノ
拓、代表ヤ親旧教師の方々きブ参加ぃごドくJ
当為、ずバナー丞逓レマのブぷ示㈹に汀、尤
已使けビブ妻機ぃひドざ今ぃど回心ぃまず。
千3かがう犬尽どめ癩嶺にフきましマむ、本
リぃぴダくルピう升、での帝京、卦登丿石兪
泰戌、池扨、八舌そ顛倒教師jの方々で呑拓貳
拓ふ呆り ゛たレドきJしらレ。
゛心的本日吋 本池谷の季ルハ浪ざん才の沙に
萌潤字゛ふ快技忿がでぎ升おすし心大八 素
芦・11
﹄。
に升集りいかドぃ斤畢隋丿先史りど拓り士ブ
フぃますのず、これ`tプ了呆い仁ドざ鳶ぃ ど
拓心 ぃ J才。
ふ講に言言乃Jして哀斤ら申し謁ゲ行ぃご
zjベニでご岨゛まて。それで4、生聞麿阿
一Iタリー奇襲芹尽右岸屈︿八言沓昂に、ごめ心才
に1.バンストンで訃居、に狛ず弗暉にリリ、
一
貳 1 不 屈 弁 ヽ や め 草 加 の 言 ャ ど 少 印 襲 落 丿 芯 廊 の二
削煥
タにフ゛マ烏有しい化ごぃらい甲かヽりヽインターー
アクトに圈ずろ翁今にフ¨マゾ儀子ぃかド丈6
︲ ︲: I ︲−︲︲ ︱ ︲︲’ ゝ﹃j ︲ゝ ︷
犬
4
″
社゛yこ睨心ぃま万。
繍T丁子ふソーバー
y 7 t6 2 4y贈
ニよ閣ぱ
cがt1
4
M
";DL
s Mご拶すに函乙万
¥D濯・ Jてまぃ
リ ー レ 忙。
岳 9パストガバブー
史と舶︲’しま才。青I岬うんがう烏有しソざいJ
し白Jうに、卒良’支のユースアツ上プィデ’アー
ニず五已り二日㈲ド 皿バンスレン
口々ヽ早/4 のスシドーに産ボλjレマ、玉ろ七
月 二 す 咄
Ml y
の本石ブユースアフティブティ コミテf渥
41
一 −−−
k
-
デ
者席り妬子軒匹烏聡リいひしーしに゛忙七
人レキブツM’yず五日面互で弓、ィンylアクト
のこめデロゲーフム≠削︰ぐ1れフルら半肩ま士
り、クうブのつくう耽仁教ど心帚にき赴竹袁め
4︶G Syj7k 5ます。
り又ト万々こドブベぃ5ど回心゛j寸うでヽそ
出をブ覧5 4’4
考覗でかますように、y九六七、言ハノ斗の
短日︰iからクラブ水丁ぎマ拓りーす。ぷ七、乙
∧岸二九で渡Jしマトータ心了似午よ八百聞ず二
のフうブガでぎ官のでずぷ、ごのナル無二剛に
j()
20
L仁4
︱L−I
﹁t q 7 た卜 々/ `だ ヽ
!
采︲ II シ 月 ン
-
ご戻でy愈聚゛ひドきJ万と、 4
とでぎて5C︷tです≒ 々の庄司、二回雅
にダ`フンレヽ果皮に則リーしては、717.7の
スずンザーシソアによふでき`七犬
フ’フデベー 一
40%’ニ
すくリフ二三
リ夕食のツこフデガ、六私斉ご斗破にか汀ノマず。
升ら、一エム則に鳥島J々閲福をS鼎えう万リ
六祠ざず、乖jぃ白y九大回 六五−斗函ブひリ
︼ す
す九クラブ水沢自ニヤLぶ白峰五万のクラデ教
二召す三ツラギ/ござS M¥cで、’ニテ’閲自二
番長
●I
きフあります。その函、ターxベヘ ヽ蕃Iシ3ンで
工溺マぃうフ﹃フブヅ、六へ、六九斗よの吋リル
らこ燦∵んドレ、悍にでー、tニョブ漢口ぼ二百閲
ヤy クうずどぃ勺入ヽ覗犬きGy?ネーショヽ/
yyyいーしひ。丈に昨y壮ふ薦り心七、心ヘ亙﹂
一
々堺で4E百聞ヤ五フうブ。ダヅミネー シリン 言
て狗リーしス、 ご の茎←爪ドげ百八丁九クラブ
でぎ鳶にIむ九か冷う。ずノヽト︲︺Oフマィ考ノス
Gフマ拓りま才。
()
20
I仁1
百五丁六豪家ツ凍ズリ八ってぃうとぃう片手べ
//
あ灸]弓、 ごういっ たぜ。贈/ヽイュ
ヱめフヽしま
夕1︲ ア アト
″ 一
ペrンダーシソアし尽囲う追申了
っマ゛j畢実に祚して、この秀司鳶Tかでぃ予い
ろ同顛互を炎友しにあこ︰ノで才。
つ゛ででござぃーす/、聶ナ`裡の液R耕の実
の岬Iブに函’リJすりメ、ぃノジ3ンと頷にJ
るイ”″y−アクト ールベ々寸でぐ゛ギ‘ぃ’よして、一
字今゛のバアxリ刀め一千Λクうデ、二季目
ガインドり旧百六す、三希回が日事のニ召乱
丁で几 百香ぢ以よ浙ぃうの冰、アナぜブケ
■・■・-・・・・I=I■・I㎜-
ン 、 。フ ’フ バン 心
フィ り/ビン
万− スド ーフ リノア
とぃフちトとこうですノ。榴屁のリジョンにJj
全心双でぃざJすど、アジアザー唐ズきく一千
鬼石六万宍クラブ 炭塵了xリカ・ 万万、夕の
一千六千五ヽyし い ヽフ ご どばりぃノー万。 その次の
頑丿匯谷のィンタJYクトベ表のでマい3敗
’・7です≒ /n o UまyjyxtorhPフに、ニヤ七
20
1・F1 20一一
や、八巻囲でも、七入ぃ苛々爪9副口才ぺいること
IIII
うブレベルベヱのヘ フJnノJT凶レベ少でのィ
囲示ぅ畝マ拓リJす。々耽弗らy俯次娘、ク
//
士、老翁こぞレあこで
ましたJうに 一千二百す’ニ
々の次ばこ ター\べヽ 5茅Iyjン リフっフデり︷心
半鉄置づれて゛るようで才ノ。
六万二 9ざ盲ずインターアクトの祀盲’少頌へ蚤
犬かのーうリ形で言函耽てぃJ才。すにニ西
ヽフちーニず’二分光万ズー人で光岳協議塵ヤ七込
ズ巾次子で片面逝マS M J 5 ’フこどで、︶ての
七 の イ ン 々/ − ア ク ﹂。 /y/ ︲︲ テ ィ ン バノ ダ フ’フyノ レ
y−アクトヽヽ`Iテヾ ンデ の散々斗ですノ。 回生
-
ーインマ/IIアクト フライ/ の
−’J
FI
フラ大刀 で ずノ。 函 ど
-‥・j
ノ
アクティブ’アィ につ゛ての鼎よr。介qで厄介あ
リ丁才。
こ藻につ ゛フ司 ゛うぃう孝て兄/よざれ行妁
ずず万が 片片から申レま万と ローフ91
ク上クデダヘ スギンサーレ斤ク’フデに灯レ價.軋`
の`淮バぶどいハノごとJリも、□
を夭うど戸いフ代、つJnノ、インク/Iアク/ト
ク’フマ/ ダ/Iド 。て
Iタクーク上フブダイドで94︶c剤万らツい乞
ビぃう孝で宛が大才へ撮心yづれて邱りーしこ
そ外∴劉づ傾向として、スポンダーレにクうデ呼
,・20
20
I仁1
/?
款ゾズサタダ々` ’不Iシーンの入念q京屈と
9 y S g M ’7’y ︵J
々うしらにごとを皓Tんマ、前々〃庵治ハ今4耶j
M’フ ど φ パノご ど
す同、す4 7 U剛か政う理事毎に封レー フJ
〃
ンサーレてつくフC鍼工t y碓を律愉づぜう
・㎜■・=■
a・㎜■I-■■㎜a・
-
耽り、イン々/−アク/L’、屎1ぐ/
リ コ 叉 ン ふブ ィ シ 7AyjJ
ま し Jに
`ゝ
べく矢に家松子うどぃうこどをず聯に盛り昿
G
●・゛
Iァクトに圈レて和徳実収に ケくどもÅず
)
んでぃくべぎでー与いかどぃ’フごどで休。視
に
モ6と
な
し
㈲の士別ご穴り拡に仔
ド
つ/、うため 9デじ
`ロ ー ア リ ー フ ’フ マ/ と レ
フ ー フ 4
美乙翻.的にィンフー
)
ゼスズぞパでてので
べ ’ご ず ふリ ス・ク ’yし い ヽつ ご 乞 と
と
てスガン吽ノー千ぶ庶乙子ドd
た
g︶9‘4 5 y ¥t r y い く J うぺい フ
ぃ 3 クこフブ に 灯 し、 ぢ澗朝的 に クこ
あ 。 ふ い 4 N J 政 弗 う ス ダ ン ザ ー ビ ー
イ ン アー フ クト フ ’フ 。フ 貧﹂入 ポ `/ ず/ II レ て
ス’″ フ ’フ フ
J λソ と レ マ、
IIIII I
ず ド 測 ん Dy
狸
い
荻
〃匯
埋
ギハすI囲善ア上フデEじ大前則レか浙口は
孝
Iアクートクうデー椎玲子うにめり骨付を嶮欄
/J)
把
二]
i豹│
I㎜j-■■・■
vえーー
-
t v 6 J J g W ¥ yアーロ兪す詐レよう
●I゛I
スライド七ソトGヅ氷じの梅ヽ置勤呆雁あうの
ド、喫右足き了いうーンク/Iアクトり詣へ糾や
諮㈲デ匯Iプダず考一ぴわ1回生ず] ¥’g’W9
テ4 ンデ犬クレーずという青ブルー宗和に㈲する
v e x01、ユースマフブーです八 コン 埋心
ス ぃ 1ず。
じつ丈古市召伴ベレ、理干今に俺公害ふこど
ひ
つ
ルきう∇浚洗ぃ逼レマかると ぃうごヒず、錨
−・一一
り1
痢 レ マ みよ’つと ぃら/ wj と と 、 ィ ン ク/ I ア クト
ー 一 一 ] ・ ・ ” ・ ” 。’−
−│←
rj
て
と
い
フ ラデ の 亡 く き んあふ澗門べ、ヽクフしに漕ヌ料
スクバードセヮト囲じの翁レ置便肋れスぃろの斤
尽拓三りぜマく峨ろ27う﹃ト必犬儒レJうとぃゝフこ
G方士 荷に?うレに削の単
とに次まりさしに。卒斗・のニューペイカー曼
回︵哀仔犬ヽ受旅で
河うしひごとワどあJノましかぃGう
偕を鉛ヽり雁で碁レいどぃヽフごと士ふつリ酋しに
のノ 叉
B・1 2{}・2()
9 r︶フマンド
附−
まI’し瓦φぴげゾ漑t 9/︶sr‘
y砥から、燭屁ィンフーアフトかヽや不参絞
¥y s G J 4 。 2 15 j言ノ。
ノ
-
n /4
、’力 らノ
へ
弓
匹
こ
ん
ハテム斗・のユースアフープぅ。フ苛ノづ
イ ン マ/ ∼’ ア フト の カ/ xへN へ不 − ミノー
一
希い ど い勺 こ どドつぃでケ果
回心よりヽり尽い ど いヽフご と乙
qDI々/IYクトでも I瑛子
φ
フ
に
年レに高水、メーフ丁ソプ包
一 −−
れ
よ
てノ
'Z、
ん
7
X..1
癩レマ諸白デ敗−デに孝で茫を晨弟て拓りノ
Iズ町五万9 ぃか ご λのヽ笑今や乍朗典子の拙
尽に述永さ亀マぃるや胡散万口つs y4=y 4
p●ll
J
た.
フ
芳
イ
到
の
一
堡
ダ
□
ン
、ノベ
ダ
乙
万
4/
巣
`ゝ
ま
j
哉
Ty
。︲︲︲︲︲
詰瀕ふがどうヤ氷
函レリう漱まし に。
μ
メ ほ
|
中止㈲ワヂ禎ドレマとリ
い副題ずー古
と し マ
5言
=-㎜㎜㎜
この伴につぃて4、理子かの言戸ら斤訓令
゛回心リヅ甘皮鎧レマぃぐ日きひ
コ /// ¥('‘
へり玄漸︰大筒の牛介を哉ごんG
ゐバヘ 5。IスTフテヘ プ子/ぅ
吋 □ I マ/りノー
ず ー ィ rx Q\︲ ア クト
ターアクトEまべ寸5有休y’t4jM
コ うプ
ぃ
弁
と
ぃ
シ
才
悍
発
声
ず
マ
馳
ク
、
こ
れ
わ
り
土
⊇
j
JTりシーンごしてゼ家言阿り理事−蚤’ト皮ム
1仁1
い仇軋几剔でのメィフブッ
/√
ゝ
/
yj 4 4
″ 一
ごとに7るきつど分゛j才。
へん蛸ヅネーでープざぃ酋ずしか\ ユースY
い
参画リダとらノソフ ぃーした。
青斗孚0胤
仁
呑大凶万 いユ子。
我々どして七叉玉すしへき互囲れレぐー
ました。非猷甲︲ド石谷リぷ双乙計によノ て拓大作しい
ぃ へん ’よロノバど`フブ フ い
じ刺子5い弁才をブ報岑ぷヤしあよりましに。どぅI
フーブィ ず早ノィ コミー丁八 の申のイご y− アクト
で=
ノに’・仁 嘆ご
ん
/ど
/︶ r︶ で回朧雪にお手ふし昏ぃの了万
り
囲、乱
ヅブ寥
一
一
クーフクトり万祭っ旱卑が廊ります
ド与ってあう蔵ふでしJう訃。ごおり、蚤匯
KTへ万万際ブ汗ヅドヅれー才取りヽ発てそう
匹汀べず/j碩寺訟りに牡牛ベーれぺ拓yまずレ、
¥]2
漑 吋
ど示でざます。/Q 49y︸︶[y︷、庶貼計し
の函リまレただ厄後ブ涙囲、日本影妙に加影
うーずヅのに、yの名逼考ドりば乙んビ貪フ
い昭 ぃ こと。戸あ君りノまず
︱斗汝と万波耳’洙め匿いの㈹涼そめふがどd
皿㎜-㎜・-㎜---■-㎜--- 皿
O
jo
[41
て ず
フ
/
タ
;‘Q、‘‘i為QりI
″ 一
才仁戸ヽ゛す叱紅フうヅき函フマ
グλかヽゥ、 イ こ 々/Iアットド圈宵うスyフイ
あ爪で萍肋にヤレ倚泊ざぃ・にたぃて
ド4巻池谷お倚石でしJヽフサ。ごれにつさJ
レ て tl
l
ビデオド備り正し八トも弓乞ぼ口抜にブ翁匹いに回
ぎひ゛し旧ぐフベ拓9jす≒ すご、剛茅レーy
oノーで旅て汀レマぃ3文献類の吸入利加擲冷ま
池谷
と い りツ
函いマ い 9 い 次Iフにに困 ぃ マ 賜ぃ/j・すノメ
半
j:
の数分白下夕し贈載5 y s &
表
どうレかきりでしょう犬。
吋
7 C6。¥J
・・㎜』-・−-−-・Ilu−-I■
■--a−--・・'■・・¨・・・■■●−・a-㎜・'・j■■'・・'■J■・
X.1
代
劈
メダ
ぞフガく萍竣レフ拓うもっで才ノガヽウ
レブ剥ム巾φかドくどともに、現況に々ごわヅ
ぃ彫ヤ漢黄レ六方ダ貧ぃと頒七やれう互リビド
つきましてdヽ佐竹も走ざんの大分ヽり良計
ごレどしμフしy。てい
プ息添い仁ド汗るど硝心いますに 言行
走ざんり言浙う〃奄肺こ子なりめふぃ
りノヽ一ユ し 心レ J 入ノ
/
け げ万れ 4
x‘ 9 y.
ニルぃぱ谷ぎかめどして臼・ピ
し し し
-5 〃- ’〃-・J■--・-a
-M・-・JriyWIWキy¥--¥J
jnr--←J一一
に
カタレデの剥で用も八洲しが乙前心゛Jす≒
り1・澱 で り
嘱●
y 2t】
20
一一-一一
背巻お瀬゛し4 S 4
J %
S 5
J 獣M
4 才5
ノ 。My
才の
’衛
、
イ
¥
上︷
。衛、イ
ー
/ノ
j: に ゐ
{
1
j匈
C ・’
□七山
O
Xき
・・a㎜㎜-・=-・・・■j・=-・=・=-│|
、S
\跨ド
rヽ、1 7
kこ、y
rぐ
f四
94
鋤
翫
悲況
ぞ一
大
㎜㎜■■■
-
俗言\汗扮\jj
≒岫:μブニ?コ£パ`誤診
・・
■ │■・・-・----■-・■a
一一一一
11
ヽx:njへ遡アV.刊 ̄`く1`
\
這 :万c≒痛ミヽ=レr゛
4肺ヤ
j
J
(レQ)刃:色レ三速=)已剱
柵ア、心ぺ
ひ
Jヤドレこい新
函
戸七琳凛
レ:昏
岫\柘三公言レこy`jjくレ軸個:=……。Jキ仙可`そC`゛万己知`S
`Sべきぎ:こE力へ垣IQ柚7`7一八ベー=`4Xに゛ヽ。−4屹`大ヽヽ1’
ヽS隔挽 レ昏い吟
隔
氏
\
`r
\長上ドよ紗感琳e唖yぃ俯゛吻冰 ̄4裂
yx貼い裂凶Gヽイ
トー漆ヽ’嫉妬X宸騨々泌/ 恰い呂尚回心k、/
’頑9誉回心ヤ々ヽ大幔齢柚回く岑sヽyバくバーy
イ拓(ミい5屎ぽ一心)
yAりヽ−ト々ヽ、、ふ=晰心く1`畔詞藻柘`y戈=ヽ句心゜
ヤ6
rミJ
7/
ぞに4・s`り蝉eい犬ヽ疾バ兪、`x一G`ドド¥価(零
-ヽ、
自
︵︶JX︵︶N
・\ Qヽヽ;一 卜以
xヽ’嶋コヽ刎ヤ゜峡4ブ 大手習い柵フヽノに‥`ん舶
i ・, S /
似叫e鵬
泥
S`ヽ
汲
叫二叫ビ。柚ハ如Qヽ。・
㎜一・・㎜
y
々□
−−
1−−︲ill︲︲・i・︲’−−i︲︲︲︲︲︲︲−−︲︲︲L−・︲︲︲︲︱・︲−︲︲︲
−−−1
ド雪呂こ夕・1よ誹ぺ・斤ぃど黄ヽんぺ拓
柏めての親詮ず犬
エ疹︵白石K・ こ︶
y塗才。
二五云が琢 9沢
︱ヵq八分で副二号片手よ硝よサイブ゜`
インタ土アクトード卸し子弓、閲y斗甘頑こ灰乞渥
て ズ
二五切ざ店の犬島
凪秀欠と宇しま万。・’インターアクト不作表付
ス岨T端島祀R・乙ソ
-
レヘ 子腿汁匙・批了察雪防暑−を応馴考フ声り政一戸
コクヨ
!−│
F
万
a
ィンターアクトの割ぞほ二回廃ゑレてい
≒そもまらぃ何ぞフ尹呑ぞのど眺yぃjj。jラレ
浙ワジみり言き入府ぃらフしゃいま才が、海素
ターアクト4九悦几 ル則ご似めて秘リJレて、
竹侵入ど申レユ万。綾瀬d掌料ぎです≒ ィン
小竹︵ヱ浦席代・こい ニ匹五吃岳のか
1
ノ 士 − =
/くB教い ぃ一倉しますハ
一一l・ ●
B4 20×20
ま
山
U紬
= .
エ
4七言玉繭始礦│半ぶ・忿涙や(糾
柵快祷て大T陶
ヤ
ぶ
糾
y
迦‘きさJΛ
丘修
唐グ訥、s㈲裁│坤物申
一一-−一一一一
(と
○
11
㎜㎜㎜㎜■■㎜■■㎜■■■■■■㎜ ■㎜■㎜■■㎜■㎜■■■■㎜■
え半’ ̄駈I・ レぎニ宍(・
.
・・≒\ミ・Iェよ泌〉袖\痢\ノ……レふ√仙几ム廠偏十遍芦
谷レJ=いに=−=yパ岸4ぶ4デ砂'肘芦レ芦芦い蜂
八万4こ・八.4バヤ為Åノペや∧ベヅ々3
半長二言ニハヘj
7
。4‘=μrt`! S
石……隔亮メド/レ 六大ド・フャ岑弊舛極ソし蝕
J I ・
▽万
■■■■■-・-・■・jl ・-・ ■ ・・. ■ -- ■ − ----・
櫛:漂JJ匹MjSfサフ`、レベ=一=`心リ‘`’.斗べ七
良\ふÅ匯とら
片吋9ひ74`s!:端山‘痔Σ奔、葱
4
む]
・・
・・ ・'・・'・
一
"'・・・'
勁気吹
・
=レ7・
・・ ・ ・ ・ ・
・ ・'
・- ・・ ・
・・ ・-=・-
・・-・- -・-・・・・・ ・
備潟湖ナ゛'゜
1・・ '・ ・
s㈲
・・・
ヽ
・
高城 ""・ ・・
- = ・ - - ・ ・ = ・ - ・ ・ ・ - ・ ・ ・ ・ ・・
・・
'
よ逼よ八齢ぃQj 乙 ci’ 冰ふ蝋こ4
=
,4 両 μ7鳶旁な
ぶ947`ニ匁 λ ヽj勁ヽ嘉゛9今‘゛y`7 ̄\4ぺ  ̄`心 \ゲ<・`:yj
謐帑/`7ぷ:沁
(バヽ‥フリ(j吟琳伶)奔〉ぐぺ
\ 。ヽタsトμ‘r:ひs s
い『Ξヴガ
“ヽsき=`͡(きぐ1`゛加9サ窃ゲヤヤ々晦べ.帥みっつヲヤ
ん
%
・・■■■●・■●■●■■■・
り
・ ・・・'・■・・---a-■・㎜・■・
√
-・・・・ J・・│■===--・・---=-==---===--皿
Z7=.………j…………… ‥ .. ‥ : ‥‥.‥‥‥,・‥‥..‥ ‥‥-・・ ・・-・・・・・・・ ・ ・・・・・ ・ ・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・
レ
μ
-・・・-・==・・・j』㎜皿㎜㎜===』-還-㎜・--=・-=・一a還-・㎜■㎜・-・==・・=--還・■皿・=-==㎜==--・・-===-・・・-
や`フ ̄汐:司 ̄酒 ̄=啄 。屏阿`゜・,y’`1!=Rづら’`4浅
べ
淳佩 蔵 μ4
・ ・・・■・
浙・嶮ム∧
娠・謐肩
\ギ脊
辞艇
・
丿
z
xレ ヘハ
-・ J・ ・・- -皿皿 ■-= =- === =・ ・J㎜ == === ・ ・・・ ㎜ ㎜皿a ■ ■㎜= = 一=㎜ a g㎜- - = - = - = = I ・ ・ - ・ - ・ ・ = = = - ■ ・ - - ・ = = = = = ・
( 。ふ吋峠5  ̄`1気低 。ふμc一通9`(ネ〉゛`冶`4
に︵︶×に︵︶
T
ク
卜 、
FI
毎峯ハす屡K・こ︶
荒
し
可
ハ
て
ろ
−︲−︲−︲I;
二七几ぱ包の栢
いぞ鳶 いど回心フマ いま才。
二六口赴
妬リ
y匹つヽ護沈
刹勇ぐ香回長乞窄レフガリーレ
わ七ぃノません。冲、ご漱かヘゥい巧ぃろ
と 甲 し ま才。
仁
恕催
一
ターアクト・ドカぎ入漱狐いと
1
べで有利ざ診︿ぼノマまい 。て
ト
まで≒ か弓しくお贈りぃ但しjj。
ぃ`フして計にて
ロ
自尽・・ ぐ︶
コクヨ
|
で万・紅茶々曹7 5
水
し
て
狗
り渋
恕区の匹晰
︲ Qs
c∼︲ Q\。Nフで千。
答に歓呼だ振季ゆを加齢レ、牛局長乞三y斗起
斯てて砂洲ぺ勁ります・首府の拓酋ドぞで了拓
止
︰
りまレに囲 斌でく万φ首ど大昔し打い97p
ってBりま万囲、塵但すダ応りまぜんつ士よ
玉
斗もμあぐっ戸う参りど好ぃまず。よろしく
扮願いぃGしますノ。
一 沢野.1万足Kでこ︶ 二大一
て宵仁 乖日付晏碩長、幄建
ーーーーーーーーー ーーーーー ー ーーーーーーーーーーーーーーー−!11−−−−−−−−−−︱■Ij%11−−−− −ll−−・−−−−−L−rl −− −−−−−−−−−− rLIIII■−−−︱−LIIIII・II・IIIIIIIr︱II﹃−−−−・−−−−−FIF−−−−−−IIIIIIIII
﹁ 一
・
9
レ
20
20
B4
。片肺7ら詣yA
(ド◇フ回(虻逼レ嶮士
・ ・ ・ ㎜・ - ■ 還 = = - = - = = - ・ = ・ ・ - ・ = - - ・ ・ ・ = ・ - ■ ・
|
-・====-・・
-一一一一
11
J二万ぷ函 。謳贈レEA貳備べ知1今回。ふ;晦こタヤフ雌゛
■㎜㎜■■㎜a■■
ヽ、、ごへ帥池川訪=い
心尚へJ嵐洒X渋色2トいレ冊琳愈々∧八λ=詞ぺ小咄
¨」こドレス・」' ̄・二言妙万。謳4☆分ふ7瀋ニ参ノ号 ̄孚ぐハレニ
。7舛・芦゛岬・砂押浹 汗こpヂ゛ぃ瓦ペリ`坤っ帽`ドペ
岫
−−W−〃●■
≒
・ Jく) 脊才知い1キド……肩
収奪’祷・面`砂蚕邱凶齢やい脊s`MJ弘゜
)nおいりだ架嘱沁i
M2ご’X解9や凶G`翁参ご:ダ
ッ
|
‥
尋jぐ竺ヤT°
.宍) ヽXべ..?=い(凶’
・・・・・・−・・j■-│■
.‥
国々’i`堵や)c2
y゛峡やぃぶX浪凶年yf・こいー・ぺQヽ、−yぺ之仰
昧ヽ宕賜ニ・
昿い¥四儡死?戈s゛刎す\と゜‥ ‥
吟声(鰍
︵︶NXON マロ
「
=--・-・-・-■■■■■ ・・・・-I・・・・・■=I=・■■■■㎜㎜㎜㎜■㎜㎜㎜㎜㎜■㎜㎜㎜■■J■㎜■■■■■㎜㎜■■I・㎜皿■皿・-㎜㎜■㎜㎜■一−■・皿■■㎜㎜■■■■㎜㎜
JGW4yj々ぺざ2・sj
……
…………
‥
・・=㎜㎜㎜=■■■■■ ■ ■■ ㎜■
喘ケ俘・こヽべ、=堅27辰械2ソブメ=Fy吠サ
・・
辿琳七I娠琳逞..
i
-・・-・・■-・・-・・・・-■■■■■■ ・・I■■㎜■■■■■・
。斗4`ニ営’`4ら万ひごっこ
が・鋤鍋↓云レ¥・
……レ'ぺ謳十万y
'・'iy辿
!│
・ぷケ44j'
4
.・嶮
j飛
mニ脊
脊ぺ・偏かトs伺j7に迦和徊卜'r7≒(4 ..ぴc匈?町9ぺ;謁
皆悦\λ齢妙謳十ふぐ\Jぐ海士回腸lヽ`か郊脊争)サ
ドロ`尽浪謳ま/`ヽr゛に(い 。ニ4八代琳夕裂゛sヤ!L
(:り一匹き芦Xト=昏ぞ
-4=4
べ瀕心
J滅幻O哨
か居心禍∧〉邸噸㈲筏ふ7へ5ペ一や一尺 。斗パ嘴
6り浹3回-≫ペーやぃサ‥ヽレ刄昔Å琲倖
ts7づt坤≫い
□う出
ち
へ(
貼映『岑が涙メ・』⊃ いド(製図:・)
祷がづy脊滅ソレ尽巾=裂凶砂瞑鄙yJ:汝ツヒ今、
十hづ心ブぶド 礦s昿T噪こい`゛ s cヽ(`syF糸嘔x.y、‥.や
C`
S /
X゛J
函ヽヽ/e嘸ズ・y
。叶゛
ざブ ヽ7、\
々、−ト々\、-z-トコrヽヽト叫卑r`り改!=ヽ肪¥
々
やで(齢・ぺ盾瓦・=古う ヽXべづ匂凶‘‥徊
てドダ 4Li.拍示引りヽ=−y:゛、J一抄W一犬大俗芦
安レ壮士……盾レ ̄よ人よレド………sヽ今裕ぶ
驀tヽベレ=ヽ何
h.:r、・‥蚕か扁`=啄バヽ・鯖回帰y岫訟¬¥寸丸干ゾヤs戸
弧乙
○
x
ご`,l
つ
N
マロ
「
−−lllII
U
万
国
3涛今 ,ノヽヽj7’4き¥励7
禎ヽ5
筏
圀
j
3・㈲茂/yw=い
一一一一一一
|
。俯
詰
−一一一一
・一一……一一一一一一
1
分外)必や≒嗣鱗琳ンベ
し汗・ ̄i・・,・J・今皐月ドム・尚jk ょ命\。'偏ベサ舜帯氏
ヽ、1 い 『
壮λ・……七yサ;・j統こ辿\。ム謳試鋤6゛頑`匈:哉
5│海リxこ抑 ∧’恍ヽ3:?7μ:恥(り齢含有?5
勁阻
4ヽこy千き誉皐xレφ函融脊ギぐ≒二見こハ’
所願旅ノ/ド平勁灸¬ヤ匯:二八ぺ尚痢岫ご琳舞
iし嘱ふ・£・岫・・・・ヒ:疾偏ぺy二いts倚?リ¥妙縦=ド√3
| ・
(葱肺
lx。A I I
≒
yjs w・ むし幻鰍淵柚4・・=ヽヽりヤヽ゛M心謐、z・改
S・‘S・む」剌七゜
ぢ痍ぐ頻柵4. ・ ヱ宍) 琢屁犬が絆T苧乍
貧痢斤ダ`晰吟鮮y今
gい=7又−こぺ一応/=ヽ刎ヤペ\yに5営洒いざ:療麹や
ヤ゜込珊珊殺忙4 紆
夕海気噺ギ…Te噺り子yドソ和Vヤヤ(yy
い々4澱レsご5J鯛2心7 4=惣習凶映雫千万叫汝戸
一一−
らs=ごJ.My°
必ぢ、りや?SG=聡ハ申丿戈=−刎蝉゛吋・iヽ七ヽ、/=沈
雛
O
X
N
N
(⊃
々
コ
IIII“11““
1
“
““II
“
貯
III
っ
☆″ド’﹂⋮⋮︲”︿−
孝り︵犬心土
しI︶ ニ
す旧号俯・
丁乙塚本どイ﹃
-
ずお
七三催拓の示
づ い
のよ①︵ソープ、
ダ `とぐフ プ
あーして、咽九五今夜ローターアクトド
・
づりうかい巻尺
旧︲.禎とふフレします九
I∼II“1““
や s︱−−−−II・
う
−廟
Iわ
Iり
I、
I脂
I否
I毎
Iぃ
I飼
I剛
I勧
め
ま
し
ミ
ケ
I湊づからィ
ンターアクト一泰ふ回毎にGnノまレけ。ようレく
拓聯い い孔ぃしーす九
も雨リ
ンー の
コクヨ
青函泰藤浪 ど√フ
ぷ顎うIん⊃へそ犬’
j
ふ
2Gy
V
ケ
六
柵十
f /
フ ド
yy9
・・々kiヽs凶拡こに4ここヽ以やく礦F癩ヽ痢ry9
G`U.け・4)ヽバs咬s
M・徊ぐ
づ’・ドド軸な妨疸バド£`鰍x帖yjぃつけ
瑞(訟ツr ’,ヽヅyヽ,s剌y°岬嬰 卯4
舷ら凶sこ冶制ごう゛萌‘s刎叶゛……
徊な
・旨: S`蜀yヽj拓
毎jj峻う=ヽ随ダ゜iE嘔丿砂sく、ド、w、ム
々七ヽこい付石ゾ `ハ兪からハむ部Ξ,ヽべ鰻-・こ‥ジこ
Q
妬いがヽ,ヽ・ヽJSドrヽ沈な2ぞs`Mムヽ2りい゛`.こ″祷ぎ
S-J
ヽハQヽヽ−トヘこ一旭凶哨り廻り略x3
コ,
やりコy愉
○
×
ご\1
O
N
−LIItl︱i
々コ
ので 々
てど
たL ぃ
j い
D]n
j才人
J才洲
ト俎尚ダお浙犬イてゃ七
い い た’ レ
! ん
々
すぜ
ん擲
“︲&gls
で敢に
函√兆
jし
丁レパ
つ ぃマ、旋
j弓しく拓屑い゛心レ
訂公々畑ヽんてゆこたぐ部分尽
1 ゛
j
−
/
J スノ
I イ
帽水冷リ
何右す
も
、z蔵片らy鉄萌ま一一し函八了丿
`fiEi
フ ク
知薦
し て
ケ 季節与
参 くレ
つ ご J
斗I の
ぎ才岬で
ど
タ
し
て
ノ
少 y場外 のフラギ/
`・・
く
l
た
j
節、語
ざ’
い
か
娠玄て拓
コクヨ
ど こ
よてっ
河で こy
/
/
ノ
1で
か
け十。
い
舌
万
害
,ぐ
晦祠Sヽ「
ts− り、‘=ヽ−Gヽ婉」サがふy.滅麺iむ7ジ況
Fりザ聚’辰知者夙フylさ七g`晦心ざ妬かヽご辻゛
y?改゜`刑一らsうyい吋フ吻ドかゃ゛フ を゛心外・:i
敢緋s駿叫ヅこき=ヽhザペ糾゛鄙? りヽyへいの
ぷトイヽぐ分やゾ ヽtぢトダ りヽ心1ド妬9≒js涙
卜
吋
計6
−
いX
ヤプ
一一一一
XX¥
(鴫Iく壮図・)X=ドりg零ピバごぺ`y
八¥,5ヽ訟凶ls`∩いキバil
秘N徊
柵・仁心、‘i・.)ヽj
凶惣’ムxy、.鴫¥凶万頃tヽ心Λご ハμ、イ聡凶い
以
ごヽ、
9
M・ら、・rヽグrヽヽ?泌ゝさ’?ミ’゛M’ぞ゜
ハ rでヽヽ
町
凶
O
X
N
C`4
O
々
コ
−
励べ、
IX
I 。
∼
兪政教ドーつレベd
謳もふッぃとこう。が’y
ヮ低俵の八白明生穴.、この窓石吋クラデ敷も
イ万。置Lゲ毎哨吠クーフアの奏こゆ教でd よヤブ
玲ぃ彩ずずす几犬、︶1・して七ノぃとこうでd九す
IJIII“J
いノ
コクヨ
一一一一一一
百良で゛人ど ぃ `めノ フ `フ ‘フダありま1九 莞に
七
フ
百
t
ぷ・
J
●F`
蜃ヤめフーフヅd、クt口匿区に良人、め答い
蚕
拓
匂’
Q ¥1 1 ¥\S ’1六尺、ゃ五八だ謡の五入り
聯
1
ダ
-
W ¥ x‘\ ¥!︷s
訟で長泉づ
= 哨.
て い ・’J万
と
実
と
毎毎]頌頂スく牢違ずず
子牛∧
,れ
͡一一∼
に
4
ど
ぷy’ハ4’:さ歯娯慨耀1部分裕i゛`4ジs:ヽ2ヅ
∼レ`穴ヽ・s`朗)M4¥y2『s剛・2ご゛価-‘゜TSTy
ヽsj=ヽゃゃヽい(坏、塑コxく ぐぺ/ V知り.x………!.
ハ
Sヽ,\ り硝
t’‘ ヤヤく紬eヽy働ツリ晰9嫉sc、ヽ゛y uき
<∼、ゞ旭岬ぐ悩恢ごい拓りーい升りs°
IOs
j以上\京・ケ・・ ・ 肘次や吋` 尿ピx秤量!
・ヽ,ヽ・sh忖` や。y2ヴ ・x碩りちドsトx一々
妬心哨X
賜回ぺ匹郵糾べ両’ s 匂ヤい=ダ〕x備レ尨凶安砺ヽ但
︵︶□×
ヤ
コ
l
べ…・・・・・・・・・・・.・・・・・・・ ・. ・・. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・ ・・ ・・・・ ・・ ・・・・・・・・・・・・・・= ’i
へこ`ペムj.ヴレyナ.……ヤヤ\.サT
¥が∧
・
O
:勁訣呂ヤ池川1・
N
'くノヽヽ→V区Jsヽ匈=屯?乙rヽ4匂凶ぬ
--------一一---一一--1
□う出
旅仙Cて7ぺ
砿い宰レヅ.・…….`こかこ4
今海5\いこそ
ふ
■・㎜-a■㎜■㎜㎜㎜■
|
-■%7======−=
色蒔)レ.獅W聳(萍ぷフヤベ勁筏
■ ■■■㎜㎜㎜■J皿皿
1
レンN帽レ レa・ヽj7
。
4べ゛`ベレJlヽミ=抑
右よ映か亡八唸sよくレペーTヽこ\ケヘ:.ふ≒レ芦4
ざ\以レ攻良ぶ与洲丁4唇レ7ヽ淋引海∧ ̄くニがよ│レ宗
ヂヤ\芦‥ザケ>(4?)(影卑二√͡に、、いい彦糾
良漏・白・ ソ・X∠卜八’尖\竹;弧弗▽徊 )レ`キ皆江sべ凡坤
レい八嵐トヌ柵に.べ.1次卜弧弗→レ.jl!レード弐ヤ
74∧ンv攻ヤ鍼.yx
xyW
心3害心・,斥岬 .ベー¥〉
と
レQダぃ渋みき柵サ礁∩べ
りエヽヽ、1』
氷
・−−J㎜・=-
クァムのふ枚が禾鋼玉ず函5
胎五よハズ狐のず邨のククブめ秘丿丁斤兼メ不明
F NR M M J M
斤溺で犬
入 フ’フ。フ
フラフで苓ガソつぃぺば、ハヤ忿失業系統示
y /4で’yもyズダ︶の楳沼ヅぴこ穐どリフマμ
まyにも八百七万使tW\4す邨じqっておnノj
八すΛフクブ、公官有金石∵榎が七す
■ ■還■--■-a・・・・
×20
B4
20
-
・・・ ・・・
リますしす、うの皮ご囮Jyず乖白目ノましらので
μ”
ヤフ
公 乞
ポケり字レめゲ平入 公立失業石銕が明挑
茄廿頂夜がす干挑
右有志新使メニ梗、
ヽ
︲︲︲︲−−−11−︲︲=︲j︲︲ ︲︲︲: ︱︲︲−︲−︲−︲︱︲︲︲︲︲︲‘L11 ︲︲︱︲’1﹃︲−︲︲︲il−︱︲−−
-㎜㎜
嘱
yj
□七山
肺 叫
みぺ,鴫茂ぃ
r、X
心
6徳航ヘペJタ(レ3鴎飛x
2舵肺作
ご∇r゛硲時い・ペー=ぐい7レ2俳41
○
-−-・-……
謳'4二こ,=に・琳(〉研摩
1,
7=−−a■k
………
1 4・1・ 乙
鳶い4・ヽレ▽c゛(匈遂
14 J.oぶニ4
1 11=・・j・・・ . −
7
’`゛ややコ葱 .=ぃードぃ:S`峨ヽ礁ヽヽjJヽヽ5、3
ヽQ・心 、S 、、S
ヽヽハ・xゝ、Q ͡、X r N・
1:旨 をiでレ =い 一冊 U :IIM屁 ヽ、jヽ、jJ心 、3
j-7`乙芦レ匹芦鴉ぺ゛`j 。メベ弓柵い脂気
4J7?
μにごy͡にj必
゛以遠]5j嘔s`’ヽ゛爆
い 。
辿尿\祠ト残七ふ=亡八言言=゛汗琳壽`jム………/=攻?y4
八尋・絆ひ7゛ヤ=.ハヽ∧s゛
9
㈲1ドヽ
−
忍
フマ゛ます
。
イ
レ
マ、 い
遮区イ
q フ
’−太一
ニか六窓抱でも二
果のフ﹄フブ刄すニ、同好会フラブダーど非
ド片歌的にqってい5但
市上絆回とぃヽフ和合ず まひ
4クラブ争邦がぜ抱心内のフクブに
q
二 七 ごズ百ダ玄4でぃワーフ潟づ圭宍
としてヽ二五六体店子の回人生五万円です≒
ラブじ灯万ろ・寺圓yし算づとレて吋、至大碩もの
攻略ひIタリークク、フ岬インターフクト
○
ハず六万’ニす円ど
ーーーーr− −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−IIIIjj− −− −− −−−−−−−−−−−−−−I♂!−・IIIjll・︱・−
20
B4
半jy唱でぅ
す
ダ
9ぶず L
E乙こ
号謳y
ゾづ
.R
R ︲W穿”
▽硲づ `号謳万
441&︲MA
ダ`/バ/レて/Q ひ て
≒七 `皇玄斗y必刄
1M &
−−IFlllI
、ぶ
Mよ
なIL
ロドぶ
︲−︲−︲︲︲ ︲
︸レ
’
ー”””
ふ・謳 レ乙
ぶ﹃で亨づ
9[rN U `刄ぷ
廟 ・ふ
む ス 尽力
W=s M謳ぢ百づ
tlv‘\
Dムつヌ石部い斗コ
E
ム 乙
s 64 &1)・vu
゜yr い
W j9;ZB¥j︷W3
& 71 溺づ百づ
昨 り
﹁ .λ・.
︲II
Dムーいし J︲︲︲字/屁詣・ス渥らっべ
¥jrM R g vx\[ 34▽
ご/﹄
-
T
ぷ
ぃ乙押り石賜ずよ犬鰐寡り姉 `今収拷4
ズ
?LT←
y
y ふ
¬
冲犬い
|
八享ふ
凪
1
|
W¥五万円
Mgu\ず万円、二七牝茫丿拓こI
4 4xj=WJ¥t’5g
ィンターアクト尽勤に竹ず3だ振り耳圈寸
と し て j
l
二¥<]RWt
可が
t%gす
R%ダ五す二万円
石二丁七万伺、二九八逆五万’yす万円\ 二六
九]R%y¥FWgy G¥od
二五5、タ倣七が谷が疋す万円で、祀44れ
六百円tq。スいjj
以ヱガヽで の 衷ご泉硝でプごいまず涯
れら’のy一につぃスご海ハ旧ほプご ぃません、ル
20×20
B4
ズ
ヤれ罰万円回収こイオ。ぶ穴j/9Nj
ボノ
!
伊勢早R’こし
−−︲︲−︲−
w¥G
一
−ll
ダ、よが竹うrが、ご性ぞロダ呼応必ずでし瓦
ごぃ晋秀ザ、五秀で憚舌申ど囲脊了子し’jル
偉背
ど八
………i =・!
ひ 八手頃頑の斗小骨にフぃぺ吋、けどん
滴下、凪好ふが几ニでプ。す乖の倚皆々ド
どとフて知り’まずん。良香の頌雌ヽ︲呼応心内
ク上フブ
ル
八
鋤貴咎果ず才。
kノi l
つざまして吋、濫琴湖心ヤズ円、菜俗才万円し
ヽフJう与
し
W 91
yご
函の燭昌司
r −L− ■ ■rj II j −−− − −− − − i llI ♂IIIIII
ぃ
ハ
雪女礼﹁K
⊃クヨ
子
j
OZXOZ Iづ1
9。←
47︷P¥
j q]尹
7:=9︵’4
f ﹁
1
佃・で
ぷ い
こ1
乙
ふ
!
yΣ /yヽ︲沁
誦資
刎恥辱毎︶ルャ
ごこ
了子▽よー才子渥白雪乙
︵つ
J「
舗晏
心二心
を
j
ヌ・
こう争い収゛無権卵らヽらでnyご
士 っy ヌ こ /? n
よ
わよ刄みソ百ご乙
汝
してし
ク
∠
z
|
I
|
!
万形つ発
メ″’、
菅野
Iljl−−
`VJ /l
S
田中
の イ
冪作に
ご
-P 一
s 一
V Qs
−−︲︲I
こ M
甲言氏
し一︶
|
りノ
ま
− −−−−−−ll−−−−−−− F −−−︱・
舷犬
匍
俘稽y /1
す
べ理です岬で
几
jす。
盾自の項目
j い
ず’y
イーン
穿角谷
瀬丁3だ区2将萌汗
季ふ回 廓・普j
匁の遮石子ほ
し ︶
すに函
り山斗リガ
‘︶/’︶
メ”ヽヽワ 、て
W= Q
フず亨ダ
Iアクト名和に
︵札婬菌区
ざ い
し
つ 。
會でて拓
コクヨ
r
必須.を
め
1
l
乍廓
夕
う
|
や
i
゛吊
7岫戮禅丿晦nヽヽ3=極々・・い呻争迦Q膀)s(、aに9心.、に4
。、X 。φ
映ふくら`ら回7づ4・こ鮮ヽs
`ヽ5勁べて,ひ.万万;呻J
`y゛・`、こ;`奥rN・∼・X一`4VJ` レ攻斗4だ・:々箆ざ`y6倫
ヨ吉舶xyべ`ヽs々一回
浅y・ぺヽ、=ヽ吻一司
守田
c
犀鵬
11
--■㎜■■■■・■㎜■■■
’爽4JJツy冊絆s命クヤ『光子贈りヅニ9バ恥今‥や
--=・
なさ
■-
柵`7‘べ・同一NyJヽ.・コ.7浅.ふIJ 誤=い44−
.ぐヽ=席倆七yjヤヽ∧y4TヤドトヽS^l
ヽ=
ヽ←一口
〉吻
(ヽ(Ξ勁
v
・・・・=J== -・=皿㎜ -皿皿■・======--a㎜ =a--㎜==----=・・・・・・-===-晶--・a■㎜・・-=-===-===・・-・-・・-・=・・-・--・-=-=--・・■==-=・===-=・-皿皿・㎜==・・・・==一=』・・・・==-㎜=・・==J■㎜㎜-㎜・
--===-==-・=
・
レ恥づ
妙ぃにj7
ドレ
ヽぎ=7`そノ`、⊂哉吋気沸こ稀々炳 。痢ふに
B4 20Xに︵︶
瓦
ふ4ゃこ
漂粘
94 r々
べK
→μレJ4
長\・八二√ジ・如才偏.j八八有一
J
。t
yc・y西条さトレそjョ
゛j;
S
洲・
㎜㎜㎜㎜㎜d・■
い4
八八二心、削袖い齢=s=当今にレ͡いこり稀少`四柵7、苛
μ.t`c リ・`ヽy! ざ;J
S
y
叫フコゴ詞盛紬・冷=勁Sり i レこ ’jレ知4(
ぴ¶二八八収i`(笛詞1付凶ぃ ,.べ片菖や:.缶誦
di
すり︵裡戸面尽・c︶ ずこ屠の頃。目の
ニ丁万円とぃう散々十ぞ万万、ごん4方こ年`刄齢
奪回ハ’長にリリJレマ、耳・剛戻こ即ダわ冲ヽりG戸
l
iy
つ い フ
可、尹ご夥力
フ44 Qです/贈ヽや、。ガバアー華¥¥]刺゛脂
ぜて叩ぃた数学塚のぞ才/、把りが谷に沈こヘ
フ疸ぃ謳こ頴にq。ぺ拓りヘ ガバブー事務所ダ
ますノ。 4&︲4Q g Q o= c互
l
函ぃノー’てんごltJう戸
i
B4 20×20
どうぃう肝釈で隨塵で政行もの戸めが9が西
J砂
・
乙鳶
︲︲−−−﹃
j︲−−︲︲︲︲︲−︲ ︲︲−−︲jl−・︲︲;−︲︲︲−︲︲︱⋮⋮−︲−︲−︲
♂−−−−−r−
J
Q;Jj4 S︵5j。aF
→
︱
り` 漑ずこ
j てんで しJ らノかへ yy娯
巾゛フジギ‘ い ー し J ヽフ 犬
のです≒尹。
の
ご
一汗の祥貼孚
し
かど忿
tレ ず
荼
W
ろ
r
よ ら/ で 才ノ か八り x
とIマ
⊃クヨ
1ダブ
り'1
J
つ
七てぃタドギ` たヽ
= i iVぺ
11
f▽t
g2’
し Q 7
ミミー----
ご ・ ジ’
の誕へ剛乞外えぎ
山,
ん り
rJ・
い 鴫
一 それ三万弓、くへれで¥Ws
し
ゝ 1で 野
1.乱丁聊土管
○
IIIII I%jljII IIF
■ | ・ ・ 、● ・ ・ : : !
j
・・
め  ̄1 か
旧
人r`
ぃぐドざ、逓兪の床如心娠入牡ぐ
才の賎茎ぎぃaレますノので、ゾ
万
。q妬、死者ヂレめずーレ’にJ
ぞ
マ
j
ヱ曰︰ LT否ぶ卸こ畏、
ん で し む 。 刄 、 冊 ㈲ に も 剃 恨 、 ジ ヅ い ー ず の で 弗
ー
奥唐の拓ゑ休みもできjt
ひドさに い ど一心 ぃJ言ノ。
す
Vら
づ
し1
し
て
了
フ
午僕の節
‘q
に
乞
1
駱
X/1
ヤ
に
お庚耽のとこう洽縮・です≒弁、たダヰ弁ら具申
20×20
B4
ぷ
イてぃらダきよ牛。予洗の祁ば、噴瀬
’‘:’、泰逆jンターフクト
ぃう痢嶺互尽どlkリ函一ずてまぃり、價護
S %蓄一こ兇を禾= zJk
ザヰ皮双果き夜毎レ フ ぃ /、仁 め り石段に昏贈
F‘ M S7C Q.sj右︰いて知ります。L‘淑分入りレ
rF
り
1搾
乳
φ霞し
りく弓帛三夕影野jんん肺疾こ果汁aj &顧ぃ
ー
才
J
ラ
し
/
う
⋮あ
’S I 一 一 一 .
り
え ノ2`ヽタ カヽ
Jす
コクョ
づ
4’
レ
てニ島 | ら
7iきり )レ4吠ヽsレき7?`s
4ら tべ`八代K9ヽきjs; 1`゛べ‘ニ’,ヽ1 7iやて迦j`S`1,`ll
7改怖r,4碧悉/ヽ4芦7,3外咎 。み7・11 (/ 。メ
ぺこに47仙(゛j
ド芦噛Ξり少晶四呑:諏廸匈ミレペペレヽs.ァ一`4`゛
?yい゛1
ムレ上八八`7☆7(.\4\s(八’娠糖函T必恐こ
齢ぷS リ吊凛ひcM( ̄(゛号¥恍ぷいr`(こJ乙収
り
7
____..____..___……_______……_._.--.-.-.-一一-----.-.-.一一.1.5…………_……………………………………-.-.-.一-・.----−--.一一-・‥---−・-一一-・--------------、・・−・---‥-・・-‥-………………・ ………………
4
海
きヽyたか価(徊
鴫べ
・ 5ョい4(
倆肺、ド冒
:
ヽヽ
収
ぐ
一匹コ
yn留無名痔みこに代々4
か包
ぐ・│兄7‘‘`ヽ4ベー長いにム 。氷海洙sl晦 。ヽ4晦s徊
B4 20XにC
Q。
辱
□石田
‘で戈
7
づ
ノ
く
7; 1`ぐ
□
八
ぴ
り S
爾
ぞ包
7Tj l`(‘O`ヽy乙 1`゛`今心ぷき亡八乃『入`!’
町
ノ
(J
,試尹今回
1
Jし・こ`琳・孚.吠痔谷sこうjs
べ
7j馨3
3
’`kぶレヽ;s`’=j
゛ ̄ レ7(鋳3ぷyレ、’゛1(`’
M:S・
べ
一一一一
ベレフ 4 q.&
-一一一一一一
・・=・・・===・lj-・=・-=・・-・======・・・・I・
・・==-==・-=I・・======・=・==・==I・■■・I・・=--・-==㎜==-====・=・・=・・・・㎜==-=・・==-=
(-.冊、x、そ参 い・.い ノヽ1
八≒s万ごjデ、留・ヱドにi4唯一外ヽJ艶存念・4々に4 。7レ≒
・・■・ ││・
4
モ
緬
:ぷ七偏心鉄石S鳶琳こ`J・゛sで∧?T
4
。
乙、5
硝
-----=・■a
7海参・゛`ち=゛j=s
バ:4.肖=跨優一ぶ嵐Q二四゛孫・=”必‘琳jLJバ毘湖
43八7jヽS7`s)り吟こト雁高名=循ペ一X`ャ
j
ぎ
よ右ム√冷浹ぺ鴎洙・卜4琳怖ヽ=レ恙淳こ−43・r,
、S
へ
り´
/
ど
効
いま才ノ
冷らかじめ勁聯ぃ申レ乖ごげてμこー万万、
弧毎乙収からか、三お話し申しあデ、yの庄
w s 4号とお名前1狗。
子泰が菰の方々からや︶首位を賜わラあす子・万
ズ、その謬に汀、M
しそっ てぃかドきたいど回心いーすノ
毎づお屈、諏犯の旧嶺互にフぃてフンア︲
B4 20×20
yi旧刄まし4晰に唇にーレ合ごどd ご置ほ
剛日剛朧¥’4 r︵s h︲ターフクトにつぃてき支
y
池の互です九分、ロークリアン、μ︱々/ぃノー々/
・−S■r?−「
ラブ戻
−−−−−。−− 一
−−−−︱−−−−−−−−−−−−−−
︲クリー ク’フ。フそ言φで、イ
ごれ吋承iじ堤・ボロータリークしフフの
み写ら。ずy一殺ly
敵ばりうqいごど汀、岩見沢yのヽyy。てブずい
ン 乞して方々ガインターアクト大湊戌レG
ど。てず。穿しふ≒げろーでもqぐヽ ジータリ
yターアクトにつぃフ僣殲不影ぞ沃ぷどい
ご
万
︱
jす≒ さでジ泉押印ように、現在の日本り人
二%几路・匿浙生・まれでプヅぃ堕
メ亙生ざれの言冰二三
口枕針弗う莽平原飛玄々Jすにど、頭首生きず
のヽで。弗九 ノエyパ
%、☆必ハフヮt七・’
コクヨ
ゝ : :
つ
五
ア
し マ
し却もごの妬和住ま岨の岸で、栽痢に
五加&紅、弟晰、僕
生まれか古囲五ひ・沃芦、そレて爪皮こず匹
互・制丁ぃ生まれにの示詞九
半、げするJうq度計がずて拓り泣才頒、この
れ皮宝ま収入常式苔更に群レくぶてゲー才幌
面万口どyて豪そ剌ぐの扉い下土薗∼二才六
千
クト
インターアクトの欧割で画寸
ツーターフクトめぃ斗八千に溝レマあリJ
1
ご め甲ず聳
20×20
丸々示二五‰あり、メ‘の牛飲囲、4jyターア
_鳶
%j−−−−
で’
しひダフて、y大水タ斗にインターアクトク
ラブダ彩乏し、y妬引九罫こには優勢斥半作活
秀
カ 囲す
灰右ざれ、¥44前G︺九七五耳にけ希希
瀋
----一一一一一一
r y S.
x/n
・ ¥t浙匹匹のニ壽こ誰y’ yざ ぃー言に
兪了子刄健全ソ また手を巻7者を健4]!
冷3ぃd大人として
函ぃノま才升ら、こうレ介所期に乙
yすハでの耳エヰード戻乖ときに子牛
叉
nノアン と レニ。’ヽ、
期
発
yT
C=
答
牙λず狸冷蜃兪囲、・鎗的にダぃJ才ど球人でレに
ヽ︶一 と →?、
コクヨ
才
l 。ai ” Uj
に
尽
一 四l j几て
夫レ
六
タ
時
1
ろ
□
吏
々
寵
T責
凛貼括レぃにドきます亙、FT示この副︰嶺乞
一軍‘視レ て ぃ 3こと知`フか﹃か`ゐ丿万。
我″として4、ごの同類ド考萌てずQおら
涯までん。KTが々の尽勧どレマとり/諸乙’ソて
きぺいろインターアクトクラデロ封じ、ァク
ヅの`1︰べどぃ`つごとのみりら竃ノ、々の逓で践ご匈
士ぶう屠ケ斗の訪米、あるいは、攻。残に対才
ゐ漱々のぞヽ低の貢弧どいフにことがヽりf秀之7
よずす必てい心諮
岑分め
._.︳___t_L_2︳︳.._︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲.︲.︲︲..︲.︲........︲︲︲︲......︲︲︲︲︲︲︲︲“II“1“11111“i ̄ ̄ ̄......' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‘......⋮⋮︲︲︱−︱︲︱︲︲−−’︲︲−一一L−︲−︲
一
棺将的
ヽ二乳弓考親イぎ与ぃとマヽフJソき、蚤陽二
ゐノヽ︶の’居‘剰‘’乙
1,
l
20
B4
七夕
・ミー−−−−』=・
|
と感心収
jず。
−︲︲
ご れ屈、口!夕りノアン のイ
ドク.Iアクトフドブド贈する鎔叛多足と示う
g・
堤念にフぃての、私のI フの皮すずごダ
り
1
の鏝一研二令子影してぃるごとです。
ynノアルフGボ壮者のqい一面もめ
バ`
贈
マ
1ノ
此
し
ー=-一一一一
ン
それかう行李ad、座娼ロータリークLフ.フ
-■JJa』・
1
1司
レ
ヒ7
k
ません
レ’、
礁ませんが、堤.J恨rIタロノ/ク√フ斤
⊃1リーn
I J”.
コクヨ
\T
唇
;j
メ、
か
も
ソ
報
ゝ
J
タ
にフぃ1鏝所が首吋ぃとぃ`つ﹄︶とは
レ リ
し
る
1紅
Q
/・
ろ
バ
、jンターフフト牢屈こかの庵sご僑゛々が漱
フクト岸6塵す︲’久々で弗素に火する互ずあ
か孔゛、堪゜帽ロ ー フリー ク’フ。フの/甲。て、イ
リ
戻ず配は廊暖炉︶原いどぃうこどに7.てきて
シ 々/
︲jC.iQ9
y
Bりますノと、イシ々/Iアクトの空言蓼に函う、
ぃわ咋う堤帽僊の開題、同じく粟合口為げう
向嶺が堤濯71夕口ノークこフブヤインylアク
ト柔ぶ喫合の才子、どのJ`フに孝え`り峨ていうの
かを好ぃふづわぞー万と、何か裳よ4
20×20
|
亙惑八じ茸才。ヽダフレたこと洲藁沓探くアンア
|
B4
ザ
| 1
・
1
□IIy`目ノー クしフぃフ´の剣弁`hノの、
∇& s s
s s=
ss
=i s=
︲︲−︱ll︲li
yリふ/耽て拓ぃノ‘J才。 こめ/こ
ゥ﹄フブそ・ィンターアアトクーフデ弓ド゛礼手
函
々こ
丁で.j
J コ ーxx
て万。 こ 敵 ド フ ゛ て4ヽ ご 副 弁ヽり い スノ
B
者
り ̄
ニケーションの欠’肩とq。べ視や欧マさて
う
μ I 々/リ
ぐしマ三冬目に吋へ 親閲散坪や昴で放歌ド灯
トの甲でとぃノ・あずら一糸マぃろようでず。
i
とはヽ冴考’故知と?Iタリークこフギノとのつヽヽヽ
足の旧ご願ダど9め
I
|
が函ろとこ予t抑心いーす囲、ぶ万胱め
廓︷ず
コク臼
ろ
i ユ
い
ず
る
|
い
な
λヤトー・へ→八一々ぺ゛・’)ヽje艦ゴ乙宥斗4痛
心心μ貳’こ・り知゛゜’J=心Jごり)ヽに゛4゛=トΛト∼’7
ゃヽJ
4
V`J
々゛ら
s
)
ぐ
NTうや゛ ̄
慨ダ
・・・‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ̄ ̄' ̄ ̄" ̄・ ̄ ̄ ̄' ̄'・‘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'・ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄'・ ̄・ ̄・・
へ
OMX︵︶N マコ
フヨ¶こ
S(ヽCy笹:節斗ふ咀々SM検ヽ` 5
図吻
'  ̄ ・  ̄  ̄  ̄ ・ ・ ‘ ・ ・ ・ '  ̄ ・ ・  ̄  ̄ ・  ̄ ' =' ̄
・こ
・ " ̄' ̄'・‘ ̄ ̄' ̄・・・' ̄ ̄ ̄' ̄'・ ̄' ̄ ̄・・
斗
し屁那噺に励Xヽ・司い`゛改.″゜`ヽりJご゜ …………
g”い屁即・`jぎ`yヤsで)s゛利他s`きプ糾.が
や・咄、賀・にy?仰順いーヽや私四y¥畔い¥塑Gヽ≒
泉e泣節)`5’聊や包’ ̄ヘニ` ̄e寧e
トベ、こ紗回瘤G`穿噺匈琢S`g啄いいlヽ佃)jハや
ぴ
r
ヽ
・ ・  ̄  ̄ '  ̄  ̄ " ・ ・ ' ・ ‥ - ¨ ・ ・ ' - ・ ・ - ‘  ̄ ・  ̄  ̄  ̄' ̄
 ̄・ ̄
・ ---'・'--`"‘ ̄・ ̄ ̄' ̄ ̄' ̄・'-‥・・ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄' ̄・・・" ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄・"・・・ ̄ ̄・ ̄・ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄・・
'i`4=り
雁吻・y°`八白ダド介=ナサヤ∇聊・騨ヤサニ)七夕ハ紳
シフ=
へ
尚
=-
・・■■㎜㎜㎜■㎜㎜㎜㎜㎜㎜■■■■■■■■
鳶-・¥
・・'・' ̄"・
−−・酬。−−−−
例え。4−玉恚参内ず弓フLフヘフとして、あつ名ぃは
一 フの社会へ的クラブどレて位︶隻づソら敵てい
マ首めうれひぃどぃク寺寸丿顛T悟了遮ぃて七
− ■ − − くIj−﹃−− IIIIIIIII・
紋別爺竺メ
コクヨ
-
乖≒ソ
支
ろ尚ポノず、ぜポ万、節下前万かか七うい乃ぃろ
J `フ J /5 x’45
レ
リ側鎖のために、めろぃリ日本の改万
・-=--一一一一
q
㎜======・
い
ど
y`
ワ
ま
椅フ萌参づ・昏・ダド、才ぐ号丿生亀兪問で認め
政
ソ/
漱に、学僕の窄鋤すどしマの常談義.
摩朧によりーまづ酋の大倫メ燦われて
頑乙二枚教諭との閲での剛嶺リどき斤らんで
XX^J N
言マ いますノ
五庵目にめゲり耽ますのば、ィしターフ
タ9Iフ’フデどィンタ/アクト李7明良と
かや9り側鎖でもめり、フく。にり弓
& 、 イ`y・゛一ylフクトク’一フ゛。フに灯レ、稗届プ例
力
拳壮添勅が竹尚れていqいどぃヽツ互もィのる
20
20×
`S
Q/
トククブに片手名数お日の側鎖です。ご海尉
刀か
ゝj
77
ー−−−−−−−−−−IIIIII・IIII・IIIIIIIIjl︲︲︲︲‘‘︲︲‘‘‘’︲︲
|
B4
斤
ヒ’I”
‥
-・-・-・・−
−−LIr−−−− −− −−
り a
手
ごれ.リじむ
l
prld
l
ヽフと頑々ぃーずつ。ご耽考岑述一百ブギでの互かと
dl︱︱ljl− LI・
ひド汀ノるよ`フ託瀕いいたしー才。
紅白敗丿下り了、皮趙特則今泉どして拓㈲ム
l
イン々/j・フクトり
l
衡の足首に㈲レマけ水神できワノ側鎖水油
よヽフ 叉
|
4亦昌︿謝ご憚り仲です≒贈、ご漑G了ンアー
いの申ず所出ドツ収マ知日ノ謔才り・弓、主にイン
l︲& /
︲ り 石
ぱ レ
r5:
jに ▽耳よ本は入ヴ孚レに
ダーアフト帚利き竹える荷前はニー笥ふ土の府で
すでG・
コクヨ
¬i
尽
斗玄ほ一支族征﹃ビズ
ほかロノリ ど一の
以
次つい
1 4 ] ]
収
4!: 1
・ 〃 ・
・ 〃 l
〃
く い F一、 J 鳶卜
一斗よtに樗す5ド・民ダヘフー
くぃ千万塵鼠黙考僧七Gい互 それと二脊すに
フリJうやく尽聡に儒砥昏盾囲 尚万万一攻
萌士女に添脂レにくい氷婉に夏ぃ込まれてし
まう互7どで才。塚贈リダ兪G諧二弧ず囲軟水
めろ、絃薗遜うかが七丿秀。
じてして旅心ヽ試走φひしーしに万、イL’y
デ
に
價ずよ坪莽.
証
令、昨晩こ表装
j・︲x=ノーフラブのインク/Iアク
Iアフト標言下フーフブふ足飲圭三蚕堤眉言の酒でに
トクラ
あ否、堤9
ヽ
ー−−11−−−−−− −−− − −41−¶−・−−−−IIII¶−−−−−−−−11II・︲︲ ︲︲IIIIII・IIIIII︲‘‘‘︲”‘︲......︲︲..i−−−− −−−.−−−−FIII11−.︱IIIIIII。−1−−1−−−r−−
と
×20
20
B4
心
∼r一一一一一一
口々出
r`吃匹
碩
− |φ | S
4
, s i
心ヽ3
/
r’
.
こ岫FΞゾづみ榔
斥
φヽ悼藻嵐:丿弗ドトry池乙
・ ・ ・ ・・・
禰り癩ご際漑
S嵐良港・
べ
sヽト
ヽ汗柵
ヽ
.
.
・4
ヽ
≒畝ざ声
・ -a・・■=・・■-・■■-・■・■-aJ=
--−……
㎜■・㎜㎜㎜㎜・㎜■■㎜■㎜㎜㎜■㎜■■■・J・・還・・-・・■・■㎜㎜・㎜㎜㎜㎜
一一-
争4i\4\ニ仙=ヽ心−g學呈,ヤドペβへ陛旅心み物
凶(呂ヽ、y良識冷将ふ洲=亘7にフー)ペー`ヤVへふ
勺 l゛ ̄
=げ4仙(゛y
■㎜㎜■㎜㎜㎜■■J■㎜ ■ ■ ■■■ ■ I ㎜■■ ■ ■ ■■■㎜㎜■ ■ ■ ■■■㎜■㎜ ■ ■
よ知匹慈ぃ廃争吋吟心労梅 べ
レダ嶮路ノ(いドダ砂・・
こよレy\くレニ心・、よん=よ/。謳☆兪:葱、とに妬心言四部聯
糾7-、、いj一万X、Jへ
恥辺べき=啓こバヽ・J−ぃヤメ叫号ヤドリドヤ,漸戸戸岬
配所隋:池聚ヤエ吼屏4ヽ二極尚尚森srsy
Q.・乙
7
1奈
(
/
に
沁
り・同
゛
s.
.Fヤケy)レ琴海爆竹十,’4号\今k
…………………………………………………………………………
う十よ・
レ謳丿啄 .ち
■■■㎜㎜■㎜-■㎜I-■㎜=-====一丿皿皿・皿㎜・=・-J=・・I==・・・・・・==・・・・-=======・=・・■・-=■-■㎜・==・・・・
・-・=・==-・
・=--・・=-===--皿・皿㎜・=・-===
`ち&
.゛ダ(j゛べ発翠柿臨葱7?「リペ」気御
1 1
…
……………
77 琳霖雨・放っT一踊りぺヽs裾 。嵐旨ヌ
加う9ニド秀子・べ昂倆7、庶漸4映‥々芦(J 。p`7
ニ偏μ乙但びベミド`ヽj’ふそい=Qこ残留后乙φJ’ぷ飛
捨゛k
浙。7次バ ̄;芦ぃ 。4残か迦恐7`今’゛含゛゛嵐
辿べ一ヽくこiyjへヽSりぺ`ヽこ`ぐ一昭 /7;瓦み1辱彭
ペ参∧こS゛、ぎ jド吊湊珍`)ヽ」¥芦7jぺ`j゛サT
j7ド9レs[ヽい口s・=に;べ冷々八八氷無芸岑2iづ臨・]
4\臨・2弓ぷぺ心ぺl−・ヽこぺ一一g.&紬に3.誌琳→μら
B4 20X20
…
…
ご
し
乞
割
拓聯
|
右行ちばごうぃうごと2玄決していJ才
さゼてぃひドきー寸。失ゾA/の則撒ドフい
二五八吃包9
ぃたぃし好いままへ ど
にしま万
翁です。倚閲ずありませんのぐ氷苑ドソビ
岑二万ボ才蔵倚kドしご
!J
と いへ/ごど乏ら甲レ ふ几げJオ。
−−♂ − II
コクヨ
拓
く、
佐
い
ぞ﹂戦つ介店口謳リよ才ので
い
う
叱右岸呉囲それ
マ
玄
J
瀬
い
昿いほF
フ
節
足 弓
I
こ.
そ
匯包穿背戸結核不
R
の
フ
胤
! ・ り●
マ ヘ
特に木皮添97クデド出ヽ序を叶ヅ
どIt汀、選4沖縄万全律子を凩きま
右、
ソJレに。実参丿 一フのフーフデレ犬参y鉢
ら り て
キ
゛皆ドすqガフにのづ信≒ダ、︶ぺ9一 フバ几現有
フくう労白土早発ド漸ぃ1あぃノます。インタ
ーアソートクラブの雁FkgYoy jGQt n
ず ゛`フド昨/ず尽く薗に詐1粘レリす威げし作めしれ
半 胤
ぃ
シ
才
識
、
で
ず
紆
わ
q
ず
九
0
:
半
俗
だ万は有
= 〃
!
プかりいとレフ首・識.尚4oyl 、 真字尚の午後
. . `
イン り/Iアフトク’フマ/ へ叙白い い て い フ
より
|
仁
B4
ま
レ
斤
i
しぶド謬私レマぃJ士人
i
雪尹年バスきく手よ矢レ絆☆ようど
肛づ9旧嶺ず寸囲、池どき岬貢米
永の聯今に今ぜ但剣り爆ソドJリ、これ乞首一
一回は諮ず公赤︰ずるご乙にしてあり、そλ。ぞ
jj−− −−−−
インターアクトの捌∵今に一人作・ム卸
S ’yM ︶j
ダバすIは
も`つI フは、史略ワー々/リークこフデり豪健
|
|
晏ず視レフシリ、皮ポロー々/り/IフLフ几フのメ
ノ ー ー
ノ バヘ
|
沓才うーうくずリス ぃ晋才。
コクコ
へ
ま
○
に
X
C
むこ
4
・・
j‘こ
・ヽ
・ ・ ・・・・・-・・
・・・・・・・・・・-=・・-==・
-・j・ --・ ・■・I・-=・・・・■■■==-=--===㎜
レ 4 八八
。y半べ㈲薇ン旨い .関
レoへ芦無価映脊)い餅
参レひ7仙( ̄一働r`゛リ jレ外
c
隔
今柵痢ぐ関涛>いリレヽsど・4y朕j ゆ<コ
,風−いぺr`((J`心べ昨゛J.ゑぶミやy〉匹噸ぶ図茂7
7j硝優勢嵐邪心緬7`ヽヽい・ヽx−`心y゛.べ前`Mレs.?y
皆い 良い44∼ 収(ぺぶ図哉゛ヽJjs ゛゛まjy〉`S
浅汁っいヽ 夕順 田`冷い .鴎島grxい .㈲茂回
レフ,鴫冷 .今
-フ一\ふペーyこx/へ筑糾
,
== == ==皿 ㎜㎜- ㎜㎜㎜ ■㎜ === == =-= --- ■㎜- =■ ㎜・= = ㎜・・ = ・== = ・=・ - ・・・ ・ =・= = -== - JJ・ ㎜ ■ ㎜ ・ ・ ・ - = = ・ ・ = - a ㎜ ㎜ = ㎜ ■-・・-=・=■
・ =--・=・= = = = = =・・・ ・ ■ = = - ㎜ = = - ㎜ = = ㎜ = = = - ・ = ・ = J ■ - I ・ 皿 ㎜ ・ - = = ・ - = = = - ・ = - ・ = ・ ・ = ・ ・ ・ ・ ・ - = - = = ・ ・ = - = ・ ・
吊
(炳
涛筏
ダド
慨
フ√
5トー
ヽご加9‘
レ =ヽヽ
4W
ょっスけ疾一敗リ.介圧ブー八八湯巻も雨リま
﹃﹃ ♂ lj j ﹃︱■
二籐︵戸谷R’・こし
暮
ミー- - - - -- -
 ̄
ど
・¬
y九万d、呑府石にざ区今尚芦粧
I
ベーダに。
二五肪ぼ落・薦旧
リフけス知ヽウれう把の匯丘でけ、jの鉄扉d
司座
゛II
以前上一五二布尽し 一
クヨ
ん ‘で し たI かe
同
が
介。か叫び頑インターアクトククブ司教旧に司
ぜμ、雪暮八五でし乙が、舷七して互よハスル
を剛N/ d jVむ 示≒てきまぜんづレ昏ので、 二万二
吃征ど卒硝子ぃ昏しマ烏つまレに。非脇戌吹
きヽ耳二回の違格協旅心2わIマヤnノー才。
恚疹協議今夕熹子犬 言に迄僕谷ぞ岸す沢
い
’。r︲II’︱−−−−−II’¶。−−−一一。−−。
折伺
今フィ。\ 9sl︲アクトの痢顛をど9雨。げうよヽフ
ーのな爪
べ20
20
B4
ドバプード拓瀕ヅレ、頒目弓ざぴ槙巣窟イ斤
。ガバブ
‘I’−−−。−。。。。−。 −。 −、。、 −。IIIII一一II−−−L−III−−−−−−−III’。−−−−−1・−−‘I’1−−︱。−‘ −−。−−−。−−−−−−jりー−1−−−II。1・。−−ll・−−・。−−−
うに夜半しーし昏
=
必J
ずJ
Ia
a
フs
ラI
デI
ーアクト召フくフズぃひドドJ
心
J りに帛
ハ C
X一 鴎
I
匹−│ド長“-Q孵燈祠堂㈲気
をつ)j
匈嘔渉g一冊八八=ペド、/ひベド=ご4 s・yヤバ
・ │㎜I■㎜・・■I■■■■■■㎜■㎜■■
\拓゜\”でヽこyどフLJ
y‘‘奘遡みづ土蔵凶4く
谷よ寸
刻
J
y々り:鮑jJここフ ヤ嚇啼.Sふ叶?鮒石竹
’i哨)l包.凶サ.畷\ヴやドぐ゛り.い’1ヤ゛雙ノ千戸犬
訟・f気’゛犬蝉=噌9蜜’・4`゜ヽヤcg帚フダ‥ヤyT……
4宍s袈鴇cヽ腰巻u?ダ警倍:・祉ewヒヽべべ4
. //
\μい
口
ノ
〃
り
叶
S 蛸
y
ご写≒、夜`ヽ=x/’ レに、s`ドy゛−`ト吻Ty
気.xに拡ドヽ
目聡口
び
≒
脊 豚・有ドひダy’啄│りベ:ぢ=発足`−べヽ−ト`
ヱ
f=一
り=)
只今 兄矢レま才ど二五回え丘で汀、ざ
次犬亦ぞもインターアクトの岳糸口/乞特フマい
るゐこりで才わハ
他の惚尽でばぃかずでしJう、が。首一次大小
つ平にイr\ QX︲︲アクトのプいダら/か忘八以3
ようにして貪レ いど ぃうこと弓、FIの噺で浬
で号函?J万万、ぺふにデロデラか玄椅って
ご峨か入り持とうと
B4 20×20
瓦らy飢ふと こ うへ ま ひ 弓
|
しマム∵ら/考。うとこ又ノ弓ブヅ ぃまぜんか。
嶮
︲︲IIII
|
|
|
︲︲︲︲ ︲︲−︲− ︲︲i︲︲︲︲︲︲
ニ穴九迦征の・栃
|
リ ま し て
ガバナーど測鎖いひレ
区切こ水戸、どぃイ半こ7’万岬短刀体内
ツーx
い ゛フ M ︶jて 才。 ぃ? の/ ’つ ラ、 イ ゛JJ タ ー’ T クト ド
ターアクトの果7呂九分Jヅ雌ベ工の則嶺互と
ほ寺ケ訟’の健全七︰ぺの廟嶺、もクーフ吋イン
♂︱−i−i・
壇しa瀕果、二つのテーマダぞましか。一゛
心忿︿け/コ 知
刄.りひ戻にまざ石入洛の打浅沓Sユ歌を引
フブギ︶ぃます几 半月ド忠三し大小葱辻ぃまtノ
擾旧︵本郷.廊ド・しし
「
癩すノるすトマビフゾス弓 浙レ斗のインターフ
Q︵︲“ ¥%S
−−I III
コクヨ
出
が
!
ず ぃ ま才、か入
ト燭屈托肩ぃし1括りー才
石径
右U 4’r t、瞑
蛍から篠︲’ポスルド必、丁ィンデーアクド、レー
ル寺りハ犬倖k丁しレ
ブ
ダーアクトを呼ヅーして、恰ん弓に郎背レに
マ
リして ぃJ
で錆催四竹
を
才。
竹。なぃノ
ち`フ五
マ い 憑﹂
14¥︵ ¥!yl。A 7 A し ハい
宍ユニ困績い
e
に
−−−− −−−−−−−−−−r−LilIIIIIIIIIII﹃−−−−− −rLIIIII・IIII
×20
0
B4 2
杷
使、ィシターアクト、ツーク/了クトのすI
ぷ
ふ仄逞う奢﹂囮尺上 じ︶
|
|
|
−−︲I
淑じもの堺菰り‘
ガバナー囲廊平7親玉Iキヤに
|
4
飢
を
孝
灘レ、、代表dかとごとバつ原作逐
ィ
代表y谷づつ乞参ヴヴづぞ、祀厄専9長囲浪江
有卦士、ぼ庄司の全インターアクトク﹃フブの
吹矢万万j
|
夕﹂91り/九フブニタ函づぃぐーずすダイン
コクヨ
|
ヤ√とぃう柏の試みを、丁伺の貿づポ大小ィ叶
|
ぃま才。
㎜㎜・■㎜・
私ヅかよざニ応4濯粘ズサ率八竹筒尚
?
東4
です宍
の
ターアクトクシヅ汀九メシアしか弔りまずん。
4飢も介岳ゾとの備づ9万ぴどぃか弟、管︵輪才
”介ゼ口回’¥︷¥︸座遥にニ、兼対語ドニ
と ゛`フ同ヌ謳で、兪酒y匯的9ィニ々/−アクトク
昨日石ようど一一
ラブのg霞二親と゛ヽフダバナーの方計ぞ、今回の
背盛葱折フこどド燧っ行わソフ犬
萎こ蔀︵ル旧派R・しJ
彫目の匯岳でヘルダゐぃノJレマ、きの倚に、イ
レ△
。了
y_
ト
rx
xl
/_
r
Q乏
s
yj
l
r
訟な
/
aZ
k
Js
s .r!しIレa。
ン
タrー
ク
り べ
表 囲
屎.律
ぃ
し;
ー5︲
×20
20
B4
μ
山
□
で
妬
泌
,j
yM葱耶`ヽ=Q
M
み
ぐ谷∧見返、怒号レ左舷
ミ)
・ = ・ = ・ ・ = ・ ・ = ・ = ・皿
・ ■ = = = = = = ・ ・ ㎜ = − ・ ・ ・ ・ I = ㎜ ■ - = ㎜ = = = - = = = ==
=
-●= -
==
−=ふ皿---===-=====−一-I-=㎜===−==−=−--−㎜--===-====--==-
− −=--
==-= −
===-===-==J=-
√屎為戸毎\(尚(柏ら散│\ノ’ム
一一一一一一
・ ・・・
7TレiSOヽs ’`ぶ べ c ̄͡K
こ
・==・・=・=・・・・・・・
・ ・・・・・・・・=・・皿=−
湊心しw績海ヤレ辱葱酒ュヤダ〉八戸席/………。j?7yヤ・ワ
ら竺゛S゛▽フドこ7ト3`ヽヽ5匹Irヽ(降:栽ャSヤ卵酒匈
ぶひ7藻為r`E昨・琳ご悉皆;.斗べ・含ブひx、yふ叫
、ひ7吃々旅‘=7参与、
■ . ■ -- ・ ・・・・ ・. ・ ・ ・J■■■-a・・・
: 芦鰍ふぺ鴫=胞謳
汗\孚ぐ⊥↓ヶべゃこ吋先'鎗=タ匹ら妬7にシ=芦晰席
ち姉レs4つ風如呻゛柵 ,7藻=豺゛にドり……問声5=ヤ
§’`に ̄
o/.旦j
¨々叫かヽツ、述帽皆lyぃノーツ/ラブどのフリ
ダりの I嶺ぐ殯ノダ、貼の快楽ノ開光盲づー兼漆
吠嵐一融娠しプリトリノーに入フマ拓ぃノよすので、蔚一
おの勺坪首をふ冷泉水冷飼閲∵亨一斑国君、作ス
イr\ターアクトびけ
y24︲=Cメンバー右ヅふべく良て
スμりますI’。yの慶三ト
M&N/ 4︲
、貼フ雁力斗詐寸ふ脳どして真皮玄関かように
浪しぃどのず背ぞふTきので、舌んリナ貯がず
vl
しフ ぃJT通人。
20
20X
B4
冷
−−−
年戻入登れば
彫囲享まう→ナ年拳笑臓亦嫌、利二時痢でフ乃
ljlIIIIII・
石崖扨㈹にめリJオダ、これら塵境ふの香
今夕年孚勅季敗小戸九つのブロyフに兪ヅ
車につぃて拓君レしーすノ。
5 4y’︶Jで才渥、窓拓の青ヤこそ宸心ご孚よ獄ふ什
ふ中入犬・復命宍∵乙し
|
水知香晋あ.ヅ
む`1肺一 フラブー参了きまでんで・したぞ
:
ドぃていJ才。玉し年4、ュ叫が圈弗犬行
‘”下前雅、インターアクトのP’区11ぜて
r
フ
弓≒っふ恥玖﹂回付ヽこの瘤九叱こか
コクヨ
X,
か
7ぃ5Jうに県ぃま万9で、千寿も再困ず願
ぃ、万でドニフ雅剰証の煮y万を椅フフラデダ
現出マぃー才ノ・ぎの侑に、三フ岬ずロフフに
沓に心必ず9F¥J&9︶j5 2ド之、薗気三
X20
ズム則ド︷K召使こリマ烏りますレヘ ヽy浙ば冷j
い ー二寸乙
むびくくフ七ず、万万ゼフフ ぃふのでほ与い
右
い
と.
20
B4
9鋤暴ダ冷浙っマ勘ぃノユ老ん。しかし、冷ヤ
がヽ
Tで
リり/ともインターアクトグラムフの`鎔鏑乏椅。
‥づ、が
-
尽日︵湘・川丁閲区・こし
l
−−−−−
″
イ シ 々/−− アクト
インタi了クト港区犬
J八二工い低圧のざ丘犬、蚕はナ月払伺に
座三更休冷剣劇フアド㈲ごぽレマ脳リズ才。
け老岳が右しひ贈に
のだ岳人、亦を七肖つ禾ソ打ぃまレひ。采ど右
l
レータJアクトに特レペ、迦菰久万今
・ X
啼
ルュ旧
フ
h
い
︲1−−−
て の
り
前原久土石寸寸5背をべ七万ま・でて
レ て
コク臼
l
趨の千金ですが、光来、顧副賞奸、ィンター
フ。、t
︲蜂ど
に
アクト
び へ
の巻診1呼ヅガソて泉9リダら、す蝉ぃ乙
刄
パλLディスカレバーンリどのふて蕎jめフ斤も
99、イシターアクト希ローターアクトりふ
しかし九万子胤4、畑りクシブダ不入トず
昌已冲、返辞首卸イきふ合奏ぶ雨り酋ぞんでし
た≒
宛五天亦1打います囲、インクーフクト 加
Iターフクトで希ぞれ囲、五体斗詐イごふふ
哀丿言席しフ拓ります。ぎして、報旧亥奸ど
冊
yうレンロ感じ
り公知
心仏袁、
を佇ぃ凛
20×20
B4
呑y]フ。フかヽりり、秋季休I半片レ、ミュイこ夕1
とぃろノ
i
か
1
名こ
ー −−−−−−−−−−−−︱−■rllIIIIIIIIIII■Ir− −−−−−−−−%llrIIIIIIIIIII■♂♂− −−−
1
アクトで苔犬ルどぃう茫 添3ぃ
々
⊃ク白
ふツロノガと`フご了ぃましひ。 ぃjj
の
司令
ぶ
で海狸レぃもびぃに甲には乙 泡ジニヘ訃へつバー
j
賊几ごで序言子孫
ダ雨4ト好尚ダ耽
い
i
ンターアクトの寺仙つデけデラミンダと贈イ
い
と い ウ・ ご と・tび
く り
Q
|
d
ン︱
タd
ーl
アI
クI
トI
り・
蚕塵へこ鍔梅的ヽ参詐qどづ呑
|
迦込伺プ苓八万よく座元ぺμ9よし化。
・-----一一
9レLの互ダ衡うよ。クにい考置ぺ
が`
マ
d
弓
︱−lj−−−
t]
[X.一
ぜ
私
フ
ほ
ま ハト
配豆本頂煮、本加、竟硝レータ.︰/︱
クミフブのインターアクト季ぬづが、∇幄布令頻
カレマぃふy才ず、9ウぃうもの百果フ行の
者特大ふ認識レか持ち兪ぜフぃ弓ぃ入ヽ否ぃ几
6。xo9︷F4xyRy41よ威ま才つで、
リータリアシどしマり反応1兪弟7考斤榛士
ごず゛j才つず、9’フしにこどをざ心丿伴尽く浙
濯胤T寄心K’こい
二六口ざ谷万波迎
B4 20×20
鹿谷咲ド肘’QJ5
力)
尽し s G’C t︶& 5JIQ 5謔才。
法r l
−−−J−−−−
くIlsIII
¥{
︲−−
j才。哀弓
−− −
bトタいノークシア顛末収
1
どの削節ずヽ享︿於て1斟しのフ烏り識すノ。
に糾低レマ拓りノま才ぞ、時々曳贋レ殺オガ浪
謳ぃノざず。ヌ’ヽ岬ダ”府背の制帽インター
他言よ別席の昨ドふ煮付塵循し、牛旧に剔。て
IIIIIS■♂ r♂
采’岬Xンバーずヤ△良二剛J ︲ ¥zx7ンずす囲
∼。4
メくこで同か゛まずこと弓、こうしい閲恪吋、
い
人
づ
■■■■・・・・■==-= ㎜㎜㎜■■㎜㎜■■■
ク ト
441G'Mj
万一ど ぃ ’フヽでytコずノ
戈タこハフレ4
に
い
イン々/Iアクトす昌7の人選、まら延ばれ孔ぃ人
迦
のノ人廟ドJぶのでjq
yき・ イこ・りぺ
コクヨ
J
り
ア
で’
い
のてもヽり勤うとレうごどず、冷J9ヽ走包でび
て、非必Tにぶ浴にぶ癩万よ人とぞう
ぃど6七函賊う人も兪弗マ大昔レマあ夕まず囲
人にJっ
岸2
不入隨つどぃう遮いりIデリ
4M’D’j]¥My
y’F耽Mty yQ
フリい﹂マ
﹁ニ偉丁吋
9ふべくかレ人言やフフこ134
allg
で坦貯縮で 才ノダ
t gs’M¥y’ y’‘付\匯 エ奥行してぃ
‘ ・乙 ふリ雨 フ マ、
︱すぞ几r
W
一
一
バリタ峨了仲陽ぶ勅・ぐきぶ乙水引氷フマ昂
y.‥〉撚
丿犬
XJ
&gS
20×20
「よ
るJうリ戈孝づ吋ノ。自今9こど
__………ゐど
之びヽ々おλノど ゛らノことで、`も弓使
−−−−Ir
︲︲︲ −・i‘=︲
1︲ij︲︲ ︲︲
︲
ろ几ぺ丸”OMM
にも考暉万両ふど腕でや畷ま寸づめず、
回を汀フてぃる雨ワず了ず、嶮リぃノ、見ずれ
lr−−−
j−≒゛−“−゛− ︸
介才ダぞの雪紅を米松ずよ弓、y耳↓の孤剣で
ほ桐山的
ドー幄ぃノアン汀づぎふびぐ冷くり岸sで訃を茸
6 4 y ︲シ
コクヨ
験ず≒へきずゑりふど汀伺でぃー才二九、特にインタ
rニ
Iアクトに圈しフ俘、両三令大八万作台超j
¥ y︷
ず
遂
げy岨ばニてず才薗ず更び・ラどのつヽ。j
す
の
.
て
一 ・哨
言
ョンず≒クJくぃか嘔ぃのでdリぃかと言えて
リ犬 ’ぷ
ど
レ
しマぃき’にぃ乙日々ってあぃノま寸。
乖よ︵瑕回廊にじし︶ 五回にイシツー
アクトの岸尊す珂骨仏を片っ臼わヅでブダ
その使八フンプート顛貰乏打っフケユしご。
絆巣ポヘ
て仁ので
﹃−−−−−−・−−−−−−L−−−︱−Id −−−rL−ilsl−−−−−−−III IIIIIIIII・III・
っノ
口!タロノア
の 力ふノ ン ぞ 弓/
参入片耳の甲ビずすリ同価回護浪︵畷てまぃ
リJしか。焼棄 部門別偉者谷
−。。。、
`
をI
りタ
Iリ
タプ
リン
アど
ン顧ど
勺をり
旧親
教閲
征歌
二仙
ぃこい発親ぃして拓
沢=
武リーレひ。か’、 マンプレトのター’ず
レ。︰
ンの力占/ンt’フー谷ュ苓とぃ
−、
20×20
B4
‘N
︲
こ れリロータぃノアンとして、非漸甲に
ワリ碩ボリうqぃ互ぐあふど旅てしユレ
ふ のむIぐ/リアンのカÅソン9
ぃヽフルノを私ワりノにず剔しフ々Jずど 拓9ら
ワ
`一 ク
r
!
く力占/ンゼラーの発よジガ、ロータロ/フンとし
生
ド
J:
粂
マ
茫
ヽ
TgF
|
%‘孚ど
一
コクヨ
|
て諦うぃ汀ヤヘ六どしての泳者ミト誰どべ、龍ヽつ
良
|
骨ヤ腿フダイドに言っ良発し陽に分六ずスS14 9で
・----一一
一i4
今
リ゛か陽゛゛フことイー寸。ヤぷ夕波▽うのヽ安
ず
-
一 レ
1
弟
4
薯
千
叉]
IJ
ヤ
責
吋ミI
%4
j。一哨1−j
牛方Y芦崎
0
乙.
万々卑
︲ q
j宣フよぃち
Jy4 yNxz4
≒コ’ つ r
斜必/yf’1Σ
ツーッ刀
P
写才づ作女バリ 乙つ・刎ふ㈲罫ず︶悩牢
/むー回し浙ら号班士 しぐrいつ賜好ひ刄ぷ
ご乙ヽぃス﹁rぃ均/ヤい幻らリツーyj守いI/ぃ
子4すぐ万年長身4声元素ぃ察 加害匪白白
11
︵yてよ/口/かIごー`心ヽ万∴径’七で即よこムハ ゜りつ
づ砂ヅけ鉛・ケ号Iゴ防万考ヌでぃね当謳ムy4]&
lr︲︱︲︲11− −−︲−L︲︱l11−・−−・︲j ︲︲−・︲−︲︲︲︲︲−︲︲︲︱︱。︲
−−。
J
−−
︲
−。
︲
−−−
−−︲
−−︲
︱。−
︲
J−
︲
−−
︲
−−−
−−︲
−−−
−
−−
︲
−︱
︲
−﹃
︱
−﹃﹃
−¶︲
。−−
︲
−−
¶
−−
・
−−−
’l−
l−−
−−−
−
I−
−
−・
−
。−’
。−︲
− −i︲︲︲︲I−−・
し
恥54f
a5
4
目ご印’Qr4 y
へ’
ら
一″
|
I
I
L
郊ビ為じーし合。
新旧の光生のみ無しの
古ダ争茫むがのズ憤ドG万刺フスぃ5じ
ン刄∇宵を丁3よぃノ右
郷家ド・亨宍玖剌にぃをしましか。ヒー夕日ノア
ロータリアン4ぼんとうつ`瀕剛で、秀訟y長の
千万 岑年叫私ダキ肌居で古准でむりず萍浙
==●¶
5 Mしよに。 丁”
にズプズケ・乙如
クヨ
|
1アクトの斗ざひ万作、ヰルエ片舷しやヱノ湛か
の。︲マ丁。 「攻 ″に 妬ノ 以
乃zd年率よ管二て い]3・ど県
首イー’
j
-一一
玄ぃフr
x/
fl&9ずずが、子年の手弦を万俵
ジ
手供なら亙右
兪
どこ却励剃功でて、万しr万ドしコロふとぃヽフガ
とても尚を衡フて貢してぃ3どぃう参ピガレ
Jしむ。合作朗に弱く弓。に万護に万万岑い
Jう’ト更更ソーレ≒ レ仁ずって 不肖李箆
嶮しqフて避に月旦大湊乙ことり、孚浙右今
ダィシターアクトの察知と作シ晰菜も頂≒匪こ
ぃふ廠 Iで薗すり人夏ト レータクアンど邨
秘J
コドュュTIシ37です≒ 罫・尚玄遣ロマ約言
回
、
1
狽澗︰散渥︰
︱IIr︱IiIIIII・IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIL−−−1−−−−−−−r﹃♂ −−−−−−−−−−−−−−−IF−−sLI−︱−−−−−−−︱−︱Ilj−−−−−
−︱ 。 。−。−。−−’1 :’゜’︲゜’︲︲︲︲︲︲︲
考仁
X20
20
B4
≠
■■■■■−・−−・
EぶC
j
;Mr¥ S 3y¥ o17=C
併有瀋
スしずrっリ61
II√ぃ了な I乙ノJy≒渫
54︵ ̄刄ぃい亙スこ
采
44
¥ 4 jED 入声jlr押印ぃ
−︲−−E﹄j
←I
1
|
rム万旧号字有心望茎かス向罪りザ館ヽら9芳
j l rT/q い
ダヌこ乙よヌ薗Y必?す ヽ駄荼 ヽ万万抑4
マ辞腫ら面ブ75
匹謳ぃ喀 して皐八賜ぃっ冰¥ n勝 。︶4 n 4E
白玄/ず`ズヘ犬ぶ止jぶくyい箭よそ尽匹を甲乙
ヌぐFひ謳 `貼丁訂尽ひ示よこがひÅ/ピ乙ぴ
割¥¥j
ぐ
/
J 4 J
|
た。
とこうが
4‘
Q’W %t貢鎧囲秀へ常夜
に柁くと前レて東京に遣ざにいフか夕ず5マ
ず旋削で4非七夕に困ってしーい、グり僕
F2M5
MJ4P y¥WX‘9%¥
ヤータリノーかヽウマず疸念願3の弓庇緋口ノとぃヽフ
事象シ乙湘い
の謔で次回、 雁本唐ツ躾頂會佩丁計し 回 ご ど ・Eび
冷’ス、ダ尚水洗言言ず利枝G 2 ︲ y2N︲ 2愕
万吝疼蕗ス片斗ら礼qい我見ど卵ロノまし合。こ
くくリリ、塵STむ巌滅レひの了才ノノ、メーク困に
B4 20X20
XI
マ
クレマ、インクーアクトフて旱展内ず頑脂しに
汐
・ミー一一・−一一
■ ■■■■㎜㎜ ■ ㎜ ■ ■ ■ ㎜ ㎜
斗叫
a!
c rヽc5`八心J`こ・ドyR=-`゜(`〉ヽレ ノ・吠ヽ色糸SL(゛Jヽyゆ・
一
r‘
■■■■■■■■㎜㎜
一一一一
与ふデム=│八庸.4\為良酒ふ柵ヽら与蕎\,い・j
1;:「
た1・
加瀬尚尚綸巾)少九醤ふド(今参席七)鮒(午
レニレレふ犬上屈今・レ浩ヅ毎しY4==りりト・糾昧宰
ぺ八泳几Qよ'八八二回7=r`くレロふェJ八戸き遡』4
以:岫噸燧ヽ函台やくふ妙白八元々)ハ鳶癩3ぃ 。詞
池砥・八八レよき亙ふyJ緬φ泳鴫-パヽ勺 く\糸・舛ど
べ統`jj 。゛゛ひヽJお呻べ`Sべμ3ふμ£ド パフ`J4べ
λ
よ汗改琳才分倆・半晰叫淋丿痢沁 メ(岑戸yx
︱︱IIIII
□辿山
ス考りど4、光圧1叫ュしひど拓ク、九回題
、亦のインターアクト乖て回二長の見世の吏yj中
元ワ 尹突今うィンターアクトククデズ、鮒
似に追ぃ込よ疾昏一っの孝則ず寸。
坂本白濁寸尺ヽc︶ 斤に今宍二五良之
召り瓦錨レ汀、ィンマーフフトに片平3ジー
il’︲−︲−︲
ずぃフもI甲にし函乙けてありますこど膳
|
B4
タロ/フンの剣巡回犀ぃとぃりニ ュフンス。て嘔
次
‥
大
大
ふ
こ開き ぃ但 しまレに。弗、 ’刄ヘタイ`之 ターフクト9大
ム。i i
子
クト
拾遺
−−
アンど翁白散陥入そしてィンターア
Lj7yr4 J
ぼ
‥
|
S
y︵9
帚、ヽ‘り’ニすダー徐ど弓フペ多彩﹂を
し9ずればほう弓ぃと
コクヨ
|
ツータリアン乙爺一利教師、Tq
一
リ
ひ肺ド溥
レ
に
背T
ん予尺人が万万青ケ呉ぐビう融八函フベぃく
べ
タ
フ
フ
i・・
のか、M 9映れあこ弗首がアに匹詞可どころず
…
の
函うとJ刀ぃーて。入水ダ犬人として琢ろ孝二つ
/
とヽごう右あかしくらフフきますノ。
j
く
うぃう勁銘レバ几
つ く
yl
邨
1
へ
。ゝ
のびI に つ ぃ ては一い
あぃ
・==-一一一一一一・
ヒ
ひ
`ゝ
。/
れ
4
コ
にCXに︷︸
一一一
〃≒
9
。
斗
糾
T`s
¥
吠│惣已奇`yド’`く`yjJ,騨り檻べヽj
㎜■■㎜㎜㎜㎜■㎜㎜㎜■㎜■
・ ・■
・ ■ -■= ■
・ -㎜
- =■
- =■
= ・㎜
・ =■-・■
=・・・■
・ ・■
・ ・■
= =・=・・・・・= - = ・ ・ ・ - = - ■ ■ - ・ = - = = ・ = - = - ㎜ = ・ ・ = ・ - = - ・ = J ■ ㎜ ■ ㎜ ㎜ ㎜ ㎜ ㎜ ㎜ - ㎜ ㎜ = = = ㎜ ㎜ ・ -・ J- I■I = =■・ ・= -= ・= ・- ・= ・= -= ・= =- =・ ・ ・ = = ・ ・ = = ・ ・
か物レペ白齢り削袖. ̄≠鯵刺(ヘギ牛剛ぐ
恚 ■・---・=-==・=■-■・■-=■-・=・=・・・・-・・・・・・・■・-・・・-・---・---・・・・・
1 …… j
ぷぺ隔洗Qφ;\・強つこ泌7,ヽ(び引り・Q・・
ヤフ芦.゛冊y
7微笑葱からμき哉 。心から今ヽSJヅぬャ
。半Lいこきい4冲涛ヴり励池碑私・含晋
匯
゛j s
ぐペー、心巾゛ヽ私 四慨.函s肺㈲`Mレ.、y7レき
以
侍 .風斗べヽニにか7レ)萍・ベランダ]m皆)2ン
ハ レ与・乙ぶレこに七し9ヽ・に͡い(7Tにハ慨諦泡良知7
池7べき概数、与!:・ニいこ(ぺ3
....... ..‥.‥ ‥ f ’・
・’・・”I’・ ’・
4ぶふ .ヽヽヽ3・存后.為、Sレざレぷ仁心Jド:.-、1(諭≒莞璋酒励
に
一一一一一一一一
−−−−i−
. ││
|
’口び之ご ど
いハい ーすノ。
ム
涙万水、ヽでつしか廣昿`弁う考、ツータリー万
し昭ヴ孔。弓Gう弓い﹂乞いヽフ参ノ乏よく襄︲にし
﹃貢ヤノ斗口ぃク瀧﹄ス八万貪づしフかづ
ご飢ほ首の貴社贈yどいクルノヤ、イ浙どとも
非行列凛示仁ぃへん玲く.りフペきマぃうぶ几
万れがう背丿女リー万万、ゴ豪丸菅右ご行司
ド、NJ=44氷ぞdjぃがど日
芳ぃ人口膏ケ秀癩嶺ぎ岨柏レフぃ
|
斯首性麿庶辿亦ずみうこ分じーす犬
コクヨ
レこ
……宍癩傾(そ5EI鴛ぽ.’J!・ 今回瓦聊yづ)
侑丿悩吻ドこ氏に状ム¥きベペsJ栄これ鰍ヽ` レり
・j E吋蛙粗々いい配rヽ畔田畑≒/’`1
ぎy-へQヽ−ト々ヽ、一一抑9sヽ剛鰍sか万吋y″ ハ
ぢ)=y扮毎回
J¥いく吟叉レ・ヽ口戴sりS.ャヽ` yC九大を″こ磋S`¥ドi
yy μやyx奪万端→j?4、仙y’ャJ( 七ヽ匂
C吟案畔一♭一Qヽヽ‘=ヽ一匹4、yパこくぞy4=ヽり
ド tうヽゴ蛎炉`分‘ 淀緬tS`句バ;K`ヽ=;i`いi
︵︶gxOZ 141
Gヽ妓4j2いヽJダ タ景右ご肖プ'
畔辱気当コ哺心いy= ・.
y2叫旬冠y
\N。。⋮⋮
”s 。l
1
□ぐし
一
葛四`く
7; 羊 レ7ヽ嶮1恥ふ今治ぺヽ=池J加之
・考琉今き硝庖
冷戦か.M声Q‘・ヽ心Jこ
rく佩詣\i ̄7-勺循j−`心xj
゛レφ井’喊乙・φ゛阿(。上片偏夕な戸乙 スマドピ年子
゛
べ`ニぐぬTで3孝治 ヌレ=(`に`(Jls
4゛ヽ‘
こい4り゛忿旨jレv
戻・み・r\μ(ヽ゛s`yド浅ャベヽこ々−q3諏>吋
s萍¥ぶヽ3
1 1 1
rかベニ4
14<為 ∠与。77`ド民哨¥(弛サ悟
に
き心・μ一心ヽsぃJn祷3畑今礁・呂こり々
底濁&兎`ヽjjべ匹3
eヽ1‘ V
I
ヅj燕4ぶぺy .e蔵、3ぃ’=、j
昨
尚
。コベ
7-;、レペーりこ=xjよこドs4ブこ-1、にq7几怒濤ヽ9今笥
,S゛
ひ
7;
き`岑`やい=9-
ぐy
イ ン か/ I フ フ にI
ゆIターフクト
ずこ暑ん、てぃひダきひぃへん`効果的でしひ。
↓ズ に
ロータ9アン二I言にJう洛憚や双のす掃S
謝しべ物リゴす一二ダ、々の倚に、ィンターア
トからゴミ箱乏鉄ぽ塵し但 ぃ ので り Iダロノーブヽ
秀ヽ応マ諏しいとの参学ず今ぃノ、蔭犬榎tレー
リーめ頂講にJリ作ぺし、もう報唐ぃμしー
了 ろ/ト
yが参ヤレ
ア
イ ン 々/ ︱
瀬雨氷岬の付傾浦犀7おリ
︲−−−︲
b・Iターアクトー釜非フく
B4 20×20
しひ。ごヽフレa寺侍5どげば気勢のロークリ
yZ
.………
□当山
白 I 7
Lμ沙
4ニ4 y F¥ j・
・ ̄ = 酒仙・:り9`←ドレフ
ぐ D
|
・・==・-j・・-・
r
−一一
ど
e、 一 ’.
!i
J’\s r 対 ’仁・
7・孝嘸滴j=`気味`j‘べ一T4x
4
こ4 7‘べ・
S4 J4涙淳与jヽ・Jヽ・4
刃今〉tっこ海ヂ
七言ト考 。)・知加`竹召卜=(々ヽy l
cヽくり9ヽレj
ぬ・cヽ・い=こトー4吠9卑屈6ニレJ=sぷここR碗
フ ベ
.ヽに3
t i
フ ̄`々ぺj-=`鴫 y ゛` .a‘iか 。j`jJ 91
訟陥▽=4瞬、姚巾͡j r(気.ぺ茜デ判xぃ
J
4ヽこ㈲J八尚早粂
一 八
勁7知之j=ドん寺い’‘こい吊迦必痛ヽ皐侑‥倆…‥づ`゛
ベ ー 茸
ざ り r 埓
︷
︸
モ
ブ
﹂
硝
︷
ノ
↓
一 ゛
一 ・
一 ゛ ″
7
万いJ万。介はこべヽワの謬和を軟首Tにすでる
綺判で万戸ヽワ、次割t︲引さ淮て心僕瞎す囲全j
ろまで4引←︶禁き勤め弓才囲、蝸て権ヅぷ和り藻
宇︲ 2.¥
イ "\ ¥ ︲︲ ア クト ど `ロ ー タ リ ー ほ い フ
し J に 打歩 を万う治二煮 ぃ マ めよノま才ノノ、 礼 ほ
永函
只
じ
乙ご かどフいい感激
−−− −−・−−− −−−−−−−−−−−−−ljlL−−j−−−−−−−−−−−IIIIIIIIII・IIIII II︲%
︲−
I
︲−I
−︲♂
’︲−
♂
−−
−−
︱ − −−−−−−1−−−﹃−−IIIIII
一
原
ご れ乞1のままめ秀才で畔奴して い フ し J に
●
凛フて島リーす≒
爺7拓︵
B4 20X20
化にとフてアクスど県雨硯ま万。現万洽塔の
/y
|
-
ズきう則測バ廻く頂港tlベマしまぃま寸丁
り1夕日ノー。尹
巻万考い
イン々/Iアクトの柔和をヽ汀う七万≒て、宝回肺し写
のです。し訃考一耳の顧萌ず才乙、丸円かう
37 り ー守 “ /41 e‘s又’レ マ芹 ひ ぃ へ ん 旧教
㈲角に砂て農二戸首ぶり、心内’ト
ま し昏ベハ、Jうし ゛こてしぶ うノダ
P I- "一│ 一
1
じ
%
E
6
一s
で
言
︲
古
池
r 。 一%
s
イ ン
QQ 。︲。
N sNE4sMすこ
麿めニ’斗やこyy斗ヤフペ非しいどぃう乙ども、
グうしひ畢斤几てぞうJうに狸乖ダイき写いど
ば
゛う育子ずあフマでづき右MI
\xx 二
コクヨ
茄
脂
趙1
X
゛`J-VX`一゛、−ト々、・ふφSにt却¶こ躬ぞ?」り
エド’豚弧:2さ’砺く廓分り゛今宵叫C`ヽヽ/tgハハヽ1
篆喩砿y5い弧乙My ・一心弛一‥・5Jlj、Mry/
いガヨG今回vい瓊滝)一一むらj・額碗fいくyT
辰「こ4く哲いりゆh心l.さ4eヽいやけこ/や・2`
蜀
゛‘い、£1
\/ /’>ヽJ; 巳J S `2 J I哨蝉
U’ 二______------‥-…………………-………---------………--一一………
..
‥ ………………………………jモl│
訟㈲レ尚1……ナ\ヤ
・j
jヅ.‥ヽy芦上岬ドレT賢察ノ・‥ヽ
でヽ蔵プ dsヽ屈まrヽ,叉1い蓑研一こ,心/こ恰,ぺy
蝸
収
xに妓乙勺什
背
ご︷
信行︵堡帯帛K上こ︶
−−−
令外∴祁向て外面
呼ィンターアク’トぃぎ受ソ入・れ、二回大昔で爪
Iムステ・4乏打いJレヘ yの押果、非ポヂド
評判ダ亥こと7も才んずく蔵たJヽフ才了。こ
うしらト蜜ハ樗き窓七て、与こ刄dインタフマクト
S M し
︷︸一& ]
r・ 一︲︲︲
⊃クコ
-
蚤什回に戻音し、また丈!汁4受ず人みる、
フ
ぐ
う
ダ
フ
こ ヽつ し て 鳥毛゛のJ心俸乏朧めうござリビヽう
ゐ﹁ ツ
岨
ず
S‘i“│
勤芦ど日々ぃーす≒
月
`i
W″
|
ぶ︰ j ブ
仁 勺に
s g5
が
でに則翁乞絡こ埋レ
”’5
ぴ と /` y゛ 日ノ つ
o u:’‘‘ ’D Q 4 ’jx y ro脆才ヱ才に、ご
Jす/、イr\ S;X ︲アクトの所柄ぱ測
引
B4
%│....................... .... z.........︳.......
ノーターアクトずー画まぃノ伺幄ドリ、りqぃごど宍
この互汀、ぐ白やともじ詣こでレ臼渋翻‘2 v9
淑け非漱甲・に亨す7則冊ずあうラど京ぃJ犬
リJし斤Jうに、晏9の人前や参考の副題1
恚鍔、二八ロ池遥ぺ凄巡丿ん君ヽっご壇楠め
恭 い JI/. 一
れヽワの則題にフぃベブ稽七碍念い合ド考ヽ鳶ぃユ
丁 ︱
4
|
|
・●・・・I・ ・・ - ・ ・ ・ ・
︲︲︲︲︲ ︲−︱︱︱︲︲−−︲−−︲︲︲ ︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲− ︲︲︲︲︲︲−︲︲︲︱= ︲︲︲︲⋮⋮︲︲−L︲︲︲
−−−−
一
口腔フフ嘉ご首芒を他にしq囲う庁粘レフく
人柄の玄い人々優にヤ々さつぃ囲一片劈平首
当に不語ヽ竟7時刻丁子ヘマ、ごつ隨額ドー、
|
る万心・ド雨ふ賎54うリ人ら今に
U FX/sg cytt5 ず し J `フ戸。
皮d騏延性の I顛ず、奇岩ふケリゼん瀕ヽっ
五ヽ太巻’佐々呑べ考︶びとのブ才見令弟.ターレ
︶し て
仁が、五、六亙こりじ宍才丁巻↓崖とも慧や君、ず
9’ 4 ’541 ‘4D&fc4j岬こ
面々写則題]年貢え了知り凛才。
一 ︰洵。x
無力忍
宍戸、・いー
コクヨ
|
肺
岨
唇
ぶ
皿』■-
ゐっし々ヽうれひ互に厄函館ド、不当り落万づ
マr悍し、不為にさか7ぃ争征の申困他行
子供か珍が漕えていろとぃク現巣屈伸釣
耀
く
レ
1文人djく白分れ万のM J 。f9謬
や口ノまぜん。でしうめ心ひずび
︲Iリフ フ い り い の/、て
いとぃヽフダ、 私乙乃ほすド五才、践
心
よ
でー俗ぃで才卸
ニ Tへ代乞参フざ マ い r9 9’y
心がらり
︲I−1︲︲︲︲︲︲︱・i・︲︲︲︲︲︲︲︲111︲=︲︲︲=・⋮⋮︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲︲⋮⋮・︲︲⋮−︱・‘1・−︲⋮⋮⋮11 ︲︲︲︲︱・−−−︲︲︲︲︲l’1︲︲︲︲
諦びらじヤ
’ 44
し
4
ー
B4 20×20
の
られマヽぃ5よヽフに伺ふ雨礁玉串汀ノずy 9
八
n ¥5
t
運
べ
4
が
4
晟
応
↑
う
て
↑
六
ノぐ
子
r;
沢
の
り
い
1乙
榛
でご
所
rこ
ほ
!
−−−
一
ずが々の雪片ら樗篠的に、jうし吋倚﹂桟つ心痢
どu妬佩まじリペ゛内含才囲、yうしら雀参拝
|
すしフ岬ふめ兪でずしのうーうじ方ぃー九
すケ斗で汽ブつ囲jJ。に行ぞるとぃう
てdふつリJぞん囲、ぎうしひ菟にす肺恬
ほ l
一 ″
l7’ s 5j
もこ伺T員でIク秀之マ知りノJ
万ぶリリ、J仁ダに応刹才5ツ。ノレペい勣ヅ
4
︲
ア
F −
l l一
l 一-
ヤ斥/遊士賠萌レマい3贈どいうごとを
□
と め
了峨y!’13’fy
宝
コクヨ
2ド 壮 デ
レ レ レ レ ○ レ ー レ ー ー L □ づ O 0 1 ⋮三
⋮⋮⋮⋮⋮1 1一︲”︲Iレレレ﹂﹂.十一﹂−` 1’
ぃちに⋮夕子を汐影零守宮玄p繕S R y Q・ /x
.JI
. .
吋1
7塵﹂僻づ`妙工Q声しごy心ひÅ 憚皐rぃヴ同ス
= ミ ⊥
×OZ
服;
1
くE `に㈲岸図瞳ヌくム/ぃぶI酒 `らヽ扉坤4
’漸声Lぃしリブ卦一6スー戸y’y
︲qw&謳浙9jyl曝レ乙凶y毎フ午よ `ヅ
︲7’
4‘N  ̄NQ
4 ]F︷⑤Jクぜ声淮匹排J 4 X C f zくふ/s %
?習淮即瞳七むIヌ顎匯土谷刄い爆6jJ狸
y砂才ypヌてン浬y宍個応答迩6r `刄季三
`百万 グ `L lr φ 謳 ぷ謳Q︵ 9 9y︵謬/ツズ y y
曼ずふ/ぃ好ス曼ふ1乙吋必今よよ言謳49で
どタ
□当山
’l o`、り、cy晦泌
r`%
プベにこりこ͡レ7
・峰餓死
7 -g 、
ヽ:・J、y汽
。・こ映嶼。ニド心バーい4倆vゆ宍=・
り
y
j
’二でご偏\ニ(ふ
ヽヽx→マー
う心風無聊レ゜心無‥ケ・ニレ芦レぶ草=洩漂遍ヽs
こj
息 与にいi漂婢Ξ散
。
痢μこ\
|
㎜㎜■㎜■■㎜■■■■■㎜■㎜■㎜■㎜㎜■㎜㎜㎜■㎜■■㎜■㎜㎜㎜㎜■㎜㎜㎜■■■■■■■㎜■■■㎜■㎜■ ■■■■㎜■■■■㎜■㎜㎜㎜■■㎜㎜㎜■㎜㎜㎜■■■㎜㎜㎜㎜㎜㎜㎜㎜■■ ■■ ■■㎜㎜㎜㎜■㎜■㎜㎜■㎜㎜㎜■㎜㎜㎜■ ■・・ ・・=・======・=====・=・・・・・=・J・・■・㎜■■■--I㎜======-=-===・=-=・=-・===・-・
¥心べ:
が・無作戸口
y
s
-
齢
・ ==・・=・-・・=-・・・・
7
大
1
・
柵ド脊し
し騰
■ ■■■㎜㎜㎜■■㎜㎜㎜㎜
■■㎜■■㎜ ■㎜■■■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■■■ ■■■㎜■■■ ■ ㎜㎜㎜㎜■■㎜■ ・a ・・㎜J-■㎜・J■
臨葱べこj
7;
 ̄`包y`)‘`: ̄7 ̄`き(司 ̄`゛`ΛJ= ̄゛゛ .S’岬
痢八 改3マ\むペー`こレ\Jふ
言みぃ4…….べふヽ44ヽヽこ忌√べ∧右ニタJ
j 4 ごぺよ妬
、xに゜必ふぐ倆きレ疾偽琳、sぺき巧ヽ)ヽj・=いヽべ略
ヽこyoと迦`きyLン火防ぺyぴ?゛jlLタい`外廓sl躊森s啄
。斗94
。っI て
JJでjJずまり旧鏝にフぃマ閲
ずいJしか。弁、顧 Iの畳す言かう
l
l
l
万口フ妬柔3の君側賓乞レたごとがめりノー万
万、ぞ岸甲子やJ寸ヒー洋ふこUとんどの目に
i
才心。乙より、犬好手のヽ万几ぺ七 ー叩の昂ヂ琥のごぼ乙訓
自若 先デ曼ダ鵬ずぃスノ゛う変︲つ5ことで
ぜドと旧七ぃ迂万。
4痢にフぃコぃ予ぃうご墟必弄いにドぼ/れ。ぼ
遡皮衣ボブ
11
享にガフフぃうJうずすノ。子才尹ヽッ、インタ
〉く20
20
B4
パ
■㎜■■=㎜−=■
アクトのメンパ・I
flIdIIIj−−
すぜんが、レガレ、副フん了つ 漸レぃ藻才才で池才
’ y 5 M ¥威k
5
‘1
¥’
レ 石ヽシ
4’次に穿︿
ス
し J
μ 1
勁つ
に
︲︲︲’・︲︲︲−︲−−−−−−−−
フ
らら贈がへ片片レペぃ
お乗り令ほ右
sx1
4’
る宍戸廓.かがy] ︶j ぃクヽ‘どdめ各々もレ浙
岑叉尚M&‘L=&M;
一
掴‘声氷戈フかど芒に、イーンダーフクト晏口加聯瀧
の’¥¥sFgQ Dt6y
窟昂へを函ヽツガジのフくフコ知ぃフ、万の毒
の二八ず
コクヨ
い
●●
M 2︶J 9’賀5 /j Qk4しl i薦まこでん の勺てへ D 置引
ー
つ
フ
’ フ
・ 一
ク
白
3
フ
ど
l
/ミッに俘峨濯官゛ 乙旧抑 ゛j才。
グ砥かヽり、小子リーんり五、六斗希っ亡有
声才ぃ乙ぃク水足ですが几 小海ノ川づんd片手
乞aし荊五年君靭しのμJう写方ず才ノ戸ら佃。
しやフ合ごどドううと出いぃ弐寸。
刄も五耳忙汀やし但言ダJぃJうq蔵jし
ます≒ 貪吏、タtyざ厄と二七三ぶ居り九州
九州ず義和
のクク
−− −−−%i1I﹃1−−−−−−−︱−i−−−−・−I・Iくil−−−−−IIII∼♂−−−−−・−−− − − −− −j−−−−−−
。
ざβずざひ り溥
20
ニフ答辞’でJ万と六丁ぞク/ラブあノベ、兪で
岬了千。
フ
20X
B4
ぞ九州 jィンターアクトクこフデり暫し芦一斎原
が
仏谷
-
ぴぃへん叢‘回目亦
川ざん右vマ岬一
京聯ド玄゛ず足済目です。希、万考以
非缶ご琳パq方ダぃス 千す
入了子がヽ仁ぐ1んのクーフぃフダず海七ヽ゛てれこ
所同うーくぃフス勁りーレひ。とごうず、り’ヽの
111FilIIII
ごI唐目にできaノ’フブノ戸
て
フり圈に尹ドんダん’教
フフ漏り非が叩ドヽフJく ぃフフ勤フに フキリず
知
い
庶ぞば申・孝宋薗ごじっ名です
フi
FI!
拓 oノ考。’﹂ し a し こ ゐノ、
しJ φ
コクヨ
組
つ
フ
=−a−−−−・
い
1
ゝ
1
‥
ai−一一一一
㎜㎜〃㎜㎜㎜
リま千。戸、’¥1:i 9 1!:つ割礼4√フに写・フベレ
=一一=一一一一
フ
1
yこ昏乞圀々ぃまブ。9の/クLフ
ごり次回を亭じqっマ考∵七フ々まずと
u︵kl入4≒jガフ似ご
ブず丁凄年で芳ぃよyす犬赤痢控の人げかタ乞
切穴必ダレゴ勁リ、俎径の半生汀七の貴
叱エイ レれレ。 ュ凩ず`フ弐︶く S &︶jFrフ憚ヽその7の
でず擲、旅暑丿妬くつぷ遊4う口リ。a9で
|
|
片刈、一口も’一口も、乖了回心
|
20
千¥¥ずヽ複双、ククデ門ず暑ぞy牛ぜ字の人
-・●-
B4
ノヂ
7
/啼
感孚s回長にレまレらいとごλノ、4の遡憚り七の
∂
忍ム弁でにりIドレびし、示和司ラず心土九
し J゛し 八レ
-
汐
毒
−−−−−−−
湘仔のモ・すの人廟どぃクJリミぞ
Iションの心ら硝子藍匈っ合面ずづ爆。
貴君、ロータ’リフンば、ごqくどもJいと
ヽフJうリ拓錨レ。戸ふづりすし合ノ、﹁yλも
ユ x.`。` ユ ュ ぞノ
コクヨ
1
Iり
差
ISIIIIII I
奇才どヽフすく7 //7 s 1\ F︲ シ J ンフ きス″ぶミフ
・=- = - = J ・ ・ I
俗言囲坦当Σレてぃフスぃかび0︲ノ浙万万 める
切・水玉
メJ`
1
背皮ヽ1ぃ言副ビレ向かヽフのでd7ぃ岸どぃう頌
y 9
支
もいひしま才≒
vl
て
とに牡ぐ、謝辞ダげ几ぺわかリダμノどずふ
び一千了d≒作
除
F l一
l l一 -
煮りy
メrヽλノ レ
列座
7&’CX
ん。
リ
人剤岡原
9
い 乙、 q
とけ大姉
四日
ぐJ イ゛ い ま゛し ゛に≒
運庶子1ず汀利今そ敗将イ
ぃざずぞ
ひ聯谷で聚
zF‘¥5 \/
4 7 ﹁
哨 a
lのてす
と ふノ
’J し Jに。
しず才。
どう`そあり几戸
面言先生の狗銘し
い ぐ
SgWr
B4 20×20
き
しま才几
良
1.・
レ
ご
す
て
い
ぞ
レ
万頃
rl?
:ソ
μ
て
d
r
ど
写
青ム
で`
尹
tl
鴻T
ざ
奇あ撒水お聯ぃ
ク/
’
914 ¥
ヱ ″nノ
U t峨ぞ
C;4 4J t。‘殷ぞ畷のが瓦
かヤもり急ぎの中入贈ヽっどぃノあyゲマ、ギバす
4114蔭
r含
Qみ亥レy
考のずd。プ丁 ぃすぞ ん SJr
り囲贈ぶ尋しかク、才学I享七白り下5性格の
しあごロッタレ鳶Jう/以、 ご こ尹亦ぱ
-
£もプ祁徴い仁ドぃて蜜ハ膀して ぃひドくらぃ
191ヅJ9レかく与ぐの星斗八万、
の右つ子て≒ 星才贈ヽウ、刄丿蚤二勁ご呑とぃう
揚子の貳!‘¥t
“11“
1““ “““1
1 1 “1“I
sJs
s∼
∼J
ssJaal
研]フマ
’○
コク三ョ
♂ jd♂r I I■ 1
ロノを
ま
111 ““1
11
““ 11
1
圈
い
ニぞ九頌レ侈土インタ︸︱アクトど
い
かし 0。ぃど
--------
-一一
F!
ゾケy人とし﹂マμ銘レ
惑
□
市
宮内 し<yれ
浙溥寮島ざん囲μ・しやい乖し昏ヽ琴斗と
いIタロノー作戻りギダヮデ、ヰ向苔床吉のあ
傑しで万ど、ぞ秀才七やーと贈号・別言癩者j
腸顧ぼふ概言Tフどぃうごどずしひ囲、 ふ のぶハ
ぜ峨があごソーぜんりで、偏ば
ー︲︲ −︱︲
こどにリフフいーすヘサ、インター
IIIIIIIIIII
y
20
晋ず。ソーターアクトの方略ご万巻
│ユ
20×
4
yッデダインダーフクトり尽和司yフめ律外
ア
、りJ々/り/1之フ渥r ¥i5︺漕lt¥Qly
4x’¥]5
→5
jl
I
’ムsが
廊評ごー。べぃ3ぶtj、みツめーい孚y!¥︺& %
9
ク ト
豪
J’フに
`い
り
の
ヽフ ド絹々 い
五
□七山
Cヽく
ケ
必ヽ、3`
祠
・ - ● f S S●
-一
- ・一
● ミ ・一- -・ -・ -』- .- - ・- 』
- -・-・…
・ ・…. -" -y -- -゛- 7- 7- ?- 一
- -一
-………………
・ .- - - …
・‥
…・…
・ .- ・- - ・- ・- - ・- ・- ・- ・- ・- ・- j- ・- ・- "- ・- ・- ・- ・…・… … … ●
… ・…・ …
・・・'.“J=I°j・・jaj'●
源ワ嫡
ぐ
ノ
ニ
7
ぶ
r`
4
感
7?
・・・ ・
9
4
X鴎ノ乙
j5 }う .ぶ=い
‘7
・ ・ I l j - = . 一 一 . I I ・ ・ t j . d 』 ・ . . ・ . ・ 』 . ・・・・一
. ・一
...j・・・・..』、・・・j・I・.・.皿...・...91●I-・・.●』IIIQ●・・i-・・・││・・一一-。j.・・一一も・-・Sjl●●●'●j-‥』-・・-dLlk・.'j・・-・・I●●
4;
μ
a%−S¶
`畑゛一以3 ̄r心ぺ ̄`゛`\(サ77冷‘5H″只 詣勁ヽ
一一
そ・4万年晦レ.参・J:ヤシゾ淋声リい恥y包
ザ福を2ベト≒べ{争ゾ海八糾−ぺよ`゛丁刄\ykニぶ・
席7に&肺 。W?倆奇一心7豆蔵ベ:)ヶおりヽJ寺ノハヽリ?
H 74゛ニ4
。穴`7ぺ(`ぐりぐyて。ざ`j`J加代丑:X:むS
統心心一べ`ヽ’低`〉`い心奥4 。ぷレぴ琳s
、S
弓
)==ドコヽ:フ庶焉scヽに八八無=印筝降一`ヽドンj`凧
ド晨レぶΛ物らこ①しよへ吟吊逼特い痢:妬
ぺ ヽsりべ丞こぺ4岸こ肺胞勢ぶ9=l
7
ら
肺壽べぷド抄
﹂ J
¥’4yt UI‘︲9“ 6 y’2 p”︵1︵g、ご串才rにぃ乃い
’クめ則肩こ泰几てズくろどぃう乙ど。Vy yq¥¥
仮に詔円に蜜こんて励ましても、訟
弁日ド剖フペ聡り1寸。
た に し
胡ノ 、て
軒u︲¥sx︲3ntny
2 U6 9J j ︲タいノー
の犀眠一言訃ダうソど字八るこどになり、同い2乙
にqフてしま゛ます。従って’ /1 e
Qd ’1 フ ぃ
’: W
|
I司、者看者でマゐりましひ/ぽ振ロータり/
︲l11
犬庖丁ロータツー季y回り沙で佗に乞あ5君
ii鴫
B4 20×20
Iタ9/9貧て戻4誉こん3肋ヅロ4ぃざまでん
アy
'4 c万釜糾≒押い八
ふ栄福7い7nS÷鴇7俯心
≒
7; (゛((j ゛Jこ祷謳紆叫帥S41’77`ヽ)J4lj、y(こ
.ヅレ4ソバ吊庖存ダニQこ(ぺ=ぷり、J{4 べ屏・4
j
゛‘‘帥s= ̄7一\卜ぺ十`心Xレ゛頷4
ざfrヽ(/、ヽ。乃rnゴ
|
−■■㎜■■■・j・㎜・■■■■■・
倆やべ、44・気ぶヤ /降
lf
J
Sし,6・き
-一一一一一一
11
͡ドヽ」ヨレヽにヽjづき八急
6→万ざ禎77にJJ
1 、斗仙牛邨いx・
s涙剱μ
島゛ド為ド画`畑“謳[
でふ倆S遍ぷx酌ヽぺ乃:ベ辿’、j
ざ=゛`ヽl)▽y`弓゛jsc゛`一万)レ9゛海二¥内通 .=フレヽニ
べ 、J
フヘ、ンー¥、
芦`鍼一手別海ヽSこぐトレードレ\J4レ,゛少存弄袖丿殼
・ヽいニバ『
`ヽこi?、づ !ニ ͡j r芦丿局づレ(゛ぐ い
□辿山
−・−・ふ
万頃ドJりてスムーズド蚤作廊してい
千。
もヽフーフーフラブぞ丁囲、ヰジ爪り皮ヱずぶ
すy平字g陶丿三人、三葺’どぃうごどにリ?jレ
\/ M j ずし
y︲フクト‘晏
化ペヘ ご砥弓ブ呑和司逞うに攻具クーフデ全款
一ずござぃーすかヽワ、ロータリノー約盛七放列し則三
叉レリ゛孫り吋クラブ言行’貫にイきぷや汀し気
%︵ 2ィンターアクトまぶ埃、U︲
吋、圓ご
彦
ロ
l’に﹃レ゛’`’` ”i;
ー
ーーー ︲︲ ︲ ︲ ︲︲︲︲︲︲︲ ︲︲li︲L;!︲︲−−︲︲−︲︲︲−−︲︲︲i︲︲−l︲i︲lj︲−−
タ、ロノ
|
言遮泉にえてトろのノフ万
回 = 20
ク百こ≒同様にして三人で口Iティドレマぃくご宍
と
O w l 。
い回ヌい
o︶︵3、cQ︵’yy
Q9 &’4。X’班
い町医ヌダ
ヌ
て.ぞ簒彭・詰し専
111sJ&I I“
“I
よいツふー/ぃ’ず幻
ゼダッーyにリ爺ず骸予々濯申k °よr
l
’し 4 1 /一一
Q.19//︸し但浪
Lぃしリスこぐぃス頴田翼仁 `yj
=I
p
i
`
42 9‘1
9y 7'堪&S
l
yヽ芦 ¥¥4
。
..i.d
ぃ廿ごu 仰巧J6スぢ五節ツ・沓心ぃフリ.っ冊す弓匪宍
声原句公有iW 4 r’t G‘&防レタ `謳N w57yg
万皐ご/uづL乙雁ぷ
`うわ釦ユスてぐぃ偉ス害獣耳ス灘肛か椚て
jヽ邨jゾリい昶rぶこ\Σ゛3・て乙‘ぃ スーツ善心Y医作ヽ
Eご[
一 yrい
一一一一一一
づヽ・岨珍入り考万フyか乙つ、擲翁のIロータリ〒
ン司石窟ド“どドっ永見囲ィンターアクトの
甲ドめ5乙ぃうごとですし尹、右も∇泉ぜうレ
白頭二痢Tトぶっガフベトヽyヒパ函よノーす≒ りれ吋
イ`之ターアクにIクーフマノのヽ″j犬かヽツ、﹁μI々/リ
︱のみじざん囲萍j乞計レフヽりぃがヽりヽ副誉
リヅに釆スガレくGいぃ乞いク甲し灸罫、一
所額雨るクラブガら函フたごと乞有体してい
才/5︶j
91
41
&マ漱レ
ーーー・II−11−−・il︲︲︲︲︲︲︲︲=︲−1−−−−Lll︲
S J L ︷N51土し ふあ
20×20
B4
j
才。ま芦別の鋼玉d ロータリークーフぃフご戸
・−
y
お小をま
-
JWWW−−=
−︲−︲−
把9
ご λ
の侈
学歌仙丁
cg Q\JF D
フーフイノ と の圈リ ヱ
J]r レ 合’升
イ
化帚タハきふつ9ぶず作。
ヽフ ご
汀勺て
註几㈲でっ貴奎僕加号員ず
Vし い
吋
d
?
ア クト
べ言廊
り/ j
河
一
‥
4
ツ 乙
いー言ノズ、 レ
ぜん
ずノず
フ. M X IJQ ︲45
作か
リアシの甲からま万化首宮座一半
順司
何かとぃ
,1
ロ ー 々/
1
ん←ユ
コクコ
り
ご
/`●
が
り回
但
ン
●●:
a
り
い
リすればり
ず`
い
P ・=’♂ = W
々ぅよ学ダあよ止息ぃJ
り’
収
レ
り`S
ほ
n
Ty
l ゝ
μ
r=
`ど
IJ
r=
し
す
こ
い
|
=ふ
かう了遺行
ん て
い
犀
角
夕
か
り
い
ガレや岳弧ずどぃうふどもーい光こりで、片糸玉
インクJアクト囲い予ぃうめ早を叉秘に祁喬
牛さう人ず遠征零丁函うど囮ヅフつず才。頷ら
囲針孔レマぃう早口灯レマ、一段高尚忙蛋が
らヽ重涵り偶をつフくJ’フに、 `ニ 峨丿希。貨
古ず方ぃとが、ご峨dぶめμ大声玄ぃど戸坤
膜ヽリバー隨んで脂鎖レてく痢3
’爪ダーJレいM ︶4 yQ 5 。フ`乙、肢。F Ss \久発レマく
|
ぷ≒堕
|
cgs ry︶4 ?弗t ﹁/﹂々/Iフクト泰
B4 20×20
s g]M v=9 フ マ
プモソゾ
− ︱雰
■剛
I奇
I1
I倚
﹃右
■、
♂利
鎖
を
吏
了
八
時
q
親
腐
し
り
。
♂
万
しフの圭本性了
j万し、 ご りあに ざ
q
qら不当に刈萱刺今に
ダ.うう戸どすえてあnノ
一
y/、ィミづターアクト泰必抑の人膳の前遅ず
7.てぐ飢うとぃうす椴唇の持て3入念がふぶ
吋
1こ
3J、フに邱片ぃます⊃。ま扱二乗までの心割jん
つ ぃ
ー----・・
のあ鈷レ玉浪制j︶レて謳リましてもヽ回枝宵
ア﹂クトー
鎚
---−・ll
|
もりて司Jヽつに昂考ヽん’に・与ってぃうよ’つに亦じ
ダイ土
一
クヨ
−
jレ’に
ジよ拓
湯/
! ●./ !
. . 一 ︲︲︲
玉
ん
と
i ’・、i
冷
レ乞了/うこ と4ヽ 非か甲uMFs
Mo ︷yy%0い
ーす八 乙甲しま万碩も、真趙命ぜーんから、
九州溥合札甘栗もーンターフフトり雄飛よ几か
ヽず胡いとこうず函’うどぃゝフ訃銘しを永リyjし行
ベヘ 貼のどこうり、合同不一安倍ぃyこう土
’宵が几ハストガバ
ロヤド仁ふ≒
バストがバプーの守ず唐見所一飯レ
ございー万。麿削ほぃうぃうあ’リJ才ダ、か
` V し フ L
″。ひ
9=‘L.r ︵s
|
20×20
フ゛リいどぃ`つこと、譚あリJオ。こどド’刄ど
4
ブ
の比丘にヰ貪斗でも有系り貪菅︰薗イ粛知日
49
4︶9
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-一一
I・
汐
︲︲︲︲︲︲︲︲︲−︱I11j−・︲−︲
に応、イrN ¥︲アクト苓享技に将乃かんずも
づ
て
Åノ し マ
耽
一
ふの了才。ま代言七ヤや壱営門使の喬海狸の李
め
︲j ︲︲−︲︲
− .
1ヽ:
ん言爪首ぃ’の.彭秀じのかわ
るよ
考
々ハー アクト 弓ど
枝十
生涯にや亨ろほずずGぃし、延言ダシーくい
くは下回りいどいフ六探い熔参宮1いえ
=㎜====a・
ヽフ与きの万]荷フマゾヽりっし々 ろ才七μ9J
4
IL
が、j`の一才。大八 イン
享
痩ごてふりぃノヽこ’フい`つノイン
め:
も今年に私刑qい胆
ずつアク.ト乞参席
し;
ず諮ギ矢織万うとリフ諏い玄白を椅フフ拓ら
デ
一一一
声●
¥Aλソレ︸か
クヨ
て
T
向
nノブぐん。今回で叩策ノり之兵庫ど七こかガバナ
ーをかおり冊顧に汀、yうしたすヽんヽで乞y隨
枚’¥y j4m]yv粛3よう口聡願゛しーし乙。
弓ご遊1で画/まリロも羊ゲレフトしフき
庚、っ律一に インターアクトの通言こ作官影
栽、
珍のずけ弓ぃかと゛尽ぃJ万。ごうしか人を石
i44 。9士
’y’ x’2
4x/ 一二人、二I¥
s ’DM︶Q
に、外面のインターアクトり枚妬か乞だぺごて
・
gi
奈
一
20×20
B4
ぃひびくQ
rこ
ダプずす尹ら報ほ瑞剛呆几ぺし化。閲ヽ玖めhノーレ
めふ矛一犬霖ダ画ぶノましフ︲‘'1 。M {2'
嘱
73
、目ノ
ポヘ スDノー/ビンヘフ レ y=tlの
-
でお鈷レし斤ぃど惑ぃ笈き
がくそうしひ浙首ケ県官の方々に、T煮
牛㈲の、収豚乞聚てきマぃかびぃて、yポダう
く7
家畜ふい
咆混む一’¥=4lt︶!=g5 r9、yフのイ
ンターフクートフーフぃ千ど僣触ざぞ浪いど一いヽフこ
の賜に
皮
q
●
石工︰/です。そのぃきでつにつぃフー
TV rこ
片手5プす回ら乞伺応クどぃうこと。ス
=1こ
使篆Jのインター了クトのぞ厠3奇4F%'1
1'│ 十衆=
レし
二⋮⋮が︿礼奏⑤卦と ゛白しよに ハワ
イ﹂に
て
‘ ] ] ] ] 一 一 ] 一 一 一 . 一 一 ﹂ 一 ] .
コクヨ
し
疫
{こ
背十
j
rこ
ど
弓 1
・‥ .・ |
ま
十締
粛
やしましら。淑どもの昌万4ハフー、ツシント
いらっしゃうか円ぞこんのB反庄にいろ
゛則ど堤襖して゛ダ斗イゴざぃまオレ
ご こ に
ぃうブ超牛ぃかびきJして、石Iムスブパ哲
。 @
ど UWgy95ssMj4
ぃ っ︷ノ 5 4︸%謝フ 瀕5
.〃
どつ癩
j ひ
M 2 C 5j
r︶ろ、
しぞるに仔、日万のロー々/
IQs!︲アク々/
20×20
\i
一
B4
そ瓶で蚤リフマまぃリーしひ隨、合ぃへん玄君
ヮ/・フブル藻どィ! A
j
っ打とドフ前碩をい鳶ドさまレひので、昇嫁
1
人の諌生遥μ。
〃f
〃
的に掲ぜこ僅々犬ぴのかly骨4
9
1
一
●
ク
ガセT瓜q
ゝ : i
1
Q s JNMNy
フ J いノ
一
じヽゥようダ、日半玉d¥ミフレ白系グズグズ
ア。Q\Qs︲
XF21︲タnノアンどの圈疎じ薗かか長
斗・に荊y薗瀕捌合口おヽ冷ぶぞ5リビ
昌インターアク々/︱章フクブのデストとして
F !-│-
秘ロノ、とても`フヽり擲jレガフμとぃ
し /に
しう一人回米唯dヽごれ吋ま戸別り光岳で
柵ど
q フ
べ
生
1 ご ヽフブ
イ・ ン 々/−・
う ご と 、て
吏の
の酋ずずへか、言門昇学友副ヅ貼囲あよ漱かに佇
’戸
コクヨ
∂
く一写 フ 孔卜 ごノ乙
ダ
l ,’
亦
やまソ、ヂド吋ずどずの遅達よよで駱暴レ、
詰ギインターアフ
yしフこ叉舷ず浙
ロータロノー宗和口ま千度足し合剤ドあ。回ご
と乞祁レマ海ヽウれましか。
琉ゲり水音丁出吋生更々ヽ
トクとフブ ロ″参加レ フもヽりフ マ ぃうどぃ石ノこ乙
し ひ
与 フ
20
錯ぱ李こづま万万、右どむの系渥几希に廟レ命t
1こ
ぃう水葬芳則萌願ダyりんド八束半作ど ぃ ヽフ
・﹃III−−︲−
¥C晨足2 ︶t‘ rrx
リ水冷り秀してヽきうし今月嶺が底司緩にヰダ
︲−︲︲︲︲︲︲︲︲−
に
20×
で
リ
●一一
B4
∂
インノ々/I フ クト
一
2?
._………
−−−−−−−−−−−−−l∼jj−−−−−−−−−−−−−−﹃ −− −−−−︱
IIIIIIIII
oノあ
罰ツとかロータ・りノフン
Iアクト9草刈で狙ぶレ但こ乙弓ビ
斤’ごとも︶昌三ぃノ汝し肖ぃす
ヤローy
1一︲した≒
老将も述くました≒か、刄ど’かの斗で4、イ
ンターアクト伺ごホかうの置y漱のひ尚口淳マ
イすノスで奈寸¥散夕く雨リヽぎ考写禎置の添
脊に澱ぎく影諮tレマ応ぃノー万。ご耽Jでの萱
之
: ・!
槌宵の勁錫レワビ 犬曳牛黄にリ5と好心気
ー--一一一
も・ふ。ぃノ
一
ど参﹂の光ンぽなりィのぺ万泳
フ
一一一一一一
ま万犬づ、長押yまし仁9ヽヤガベ丁IytJく
レ
︲⋮⋮⋮⋮⋮⋮⋮ ⋮⋮⋮⋮⋮⋮
J ︲ ︲︲︲ ’︲ ︲︲︲ ’︲’ ︲︲︲’⋮⋮ ⋮⋮⋮ づ
屈
一
匹
yリ て
ぃざひ゛しす`兄了知ります。
員登 あり万万ど勺ゴヅぃまし合。ジ嶮ヅヂ
。しぃりでて
フで奥どず5麿溥希りノ旦万犬て、襖尹≒ん匹
お妬しいひドさひぃど禍心ぃま犬
-
×20
粘り定瓦吋苓二町畳古乙閲ジでごず
と
20
めで、菅野光生の才でμ詐1 1
7り/に券にJし昏ごど乞み鈷レ ゛ひレ
但畑いー言乙
●.
B4
私
T
鏝
ナ
j:
い
い
た
…万
一
が
−−
まに回護レてぁぞ伝の否尚子づん々、季頂き
ごとびと伺尽ぃーす一才。
冷性を荷仁ぜう乞ぃクごども、非漸甲ド夭庫G
彦こ吊峨る斗とず洪/ります才。万うした倚餉ド厘
いも夭史纒ぐリ謳同穴坪ダ転任ヅどの湾白・ず
し打擲、な1々/リーの刮ずかロノず与く姫で服
貴君ヽ有ふづんヤう痩慧性の毎露レダずJ
一
qど・吋]浜︰一にゼでフ巻ダ蹟ずてぃふわこリGf︰︶
が
ん
りりか銅器ツー子りず、Fで褐粁ぶぷさ皮厘盾
⊃クヨ
一一F
んにつぃスの犀で黎裡ですギ、フ’フブの万感吹
ぺ
ー
い
叫乖=xドヽ・叶sご皆々Jむこ、yol々心Sヽヽy←゜j
y
ira・
∼
叩
寸
N
O
V
/X
N
こ
jヽj乙、Cヽ
r\むヽ−ト々、ヽ−’一一如凶ぺ
)yぞ応ド1ヽy凶べ尋yyy`ヽ4こヽ匂丿毎=;4y)
こ。り・ヽ3ぬ4呪`(゛y’ヽ7
脳2、>j=`べ’4べ`び=yS゛八べ・必J
|
・一一‥一一一一一一一一
5jS;、・ s り大八 萄
y
sヽ痢刎こ、コヽ、MJド
視諺Jyい拓乙りsJ心ご敷’屁スドー!乙φ=ヽM
叶・3J¥バく々ヽヽ一端繁Jこひ79
M吋`゜xヽ・ぞ’ご妬/2・
ャs`kド……を凶劈フ収今ノづぐOjy嶮し貧騨y
oy’r、・朕べ)`、yj次==j
じ吸筒Jr次。J、a.5
・y・ドヽぺgJ嘔=ぞXヽ・コgCyj弛気ブ ぐyべ
・●
j■■−■il︱・
Nへ
y、リ
恰 y
2。elM ︶j
−−−−
1
i
アフ
&J C。S M 5’︵ノこ
MJ40
プロデ’スムのでドインヅ
‘と う %yls
ぞ乞ぃノ入・れフ犬ぃぐび
いノ
エ 1 ・い
とですIj。
只今
Jうが
1
ふ/収
青採てy且明窓辻・のエ扉
壽りこユ﹁しンに よ
コクヨ
-
もTほy九七五∼七水草白がパブー乞
り4¥1千万
メll
メ]`
ず
が’
さ
ん
|
一一
F
司
雅
焚
冷
そ
勤めかわじげェずすナず
∼¥Q
か:
が
し
史
迄
IL
1
ず’
ぴ7々J・・ロRyドニドQ.ヽJンノ`でレ図佩`Jやレ ̄「ベド`゛`」 ̄
一一一一一一
に
○
へ,妙
啓7゛
s`『
端
句
X
ワペyべ
O
W● - ゛
単E健 ,こいi怠専一7ヽヽS=一存尚一八次
,ぺ?`溥似1て:(へ呪九 ̄7‘べj`ぺ ̄`心v
き7ヽヽ/y≫筏慨舛・ヽ=り考ヅ皆 .こ毎E襖ヤ呉
。誦
7jレ亘ijユベ3͡い7ヽヽご祠7,一ヽ叫ち残汽妙
夕r㈲筏いx゛いヽsふりrsャサ(竿`噸岑ぐ㈹ツ
べヽドフ4`sヽs`ち吊メ鴎島ご7`゛.jT゛ Y. ̄゛s.翌
吻硲涛べV七べ(巨石い匹糾てバ=ダぷづヽ.粂り.I
`゛ャAjヴ/`ヽい7゛ぺ,乃潭5͡`(: 池7`脊恟レこ迩之
に
C
X
CZ
4
‐」
===−-㎜=・=====-=====-====・
・・・・・・・・・-=--・㎜・========-■皿㎜㎜========-=■-kJI=㎜・㎜====-=−-=・=・j■-
□う山
ヽ
JJ
こ
グI
ひ
、
半
心
j心 X )
ヽ
’
こ
͡
--
レ
・・
・・
噺汽
雁ぷ
口
㎜ ㎜ ㎜■㎜■■■・=-・ ・・■-・- ・-・・I■・・
浙
7:
・
づ時
。7? 7 941
乎
・ヽに、ノニ
'・・ ・ ・ ・ '・・'・ ' ・
.
謳尚鋤芦s海蝕7に斗芦
・ - ・ ・ ・・・
尚哀両分 /以ふぴ糸=貼
・ '・ ・'jj '・・
I・ -- ・-= =- === -= -皿J ・■ ㎜==
=== -JJ ・ ・■ ・ -・・ ・ -==
・ ・=−
■
・㎜㎜ = -・=
l
・ ・= -
・ ・= - - ・ - ・ ・ - ・ ■ ・ - ・ ・ ・ - - ・ ・ ・ = = ・ = ・ ・ - - = 晶 a
一一一一
--−……
1
・ | --=・・■還=-・
7レ刻瀬フ屁怯弐yベー冷乃ヽ:`x7ド糸丿吟y。グて仙二怖
レ尚八
・・
ヽ
-一一
-
'・・・・ ・、 ・.、a-■-■㎜●I・-
y4’μys J7` Q ̄・
・・ ・・ ・ ・・"・・ ' ・ ・ ・ ・・・・
'−゛砂
い゛:満?4バ゛、ド7レE≒唇s鶯ヽヽy叫らぺ`(捧レg極77`
......a㎜■■-.■■一一一一 ・
-・"
'・ "aj・ ・
バベいヽに、に
ふり・'偏心白土帽海原白玉琳Jこいヽぺ柴,=;二,与,陳
ぶ夏)Jh=才知
ご紬ダ
〃
・4
年 ,=餓柵r炳ヽこ:¥倆7藻・夕餉ぺ「゛ヽへuヽ4き」
申今を代
ぃ(ぃ
■㎜■■ ■㎜㎜■ ■㎜■㎜㎜■■ ■■■■ ㎜■ ■II■■■㎜■■■■㎜■■ ■■-- ・・ ・・- j
乙gT々ト州、い
が
うことd寂ダ近眼レか享fqのずすノガ、考の
一フヅダB︲y︲アクトで肩肘、づンクーアフ
トで添乳ヽど詞ノヽりでぞぶ区ぃどぃク凄心すです仁塵
ダう゛’つ参入けどらわれずにヽ私万考ダンプず
レ呟│
貨
ヽヅ匹ぃしi畑ぃーすし弗、
ン 々/II
う/5 2M ¥M塵%¥y
グ州
〃−
姉験し、瓜万言レ化JうGことを、J ∼ y2x下
七。1
︲
−
一 ︱︱︱
B4 20×20
ンズ戸樵塵乞飲ヂフいフしJに作ク乞゛’つこと
々
` 乙 レ ー てt
了
イ
を、y出吋季狸ポ脂イも
………
.〃 ! ・
で堤ぶレ竹お丁げ。ず寸言
に
・
︲︲︲︲.............
『
●
q
ヤフコ所合ヽり犬どハノ斤どぃ
_………
−−
にI々/]−了クト仁撰
洙、ざIイス
!
W●
レ がし、イぎ峨。ぼインターアクトやり
公式片白申ず。乞鎧土て知ぃ/jレ昏。
理解しダ
しフく一所ひ
Cめ、 応
綬的
’
煮一てうしー□こど
白々/リアクトャ’しフくフマ漱レぃどぃらノことそ
行ず
sll−−−Id
ジープず漱レぃどぃ勺こ澗倚ず函リーレ
21
︲ 9s sx︲
lI Nrフギ/ダアずローナず洵レ3
巧戦Åヤレヅケ年頃でも哲了tすぃのず声フ
カリフト でもがIレス刃ヽヮトで1、fのーぃー、
アクト、
II-
り
FI”
芹屎的ド4ヽローレツ9丁く之
ル旱犬く
コクヨ
マ
す
芹
ゲ
tご
べどり入れヽり瓶子 1うしら苛患ダ兵9乖几芹
。フざフぃ3Jうド凧マじコいJブ。珊に歌旧
非に汀インターアクトダ全々そかフ什Jう吋
氷牡イしひし、貢泰斗ドリッーターフクトず
‘︰︰のうこNtfy Wが、ふ恋心与スぃノーピンダ/収
イ
インターアクトの侶勧淳全ぺず宍
ぃがどぃらノござず筒力゛但しJ
詐詐であっ叶ごど可どがら、公互い尽鳶に尽勤
j守
●
20
B4
し J Iつ ぐし
ア
レ
-●一 I ・
つ
ノに。
々
ン
峨廓ヽり
i
与り了万万、そ概に雀一一面うの
-
jソ
・!
︲−︲
5 4。︵︶&折こずレま才。々しマ
‘‘fq5 C丁万。
うしか八4、自今でほド乃、う吋ぃわ吋ぃザれ
4y!?’&’pJ
穫極的に斗ダ右今の申汗鵜ダとめ§人でリ汀
却八郎喜]7ぺどぃう戸、レータリアンぢかヽり
ぜ尹秤践万るロータ目ノアンー、でこフン尹ィア雅
がべ晨翻y孚求粧ち可ので、グ涯苔置療に躍
一
リフし に りう/レ乙卜よ汐乙
コクヨ
,
フ︷フブのギ’ド萍庸いr{t
り
㎜㎜㎜㎜㎜㎜j・
ヽ
1
理
で
,そ
ど9
・・=・・・-■
寺ム々んダ灘貧し﹂に与。白玉性の則
====-■㎜■・
’︲汲び
素雅、
y? い
フ
笑
‰j零=やJ分幇嘆ドi
’2・y y゛
gy憚ざ叶ハ)jい碗やらJs々‘s
Jr・乙女、き他ヽjドゼ・き・・rび
rヽ軸叶゜
lyぞ、kや3か昶乙9辺鄙2g`a)sJ
ぶ
よ・ふ俗≒y'……へヽj笏?単物召:・脚?.吟4
昌y.
J■
可’
一
−
りヽ‘r\
F`
岬
゛ ?’
ハJ西郷ご岑R⊃r汲
呵吋ニ)
`゛ぞ゛y\゛J
J
〃
濯g`祠ド知り`’ド’いい‥″’トT?’`’ハや ̄賢
ぺJ一血一々ヽ−トヽらヽ-ごいだパごヽヽヽ/’八一区ト4ぐヽ
り
ニ;やsやサ席
偏/ヤヽ)ハソぷ征・姉子犬映画・gEΛ‥咆コ、-や4吋藍
が
●
-■・■還■-■----・・ ■ ・ ■
昌・ヽ回惣くEメ与−宝t石S区:郎い
朧
一一一一一一
C
N
X
O
N
々如
・ I− 6
や フーかいJヽフ匹
レ
泰削のぶて杖の耳作友初め
一
凧ちでほとんu
4、冴て放念ジ免営でに首乙一丸ず五目∼f叫目でしざ
r■S ■ ∼∼sa&aIIII“
グの圓円か
区9X¥4
1““11111j■%S ♂%SIIIIIII r l −− ■ − i﹃ rI ﹃− I rj・
4’6 91﹁円心渋しJ∼フ
贈ばリ土石も、ィーンylアクトの葺丿滉の則匹
肴で兇不尽別入スペ謳ぃノーし合。
IIIjl−−−−トーーdj ♂ −−I I■ ﹃r%j j l − −− j− I IISI−−・
べtでは俗ぃとぃらノ
2提子よう7こと吋贈ぷ
芦有し脂ノフ訳しの4・べきごとず
ず万冲’り、ミyり開狽口つぃては
4jr72.19j2.We︵s4 4t
す二回乞Tqダーフーガフ行年で、二目/y
フ
う7.じヘ レー 々/シアン一と﹄万栽
ガ
⊃クコ
お
は
〃
j
B4 2︵︶×に︵︶
ぐ’ ぺ`
一 11
八−S;ヽ・z与痢h5二〇こ々こ
幽栖与嘴一価唐w二い7-ペペl−`〉ヽににこら4
卦梨踊 芦にごヽy 。参゛`JSづい゛々/3゛`ぺ`
ぺヽ5J44心知・洒薦91声七ヽ一価為3漸々V鏝7;
祠-ヽぐ一町冰-「心ペー`心\」−゛‘ニ7洩ベペぶ・為(
t4 統ヽ、ジ、j’一犬一肩Mゑーぺ 、λふぐ泌(`・゛);四噸-r、心
倆こ々瓦石才Lにへ
乃μ岫・
、j7レr`(い3い パ眠りこ=’`牡どJ海哨μj窃3`伴−
gべぺ、sべm゛ヽ‘袖一之jヽ4ヽ一灯
ど
紬 詣
λべ
い
。岫
。7) 7
一一‥一一一一一一一一
汗水七…………ぺÅによこ)ムムレレロー\?ドヘ聯
‥昌テ9夕゛
|
一一−−……-一一一一一一
ト
sl ‘ ’9i
、ぺ こ
皿 込
ふりぃノずと’つごご ぃJ
し ゛に゛。
で”む√フT八、ぞフ 弗ぐ 潟ぃべし ぃ仁ドぃス
司令
ゝ︶ 乃﹂
-
’
戸一ヽ
以
耳ぞ一五∼一七言の
趾9九才几 白ゾフ側ずごちうの封韓乞嘉万しんず
﹁て千
■IIj−rldIj
ぃヽりフレゃじロ弓でほりぃぐ乞県ぃま才が、
と旧nyろノ 可
箭.野1んみ翁ぃぃ脂しJす≒
1ど ふノ
⊃クヨ
一一一一
FI
か
二
叉
旅犬 ドー叫霖宛やヱμsヽy/ lr
・ヽ・2・J凶収蔵こ、J、2.こ)g戈5My°七〕\y-:ト
以」一啄ら−l.ひー`り`ニ゛-ey(゛にニ・゛dj`J惣い
g蜜’こ孵・uμ
池スト、一c鰍
心4ご琳v今尚/£`ご乙)ヽjsご吟ヽヽ、y、桟昌=ゾ 特・a
ヤーにy?旭笥]’分割脊梁s9抄’
'?´ ヽ7-ふ々、−
・@
ご
r
s 霖、脊2斧−x、可M
■■IJ・・I・・−■■■-
㎜一一一一一一一一'■・'■'皿皿■"㎜j㎜-一一1
︵︶NX︵︶N 々□
l
,
,!j‥〉ヽ)j・;,り,・)J=`4/ 叉,り゛゛げ聊1々゛`ヽμ?胆
今柵.4や・娶M¥ら、・犬x-c碩?い四禰べ!
x-・c噺’rレ恰)yk)i゛=4j
じ外騨ビ.鮒こoヤ‰呪や゛コご゜
今ヽ’や雁弓FJr≒J乙J‥テスフT`い)`j
ヽ
Eぺ、、ユベ嶮寡
・-■d一一一一一一一一
J
i`
・j■㎜■■■-■--・
/
、
ギ
わ7
|
−%IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII♂−%−−−−−−−−−−lr−−−−−−−−−−−−III・ IIIII
Fs︶x=’9179
Qi4.jQ
1−−−
2;ty。フーりかリ
ぢ肺`り浙らこどにリフぐつで才。庶、大八
夕hノフン吋くインターアダト芦ヽり同系
でき5刈盛ノど亨っマぃ3ダヅλノかを、玄とフ
フA/
’t ’fxん
`−戻唐堡ん誓βして々j訪必見万考吝ど回心ぃJす勺
勺粧
9 9ミ“﹂1 F︲シーン
L と 0 フ か と こよりy、 疫汗討非ず言言了
i■IIIIILI I
と刎心ぃJす入﹁秘瀧¥j
-一一一一
・ll
々/b/〒ントしてめ法二緊りヘガドうぞ冷ぶ
・ぐ
、/
FIJj−−−−
9
じス’昶・すどしマ、対狸のずごる屈辱ノどレ
し ノに
JII““Jal
が
≒追
い
|
ヤれこー一才・のでハ えリフ Vし
コクヨ
1
|
’C !!
し7
J
j
l
7
t2
の
/`S
□
Q`匹
勁彊、刎Λ’喊声’り心々賢ヒヽ心肺、脊ぞ乙>j或に、
y
やヽ‰
り.徊`゜礦さ伝令9`¥ヽ・屈゛ヽ゛咆2に`ク 賢’゛`−ヅ尹ヽ
二卜ヽQヽ、2- sヽベヘ賢一・3哨:咄¶こにド`ヽμs;
y lJ・ヽ(・・莱か、じ破‰バゴペヽ、2.)j乙心、「・ヽ」包)」
ヤ写や鸞゜ヽちげq゛いド栽/囃−七日5匹な
徊9
s べ`ヽnメ)ひ S` ゛? 吋゛
t4粂’゛’φ武司畷Λ噛yJs`恕鴇y?
言柘t・嶮ニレレレよ長'言ビ>い扮\ダヽ……ドソ\≠│脊
毎回蜘.μや知ン心高tヽくいド、s汐-)ヽパ`ヽぴ改こヽヽ所司
×︵︶N で叩
‥一一一一
︷︸N
べ
■
工を琳 ̄’1・ぞ餅有半2.嶮や有1‰癩有)鋤脊
扉凪︰章節囲い
一
す≒
み万ぃの理詰乞えソスいうい
倣牢︲1’し あ≒① フ ぃ 3か←リでず‰県
竹川忿
っ゛ て・了子ダ
言jlもG万万五ず与らGぃど僑見て知リユ
前面︰亥坪の方々とも炎違べぎめぃのJう吋物
図ごz乞プ昶
桧⊇亦1荷今
L ︷:M ︸J ’r嗜4 以ぶ彫、罫ム㈹六国纏省Aの顧圈
ラぃうで塵肺ドホ氷︰︲し贈万し、収奪をフこふ乙
にとフ フヽぞ√りλノことに ズフ マ
一一一一
乃峨ダう旭・煤剣与狗異
1
ス1︳c︲ iフい/’アーにヽ
コクヨ
F
数史、睦月荊扉ずオレ
ム
j
う
4
賎
J
Sy
J
遮
7
吟
収こヽヽ刎⊃ヽヅ ひ一々、=ヽ、−でニやこやご笥
四万吠乙めよハヽから卜一縦覧
/ヽ5 べぺ
ψ叙’ふs鬼≒49映<い触れ鏡`祠嫉ブ
こ
こづりぐにヽ/心ヴギy゛`加㈲や勁四有7
ヤストー乍
‥
妬心C衆寡G嘸擲QX大守’恕裂や
φ蛍智こ吋ふよよ執戻菰にい’)Jい呪ぷ
φ
?
/
R ヽ々、
穴一・J
|
々`翫ぺ s ’こ
OZX︵︶J マ工
㎜■■㎜■
s°(`,ヤ? 乙c、y汲・ら戦
柵T陽:叫9ヽj屈鄙
‥
eこ呪yじ晦心ヽ/`y-)`JQJr`゛こr`(ぐ 令 ̄6μ″日ぺ゛コ
ヽμJ脚県y°そ心Λ‥oで
匍yλy`゛零φ=`ク十y
●
一一一一一一
コ:ヽμ゛戦’ハレひJご2`ぺきjり ぎ‘
−一一
liil−
可こ
一一一一
F甲
冷.いノ
荊ど
うギ
う︶
尨て
秀
1
もそ
月座
rr`
︲’
y%黄ド
I
jl
ご出まこスダーーヤ川口
偏司1
兪ど親旧▽衆坪
S9
つフ1︰y
ク
﹁フ
み
jブ。
λノ
づ千jい
イ
ン タ
審・﹂に
jII1111
111
リ ー
y︸ りフ
題根性の七
りノ
。
ぷツり
フク゛にしメン
季節水こ七聡り
ふ万ノ
¥4 Q
ことご添うう乙日々ぃJ才り丁、
濠丿寿ハウ
尽
前剛目ノ の一才万一
4J M ユ ど
り/
、2 と
し 右
キメ し
ヤツズ、
ゐノ
こ 乙
Gより
コクコ
レ
XI
こ
ガ
rJハ(奪
で
ゝ
i
夕
ホ
ボ
バ
!で'
い
映
ヂ
IT
弓
も
ん
・J
、-
失
ご
¶T4F
4/
q
‘Z
t
X
ど
フ
ず
と
呑
`)
ぺ゛`
い
ノダ
で
`ヽ、、
ぺ
ニ・礼と・z
゛ヽ゜゛トタン映ご諭⊆柵庸
l.い=、り辰が乙ご聡ri弘汲々ヽい曾ヽ゛長
齢.凧.y匈ヴ 殖゛y−
呉ムyf\むヽ−トぐヽ、−L’X一Jr穴゛eぺへ腿一巳宸
コ才一悔疆・!こりeド)気勁=ヽヽ−’`x-・コyw、.じ憐齢やT
ム吠い嶮い肺4=ご許一卵寸りり鴛o
ぺ?・o)J¶ニ ぃ漸ノ心>`バg戈、乙鴫づ
や、、ムヽべ
Xヤgヽ以吠公シーツヽJきこw・jづ万融や,4
︵︶NXON マコ
四
一
哨やヽド\やードかヽ」べ
やぺ゛ぎ吸収午ヴ戸‥ギピサ?戸ヽやヤ芦T………架
柵、y‥ニQ`ダ 鳶グ侈フ‥=架屍゛'徊痩ドヅドヽ侈やYヤ
-
〃
ふ■還■■■=−−−
1ヽ政一、2 県
・
刄に々・晦≒胴け宝芦守
デ
□七山
‘= ¥一 1
−
S
j
(x‘=いノ ヘ、y
知之ニ汗、ニト・=4ノ`ヽヽ=cヽ(ぷ、心呻霜戻鰍バirヽ(s
7醤なにs
・44ふ・り
5 ! :
茨r4
QJ 乙 Jヽj再ふ3ゆへ々7`;刄、∼
f∼
べ
き一声(
|
−
他漁・一
¥
1
こ毎匹s==轍s癖無益sに八
酉
Cぐ
晦こにヤ聊.
心
ご謳ト歩Å二半`与=こ緬三 ̄良妻持①こ痛風萌−
〃
バ1
S)ヽj
ニ 祠
海脆・、冰
J
4こと£偏飛r(ぃφ¬如好三回所年齢レこぺ’゛レJs
ハ片吟・'│rふ差よ迦E鰹節=、=94=心レ4=・4
い・鴻 .J白`ヽニよdペーそ座347ヽ94
ふ
〉ド:硲7`?栢ヽ9`ヽ4ヽ7レヽy鴻 ,7`心ふ・7仙?1こぴ9ヽS`
ぷ所いきヽぶフ=rwし3=`吃V偏ヽ=`一一゛レ.濤ヤ瓶3
、5聊J
J
柵碗、’`ヽμ)ヽ)畝ソM晰゜几rギytよe塑yこそ肩
今喘居纂なsヽ2JJs)、jg々=;My’ :
屁:4 ”`を灸.d7`胎丿嶮.ひハjj必コ?ゼ\
/Ik
㈲寺
y侃=ヽ鯛川’yT……ヽやくド
n )sヽ聡柵cC眼2cヽ・乙r’ ,ヽj 奇々蓉刄∼
葵今yか大田瓦蔀丿
t-
s`召;諺jf、jl尿・乙’(ぃ1 `5 cでヴハ
「1 ・x ∼い、む’但吸ざxに`り侭ふぢ心魁価藻、叫y=ヽ
か6=トーiE7`い
ゼj
1
・
・■・・a・-皿==■・
㎜㎜㎜・■■■■■㎜■㎜㎜・㎜㎜・■■■・・■・・・・・■㎜■-・
|
×
C`4
O
N
C
々叩
- - ・ - ・ -・ - ・ - - - - ・ - = = - - ・ - - - = = = 一 ・ = - J ・
s`り,りき
㎜・= ・ = ㎜ ・ ・ ■ ・ ・ = ・ - ・ - ・ - - - ・ -・・ ■・-・・ ・ ・ ・ - - - - ・ ・
■
毎回ニ貳ヽ霖斗万言やぺこり2
ドートぺ、=ュ・eヽ琳喬=ひ’4邨4石七戸ブいμに尽犬いき
蔓
り、≒−⋮⋮。
−
いノ亡 U yこ旧ヤ ロ
才会戦登のリガフひ光岳の言々すうプ
IIIIIIIIIr r
sjjgQフコμリぶでてI’。︵ ニ ︶の肴刊
ぜ外ロっぃマみ剱レ含ぃ合ドぃ乙かよリイすしダ、
新例散叶どが岳孚最のÅ万引頂議万9 7ンプ
1︲︲
︲
圧、上一ふハ
六体 征ず首藤如上ヤ勁
トに芦リま千と子五二但居、二五七比往
\
ノー
ヤいノい
拘禁シレマ、顧則報坪擦ぽこ秋考口灯てま俺
かぃジ¥c・
於守口い
ま←9.・n 一二 に︶ のでI’マ ロ つ悍︸
-
やりJ泳すずて冴﹄てあぃノ酋オガ、乙七まず毎号r
ましフもヽご砥TJでう茜詰レの甲づ、拓翁ダ
入
‘rj
〒五
コクヨ
声一
●一 一
七
1
7y で
y
□1
OZ
/い
孚づ
ス 丁一
j
つr
yM
、・ノ
必 て
ヅギヽ’︲貨
声玉レ
ず晋っ鑓呼ごぃしコ
.刎二回
よいヽ図
号み
働 宰
− IrrI“1&s
/り
Y
ム い
ヽム ロ
`
1111slsslsIUIljllIII・I
j つ
ぶげス
心目ス心割︱・よ五皐万
蜜謳い
11111
ぃ つ馨ご忿
幄レい
y︸
J
擢縁ツぶ案
ち劃ぴ
つ士・弄/吋ri
ス ″へ
‘sl
J
Iム妙見
潟 万で士
7﹂4
≒よrっ
9 つ
Q 14
い万福スい
/ご 乙
昏 ︷﹃
≒具r
賜幄ヤ濯程謳瀋
リ
か声優
ぬ
つ
ら
X。へ
O
ぷ
j
づ丁白洲同一ぶこ百ご
か
こ1
/貨
い
々 ・よ
ら
1
づ’
k.ノ=
n
r い
・
渥
し
夕
O
j
j
−‥‥・−−−−』
,G
浙と乙
zC`ヽ
.〃
11
一一一一-
=j♂=
¶==========-=−−=== =======−
一一一一一一
|
一一一一一一
J 4 ゛! :
采
●・ご今凛グレ……叫勢‥9\が≠‥大智‥薗‥ァソ
ハー)Jい妬部:っμjJヤ6
c`ジげ騨加丿舵丿午い琳側‥yケ声声\ツヤザ大声
9ヽ・−y゛ソード:昏sべJj吸入トT ’ヤケ.回T‥T今泉‥岑
・Ja■■
騨:
a還■■還・j
■・■■■■−−−−−−−
-
J
・・■■■■■■==−還・
物 ふヽ
し
屋
゛ トをい=ごづく気、毎肢ト吟岑‥9ヤリヤヅ
介Jか惣フ=り−J々ヽ=ヽ−g`j豚y・トy、こヽタフ
゛総y
ぶシンパ'妬心ト▽・-5〕ペャyぺ潟コ(y
匈・ド十七八よ二半レドニÅ∩………ドピ≠
u莽号
‥
│41ぐ
.. .'yTァ=..参..?.芦
円貨□
r’辻乙りJ心安/ 収
\yi・………ly
・還■還■■-■■■
│・
・サタ
(釧糾(疸米(鋤
│
.ヤゾづド‥….7………戸=..、乍=ヤT
。 ..
‥
ぃ恒ド 4宍粟会所レpx
一川びソのごとずあフ亡ひめ、成半可あずリ
ドくルフ介ど双三レマ貼リJレ旨へて、斗二冲け
ニ頃丁二日の千金乏かフましに。雨音だ4、仙
グレフyのぶTず、アメロノカのす亀だヽ乃
ぃ校則の甲士斗次犬かず佐打で芒うかど
芒考の支くの善言俳談盲判用すらこととし、
泉レ
フ カ
とう了くヽ夭散士き吝かどヽっかを校訂レ仁尚で
どして吋、ィツ斗蓉
佑鋭尚燭剛司
︲""︲︲︲︲︲・︲・︲︲︲︲︲︲︲.....︲︲︲︲︲︲︲︲︲.....︲︲︲・︲︲︲︲︲︲・IIII'︲II ︲︲'︲︲︲︲'︲︲︲'︲︱il−−−−− −−−
B4 20×20
ャTダ、加判教師の万々﹃には、卒廊鯛に背板
︱
−︲−︲︲ − ︲−−︲︲−︲
ど き
岑瓦4.¨ ま レ G。
が
−−−−−−−−
当り廠しく
り
! -
畝
亀
ず
遠
石
.
メ
、
ク
珍今ず与
%4
’t!’
rヽり
リ
‘と①か.到う尹小が・ぃノまでんず
: 4./
・卜’だ/一
り
︲L︲jl︲−︲
半らしフ生皮・八万ソ斐す入浙
各戸どヽフ節べ聡ずd函っかぃのでて囲、9の
背をレフ拓りまし4’5t¥・7’
S./
す
-----・-一一
イン々/Iアクトクこフぃフ渠魁]念庵じて
トフウず宗和1作うヽフえで晋こ媛しトBりフぃう
x’ Aタ︲ア
アクトクうブ廿yr溥で者見番ハ呟こ廓T高で校了、剣
ガレ肩巾の褐ずへ ぶヅもめざ垣ドあ。うィづタ
−−L−−
一││
JIII=““J∼sl “II
鎖ぺ永瀬旧ご仮レ即今やフフ妬メれるオダこ千万
1
r︶ jQ ¥
︲
司
リ/
コクヨ
「
|
り
ツ
ど。
出
●●
い`ワo y︶し合。 フ︷フマ/溶郵¥yg
4のすこ叱ずxnノ フトを成心へ万るJう卵丿
ほ何か乞奏おすし昏とごう、守・よ蓬
M ︸j2M
七て姦し ぃ と いうこ tyこ、偏心・1のノメ
ト と
ド々め今更囲酉がしダの引仁希に浴乃うヽ−とか
どぃうこ乙でし亡。jの塗ずぽ丁蜂以ムの
巣をえじて、ィンクーフクトフうずの嫁和を
辿訟んにズるワ吋ヽ4ホず二希ぬずず函るし
ソ爪マレてりると資・しマみリユレ仁。
ごりJうリ勁飴レをみ痢色目塚フマ y恪
・i
B4 20×20
マ
l
オ
ア
つ
y
リ
’
白しIヱy哀ひ印痛こぐ涙ぃか皐
雪サス聯
・一一一一一一一一
tl
: k
一一一一一一一一
乙
仙ヽ
4
n’
。
4
R&F¥膳’ざ碩嶮ぐ/奴腿E ヽり≒蚕
ぬ雅考作況Qλ心呉ぐらヽ9Ljムいこほ乙μ
1
d
44
。
s
ダy︵X
442濯仲4
−︲−−︲−︲−−︲1﹃︲−︲−︲−−II‘‘:11︲−︲︲︲−︲
`
s’
¥9
ムっ厦です `D首玉︲ぃりこよ
-
4t5
44.r’‘4 7
扉スぶ﹀9‘乙﹂ヌメ謳
/か く−y \/ 謳 j ス
tjS声声函よい
/&くし/ ヽLI回診
1
/しJ峯1し 乙わ コ 仙ヽ釦゛/Qぐ引゛`/ぃー/ぃ/:yx
■j﹃r r%s−−−II−II︱■I
添宍背剪参加憚 ー−−− ■
玉二万ごYり`乙゛乙Tムー﹁/りふ
,d
Eご⊂
っrべ妬沿プリ
(
﹃IIIIII L I♂ −−r −− F I j%﹃ − Ijr■ j − − ﹃ − Fr r I IIIIIIIllIII
佞
″`︰
L
濯
同宿 `ズ▽巻首T6可しつjn善Fm4oG=︵yE&
、J
−一一
ひ邑`ダー斧伺候と町フ合邑几ぺ函リずし貨。y
の他ヽ祀伝否玲との閲千万の孚朧の旧情フビ
の錨もでマヽ一辿びでの日膀ぐdあリ晋し乙
囲ヽ牛疫t︲Iリ槙試合を倚つごとり、逓冴てE非
泄甲にブラスに弓呑や訥ど爪べじて拓ぃノーてノ。
ひーの将士、ごれからインカylアクト2計
I
す寸
。Sr
一一
しよヽつと首勧レぐめべぃう情報塚ぐおり剛こご
貼
り
乙ダフ芒、入学∩効果の雨がョやよドど回か。フ
厚
司
からヽ淮才片片を佇っ1ぃる光岳ダ教応
か ど’フーりふフnノずと゛フござ ぃ?φした≒
ごぃさすが、また二六y応石は以前作。
万考
/\ いヽj
マぃて千貫甲乙で漱乙ごyつごどず才が、瀋
︲姉節子を打うこ乞ダ、tホヤ萌のイ土yl了
まぐ甲ニゴれ但とごうず4、豪勇の面
クト梁廊ヤそり茫漱ドどんリ働ず五斗えてぃ
る 力
尽どで俘ガリガ犬有几てあうとぃ﹁ファンデート
の旧脊も゛亡び゛て賜リミJ才力士レy︷XJ4
こ乍︱伴乍てニヽ 五の応盲目あ錨レぃひぴげ
コヅ]ョ ケー-に 乙AJU
ぱドど詞尽ぃま万
○
客か私がI甲し希ヅひぺ外の
昔同区・・しい
ら、どうぞご吉永リぐあ貧し。守ぅぃ。
薗止
ます≒
二六’]9Ws唐で賠
寓居で考案で貨し几ぃjyご弓ずめぃノ弐したり
尚
ベプず
ぃ つ
−-一一・
外辨径乞宇しめボフ玄ぃダジうであダリまず
私どもの光岳で’暇能レス応リ’︲’て伺は、奈
a
んダ、咎4ンクーマクトク上フず芦ら一ぶ濯つ
il
lぴ顧白票汗’も記東司二条豪者レペ拓りまレ
●●一
タノ
犬で豪応4牽串の互7ども冽リ、昨年呼一
采 9 ty″︸ブ ダ゛゛J レ た。
永言責哨よ會但ば、本人導庖ず丁万刃、ス
。7ンアークうずがら丁万円/ ㈹’t¥w
R︶ 5う/j y 2しス呉ぃノま万。
泰斗鋼まずり、アxリカの面謳廬パ乞才に館
閲レてありすレ乙ダ、〃昨丿斗ずら参席バスト
kらあず芦の入社の
e91
どり.へyJ
旧
ワ
J
がパフーの袷淮づ、刀ブダの万t打破コ脊り
Jす≒ 侃影4&]Qs’ys
リしず割隋ずさ晋ぞん囲、繋肴﹁インター﹁
業
アラート 弓メ リ ヮト ー可 ヤ“ ど ぃ ら/J’フリ詐も
両りノまレ鳶ず、‰どぞのだ扨ずーごλを心尽し
汗ドレフみ9まで≒ 亭二子dlホを光石子祓仰の
厠姉45% 5y洋々まレひず、子年皮フ櫛ぃたレ
ー万ど旧回目ドリリー万。ず芒峨ず←酋て果糖
喫、砿ずけ一落︲μここら
し合ぃ乞匪yっスみりま寸ヘダ、吋うぃう勺汀ノド
4t5sxMyQ cy
ぃりム秀施どぃうヽ‘tドリフて拓91才。則制
ば到ヴy迅圈、文責峰割汀七月末がら八月に贈
げての㈲です。
斤
司
八 奎
1一F
だ丘が
一 ゛
りのふ疾が司浙詐どのごらぃ
斗、生更の澗塵の良い9床々割閲申の七回教
五万伺ず孝耳︲泉の千尊ポルノ。今年の子諮そで奎
yのうち’ニ丁万伺ず檀修子禅弟孚ビ首席骨ず
半ぃ斗豪爪の千葺こづ兼d二召回す五万円イプダ、
皮淀二号旧K・こい 杓二回万円ずプ。
ず
ド亥党ぃ鳶します。
ワ_j ゲーづO ンOX2U
イ
一 大祓︵百石坏・サい ’y玉閤だ伝の吝︲外
一
研修ドっ芒乖しぺ翁鈷レ甲’レ弔です1.
一 ゥータりIぃ尹寒ダ安心リJj囲、ずバてI
一のご指ふ辱によりI哨ド、巻y4ンターフクトガ
ー
①、㈹畳一石、謳痢の秀才を三系、谷栄でい氷畳
一し てありJ才≒
一
一 賞㈲に っぃコ弓、無則の畳宝にぱだらから
y F、ざ石がら咽万貼を祉
一ム万円、まひうンターマフターに弓庖諾ワ ー
▽
寸
夕ぃノーゥ上フy’ym
勤しぺ知りますノ。旅秀吟鼎俘盛勁Jそ丁万円
r− − − − −− −−−−− −−
れ QJ& 9 y
だ区かうの趨向奎に吋、アジ
萱池上亨の必見リーグnノー
rtt 4 N兪めマ列函万円でし白。
ごびきましひ脊、池尼君ヽりの倚ぢ奴レダtレ
一伺組合ど ぃ ら/ ぞ外れ今季拡千つヱず万円ぃ
かかぃノーオ。
声│
か甲ド子万ん了勁リーレて、則子71水波を’ぼへこり
との旅所了子をバーンヅーアクトの入・ノパーー計
応にいフスーいりまし仁。向うのりIタ川ノー
クデの尋︿ヂ入れしぶり、’ニ拍回目の寸忿士萱
W
て傀いか゛ぺ’フヅ寸几
yOXん
10
]グ3 ケ
`へ
り副から、イン々ノーマクトとレて貧者の爪
岬こ箆’に9ンフを満汀ノ但尚之リフ万ず、 7X
W G N︷ 2 Nフ`そすん。f 45’F 5 ましら卜。
バワずつドほインターTクトフLフデは9く、
斗荻開国と ぃ らノ貢ダ斗の剛T停回天リJすしす
y峨どの番人泉よりイさ工ぞんぐし代辨
ダリアご子弟どの丈氷塵ぞ吋、久光今フとん
ド鈷レかぃず荷止λて拓リーレマ、き漑で斜
旭万丈乞塞ダ インターアクト9蜜よどぃ宍︶
/ソ汐
l
どで脇巣しぺ冷Jし≒
一一−
0 9yl手
5 ︲
jll −゛d゛FI
朧
か
μ
−
≒ト∼y
−一一
i
ヤ、5=sヽ加い賢察今回ヽ賊汗レャ今尚鰹ブ
尨−や、一汗や、ヽコーきて以勿?ビ’叫-バ
、−ト・こヽヽエき敏図ビ.x一ぢ硲咲勿い=`どsご命盲脊
y靴いヽ一=.や>ヽに一c`ハ>バ瘤肖ぐり溜’<゛ト硝
国恥͡pヽl飛.ペフロsや梅ごx`゛硲く淘sこ2M烋ごレ
娠兪り晨痢嶮い齢碩(<(ヽムペご尚今噺♭一
々ヽ=ヽヽ−ご郷y気心叫X9、Et郷蔵yヽに`y弧ごヽM
ド゜yr庄r`s`複す肩肘叫叫syc吟ぺc
こ≒ぺつへ つIIか[ご[
恕凶気・4いxk・レト匹’吟又哨徊gy 祠
荷嶮さ〕・吠g=万有=ぐ鎗箔八`噌辱<屈)ドト匹Gヽ
い今
ポッー々/リーク’フブー”万円とぃう名収差釧∵ダド
フフフみぃノま犬
年収少ふ六大が拓四のyヽワ心だ万乞匹卯七
百とを前敵ましにダ、入所だ居にけ姉ヰフラ
ブダ函ソ、二回匯Iトーλじ乃刈T個の丈歌才
晋わフごどずずぞJしか、副ごん。尽、二五回廊一
メヽワレぜ厄了乃゛ご百き賃しをしヽ 矢印辻
ぞ 遥 t
丁も口鳶百芒3:し貪。向√フフ吋
ストf。かすノーフ’フ芦ぐ舷対してこ
J
ノ\
パ丁1
出ぶレ
が
厄のィンターフクト酋開国のバブー亙私見貪
/鳶/
i
S M才・々の翁俗念GJク、y渥鎖今にで
インター丁フター竹今ぽ
yの関、普段乞関心≒万、ソウ敗ィンターアフ
ス恥ぃノーし脊 弓子
ざれて
リフレyぃうロータリークーフプ稗圈ご燃乞脇塞
し、にIタリアシぽ稗圓の1ロータ目ノーコー
と乞、顧問の光生やイ’/ 々yiアクトに茜翁い
ターフクトダ白す的に性っぺ浪しい乙゛う乙
ず旧糸竹遺作ぃGしまレひ炉へ犬無才仔イン
位。今回の舘ム剛べの片吟゜淳ヽ ロータリアレ
一
トフ弓/ぞ汐フンークメー’ンヵノー フクトカ/’フ。フリ
 ̄ン,Iヨ ケーIU λ】xaj
-一│
|
|
どど大観乞統二回八ありまし仁。跨止し弓崖のナ
術ぶ掌了ぶんドごども床リーし仁し、ソウレ
妙ヽり大部︲ざ居に擲ブ剰て弓術可ヅは、ソウよの
ふ慌o万ず俵苓’賞しリダヽり見三池﹁スく峨化の
でし社。沢奸迦包でも岡づ腰の来%OGy5Gの
で才ダ、刄ひ乃けじめ鉄㈲に秀レフ、鉄則に
参加レたで乏二寸り采から千円、副∵将りIタ
リフごがヽり一万円入 吃区かうめ雅別可じを登
あす五万円︰を用雀尽し、oノー・マサコづんのト
ソナイ、ゾTイ冷て緩の痛こ洋式で芋として五万円
/y2
ィンタJアフトめ生皮乞日万に米俵厦
。帰凪レスから別報の紆果、怖面がらで
し 礼い
のでヽ 寸茎よま既を祁ぃて諏レぃヒぃうこど了
3甫巻に吋、肩呼ず惚げす役め順縁ず尹理ヅ
イ︶G
とぃう甲レ訟乞洽叉ヂJしか。ま但一二六大池居
ダ几ハブー責璋にかIムステ4をして弓ビヽフ尹
言れ淑どもの前前ごmd、賜ぃ和則ずォレヘ
マクトの、代表を恚じ又謔リまレひ。
大奸ぼ区の鉄ぜ単菰屯使に七万円をィーンター
-
−− −
です の /I ン タ ー’ ア ク々/Il y﹄ μ 部 芒 ずっ今 vし S r︵︶/^︶
O λ]・xilo
回り=ョ り'−・i
μ
tドス史い
司令
jM J て
亡 し キ以 レ ノに
合いへん辞レいあ酋し乞いに汗芒
ありノずとうプづぃまし丘・研削碩趾’
丘忙9勁諮しず終了レ仙ぃ
介の擲私考プざぃ凛すI’碩了、言T汁折畳にフご
jしぺばもうIぞ
どq鳶レか几こごぃ1でん了し.よ
ウや。
洛内T篆雁ノ閲K・し︶
二六五池谷司’万一
ヽど囮ド ぃ ま才ず
/が?
四イプごぃますノ。こそ僅かへ泉\ぱこや徳心眼了
イ五いり七言乞洛/斗互ず五削良ペ萱を斤っぺ勁
9弐て。
律’一回の隨にヽヂパストガドブーですバタ
ー衰忙市ず、五ロロ吃谷ど申し兪ぜをき耽、
きっ使つ良禽スタ乃叫芒沃ンでき浙まレだ。具
李的口汀、ニ丁五人擦の人参ず、三庖㈲解泉
9翔廟で打うど希、洽こ︰’犬峨ドフぃて汀必浬碁
だ淳脊叫亙薗レ几希うどぃうJうq顔かリバ
今兪雁ダ竹φれびようでしフ、4礼ドギペぃ
−−
1 \ フ/
.t ノ ーー
ん×詣
10
ケ
ドノヨ
て脊二手も性お耽仁おずづ丁≒
昨芸ン恥j、屡ぶ回丑1ん冲ヽヮのぶすレヤ、ま
回廊希としてロークリフンダ矢哭弧乞特フ士汰
ネ
イuDQly x3顧萌の史官毎回采、奉灯ニでユ
首副レまレた。4の拡すのゆ坦j、把区
奥まり媛卵ぃかドフず、千座棺ば主席白
JJa㎜皿』皿・
き乃フマ゛フyM5rxM2G y9内塵につ
ぃフですノダ、万の当時4回っ りうンターフフ
ト ワ上フyノ し 戸 函/ りノ ー ぞ ん ギ レ ひ の で、 乙 のf
s−a■■−●.│..』│−-j.・・・
珍かヽっ生沈、我二者をらツぃど乙う万方名、七ノぃど
ご
がヽ
う
 ̄ゼ゛
や
∠
/j
−Q−−
r
h S
7
M
2・ C
苛に顧問の唐生口dqうて
○
ハワイピ看きま子ど可ご
ひぞっず万から、朔こ則乞二光岡にが縮レてい
昨年4ヽ首囲の特則擲万能の所期と手塚。
ものと昨年の片歌からりう亦にマふ9ます仁
く圓人加担乞あか了‘しGぃJうに脱走携しひぃ
うよヽつ七ブダ
邱所収スあ9、自己加入抱はI二争りI ぐ済んで
ら三唐9I、爪Iムククデ炉う三摩りI つ崖
扇。の循R坦に俵フ仁乙日マぃま万。麿△斗は定圧が
芦
に不IムスF]7 ダぶまぃノまし フ、 ロー々/り/
コグj ケー巾 yOX,?0
い
フ
・゛ヽ廿き一々、=こ、トャヽs`祠″萄屁:嫉之吋!、りヽヽヽ。sヽ
r\ りヽ−r一々ヽ々ヽヽ− S`・騨)J 乙やヽM
福げいけず いい・ハ、一卜い一口、1へ
恍−?、7
ャベ毎々・x誤幄卯い萌噺づドr’こ、ドャ唯心5
・・=・・
・=・==・・・ ・=・・・==・・・・・・・・・ ・ ・・・=・ ・・・・ ・ ・・・・・・・
ち≒
・・・・・・ ・・ ・
・・・=
、cヽヽ¶こ’
・・・=・・・ ・・・・・・ ・=・・===・・・・・
yバ:?
短凶忿ドQs`いご`く々`、−さy勿くヒベぢ7、ノ尚匂]
|
ltr百他゛さ昨背の火フヽヴ4ヽ’J⊃こそヒ午|
l
ドk/ ゛−白い回柵・JI百弊7個乙ぬ乙こ;や半
■ ・・・・・・・・J=・
ヽに)ご
1
礼毎:栢9徊乙ぺ硲已鯛Jご 1
・・・・・・・・・=・・
・ ・・・・・ =・=・ ・・・=
m慢しご 斐四廟訟2ツ午回φ肺で晰ヽ心半
・・・・・・・=・・・・・ =・・-・・=・=・・・・・=・・
ぐ騨徊八八(瓶祠知凶孫gyぺヽ)
・=・・・ ・・・・
大人で声3ロータ9アンダ゛てれロ雀万雨
ずTず、ハフィで吋イン々/Iフクトの’白す作
るy幻汀
5斤!2︺y。ぐ贈1ぬし、アド
がこ亨んじヽりれスおりヘ ロータリフンけy 個ノ
Iタッケy‘ 4’W
ベィスてうとぃうへ葬郷イレた。ハフ4でほナ
G F4︲‘s︶y紆ずどれふこども浹づフマ、九回
で婉の不Iムスティド夥廊てう俸ぱ、イン
々/Iアフトリメンパーがハ目かヽり ー匹斡レフtF
てく峨乙ぃノ、ずひ9の他の片もの浙ごひりうし
フく岨Jし尽
匹Xン10
八)
’ドノj ケ
五
も
¥]7’Aハつ のロー タリノークこフ。7 9剖今にふメ
席とか祀 ガバナー首旧の姻ふ口ちか忿几酋
化五ひりざ’拓ィンダーフクトの光y医大今に 玄レ
タ皐丿仁レーレ化囲、yご丁脊い仁ごとり、
QI夕91のがパター?声乙ィン々/−アクト
t、品y閲じものをニ フ し つこつ
岬棺岳ぺ表、ごれちが八丁︱乞叶ん了知口ノま
し脂ず、9’y
一
こ通一71ブに1柵っべきマ、けIクリーの人づ
バーぃこ守り米4クフフアートいフ行溺尚子ま¨゛ヽ
` 宅 コ 呉 リ ま し 石 。 こ 火 付 ` ワ ー タ︲
リノーう/・フブ に
N・`6・-〃ゝ〃−・Sk・
|
|
y
t`
のみ鎔レー蔵ふ傷暫と ィンターマクト五り
ヮ七厄ガバプーダ君万場所を方士ビ砿貪レベ
みリ汝しかに。ィシターアクトに自す性を椅今
ご 一 汗 ヤ齢 い
ザフぃう支脈乏服のめ石リに回兵員ダぃかし
j し 政レ
具体的塚作動どレフ弓、ニツトリ召二千羽
置ぃ某め千 頒汽でりの更姉かに入谷乞円降
に?ポドヮー﹁ フリフリノナ苛ン レ ど ぃ﹃フ多︱’トご
してふ八建口し爪も切に旅こしマ、ロークhノア
ン に ニドふず4!4 7ドメ・クフずずノ。そうしべず乖
コクヨ り・−',0 2ax;I(J
l
か斤合計四千ド心ず、目不口竹帛ずぷ八街の
作っ合リど、半肩でレす更q
Jう俗生尽亙怨じ京し昏。乙矢吋、す吏六万
95︵9r4触︰れ兪う
つスダーソ、︶て峻にニ咲は謳ぶダイ号ダンプ乞
yうし’にダーフ、瀋淑落<でヽす﹄ス、&千万qど
にらどうか9どど冗散大り犬でぃフ六りしまレ
ぞて 斤粟かち考ご肌を兌リヽうっマ列鳶擲。
しド。9うレひ矢價︱虎れぺぃ。行事更に茫
万全ヤ、ざ遥大仏の裔全にqjどぃうご乙イ
フ
/乙
にとフて大矢嘉万レぃご
1弟。かと廊倚に
インターアクトの泰丿回として浮動に纏T巾フマ
勤ります刄ビと。ても、俗体を新介ド万う櫛
乖つりずとう・ゴヅぃ尽し丘≒ ご覗万
兪乏ぃらびワ合どぃウごどず、かぃへん塵翁
乞訪叉了Jした
月ふ
啓︲升研修ロフぃて司お銘。乞鈴了ぃcしひい
ど回心ぃjjダ\ ご峨まで府首レを永?まレ仁
迦谷のぜ’にも海牛犀修をヤフマBヽうれう巡回
ンOX詣
旧
ケ
クヨ
と
ダたくべ・ん奥弓と旧やぃー了≒ ご涯を旭か浙ぜ
ざ区、つまり梱サ鴎のクう入フどのデロデう/ひ
り甲子蒙ハ謝Iホフぃ3疋広昭どの信ご丁ぃー
す瀕。参ノ午葱貼聯ぃレーすI。r倣石子万彩。
次に柵衆乙レマ記朧草加登を二七九だ区
ぱ﹁季狸のぐ“ 今年度言﹁ィシターフク
に’Jりて犀∵ツ尚ちにもの﹂苓すIマドヽ天分暑を
しフ翁う峨弐オ。jぴ二大乱で苔で汀ヽ無
常節の表ゾ彩1おそれフ拓りJず。インター
-〃〃-4ミ●-ミー- -●-=-d-SIWW-
-
りー〃y4〃-ム1----.W-〃------J-
ト九万
了萌か
本卑友でり飲萱レ、二六丸窓区で4、昨年
μヽj
フート勺表彰汀’−五八忙遥Tj浙てぃ3Jう土
手。倚剛の澗脊ちごぞぃま才ず、こご土゛七
札光岳に牛耳’反証ら鎚萱ごれひ記旅客瑶兪ど
乙礼淳、縦貫刄・イン
吋どクぃうものqの尹、お錯し゛Gび芒ぐ゛
xlQ s¥てて/。
毎苓︵干菜ス・c︶
ア クL− ク’フ フ ど し て の
捌七げ軒昂斗訃即
y
弓函リすずん。ぎのかあ/ド、昨
%D/4︷記朧汀ありー万万、ざ記としマのI
|
し r
右回り−10
夕
貫
バブーヽそ、ぷ販斜犬情程の希穿えでみ国ぃノ
ド与。ぐようずてし、ずご敏一。レぃ策・’皮の萎
一八wyレス’t刺帽き痩参学刊ド削9 x5 2うこと。コ
記葬添加登の親擢フズリ記雇に一秀瞳よ将ド
ぞぶうとぃうめぐ谷報叉の目的です≒ まか巻ク
兪総フ私
ラブ匹價敷乞脂丿乙と、姻七万添sw反の今入費
隨などに、何卒加順葱渥亦レかりしようどぃ
堆石インカv/ I・ ア クト の
__……___
司
ギ
目今
雅
東
゛フ こ `Vし 。て て。
/リ
1作飛万jどぃクこどでずI’わ。お弗ての裁薦
一
でてダヱ身7 ’j gt]P4& j y下きぃ。 一
一
々岨ヤd賎嶺のゆ唐目、眼目の合併廊老犬
ツド代表勁ズジ顧スツ敢呼の参詐口つぃての犬
に入`りぞフぃらドさらぃ乙礼ぃーず。二哨ヱ
ドつぃて汀、貫ム孚9‘覗jんで万かヽり勁作土
ぃ長ドさひぃど仰yぃーす’。。
関数y師ユ晋ご弗
賢頑にぞし乖ずましけど奢
嶺
肺レ和ケゥ玄吋芒宍代貴ヤ
貴山岸G長
りノ
コタ・:ョ 々−・IG X】xzIG
皐sヽごヽ2〕にc`J希・・吋一`ぶ・ヽM2い回( 今時-゛?
・j ・ゅ哨リりいF
-一昔2・核かy一宏邨覧映4いご・l・に4=にこぐヽy
篇屁:艇忿yWダヤ祁脊索珠V
知ご白布谷順三襖yやノ脊4やこいヅ y≒い介片
むし.乙仙でヴ午叶’
サぼ卵s今昔4シ癩こご加瀬ヤしヒ2両班−
ヂ゛‘
/
然程訃報一二・い呈禰汁゛有力s心昌μ)`バ
,五大いこじ加号尿大筒で耕価申禎勺いヽiVごぐ
ゎ≒リババド嶮いぷごご聯写雛者寸ごソyべ
刄\X
匹ゃ右こ・づ!い肪叶ぐ 斗殖づふパ;兄分牡ご
だ石一名、恕丘、ぐ亜一石とぃうごとド尽ふ乙
t%] M¥1しダ、ごうしもことにつぃマ奇談方
のブ氷9乞和州ぃし鳶ぃど祭口ますノ。
ロータリー貧で穿ハG、了承知のようじ棄こ痩穴
伺ず⑤俗て琢犬療了どり9jすし弁、午y丹心久則にも
慨
とぃかごとに考塚りま万りで、 D
蓉めふIy。ぃクごどに塚弓ど
う∇皮圈く伺妙どうヤ、堆石、代表や瀕同数師︰
の巷y作乞
剛雀雌貢
4。
子犬月
稽砧参剪妬リ¥y︵jy yQ
の互にっぃて哲二膠方の百よ匯塚ゴヽ雀で茫1求めひ
いst。=sM]t”O D
L《‘ン,.j
ごヅ.バ] 々一一m μ・j
1
収り
う茄ヽり、律ノ祁アンダー’トぃぴしJしにとこう
芒凶奪回石の弟ヤ斉︰乙ぃう削水戸ず七言宍 恋
九万丁ブずぃまレJIフ煩へ たぐ卸めに申し
岑け丁”で遥どぃう珍果ドリフフ泌りま才仁声
一回八畏どの凪水声丁G¥岳、澱㈲衆叶との圈
一−一一
い
シーンや瑞ぜ牙す貧ようを佇’っ傷ず汀プギ︶U tt
沸。万まし乙ど貼リ、ご?訃報吋、万りrンテ
●IM・.・j‥●jJ・−■●
うとぃゝつごどjT介ブ謬二研ご乙びぃかうえで
ぜんりず、浪百ぃので扨の偕報知入映り頑で函
1
叱芦ぐ衰ヤ扉㈲衆妬︰︲の弗長?旧異をプ判聘ぃ
///
才扉ノ寺乞和勁二ぃひレー万。
T帚 午 ︶
万れで吋、浙痢貪釦いドブ参加
ず`哀よど和秀tのヤヘ
︵ぷで ケJ
c
フトめす述ずIダ、乞辿んド方がへ哀ぃど糾フフ
犬 ご の今後∵ぃだ庖八反、シホ司インツーア
そ涯でリ寸干んμ絹ぃぃμレ行いど包ぃー
鳶だ芒杵ぃどかぃJて
1
斤ド兪の嗚楳方のブ判郷によりま万と、甦
C.s C。W
コいい7・-iljン洸・j
・-−・-・・/
、代表を参聊でそうごどドフぃマ4、苓爪ず
から一心に ーめ亙ぬぱ泰が丘にあ仮そして、一
y4丁、瀕円寂師ゾ蒙秀でにつき果して吋、一
呉 ぃ で ぃ む び こ こ と ド し 菅 ぃ と 咎 ぃ ー 犬 一 一
s‘‘9
U W
非常よすく、康則楽師よ啓卸ぃむドく ご ど に
プぞ5 M才 ̄ yn y撒引歌飴︲t
つぃコ吋瀧単数の賛同をぃかびいひとでフ片
ス`^
ド匹暫より。しやる専のど偏心い了才ふへ 庖瓦
ギ
ガバナー赤こ冷か燐口必ず酋。ぃ昏しすてりで、、①
札ども万考の罪まで雛丿将っフ貼ぃノません回万一
//Z
t
バ
丁
でこ
乞
し
ブ
昌
い
ど
xj
-
ぃて、氷雪変じ1いGドくぷう塚宵
りざる乞屏ずそんのずヽ ブ了解゛れド
ご銅かぃー才︲’。ごのごとdy ぃづれす肖
口剛片前Jオガパケー恋路合議でも、
フ
フあnノ弐すに
た’ く し乙 し
⑤小戸らのぶぐ價手頃乙レて字。拾九回
好
漆
で、躾痢教斜1 1のプ参入莫乞
でこ
の
`9
a.g
釦11のJ岬啓ty1J24v ¥jん秘らy畷ますノ
次凪はぃフ剛T億万3尹ヽ乙 ぃ 入ノ 痢顛ご九千
い
乙
づ
●
4 t ‘x
¥︲
¥︷で作梗長び9に文壇を拓
少
かぢ
茫
内
yOXムj
コツ3
X
さ
J
〃 sf
い
て
f y
聯卒り言い禾1に半仰ぃひドブれ子い
ぃ尚子で、ルギレち奇入江暦甲つ剛廬で塚く乙
t`貰ぃと厠心雨賎丿渫しず几 斤目こうして舌ご双方
に呉ま放リりひびざ、情報をかく1ん ぃひびぃ
9oD
y吏が峨の光岳で、遮伝イ
ダフぃ乙感ク示てで、ず白夏怖々飼
参ば芹リず了ノ弗ら、yクふ乙ぃ時期ド廊崖レベ
fp J
廟ド入りーてと
M 9
41t ぃかがずごギ‘ぃ‘ましょ
ン 々/II アクトで打率乞そa岨ふどいうご ど Iレ
う弗。
ふリー゛T9で
//φ
∼¥’9C Fsl
実号今日の登高ドつぃスも、賎心付礁茉
1栓フ スぃ3言仁乃士函丁うか`り、`フィーフダノ
ード剛ノ涯ご遊るのー感心。日曜隔にして奴レ
ぃと゛う乖仁君入部︲jめりノましに万ヽ葦間と 丁午
下一良jぽ拡大七万日瀧日ドほとんど掴瀕応
ま峨て烏リましマす鍔で添っ昏ひめに、平日
涛ひ し て
日漕旧とぃうブエ憚頑”吋よ
ぽドワィー々≒ヲードしか拍ドぼ/万万。
し G 声
必 y
ごぃ冊則を胆匍7汀ノれ
く形かり政子し、デ生才ロどフマも玄ぃど
ぃまてず、だ拓久
クヨ 々−10 2CXンU
.J
1
My。
そう一つ知伺いし斤ぃごごぱへ 本工
メ吋塚'ryEys ygys
ま 作
反問に打うべきヤビうガと ぃ ヽっ ご と でて。
Bこ蔵び汀ノ祗匹揉雪に恥銘レぃaびこ、ご考を
だびド特乃近フマすび蓉朧宵ぃ弓ぃうどブ
打吋1弓ごどど匹ぃjjダ こうしや黄雀、ほ
あず9願誉ド㈲こまし7も射しこ俵一握1ぬ匹
4れで吋、宸乙子の五目こ順に、次剥のイン
’y45︵G5My9で。
くい乙県ぃJてレ、もド冊二剛乞フyjげず上犬
r
ソ
//
¥&s
l
︱フク’︲吋が瓦萎尚衰ど顧萌教師に今某リぃ行
びくどぃうご乙ず水光ぃ今し凛て。五目の可
ぶべく平ぃ所期に、こ伺所期ほ4心で漑の巡
区の珀ぶ昇常蕭寥今回弟9ま万ので、目肩目G
はこす了︲と ぃらノごど G ぃごしまして、豺︰﹂日じて
る苅し いう目で伴的q、’とにつきましてd、↑毫
添か儀ごの困低ぞめ9謔汗大兄、感吟よ儀ノ
倚儀ロ翁孤ぜぃひびぞひぃど回七口丿万。9漱
でJっっし ぃずしJ うかハ
コクヨ ・り……1(j jOXン10
///
斜4でっか/へ
のび苛ら、y頒にしフ有心旅心そ則之よう
小岸ノりつ大全呂・し︶
ふ
とでて心。り収丁吋ク大君ら一泊レてぶ唇良心
エ同長まこ回教 一泊二日の目君でどぃうご
にしひらと息うので万ふ几
ま
兪
い
リ︹天分良・しい ごりよう可諮レ
百二、ド僕 有識磨を倚つヘル玄ぃt礼
午
片
ル
︱ぴ 潮 く よ `″フ に い 1 し 専心 万 かへ
ミみ.・酬加W-−-
\
ま 万。
|
|
|
’一六五がこ匹です
背ぞ廓ぃフ励リま乃りで、そ非万うしてぃか
ずてしダ、瀕開め方弗らどフ考ヽ貫芹フ斤£ぃヽフ
区参政の参詣/y頑’y日で椅鳶嶋白うレぃの
3厠律で、乗真面犬⊃斡旋ず、新開聚峠よ遮
可今年ヽ乖労面ド労聯函ず㈱課穫浙レマぃ
洛内T余所長兄 しソ
l
び4JI G s 95xjj s hすI’。
コツ]j 今一円 yUxjo
い
骨ヤ晏尚米
かか9jし化。イホ片ヽワ
儀撒として吋仙ぺ脊りjfんぞし化囲、心乙
でづ
つ捉堡暑乞ぃかレかぃど旧ごぃますり
ごしMi¥’ M 4 gQfiz:5 。っケし落差ド打えげ、一
F--・
ー・●+=--WW-=-皿----⇒-・J
ご聯tガバナー虎換ふ講、ドかヴ俘け淑了与
67ぃ刺握でブダ、インターアクトにけじ
フ謳ぃノま斗。 し荊
夕口ノークろノデドほ与ぃククブ禽浙があり、
ラデ癩での大皮で叉廟づれ
しなこ筰はへ だ圧列ぞめ奈こ薗ずほとんど士、圈
い
白の杷迦狐との考つ沈が函。京yりy与いJうG二心憐
ダ//
−−−
彦白別9廊で、インターアクトとしスで聯祗
圧こ賜りフく4 ry7ニり゛囲と゛咎E hy/善斗
の薦兪ず悍と、牛詐人数に判頂ダイス首ぃリ
jlが、順順ず系λば起首頚︿佃Tt軽く、ふる
冊ダ置聚我賀碩粛万作詐丁ごぶど県ぃま1りで、
開所でふ︶㈲麿ローターリノーの垣冷巻せ遮込のJ
う7もり乞応綬妁雅蔵ひ茫丘硝かフフくぃノ、
瑞浪淳追啓首・万フ’士ここ鯨端子の喀イ
官ヅ珍ず大奥を打。ぺ勁リまてず、副えず泰二則
之蕩次大仏を打うどか、爪るぃけ拓万ぃに鉄則
て]t7」々・-づa :?(jxンIU
ア
亦
フなど、岸僕特うJうにして淳どう弁と
右し七百皐S︵表さん才の管制
のずズ。どの吃拓苔どう粕か脂イろのい
し フ、 lt
Eぃかドソベず、ガバナー彦こ祭兪嫉に座濠レ
5 7︵j
2 1& L
う
し
忿
遊石の攻半づん、二七三ズ区の示ケりづんド
ごぃま寸≒ 火箭手早め片側乞づいて、二心口
沢野 つ吃λRゝし︶ 二六一考をギプ
Jうか。
1々仙ぃき好うφづてダ、ぃかずワもりでし
//
翁聯ぃ乞レマみりました≒
蕃こTの回心ぃ
t¥t ¥W2.t函でか俗言こかしがQ U]S
□、 一人に五丁万円どヤぞ→万円ダヴて外囲
に米ヽ曼万うごyぜ几フラスド9jのず昌うう贈
鳶犬かすけ非常よ衣し
¥、ごI碩万弓い
㈲ご㈹の炎火を打みう士
‘Ry F︲
ゝ
というごとず才。りの濯竺け涯か首弓ヽずいドレ
C\/ 4︶
を考。几見コぃ 3 り丁て。
私印光圧9
そl︲岨ぶぃノ‘’t、
tマ鳥リまず。イうて浙了
コク.F.! 々-一一H〕20×20
七言y
け可 い
ほごりぃがど
い
い
いガと祭いJ万。飼同志、二匍函∼・二兎
ラぃうめ冷か弟でJリ冴首与キ︿・兆ダでぞふ司で
I G
t
ガバナー芦ら今日の
顛与どの旦ヤ則廟でGqこ、五∼六日イふに分子
t & s斤)j いう こと。て
兪儀ずごうし仁ごとを回折レスくうよう萌示
き穿7てぎフぃふやぐて。これ爪。今日丸ダこ
ご にふヤ浙レか至大の目的でして、坂まさんや
小片ノー︰⋮︰’づんに冊ド石肩口しか乙とず寸乙
クト巻忿圧囚につくり弐しか。’づり僕五岸尚
右4、私ず亦今尚ど芒ド舶弟スインターマ
//戸
﹂いご﹂倫︲一一こ ご休と
〃
一W
こみ・・こ
汽5
附
y薦
但
ヽj
・=にぺ59ヽJ長考毎分 /汽Jい4ヽこ
鴫と4函恵り祷寺,ふ吋一4べ 。→
冷こレ政ロ凛 .ぺ洒国々・べ・ノ`ヽヽ必べ囲
!:づ海͡に=ふ肯〉吟3べ両為、s茜旅
一
「
y
きさ /`ヽヽ7Qヽj糾 ,屹5メペ.箇:刎軋〉4いこXrヽ(・
こ
契
4
− 一
心
4祠こ
啓芦糾白発声ぶ薦メ六ぶづツヽ黄う渋 ,)プ44J
紳ドバyぺ隔陽レ抄7`帰 。ふにヽ四yに4(個々
こyヽ司 ご皆7岬いや〉づ励綿絨吟フレこレこ)o司
年 ,7やい7 。7いこ仙毎よ鋤ン痛心゛隋叫sき
㈲
J
y
吋
ご
、1
倆
づ
こ
ぐ’
ノ
Q
MyI%I
︲Z
g
U5S
二水光忿庄ずゴ
→サ晏日長 ャ岬把の側鎖了二犬丸把辻
がら堤まこダダーぃるズ勺ず万庖
篠旧︵茄び函ヅK・しい
ごLMy7 r MターマクタJガフーフデで岬茨七
一慄汐勧Tに沓y限ド函フ行褐巻のことです。
い
●II----●−・.●
・・
'−−
■●J-・●・・.・㎜−・│・−
ふ仙の 河底ず 弓、 ご副戈ヘスざヽうしひ弟万副dブ
ぃまてん可 平作梁勤の内水ず奴⊇湊坪
威の黄牛刺の優姿。yかロヅフづ知リま
T 亭侠とも単咲ず祭玄レGぃどけぃ
_……__
___
ド
玉
惣
ヅ
炉
岬
グ
//
嫌 一
収尽ぃ氷見です。ぞし単眼がし骸きひ妬塵ヽ
こ のぶうなごと乞’石弓ガバ
僅の付石4どごに函ふめダ、まひ据証につ
フけどう作の尹
ぃる七けごーダ、庖趙qお答へ応吋ぃ
TIやバストギドャノー仁考機か冷ぅジビドお
J寄わしべ
かドぃべみりまでん。
すひ、文献乞鍋ズス々jして考、リうし仁
ことにつぃて勺明解づ舘庄ぱんドケ 尚窄かド
区Tからずつ゛るィンタiフクトのだ区Wm
生ご目昨甲で、¥¥︶ssく浙優して走則尽班
二1タ:」勺・一白O y、;X八i
畳︱とみぶうド乙極内フ感ヅ竿に触峨てぃ3ド
江丁て。
右ぼ、乙れ万G子灘切ぢど社ぃずブ。豪︿薗
じのJう口首班ず3が`とぃう頂″体二朗与
ド畢前回卦生レひ剛兪、どのぶう塚寺旅ざを
し マ
ごとを、旧びJっ7活ぎずも同ヂワうわヂ丁寸ノ、ダ
う、日万司郎渥ピレy S灯郷s #方に副て3
僕4 W4腎乞昂匁しぃひびきかぃy旧んフフ知目ノ
晋言ノ
鴫
//j
膏ふ婁∼長 奎升口樗く陽塵ばえギ帚痩
を斤t4s。’[2]j=”r4リま1し、㈲旧丁ぞ
他で菰ぺ斤く冊7どば伺穐にレG了承ポ写ら
4 5 2Wj s Mすら しかし、︶て哨俵拓白丁の
狸ぷ私ド贋尚う場塵ほ、ヰのどころ弼の逝
考庸じてぃりぃ怖ダ剛球ど礼ぃまー。ど万万
ざ百ず年休ぶ脂め貪qどド、背戻を弁で吝ま
4¥ 5%D拡
つ尽単を竹フマぃるが石汀ブざぃま万戸。
坂本T参席R.し︶
ててパ
コ ・ り ヨ 勺一一一一10 ;jl(.IX:20
斗・す犬登7どの人屋口竹こJう皇考かd、そ
y%暴働ふこ背びずでは不尽
岬ククブづI臼聳す皇ど晋尹リ3ごどけ雨り
キ4。j。 iむ フ yj 4
ドsty︷s%y%=︵ t7ヮよフブででこ弓睨氷ヤ
叛の罹記とぃう雀で呼すらyうしフあぃノーオ。
胆甲︵孔修節穴 し︶ 二亙一光広でご
ざぃまず。研摩徴性のどきは、謳外 国内を
額丿圓白よ爾今
−−−− −
ず
予’万円ワークス り1 のを
閲おず孫す乞かげふようドしフみリ酋嘴ノ。ヰ
μ/
/
あうやじあご哲考千ず昇の窄よ廊か込tJうに
玄しフ、ぃま入
グーR︶yyl上フず梁’脂のよよ辰ど孝∵ん、妙f
ぎベガら、だ尽澱、か︷︰Jどでめ荼工吠につき見
し て 1
1
技ヰ争價ふの採光を述申ずうよう、耕司衆知
ども試供のうん勁屑ぃして勁9ますノ。肴ム吃
硝区
し ︶
六月口耳七彩悲
区内での疹私の今に孝崔ダ拾すレ白絹dプゼ
ざ尨ん。
谷内︵玄
: ̄y・リj りー・づ0 瓦=×,j1」
い
E誘フフ棟使令紅玉逆光レ、圈容丿評し士族
但し、だ伍としマ今年反古ら一人‘ニ西円千栄
ケ。脂︰冊にフい
催合ダ14 yn万円2係首こて常に俳人ぃひしJじ
た。媒使か長汀謳旧久礼です≒
襖岡︵拡ごし吊ド’CJ
ては、績竹e奔&%t︶。うしいぃうぃうでづ
趨了研沢ず乙ふど忿尚火JIダ、季性ぷ物申一
yr・・j
1へ
ぶ
了
貳
に
フ
ぃ
7
今
夜
ご
検
討
い
a
ド
き
び
ぃ
と
票
一
一
の
喝
ま 傭/。
−`g・ゝ−
/j?
もy `フ ー フ 、 先 り
一
アジア︲ ︲L 9甲よ1革剖乞
r五筒、痛謐博盾郷丹心
Jr ぃ ス 呉ごまレ乙ダ、 インターアクヽト の Q9
ハご回の﹃yとです。ヰ9F
を剛T萱Lら熹口、碁萍め彩言ずつ孜でうンタJ
アウトの小手乞しマありましご百八章二ヱノヽか
け吝血自漱徽レ入体し 7 。’ っ︷″ 言丁子ず、私青
ず符別今俳ぃぐしーし≒ で 。 苅こ床リい合
ダ ぃ仁もりずてかう、ちー当折り’孚呂乙長にお
鋤ロ レマスピーすをしフもヽ吋゛まレた≒ 々め
?で岐二九ぃ フ てみ9Jし白ことは、右丁心季子呑
コツ 弓 勺-づO 川xjU
一一戸一│ -
し゛G4ぐぃス誉iよ碩に孚いで淮1二
ぶ
λ
ゴ
¥
●-r-`〃--〃-W皿-1WW
子
S @ Q /x
ly今津昼i
K
︲r︲QN
︲
Q
xj ︲4’‘7J寥ヌ
AI︷’4︸尹・︲駱 ヽよい ぃ っ狸、か
≒j l よ f u xy r F s 7 非 4 d’
雅号穿ブぽ∵白子召ターム寺白す回訓 い萍
¥ 言 ヌ φ リ/心土 ︲ 4¥ V X 7 4 。7 7 7 4 7
參
\
ぅ賜︲ ︲プ\jy3 T4%︲/4 y A R h]4¥5
£1
W・・●IW
いつぜΣっ毎回や淳タ `よ長径yプブ心てgjl
日0←f/=y 4f挙砂憚 ゜号つよスてぐいス
謳永子圃ぃニと乙ぃEI雁本末`かずぽ白子
月 套
タこ/
系つ詐守診の対岸に4い
うり’て感尹函
い
t K W F\ t ︲ F‘%5F
の兪屋系でひs孚0証∼発穴万う乙ど昭どt
るyd切岸ぃjjが、網元。
一
で袷まずはどうぢろう尹と個人的にー秀七て
ダ、ロ1ターフクトが考ぃ茫瓦の希妾、二す
︲ y ︲︲了クトに犬合ず岨了よろしぃ肋リで信。’
E ︲]X︲∼アクト のめう光圧で吋、y S︶I M]1
ひドレ 年令妁り開題が画ふtj誓ぃま先
濁カt才えてμリjj。
う
みぃノま万ダ、 ごら/レひ割ノ及を・その光区゛ダバ
コ’へT1 り’-べ0 7QXλi
て
汗 に つ
/4
列粧
の判蔚プレざって錬串してヽ戻いそのがどう
浩茫丘のガバブーのー解亙貢
りの直心を勁痢きレ/に ぃど回心ぃー万。 こ の
て d
ご囮岑含ぃかドロフ申ソ仁
ど日畑い
作戦でd白砂127擢二字、貼肩口
M−・−S・−-圃7¥-j¬り
X.
|
げて令外剛きしス 知りjlつで、何でレヽウの
一一ヽ一一一一
Mty ようしく寫聘ぃ ぃGしJて。
い
責山千感長
-
い
て
や
今 し ー 万。
喝
汐/
副芒
づれ 弓
ィ﹁之 タ ーー ア クト ク’フ ぞノ の
士分にかを浬して Iし フガえ守ぃダジゝフダどぃ
ダ、ぶ、か’らへ 可区
沁孤月日困す﹂﹁。
どの%︷”G9%’Mv/ ¥%ず諦八
レぶに氷一︲荏汐剰そしれぃどぃう七げで
y C 伴 に つ い フ
クヨ .'7……,・【j :】1JXλj
一
y2︵石弧函⋮に区に・ しご
ので
d
い
7
フ
犬
合
tl
万
つ︵。″y
崔リガバブーの前章で フクず円ドフぃて
フ’フ’フの列晰ずずフこ’フでしぶ≒ノ。
萍茄叩区・亡八︶
ふつリ ダと ’つご゛バづ
7 S S
M ¥t 5︲y︲ 7タトマペ仁﹁w に乙 回
心
程
でニ
順
し
順
j
丈
ほ
い
ダ不可能与適塵裡千万とレペ鴉別の認可をよ
干ダ斗率尚迫歌つ圀脊と、4れず仮に辻湯
/UJ
-一一
殯
-
えうべきドとぃろ/こy≒煮是ぶずIれヽ´蛮より兪d
−・・-dd画一・U・I.−
Mj副、乏ヴタ突 いもしJし1.
ヤ黄で七ふ1ずずぺくうどリ祠にぃーオダ、万
クブ囚ダヴのn︰価としフみれよ
ルヴ函ふdきリダGぃ乙ぃ’フふとです仁 々りり/
一
っ︷/ い っ︷ノ の
こ 坦1での物詣
シX 4J¥C庖ノ乙して、組み入、︲喝うごとり
永理Tdリぃガとぃう宍判孵ずしれI
千聚つ價永見回し c︶
イ ン 々/ II フ クト
い
p
ダ大群才な首の
しの甲にありJしたり上yターアクトめ果丁令一犬
咤の甲に0:
ム)/ン10
. ゴ ク」
イ
則
軒
フ
団体に詣宛ざ浙スぃ9いごとド励み函ず承ふ
ものど県小嶋jすノ。則之了、よこ費二温い糸戻の
y2入
リの甲に吋支弁生娘ざ況の七
け 、 ケ冷国伴溶和枝儀亦囲
剛曼9どにしコtづうド乞旧七ぃます・
瀞邱∵原︷妬ご号に
つくら萌スみぃノ
つめ国体ダ入フフありますノ。ごの七フイ漓覗
ず宅炎兪公擲ロワふかけぐーギ、jンターア
フ五回ヅD ︲ y rN ︲︲圈肺c4G tyr。’7
フス勤りまぜんので、ヽ非か甲にヽ石弓蔀の歌ぃ頃心ぃ
ナ?︶しており9]y
−-
/ズよ
素のアンブート丁も’饗背しマみ?まし乙炉
鎖則のキて呼可ど弗ヽりも、ッータ919不知麿こ
一
そり才決曇でごり甲に加えぺIぞヽりうヽ‘yダヱ
乞ろのずほ7いヤ、先非yのJ勺ノに蜜︲’績して
貪しぃy岬政之價が雨リJすノ。べう万れ半、先
生才り仏混で荷肴乙公に背のられjjレ、す支
かの甲でのインターアクトの熔鳶茸ぞ明荷に塚
3どぃうこと了、苛同年 斗頻膳両年どもに
合奏して励りjl。唐圈妁にもこうし豹こし
ダあうと如バ巾れまてので、妬タμぃかドリ3よ
﹂
:]ヅ」勺づい ンリÅンU
ヘノ勤聯ぃ ぃ令します九
々ホから、齢ご萍庚ド入。てから刄の茫延子
は、 ﹁﹂ 漑jずインター フフトにけ’兄ぷ男丿峨て
ぃ与か・鳶新島扉俵とへ作目名答’をまとめフ、
ロー々/リー 哨 J17 にんこり謳Day u祀 97t]︵フ
鳶乞い’つこと了、三→教ylゴノのちの乏汀置
し謳二回に脱妬Iレユし乙。4しフヽざてす犬かの
時限ど吋ぃマ︷を折半5GU9‘ 7︲9y2ty
かご邸希丿勺も載フてありJTりでヽユ詣亙み一心
呑琴使ごの湛勅内岑べ聶同前、作物よヅ古史の
パフ
。',⊂
¨ムっず雀 `1崔果よ躇似ヱ乙で乙丿心止
U Syj
7;
¥←斗幻丿目ギ `ずぃlj乙ぞよ才亨
5 て 6 W ︲’︷ 9 kj/j/ G S r
4y4︶M4yg y77︷∼u/
︲︲︲︲︲︲ ︲︲︲︲︲︲
一 一・
Q‘’s y Q’4 4 互rxk
リっ4%49=4ty
Q
4。M&3t¥乙09︵OO・4
。%yJ&9¥9 3善づ’つぼで汝︲Iレこ/りい
翁記苓4Q‘4
t ずyっ4 °/ふ`rぃと゜岩八八丿 一ひ善一‘一か年
!匯 ゜ダλ戸谷をぃし藻24yy︵s%7vy
レー一八胆誰ば凶 `かよ有力こ凛゛一薦骨図に砂洲
F 4
9¥耳y3
1ぶ てy J 箭’夕烏毎毫胆寸 1 ら で ≒玄・ご ”り町 L
!yxrM Cレ・・心・ ll
とダ、インターアクトめ アヮダ’フムワーフ心へ
更応則行に非漸甲にプーフスレフみ?ます≒ 少︿す
yw‘9y y4︵︶銀ぃヴ写琥に司クラブをフぐ
りやてI’ぃ乙岡心白肌が今で才で、ごうし今週ヲ甫
づ冴や朧にフクブ乞つ乙リ、爺瀧こせてぃくちw
とが、他の忿で寂への履群のア・尺にワふりず
て≒ インクーフクトクうず背反の介めの千感
岬一フとして、ちのざ区でd禅哨しフぃJ凰
脂叛白
F1 −−。 −−。− − 。。−︲− ︲− 濤 −−
函うどぃう妬ヽ績乞斤フマμりますノ。’貼
すれ刄今ち吋 定圧で晏ぷら巧りてんべ佇
yぶ
ニ す クミフ、フ ー
−−︲︲−
−−−−−−
クラブの就学丿廓ヅ尾いない
jぞふヽyども洗面こと才づ七て我々j尽和レフ勁
リーて。
−−r−−
に ス 々/ IIト ‘n y’aoNt%4
゛う攻揖つもめ弓丁’ニ函りまー。万芽・めJう
つ冴て楼回心フあり、暖ヴ@ど訓辞して冷Jク
ひ万の宛区内ず、ヰクとフブそつこーヽ栗ダかを
-
放宣yです≒ ろう才畔ず吋万々ングーンを本件
理でしぷ’フダ、教
脊
翔で伴附与フクブの謬右Tにつぃフ汀、作動一
玉』魁1
夢
打勤ニ、打刹こIド溥勤乞會ヅマ、リ次︱どう
コクヨ 今-づ0 20X;IU
に
パーフンスよく旭かかぞてぃぐすを述謳ずレフ勁
9JI。燧石上とd 盾ふ埋茶動7ど白子か乃
ダワず実囃でさ3察動で廓リ、行動﹄と吋
ズ9享次元の察勤としての、ひとり酋亦レのす
Aり打開7ど鍔人廊禄乞磨んド察郵、まして
特俗了ニは制作朗尽動、この世の甲イ竹、々ばど
うダクンテÅ了察動をフくフフぃ/ぺ弓か、ニ
パタ
と
・ク)
岳4瀧哉七年間一つのクうブもつ乙
う ご yこで乃。
ア〃ぜ沢口向。スの宵路傍どレての制作娯
-ふ’≠4・ヾ・●・y●ト4、・--J
ー----
,途
い
丸
9斗すずんでレ昏ず、牛丿俘晏口尽勤レフ勤
タ六乙ずて包でブ
リ 争嫂ともまjjず一前底しりぃこものどか
フ 知 ぃノまで1ノ。
畳万フ系ノや釆区・し︶
ダいJ言し 刄ずみ絹ぃし竹ぃごとば、穫嶮ロ
︱タぃノークミフブd示宍狸ドずず今ぐ、泣こ循大の’y
‘ニ の今岡つフうブず堤尚ずきふかごうか乞口
M︶MJyyJ 37%\4︷jFVMレ ス、紳こ哭ド ニ
/り二Iの兪岡フラブフスダンザー に与フコみヽり
ン10×∠0
旧
/
3 勺一一
/1
ワ
。9
利一址丿鈷レ介ぃのぶ岬をどのぶ・つにして荷つ
叫るどころず%94%︷4
卜
s 95Q
イ ン 々/ − アク
彭、 り″ のニF一 に つぃ べき勤ジ埼わし4
まずノ。
不y冲秀作のィンタ﹁アクト9罫よベスルフ、1
。少︿参り出色旅行jうり汀、きの昇り犬
ンクーアクトの教二彫乞発眸乃うサ良がで芒J
し 鳶
-
兪φ才分ク﹁フヅ乞ぃうご乞ず4のず・し爆裂。薗で
−皿゛Jy〃㎜・--〃J/−−
邨
t
す。
噸
/Jy
−−−−
衆ク止フず音訓︰ずつくフフ詞
W〃−・
寺ケ苓0長
二五一 万一ぼでご
s My囲。
旧甲︵農使命尺・し︶
嘔す︿リユし昏ダ詐
’t¥9WWy︷4。xyQ
ざぃま万。汝贈では、洽丿升
才子季ずほ、マ匹づ貨口あまゑっのフこフずず永有う
てIレインク?フクノFフ﹃フ。フを堤日印レてあり
ましご。⑤茎’4、忙ににIターアクトもニフ
冷ぃノヽすレ老遅万る語宕ず画うど︰うヽyどでザ
ラダーヤインクー了クトはご’フのクラずず庖
几×∠U
コグI]
-
-一一
蒼白ヲ言ヤ︰奎
鮨i
・一-------一一・-一一
( い
/u・yい4カ即Ap謳乙﹄乙ひ悩
iIFd?il・i!
y本ぶ/ぃ唇ムイ勁
八つ’乞映斜演︶印浪
4aQ’4 R 涛QI% ’\Jxy5 匹/七心 一よ
≒恥ぶ/ぃ吐レ乙クし声声な乙山吸塵ぶダ
D・謳言ぷ恥ソヴ
入荷斗
/しヽて
?ギ/︲ぃ/ぞ91j
へ
∠k
6ぷ宇かスてをタし声声乙∼∼Ot44︶ ︶
乙’︲tr/ぃぞlづぷぶぞ/yぃ久ぃたづ1窄恰
むーぃし乙ツしかJぽ治ご屏
/y/
ど干㈹旧フ’フずず嶮フフ泌りJすノ。昨芸才奇才
肩山二男来校棒尺 しご 東京帛クフダ
のだ滅ズ干呟とぃうのーどごでずか。
つくぃノぃたヽドワλげと吐へぃ汝才≒ 二五六窓岳
クラブで丈ぃノヮドヽ‘フメリヮトー判鮒して拓
ぃヽとぃうご、乙リエつりJてん哨で、メぐ・概言涯の
=ミ
今日4、ガバすI生路塵ぶ
t c。。’︲9=9で才。
青ん参加長
コクコ ケ・-.・10 2(JX2U
一│
俗乙・ぺ棄却秀子 ガバプーのみ押しI得フご
ns ダイきまレ
うレ昏洽かを倚っ白わずで万ダ 回横方弗φ
犬炎々苛リ千屡ケ兇を尹感yn
合。ものみ与ヽりイノ、。弓偏愧宣告知らでヅりことど
回心ぃ ーすり
呑祀瓦ずジ芳で斥づ飢フぃ3痢こ例qど1勤
痢!にリフて、これぞ白座の廼万でどう生か
レスぃくめかほ斤悛ン貧撒としても、犬見参
右府ニtsが伍からもあ記レ必りま
ー −−︱−− 一
9−喝一I一
参 たレ
|
ずリ烏詰レげかリイ冷っ合ど参じづみりま付
/J∼
した`とみりノ
:●
|
−−−−︲︲
-
swUvyg
x'54Mygy
考々乗玄げ佐んずぃ3瀋の勝手
I
ま鳶、畷ワ農宵のようにジ無心qだ甘草9長
いど雪見マ応hノJ才。
インクーアクト落勧の年来げず献レフぃぞ洽
し、Jロノ惑/くの情報ヅ丈循こずでき答退四にしマ
44M=│へ 9M’W]]︺z6yず隨困︱す令に遊藻
ガバブー虚匹跨合議の勁昶︰いレをぃ朽在きましや
でち4M%t
ず麿自吋一日了寄まぞコしまぃ京しひダ
l
ざんヽ万ず勁られまし几も、蚤レーククーク﹃フ
コグコ 万一勺0 20×ンIU
ぐ
IIIIrIIr−−−i−−−−−−−−−illll■a&∼s∼s∼l“IIlaIIIIL− −− − I%■− − −−−−i − 1
ブの柔∼ン長すんがこ黙ダでりす弗了猷言乖県々あ
ま¨゛懲んのずヽク’フ子岸ら印`謳旨づんをして ぃかに
イン々/Iアクトの鳶兼ド祉秤くヤとぃっフごとド
手技tぞ苛カぃひびかりワ漑ず写らりぃど恰
ー
野
づ
︱︲i
芦ら兆ぶ呵ぞぃひドぃ介
路七フ今すと晋一博y鼎勤ぃらびきまて言
︶
/
クラブ字ぐのロータリー市来ワ犀を丁合﹂
9y j制゛乞ぼフきりとご首鏑ぃかド
いJ才。9’フしたす峰子ヽ叱’凶善9 9悦ぶ剔ヽ
藻
ク﹁フプ岸m4
ズ
んけけ、ぷ但
`フみ聯 い ぃ かし‘ぷ1’。
に
﹄jj⋮⋮⋮・︲︲"'‘‘︲‘‘︲︲‘︲︲︲︲'r−︲−−−
l
JJ、))
/
フンアート乞’でつし1七水口μま
ぃ竹こと、恚’くみ礼甲しあずまー
−−−︲−
今枝とも 密風雪の勤吻と尋子 イ’yター
アクトの活動司式・万ま1唇晨才うことを沓じ
﹃−︲:−−−−︲︲
φ
コクヨ 々一一10 20〉くン0
て、両全のブ穫搾とぃやしま才。
ハ靫妨ヘ疹︶
1
一
翼
ど
め
り1
r=
おり哨1純・り没寄贈
4
八白べ’栄頃二九、︿”’ト づ
ダー ゛゛ ノ Lr`゛
二三 ノゲソー二つ
レ…
…
││\
jl
レj
l
j
ノ
. ・ M・ . . ・
…
l
…
│
l
││ /
レ
に
j
j
j
=
=
=ュ
i , 』.I・JIj . .‥ ・ . . ・
\
レ
:
`
?
ふIj
LI
・・,y?
・・・.l
l
j
l・・.j
・!・I
I
.
︰ャレ戸
・l・7r7.・・・.・..・
ll;‥lj.│.・..・ .・ ・.
I
I・.I・4.`.'JI・1 .
.j・●
F.・やl.ノ・ .‘.」
.│一一.●.一一I I
I F
ち
‰
ド﹃.リ
ー41.い”
I
”
f
﹃i゛`
゛
ヘビ
r み −d
f? T /︱−ltに
jlレッベり。‘
jへ ’︱ ’い・
・;⋮⋮⋮Iヅ。
I I ・・
.・・
.≒.1
刎=り=;
,・。11;・.
/
・1
趾 机 …… …
..│..・.・. I II・
,…………… ’…………;j lj レ
;1‘I‥‥‥‥‥i・● I
i・。。
II
・・I
I . ・ . 1 1 … … … ! .・ ・ , … … … … : I ・ . . ; . ・ I I ・ . ・
・ ! ・ . . I ・.
●I
III丿.'K・.,・
r﹄F゛
l ? .;
.I. ‥‥‥‥ : j
…
f
i
……
゜j・ls
=i
・
−61
.
…・・(
I I , .-l.・ ‥ , ・・・1・・.I・ │ . J . ‘
I …
a?
ゴly
=J'
=……=‘ :
j
…1
……・・,?……
l‘‘
−
…
I I・,.,.・│・慟
II
. ・・.
=yyl.ムj
9…
…
I。……
…
・:………i
jら
タ`││|
lj・i、・.
,I……
…
'
』 ・ II ・ ●
に l jソ ゙
i
.
・・‘、
j
.r`
¶・...i,・.`・.;il.1!.
2711λ:………‘・:
l,
;……‘I・・・
ヽ
y
.・i,y::
I ; .1
..
・
・'・・I.II-・5』・.』・j:・.・.・.I・‘I・JISI・』-k・‘.I
匯 j i2
4
「゛y
I一一I
III M・I ・. d- ●
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
4 859 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content