close

Enter

Log in using OpenID

3月号 - 島根県立飯南高等学校;pdf

embedDownload
平成26年度第65期生61名の卒業証書授与式を3月3日(火)に行いました。まずは、卒業生一人
ひとりの名前を担任が読み上げ、卒業生は力強い返事でこれに答えました。そして、校長から一人ひとり
に卒業証書が手渡されました。その後、校長が式辞を述べ、山碕英樹飯南町長から祝辞として温かい激励
の言葉をいただきました。
在校生代表として2年生の熊谷可麗さんが送辞を述べ、
「先輩方はお手本であり、憧れの存在。私たちは
先輩方が創ってこられた飯南DNAを受け継ぎ、これまで以上に活気ある学校にしていきます。
」と卒業生
に対する憧れと感謝、そして今後に向ける力強い思いを言葉に乗せて卒業生に贈りました。
卒業生代表の答辞では、岸洋孝さんが高校生活を振り返り、先生方・家族・友人・地域の方々にこれま
での感謝を述べるとともに「高校生活は長いようでとても短いです。何気なく過ごすとさらにあっという
間です。しかし、毎日を大切に過ごすことができれば有意義なものになります。」という言葉を後輩へ贈り
ました。
そして、卒業生は、飯南高校で過ごした三年間への思いを、在校生は卒業生と共に過ごした日々への思
いを胸に、力強く校歌を歌い上げ、最後に来賓の皆様、保護者の皆様と一緒に「故郷」を歌い、式のすべ
てが締めくくられました。式全体をとおして、凛々しく、自信に満ちた姿を見せてくれた卒業生の様子は、
とても立派なものでした。
3月2日(月)
生徒会主催で行われた「3年生を送る会」は、趣向が凝らされたプログラムで終始楽しい時間となりました。吹奏楽部の演奏では、
はじめに合唱を披露し、とてもきれいな歌声を会場に響かせていました。そしてこの1年を振り返ってもらえるようにと2014年
のベストヒットメドレーを演奏し、吹奏楽部の演奏に合わせて野球部員が歌や踊りのパフォーマンスで、会場を大いに盛り上げてく
れました。また、3年間の思い出が詰まったスライド上映、後輩から先輩へこれまでの感謝を込めたメッセージビデオ、転勤された
先生方からの心に響く励ましの言葉など、どれも一生懸命に耳を傾けている姿が見られました。教職員と1・2年生による合唱では、
3年1組担任小倉先生と2組担任小川先生をメインボーカルに「栄光の架け橋」を歌い、全員が肩を組んだりと会場が一体となりま
した。最後に3年生から思いもかけない歌のプレゼントがあり、とても心温まる会となりました。
和やかな雰囲気で高校生活を振り返ることのできた会となりました。
3月2日(月)
卒業式前日に、伊藤志津江副会長と小野彰監事にご出席いた
だいて第65期卒業生61名の鵬雲会(卒業生会)入会式が行
われました。伊藤志津江副会長の心温まる歓迎の挨拶を受け
て、生徒代表で石飛菜絵さんが入会の言葉を述べました。また、
鵬雲会から卒業記念品として、卒業証書筒、印鑑、卒業生会名
簿の贈呈がありました。
私たち61名は、3年間の高校生活を終え、明日の卒業式を残すの
みとなりました。3年前の4月、私たちは期待と不安を胸にこの飯南
高校へ入学してきました。新しい友に出会い、共に学び、共に過ごし
た3年間は、これからの人生においても、かけがえのない日々になる
はずです。今日のこの日まで、私たちを見守り続けてくださった先生
方や地域の方々に感謝するとともに、思い出が沢山詰まったこの学び
舎を巣立つ日を前にして、名残惜しく思う気持ちでいっぱいです。今
日、私たち第65期卒業生は、鵬雲会に入会することになりました。
これから私たちはそれぞれの道に向かって大きな希望を胸に新たな一
歩を踏み出します。先輩の皆さまが築き、支えて来られた飯南高校の
名に恥じぬよう、立派な飯南高校の卒業生として活躍できるよう努力
し、母校のさらなる発展のために力を尽くしていきたいと思います。
私たちはまだ未熟で、分からない事が沢山ありますが、先輩の皆さま、
何とぞご指導くださいますよう、宜しくお願い致します。
(第65期卒業生
石飛菜絵)
平成26年度全国高等学校総合体育大会
第64回全国高等学校スキー大会
6日(金)~10日(火)
【男子クラシカル10km】174人中
福間竜ノ介
98位
飯島義仁
126位
後長輝
140位
【女子クラシカル5km】118人中
寺本こなみ
74位
【女子フリー5km】116人中
寺本こなみ
【高校リレー】38チーム中
飯南
30位
【男子フリー10km】176人中
福間竜ノ介
101位
飯島義仁
113位
中野怜史
140位
福間竜ノ介
147位
飯島義仁
156位
中野怜史
154位
後長輝
167位
飯島義仁
155位
中野怜史
170位
後長輝
157位
【女子クラシカル10km】57人中
寺本こなみ 54位
96位
129位
13日(金)~16日(月)
【男子クラシカル15km】64人中
福間竜ノ介
【女子フリー5km】93人中
寺本こなみ
中田友里
中田友里
【男子スプリント1.2km】175人中
福間竜ノ介 142位
【アルペン回転】106人中
【アルペン大回転】129人中
第27回全国高等学校選抜スキー大会(ノルディック)
【男子フリー10km】185人中
83位
84位
61位
【女子スプリント1.2km】88人中
寺本こなみ
74位
三島翔悟(ハンドボール)
10名
高橋克之
岩倉有里・大畠夕佳・和田孔明・石川諒
高橋克之・津田理奈・鉄原大雅・那須夏実
山根あかね
日野彬・村上航太朗
特十段
12名
24名
(3カ年皆勤の方)
・石田大樹・磯野隆成
(9.7点以上)
井上弥玖・梅田颯典・河平誠樹・錦織史弥
高尾梨那・平野愛・前島愛奈・小丸有佳子・澤田美咲
藤原圭汰・藤原沙弥香・三島翔悟・板垣和
高橋克之・津田理奈・那須夏実・花井優香・村上航太朗
門脇侑未・後藤僚太・花井優香・山本友梨子
山根あかね・山本友梨子
2月5日(木)
赤名短歌会合同歌集「ふじつる」第9集に、
今年も3年1組の生徒が作った作品が掲載さ
れました。昨年に引続き、赤名短歌会の中村
三四二会長から短歌講話を、岩佐恒子さんに
添削指導をしていただきました。生徒たちも
短歌の楽しさを学び、思い思いに歌を作って
いました。ご指導ありがとうございました。
ボランティア委員会とJRC部が取り組んだエコキャップ運動は、1月19日で
終了いたしました。生徒・教職員の協力でキャップは、学校全体で合計839個集
まりました。これはNPO法人エコキャップ推進協会へ送ります。
エコキャップ運動とは、集めたペットボトルのキャップを再資源化するとともに、
売却益を発展途上国の子どもたちのためのワクチン代として寄付することを目的
とした活動です。
学校関係者評価委員会を開催し、今年度の学校評価を
終えました。今後本校ホームページに結果を掲載しま
すのでご覧いただければと思います。
6日(月) 春の交通安全運動街頭指導
(~15日)
8日(水) 始業式
9日(木) 入学式
10日(金) 新入生オリエンテーション
15日(水) 体力テスト・身体測定
20日(月) 第1回生徒会専門委員会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
3 331 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content