close

Enter

Log in using OpenID

2015年の豪ドル相場の注目点と見通し

embedDownload
<マーケット・レター>
2015年1月16日
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社
2015年の豪ドル相場の注目点と見通し

2014年9月以降、米ドルに対して緩やかに弱含む傾向にあった豪ドル相場も、足元では落ち着きを取り戻しつつある。

アボット政権は昨年、規制緩和やインフラ投資、FTA締結を推進。2015年以降は財政健全化の推進が期待される。

安定した雇用増や内需回復を背景に、豪州準備銀行(RBA)は2015年末まで政策金利を据え置くと予想される。

海外企業による豪州への直接投資の流入が拡大。内需セクターでのM&A活性化が海外投資家の投資の呼び水に。
図1:豪ドルの対米ドル、対円相場の推移
米ドルに対して緩やかに弱含む豪ドル相場
2014年9月以降、米ドルに対して軟調地合いにあった
豪ドル相場ですが、年明け以降は1豪ドル=0.82米ドル前
(米ドル)
(円)
110
1.15
豪ドル高
後で落ち着きを取り戻しつつあります。一方、豪ドルの対円 105
豪ドル安
相場は上下変動はあるものの、日銀の金融緩和拡大を背 100
景に緩やかな円安・豪ドル高の基調にあります(図1)。
1.10
対円レート(左軸)
1.05
95
1.00
況低迷による投資家センチメント悪化、豪州準備銀行
90
0.95
(RBA)による利下げ観測の浮上、RBAによる豪ドル高けん
85
0.90
80
0.85
2014年末にかけての豪ドル軟調の背景として、資源市
制(口先介入)、米ドル高の進展、などが挙げられます。
2015年の豪ドル相場の先行きを占う上では、①アボッ
ト政権による財政政策、②豪州景気とRBA金融政策の行
75
方、③豪州への資本流入動向が注目されます。
70
12年1月
0.80
対米ドルレート(右軸)
13年1月
0.75
15年1月
14年1月
①豪政権は2015年以降、財政健全化を推進
2013年9月に発足したアボット政権は、2014年5月に政
(出所)ブルームバーグ (期間)2012年1月1日~2015年1月15日
図2:豪州の一般政府財政収支
(基礎的現金収支)
(%、GDP比)
権として初の本予算を策定するなど、2014年は実質的に
政権運営1年目の年となりました。アボット政権が進めてき
た政策の2014年の成果としては、規制緩和(炭素税・資
源税の撤廃、環境認可プロセスの緩和)によるビジネス環
2
計画
1
境改善や、インフラ投資・民営化の推進、日本・中国との
自由貿易協定(FTA)の締結などが挙げられます。
一方、アボット政権の政策上の課題としては、2014年5
2014年5月時点
0
-0.6
-1
価格下落や上院での法案審議の遅れなどを背景に、財
政均衡化の時期が当初の予算計画の2018年度から
2019年度へ1年先送りされる結果となりました(図2)。
もっとも、アボット政権は今後も財政健全化を進める方針
を堅持していることから、2015年以降、計画通りに財政赤
字の縮小が進めば、AAA格を有する豪州国債への投資
家の信認は維持されるものと期待されます。
0.2
-0.4
-1.2
月の予算策定後の財政健全化の遅れが指摘されます。
同年12月に公表された財政計画の中間評価では、資源
0.6
-2
-3
-4
-5
-1.9
-2.5
-3.1
2013年12月時点
2014年12月時点(最新)
(年度:各年7月~翌年6月)
05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
(出所)豪財務省
(注)基礎的収支はフューチャー・ファンド(政府系ファンド)の収支除く。
●当資料は、説明資料としてレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。●当資料は、当社が各種データに基づいて
作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証す
るものではありません。また記載されている見解、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。●この書面及びこ
こに記載された情報・商品に関する権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で
配布することはご遠慮ください。●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
<マーケット・レター>
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社
図3:豪州の政策金利と雇用者数増減
②RBAは年末まで金利を据え置くと予想される
一方、金融政策に関しては、RBAは2014年を通じて政
策金利を2.50%で据え置き、先行きの政策の方向性につ
いても中立的姿勢を維持してきました。
豪州の7-9月期実質GDPが前年比+2.7%と市場予想
(同+3.1%)を下回る成長となり、一部の市場関係者の間
ではRBAによる追加利下げ観測も浮上しています。ただし、
市場コンセンサス全体では、政策金利は2015年末まで
2.50%で据え置かれ、2016年1-3月に利上げが開始さ
れるとの見通しが依然として大勢を占めています。
(%)
8
(千人)
60
50
2 014年12月
雇用者数
前月比3.74万人増
RBA政策金利(右軸)
40
7
6
30
5
20
4
10
3
0
2
-10
-20
07
実際、RBA総裁が2014年12月11日の豪経済紙とのイ
1
雇用者数前月比増減
(3ヵ月移動平均、左軸)
09
08
10
11
12
13
0
15 (年)
14
ンタビューの中で追加利下げに対して慎重な見方を示した (出所)豪政府統計局、CEIC (期間)2007年1月~2014年12月
ことや、12月の豪雇用者数が前月比3.74万人増と3ヵ月
図4:豪州への資本流出入(国際収支統計)
連続で安定した雇用増となったことは、追加利下げの可能
性を後退させる要因と考えられます。
(10億豪ドル)
120
100
③豪内需セクターへの直接投資の流入が拡大
豪州への資本流入の面では、2014年は証券投資の流
入が前年から縮小した一方、安定流入が続く直接投資の
存在感が高まりました(図4)。直接投資の流入拡大は、海
外企業による経営権取得や事業買収を目的とした豪州
企業への投資拡大を意味しています。
実際、2014年に計画が公表された豪州でのM&A(合
80
60
40
20
-20
-40
-60
投資家による投資の呼び水となっていると考えられます。
(*)換算レート:1豪ドル=95円
その他投資
豪州からの資本流出
00
ら、投資家センチメントの面で豪ドル相場は上値の重い展
開が続く可能性があります。ただし、資源市況が徐々に安
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14 (年)
図5:豪州におけるM&A取引額(計画公表ベース)
(10億豪ドル)
120
資源セクター
100
非資源セクター
豪ドル相場再評価のポイント
当面は原油・鉄鉱石など資源市況の変動性の高まりか
01
(出所)豪政府統計局 (注)2014年は1-9月の年率換算値。
M&Aが活性化しています(図5)。特に、不動産やインフラ、
消費関連など内需セクターでのM&A機会の拡大が、海外
直接投資
0
併・買収)取引額は、1,089億豪ドル(約10兆円*)と2000
年以降で最高額を更新しており、豪州企業を対象とした
証券投資
豪州への資本流入
M&A取引額(合計)
80
60
40
定を取り戻しはじめれば、①アボット政権下での財政健全
化策や、②RBAの金融緩和効果による内需回復の進展、
20
③豪内需セクターへの直接投資の流入拡大などの面で、
0
豪ドルが見直される余地が生まれるものと期待されます。
00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14 (年)
(出所)ファクトセット
●当資料は、説明資料としてレッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社(以下「当社」)が作成した資料です。●当資料は、当社が各種データに基づいて
作成したものですが、その情報の確実性、完結性を保証するものではありません。●当資料に記載された過去の成績は、将来の成績を予測あるいは保証す
るものではありません。また記載されている見解、目標等は、将来の成果を保証するものではなく、また予告なく変更されることがあります。●この書面及びこ
こに記載された情報・商品に関する権利は当社に帰属します。したがって、当社の書面による同意なくして、その全部もしくは一部を複製し又その他の方法で
配布することはご遠慮ください。●当資料は情報提供を目的としてのみ作成されたもので、証券の売買の勧誘を目的としたものではありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
348 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content