close

Enter

Log in using OpenID

16 MCブレース

embedDownload
ブレース補強
MCブレース
商品名
用途
t=1.6
特 長
ブレース補強用金具
・直接手の届かない場所に
・取り付けが出来る
・角度調節が自在
強 度
最大圧縮荷重 385kg
最大引張荷重 431kg
t=2.3
材 質
溶融亜鉛メッキ鋼板
板 厚
固定片1.6㎜,可動片2.3㎜
ケース
200個入(40は100個入)
施工手順
1. ボルトがMCブレースの
下爪部の奥まで来るよう
に引っ掛ける
2. ブレース材を引っ張って
固定片を回転させながら
左にひねる
3. MCブレースの上爪部
にしっかりはめ込んで
完成
固定片
可動片
施工上の注意
耐震を考慮したブレース補強材は、使用長さにより使分ける
1600mm
→ ⊏40×20×1.6
1900mm
→ ブレスバー
2150mm
→ C40×20×10×1.6
固定角度は、天井面に対して30゜~60゜程度
取付場所は、天井スラブから50mm以内に設置する
MCブレースの取付は、吊りボルト1本につき1ヵ所
30゜~60゜程度
平成25年度 公共建築工事標準仕様書 抜粋
4節 軽量鉄骨天井下地
14.4.4 工法
(h)天井のふところが1.5m以上の場合は、補強用部材又は[-19X10X1.2(mm)以上を用いて、吊りボルトの水
平補強、斜め補強を行うこととし、補強方法は特記による。特記がなければ、次による。
なお、天井のふところが3mを超える場合の補強は、特記による。
(1)水平補強は、縦横方向に間隔1.8m程度に配置する。
(2)斜め補強は、相対する斜め材を1組とし、縦横方向に間隔が3.6m程度に配置する。
(j)天井下地材における耐震性を考慮した補強は、特記による。
(k)屋外の軒天井、ピロティ天井における耐風圧性を考慮した補強は、特記による。
16
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
437 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content