close

Enter

Log in using OpenID

Automotive SPICEの動向

embedDownload
Copyright Compita Japan 2014
1
Automotive SPICEの動向
• ISOの作業部会とVDA-QMCが連携
• VDA-QMCからのISO/IEC JTC1/SC7/WG10とのCリエゾン申請が承
認された
• ISO作業部会は、Automotive SPICEをISO33kシリーズに組
み込むことを期待
• VDA-QMCとしては、Automotive SPICEが既に多く利用され
ていることから、移行より継承性を重視している
• 現在見直しを行っているAutomotive SPICE v3.0は、当面は
現行のv2.5の枠組みを大きくは変えない考えである
Copyright Compita Japan 2014
2
Automotive SPICE v3.0の概要
• 見直しの方針 (2013年)
• 効率性
• 拡張性(Plug-in concept)
• 最新化(State of the art)
• 用語の見直し、明確化
• 機能安全規格(ISO26262)との整合性
• 2014年の状況
• 方針
•
•
•
•
•
•
•
State of the art
解釈、使用のためのガイダンスの充実 (特にHISスコープに対して)
他のプロセスは整合性をチェックするが、内容はあまり変えない。
Keep small and simple, Keep Structure
A-SPICEとして内容を精査
整合性を確保、冗長性を削除
改定のスケジュールとしては、オフィシャルレビューが2015年2月から5月、リリー
スは7月の予定である。
3
Copyright Compita Japan 2014
主な論点
開発プロセスの変更
-プロセスの枠組みの見直し
システム領域とソフトウェア領域に限定
-プラグインコンセプト(ハードウェアV, メカニカルV)
要件抽出
ENG.1
ENG.10
ENG.2
ENG.3
ENG.9
ENG.8
ENG.4
ENG.5
ENG.7
SYS.1
システム要件分析
システムアーキ
テクチャ設計
SW要件分析
SWアーキテ
クチャ設計
SYS.4
SYS.3
SWE.6
SWE.1
SWE.2
ENG.6
V2.5
SYS.5
SYS.2
SWE.5
SWE.3
SWE.4
SW詳細設計+構築
SWユニットテスト
ソフトウェアV
V3.0
システムクオリ
フィケーション
システム統合、
統合テスト
SWクオリフィケー
ションテスト
SW統合、統
合テスト
4
Copyright Compita Japan 2014
主な論点 (つづき)
MAN(管理) PRO.1, PRO.2、・・・
SUP.1(品質保証)の独立性 客観性と要員能力の確保
SUP.10(変更依頼管理)はアネックスへ、 ソフト修正は、開発プロセスで対応。
SUP.9, SUP.10のStrategyとProceedingsはマージする
開発プロセスにおける「一貫性」と「トレーサビリティ」の分離
• 一貫性は内容の話、トレーサビリティは参照/リンクである。
• 一貫性はレビューで確認される。
• 検証基準は、テストのための基準でありV字の右側のテストで確認される。
• 検証基準は成果物属性のレビュー(エバリュエーション)を通じて確立される。
• カテゴライズ、優先付、リリースへの
マッピングの整理、見直し
• エレメント、ユニット、アイテムの
使い分け
SYS.1
SYS.5
SYS.2
SYS.3
設計
エレメント
SWE.1
SWE.2
SYS.4
SWE.6
SWE.5
SWE.3
SWE.4
ソフトウェアユニット
アイテム
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
80 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content