close

Enter

Log in using OpenID

CA N -DO 評価 を 取 り 入 れ た 観点 別 シ ラ バ ス を 作成 し 授業 を 改

embedDownload
学校事例
福岡県立香住丘高校
全教科で観点別シラバスの作成を実
施した。英語では、従来実施してい
た CAN-DO
評 価 と、 観 点 別 評 価 を
組み合わせることになったが、その
作業を通して感じた意義を英語科主
任の永末温子先生は振り返る。
﹁以前より実施してきた CAN-DO
評価と、観点別評価といった異なる
福岡県立香住丘高校
永末温子
ながすえ・はるこ
英 語 教 科 主 任。 S S H 推 進
課 副 課 長。 教 職 歴 年。 赴
任歴 年目。
﹃生徒の理解に合った教え方が出来
ていたか﹄などと、それまでの指導
を振り返りながら議論を重ね、観点
指導計画を策定する作業が続きまし
別シラバスとそれに沿った年間学習
福岡県立香住丘高校
た﹂
︵永末先生︶
得て永末先生が開発した﹁コミュニ
英語科では、共同研究者である東
海大准教授の長沼君主先生の助言を
◎1985年福岡県内の公立高校として最初に英語
来、先進的な英語教育とカリキュラム開発に取り組
コースが設 置︵1994年 英 語 科に改 組 ︶されて以
む。 2003年 度にSELHi研 究 指 定、2011
年度にSSH研究指定。
ケーション英語Ⅰ﹂のシラバスをモ
◎全日制/普通科︵一般コースと数理コミュニケーショ
ンコース︶
、英語科/共学
デルとして、英語科の他の科目のシ
ラバス作成も行われた。
︵ 図 ︶
。
◎1学年約400人
◎2013 年 度 入 試 合 格 実 績︵ 現 浪 計 ︶ / 国 公
立 大は、 筑 波 大、 東 京 外 国 語 大、 九 州 大 などに
西南学院大、福岡大などに延べ741人が合格。
191人が合格。 私立大は、東京理科大、同志社大、
観点別評価を基に
授業を見直す
でそれぞれの観点を評価するかが明
で、どのレッスンのどういった活動
ものなので、どのような学習目標が
したし、シラバスは生徒も活用する
観点別シラバスを作る必要がありま
﹁新課程全面実施年度にどの教師
が教壇に立ったとしても理解できる
も理解し、英語で答えることができ
なる質問に答え、さらに背景的知識
に、
﹁本文の流れを理解して命題と
どのスキルを重視した能力記述の他
の﹁英文を1分間に○語読める﹂な
評
同 校 の 英 語 に お け る CAN-DO
価を加えた新しい観点別シラバス
施行に当たり、
﹁英語を英語で﹂の
確になりました。 CAN-DO
評価は、
主に﹃技能﹄
﹃知識・理解﹄の評価
設 定 さ れ、 ど の よ う に 評 価 が な さ
る﹂といった、教科書ベースの授業
香住丘高校では全教科の観点別シ
ラバスが前年度末には完成し、全教
授業実践のために普通科の授業改善
が中心でしたが、
﹃関心・意欲・態度﹄
れるかを十分に説明できるものでな
を基本に英語で英語を理解して表現
では、生徒の学習到達度を﹁何が出
を行い、教科書をベースとした﹁観
などを含め、4観点をバランス良く
ければなりませんでした。教科内で
職員・全校生徒に配布され、年度当
点別シラバス﹂と、生徒自身が学習
評価できる授業に改善していく必要
初からの授業で活用されている。
状況を客観的に把握する﹁ CAN-DO
チェックリスト﹂の開発を行った。
来 る か ﹂ の CAN-DO
形式で評価す
るための記述がなされた。それまで
1
する能力を評価する記述が多く加え
タイプの評価を組み合わせること
P.
32
評価を取り入れた
CAN - DO
観点別シラバスを作成し
授業を改善する
学校全体で
観点別シラバスを作成
福 岡 県 立 香 住 丘 高 校 に は、 普 通
科︵一般コース、数理コミュニケー
ションコース︶
・英語科が設置され
ている。同校では、2003年度の
研究指定以来、主に英語科で
SELHi
33
は﹃この教材を使ってどうだったか﹄
英 語 の CAN-DO
リ ス ト の 開 発・ 研
究を続けてきたが、 年度の新課程
16
もありました﹂
13
本年度、同校は英語だけではなく、
Febr u ar y 2 0 14
31
観点別評価の意義とその実践のポイント
新課程 教科指導最前線
﹁シラバス、チェックリストを教科
内で共有することで、新課程におい
られた。また、生徒が出来るように
なるプロセスを認めていく姿勢も、
ても、全ての教師が同じ立場、同じ
目線で生徒に接することが可能にな
りました﹂
︵永末先生︶
新課程では
教師も学び合う学習者
これまで同様に重視されている。
﹃出来るか、出来ないか﹄だけで
﹁
なく、
﹃出来つつある﹄ことを評価
することは、
﹃英語を英語で﹄教え
るようになった新課程では、特に重
要です。生徒は授業で﹃出来るよう
になりつつある実感﹄を持つことで、
﹁英語を英語で﹂教える授業の
ス タ ー ト、
﹁観点別シラバス﹂や
﹁ CAN-DO
チェックリスト﹂の作成
など、英語教育の大きな変化の中で、
﹃やれば出来る﹄という自己効力を
活動を行おうとします。
﹃出来つつ
永末先生は﹁教師の同僚性﹂の重要
高め、積極的にコミュニケーション
ある﹄ことを感じさせるように活動
性を感じている。
﹁
﹃英語を英語で﹄教える授業につ
いては、ベテランも若手もスタート
を設計することで、次の学習へと生
徒の自律的な学習態度を醸成してい
きます﹂
︵永末先生︶
えるようになって、より周到な教材
生徒の発話を引き出すような発問を
ラインは同じです。だからこそ、教
む・書く・聞く・話す﹂の4技能を
研究を行っています。例えば、教科
工夫する一方、教材の内容理解を深
更に英語では、生徒が学習目標の
整理し、学習の到達度と必要度を4
書の内容を深く理解できるような発
め、考えさせたい発問をシナリオ化
後は、教科内でレッスンごとに担当
教員を決めて作成し、学び合う環境
年度に1年生が受験した7月と
月の模試の成績を比較すると、同
が出来ています﹂
校の英語の成績は上昇し、しかも、
クラス間の成績差は非常に小さい。
13
材研究の成果や各クラスでの活動の
段階で自己評価させる。チェックリ
問と、それに対して予想される生徒
します。また、授業を振り返り、生
月
前期
4月
5月
11
ストは、生徒にとっては自身の学習
の答えを書き出した発問シナリオを
徒の反応を基に次のシナリオ作りに
様子は、これまで以上に共有されて
を内省し、教師にとっては生徒から
作成するのですが、教科書1パート
生 か し て い き ま す。 発 問 シ ナ リ オ
達成度を自己評価できる﹁ CAN-DO
チェックリスト﹂も作成している︵ 図
のフィードバックを受けて、自分の
に対してシナリオが5∼6ページ以
は、私がモデルを先行的に作成した
います。実際、
﹃英語を英語で﹄教
授 業 を 振 り 返 る こ と が 出 来 る﹁ 生
上になることも珍しくありません。
2︶
。観点別シラバスを通して﹁読
徒と教師が共有する道具﹂となる。
図1 「観点別シラバス」サンプル(コミュニケーション英語Ⅰ)
6月
単 元
高校英語入門
学習内容
高校での英語学習準備
(春休み課題)
学習目標と評価の観点
前期中間考査までの学習の目標・評価の観点 ❶コミュニケーションへの関心・意欲・態度
授業での学習のポイント □科学に関する紹介文や説明文を読んで、情報や考えを積
LANDMARK
極的に理解しようとする。
Lesson 1
□科学に関する紹介文や説明文を読んだ後で、意見を積極
What Can Blood ❶音読
意味の区切りで読む。
的に交換しようとする。
Type Tell Us?
(チャンクリーディング・
リーディングルックアップ・ ❷外国語表現の能力 □単語の正しい強勢、文の正しい強勢、イントネーションを
シャドーイング)
理解し、教科書を音読することができる。(L1, L5)
□英語で自己紹介文を書き、自己紹介スピーチを行うことが
❷テキスト理解
できる。(L1)
「英語」を「英語」で
□グラフィックオーガナイザーに図示された情報をもとに、
理解する。
テキストの全体的な流れを理解し、
口頭で説明できる。(L1)
LANDMARK
□グラフィックオーガナイザーに図示された情報をもとに、
❸技能統合活動
Lesson 5
テキストの全体的な流れとパートごとの内容の関係を理
読んだり、聞いたりし
Biodiesel
解し、口頭で説明できる。(L5)
た内容を話したり、書
Adventure
いたりする活動につな □教科書の本文を読んだ後で、その内容について意見交換
することができる。(L5)
げていく。教科書の英
文の内容を基本に発展 □教科書本文をパートごと読んだ後で、要約の穴埋めをする
ことができる。(L1, L5)
的な自己表現活動を行
う。
❸外国語理解の能力
□教科書本文を読んで、本文の流れを理解して命題となる
❹速読演習
英文を速く正確に、英
質問に英語で答えることができる。(L1, L5)
語で理解するスキル演 □クラスメートが行う自己紹介の内容を理解することができ
習を行う。
る。
(L1)
□意見交換において、クラスメートの意見を理解することが
❺補充リーディング
できる。(L5)
前期中間考査
教科書の本文の内容に □教科書本文に関連した英文を読み、パラグラフの中の文
関連する英文読解を行
と文のつながりを理解し、全体の流れもある程度理解で
Lesson 4
G ill
d
う
きる (L1 L5)
* [email protected] Naoyuki [email protected]& Haruko [email protected]
*英語での年間指導計画と単元計画への CAN-DO リストの反映例については、
『各中・高等学校の外国語教育に
おける
「CAN-DO リスト」の形での学習到達目標設定のための手引き』
(文部科学省初等中等教育局)も参照のこと。
(http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1332306.htm)
図1「観点別シラバス」サンプルの完全版は、次の URL よりダウンロード可能です。
http://berd.benesse.jp/berd/center/open/kou/dwdata/201402/shinkatei_1.pdf
Fe b r ua r y 2 0 14
32
で一番多いという。
加えて、上位層の人数は過去3年間
つれて、教師の英語での指示や説明
﹁
﹃英語を英語で﹄の授業に慣れるに
としていたと永末先生は説明する。
習内容でも意欲的に理解していこう
評価するのか﹂を見据えて、評価で
同校は展開している。
﹁誰のために
徒が目標を達成できるような授業を
達度の学習目標を設定し、実際に生
と言えるだろう。
程ではどの教科にも求められている
授業を柔軟に改善することが、新課
きる授業設計を行い、評価結果から
への理解度は格段
した。同時に、得た情報を使って地
の科学的探究心を高めるようにしま
ず、生物の垂直分布にも触れ、生徒
雨量などの教科書の内容にとどまら
授業では、屋久島の地理的特徴や降
つ い て ア ド バ イ ス を 受 け、 実 際 の
から内容の深め方や生徒の理解度に
ナリオを作成しました。生物の先生
せるための教材研究を行い、発問シ
﹁屋久島のエコツアーを扱った単
元では、本文の背景的知識を理解さ
は随分変わったと永末先生は話す。
観点別評価を踏まえて授業設計を
変えたことで、普通科の授業の様子
学習そのものの意
授 業 展 開 が、 言 語
教科の内容を学ぶ﹄
ました。
﹃英語で他
り組む生徒が増え
自発的に学習に取
献 を 読 ん だ り と、
を 見 た り、 参 考 文
マに関連する動画
サイトなどでテー
い ま す。 動 画 投 稿
トプット活動に積
意見発表等のアウ
図 2「CAN-DO チェックリスト」サンプルの完全版は、次の URL よりダウンロード可能です。
http://berd.benesse.jp/berd/center/open/kou/dwdata/201402/shinkatei_2.pdf
内容を深く、自発的に
理解する生徒たち
域比較を行う活動で、分数や倍数表
欲を高めることに
図2 「CAN-DO チェックリスト」サンプル(1年普通科〔数理コミュニケーションコース〕
)
に 高 ま り、 要 約 や
現に親しむなど、言語に対する知識・
つながっていると
感じます﹂
観点別評価と
評 価 に
CAN-DO
よって包括的に評
ているテーマと密接に結び付いてい
価できるだけでな
* [email protected] Naoyuki [email protected]& Haruko [email protected]
極的に取り組んで
理解も深まりました﹂
教科書を軸にしながらも、時には
教科書のレベルを超えた内容を学ん
るため、生徒は一貫して興味を持っ
く、 実 現 可 能 な 到
でいったが、内容が教科書で扱われ
て学ぶことができ、高いレベルの学
Febr u ar y 2 0 14
33
観点別評価の意義とその実践のポイント
新課程 教科指導最前線
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
594 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content