close

Enter

Log in using OpenID

11.2 スケトウダラ太平洋系群 (PDF:298KB)

embedDownload
.2 スケトウダラ太平洋系群
担当者 調査研究部 渡野邉雅道
共同研究機関 栽培水産試験場,北海道大学
北海道区水産研究所,東北区水産研究所
釧路水産試験場 (1)目 的
道南太平洋海域における漁獲対象種として重要なス
イ 餌料環境調査
ケトウダラは 7$& 対象種になっており,漁業者からは
ノルパックネットで採集した,スケトウダラ稚魚の
より精度の高い資源状態および資源動向の把握が求め
主要餌生物であるカイアシ類3種(1HRFDODQXV 属,
られている。また,7$& 設定を行っている国からも管
(XFDODQXV 属,3VHXGRFDODQXV 属)の分布密度の推移を
理方策選択および $%& 算定の根拠となる資源の変動メ
図2,3に示す。
年5月の湾内および湾口・湾外における主要餌
カニズムの解明が求められている。
スケトウダラ太平洋系群の豊度決定には,産卵場で
生物カイアシ類3種の分布密度は,それぞれ PJ/
あり浮遊稚魚期の生息域にもなっている噴火湾周辺海
P,PJ/P,6月は PJ/P,PJ/P であっ
域における初期生残の解明が重要である。そこで,本
た(図2)。これらを海域間で比較すると,両月とも
事業では浮遊稚魚および着底幼魚の分布状況を把握す
湾内よりも湾口・湾外の方が分布密度が高かった。ま
るとともに,その生息環境や食性,そして主要餌生物
た,月別に比較すると,湾内,湾口・湾外ともに5月
の分布状況を調査し,これらが稚魚の生残や着底後の
よりも6月の方が分布密度が高かった。
カイアシ類3種の分布密度を年比較すると, 年
成長,生残に与える影響を把握することを目的とする。
この内,函館水試では生息環境と餌料環境調査を担当
の分布密度は前年よりも大幅に増加し, 年以降で
する。
は 年と並んで高かった(図2)。ただし,
年からノルパックネットの目合いを小さく(ȣPЍ
(2)経過の概要
ȣP)したため, 年以前の分布密度は 年に
ア 生息環境調査
比べ過小評価されている可能性がある。
噴火湾およびその周辺海域の 点で,函館水試調査船
主要餌生物カイアシ類3種の変動を種別にみると,
金星丸を用いて5,6月に &7' による海洋観測を実施し,
年は前年に比べ (XFDODQXV 属と 3VHXGRFDODQXV 属
スケトウダラ稚魚の生息環境を把握した(図1)。
で増加がみられ,特に (XFDODQXV 属が大幅に増加して
いた(図3)。
イ 餌料環境調査
噴火湾およびその周辺海域の 点で,函館水試調査船
金星丸を用いて5,6月にノルパックネット(目合い:
ȣP)を海底上 mから鉛直曳きし,スケトウダラ稚魚の
餌料環境を把握した(図1)。
(3)得られた結果
ア 生息環境調査
スケトウダラ稚魚が分布していた水帯の水温と塩分
の範囲を表1に示す。 年の5月には水温3~7
℃,塩分 ~ の範囲に,6月には水温3~
℃,塩分 ~ の範囲に稚魚が分布していた。
年以降の稚魚の生息環境を年や月で比較する
㻌
と,塩分に関しては大きな変化は見られなかったが,
㻌
水温は年や月により大きく変化していた。
㻌
図1 調査点図(数字は調査点名)
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
表1 スケトウダラ稚魚の生息環境
年
㻞㻜㻜㻢
㻞㻜㻜㻣
㻞㻜㻜㻤
月
㻡
㻢
㻡
㻢
㻡
㻢
水温(℃)
㻟㻙㻣
㻟㻙㻝㻝
㻠㻙㻤
㻠㻙㻝㻟
㻝㻙㻤
㻝㻙㻥
塩分
㻟㻝㻚㻞㻙㻟㻟㻚㻢
㻟㻝㻚㻤㻙㻟㻟㻚㻠
㻟㻞㻚㻢㻙㻟㻟㻚㻢
㻟㻝㻚㻤㻙㻟㻟㻚㻠
㻟㻝㻚㻤㻙㻟㻟㻚㻠
㻟㻝㻚㻥㻙㻟㻟㻚㻠
年
㻞㻜㻜㻥
㻞㻜㻝㻜
㻞㻜㻝㻝
月
㻡
㻢
㻡
㻢
㻡
㻢
水温(℃)
㻟㻙㻤
㻠㻙㻝㻞
㻟㻙㻤
㻠㻙㻝㻟
㻟㻙㻣
㻟㻙㻝㻟
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
図2 主要餌生物カイアシ類3種の分布密度の推移
年からネットの目合いを変更した(ȣPЍȣP)
湾内:6W,,,,,,,
湾口・湾外:6W6,,,
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
㻌
図3 主要餌生物カイアシ類3種の分布密度の推移(種別)
年からネットの目合いを変更した(ȣPЍȣP)
湾内および湾口・湾外の調査点は,図2参照
塩分
㻟㻝㻚㻢㻙㻟㻟㻚㻤
㻟㻝㻚㻤㻙㻟㻟㻚㻤
㻟㻝㻚㻠㻙㻟㻟㻚㻣
㻟㻝㻚㻠㻙㻟㻟㻚㻣
㻟㻝㻚㻡㻙㻟㻟㻚㻤
㻟㻝㻚㻣㻙㻟㻟㻚㻣
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
298 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content