close

Enter

Log in using OpenID

2015年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望

embedDownload
【総括編】
【市場データ集計編】
【企業動向編】
1. 燃料電池市場概観
(1)燃料電池市場の全体像
(2)燃料電池システムの市場拡大の契機と今後の見通し
(3)ワールドワイド燃料電池システム主力プレイヤーランキング
分野別システム出荷金額
分野別出荷台数
(4)エリア別市場動向
日本、北米、欧州、アジア
(5)需要別市場動向
業務・産業用、家庭用、燃料電池車、携帯機器、
ポータブル・バックアップ、駆動用
1.燃料電池市場データ集計(全体市場)
(1)燃料電池システム
(2)燃料電池スタック部品
2.分野別燃料電池システム市場集計
(1)分野別×出荷量
(2)分野別×金額
(3)分野別×出力容量
3.タイプ別燃料電池システム市場集計
(1)タイプ別×出荷量
(2)タイプ別×金額
タイプ別×出力容量
4.エリア別燃料電池システム市場集計
(1)エリア別×出荷量
(2)エリア別×金額
(3)エリア別×出力容量
5.タイプ別燃料電池スタック部品市場集計
(1)タイプ別×出荷量
(2)タイプ別×金額
1.主要プレイーヤー相関図
PEFCシステムメーカー×部品メーカー
PEFCシステムメーカー×エネルギー事業者
燃料電池車メーカー×サプライヤー
2. 燃料電池システム市場規模推移(2015年、2020年、2025年)
(1)市場の全体像
(2)システム市場集計(用途別、タイプ別)
3.燃料電池スタック部品市場見通し(2015年、2020年、2025年)
(1)市場の全体像
(2)スタック部品市場集計(用途別、タイプ別)
4.スタックコスト分析
(1)出荷単価の見通し
(2)出力あたりのスタック部品採用量の見通し
(3)スタック部品コストの積み上げによるスタックコストの見通し
6.分野別燃料電池スタック部品市場集計
(1)分野別×タイプ別×出荷量
(2)分野別×タイプ別×金額
7.エリア別燃料電池スタック部品市場集計
(1)エリア別×タイプ別×出荷量
(2)エリア別×タイプ別×金額
【個別市場編(対象製品)】
<燃料電池システム市場>
家庭用燃料電池市場
産業用・業務用燃料電池市場
燃料電池車市場
<燃料電池スタック市場>
PEFC
PEFC
SOFC
SOFC
PAFC
PEFC電極
(貴金属、カーボン)
MCFC
電解質
(フッ素系、炭化水素系)
PEFC
携帯機器用燃料電池市場
PEFC
SOFC
DMFC
PEFC GDL
ポータブル/バックアップ用
燃料電池市場
PEFC
SOFC
DMFC
PEFCセパレータ
(金属、カーボン)
次世代型燃料電池技術
バイオFC
【調査項目】
1.製品概要・対象範囲
・製品特性/技術特性/主要製品
2.市場規模推移・予測
(数量・金額・出力容量、実績/短期∼長期予測)
・世界市場規模、エリア別市場規模、 平均単価
・エリア別ウェイト(日本、北米、欧州、アジア)
シリコンFC
SOFC電極
(アノード、カソード)
SOFC電解質
(ジルコニアほか)
・直近動向/市場拡大に向けた見通し/
地域別動向/普及支援策
4.メーカーシェア
5.主要企業動向
企業別取り組み内容/協業状況
6.タイプ別市場規模推移・予測
7.主要プレイヤー一覧
3.海外主要メーカー事例(約30社掲載予定)
SFC Energy (ドイツ)
Siemens(ドイツ)
SiEnergy Systems (アメリカ)
SK Holdings(韓国)
SOFC Power(イタリア)
sunfire(ドイツ)
Tekion(カナダ)
Topsoe Fuel Cell(デンマーク)
Truma Gerätetechnik(ドイツ)
Ulmer Brennstoffzellen
Manufaktur GmbH(ドイツ)
UltraCell(アメリカ)
Ultra Electronics AMI(アメリカ)
UTC Power(アメリカ)
Vaillant(ドイツ)
Versa Power Systems(アメリカ)
Wärtsilä(フィンランド)
【調査項目】
1.企業概要
2.参入分野
3.主要製品
4.事業概要
Nuvera Fuel Cells(アメリカ)
Oorja Protonics(アメリカ)
PEM-Energy(フィンランド)
Plug Power(アメリカ)
POSCO Energy(韓国)
PowerCell(スウェーデン)
Proton Motor Fuel Cell (ドイツ)
Protonex Technology (アメリカ)
ReliOn(アメリカ)
Riesaer Brennstoffzellentechnik
(ドイツ:RBZ)"
Rolls-Royce Fuel Cell System
(イギリス)
Samsung SDI(韓国)
Serenergy(デンマーク)
5.出荷動向
6.参入エリア
7.プロジェクト参画状況
8.技術開発状況
SOFCインターコネクタ
(金属系)
その他
3.市場動向
2. .主要プレイヤ参入状況一覧
(1).プレイヤ名称
(2).属性、
(3).参入分野・領域
(4).参入エリア
(5).取組み内容
【調査項目】
1.製品概要・対象範囲
2.市場規模推移・予測(数量、金額、実績/短期∼長期)
世界市場規模
分野別市場規模
3.市場見通し
直近動向/分野別動向/ 開発動向
4.部品コスト・使用量の見通し
5.主要製品一覧
6.主要プレイヤー一覧
【業界動向編】
1.関連省庁における燃料電池関連予算
2.NEDO技術開発プログラム
3.主要国における燃料電池技術開発・普及促進戦略
4.海外プロジェクト動向
5.水素インフラ整備の方向性
お問い合わせはこちら
FAX:06−6228−2030
株式会社富士経済 大阪マーケティング本部
ご予約受付中
∼最新マーケティング調査資料の御案内∼
FAX申込書(予約用)
NO.141404808
【お申込み希望の内容に○印をお願いします】
申込
レポート名
価格
2015年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望(書籍版)
130,000円
(130,000円+税)
2015年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望(PDF版)
130,000円
(130,000円+税)
2015年版 燃料電池関連技術・市場の将来展望(書籍版+PDF版)
150,000円
(150,000円+税)
郵便番号
高耐久
〒
−
低コスト化
高効率
高エネルギー密度
CO2対策
御社名
商品化
技術開発
エネルギー転換
需要開拓
利用シーンの拡大
ラインアップ強化
普及価格
水素インフラ
水素利用拡大
家庭用燃料電池>10万台普及まであと一歩
生活パターンに応じた運転をフルオートで実現することができ、自宅でエネルギーの倹約を意識せず
御住所
にエコライフを実現することができる。2015年以降、補助金に頼らない自立市場に向けて低価格化が
部署名
進み、集合住宅やLPGエリアでの普及拡大、既築住宅での普及拡大が進むと期待されている。
燃料電池自動車>商品化目前
御役職名
燃料電池車は第一次グループが2015年商品化。その後の普及ステージに向けて、パートナーと業務
御芳名
提携。4大グループに分かれて普及を目指す。「究極のエコカー」と同時に、運動性能の高さにおいて
TEL
−
−
FAX
−
−
E-mail
@
も非常に優れており、EVの強力な加速とガソリン車と同等の航続距離を実現。
駆動用・ポータブル燃料電池>国産・輸入品による日本市場開拓
停電対応として携帯電話基地局や交通信号向けに燃料電池が利用されている。長時間給電や長寿
命、ランニングコストが安いことをメリットに導入が始まっている。海外からの輸入品も利用されている。
携帯機器向け小型燃料電池>スマホバッテリーを5回充電
ご記入いただきます個人情報は、お問い合わせへの対応およびレポートのご購入申込への対応に利
用させていただきます。「個人情報保護方針」(https://www.fuji-keizai.co.jp/privacy/policy.html)に
ご同意いただける場合のみ個人情報をご記入下さい。
(株)富士経済 個人情報問い合わせ窓口 TEL03-3664-5821 個人情報保護管理者
【お支払い方法】
発刊時に出版物に同封して請求書を発送させていただきます。銀行振り込みにてお支払い下さい。
御支払予定ご確認のため、貴社の御支払予定日をご記入ください。
規定締日;
日 → 御支払日; 当月or翌月
日払い
【お問い合わせ先】株式会社富士経済 大阪マーケティング本部 第二事業部
TEL:06−6228−2020/FAX:06−6228−2030
E-mail:[email protected]
[email protected]明記のうえご連絡下さい
スマートフォンのバッテリー不足が円滑な日常生活の障害になり始めている。これまで1日1回の充電
で対応してきたユーザーが大容量チャージャーを求めている。電池の高容量化に伴って、燃料電池
の強みが生かせるチャンスが増えている。
◆ 発刊日:2014年12月(発刊予定)
◆ 頒 価:書籍版130,000円(130,000+税)
PDF版130,000円(130,000+税)
書籍・PDF版セット150,000円
(150,000+税)
◆ 体 裁:A4版 約250頁(予定)
◆ 申込方法:添付FAX申込書を御返信下さい
◆ 請求方法:刊行時に請求書同封で発送致します
◆ 支払方法:銀行振込
(株)富士経済 大阪マーケティング本部 第二事業部
〒541-0051
大阪市中央区備後町3-4-1 TEL:06-6228-2020 FAX:06-6228-2030
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
188 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content