close

Enter

Log in using OpenID

3. CTS の操作(基本編)

embedDownload
p.14
3. CTS の操作(基本編)
3.1 プラン CTS の確認
CTS のプランは、”ls –plan”で確認することが出来ます。
現在は、計 8 種類提供されています。プラン CTS は、そのうちのひとつです。
プラン
図 3.1 ー 1
Note.
Google 社へは、プラン CTS(図 3.1-1 の赤丸)実施、作成されたレポートを提出します。
本書では、プラン CTS 以外の説明は割愛いたしますが、プラン CTS で実施される各種テストが
目的別に小分けされたようなものだと考えてください。
p.15
プラン CTS が提供する項目を”ls –plan CTS”で確認することが可能です。
現在は、計 42 項目のテストパッケージが提供されております。
テストパッケージ
図 3.1-2
p.16
3.2 プラン CTS の実施
3.2.1 プラン CTS 実施方法その1
プラン CTS は、“start –plan CTS”で実行されます。
書式:start --plan test_plan_name
図 3.2.1
Note.
自動で、端末 Reboot を繰り返しながら、プラン CTS の項目を順に実施していきます。
p.17
3.2.2 プラン CTS 実施方法その2
プラン CTS を図 3.1-2 で表示したテストパッケージ単位で実施することが可能です。
”-p”オプションにて、テストパッケージ名を指定します。
書式:start --plan test_plan_name -p java_package_name
下記の例では、”android.apidemos.cts”を実施させています。
図 3.2.2
Note.
指定されたテストパッケージに含まれるテストシナリオが全部実行された後、cts_host プロンプトが表示され
コマンド入力待ちとなります。
p.18
3.2.3 プラン CTS 結果確認
CTS 実施結果は、android-cts/repository/results 直下に、CTS 開始日付フォルダが作成され
そこに格納されます。
図 3.2.3-1
Note.
results フォルダの下に、zip ファイルが作成されます。これは、前述の CTS 実施結果が格納される
CTS 開始日付フォルダを compress したものです。Google 社へは、この zip ファイルを提出します。
p.19
CTS 実施結果フォルダには、図 3.2.3-2 で示すようなファイル群が存在します。
図 3.2.3-2
testResult.xml に実行毎に結果が反映されていきます。その結果は、ブラウザで確認可能です。
testResult.xml をブラウザで Open すると下記、図 3.2.3-3 のように表示されます。
図 3.2.3-3(最上部)
p.20
ブラウザスクロールで、他の情報も確認可能です。
図 3.2.3-3(テストパッケージ毎の結果一覧)
図 3.2.3-3(テスト結果詳細)
p.21
CTS がエラーを検知した場合、下記のように、Result 列が赤くなり、エラー詳細が表示されます。
図 3.2.3-4(エラー一覧)
Note.
Failure Details に表示されるエラー内容では、どのような API を使用した結果エラーとなったのかが
判別しにくい場合があります。その場合、CTS ソースコード(AOSP から取得可能)を解析する必要があります。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
805 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content