close

Enter

Log in using OpenID

製造仕様 1ページ (PDF形式、402kバイト)

embedDownload
製造仕様
安全上のご注意
(下記以外の特種品は販売担当者にご相談ください。)
■銅はくの純度および厚さ許容量値
公称厚さ 重量厚さ 厚さ許容差
(mm) (g/m2) (g/m2)
0.012
106
±10
0.018
153
±15
0.035
285
±30
0.070
610
±61
純
■着火源・発火温度にご注意ください
自己消化性を有する難燃グレードの製品でも、着火源があったり、
発火温度以上になると、燃焼致しますので注意してください。
■定尺寸法および許容差(mm)
度
+5
1020 −0
+5
×1020 −0
+5
+5
1220 −0 ×1020 −0
■静電気にご注意ください
製品の取り扱い時に静電気が発生することがあります。その
際には、取り扱い時にゴム手袋を着用していただくとともに、
周囲には可燃性のものを置かない様にご注意ください。
99.5%
以上
■樹脂やガラスの粉塵にご注意ください
ドリル加工、打ち抜き加工などの機械加工時には、樹脂やガ
ラスの粉塵が発生致します。粉塵を吸い込んだり、直接皮膚
に触れないようにするために、保護めがね、保護手袋、防塵
マスク等の保護具を着用してください。また、粉塵の飛散防
止に集塵装置等の設置をお勧めします。
万が一粉塵が目に入ったり、皮膚に付着した場合には水でよく
洗い流してください。必要に応じて医師の診断を受けてください。
■厚さ
(mm)
構
成
品
公称板厚
(mm)
番
銅はく
(mm)
CEL-475SD
0.06, 0.1, 0.2, 0.3, 0.4, 0.6,
0.8, 1.0, 1.2, 1.6
CEL-614G
0.1, 0.2, 0.3, 0.4, 0.6, 0.8,
1.0, 1.2, 1.6
ガラスエポキシ
コンポジット E-668T
E-568T
0.8, 1.0, 1.2, 1.6
0.018,
0.035
■加熱時の臭気にご注意ください
製品を加熱すると臭気が発生することがあります。臭気によ
り頭痛や気分が悪くなることがありますので、換気は充分に
行ってください。
0.018,
0.035
※70μm以上は要相談
■素手で直接ふれないでください
使用上のご注意
長手方向を
たて方向に
たて方向
たて方向
3.板パターン設計と板取りの方法
■方向性について
積層板には、たて、よこの方向性があり、
その特性に差があります。パターン設計、
板取りの際にご留意ください。
1.たて方向は、よこ方向に比べ強度が大で、
加工後の寸法変化、そりも僅かです。
ミシン方向を
よこ方向に
よこ方向
2.たて、よこの見分け方
CEM-3、CELには、たて方向を示す記
号として、断面にインクで表示したもの
があります。
①断面にインクで表示したもの
インクをつけてある方がたて方向です。
たて方向
たて方向
たて方向
回路方向を
たて方向に
コネクタ部方向を
たて方向に
たて方向
■薬品処理について
1.エッチング
エッチング終了後は、すぐにきれいな流
水で十分洗浄してください。水洗いが
足りないと変色や特性変化の原因とな
ります。
2.エッチングレジストの除去
基板の変色や特性変化を防ぐため、処
理時間はなるべく短く、処理後は十分
に水洗いしたうえ乾燥してください。
3.メッキ
メッキ液の組成、温度、時間を十分管理
し、取り出したらすぐに流水でよく洗っ
て乾燥してください。
■加熱について
1.加熱処理の際、基板に無理な力が加わ
ると、そり、ねじれ、ミーズリングの原因
になりますのでご注意ください。
2.ヒューシング処理などの高温熱処理の際、
急激に加熱・冷却すると層間クラックや
基板のふくれなどの原因になります。な
るべく段階的に行ってください。
また、信頼性向上のため、熱処理前の脱
湿乾燥は、ぜひ行ってください。
3.はんだの温度が高すぎると、耐熱時間が
低下し、回路や基板のふくれの原因とな
ります。適正な温度を保つよう、十分管
理してください。
4.はんだゴテを使用する際、コテ先温度は
300℃以内に保ち、なるべく短時間に
行ってください。また、はんだ付けの作
業中および直後は、部品と回路の接合
部を動かさない用にしてください。
■保管について
1.その他保管方法に関しましては下記「取
り扱い上の注意」をご参照ください。
107
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
112
File Size
401 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content