close

Enter

Log in using OpenID

「準拠」に関するGRI内容索引/ISO26000対照表/国連

embedDownload
「準拠」に関するGRI内容索引/ISO26000対照表/国連グローバル・コンパクト対照表
・GRI「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版」の「中核(Core)」に準拠しています。
・「CSRレポート2016」の環境および人事に関するデータについては、第三者保証を取得しています。
一般標準開示項目
GRI
GC
G4-1
戦略および
分析
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
組織の最高意思決定者の声明
トップコミットメント
G4-2
主要な影響、リスクと機会の説明
トップコミットメント
CSR経営の全体像
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
<関連リンク>
有価証券報告書[PDF:1,157KB]P15-19
G4-3
組織の名称
<関連リンク>
会社概要
G4-4
主要なブランド、製品およびサービス
<関連リンク>
有価証券報告書[PDF:1,157KB]P6
G4-5
組織の本社の所在地
<関連リンク>
会社概要
G4-6
組織が事業展開している国の数
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
組織の所有形態や法人格の形態
<関連リンク>
会社概要
有価証券報告書[PDF:1,157KB]
インベスターズガイド[PDF:4,884KB]
G4-8
参入市場
<関連リンク>
会社概要
インベスターズガイド[PDF:4,884KB]
G4-9
組織の規模
<関連リンク>
会社概要
雇用の内訳
人事方針と雇用の現況
ダイバーシティへの取り組み
社会データ
G4-7
G4-10
GC6
組織のプロ
フィール
100%
G4-11
団体交渉協定の対象となる全従業員の
比率
良好な労使間コミュニケーションの構築
社会データ
G4-12
組織のサプライチェーン
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
G4-13
報告期間中に発生した重大な変更
<関連リンク>
参考:公告
予防的アプローチや予防原則への取り
組み
環境リスクへの対応
リスク管理
<関連リンク>
経営リスク
組織が支持するイニシアティブの一覧
国連グローバル・コンパクト
日本経済団体連合会自然保護協議会
「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」(経済産業省)
団体や国内外の提言機関の会員資格
国連グローバル・コンパクト
日本ガス協会
日本経団連
東京商工会議所
日本障がい者スポーツ協会
プレスリリース(日本パラリンピック委員会)
G4-17
組織の事業体一覧
<関連リンク>
関係会社一覧
東京ガスグループ組織・体制
有価証券報告書[PDF:1,157KB]P6-9
G4-18
報告内容とバウンダリーの確定プロセス
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
編集方針
G4-19
特定したすべてのマテリアルな側面
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
G4-14
G4-15
G4-16
特定された
マテリアル
な側面とバ
ウンダリー
GC3
1
ISO26000
4.7 国際行動規範の尊重
6.2 組織統治
7.4.2 社会的責任に関する組織
の方向性の決定
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.1-6.4.2 労働慣行の概要、原
則及び考慮点
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.4.4 課題2:労働条件及び社会
的保護
6.4.5 課題3:社会対話
6.8.5 課題3:雇用創出及び技能
開発
7.8 社会的責任に関する自主的
なイニシアチブ
5.2 社会的責任の認識
7.3.2 組織にとっての中核主題及
び課題の関連性及び重要性の判
断
7.3.3 組織の影響力の範囲
7.3.4 課題に取り組むための優
先順位の決定
G4-20
特定された
マテリアル
な側面とバ
ウンダリー
ステークホ
ルダー・エ
ンゲージメ
ント
各マテリアルな側面のバウンダリー(組
織内)
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
G4各側面のバウンダリ[PDF:156KB]
G4-21
各マテリアルな側面のバウンダリー(組
織外)
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
G4-22
過去の報告書の修正再記述する理由
-
G4-23
スコープおよびバウンダリーの変更
変更なし
G4-24
組織がエンゲージメントしたステークホル CSR経営の全体像
ダー・グループの一覧
主なステークホルダーとのコミュニケーション
G4-25
ステークホルダーの特定および選定基準
G4-26
CSR経営の全体像
ステークホルダー・エンゲージメントへの
ステークホルダーダイアログ
組織のアプローチ方法
主なステークホルダーとのコミュニケーション
G4-27
ステークホルダー・エンゲージメントによ
り提起された主なテーマや懸念
ステークホルダーダイアログ
主なステークホルダーとのコミュニケーション
アンケート結果/主なご意見
G4-28
提供情報の報告期間
編集方針
G4-29
最新の発行済報告書の日付
編集方針
G4-30
報告サイクル
編集方針
G4-31
報告書またはその内容に関する質問の
窓口
東京ガス広報部
ご意見・ご感想
G4-32
【準拠オプション】中核
【GRI内容索引】
選択した「準拠」のオプション、GRI内容索 本表 GRIガイドライン一覧表
引、外部保証を受けている場合、参照情 【外部保証】
<関連リンク>
報
第三者による独立保証報告書(社会)
第三者による独立保証報告書(環境)
G4-33
編集方針
外部保証に関する組織の方針および実 <関連リンク>
務慣行
第三者による独立保証報告書(社会)
第三者による独立保証報告書(環境)
報告書のプ
ロフィール
CSR経営の全体像
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
組織のガバナンス構造
コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
環境マネジメントシステムの継続的改善
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
労働災害の防止
コンプライアンス推進体制
<関連リンク>
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:503KB]
G4-35
最高ガバナンス組織から役員や他の従
業員へ、経済、環境、社会テーマに関し
て権限委譲を行うプロセス
コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
環境マネジメントシステムの継続的改善
労働災害の防止
コンプライアンス推進体制
G4-36
コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
役員レベルの者が経済、環境、社会テー 環境マネジメントシステムの継続的改善
マの責任者として任命されているか
CS向上の取り組み
労働災害の防止
コンプライアンス推進体制
G4-34
ガバナンス
G4-37
5.2 社会的責任の認識
7.3.2 組織にとっての中核主題及
び課題の関連性及び重要性の判
断
7.3.3 組織の影響力の範囲
7.3.4 課題に取り組むための優
先順位の決定
コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
ステークホルダーと最高ガバナンス組織
の間で、経済、環境、社会テーマについ 環境マネジメントシステムの継続的改善
CS向上の取り組み
て協議するプロセス
労働災害の防止
コンプライアンス推進体制
コーポレート・ガバナンス
ガバナンスデータ
<関連リンク>
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:593KB]
G4-38
最高ガバナンス組織およびその委員会
の構成
G4-39
コーポレート・ガバナンス
最高ガバナンス組織の議長が執行役員
<関連リンク>
を兼ねているか
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:593KB]
G4-40
コーポレート・ガバナンス
最高ガバナンス組織とその委員会のため 経営体制
の指名・選出プロセス
<関連リンク>
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:593KB]
2
5.3 ステークホルダーの特定及
びステークホルダーエンゲージメ
ント
7.5.3 社会的責任に関するコミュ
ニケーションの種類
7.6.2 社会的責任に関する報告
及び主張の信頼性向上
6.2 組織統治
7.4.3 組織の統治、システム及び
手順への社会的責任の組込み
7.7.5 パフォーマンスの改善
ガバナンス
G4-41
最高ガバナンス組織が、利益相反が排
除され、マネジメントされていることを確
実にするプロセス
G4-42
コーポレート・ガバナンス
経営体制
経済、環境、社会影響に関わる組織の目 CSR推進体制
的や戦略、目標策定と承認における最高 環境マネジメントシステムの継続的改善
ガバナンス組織と役員の役割
CS向上の取り組み
労働災害の防止
コンプライアンス推進体制
コーポレート・ガバナンス
経営体制
監査体制
内部統制
リスク管理
G4-43
最高ガバナンス組織の集合的知見を発
展・強化するために講じた対策
G4-44
コーポレート・ガバナンス
最高ガバナンス組織の経済、環境、社会 CSR推進体制
テーマのガバナンスに関わるパフォーマ CS向上の取り組み
コンプライアンスの徹底
ンスを評価するためのプロセス
環境マネジメントシステムの継続的改善
労働災害の防止
G4-45
コーポレート・ガバナンス
CSR推進体制
経済、環境、社会影響、リスクと機会の特
CS向上の取組み
定、マネジメントにおける最高ガバナンス
コンプライアンスの徹底
組織の役割
環境マネジメントシステムの継続的改善
労働災害の防止
G4-46
組織の経済、環境、社会的に関わるリス
コーポレートガバナンス
ク・マネジメント・プロセスにおける最高ガ
リスク管理
バナンス組織の役割
G4-47
最高ガバナンス組織が実施する経済、環
境、社会影響、リスクと機会のレビューを -
行う頻度
G4-48
組織のサステナビリティ報告書の正式な
CSR経営の全体像
レビューや承認を行う最高位の委員会ま
東京ガスグループのCSR重点活動とマテリアリティ
たは役職
G4-49
最高ガバナンス組織に対して重大な懸念 コーポレート・ガバナンス
事項を通知するためのプロセス
コンプライアンスの徹底
G4-50
最高ガバナンス組織に通知された重大な
懸念事項の性質と総数。およびその対応 コンプライアンスの徹底
と解決のために実施した手段
G4-51
経営体制
最高ガバナンス組織および役員に対する
<関連リンク>
報酬方針及および経済、環境、社会目的
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:503KB]
(パフォーマンス基準)との関係
有価証券報告書[PDF:1,157KB] P43-44
G4-52
報酬の決定プロセス
<関連リンク>
コーポレート・ガバナンス報告書[PDF:503KB]
有価証券報告書[PDF:1,157KB]P43-44
G4-53
報酬に関するステークホルダーの意見を
-
どのように求め考慮しているか
G4-54
最高給与受給者の年間報酬総額の全従
業員年間報酬総額の中央値に対する比 -
率(地域別)
G4-55
最高給与受給者の年間報酬総額の増加
率の、全従業員の増額率に対する比率 -
(地域別)
G4-56
倫理と誠実
性
コーポレート・ガバナンス
経営体制
監査体制
内部統制
コンプライアンス推進体制
G4-57
G4-58
6.2 組織統治
7.4.3 組織の統治、システム及び
手順への社会的責任の組込み
7.7.5 パフォーマンスの改善
CSR経営の全体像
コンプライアンスの徹底
GC10
組織の価値、理念および行動基準・規範
GC10
倫理的、法的行為や誠実性に関する事 コンプライアンスの徹底
項について助言を与えるため組織内外に 人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
贈収賄防止に向けて
設けてある制度
GC10
非倫理的あるいは違法な行為について
の懸念や、組織の誠実性に関する事項
の通報のために組織内外に設けてある
制度
コンプライアンスの徹底
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
贈収賄防止に向けて
3
4.4 倫理的な行動
6.6.3 課題1:汚職防止
特定標準開示項目
経済
創出、分配した直接的経済価値
株主/投資家とともに
<関連リンク>
IRライブラリー
気候変動による財務上の影響、その他
のリスクと機会
環境リスクへの対応
環境会計
<関連リンク>
経営リスク
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
G4-EC3
確定給付型年金制度の組織負担の範囲
<関連リンク>
有価証券報告書[PDF:1,157KB]P80
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
G4-EC4
政府から受けた財務援助
-
-
G4-EC2
G4-EC5
GC7
GC6
重要事業拠点における最低賃金に対す
-
る標準最低給与の比率(男女別)
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.4.4 課題2:労働条件及び社会
的保護
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
重要事業拠点における、地域コミュニティ
-
から採用した上級管理職の比率
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
6.8.5 課題3:雇用創出及び技能
開発
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
原料の調達
海外事業
都市ガスの製造
インフラ投資および支援サービスの展開
電力事業の推進
と影響
都市ガスの供給
社会貢献活動
国際社会とともに
6.3.9 課題7:経済的,社会的及
び文化的権利
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
6.8.9 課題7:社会的投資
著しい間接的な経済影響
-
6.3.9 課題7:経済的,社会的及
び文化的権利
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
6.6.7 課題5:財産権の尊重
6.7.8 課題6:必要不可欠なサー
ビスへのアクセス
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
6.8.5 課題3:雇用創出及び技能
開発
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
6.8.9 課題7:社会的投資
重要事業拠点における地元サプライヤー
-
への支出の比率
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
地域での存
在感
G4-EC6
GC6
G4-EC7
間接的な経
済影響
G4-EC8
調達慣行
ISO26000
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
6.8.3 課題1:コミュニティへの参
画
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
6.8.9 課題7:社会的投資
G4-EC1
経済的パ
フォーマン
ス
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
G4-EC9
環境
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
G4-EN1
GC7,8
G4-EN2
GC8
ISO26000
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
使用原材料におけるリサイクル材料の割
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
合
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
使用原材料の重量または量
原材料
4
DMA
G4-EN3
GC7,8
組織内のエネルギー消費量
環境保全ガイドライン目標と実績
2015年度の取り組み結果
地球温暖化防止に向けて
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
G4-EN4
GC8
組織外のエネルギー消費量
環境保全ガイドライン目標と実績
2015年度の取り組み結果
地球温暖化防止に向けて
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
G4-EN5
GC8
エネルギー原単位
環境保全ガイドライン目標と実績
2015年度の取り組み結果
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
GC8,9
エネルギー消費の削減量
地球温暖化防止に向けて
環境保全ガイドライン目標と実績
2015年度の取り組み結果
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
GC8,9
製品およびサービスが必要とするエネル 地球温暖化防止に向けて
ギーの削減量
お客さま先でのCO2排出抑制
【重要側
面】
エネルギー
G4-EN6
G4-EN7
水
水源別の総取水量
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
G4-EN8
GC7,8
G4-EN9
GC8
取水によって著しい影響を受ける水源
-
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
G4EN10
GC8
リサイクルおよびリユースした水の総量と
-
比率
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
重点活動とマテリアリティの目標と実績
GC8
生物多様性の保全活動
生物多様性価値の高い地域に所有、賃
バリューチェーンにおける取り組み
借、管理している事業サイト
長野・東京ガスの森 その他の取り組み
6.5.6 課題4:自然環境の保護及
び回復
G4EN12
GC8
生物多様性価値の高い地域において、
生物多様性に対して及ぼす著しい影響
生物多様性の保全活動
バリューチェーンにおける取り組み
長野・東京ガスの森 その他の取り組み
6.5.6 課題4:自然環境の保護及
び回復
G4EN13
GC8
保護または復元されている生息地
長野・東京ガスの森 その他の取り組み
6.5.6 課題4:自然環境の保護及
び回復
GC8
事業の影響を受ける地域に生息する
IUCNレッドリストおよび国内保全種リスト -
対象の生物種の総数
G4EN11
G4EN14
DMA
6.5.6 課題4:自然環境の保護及
び回復
重点活動とマテリアリティの目標と実績
GC7,8
地球温暖化防止に向けて
直接的な温室効果ガス(GHG)排出量(ス
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
コープ1)
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
GC7,8
地球温暖化防止に向けて
間接的な温室効果ガス(GHG)排出量(ス
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
コープ2)
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
G4EN17
GC7,8
地球温暖化防止に向けて
その他の間接的な温室効果ガス(GHG)
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
排出(スコープ3)
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
G4EN18
GC8
温室効果ガス(GHG)排出原単位
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
温室効果ガス(GHG)排出量の削減量
地球温暖化防止に向けて
環境保全ガイドライン目標と実績
2015年度の取り組み結果
家庭用高効率ガス機器の普及
空調システムの開発・普及
ガスコージェネレーションシステムの開発・普及
(2)再生可能エネルギー利用の推進
(3)スマート化の推進
都市ガスの製造・供給における取り組み
地域冷暖房における取り組み
事業所の取り組み
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
G4EN15
G4EN16
【重要側
面】
大気への
排出
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
環境リスクへの対応
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
DMA
【重要側
面】
生物多様
性
重点活動とマテリアリティの目標と実績
G4EN19
GC8,9
5
【重要側
面】
大気への
排出
G4EN20
GC7,8
オゾン層破壊物質(ODS)の排出量
G4EN21
GC7,8
NOX、 SOX、およびその他の重大な大気 東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
排出
環境パフォーマンスデータ(1)
DMA
G4EN22
【重要側
面】
排水および
廃棄物
重点活動とマテリアリティの目標と実績
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
環境リスクへの対応
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
水質および排出先ごとの総排水量
G4EN23
GC8
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
環境パフォーマンスデータ(1)
ガス供給分野における取り組み
種類別および処分方法別の廃棄物の総
事業所における廃棄物対策
重量
お客さま先における廃棄物対策
製造工場・建設工事における廃棄物対策
環境リスクへの対応
6.5.3 課題1:汚染の予防
G4EN24
GC8
重大な漏出の総件数および漏出量
6.5.3 課題1:汚染の予防
GC8
バーゼル条約で定める有害廃棄物の輸
送、輸入、輸出、処理重量、および国際 環境リスクへの対応
輸送した廃棄物の比率
6.5.3 課題1:汚染の予防
組織の排水や流出液により著しい影響を バリューチェーンにおける取り組み
受ける水域ならびに関連生息地
生物多様性の保全活動
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.5.6 課題4:自然環境の保護及
び回復
G4EN26
GC8
DMA
G4EN27
G4EN28
【重要側
面】
コンプライ
アンス
6.5.3 課題1:汚染の予防
GC8
G4EN25
【重要側
面】
製品および
サービス
環境リスクへの対応
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
GC7,8,9
GC8
重点活動とマテリアリティの目標と実績
地球温暖化防止に向けて
家庭用高効率ガス機器の普及
空調システムの開発・普及
高性能工業炉・蒸気システムの開発・普及
製品およびサービスによる環境影響緩和 ガスコージェネレーションシステムの開発・普及
エネルギーサービスによる省エネ・省CO2の推進
の程度
(2)再生可能エネルギー利用の推進
(3)スマート化の推進
(4)輸送部門における低炭素化の推進
(5)お客さまとともに進める省エネライフ提案
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.5.5 課題3:気候変動の緩和及
び気候変動への適応
6.7.5 課題3:持続可能な消費
製造工場・建設工事における廃棄物対策
ガス供給分野における取り組み
使用済み製品や梱包材のリユース、リサ
事業所における廃棄物対策
イクル比率(区分別)
お客さま先における廃棄物対策
東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.7.5 課題3:持続可能な消費
DMA
G4EN29
該当なし
重点活動とマテリアリティの目標と実績
GC8
環境法規制の違反に関する高額罰金の 法規制への違反はありません
額、罰金以外の制裁措置の件数
環境リスクへの対応
4.6 法の支配の尊重
輸送・移動
G4EN30
GC8
製品の輸送、業務に使用するその他の 東京ガスグループの事業活動とマテリアルバランス
物品や原材料の輸送、従業員の移動か バリューチェーンにおける取り組み
ら生じる著しい環境影響
環境パフォーマンスデータ(1)
6.5.4 課題2:持続可能な資源の
利用
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
環境全般
G4EN31
GC7,8,9
環境保護目的の総支出と総投資(種類
別)
6.5.1-6.5.2 環境の概要、原則及
び考慮点
DMA
【重要側
面】
サプライ
ヤーの環境
評価
G4EN32
G4EN33
環境に関す
る苦情処理
制度
G4EN34
環境会計
ステークホルダーダイアログ
GC8
環境クライテリアにより選定した新規サプ
-
ライヤーの比率
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
7.3.1 デューディリジェンス
GC8
サプライチェーンにおける著しいマイナス
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
環境影響(現実的、潜在的なもの)、およ
資材調達マネジメント
び行った措置
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
7.3.1 デューディリジェンス
GC8
環境影響に関する苦情で、正式な苦情
処理制度を通じて申立、対応、解決を
行ったものの件数
6.3.6 課題4:苦情解決
-
6
労働慣行とディーセント・ワーク
DMA
【重要側
面】
雇用
G4-LA1
G4-LA4
派遣社員とアルバイト従業員には支給せ
ず、正社員に支給する給付金(主要事業 ダイバーシティへの取り組み
拠点ごと)
6.4.4 課題2:労働条件及び社会
的保護
6.8.7 課題5:富及び所得の創出
GC6
出産・育児休暇後の復職率と定着率(男 ダイバーシティへの取り組み
女別)
社会データ
6.4.4 課題2:労働条件及び社会
的保護
GC3
業務上の変更を実施する場合の最低通
知期間(労働協約で定めているか否かも -
含む)
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.4.5 課題3:社会対話
労使合同安全衛生委員会に代表を送る 良好な労使間コミュニケーションの構築
母体となっている総労働力の比率
社会データ
6.4.6 課題4:労働における安全
衛生
G4-LA6
傷害の種類と、傷害・業務上疾病・休業
日数・欠勤の比率および業務上の死亡
者数(地域別、男女別)
労働安全衛生の取り組み
社会データ
6.4.6 課題4:労働における安全
衛生
6.8.8 課題6:健康
G4-LA7
業務関連の事故や疾病発症のリスクが
高い労働者数
-
6.4.6 課題4:労働における安全
衛生
6.8.8 課題6:健康
G4-LA8
労働組合との正式協定に定められている 良好な労使間コミュニケーションの構築
安全衛生関連のテーマ
労働安全衛生の取り組み
G4LA10
スキル・マネジメントや生涯学習のプログ
ダイバーシティへの取り組み
ラムによる従業員の継続雇用と雇用終了
人材育成とキャリア開発
計画の支援
6.4.7 課題5:職場における人材
育成及び訓練
6.8.5 課題3:雇用創出及び技能
開発
G4LA11
業績とキャリア開発についての定期的評 社員の概況
価を受けている従業員の比率(男女別、 人事制度と評価のしくみ
従業員区分別)
社会データ
6.4.7 課題5:職場における人材
育成及び訓練
GC6
G4LA12
G4LA13
GC6
GC6
ガバナンス組織の構成と従業員区分別
の内訳(性別、年齢、マイノリティーグ
ループその他の多様性指標別)
女性の基本給と報酬総額の対男性比
(従業員区分別、主要事業拠点別)
DMA
【重要側
面】
サプライ
ヤーの労働
慣行評価
労働慣行に
関する苦情
処理制度
重点活動とマテリアリティの目標と実績
6.4.7 課題5:職場における人材
育成及び訓練
GC6
DMA
男女同一
報酬
6.4.6 課題4:労働における安全
衛生
従業員一人あたりの年間平均研修時間 -
G4-LA9
【重要側
面】
多様性と機
会均等
重点活動とマテリアリティの目標と実績
G4-LA5
DMA
【重要側
面】
研修および
教育
重点活動とマテリアリティの目標と実績
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
DMA
【重要側
面】
労働安全
衛生
ISO26000
従業員の新規雇用者と離職者の総数と 人事方針と雇用の現況
比率(年齢、性別、地域による内訳)
社会データ
GC6
G4-LA2
G4-LA3
労使関係
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
重点活動とマテリアリティの目標と実績
ダイバーシティへの取り組み
社会データ
6.2.3 意思決定のプロセス及び
構造
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
-
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.4.4 課題2:労働条件及び社会
的保護
ステークホルダーダイアログ
労働慣行クライテリアによりスクリーニン
-
グした新規サプライヤーの比率
6.3.5 課題3:加担の回避
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
7.3.1 デューディリジェンス
G4LA15
サプライチェーンでの労働慣行に関する 東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
著しいマイナス影響と実施した措置
資材調達マネジメント
6.3.5 課題3:加担の回避
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
7.3.1 デューディリジェンス
G4LA16
労働慣行に関する苦情で、正式な苦情
処理制度により申立、対応、解決を図っ コンプライアンスの徹底
たものの件数
6.3.6 課題4:苦情解決
G4LA14
7
人権
G4-HR1
G4-HR2
G4-HR3
結社の自
由と団体交 G4-HR4
渉
児童労働
強制労働
保安慣行
先住民の
権利
人権評価
G4-HR5
G4-HR6
G4-HR7
G4-HR8
G4-HR9
GC2
重要な投資協定や契約で、人権条項を
定めているもの、人権スクリーニングを受 -
けたものの総数と比率
GC1
業務関連の人権側面についての方針、
手順を内容とする従業員研修を行った総 人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
時間
6.3.5 課題3:加担の回避
差別事例の総件数と実施した是正措置
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
6.3.6 課題4:苦情解決
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.3 課題1:雇用及び雇用関係
結社の自由や団体交渉の権利行使が、
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
侵害されるリスクがある業務・サプライ
資材調達マネジメント
ヤー、および実施した対策
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.3.8 課題6:市民的及び政治的
権利
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.4.5 課題3:社会対話
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
児童労働の著しいリスクがあると特定さ
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
れた業務やサプライヤー、児童労働根絶
資材調達マネジメント
のために実施した対策
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
6.8.4 課題2:教育及び文化
強制労働の著しいリスクがあると特定さ
人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
れた業務やサプライヤー、強制労働撲滅
資材調達マネジメント
のために実施した対策
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.3.10 課題8:労働における基本
的原則及び権利
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
業務関連の人権方針や手順について研
-
修を受けた保安要員の比率
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
先住民族の権利を侵害した事例の総件
-
数と実施した措置
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.6 課題4:苦情解決
6.3.7 課題5:差別及び社会的弱
者
6.3.8 課題6:市民的及び政治的
権利
6.6.7 課題5:財産権の尊重
6.8.3 課題1:コミュニティへの参
画
人権レビューや影響評価の対象とした業
-
務の総数とその比率
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
GC6
GC3
GC5
GC4
GC1
GC1
GC1
DMA
【重要側
面】
サプライ
ヤーの人権
評価
G4HR10
G4HR11
ISO26000
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
投資
非差別
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
GC2
GC2
人権クライテリアによりスクリーニングし
た新規サプライヤーの比率
サプライチェーンにおける人権への著し
いマイナスの影響および実施した措置
ステークホルダーダイアログ
-
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
資材調達マネジメント
6.3.3 課題1:デューディリジェン
ス
6.3.4 課題2:人権に関する危機
的状況
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
8
人権に関す
る苦情処理
制度
G4HR12
GC1
人権影響に関する苦情で、正式な苦情
処理制度により申立、対応、解決を図っ 人権に配慮した職場づくり~元気の出る職場づくり~
たものの件数
6.3.6 課題4:苦情解決
社会
DMA
【重要側
面】
地域コミュ
ニティ
G4-SO1
G4-SO2
G4-SO3
G4-SO4
G4-SO5
公共政策
反競争的
行為
【重要側
面】
コンプライ
アンス
G4-SO6
G4-SO7
GC1
GC1
地域コミュニティに著しいマイナスの影響
(現実のもの、潜在的なもの)を及ぼす事 環境リスクへの対応
業
6.3.9 課題7:経済的,社会的及
び文化的権利
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.8 コミュニティ参画及び開発
GC10
GC10
GC10
GC10
G4-SO9
G4SO10
社会への
影響に関す
る苦情処理
制度
G4SO11
重点活動とマテリアリティの目標と実績
腐敗に関するリスク評価を行っている事
贈収賄防止に向けて
業の総数と比率、特定した著しいリスク
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.3 課題1:汚職防止
腐敗防止の方針や手順に関するコミュニ
贈収賄防止に向けて
ケーションと研修
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.3 課題1:汚職防止
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
確定した腐敗事例、および実施した措置 確定した腐敗事例はありません
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.3 課題1:汚職防止
政治献金の総額(国別、受領者・受益者
政治献金は行っていません
別)
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.4 課題2:責任ある政治的関
与
反競争的行為により法的措置を受けた
事例の総件数およびその結果
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.5 課題3:公正な競争
6.6.7 課題5:財産権の尊重
法的措置事例はありません
重点活動とマテリアリティの目標と実績
法規制への違反に対する相当額以上の
罰金金額および罰金以外の制裁措置の 法規制の違反なし
件数
DMA
【重要側
面】
サプライ
ヤーの社会
への影響
評価
重点活動とマテリアリティの目標と実績
地域コミュニティとのエンゲージメント、影 社会貢献活動
響評価、コミュニティ開発プログラムを実 従業員のボランティア活動支援
主なステークホルダーとのコミュニケーション
施したものの比率
DMA
G4-SO8
ISO26000
6.3.9 課題7:経済的,社会的及
び文化的権利
6.5.1-6.5.2 環境の概要、原則及
び考慮点
6.5.3 課題1:汚染の予防
6.8 コミュニティ参画及び開発
DMA
【重要側
面】
腐敗防止
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
4.6 法の支配の尊重
ステークホルダーダイアログ
社会に及ぼす影響に関するクライテリア
によりスクリーニングした新規サプライ
-
ヤーの比率
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
7.3.1 デューディリジェンス
サプライチェーンで社会に及ぼす著しい
マイナスの影響および実施した措置
6.3.5 課題3:加担の回避
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.6.6 課題4:バリューチェーンに
おける社会的責任の推進
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
7.3.1 デューディリジェンス
東京ガスグループのLNGバリューチェーンと社会に与える影響
資材調達マネジメント
社会に及ぼす影響に関する苦情で、正
お客さま本位の体制と活動
式な苦情処理制度に申立、対応、解決を
重要なお知らせ
図ったものの件数
9
6.3.6 課題4:苦情解決
6.6.1-6.6.2 公正な事業慣行の概
要、原則及び考慮点
6.8.1-6.8.2 コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展、原則及
び考慮点
製品責任
DMA
【重要側
面】
顧客の安
全衛生
2016年度版における
該当ページ
指標
側面
G4-PR1
G4-PR2
重点活動とマテリアリティの目標と実績
主要な製品やサービスで、安全衛生の影 地震防災対策
響評価を行い、改善を図っているものの 24時間365日の取り組み
比率
お客さまの安全のために
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.4 課題2:消費者の安全衛生
の保護
6.7.5 課題3:持続可能な消費
6.8.8 課題6:健康
重要なお知らせ
製品やサービスについて発生した、安全
<関連リンク>
衛生に関する規制および自主的規範の
重要なお知らせ
違反事例の総件数
家庭用ガス機器に関する大切なお知らせ
4.6 法の支配の尊重
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.4 課題2:消費者の安全衛生
の保護
6.7.5 課題3:持続可能な消費
6.8.8 課題6:健康
DMA
G4-PR3
重点活動とマテリアリティの目標と実績
製品およびサービスの情報とラべリング
お客さまの安全のために
に関する手順が適用される情報の種類、
お客さまへの積極的な情報提供
対象製品およびサービスの比率
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.3 課題1:公正なマーケティン
グ,事業に則した偏りのない情
報、及び公正な契約慣行
6.7.4 課題2:消費者の安全衛生
の保護
6.7.5 課題3:持続可能な消費
6.7.9 課題7:教育及び意識向上
製品およびサービスの情報とラベリング
に関する規制ならびに自主的規範の違 -
反事例の総件数
4.6 法の支配の尊重
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.3 課題1:公正なマーケティン
グ,事業に則した偏りのない情
報、及び公正な契約慣行
6.7.4 課題2:消費者の安全衛生
の保護
6.7.5 課題3:持続可能な消費
6.7.9 課題7:教育及び意識向上
【重要側
面】
製品および
サービスの
ラベリング
G4-PR4
G4-PR5
顧客満足度調査の結果
お客さま本位の体制と活動
<関連リンク>
お客さま満足度向上への取り組み
G4-PR6
販売禁止製品、係争中の製品の売上
お客さまの安全のために
マーケティ
ング・コミュ
ニケーショ
G4-PR7
ン
【重要側
面】
顧客プライ
G4-PR8
バシー
コンプライ
アンス
G4-PR9
ISO26000
マーケティング・コミュニケーションに関す
る規制および自主的規範の違反事例の 規制および自主規範への違反はありません
総件数
DMA
4.6 法の支配の尊重
6.7.6 課題4:消費者に対する
サービス、支援、並びに苦情及び
紛争の解決
4.6 法の支配の尊重
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.3 課題1:公正なマーケティン
グ,事業に則した偏りのない情
報、及び公正な契約慣行
重点活動とマテリアリティの目標と実績
顧客プライバシーの侵害および顧客デー 重要なお知らせ
タの紛失に関して実証された不服申立の <関連リンク>
総件数
重要なお知らせ
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.7 課題5:消費者データ保護
及びプライバシー
製品およびサービスの提供、使用に関す
る法律や規制の違反に対する相当額以 法律や規制の違反はありません
上の罰金金額
4.6 法の支配の尊重
6.7.1-6.7.2 消費者課題の概要、
原則及び考慮点
6.7.6 課題4:消費者に対する
サービス、支援、並びに苦情及び
紛争の解決
10
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
417 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content