close

Enter

Log in using OpenID

日本化薬株式会社 会社案内

embedDownload
“ 世 界 的 す き ま 発 想 。”と は 日 本 化 薬 の コ ー ポ レ ート・
ス ロ ー ガ ン 。す き ま と は 、ま だ 誰 も 知 ら な い 価 値 の 眠 る
場 所 を 指 し ま す 。私 た ち 日 本 化 薬 は 規 模 に 頼 る の で は
なく、独自技 術で 世界に必 要とされる高付 加 価 値な製 品 を
提 供し 、ニッチ市 場 の グロ ーバ ル N o .1を目 指しま す 。
TEL:03-6731-5200(大代表) ホームページ:http//www.nipponkayaku.co.jp/
2016.11
日本化薬株式会社/〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目1番1号 明治安田生命ビル19、20階
日本化 薬 株 式会 社 会 社 案内
N I P P O N K AYA K U B U S I N E S S S T Y L E
トップメッセージ
日本 化 薬グル ープ は 2 0 1 6 年 6 月5 日に 創 立 1 0 0 周 年 を 迎えました 。これ は
ひとえに関 係 の 皆々さまからの長年にわたる暖かいご支援の賜物であります
こと、あらためまして心よりお礼申し上げます。
日本化薬は創立以来、基盤となる「火薬」
「染料」
「医薬」
「樹脂」の4つの技術を
駆使して、
これらを融合・変化させながら、時代のニーズに応える製品をつくって
まいりました。
これ からも社員全員がひとつになって、世 界 的すきま発 想。で、新しいことに
チャレンジしてまいります。
未来を豊かに、もっと楽しく。
す き ま か ら 世 界 へ 、 未 来 へ 。
これからも日本化薬にどうぞご期待ください。
「 世 界 的 す き ま 発 想 。」か ら 生 ま れ た
私 た ち の 技 術 は 、華 や か に ス ポ ットラ イト を
浴 び る も の で は な い か もし れ ま せ ん 。
で も 、今 の人々 の 暮 らし や さ ま ざ ま な 産 業 を
しっか りと ささ え 、未 来 に つ な げ て い き ま す 。
今 後 もす き ま か ら世 の 中 を ささ え る 技 術 を 創 り だ し 、
世 界 に 、未 来 に 貢 献 して い き ま す 。
代表取締役社長
今 後 の 日 本 化 薬 グル ープ に 、どう ぞ ご 期 待 く だ さ い 。
ON
N K
KA
AY
YA
AK
KU
U BB U
U SS II N
N EE SS SS SS TT Y
Y LL EE
01 NN II PP PP O
21
企 業 ビジョン
KAYAKU spirit は日本化 薬グループのあるべき姿( = 企業ビジョン )。
この実 現のためにC S R(C o r p o r ate S o cial R es p o n sibilit y)経 営を実 践しており 、
日本化 薬グループ 行動憲 章・行動 基 準・グループ 行 働 指 針を制 定しています 。
KAYAKU spirit
CSR経営
グ ループ 行 働 指 針
「最良の製品を不断の進歩と良
KAYAKU spirit の実現を目指
「 行 動 」で はなく「 行 働 」は日本
心 の 結 合 により社 会 に 提 供し
し、
「いい会 社・強 い会 社 」にな
化 薬グループ 独自の言葉です。
続けること」それ が日本化 薬グ
ることで 、社 会 的 責 任 、経 済 的
これ は た だ 単 に 行 動 する ので
ル ープのあるべき 姿( = 企 業ビ
責 任 、環 境 責 任 を果 たすこと 、
はなく、自らが付加価 値 創造を
ジョン)、KAYAKU spirit です。
それが私たちのCSR経営です。
考え実行することを指します。
企業ビジョン
KAYAKU
spirit
あるべき姿
最良の製品を
不断の進歩と良心の結合により
社会に提供し続けること
企業ビジョン
企業活動
事業計画・事業活動
アクションプラン
社会・地域貢献活動
環境負荷軽減活動
行動規範
心がけ、行動方針
CSR経営
KAYAKU spirit を実現させるための
企業活動
日本化薬グループ行動憲章・行動基準・
グループ行働指針
行働
指針
KAYAKU spirit を常に意識しよう
PDCAをしっかりスピーディに回そう注1
3 全員D席で行こう注2
1
2
注1、PDCA:Plan→Do→Check→Act
注2、D席:Driver s Seat(運転席)のこと、主体的に行働しようという意味
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
02
ささえているのは、
人々のくらしから産 業まで。
機 能化 学品事業
樹 脂 技 術 、色 素 技 術 、触 媒 技 術 を 応
用・複 合 化して 、低 環 境 負荷・省エ ネ
ルギーに貢 献 する製 品 作りに 取り組
んで います 。これらの製品はエレクト
ロニクス分 野を中心 にさまざ まな 用
途に幅 広く使 用されています。変革の
スピードが速い市場において、日本化
薬 の 得意 な 技 術を 生 かし 、強 み を 発
揮 するビジネスの 創 出に 取り組 んで
います。
医薬事業
がん関連製品に特化し、長年培った開
発・製造に関するノウハウを駆使して、
新薬 からジェネリックまでを手がけ、
抗がん薬に必 要な信 頼性の高い情 報
を医 療 機 関に提 供 することに努 めて
います。今後も「スペシャリティ、バイ
オ 後 続 品 、ジェネリック 」を重 点領 域
とし、
「 得意技術によるイノベーション
の 推 進 、高品 質 な医 薬 品 の 安 定供 給
により医 療 の向上と医 療 費の 効 率 化
を通じて社会に貢献する」ことを目指
していきます。
03 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
日本化 薬 は 、
「機能化学品事業」
「医薬事業」
「 セイフティシステム ズ 事 業 」を
成 長 事 業と定め 、ニッチ 分 野 のグローバ ル N o .1を目指し 、
「 世界 的 すきま発 想 。」で事 業 を展 開しています 。
セイフティシステムズ 事業
日本化薬は火薬類の研究開発・製造に
関する長 い歴 史と多 彩 な 技 術を持っ
ています 。これらの 技 術を応 用して 、
自動車用エアバッグを膨らませるガス
発生装置「インフレータ」、車両衝突時
などにシートベルトを引き締めるため
アグロ事業・その 他
の駆 動力を生み出す小 型ガス発 生装
アグロ事 業 および 不 動 産事 業を展 開
置「マイクロガスジェネレータ」、そして
しています 。アグロ事 業で は 、食の 安
これらの基幹部品である点火装置「ス
定 供 給 に不 可欠 な農 薬 を製 造・販 売
クイブ 」を独自に開 発 。グローバ ル市
して いま す 。農 業 用 の 殺 虫 剤 、除 草
場に製 品を提 供 することで自動 車 社
剤 、殺菌 剤や土壌くん 蒸 剤を主とし 、
会の安全性向上に貢献しています。
ゴキブリ・トコジラミ・マダニ などの
衛 生 害 虫 の 殺 虫 剤 等 も 取り 扱 う ほ
か、さらなる農 薬のバリエーション拡
大にも取り組 んでいます。
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
04
機 能 化 学 品 事 業
社会と産業をささえる
機能化学品事 業では機能性材料 事 業、色素 材料 事 業、触 媒 事 業を展開しています。機能性
材料ではエレクトロニクス分野を中心にエポキシ樹脂、紫外線 硬化型樹脂等のさまざまな
機能をもった樹脂材料を、色素材料は、繊維用・紙用染料の他に、インクジェットプリンタ用
色素 等の高付 加 価値色素材料を手がけ、触媒事業ではアクリル酸・メタクリル 酸を製 造する
ため の 触 媒 を手がけ ています 。過 去 から蓄 積 され たさまざまな技 術と新しい 技 術を融 合
することで、環 境に配慮し、省エネルギー化を目指した製品作りを推 進していきます。
ルーツ再発見「1916年」
1990年代初めにフルカラーインクジェットプリンタが発売されて以来、
インク用の色材として多くの種類の染料や顔料が使用されてきました。
1916年帝國染料製造株式会社に始まる90年以上の歴史に裏付けられた
色素の合成技術と多くの製品ラインアップから、
インクジェット写真印刷
物に適する堅牢性に優れた水溶性染料や、新しい分散技術を用いた顔
料分散体を開発し、
インクジェット技術の発展に貢献し続けています。
05 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
■機能性材料事業
半導体封止材用
エポキシ樹脂・硬化剤
プリント基板用
エポキシ樹脂・
硬化剤
ソルダーレジストインキ用
紫外線硬化型樹脂
機能性材料事業では、半導体封止材用の絶縁材料であるエポキシ
樹脂、カラーレジスト、ソルダーマスク、ハードコートをはじめとし
て広範囲の各分野で使用される紫外線硬化型樹脂、高耐熱・高耐
久が特長のポリイミド・ポリアミド樹脂など、さまざまな機能を持
つ材料を手がけています。
また、独自に設計した樹脂材料に組成化技術を応用した液晶シー
ル材、タッチパネル用接着剤、LED封止材やMEMS(微小電気機械
エポキシ樹脂
システム)及び各種センサー用厚膜レジスト等の樹脂組成物、更に
は光を 制 御 する 材 料として各 種 光 学フィルム等 、高 付 加 価 値 な
製品を開発し、さまざまな領域で多彩な製品を創造しています。
液晶シール材
あしたのすきま「タッチパネル用UV接着剤」
タッチパネルをより美しく見えるようにするために。
液晶モジュールとタッチセンサーの間のすきまを
保護板
タッチセンサー
埋めることで、よりクリアで薄いタッチパネルが実
現します。生産工程で貼り直しが可能なので省コ
日本化薬の新接着剤
[KSPシリーズ]
スト・省資源にもなる画期的な材料として、当社で
はタッチパネル用UV接着剤を開発しています。
液晶モジュール
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
06
■色素材料事業
日本化 薬は、染 料の可能性を追 求し、国内最 大
の染料メーカーとして業界を常にリードしてきま
した。その時代の顧客ニーズに応え、鮮明性、堅
牢性、ハンドリング性などで 特 徴のある独自色
材を開発し、繊 維、紙 パルプ、樹脂着色、インク
ジェットプリンタなどの市場 へ幅 広い製品を提
供しています。
また、この他にも顕色剤、オーバーコート剤等の
感 熱 記 録 材 料 、顔 料 誘 導 体( シ ナ ジ スト )、イ
メージセンサー用顔 料カラーレジスト、赤 外線
紙パルプ用染料
吸収 剤等の各種機能性 色素 材料など長年の色
素事 業で培った合成 技 術、分 散 技 術、レジスト
化技 術、各種印刷&光学評 価 技 術等を活かし、
さまざまな分野で社会に貢献できる特徴のある
材料の創造に努めています。
繊維用染料
インクジェット用色素
■触媒事業
触媒とは、日常生活で目にする最終製品などの原料をつくるために
使われている重要な物質です。触媒の良しあしが、製造コストを左
右し、ひいては最終製品の価格などに大きく影響します。日本化薬
では、アクリル酸・メタクリル酸(直酸法)を製造するための触媒の
開発・製造・販売を行い、ユーザーから高い評価を得ています。
アクリル酸は、紙おむつなどに使われるSAP(高吸水性樹脂)、自動
車用などのアクリル塗料、接着剤などの
原料として使用されます。
メタクリル酸は、FPD用導光板などの光
学関連用途、水族館の巨大水槽で使用
される透明樹脂や自動車用部品、人工
水族館の水槽
07 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
大理石などに使用されています。
■ポラテクノ
連結子会社(株)ポラテクノでは、液晶表示には欠かせない特殊な
偏光フィルムを製造しています。この染料系偏光フィルムは、中小型
パネルで車載用や液晶プロ
ジェクタなど 高い耐久性 が
要求されるニッチな市 場で
強みを発揮しています。
液晶プロジェクター用部材
偏光フィルム
■あなたの近くに日本化薬
カーテン
プリンタ
プロジェク
ター
携帯電話
デジタル
カメラ
パソコン
ふせん
パソコン
携帯電話
プリンタ
デジタルカメラ
パソコンをはじめ電子・情報機
ガラスとガラスの 間 に液 晶 を
カラーインクジェットプリンタ
デジタルカメラ用イメージセン
器の半導体の保護、防湿、絶縁
封入し、ガラスを貼り合わせる
のインク用 色 素に耐久性の高
サーには紫外線 硬化型樹脂で
に半 導 体封止材用エポキシ樹
接 着 剤として液 晶シール材 が
い色素が使用されています。
あるレジストインキが 使 用さ
脂が使用されています。
使用されています。
れています。
プロジェクター
ふせん
カーテン
ポリビニルアルコールにヨウ素や
接 着 剤 の原 料であるアクリル
繊維をはじめ、樹脂などを鮮や
染料を吸着・配向させ、特定方向
酸を製 造する際に触 媒が使 用
かに染め上げる染 料が 使 用さ
の光のみを通 過させる偏光フィ
されています。
れています。
ルムが使用されています。
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
08
医 薬 事 業
現代の医療をささえる
日本化 薬の 抗 がん 薬の歴 史は、19 6 9 年の「ブレオ ® 」の 発 売に始まり、現在 では多くの 抗
がん 薬ラインアップを取り揃えています。また、がん 専門 M Rを配置することにより、医 療
機 関の医師や薬 剤 師、看護 師に対して、信 頼 性の高い情 報を迅 速に提 供しています。近 年
は、バイオ後 続品、ジェネリック抗がん 薬、さらには血管内治療(IVR)分野への取り組みも
進め、患者さまに 真に必 要とされる医 薬 品や医 療 材料を 信 頼 性の高い 情 報とともに医 療
機関へ提 供することに努めています。
今後も、
「 スペシャリティー、バイオ後 続品、ジェネリック」を重 点領域とし、
「 得意 技 術によ
るイノベーションの推 進、高品質な医 薬品の安定供 給により、医 療の向上と医 療費の 効 率
化を通じて社会に貢 献する」ことを目指していきます。
ルーツ再発見「1931年」
昭和6年
(1931)
年、
アスピリンの製造で名高い山川製薬株式会社が創業
しました。
当時、
アスピリンは輸入品全盛の時代であり、
政府が国産を奨
励した重要医薬品の中でも、最も需要の多い製品でした。昭和8年
(1933)
に苦労の末、
国産化に成功し、
山川アスピリン錠の発売に至りま
した。その後、昭和18年(1943)に山川製薬株式会社は日本火薬製造株
式会社に吸収合併され、
日本化薬としての医薬事業がスタートしました。
09 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
■主要な医薬品分野
●医療用医薬品( 国内 )
日本化薬のがん治療への取り組みはブレオ®の発売以来、数多
くの製品を提 供しています。豊富ながん関連製品ラインアップ
やその情報の集積、ノウハウは当社の強みです。がん関連分野
で「得意技 術によるイノベーションの推 進、高品質な医 薬品の
安定供給により医療の向上と医療費の効率化を通じて社会に
貢献する」ために、全国にがん専門MRを配置するとともに、医
薬品情報センターを設置し、医療関係者などからのお問い合わ
せに対応し、医療の 一翼を担うべく 、適 正 使 用 情 報を医 療 現
場にお届けできる体制を整えております。
●バイオ後続品( バイオシミラー:BS )※
日本化薬は、がん治療や自己免疫疾 患治療の主要な役割を果
たしている医薬品のバイオ後続品の開発に着手しました。2013
年 に日 本 化 薬 初 のバイオ 後 続 品「 フィル グラスチム B S 」を 、
2014年に日本初の抗体バイオ後続品「インフリキシマブBS」を
上市しました。
※バイオ後 続品(バイオシミラー:BS)…バイオ後 続品(バイオシミラー:BS)とは、
「国内で既に新有効成分含有医薬品として承認されたバイオテクノロジー応用医
薬品(先行バイオ医薬品)と同等/同質の品質、安全性 及び有効性を有する医薬
品として、異なる製造販売業者により開発される医薬品」のことをさします。
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
10
■主要な医薬品分野
●原薬および輸出事業
原薬事業として発酵技術と抗がん薬で培った高薬理活性物質の製造技術を活用
し、医薬品の原薬、中間体の受託 製造を行っています。また、輸出事業としてブレ
オマイシンをはじめとする抗がん薬を欧州、ロシア・CIS諸国、アジア他世界50ヶ
国以上に輸出しております。
●診断薬
臨床医療における診断や検査には不可欠な診断薬(体外診断用医薬品)を提供し
ています。日本化薬オリジナルの診断薬の開発や新しい測定方法を開発し、主に
がんや糖尿病関連の製品を製 造・販 売しています。また国内だけではなく、FDA
(米国食品医薬品局)の承認を取得し、米国を中心に海外でも積極的に事業展開
を行っています。
●食品関連
連 結 子会 社の日本化 薬フードテクノ(株)では、食品の 保 存性を向上させるエタ
ノール製剤、食品のカビや微生物の繁殖を抑える品質保持剤、食品の製造環境を
清 潔にする洗浄除菌剤と健 康食品原料の製 造 販 売を行っています。医 薬品製 造
で培った高い技術を活かし、衛 生管理の行き届いた環境で、新しい時代の「食の
安全・食と健康」を担う最良の製品を社会に提供しています。
11 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
明日のすきま ∼抗がん薬内包高分子ミセル∼
抗がん薬内包高分子ミセルは、他の薬剤に比べ薬効が強く、副作用が出やすい抗がん薬
を、がん組織に対して、選択的に薬剤を集中させることにより十分な効果を示すと同時に、
副作用の低減を実現することを目指して開発を進めている、ナノメディシンの新たなDDS
(ドラッグ・デリバリー・システム)です。
抗がん薬内包高分子ミセル
抗がん薬(内核)
20∼
100nm
両親媒性
ブロック共重合体
(外殻)
DDSのフロー
親水性 疎水性
血管
抗がん薬
放出
血管外へ
Q.抗がん薬内包高分子ミセルとは?
A.抗がん薬内包高分子ミセルとは低分子である抗がん薬を、外側からひも状の高分子で
覆い隠した構造を持つ、直径20∼100nmの微細な粒子。ひも状の高分子は外側が親
水性のポリエチレングリコールで、反対側は疎水性に加工されています。1本のひもは
数万の分子量でそれらが凝集することで数百万単位となり、直径20∼100nmの微粒
子になります。
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
12
セ イ フ テ ィ
シ ス テ ム ズ 事 業
ドライバーの安全をささえる
増 大 する交 通 量・燃費向上のための車体 軽 量化 など 現代の自動車 社 会を取り巻く環 境は
安全性と相反する側面を抱えており、自動車ユーザーにとっての安全性の確保・向上はます
ます 重 要になっています。セイフティシステムズ 事 業 では乗 員の安 全を支えるエアバッグ
や シ ートベ ルトプリテン ショナー の 重 要 部 品であ るインフレ ータや マイクロガ スジェネ
レータの開発・製 造・販 売を通して、生命の安 全と自動車社会の発展に貢 献しています。
ルーツ再発見「1916年」
日本最初の産業用火薬メーカーとして1916年にスタートして
以来、ダイナマイトや電気雷管などの開発・製造・販売に長年
携わってきた日本化薬。当社が長年培ってきた化学(火薬)と
機械(メカ)というユニークな組み合わせの技術やノウハウ
は、インフレータをはじめとする自動車用安全部品の設計・
開発・製造にいかんなく発揮されています。
13 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
■主要な製品
衝突前
●エアバッグ用インフレータ
エアバッグ
(インフレータを内蔵)
エアバッグ
診断装置
衝突センサー
今や自動車安全装置として欠かせないエアバッグ。これを瞬
時に膨らませる役割を果たしているのがインフレータです。
金属製容器の中には当社が長年培ってきた火薬技術を応用
したガス発生剤が装填されており、車両衝突時には1/1000
秒単位でエアバッグの展開速度をコントロールします。
シートベルト
プリテンショナー
(マイクロガスジェネレータを内蔵)
1 衝撃をフロント部に組み込まれた
「衝突センサー」によって感知
●スクイブ
2 診断装置が事故による衝撃か否かを判断
スクイブとはインフレータやマイクロガスジェネレータの中に
3 事故と判断された場合、
組み込まれている小さな点 火装置 。車 両 衝 突 時に衝 撃 セン
電気信号がスクイブに伝達
サーからの電気信号を受け取って安全装置を作動させる重要
4 電気信号からスクイブの点火薬に着火
な役割を担っています。長期間に亘って苛酷な環境下に置かれ
5 ガス発生剤に着火しガスが発生
ても、緊急時には確実に作動する高い信頼性が求められます。
6 「エアバッグ」が膨らむと共に「シートベルト
プリテンショナー」がシートベルトを引き込み、
搭乗者の受けた衝撃を吸収
※1. ∼6. まで0.05秒程度
● シートベルトプリテンショナー用
マイクロガスジェネレータ
衝突後
車両衝突時にシートベルトが自動的に数センチほど引き込
まれる機能があるのをご存知ですか?
このシートベルトプリテンショナーという装置にはマイクロ
衝突を感知
エアバッグが
開く
電気信号を
解析
ガスジェネレータと呼ばれる小型のガス発生器が組み込ま
れています。緊急時にガスの圧力でシートベルトを引き込み、
乗員の体を確実かつ安全に拘束します。
シートベルトプリテンショナーが
シートベルトを引き込む
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
14
ア グ ロ 事 業
農業と食をささえる
生命の維 持に不 可欠な食。これらの 生 産の場が農業です。世界人口の急 激な増 加など、食
糧 需 要が 国 際 的に高まる中、農 業をしっかりと守り、将 来にわたって安心で 安 全な食糧を
安定 的に供 給することが 求められています。そのためには、環 境に調 和し、生 産 者の高齢
化・兼 業化といった 農 業 形態に対応した 農 薬 が 不 可欠です。私 たちはファインケミカルを
ベースとした技 術力をもとに、
「 殺 虫 剤」、
「 殺菌 剤」、
「 除草 剤」、
「 土壌くん蒸 剤」や、その 他
「防 疫 用薬 剤」等を開発・製 造・販 売し、時代のニーズに合わせた薬 剤の提 供を通して、人々
の生活をささえています。
ルーツ再発見「1934年」
アグロ事業の源流は、1934年、小倉染料工場でのくん蒸剤「クロルピク
リン」製造開始まで遡ります。1956年にはスイスのガイギー社(現シン
ジェンタ社)と技術提携し、王子製薬工場で殺虫剤「ダイアジノン」を国
産化しました。当時は製品を求めるために、工場の周りにトラックの列
ができたそうです。この2薬剤は使用場面に応じた多彩な製剤を揃え、
今なお農業の生産現場で使用されています。
15 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
■アグロ事業の製品
●農業用薬剤
製薬技術やノウハウを集積し、時代のニーズに合わせた農薬を提供しています。
殺虫剤「ダイアジノンSLゾル」
農薬として国内初となるマイクロカプセル製剤。
効果が長く持続するようになり、
また、
安全性も高
まりました。
土壌くん蒸剤「クロピクフロー」
取り扱いが難しい「クロルピクリン」を水と一緒に流し、処理時の刺激が少なく、処理が簡便
で安定した効果が得られるように改良した新しいタイプの製剤です。
他にも、自己拡 散する省力型殺虫 剤「シクロパック粒 剤」、「拡がる」と「くっつ
く」の2機能を両立させた新しいタイプの展着剤「ワイドコート」、食品添 加物
を有効成分とする気門封 鎖型殺虫剤「フーモン」等、工夫を重ねた製剤を開発
してきました。
●防疫用薬剤( 衛生害虫防除用薬剤 )
ゴキブリ・トコジラミ・マダニ等、衛生害虫防除用の薬剤を提供しています。
殺虫剤「サフロチンMC」
従 来 から衛 生害虫防除に使 用されてきた「サフロチン」をマイクロカプセルに包みました。
効果が長く持続するようになり、安 全 性も高まりました。特にゴキブリでは、消化管の特 殊
な構造でカプセルが破壊され、高い効果を発揮します。
●その他薬剤
動物忌避剤「R-731」
トウガラシの辛味成分「カプサイシン」をマイクロカプセルに包んだ動物忌避剤です。ケーブ
ルなどに練りこみ、ネズミがかじってしまう被害を防止します。
あしたのすきま∼マイクロカプセル製剤技術∼
マイクロカプセル製剤技術は、国内農薬として初めての技術
です。カプセルのサイズや強度、薬剤の溶出をコントロールす
ることで、ターゲットとなる害虫、害獣の生態に合わせた製剤
が可能です。
ダイアジノンSLゾル
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
16
基 盤 技 術について
膨大な技術の蓄積が、今の事業をささえています。
日本化薬は、源流製品に基づく「火薬」
「 染料」
「 医薬」分野およびその後進出した「樹脂」などの各
分野で培ったファインケミカル技術を基盤技術として確立してきました。これらの技術から、また
これらの技術を融合することで、新製品、新事業が生まれています。これからも基盤技術を強化・
拡大し、さまざまな技術を融合することで、時代のニーズに応える新製品を生み出していきます。
火薬技術
医薬技術
ナノダイヤ
新規ガス
発生剤
社外技術
抗がん薬内包
高分子ミセル
染料技術
触媒技術
樹脂技術
偏光フィルム
光学機能フィルム
有機半導体
インクジェットプリンタ用色素
紫外線
硬化型樹脂
○火薬技術
○染料技術
火薬や起爆装置である雷管の製造で培っ
時代の要望と共に変化し蓄積した技術は
た技術を活かして、新たな技術開発に挑
高度に進化し、インクジェットプリンタ用
み、ミリ秒レベルの制御を必 要とする自
色素やデジタルカメラなどのカラーフィル
動車安全部品の開発に繋げました。
ター用色素にも活かされています。
○医薬技術
○樹脂技術
「医薬」の低分子合成技術と、
「 樹脂」の高
さまざまな樹脂の開発で培われた技 術
分子技術を融合することにより、
「 抗がん
は 、染 料 技 術と融 合 させることで 偏 光
薬内包高分子ミセル」を新たに創生し、現
フィルムや光学機能性フィルムなどいく
在臨床試験を進めています。
つもの製品を作り出しています。
17 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
研究開発 体制
研究所のあいだに“すきま”はありません。
研究開発部門と事業部門が一体となり、市場ニーズを的確に捉えた製品開発を行うため、
「 縦糸」
の強化を図っています。また、組織を超えた全社的な研究開発の強化として、研究開発本部が知的
資産の融合やコーポレート研究の管理等を担い、研究開発全般に関与し、
「 横糸」の強化も図って
います。この「縦糸」と「横糸」が織りなす強靭な組織のもと、知恵と技術の融合による「最良の製
品」の創出に取り組んでいきます。
縦糸(縦のラインの強化)
各研究所をそれぞれ事業部門の下に
市場ニーズを的確に捉え、事業部門、製造部門と研究開発部門が
一体となり、「出口」を見据えた製品開発を行う体制へ
機能化学品
事業
研究
開発
知的財産部
医薬事業
セイフティ
システムズ
事業
アグロ事業
事業部門
横糸
本部
知恵と技術の融合による
「最良の製品」の創出
研究企画部
(横のラインの明確化)
組織を超えた研究開発の強化
知的付加価値の創造・提供
社内外の技術融合による
全社的な研究開発の推進
イノベーション
創出研究センター
機能化学品
研究所
医薬研究所
セイフティ
システムズ
開発研究所
アグロ研究所
研究開発部門
社外とのオープンイノベーション
○機能化学品研究所
○医薬研究所
機能化学品事業本部の研究開発 部門と
ナノテクノロジー技術を用いた抗がん薬
して、樹脂、色素、フィルム、触媒、それら
内包高分子ミセル、バイオ後続品および後
から派生する新たな素材など、多種多様
発品開発など、抗がん薬とその周辺領域
な分野の研究開発を担っています。
に特化した研究開発を進めています。
○セイフティシステムズ開発研究所
○アグロ研究所
エアバッグ を 瞬 時 に 膨 らませるインフ
豊かで、安 全で、安心できる食品の 提 供
レータや、シートベルトを瞬時に巻き取
に貢献するために、環境に優しい化学農
るマイクロガスジェネレータなど自動車
薬や新規機能性農薬製剤の研究開発を
安全部品の開発を手がけています。
行っています。
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
18
沿革
かやく、ささえる。
日本化 薬は長い歴 史を持 つ 化 学品メーカーです 。1916 年 、日本 最初の産 業 用火 薬を製 造する
株式会社としてスタートして以来、数々の技術を生み出し、多彩な製品を世に送り出してきました。
私たちが生み出してきた技 術は、今もさまざまに姿形を変えながら、人々のくらしの中で、便利や
快適、安心や安全をしっかりとささえています。その根 底にあるのは“人を幸せにする製品で社会
に役立とう”という想い。これからも私たちはこの想いを胸に歩み続けていきます。
1932 山川アスピリン
商号を
「日本化薬(株)」
と改称
「帝国染料製造(株)」
「 山川製薬(株)」を吸収合併
1943
「山川製薬(株)」設立、翌年アスピリンを上市:医薬技術
1916 厚狭創立当時の作業事務所
日本最初の産業用火薬メーカー
「日本火薬製造(株)」
として発足:火薬技術
1916
1916
19 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
1931
「帝国染料製造(株)」設立:染料技術
1945
創立100周年
マレーシアに
「カヤク セイフティシステムズ マレーシア Sdn. Bhd.」設立
産業火薬事業を、旭化成ケミカルズ(株)の同事業と統合し
「カヤク・ジャパン(株)」を設立
米国の「マイクロケム Corp.」の株式を100%取得:MEMS技術
セイフティシステムズ事業本部が発足
メキシコに
「カヤク セイフティシステムズ デ メキシコ S.A. de C.V.」設立
中国に
「化薬(湖州)安全器材有限公司」設立
研究開発本部発足
中国に
「化薬化工(無錫)有限公司」設立
チェコの「インデット セイフティ システムズ a.s.」に資本参加
介護者滞在施設「あすなろの家」竣工
中国に合弁会社「無錫先進化工有限公司」設立(現・無錫先進化薬化工有限公司)
「日本化薬フードテクノ
(株)」設立
1992
1992
1985
1971
1970
1969
1963
1956
1949
2016
2012
2008
2008
2007
2007
2006
2005
2002
1999
1998
1996
1995
研修センター「飛翔」竣工
エアバッグ用インフレータ販売開始:インフレータ技術
(株)カヤポーラー設立:偏光板技術(後に
「(株)ポラテクノ」
:1991年設立)
エポキシ樹脂販売開始:樹脂技術
アクリル酸製造会社を昭和電工と設立:触媒技術(1983年売却)
®
上市:がん領域
ブレオ(抗がん薬)
デミング賞実施賞受賞(総合品質管理の進歩に功績のあった団体等に授与される賞) スイス・ガイギー社と技術提携、殺虫剤ダイアジノン生産開始:農薬技術
東京証券取引所上場
1969 ブレオ®を上市
1963 デミング賞実施賞を受賞
NIPPON KAYAKU BUSINESS STYLE
20
業 務 組 織 図( 2 0 1 6 年11月11日現 在 )
執行役員会議
研究企画部
機能化学品事業本部
社長執行役員
経営企画部
研究開発
本部
取締役会
経営戦略本部
株主総会
広報IR部
秘書部
イノベーション創出研究センター
知的財産部
企画部
機能性材料事業部
色素材料事業部
触媒事業部
機能化学品研究所
福山工場/厚狭工場/東京工場
経営会議
(常務執行役員以上)
CSR推進担当
薬事監査室
CSR経営委員会
企画部
営業本部
監査役会
危機管理委員会
医薬事業本部
倫理委員会
メディカルアフェアーズ部
信頼性保証本部
原薬・国際・診断薬本部
医薬生産本部
医薬開発本部
監査役
医薬研究所
情報開示委員会
高崎工場
世 界 に 広 が る
東部支社/西部支社
省エネルギー・
地球温暖化対策委員会
セイフティシステムズ
事業本部
環境・安全・品質保証経営委員会
企画部
日 本 化 薬 グ ル ー プ
営業統括部
品質保証本部
セイフティシステムズ開発研究所
姫路工場
アグロ事業部
研究経営委員会
アグロ研究所
鹿島工場
西部支社
グループ
管理本部
人事部
資材部
法務総務部
安全保障貿易管理担当
グループ
経理本部
経理部
情報システム部
生産技術
本部
品質経営推進部
会 社概 要
生産技術部
環境安全推進部
東京事業所
内部統制推進部
会
社
名
日本化 薬 株 式会 社
代
表
者
代 表取 締 役 社 長 鈴 木 政信
日
1916 年(大 正5 年)6月5日
金
14 , 932百 万円
地
〒10 0 - 0 0 0 5
設
監査部
立
資
本
年
月
本
社
所
在
東 京都千 代 田区 丸の内2丁目1番1号 明治 安田生命ビル19 、2 0 階
電
話
ホ ー ム ペ ー ジ
2016.11.11
0 3 - 6731- 52 0 0(大代 表)
h t t p:// w w w. n i p p o n kaya k u . c o . j p/
ダ
ン
オラ
■ インデット
韓国
セイフティ システムズa.s.
■マイクロケム
コ
チェ
中国
ツ
ドイ
■■ニッポンカヤクコリア
リカ
■デジマ
■デジマ
■モクステック,Inc.
■ 化薬
(上海)管理有限公司
■■ニッポンカヤクアメリカ
■ 無錫宝来光学科技有限公司
オプティカル フィルムズ B.V.
Corp.
ロード プロパティ. LLC
アメ
Co.,Ltd.
■ 上海化耀国際貿易有限公司
■■ユーロニッポンカヤクGmbH
■ギルモア
シコ
Inc.
メキ
■ 化薬化工
(無錫)有限公司
テック B.V.
■ 無錫先進化薬化工有限公司
台湾
■ ポラテクノ
(香港)Co.,Ltd.
■カヤク
セイフティシステムズ
デ メキシコ,S.A. de C.V.
■ 化薬
(湖州)安全器材有限公司
■■台湾日化股份有限公司
■カヤク
セイフティシステムズ マレーシア Sdn.Bhd.
す き ま か ら 世 界 へ 、 そ し て 次 の 未 来 へ 生産拠点一覧
機能化学品事業関連
● 札幌医薬支店
本社
飛翔(研修センター)
●セイフティシステムズ
●名古屋医薬支店
● 仙台医薬支店
開発研究所
福山工場〈(株)日本化薬福山〉
厚狭工場
東京工場〈(株)日本化薬東京〉
● 姫路工場
(株)ポラテクノ
● 福山工場
■
(株)日本化薬福山
■
(株)沖浦ゴルフセンター
●高崎医薬支店
●京都医薬支店
●高崎工場
●金沢医薬支店
● 飛翔
(研修センター)
■
(株)ポラテクノ
●西部支社
■日本化薬フードテクノ
(株)
●大阪医薬支店
■群南産業
(株)
●広島医薬支店
●大宮医薬支店
●厚狭工場
マイクロケムCorp.
化薬化工(無錫)有限公司
医薬事業関連
● 機能化学品
研究所(触媒)
無錫先進化薬化工有限公司
セイフティシステムズ事業関連
◆本社
●東京事業所
■厚和産業
(株)
● 機能化学品研究所
本社
■化薬アクゾ
(株)厚狭工場
●東京工場
■カヤクジャパン
(株)厚狭工場
●東部支社
●東京医薬支店
■
(株)西港自動車学校
●アグロ研究所
● 鹿島工場
高崎工場
日本化薬フードテクノ(株)
姫路工場
インデッド セイフティ システムズa.s.
アグロ事業関連
● 神戸医薬支店
● 福岡第一医薬支店
●高松医薬支店
● 福岡第二医薬支店
●医薬研究所
■
(株)日本化薬東京
■■
(株)ニッカファインテクノ
● 横浜医薬支店
■三光化学工業
(株)
■
(株)ナック
■
(株)TDサポート
■和光都市開発
(株)
■
(株)
日本人材開発医科学研究所
■化薬アクゾ
(株)
■カヤク・ジャパン
(株)
● 機能化学品事業関連 ● 医薬事業関係 ●セイフティシステムズ事業関連 ●アグロ事業関連
● その他の事業関連 □グループ会社
化薬(湖州)安全器材有限公司
カヤク セイフティシステムズ
デ メキシコ,S.A. de C.V.
カヤク セイフティシステムズ
マレーシア Sdn.Bhd.
鹿島工場
ダ
ン
オラ
■ インデット
韓国
セイフティ システムズa.s.
■マイクロケム
コ
チェ
中国
ツ
ドイ
■■ニッポンカヤクコリア
リカ
■デジマ
■デジマ
■モクステック,Inc.
■ 化薬
(上海)管理有限公司
■■ニッポンカヤクアメリカ
■ 無錫宝来光学科技有限公司
オプティカル フィルムズ B.V.
Corp.
ロード プロパティ. LLC
アメ
Co.,Ltd.
■ 上海化耀国際貿易有限公司
■■ユーロニッポンカヤクGmbH
■ギルモア
シコ
Inc.
メキ
■ 化薬化工
(無錫)有限公司
テック B.V.
■ 無錫先進化薬化工有限公司
台湾
■ ポラテクノ
(香港)Co.,Ltd.
■カヤク
セイフティシステムズ
デ メキシコ,S.A. de C.V.
■ 化薬
(湖州)安全器材有限公司
■■台湾日化股份有限公司
■カヤク
セイフティシステムズ マレーシア Sdn.Bhd.
す き ま か ら 世 界 へ 、 そ し て 次 の 未 来 へ 生産拠点一覧
機能化学品事業関連
● 札幌医薬支店
本社
飛翔(研修センター)
●セイフティシステムズ
●名古屋医薬支店
● 仙台医薬支店
開発研究所
福山工場〈(株)日本化薬福山〉
厚狭工場
東京工場〈(株)日本化薬東京〉
● 姫路工場
(株)ポラテクノ
● 福山工場
■
(株)日本化薬福山
■
(株)沖浦ゴルフセンター
●高崎医薬支店
●京都医薬支店
●高崎工場
●金沢医薬支店
● 飛翔
(研修センター)
■
(株)ポラテクノ
●西部支社
■日本化薬フードテクノ
(株)
●大阪医薬支店
■群南産業
(株)
●広島医薬支店
●大宮医薬支店
●厚狭工場
マイクロケムCorp.
化薬化工(無錫)有限公司
医薬事業関連
● 機能化学品
無錫先進化薬化工有限公司
◆本社
研究所(触媒)
セイフティシステムズ事業関連
●東京事業所
■厚和産業
(株)
● 機能化学品研究所
本社
■化薬アクゾ
(株)厚狭工場
●東京工場
■カヤクジャパン
(株)厚狭工場
●東部支社
●東京医薬支店
■
(株)西港自動車学校
●アグロ研究所
● 鹿島工場
高崎工場
日本化薬フードテクノ(株)
姫路工場
インデッド セイフティ システムズa.s.
アグロ事業関連
● 神戸医薬支店
● 福岡第一医薬支店
●高松医薬支店
● 福岡第二医薬支店
●医薬研究所
■
(株)日本化薬東京
■■
(株)ニッカファインテクノ
● 横浜医薬支店
■三光化学工業
(株)
■
(株)ナック
■
(株)TDサポート
■和光都市開発
(株)
■
(株)
日本人材開発医科学研究所
■化薬アクゾ
(株)
■カヤク・ジャパン
(株)
● 機能化学品事業関連 ● 医薬事業関係 ●セイフティシステムズ事業関連 ●アグロ事業関連
● その他の事業関連 □グループ会社
化薬(湖州)安全器材有限公司
カヤク セイフティシステムズ
デ メキシコ,S.A. de C.V.
カヤク セイフティシステムズ
マレーシア Sdn.Bhd.
鹿島工場
業 務 組 織 図( 2 0 1 6 年11月11日現 在 )
執行役員会議
研究企画部
機能化学品事業本部
社長執行役員
経営企画部
研究開発
本部
取締役会
経営戦略本部
株主総会
広報IR部
秘書部
イノベーション創出研究センター
知的財産部
企画部
機能性材料事業部
色素材料事業部
触媒事業部
機能化学品研究所
福山工場/厚狭工場/東京工場
経営会議
(常務執行役員以上)
CSR推進担当
薬事監査室
CSR経営委員会
企画部
営業本部
監査役会
危機管理委員会
医薬事業本部
倫理委員会
メディカルアフェアーズ部
信頼性保証本部
原薬・国際・診断薬本部
医薬生産本部
医薬開発本部
監査役
医薬研究所
情報開示委員会
高崎工場
世 界 に 広 が る
東部支社/西部支社
省エネルギー・
地球温暖化対策委員会
セイフティシステムズ
事業本部
環境・安全・品質保証経営委員会
企画部
日 本 化 薬 グ ル ー プ
営業統括部
品質保証本部
セイフティシステムズ開発研究所
姫路工場
アグロ事業部
研究経営委員会
アグロ研究所
鹿島工場
西部支社
グループ
管理本部
人事部
資材部
法務総務部
安全保障貿易管理担当
グループ
経理本部
経理部
情報システム部
生産技術
本部
品質経営推進部
会 社概 要
生産技術部
環境安全推進部
東京事業所
内部統制推進部
会
社
名
日本化 薬 株 式会 社
代
表
者
代 表取 締 役 社 長 鈴 木 政信
日
1916 年(大 正5 年)6月5日
金
14 , 932百 万円
地
〒10 0 - 0 0 0 5
設
監査部
立
資
本
年
月
本
社
所
在
東 京都千 代 田区 丸の内2丁目1番1号 明治 安田生命ビル19 、2 0 階
電
話
ホ ー ム ペ ー ジ
2016.11.11
0 3 - 6731- 52 0 0(大代 表)
h t t p:// w w w. n i p p o n kaya k u . c o . j p/
す き ま か ら 世 界 へ 、 未 来 へ 。
「 世 界 的 す き ま 発 想 。」か ら 生 ま れ た
私 た ち の 技 術 は 、華 や か に ス ポ ットラ イト を
浴 び る も の で は な い か もし れ ま せ ん 。
で も 、今 の人々 の 暮 らし や さ ま ざ ま な 産 業 を
しっか りと ささ え 、未 来 に つ な げ て い き ま す 。
今 後 もす き ま か ら世 の 中 を ささ え る 技 術 を 創 り だ し 、
世 界 に 、未 来 に 貢 献 して い き ま す 。
今 後 の 日 本 化 薬 グル ープ に 、どう ぞ ご 期 待 く だ さ い 。
21 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
す き ま か ら 世 界 へ 、 未 来 へ 。
「 世 界 的 す き ま 発 想 。」か ら 生 ま れ た
私 た ち の 技 術 は 、華 や か に ス ポ ットラ イト を
浴 び る も の で は な い か もし れ ま せ ん 。
で も 、今 の人々 の 暮 らし や さ ま ざ ま な 産 業 を
“ 世 界 的 す き ま 発 想 。”と は 日 本 化 薬 の コ ー ポ レ ート・
しっか りと ささ え 、未 来 に つ な げ て い き ま す 。
ス ロ ー ガ ン 。す き ま と は 、ま だ 誰 も 知 ら な い 価 値 の 眠 る
今 後 もす き ま か ら世 の 中 を ささ え る 技 術 を 創 り だ し 、
場 所 を 指 し ま す 。私 た ち 日 本 化 薬 は 規 模 に 頼 る の で は
世 界 に 、未 来 に 貢 献 して い き ま す 。
なく、独自技 術で 世界に必 要とされる高付 加 価 値な製 品 を
今 後 の 日 本 化 薬 グル ープ に 、どう ぞ ご 期 待 く だ さ い 。
提 供し 、ニッチ市 場 の グロ ーバ ル N o .1を目 指しま す 。
21 N I P P O N K A Y A K U B U S I N E S S S T Y L E
“ 世 界 的 す き ま 発 想 。”と は 日 本 化 薬 の コ ー ポ レ ート・
ス ロ ー ガ ン 。す き ま と は 、ま だ 誰 も 知 ら な い 価 値 の 眠 る
場 所 を 指 し ま す 。私 た ち 日 本 化 薬 は 規 模 に 頼 る の で は
なく、独自技 術で 世界に必 要とされる高付 加 価 値な製 品 を
提 供し 、ニッチ市 場 の グロ ーバ ル N o .1を目 指しま す 。
TEL:03-6731-5200(大代表) ホームページ:http//www.nipponkayaku.co.jp/
2016.11
日本化薬株式会社/〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目1番1号 明治安田生命ビル19、20階
日本化 薬 株 式会 社 会 社 案内
N I P P O N K AYA K U B U S I N E S S S T Y L E
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
5 507 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content