close

Enter

Log in using OpenID

T1ab、リンパ節転移がないHER2陽性乳がんにおける術後の化学療法

embedDownload
#590
NEWS FLASH 第52回 米国臨床腫瘍学会
Poster
Session
乳がん
June 3-7, 2016 McCormick Place I Chicago,Illinois
フランス国内多施設共同試験の結果:T1ab、リンパ節転移がないHER2陽性乳がんにおける術後
の化学療法±トラスツズマブのベネフィット
(フランス:Institut Paoli Calmettesからの発表)
Benefit of Adjuvant Chemotherapy and/or Trastuzumab in T1ab Node-Negative HER2–Positive Breast Carcinomas: Results of a National Multi-Institutional Study
Institut Paoli-Calmettes, National Cancer Institute, Marseille, France de Nonneville A, et al.
Quick Review
腫瘍径1cm以下(T1a/T1b)でリンパ節転移がないHER2陽性乳がんにおける術後化学療法およびトラスツズマブ(HER)の有効性を評
価するため、1999年12月〜2013年1月にフランス国内13施設で初回手術を受けた245例をレトロスペクティブに解析した。
5年無病生存率(DFS)は、術後化学療法およびHER投与群(治療群)で95%、いずれの治療も施行しなかった群(非治療群)で
86%であり、5年DFSは治療群で有意に高かった(p=0.049、Log-rank検定)。追跡期間中央値は治療群40.07ヵ月、非治療
群52.85ヵ月(p=0.16)であった。また、探索的サブグループ解析では、pT1bで治療群の有意なDFSの延長が認められた(5年
DFS:治療群99% vs 非治療群87%、p=0.015、Log-rank検定)
。
Table 1
Baseline Characteristics(n=245)
Age
Median[Min-Max]
All
(n=245)
No.(%)
No
Chemotherapy
(n=118)
No.(%)
Chemotherapy and/or
HER
(n=127)
No.(%)
53y[24-77]
55y[24-100]
58y[32-100]
Tumor size
≤5㎜ (pT1a)
5.1-10㎜ (pT1b)
99(40.41)
146(59.59)
62(52.54)
56(47.46)
37(29.13)
90(70.87)
Histology
Ductal
Lobular
Other
222(90.61)
8(3.27)
15(6.12)
105(88.98)
5(4.24)
8(6.78)
117(92.13)
3(2.36)
7(5.51)
Grade
1
2
3
32(13.85)
118(51.08)
81(35.06)
24(22.43)
62(57.94)
21(19.63)
8(6.45)
56(45.16)
60(48.39)
Lymphovascular invasion
Absent
Present
Unknown
183(86.73)
28(13.27)
34
96(94.12)
6(5.88)
16
87(79.82)
22(20.18)
18
Hormone receptor status
Negative
Positive
99(40.41)
146(59.59)
38(32.20)
80(67.80)
61(48.03)
66(51.97)
Surgery
Breast-conserving
Mastectomy
Unknown
171(75.33)
56(24.67)
18
86(80.37)
21(19.63)
11
85(70.83)
35(29.17)
7
Disease-Free Survival(%)
Figure 1
No
Chemotherapy
(n=118)
No.(%)
Chemotherapy and/or
HER
(n=127)
No.(%)
Radiotherapy
No
Yes
52(22.13)
183(77.87)
28(24.78)
85(75.22)
24(19.67)
98(80.33)
Adjuvant hormone therapy
No
Yes
111(45.31)
134(54.69)
49(41.53)
69(58.47)
62(48.82)
65(51.18)
HER and chemotherapy
No
Yes
143(58.37)
102(41.63)
118(100.00)
Period
≦ 2005
> 2005
111(45.31)
134(54.69)
72(61.02)
46(38.98)
25(19.69)
102(80.31)
39(30.71)
88(69.29)
245例の術後治療について、
118例は非治療で、
127例が化学療法およ
びHER治療(化学療法+HER102例、化学療法またはHERのみ25例)を
受けていた。
pT1aおよびpT1bにおける非治療群の割合は52.54%および47.46%、
治療群は29.13%および70.87%であった。
Kaplan Meier estimate DFS of all patients
100
80
60
40
20
0
CT+/-HER
No CT
0
CT+/-HER 127
118
No CT
Figure 2
12
24
123
112
109
89
p=0.049
36
48
60
72
84
Months from diagnosis
71
44
33
20
14
73
57
35
19
10
96
108
120
132
7
7
4
3
1
3
1
2
5年DFS率は非治療群で86%、治療群で95%であり、治療群で有意に
高かった
(p=0.049、Log-rank検定)
。
Kaplan Meier estimate DFS in subgroups
DFS in pT1a tumors
DFS in pT1b tumors
100
Disease-Free Survival(%)
Disease-Free Survival(%)
All
(n=245)
No.(%)
80
60
40
20
CT+/-HER
No CT
0
0
CT+/-HER 37
No CT
62
12
24
36
37
58
30
40
16
31
p=0.82
48
60
72
84
96
Months from diagnosis
9
7
4
3
2
25
15
6
3
3
108
120
132
0
3
0
3
0
2
100
80
60
40
20
0
CT+/-HER
No CT
0
CT+/-HER 90
No CT
56
12
24
36
86
54
79
49
55
42
p=0.015
48
60
72
84
96
Months from diagnosis
35
26
16
11
5
32
20
13
7
4
108
120
132
4
0
1
0
1
0
腫瘍径で層別したサブグループ解析では、pT1bにおいて5年DFS率は非治療群で87%、治療群で99%であり、治療群でDFSの有意な延長が認められ
た
(p=0.015、Log-rank検定)
。
企画・提供:
この資材は学会の最新情報を掲載しています。
記載されている薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書を参照してください。
#594
NEWS FLASH 第52回 米国臨床腫瘍学会
Poster
Session
乳がん
June 3-7, 2016 McCormick Place I Chicago,Illinois
化学療法+トラスツズマブで治療されたStageⅠのHER2陽性乳がんの改善結果
Improved outcomes in stage I HER2 positive breast cancer patients treated with trastuzumab and chemotherapy.
Cleveland Clinic Foundation, OH, USA Tiwari SH, et al.
Quick Review
StageⅠのリンパ節転移がないHER2陽性乳がんに対するトラスツズマブ(HER)併用術後化学療法の有効性を評価するため、2006年
以降の症例270例をレトロスペクティブに解析した。
追跡期間中央値は4.8年(範囲:0.1-9.7年)であった。5年無病生存率(DFS)は、術後化学療法+HER投与群(治療群)で95%、いず
れの治療も施行しなかった群
(非治療群)
で89%であり、5年DFSは治療群で有意に高かった
(p<0.01)
。また、55歳未満のサブグルー
プにおける5年DFSは、T1a/T1bで87%[95% CI:77-99%]
、T1cで98%[95% CI:93-100%]
であり、T1a/T1bで有意に低かっ
た
(p=0.046)
。
Table 1
Figure 1
Baseline Characteristics
Age
Sex
Female
Male
58.8 years
1.0
268(99.2%)
2(0.7%)
0.8
Race
Caucasian
African American
Other
235(87.0%)
25(9.2%)
10(3.7%)
Tumor Histology
Infiltrating ductal carcinoma
Infiltrating lobular carcinoma
Mixed ductal and lobular carcinoma
Others
218(80.7%)
15(5.5%)
16(5.9%)
21(7.7%)
Size
T1a
T1b
T1c
65(24.0%)
83(30.7%)
122(45.1%)
Hormone receptor status
ER/PR positive
ER/PR negative
180(66.6%)
90(33.3%)
Chemotherapy + HER received
Yes
No
Unknown
161(59.6%)
94(34.8%)
15(5.5%)
Disease Free Survival
0.6
0.4
Chemo
0.2
No Chemo
p-value<0.01
0.0
0
500
1000
1500
2000
days
2500
3000
3500
5年DFS率は、非治療群で89%[95% CI:81-96%]
、治療群で95%
[95% CI:91-99%]
であり、治療群で有意に高かった
(p<0.01)
。
Figure 2
Disease Free Survival, Age < 55 yrs
1.0
ベースライン時の年齢中央値は58.8歳で、161例(59.6%)は化学療法
+HERが実施されていた。
腫瘍径別ではpT1a 24.0%、pT1b 30.7%、pT1c 45.1%であった。
0.8
0.6
0.4
T1a and T1b
0.2
T1c
p-value=0.046
0.0
0
500
1000
1500
2000
days
2500
3000
3500
55歳未満のサブグループにおける5年DFSは、T1a/T1bで87%[95%
CI:77-99 %]
、T1cで98%[95%CI:93-100 %]で あり、T1a/T1bで
有意に低かった
(p=0.046)
。
この結果は、T1a/T1bがT1cに比べて、化学療法+HERによる治療実
施の割合が低かった可能性が考えられる。
企画・提供:
この資材は学会の最新情報を掲載しています。
記載されている薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書を参照してください。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
405 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content