close

Enter

Log in using OpenID

KBA Rapida 106

embedDownload
ハイライト
お 客 様 が お 探 しな の は 商 業 印 刷 で す か?
KBA Rapida 106
パッケ ー ジ 印 刷 で す か?ラ ベ ル 印 刷 で す
か?それともその 他 の 特 殊 原 反 あるいは 特
たえまないイノベーションがもたらす最高のパフォーマンス
技 術 開 発は留まることがありません。市 場を
席 巻する技 術もまた常 に変 化し続けていま
す 。そこで 常 に 最 先 端 技 術 を持 ち続 けてい
くことは 決して容 易なことではありません 。
K B Aラピダ 0 6 はそのようなご要 望を受けて
最 新 ハ イテ ク 技 術 を 満 載 して 誕 生 しまし
た。2 0 0 8 年 の 市 場 導 入 以 来 、常 に絶え間 な
い 開 発を続けています。それは 、パフォーマ
しかし、印 刷 業 界 の な か で 勝 ち 抜 いていく
ンスの改 善と向 上であり、フレキシブルさの
ことだけが成功をもたらす唯一の方法です。
追 求であります 。インフィードとデリバリに
ためには、絶え間なく自ら革 新を続けていく
2 | KBA Rapida
Rapida105
106
改 善であり、そしてもちろん更なる経 済 性の
おいて設 計を見 直し、ソフトウエアは 勿 論 、
機 器の様々な細 部に至るまでお客 様 視 点に
たった数 多くの改 善を行いました。今あらた
めてラピ ダ 0 6 は 、菊 倍 判 機 で は 最 小 準 備
時 間 の 世 界 チャンピオンとしてお 客 様 に高
いご評 価を頂いています。
別な印 刷ですか?それならラピダ 0 6 におま
部 分 、U V 、水 性 、単 独または複 数のコーティ
ング 。お客 様が 思い描く印 刷 物が 何であれ、
必ずそのとおりのものを手にして頂けます。
か せください 。ラピダ 0 6 はあらゆるご 要 望
ラピダ 0 6 に満 載された 最 先 進 技 術 は 準 備
客 様は機 械の仕 様からご自分に合う機 能を
をいきいきと活 性 化することもできるように
に合ういかなるシステムも提 供できます。お
お選びいただくだけで結 構です。
用 紙の汎 用 性においてこの機 械を凌 駕する
品 質 管 理 は 大 変 重 要です。K B A は 品 質 管 理
に関する一 連のソリューションを一 新し、イ
ンライン 及 び オンライン 品 質 管 理 について
なります。ここで革新的なドライブトロニック
印 刷プロセス全 体を通した一 貫した品 質 管
技 術をご紹 介しましょう。
最 新 技 術を導 入 致しました。これらによって
理を実 現 頂けます。
ドライブトロニックS I S ーサイドレイ不 要
●
で対 応できます。仕 上げについても同 様に、
●
艶出しまたは艶 消し効 果 、全 体または特 定
自動 刷 版 認 識と見当プリセット
時間を究極まで最短化するだけでなく、職場
ものは 他 にありません。薄 紙 から厚 紙まで 、
プラスチック原 反からフルートパッケージま
ドライブトロニック プレートアイデント−
●
のインフィード
ドライブトロニックS P C 全 胴 同 時 版 交 換
KBA Rapida 106 | 3
フィーダ ー&インフィード
ドライブトロニック フィーダ
●
4 台のサー ボモ ータを通してフィー ダ 動 作
●
用 紙 厚に応じて自動 速 度 補 正し、ステップ
●
を制御
●
レスでパイル上昇
●
●
●
●
自動用紙サイズ設 定
枚 葉 印 刷 機 はフィー ダ によって 決 まると申し 上 げ ても
過 言ではないでしょう。突き詰めて申し上げれば 、正 確な
独創的な匠の技術
ドライブトロニック専用ドライブ
究極の使いやすさを実現
42 | KBA Rapida
Rapida105
106
用紙分離こそがスムーズな生産を行うための基本的な条件
なのです。K B Aは市 場においてまさに最 適なソリューショ
ンをここでもご提 供できます。フィー ダとインフィードの
ためのドライブトロニック専 用ドライブ 技 術です。ドライ
ブトロニック フィー ダ はシャフトレスのため 、どのような
印刷用紙・原反にも対応でき、またドライブトロニックSIS
はサイドレイ不 要なので、全ての用紙を1 枚 1 枚きっちり確
実 にとらえて簡 単 に位 置 合 わせを行えるようになりまし
た。しかもオペレータにご負担をかけません。
ドライブトロニック インフィードは電 動 式
●
ラムへの用紙 搬 送を最 適 化
リモ ート 調 整 により 、フロントレイ 調 整 、
フィードライン、高さを調整
高さを自動 補 正
●
生 産 中にフィーダ ヘッドでの斜 行シートの
帯 電 防 止の分 離エア
サクションベルトフィードテーブル
●
●
●
用 紙 先 端 センサにより、フィー ダ ヘッドの
帯 電 防 止 仕 様のステンレス製フィードテー
クションキーとタッチパネル
ドライブトロニックSIS
(センソリック インフィードシステム)
●
●
●
用 紙 搬 送 速 度 を電 子 制 御 で 遅らせること
●
のシングルサクションベルト
により、フロントレイへの 用 紙 到 達 時 間 を
最適化
信 頼 性が高く使いやすい機 械 操 作のファン
●
●
●
光 電 式 斜 行用紙センサ
光 電 式フロントレイセンサ ー による、電 空
異物検知装置
ノンストップフィーダ
●
●
串タイプの手動ノンストップシステム
センサ制 御されたレーキによる全自動ノン
ストップシステムは、パイル移 動に最 適
●
自動サイズ 設 定の統 合によりオペレータに
●
よる調 整が不 要
複数枚検知
式オーバーラン防 止 装 置
K B A特許の用紙インフィードシステム
用紙の左 右 方 向 位 置を電 子 制 御にて調 整
不 均 質 材 料 にも対 応できる超 音 波 式 二 枚
止め検 知装 置
制 御コンソー ル 及びインフィードタッチパ
ネルからの光電式インフィードセンサー設定
ブ ル 、複 数 チャンバ ー サクション システム
●
用紙モニタリング
スイングが 加 速することにより、フィードド
自動パイル左 右 位 置 調 整 装 置
修正
●
インフィード
パ イル 搬 出とパ イルドッキン グ の た め の
センサによる監視
3 方 向から用紙 挿 入が可 能
精度の高い用紙ポジショニング
フィードライン前の、K B A 特 許ベンチュリー
●
方式による滑らかなシートインフィード
●
エア 駆 動 による用 紙 位 置 ポジ ショニング
は、最 高 速 度においても正 確
●
パイルの左 右 位 置をS I Sセンサにより制 御
KBA Rapida 106 | 5
プリントユニット
高精度
他の追随を許さない正確さ
全てのラピダ 印 刷 機と同 様に、ラピダ 1 0 6は滑らかな用 紙 搬 送がその特 徴です。倍 径サイズの
圧 胴と受 渡 胴は、半 世 紀 以 上 前からのK B Aのトレードマークとも言えます。高 性 能のベンチュリ
シート ガイドシステムによって、用 紙 は 接 触 することが なく、キズやこすれの 心 配 なく、機 械
の中を通って行きます。そのため用 紙・原 反は厚さ、薄さ、硬さ、あるいは合 紙 、フルートなどに
関わらず、滑らかに搬送されていきます。
基本的設 計 思 想
ユニバーサル グリッパーシステム
ユニット設 計
●
圧 胴と受 渡 胴
●
レーム
●
●
●
●
●
汎用性の高い用紙搬送を持つ倍径サイズの
強 固 な ねじれ 鋼 性 を 持 つ 一 体 成 型 のフ
円 滑 な 回 転と高 精 度 を実 現 する連 続 ギヤ
配列
●
●
腐 食 保 護 加 工のシリンダ表面仕上げ
版胴とブラン胴間の正確な回転を得るベア
ラコンタクト及び高 精度ローラベアリング
●
集中給油システム
用紙搬 送
●
エアークッションによりスムーズに用 紙 搬
●
●
爪台と爪 先は個 別に交 換 可 能
グリッパシャフト径を増 大
用紙外側のふらつきを防ぐ幅 広の爪
見当の設定
●
エルゴトロニック コンソー ルからの 左 右 、
天地、そして、斜めの見当をリモート調 整
●
受渡胴を傾けることで斜めの見当調 整を行
うエルゴトロニックA C Rは、ビデオルーペを
通して自動 測 定と制 御
エルゴトロニック コンソールでエア設 定を
●
記憶、保存することでリピートジョブを簡単
●
●
●
に呼出し可能
爪 先はコーティングされ 、爪 台は最 大の保
持力を持つように構 造 化
送可 能なブロアシステムと、ベンチュリエア
シート ガイドシステム
●
用 紙・原 反の厚さが 変わっても調 整 が 全く
不要
エルゴトロニックI C Rは、オンライン全自動
見当制御
クオリトロニックI C R は 、インライン全自動
見当制御
用紙・原 反の厚さの自動設定
エアーシリンダによる2 段 階の胴 入れオン・
オフ機構
ベンチュリガイドプレート
62 | KBA Rapida
Rapida105
106
KBA Rapida 106 | 7
反転
フレキシブルさはラピダ 1 0 6の大きな特 徴の1つです。反 転・両 面 印 刷についても同 様に、ハイ
テク技 術 を満 載したラピダ 1 0 6 は 最 適 なソリューションを搭 載しました 。実 績 のある3ドラム
反 転システムが 簡 単に全ての用 紙 、なんと最 大 0 . 8 ㎜ 厚まで反 転させます。切 替はコンソール
でボタンを押すだけです。また、用 紙 搬 送も最 適 化されています。最 先 端のインキ撥 水 性コー
ティングがある特 別なK B Aジャケットは、用 紙 両 面の品 質 安 定と印 刷イメージを確 実なものに
します。
基本的設計思想
●
●
正確な反転見当に実績のある3ドラム構成
幅 広 い 用 紙・原 反 に 対 応 する 特 殊 反 転
グリッパシステム
●
約 2 分で片面と両 面を完 全に自動 切 替
反転後の用紙 搬 送
●
●
●
●
K B Aの圧胴ジャケット
キズ防 止 加 工が施されたシェルドラム
工具なしでシートガイドが取り外し可能
エア ークッションによりスム ー ズ に用 紙
搬 送できるブロアシステムと、ベンチュリ
エアシート ガイドシステム
ツィスティングサッカーはストレージドラム
●
上 で 用 紙 の 咥 え 尻 を 伸 ばし見 当 精 度 を
向上
●
エルゴトロニック コンソールでエア設 定
を 記 憶 、保 存 するのでリピ ートジョブ に
最適
●
●
用紙 搬 送 監 視センサ
反 転 胴と反 転 胴 下 及 び デリバリの 用 紙
搬 送を確 認するビデオシステム
●
光 学 式ロストシートセンサ
完璧な反転を実現
ボタンひとつの全自動
82 | KBA Rapida
Rapida105
106
KBA Rapida 106 | 9
インキとダンプニングユニット
完全な色調を実現
最高の印刷品質のために
正 確なインキ供 給と、最 適なインキと水のバランスはオフセット印 刷が 最 適な印 刷 品 質を得るための必 須 条 件です。それがまさにラピダ 1 0 6が
提 供する、更に改良され、高速に反応するインキングユニットです。K B Aのユニークな非 接触のカラートロニック インキ壺は印 刷の再現 精 度を高
く、尚且つ確 実に保 証します。胴 抜きによるインキ分 離や、ジョブに応じて使用しないユニットを切り離すソリューションによって、ローラ摩 耗を
減 少させ、準 備 時 間を短 縮し、そして廃 棄 物も減らすことができます。同 時にバリダンプ ダンプニングユニットが 必 要なバランスを維 持するの
で、まさにお望みの印 刷物を手にできるようになります。
カラートロニック インキダクト
●
超 硬 刃のインキ キーとセラミックコーティ
ングされたインキ元ローラ
●
●
インキ キーのリモート操作
印 刷 速 度に追 従するインキ元ローラ速度
インキダクトフォイル
●
ダンプニングユニット
●
安 定したインキ、水バランスを保つ新しい、
速 度 追 従 型 のバリダンプ フィルム 型 ダン
プニングユニット
●
用 紙 幅 に 合 わ せて湿し水 を適 合させる水
元ローラのひねり機能
●
●
水着けローラ上で横振りするライダーローラ
ゴミを排 除するための差 動ドライブは生 産
中に制 御コンソールから動 作 可 能
●
デジ タル による温 度 制 御と表 示 機 能 付 き
湿し水 準 備
特 殊インキダクトフィルムがインキ キーに
被らないので、基本設定に影響がありません
●
簡単なインキの除去と洗浄により準備時間
を短縮
●
高 速かつ簡 単なフォイルの交換
インキングユニット
●
更に改 良され 、高 速に反 応するインキング
ユニット
●
制 御コンソールから、呼び出し回 数の変 更
と停 止をリモートで設 定
●
●
胴 抜け時のインキ分 離 装置
生 産中の制 御コンソールからバイブレタイ
ミングを無 段 階 調 整
●
●
インキ着けローラの横振り
インキ元ローラとバイブレローラのインキ
温 度 調整 装 置
●
個 々のインキング ユニットを可 動 / 非 可 動
することにより、ロ ーラ摩 耗 の 減 少と準 備
時 間を最 小 化
10 | KBA Rapida 106
KBA Rapida 106 | 11
版交換
選んでください
版交換と認識装置
日々小ロット印 刷を多 数 行っている場 合 、印 刷 機に必 要な機 能が整っていないと、
版 交 換 には 多 大 な 時 間 を要してしまいます。ラピダ 1 0 6であれ ば 、そんな 心 配 は
全くありません 。お 客 様 のご 要 望 を全 て満 たし、最 も簡 単 な 操 作 を約 束します 。
ユー ザ ーであるお 客 様ご自身に必 要 な 機 能 を選 択して頂 けます。標 準 版 交 換 か
ら、全 印 刷ユニットで同 時に版 交 換するドライブトロニックS P Cまで自由にお選び
頂けます。その選択でご満足ですか?それとも、機械を止めずに版交換できるほうを
お望みですか?ラピダ 1 0 6はユニークなフライングジョブチェンジを含めて、ご希
望に合うすべての答えを用意しています。
SAPC( 半自動 版 交 換 )
●
F A P C( 全自動 版交換)
版 胴 前 のカバ ー をエア ーシリンダ に
●
版 交 換 位 置で自動 的に止まる
●
分 割された版 胴 咥え尻 万力
●
より開閉
●
●
●
版の自動クランピングとテンショニング
制 御コンソー ル からプ ログラムを 開
始すると全ユニットで自動 版 交 換
複 数 のユニットで 並 列 動 作 、3 ステッ
プで完了
より速く、最 適 化された版 交 換は見当
ゼロ調整を含み2 . 8分で完了
●
分割された版胴咥え尻 万力
フライングジョブチェンジ ー 生産性の計算結果
100万枚
30
最大50%の生産性向上
20
・通し枚数= ,000枚
2
7.4
・年間220日操業
・85%の稼働率
10
2
ドライブトロニックSPC
(全胴同時版交換)
●
●
●
全印刷ユニットで同時に自動版交換を実施
専用の高トルクモータによる版胴直接駆動
前準備プロセスと並行して、版交換が可能
フライングジョブチェンジ
●
わずか数秒でジョブを交換
ドライブトロニックS P Cとドライブトロニック
●
生 産中に自動 版 交 換を実 施
●
洗 浄が可 能
●
印刷する小ロット生産には特にお奨め
●
●
プレートアイデント(自動 刷 版 認 識 装 置 )は
プリントクリーン機 能でブランケットの自動
●
例:ブランケット洗浄と並行して版交換を
行うと、所 要 時 間は0 秒
従来の印刷
12 | KBA Rapida 106
ドライブトロニック プレートアイデント
(自動刷版認識装置)
●
同じ絵柄で、頻繁にその文言の言語を変えて
見当をプリセットし、版の認 識を印 刷ユニッ
トで行うシステム
●
デ ー タマトリクスコ ードを 読 み 取り、版 が
ジョブに適した位置にあるかどうかを検証
●
自動 版 交 換中に見当調 整が行われるので更
に準 備 時 間の短 縮が可 能
プレートホルダ ー 上のセンサで 追 加のレジ
スタマークを検出
見当のプリセットは全ての印 刷ユニットごと
に計 算
必 要に応じ、自動 補 正を実 施
ラピダ106
フライングジョブチェンジ
KBA Rapida 106 | 13
クリーントロニック
より高性能に
インラインフィニッシングの可能性を拡げる
ラピダ 1 0 6はインラインコーティングにおいてもお客 様のご要 望を全て満たします。最 先 端
のチャンバーブレード技 術により、艶出しあるいは艶 消し効 果 、全 体 及び特 定 部 分について
U V 、水性、単独または複数のコーティングに対応した加工ができます。コーティングのほとん
ど全てのプロセスが自動 化されており、例えばコーティング 版 交 換は、ドライブトロニック
S F C( 同 時コーティング 版 交 換 )により自動 化されているため、数 秒で完了します。また、水
性とU Vコーティングはそれぞれの供 給システムがあるため、異なるコーティング 剤でも取
扱が簡 単です。個 別の洗 浄プログラムはコンソール上のボタンで起 動できます。新しく開 発
されたK B Aアニロックスローダにより、アニロックスローラ交 換が 非 常に簡 単に行えるよう
になりました。
コータータワー
●
レ ー ザ 加 工 さ れ た ア ニ ロックス ロ ー ラ
付 属のチャンバ ーブレードコ ー ティング
システム
リモートで圧力調整
●
●
左 右 、天 地 、斜めの見当リモート調 整
コーティング版の見当システムとクイック
●
リリースクランプ
●
超軽量アニロックスローラにより迅速かつ
簡 単にローラ交 換
チャンバーブレードシステム
●
液 体と気 体を活 用したチャンバ ー 制 御に
より均 一 化されたコーティングの効 果
●
水 圧 式ブレードの圧力制 御はブレードの
高 寿 命を保 証
コーティング版自動 交 換
●
交 換 時間 約 1分で自動コーティング版
交換
ドライブトロニックS F C
(同時コーティング版 交 換 )
●
●
自動コーティング版 交 換
印刷ユニットの前準備と並行したコーティ
ング版交 換
KBAアニロックスローダ
●
全自動アニロックスローラの交換
コータータワー上のラックに内蔵
●
●
交換プロセスは、他の前準備のプロセスと
同時に実 行
ジョブ切 替プログラムで一 元 的に管 理
●
コーティング供 給システム
●
水性とUVコーティングそれぞれ個別の供給
ルートシステム
●
●
●
制 御コンソールからの集中管 理
水性とU Vコーティングの全自動 洗 浄
優 れた洗 浄 結 果により次のジョブのコー
ティングシステムが即時使用可
●
インテリジェント粘度ロジック
(IVL)による
コーティングレベル及び粘度に従いポンプ
制御
●
●
U Vコーティング剤の加温
メタリックコ ー ティング やその 他 の 特 殊
アプリケーションのための専用循環キット
14 | KBA Rapida 106
KBA Rapida 106 | 23
ドライヤー
KBA バリドライ ドライヤー テクノロジー
もしもの時のために
K B Aの高 性 能 バリドライシリーズでは 、油 性とU Vの何 れにも最 高 にご満 足 頂ける乾 燥 が 実 現し
ます。個々のランプモジュールは同じ形状ですので、胴間、デリバリのどちらでも相互に取り付けが
可 能で、これによって柔 軟な印 刷 物の乾 燥が 可 能になります。また環 境にとっても優しく、特に、
新たに開 発された省エネシステム・バリドライ ブルーは一 度 使 用 済みであるものの未 飽 和 状 態
の空 気を再 循 環することにより乾燥のためのエネルギーを減らすことができます。ジョブによって
は従 来の乾 燥 機システムに比べて最大50%のエネルギーを節約することができます。エネルギー
の効 率的な使用により環境への負荷を低減できます。
24 | KBA Rapida 106
バリドライ ブルー
●
強化
●
バリドライ IR/熱風
●
●
●
無 段 階 調 節のI R /熱 風 乾 燥
デリバリまたは乾燥タワーに設置可能
60W/㎝定格出力のIRを有するカーボンツイン
ランプ
●
エネルギー効率のシステムバリアントへ機能
従 来のI R / 熱 布 乾 燥 機に比べ最 大 5 0 %の省
エネが可能
●
●
延 長デリバリへの乾 燥 空 気を再 循 環
制 御コンソールから操 作
バリドライ UV
●
コンパクトな160W/㎝定格出力(無段階調整)
のUVランプモジュール
●
●
デリバリまたは乾 燥タワーに設 置
工 具 不 要のランプ交 換
パイル上の温度を自動検知して乾燥機を制御
●
●
取り付け位 置 に関 わらずランプごとに使 用
時間を確認
●
バリドライ HR-UV
●
●
●
●
高 感 度 U Vシステム用の特別なランプ
80から200W/㎝間でランプパワーの無段階調整
従 来 型と高 感 度 U Vインキに適用
H R - U V 乾 燥 機は、デリバリ、胴 間の全ての位
置で使用でき、HR-UVと従来のUVと組み合 わ
せた使用も可能
クリーントロニックU Vで 洗 浄 後の待ち時 間
を短縮
工 具 不 要のランプ交 換
パイル上の温度を自動検知して乾燥機を制御
●
KBA Rapida 106 | 25
デリバリ
パウダースプレー
●
帯 電 防 止されたエア機 能 付きの高 性 能パウ
ダ ー スプレ ーと、制 御 コンソー ル からのリ
モート制御
●
速 度 及び用 紙・原 反の寸 法に追 従するパウ
ダー 量 調 整
シートブレーキ
●
速 度 追 従 型 ダ イナミックシートブレー キに
よるデリバリパイル最 適 化
●
●
●
反転印刷時に最大限に利用できる用紙寸法
自動用紙寸 法 調 整
制 御コンソールから、サクションホイールを
個 別にオン・オフ可 能
●
●
用紙・原 反に応じた吸引力の制 御
サクションホイー ルの 入 れ 替えをイージ ー
クリックできる機 能
排気システム
●
オゾンとV O C 排出量から、健 康 被 害を防ぐ為
の排気システム
延 長デリバリ
エアトロニック デリバリ
完全プリセット機能
ラピダ 1 0 6のエアトロニック デリバリは、特に様々な印 刷用 紙・原 反を高 速に印 刷する機 械として設 計されています。そのため、こすれやキズの
心 配 が ある場 合 でも、あるいは 繊 細 な 取り扱 いを 必 要とする用 紙・原 反 料 の 場 合 でも、ご 心 配 は 要りません 。ラピ ダ 1 0 6 なら問 題 なく最 高
ドライヤーインストール用の拡張モジュール
●
●
用紙搬送
●
デリバリ
●
●
シートブレーキは全ての用紙がデリバリパイルの上に正確に紙揃えできることを保証します。そして、一番の利点として、エアトロニック デリバリ
●
の全てのデジタル設 定をプリセットし、後日呼び出せるように保 存できる機 能があります。
26 | KBA Rapida 106
信 頼 性 が 高く操 作しやすいファンクション
キーとタッチパネル
スピードで簡 単に印 刷できます。エアロダイナミック グリッパは空 気の流れを最 適 化し、パウダ ー 消 費 量を軽 減 。同 時に、高 性 能のベンチュリ
シートガイドシステムは、エアークッションにより、安 定して滑らかな用紙 搬 送を提 供します。薄 型 軽 量の用紙を生 産する場 合でも、ダイナミック
スム ー ズ な 用 紙 搬 送 の た め の ハ イレベ ル
コンソール上でベンチュリシートガイドシス
テムのエア設 定の作 成と保 存が可 能
I Rドライヤーで 乾 燥ムラを除 去するシャド
長 時 間 乾 燥が 可 能であるためコーティング
の生 産 性が向 上
●
様 々な用 紙・原 反 に速 度 追 従 するグリッパ
オープニングカム
●
ファンモジュー ルとブロアー バ ー の 方 向を
リモートで調 整して最 適なパイルを実 現
●
オ ペ レ ー タを 危 険 か ら 守 る た め の ラ イト
バリアー
ノンストップデリバリ
●
高 速 生 産 中にノンストップでのパイル 交 換
が可能
●
昇 降ノンストップ ロ ーララックは自 動 的 に
主パイルの上に移動
●
主 パイルと補 助 パイルの昇 降のためにセン
サで監視
ウレス エアロダイナミック グリッパシステム
KBA Rapida 106 | 27
物 流システム
物流システム
印刷現場における生産性の最大化
厚い用紙・原 反の印 刷 時は、パイル交 換が特に頻 繁に行われます。即ち、これは機 械の停 止 、
印 刷 物が 積まれたパレットと空パレットの交 換 、機 械の再 稼 働を意 味します。ここで、どれだ
け貴 重な生 産 時 間が失われているか考えてみてください。そこで、ノンストップパイル交 換シ
ステムがソリューションとなることは間 違いありません。フィーダとデリバリのK B Aノンストッ
プシステムは、生 産を中断させることなく、スムーズなパイル交 換を可 能にします。しかも最
高スピードで。お客 様の印 刷 現 場に合わせた物 流システムの構 築はK B Aパイルトロニックな
ら簡単です。
ノンストップフィーダ
●
連続生産のためのロッド仕様のノンストップ
システム
●
センサで 制 御 され たレ ー キ による パ イル
搬 出とパ イルドッキン グ の た め の 全 自 動
ノンストップシステム
●
3 方向からパイルの出し入れが可 能
パイルトロニック
●
トップパイル 交 換システム、パレット供 給を
ネットワーク化
●
●
●
実績のある物 流モジュール
お客 様に合わせてユニークなソリューショ
ンをご提供
●
ノンストップデリバリ
効 率 的 な 生 産 のために 印 刷 制 御とノンス
パレット不要で給 紙が可 能
高 速 生 産中にノンストップでのパイル交 換
が可能
●
昇 降ノンストップロ ーララックは自動 的 に
主パイルの上に移動
●
主パイルと補助パイルの昇降のためにセンサ
で監視
1 . パイルターナー:使い捨てのパレットを、ノンストップ
システムパレットに置き換え
28 | KBA Rapida 106
2. パイルターナーへの全自動パレット供 給システム
3 . パレットのルーティングのためのターンテーブル。昇降
するので、床の高さの違いにおける問題点も解消されます。
4. リモート制御のトロリーは、ローラートラックからパイル
を受 け取り、所 定 の 場 所 に運 びます。この 場 所 は 、バ ー
コードで指 定できます。
5. パイルは、トロリーから動いてフィーダの正 面の場 所に
移 動します。
6. フィーダの空パレットが自動的に回転し、パイルターナーで
パレットディスペンサーに戻ります。
KBA Rapida 106 | 29
コンソール
最先端のKBA コンソール テクノロジー
人 間 工 学デザインに基づくエルゴトロニック制 御コンソールにより、ラピダ 1 0 6 は常に完 全なコントロールが 可 能です。タッチスクリーンには
インテリジェントメニューや使いやすいユーザーインターフェースを搭載し、全ての操作・機能にアクセスして頂けます。そして、全自動のジョブ切
替プログラム-ジョブアクセスはボタン1つで機 械 全 体の前 準 備プロセスを調 整できるのです。利 点はまだまだあります。ジョブ プロファイルは
リピートオーダ ー用に保 存することができ、リピートオーダ ーはマウスを数 回クリックするだけで呼出すことができます。最 新 技 術のインライン
品 質 測 定と制 御も、コンソールで一 貫して操 作でき、リモートメンテナンスをご利用 頂くことで、2 4 時 間 3 6 5日いつでもお客 様のお役に立てる
ようK B Aは常にスタンバイしています。
エルゴトロニック
●
全ての機 能にアクセスする人 間 工 学に基づ
くタッチスクリーン
●
ウォールスクリーンに印 刷 機の設 定を全て
表示
クオリトロニック カラーコントロールから
●
エルゴトロニック 総合計測システム
エルゴトロニック 標 準 機 能に加えて:
●
●
インキプロファイルとインキ測 定 値をコン
ソールのディスプレーに表示
●
既 存のデンシトロニック プロフェッショナ
ルとの統 合が可 能
●
エルゴトロニックカラードライブとエルゴト
ロニックACRによってリニア ー な 濃 度 計 測
が可能
●
●
角度 調 整 可 能な色 見 台
色 見 台 は 記 憶 装 置 付 き で モ ー タ による
高さ調 整が 可 能
●
ジ ョブ デ ー タを USBポ ートか ら 高 速 読 み
込み
●
瞬断等によるシャットダウン時も無停電装置
で印刷 機をコントロール
●
KBAの24時間 365日サービスにより、
リモー
トメンテナンスからソフトウエアのバージョン
アップまで含めてインターネット経由で対応
濃度とL a b 計 測 器によるエルゴトロニックカ
ラーコントロール
●
エルゴトロニックICR( カメラによる見当管理
装置)によるレジスタコントロール
の画 像をウォールスクリーンに表 示
●
角度固 定のバキュームボードの検 査デスク
ジョブ切替プログラム ジョブアクセス
●
●
●
をプリセット
●
制御コンソールの機能 (オプション)
自 動ジョブプリセットのジョブ 切 替プログ
ラム-ジョブアクセス
●
各ジョブ固有の全ての印刷機の設定を記憶
全ての用紙・原反のエア設定をプリセット
ジョブ固有のカラートロニック インキ呼出量
●
●
●
生 産中に次のジョブを準 備
用紙・原 反の厚みと寸法をプリセット
事 前 選 択と洗 浄 機 能の実 施
予め選択された機能を最短時間で効率よく
行うように最適化して自動的に実施
ロゴトロニック
●
インキ プロファイルはCIP3データを介して
プリセット
見当の設定のリモート
リモートによる見当調 整
●
●
グレー バランスに応じて拡 張されたカラー
コントロールの為のインストルメントフライト
との統合
●
●
全ての周辺 機 器の制 御
メンテナンス 表 示とメンテナンスリストの
プリントアウト
●
ロゴトロニック プロフェッショナルへの生産
データの取得
●
パイル荷 札の作 成と印 刷
プレビューイメージ
●
30 | KBA Rapida 106
KBA Rapida 106 | 31
品 質 測 定と管 理
品質のより高い新たなステージへ
インライン・オンライン
印 刷 業 界 においては 、ますます短 納 期 化 が 進 む 一 方で 、タイムリーさと高 品 質 、そして更 なる
経 済 性に対する期 待も今 後ますます高まる一 方です。このような 状 況のなかで 、印 刷 機のエン
ジ ニアリング に 新 たな 着 想 、新 たな 手 法 を 取り入 れることは 極 めて 大 切 なものとなってきて
います 。例えば 、オンライン品 質 管 理 装 置 、インライン品質管理装置はこれまで以上にその重 要
性 が 増して来ていると言えます 。K B Aは、あらゆる最 新 技 術を取り込み、将 来 必 要になる機 能を
今日ご提 供するために、ラピダ 1 0 6とともに品 質 管 理 装 置の導 入もご提 案 致します。
カラー計測
●
見当
●
エルゴトロニックACR(自動カメラレジスタ)
は、ビデオ監視ルーペを通して自動測定と
制御は、カラーバーと画像の濃度及び(オプ
ションで)スペクトル値を決定します。
●
制御を行います。
●
エルゴトロニックICR( 統合カメラレジスタ)
は 、オンラインにおける 全 自 動 の 見 当 管
理 装 置です。
クオリトロニックICR( 統合カメラレジスタ)
●
は、インラインにおける全自動の見当管理
装置です。
コンソ ー ル デ ス ク 上 の オンラ イン カラ ー
計 測 制 御システム-エルゴトロニックカラー
機 械 上に設 置されたインラインカラー 計 測
●
エルゴトロニック イメージズームにはデジ
タルルーペ機 能を搭 載 。
●
生 産中の画 像 表 示が可 能です。
ニック カラーコントロールと組み合わせて、
インラインシートの検査を行うシステムです。
ベタ濃 度とともに、グレー バランス/トーン
●
のためにプリフライトチェックを統 合 化 。
●
ラインカラー 測 定 制 御 のためのクオリトロ
●
値の計 測に基づいて拡 張されたカラー 制 御
クオリトロニック プロフェッショナルは"総合
的品質管理システム" を実現するためにイン
制 御システム-クオリトロニックカラー 制 御
は、カラーバーの濃 度 値を決 定します。
●
品質制御
印 刷 物 発 注 者 にクオリトロ ニック 品 質 レ
ポートで文 章と証 明 書を作 成できます。
自 動 画 像 検 査と品 質 保 証 システムである
デンシトロニックP D F がプ ル ーフリー ダ ー
機 能 を担 います 。印刷イメージ(レイアウト、
テキストの内容)
のエラーに加えて、
ブランケット
と版だけでなく、目に見える色の偏差凹凸を
検出する機能を持っています。
32 KBA Rapida 106
KBA Rapida 106 | 33
テクニカルデータ
構成
KBA枚葉オフセット技術
オプション一覧 *
一般的仕様
用紙厚 範囲:0.04 ー 0.70㎜
(最大生産速度は用紙の厚みに依存します)
厚紙用パッケージCX:1.20㎜まで
段ボール用パッケージ:1.60㎜まで
フィルム・プラスチック用パッケージ
UVアプリケーション用パッケージ
用紙寸法
最大用紙(片面/両面)サイズ:
特別最大用紙(片面)サイズ:
ドライブト口二ック SFC( 同時コーティング版交換)
最小用紙(片面/両面)サイズ:
印刷面積
最大印刷面積(片面/両面)
:
特別最大印刷面積(片面)
:
用紙厚
340 480 / 400 480
730 1050 / 720 1050
740 1050
㎜
㎜
厚紙パッケージ(約450g/㎡まで)
:
段ボールパッケージ:
両面機:
両面機の厚紙パッケージ:
グリッパーマージン
印刷速度 2)
印刷ユニット9まで、またはコータを含む最大ユニット数10まで:
高速パッケージ(オプション)実装時:
両面印刷機で、片面印刷で印刷ユニット10まで:
両面印刷機で、両面印刷で印刷ユニット10まで:
高速パッケージ(オプション)実装時:
最大パイル高さ
0.04 -0.7
1.2
1.6
0.70
0.80
10
18,000
20,000
18,000
15,000
18,000
ブランケットサイズ:
特殊コーティングサーキュレータ
1100
㎜まで
㎜まで
㎜
s/h
s/h
集塵器
ASP付ダイナミックシー卜ブレーキ
デリバリ
機内カメラ インフィードからデリバリまで
プリセット機能を備えた工アー設定
印刷ユニット
自動ノンストップローラーシステム
用紙搬送監視センサ
パウダー抽出
全自動版交換 FAPC
乾燥機の取付の為の延長デリバリ
ドライブ卜口ニック プレートアイデント(自動刷版認識装置)
バリドライ IRデリバリ乾燥機
㎜
860 1070
㎜
㎜
ション扱い商 品を含む場 合もありますのでご注 意
ください 。詳 細 は 担 当 営 業 に必ずご確 認 下さい 。
当力夕ログ 記 載 事 項 について弊 社 の 許 可 無く一
切 の 無 断での 転 用 、引用はお 断り致します。また
本 商 品 については 事 前 の 予 告 なく仕 様を変 更す
る場 合があります。詳 細については下 記へお問い
帯電防止機能付きパウダースプレー装置をコンソールに統合
合わせください。
KBAジャパン株式会社
バリドライ IR/熱風デリバリ乾燥機
反転装置後の圧胴ジャケット
バリドライ UVデリバリ乾燥機
F a x : 03-5623-3006
用紙搬送監視用ビデオシステム
バリドライ UV胴間乾燥機
大阪オフィス
〒 540- 0026
大阪府大阪市中央区内本町1-1-11-1205
3シリンダ一式 反転装置
バリドライ IR/熱風/UVデリバリ乾燥機
反転装置後の擦れ防止シェルドラム
バリドライ IR/熱風胴間乾燥機
UVインキ用ローラ
㎜
このカタログ の 記 載 には 基 本 構 成 に加えてオプ
反転装置
s/h
s/h
KBA Rapida 106
Koenig & Bauer AG
東京本社
〒 103- 0015
東京都中央区日本橋箱崎町20-3
箱崎公園ビル 6F
インキングユニット
㎜
1)印刷適性も被印刷材料の剛性によって決まります。 2)個々のプロセスパラメータに依存します。例:使用しているインキや被印刷材料等。
コーティングヒータ
s/h
795 1060
36
インフィード
ドライブト口ニックSIS
全胴同時版交換 ドライブトロニックSPC
㎜まで
㎜
印刷開始位置:
リールツーシートフィーダ
乾燥機システム
㎜まで
1000
版サイズ:
水性・UVコーティング用二ス供給と洗浄システムをコンソールに
統合
EES - 排出抽出システム
ノンストップデバイス付フィーダ:
版 / ブランケットサイズ
水性コーティング用ニス供給と洗浄システムをコンソールに統合
半自動版交換 SAPC
㎜
ノンストップデバイス付デリバリ:
異なるニスを交互に使用できるコーティング回路
コーティングポンプによる二スの供給
㎜
1250
1200
ア二口ックスローダ
ベンチュリーシートガイドシステム
フィーダ:
デリバリ:
自動コータープレート交換
㎜
1)
標準:
コーター
パイル物流の自動ノンストップ機構
自立プレフィクスパイル
㎜
クリーント口ニック UV
コロナユニット
パイルボードを使用した自動ノンストップ機構
㎜
クリーント口ニック マルチ or シンクロマルチ
チャンバーブレード式コーター
高性能帯電防止システム
(イオン発生装置付ブ口アー含む)
750 1060
クリーント口ニック シンク口
印刷ユニット数
フィーダ
740 1060 / 740 1060
クリーント口ニック 湿式布用インパク卜
プリントクリーン機能
反転ユニット
最小準備時間のためのコンポーネント
クリーント口ニック インキシステムを交互に使用するマルチ
ドライタワー
コーター
機 能一覧
洗浄装置
クリーント口ニック ブランケット/圧胴洗浄とローラ洗浄
油性インキ用ローラ
バリドライ HR-UV乾燥機
バリドライ LED-UV乾燥機
計測制御
インキ温調装置
エルゴ卜口ニック ACR
インキ撹拌
クオリト口二ック ICR
レインボー印刷アクセサリー
クオリ卜口ニック カラーコントロール
インキ壺ローラ冷却
ごみ取りピッカー
インキ供給システムをコンソールに統合
ダンプニングユニット
湿し水ユニット
差動ドライブ
電話 : 03-5623-3004
電話 : 06-4790- 6867
F a x : 06-4790- 6868
エルゴ卜口ニック ICR
デンシト口ニック PDF
2015/9 KBA JAPAN
クオリ卜口二ツク プロフェッショナル
KBA Rapida 106
最高のパフォーマンスを生み出す最新技術を満載
クオリ卜口ニック 品質レポート・差動ドライブ
プロセスオートメーション/ネットワーク
口ゴト口ニック
口ゴト口ニック プロフェッショナル
*設計は予告なしに変更する場合があります。
上記にはオプション機器が含まれています。
( オプションの価格は機械の基本料金に含まれておりません。)
Koenig & Bauer AG
382 | KBA Rapida
Rapida105
106
KBA Rapida 106 | 39
コーター
クリーントロニック洗浄システム
完全な印刷品質のために
もし今 、印 刷 機の洗 浄に多 大な時 間を割いているなら、この洗 浄 時 間を大 幅に削 減できれば 印 刷 機の稼 働 率は大 幅に向 上すると思われません
か?最 高の印 刷 品 質のためには印 刷 機を綺 麗にしておかなければいけません。ラピダ 1 0 6の高 性 能なクリーントロニック洗 浄システムを使え
ば 、もう心 配はありません。あらゆる汚れ、例えば 油 性 、U Vインキ、スプレーパウダ ー 、紙 粉などがついたローラ、ブランケット、圧 胴も綺 麗にでき
ることを実 感し、それを活用できるからです。さらに洗 浄にかける貴 重な時 間を節 約する場 合には、クリーントロニック シンクロをお勧めします。
2つの独 立した洗 浄ビームがブランケットと圧 胴の洗 浄を同時 並 行 処 理します。
クリーントロニック洗浄システム
●
クリーントロニック シンクロ
インキローラ、ブランケットと圧 胴のための
●
ひとつの 可 動 式 洗 浄ビ ームでブランケット
●
多目的 洗 浄システム
●
と圧 胴を連 続して洗 浄
●
ブランケットと圧 胴の連 続 洗 浄
●
●
個 々のプログラミングと洗 浄プログラムの
集中制御
●
●
ブランケットと圧 胴の洗 浄 用に個 別の洗 浄
●
クリーントロニックUVはUV点灯中に洗浄可能
ブランケットと圧 胴の同時 並 行 洗 浄
●
ビーム
●
ローラとブランケットの同時 並 行 洗 浄
クリーントロニックU V
なため、待ち時 間が不 要
ローラとブランケットの同時 並 行 洗 浄
クリーントロニック マルチ
●
プリントクリーン機 能
複 数 の イン キ・洗 浄 液 対 応 のマ ル チ 洗 浄
●
●
クリーントロニックとクリーントロニック シン
●
制 御コンソールで洗 浄 布 消 費 量を表 示
版とブランケットからの残インキを除去
ブランケット洗 浄回数と消 耗 品の減 少
システム
乾 式 布または湿 式 布ロールの使用
UVランプ交換頻度の減少及び、寿命の延長
●
クロで利用可能
●
損 紙 枚 数を事 前に設 定 可 能
従来のブランケット洗浄に要した時間を生産に
KBA Rapida 106 –
最短準備時間の
世界チャンピオン
洗浄と準備工程のシミュレーション比較
ドライブトロニックSPCとクリーントロニック シンクロを用いた高レベルのオートメーション
順次処理
版交換
ブランケット洗浄
圧胴洗浄
ローラー洗浄
KBAクリーントロニックを活用した場合
版交換
ブランケット洗浄
圧胴洗浄
ローラー洗浄
5分間の時間節減=45%生産性を向上
時間(分)
0
22 | KBA Rapida 106
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
KBA Rapida 106 | 15
主な特 徴
KBAが誇る最先 端のコンソール
テクノロジー
●
ウォールスクリーンに全ての印 刷 機の設 定
を表示
●
全自動 及び 前 準 備のための、ジョブ 切 替プ
ログラム-ジョブアクセス
●
ジョブ プロファイルはリピ ートジョブ のた
めに保 存 可 能
●
オンラインとインラインによる生 産 の 品 質
管理のために、様々な機能を活用できるエル
ゴトロニック プロフェッショナルコンソール
●
●
エルゴトロニック コンソー ルにタッチスク
リーンを統合することで容易な操作を実現
●
バリドライ乾燥機システム
K B Aプレスサポ ートの 2 4 時 間リモ ートメン
テナンスモジュールは、ソフトウエアのアッ
プデ ートとリモートメンテナンスをインター
ネット接 続で実 施
ロゴトロニック プロフェッショナルへの統合
●
( C I P 4 / C IP3への対 応 )
17-20 | KBA Rapida 106
高性能乾燥機バリドライIR/熱風、バリドライ
UV 、およびバリドライ H R - U V
●
●
●
空気を再循環させエネルギーを節 約
工具不要のランプ交 換
エネルギー 効 率を高めるバリドライブル ー
技術(従来比最大 5 0%節 約 )
エアートロニック デリバリ
完全なプリセット機能
●
空 気力学 技 術によるグリッパは空 気の流れ
を最 適 化し、粉の消 費 量を軽 減
●
安 定した用 紙 搬 送の為の、洗 練されたベン
チュリシートガイドシステム
●
速 度 追 従 型 ダイナミックシートブレーキに
よるデリバリパイル最 適 化
●
速 度 及 び 被 印 刷 材 料 寸 法 に追 従 するパウ
ダー量
より良い乾 燥のための延長デリバリ
●
●
熱、臭気等の危険性を取り除く排気システム
(EES)
●
生産を中断させないKBA特有のノンストップ
システム
コーター:更に高性能化
●
最 先 端のチャンバ ーブレード技 術と軽 量の
アニロックスローラ
●
ドライブトロニックSFC( 同時コーティング版
●
交 換 )は 他 の 準 備 機 能と並 行して、全 自 動
でコーティング版 交 換が可 能
●
●
交 換 時 間 約 1分で自動コーティング版 交 換
印 圧 、天 地 、左 右 、斜め見当のリモート設 定
水 性とU Vコ ー ティング の 個 別 回 路 の 供 給
システム
●
●
●
クリーントロニック洗 浄システムはインキ
ローラ/ブランケットの組合せもしくはインキ
ローラ/圧 胴の組 合せで同時 並 行 洗 浄
●
ひとつの 可 動 式 洗 浄ビ ームでブランケット
と圧 胴を連 続して洗 浄
クリーントロニック シンクロはブランケット
●
と圧 胴 洗 浄のための独 立した洗 浄ビーム
●
クリーントロニック マルチ洗 浄システムは
異なる洗 浄 液の使用が可 能
全自動 洗 浄
●
版交換: 選んでください
●
洗浄プロセスの同時並行処理とユニット別に
選 択 可 能な洗 浄プログラム
KBAアニロックスローダにより全自動でのアニ
ロックスローラ交 換が実 現
●
クリーントロニック:より完全な洗浄の
ために
クリーントロニックU VはU V 点 灯中の洗 浄に
より、待ち時 間を解 消
S A P C( 半 自動 版 交 換 )- 版 交 換 位 置で自動
的に停止
反 転 装 置:ボタンひとつで全自動
●
●
F A P C( 全自動 版 交 換 )-より速く最 適 化され
●
ドライブトロニックSPC( 全胴同時版交換)
●
●
たプロセス
●
●
他の準 備 作 業と並 行して版 交 換 可 能
フライングジョブチェンジ( F J C )- 生 産 中に
ドライブトロニック プレートアイデント
(自動
●
●
キズ防 止 加 工が施されたシェルドラム
●
エアークッションによりスムー ズ な用 紙 搬
ツィスティングサッカーはストレージドラム
上で用紙の咥え尻を伸ばし見当精度を向上
●
エア設定はコンソールで保存でき、リピート
ジョブの為に呼出し可能
●
用紙 搬 送を監 視するビデオシステム
最 新の流 動 学のノウハウを応 用しインキフ
ローとインキ分 配を最 適 化
●
リーエアシートガイドシステム
●
●
最 先 端のインク撥 水 性コーティングを施し
送 を可 能 にするブ ロアシステムとベンチュ
刷版認識装置-版挿入時に版を認識して見当
を調 整 )
約 2分で片面と両 面を完 全に自動 切 替
たK B A圧胴ジャケット
●
完 全自動で版 交 換が可 能
正確な反転見当で実績のある3-ドラム構成
インキングユニット:完 璧な色 調を実 現
最 高の再 現 性を誇るカラートロニック イン
●
ミングを無 段 階 調 整
●
●
の交 換 及び壺 洗 浄の準 備 時 間を削 減
●
特 殊インキダクトフィルムがインキ キーに
被らない為、基本設定に影響なく頻繁なゼロ
点調整不要
胴 抜け時のインキ分 離 装 置
個 々の イン キ ン グ ユ ニットを 可 動 ま た は
非 可 動 にすることでロ ーラの 摩 耗 を抑え 、
キダクト
特殊インキダクトフォイル使用によりインキ
生 産 中の制 御コンソー ルからバイブレタイ
準 備 時 間を最 小 化
●
水 無し印 刷に特に有 利なインキ元ローラと
バイブレローラ用のインキ温 度 調 整 装 置
●
安 定したインキ 、水 バランスを保 つ 速 度 追
従 型のバリダンプ フィルム型ダンプニング
ユニット
ゴミを排 除する為の差 動ドライブ
印 刷ユニット:高 精 度
●
●
強固なねじれ鋼性を持つ一体成型のフレーム
倍胴圧胴、倍胴受渡胴により、安定した用紙
搬送
スムーズな回転と優れた精度をもたらすギア
●
ドライブトロニックSIS( センソリック
インフィードシステム)
:匠のわざ
●
●
●
駆動
●
クッションによる用紙 搬送
●
●
●
非 接 触で用 紙を受け渡すベンチュリエアー
リピ ートジョブ のためにエルゴトロニック
コンソールでエア設 定を記 憶 、保 存
●
●
ユニバ ー サルグリッパ ーシステムは 用 紙・
K B A特許の用紙インフィードシステム
用紙の左 右 方 向 位置を電子制御にて調整
高い精 度を持つ用紙ポジショニング
自動サイズ 設 定の統 合によりオペレータに
よる調 整の必 要 性を排除
フィードライン前 の 特 許 ベンチュリーシス
テムにより、滑らかなシートインフィード
ドライブトロニック フィーダ:究 極の
使いやすさ
●
フィーダ
●
を最適化
ドライブトロニック インフィードは 電 動 式
●
リモ ート 調 整 により 、フロ ントレ イ 調 整 、
フィードライン、高さを調整
●
用紙・原 反の厚さの自動 設 定
●
オフ機 構
●
●
●
自動 用 紙サイズ 設 定とパイルサイドの自動
調整
左 右 、天 地 、斜めの見当リモート調 整
エアーシリンダによる2 段 階の胴 入れオン・
サクションベルトが用 紙 搬 送 速 度を電 子 制
御で遅らせ、フロントレイへの用紙到 達 時 間
原反の厚さに応じてシームレスに対応
●
用紙厚に応じて自動速度補正して、ステップ
レスで パ イル 上 昇 するドライブトロニック
信 頼 性が 高く、使いやすい機 械 操 作の為の
ファンクションキーとタッチパネル
●
超音波式二枚送り検知装置
生産を中断させないKBA特有のノンストップ
システム
サービス
アプリケーション
ハイライト
特殊分野
印刷するだけにとどまらず
ラピダ 1 0 6は最 短 準 備 時 間 、印 刷 品 質とパ
フォーマンスという点では他に比 類をみな
特別なパッケージをご利用頂くことで、フィ
ルムやプラスチックにも容易に印 刷できま
い製品です。
す。
ノロジーと特別な用途となると、もはや圧巻
コロナタワーをお使い頂くことで、印刷プロ
モジュール設計によって、穴あけおよびナン
加えて、簡単に印刷できるようになります。
更にこれが後加工まで含めた一貫したテク
のパワーを発揮します。
バリングは非常に自然な仕上げになります。
印刷物の注目度を高める効果のひとつとし
て、インキ壺にレインボー印刷オプションを
導入すると、画像の分離領域が異なり、違っ
また特 殊 原 反への印 刷でお困りの際には、
プラスチックに 印 刷 する 場 合 はコロナタ
を上げることができます。
ジョブによってはロール紙を使 用すること
やラベル、あるいは商 業 印 刷 物にまさに本
ダKBA RS106をお勧めします。これによって
更にコールドフォイルモジュールをお使い
ルからシートをカットして用紙供給を行いま
頂くことで最 高の印 刷 品 質に加えて、最 高
の仕上げにすることができます。
これはまだラピダ1 0 6が備える能力のほんの
一例です。
頂くために、様々なご提案を用意致しておりま
す。
どうぞ、KBAまで直接お問い合せ下さい!
ワーによって、大 幅に加 工 品 質と生 産 速 度
で更に経済的にお使い頂けます。
物の輝きを加えることができます。
非常に厳しい競争のなかで、一頭地を抜いて
セスのなかで特殊原反にコロナ放電加工を
た色トーンで印刷することができます。
K B Aコールドフォイルによって、パッケージ
ラピダ106の魅力は、枚挙に遑がありません。
その場合、高性能リール ツー シートフィー
最高印刷スピードに合わせて、巻き取りリー
す。
リールだけでなく通 常のパイルも併せてお
使いになる場合、わずか10分で切替が完了
します。
1.RS106
機能一覧
リモート診 断とメンテナンス 最小準備時間のためのコンポーネント
必要なときにいつでもご利用頂けるサービス
ロール紙からの用紙供給をコンソールから可
能にする
2.ドライブトロニック フィーダ
4つの独立サーボドライブ
究極のプリセット機能
3.ドライブトロニックSIS
全ての印 刷 機のコンソールには、リモートメンテナンスモジュールが 標 準で組み込まれておりK B Aリモートサービスへ直 接 接 続されます。アド
サイドレイ不要のセンサーインフィードシス
バイスだけでなく、実 際にリモ ートで 機 械のサポ ートを2 4 時 間 3 6 5日受けることができ、必 要 な 時にいつでもコンタクト頂けます。操 作 方 法
テム
や、機 械の設 定に関してご質 問 頂いたりオンラインでの機 械の診 断や、即 刻 機 械の修 復を図ることもできます。世 界 中のリソースを活 用して、
サービスマンの派 遣 、部 品の手 配を遅 滞なく瞬 時に行います。デ ータの機 密 保 持も心 配ご無 用です。リモートメンテナンスはお客 様 側で起 動
4.ドライブトロニック インフィード
をかけてオンラインにして頂きますので、デ ータの機 密 性は常に保 証されています。
フロントレイのリモート電動調整
リモートメンテナンス
機械ごとの一貫したリモートメンテナンスモ
ジュール
スペアパーツサービス
KBAオリジナル部品のための総合品質テスト
高精度で、信頼性が高く、
また最大のライフタ
上の可能性
使用しないユニットを機械から切り離す機能
スペアパーツ管理のための最新システムによ
印刷機の生産性を向上するための総合的対策
個々の印刷ユニットコントローラーにリモー
イムを保証
80%の問題はその場で解決し、サービスマン
る管理
の訪問も、
スペアパーツも不要
保証期間中のホットラインサービスは無料
時間とコストの大幅な節約
変化する市場状況のなかで、既設置機械への
適用
サービススペシャリストからの効率的なアド
バイス
トで直接アクセス
5.インキングユニット
カラートロニック・インキダクト:精度の高い、
トータルなリモートメンテナンス機能と市場
での長年の経験
改良
摩耗しないインキ壺
準備時間の短縮、無駄の排除、更なる品質向
豊かな経験に裏打ちされた改良
6.印刷ユニット
サイクルで全自動版交換
9.ドライブト口ニックSPC(全胴同時版
交換)
全ユニット同時全自動版交換
10.フライングジョブチェンジ(FJC)
生産中に全自動版交換が可能
11.ドライブト口ニック プレートアイ
デント(自動刷版認識装置)
版挿入時に版を認識して見当を調整
12.クリーントロニック 洗浄システム
洗浄時間を短縮するための多目的洗浄シス
テム
13.クリーントロニック シンクロ
ブランケットと圧胴の同時並行洗浄用に2つ
の洗浄ライン
14.ドライブト口ニックSFC(同時コー
ティング版交換)
印刷ユニットの前準備と自動コーティング版
交換の並行処理
15.アニロックスローダ
18.エアートロニック デリバリ
プリセット機能を備えたエアー設定
帯電防止機能を備えたコンソール制御の高
性能パウダースプレー
コンソール制御のダイナミックシートブレーキ
自動ノンストップローラーシステム
アニロックスローラの全自動交換
一貫したジョブ切替プログラムのなかで運用
できる
他の前準備のプロセスと並行して交換を実行
16.コーティング供給
制御コンソールからの集中管理
水性とUVコーティングの全自動洗浄
17.バリドライ 高性能乾燥機システム
バリドライ IR/熱風
バリドライ UV
バリドライ HR-UV
バリドライ ブルー
19.エルゴトロニック 制御コンソール
ジョブ切替プログラム-ジョブアクセス
関連するすべてのパラメータを、
リピートジョ
ブのために保存
生産データの取得
計測制御システムの統合
20.計測制御システム
工ルゴ卜口二ック ACR
エルゴトロニック カラーコントロール
クオリ卜口ニック カラーコントロール
クオリ卜口ニック プロフェッショナル
クオリトロニック ICR
デンシ卜口ニック PDF
プリセットできるベンチュリシート ガイドプ
250万以上の部品の常時在庫
レート
スペアとアクセサリーパーツの迅速な配送
7.反転装置
印刷機の稼働率向上
342 | KBA Rapida
Rapida105
106
8.FAPC(全自動版交換)
約2分で全自動切替
KBA Rapida 106 | 35
36 | KBA Rapida 106
21.プロセス自動化
ロゴ卜口二ック
(CIP3)
ロゴ卜口二ック プロフェッショナル
(JDF/CIP4)
KBA Rapida 106 | 37
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
32
File Size
2 028 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content