close

Enter

Log in using OpenID

6.2.2.1 - SAP Help Portal

embedDownload
SAP BusinessObjects
文書バージョン: 4.1 Support Package 7 – 2015-12-01
Dashboards および Presentation Design
のユーザガイド
目次
1
ドキュメント履歴. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
2
Dashboards および Presentation Design の概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
2.1
製品エディション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
2.2
ファイル形式とオブジェクトタイプ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .8
2.3
このドキュメントについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
3
はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
3.1
ワークスペースについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ツールバーとボタン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
ドキュメントのプロパティを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14
基本設定を行う. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
コンポーネントブラウザの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
オブジェクト ブラウザの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
キャンバスの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
グローバルフォントオプションを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
クイックビューの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
自動非表示の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
パネルのドッキングおよびドッキング解除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .32
3.2
サンプルモデル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
3.3
以前のバージョンのソフトウェアで作成されたファイルのインポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
3.4
アドオンによるカスタマイズ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
4
コンポーネントの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
4.1
[プロパティ] パネルの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
データソースへのコンポーネントのバインド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
複数のコンポーネントのプロパティの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
コンポーネント要素の色の設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
コンポーネント要素のテキストの書式設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
4.2
コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
コンポーネントのプロパティを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
チャート コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
コンテナ コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .79
セレクタコンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
単一値コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
マップコンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .120
2
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
目次
テキストコンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
その他のコンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
アートおよび背景コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
Web 接続コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
ユニバース接続コンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
コンポーネントの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
アラートの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
コンポーネントのディスプレイの管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170
ユーザ入力の無効化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
5
モデルの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174
5.1
テンプレートの使い方. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174
5.2
テーマの使い方. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
5.3
配色の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 177
5.4
モデルのプレビュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 179
6
データソースの操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
6.1
埋め込みスプレッドシートの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 182
Excel スプレッドシートの準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .183
埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184
Excel と埋め込みスプレッドシート間のデータの同期. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .184
コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 186
外部スプレッドシートを使用して SWF ファイルを生成する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 186
Excel にデータをエクスポートする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .187
サポートされる Excel の関数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 187
6.2
データ接続およびクエリの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
データ接続の管理. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
クエリの概要. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
7
SAP データソースとの統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 248
7.1
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームとの統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 248
LiveOffice データ接続の使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249
モデルでの Flash オブジェクトおよび Dashboards オブジェクトの埋め込み. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252
モデルでの BI プラットフォームドキュメントの埋め込み. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256
BI プラットフォームにモデルを保存. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257
BI プラットフォームでのモデルの翻訳とグローバル化. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 261
7.2
SAP BW との統合. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263
8
モデルのエクスポートと展開. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .273
8.1
モデルのエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 273
8.2
オフラインダッシュボード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
目次
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
3
オフラインダッシュボードを保存する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
オフラインダッシュボードのコンポーネントおよび接続の制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
8.3
Adobe Flash Player のセキュリティ制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
ローカルでのモデル実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
Web サーバからのモデル実行. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
FS コマンドの制限. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 280
Flash Player のエラー番号とメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .281
9
モバイルサポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .282
9.1
[モバイル互換] パネルの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 282
9.2
モバイルダッシュボードでサポートされるコンポーネント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 283
モバイルダッシュボードでのコンポーネントの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 287
9.3
モバイルダッシュボードでサポートされる接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 288
9.4
モバイルダッシュボードでサポートされない機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289
10
アクセシビリティ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291
10.1
スクリーンリーダーの使用. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291
10.2
キーボードを使用したコンポーネントの移動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291
4
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
目次
1
ドキュメント履歴
以下の表は、最も重要なドキュメント変更の概要です。
バージョン
SAP BusinessObjects Dashboards 4.1
日付
説明
2012 年 8 月
このドキュメントの初版です。
SAP BusinessObjects Dashboards 4.1 サ 2013 年 7 月
ポートパッケージ 1
モバイルサポートの強化に関する説明が更
SAP BusinessObjects Dashboards 4.1 サ 2013 年 11 月
ポートパッケージ 2
[マリメッコチャート] コンポーネントに関する
SAP BusinessObjects Dashboards 4.1 サ 2014 年 11 月
アドオンのダウンロードに関する節が更新さ
ポートパッケージ 5
新されました。
ドキュメントが追加されました。
れました。
チャートコンポーネントを使用した円チャート
のドーナツ型チャートへの変更およびチャー
トの切り出しに関する節が更新されました。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
ドキュメント履歴
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
5
2
Dashboards および Presentation Design の
概要
Dashboards とは、インタラクティブなダッシュボードを作成してエクスポートできる、データビジュアライゼーションソフトウェア
です。これらのダッシュボードには、チャート、グラフ、ボタンなど、データソースに連結されたさまざまなコンポーネントが含ま
れています。これらのコンポーネントは、データを簡潔かつ視覚的に分かりやすく表示するため、ダッシュボードのユーザが傾
向を把握し、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うのに役立ちます。
すべての製品バージョンで、埋め込みスプレッドシートと呼ばれる Excel スプレッドシートがインタフェースに含まれます。デー
タは、埋め込みスプレッドシートにインポートするか、直接入力することができます。また、必要に応じて、編集してコンポーネ
ントに連結できます。SAP BusinessObjects Dashboards には、BI プラットフォームリポジトリに保存されているデータなどの
外部のデータソースへのリンク機能や、埋め込みスプレッドシートまたはモデル内のコンポーネントに直接リンクする機能があ
ります。
すべての製品バージョンには、多くの共通点があり、この単一のユーザガイドに文書化されています。このガイドでは、デザイ
ンされるダッシュボードのことをモデルと呼びます。
2.1
製品エディション
この節では、各製品エディションに含まれている機能を一覧表示します。 すべてのエディションには、同じ基本機能が備わっ
ています。エディション間の大きな違いは、エクスポートできるモデルの形式と、外部データ接続へのアクセスおよび設定機能
です。
● SAP Crystal Presentation Design: Microsoft Excel スプレッドシートでモデルを作成できます。 これらのモデルは
Flash にエクスポートできません。
● SAP Crystal Dashboards, Personal Edition: SAP Crystal Presentation Design のすべての機能のほか、モデルを
作成して最大 2 つの外部データソースに接続できる機能が搭載されています。 これらのモデルは Flash にエクスポート
できます。
● SAP Crystal Dashboards, Departmental Edition: Personal Edition のすべての機能のほか、データソースを無制限
に使用してモデルを作成して、それらをスタンドアロンモデルとしてデプロイするか SAP Crystal Reports Server にデプ
ロイできる機能が搭載されています。
● SAP BusinessObjects Dashboards: データソースを無制限に使用してモデルを作成して、それらをスタンドアロンモデ
ルとしてデプロイするか、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム、SAP BusinessObjects
Edge Series、または SAP BW 環境にデプロイできます。
このガイドでは、これら 4 つの製品バージョンを総称して Dashboards と呼びます。
次の表は、各エディションのソフトウェアで使用できるコンポーネントをまとめたものです。
6
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
Dashboards および Presentation Design の概要
表 1:
コンポーネント
SAP Crystal
Presentation Design
SAP Crystal
Dashboards, Personal
Edition
SAP Crystal
Dashboards,
Departmental Edition
SAP BusinessObjects
Dashboards
基本的なデータ プレゼン
テーション コンポーネント
テーマおよび配色
再生コントロール、再生セ
レクタ、およびアコーディ
オンメニュー
カレンダ、パネルセット、
履歴、トレンドアナライザ
Reporting Services ボタ
ン
スライドショー、接続最新
表示ボタン、SWF ローダ
クエリ最新表示ボタン、ク
エリプロンプトセレクタ
次の表は、各エディションのソフトウェアで使用できる外部接続をまとめたものです。
表 2:
機能
SAP Crystal
Presentation Design
データ コネクティビティ
なし
SAP Crystal
Dashboards, Personal
Edition
SAP Crystal
Dashboards,
Departmental Edition
Web サービス (最大 2 つ Personal Edition 接続に
加え、
の接続)
XML データ (最大 2 つの
SAP BusinessObjects
Dashboards
Departmental Edition
接続に加え、
Web サービス (制限なし) Query as a Web Service
接続)
XML データ (制限なし)
Flash 変数
ポータルデータ
Crystal Reports
LCDS 接続
FS コマンド
Live Office
SAP BW
外部インタフェース
BI プラットフォーム接続
現在利用できません。
現在利用できません。
SAP Crystal Reports
SAP BusinessObjects
Server 2011
Business Intelligence プ
ラットフォーム 4.0
接続されたダッシュボード
で必要な表示ライセンス
現在利用できません。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
Dashboards および Presentation Design の概要
現在利用できません。
SAP Crystal Dashboard Xcelsius Interactive
Viewing オプション
Viewing ライセンス
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
7
機能
SAP Crystal
Presentation Design
SAP Crystal
Dashboards, Personal
Edition
SAP Crystal
Dashboards,
Departmental Edition
SAP BusinessObjects
Dashboards
制限
外部データ接続はサポー
モデル 1 つにつき合計で
最大 100 の登録ユーザ
なし
トされません。
最大 2 つの Web
が指定されたダッシュボ
Service 接続または XML ードを表示できます。
データ接続
SAP BusinessOne が、
唯一サポートされる SAP
アプリケションです。
SAP BusinessObjects
Business Intelligence プ
ラットフォームまたは SAP
Edge BI では使用できま
せん。
2.2
ファイル形式とオブジェクトタイプ
ローカルに保存する場合、Dashboards モデルは XLF 拡張子を持つ ZIP 形式で保存されます。XLF ファイル形式には、モデ
ル情報と関連する埋め込みスプレッドシートファイルが含まれます。このファイルは、デザイナ (Dashboards または
Presentation Design) で開く必要があります。
エクスポート時、Dashboards のモデルは Adobe Flash ファイル形式 (SWF) に準拠します。SWF は、Adobe Flash Player
で動作するように設計されたベクターベースのグラフィック形式です。Flash ファイルはベクターベースのため、グラフィックが
スケーラブルでどんな画面解像度でもスムーズに再生できます。通常、他のアニメーション形式より小さなファイルサイズで
す。
注記
より新しい Abode Flash バージョンにはセキュリティ機能が備わっており、モデルをデザイナの外部で実行している場合、
外部のデータソースに接続できなくなることがあります。外部のデータソースに接続できない場合は、詳細 (Adobe Flash
Player のセキュリティ制限 [278 ページ]) を参照してください。
BI プラットフォームリポジトリに保存する場合、モデルは Dashboards オブジェクトとして保存されます。このオブジェクトで
は、1 つのオブジェクト内にデザインドキュメント (XLF) と Flash ファイル (SWF) の両方が含まれます。
オブジェクトを Dashboards またはトランスレーションマネジメントツールで開いて変更すると、Dashboards オブジェクトにキ
ャッシュされている SWF がその変更を反映して自動的に更新されます。最新の変更を受け取るために、ユーザの Flash オブ
ジェクトを個別に再エクスポートする必要はありません。
注記
BI プラットフォームリポジトリには、初期のバージョンのソフトウェアで作成された Xcelsius オブジェクトや Flash オブジェク
トが含まれている可能性もあります。これらのドキュメントの使用と Dashboards へのインポートに関する詳細について
は、以前のバージョンのソフトウェアで作成されたファイルのインポート [33 ページ]を参照してください。
8
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
Dashboards および Presentation Design の概要
関連情報
Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]
以前のバージョンのソフトウェアで作成されたファイルのインポート [33 ページ]
Xcelsius 4.5 または Xcelsius 2008 で作成された XLF ファイルをインポートする [34 ページ]
2.3
このドキュメントについて
SAP BusinessObjects Dashboards、SAP Crystal Dashboards、および SAP Crystal Presentation Design は、同一機
能を多数共有しているため、このユーザガイドでまとめて説明しています。ある機能が特定の製品エディションでのみ利用可
能な場合、その項目の注で、それらの制限について説明しています。さらに、製品エディションの節の表では、各エディション
で利用可能な機能の概要を説明しています。
このドキュメントには、コンポーネントの追加および設定、コンポーネントとデータのリンク、外部データソースの設定、別のフォ
ーマットへのモデルのエクスポートなど、モデル作成の各手順が記載されています。
すばやく情報を発見
● プログラムの [ヘルプ] メニューから、または F1 キーを押してオンラインヘルプにアクセスします。
● SAP Help Portal (http://help.sap.com) の [Analytics] 以下にある、文書の PDF バージョンにアクセスします。
関連情報
製品エディション [6 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
Dashboards および Presentation Design の概要
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
9
3
はじめに
この節では、以下のことに関する一般的な情報を提供します。
● Dashboards のワークスペース。
● ファイル拡張子。
● サンプルモデル。
● 下位互換性についての注意事項。
3.1
ワークスペースについて
モデルの設計を始める前に、インタフェースについて説明します。以下にワークスペースとその主要な機能を示します。
注記
以下の画像のテキストは、意図的にぼかしています。
1. [コンポーネント] ブラウザ
詳細については、コンポーネントブラウザの使用 [17 ページ]を参照してください。
2. [モバイル互換] パネル
詳細については、[モバイル互換] パネルの使用 [282 ページ]を参照してください。
10
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
注記
このワークスペースは、Presentation Design では使用できません。
3. オブジェクトブラウザ
詳細については、オブジェクト ブラウザの使用 [21 ページ]を参照してください。
4. クエリブラウザ
詳細については、クエリを参照する [223 ページ]を参照してください。
注記
このワークスペースは、Presentation Design では使用できません。
5. キャンバス
詳細については、キャンバスの使用 [24 ページ]を参照してください。
6. 埋め込みスプレッドシート
詳細については、埋め込みスプレッドシートの概要 [182 ページ]を参照してください。
7. プロパティパネル
[プロパティ] パネルで使用できるタブとオプションは、現在選択中のコンポーネントによって異なります。[プロパティ] パネ
ルに関する一般的な情報については、[プロパティ] パネルの使用 [37 ページ]を参照してください。それぞれのコンポー
ネントで使用できるオプションの包括的なリストについては、個々のコンポーネントカテゴリを参照してください。
注記
[プロパティ] パネルのタイトルには、ユーザが現在選択しているコンポーネントが反映されます。
3.1.1 ツールバーとボタン
このソフトウェアには、標準、テーマ、エクスポート、書式、開始ページの 5 つのツールバーがあり、モデルを操作するときに使
用できます。
ツールバーを表示または非表示にする
ツールバーの表示と非表示を切り替えるには、
ビュー
ツールバー を選択して、ツールバー名をクリックします。
ツールバー名の横にチェックマークが表示され、現在表示されていることを示します。
標準ツールバー
標準ツールバーには、一般的な処理を実行するボタンが含まれています。以下の表は、使用可能なボタンと、使用可能な場
合のキーボードショートカットを説明したものです。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
11
アイコン
説明
キーボードショートカット
新規ドキュメント
Ctrl + N
ファイルを開く
Ctrl + O
保存
Ctrl + S
印刷
Ctrl + P
切り取り
Ctrl + X
コピー
Ctrl + C
貼り付け
Ctrl + V
元に戻す
Ctrl + Z
やり直し
Ctrl + Y
選択ツール
コンポーネントツール
スプレッドシートのインポート
Ctrl + Shift + I
接続の管理
Ctrl + M
キャンバスの拡大
キャンバスの縮小
キャンバスをコンポーネントに合わせる
キャンバスをウィンドウに合わせる
クイックビュー
プレビューモード
[テーマ]ツールバー
[テーマ] ツールバーには、テーマと連動する以下のボタンが含まれます。
説明
アイコン
テーマの変更
配色の変更
12
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
[エクスポート] ツールバー
[エクスポート] ツールバーには、モデルを特定の書式にエクスポートするための以下のボタンがあります。
アイコン
説明
PowerPoint へのエクスポート
Microsoft Word にエクスポートする
Microsoft Outlook へのエクスポート
Adobe PDF へのエクスポート
書式ツールバー
[書式] ツールバーには、キャンバス上のコンポーネントを調整するためのボタンがあります。以下の表は、使用可能なボタン
と、使用可能な場合のキーボードショートカットを説明したものです。
アイコン
説明
キーボードショートカット
コンポーネントのグループ化
Ctrl + G
コンポーネントのグループ化解除
Ctrl + Shift + G
左揃え
左右中央揃え
右揃え
上揃え
上下中央揃え
均等間隔 (横)
均等間隔 (縦)
幅を揃える
高さを揃える
同じサイズに設定
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
前面に移動
Ctrl + テンキーの +
背面に移動
Ctrl + テンキーの -
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
13
アイコン
説明
キーボードショートカット
前に移動
テンキーの +
後ろに移動
テンキーの -
開始ページツールバー
[開始ページ] ツールバーには、開始ページの切り替えに使用する 1 つのボタンだけがあります。開始ページには、新しいファ
イルを作成したり、または既存のファイルを開いたりするショートカットが用意されています。さらに、Dashboards に関連する
オンラインニュースがあれば、表示されます。
アイコン
説明
開始ページを開きます。
3.1.2 ドキュメントのプロパティを設定する
モデルを設計するときに、さまざまなドキュメントのプロパティを設定できます。ドキュメントのプロパティは、現在作業中のモデ
ルに固有の情報です。
1.
ファイル
ドキュメントのプロパティ をクリックします。
2. [ドキュメントのプロパティ] ダイアログボックスで、次のオプションを設定します。
プロパティ
説明
キャンバスサ
イズ (ピクセ
ル単位)
次のいずれかを選択します。
○ 既定のサイズ
ドロップダウンメニューのいずれかのオプションを選択して、キャンバスサイズを設定します。
○
カスタムサイズ
該当するテキストボックス内のキャンバスの高さと幅を手動で入力します。
キャンバスのサイズ変更の詳細については、キャンバスサイズの変更 [26 ページ]を参照してください。
グローバルフ
ォントを使用
このオプションを有効にすると、すべてのコンポーネントで使用されるグローバルフォントを設定できます。このオプショ
ンはデフォルトで無効になっています
詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照してください。
ロードステー
タスを表示
このオプションを有効にすると、モデルのプレビュー中またはロード中に、ロード状況を示すバーの上に詳細テキスト
が表示されます。このオプションはデフォルトで無効になっています
説明
モデルの説明を入力します。複雑なモデルや、複数のデザイナによって定期的に更新されるモデルの説明を記述して
おくと役に立ちます。
スプレッドシー [ゼロを空白セルとして処理] が有効の場合に、埋め込みスプレッドシート、およびその埋め込みスプレッドシートにバ
ト
インドされているコンポーネントで、セルの数値 0 が空白として扱われます。このオプションはデフォルトで無効になっ
ています
14
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
プロパティ
説明
注記
モデルで Excel の数値式を使用している場合は、このオプションを無効にすることをお勧めします。
オフラインダッ このオプションを有効にすると、エクスポートされるダッシュボードで、モデルをローカルに保存するオプションが使用で
シュボードサ
きます。このオプションはデフォルトで無効になっています
ポート
オフラインダッシュボードの保存の詳細については、オフラインダッシュボード [277 ページ]を参照してください。
3. [OK] をクリックします。
3.1.3 基本設定を行う
Dashboards で作業する際に、さまざまな基本設定を行うことができます。現在作業中のモデルのみに適用される基本設定
もあれば、製品全体およびすべてのモデルに適用される基本設定もあります。
1.
ファイル
基本設定 をクリックします。
2. [基本設定] ダイアログボックスにはさまざまなタブがあります。
タブ
オプション
ドキュメン
ト
このタブでは、次のオプションを設定します。
オプション
説明
キャンバスサイズ (ピクセル単位)
次のいずれかを選択します。
○
既定のサイズ
ドロップダウンメニューのいずれかのオプションを選択して、
キャンバスサイズを設定します。
○
カスタムサイズ
該当するテキストボックス内のキャンバスの高さと幅を手動
で入力します。
キャンバスのサイズ変更の詳細については、キャンバスサイズの
変更 [26 ページ]を参照してください。
コンポーネント
次のオプションを設定します。
○
デフォルトのテーマ
選択したテーマが自動的にすべての新規モデルに適用さ
れます。
○
デフォルトの配色
選択した配色が自動的にすべての新規モデルに適用され
ます。
テーマと配色の詳細については、テーマの使い方 [176 ページ]
と配色の使用 [177 ページ]を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
15
タブ
オプション
オプション
説明
BI プラットフォームのデータを使用してモデルを設計するとき、プ
クエリ
ラットフォームに接続してサンプルデータを取得することができま
す。[クエリ結果をドキュメントとともに保存] を有効にすると、保存
される XLF ファイルにサンプルデータも保存されます。
Grid(グリ
ッド)*
このタブでは、次のオプションを設定します。
オプション
説明
グリッドを表示
このオプションを有効にすると、グリッドがキャンバス上に表示さ
れます。
グリッドに配置
このオプションを有効にすると、コンポーネントが自動的に最も近
いグリッドラインに合わせて配置されます。
幅
グリッド列間のスペースをピクセル単位で指定します。
高さ
グリッド行間のスペースをピクセル単位で指定します。
グリッドの詳細については、グリッドをキャンバスに表示する [25 ページ]を参照してください。
開く
このタブでは、
ファイル
○
最後に開いたフォルダ
○
フォルダ
開く
をクリックしたときに表示されるデフォルトフォルダを選択できます。
デフォルトフォルダのファイルパスを手動で選択します。
言語
このタブでは、次のオプションを設定します。
オプション
現在の言語
説明
ドロップダウンメニューから Dashboards で使用する言語を選択
します。インストール済みの言語のみが表示されます。
デフォルトの通貨
次のオプションを設定します。
○
負の値
○
小数点以下の桁数
○
前置記号
負の通貨値に使用する書式を指定します。
通貨値を表示する小数点以下の桁数を選択します。
選択した場合は、金額の前に表示する記号を入力します。
○
後置記号
選択した場合は、金額の後に表示する記号を入力します。
通貨の設定の詳細については、標準の通貨記号形式を設定する [262 ページ]を参照してください。
Excel の
このタブでは、次のオプションを設定します。
オプション
オプション
Live Office 互換
説明
このオプションを有効にすると、Dashboards 内で Live Office 対
応スプレッドシートを操作できます。
最大行数
16
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
式またはコンポーネントのバインドで参照できる最大行数を設定
します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
タブ
オプション
オプション
説明
スプレッドシートの最適化
このオプションを有効にすると、エクスポートされたモデルの実行
時のパフォーマンスが向上しますが、ロードに時間がかかるよう
になります。
Excel の式のエラーを無視
このオプションを有効にすると、無効な Excel 式を含むセルは空
白セルとして扱われます。
Excel オプションの詳細については、埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する [184 ページ]を参照してください。
アクセシ
ビリティ
このタブでは、支援テクノロジーを無効化できます。また、支援テクノロジーが無効な場合、モデルのファイル名を [名前]
テキストボックスに入力して、例外を設定できます。Xcelsius 2008 で作成されてインポートされたモデルは、デフォルトで
支援テクノロジーが有効になっています。
アクセシビリティの詳細については、アクセシビリティ [291 ページ]を参照してください。
3. [OK] をクリックします。
3.1.4 コンポーネントブラウザの使用
[コンポーネント] ブラウザには、モデルに追加できるすべてのコンポーネントが一覧表示されます。このリストからコンポーネ
ントをキャンバスにドラッグして、それらのコンポーネントをモデルに追加できます。
機能的なカテゴリにグループ化されたコンポーネントのリスト ([カテゴリ] または [ツリー] ビュー)、またはアルファベット順のリ
スト(一覧ビュー)を参照することができます。コンポーネントは、以下の機能カテゴリにグループ化されます。
カテゴリ
説明
お気に入り
このリストに追加したコンポーネントの一覧です。
注記
お気に入りカテゴリは、[カテゴリ] ビューと [ツリー] ビューでのみ参照可能です。
●
コンポーネントをお気に入りリストに追加するには、[カテゴリ] ビューまたは [ツリー]
ビューでコンポーネントを右クリックし、[お気に入りに追加] を選択します。
●
お気に入りリストからコンポーネントを削除するには、お気に入りリストでコンポーネン
トを右クリックし、[お気に入りから削除] を選択します。
チャート
チャートコンポーネントを使用してデータのビジュアル表示を作成し、ダッシュボードのユー
ザが比較、パターン、トレンドを確認しやすくします。
コンテナ
コンテナコンポーネントには、他のコンポーネントがグループ化されて表示されます。
注記
コンテナコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
セレクタ
セレクタコンポーネントでは、ダッシュボードのユーザが実行時に動的にデータを選択でき
ます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
17
カテゴリ
説明
単一値
単一値コンポーネントは、スプレッドシートの単一セルにリンクさせ、ダッシュボードのユー
ザがそのセルの値を変更できるようにするか、そのセルの式の結果を照会できるようにし
ます。
マップ
マップコンポーネントでは、地域別に表示可能な地理的表示が提供されます。
テキスト
テキストコンポーネントを使用すると、モデルにラベルを追加したり、ダッシュボードのユー
ザが実行時にテキストを入力できるようにします。
その他
[その他] カテゴリには、[カレンダ]、[トレンドアイコン]、[パネルセット]、および [印刷ボタ
ン] などのモデルを拡張できるさまざまなコンポーネントが含まれます。
アートおよび背景
アートおよび背景コンポーネントを使用し、画像と背景を追加して、モデルをビジュアルに拡
張することができます。
Web 接続
Web 接続コンポーネントを使用して、モデルをインターネットにリンクさせて、実行時にデー
タを取得できるようにします。
ユニバース接続
ユニバース接続コンポーネントを使用すると、ユニバースファイルなどの BI プラットフォー
ムデータベースや BE x クエリとやり取りすることができます。
注記
ユニバース接続コンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
カテゴリビュー
[カテゴリ] ビューでは、コンポーネントがスライドアコーディオンメニューにグループ化されます。コンポーネントに移動するに
は、カテゴリタイトルをクリックするか、スクロールダウンして各カテゴリを順番に開きます。各カテゴリには、コンポーネントがビ
ジュアル表示されます。
18
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
ツリービュー
[ツリー] ビューでは、コンポーネントがカテゴリ別にフォルダにまとめられます。コンポーネントに移動するには、フォルダをクリ
ックしてカテゴリを展開し、利用可能なコンポーネントのリストを表示させます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
19
一覧ビュー
[一覧] ビューでは、すべてのコンポーネントがアルファベット順に表示され、機能別にはグループ化されません。
このビューでコンポーネントに移動するには、ウィンドウ内の任意の場所をクリックし、コンポーネントの 1 文字目を入力する
か、上下にスクロールして希望するコンポーネントを見つけます。
20
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
注記
モバイルデバイスでサポートされるコンポーネントのみを表示するには、[コンポーネント] ブラウザの右上隅にあるドロップ
ダウンの矢印をクリックし、[モバイルのみ] を選択します。モバイルデイバス用のダッシュボード作成の詳細については、モ
バイルサポート [282 ページ]を参照してください。
3.1.5 オブジェクト ブラウザの使用
[オブジェクトブラウザ] は、モデルに現在含まれるコンポーネントのリストを提供します。[オブジェクトブラウザ] を使用して次
のことを実行できます。
● コンポーネントの検索
● コンポーネントの選択、グループ化、グループ化解除
● キャンバス上のコンポーネントの [ロック] または [非表示]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
21
関連情報
コンポーネントのグループ化またはその解除を行う [30 ページ]
3.1.5.1
コンポーネントの選択
[オブジェクトブラウザ] のコンポーネントを選択するには、コンポーネント名またはアイコンをクリックして、キャンバス上のコン
ポーネントをアクティブにします。
複数のコンポーネントを選択するには、1 つのコンポーネント名またはアイコンをクリックしてから、 Ctrl キーを押しながら、
他のコンポーネントをクリックします。
すべてのコンポーネントを選択するには、任意のコンポーネントを選択し、 Ctrl + A を押します。
注記
キャンバス上で、全体がキャンバスの外に配置されているコンポーネント、あるいは非表示またはロック済みにマークされ
ているコンポーネントは選択できません。これらのコンポーネントは、[オブジェクトブラウザ] でのみ選択することができま
す。
3.1.5.2
コンポーネントの検索
[オブジェクトブラウザ] では、[タブセット] や [円チャート] などのコンポーネントタイプか、タブセット 1 やラテンアメリカ売上げ
などの割り当てられた名前により、コンポーネントを検索できます。
[オブジェクトブラウザ] でコンポーネントを検索するには、検索フィールドをクリックし、コンポーネントタイプか割り当てられた
名前を入力して、 Enter を押します。
22
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
3.1.5.3
コンポーネント名の変更
キャンバスにコンポーネントを配置すると、自動的に名前が割り当てられます。この名前は、[オブジェクトブラウザ] および [プ
ロパティ] パネルのタイトルバーに表示されます。必要に応じて、コンポーネント名を変更することができます。
1. [オブジェクト ブラウザ]で、名前を変更するコンポーネントをクリックします。
2. コンポーネント名をクリックします。
3. コンポーネント名を入力し、 Enter を押します。
3.1.5.4
コンポーネントの非表示
モデルのデザイン中に、コンポートまたはグループを操作してしまわないようにキャンバス上で非表示にすることができます。
これは、キャンバス上に多くのコンポーネントがあり、一部を非表示にしてその他のコンポーネントを編集する場合に便利で
す。 非表示にされたコンポーネントは引き続きモデルに含まれ、すべての書式設定が保持されますが、設計モードでは表示さ
れません。 コンポーネントまたはグループは、[オブジェクトブラウザ] でのみ選択することができます。
注記
モデルをプレビューまたはエクスポートすると、非表示のコンポーネントが表示されるようになります。 コンポーネントは、デ
ザインモードでのみ非表示になります。
キャンバスでのコンポーネントの表示と非表示を切り替えるには、[オブジェクトブラウザ] で以下のいずれかを実行します。
操作
目的
コンポーネントまたはグループの非表示
非表示 (
) の下にある列で、コンポーネントまたはグループの
横にあるドットをクリックします。
すべてのコンポーネントとグループの非表示
[オブジェクトブラウザ] ツールバーで、非表示 (
) をクリックしま
す。
コンポーネントまたはグループの表示
非表示 (
) の下にある列で、非表示にされているコンポーネン
トまたはグループの横にあるチェックマークをクリックします。
すべてのコンポーネントとグループの表示
すべてのアイテムが非表示にされている場合は、オブジェクトブラ
ウザツールバーで、非表示 (
) をクリックします。
一部のアイテムが非表示の場合は、オブジェクトブラウザのツール
バーで、非表示 (
) をクリックしてすべてのコンポーネントを非
表示にし、アイコンを再度クリックしてすべてのコンポーネントを表
示します。
3.1.5.5
コンポーネントのロック
モデルのデザイン中に、コンポートまたはグループを操作してしまわないようにキャンバス上でロックすることができます。 こ
の機能は、キャンバスに多くのコンポーネントがレイアウトされている場合、またはコンポーネントのグループが大きいときに
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
23
新規に追加したコンポーネントを変更する場合に役立つことがあります。 コンポーネントまたはグループは、[オブジェクトブラ
ウザ] でのみ選択することができます。
キャンバスでコンポーネントのロックまたはロック解除を行うには、[オブジェクトブラウザ] で以下のいずれかを実行します。
目的
操作
コンポーネントまたはグループのロック
ロック (
) の下にある列で、コンポーネントまたはグループの横
にあるドットをクリックします。
すべてのコンポーネントとグループのロック
オブジェクトブラウザのツールバーで、ロック (
) をクリックしま
す。
コンポーネントまたはグループのロック解除
ロック (
) の下にある列で、ロックされているコンポーネントまた
はグループの横にあるチェックマークをクリックします。
すべてのコンポーネントとグループのロック解除
すべてのアイテムがロックされている場合は、オブジェクトブラウザ
のツールバーで、ロック (
) をクリックします。
一部のアイテムがロックされている場合は、オブジェクトブラウザの
ツールバーで、ロック (
) をクリックしてすべてのコンポーネント
をロックし、アイコンを再度クリックしてすべてのコンポーネントのロ
ックを解除します。
3.1.6 キャンバスの使用
キャンバスは、モデルのデザイン時にコンポーネントの配置や操作を行う主な作業領域です。
キャンバスの背景色を変更したり、グリッドを追加してキャンバス上の項目を調整するのに役立てたりすることができます。キ
ャンバスのサイズを変更して、作業領域を広くしたり、保存されるモデルの全体的なサイズを減らしたりすることもできます。
3.1.6.1
キャンバスの背景を設定する
現在のテーマに応じて、キャンバスには塗りつぶしの背景またはグラデーションの背景が設定されています。
1. モデルを開くか、作成します。
2. [プロパティ] パネルが開いていない場合は、キャンバスをクリックしてから、
ビュー
プロパティ
の順にクリックしま
す。
3. [キャンバスのプロパティ] パネルで、以下のオプションを設定します。
24
オプシ
ョン
説明
種類
以下の背景タイプのいずれかを選択します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
オプシ
ョン
説明
表 3:
オプション
説明
塗りつぶし
単一色の塗りつぶし
グラデーション
2 つの色が上から下に段階的に変化します。
画像
JPG または SWF ファイル。背景としてインポートするファイ
ルを選択します。
なし
透明な背景
背景色
塗りつぶしまたはグラデーションタイプを選択した場合、[背景色] ボックスをクリックし、背景で使用する色を設定します。塗り
つぶし背景の場合、単一色を選択します。グラデーション背景の場合、[背景色 1] でモデルの上部に使用する色を、[背景色
2] で下部に使用する色を選択します。
インポ
ート
画像タイプを選択した場合、[インポート] を選択し、使用する画像ファイルを選択します。
注記
選択した画像がキャンバスに合わせて拡張されます。画像が変形しないようにするには、画像サイズと同じになるように
キャンバスサイズを手動で設定します。詳細については、キャンバスサイズを設定する [26 ページ]を参照してくださ
い。
3.1.6.2
グリッドをキャンバスに表示する
キャンバスにコンポーネントを配置する際には、コンポーネントをグリッド線上に並べるのが便利な場合があります。グリッドを
使用して手動で各コンポーネントを配置するか、キャンバスに配置されたコンポーネントが自動的に 1 番近いグリッド線上に
配置されるようにすることができます。
1.
ファイル
基本設定 をクリックします。
2. [基本設定] ダイアログボックスの左側にある [グリッド] をクリックします。
3. [グリッド] タブでは、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
グリッドを表示
このオプションを有効にすると、グリッドがキャンバス上に表示されます。
グリッドに配置
このオプションを有効にすると、コンポーネントが自動的に最も近いグリッドラインに合わせて配置されます。
幅
グリッド列間のスペースをピクセル単位で指定します。
高さ
グリッド行間のスペースをピクセル単位で指定します。
4. [OK] をクリックします。
モデルのプレビュー時またはエクスポート時に、グリッドラインは表示されません。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
25
3.1.6.3
キャンバスサイズの変更
キャンバスサイズを変更して、作業領域のサイズを変更することができます。ソフトウェアでは、以下のようなキャンバスサイ
ズの変更方法を提供しています。
● ピクセル単位で特定のサイズを設定する。
● キャンバスをウィンドウまたはコンポーネントに合わせる。
● 段階的にキャンバスサイズを拡大または縮小する。
モデルでの作業中に、キャンバスサイズをできるだけ拡大し、多様なコンポーネントを追加および配置するための空間を作る
ことができます。モデルが完成すると、公開前にキャンバスのサイズをコンポーネントに合わせて縮小し、全体的なファイルサ
イズを縮小し、読み込み時間を短縮することができます。
注記
モデルのエクスポート時には、このソフトウェアによって、エクスポートされるファイル内にキャンバス全体が埋め込まれま
す。キャンバスサイズは、埋め込みモデルのサイズと位置の決定、およびモデルのロードに必要な時間に影響を及ぼす可
能性があります。
3.1.6.3.1
キャンバスサイズを設定する
キャンバスには特定のピクセルサイズを設定できます。モデルに特定の表示比率を使用する場合、またはキャンバスの背景
として画像を使用する場合にこれが役立ちます。
1.
ファイル
ドキュメントのプロパティ をクリックします。
2. [ドキュメントのプロパティ] ダイアログボックスの [キャンバスサイズ (ピクセル単位)] 領域で、次のいずれかの操作を実
行します。
○ [規定のサイズ]を選択し、リストから使用可能なサイズの 1 つを選択します。
○ [カスタムサイズ] を選択し、[幅] ボックスには希望するキャンバスの幅を、[高さ} ボックスには希望するキャンバス
の高さをピクセル単位で入力します。
3. [OK] をクリックします。
3.1.6.3.2
キャンバスをコンポーネントまたはウィンドウに合わせる
モデルでの作業中に、キャンバスをできるだけ拡大すると、コンポーネントを追加および配置するためのより広い空間を作る
のに役立ちます。現在のワークスペースウィンドウのサイズまでキャンバスを拡大するには、次のいずれかの操作を実行しま
す。
● 標準ツールバーで、キャンバスをウィンドウに合わせる (
●
表示
キャンバスのサイズ設定
) をクリックします。
キャンバスをウィンドウに合わせる をクリックします。
モデルが完成すると、すべてのコンポーネントの周囲にキャンバスを正確に合わせることができます。このようにすると、エク
スポートされたモデルのファイルサイズとロード時間を削減できます。現在のコンポーネントのサイズまでキャンバスを縮小す
るには、次のいずれかの操作を実行します。
26
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
● 標準ツールバーで、キャンバスをコンポーネントに合わせる (
●
表示
キャンバスのサイズ設定
3.1.6.3.3
) をクリックします。
キャンバスをコンポーネントに合わせる
をクリックします。
キャンバスサイズを拡大または縮小する
段階的に拡大または縮小することで、キャンバスのサイズを微調整できます。この方法は、コンポーネントにモデルを合わせ
た後で、モデルの周囲に境界を追加する場合に役立つことがあります。
● キャンバスの幅と高さをそれぞれ 10 ピクセルずつ拡大するには、次のいずれかの操作を実行します。
○ 標準ツールバーで、キャンバスの拡大 (
○
表示
キャンバスのサイズ設定
) をクリックします。
キャンバスの拡大
をクリックします。
● キャンバスの幅と高さをそれぞれ 10 ピクセルずつ縮小するには、次のいずれかの操作を実行します。
○ 標準ツールバーで、キャンバスの縮小 (
○
表示
3.1.6.4
キャンバスのサイズ設定
) をクリックします。
キャンバスの縮小
をクリックします。
キャンバスでのコンポーネントの配置
このソフトウェアでは、ページまたは他のコンポーネントに合わせてコンポーネントを配置するためのオプションが複数提供さ
れています。複数のコンポーネントが重なる場合は、キャンバス上でコンポーネントが重なる順序を変更することもできます。
キャンバス上に多数のコンポーネントが存在する場合、それらをグループ化し、単一のアイテムと同様に処理することができ
ます。
3.1.6.4.1
コンポーネントをキャンバスに配置する
コンポーネントをキャンバスに配置するには、以下のうち 1 つを実行します。
● [コンポーネント] ブラウザから、コンポーネントをキャンバス上にドラッグします。キャンバスにコンポーネントをドラッグし
ている間、コンポーネントのデフォルトサイズのアウトラインが表示されます。
● [コンポーネント] ブラウザでコンポーネントをクリックし、次にコンポーネントを配置するキャンバス上の位置をクリックしま
す。十字 (
) はコンポーネントの左上角を表します。
注記
キャンバスにグリッドを設定し、[グリッドに配置] オプションを選択している場合、コンポーネントをキャンバスに配置する
と、それが自動的にもっとも近いグリッドラインに配置されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
27
関連情報
グリッドをキャンバスに表示する [25 ページ]
3.1.6.4.2
複数のコンポーネントを配置する
最初に選択したコンポーネントに合わせて、コンポーネントの端または中心を配置することができます。
1. コンポーネントを選択します。
2. Ctrl キーを押しながら、最初のコンポーネントに合わせて配置するコンポーネントを選択します。
3.
書式
整列 をクリックし、以下のオプションの 1 つを選択します。
オプション
説明
左
選択したコンポーネントの左隅を最初に選択したコンポーネントの左隅と合わせて配置します。
中央
選択したコンポーネントの中央を最初に選択したコンポーネントの中央に対して垂直に配置します。
右
選択したコンポーネントの右端を最初に選択したコンポーネントの右端と合わせて配置します。
上
選択したコンポーネントの上端を最初に選択したコンポーネントの上端と合わせて配置します。
上下中央
選択したコンポーネントの中央を最初に選択したコンポーネントの中央に対して水平に配置します。
下
選択したコンポーネントの下端を最初に選択したコンポーネントの下端と合わせて配置します。
これらのオプションは、[書式設定] ツールバーにもあります。
3.1.6.4.3
キャンバス上で均等にコンポーネントの間隔を取る
キャンバス上の複数のコンポーネントを、中央点を基準として垂直(縦)または水平(横)方向に同じ間隔になるように配置させ
ることができます。
注記
均等間隔オプションは、端と端の間ではなく、中央点同士の間隔で調整します。
1. コンポーネントを選択します。
2. Ctrl キーを押しながら、間隔を均等にする最初のコンポーネントを選択します。
3.
フォーマット
オプション
横
28
均等間隔 をクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。
説明
中央点間の水平方向の間隔が等しくなるようにコンポーネントの位置を調整し
ます。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
オプション
説明
縦
中央点間の垂直方向の間隔が等しくなるようにコンポーネントの位置を調整し
ます。
これらのオプションは、[書式設定] ツールバーにもあります。
3.1.6.4.4
サイズ設定をその他のコンポーネントにコピーする
複数のコンポーネントのサイズを迅速に調整するため、1 つのコンポーネントの高さおよび幅の設定をキャンバスの他のコン
ポーネントにコピーすることができます。
1. コンポーネントを選択します。
2. Ctrl キーを押しながら、最初のコンポーネントとサイズを同じにするコンポーネントを選択します。
3.
書式
サイズを揃える をクリックし、以下のオプションの 1 つをクリックします。
オプション
説明
幅
選択した各コンポーネントの幅を、最初のコンポーネントの幅に設定します。
高さ
選択した各コンポーネントの高さを、最初のコンポーネントの高さに設定します。
両方
選択した各コンポーネントの高さと幅を、最初のコンポーネントの高さと幅に設定します。
これらのオプションは、[書式設定] ツールバーにもあります。
3.1.6.4.5
コンポーネントをキャンバスの中央に配置する
コンポーネントまたはコンポーネントのグループを、横、縦、または両方の中央に配置することができます。
1. 1 つ以上のコンポーネントを選択します。複数のコンポーネントを選択するには、 Ctrl キーを押しながら、キャンバスの
中央に揃えるコンポーネントを選択します。
2.
書式
キャンバスの中央揃え をクリックし、以下のオプションのいずれかを選択します。
オプション
説明
縦
選択したコンポーネントを、キャンバスの上下の端の真ん中に配置します。
横
選択したコンポーネントを、キャンバスの左右の端の真ん中に配置します。
両方
選択したコンポーネントを、キャンバスの中央に配置します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
29
3.1.6.4.6
コンポーネントのグループ化またはその解除を行う
複数のコンポーネントを含む複雑なモデルでの作業時には、複数のコンポーネントをグループ化し、レイアウトの設計時にグ
ループが誤って分割されないようにすることができます。グループコンポーネントは単一のアイテムとみなされ、移動した場合
も相対位置を保持します。
1. グループ化またはグループ化の解除を行うコンポーネントを選択します。
2. 次のいずれかを実行します。
○
書式
グループ化 をクリックします。また、書式設定ツールバーのコンポーネントのグループ化 (
) をクリック
することもできます。
○
書式
グループ化解除 をクリックします。また、書式設定ツールバーの
コンポーネントのグループ化解除 ()
をクリックすることもできます。
選択したコンポーネントは、グループ化され、すべてのグループコンポーネントの周囲に 1 セットの境界マーカーが設定され
て、単一のアイテムとして移動できるようになるか、グループ化が解除され、各コンポーネントの周囲に境界マーカーが設定さ
れ、他のコンポーネントとは独立して移動できるようになります。
3.1.6.4.7
コンポーネントの重ね順を変更する
キャンバスでは、コンポーネントとグループコンポーネントがレイヤに配置されています。前のレイヤにあるコンポーネントは、
後ろのレイヤにあるすべてのコンポーネントの全部または一部に重なります。モデルの設計時に各コンポーネントに集中でき
るようにコンポーネントを前後のレイヤ間で移動させることができます。
1. コンポーネントを選択します。
2.
書式
順序 をクリックし、以下のオプションの 1 つをクリックします。
オプション
説明
最前面へ移動
選択したコンポーネントを 1 番前のレイヤに移動させます。
前面に移動
選択したコンポーネントを現在の位置から 1 つ前のレイヤに移動させます。
背面に移動
選択したコンポーネントを現在の位置から 1 つ後ろのレイヤに移動させます。
最背面へ移動
選択したコンポーネントを 1 番後ろのレイヤに移動させます。
これらのオプションは、[書式設定] ツールバーにもあります。
3.1.7 グローバルフォントオプションを設定する
デフォルトでは、異なるコンポーネントに対して異なるフォントを指定することができます。ただし、グローバルフォントを設定
し、すべてのコンポーネントで同じフォントが使用されるようにすることができます。グローバルフォントはデバイスフォント (マ
シンで使用可能なフォント) または埋め込みフォント (エクスポートされた SWF ファイルに埋め込まれたフォント) のどちらかに
基づいて決定することができます。
30
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
デバイスフォントが使用される場合、エクスポートされたファイルのサイズは小さくなりますが、テキストを回転させることができ
ず、またテキストでアンチエイリアシングが使用されません。フォントが埋め込まれる場合、テキストを回転させることができ、
テキストでアンチエイリアシングが使用されますが、エクスポートされたファイルのサイズは大きくなり、モデルのロードにかか
る時間が長くなります。
注記
コンポーネントによって異なるフォントを設定する場合は、使用されるフォントはすべてデバイスフォントになります。そのた
め、別のコンピュータでモデルを実行するときに指定されたフォントが使用できない場合、不足しているフォントの代わりに
類似する別のフォントが使用され、モデルの見た目が作成時と変化する可能性があります。
1.
ファイル
ドキュメントのプロパティ をクリックします。
[ドキュメントのプロパティ]ダイアログボックスが開きます。
2. [ドキュメントのプロパティ] ダイアログボックスで、[グローバルフォントを使用] を選択します。
グローバルフォントを設定するオプションが有効になります。
3. リストから、すべてのコンポーネントに使用するフォントを選択します。
4. 次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
デバイスフォ フォントはエクスポートされたファイルに埋め込まれません。デバイスフォントは、Flash Player を使用し、指定した
ントを使用
TrueType フォントをレンダリングします。指定したフォントがモデルの実行時に使用できない場合、類似する別のフォン
トが使用されます。デフォルトでは、このソフトウェアではデバイスフォントが使用されます。
ヒント
モデルで Unicode で定義された拡張文字セットが必要とされる場合、デバイスフォントを使用することをお奨めしま
す。
埋め込みフ
ォントを使用
モデルで使用されるフォントは、モデルの実行時に常に使用可能になります。テキストは回転可能で、アンチエイリアシ
ングが使用されます。
注記
フォントを埋め込んだ場合、ファイルサイズが大きくなるため、モデルをロードするのにかかる時間が長くなります。
エクスポートされたファイルに埋め込まれたテキスト文字を変更するには、[詳細] をクリックし、埋め込む文字を選択し
て、[OK] をクリックします。
制限
アジア文字セットは埋め込むことができません。
5. [OK]をクリックします。
3.1.8 クイックビューの使用
[クイックビュー] を使用して、ワークスペースのさまざまな設定にすばやくアクセスすることができます。
クイックビューにアクセスするには、
表示
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
クイックビュー
をクリックします。クイックビューには次のものがあります。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
31
○ マイワークスペース
このクイックビューを選択すると、ワークスペースは前回設定した方法で表示されます。
○ キャンバスのみ
このクイックビューを選択すると、キャンバスのみが表示されます。これは、モデルデザインの初期段階においてキャンバ
スでコンポーネントを配列する場合に適しています。
○ スプレッドシートのみ
このクイックビューを選択すると、スプレッドシートのみが表示されます。これは、スプレッドシートデータの正確性を検証
する場合、空白セルを作成する場合、または後でコンポーネントで使用するために式をセルに配置する場合に適していま
す。また、大規模なスプレッドシートの場合に、このビューを使用して特定のセルをより簡単に検索することもできます。
○ キャンバスとスプレッドシート
このクイックビューを選択すると、キャンバスとスプレッドシートのみが表示されます。このビューに切り替えた後に [プロ
パティ] パネルを開くと、コンポーネントを選択してスプレッドシードのセルにバインドするためのスペースが最も大きくなり
ます。
注意
[プロパティ] パネルを開くには、コンポーネントを選択して Alt + Enter を押します。
これらのビューには、標準ツールバーの [クイックビュー] (
) をクリックしてアクセスすることもできます。
3.1.9 自動非表示の使用
[自動非表示] 機能は、使用されていないパネルを自動的に折りたたむことで、画面スペースをより広く使えるようにします。自
動非表示機能は、[プロパティ]、[オブジェクトブラウザ]、[コンポーネント]、および [クエリブラウザ] の各パネルで使用できま
す。
自動非表示を有効にしてパネルを折りたたむには、パネル上部の [自動非表示] (
) をクリックします。折りたたまれたパネ
ルを展開するには、ワークスペースの左側または右側にあるパネル名をクリックまたはポイントします。パネルで自動非表示
が有効になっている場合は、そのパネルの外側をクリックまたはポイントすると自動的に折りたたまれます。
3.1.10 パネルのドッキングおよびドッキング解除
[コンポーネント] ブラウザ、[オブジェクトブラウザ]、[クエリブラウザ]、および [プロパティ] パネルをそれぞれのデフォルト位
置から移動して他の領域にドッキングすることができます。
パネルをワークスペース内の別の領域にドッキングするには、パネルの上部をクリックして、表示されるドッキングアイコン (た
とえば
) の 1 つにドラッグします。カーソルをドッキングアイコン上に移動すると、その領域が強調表示され、パネルのド
ッキング場所が示されます。各アイコンには固有のドッキング場所があります。
パネルをドッキング解除してワークスペース外のウィンドウに移動するには、パネルをドッキングアイコンから離れた任意の場
所にドラッグします。
32
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
3.2
サンプルモデル
Dashboards がどのように機能して何ができるかについて学習しているときに、サンプルモデルのランタイムの動作と、その
ベースとなるコンポーネントの設定とバインドを調べることは有益です。
このソフトウェアには、一部のコンポーネントおよび機能がどのように動作するかを示す複数のサンプルモデルが含まれてい
ます。各サンプルには、独自の埋め込みスプレッドシートデータが含まれているので、コンポーネントがどのようにスプレッドシ
ート内のデータとバインドされているのかがわかります。これらのサンプルは、類似した機能を各自のモデルに設定する方法
を理解する一助として使用してください。あるいは、これを開始点に使用して、必要に応じてカスタマイズすることもできます。
注記
サンプルには独自のスプレットシードデータが含まれているため、サンプルファイルを開くと、埋め込みスプレッドシートに現
在存在するデータは上書きされます。
3.2.1 サンプル モデルを表示する
1.
ファイル
サンプル
をクリックします。
[サンプル]ダイアログボックスが開きます。
2. [カテゴリ] 一覧で、[ユーザガイドサンプル]をクリックします。
使用可能なサンプルの一覧が[項目]一覧に開きます。
3. [項目]リストで、サンプルをクリックします。
モデルの完全対話型プレビューが [プレビュー] ペインに表示されます。
4. [OK] をクリックします。
サンプルファイルが開きます。
5. ユーザに見えるようにモデルを表示するには、
ファイル
プレビュー
をクリックします。
モデルのプレビューの詳細については、モデルのプレビュー [179 ページ]を参照してください。
3.3
以前のバージョンのソフトウェアで作成されたファイルのインポート
Crystal Xcelsius 4.5 または Xcelsius 2008 で作成されたモデル (XLF ファイル) がある場合、それらのファイルを
Dashboards または Presentation Design にインポートして、新機能を活用することができます。
Xcelsius 3.0、3.5、および 4.0 で作成されたファイルはインポートできません。これらのファイルを Dashboards または
Presentation Design で使用するには、初めに Crystal Xcelsius 4.5 にインポートしてから Dashboards または
Presentation Design にインポートする必要があります。
製品では旧バージョンからモデルを移行する際の影響を最小限に抑えられます。ただし、一部のモデルまたはコンポーネント
の外観が、元のファイルから変化する可能性があります。
もっとも一般的な変化は、以下のとおりです。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
33
● コンポーネント サイズ。ほとんどの場合、サイズの違いは数ピクセルです。
● カスタム色が若干違って見える場合があります。
● スプレッドシートテーブルのコンポーネントサイズと書式設定が変化する場合があります。
また、外部データコネクタ ([XML データボタン]、[Excel XML マップ]、[Web サービス接続]、[Live Office]、
[FSCommand]、または [Web サービスクエリ (Query as a Web Service)]) を含む、Xcelsius 4.5 で作成された XLF ファイ
ルをインポートする場合、それぞれのコネクタまたはボタンに対して次のアクションが発生します。
● 接続は、[データマネージャ] で、前の [最新表示オプション] と [ロードステータス] 設定を使用して作成されます。
● キャンバスに [接続最新表示ボタン] が追加され、それに [トリガの動作] 設定がマッピングされます。
また、[Web サービス] 接続および [Web サービスクエリ (Query as a Web Service)] 接続については、[最新表示オプショ
ン] と [トリガの動作] が以下の表の説明に従ってマッピングされます。
表 4:
Xcelsius 4.5 のオプション
ダッシュボードでの設定
名前
データ マネージャでは、移行された接続の接続名が以下のように設
定されます。
ロード時に最新表示
●
Web サービス:SOAP
●
Web サービスクエリ: Query as a Web Service
●
Xcelsius 2008 SP3 よりも前のバージョンの接続については、
[データ マネージャ]の[用法]タブで、[ロード時に最新表示]が
選択されています。
●
Xcelsius 2008 SP3 以降のバージョンの接続については、[デ
ータ マネージャ]の[用法]タブで、[コンポーネントのロード前に
最新表示]が選択されています。
間隔を指定して最新表示
[データ マネージャ]の[用法]タブで、[次の間隔で最新表示]が選
択されています。
変更時にのみトリガ
[接続最新表示ボタン] の [プロパティ] パネルで、[トリガセル] の値
が [動作] ビューの [トリガセル] にマッピングされ、[値の変更時] が
選択されます。
[接続最新表示ボタン] の [プロパティ] パネルで、[トリガセル] の値
挿入時にトリガ
が [動作] ビューの [トリガセル] にマッピングされ、[値の変更時] が
選択されます。実行時に新しい値が [トリガセル] に挿入されると、デ
ータが最新表示されます。
3.3.1 Xcelsius 4.5 または Xcelsius 2008 で作成された XLF ファイル
をインポートする
警告
モデルをアップグレードする前に、現在の XLF、JPEG および外部 SWF ファイルをバックアップします。
1.
ファイル
開く をクリックします。
2. インポートするファイルに移動して、[開く]をクリックします。
34
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
ソフトウェアで、ファイルが以前のバージョンの製品のものであることが検出され、警告ダイアログボックスが表示されま
す。
警告
Dashboards または Presentation Design でモデルをインポートして保存した後は、以前のバージョンの製品を使用
してそのモデルを開くことはできません。
モデルがキャンバスを開きます。モデル内のコンポーネントには、オリジナルファイルと少し異なっているものがある場合もあ
ります。
コンポーネントが異なってフォーマット化されているように表示された場合、コンポーネントを選択して[プロパティ]パネルを開
きます。スプレッドシート内のセルのプロパティを再バインドします。
3.4
アドオンによるカスタマイズ
さまざまなモデルコンポーネントおよび拡張機能が Dashboards のすべてのバージョンで使用可能です。これらのアイテムは
アドオンと呼ばれ、SAP パートナーおよびカスタマーによって作成されたものです。チャート、マップ、およびその他のモデルと
機能拡張をダウンロードして、モデルのカスタマイズに使用できます。
3.4.1 アドオンをダウンロードする
アドオンは、インストールする前にシステムにダウンロードする必要があります。
1.
ファイル
アドオンの管理
をクリックします。
[アドオンマネージャ] ダイアログボックスが表示されます。
2. その他のアドオンの取得をクリックします。
または、SAP Store に直接訪れることができます。 https://store.sap.com
.
3. Dashboards または Xcelsius で検索してアドオンを検索します。
4. SAP Store ウェブサイトの説明にしたがってアドオンをダウンロードします。
アドオンがインストール可能になります。
アドオンが圧縮されたフォルダに格納されている場合、ファイルを抽出してからダウンロードされたアドオンをインストールしま
す。
3.4.2 アドオンをインストールする
ダウンロードしたアドオンを使用するには、そのアドオンをインストールする必要があります。
1.
ファイル
アドオンの管理...
をクリックします。
[アドオンマネージャ] ダイアログボックスが表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
35
2. [アドオンのインストール]をクリックします。
3. アドオンファイルが保存および抽出された場所に移動します。XLF ファイルを選択して[開く]をクリックします。
アドオンがインストールされ、使用可能になります。
3.4.3 アドオンを削除する
1.
ファイル
アドオンの管理...
をクリックします。
[アドオンマネージャ] ダイアログボックスが表示されます。
2. 左側のリストから、削除するアドオンを選択します。[アドオンの削除] をクリックします。
[アドオンの削除を確認]ダイアログボックスが開きます。
3. [削除]をクリックします。
アドオンがソフトウェアから削除されます。
36
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
はじめに
4
コンポーネントの操作
コンポーネントはダッシュボードの表示要素です。コンポーネントは、大量のデータを効率的に表示したり選択したりするため
に設計されています。チャート、セレクタ、マップ、およびその他の選択可能なカテゴリというように、機能別に分類されていま
す。操作するデータの種類に基づいて、使用に最適なコンポーネントを決められます。
コンポーネントは、クエリまたは埋め込みスプレッドシートのセルのいずれかにリンクできます。これらの関係は、両方向で動
作可能です。ほぼすべてのコンポーネントがデータをクエリまたは埋め込みスプレッドシートのセルから取得できる一方、多く
のその他のコンポーネントでは、データをクエリに返したり、セルにデータを書き込んだりすることもできます。
4.1
[プロパティ] パネルの使用
[プロパティ] パネルには、選択したコンポーネントの設定と書式設定オプションが含まれています。コンポーネントをキャンバ
ス領域に配置した後に、以下の複数の方法で [プロパティ] パネルにアクセスすることができます。
● 選択したコンポーネントをダブルクリックします。
● コンポーネントを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
●
Alt+Enter キーを押します。
● [オブジェクト] ブラウザで、コンポーネントを右クリックして [プロパティ] を選択します。
● [オブジェクトブラウザ] で、コンポーネントを選択して Alt+Enter キーを押します。
一般的に、[プロパティ] パネルの構造はすべてのコンポーネントで同じですが、利用できるオプションは各コンポーネントに固
有です。
[プロパティ] パネルには、次のビューがあります。
表示
説明
[一般] ビューを使用して、タイトル、ラベル、ソースおよび出力先デ
ータの場所など、コンポーネントの基本設定を設定します。
[挿入] ビューは、一部のチャートコンポーネントおよび [階層テーブ
ル] で使用できます。このビューを使用してセレクタとして機能する
チャートを設定すると、チャート要素をクリックするとより詳細な情報
が埋め込みスプレッドシートに挿入されるようになります。この埋め
込みスプレッドシートは、ドリルダウン動作を作成するために別のコ
ンポーネントで使用できるようになります。チャートドリルダウン動作
を設定する場合の詳細については、ドリルダウン動作の設定 [60
ページ]を参照してください。
[動作] ビューを使用して、モデル内でコンポーネントが動作する方
法を設定します。たとえば、制限、対話性、視認性を設定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
37
表示
説明
[表示] ビューを使用して、サイズ、タイトル位置、凡例、色などの、
コンポーネントの外観をフォーマット化します。
[アラート] ビューを使用して、データ値に関連する視覚的な通知を
設定します。アラートにより、許容可能な値、注意が必要な値などを
識別することができます。アラートをオンにしてターゲット値を設定
し、各種アラートレベルの色を設定できます。アラートを使用する場
合の詳細については、アラートの概要 [166 ページ]を参照してくだ
さい。
4.1.1 データソースへのコンポーネントのバインド
データソースへのコンポーネントのバインドは、ダッシュボードモデル作成に必要不可欠です。バインドは、データをチャート、
マップ、テーブルなどに表示するために必要です。さらに、ユーザが実行時にデータソースに値を挿入できる出力先バインドも
作成できます。
また、コンポーネントパラメータをデータソースにバインドして、コンポーネントのタイトル、ラベル、チャート、スケール、色、表
示などを設定することもできます。
次の 2 種類のバインドが利用できます。コンポーネントを埋め込みスプレッドシート内のセル、またはクエリデータにバインドで
きます。クエリは、SAP BusinessObjects Dashboards でのみ使用できます。
データ型
バインドボタン
埋め込みスプレッドシート
ソースバインド
出力先バインド
大部分のコンポーネントデータセ
ットおよび多くのコンポーネント
パラメータは、埋め込みスプレッ
ドシート内のソースデータにリン
クできます。
一部のコンポーネントでは、埋め
込みスプレッドシートにデータを
書き込むこともできます。同じ手
順で埋め込みスプレッドシート内
の出力先セルにコンポーネント
をバインドします。
埋め込みスプレッドシートを使用
して、コンポーネントパラメータま
たはデータセットに対してソース
データを提供するには、各パラメ
ータまたはデータセットのデータ
を含むセルを指定します。これら
のセルに手動でデータを追加す
るか、スプレッドシートを外部の
データソースに接続できます。
Query
BEx またはユニバースクエリか
らのクエリデータは、多くのコン
ポーネントのソースデータとして
使用できます。コンポーネントに
バインドするクエリおよび結果オ
ブジェクトを選択できます。階層
結果オブジェクトは、[クエリプロ
一部のコンポーネントでは、クエ
リプロンプトにデータを書き込む
ことができます。コンポーネント
選択の出力先としてクエリプロン
プトを使用すると、このコンポー
ネントでは、実行時にクエリの結
果をユーザが制限できます。
ンプトセレクタ] および [階層テー
38
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
データ型
バインドボタン
ソースバインド
出力先バインド
ブル] の 2 種類のコンポーネント
にリンクできます。
多くの場合、クエリデータをコン
ポーネントの外観、動作、または
アラートに直接バインドすること
はできません。
関連情報
コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク [186 ページ]
コンポーネントを埋め込みスプレッドシートにバインドする [39 ページ]
コンポーネントをクエリにバインドする [40 ページ]
4.1.1.1
コンポーネントを埋め込みスプレッドシートにバインドする
コンポーネントを埋め込みスプレッドシートのセルにリンクする場合、コンポーネントの[プロパティ]パネルでそれらのセルへの
参照を設定します。埋め込みスプレッドシートにバインドできる各フィールドの右側には、セルセレクタ (
) が表示されてい
ます。
注記
デフォルトでは、範囲において最大 512 行を選択することができます。この値を変更するには、
ファイル
基本設定
をクリックして、左側の [Excel のオプション] をクリックし、目的の最大行数を入力します。ただし、あまり大きい数字を入力
すると、逆にモデルのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。
1. キャンバスで、埋め込みスプレッドシートにリンクさせるコンポーネントをダブルクリックします。
2. [プロパティ] パネルで、バインドするフィールドを含むタブをクリックします。
3. フィールドの右側にあるセルセレクタ (
バインドボタンにクエリ (
) をクリックして、[範囲の選択] ダイアログボックスを表示します。
) が表示されている場合、ボタンの右側にある矢印をクリックして、[スプレッドシート] を選
択します。
4. 埋め込みスプレッドシートで、フィールドにバインドするセルを 1 つクリックするか、クリックおよびドラッグして複数のセル
範囲を選択します。
5. [範囲の選択] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。
選択した範囲にフィールドがリンクされて、範囲がフィールドに表示されます。
注記
バインドを削除するには、セルセレクタ (
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
) をクリックし、[範囲の選択] ダイアログボックスで範囲を削除します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
39
関連情報
埋め込みスプレッドシートの概要 [182 ページ]
コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク [186 ページ]
4.1.1.2
コンポーネントをクエリにバインドする
コンポーネントをクエリにバインドする場合、クエリの結果オブジェクト、またはコンポーネントの [プロパティ] パネルのクエリプ
ロンプトに参照を設定します。ドロップダウンの矢印のついたバインドボタン (
または
) が、クエリデータにバイン
ド可能な各フィールドの右側に表示されます。
1. キャンバスで、埋め込みスプレッドシートにリンクさせるコンポーネントをダブルクリックします。
コンポーネントの [プロパティ] パネルが開きます。
2. [プロパティ] パネルで、バインドするフィールドを含むタブをクリックします。
クエリデータにリンク可能なフィールドは、通常 [全般] タブおよび [挿入] タブに表示されます。
3. バインドボタンの横にある矢印をクリックして、ソースデータの場合は [クエリデータ]、出力先データの場合は [クエリプロ
ンプト] をクリックします。
4. [クエリから選択] ダイアログボックスの左ペインで、適切なクエリをクリックします。
5. 右ペインで、以下のバインドを選択します。
○ ソースデータのバインドの場合、[結果オブジェクト] リストから 1 つ以上のオブジェクトを選択します。コンポーネント
の場合、1 つのオブジェクトしか選択できない場合があります。複数の階層結果オブジェクトを含むクエリに対して、
[階層テーブル] を設定する場合、テーブルに表示する階層を 1 つ選択する必要があります。
注記
[階層テーブル] および [クエリプロンプトセレクタ] コンポーネントは、階層内にデータを表示できる唯一のコンポ
ーネントです。階層結果オブジェクトを別の種類のコンポーネントにバインドすると、複数レベルの階層ではなく、
同じレベルにすべての値が表示されます。
○ 出力先のバインドの場合、[プロンプト] リストでプロンプトを選択します。値の階層リストを含むプロンプトは選択でき
ません。
6. [OK] をクリックします。
バインドボタンにクエリが表示され (
)、フィールドがクエリデータにバインドされます。
注記
クエリを削除または編集した場合、そのクエリにバインドされているすべてのコンポーネントに変更が反映されます。
注記
バインドを削除するには、Bind ボタンの横にある矢印をクリックして [バインディングのクリア] をクリックします。
40
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
関連情報
クエリを作成する [230 ページ]
4.1.1.2.1
クエリ内の未使用の結果オブジェクト
クエリデータをコンポーネントにバインドする際、未使用の結果オブジェクトはクエリ結果から削除されません。つまり、コンポ
ーネントにバインドする結果オブジェクトにかかわらず、クエリデータは同じままです。
クエリメジャーは、クエリ内で最も詳細なディメンションで常に集計されます。結果として、最も詳細なディメンションを含めてい
ない場合、コンポーネントが予期したとおりに機能しない場合があります。
この問題を避けるには、クエリを作成する際に、コンポーネントにバインドする結果オブジェクトのみを含めます。異なるコンポ
ーネントのさまざまなレベルのデータ集計を示すため、同じようなクエリを複数作成する必要がある場合があります。
注意
各クエリは別々にデータソースへの接続を使用するため、複数のクエリによってモデルのパフォーマンスに影響を及ぼす
場合があります。
例
"国" および "地域" のディメンションと "売上" メジャーを含むクエリを作成すると、クエリ結果には地域別の売上のみが表
示されます。データ値として "売上" メジャー、ラベルとして "国" ディメンションを含むチャートにクエリ結果をバインドする
と、チャートに国別の売上は表示されません。その代わりに、各地域の売上値がそのままチャートに表示され、各国のラベ
ルが複数繰り返されます。
国別の売上を適切に表示するには、"国" ディメンションと "売上" メジャーのみでクエリを作成する必要があります。地域別
の売上もモデルに表示する場合は、最初のクエリに加えてこのクエリを作成できます。
関連情報
ユニバースおよび BEx クエリ [224 ページ]
クエリを追加または編集する [227 ページ]
4.1.2 複数のコンポーネントのプロパティの設定
キャンバスで複数のコンポーネントを選択し、選択したコンポーネントのプロパティを同時に編集することができます。複数のコ
ンポーネントのプロパティにアクセスするには、コンポーネントを選択し、選択したコンポーネントをダブルクリックします。選択
したコンポーネントを右クリックして [プロパティ] を選択し、プロパティにアクセスすることもできます。
コンポーネントが同じタイプである場合、そのコンポーネントタイプ固有のプロパティを編集することができます。プロパティに
対する変更は、選択しているすべてのコンポーネントに適用されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
41
異なるタイプのコンポーネントが選択されている場合、[プロパティ] パネルは [動作] タブの動的ディスプレイパラメータに限定
されます。
複数のコンポーネントがグループ化されている場合、[オブジェクトブラウザ] のコンポーネントを右クリックして、個々のコンポ
ーネントのプロパティにアクセスできます。詳細については、オブジェクト ブラウザの使用 [21 ページ]を参照してください。
4.1.3 コンポーネント要素の色の設定
ダッシュボードでは、すべてのコンポーネントのほとんどすべての要素に特定の色を選択することができます。色の指定は、
[表示] ビュー上にある各コンポーネントの [プロパティ] パネルで行います。
注記
[表示] ビューは、背景など一部のコンポーネントでは使用できません。それらのコンポーネントの色の設定は、[一般] ビュ
ーに表示されます。
一般的な色の定義を多数使用できます。ユーザ独自の色の定義を作成することもできます。
ダッシュボードの外観を改善する場合、要素の色またはアラート範囲を埋め込みスプレッドシート内のセルにバインドすること
ができます。このとき、色は実行時に動的に設定されます。
アラートを使用して一部の要素に色を適用したり、各アラート範囲の色をカスタマイズすることもできます。
関連情報
アラートの概要 [166 ページ]
4.1.3.1
要素の色を指定する
事前に定義された複数の色を選択して、コンポーネント要素の色を設定することができます。
1. 該当のコンポーネントの [プロパティ] パネルで、[表示] をクリックします。
2. [色] タブで、該当する要素のカラーセレクタ (
) をクリックします。
3. 次のタスクのいずれかを実行して、要素の色を選択します。
○ [色] ダイアログボックスのセクションの 1 つで、色をクリックします。
42
セクション
説明
テーマの色
現在のテーマの色。
標準の色
標準の色のグループです。
最近使用した色
最近別の要素で使用した色です。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
○ より大きな色相環から色を選択するには、[その他の色] をクリックします。必要な色を選択したら、[OK] をクリックし
ます。
4.1.3.2
エレメントのカスタムカラーを作成する
コンポーネントエレメントに特定の色を割り当てる場合、RGB または HSL 値を指定して色を正確に定義することができます。
既定の色を割り当てるのと同じ方法でカスタムカラーをコンポーネントエレメントに割り当てることができます。
1. コンポーネントを選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [色] タブで、該当する要素のカラーセレクタ (
) をクリックします。
[色] ダイアログボックスが開きます。
3. [その他の色] をクリックします。
4. [カスタム] タブの [色モデル] リストで、[RGB] または [HSL] を選択します。
5. 色設定のレベルを設定します。つまり RGB の場合は [赤]、[緑]、および [青] のレベルを設定し、HSL の場合は [色
調]、[彩度]、および [輝度] のレベルを設定します。
6. 選択された要素にカスタムカラーを適用するには、[OK] をクリックします。
ヒント
カスタムカラーを別の要素に適用する場合は、[色] ダイアログボックスの [最近使用した色] セクションでその色を使
用できます。
4.1.3.3
実行時に色を動的に設定する
ユーザ入力または別のコンポーネントの設定に基づいて、実行時に色を変更するように要素を設定する場合、色設定を埋め
込みスプレッドシートのセルにバインドさせることができます。
色がスプレッドシートのセルとバインドされる際に、セルの値によって色が設定されます。 次に、ユーザ入力、別のコンポーネ
ント、外部データソースなどによってセル内の値を指定するように設定することができます。
次の色形式がサポートされています。
● 16 進数 (たとえば、FFFFFF、#FFFFFF、0xFFFFFF など)
● RGB(たとえば、(255,255,255))
● VGA 色名 (たとえば、水色、黒、青、赤紫、灰色、緑、黄緑、栗色、濃紺、オリーブ、紫、赤、銀色、青緑、白、黄)
● 10 進数の色コード (たとえば、F00FF は 16711935)
注記
指定されたセル内の値が有効な色設定ではないか、セルが空の場合、コンポーネント要素の色は黒に設定されます。
注記
セルにバインドされた色は、そのモデルに適用された色テーマの変更に影響を受けません。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
43
1. 該当のコンポーネントの [プロパティ] パネルで、[表示] をクリックします。
2. 色タブで、該当の要素のカラーセレクタ (
) をクリックします。
3. [色] ダイアログボックスで、[色に連結] をクリックします。
[範囲の選択] ダイアログボックスが開きます。
4. 色をバインドするセルを選択して、[OK] をクリックします。
要素の色が選択したセルの値に基づいて更新され、カラーセレクタ (
) がバインドされた色アイコン (
) に変化します。
4.1.4 コンポーネント要素のテキストの書式設定
タイトル、ラベル、ボタンのテキスト、マウスオーバー時のテキスト、凡例などのコンポーネント要素それぞれについて、テキス
トを表示するか非表示にするか選択できます。テキストを表示する場合、テキストの表示形式と、数字に使用される書式を指
定できます。
モデルをプラットフォームに保存する場合、実行時に更新されるデフォルトのオプションを選択して、ユーザの表示ロケールに
関連する地域の書式設定を使用することもできます。
注記
ローカルに保存されたモデルは、モデル作成時に定義されたテキストの書式を使用し、実行時には変更されません。
関連情報
BI プラットフォームでのモデルの翻訳とグローバル化 [261 ページ]
4.1.4.1
モデルでテキスト要素を表示する
1. コンポーネントの [プロパティ] パネルで、[表示] ビューを選択します。
2. [テキスト] タブをクリックします。
[テキスト] タブには、選択したコンポーネントで使用可能なテキスト要素が表示されます。モデルで現在表示されるように
設定されているテキスト要素の左列には、チェックマークが表示されます。あるテキスト要素がリスト表示されていても選
択できない場合、その要素はそのコンポーネントでは有効ではない可能性があります。
3. 次のいずれかの操作を実行します。
○ モデルでテキスト要素を表示するには、その要素を選択します。
○ モデルでテキスト要素を非表示にするには、その要素の選択を解除します。
44
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
4.1.4.2
テキスト要素を書式設定する
1. コンポーネントの [プロパティ] パネルで、[表示] ビューを選択します。
2. [テキスト] タブをクリックします。
[テキスト] タブには、選択したコンポーネントで使用可能なテキスト要素が表示されます。モデルで現在表示されるように
設定されているテキスト要素の左列には、チェックマークが表示されます。
3. 現在モデルに表示されているテキスト要素をクリックします。
4. [選択したテキストの書式] セクションで、フォント、フォントサイズ、書式、行揃え、およびテキストの色の設定を選択しま
す。
注記
グローバルフォントが設定されている場合、コンポーネントのプロパティでは、フォントタイプを変更できません。詳細に
ついては、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照してください。
5. 利用可能な場合は、[位置] セクションで、ラベルを置く位置をコンポーネントに対して [オフセット] で相対的に指定し、位
置に対してラベルを移動する距離を設定して、ラベルの位置を調整します。
6. [数値の書式設定] セクションで、次の数値書式のうちいずれかを選択します。
オプション
説明
全般
データには、特定の数値の書式設定がありません。
数値
データは数字としてのみ扱われます。数値の書式設定には、追加設定が可能です。
Currency
データは通貨値として表示されます。通貨の書式設定には、追加設定が可能です。
パーセント
データはパーセンテージとして表示されます。
日付
データは日付値として表示されます。日付の書式設定には、追加設定が可能です。
Time
データは時刻値として表示されます。時刻の書式設定には、追加設定が可能です。
論理値
データは 2 値の選択肢 (on/off、TRUE/FALSE、はい/いいえ) として表示されます。
テキスト
データはテキストとしてのみ表示されます。
選択によっては、追加の書式オプションが設定できます。
7. 追加の書式オプションが設定可能な場合は、設定します。次のオプションが設定できる場合があります。
オプション
説明
標準の数
値形式
このオプションを選択して、ユーザのロケールに関連する地域の数値書式を使用します。このオプションを選択した場合、
他の数値書式オプションは使用できません。
このオプションは、モデルがプラットフォームに保存されている場合、[数値] 要素に適用されます。
標準の通
貨記号形
式
このオプションを選択して、ユーザのロケールに関連する地域の通貨書式を使用します。このオプションを選択した場合、
他の通貨書式オプションは使用できません。
このオプションは、モデルがプラットフォームに保存されている場合、[通貨] 要素に適用されます。
負の値
負の値に使用する書式を指定します。
このオプションは、[数値] および [通貨] 要素に適用されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
45
オプション
説明
小数点以
下の桁数
表示する小数点以下の桁数を指定します。
前置記号
このオプションを選択して、数字の前に表示される通貨記号を指定します。
このオプションは、[数値]、[通貨]、および [パーセント] 要素に適用されます。
このオプションは、[通貨] 要素に適用されます。
後置記号
このオプションを選択して、数字の後に表示される通貨記号を指定します。
このオプションは、[通貨] 要素に適用されます。
桁区切り
(,) を使用
する
このオプションを選択して、100 の桁と 1000 の桁の間にカンマを挿入します。
型
共通の書式リストから、使用する日付と時刻の書式の種類を指定します。
このオプションは、[数値] および [通貨] 要素に適用されます。
このオプションは、[日付] および [時刻] 要素に適用されます。
注記
モデルはプラットフォームに保存されるため、デフォルトオプションを選択して、ユーザのロケールに関連する地域の
書式設定を使用することもできます。
関連情報
BI プラットフォームでのモデルの翻訳とグローバル化 [261 ページ]
地域の書式設定に関するモデルのセットアップ [261 ページ]
4.2
コンポーネントの使用
4.2.1 コンポーネントのプロパティを設定する
[プロパティ] パネルで設定を行う前に、コンポーネントを選択してキャンバスに追加します。
各コンポーネントでは使用できないタブもあります。また、各タブのオプションはコンポーネントによって異なります。
1. コンポーネントを選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで [一般] ビューが使用できる場合は、このビューをクリックして適切なオプションを設定します。この
ビューには、タイトル、ラベル、表示、出力先、ソースデータなどに関するオプションが含まれています。
3. [プロパティ] パネルで [挿入] ビューが使用できる場合は、このビューをクリックしてコンポーネント用のデータ挿入オプシ
ョンを設定します。
データ挿入が含まれるコンポーネントでは、ユーザが実行時にコンポーネントと対話操作するときに、埋め込みスプレッド
シートのセルまたはクエリプロンプトに情報を挿入することができます。
46
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
マップコンポーネントおよびセレクタコンポーネントには、[階層テーブル] を除き、[一般] ビューにデータ挿入オプショ
ンがあります。
4. [プロパティ] パネルで [動作] ビューが使用できる場合は、このビューをクリックして、データの可変量の処理、拡大/縮
小、アニメーション、動的ディスプレイなど、モデルでコンポーネントがどのように機能するかについてのオプションを設定
します。
5. [プロパティ] パネルで [表示] ビューが使用できる場合は、このビューをクリックして、チャートの凡例オプション、レイアウ
トオプション、テキストの書式設定、色など、コンポーネントの表示特性を設定します。
6. 該当する場合、[アラート] ビューをクリックして、データ値に基づいて条件付き書式設定を設定します。ユーザはアラート
により、許容範囲内の値を識別することができます。
コンポーネントが設定されます。チャートおよびチャートに表示されるデータの外観に対して行ったすべての変更が、キャンバ
スで更新されます。実行時にコンポーネントがどのように機能するかを確認するには、[プレビュー] をクリックします。
関連情報
[プロパティ] パネルの使用 [37 ページ]
データソースへのコンポーネントのバインド [38 ページ]
コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]
コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]
アラートの概要 [166 ページ]
4.2.2 チャート コンポーネントの使用
チャートにより、データを視覚的に表現することができるようになり、ユーザは比較、パターン、傾向を簡単に把握できます。 こ
のソフトウェアには、次の種類のチャートが含まれています。
面チャート
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
47
[面チャート] は、垂直軸および水平軸を含む標準のチャートです。 水平軸に示される各点は、データ要素を表します。 各デー
タ要素の値は、垂直軸に対してプロットされます。 系列ごとに、水平軸に対してプロットされたポイントをつなげて、色付きの領
域が作成されます。 このチャートは、株価や売上げ履歴などの傾向線を強調するモデルに使用します。
棒チャートと縦棒チャート
一定期間または特定の範囲の値において 1 つ以上のアイテムを表示したり比較する複数棒のチャートです。 たとえば、[縦棒
チャート] は、地域別の四半期の人員数を示すモデルで使用することができます。
注記
[棒チャート] と [縦棒チャート] は機能的には同じであり、同じ情報を表示します。 唯一の違いは、棒の向きです。
バブルプロット
[バブルプロット] は、最も強力な分析ツールの 1 つです。 これは、3 つの異なるパラメータに基づいてアイテムのグループま
たはアイテムの系列を比較できるチャートです。 このチャートには、チャート領域におけるアイテムの場所を表す X 軸と Y 軸、
およびアイテムのサイズを表す Z 値があります。
たとえば、このチャートを使用して市場構成を表すことができます。X 軸には産業種類別の投資収益率 (ROI)、Y 軸にはキャ
ッシュフロー、Z 軸には市場価格を示すことができます。
48
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
このコンポーネントは、以前のバージョンの Dashboards では、バブルチャートと呼ばれていました。
縦棒および折れ線チャート
[縦棒および折れ線チャート] は、縦棒チャートに折れ線チャートを重ねたチャートで、値の範囲とその値のトレンドラインを表
示するのに適しています。 このチャートは、株価を調査するモデルに使用することができます。 折れ線系列には 1 年を通じた
株価の履歴が表示され、縦棒チャートにはその株価の取引量が示されます。
[縦棒および折れ線チャート] には、複数の系列がある場合にアラート通知を含めることもできます。 [縦棒および折れ線チャ
ート] は、アラート通知機能を持つ唯一のチャートです。 アラートの詳細については、アラートの概要 [166 ページ]を参照して
ください。
注記
このコンポーネントは、以前のバージョンの Dashboards では、組み合わせチャートと呼ばれていました。
水平ビュレットチャート、垂直ビュレットチャート
これらのチャートでは、簡略化され、フォーカスを絞り込んだ形式で情報を表示する方法を提供します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
49
チャートには、垂直または水平棒として表示される 1 つの主測度 (たとえば過去 1 年間の収益) があります。 マーカーは、目
標またはパフォーマンス目標を示し、棒の背後にある色調が変化している部分はパフォーマンスの定性的な範囲を示します
(不足、十分、良好など)。
設計者は複数の系列を表示するのにチャートを設定することができ、目盛、軸を系列ごとに設定できます。 たとえば、チャート
で、収益を千ドル単位で、利益をドル単位で、発注量を個数で表示することができます。
折れ線チャート
[折れ線チャート] は、一定期間の傾向を示すのに最適なチャートです。 このチャートは、株価や売上げ履歴などの傾向やデ
ータの一連の流れを強調するモデルに使用します。
マリメッコチャート
[マリメッコチャート] は、積み上げ棒チャートの一種で、すべての棒の合計の高さが同じで、各棒のセグメントは合計に対する
比率 (絶対値ではなく積み上げ棒チャートの中の比率)を表し、各棒の幅は値を表します。 [マリメッコチャート] の棒の間にス
ペースはありません。 このチャートは、売上のパーセンテージと市場占有率など、各棒が 2 つの変数にエンコードされるため
便利です。
50
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
OHLC チャートとローソク足チャート
[OHLC チャート](始値 - 高値 - 安値 - 終値) と [ローソク足チャート] は主に株価データの表示に使用します。 各マーカーは
値に対応し、これらの値は [OHLC チャート] ではマーカーに接続された線で、[ローソク足チャート] では色で表されます。 開
始値には、株価の始値が表示されます。 高い値には、その日の最高値が表示されます。 低い値には、その日の最安値が表
示されます。 終了値には、株価の終値が表示されます。
円チャート
[円チャート] は、円全体の値として表される特定の合計値における、各アイテム (スライス) の寄与率や分布を表す円形のチ
ャートです。 [円] チャートは、製品別の売上げ寄与率などのモデルに適しています。 この例では、全体的な円のサイズは売
上げの合計を表し、各スライスは異なる製品を表します。
円チャートをキャンバスに追加して、内半径プロパティを増やすことで円チャートの中央に穴が作られます。これにより、円チャ
ートはドーナツ型チャートに変わります。
また、円セグメントをチャートの残りの部分から移動したり切り離すこともできます。 この場合は、円チャートを作成し、その上
でマウスポインタを 1 回クリックすると強調表示されます。 プロパティシートに移動してデータ挿入を有効にするをオンにした
後に選択箇所の切り出しを選択します。 選択した円セグメントは、円の残りの部分から少し移動します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
51
レーダー チャートと塗りつぶしレーダー チャート
[レーダーチャート] には、中央から外側に向かう放射状の軸が含まれます。 これらのチャートには、複数の軸を含めることが
できます。 これらのチャートは、データの多次元セットをプロットする場合に役立ちます。 塗りつぶしレーダー チャートでは、各
軸のポイントをつなげて作成される形状が色で塗りつぶされます。 たとえば、レーダー チャートを使用して、株価のさまざまな
側面を比較できます。 価格、量、価格対収益率、およびその他の関連データをそれぞれの軸で表すことができます。
散布図
このチャートは、2 次元で表されるデータを表示します。 [散布図] には、X 値と Y 値の交点の結果として各データ要素が示さ
れます。 たとえば、このチャートは、ある企業グループについて X 軸の ROI と Y 軸の市場価格を比較するモデルで使用する
ことができます。
注記
このコンポーネントは、以前のバージョンの Dashboards では、XY チャートと呼ばれていました。
52
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
スパークラインチャート
[スパークラインチャート] は、株価市場のアクティビティなどのメジャーに関連する傾向や変動を単純かつ凝縮された方法で
表します。
設計者は、チャートのマーカーとして表示されるキーデータ要素 (開始値、終了値、低い値、高い値) を設定できます。 またチ
ャートの背後にある色付き背景で表示する通常の範囲を定義することもできます。
積み上げ面チャート
この標準のチャートには、垂直軸および水平軸があります。 水平軸に示される各点は、データ要素を表します。 データ要素の
実際の値は垂直軸に対してプロットされ、各系列が合計値に追加されます。 [積み上げ面チャート] を使用して、複数の製品
の売上げだけでなく、すべての製品の合計売上げやその合計売上げに対する各製品の寄与率を比較できます。
積み上げ縦棒チャートと積み上げ棒チャート
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
53
これらの複数の棒チャートでは、合計値に各変数を加算することにより、1 つまたは複数の変数を表示して比較します。 これら
のチャートは、マーケティングコストと管理コストなど、一定期間における複数の変数を比較します。 コストコンポーネントはそ
れぞれ異なる色で表され、各棒はそれぞれ別の期間を表します。 合計の棒のサイズは、合計コストを表します。
注記
[積み上げ縦棒チャート] および [積み上げ棒チャート] は同じ機能を持ち、同じ情報を表示します。 唯一の違いは、棒の向
きです。
ツリーマップ
このチャートは、データを 2 次元領域に表示します。 各データ要素は、四角形で表されます。 [ツリーマップ] に、サイズと色の
濃さによって示される 2 つのパラメータが表示され、2 つのデータのセットを比較するために使用できます。
たとえば、[ツリーマップ] を使用して、ローンの大きさと利率を表すことができます。 四角形のサイズはローンの金額として設
定できます。ローンが大きいほど、大きな四角形で表されます。 四角形の色は金利を表します。 金利が高いほど、明るい色
値で表されます。
ヒント
ツリーマップを使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、Tree Map というサンプル
ファイルを開いてください。
ウォーターフォールチャート
[ウォーターフォールチャート] は、通常、初期値が一連の連続する正の値または負の値によってどのように影響されるかを示
すのに使用されます。 初期値および最終値は完全な列で表され、中間値は部分的な列で表されます。 正の値と負の値を区
別するために、列は色分けされます。
54
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
たとえば、[ウォーターフォールチャート] は、小売業で販売する商品の在庫水準を示すのに使用できます。 追加在庫の仕入
れは正の値で表され、在庫からの売上げは負の値で表されます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.2.1
チャート一般プロパティ
下の表は、[一般] ビューでチャートコンポーネントプロパティを設定するためのガイドとして使用してください。 オプションの中
には、特定のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
表 5:
オプション
説明
[タイトル] 領域
チャート
チャートのメインタイトルを指定します。 デフォルトでは、チャート上部に中央揃えで配置されます。
サブタイトル
チャートの補足的なタイトルを指定します。 デフォルトでは、サブタイトルはチャート上部のチャートタイトルの下
に中央揃えで配置されます。
カテゴリ (X) 軸
X 軸に沿って表示されるデータカテゴリのラベルを指定します。
カテゴリ (Y) 軸
Y 軸に沿って表示されるデータカテゴリのラベルを指定します。
水平 (X) 軸
X 軸に沿ったデータのラベルを指定します。
垂直 (Y) 軸
Y 軸に沿ったデータのラベルを指定します。
値 (Y) 軸
Y 軸に沿って表示される値のラベルを指定します。
値 (X) 軸
X 軸に沿って表示される値のラベルを指定します。
2 次値 (Y) 軸
チャートの右側に表示される 2 次 Y 軸のラベルを指定します。
注記
このオプションは、[系列別] が選択され、[プロット系列オン] が [2 次軸] に設定されている場合にのみ使用
可能です。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
55
オプション
説明
2 次値 (X) 軸
チャートの上部に表示される 2 次 X 軸のラベルを指定します。
注記
このオプションは、系列別が選択され、プロット系列オンが 2 次軸に設定されている場合にのみ使用可能で
す。
[データ] 領域
範囲別
このオプションを選択すると、単一のデータ系列の値の範囲が表示されます。
次のいずれかのオプションを選択します。
系列別
●
データ系列がワークシートの列に基づく場合は、[列内のデータ] を選択します。
●
データ系列がワークシートの行に基づく場合は、[行内のデータ] を選択します。
このオプションを選択すると、値の複数の系列が表示されます。
系列をチャートに追加するには、追加 (
) をクリックします。
次に、標準のチャートの場合、各系列を選択して、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
系列の名前を指定します。
値
スプレッドシートまたはクエリからの X または Y のデータ要素を指定します。 ボ
ックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシート
を選択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか (バインドボタ
ンにスプレッドシートが表示されます
)、クエリデータを選択して値をクエ
リ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
56
)。
プロット系列オン
系列をプロットする軸を指定します。
カテゴリラベル
系列内の各カテゴリを識別するために X 軸に表示されるラベルを指定します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
系列別
[OHLC チャート] および [ローソク足チャート] の場合、このオプションを選択すると、複数の値の系列が表示さ
れます。 値オプションのそれぞれを、スプレッドシートのセルかクエリデータオブジェクトにリンクできます。 ボック
スの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選択して値を埋め込みスプレッド
シートのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
して値をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
)、クエリデータを選択
)。
次のオプションを設定します。
オプション
説明
系列名
系列の名前。 参照のみ。
開く
始値のソースデータ。
高
高値のソースデータ。
低
安値のソースデータ。
閉じる
終値のソースデータ。
系列内の各カテゴリを識別するために X 軸に表示されるラ
カテゴリラベル
ベル。
系列別
[ツリーマップ] の場合、このオプションを選択すると、複数の値の系列が表示されます。 値オプションのそれぞ
れを使用して、スプレッドシートのセルまたはクエリデータオブジェクトに値をリンクできます。 ボックスの横のバ
インドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選択して値を埋め込みスプレッドシートのセ
ルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
エリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
系列をチャートに追加するには、追加 (
)、クエリデータを選択して値をク
)。
) をクリックします。
次に、各系列を選択して、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
表示ラベル
系列の名前。 参照のみ。
値 (サイズ)
チャート上に四角形のサイズで表される値の範囲。
値 (色の濃さ)
チャート上に色の濃さで表される値の範囲。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
57
オプション
説明
系列別
[ビュレットチャート] の場合、このオプションを選択すると、複数の値の系列が表示されます。 値オプションのそ
れぞれを使用して、スプレッドシートのセルまたはクエリデータオブジェクトに値をリンクできます。 ボックスの横
のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選択して値を埋め込みスプレッドシート
のセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
系列をチャートに追加するには、追加 (
)、クエリデータを選択して値
)。
) をクリックします。
次に、各系列を選択して、以下のオプションを設定します。
値
オプション
説明
ラベル
系列の名前。 参照のみ。
サブラベル
系列ラベルの下に表示される系列の 2 次ラベル。
パフォーマンス値
実際のパフォーマンスを表す値の範囲。
比較値
ターゲットのパフォーマンスの値の範囲。
目盛の値
パフォーマンスの目盛を定義する値の範囲。たとえば、不可、可、良など。
[円チャート] 上に色によって表される値の範囲を指定します。 スプレッドシートのセルかクエリデータオブジェクト
に値をリンクできます。 ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選
択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
)、クエリデータを選択して値をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
)。
次のいずれかのオプションを選択します。
ラベル
●
データ系列がワークシートの列に基づく場合は、[列内のデータ] を選択します。
●
データ系列がワークシートの行に基づく場合は、[行内のデータ] を選択します。
[円チャート] のキーの各色の横に表示されるラベルを指定します。 スプレッドシートのセルかクエリデータオブジ
ェクトに値をリンクできます。 ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシート
を選択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示され
)、クエリデータを選択して値をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
ます
)。
ヘッダラベル
チャート内の各系列の横に表示されるラベルを指定します。 スプレッドシートのセルかクエリデータオブジェクト
に値をリンクできます。 ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選
択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
)、クエリデータを選択して値をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
)。
58
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
データソースへのコンポーネントのバインド [38 ページ]
コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク [186 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
チャート挿入プロパティ [59 ページ]
チャート表示プロパティ [69 ページ]
4.2.2.2
チャート挿入プロパティ
下の表は、系列が含まれているチャートの [挿入] ビュー上にあるプロパティを設定するためのガイドとして使用してください。
オプションの中には、特定のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
表 6:
オプション
説明
データ挿入を有効にする
チャートのセレクタとしての動作およびチャートのセルへのデータ挿入を許可します。 このオプション
は、系列が含まれているチャートにのみ使用できます。 系列の設定の詳細については、チャート一般
プロパティ [55 ページ]を参照してください。
系列名の出力先
現在選択されている系列名が挿入される埋め込みスプレッドシート内のセル。 このオプションは、挿
入されるデータの系列を識別するために使用します。
挿入タイプ
このリストでは、選択時に埋め込みスプレッドシートに挿入されるデータの構造を決定します。 詳細に
ついては、チャートを設定してドリルダウンする [60 ページ]を参照してください。
系列
チャートに含まれている系列ごとに系列を選択し、挿入される [ソースデータ] や [出力先] などの、適
用可能なバインドを設定します。
円チャートの場合、[系列] リストは使用できません。 [ソースデータ] および [出力先] の値セットは 1
つのみ定義する必要があります。
[バブルプロット]、[散布図]、および [ツリーマップ] コンポーネントを使用して [値] を挿入する場合
は、[値セット] オプションで、挿入に使用する値セットを選択できます。
出力先の値それぞれを、スプレッドシートのセルかクエリプロンプトにリンクできます。 ボックスの横の
バインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選択して値を埋め込みスプレッド
シートのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
)、クエリデ
ータを選択して値をクエリ結果にバインドします (バインドボタンにクエリが表示されます
対話操作オプション
)。
コンポーネントでの選択方法を指定します。 [マウスクリック] と [マウスオーバー] のどちらかを選択
します。
デフォルトの選択
モデルのロード時にデフォルトで選択されるアイテムまたは系列を指定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
59
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
挿入タイプの理解 [103 ページ]
チャート一般プロパティ [55 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
チャート表示プロパティ [69 ページ]
4.2.2.2.1
ドリルダウン動作の設定
チャートの挿入機能により、チャートをセレクタのように動作させることができます。つまり、チャートの一部をクリックすると、埋
め込みスプレッドシート内のセルまたはクエリプロンプトにデータが書き込まれます。そのデータは、より詳細な情報を表示し
てデータにドリルダウンできるようにするために、別のコンポーネントで使用できます。
たとえば、年間売上を表示する [円チャート] に対して、指定した出力先セルに月間売上合計を挿入するように設定できます。
この設定により、[円チャート] の一部をクリックするたびに、[棒チャート] でこのデータを使用して月間売上合計を表示できま
す。
ヒント
ドリルダウン動作を伴うモデルの例を表示するには、
ファイル
サンプル
をクリックして、サンプルファイル [チャート -
ドリルダウン] を開きます。
関連情報
チャート挿入プロパティ [59 ページ]
4.2.2.2.1.1 チャートを設定してドリルダウンする
このタスクを実行する前に、チャートを設定してそのチャートをデータソースにバインドします。より詳細なドリルダウン情報は、
スプレッドシートまたはクエリ内でも使用可能である必要があります。
注記
[面チャート]、[積み上げ面チャート]、[水平ビュレットチャート]、[垂直ビュレットチャート]、[スパークラインチャート]、[レー
ダーチャート]、および [塗りつぶしレーダーチャート] コンポーネントには挿入オプションがないため、この方法でドリルダウ
ンを設定することはできません。
1. ドリルダウンに使用するチャートを選択して、[プロパティ]パネルを開きます。
2. [挿入] ビューで、[データ挿入を有効にする] を選択します。
60
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
[データ挿入を有効にする] チェックボックスを使用できない場合は、チャートがデータソースにバインドされていること
を確認してください。
3. チャートに系列が含まれる場合、[系列名の出力先] ボックスで、セルセレクタ (
) をクリックして、系列名を挿入するス
プレッドシート内のセルを選択できます。
4. [挿入タイプ] リストで、以下のオプションのいずれかを選択して、選択時に挿入されるデータの種類を指定します。
オプション
説明
位置
ユーザが値を選択すると、その値の系列内の位置が、ターゲット
のセルに入力されます。
たとえば、3 つの値を持つ [棒チャート] の場合、ユーザが最初
の棒を選択すると、出力先のセルまたはクエリプロンプトに 1 が
入力されます。ユーザが真ん中の棒を選択すると 2 が入力さ
れ、最後の棒を選択すると 3 が入力されます。
スプレッドシートの挿入の場合、この挿入タイプには単一の [出
力先] セルを選択する必要があります。
値
ユーザが値を選択すると、その値が出力先のセルまたはクエリプ
ロンプトに入力されます。
スプレッドシートの挿入の場合、この挿入タイプには単一の [出
力先] セルを選択する必要があります。
[バブルプロット]、[OHLC チャート]、[散布図]、[ローソク足チャ
ート]、および [ツリーマップ] コンポーネントには各データ要素に
複数の値が対応するため、挿入する値セットを指定する必要が
あります。たとえば、[ツリーマップ] の場合、サイズまたは色の濃
さの値を使用することができます。
行
選択すると、対応するソースデータ値の行が出力先の行または
クエリプロンプトに入力されます。
たとえば、4 つの値を持つ [円チャート] の場合、ソースデータの
4 行を指定します。ユーザが、円チャートの最初のスライスを選
択すると、ソースデータの 1 行目が出力先に挿入されます。次
に、ユーザが 2 番目のスライスを選択した場合、ソースデータの
2 行目が挿入され、以前のデータを上書きします。
スプレッドシートの挿入の場合、この挿入タイプでは、[ソースデ
ータ] の複数行と、同じ列数を持つ 1 つの [出力先] 行を選択す
る必要があります。
クエリプロンプトの挿入の場合、クエリプロンプトに 1 つのパラメ
ータを挿入するのに、ソースデータの単一の列を選択し、毎回ユ
ーザが選択を行います。[リスト内] または [リスト外] 演算子を使
用するクエリプロンプトにデータを挿入する場合、一度にソースデ
ータの複数の列を選択して複数のパラメータに挿入できます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
61
オプション
説明
列
選択すると、対応するソースデータ値の列が出力先列またはクエ
リプロンプトに入力されます。
この挿入タイプは、[行] の挿入と似ています。[ソースデータ] の
複数の列と、同じ行数を持つ 1 つの [出力先] 列を選択する必要
があります。
Status List(ステータス一覧)*
選択すると、この選択を表す範囲のセルに値 1 が入力され、ター
ゲット範囲のその他のセルに値 0 が入力されます。
たとえば、6 つの値を持つ [OHLC チャート] の場合、[出力先] と
して 1 行または 1 列に 6 つのセルを指定します。ユーザがチャー
トで 2 つ目のデータ要素を選択すると、出力先行または列の 2
番目のセルに 1 が挿入され、残りの 5 つのセルに 0 が挿入され
ます。
スプレッドシートの挿入の場合、チャートの各データ要素に対し
て、1 つのセルを持つ [出力先] 行または列を選択する必要があ
ります。
パーセンテージ
選択すると、パーセンテージが出力先のセルまたはクエリプロン
プトに入力されます。
たとえば、[マリメッコチャート] の場合、ユーザが列のセグメントを
選択すると、合計列の該当セグメントのパーセンテージが出力先
に挿入されます。
ヒント
[列] および [行] の挿入は、ドリルダウン効果を作成するのによく使用されます。
5. [円チャート] を設定しない限り、[系列] リストでは設定する系列を選択します。
6. [挿入タイプ] が [行] または [列] に設定されている場合は、[ソースデータ] の横にあるセルセレクタ (
次に、ソースデ
ータが含まれているスプレッドシート内のセルを選択します。
注記
[挿入タイプ]が[値]、[位置]、または[ステータス一覧]に設定されている場合、ソースデータはチャートでの選択に基
づいて決定されます。
7. [バブルプロット]、[散布図]、[ローソク足チャート]、[OHLC チャート]、および [ツリーマップ] コンポーネントで、[挿入タイ
プ] を [値] に設定している場合は、[値セット] リストで、挿入する値を選択します。
8. [出力先] ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、[スプレッドシート] を選択して値を埋め込み
スプレッドシートのセルにバインドするか、[クエリデータ] を選択して値をクエリプロンプトにバインドします。
9. 適切なスプレッドシート範囲またはクエリプロンプトを選択して、バインドを完了します。
10. [対話操作オプション] の [対話操作] リストで、[マウスクリック](ユーザがチャートをクリックしたときにデータを挿入する
場合)、または [マウスオーバー](ユーザが選択したチャートにマウスポインタを移動したときにデータを挿入する場合)を
選択します。
11. [デフォルトの選択] の [系列] リストで系列を選択し、[アイテム] リストでモデルのロード時にデフォルトで選択されるアイ
テムを選択します。
62
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
選択時にデータが出力先範囲に挿入されるようにチャートが設定されます。モデル内の他のコンポーネントが出力先範囲の
データを使用できるようになります。
関連情報
データソースへのコンポーネントのバインド [38 ページ]
チャート コンポーネントの使用 [47 ページ]
チャート挿入プロパティ [59 ページ]
4.2.2.3
チャート動作プロパティ
下の表は、チャートの [動作] ビューでプロパティを設定するためのガイドとして使用してください。オプションの中には、特定の
チャートタイプにしか使用できないものがあることに注意してください。
表 7:
オプション
説明
[共通] タブ
空のセルを無視
データの末尾にある空のセルをチャートに表示するのか、無視するのかを指定します。
以下のいずれかのオプションを設定します。
●
系列内: 範囲内の最後の空でない系列の後ろにある空の系列がチャートに表示されなくなりま
す。
●
値内: 系列内の最後の空でない値の後ろにある空の値がチャートに表示されなくなります。
このオプションの使用の詳細については、可変量データの操作 [68 ページ]を参照してください。
標準範囲の領域
[スパークラインチャート] の場合、このオプションを選択すると、スパークラインの背景色の領域が特
定のデータの標準値の範囲を示すように設定できます。
自動
このオプションを選択すると、標準範囲の領域がデータの分散に基づいて設定されます。
手動
このオプションを選択すると、標準範囲の領域が特定の低い値および高い値に基づいて設定されま
す。低い値および高い値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、これらの値のソースデータ
の場所を選択します。
実行時ツールを有効にする
ユーザが実行時にチャートの目盛を調整できるようにするかどうかを指定します。このオプションを選
択した場合、モデルを実行すると、実行時ツールセットが使用可能になり、ユーザがチャートの目盛を
調整できるようになります。実行時ツールセットの中から使用可能にするツールを選択することもでき
ます。このオプションの使用の詳細については、ユーザーによるチャートの目盛の調整 [77 ページ]
を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
63
オプション
説明
範囲スライダを有効にする
範囲スライダを追加して、ユーザがチャート全体を同時に表示するのではなく、特定のデータセットに
焦点を絞り込めるようにします。範囲スライダのいずれかの側にあるコントロールハンドルを調整する
ことで、範囲のサイズをユーザが変更できます。このオプションの使用の詳細については、チャートへ
の範囲スライダの追加 [67 ページ]を参照してください。
並び替えを有効にする
特定のデータ系列またはチャートラベルに従ってチャート値を並べ替えられます。
次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
データ別
データ値に従って並べ替えられます。
チャートに複数の系列が含まれる場合は、[系列] リストで、並べ替える系
列を選択します。[順序] リストで、[昇順] または [降順] を選択します。
カテゴリラベル別
カテゴリ軸ラベルに従って並べ替えられます。
ラベルは昇順で英数字順に並べ替えられます。降順に並び替えるには、
[逆順]チェックボックスを選択します。
Dynamic Visibility(動的ディスプ
レイ)*
このオプションを使用して、チャートが実行中に表示されるタイミングを制御する条件を指定します。動
的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]を参照
してください。
[目盛] タブ
拡大縮小
これらのオプションを使用して、チャートでの目盛の表示方法を指定します。詳細については、目盛の
設定 [65 ページ]を参照してください。
チャートに表示する線分の本数を設定します。詳細については、目盛の設定 [65 ページ]を参照し
部門
てください。
[アニメーションと効果] タブ
データアニメーションを有効にする
データアニメーションを有効にすると、チャートコンポーネントに動きが追加されます。たとえば、[棒チ
ャート] の場合は、データの変更に従って棒のサイズが徐々に拡大または縮小します。点ベースのチ
ャートの場合は、データの変更に従って点が新しい位置までスライドします。有効にしない場合、デー
タが変わると、値マーカーが新しい位置までジャンプします。
表示効果
モデルを開いたとき、またはチャートの動的ディスプレイがトリガされたときに、キャンバス上でチャート
をどのように表示するかを選択します。表示効果の [タイプ] を選択したり、表示効果の [期間] を指定
することができます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
チャート一般プロパティ [55 ページ]
チャート挿入プロパティ [59 ページ]
チャート表示プロパティ [69 ページ]
64
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
4.2.2.3.1
目盛の設定
目盛は、チャートにおけるデータの表示方法と、データ値の変更に伴うチャート軸の調整方法を制御します。
注記
目盛は、[円チャート]、[ツリーマップ]、または [スパークラインチャート] コンポーネントには適用されません。
データに基づき、チャート目盛が自動調整されるようにすることができます。ただし、データが示す内容によっては、目盛を手
動で操作するほうが適切な場合があります。手動目盛を設定した場合、目盛がデータに合わせて変更されず、チャートの範
囲を超過したデータ値はチャートに表示されません。たとえば、データが特定の数量のパーセンテージとして示される場合、
120% が含まれるのは適切ではありません。
また、目盛の形式として、加算に基づく線形と乗算に基づく対数のどちらかを指定することができます。通常、数値範囲が大き
い場合や、データに多様な値が含まれる場合には、対数目盛が適しています。
注記
ユーザがランタイム中に目盛を調整できるようにするには、
動作
一般
タブから実行時ツールを有効にします。
関連情報
ユーザーによるチャートの目盛の調整 [77 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
4.2.2.3.1.1 チャートの目盛を設定する
これらの手順は、チャートをキャンバス上に配置し、埋め込みスプレッドシート内のセルにリンクした後で実行してください。
1. チャートを選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで、
動作
目盛
をクリックします。
3. [ビュレットチャート] を設定し、系列ごとに異なる目盛を設定するには、[系列別目盛の設定] オプションを選択します。次
に、設定する系列をリストから選択します。
このオプションは、単一目盛内で厳密に比較できないメトリクスを表示する必要がある場合、および系列で異なる目盛単
位 (パーセント、カウント、ドルなど) が使用されている場合に使用します。
4. [目盛] で、以下のオプションのいずれかを選択します。
○ 手動軸
このオプションを選択すると、データ値に合わせて変更されない、固定の目盛制限が設定されます。データ値が特定
の目盛範囲を超えた場合、範囲外の値はマーカーに表示されません。マーカーの上にマウスを置くと、ツールヒント
に値が表示されます。このオプションを選択した場合は、各目盛軸について [最大制限] と [最小制限] を設定しま
す。
○ 自動軸
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
65
このオプションを選択すると、データ値に合わせて目盛制限を変更できるようになります。以下のオプションを設定し
てください。
表 8:
オプション
説明
縮小のみ許可
このオプションは、データ値が増加した場合には目盛を拡大しても、データ値が減少した場合に
は目盛を縮小しない場合に選択します。このオプションにより、チャートの再拡大/縮小が必要と
なる回数を最小限に抑えることができ、チャートがアニメーションに含まれる場合にパフォーマン
スへの影響を軽減するために役立ちます。
ズームの感度
[縮小のみ許可] が選択されている場合は、ズームの感度を調整します。このスライダでは、チャ
ート値の増加によってどの程度軸目盛が増加するかを決定します。
5. 各チャート目盛の[軸目盛]リストから、以下のオプションのいずれかを選択します。
オプショ 説明
ン
線形
各目盛マーカーに設定された値 (1、2、3、4 など) で、線形目盛が増加します。これは、もっとも一般的に使用される目盛で
あり、データ値の範囲が狭い場合に適しています。
対数
対数目盛が倍数で増加します。この目盛は、データ値の範囲が広範である場合や、範囲内の一部のデータ値が他の値より
もかなり大きい場合に便利です。たとえば、10、100、および 60,000 のような値が含まれるチャートは、線形目盛にはうまく
適合しません。小さい値が失われてしまいます。対数目盛では、大きな桁数の場合の構造化された関係を表示することがで
きます。
6. 軸ラベルの幅をロックして、目盛が変わっても軸ラベルの幅がサイズ変更されないようにするには、[ラベルの固定サイ
ズ] を選択します。
[ラベルの固定サイズ] を選択した場合、軸ラベルは短縮される場合があります。たとえば、12,000 ではなく 12K と表示
されます。
7. [ラベルの固定サイズ] が選択されていて、ラベルの省略形 (1000 を表す K や 100 万を表す M など) に表示される文
字列を定義する場合、[ラベルの省略形] の横にある [手動編集] (
) をクリックします。
8. [手動軸] オプションが選択されている場合、[仕切] で、以下のオプションのいずれかを選択します。
○ 仕切数
軸に表示する目盛マーカーの数を設定します。マーカーの値は、目盛の範囲に基づいて決定されます。目盛が変わ
ると、マーカーの値が調整され、同じ数のマーカーが更新されます。
○ 仕切のサイズ
各マーカーを区切る特定の値に基づいてマーカーの値を設定します。マーカーの値は、この量を前のマーカーに追
加することにより決定されます。目盛が変わると、マーカーの数が変わる場合がありますが、マーカーの値は変わり
ません。
注記
複数のチャート軸に対して 1 つの目盛が定義されている場合は、仕切設定がすべてのチャート軸に適用されます。軸
ごとに異なる目盛を設定することはできません。
9. [補助仕切] リストから、チャートマーカー間に表示するグリッドラインの数を選択します。
66
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
表示
軸
タブ上のグリッドラインのセットを非表示にするには、[主グリッドラインを表示] または [補助グリッドラ
インを表示] をオフにします。
関連情報
ユーザーによるチャートの目盛の調整 [77 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
チャート表示プロパティ [69 ページ]
4.2.2.3.2
チャートへの範囲スライダの追加
範囲スライダをチャートに追加する際に、チャート表示の小型版がチャートの下または横に表示されます。小型チャートのスラ
イダを使用することにより、ユーザが、メインチャート内に表示するデータ部分を選択することができるようになります。
注記
[棒チャート] や [積み上げ棒チャート] の場合、範囲スライダがチャートの左側に表示されます。
範囲スライダを設定する際に、開始および終了範囲値を設定することで、範囲スライダの初期サイズおよび場所を指定するこ
とができます。デフォルトではこれらの値が最小値と最大値に設定されているので、チャート全体が表示されます。特定のデ
ータ部分に値を設定したり、カテゴリ軸ラベルがチャートに定義されている場合、特定のカテゴリラベルに値を設定することが
できます。モデル内のセレクタコンポーネントなど、別のソースによって設定された埋め込みスプレッドシート内のセルに範囲
値をバインドすることもできます。
注記
開始範囲値は最終範囲値よりも小さいことが必要です。それ以外の場合は、範囲スライダにチャート全体が表示されま
す。
メインチャートに表示されているデータを変更するには、ユーザが小型チャートにある範囲スライダをドラッグします。また、コ
ントロールハンドルを範囲スライダのどちらかの側にドラッグして、メインチャートのデータの表示範囲を広げることもできま
す。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
67
関連情報
チャート コンポーネントの使用 [47 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
4.2.2.3.2.1 範囲スライダを設定する
1. チャートを選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで、
動作
一般 を選択します。
3. [範囲スライダを有効にする] チェックボックスを選択します。
範囲スライダは、チャートの下または横に表示されます。スライダの色はモデルの色テーマによって決まります。
4. [開始範囲値] リストから、次のオプションのいずれかを選択します。
○ 位置: チャート内のデータ位置を指定します。たとえば、30 個の点がチャート内にプロットされている場合に [位置]
の値を 2 に設定すると、範囲の開始は 2 番目のデータ要素に設定されます。
○ カテゴリラベル: カテゴリ軸ラベルを指定します。たとえば、カテゴリ軸ラベルが日にちに設定されている場合、3 月を
開始範囲値として指定できます。
注記
このオプションは、カテゴリ軸ラベルが定義されている場合にのみ使用できます。
5. [開始範囲値] ボックスで、値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして埋め込みスプレッドシート内のセルを選択
します。
注記
別のコンポーネントによって設定された値を持つには、空白のセルを選択して、そのセルに値を入力するように別のコ
ンポーネントを設定します。
6. 手順 4 と 5 を繰り返して、[終了範囲値] を設定します。
7. [範囲のラベル] ボックスの横で、次のいずれかを実行します。
○ セルセレクタ (
○ 手動入力 (
) をクリックし、スプレッドシートのセルを選択します。
) をクリックして、ラベルの名前を入力します。
範囲ラベルが小型チャート全体に配布されます。ラベルの配置は、データ要素数と合計ラベル数によって変化します。た
とえば、チャートに 36 個のデータ要素がプロットされていて、4 個のラベルが存在する場合、範囲ラベルは 8 データ要素
ごとに表示されます。
4.2.2.3.3
可変量データの操作
チャートで使用できるデータの量が変化する可能性がある場合は、使用できる値のみを表示し、範囲の最後にある空白セル
は無視するように、チャートを設定できます。
68
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
たとえば、1 か月分の毎日のデータを入力しており、1 か月の日数が 31 の場合は、31 日分のそれぞれのデータをチャートに
含める必要があります。日数が 30 の月であれば、31 日に当たる空の値を表示する必要はありません。31 日分を含むように
範囲を設定する必要はありますが、最後のセルが空の場合は、そのセルをチャートに表示する必要はありません。
注記
データ範囲に含まれるデータがすべてチャートに表示されなくても、範囲のサイズはモデルのパフォーマンスに影響しま
す。
4.2.2.3.3.1 可変量データを扱うチャートを設定する
1. チャートを選択して[プロパティ]パネルを開きます。
2. [動作]ビューをクリックします。
3. [一般]タブで、[空のセルを無視]を選択します。
4. 範囲内にある最後の空でない系列よりも後にある空の系列をチャートに表示しないようにするには、[系列内]を選択しま
す。
5. 系列内にある最後の空でない値よりも後にある空の値をチャートに表示しないようにするには、[値内] を選択します。
4.2.2.4
チャート表示プロパティ
[レイアウト]タブ
下の表を、チャートコンポーネントの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定
のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
69
表 9:
オプション
説明
チャートの背景を表示
このオプションを選択すると、チャートの背景が塗りつぶされます。選択しない場合、チャートは透明にな
ります。背景を追加する場合は、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
余白
背景の端からデータ領域までの間に設定する余白を選択します。
4 つの余白設定を個別に調整する場合は、[すべての面の同じ余白] チェ
ックボックスをオフにします。
左右の間隔
[スパークラインチャート] の場合、系列ラベルとプロット領域の間の余白を
設定します。
上下の間隔
[スパークラインチャート] の場合、データの各系列間の余白を設定しま
す。
ヒント
[色]タブで、チャート背景の色を設定することができます。
プロット領域
タイトル領域
凡例を有効にする
プロット領域(チャート軸によって境界された領域)の場合、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
塗りつぶしを表示
プロット領域に背景が適用されます。
境界線を表示
プロット領域の周りに境界線が適用されます。
境界線の太さ
[境界線を表示]が選択されている場合、境界線の太さを選択します。
タイトルの背後の領域について、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
塗りつぶしを表示
タイトル領域に背景が適用されます。
境界線を表示
タイトル領域に境界線が適用されます。
境界線の太さ
[境界線を表示]が選択されている場合、境界線の太さ
を選択します。
このオプションを選択すると、チャートの凡例が表示されます。チャートの設定の詳細については、チャ
ートへの凡例の追加 [75 ページ]を参照してください。
[系列] タブ
下の表を、チャートコンポーネントの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定
のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
70
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
表 10:
オプション
説明
系列
チャートに対して定義された系列が表示されます。
注記
[一般]ビューで、チャートに対して[系列別]オプションが選択または設定されていない場合、この列は
空になります。
[タイプ] 列
この系列に使用するマーカーのタイプを選択します。
●
列
●
線
[スライス] セクション
各データ要素を選択して、色を指定します。これにより、円チャート内のくさび形の色が設定されます。
[形状] 列
系列データ要素に表示するマーカーシンボルとして、以下のいずれかを選択します。
●
円
●
ダイアモンド形
●
星印
●
三角形
●
X
[線] 列
データ要素を接続する線の色を選択します。
[塗りつぶし] 列
各系列を表す色を選択します。
[パフォーマンスの色] 列
実際のパフォーマンス値を表す色を選択します。
[比較マーカーの色] 列
ターゲットデータ値を表す色を選択します。
[上目盛の色] 列
高い値のマーカーの色を表す色を選択します。
[下目盛の色] 列
低い値のマーカーの色を表す色を選択します。
[高い値の色] 列
高い値の色を表す色を選択します。
[低い値の色] 列
低い値の色を表す色を選択します。
線の太さ
系列を選択し、データ要素を接続する線の太さを設定します。
注記
[縦棒および折れ線チャート] の場合、このオプションを使用できるのは、選択した系列の [タイプ] 列で
[線] が選択されている場合のみです。
マーカーを有効にする
このオプションを選択すると、折れ線グラフにデータ要素マーカーが表示されます。
系列マーカーを有効にする
このオプションを選択すると、折れ線グラフにデータ要素マーカーが表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
71
オプション
説明
マーカーのサイズ
データ要素マーカーのサイズを指定します。
注記
[縦棒および折れ線チャート] の場合は、[列の設定] と [線の設定] の両方に対してマーカーサイズを
設定できます。
マーカーのギャップ
各系列のマーカー間の余白を指定します。
マーカーのオーバーラップ
各系列の棒または縦棒を別の系列の棒または縦棒とどの程度重ね合わせるのかを指定します。100 に
設定すると、これらの系列が同じ棒スペースまたは縦棒スペースに 1 つの棒または縦棒として表示されま
す。別の系列であることを示すために、2 つ目の系列は異なる色で表示されます。
透明度
チャートまたはチャートマーカーの背後のオブジェクトの可視性を設定します。
注記
[縦棒および折れ線チャート] の場合は、[列の設定] と [線の設定] の両方に対して透明度を設定しま
す。
パフォーマンスのマーカーサイ 実際のパフォーマンス値を示すマーカーのサイズを指定します。
ズ
比較のマーカーのサイズ
ターゲットの値を示すマーカーのサイズを指定します。
線を表示
異なる系列値が表示されるセクション間で線を表示するかどうかを指定します。このオプションを選択した
場合は、線の太さを指定します。
正の色
正の値の色を指定します。
負の色
負の値の色を指定します。
棒チャートのサイズ
チャート内の棒の幅を指定します。
[軸]タブ
下の表を、チャートコンポーネントの軸の [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、
特定のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
表 11:
オプション
説明
垂直軸を有効にする
このオプションを選択すると、垂直軸に沿って線が追加されます。このオプションを選択した場合、線の太さ
と色、および主値および補助値を示す目盛を表示するかどうかを指定することができます。
水平軸を有効にする
このオプションを選択すると、水平軸に沿って線が追加されます。このオプションを選択した場合、線の太さ
と色、および主値または補助値を示す目盛を表示するかどうかを指定することができます。
72
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
水平グリッドライン
水平軸のグリッドラインを表示するかどうかを選択します。[主グリッドラインを表示] および [補助グリッドラ
インを表示] を選択して、線の色と太さを指定することができます。
垂直グリッドライン
垂直軸のグリッドラインを表示するかどうかを選択します。[主グリッドラインを表示] および [補助グリッドラ
インを表示] を選択して、線の色と太さを指定することができます。
[テキスト]タブ
下の表を、チャートコンポーネントのテキストの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。[表示]列で、チャ
ートに表示する各テキストアイテムのチェックボックスを選択します。次に、テキストアイテムを選択して、テキスト表示の書式
を設定します。テキストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照してくだ
さい。
オプションの中には、特定のチャートタイプにしか使用できないものがあります。
表 12:
オプション
説明
チャートのタイトル
チャートのメインタイトルが表示されます。
サブタイトル
チャートの補足的なタイトルが表示されます。
ヘッダラベル
チャート内の列の上にラベルが表示されます。
系列のラベル
各データ系列の名前が表示されます。
系列のサブラベル
各データセットの系列ラベルの横に補足的なラベルが表示されます。
開始値
データセットの最初の値がプロット領域の右側に表示されます。
低い値
データセットの最低値がプロット領域の右側に表示されます。
高い値
データセットの最高値がプロット領域の右側に表示されます。
終了値
データセットの最後の値がプロット領域の右側に表示されます。
垂直軸のタイトル
タイトルが垂直軸に沿って表示されます。
水平軸のタイトル
タイトルが水平軸に沿って表示されます。
垂直軸のラベル
値ラベルが垂直軸に沿って表示されます。
水平軸のラベル
値ラベルが水平軸に沿って表示されます。
垂直 (値) 軸タイトル
値の目盛のタイトルが垂直軸に沿って表示されます。
垂直 (値) 軸ラベル
値のラベルが垂直軸に沿って表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
73
オプション
説明
水平 (値) 軸タイトル
値の目盛のタイトルが水平軸に沿って表示されます。
水平 (値) 軸ラベル
値のラベルが水平軸に沿って表示されます。
垂直 (カテゴリ) 軸タイトル
カテゴリのタイトルが垂直軸に沿って表示されます。
垂直 (カテゴリ) 軸ラベル
カテゴリのラベルが垂直軸に沿って表示されます。
水平 (カテゴリ) 軸タイトル
カテゴリのタイトルが水平軸に沿って表示されます。
水平 (カテゴリ) 軸ラベル
カテゴリのラベルが水平軸に沿って表示されます。
マウスオーバー時の値
ユーザがマウスポインタをデータマーカー上に移動すると値が表示されます。
マウスオーバー時のラベル
ユーザがマウスポインタをツリーマップ上の領域に移動すると、ラベルが表示されます。
凡例
チャート内の記号およびマーカーを定義する凡例が表示されます。凡例の使用の詳細については、
チャートへの凡例の追加 [75 ページ]を参照してください。
データラベル
チャートマーカー上またはその周りにデータラベルが表示されます。チャートに複数の系列が含まれ
る場合、系列ごとにデータラベルを表示するかどうかを指定することができます。データラベルの使用
の詳細については、チャート上のデータラベルの表示 [76 ページ]を参照してください。
範囲のラベル
[動作] ビューで範囲スライダが有効になっている場合、このオプションによって範囲スライダのラベル
が表示されます。範囲スライダの使用の詳細については、チャートへの範囲スライダの追加 [67 ペー
ジ]を参照してください。
注記
[範囲のラベル] では、ラベルデータ内の重複する連続的な値は無視されます。たとえば、スプレッ
ドシート内の、データの年の値が入力されているセルにラベルをバインドすると、範囲スライダのラ
ベルには、ある年の最初に出現した値が表示され、同じ年の後続の出現値は無視されます。翌年
の値が表示され、その年の出現値は無視されます。
[色]タブ
下の表を、チャートコンポーネントの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。[色]ダイアログボックスを使
用してコンポーネントの色を設定する方法の詳細については、コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]を参照してくださ
い。
表 13:
オプション
説明
背景色
コンポーネント要素の背景領域の色。
74
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
系列
データを表すマーカーの色。一部のチャートでは、特定の値に対して複数の色を設定することもできま
す。この設定ができるのは、ビュレットチャートの [パフォーマンスの色]、[比較マーカーの色]、[上目盛
の色]、および [下目盛の色]、ツリーマップチャートの [高い値の色] および [低い値の色]、ウォーターフ
ォールチャートの [初期値の色]、[最終値の色]、[正の値の色]、および [負の値の色] などです。
スライス
データを表すマーカーの色。
線の色
スパークラインチャートのデータの各系列を表す線の色。さらに [線の太さ] を設定することもできます。
マーカー
[マーカー] リストで、マーカーの隣のチェックボックスをオンにすると、その時点でスパークリングチャート
にアイコンが表示されます。形状と色はマーカーごとに選択できます。また、すべてのマーカーのサイズ
と透明度を設定できます。
タイトル領域
タイトルの周りの領域の背景色。
対応するオプションが [レイアウト] タブで選択されている場合は、塗りつぶしの色および境界線の色を設
定できます。
プロット領域
データがプロットされる領域の背景色。
対応するオプションが [レイアウト] タブで選択されている場合は、塗りつぶしの色および境界線の色を設
定できます。
凡例領域
凡例の周りの領域の背景色。
対応するオプションが [レイアウト] タブで選択されている場合は、塗りつぶしの色および境界線の色を設
定できます。
軸とグリッドライン
チャートに表示されるチャート軸の線およびグリッドラインの色。
有効化されている場合、水平および垂直の軸とグリッドライン、および主グリッドラインと補助グリッドライ
ンに色を設定できます。
線の色
円チャートのスライス間の線の色。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
チャート一般プロパティ [55 ページ]
チャート挿入プロパティ [59 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
4.2.2.4.1
チャートへの凡例の追加
データの系列を複数表示するチャートでは、凡例を使用してチャートで使用する各種マーカーを定義することができます。凡
例を追加する際、凡例の表示および場所を定義することができます。さらに、ユーザが実行時に特定の系列に関するデータを
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
75
表示したり非表示にしたりできるようにすることも可能です。この機能を使用することによって、ユーザーは、すべてのデータを
一度にチャートに表示するか、チャートを簡略化して一部の系列データのみを表示するかを選択することができます。
4.2.2.4.1.1 凡例を追加する
1. チャートを選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ]パネルで、
表示
レイアウト を選択します。
3. [凡例を有効にする]を選択して、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
位置
チャート内の凡例の位置を指定します。
垂直オフセット
[位置] に [左] または [右] を選択した場合は、この設定を変更して凡例を上下に移動することができます。
水平オフセット
[位置] に [上] または [下] を選択した場合は、この設定を変更して凡例を左右に移動することができます。負の
数値を入力または選択すると、凡例が左方向に移動します。正の数値を入力または選択すると、凡例が右方向
に移動します。
塗りつぶしを表示
凡例の背後を背景色で塗りつぶします。カラーセレクタ (
境界線を表示
凡例の周りに境界線を追加します。カラーセレクタ (
線の太さ] を設定することもできます。
実行時にチャート
の系列の表示/非
表示を有効にする
このオプションを選択すると、ユーザが特定の系列を選択してチャートに表示できるようになります。
対話操作
[実行時にチャートの系列の表示/非表示を有効にする] を選択した場合、以下のユーザ対話機能オプションの
いずれかを選択します。
○ チェックボックス: 凡例の各系列ラベルに対してチェックボックスを追加します。ユーザはチェックボックスをク
リックして、系列の表示/非表示を切り替えます。
○
) をクリックし、背景の色を指定します。
) をクリックし、境界線の色を指定します。さらに [境界
マウスクリック: ユーザは系列名をクリックして、チャート上の系列データの表示/非表示を切り替えます。
関連情報
コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]
4.2.2.4.2
チャート上のデータラベルの表示
データラベルにより、データ値やラベルをデータマーカの周りやデータマーカに直接表示することができるようになります。マー
カ上に重ね合わされているデータラベルを表示するには、まず
表示
テキスト タブに表示されるようにデータラベルをマ
ークします。次に、必要に応じてその位置、コンテンツ、およびラベルセパレータを設定できます。
76
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
4.2.2.4.2.1 データラベルを設定する
1. チャートコンポーネントを選択して、[プロパティ]パネルを開きます。
2.
表示
テキスト をクリックします。
3. [データラベル] の [表示] 列で、チェックボックスを選択します。
チャートに複数の系列がある場合、各系列に対して個別にデータラベルを有効にし、設定することができます。[縦棒およ
び折れ線チャート] の場合は、折れ線マーカーと棒マーカーは別のプロパティを持つため、一部の設定は個別に設定する
必要があります。
4. すべてのデータラベルのデフォルトの形式を設定するには、[データラベル] を選択します。データラベルの形式を各系列
で設定するには、[表示] 列内の矢印をクリックして系列の一覧を展開し、各系列を選択します。
5. [選択したテキストの書式] 領域で、テキスト表示プロパティを設定します。
6. [位置]リストで、データマーカに対してラベルを表示する場所を選択します。
使用できるオプションはチャートの種類によって異なり、[中央]、[内側 (端)]、[外側 (端)]、[最適な位置]、[左]、[右]、
[上]、[下]、[内側 (ベース)]、および [外側 (リーダー線付)] (円チャートのみ) などがあります。
[縦棒および折れ線チャート] チャートに対して、[データラベル] を選択した場合、[位置] リストは使用できません。系列を
個別に選択して、そのデータラベルの位置を設定する必要があります。
7. [オフセット]リストで、値を選択して、X および Y のオフセットを設定することで、ラベルの場所を詳細に調整します。
8. さらに、[ローソク足チャート] および [OHLC チャート] コンポーネント以外のすべてのチャートでは、ラベルに含めるデー
タを指定することもできます。使用できる値はチャートによって異なり、[系列名]、[カテゴリ名]、[値]、[パーセンテージ]、
[X 値]、[Y 値]、[バブルサイズ]、[サイズの値]、[色の濃さ] の値などがあります。
9. また、複数のデータを含むラベルに対して、区切り文字列を選択することもできます。[区切り文字]リストで、値を選択す
るか、[カスタム]を選択して、[カスタム]ボックス内に使用する値を入力します。
4.2.2.5
ユーザーによるチャートの目盛の調整
実行時にユーザによる入力や調整が可能な動的データに基づくチャートを設計する場合は、適正な目盛を設定することが難
しい場合があります。多くのチャートに対して、手動目盛を定義して、実行時に目盛値をユーザが調整できるツールバーを含
めることができます。こうした実行時ツールを使用することにより、ユーザがカスタム目盛を簡単に作成できるようにすることが
できます。
注記
実行時ツールは、[円チャート]、[ツリーマップ]、[スパークライン]、または [水平ビュレットチャート] および [垂直ビュレット
チャート] では使用できません。
実行時ツールが使用可能な場合、実行時ツールボタン (
) がチャートの左上隅で使用可能になります。マウスポインタを
このボタン上に置くと、実行時ツールのメニューが開きます。
選択したオプションに応じて、メニューに以下のボタンが表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
77
ボタン
説明
拡大
拡大のみが許可されるように目盛を設定します。データ値が増加す
ると目盛は拡大しますが、データ値が減少した場合には目盛は縮
小しません。
このオプションは、ユーザが目盛の制限を変えるデータを挿入する
が目盛を毎回リセットしたくない場合や、アニメーションのチャートな
どで便利です。
オフ
拡大/縮小をオフにして、チャートで最小および最大目盛値として最
小および最大データ要素を使用します。データが変更されてもチャ
ートではこの目盛が使用し続けられます。
自動
拡大/縮小動作を自動に設定すると、最小および最大目盛値がす
べてのデータ要素を収容するように自動的に調整されます。
チャートの拡大/縮小が [オフ] に設定されている場合、チャートデ
ータを絞り込むボタンは、現在のデータに基づいてチャートの軸を
強制的に再拡大/縮小します。データが後で変更になっても、チャー
トはその目盛を維持します。
[チャートの目盛をリセット] ボタンをクリックすると、目盛値がモデル
起動時のデフォルト設定に戻ります。
関連情報
チャートに実行時ツールメニューを表示する [78 ページ]
チャート コンポーネントの使用 [47 ページ]
4.2.2.5.1
チャートに実行時ツールメニューを表示する
1. チャートコンポーネントをクリックして [プロパティ] パネルを開きます。
2.
動作
一般 を選択します。
3. [実行時ツールを有効にする] チェックボックスを選択します。
4. どのボタンがツールバーメニューで使用可能であるかをカスタマイズするには、以下のいずれかのオプションを選択しま
す。
78
オプション
説明
フォーカスボタンを表示
チャートデータを絞り込むボタンを表示します。
目盛のリセットボタンを表示
目盛のリセットボタンを表示します。
目盛の動作オプションを表示
[拡大]、[オフ]、および [自動] ボタンを表示します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
すべてのツールオプションの選択を解除した場合、[実行時ツールを有効にする] が選択されていても、モデルでは実
行時ツールボタンは表示されません。
モデルの実行時に、実行時ツールボタンがチャートの右上隅に表示されます。
関連情報
[プロパティ] パネルの使用 [37 ページ]
ユーザーによるチャートの目盛の調整 [77 ページ]
チャート動作プロパティ [63 ページ]
4.2.3 コンテナ コンポーネントの使用
コンテナコンポーネントには、他のコンポーネントがグループ化およびフレーム化されて表示されます。コンテナコンポーネント
を相互にネストして、マルチレイヤモデルを作成できます。モデルのパフォーマンスを最適化するには、1 つのネストのレイヤ
のみを使用します。つまり、1 つのコンテナ要素に別のコンテナ要素を配置しないようにします。
注記
コンテナコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
キャンバスコンテナ
[キャンバスコンテナ] はメインキャンバス内の小さなキャンバスとして動作し、1 つ以上のコンポーネントを保持できます。[キャ
ンバスコンテナ] 内のコンポーネントは、モデルキャンバスのコンポーネントと同じ方法で、移動、追加、変更、削除できます。
[キャンバスコンテナ] には、背景、境界線、見出しバーなどのアートはありません。設計モードで、設計者が作業できるように
コンテナは表示されますが、モデルの実行時に、コンテナは非表示になるので、コンテナ内のコンポーネントは自由に動くもの
として表示されます。キャンバスコンテナ内のコンポーネントがコンテナの境界を超える場合、スクロールバーが追加されま
す。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
79
パネルコンテナ
[パネルコンテナ] はメインキャンバス内の小さなキャンバスとして動作し、1 つ以上のコンポーネントを保持できます。[パネル
コンテナ] 内のコンポーネントは、移動、追加、変更、削除できます。
パネルコンテナに含まれるコンポーネントのリストを [オブジェクトブラウザ] パネルで表示するには、パネルコンテナ名の横に
ある展開 (
) をクリックします。
注記
[パネルコンテナ 2] は、[パネルコンテナ] と同じように機能し、外観のみが異なります。
タブセット
[タブセット] はメインキャンバス内の小さなキャンバスとして動作し、複数のタブビューを含みます。それぞれのビューに 1 つ以
上のコンポーネントを含めることができ、それを別のデータセットとリンクさせることができます。ビューのコンテンツを表示する
には、それに対応しているタブをクリックします。
[タブセット] を構成する際は、コンポーネントを選択してから、タブの行の上にある + アイコンまたは - アイコンをクリックする
と、タブビューの数を増減できます。モデルの実行時には、+ および - アイコンは表示されません。
注記
コンテナを削除するか、[タブセット] からタブを削除すると、コンテナ内またはタブ内のすべてのコンポーネントも削除されま
す。子コンポーネントを保持するには、子コンポーネントをキャンバスの別の場所に移動します。
[タブセット] を使用したモデルの例を表示するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[Tab Set] というサンプルフ
ァイルを開いてください。
注記
[タブセット] を含むモデルを iPad で表示すると、スクロールバーのカスタムカラーの設定は無視されます。
80
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.3.1
コンテナ一般プロパティ
下の表を、コンテナの [一般] タブにおけるコンテナコンポーネントプロパティを設定するためのガイドとして使用します。
注記
[一般] タブは、[パネルコンテナ] および [タブセット] コンポーネントのみで使用できます。
注記
[タブセット] のオプションを設定する場合、タブのうち 1 つを選択します。特定のタブのキャンバスのオプションを設定する
には、タブを選択してから、キャンバス領域をクリックします。
表 14:
オプション
説明
タブの配置
[タブセット] の場合、このオプションは、コンポーネントの上部にあるタブをキャンバスの右、中央、または左のいず
れに配置するかを指定します。
ラベル
[タブセット] キャンバスの場合、タブのラベルを入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッド
シート内のセルにラベルをリンクさせます。
タイトル
[パネルコンテナ] の場合、コンポーネントのタイトルを入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプ
レッドシート内のセルにタイトルをリンクさせます。
注記
[表示]タブで、タイトルの書式を設定することができます。
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位であり、セル
にバインドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更新されます。
関連情報
コンテナ動作プロパティ [82 ページ]
コンテナ表示プロパティ [83 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
81
4.2.3.2
コンテナ動作プロパティ
下の表を、コンテナの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定のコンテナコン
ポーネントにしか使用できないものがあります。
表 15:
オプション
説明
[共通]タブ
選択アイテム
[タブセット] の [アイテム (位置別)] リストで、モデルのロード時にデフォルトで開かれるタブを選択します。
このリストでは、タブの位置に基づく数値によってタブが識別されます。したがって、アイテム 1 は左側の最
初のタブに対応し、アイテム 2 は 2 番目のタブに対応するという法則性があります。
この設定は、スプレッドシート内のセルにバインドすることもできます。
選択を変更するにはラベルを このオプションは、ダッシュボードのユーザが [チェックボックス] のタイトルをクリックして、コンポーネントの
クリックします
選択を変更することを許可する場合に選択します。
注記
新しい [チェックボックス] をキャンバスに追加すると、このオプションがデフォルトで有効になります。た
だし、古いバージョンの Dashboards で作成された [チェックボックス] を含むダッシュボードをインポー
トするときには、このオプションは無効になっています。
水平スクロールバー
水平スクロールバーがキャンバス上で使用可能になるタイミングを指定します。スクロールバーを常に表示
するには [オン]、スクロールバーを無効にするには [オフ]、キャンバスの内容がキャンバスの幅を超過した
場合のみ表示するには [自動] をそれぞれ選択します。
垂直スクロールバー
垂直スクロールバーがキャンバス上で使用可能になるタイミングを指定します。スクロールバーを常に表示
するには [オン]、スクロールバーを無効にするには [オフ]、キャンバスの内容がキャンバスの高さを超過し
た場合のみ表示するには [自動] をそれぞれ選択します。
Dynamic Visibility(動的ディ
スプレイ)*
このオプションを使用して、コンテナがモデルに表示されるタイミングを制御する条件を指定します。動的デ
ィスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してくださ
い。
注記
動的ディスプレイは、[タブセット] の個別のキャンバスに対しては設定できません。
[アニメーションと効果] タブ
表示効果
モデルを開いたとき、またはコンテナの動的ディスプレイがトリガされたときに、キャンバス上でコンテナをど
のように表示するかを選択します。表示効果の [タイプ] を選択したり、表示効果の [期間] を指定すること
ができます。
注記
表示効果は、[タブセット] の個別のキャンバスに対しては設定できません。
82
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
コンテナ一般プロパティ [81 ページ]
コンテナ表示プロパティ [83 ページ]
4.2.3.3
コンテナ表示プロパティ
下の表を、コンテナの[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定のコンテナタイプ
にしか使用できないものがあります。
表 16:
オプション
説明
[テキスト]タブ
[テキスト] リスト
テキストを設定できる要素のリストが示されます。要素のテキストを非表示にするには、選択を解除します。
注記
[タブセット] で、タブラベルの選択を解除することはできません。
選択したテキストの書式
この領域の設定を使用して、選択したテキスト要素のテキストの書式設定を行うことができます。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。グロー
バルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照してくださ
い。
[色]タブ
背景色
[キャンバスコンテナ] の後ろの背景領域の色。
パネルの色
[キャンバスコンテナ] の周りのフレームの色。
タブの背景
[タブセット] 上のタブの色。タブが有効ではないときの [デフォルトの色]、マウスポインタをタブに合わせたと
きの [マウスオーバー時の色]、およびタブが有効なときの [選択時の色] をそれぞれ設定することができま
す。
スクロール バー
さまざまなコンポーネントで表示されるスクロールバーの以下のパーツの色です。
●
トラックの色
●
サムの色
●
ボタンの色
●
ボタン記号の色
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
83
オプション
説明
ラベル
[タブセット] のタブのラベルの色。タブが有効ではないときの [デフォルトの色]、マウスポインタをタブに合わ
せたときの [マウスオーバー時の色]、およびタブが有効なときの [選択時の色] をそれぞれ設定することが
できます。
注記
[一般]タブで、ラベル テキストの色を設定することもできます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
コンテナ一般プロパティ [81 ページ]
コンテナ動作プロパティ [82 ページ]
4.2.4 セレクタコンポーネントの使用
セレクタコンポーネントでは、実行時にさまざまなオプションを選択できるようにすることで、モデルに対話性が追加されます。
選択したアイテムの行、位置、値およびラベルなどのデータを埋め込みスプレッドシートに挿入するように、セレクタを設定す
ることができます。このようにすると、たとえば、他のコンポーネントでデータを取得してより具体的な情報をユーザに表示する
ことができます。
注記
セレクタのクイックビジュアルチュートリアルを参照するには、セレクタコンポーネントの [データ挿入] 領域で、情報ボタン
(
) をクリックしてください。
アコーディオンメニュー
84
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[アコーディオンメニュー] は、ユーザがカテゴリを選択し、次にそのカテゴリ内のアイテムから選択することができる 2 つのレ
ベルのメニューです。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ヒント
[アコーディオンメニュー] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[Accordion
Menu] というサンプルファイルを開いてください。
チェックボックス
[チェックボックス] は、ユーザが 2 つの状態 (チェック付きとチェックなし) を切り替える標準のユーザインタフェースコンポーネ
ントです。特定の値をチェック付き状態およびチェックなし状態に割り当てるか、各状態の値を埋め込みスプレッドシートにバイ
ンドすることができます。
コンボボックス
[コンボボックス] は、クリックするとアイテムの縦型のリストがドロップダウン表示される標準のユーザインタフェースコンポー
ネントです。ユーザは、このリストからアイテムを選択できます。
フィルタ
[フィルタ] は、データが複数フィールドにあるセルの範囲を参照し、それを複数のフィルタ基準セットでカテゴリ分けします。ユ
ーザが各フィルタリストに異なる情報を選択すると、フィルタはデータ範囲内を移動して対応するデータを挿入します。
ヒント
[フィルタ] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[Filter] というサンプルファ
イルを開いてください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
85
階層テーブル
[階層テーブル] は、複数レベルの階層で編成されるクエリデータを表示および選択するためのコンポーネントです。階層リス
トは、テーブルの 1 番目の列に表示されます。階層内の行に 1 つ以上のサブアイテムがある場合は、サブアイテムへの表示
切り換え用のドロップダウンアイコンが左側に表示されます。
[階層テーブル] では、複数のアイテムを選択できます。[階層テーブル] の挿入プロパティの詳細は、階層テーブルの挿入を
設定する [98 ページ]を参照してください。
BEx クエリデータを含む [階層テーブル] は RRI (レポート間インタフェース) 送信者として設定することもできます。[階層テー
ブル] で RRI を有効にすると、実行時に BEx クエリのアクションリストを開き、クエリ、レポート、トランザクション、Web サイト
などの外部リソースにジャンプすることができます。詳細については、レポート間インタフェース [229 ページ]を参照してくださ
い。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
魚眼ピクチャメニュー
[魚眼ピクチャメニュー] では、ユーザはピクチャまたはアイコンのセットから選択できます。メニュー内の各アイテムの上でマウ
スを動かすと、アイテムが拡大表示されます。マウスをアイテムの中心に近づければ近づけるほど、アイテムが拡大されま
す。魚眼レンズと同様の効果を得られます。
86
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ヒント
[魚眼ピクチャメニュー] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[Fisheye
Picture Menu] というサンプルファイルを開いてください。
アイコン
[アイコン] は、セレクタまたは表示コンポーネントとして使用できます。
セレクタとしての機能は、[チェックボックス] と似ています。ただし、[アイコン] にアラートを設定して、ターゲット値と比較した値
に応じて色が変わるようにすることができます。アラートの詳細については、アラートの概要 [166 ページ]を参照してくださ
い。
注記
[アイコン] を表示専用コンポーネントとして設定するには、[プロパティ] パネルの [表示] タブをクリックして、[オン/オフを
表示] をオフにします。
ラベルメニュー
[ラベルメニュー] を使用して、縦型または横型のボタングループからアイテムを選択できます。
注記
[ラベルメニュー] が含まれるモデルを iPad で表示する場合、表示効果はサポートされません。
リストボックス
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
87
[リストボックス] は、ユーザが縦型のリストからアイテムを選択できる標準のユーザインタフェースです。
リストビルダ
[リストビルダ] では、大規模なアイテムリストからデータのセットを作成できます。リストビルダは、可能な選択をすべて含む
[ソース] リスト、ユーザが選択したアイテムを含む [出力先] リスト、および [更新] ボタンから構成されます。[ソース]リストと
[出力先]リストの間でアイテムを移動するには、次のいずれかの方法を使用します。
● [ソース]リストまたは[出力先]リストのアイテムをダブルクリックし、そのアイテムを他のリストに移動する。
● アイテムをリストからもう一方のリストへドラッグする。
● アイテムを選択して [追加] または [削除] をクリックする。
[更新]ボタンをクリックすると、[出力先]リストのアイテムが出力先範囲に挿入され、他のコンポーネントで使用できるように
なります。[出力先]リスト内のアイテムの順序を変更するには、リスト内でアイテムを上下にドラッグします。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ヒント
[リストビルダ] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[List Builder] というサ
ンプルファイルを開いてください。
88
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
リストビュー
[リストビュー] は、大規模なデータセットの表示および並べ替えを可能にするほか、セレクタとしても機能し、より詳細なデータ
を埋め込みスプレッドシートに挿入することができます。これにはスクロールバーがあり、実行時に列を並べ替えたりサイズ変
更することができます。
再生セレクタ
[再生セレクタ] は、定義済みの範囲の 1 つの行または列を順番に挿入します。出力先セルをチャートにリンクして、再生セレ
クタが新しい行または列を挿入するたびにチャートのデータが変更されるようにすることができます。このコンポーネントでは、
ユーザはデータを表示するために各選択アイテムをクリックする必要がないため、アニメーション感覚で大量のデータを表示
できます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
プッシュボタン
[プッシュボタン] をクリックするたびに、特定のデータが挿入されます。このコンポーネントは、モデル全体の値をリセットしなく
ても単一値コンポーネントをデフォルト値に戻せるようにしたり、ボタンを押したときに表示されるポップアップウィンドウを作成
するのに使用できます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
89
[プッシュボタン] をクリックすると 1 つ以上のセルの値が特定の値に設定されるように設定できます。ユーザがボタンをクリッ
クしたときのみに値が変更されるので、データが出力先のセルにコピーされるときに制御の幅が広がります。
ラジオボタン
[ラジオボタン] を使用して、ユーザは縦型または横型のグループからアイテムを選択できます。
スコアカード
[スコアカード] を使用すると、グリッドに視覚的なアラートを表示できます。実行時に、ユーザは列ヘッダをクリックして、列の
データに応じてグリッドを並べ替えることができます。
このコンポーネントは、[リストビュー] に似ています。ただし、[スコアカード] にアラートを設定して、ターゲット値と比較した値
に応じて色が変わるようにすることができます。アラートレベルは、セル背景色、フォント色、またはアラートアイコンと共に表
示され、値が含まれている場合と含まれていない場合があります。アラートの詳細については、アラートの概要 [166 ページ]
を参照してください。
注記
[スコアカード] が含まれるモデルを iPad で表示する場合、ユーザがテーブル領域をスワイプして、テーブルコンテンツが
完全には表示されていないときのみ、スクロールバーが表示されます。また、スクロールバーのカスタムカラー設定は無視
されます。
90
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
スライドピクチャメニュー
[スライドピクチャメニュー] では、ユーザはアイコンまたはピクチャのセットから選択できます。ユーザは矢印を使用して複数の
アイコンをスクロールできます。または、ユーザがマウスを動かすと複数のアイコンがスクロールされるようにメニューを設定
できます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ヒント
[スライドピクチャメニュー] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、[Sliding
Picture Menu] というサンプルファイルを開いてください。
スプレッドシートテーブル
[スプレッドシートテーブル] は、ソース範囲で表示されているとおりに、データを埋め込みスプレッドシートに表示します。
注記
スプレッドシートテーブルコンポーネントは、セレクタコンポーネントとしてでなく、表示コンポーネントとして使用することがで
きます。スプレッドシートテーブルを表示コンポーネントとしてのみ使用するには、
動作
一般
タブで、すべての行に
対して [選択可能な行] を選択解除します。
ティッカー
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
91
[ティッカー] は、モデルに水平にスクロールされるテキストを表示します。ユーザがマウスポインタをラベルに合わせるとスク
ロールが止まります。テキストアイテムをクリックするたびにスプレッドシートにデータが挿入されるようにコンポーネントを設定
できます。
表示切り替えボタン
[表示切り替えボタン] は、ユーザが 2 つの状態 (オンとオフ) を切り替えることができる標準のユーザインタフェースコンポー
ネントです。
注記
[表示切り替えボタン] が含まれるモデルを iPad で表示する場合、表示効果およびテキストの折り返しはサポートされませ
ん。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.4.1
セレクタ一般プロパティ
下の表を、一般タブでセレクタコンポーネントプロパティを設定するためのガイドとして使用します。一部のオプションは、特定
のセレクタコンポーネントでのみ使用できます。
表 17:
オプション
説明
タイトル
セレクタのメインタイトルを指定します。 [リストビルダ] コンポーネントでは、[ソース] 一覧と [出力先] 一覧のタイト
ルも指定することができます。
ヒント
タイトルの場所と書式を、[表示] タブで変更することができます。
92
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
ラベル
セレクタ要素を識別するラベルを設定します。 次のいずれかの手順を実行します。
●
ラベルテキストを入力するには、手動編集 (
●
スプレッドシートまたはクエリ結果データからラベルテキストを取得するには、バインドボタンの隣に表示される
) をクリックします。
矢印をクリックし、[スプレッドシート] を選択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか、[クエリ
データ] を選択して値をクエリ結果にバインドします。
リストビルダコンポーネントの場合、[追加ボタン]、[削除ボタン]、および [更新ボタン] のラベルを指定することもで
きます。
値ラベル
[ティッカー] コンポーネントの場合、このプロパティで各ラベルに関連付ける値を設定します。 セルセレクタ (
)を
クリックして、埋め込みスプレッドシートから値ラベルを選択します。
表示データ
コンポーネントに表示されるデータの範囲を設定します。 バインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッ
ドシートを選択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか、クエリデータを選択して値をクエリ結果に
バインドします。
フィルタの数
[フィルタ] コンポーネントの場合、このオプションでドロップダウンフィルタのリストの数を指定します。
表示値
[アイコン] コンポーネントの場合、ユーザがコンポーネントの上にマウスポインタを移動すると、この表示値がツール
ヒントに表示されます。 値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートからラベルテ
キストを選択します。
注記
値は数値にしてください。 数値以外の値が入力された場合は、ゼロが表示されます。
画像
コンポーネントで使用される画像ファイルを設定します。 次のいずれかを選択します。
●
埋め込み: 画像ファイルのコピーがモデルに保存されます。 [インポート] を選択し、埋め込むファイルを選択し
ます。
注記
メニューにおける画像の表示順序は、画像のインポート順序に従って決定されます。 メニューに表示させる
順序で画像をインポートします。
●
URL を指定: 指定された URL を参照して、画像ファイルがモデルにロードされます。 URL を入力するか、セル
セレクタ (
) をクリックして、URL をスプレッドシート内のセルにリンクさせます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
93
オプション
説明
データ挿入
このセクションの設定により、セレクタが制御するデータのタイプ、およびソースの場所と挿入先の場所が定義されま
す。 選択が行われると、データがソースの場所から挿入先の場所にコピーされます。 選択後にソースの場所のデー
タが変更された場合、挿入先の場所のデータは自動的に更新されません。
注記
[スコアカード]、[ティッカー]、[アイコン]、および [スプレッドシートテーブル] の各コンポーネントは、表示コンポー
ネントとして動作可能です。 つまり、[動作] タブでセレクタ機能を無効にして、ユーザによる実行時のコンポーネ
ント操作を防止することができます。
セレクタコンポーネントの中には、一度の選択で複数のデータアイテムを挿入するように設定できるものもあります。
複数挿入の詳細については、複数の挿入に対するセレクタの設定 [97 ページ]を参照してください。
注記
[階層テーブル] コンポーネントには、データ挿入オプションを含む個別の [挿入] タブがあります。 [階層テーブ
ル] では、クエリのみにバインドされるデータを表示し挿入することができます。 [階層テーブル] を使用したデー
タ挿入の詳細については、階層テーブルの挿入を設定する [98 ページ]を参照してください。
挿入タイプ
選択時に挿入されるデータの構造を指定します。 次のいずれかのオプションを選択します。
位置
ラベル
値
行
列
¥ {113}Filtered Rows¥ {114}(フィルタ行)*
¥ {115}Status List¥ {116}(ステータス一覧)*
使用できるオプションはセレクタの種類によって異なります。 各 [挿入タイプ] の説明については、挿入タイプの理解
[103 ページ]を参照してください。
ソースデータ
挿入するソースデータの場所を指定します。 セルセレクタ (
) をクリックし、スプレッドシートの範囲を選択します。
チェックボックス、アイコン、および表示切り替えボタンの各コンポーネントの場合は、手動編集 (
) をクリックし、
手動で値を入力します。
注記
[挿入タイプ] が [位置]、[ラベル]、または [ステータス一覧] に設定されている場合、ソースデータセルは使用で
きません。
データ
階層テーブルの場合、バインド (
) をクリックして、クエリから階層ソースデータを選択します。 [クエリから選
択] ダイアログボックスで、リストからクエリを選択し、テーブル内で表示する階層を選択して、表示する追加の結果
オブジェクトを選択します。 OK をクリックします。
94
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
列の設定
[階層テーブル]、[リストビュー]、または [スコアカード] の場合、このボタンをクリックして [列の設定] ダイアログボッ
クスを開き、テーブル列の外観とラベルを変更します。
注記
選択するコンポーネント、または現在のデータバインドによっては、一部のオブションが使用できない場合もあり
ます。 たとえば、[列ヘッダのバインド] を無効にすると、[最初の行をヘッダとして処理] が使用できなくなります。
列をテーブルの左側に移動するには、列の上向き矢印をクリックします。または、右側に移動するには下向き矢印を
クリックします。
列のヘッダまたはサイズを変更するには、[列ヘッダ] または [列の幅] をクリックし、値を入力します。
テーブル内で表示しない列については、[非表示] を選択します。
スプレッドシート内のセルから列ヘッダを選択するには、[列ヘッダのバインド] を選択し、スプレッドシート内の該当
する範囲を選択します。
デフォルトの表示
[階層テーブル] の場合、デフォルトで展開表示するデータのレベル数を選択します。 次の 3 つのオプションから選
択できます。
レベルの展開: デフォルトで展開されるレベル数を指定するには、このオプションを選択し、ボックスにレベル数
を入力します。
すべてのレベルを展開: デフォルトで階層テーブルのすべてのレベルを展開するには、このオプションを選択し
ます。
すべてのレベルを折りたたむ: デフォルトで階層テーブルのデータの最初のレベルのみを表示するには、このオ
プションを選択します。
注記
これらの設定によってテーブル内のデータへのアクセスが制限されることはなく、ユーザは実行時に階層内のア
イテムの展開と折りたたみを行うことができます。
出力先
ソースデータが挿入されるスプレッドシートの場所を指定します。 バインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、
[スプレッドシート] を選択して値を埋め込みスプレッドシートのセルにバインドするか、[クエリデータ] を選択して値を
クエリ結果にバインドします。
注記
出力先の範囲に必要なサイズは、[挿入タイプ]で選択した構造によって異なります。 データの列または行を使
用する構造の場合、必ずもっとも大きいデータの列または行を入れるのに十分な大きさの範囲を選択してくださ
い。
選択した項目がない 選択したコンポーネント項目がない場合に、出力先にある既存のデータを削除するには、このオプションを選択しま
場合に出力先を削除
す。 このオプションが選択されていない場合、別の選択が行われるまで出力先にこのデータが残ります。
する
対話操作
データが出力先にいつ挿入されるのかを指定するために、次のオプションのいずれかを選択します。
●
データ変更および対話操作: データが変更されるたび、またはユーザが選択を行う際にデータが挿入されま
す。
●
対話操作のみ: ユーザが選択を行う際のみデータが挿入されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
95
オプション
説明
方向
セレクタの方向を指定します。 [水平] と [垂直] のどちらかを選択します。
カテゴリ
[アコーディオンメニュー] のカテゴリを指定します。 追加 (
) をクリックしてカテゴリを追加し、次のオプションを使
用して各カテゴリを設定します。
名前
[アコーディオンメニュー] の場合、このパラメータで、カテゴリのリストで選択されたアイテムのカテゴリ名を指定しま
す。 名前を入力するか、セルセレクタ (
ラベル
) をクリックし、スプレッドシートから名前を選択します。
[アコーディオンメニュー] の場合、このパラメータで、選択したカテゴリに含まれるアイテムのラベルを指定します。
ラベルを入力するか、バインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、[スプレッドシート] を選択して値を埋め込み
スプレッドシートのセルにバインドするか、[クエリデータ] を選択して値をクエリ結果にバインドします。
ソースデータ
[アコーディオンメニュー] の場合、このパラメータで、選択したカテゴリのラベルと関連するソースデータを指定しま
す。 セルセレクタ (
カテゴリ名の出力先
) をクリックし、スプレッドシートからラベルを選択します。
[アコーディオンメニュー] の場合、このパラメータで、カテゴリが選択されたときにカテゴリの名前を挿入するターゲッ
トセルを指定します。 セルセレクタ (
RRI 送信者
) をクリックし、スプレッドシートからラベルを選択します。
BEx クエリをデータソースとして使用する [階層テーブル] の場合、テーブルの操作一覧を有効にするには、[RRI 送
信者] を選択します。 実行時に、ユーザがテーブルセルにポイントすると、セルの角の隣にボタンが表示されます。
このボタンをクリックすると、操作一覧を開くことができます。 BEx クエリに対して定義された出力先がこの一覧に表
示され、この出力先をクリックして外部データを表示することができます。
詳細については、レポート間インタフェース [229 ページ]を参照してください。
動的移動先を含める [RRI 送信者] が選択された [階層テーブル] の場合、[動的移動先を含める] を選択して、ユーザが別の行から操作
一覧を開いたときに変更されるレポート間インタフェース出力先を表示することができます。
動的出力先が設定された操作一覧を開くと、それらの出力先では BEx クエリからコンテキスト情報が読み込まれま
す。 コンテキスト情報は、操作一覧のアクセス元となる行に基づいて変更されます。 たとえば、多くの企業の売上高
を含む BEx クエリに、現在の株価を表示する Web サイトとの送信者/受信者関係があるとします。 この出力先は
動的であるため、ユーザは特定の企業のテーブル行をポイントしてコンテキスト操作一覧を開きます。この操作一覧
を使用してその企業のオンライン株価情報に直接移動できます。
このオプションを選択しない場合は、操作一覧に静的な出力先のみが表示されます。この一覧はユーザが開くたび
に更新する必要はありません。
注記
クエリプロンプトのパラメータまたは SAP 変数は、操作一覧またはレポート間インタフェース出力先に送信されま
せん。 そのため、操作一覧および出力先に表示される情報は、Dashboards モデルに表示されるフィルタ済み
クエリデータよりも汎用的となる場合があります。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
セレクタ動作プロパティ [99 ページ]
96
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
セレクタ表示プロパティ [104 ページ]
4.2.4.1.1
複数の挿入に対するセレクタの設定
以下のセレクタは、単一の選択で、複数の場所からデータを取得して、そのデータを複数の出力先に挿入することができま
す。
● コンボボックス
● 階層テーブル
● 魚眼ピクチャメニュー
● Sliding Picture Menu(スライド ピクチャ メニュー)*
● ラベルメニュー
● リストボックス
● List Builder(リスト ビルダ)*
● ラジオボタン
● スコアカード
● ティッカー
● スプレッドシートテーブル
● 再生セレクタ
複数挿入に対してセレクタを設定する際に、単一の挿入でのデータソースと出力先を設定するのと同じ方法で、各データチャ
ンクのソースおよび出力先を指定します。各チャンクに対して、挿入タイプ(行、列、ラベル、位置、ステータス)を定義すること
ができます。
注記
複数挿入にセレクタを設定する際、[フィルタされた行] 挿入タイプはサポートされていません。
4.2.4.1.1.1 複数の挿入動作を設定する
1. コンポーネントをダブルクリックすることにより、[プロパティ] パネルがまだ開いていない場合は、コンポーネントを選択し
て開きます。
2. [データ挿入] の下の [一般] タブで、追加 (
) アイコンをクリックして、各選択で挿入するアイテム数を追加します。
注記
[階層テーブル] の場合、このボタンは [一般] タブではなく [挿入] タブにあります。
3. 挿入アイテムの一覧で、最初のアイテムを選択して次のオプションを設定します。
オプション 説明
名前
挿入アイテムの名前を入力します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
97
オプション 説明
挿入タイ
プ
このアイテムに挿入するデータのタイプを選択します。
各挿入タイプの説明については、挿入タイプの理解 [103 ページ]を参照してください。
注記
複数の挿入が使用される際に、[フィルタされた行] は挿入タイプとして使用できません。
ソースデ
ータ
セルセレクタ (
) をクリックし、ソースデータ場所を選択します。
注記
挿入タイプが [ラベル]、[位置]、または [ステータス一覧] に設定されている場合、ソースデータはすでに設定されてお
り、このボックスは使用できません。
出力先
ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、[スプレッドシート] を選択して値を埋め込みスプレッドシ
ートのセルにバインドするか、[クエリデータ] を選択して値をクエリプロンプトのパラメータとして使用します。
4. テーブル内のその他の挿入に対しても、前の手順を繰り返します。
関連情報
[プロパティ] パネルの使用 [37 ページ]
4.2.4.1.2
階層テーブルの挿入を設定する
[階層テーブル] をキャンバスに追加して、クエリデータソースに接続してから、これらの挿入プロパティを設定します。
埋め込みスプレッドシートが出力先である場合、[階層テーブル] の挿入の動作は、他のセレクタコンポーネントとは異なりま
す。 ユーザは、[階層テーブル] で複数のアイテムを選択できます。選択された各アイテムのデータは、出力先範囲に空白が
ある場合に挿入されます。 出力先範囲がいっぱいになると、新たな選択により古いデータが上書きされます。
[階層テーブル] では、別のクエリのプロンプトにデータを挿入することもできます。 これらには、複数選択が可能なプロンプト
に対して複数の値を挿入できます。
1. [プロパティ] パネルがまだ開いていない場合は、[階層テーブル] を選択して開きます。
2. ユーザが一度に 1 つのテーブル行のみを選択できるように制限する場合は、[動作] タブで [複数選択を許可] を選択解
除します。
3. [挿入] タブで、追加 (
) をクリックして、各選択で挿入するアイテム数を追加します。
4. 挿入アイテムの一覧で、最初のアイテムを選択して次のオプションを設定します。
98
オプション
説明
名前
挿入アイテムの名前を入力します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
挿入タイ
プ
このアイテムの挿入タイプを選択します。 以下のオプションのいずれかを選択します。
○
○
値: ユーザが行を選択すると、テーブルはその行に単一の結果オブジェクトの値を挿入します。 [ソースデータ] リスト
で結果オブジェクトを指定します。
行: ユーザが行を選択すると、テーブルはその行にすべての結果オブジェクトの値を挿入します。
ソースデ
ータ
[挿入タイプ] が [値] を持つテーブルの場合、挿入される結果オブジェクトを選択します。
出力先
ボックスの横のバインドボタンの隣に表示される矢印をクリックし、スプレッドシートを選択して値を埋め込みスプレッドシー
トのセルにバインドするか (バインドボタンにスプレッドシートが表示されます
エリプロンプトのパラメータとして使用します (バインドボタンにクエリが表示されます
を [挿入タイプ] として選択した場合のみ使用できます。
)、クエリプロンプトを選択して値をク
)。 [クエリプロンプト] は [値]
5. テーブル内のその他の挿入に対しても、前の手順を繰り返します。
4.2.4.2
セレクタ動作プロパティ
下の表を、セレクタの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。 オプションの中には、特定のセレクタタイ
プにしか使用できないものがあります。
表 18:
オプション
説明
[共通] タブ
対話操作
ユーザの操作時のコンポーネントの応答方法を指定します。 次のいずれかのオプションを選択します。
●
マウスクリック: ユーザがアイテムをクリックしたときにデータが挿入されます。
●
マウスオーバー: ユーザがアイテムの上にマウスを移動したときにデータが挿入されます。
[ラベルメニュー] コンポーネントでは、[対話操作] オプションは [常に拡張する] オプションが選択されているとき
のみ使用できます。
スライダのメソッド
[スライドピクチャメニュー] の場合、このオプションでサムネイルを使用したメニューのスクロール方法を指定しま
す。 次のいずれかを選択します。
スライダの量
●
ボタン: メニューの両端にあるボタンをクリックしてスクロールします。
●
マウス: サムネイル上でマウスを動かしてスクロールします。
[スライドピクチャメニュー] の場合、このオプションでスライダの移動距離を指定します。 次のいずれかのオプシ
ョンを選択します。
●
1: サムネイルを 1 つずつスクロールします。
●
ページ: サムネイルを 1 ページずつスクロールします。 ページのサムネイル数は、コンポーネントの幅に基
づいて決定されます。
スクロールの速度
[スライドピクチャメニュー] の場合、このオプションで、ユーザがサムネイルを使用してスクロールするときのスラ
イダ動作の速度を調節します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
99
オプション
説明
スライドの速度
[アコーディオンメニュー] の場合、このパラメータでユーザがカテゴリラベルをクリックしたときのカテゴリの拡大
速度を指定します。
再生時間 (秒)
[再生セレクタ] の場合、このパラメータでシーケンス全体を実行し、ソースデータの全体の範囲を表示するのに
かかる時間を指定します。 リストから秒数を選択します。
自動再生
[再生セレクタ] 向けにこのオプションを選択すると、モデルが開くときに再生セレクタが自動的に再生されます。
自動巻き戻し
[再生セレクタ] 向けにこのオプションを選択すると、シーケンスの再生終了時に再生セレクタが自動的に巻き戻
されます。
自動リプレイ
[再生セレクタ] 向けにこのオプションを選択すると、シーケンスの再生終了時にシーケンスが自動的に再スター
トされます。
ズームサイズ
[魚眼ピクチャメニュー] の場合、このオプションでマウスが画像の上に移動したときのポップアップエフェクトのサ
イズを指定します。 サイズを調整するには、サイズスライダをスライドさせます。
ズームの速度
[魚眼ピクチャメニュー] の場合、このオプションでマウスが画像の上に移動したときのセレクタの画像ポップアッ
プ速度を指定します。 スピードスライダをスライドさせ、速度を調整します。
常に拡張する
[ラベルメニュー] にこのオプションを選択すると、このメニューは常に使用可能なラベルを表示します。 選択しな
い場合は、ユーザがメニューを拡張する方法と、ラベルが拡張する方向を指定する必要があります。
注記
このオプションを選択した場合、[対話操作]オプションは使用できません。
拡張対象
[ラベルメニュー] の場合、このオプションでメニューの拡張方法を指定できます。 [マウスクリック] と [マウスオ
ーバー] のどちらかを選択します。
拡張する方向
[ラベルメニュー] の場合、このオプションでメニューが開いたときの拡張する方向を指定します。
使用できるオプションは全般タブの方向設定によって異なります。方向が水平に設定されている場合は左または
右を選択することができます。 向きが [垂直] に設定されている場合、[中央下]、[左下]、[右下]、[中央上]、[左
上]、[右上] から選択できます。
アニメーションを開く
[ラベルメニュー] に対してこのオプションを選択すると、メニューは瞬時に拡張されるのではなく、アニメーション
付きで開きます。
ティッカーオプション
この領域では、[ティッカー] 固有のオプションを設定することができます。
アイテム区切り
[ティッカー] のアイテム間に使用される区切り文字を指定します。
スクロールの方向
[ティッカー] のデータスクロール方向を指定します。 [左]または[右]を選択します。
スクロールの速度
[ティッカー] のデータスクロール速度を指定します。
列の並べ替えを許可
実行時にユーザがテーブル行を並べ替えることができるようにするには、このオプションを選択します。 選択した
場合、ユーザは列ヘッダをクリックしてその列のデータをアルファベット順または値別に並べ替えることができま
す。
100
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
行選択可能
このオプションは、テーブルをセレクタとして使用する場合に選択します。 選択した場合、行をクリックして、ソー
スデータを定義済みの出力先に挿入できます。 このオプションをクリアすると、[データ挿入] オプションを設定し
ている場合でも、実行時にテーブルがデータを挿入しません。
選択アイテムカテゴリ
[アコーディオンメニュー] の場合、このオプションでモデルの実行時にデフォルトで開かれるカテゴリを指定しま
す。 カテゴリのリストにおける相対位置に基づき、カテゴリを選択します。 最初のカテゴリがデフォルトで選択さ
れます。
選択アイテム: タイプ
デフォルト選択を決定するために一致するデータのタイプを設定します。 一致が見つからない場合、選択はなし
に設定されます。
以下のオプションのいずれかを選択します。
オプション
説明
ラベル
ソース場所のデータがコンポーネントのラベルと一致しま
す。
位置
コンポーネントに対する各選択アイテムの位置には、1 から
始まる数値が割り当てられています。ソース場所にあるデ
ータは位置番号と一致します。
動的
コンポーネントに対する各選択アイテムの位置には、0 から
始まる数値が割り当てられています。ソース場所のデータ
が最初にコンポーネントのラベルと一致します。 一致がない
場合は、データは位置番号と一致します。 それでも一致が
見つからない場合、最初のアイテムが選択されます。
このオプションは、[リストビルダ] の場合は使用できませ
ん。
選択アイテム: アイテム
モデルの実行時にデフォルトで選択されるアイテムを指定します。 名前またはアイテムの一覧における相対位
置に基づき、アイテムを選択します。 [選択なし] を選択した場合、モデルが開いたときにアイテムは選択されま
せん。
注記
リストビルダの場合、スプレッドシートでソースデータを選択するか、手動編集 (
) をクリックする必要があ
ります。 選択したアイテムは [出力先] 一覧に追加されますが、[更新] をクリックするまで出力先セルには追
加されません。 実行時にモデルが開いたときに選択したアイテムのデータを挿入するには、[実行時の項目
を挿入] オプションを選択します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
101
オプション
説明
選択アイテム: 選択した
選択したアイテムの値を保存するスプレッドシートの位置を指定します。
項目を挿入
ヒント
セレクタコンポーネントを "選択なし" 状態にリセットするには、別のセレクタを追加し、[挿入タイプ] が [ラベ
ル] に設定されている場合はこの値を「なし」に、[位置] に設定されている場合はこの値を「-1」に設定しま
す。
注記
選択したアイテムのタイプが「動的」である場合、[選択した項目の挿入] は使用できません。
選択アイテム: 実行時の
項目を挿入
[リストビルダ] の場合、[出力先] 一覧にアイテムを追加し、実行時にモデルが開いたときにこれらのアイテムの
データを出力先セルに挿入するには、このオプションを選択します。 このオプションを有効にすると、[アイテム]
ボックスで選択したアイテムが [出力先] 一覧に追加され、埋め込みスプレッドシートの出力先セルに挿入されま
す。
空のカテゴリの非表示
[アコーディオンメニュー] の場合、ラベルデータを含まないカテゴリを非表示にするには、このオプションを選択し
ます。
選択可能な行
このオプションでは、テーブル内の特定の行を選択できるかどうかを指定します。 デフォルトでは、すべての行が
選択可能です。 行を選択不可能にするには、行番号のそばに表示されるチェックボックスをクリアします。
行選択可能
このオプションでは、テーブル内の行を選択できるかどうかを指定します。 セレクタを非インタラクティブな表示コ
ンポーネントとして使用するには、このチェックボックスをクリアします。
複数選択を許可
[階層テーブル] の場合、テーブル内の複数のアイテムを選択できるようにするには、このチェックボックスを選択
します。
チェックボックスの表示
選択する行を識別できるよう各行にチェックボックスを表示するには、このオプションを選択します。
空のセルを無視
このオプションを選択した場合、最後の空でないラベルの後に続く空白のセルがコンポーネントで表示されなくな
ります。 このオプションは、コンポーネントにおける選択項目数が変化する場合に便利です。
¥ {88}Dynamic
Visibility¥ {89}(動的デ
ィスプレイ)*
このオプションを使用すると、セレクタがモデルに表示されるタイミングを制御する条件を指定することができま
す。 動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]を参照して
ください。
[アニメーションと効果] タブ
ドロップダウンアニメーシ このオプションを選択すると、[コンボボックス] が瞬時に拡張されるのではなく、アニメーション効果付きでドロッ
ョン
プダウンされます。
サウンドを有効にする
一部のコンポーネントにサウンド効果を追加できます。 サウンド効果は、ユーザがコンポーネントを操作したとき
に開始されます。
102
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
表示効果
説明
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。 このオプションは動的ディスプレイを使用し
たコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
セレクタ一般プロパティ [92 ページ]
セレクタ表示プロパティ [104 ページ]
4.2.4.2.1
挿入タイプの理解
セレクタコンポーネントを選択する際に、特定のデータを埋め込みスプレッドシートに挿入するように設定します。そのデータ
は、他のコンポーネントで使用できるようになります。データで行うことに応じて、ターゲットのセルに異なる種類のデータを挿
入することができます。使用できるオプションはセレクタの種類によって異なります。
表 19:
挿入タイプ
説明
位置
アイテムの一覧における選択項目の位置がターゲットのセルに書き
込まれます。たとえば、リスト内の 2 番目の項目が選択されている
場合、ターゲットのセルに 2 という値が書き込まれます。
ラベル
選択項目に対して指定されたラベルがターゲットのセルに書き込ま
れます。たとえば、オプション A、B、C から B を選択すると、ラベル
“B”がターゲットのセルに挿入されます。この挿入タイプは、ラベルが
実行時に変更される可能性がある場合、およびラベルが後続のデ
ータ検索に使用される場合に便利です。
値
選択されたソースの値がターゲットのセルに書き込まれます。ソース
データ範囲で指定されたセルの数は、コンポーネントで表示されるラ
ベルの数と一致する必要があります。
注記
[階層テーブル] の場合、複数の値を選択して挿入できます。ユ
ーザが選択するそれぞれの値は、出力先の範囲がいっぱいにな
るまで挿入されます。その時点で、ユーザが新たに選択を行うた
びに最も古いデータ値が上書きされます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
103
挿入タイプ
説明
行
ソースデータの選択された行がターゲットの行に書き込まれます。
たとえば、ユーザが [コンボボックス] の 3 番目の項目を選択した場
合、ソースデータの 3 番目の行がターゲットの行に挿入されます。
注記
[階層テーブル] の場合、複数の行を選択して挿入できます。ユ
ーザが選択するそれぞれの行は、出力先の範囲がいっぱいにな
るまで挿入されます。その時点で、ユーザが新しく選択するたび
にデータの最も古い行が上書きされます。
列
ソースデータの選択された列がターゲットの列に書き込まれます。こ
の挿入タイプの動作は、[行] の挿入と同様です。
Filtered Rows(フィルタ行)*
この挿入タイプを使用すると、単一のアイテムが選択されたときに複
数の行を挿入することができます。
セレクタは、ラベル別にソースデータの行を並べ替え、それぞれの固
有のラベルを表示します。ユーザがアイテムを選択すると、選択され
たラベルを共有するすべての行がターゲットの出力先に書き込まれ
ます。挿入される行は、ソースデータと同じ順序を維持します。[出力
先] の範囲にデータを挿入するための十分な行がない場合は、下の
方の行は挿入されません。
Status List(ステータス一覧)*
選択項目のターゲットのセルに 1 が入力され、一覧におけるその他
すべてのアイテムのターゲットのセルには 0 が入力されます。
関連情報
階層テーブルの挿入を設定する [98 ページ]
4.2.4.3
セレクタ表示プロパティ
[レイアウト]タブ
下の表は、セレクタレイアウトの[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用してください。オプションの中には、特定
のセレクタタイプにしか使用できないものがあります。
104
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
表 20:
オプション
説明
サイズ設定メソッド
画像を伴うセレクタの場合、このプロパティで画像のサイズをサムネイル領域に合うように設定する
方法を指定します。次のいずれかのオプションを選択します。
●
拡大縮小: 画像のサイズは変更されますが、その縦横比が維持されるため、使用可能なスペ
●
拡張: 画像のサイズが変更され、サムネイル領域にぴったりと収まるように、水平または垂直
ースが余る場合もあります。
に拡張される可能性があります。
幅
画像を伴うセレクタの場合、このプロパティでサムネイル領域の幅をピクセル単位で指定します。
高さ
画像を伴うセレクタの場合、このプロパティでサムネイル領域の高さをピクセル単位で指定します。
水平余白
画像を伴うセレクタの場合、このプロパティでサムネイル画像間の垂直余白の間隔をピクセル単位
で指定します。
垂直余白
画像を伴うセレクタの場合、このプロパティでサムネイル画像と領域境界線間の垂直余白をピクセ
ル単位で指定します。
表示されたラベルの数
このプロパティで、セレクタのリストまたはメニューで使用できるラベルの数を指定します。コンポー
ネントに対してより多くのラベルが定義されている場合、ユーザはスクロールダウンして追加のラベ
ルを照会することができます。2 から 50 までのラベルを表示できます。
フィルタのギャップ
[フィルタ] の場合、このプロパティで各リスト間のスペースのサイズを指定します。
マーカーのサイズ
このプロパティで、[ラジオボタン] のサイズを指定します。1 から 300 までのサイズを選択します。
水平余白
このプロパティで、[ラジオボタン] の左端および右端の余白サイズを指定します。
垂直余白
このプロパティで、[ラジオボタン] のボタン間の垂直方向の余白サイズを指定します。
背景を有効にする
このプロパティで、[ラジオボタン] の背景が見えるかどうかを指定します。選択した場合、背景の透
明度レベルを設定することができます。
ボタンの区切り
[ラベルメニュー] の場合、このプロパティでタブ間のスペースのサイズを指定します。
自動リプレイ
これらのオプションで、[再生セレクタ] に表示される要素を指定します。以下の要素を表示するた
め、適切なチェックボックスを選択します。
オプション
説明
背景を表示
コントロールの背景を表示します。
進捗インジケータを表示
進捗スライダを表示します。
巻き戻し/早送りを表示する
高速早送りボタンおよび巻き戻しボタンを表示しま
す。
前/次を表示する
前ボタンおよび次ボタンを表示します。これらのボタ
ンを使用すると、ユーザは値を 1 つずつ順に切り替
えることができます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
105
オプション
説明
透明度
このプロパティで、コンポーネントの背後にあるオブジェクトが見えるようにするかどうかを指定しま
す。透明度を 0 に設定した場合、コンポーネントの後ろにあるオブジェクトはユーザには見えませ
ん。透明度を 100 に設定した場合、コンポーネントは完全に透明であり、ユーザには見えません。
注記
[コンボボックス] などのドロップダウンリストを伴うコンポーネントの場合、このパラメータは [リス
トの透明度] と呼ばれ、コンポーネントのリスト部分にのみ適用されます。
ティッカーの背景を表示
[ティッカー] の場合、このオプションでティッカーラベルの背景が表示されるかどうかを指定します。
ボタンの背景を表示
[プッシュボタン] の場合、このオプションでボタンラベルの背景が表示されるかどうかを指定します。
選択した場合、透明度を増す場合はスライダを右に動かし、透明度を減らす場合はスライダを左に
動かすことにより、透明度レベルを設定することもできます。
階層レベルインデント
[階層テーブル] の場合、このオプションで親レベルに対応する各階層サブレベルの水平インデント
を指定します。サイズはピクセル単位です。
展開/折りたたみアイコン
[階層テーブル] の場合、このオプションで各階層レベルの展開または折りたたみを行うアイコンの
スタイルを指定します。使用できる選択肢は、[矢印] アイコンと [プラス/マイナス] アイコンです。
グリッドラインを表示
このパラメータで、グリッドラインがテーブルコンポーネントに表示されるかどうかを指定します。ほと
んどのテーブルで、[垂直グリッドラインを表示] および [水平グリッドラインを表示] の両方を選択で
きます。
選択した場合、[色] タブの下のカラーセレクタアイコンをクリックし、ラインの色を指定することができ
ます。
折り返して全体を表示
[スコアカード] の場合、このオプションでセル内のテキストを折り返すかどうかを指定します。
[テキスト]タブ
下の表は、セレクタテキストの[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用してください。[表示]列で、セレクタで表示
する各テキストアイテムのチェックボックスを選択します。次に、テキストアイテムを選択して、テキスト表示の書式を設定しま
す。テキストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照してください。
使用できるプロパティはセレクタの種類によって異なります。
注記
[テキスト] タブは、[スプレッドシートテーブル] および [再生セレクタ] では使用できません。
表 21:
オプション
説明
タイトル
コンポーネントのメインタイトル。
106
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
ラベル
コンポーネント要素のラベル。
ソース一覧のタイトル
[リストビルダ] の場合、[ソース] 一覧の上にタイトルを表示するには、このオプションを選択します。
ソース一覧ラベル
[リストビルダ] の場合、[ソース] 一覧の項目にラベルの書式設定をするには、このオプションをクリックし
ます。これらのラベルを無効にすることはできません。
出力先一覧のタイトル
[リストビルダ] の場合、[出力先] 一覧の上にタイトルを表示するには、このオプションを選択します。
出力先一覧ラベル
[リストビルダ] の場合、[出力先] 一覧の項目にラベルの書式設定をするには、このオプションをクリック
します。これらのラベルを無効にすることはできません。
ボタンラベル
[リストビルダ] の場合、リスト間で項目を移動するボタン上のラベルの書式設定をするには、このオプショ
ンをクリックします。これらのラベルを無効にすることはできません。
表示値
Header
マウスオーバーラベル
[ティッカー] の場合、このオプションで各項目のデータ値を表示します。
[階層テーブル] の場合、このオプションでヘッダを表示します。
[アイコン] の場合、ユーザがアイコンの上にマウスポインタを移動したときにツールヒントにコンポーネン
トラベルを表示するには、このオプションを選択します。
マウスオーバー値
[アイコン] の場合、ユーザがアイコンの上にマウスポインタを移動したときにツールヒントに表示値を表
示するには、このオプションを選択します。
カテゴリ名
[アコーディオンメニュー] の場合、カテゴリ名の書式設定をするには、このオプションをクリックします。こ
のオプションは選択解除できません。
データ
[階層テーブル] の場合、すべての列でデータを表示するには、このオプションを選択します。個別の列の
テキストの表示/非表示を切り替えるには、矢印アイコンをクリックして [データ] リストを展開し、列のチェ
ックボックスを選択/選択解除します。
選択したテキストの書式
この領域の設定を使用して、選択したテキスト要素のテキストの書式設定を行うことができます。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。グ
ローバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照し
てください。
位置
コンポーネントに関係するテキスト要素の位置を設定します。
オフセット
設定位置に対応させてオフセットすることにより、テキスト要素の位置を調整します。
数値の形式
数字テキスト要素の数値書式を設定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
107
[色]タブ
下の表は、セレクタの [色] タブで [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用してください。[色] ダイアログボックス
を使用してコンポーネントの色を設定する方法の詳細については、コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]を参照してくだ
さい。
多くの項目で、次の 3 種類の色を設定できます。
● デフォルトの色: アイテムがアクティブではないときに適用されます。
● マウスオーバー時の色: マウスポインタがアイテムの上にあるときに適用されます。
● 選択時の色:: アイテムの選択時に適用されます。
注記
アラートが [アイコン] コンポーネントで有効にされている場合、[色] オプションが無効にされます。
表 22:
オプション
説明
境界線の色
テーブルコンポーネント周囲の境界線の色。
背景色
コンポーネント要素の背景領域の色。
カテゴリ色
[アコーディオンメニュー] のカテゴリボタン上のテキスト色。
カテゴリの背景
[アコーディオンメニュー] のカテゴリボタン上の背景色。
ヘッダラベル
テーブル列ヘッダのテキスト色。
注記
[階層テーブル] の場合、このテキスト項目は [ヘッダテキスト] と呼ばれます。
ヘッダの背景
ボタン
テーブル列ヘッダの背景色。
[プッシュボタン] または [表示切り替えボタン] の色。ボタンがオンの時とオフの時に対して異なる色を設定す
ることができます。
ラベル
ラベルのテキスト色。
ラベルの背景
ラベルの背景色。
ラベルヘッダの色
画像を伴うコンポーネントの見出しバーの背景色。
注記
[テキスト] タブで、ラベルテキストの色を設定します。
108
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
ドロップダウンボタン
ドロップダウンリストを開く、または閉じるボタンの色。
背景の色 ([ボタンの色]) とドロップダウン記号 ([矢印の色]) に、選択時と未選択時の色をそれぞれ設定する
ことができます。
表示値
[ティッカー] の値のテキスト色。
ソース一覧ラベル
[リストビルダ] のソース一覧における項目のテキスト色。
ソース一覧の背景
[リストビルダ] のソース一覧の背景色。
出力先一覧ラベル
[リストビルダ] の出力先一覧における項目のテキスト色。
出力先一覧の背景
[リストビルダ] の出力先一覧の背景色。
データ
[階層テーブル] 内のデータの行のテキスト色。
サムネイル
[スライドピクチャメニュー] または [魚眼ピクチャメニュー] の画像の背後にあるサムネイル領域の色。
ボタン
コンポーネントのボタンの色。コンポーネントによっては、以下のようなボタンの異なる要素および状態に対して
個別の色を設定できます。
グリッドライン
●
有効なボタン、クリック時のボタン、無効なボタンのボタン背景
●
有効なボタン、クリック時のボタン、無効なボタンの記号
●
デフォルトボタンとクリック時のボタンのボタンラベル
テーブルコンポーネント内の列および行の間の線の色。
[スプレッドシートテーブル] の場合、このオプションは [グリッドラインの色] と呼ばれます。
記号の色
現在の並べ替え方向を示す列ヘッダ上の矢印記号の色。
注記
記号は、設計モードでは表示されません。
行
スプレッドシート内の行の背景色。
一部のテーブルでは、代替行に別の色を設定することもできます。
スクロール バー
スクロールバーを持つコンポーネントのスクロールバーのパーツの色。
オフの色
未選択時の [チェックボックス] の色。
オンの色
選択時の [チェックボックス] の色。
マーカー
[ラジオボタン] のボタンの色。
進捗インジケータ
[水平進捗バー] または [垂直進捗バー] のインジケータの色。トラックとマーカーに対して異なる色を設定する
ことができます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
109
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
セレクタ一般プロパティ [92 ページ]
セレクタ動作プロパティ [99 ページ]
4.2.5 単一値コンポーネントの使用
単一値コンポーネントは、埋め込みスプレッドシート内の個々のセルに、データを表示したり挿入するのに役立ちます。単一値
コンポーネントは、モデルでユーザによる対話操作を可能にしたり、重要なパラメータの値に注意を向けさせるのに使用する
ことができます。
[再生コントロール] 以外のすべての単一値コンポーネントで、アラートを使用できます。アラートの詳細については、アラート
の概要 [166 ページ]を参照してください。
一部の単一値コンポーネントには、機能は同一で外観のみが異なる選択肢があります。たとえば、[スケール] および [スケー
ル 2]、[水平スライダ] および [水平スライダ 2] などです。
入力/出力
すべての単一値コンポーネントは、モデルの入力要素および出力要素として使用できます。入力として使用する場合、単一値
コンポーネントはユーザによる対話操作を許可します。出力として使用する場合、単一値コンポーネントはリンク先の 1 つ以
上のセルの値を表示します。
ユーザの単一値コンポーネントとの対話操作を有効にするには、コンポーネントの [動作] タブで [対話操作を有効にする] オ
プションを選択します。
注記
[対話操作を有効にする] オプションにアクセスするには、式を含まないセルにコンポーネントをバインドする必要がありま
す。式を含むセルにコンポーネントをリンクすると、対話操作が無効になり、コンポーネントは表示コンポーネントになりま
す。
ダイヤル
110
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[ダイヤル] は単一のセルにのみリンクすることができ、通常は入力として使用します。[ダイヤル] をクリックして上下にドラッ
グすることによって値を変更できます。
水平スライダと垂直スライダ
[水平スライダ] および [垂直スライダ] は、単一値にリンクすることができ、通常は入力として使用します。値を変更するには、
スライダをクリックしてドラッグします。
注記
[水平スライダ] または [垂直スライダ] が含まれるモデルを iPad で表示する場合、表示効果および手動目盛はサポートさ
れません。また、[値] が [右上]、[左上]、または[中央上] に設定されている場合、スライダの上に表示されます。
二点スライダ
[二点スライダ] は [水平スライダ] に似ていますが、低値と高値という 2 つの値があります。低値が高値を上回ったり、高値が
低値を下回ることはできません。このコンポーネントは、パラメータの最大値および最低値を示す場合に便利です。値を変更
するには、スライダをクリックしてドラッグします。
水平進捗バーと垂直進捗バー
進捗バーは、資金調達目標に対する進捗などの値を表示する出力コンポーネントとして使用するのに適しています。進捗バ
ーに表示される値が増加するに従い、進捗バー領域が塗りつぶされていきます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
111
メーター
[メーター] は通常、キーメトリクスの値を反映する出力コンポーネントとして使用します。また、複数のセルにリンクして、各値
を [メーター] のマーカーによって表すこともできます。
[メーター] を複数のセルにバインドする場合、メーターは表示コンポーネントとしてのみ機能します。ユーザによる対話操作を
有効にするには、式を含まない単一セルに [メーター] をバインドします。
値
[値] コンポーネントは、1 つの値を単純な外観で表示します。通常、出力コンポーネントとして使用します。ユーザによる対話
操作が有効な場合、コンポーネントをクリックして上下にドラッグすることによって値を変更できます。
スピンボタン
[スピンボタン] は通常、入力コンポーネントとして使用します。ユーザは、上矢印および下矢印をクリックするか、値を入力し
て、値を変更することができます。
再生コントロール
112
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[再生コントロール] は、スプレッドシート内のセルの値を徐々に増やす入力コンポーネントとして機能します。ユーザが再生を
クリックすると、値は最大値に達するまで、事前定義された増分ずつ増加します。このコンポーネントは、単一の変数が一定量
ずつ増加することによって他のデータに与える影響を視覚化するのに役立ちます。
値を変更するには、コントロールボタンをクリックするか、スライダをドラッグします。[対話操作を有効にする] オプションをオフ
にする場合は、コントロールボタンを介してのみ対話操作を行うことができます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
単一値コンポーネント一般プロパティ [113 ページ]
単一値コンポーネント動作プロパティ [114 ページ]
単一値コンポーネント表示プロパティ [117 ページ]
4.2.5.1
単一値コンポーネント一般プロパティ
下の表は、[一般] タブの単一値コンポーネントプロパティを設定するためのガイドとして使用してください。使用できるオプショ
ンはコンポーネントの種類によって異なります。
表 23:
オプション
説明
タイトル
タイトルは、デフォルトではコンポーネント上部の中央に配置されます。
データ
静的に表示される値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートからセルを選択し
ます。ほとんどの単一値コンポーネントで、単一のセルを選択する必要があります。ただし、[メーター] および [二
点スライダ] は、複数のセルにリンクできます。
範囲別
[メーター] の場合は、[メーター] で表示や制御を行うスプレッドシートセルの範囲を選択します。[メーター] コンポ
ーネントは複数のセルにリンクできますが、この場合は表示コンポーネントとしてのみ機能します。実行時に複数
のマーカーを含む [メーター] を操作することはできません。
ヒント
範囲は [インジケータ別] の一覧に反映されます。このため、範囲の選択によって、個々のインジケータの設定
を簡単に始めることができます。
インジケータ別
各インジケータを一覧から選択し、以下の値を設定します。
オプション
説明
名前
マーカー名
値
マーカーのデータ
型
マーカーの外観
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
113
オプション
説明
低い値
[二点スライダ] の左側のマーカーのデフォルト値。静的に表示される値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリ
ックし、埋め込みスプレッドシートからセルを選択します。
高い値
[二点スライダ] の右側のマーカーのデフォルト値。静的に表示される値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリ
ックし、埋め込みスプレッドシートからセルを選択します。
手動
コンポーネントの目盛の [最小制限] と [最大制限] の値を定義するには、このオプションを選択します。
最小制限
コンポーネントの目盛の最小制限値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートか
らセルを選択します。
最大制限
コンポーネントの目盛の最大制限値を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートか
らセルを選択します。
自動
コンポーネントのデータに基づいて目盛の最小制限と最大制限を計算させるには、このオプションを選択します。
計算方法を選択することもできます。使用できるオプションはコンポーネントの種類によって異なります。
オプション
説明
値ベース
値の前後の範囲で制限を設定します。この範囲のサイズは、
値のサイズ自体によって変化します。
ゼロベース
最大制限は [値ベース] と同様であり、最小制限は 0 に設定
されます。
ゼロ中心
最大制限は [値ベース] と同様であり、最小制限は最大制限
値の負数として設定されます。このため、範囲の中心はゼロ
になります。
アラートベース
範囲は、[アラート] タブの [アラートのしきい値] テーブルに
設定した範囲に対応します。アラートベースの目盛を使用す
るには、アラートを [値ベース] で設定する必要があります。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
単一値コンポーネント動作プロパティ [114 ページ]
単一値コンポーネント表示プロパティ [117 ページ]
4.2.5.2
単一値コンポーネント動作プロパティ
単一値コンポーネントの [動作] プロパティの設定ガイドとして、次の表を使用します。使用できるオプションはコンポーネント
の種類によって異なります。
114
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
表 24:
オプション
説明
[共通]タブ
進捗の移動、スライダの
移動、または針の移動
このオプションでは、コンポーネントの値の変更に関する精密度を指定します。次のいずれかのオプションを選
択します。
オプション
説明
増分
指定した増分単位で値を変更できます。たとえば、増分を
10 に設定した場合、コンポーネントの値は 10、20、30 な
どに設定できます。
増分を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックし、埋め
込みスプレッドシートからセルを選択します。
オブジェクトの弾力性
主目盛
目盛の主目盛と対応する値のみを設定できます。
主目盛と補助目盛
目盛の主目盛と補助目盛に対応する値を設定できます。
このオプションは、ユーザが [メーター] の針を新しい値に移動したときに、針がどの程度前後に振れるかを指
定します。弾力性を無効にすると、針はすぐに新しい値に移動します。弾力性を加えると、針は動的なアニメー
ションを伴い移動します。
増分
このオプションでは、コンポーネントの値を変更するたびに値がどの程度変化するかを指定します。
増分を入力するか、セルセレクタ (
制限
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートからセルを選択します。
このオプションは、モデルの実行時の制限を指定します。[最小]制限と[最大]制限について、以下のオプショ
ンから選択します。
対話機能を有効にする
オプション
説明
固定
制限は固定値であり、ユーザは制限を超える値を入力する
ことはできません。
調整可能
ユーザは実行時に制限を調整できます。
開く
制限が削除されます。
このオプションを選択した場合、ユーザはコンポーネントの値を変更できます。コンポーネントでユーザからの入
力を受け入れないようにするには、このオプションをクリアします。
注記
[再生コントロール] の場合は、[対話操作を有効にする] の選択の有無を問わず、ユーザはコントロールボ
タンをクリックできます。
自動サイズ変更
このオプションを選択した場合、コンポーネントが自動的に展開されるか、入力された値に合わせたサイズにな
ります。
マウスの感度
このオプションでは、コンポーネントのマウスの動きに対する感度を指定します。高い値を設定すると、マウスが
動いたときに値が大きな増分の単位で変化します。低い値を設定すると、マウスが動いたときに値はゆっくり変
化します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
115
オプション
説明
マウストラッキング
このオプションでは、コンポーネントの値を変更するための [メーター] または [ダイヤル] の針のドラッグ方法を
指定します。次のいずれかのオプションを選択します。
●
垂直: マウスポインタを上下に動かして値を変更します。
●
放射状: マウスポインタを円を描くように動かして値を変更します。
注記
ユーザが針の調整を開始すると、カーソルがこの設定に合わせて変化します。[垂直] トラッキングの場合は
垂直の矢印が表示され、[放射状] トラッキングの場合は、円形の矢印が表示されます。
スクロールの動作
このオプションでは、値の変更方法を指定します。次のいずれかのオプションを選択します。
●
手動: 値は、ユーザがマウスをドラッグする上下の幅に直接対応します。値を変更するには、ユーザはマ
ウスを上下にドラッグする必要があります。
●
自動: ユーザがコンポーネントの上または下でマウスをドラッグし、マウスボタンを押している間は、それ以
上マウスを動かさなくても値が変化し続けます。
再生ボタンを有効にする
このオプションが選択された場合、再生ボタンがコンポーネントで使用可能です。ユーザが [再生] ボタンをクリ
ックすると、コンポーネントに設定された増分でコンポーネントが最小値と最大値の間を循環します。
注記
[水平進捗バー] および [垂直進捗バー] コンポーネントについては、[再生ボタンを有効にする] が有効化さ
れている場合、コンポーネント値の循環中はコンポーネントの進捗バーを操作できません。
自動再生
このオプションを選択した場合、モデルのロード時にコンポーネントの再生シーケンスで自動的に再生されま
す。
再生時間
このオプションにより、再生シーケンスの期間を設定できるようになります。1 から 100 秒の間で、再生秒数をボ
ックスに入力します。
自動巻き戻し
このオプションを選択した場合、再生シーケンスが最大値に到達すると、自動的に最小値に巻き戻されます。
自動リプレイ
このオプションを選択した場合、再生シーケンスが自動的に繰り返されます。
Dynamic Visibility(動的
このオプションを使用して、モデルにおいてセレクタが表示されるタイミングを制御する条件を指定することがで
ディスプレイ)*
きます。
動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してくだ
さい。
[アニメーションと効果]タブ
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的ディスプレイを使用し
たコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
116
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
サウンドを有効にする
一部のコンポーネントにサウンド効果を追加できます。サウンド効果は、ユーザがコンポーネントを操作したとき
に開始されます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
単一値コンポーネント一般プロパティ [113 ページ]
単一値コンポーネント表示プロパティ [117 ページ]
4.2.5.3
単一値コンポーネント表示プロパティ
[レイアウト] タブ
単一値コンポーネントの[レイアウト]タブの[表示]プロパティの設定ガイドとして次の表を使用します。使用できるオプションは
コンポーネントの種類によって異なります。
表 25:
オプション
説明
目盛を有効にする
このオプションを選択した場合、値を示す小さいマーカー(目盛)がコンポーネントで表示されます。
自動目盛
このオプションでは、目盛のサイズに従って自動的に目盛の数が設定されます。
手動
このオプションにより目盛の表示をカスタマイズできます。次のいずれかのオプションを選択します。
●
●
目盛の数: コンポーネントに含める主目盛と補助目盛の数を指定できます。
仕切のサイズ: 目盛間の増分を設定できます。主目盛と補助目盛の両方の値を設定することができま
す。
放射状の定義
[ダイヤル] または [メーター] の場合、このオプションにより目盛の最小値および最大値の位置を設定できま
す。
[最小角度] および [最大角度] の両方について、針が回転可能な角度を入力します。
注記
[動作] タブの [最小制限] が [オープン] に設定されている場合、[最小角度] 値は設定できません。[最
大制限] が [オープン] に設定されている場合は、[最大角度] は設定できません。
背景を表示
[値] コンポーネントで背景を表示する場合は、このオプションを選択します。選択しない場合、コンポーネント
は透明になります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
117
オプション
説明
レイアウトオプション
このオプションは、[再生コントロール] で表示される要素を決定します。含める要素を以下から選択します。
●
[巻き戻し/早送り] ボタン
●
[前/次] ボタン
●
[スライダ] (進捗バー)
[テキスト]タブ
単一値コンポーネントの [テキスト] タブの [表示] プロパティの設定ガイドとして次の表を使用します。
[表示] 列で、表示する各テキストアイテムのチェックボックスを選択します。次に、テキストアイテムを選択して、テキスト表示
の書式を設定します。テキストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照
してください。使用できるオプションはコンポーネントの種類によって異なります。
表 26:
オプション
説明
タイトル
コンポーネントの上に表示されるタイトル。
値
現在の値。[値] および [スピンボタン] コンポーネントの場合、このオプションをクリアできません。
制限
コンポーネントの上限と下限です。
選択したテキストの書式
この領域の設定を使用して、選択したテキスト要素の書式設定を行うことができます。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。グ
ローバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照し
てください。
位置
コンポーネントに関係するテキスト要素の位置を設定します。
オフセット
設定位置に対応させてオフセットすることにより、テキスト要素の位置を調整します。
数値の形式
数字テキスト要素の数値書式を設定します。
[色]タブ
単一値コンポーネントの[色]タブの[表示]プロパティの設定ガイドとして次の表を使用します。使用できるオプションはコンポ
ーネントの種類によって異なります。
コンポーネント要素の色を設定するには、カラーセレクタ (
) をクリックして、[色] ダイアログボックスで使用する色を選択し
ます。
118
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
表 27:
オプション
説明
[インジケータ] テーブル
[メーター] の各マーカーの色。
針の色
[ダイヤル] のマーカーの色。
フレームの色
[メーター] コンポーネントの外側周囲のフレームの色。
グリップの色
[ダイヤル] 表面の端の色。
中央の色
針が取り付けられている [メーター] の中央の色。
背景色
コンポーネント要素の背景領域の色。
再生ボタンの色
[再生ボタン] の色。
再生記号の色
[再生ボタン] に表示される矢印記号の色。
マーカーの色
[スライダ] または [再生コントロール] バーのマーカー。
進捗バーの場合は、[マーカーの色] で進捗バーの完了部分の色を設定します。
低い値マーカーの色
[二点スライダ] の左側のマーカーの色。
高い値マーカーの色
[二点スライダ] の右側のマーカーの色。
トラックの色
[スライダ] または [進捗バー] のトラック領域の色。
目盛の色
コンポーネントの目盛マーカーの色。
制限の背景色
コンポーネントの調整可能な制限項目のテキストの背景色。
[上ボタン] および [下ボタン]
[スピンボタン] の値を上下させるボタンの色。
各ボタンに対して複数の色を設定できます。
●
ボタンの色: ボタンの背景色。
●
記号の色: ボタン上の上向き矢印記号の色。
●
クリック時のボタンの色: ユーザがクリックしたときのボタンの背景色。
●
クリック時の記号の色: ユーザがクリックしたときのボタン上の上向き矢印記号の色。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
単一値コンポーネント一般プロパティ [113 ページ]
単一値コンポーネント動作プロパティ [114 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
119
4.2.6 マップコンポーネントの使用
マップコンポーネントは、データの地域別表示が可能な地理表現を使用してモデルを作成します。
マップコンポーネントでは、データの地域別表示に加え、各地域をセレクタとして機能するように設定することもできます。これ
ら 2 つの機能を組み合わせ、ユーザが地域にマウスをあてるとその地域のデータを表示し、かつ、ユーザが地域をクリックす
るとその地域の詳細が表示されるようなモデルを作成することができます。
使用方法について
このソフトウェアでは、地域キーを使用してマップ内の各地域にデータが関連付けられます。各マップのデフォルト地域キー
は、その地域の正式名です。独自の地域キーを入力することもできます。マップがデータ範囲にバインドされていると、コンポ
ーネントは、地域キーの該当範囲の最初の列または最初の行を検索します。そのキーに対応する行または列内のデータは、
その地域と関連付けられます。
各地域に関連付けられている地域キーを編集するには、手動編集 (
ボックスの横にあるセルセレクタ (
) をクリックして新しいキーを入力するか、[地域キー]
) をクリックして新しいキーを含む行または列を選択します。
注記
スプレッドシートでは、[表示データ] と [ソースデータ] の両方に対して、地域キーとデータを隣接したセルに入力する必要
があります。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.6.1
マップ一般プロパティ
下の表を、マップコンポーネントの [一般] ビューでプロパティを設定するためのガイドとして使用します。
表 28:
オプション
説明
タイトル
タイトルは、デフォルトではコンポーネント上部の中央に配置されます。
120
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
地域キー
地域キーは、マップコンポーネントの各地域に使用されるコードを定義します。この
コードは、[表示データ] と [ソースデータ] で選択された範囲の埋め込みスプレッド
シートに含まれている必要があります。各マップには、地域の完全な名前に対応
する、デフォルトの地域キーの設定があります。デフォルト値を使用するか、データ
に合わせてコードをカスタマイズすることができます。
表示データ
●
地域キーを照会および変更するには、手動編集ボタンをクリックします。
●
埋め込みスプレッドシートのセルからコードを割り当てるには、セルセレクタボ
タンをクリックします。
[表示データ] は特定のマップの地域に関連付けられており、ユーザが地域をクリ
ックするかマウスオーバーすると、コンポーネントに表示されます。セルセレクタ
(
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートから範囲を選択します。
データ範囲を選択する場合、地域キーがある列または行を含める必要がありま
す。ソフトウェアでの地域キーの検索時には、テーブルの行数と列数が特定され、
キーを含むセルを検索するため、以下のような一連の手順を実行します。
●
範囲内に 2 つの列と 3 つ以上の行がある場合、最初の列でキーが検索され
ます。
●
範囲内に 2 つの行と 3 つ以上の列がある場合、最初の行でキーが検索され
ます。
●
範囲内に 2 つの行と 2 つの列がある場合、最初の列と最初の行でもっとも
数の多いキーが検索されます。
挿入タイプ
このオプションでは、ユーザが地域をクリックしたときに挿入されるデータの種類を
決定します。[行] または [列] からのデータの挿入を選択できます。
ソースデータ
このオプションでは、地域をクリックしたときにテーブルに挿入されるデータを指定
します。データ範囲を選択する場合、地域コードがある列または行を含める必要が
あります。このソフトウェアでは、地域コードを使用してデータが特定の地域に関連
付けられます。
セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートから範囲を選択しま
す。
出力先
このオプションでは、スプレッドシートでソースデータが挿入される場所を指定しま
す。選択したセルは、[挿入タイプ]およびソースデータのサイズ一致している必要
があります。
注記
出力先セルは空である必要があります。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
マップ動作プロパティ [122 ページ]
マップ表示プロパティ [122 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
121
4.2.6.2
マップ動作プロパティ
下の表を、マップの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。
表 29:
オプション
説明
[共通]タブ
ユーザが地域を選択する方法を指定します。[マウスクリック] と [マウスオーバー] のどちらかを選択し
対話操作
ます。
地域
モデルを最初に開いたときと、ユーザによる選択の実行前に選択される地域を指定します。
Dynamic Visibility(動的ディスプ
このオプションを使用して、モデルにおいてマップが表示されるタイミングを制御する条件を指定するこ
とができます。動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170
レイ)*
ページ]を参照してください。
[アニメーションと効果]タブ
サウンドを有効にする
マップコンポーネントにサウンド効果を追加できます。サウンド効果は、ユーザが地域を選択したときに
実行されます。
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的ディスプレイ
を使用したコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
マップ一般プロパティ [120 ページ]
マップ表示プロパティ [122 ページ]
4.2.6.3
マップ表示プロパティ
[レイアウト]タブ
下の表を、マップコンポーネントの [レイアウト] タブで [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。
表 30:
オプション
説明
透明度
マップの後ろにあるオブジェクトがどの程度はっきりと見えるかを指定します。スラ
イダの値を 0 から 100 の間に設定します。0 にした場合は透明度が全くなくなり、
100 にした場合は非表示になります。
122
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[テキスト] タブ
下の表を、セレクタの [テキスト] タブで [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。
[表示] 列で、表示する各テキストアイテムのチェックボックスを選択します。次に、テキストアイテムを選択して、テキスト表示
の書式を設定します。テキストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照
してください。
表 31:
オプション
説明
タイトル
マップのタイトルです。
マウスオーバー時のラベル
ユーザが地域にマウスオーバーしたときに、地域ラベル (つまり地域キー) が表示
されます。
マウスオーバー時の値
ユーザが地域にマウスオーバーしたときに、地域の表示データが表示されます。こ
のオプションおよび [マウスオーバー時のラベル] を選択すると、ラベルと値が並
んで表示されます。
選択したテキストの書式
この領域の設定を使用して、選択したテキスト要素のテキストの書式設定を行うこ
とができます。同じ書式設定が、[マウスオーバー時のラベル] および [マウスオー
バー時の値] に適用されます。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプ
は変更できません。グローバルフォントの詳細については、グローバルフォント
オプションを設定する [30 ページ]を参照してください。
位置
[タイトル] の場合、このオプションはコンポーネントに対応させてテキストの位置を
設定します。
オフセット
[タイトル] の場合、このオプションで、テキストの設定位置に対応させてオフセット
することにより、テキストの位置を調整できます。
数値の形式
[マウスオーバー時の値] の場合、このオプションで数値の形式を設定できます。
[色]タブ
下の表は、マップの [色] タブで [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。
コンポーネント要素の色を設定するには、カラーセレクタ (
) をクリックして、[色] ダイアログボックスで使用する色を選択し
ます。
表 32:
オプション
説明
デフォルトの色
スプレッドシートのデータに関連付けられておらず、選択できない地域の色です。
マウスオーバー時の色
ユーザがマウスオーバーしたときに選択可能な地域の色です。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
123
オプション
説明
選択時の色
選択した地域の色です。
選択可能を示す色
スプレッドシートのデータに関連付けられており、選択可能な地域の色です。
罫線の色
マップ内の罫線の色です。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
マップ一般プロパティ [120 ページ]
マップ動作プロパティ [122 ページ]
4.2.7 テキストコンポーネントの使用
このカテゴリには、ラベルを表示したりモデルにテキストを入力するためのコンポーネントが含まれています。
テキストコンポーネントには、モデルの領域や要素を識別する静的テキストを挿入できるほか、モデルに表示されるテキストが
動的に変化するように、埋め込みスプレッドシートのセルにテキストコンポーネントをリンクすることができます。これらのセル
には、書式オプションを増やすために HTML コードで式を含めることができます。
このソフトウェアには、以下のテキストコンポーネントが含まれています。
入力テキスト領域
[入力テキスト領域] には、ユーザが実行時に編集することができる複数行のテキストを表示できます。
ラベル
[ラベル] では、モデルにテキストボックスを追加できます。このコンポーネントは、通常、タイトル、サブタイトル、説明、ヘルプ
などを追加するのに使用します。
124
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
[ラベル] が含まれるモデルを iPad で表示する場合、HTML 書式および表示効果はサポートされません。
入力テキスト
[入力テキスト] コンポーネントには、ユーザが実行時に編集することができる 1 行のテキストを表示できます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.7.1
テキスト一般プロパティ
下の表を、[一般] タブでテキストコンポーネントのプロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプション
はコンポーネントの種類によって異なります。
表 33:
オプション
説明
リンク先セル
このオプションを選択すると、埋め込みスプレッドシートのセルのテキストが表示されます。セル内のデ
ータの変更は、コンポーネントに反映されます。このオプションを使用して、モデル内のデータまたはユ
ーザの選択に基づいて更新される式を定義することにより、動的ラベルを設定することができます。
スプレッドシートの書式設定を使
用
テキストの入力
セルにリンクされた [ラベル] の場合は、このオプションを選択して、埋め込みスプレッドシートの書式設
定をモデル内のテキストに適用できます。
このオプションを選択すると、コンポーネントに表示するテキストを手動で入力できるようになります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
125
オプション
HTML フォーマットを有効にする
説明
このオプションを選択すると、[ラベル] または [入力テキスト領域] のテキスト書式設定に HTML コード
を使用できるようになります。複数の HTML コードがサポートされています。
●
アンカータブ: <a>
●
太字タグ: <b>
●
改行タグ: <br>
●
フォントタグ: <font>
●
画像タグ: <img>
●
斜体タグ: <i>
●
リストアイテムタグ: <li>
●
段落タグ: <p>
●
テキストフォーマットタグ: <textformat>
●
下線タグ: <u>
注記
モデルを PowerPoint にエクスポートしてテキストに HTML 形式のリンクを含める場合は、リンクタ
グに target="_blank" を追加して、PowerPoint がリンクを新しいウィンドウで開くようにする
必要があります。たとえば、<a href="http://
www.google.com"target="_blank"> のように記述します。この "target" 指定を記述し
ない場合は、ユーザが PowerPoint のリンクを開く際に、リンクを右クリックして [新しいウィンドウで
開く] を選択する必要があります。
ロード時にデータを挿入
このチェックボックスを選択すると、実行時にモデルが最初に開かれるときにデフォルトテキストが出力
先セルに挿入されます。
出力先
このオプションでは、スプレッドシートでテキストが挿入される場所を指定します。
注記
出力先セルは空である必要があります。
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位で
あり、セルにバインドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更
新されます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
テキスト動作プロパティ [127 ページ]
テキスト表示プロパティ [129 ページ]
126
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
4.2.7.2
テキスト動作プロパティ
下の表を、テキストコンポーネントの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプションはコン
ポーネントの種類によって異なります。
表 34:
オプション
説明
[共通]タブ
すべての入力をテキストとして処理
このオプションを選択すると、入力はテキスト文字列として扱われます。テキストを数式や計
算で使用することはできません。
このオプションを選択しない場合、コンポーネントに入力された数値は計算または式に使用
できます。
パスワード保護を有効にする
このオプションは、ユーザがパスワードを入力する [入力テキスト] コンポーネントに対して
選択します。入力された文字列はアスタリスク (*) として表示されます。
最大文字数
このオプションを使用して、ユーザが入力できる文字数を制限します。
使用できる文字の設定
このオプションにより、[入力テキスト] コンポーネントにユーザが入力できる文字セットを制
御できます。デフォルトで、すべての文字が許可されています。許可の文字の定義に関する
詳細については、テキストベースコンポーネントにおける文字の制限 [128 ページ]を参照
してください。
水平スクロールバー
テキストがテキスト領域の幅を超過した場合、スクロールバーによってユーザがテキストの
間をスクロールすることができます。次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
オン
水平スクロールバーが常に表示されます。
オフ
水平スクロールバーが表示されません。
自動
テキストがテキスト領域の幅を超過した場合に
のみ水平スクロールバーが表示されます。
注記
iPad で表示した場合、水平スクロールバーが [オフ] に設定されている [ラベル] コンポ
ーネントは、コンポーネントに定義されている高さより高くなるテキストを切り捨てます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
127
オプション
説明
垂直スクロールバー
テキストがテキスト領域の高さを超過した場合、スクロールバーにより、ユーザがテキストの
間を移動することができます。次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
オン
垂直スクロールバーが常に表示されます。
オフ
垂直スクロールバーが表示されません。
自動
テキストがテキスト領域の高さを超過した場合に
のみ垂直スクロールバーが表示されます。
注記
iPad で表示した場合、垂直スクロールバーが [オフ] に設定されている [ラベル] コンポ
ーネントは、コンポーネントに定義されている幅より長くなるテキストを切り捨てます。
Dynamic Visibility(動的ディスプレイ)*
このオプションを使用して、モデルにおいてテキストコンポーネントが表示されるタイミングを
制御する条件を指定することができます。動的ディスプレイの使用の詳細については、コン
ポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
[アニメーションと効果] タブ
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的デ
ィスプレイを使用したコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定し
ます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
テキスト一般プロパティ [125 ページ]
テキスト表示プロパティ [129 ページ]
4.2.7.2.1
テキストベースコンポーネントにおける文字の制限
デフォルトでは、ユーザは入力テキストコンポーネントですべての文字を入力することができます。必要に応じて、入力テキス
トコンポーネントでユーザが特定の文字を入力できないように設定することができます。たとえば、ユーザが名前を入力する必
要がある場合は、数字、区切り記号、および特殊文字の入力を無効にすることができます。
使用できる文字を制限する方法:
1. [プロパティ]パネルで、
動作
一般 を選択します。
2. [使用できる文字の設定] ボックスで、使用できる文字と使用できない文字を入力するか、セルセレクタボタン (
) をクリ
ックし、値を含むスプレッドシートのセルを選択します。
128
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
使用できる文字セットを定義する際には、以下の規則に従います。
効果
表記方法
特定の文字の許可
文字を入力します。たとえば、「abcABC」と入力します。
特定の文字の禁止
文字の前にキャレット (^) を入力します (^abcABC など)。
値の範囲の許可
最初と最後の文字をダッシュ (-) で分割します (a-zA-Z など)。
入力可能文字と禁止文字の切り替え
禁止文字をキャレット (^) で囲みます。たとえば、
abc^def^gh は "abcgh" が入力可能であり、"def" が入力不
可能であることを示します。
キャレット(^)、ダッシュ(-)、またはバックスラッシュ(¥)文字の許
これらの特殊文字の前にバックスラッシュ (¥) を入力します。たと
可または禁止
えば「^¥^¥-¥¥^」と入力した場合は、これら 3 文字が無効にな
ります。
一般文字セットの使用
一般文字セットには、以下が含まれます。
○
負の数を含む整数: ¥-0-9
○
負の数を含む実数: ¥-0-9.
○
分数: ¥-/0-9
○
正の整数: 0-9
○
正の実数: 0-9.
○
英字: a-zA-Z
○
英数字: 0-9a-zA-Z
関連情報
テキスト動作プロパティ [127 ページ]
4.2.7.3
テキスト表示プロパティ
下の表を、テキストコンポーネントの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプションはコン
ポーネントの種類によって異なります。
表 35:
オプション
説明
[レイアウト]タブ
折り返して全体を表示
選択された場合、テキスト領域の幅よりも長いテキスト行は次の行に折り返されます。
透明度
コンポーネントの背後にあるオブジェクトが見えるようにするかを指定します。透明度を 0 に設定した
場合、コンポーネントの後ろにあるオブジェクトはユーザには見えません。透明度を 100 に設定した場
合、コンポーネントは完全に透明であり、ユーザには見えません。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
129
オプション
説明
境界線の描画対象
境界線を描画するラベルの 1 つまたは複数の面を選択します。[上]、[下]、[左]、[右]、または [すべ
ての面] を選択できます。このとき、さらに [境界線を表示] を選択して、色および [境界線の太さ] も選
択する必要があります。
塗りつぶしを表示
選択された場合、ラベルの背景は塗りつぶしになります。このとき背景色を選択できます。
[テキスト]タブ
選択したテキストの書式
この領域の設定を使用して、選択したテキスト要素のテキストの書式設定を行うことができます。テキ
ストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照して
ください。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。
グローバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参
照してください。
数値の形式
一部のテキスト要素の数値書式を設定することができます。
[色]タブ
背景色
テキストの背景領域の色。
スクロール バー
スクロールバーのパーツに対する色。
塗りつぶしの色
ラベルのテキストの背景領域。
注記
[塗りつぶしを表示]が[レイアウト]タブで選択されている場合、このオプションが使用可能です。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
テキスト一般プロパティ [125 ページ]
テキスト動作プロパティ [127 ページ]
4.2.8 その他のコンポーネントの使用
[その他] カテゴリには、モデルの拡張に使用できる多彩なコンポーネントのセットが含まれます。このカテゴリには、以下のコ
ンポーネントが含まれています。
130
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
カレンダ
[カレンダ] は、日付の選択をモデルに取り込むことができるセレクタです。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ローカルシナリオボタン
[ローカルシナリオボタン] を使用すると、モデルのランタイム設定をローカルマシンに保存しロードできます。保存後は、モデ
ルを閉じた後でも、これらの設定またはシナリオをもう一度ロードすることができます。ユーザには、保存したシナリオをデフォ
ルトシナリオとして設定し、モデルを開いたときにそのシナリオがロードされるようにするオプションも用意されています。これら
のシナリオはローカルマシンに保存され、モデルが別のマシンで開いている場合は使用できません。
トレンドアイコン
[トレンドアイコン] は、矢印によって値が正または負のどちらの傾向を示しているかを表します。アイコンは、単一セルにリンク
されます。
● セルの値が正の場合、矢印は上方向を示します。
● セルの値が 0 の場合、記号は中間を示します。
● セリの値が負の場合、矢印は下方向を示します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
131
履歴
[履歴] コンポーネントは、単一セルの値の変化を追跡し、出力先セルの範囲に異なる値を挿入します。このコンポーネントを
使用すると、ワークシートデータの変更の影響を簡単に知ることができます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
パネルセット
[パネルセット] は、プレゼンテーション内のファイル間を簡単に移動できる一連のフレーミングオプションです。JPEG または
SWF ファイルをパネルセットコンポーネントのフレームに埋め込み、豊富な書式設定機能を調整してモデルでのコンポーネン
トの外観をカスタマイズできます。
注記
このコンポーネントには、SWF ファイルとしてエクスポートされた Dashboards モデルを埋め込むことはできません。これを
行うには、代わりに [SWF ローダ] を使用する必要があります。詳細については、Web 接続コンポーネントの使用 [149
ページ]を参照してください。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ソースデータ
132
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[ソースデータ] コンポーネントには、ビジュアルなインタフェースがありません。このコンポーネントコンポーネントに関連付けら
れている [選択アイテムインデックス] が変更されると、出力先セルにデータがプッシュされます。たとえば、このコンポーネント
により、ユーザは [選択アイテムインデックス] にリンクされた単一値セレクタを変更することによって複数のデータ行間を循環
することができます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
トレンドアナライザ
[トレンドアナライザ] は、データ分析と予測を結合します。このコンポーネントは、スプレッドシートデータを分析し、トレンドライ
ンのデータ要素をスプレッドシートに挿入します。これは後でモデルに追加できます。このコンポーネントは、既存値に基づい
て予測を行うように設定することもできます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
印刷ボタン
[印刷ボタン] を使用すると、実行中のモデルを簡単に印刷できます。印刷ボタンをクリックすると、SWF ファイルを印刷できま
す。印刷ボタンはキャンバスの一部で、印刷時に表示されます。
リセットボタン
[リセットボタン] はモデルを元の状態に戻します。コンポーネントとのやり取りの後に、このボタンをクリックして、変更内容をク
リアすることができます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
133
グリッド
[グリッド] は、スプレッドシートのデータを表示する動的テーブルです。ユーザは実行時に新しい値をこのコンポーネントに入
力できます。[グリッド] にはヘッダ行または列レベルは含まれず、数値データのみにリンクする場合に最も役に立ちます。
[グリッド] は、実行時にユーザがセルの値を手動で編集できる点で、[スプレッドシート] コンポーネントや [リストビュー] コンポ
ーネントとは異なります。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
その他のコンポーネントの一般プロパティ [134 ページ]
その他のコンポーネントの動作プロパティ [137 ページ]
その他のコンポーネント表示プロパティ [139 ページ]
4.2.8.1
その他のコンポーネントの一般プロパティ
下の表を、その他のコンポーネントの [一般] タブでプロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプショ
ンはコンポーネントの種類によって異なります。
表 36:
オプション
説明
タイトル
タイトルテキストを入力するかセルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートからタイトルテキス
トを選択します。タイトルは、デフォルトではコンポーネント上部の中央に配置されます。
ラベル
ボタンに表示されるテキストを指定します。
ボックスにテキストを入力するかセルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートからラベルテキ
ストを選択します。
パネルのタイトル
これらのタイトルは、[パネルセット] の各フレームに表示されます。
[レイアウト] を選択してからパネルタイトルを設定します。セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッ
ドシートからタイトルテキストを選択するか、手動編集ボタンをクリックし、各パネルのタイトルを入力します。
134
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
レイアウト
[パネルセット] の場合、リストからパネルの整列方法を選択します。
パネル
[パネルセット] の場合、リストにおけるパネルの数は、選択したレイアウトと一致します。各パネルを選択し、コ
ンテンツオプションを設定します。
コンテンツタイプ
[パネルセット] の場合、このオプションにより、選択したパネルで提供される情報のタイプを指定します。次の
いずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
なし
パネルは空白です。
埋め込み JPEG または SWF
パネル用の画像ファイルがモデルとともに保存されます。
[インポート] ボタンをクリックし、ファイルの場所を指定しま
す。
URL を指定
実行時に外部 URL の場所からパネル用の画像ファイル
が読み込まれます。セルセレクタ (
) をクリックし、埋め
込みスプレッドシートから URL を選択するか、手動編集
(
) をクリックし、URL を手動で入力し、[アプリケーショ
ンドメイン] を選択します。
ドロップダウンメニューラベ
ル
[パネルセット] の場合、このオプションにより、各パネルのドロップダウンリストに表示されるテキストを指定し
ます。パネルに複数の画像が含まれている場合、ユーザはこのリストを使って、表示する画像を選択できま
す。
[パネル] リストでパネルを選択して、セルセレクタ (
ベルテキストを選択するか、手動編集 (
) ボタンをクリックし、埋め込みスプレッドシートからラ
) をクリックし、ラベルテキストを入力します。
パネルの画像より多くのラベルを作成すると、余分なラベルはドロップダウンリストに表示されません。
挿入タイプ
このオプションでは、選択時に挿入される情報のタイプを指定します。次のいずれかのオプションを選択しま
す。
[カレンダー]コンポーネント:
●
日: 月の日にち番号を挿入します。たとえば、2011 年 4 月 7 日は "7" として挿入されます。
●
日付: 1900 年 1 月 1 日から数えた日付番号を挿入します。たとえば、2011 年 4 月 7 日は "40640" と
して挿入されます。
[ソースデータ] コンポーネント:
●
値: 単一セルからの値を挿入します。
●
行: 値をデータの行に挿入します。
●
列: 値をデータの列に挿入します。
ソースデータ
選択のソースデータの場所を指定します。セルセレクタ (
) をクリックし、スプレッドシートから範囲を選択し
ます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
135
オプション
説明
出力先
コンポーネントがデータを挿入するスプレッドシートの場所を指定します。セルセレクタ (
) をクリックし、ス
プレッドシートの範囲を選択します。
注記
出力先の範囲に必要なサイズは、[挿入タイプ]で選択した構造によって異なります。コンポーネントがデー
タの列または行を挿入する場合、もっとも大きいデータの列または行を入れるのに十分な大きさの範囲を
選択してください。
月の出力先
選択した日付の月の値を挿入するスプレッドシートの場所です。
年の出力先
選択した日付の年の値を挿入するスプレッドシートの場所です。
データ
コンポーネントで使用されるソースデータを指定します。セルセレクタ (
) をクリックし、スプレッドシートの範
囲を選択します。
[トレンドアイコン] では、このセルの値が 0 よりも大きい場合、コンポーネントに上向きの矢印が表示されま
す。値が 0 未満の場合、下向き矢印が表示され、値が 0 の場合は中立の記号が表示されます。
[グリッド] では、値が選択した各セルに対して表示され、スプレッドシートと同じ順序に配置されます。スプレッ
ドシートの値の変更は、グリッドに反映されます。ユーザは、実行中にグリッドを編集することによりスプレッド
シートの値を変更することもできます。
[最小制限] および [最大
制限]
これらのオプションでは、ユーザが [ グリッド] に入力できる値の上限と下限を指定します。ボックスに制限を
入力するかセルセレクタ (
色
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートから限度値を選択します。
[トレンドアイコン] の場合、このオプションにより異なるトレンドを表す色を指定します。各オプションの色を次
のように選択します。
データの出力先
オプション
説明
正の値の色
データ値が 0 よりも大きい場合のアイコンの色です。
ゼロ値の色
データ値が 0 の場合のアイコンの色です。
負の値の色
データ値が 0 よりも小さい場合のアイコンの色です。
[履歴] コンポーネントの場合、このオプションによりデータが挿入される埋め込みスプレッドシート内の場所を
指定します。この範囲内のセルの数により、保存される履歴データ数が決定されます。範囲内の各セルに値
がある場合、新しい履歴値が挿入されるたびに、最も古い値が上書きされます。
単一列の範囲の場合、新しい値は常に一番下のセルに挿入され、新しい値が挿入されるたびに行によってデ
ータが上に移動されます。
単一行で構成される範囲も同じように動作します。新しい値は、一番右側のセルに挿入されます。
複数行および複数列が範囲に含まれる場合、より新しいデータが右下のセルに挿入されます。最下行がいっ
ぱいになるまでデータは右に移動され、次の行が右から左へと入力されます。
値の変更時
[履歴] コンポーネントの場合、このオプションを選択すると、セルの値が変更されるたびにセルの履歴が記録
されます。
136
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
間隔
[履歴] コンポーネントの場合、このオプションを選択すると、セルの履歴が一定の間隔で記録されます。[時間
(秒)] ボックスで、間隔の長さを指定します。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
その他のコンポーネントの動作プロパティ [137 ページ]
その他のコンポーネント表示プロパティ [139 ページ]
4.2.8.2
その他のコンポーネントの動作プロパティ
下の表を、その他のコンポーネントの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプションはコ
ンポーネントの種類によって異なります。
表 37:
オプション
説明
[共通]タブ
デフォルトの日付
[カレンダ] では、このオプションはモデルのロード時に最初に選択される日付を指定します。次のいず
れかのオプションを選択します。
●
現在の日付を使用: カレンダが現在の日付でロードされます。
●
カスタム日付を使用: カレンダが選択した特定の日付でロードされます。[日]、[月]、および[年]
の値を入力します。
カレンダの範囲制限を有効にする [カレンダ] では、このオプションは有効な日付範囲を制限します。このオプションを選択した場合、[開
始月]、[開始年]、[終了月]、および [終了年] の値を入力し、選択可能な範囲を定義します。
増分
[対話操作を有効にする] が選択された [グリッド] では、ユーザが実行中に入力可能な数値を制限でき
ます。ユーザは、[増分] の倍数のみを入力できます。たとえば、[増分] に 12 と入力した場合、ユーザ
はグリッドに 0、12、24、36 といった値を設定できます。[増分] 設定は、ロード時にグリッドに表示され
る最初のデータには影響しません。
最小制限
[対話操作を有効にする] が選択された [グリッド] では、ユーザが実行中に入力可能な数値の制限を
設定できます。この設定は、[一般] ビューの [最小制限] に基づきます。次のいずれかのオプションを
選択します。
●
オープン: ユーザは [最小制限] 未満の値を入力することができます。
●
固定: ユーザは [最小制限] 未満の値を入力することができません。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
137
オプション
説明
最大制限
[対話操作を有効にする] が選択された [グリッド] では、ユーザが実行中に入力可能な数値の制限を
設定できます。この設定は、[一般] ビューの [最大制限] に基づきます。次のいずれかのオプションを
選択します。
対話機能を有効にする
●
オープン: ユーザは [最大制限] よりも大きい値を入力することができます。
●
固定: ユーザは [最大制限] よりも大きい値を入力することができません。
このオプションを選択した場合、実行中にユーザが [グリッド] に値を入力できます。
注記
[グリッド] セルが式を含むスプレッドシートのセルにリンクされている場合、ユーザは [対話機能を
有効にする] が選択されていても、そのセルの値を変更することはできません。
マウスの感度
[対話操作を有効にする] が選択された [グリッド] では、コンポーネントをクリックしてドラッグするときの
マウスの動きの感度を決定できます。感度を高く設定すると、マウスの動きによる値の変化が速くなり
ます。感度を低く設定すると、マウスの動きによる値の変化が小さくなります。
スクロールの動作
[対話操作を有効にする] が選択された [グリッド] では、このオプションにより、ユーザがセル値をクリッ
クしてドラッグしたときの変更方法を決定します。次のいずれかのオプションを選択します。
●
手動: ユーザがセルをクリックして上または下にドラッグし、値を変更します。変更の増分ごとに、
マウスポインタを動かし続ける必要があります。
●
自動: ユーザがセルをクリックして上または下にドラッグし、値を変更します。マウスボタンを押して
いる間は、ポインタを動かさなくても値が変化し続けます。
最大化ボタンを有効にする
[パネルセット] では、このオプションを選択すると、実行中に各パネルの最大化ボタンを有効化できる
ようになります。このホタンを使用すると、ユーザはパネルセット全体に合わせてパネルを拡大すること
ができます。ボタンを再度クリックすると、パネルが元のサイズに戻ります。この機能は、プレゼンテー
ション中のそのときどきに異なるデータセットを強調表示する場合に便利です。
ズームの速度
[最大化ボタンを有効にする] が選択された [パネルセット] では、このオプションにより、ユーザが [最
小化] ボタンまたは [復元] ボタンをクリックしたときのパネルの拡大/縮小速度を指定します。スライダ
上でマーカーを動かし、速度を設定します。
パネル
[パネルセット] では、モデルのロード時に、各パネルに表示される画像を設定できます。[パネル] リスト
でパネルを選択し、[アイテム] リストでパネルに表示されるデフォルトの画像を選択します。
空のセルを無視
[パネルセット] の場合、[値内] を選択すると、最後の空でない値の後に続く空値が表示されなくなりま
す。このオプションにより、データの可変量が表示されるようになります。
印刷調整
[印刷ボタン] では、このオプションにより印刷時のモデルの拡大縮小率を指定します。次のいずれかの
オプションを選択します。
●
拡大縮小: 元のダッシュボードサイズに対して特定の割合に拡大/縮小します。一覧からパーセン
トを選択します。
●
138
ページに合わせる: 選択した用紙の 1 ページに合わせて拡大/縮小します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
選択アイテムインデックス
このオプションでは、[ソースデータ] コンポーネントのインデックスを指定します。セルセレクタ (
)を
クリックし、スプレッドシートのセルを選択します。
このセル内の値が変更されると、ソースデータコンポーネントはソースデータから出力先範囲に新規の
値を挿入します。
たとえば、[選択アイテムインデックス] が 0 の場合、ソースデータコンポーネントは、ソースデータの最
初のセル、行、または列を出力先範囲に挿入します。[選択アイテムインデックス] 値が 1 に変更される
と、データの 2 番目のセル、行または列が挿入され、以前のデータを上書きします。
Dynamic Visibility(動的ディスプ
レイ)*
このオプションを使用して、モデルにおいてコンポーネントが表示されるタイミングを制御する条件を指
定することができます。動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管
理 [170 ページ]を参照してください。
[アニメーションと効果]タブ
サウンドを有効にする
一部のコンポーネントにサウンド効果を追加できます。サウンド効果は、ユーザの選択時に実行されま
す。
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的ディスプレイを
使用したコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
4.2.8.3
その他のコンポーネント表示プロパティ
[レイアウト] タブ
下の表を、その他のコンポーネントの[レイアウト]タブで[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用でき
るオプションはコンポーネントの種類によって異なります。
表 38:
オプション
説明
ボタンの背景を表示
ボタンコンポーネントの背景が表示されるかどうかを指定します。このオプションの選択を解除すると、ボタ
ンのラベルテキストのみが表示されます。
透明度
ボタンの可視性を指定します。透明度 100% の場合、ボタンは完全に見えなくなります。透明度を変更する
にはスライダバーのマーカーを調整します。
パネルヘッダを表示
[パネルセット] では、このオプションを選択すると、パネルタイトル、アイテムリスト、最大化ボタンまたは復
元ボタンを表示する各パネル上部のヘッダを表示します。
表示されたラベルの数
[パネルセット] では、この設定は各パネルのドロップダウンリストに表示されるアイテム数を指定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
139
オプション
説明
背景の透明度
[パネルセット] では、この設定はパネル周囲の境界領域の表示/非表示を決定します。透明度を変更する
にはスライダバーのマーカーを調整します。
垂直余白
この設定により、[グリッド] における各行間のスペースの大きさを変更できます。
水平余白
この設定により、[グリッド] における各列間のスペースの大きさを変更できます。
[テキスト]タブ
下の表を、その他のコンポーネントの[テキスト]タブで[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用でき
るオプションはコンポーネントの種類によって異なります。
表 39:
オプション
説明
表示
コンポーネントのテキスト要素を一覧にした表で、各アイテムの [表示] チェックボックスを選択または選択
解除して、テキストを表示/非表示にします。
選択したテキストの書式
テキスト要素を書式設定するには、表でテキスト要素を選択し、選択したテキストの書式領域で設定を調整
します。テキストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を
参照してください。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。グロ
ーバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参照してくだ
さい。
[色]タブ
下の表を、その他のコンポーネントの[色]タブで[表示]プロパティを設定するためのガイドとして使用します。使用できるオプ
ションはコンポーネントの種類によって異なります。
コンポーネント要素の色を設定するには、カラーセレクタ (
) をクリックして、[色] ダイアログボックスで使用する色を選択し
ます。
表 40:
オプション
説明
背景色
コンポーネント要素の背景領域の色。
140
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
月の色
[カレンダ] に月名を含む見出しバーの色です。
曜日の色
[カレンダ] に曜日を含む見出しバーの色です。
パネルの背景色
各パネルの背景領域の色です。
ラベルヘッダの色
パネルヘッダの色です。
ラベル
[パネルセット] のドロップダウンリスト内にあるアイテムのテキストの色です。
アイテムが有効ではない場合の色 (デフォルトの色)、マウスポインタがアイテムに置かれている場合の色 (マ
ウスオーバー時の色)、アイテムが選択されている場合の色 (選択時の色) をそれぞれ設定することができま
す。
ラベルの背景
[パネルセット] のドロップダウンリスト内にあるアイテムの背景色です。
アイテムが有効ではない場合の色 (デフォルトの色)、マウスポインタがアイテムに置かれている場合の色 (マ
ウスオーバー時の色)、アイテムが選択されている場合の色 (選択時の色) をそれぞれ設定することができま
す。
日付テキスト
[カレンダ] の月内にある日付テキストの色です。
日付が有効ではない場合の色 (デフォルトの色)、マウスポインタが日付に置かれている場合の色 (マウスオ
ーバー時の色)、日付が選択されている場合の色 (選択時の色) をそれぞれ設定することができます。
日付の背景
[カレンダ] の日付の背景色です。
日付が有効ではない場合の色 (デフォルトの色)、マウスポインタが日付に置かれている場合の色 (マウスオ
ーバー時の色)、日付が選択されている場合の色 (選択時の色) をそれぞれ設定することができます。
ボタン
[カレンダ] または [パネルセット] のボタンの色です。コンポーネントによっては、以下の要素に異なる色を設
定することができます。
ボタン
●
有効なボタン、クリック時のボタン、無効なボタンのボタン背景
●
有効なボタン、クリック時のボタン、無効なボタンのボタン記号
●
デフォルトボタンとクリック時のボタンのボタンラベル
[リセットボタン]、[印刷ボタン]、または [シナリオのロードボタン] の色です。
ボタンのクリック時とそうでない時に対して異なる色を設定することができます。
ラベル
[リセットボタン]、[印刷ボタン]、または [シナリオのロードボタン] のテキスト色です。
ボタンのクリック時とそうでない時に対して異なる色を設定することができます。
スクロール バー
4.2.8.4
[パネルセット] のスクロールバーのパーツの色です。
トレンドアナライザコンポーネントを設定する
[トレンドアナライザ] を設定するには、ソースデータを埋め込みスプレッドシートに事前に追加しておきます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
141
[トレンドアナライザ] を使用して、スプレッドシートデータを分析し、データの数学的傾向を特定します。[トレンドアナライザ] を
設定すると、既存のデータに基づいて将来の傾向を予測することもできます。このようにして分析された傾向および予測デー
タは、モデル内に追加することができます。
1. コンポーネントペインで [その他] フォルダを展開し、[トレンドアナライザ] をクリックします。その後キャンバスをクリックし
てコンポーネントをモデルに追加します。
2. [トレンドアナライザ] を選択して [プロパティ] パネルを開きます。
3. [一般]タブで、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
データ
コンポーネントで分析されるソースデータ。セルセレクタ (
をスプレッドシートから選択します。
) をクリックして、単一の行または列で構成されている範囲
トレンド/回 このオプションでは、データが最適に適合するパターンを指定します。リストから適切なトレンドタイプを選択するか、[最適
帰タイプ
値を使用] を選択してソフトウェアでカーブタイプが選択されるようにします。
[順序 (多項式のみ)] リストで [多項式] を選択した場合、希望する多項式順序 2 から 6 までを選択します。
分析したデ 分析されたデータを挿入するスプレッドシートの場所を指定します。セルセレクタ (
) をクリックして、単一の列または
ータの出
行を選択します。
力先
分析されたデータは、ソースデータに対して最適な式と一致するデータ要素で構成されます。後続の値を予測するには、
選択する出力先のセル範囲を広げます。
予測期間
数
[分析したデータの出力先]範囲のセルの数が[データ]範囲のセルの数よりも多い場合、予測する期間数を指定します。
ボックスで数値を入力するか、[セルセレクタ] (
) をクリックして、この値をスプレッドシート内のセルにバインドします。
ヒント
この値をセルにバインドすることにより、ユーザが、予測する期間数を実行時に指定する別のコンポーネントを使用し
てその値を管理できるようにすることができます。
式の種類
の出力先
このオプションを照会するには、[その他のオプション] をクリックします。
データの分析に使用される式の種類を挿入する場所を指定します。
式の出力
先
このオプションを照会するには、[その他のオプション] をクリックします。
データの分析に使用される式を挿入する場所を指定します。
R2 値の出
力先
このオプションを照会するには、[その他のオプション] をクリックします。
分析の R-squared 値を挿入する場所を指定します。
注記
R-squared は 0 ~ 1 の値で、トレンドの強さを表します。トレンドアナライザが選択した式とソースデータが近づくほ
ど、R-squared は 1 に近づきます。
F 値の出
力先
このオプションを照会するには、[その他のオプション] をクリックします。
分析の F 値を挿入する場所を指定します。
4. [動作] タブをクリックして、動的ディスプレイオプションを設定します。動的ディスプレイの詳細については、コンポーネント
のディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
142
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
4.2.9 アートおよび背景コンポーネントの使用
アートおよび背景コンポーネントは、モデルの視覚的な拡張を提供します。ダッシュボードの拡張とカスタマイズに使用するこ
とができます。背景コンポーネントを使用して、画像または SWF ファイルをモデルにインポートすることもできます。
このソフトウェアには、次のアートおよび背景コンポーネントが含まれています。
背景
[背景] は、モデルへの追加が可能な事前作成済みのアートワークです。これを使用して、視覚部分や関連コンポーネントの
グループを作成することができます。[背景] には機能的には同じ複数の選択肢があり、外観のみが異なります。たとえば、
[背景]、[背景 2]、[背景 3] などです。コンテナコンポーネントとは異なり、背景は他のコンポーネントを含めたり保持したりす
ることはできません。単純に視覚的な背景を提供するのみです。
楕円
[楕円] により、キャンバスのセクションを定義したり含めたりする視覚的な仕切やアウトラインを作成できます。
画像コンポーネント
このコンポーネントを使用して、JPEG または SWF ファイルを表示することができます。[イメージ] コンポーネントを使用して、
独自のロゴやアートワークをモデルに追加することができます。また、Flash ファイルをこのコンポーネントにインポートして、ビ
デオ、アニメーション、およびその他のインタラクティブ要素を追加することもできます。
線
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
143
[垂直線] および [水平線] コンポーネントにより、キャンバスのセクションを定義したり含めたりする視覚的な仕切やアウトライ
ンを作成できます。
四角形
[四角形] により、キャンバスのセクションを定義したり含めたりする視覚的な仕切やアウトラインを作成できます。
注記
[四角形] を含むモデルを iPad で表示すると、表示効果がサポートされていないため、[四角形] ではキャンバスの背景色
が非表示になりません。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.9.1
背景コンポーネントを設定する
[背景] コンポーネントを使用して、モデルの外観を変更します。異なる領域に異なる背景を適用し、アイテムを視覚的にグル
ープ化することができます。
ヒント
また、[背景] を使用して、ユーザによる他のコンポーネントの操作を制御することもできます。そのためには、[背景] を他
のアイテムの上に配置します。[背景] の透明度を 100% に設定し、[マウスイベントのブロック] を有効にします。実行時
に、ユーザは下のコンポーネントを見ることはできますが、コンポーネントをクリックしたり値を変更したりすることはできま
せん。詳細については、ユーザ入力の無効化 [172 ページ] を参照してください。
1. [背景]コンポーネントを選択して[プロパティ]パネルを開きます。
2. [一般]タブで、以下のオプションを設定します。
144
オプション
説明
背景色
カラーセレクタ (
) をクリックし、背景の色を選択します。色の設定については、コンポーネント要素の色の設定 [42
ページ]を参照してください。
透明度
[背景] の下のコンポーネントをユーザに表示させるには、スライダを右に移動させ、背景コンポーネントの透明度を上げ
ます。背景の下のアイテムを表示させないようにするには、スライダを左に移動させます。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
境界線の
サイズ調整
背景周辺の境界の太さを設定します。境界を太くするには、スライダを右に移動させます。
マウスイベ [背景] が他のコンポーネントの上に配置されている場合、このオプションを選択すると、ユーザがマウスを使用して下の
ントのブロッ コンポーネントを操作できないようになります。詳細については、ユーザ入力の無効化 [172 ページ]を参照してくださ
ク
い。
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位であり、セルにバイ
ンドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更新されます。
幅
コンポーネントのピクセル単位の幅。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
高さ
コンポーネントのピクセル単位の高さ。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
3. [動作] タブをクリックして、動的ディスプレイオプションを設定します。動的ディスプレイの詳細については、コンポーネント
のディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
4.2.9.2
画像コンポーネントを設定する
画像、ビデオ、アニメーション、またはその他の対話型要素を追加する場合、それらを [画像] コンポーネントにインポートする
ことができます。これによって、独自のロゴやアートワークをモデルに追加できるようになります。さらに、エクスポートされた別
のダッシュボードモデルを挿入することもできます。
注記
[画像] コンポーネントは、標準の RGB JPG ファイル形式および SWF ファイルに対応しています。プログレッシブ JPEG ま
たは CMYK カラープロファイルを含む JPEG には対応していません。
モデルへの画像の追加時には、ファイルを SWF ファイルに埋め込むか、外部ファイルを参照するかを選択することができま
す。埋め込まれていないファイルは、エクスポートされたモデルと同じ名前、同じ場所でフォルダに保存され、必要に応じてロ
ードされます。モデルと外部ファイルが正しくロードされるようにするには、フォルダと外部ファイルがエクスポートされたモデル
と同じ場所に保存されている必要があります。
挿入された SWF ファイルには、SWF ファイル、画像、XML ファイルなどの外部資産を含めることができます。これらの資産
が相対パスで参照されている場合、それらのパスはホストのモデルの実行場所から利用できるようにする必要があります。た
とえば、z:¥file.swf に保存された SWF ファイルが z:¥images¥myImage.jpg から外部画像をロードする場合、その
SWF ファイルを c:¥visualization.xlf のモデルに追加します。モデルを開くと、追加された SWF ファイルが、参照画
像を c:¥images¥myImage.jpg からロードします。これは、画像の場所からの参照パスです。
警告
モデルが外部ファイルを参照する場合、モデルの実行時には Adobe のセキュリティ制限が適用されます。モデルがローカ
ルで実行される場合、SWF ファイルまたはホストアプリケーションファイルを信頼する必要があります。ファイルが Web サ
ーバーで実行している場合、クロスドメインポリシーファイルが必要です。詳細については、Adobe Flash Player のセキュ
リティ制限 [278 ページ] を参照してください。
1. [画像]コンポーネントを選択し、[プロパティ]パネルを開きます。
2. 画像ファイルをインポートする前に、[一般] ビューで [画像をコンポーネントに合わせてサイズ変更] オプションを指定しま
す。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
145
この設定により、インポートされた画像のサイズが決まります。[画像をコンポーネントに合わせてサイズ変更] を選択した
場合、画像サイズが [画像] コンポーネントに収まるよう調整されます。このオプションを選択しなかった場合、[画像] コン
ポーネントのサイズは、インポートした画像のサイズに合うよう調整されます。この設定は、SWF ファイルには適用されま
せん。
3. [インポート] をクリックし、JPG または SWF ファイルに移動し、[開く] をクリックします。
4. 次のオプションを設定します。
オプション
説明
ファイルを
埋め込む
このオプションを選択して、画像ファイルのコピーをモデルに追加します。画像を埋め込むと、エクスポートされる SWF
ファイルの一部となり、常に使用可能になります。これは、モデルを開くコンピュータにその画像がない場合に便利で
す。ただし、これにより、SWF ファイルのサイズが大きくなり、パフォーマンスに影響が及ぶ可能性があります。
代わりに外部ファイルを参照するには、このオプションの選択を解除します。この場合、画像はユーザが照会するときに
ロードされます。
注記
外部 Dashboards SWF ファイルは参照できますが、埋め込むことはできません。
透明度
このオプションを使用して、[画像] コンポーネントの下のオブジェクトがコンポーネントから透けて見えるようにします。透
明度を上げるにはスライダを右に、透明度を下げるにはスライダを左に移動させます。
マウスイベ
ントのブロッ
ク
[画像]コンポーネントが他のコンポーネントの上に配置されている場合、このオプションを選択すると、ユーザーがマウ
スを使用して下のコンポーネントを操作できないようになります。詳細については、ユーザ入力の無効化 [172 ページ]
を参照してください。
注記
インポートされた SWF ファイルについては、このオプションが選択されていなくてもマウスイベントはブロックされま
す。
SWF 背景
色の非表示
インポートされた SWF ファイルについては、このオプションを選択して SWF の背景を非表示にします。このオプションを
選択しなかった場合、モデルで SWF の背景が表示されます。
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位であり、セルにバ
インドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更新されます。
幅
コンポーネントのピクセル単位の幅。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
高さ
コンポーネントのピクセル単位の高さ。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
5. [動作] タブをクリックして、動的ディスプレイオプションを設定します。動的ディスプレイの詳細については、コンポーネント
のディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
4.2.9.2.1
外部ファイルの埋め込みと参照
画像ファイルまたは Flash ファイルを画像コンポーネントにインポートする場合、外部の場所においてファイルを埋め込むか、
または参照できます。それぞれのオプションに長所と短所があります。下の表は、モデルにおいて外部ファイルを埋め込む場
合と参照する場合の相違点をまとめたものです。
146
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
表 41:
ファイルの埋め込み
ファイルの参照
モデルがインポートされると、SWF ファイルに外部ファイルが組み込 外部ファイルが、エクスポートされた SWF ファイルと名前と場所が
まれます。
同じフォルダにコピーされます。
モデル(XLF または SWF)は、単一ファイルとして配信することがで
モデル(XLF または SWF)は外部ファイル フォルダとともに配信する
きます。
必要があり、またフォルダと外部ファイルはモデルと同じ相対位置に
保存されている必要があります。
動的ディスプレイによって非表示にされている場合でも、外部ファイ
ルはモデルのロード時にロードされます。
外部ファイルは必要に応じてロードされます。動的ディスプレイによ
って非表示にされている場合、ファイルはロードされません。
外部ファイルもロードする必要があるため、モデルのロードにかかる
時間が長くなります。
外部ファイルを即時にロードする必要がないため、モデルは素早くロ
ードされます。
外部ファイルをロードするよう動的ディスプレイが設定されている場
合、ファイルはすでにロードされているため、動作は速くなります。
外部ファイルをロードするよう動的ディスプレイが設定されている場
合、最初に外部ファイルをロードする必要があるため、非表示にされ
たコンポーネントの表示にかかる時間が長くなります。
動的ディスプレイによって非表示にされている場合、外部ファイルの
ステータスは保持されます。
動的ディスプレイによって非表示にされている場合、外部ファイルは
閉じられて、デフォルトステータスに戻ります。
外部ファイルが変更された場合、モデルを再エクスポートする必要
があります。
外部ファイルが変更された場合、外部ファイルフォルダで置換するこ
とができ、モデルを再エクスポートしなくても、モデルによってファイ
ルがロードされます。
4.2.9.3
楕円または四角形コンポーネントを設定する
[楕円] または [四角形] コンポーネントを使用して、モデルの外観を変更します。これらの形状をキャンバスの異なる領域に
追加し、アイテムを視覚的にグループ化することができます。
1. コンポーネントを選択して[プロパティ]パネルを開きます。
2. [一般] タブの [境界線を有効にする] 領域で、以下の境界線オプションを設定します。
オプション
説明
境界線を
有効にす
る
このオプションを選択すると、形状の輪郭が表示されます。
色
[境界線を有効にする] が選択されている場合、カラーセレクタ (
太さ
[境界線を有効にする] が選択されている場合、境界線の太さを入力します。
透明度
[境界線を有効にする]が選択されている場合、境界線の下のコンポーネントを表示させるには、スライダを右に移動させ
て境界線の透明度を上げます。境界線の下のアイテムを表示させないようにするには、スライダを左に移動させます。
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位であり、セルにバイ
) をクリックすると、境界線の色が設定されます。
ンドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更新されます。
幅
コンポーネントのピクセル単位の幅。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
高さ
コンポーネントのピクセル単位の高さ。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
3. [塗りつぶし] 領域では、以下のオプションを設定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
147
オプション 説明
型
リストから、次のいずれかのオプションを選択します。
○ なし: 形状が塗りつぶされず、完全に透明になります。
○
塗りつぶし: 形状が一色で塗りつぶされます。
○
線形 (グラデーション): 形状の色が端から端へと変化します。
○
放射状 (グラデーション): 形状の色が形の中心から端へと変化します。
色
カラーセレクタ (
透明度
透明度を上げるには、スライダを右に移動させます。形状の下のアイテムを表示させないようにするには、スライダを左に
移動させます。
グラデー
ションの
プレビュ
ー
[タイプ] が [線形 (グラデーション)] または [放射状 (グラデーション)] に設定されている場合、このパネルにグラデーショ
ンの色の変化が表示されます。形状のグラデーションを調整するには、次のいずれかの操作を実行します。
○ 別のグラデーションセクションを追加するには、マウスをパネル上に置き、プラスアイコンが表示されたらパネルをクリ
ックします。グラデーションセクションは、複数追加できます。セクションごとに、[プレビュー] パネルの下にマーカーが
表示されます。
○ グラデーションセクションの位置を変更するには、[プレビュー] パネルの下に表示されるグラデーションマーカーをド
ラッグします。
○ グラデーションセクションの色を変更するには、グラデーションマーカーをダブルクリックして色を選択します。
○
回転
) をクリックし、形状またはグラデーションの色を指定します。
グラデーションの透明度を変更するには、グラデーションマーカーをクリックし、[透明度] スライダでマーカーを移動さ
せて可視性を増減させます。
[タイプ] が [線形 (グラデーション)] に設定されている場合、このオプションを使用してグラデーション軸の角度を調整しま
す。0 と 360 の間の値を入力し、グラデーション軸を回転させます。
4. [動作] タブをクリックして、動的ディスプレイオプションを設定します。動的ディスプレイの詳細については、コンポーネント
のディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
関連情報
コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]
4.2.9.4
水平線および垂直線コンポーネントを設定する
[水平線]および[垂直線]コンポーネントを使用して、モデルの外観を変更します。線をキャンバスの異なる領域に追加し、ア
イテムを視覚的に分割することができます。
1. コンポーネントを選択して[プロパティ]パネルを開きます。
2. [一般]タブで、以下のオプションを設定します。
オプション 説明
148
線の色
カラーセレクタ (
) をクリックし、罫線の色を設定します。
太さ
罫線の太さを入力します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション 説明
位置
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位であり、セルにバイン
ドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値が更新されます。
幅
[水平線] のピクセル単位の幅。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
高さ
[垂直線] のピクセル単位の高さ。コンポーネントのサイズが変更されると、値が更新されます。
3. [動作] タブをクリックして、動的ディスプレイオプションを設定します。動的ディスプレイの詳細については、コンポーネント
のディスプレイの管理 [170 ページ]を参照してください。
4.2.10 Web 接続コンポーネントの使用
このカテゴリには、モデルを Web にリンクするためのオプションを提供するコンポーネントが含まれています。
注記
Web 接続は、ソフトウェアに組み込まれています。これらのコンポーネントの使用のほか、[データマネージャ] を使用して
Web 接続オプションおよび外部接続オプションを設定することができます。
接続最新表示ボタン
[接続最新表示ボタン] を使用して、リンク先の接続を手動で最新表示することができます。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ヒント
[接続最新表示ボタン] を使用したモデルの例を確認するには、
ファイル
サンプル
の順にクリックし、Connection
Refresh というサンプルファイルを開いてください。
Reporting Services ボタン
[レポーティングサービスボタン] を使用すると、レポーティングサービスサーバに接続し、モデルにデータを設定するためのレ
ポートを選択できます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
149
注記
このコンポーネントは、SAP BusinessObjects Dashboards でのみ使用できます。また、Reporting Services Gateway
がインストールおよび設定されている必要があります。詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
BusinessObjects
All Products
SAP
で入手できる Dashboards SharePoint Installation Guide を参照してください。
スライドショー
[スライドショー] コンポーネントは、URL ベースの画像と SWF ファイルのスライドショーを作成します。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
ファイルをインポートする必要がある [画像コンポーネント] とは異なり、[スライドショー] は、指定された URL からファイルをロ
ードします。URL が変更された場合、[スライドショー] は新しい場所から画像をロードしようとします。画像がロードされると、コ
ンポーネントは現在の画像から新規 URL データソースで指定された画像に移行します。
注記
画像が通常の画像コンポーネントにインポートされると、その画像独自のローカルコピーがモデルと共にソフトウェア内部
に保存されます。元の画像ファイルは、モデルでアクセスされたり使用されることはありません。画像はモデル内部に保存
されるため、モデルファイルと共に画像も移動したり電子メールで送信できます。しかし、[スライドショー] は URL をポイン
トします。この URL は実行時に変更できます。この画像または SWF ファイルはモデルに組み込まれないため、スライドシ
ョーが指定の URL にアクセス可能で、かつ画像または SWF ファイルが実行時にロード可能な状態である必要がありま
す。
警告
モデルが外部データソースに接続されている場合、モデルの実行時には、Adobe のセキュリティ制限が適用されます。モ
デルがローカルで実行される場合、SWF ファイルまたはホストアプリケーションファイルを信頼する必要があります。ファイ
ルが Web サーバーで実行している場合、クロスドメインポリシーファイルが必要です。詳細については、Adobe Flash
Player のセキュリティ制限 [278 ページ] を参照してください。
150
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
SWF ローダー
[SWF ローダ] は、[スライドショー] と同様に指定した URL から SWF ファイルをロードするため、ファイルをインポートする必
要がありません。[SWF ローダ] は、[スライドショー] よりもメモリ管理に優れていますが、トランジション効果が備わっていない
ためマウスイベントをブロックすることはできません。
注記
このコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
注記
アクティブでないアイテムをメモリから削除する時期は、Adobe Flash Player のメモリ管理方法によって制御されます。
[SWF ローダ] の使用時のメモリ消費量を抑えるには、以下を実行します。
● 1 つのモデルに含まれる [SWF ローダ] コンポーネントおよび [スライドショー] コンポーネントの数を減らす
● モデル内の [SWF ローダ] コンポーネントおよび [スライドショー] コンポーネントが実行時に同時にロードする必要の
ある SWF ファイルの数を減らす
ロードされた SWF ファイルはモデルに組み込まれないため、[SWF ローダ] が指定の URL にアクセス可能で、かつファイル
が実行時にロード可能な状態である必要があります。[SWF ローダ] は、DocumentDownload URL を使用して BI プラットフ
ォームに保存された、他のダッシュボードモデルをロードするように設定できます。DocumentDownload URL の使用の詳細
については、モデルでの BI プラットフォームドキュメントの埋め込み [256 ページ]を参照してください。
警告
モデルが外部データソースに接続されている場合、モデルの実行時には、Adobe のセキュリティ制限が適用されます。モ
デルがローカルで実行される場合、SWF ファイルまたはホストアプリケーションファイルを信頼する必要があります。ファイ
ルが Web サーバーで実行している場合、クロスドメインポリシーファイルが必要です。詳細については、Adobe Flash
Player のセキュリティ制限 [278 ページ] を参照してください。
URL ボタン
[URL ボタン] は、実行時にダッシュボードユーザがクリックするときに URL にリンクします。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
151
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
4.2.10.1 Web 接続の一般プロパティ
[一般] タブのプロパティの設定ガイドとして、以下の表を使用します。使用できるオプションはコンポーネントの種類によって
異なります。
表 42:
オプション
説明
ラベル
コンポーネント上に表示されるテキストです。ボックスにテキストを入力するか、セルセレクタ (
)を
クリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルにリンクします。
利用可能な接続
このテーブルには、[接続最新表示ボタン] にリンクできる接続が一覧表示されます。ユーザがボタンを
クリックしたときに最新表示にする外部データ接続と対応しているチェックボックスを選択します。すべ
ての接続を選択するには、列の最上部にあるチェックボックスをオンにします。
データマネージャを起動
接続最新表示ボタンの [利用可能な接続] リストの中にある項目は、[データマネージャ] で設定されて
いる接続に基づいています。このボタンをクリックすると、[データマネージャ] が開き、外部データ接続
の追加や変更ができます。
URL
[URL ボタン] とリンクされている Web アドレスです。ボックスに URL を入力するか、セルセレクタ
(
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルにリンクします。
この値が埋め込みスプレッドシートにリンクされている場合は、セルの値が変化するときにこのボタン
が更新されます。そのため、ソースセルが実行時に動的に更新されるように設定すると、同じ URL ボ
タンで異なるページを呼び出せます。
注記
Web アドレスには、http:// または https:// を含める必要があります。
エンコード URL
[URL ボタン] の場合は、このチェックボックスを選択して URL 内の特殊文字をエンコードします。この
オプションを使用することで、無効な文字が含まれないようにすることができます。
ウィンドウオプション
[URL ボタン] の場合は、このオプションで、URL アドレスの Web ページを開く場所を指定します。別
のブラウザウィンドウでページを開く場合は [新しいウィンドウ] を、同じウィンドウでページを開いてウィ
ンドウ内の現在のコンテンツと置き換える場合は [このウィンドウ] を選択します。
レポートの選択
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このボタンをクリックして [レポートの選択] ダイアログボッ
クスを開き、レポーティングサービスに接続してボタンのソースレポートを選択します。
実行時にパラメータを表示する
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このオプションを選択すると、モデルの実行時にレポート
パラメータが表示されます。
152
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
サービスの値を使用する
[レポーティングサービスボタン] の場合は、リスト内のパラメータを選択してこのリストからサービスの
値を選択すると、レポートにその値が含まれます。
リンク先セル
[レポーティングサービスボタン] の場合は、リストのパラメータを選択し、セルセレクタ (
) をクリック
して、埋め込みスプレッドシートの値を使用します。
データマッピング
[レポーティングサービスボタン] の場合にレポートデータをモデルにマッピングするには、[デフォルト]
を選択してデフォルトのデータマッピングを使用するか、[詳細] を選択して以下のオプションを設定しま
す。
オプション
説明
現在マッピングされている範囲が一覧に表示されます。+ または - アイコ
マッピングの範囲
ンをクリックすると範囲を追加または削除できます。
選択時の列
選択した範囲の列が一覧に表示されます。列を選択して、上矢印または
下矢印をクリックすると、並べ替え順序を変更できます。X ボタンをクリッ
クすると、選択した列を一覧から削除できます。
名前
範囲
選択した範囲の名前を入力します。
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このオプションで、レポートデータの出力先を定義します。
出力先を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートからセルを選択し
ます。
レポートの履歴を使用する
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このオプションを選択すると、レポートの履歴を使用できる
ようになります。
URL (JPEG または SWF ファイル) [スライドショー] が JPEG または SWF ファイルを取得する Web アドレスです。ボックスに URL を入力
するか、セルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルにリンクします。
画像ファイルがロードされると、スライドショーは [動作] ビューに定義されたトランジションパラメータを
使用して画像にトランジションします。
注記
プログレッシブ JPEG および CMYK カラーリングを使用した JPEG には対応していません。
ソース URL
[SWF ローダ] が SWF ファイルを取得する Web アドレスです。ボックスに URL を入力するか、セルセ
レクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルにリンクします。
DocumentDownload URL をこのボックスに入力して、BI プラットフォームに保存された他のダッシュ
ボードモデルをロードすることもできます。DocumentDownload URL の使用の詳細については、モデ
ルでの BI プラットフォームドキュメントの埋め込み [256 ページ]を参照してください。
マウスイベントのブロック
実行時にユーザが [スライドショー] のコンポーネントと対話できないようにする必要がある場合は、こ
のオプションを選択します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
153
オプション
説明
アプリケーションドメイン
[スライドショー] または [SWF ローダ] の場合、このオプションを使用して [スライドショー] または
[SWF ローダ] のモデルをロードするドメインを指定できます。次の 3 つから選択できます。
オプション
説明
新規
モデルが子のアプリケーションドメインにロードされま
す。
注記
モデルが LCDS コネクタを使用して接続されてい
る場合、データはロードされません。
現在
モデルが現在のアプリケーションドメインにロードされ
ます。モデルは、1 次クラスの定義のみを使用し、
LCDS コネクタなどのドメインにロードされる 2 次クラ
スの定義は無視されます。このオプションは、LCDS
接続が、メインとなるモデルのドメインを共有できる場
合に使用します。
注記
このオプションでは、モデルをコントロールするた
めに、外部コードを埋め込むことができますが、
LCDS 接続がメインとなるモデルのドメインを共有
できない場合、データはロードされません。
互換
モデルが互換性のあるブートストラップローダにロード
されます。スライドショーまたは SWF ローダーで
LCDS モデルを実行する必要がある場合、このオプシ
ョンを使用してブートストラップローダで定義されたクラ
スを共有することはできますが、それ以外では独自の
クラス定義を使用してください。たとえば、ブートストラ
ップローダがスライドショーまたは SWF ローダーのモ
デルをロードして、スライドショーまたは SWF ローダー
のモデルが LCDS モデルをロードするなどです。
LCDS モデルをスライドショーまたは SWF ローダーで
実行すると、データが正しくロードされます。
注記
ブートストラップローダの詳細については、Adobe
Flex documentation
位置
を参照してください。
キャンバスのコンポーネントの X および Y 座標。キャンバスの左上が (0,0) です。値はピクセル単位
であり、セルにバインドするか、または直接入力することができます。コンポーネントが移動すると、値
が更新されます。
関連情報
コンポーネントのプロパティを設定する [46 ページ]
Web 接続の動作プロパティ [155 ページ]
154
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
Web 接続の表示プロパティ [156 ページ]
4.2.10.2 Web 接続の動作プロパティ
下の表を、Web 接続コンポーネントの [動作] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定
のコンポーネントにしか使用できないものがあります。
表 43:
オプション
説明
[共通]タブ
コンポーネントのロード後に
最新表示
トリガセル
[接続最新表示ボタン] に対してこのオプションを選択すると、実行時にモデルがロードされた後で接続が自
動的に更新されます。
モデルにアクションを設定してコンポーネントをトリガするには、埋め込みスプレッドシートのセルをトリガセ
ルとして選択します。そのセル内の値がトリガ条件と一致すると、コンポーネントはユーザがクリックした場
合と同様の動作をします。
セルセレクタ (
) をクリックし、スプレッドシート内のセルを選択して、トリガ条件を設定します。
オプション
説明
値の変更時
コンポーネントは、トリガセルの値が変化したときにトリガされます。
値が等しい場合
コンポーネントは、トリガセルの値が特定の値に設定されたときにトリガされ
ます。値を入力するかセルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッ
ドシートからソースの場所を選択します。
コンポーネントのロード前に
最新表示
[レポーティングサービスボタン] に対してこのオプションを選択すると、実行時にコンポーネントがロードさ
次の間隔で最新表示
データは、このオプションに設定した時間に基づいて設定された間隔で、自動的に最新表示されます。
メッセージのロード中
[レポーティングサービスボタン] の場合は、データ接続のロード中に表示するメッセージを入力するか、セ
れる前にデータが最新表示されます。
ルセレクタ (
アイドルメッセージ
) をクリックして、メッセージのソースの場所を選択します。
[レポーティングサービスボタン] の場合は、データ接続のアイドル中に表示するメッセージを入力するか、
セルセレクタ (
) をクリックして、メッセージのソースの場所を選択します。
挿入先
[レポーティングサービスボタン] の場合は、セルセレクタ (
) をクリックして、[メッセージのロード中] およ
び [アイドルメッセージ] のテキストを挿入する出力先を選択します。
ロードカーソルを有効にする
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このオプションを選択するとデータ接続のロード中に特殊なカ
ーソルが表示されます。
ロード時にマウス入力を無効
にする
[レポーティングサービスボタン] の場合は、このオプションを選択すると、データ接続のロード中にユーザに
よる対話操作が無効になります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
155
オプション
説明
トランジションタイプ
[スライドショー] の場合は、スライド間のトランジション用のアニメーション効果を選択します。
イージングの種類
[スライドショー] の場合は、このオプションでトランジションの速度が変化する方法を指定します。次のオプ
ションを選択します。
トランジションの時間
オプション
説明
スローイン
トランジションはゆっくり始まり、進行するにつれて加速します。
スローアウト
トランジションは急速に始まり、進行するにつれて減速します。
スローイン/アウト
トランジションはゆっくり始まり、途中まで加速して、その後減速して終了しま
す。
[スライドショー] の場合は、このオプションで画像のトランジションにかかる時間を指定します。
ヒント
トランジションの時間を遅くするとトランジションがよりスムーズになります。
Dynamic Visibility(動的ディ
スプレイ)*
このオプションを使用して、コンポーネントがモデルに表示されるタイミングを制御する条件を指定すること
ができします。動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ペ
ージ]を参照してください。
[アニメーションと効果] タブ
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的ディスプレイを使
用したコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
関連情報
Web 接続の動作プロパティ [155 ページ]
Web 接続の一般プロパティ [152 ページ]
Web 接続の表示プロパティ [156 ページ]
4.2.10.3 Web 接続の表示プロパティ
下の表を、Web 接続コンポーネントの [表示] プロパティを設定するためのガイドとして使用します。オプションの中には、特定
のコンポーネントでのみ使用可能なものがあります。
表 44:
オプション
説明
[レイアウト]タブ
156
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
ボタンの背景を表示
説明
ボタンコンポーネントの背景が表示されるかどうかを指定します。このオプションの選択を解除する
と、ボタンのラベルテキストのみが表示されます。
透明度
ボタンの可視性を指定します。透明度 100% の場合、ボタンは完全に見えなくなります。透明度を変
更するにはスライダバーのマーカーを調整します。
サイズ設定メソッド
[スライドショー] および [SWF ローダ] コンポーネントの場合、この設定では、コンポーネントの範囲
内で画像のサイズを設定する方法を定義します。次のいずれかのオプションを選択します。
横配置
オプション
説明
元のサイズ
画像のサイズは変更されませんが、コンポーネントに収まるようにトリミ
ングされます。
拡大して表示
画像のサイズは、コンポーネントに収まるように変更されます。さらに、
上下または左右に拡大することもできます。
拡大縮小
画像のサイズは、コンポーネントに収まるように比例的に変更されます。
[スライドショー] および [SWF ローダ] コンポーネントの場合、この設定では、画像をコンポーネント
内で左右に配置する方法を定義します。次のいずれかのオプションを選択します。
縦配置
オプション
説明
中央
画像は、左右中央揃えでコンポーネント内に配置されます。
左
画像は、コンポーネントの左端に配置されます。
右
画像は、コンポーネントの右端に配置されます。
[スライドショー] および [SWF ローダ] コンポーネントの場合、この設定では、画像をコンポーネント
内で上下に配置する方法を定義します。次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
中央
画像は、上下中央揃えでコンポーネント内に配置されます。
上
画像は、コンポーネントの上端に配置されます。
下
画像は、コンポーネントの下端に配置されます。
[テキスト]タブ
ラベル
ボタン上に表示されるテキストです。
選択したテキストの書式
ラベルテキストの書式を設定するには、[ラベル] をクリックしてこの領域の設定を調整します。テキス
トの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照して
ください。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できません。
グローバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ページ]を参
照してください。
[色]タブ
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
157
オプション
説明
ボタン
ボタンの色。
ボタンをクリックしたときの [クリック時の色] と、ボタンが有効でないときの [デフォルトの色] を設定
することができます。
ラベル
ラベルテキストの色。
ボタンをクリックしたときの [クリック時の色] と、ボタンが有効でないときの [デフォルトの色] を設定
することができます。
関連情報
コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]
4.2.11 ユニバース接続コンポーネントの使用
このカテゴリには、クエリで使用できるコンポーネントグループが含まれます。
注記
これらのコンポーネントは、Presentation Design では使用できません。
クエリプロンプトセレクタ
[クエリプロンプトセレクタ] を使用すると、BEx またはユニバースのクエリプロンプトの値を実行時に選択できます。
ユーザは、コンポーネントのリンク先のプロンプトの種類に応じて、フィルタパラメータとして使用する単一値を選択するか、結
果オブジェクトのセットを選択することができます。たとえば、クエリ結果オブジェクトが実行時にユーザによって選択された小
規模な値セットに制限されるように [クエリプロンプトセレクタ] を設定し、これをチャートに表示できます。
[クエリプロンプトセレクタ] では、ユーザが実行時に検索できるクエリ結果オブジェクトの階層リストを表示することもできます。
コンポーネントメニューから [クエリプロンプトセレクタ] を追加して、ソースクエリプロンプトを選択するか、クエリプロンプトを
[クエリブラウザ] からキャンバスにドラッグして、事前設定済みの [クエリプロンプトセレクタ] を追加できます。
ユーザがコンポーネント内でアイテムにナビゲートしたりアイテムを選択する方法について、複数の設定をカスタマイズできま
す。たとえば、ユーザによるカスタマイズが可能な検索機能、階層選択オプション、および表示オプションを追加できます。
158
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
クエリ最新表示ボタン
[クエリ最新表示ボタン] を使用して、実行時にクエリデータを最新表示できます。
関連情報
クエリを参照する [223 ページ]
4.2.11.1 クエリ最新表示ボタンを設定する
モデルにユニバースまたは BEx クエリが含まれる場合、[クエリ最新表示ボタン] を追加して、ユーザが実行時にクエリの最
新表示を要求できるように設定できます。
1. [クエリ最新表示ボタン] を選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで [全般] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
オプション
説明
ラベル
ボタンに表示するテキストを入力するか、セルセレクタ (
らラベルテキストを取得します。
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルか
クエリの最新表示 モデルで定義されたクエリが一覧表示されます。ボタンを最新表示するクエリの横にあるチェックボックスを選択し
ます。
3. [動作] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
表 45:
オプション
説明
[共通]タブ
コンポーネントのロード後に
最新表示
[クエリ最新表示ボタン] に対してこのオプションを選択すると、実行時にモデルがロードされた後で接続
が自動的に更新されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
159
オプション
説明
トリガセル
モデルの中で [クエリ最新表示ボタン] をトリガするアクションを設定するために、埋め込みスプレッドシ
ートのセルをトリガセルとして選択できます。そのセル内の値がトリガ条件と一致すると、ボタンはユー
ザがクリックした場合と同様の動作をします。
セルセレクタ (
) をクリックしてスプレッドシート内のセルを選択した後、トリガ条件を設定します。
オプション
説明
値の変更時
ボタンは、トリガセルの値が変化したときにトリガされます。
値が等しい場合
ボタンは、トリガセルの値が特定の値に設定されたときにトリガされます。
値を入力するかセルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレッドシ
ートからソースの場所を選択します。
Dynamic Visibility(動的デ
ィスプレイ)*
このオプションを使用して、コンポーネントがモデルに表示されるタイミングを制御する条件を指定する
ことができします。動的ディスプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイの管理
[170 ページ]を参照してください。
[アニメーションと効果] タブ
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定します。このオプションは動的ディスプレイを
使用したコンポーネントに最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示効果の持続時間を指定します。
4. [表示] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
表 46:
オプション
説明
[レイアウト]タブ
ボタンの背景を表示
ボタンコンポーネントの背景が表示されるかどうかを指定します。このオプションの選択を解除す
ると、ボタンのラベルテキストのみが表示されます。
透明度
ボタンの可視性を指定します。透明度 100% の場合、ボタンは完全に見えなくなります。透明度
を変更するにはスライダバーのマーカーを調整します。
[テキスト]タブ
ラベル
ボタンにテキストが表示されるようにする場合、ラベルの横のチェックボックスを選択してから、
[選択したテキストの書式] でテキストの表示形式を定義します。テキストの書式設定の詳細につ
いては、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を参照してください。
選択したテキストの書式
ラベルテキストの書式を設定するには、[ラベル] をクリックしてこの領域の設定を調整します。テ
キストの書式設定の詳細については、コンポーネント要素のテキストの書式設定 [44 ページ]を
参照してください。
注記
ドキュメントに対してグローバルフォントが設定されている場合、フォントタイプは変更できませ
ん。グローバルフォントの詳細については、グローバルフォントオプションを設定する [30 ペー
ジ]を参照してください。
160
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
[色]タブ
ボタン
ボタンの色。
ボタンをクリックしたときの [クリック時の色] と、ボタンが有効でないときの [デフォルトの色] を設
定することができます。
ラベル
ラベルテキストの色。
ボタンをクリックしたときの [クリック時の色] と、ボタンが有効でないときの [デフォルトの色] を設
定することができます。
4.2.11.2 クエリプロンプトセレクタを設定する
プロンプトを含むユニバースまたは BEx クエリがモデルに含まれる場合、モデルに [クエリプロンプトセレクタ] コンポーネント
を追加して、ユーザが実行時にプロンプトのパラメータを選択できるように設定できます。
注記
また、[クエリブラウザ] からキャンバスにプロンプトをドラッグして、モデルに [クエリプロンプトセレクタ] を追加することもで
きます。この方法で追加した [クエリプロンプトセレクタ] は、[クエリの追加] ダイアログボックスでプロンプトに対して選択し
た設定に従って設定されます。
1. [クエリプロンプトセレクタ] を選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで [全般] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
表 47:
オプション
説明
ソースプロンプト
プロンプトを選択して、コンポーネントのラベルと演算子、および実
行時にユーザが選択できる値の数と種類を設定します。
プロンプトの設定を変更する場合は、[クエリブラウザ] からプロン
プトを編集する必要があります。
注記
プロンプトまたはクエリの削除や編集を行うと、[ソースプロン
プト] 一覧が更新され変更が反映されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
161
オプション
説明
出力先プロンプト
選択したプロンプト値の送信先となるクエリプロンプトを選択しま
す。
選択した [ソースプロンプト] がこのテーブル内で自動的に選択さ
れます。複数のクエリがある場合、他のクエリからプロンプトを選
択して、値をこれらのプロンプトに送信することもできます。たとえ
ば、2 つのクエリに日付を選択するよう、単一の [クエリプロンプト
セレクタ] を設定できます。
1 つのクエリに対して複数の出力先プロンプトを選択することはで
きません。
選択した項目の挿入
スプレッドシート内で選択したプロンプト値のキャプションを挿入す
るには、セルセレクタ (
) ボタンをクリックして、スプレッドシート
の出力先範囲を選択します。単一の値が含まれるプロンプトの場
合は単一の出力先セルを選択し、ユーザが複数の値を選択でき
るプロンプトの場合は列を選択します。
クエリの最新表示
[クエリの最新表示] テーブルに、モデルで定義されたクエリが一
覧表示されます。コンポーネントが最新表示を行うクエリを選択し
ます。
選択の変更時に最新表示
ユーザが新しいプロンプト値を選択したときに、選択したクエリが
最新表示されるには、このオプションを選択します。
ボタンクリックで最新表示する
選択したクエリを最新表示するためにユーザがクリックする必要
のあるボタンを表示するには、このオプションを選択します。
ボタンラベル
ボタンに表示するテキストを入力するか、セルセレクタ (
) をク
リックして、埋め込みスプレッドシート内のセルからラベルテキスト
を取得します。
3. [動作] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
表 48:
オプション
説明
[共通] タブ
値の一覧内の検索を有効にする
このオプションを選択すると、ユーザがプロンプト値を検索できる
コンポーネント一覧に検索機能をが追加されます。
"値なし" の表示方法:
値が設定されていない場合に値の一覧に表示されるテキストを設
定します。デフォルトテキストは [値なし] です。
注記
このプロパティは、コンポーネントが必須プロンプトにバインド
されている場合は無効化されます。
表示メニューを有効にする
162
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
階層の値の一覧を含むプロンプトの場合、ユーザが値の表示方
法をカスタマイズできるメニューを追加するには、このオプションを
選択します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
サブセット選択オプションを有効にする
複数選択および階層の値の一覧を含むプロンプトの場合、実行
時に値の一覧のそれぞれの値にボタンを追加するには、このオプ
ションを選択します。
ユーザが親の値のボタンをクリックすると、メニューが開き、その
値のすべての子または子孫を選択または選択解除することがで
きます。
このオプションは、大規模な階層データから値を選択する場合に
便利です。
デフォルトの表示モード
階層の値の一覧を含むプロンプトの場合、一覧での値の表示方
法を指定します。
これらの設定を行うには、[表示メニューを有効にする] を選択す
る必要があります。[表示メニューを有効にする] を選択している
場合、ユーザは実行時にこれらの設定を変更できます。[表示メニ
ューを有効にする] を選択解除すると、選択した [デフォルトの表
示モード] は実行時に変更できません。
それぞれの値の表示方法に関する以下のオプションから 1 つを
選択します。
○
○
キャプションの表示: キャプションのみが表示されます。
固有名の表示: 固有名のみが表示されます。固有名を使用
した値の特定は難しい場合があります。
○
キャプションと固有名の両方を表示: キャプションと固有名が
表示されます。
さらに [子の数を表示] を選択して、それぞれの値の子の数を表
示することもできます。
値なし
このオプションを選択すると、空の選択値が「値なし」として処理さ
れます。
空文字列
このオプションを選択すると、空の選択値が「空文字列」として処
理されます。
Dynamic Visibility(動的ディスプレイ)*
このオプションを使用して、コンポーネントがモデルに表示される
タイミングを制御する条件を指定することができします。動的ディ
スプレイの使用の詳細については、コンポーネントのディスプレイ
の管理 [170 ページ]を参照してください。
[アニメーションと効果] タブ
表示効果
コンポーネント表示用の、アニメーションの表示効果を設定しま
す。このオプションは動的ディスプレイを使用したコンポーネントに
最適なオプションです。
[タイプ] リストから表示効果を選択し、[時間 (秒)] ボックスに表示
効果の持続時間を指定します。
4. [表示] タブをクリックして、次のオプションを設定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
163
表 49:
オプション
説明
[レイアウト]タブ
表示オプション
値の一覧の表示方法を設定します。常に開いた状態の展開され
た一覧を表示するには、[拡張済み] を選択します。ユーザが開い
たり非表示にしたりできるドロップダウンリストを表示するには、
[折りたたみ済み] を表示します。
階層レベル
階層の値の一覧の場合、モデルのロード時に展開して表示される
階層のレベルを指定します。ユーザは実行時に個々のレベルを
展開したり折りたたんだりできます。
○
レベルの展開: 展開するレベル数を指定するには、このオプ
○
すべてのレベルを展開: 値の一覧ですべてのレベルを展開
ションを選択してボックス内に数値を入力します。
するには、このオプションを選択します。
○
すべてのレベルを折りたたむ: モデルの一覧ですべてのレベ
ルを折りたたむには、このオプションを選択します。
[テキスト]タブ
プロンプトテキスト
[プロンプトの編集] ダイアログボックスで設定したプロンプトのラ
ベルを表示するには、このオプションを選択します。
[選択したテキストの書式] 領域の設定を使用して、このテキスト
の書式を設定することもできます。
選択タイプ
コンポーネントの演算子または選択方法を表示するには、このオ
プションを選択します。
[選択したテキストの書式] 領域の設定を使用して、このテキスト
の書式を設定することもできます。
値
プロンプト値のテキストの書式を設定するには、[値] をクリックし
て、[選択したテキストの書式] 領域の設定を行います。
[適用] ボタンのテキスト
クエリの最新表示を行うボタンのテキストの書式を設定するには、
[[適用] ボタンのテキスト] をクリックして、[選択したテキストの書
式] 領域の設定を行います。
検索ボックスラベル
検索ボックスを識別するテキストを表示するには、このオプション
を選択します。ユーザが検索ボックスをクリックすると、このテキス
トは非表示になります。
[選択したテキストの書式] 領域の設定を使用して、このテキスト
の書式を設定することもできます。
検索ボックステキスト
検索ボックスにユーザが入力するテキストの書式を設定するに
は、[検索ボックステキスト] をクリックして、[選択したテキストの書
式] 領域の設定を行います。
選択情報のテキスト
コンポーネントの情報のテキストの書式を設定するには、[[適用]
ボタンのテキスト] をクリックして、[選択したテキストの書式] 領域
の設定を行います。
[色]タブ
背景色
164
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
コンポーネントの背景の色を設定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
オプション
説明
テキストの色
コンポーネントの下部で、一覧で選択した値の数を示すテキスト
の色を設定します。
リンクの色
コンポーネントの下部で値の一覧全体、または選択した値のみを
示すリンクの色を設定します。
Header
以下の要素の色を選択します。
○
○
背景色: ヘッダの背景の色。
プロンプトテキストの色: [プロンプトの編集] ダイアログボック
スで設定したテキストの色。
○
選択の種類の色: 演算子または選択の種類のテキストの
色。
値
[選択されたメンバー] の一覧を含む、この一覧の値の色を設定し
ます。
値が有効ではないときの [デフォルトの色]、値にマウスオーバー
したときの [マウスオーバー時の色] および、選択された値の [選
択時の色] を設定できます。
値の背景
[選択されたメンバー] の一覧を含む、この一覧の値の背景色を
設定します。
値が有効ではないときの [デフォルトの色]、値にマウスオーバー
したときの [マウスオーバー時の色] および、選択された値の [選
択時の色] を設定することができます。
ボタン
コンポーネントボタンの色を設定します。
ボタンの背景と、ボタン上のアイコンおよびテキストには異なる色
を設定できます。また、ボタンが有効ではないときの ([デフォルト
の色])、ボタンをクリックしたときの ([クリック時の色])、ボタンが
無効なときの ([無効な色]) のそれぞれの色を設定することもでき
ます。
矢印ボタン
ドロップダウンリストを開くボタンの [ボタンの色] と [矢印の色] を
設定します。
検索ボックス
ユーザが検索ボックスに入力するテキストの [テキストの色] と、
検索ボックス内のラベルテキストの [ラベルの色] を設定します。
スクロール バー
ユーザが値の一覧をスクロールできるバーのパーツの色を設定し
ます。
設定できるものには、[トラックの色]、[サムの色]、[ボタンの色]、
および [ボタン記号の色] があります。
4.2.12 コンポーネントの削除
コンポーネントを削除するには、コンポーネントを選択して [ 削除 ] を押すか、コンポーネントを右クリックして [削除] を選択し
ます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
165
注記
グループ化されているコンポーネントを個別に削除することはできません。個別のコンポーネントを削除するには、グルー
プを解除するか、グループごと削除する必要があります。
削除したコンポーネントを元に戻すには、 Ctrl + Z を押すか、[編集] メニューの [元に戻す] をクリックします。
4.2.13 アラートの概要
アラートは、事前に設定済みの制限に達した特定のアイテムまたはアクションに対してユーザーの注意を促します。こうした制
限は、多くの場合、ターゲット、予算、ベンチマークなどと呼ばれ、アイテムの比較基準となります。
アラートが有効化されている場合、アラートのレベルを示す 1 つ以上の色がコンポーネントに表示されます。通常、緑色は好
ましい状況、黄色は理想的ではない状況、赤は重大な問題を示します。アラートの定義時には、監視する値、アラートのしき
い値の数と値、そして値が目標値を上回るのが好ましいのか、下回るのが好ましいのか、またはそれにできるだけ近いのが
好ましいのかを定義します。さらに、さまざまなアラートしきい値に対してカスタム色を定義することもできます。
アラートは、以下のコンポーネントで使用することができます。
コンポーネントタイプ
コンポーネント
チャート
[棒チャート]、[バブルプロット]、[縦棒チャート]、[縦棒および折れ
線チャート]、[折れ線チャート]、[レーダーチャート]、[積み上げ棒チ
ャート]、[積み上げ縦棒チャート]、[散布図]。
注記
アラートは、[縦棒および折れ線チャート] を除き、複数のデータ
系列を持つチャートでは使用できません。
セレクタ
[コンボボックス]、[アイコン]、[ラベルメニュー]、[リストボックス]、
[リストビルダ]、[スコアカード]、[スプレッドシートテーブル]、[ティッ
カー]。
単一値
[再生コントロール] を除くすべて。
マップ
すべて。
その他
グリッド。
4.2.13.1 アラートを設定する
データ値が特定の範囲に到達した場合、そのことがコンポーネントで示されるようにするには、アラートを設定してカスタマイ
ズします。
1. コンポーネントを選択してプロパティパネルを開きます。
2. [アラート] タブをクリックします。
3. [アラートを有効にする] を選択します。
166
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
注記
チャートに複数のデータ系列が含まれる場合、このオプションは [縦棒および折れ線チャート] でのみ使用できます。
注記
[スコアカード] および [スプレッドシートテーブル] コンポーネントでは、列ごとに異なるアラートを設定できます。 アラー
トを表示する列ごとに、[表示] 列のチェックボックスを選択し、選択した列のアラートプロパティを定義します。
4. [スコアカード]、[ラベルメニュー]、[リストビルダ]、[リストボックス]、[コンボボックス]、および [スプレッドシートテーブル]
コンポーネントの場合は、[アラート値] ボックスで、アラートのターゲット値と比較する値を指定します。 セルセレクタ
(
) をクリックし、値を参照するスプレッドシート内のソースの場所を選択します。
5. アラートの基準として、以下のいずれかの方法を選択します。
オプション
説明
最大値のパーセ
ントとして
[単一値] コンポーネントに対し、最大値のパーセントをアラートの基準にするには、このオプションを選択します。
最大値は、[一般] ビューの [最大制限] の設定によって決まります。
ターゲットのパー
セントとして
指定したターゲット値のパーセントをアラートの基準にするには、このオプションを選択します。
ターゲット値を埋め込みスプレッドシート内のセルへリンクして設定するには、セルセレクタ (
す。 ターゲット値を手動で定義するには、手動編集 (
) をクリックしま
) をクリックします。
注記
各データ要素に対し、個別のターゲット値を設定することができます。
値別
このオプションを選択して、[アラートのしきい値] に設定されている値をアラートのベースとします。
6. [バブルプロット] には、[アラート変数] オプションを選択します。
オプション
説明
値セット
X 値、Y 値またはバブル サイズのアラートを基準として用いるには、このオプションを選択します。
範囲を使用
Excel のスプレッドシートのデータ範囲のアラートを基準として用いるには、このオプションを選択します。
7. [アラートのしきい値] セクションで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
範囲を使用 埋め込みスプレッドシートのセルからしきい値レベルを選択するにはこのオプションを選択し、セルセレクタ (
ックしてセルを選択します。
値の入力
) をクリ
しきい値を手動で定義するには、以下の操作を実行します。
タスク
既存のしきい値の編集
手順
[開始] または [終了] 列の値をクリックして、新しい値を入力しま
す。
リストへのしきい値の追加
ボックスに値を入力して、[追加] をクリックします。 この手順によ
り、コンポーネントに対して新しいアラート範囲が作成されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
167
オプション
説明
タスク
手順
しきい値の削除
値の横にある [X] アイコンをクリックします。 アラート範囲がコン
ポーネントから削除されます。
しきい値レベルへの色の割り当て
各しきい値の横にあるカラーセレクタをクリックして、対応するア
ラート範囲の色を設定します。 カラーセレクタの使用方法の詳細
については、コンポーネント要素の色の設定 [42 ページ]を参照
してください。
注記
[自動色を有効にする]チェックボックスが選択されている場
合、しきい値ごとに個別に色を設定することはできません。
8. 各しきい値レベルに割り当てられる色を自動的に定義するには、[自動色を有効にする] を選択します。
注記
各しきい値レベルに手動で色を割り当てるには、このオプションを選択解除し、各しきい値レベルの横にあるカラーセ
レクタボタンを選択して色を設定します。
9. 自動色を有効にするが選択されている場合、ほかのグラデーション配色を設定するには、自動色ボタン (
) をクリック
します。
10. 色ダイアログボックスで、カスタムリストまたは組み込みリストから配色を選択するか、新しいグラデーションを作成してグ
ラデーションの新規作成をクリックし、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
グラデーション (2
色)
アラートの目盛に 2 色のグラデーションを作成するには、このオプションを選択します。
グラデーション (3
色)
アラートの目盛に 3 色のグラデーションを作成するには、このオプションを選択します。
塗りつぶし
アラートのグラデーションの各パーツおよびデータが含まれないコンポーネントのパーツの背景色を設定するに
は、この列の色をクリックします。
フォント
アラートのグラデーションの各パーツおよびデータが含まれないコンポーネントのパーツのテキストの色を設定
するには、この列の色をクリックします。
11. 目的の値を指定するには、[色の順序] を選択します。 [色の順序] を設定すると、同じ色が常に目的の値を示すように、
アラートしきい値の色の順序が変更されます。
○ 低い値が最適: ターゲット値よりも低い値が望ましい場合にこのオプションを使用します。 たとえば、最小限に抑えた
い費用が表示されるコンポーネントに対してこのオプションを選択します。
○ 中央値が最適: 推奨値がターゲット値である場合にこのオプションを使用します。 たとえば、できる限り正確に表した
い在庫数量が表示されるコンポーネントに対してこのオプションを選択します。
注記
このオプションは、パーセンテージを使用している場合にのみ使用することができます。
○ 高い値が最適: ターゲット値よりも高い値が望ましい場合にこのオプションを使用します。 たとえば、最大限に増やし
たい収益額が表示されるコンポーネントに対してこのオプションを選択します。
168
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
12. [垂直スライダ]、[水平スライダ]、[水平進捗バー]、[ダイヤル]、[二点スライダ]、および [メーター] コンポーネントの場合
は、アラートの色を表示する場所を選択します。
オプション
説明
背景
コンポーネントの背景にアラートの色が表示されます。
マーカー
マーカー、針などにアラートの色が表示されます。
値
アラートの色が、現在の値が表示されているテキストボックスの背景色として追加されます。
コンポーネントに対するアラートが設定されます。
4.2.13.2 スコアカードのアラートアイコンを設定する
このタスクを実行する前に、[スコアカード] コンポーネントを設定し、必要に応じて各列のアラートターゲット、しきい値、色の順
序を設定します。
[スコアカード] コンポーネントには、色とアイコンの両方でアラートが表示されます。アイコンでは、コンポーネントの値の状態
について、もう 1 つのビジュアルな情報が得られます。たとえば、入力可能な値がチェックマークで識別できるほか、アクション
が必要な値には、感嘆符を付けられます。
アイコンの無効化や、アイコンの定義済みグループの選択、または個別のアイコンの形状と色を選択して、アイコン設定をカ
スタマイズできます。
1. [スコアカード] を選択して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ] パネルで、[アラート] タブをクリックし、アラートアイコンを設定する列を選択します。
3. 各アラート範囲に対して個別にアイコンを設定するには、アイコンセレクタ (
) をクリックし、[アイコン] ダイアログボッ
クスでアイコンの形状と色を選択します。
4. アイコンの定義済みグループを選択するには、自動アイコンボタン (
) をクリックしてアイコンセットを選択します。
アイコンセットは、セット内のアイコン番号に基づいてグループに分類されています。可能であれば、各アラートのしきい値
に対して 1 つのアイコンを含むセットを選択してください。
5. カスタムのアイコンセットを作成するには、自動アイコンボタン (
) をクリックして [アイコンセットの新規作成] をクリック
します。アイコンセットのオプションを設定して、[OK] をクリックします。次のオプションを設定できます。
オプション
説明
アイコン数 セットに含むアイコンの数を選択します。アイコンセットは、アイコン数がアラート範囲数に一致する場合に最も有効です。
色
この列の色をクリックして、各アイコンの色を設定します。最上列のアイコンは推奨値を表しており、下のアイコンにいくほ
どあまり推奨しない値を表します。
形状
この列のアイコンセレクタボタン (
) をクリックして、各アイコンの形状を設定します。一番上のアイコンは推奨値を表し
ており、最下部のアイコンは最も推奨しない値を表します。
6. 必要に応じて、[スコアカード] のその他の列に対しても、これらの手順を繰り返します。
アイコンが設定されました。[色の順序] を変更すると、同じアイコンが目的の値を表すように、アイコンが再配列されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
169
4.2.14 コンポーネントのディスプレイの管理
モデル内の情報が多すぎる場合や、ビジュアルコンポーネントが多すぎる場合、ユーザが特定の情報セットに焦点を当てるの
が困難な場合があります。多くの情報を表示する必要がある場合、必要ないくつかの情報のみを表示することによって、ビジ
ュアルレイアウトを簡略化することができます。モデルを使いやすくするために、キャンバスの特定領域を再利用して、実行時
にコンポーネントを表示/非表示にすることができます。
動的ディスプレイにより、スプレッドシートセルのコンテンツに基づいてコンポーネントを表示するタイミングを制御することがで
きます。コンポーネントの [ステータス] が [キー] と一致する場合、コンポーネントが表示されます。一致しない場合は表示さ
れません。
たとえば、ユーザがクリックすると特定のチャートが表示される [表示切り替えボタン] を追加するとします。この場合、表示切
り替えボタンをクリックするたびに <showChart> および <hideChart> が交互に出力先セルに挿入されるように、このボタ
ンを設定します。この出力先セルにチャートの [ステータス] をリンクして、そのチャートの [キー] を <showChart> に設定す
ると、[表示切り替えボタン] によって値 <showChart> が挿入されるとそのチャートは表示され、[表示切り替えボタン] によ
って <hideChart> が挿入されると非表示になります。
より複雑なモデルでは、ユーザが複数の異なるコンポーネントを切り替えることができるようにすることができます。たとえば複
数のチャートを作成し、<chart1>、<chart2> などの固有のキー値を各チャートに割り当てることができます。次に、[リスト
ボックス] コンポーネントをキャンバスに追加して、チャートキーと出力先がスプレッドシート内の空のセルと一致するようにソ
ースデータを設定できます。各チャートのステータスを出力先セルにリンクすると、実行時に [リストボックス] で選択した内容
に基づいて 1 つのチャートが表示され、その他のチャートは非表示になります。
動的ディスプレイが有効な場合は、アニメーション効果を追加して、モデルでの各コンポーネントの表示および非表示の方法
を制御することもできます。
ヒント
動的ディスプレイを使用したモデルの例を表示するには、
ファイル
サンプル をクリックし、サンプルファイル[動的デ
ィスプレイ]を開きます。
注記
アドオンコンポーネントは動的ディスプレイをサポートしていません。アドオンコンポーネントのディスプレイを制御する場
合、キャンバスコンテナにコンポーネントを配置して、動的ディスプレイ設定をキャンバスコンテナに適用して、含まれている
アドオンコンポーネントを表示または非表示にします。
4.2.14.1 動的ディスプレイを設定する
1. コンポーネントをキャンバスに追加して [プロパティ] パネルを開きます。
2. [プロパティ]パネルで、
動作
一般 を選択します。
3. [動的ディスプレイ] 領域の [ステータス] ボックスの横で、セルセレクタ (
) をクリックして、コンポーネントのディスプレ
イを制御するスプレッドシート内のセルを選択します。
注記
コンポーネントのデータ範囲内のセルなど、コンポーネントにすでにバインドされているセルを選択しないでください。
170
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
[ステータス] を設定すると、[キー] ボックスが使用可能になります。
4. [キー] ボックスで、値を入力するかセルセレクタ (
) をクリックして、このコンポーネントのキー値が含まれているセル
を選択します。
[ステータス] セル内の値がキー値と一致する場合、コンポーネントが表示されます。
5. 動的ディスプレイを使用したコンポーネントを複数設定するには、各コンポーネントに対して同一の [ステータス] セルと固
有の [キー] 値を使用し、上記の手順を繰り返します。
6. 別のコンポーネントをキャンバスに追加して、[ステータス] セルの値を挿入します。
通常は [チェックボックス] や [ラジオボタン] などのセレクタコンポーネントを使用して、どのコンポーネントを表示するか
をユーザが選択できるようにします。ただし、チャートまたはマップコンポーネントを使用して、[ステータス] セルにデータ
を挿入するよう設定することもできます。
7. セレクタの [プロパティ] パネルの [一般] タブで、制御しているコンポーネントの [キー] 値と一致するように [ソースデー
タ] を設定します。
注記
セレクタが 1 コンポーネントのみを制御している場合、同様にコンポーネントを非表示にする 2 番目の値も入力する必
要があります。
8. [出力先] ボックスで、セルセレクタ (
) をクリックして、動的ディスプレイを使用したコンポーネントの [ステータス] セル
を選択します。
実行時に、ユーザがセレクタコンポーネントをクリックするときに、キー値をステータスセルに挿入します。動的に表示されるコ
ンポーネントは、挿入された値がキー値と一致する際に表示されます。
必要に応じてコンポーネントの表示効果を設定し、動的ディスプレイがトリガされたときにコンポーネントをどのように表示する
かを指定することができます。
関連情報
コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]
動的ディスプレイ用に表示効果を設定する [171 ページ]
4.2.14.2 動的ディスプレイ用に表示効果を設定する
動的ディスプレイが有効な場合、コンポーネントがどのようにモデルに届くのかを指定できます。たとえば、一方からスライドイ
ンするのか、またはゆっくりとフェードインするのかを指定できます。効果の持続時間も指定できます。
1. コンポーネントを選択して[プロパティ]パネルを開きます。
2.
動作
アニメーションと効果 をクリックします。
3. [表示効果]の[タイプ]リストで、次のいずれかのオプションを選択します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
171
オプション
説明
フェードイン
コンポーネントは半透明状態で表示され、しだいに塗りつぶし状態になります。
ワイプ (右へ)
コンポーネントの左側が表示され、コンポーネントの残りの部分が徐々に左から右に描画されます。
ワイプ (右下へ)
コンポーネントの左上隅が表示され、コンポーネントの残りの部分が徐々に右下方向に描画されます。
注記
[なし] を選択した場合、コンポーネントはすぐに表示され、その導入部分の時間を設定できません。
4. [時間 (秒)] リストで、効果の持続時間を秒単位で選択します。
モデルが実行されていてコンポーネントの表示がトリガされている場合、選択された表示効果と時間を使用してそのコンポー
ネントが画面に追加されます。
関連情報
コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]
動的ディスプレイを設定する [170 ページ]
4.2.15 ユーザ入力の無効化
多くのコンポーネントは、ランタイム中にユーザが値を変更できるよう設定することができます。ユーザがモデルからデータを
変更できないようにする必要がある場合、ユーザが操作できないようコンポーネントを設定することができます。ただし、設計
上コンポーネントがユーザ入力を受け入れるようにする必要がある場合は、背景コンポーネントを使用して入力をブロックする
ことができます。
注記
[単一値] コンポーネントの場合、ユーザによるデータ値の変更を防ぐ方法は 2 つあります。コンポーネントを式を含むセル
にバインドする方法と、[プロパティ] パネルの
動作
一般
タブで [対話操作を有効にする] オプションの選択を解除
する方法です。
注記
特定の状況でユーザ入力をブロックする場合、動的ディスプレイを使用し、そのような状況では透過背景のみを表示される
ようにすることができます。
関連情報
単一値コンポーネント動作プロパティ [114 ページ]
172
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
コンポーネントのディスプレイの管理 [170 ページ]
4.2.15.1 背景コンポーネントの設定によりユーザ入力をブロックする
1. [コンポーネント] ブラウザから背景コンポーネントをキャンバスにドラッグし、ユーザ入力をブロックするコンポーネントの
上に配置します。
2. 背景コンポーネントを選択し、プロパティパネルを開きます。
3. [一般] ビューで、[透明度] スライダを 100% に設定します。
4. [マウスイベントのブロック] オプションを選択します。
注記
このオプションでは、ユーザがコンポーネントの上にマウスを置いたときに発生する効果を無効にすることもできます。
たとえば、[棒チャート] の場合、ユーザがそれぞれの棒の上にマウスを置いたときに値は表示されません。
モデルの実行時に、ユーザが背景の後ろにあるコンポーネントをクリックしても、マウスクリックは認識されません。
関連情報
コンテナ コンポーネントの使用 [79 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
コンポーネントの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
173
5
モデルの操作
モデルまたはダッシュボードとは、データのビジュアル表示です。モデルとは、コンポーネントで構成され、各コンポーネントを
バインドするための基礎となるデータです。
モデル作成の基本プロセスは、以下の 4 つのステップに分かれます。
1. データを埋め込みスプレッドシートにインポートまたは入力するか、外部データソースからクエリを作成します。
2. コンポーネントをキャンバスに追加して、スプレッドシートセルまたは外部データソースにリンクします。
3. コンポーネントの外観、スタイル、およびレイアウトを変更します。
4. モデルをプレビューし、公開します。
Dashboards には、特定の目的用に設計された複数のテンプレートがあります。これらのテンプレートをそのまま使用すること
も、特定のニーズに合わせてカスタマイズすることもできます。
迅速にモデルを作成するためにテンプレートを使用することに加えて、テーマと配色を使用して、モデル内のすべてのコンポ
ーネントに対して特定の外観を作成することもできます。
このソフトウェアには、Dashboards の基本機能を示すサンプルモデルも含まれています。各サンプルには、独自の埋め込み
スプレッドシートデータが含まれているので、コンポーネントがどのようにスプレッドシート内のデータとバインドされているのか
がわかります。
関連情報
サンプルモデル [33 ページ]
5.1
テンプレートの使い方
類似コンポーネントまたは設定でモデルを頻繁に作成する場合、新規モデルの開始点としてテンプレートを使用することがで
きます。テンプレートは、多彩なレイアウトとコンポーネントの組み合わせを示すものです。テンプレートの中には、サンプルデ
ータとバインドされていて、テンプレートの動作がわかるようになっているものもあります。レイアウトテンプレートなど、それ以
外のテンプレートは、データにバインドされていません。テンプレートを開くと、新規モデルとしてキャンバスに挿入されます。こ
れで、そのテンプレートを追加、削除、または変更し、それを新しいモデルとして、または変更済みまたは新規のテンプレートと
して保存できます。
このソフトウェアには、新しいモデルの作成に使用できる一連のテンプレートがあります。空白のキャンバスからモデルを作成
してテンプレートとして保存することもできます。
注記
テンプレートは既存のモデルに適用できません。既存のモデルの表示を変更するために、別のテーマを適用したり、配色
を変更したりできます。
174
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
関連情報
テーマの使い方 [176 ページ]
配色の使用 [177 ページ]
5.1.1 テンプレートを開く
空白のキャンバスからモデルを構築するのではなく、使用する基本コンポーネントを含むテンプレートを使用し、それをニーズ
に合わせてカスタマイズすることができます。
1.
ファイル
テンプレート をクリックします。
[テンプレートから新規作成]ダイアログボックスが開きます。[カテゴリ] 領域には、テンプレートを割り当てることができる
カテゴリが一覧表示されます。
2. [カテゴリ]領域で、カテゴリをクリックします。
[アイテム]領域には、そのカテゴリに対して使用できるテンプレートが表示されます。
3. [アイテム]領域で、テンプレートをクリックします。
[プレビュー] 領域にはテンプレートの対話型プレビューが表示され、テンプレートの説明が入力されている場合はそれが
[説明] 領域に表示されます。
4. 開くテンプレートを指定したら、[OK]をクリックします。
テンプレートがキャンバスに開いて、テンプレートにサンプルスプレッドシートが含まれている場合は、埋め込みスプレッドシー
トにロードされます。テンプレートのスプレッドシートの多くには、すでにコンポーネントにバインド済みのスプレッドシートのセル
に、自分の情報を入力するための手順が含まれています。
関連情報
Excel スプレッドシートをインポートする [185 ページ]
コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク [186 ページ]
5.1.2 テンプレートを作成する
Dashboards に定義済みテンプレートが同梱されていても、独自のテンプレートを作成して保存することもできます。たとえ
ば、企業ポータルで使用する一連のポートレットを作成している場合、作成したモデルをテンプレートとして保存して、更新が
必要になった場合に再利用できるようにします。モデルの 1 つをテンプレートとして保存するには、以下を実行します。
1. テンプレートとして保存するモデルを作成します。
2.
ファイル
別名で保存
をクリックします。
[名前を付けて保存] ダイアログボックスが表示されます。
3. Dashboards プログラムがインストールされたフォルダに移動し、次に ...¥asse s¥template に移動します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
175
注記
新しいテンプレートカテゴリを作成するには、ディレクトリ ¥template の下にフォルダを作成します。
4. [ファイル名] フィールドにテンプレートのファイル名を入力し、[保存] をクリックします。
5.
ファイル
エクスポート
Flash (SWF)
をクリックします。
6. テンプレートを保存したテンプレートフォルダに移動します。
7. [ファイル名]リストで、SWF ファイルに対し、テンプレートに対して入力したのと同じファイル名を入力し、[保存]をクリック
します。
モデルがテンプレートとして保存されます。次に[テンプレートから新規作成]ウィンドウを開くと、そのテンプレートを使用してプ
レビューできます。
5.2
テーマの使い方
(従来スキンと呼ばれていた) テーマは、モデルをカスタマイズするための簡単な方法を提供するもので、モデル全体で一貫
性のある外観を維持することができます。テーマは、各コンポーネントに適用されるスタイルとプロパティを制御します。またテ
ーマには配色も含まれますが、配色を変更することでモデルをさらにカスタマイズすることができます。新しい配色が適用され
ると、コンポーネントはスタイルおよびプロパティ設定を維持しながら、新しいカラーパレットを使用します。
関連情報
配色の使用 [177 ページ]
5.2.1 テーマを適用する
モデルの外観を変更する場合、テーマを適用し、すべてのコンポーネントのスタイルとプロパティ設定を設定することができま
す。
1.
書式
テーマ をクリックします。
2. 左パネルの[テーマ]リストから、テーマを選択します。
[プレビュー] 領域に、そのテーマを使用した場合のダッシュボードの小さなサンプルが表示されます。
3. [OK] をクリックします。
モデルが変更され、選択したテーマのスタイルとプロパティが使用されます。
新しいテーマは、すべての既存コンポーネントおよび新規コンポーネントに適用されます。個別のコンポーネントを選択し、そ
のプロパティを変更することができます。
注記
テーマツールバーの [テーマ] (
176
) をクリックして、モデルのテーマを設定することもできます。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
5.2.2 デフォルトのテーマを設定する
モデル作成時に同じテーマを頻繁に使用する場合は、そのテーマをデフォルトとして設定し、新しいモデルを作成するたびに
使用されるようにできます。
1.
ファイル
基本設定 をクリックします。
2. [基本設定] ダイアログボックスで、[ドキュメント] をクリックします。
3. [デフォルトのテーマ] リストからテーマを選択します。
4. [OK] をクリックします。
5.3
配色の使用
配色 (以前のスタイル) は、モデルのコンポーネントで使用されるカラーパレットを変更するものです。配色は、モデル全体に
適用することも、特定のコンポーネントのみに適用することもできます。このソフトウェアでは、モデルに適用できる定義済みの
配色が多数提供されていますが、独自の配色を作成して保存することもできます。配色はフォントの色、テキストの書式、また
はアラートには影響しません。
注記
配色は XLF ファイルとともには転送されません。モデルで使用される配色が設計時に使用できない場合 (たとえば自分の
モデルを別のコンピュータで開いた場合)、既存コンポーネントでは引き続きカスタム配色が使用されますが、この配色は
新規コンポーネントでは使用できません。この場合、配色ファイルを元のコンピュータからコピーする必要があります。配色
ファイルが保存されている場所のデフォルトのファイルパスについては、カスタム配色を作成する [178 ページ]を参照して
ください。
5.3.1 配色を適用する
配色を変更して、モデルの外観を変更することができます。新しい配色は新規コンポーネントのみに適用することも、既存のコ
ンポーネントにも適用することもできます。
1. モデルを開きます。
2.
書式
配色 をクリックします。
3. [配色]ダイアログボックスで、適用する配色を選択します。
注記
配色を元の設定に戻すには、[現在のテーマの色]を選択します。
4. 色の変更をモデルの既存コンポーネントに適用するには、[既存のコンポーネントに適用]をクリックします。適用しない場
合、配色はキャンバスおよびキャンバスに配置する新規コンポーネントにのみ適用されます。
5. [OK]をクリックします。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
177
モデルの配色が変更されます。[既存のコンポーネントに適用]オプションを選択した場合、既存のコンポーネントの色が変更
されます。それ以外の場合、新しい配色は、キャンバスに新たに追加されたコンポーネントに適用されます。
5.3.2 デフォルトの配色を設定する
モデル作成時に同じ配色を頻繁に使用する場合は、その配色をデフォルトとして設定し、新しいモデルを作成するたびに使用
されるようにできます。
1.
ファイル
基本設定 をクリックします。
2. [基本設定] ダイアログボックスで、[ドキュメント] をクリックします。
3. [デフォルトの配色] リストから配色を選択します。
4. [OK] をクリックします。
5.3.3 カスタム配色を作成する
既存の配色のパラメータを変更して、カスタム配色を作成することができます。
カスタム配色を作成すると、次の場所に保存されます。
● Windows XP の場合: <Windows user>¥Application Data¥XcelsiuscustomThemes¥
● Windows 7 の場合: <Windows user>¥AppData¥Roaming¥¥XcelsiuscustomThemes¥
<windows user> は、Windows ユーザのファイルの保存場所へのパスです。
他のワークステーションと配色を共有するには、カスタム配色の XML ファイルを、他のシステム上の同じファイルの保存場所
にコピーします。
1.
書式
配色 をクリックします。
[配色] ダイアログボックスが表示されます。
2. [配色]ダイアログボックスで変更する配色を選択し、[新規作成]をクリックします。
3. [配色] ダイアログボックスで、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
新しい配色の名前を入力します。
カラーバー
変更する色をクリックし、カラーセレクタから変更後の色をクリックします。
色の自動一 このソフトウェアで、選択した色に基づいてカラーパレットが選択されるようにするには、パレットの基準となる色を選択
致
し、このオプションを選択します。ソフトウェアでパレットを調整し、選択した色に近づけたり、選択した色から遠ざけたりす
るには、スライダを動かします。
詳細
コンポーネントの特定の要素に対して色を設定する場合、[詳細]をクリックします。[詳細] 領域でタブをクリックし、各コ
ンポーネントの要素を照会します。各要素名の隣に表示されるカラーボックスをクリックし、その要素に適用する色を選
択します。
4. [保存] をクリックします。
配色が保存され、モデルに適用されます。[既存のコンポーネントに適用]オプションを選択した場合、既存のコンポーネントの
色が変更されます。そうでない場合、新しい配色はキャンバスおよびキャンバスに配置する新規コンポーネントにのみ適用さ
れます。
178
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
注記
テーマツールバーの [色](
5.4
) をクリックし、[新しい配色の作成] を選択して、新しい配色を作成することもできます。
モデルのプレビュー
モデルの設計時には、コンポーネント、色、レイアウトの異なる組み合わせを実験して、データとのコンポーネントの連携を調
査する必要がある場合があります。 モデルのプレビュー時には、エクスポートした場合のダッシュボードが表示されます。
注記
モデルに SAP BW 接続が含まれている場合、モデル設定をプレビューして基本的なワークフローをテストすることができま
すが、SAP BW クエリおよびクエリビュー結果セットからのデータは使用できません。 接続された SAP システムからのデ
ータを含むモデルをプレビューするには、SAP BW データを使用して Dashboards モデルをプレビューする [269 ページ]
を参照してください。
5.4.1 モデルをプレビューする
1. プレビューするモデルを開きます。
2.
ファイル
プレビュー
をクリックし、次のいずれかをクリックします。
○ デスクトップ (Flash): コンピュータで参照した場合のモデルの見え方。
○ モバイル (画面に合わせる): [画面に合わせる] オプションを選択した状態でモバイルデバイスで参照した場合のモ
デルの見え方。キャンバスサイズが 1024x768 でない場合、モバイルデバイスの解像度に合わせて拡大/縮小され
ます。
○ モバイル (元のサイズ): [元のサイズ] オプションを選択した状態でモバイルデバイスで参照した場合のモデルの見
え方。キャンバスサイズがモバイルデバイスの解像度よりも大きい場合、スクロール機能がサポートされます。
注記
モデルにクエリデータが含まれる場合に、クエリデータが含まれる BI プラットフォームにログインしていない場合は、ロ
グイン情報の入力を求めるプロンプトが表示されます。ログインをキャンセルすると、プレビューは最新表示されたクエ
リデータなしで表示されます。
ソフトウェアでモデルのプレビューが生成され、画面上に表示されます。この完全に対話型のプレビューでは、エクスポートし
た場合のモデルが表示されます。
プレビューを閉じて作業中のバージョンのモデルに戻るには、
ファイル
プレビュー
をクリックし、選択したプレビューの
種類を選択します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
179
注記
標準ツールバーの [プレビュー] (
) の横にあるドロップダウンの矢印をクリックしてモデルをプレビューすることもできま
す。
関連情報
モデルのエクスポート [273 ページ]
5.4.2 モデルのプレビューをエクスポートする
モデルの SWF をエクスポートしてブラウザで表示させる場合、このモデルのプレビューをエクスポートすることができます。
1. キャンバスでモデルを開きます。
2.
ファイル
プレビューのエクスポート をクリックします。
進捗バーが開き、プレビュー用の SWF 生成の進捗状況が表示されます。その後、ブラウザウィンドウでプレビューモデルが
起動されます。
5.4.3 モデルのスナップショットを取る
[プレビュー] モード中に、モデルを操作できます。維持したいビューが見つかった場合、変更されたステータスのモデルのスナ
ップショットを取ることができます。スナップショットを取ると SWF ファイルが生成され、選択したファイル形式に埋め込まれま
す。
注記
スナップショット機能は埋め込みスプレッドシートのデータのみを使用するため、生成された SWF ファイルに [プレビュー]
モード中に行った変更がまったく反映されない場合があります。完全なデータを保持するには、埋め込みスプレッドシートを
更新して必要な値を含めてから、モデルをエクスポートする必要があります。詳細については、モデルのエクスポート
[273 ページ]を参照してください。
1. ツールバーで、[プレビュー] (
) をクリックします。
このソフトウェアは、モデルの SWF ファイルを生成します。
2. モデルと対話して、スナップショットを取る際に、
ファイル
スナップショット
をクリックして、次のいずれかのオプショ
ンを選択します。
180
オプション
説明
Excel スプレッドシート
現在のデータ値で Excel スプレッドシート(XLS)を生成します。このオプションは、意図どおりに動作して
いないモデルを診断するのに適しています。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
オプション
説明
Macromedia Flash
(SWF)
コンポーネントの現在のステータスを表示する Flash(SWF)ファイルを生成します。
HTML
コンポーネントの現在のステータスを表示する HTML ファイルおよび Flash(SWF)ファイルを生成しま
す。
PDF (Acrobat 6 または
9)
コンポーネントの現在のステータスを表示する Adobe PDF ファイルを生成します。
PowerPoint スライド
コンポーネントの現在のステータスを表示する、1 つのスライドに Flash(SWF)ファイルを含む Microsoft
PowerPoint ファイルを生成します。
Outlook
Microsoft Outlook の電子メールを開いて、現在のステータスを表示する Flash(SWF)ファイルを新規メ
ッセージに添付します。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
3. スナップショットの場所とファイル名を入力して、[保存]をクリックします。
製品バージョンに応じて、エクスポートオプションの制限があります。次の表に、使用可能なスナップショットオプションをまとめ
ます。
表 50:
スナップショットオプション
SAP Crystal
Presentation Design
SAP Crystal
Dashboards, Personal
Edition
SAP Crystal
Dashboards,
Departmental Edition
SAP BusinessObjects
Dashboards
Excel スプレッドシート
Macromedia Flash
HTML
PDF (Acrobat 6 または
9)
PowerPoint スライド
Outlook
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
181
6
データソースの操作
このソフトウェアでは、以下のカテゴリのデータソースをコンポーネントに接続することができます。
● 埋め込みスプレッドシート
このカテゴリは、ビジネスデータのほとんどを Excel スプレッドシートで保持している小規模から中規模のビジネスユーザ
に最適です。埋め込みスプレッドシートは、Dashboards のすべてのバージョンで使用できます。
● 外部データ接続
外部データ接続は、動的データソースを必要とする小規模から中規模のビジネスユーザに適しており、モデルを実行する
たびに最新のデータを取得できます。外部データ接続の多くは Dashboards のすべてのバージョンで使用できます。詳
細については、個別の節を参照してください。
● BEx クエリおよびユニバースクエリ
これらのクエリは、BI プラットフォームを実行しているビジネスに適しています。クエリを使用して、選択したデータソース
から特定の結果オブジェクトを選択したり、外部データ接続と同様に、モデルを実行するたびに最新のデータを取得でき
ます。ただし、クエリの場合は、データを埋め込みスプレッドシートに挿入せずに、コンポーネントをクエリに直接リンクする
ことができます。クエリは、SAP BusinessObjects Dashboards でのみ使用できます。
関連情報
埋め込みスプレッドシートの概要 [182 ページ]
データ接続の管理 [194 ページ]
クエリを参照する [223 ページ]
6.1
埋め込みスプレッドシートの概要
埋め込みスプレッドシートは、Excel での作業時と同様に使用することができる有用な Excel スプレッドシートです。モデルを
特定のデータに関連付けるために、コンポーネントを埋め込みスプレッドシートのセルにリンクさせることができます。
注記
埋め込みスプレッドシートは、すべての Excel 関数をサポートしているわけではありません。マクロ、条件付き書式設定、
他の外部スプレッドシートへのリンク、および一部の式関数はサポートされていません。サポートされるすべての関数の一
覧については、サポートされる Excel の関数 [187 ページ]を参照してください。
埋め込みスプレッドシートには、Excel ツールバーが表示されます。Excel 2003 を使用している場合、埋め込みスプレッドシ
ートにはデフォルト ツールバーが表示されます。データの処理に関係のないボタンは無効化されます。[保存]、[開く]、および
[印刷] オプションは Dashboards で処理されるため、埋め込みスプレッドシートツールバーでは無効化されます。Excel 2007
を使用している場合、埋め込みスプレッドシートにはスプレッドシートの上部に表示されるリボンが表示されます。データの処
理に関係のないボタンやメニューは無効化されます。
182
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
ローカルに保存された場合、Dashboards はお使いのコンピュータで定義されている地域の書式設定 (桁区切り、時刻区切
り、および日付の区切り記号の設定など) を使用します。地域書式設定を変更するには、[Windows コントロールパネル] を
開き、[地域と言語のオプション] をダブルクリックし、設定を調整して [OK] をクリックします。
SAP BusinessObjects Dashboards では、モデルを BI プラットフォームに保存する場合、ユーザの表示ロケールによって地
域の書式設定が決定されます。BI プラットフォームにおける地域の書式設定の使用の詳細については、BI プラットフォームで
のモデルの翻訳とグローバル化 [261 ページ]を参照してください。
モデルでの作業中、キャンバスの下に埋め込みスプレッドシートを表示させることができます。これにより、データを参照し、コ
ンポーネントの入力と出力をスプレッドシート内のセルにバインドすることができます。埋め込みスプレッドシートは Excel から
完全に独立しており、Excel からのインポートまたは再インポートを行わずに、埋め込みスプレッドシート内でデータを直接追
加、変更、および削除することができます。
埋め込みスプレッドシートにデータを挿入するために、以下のことができます。
● Excel からスプレッドシートをインポートします。
● 別のスプレッドシートから埋め込みスプレッドシートにデータをコピーして貼り付ける。
● データを埋め込みスプレッドシートに手動で入力します。
● クエリの結果オブジェクトを埋め込みスプレッドシートにリンクする。この機能は、Dashboards でのみ使用できます。
6.1.1 Excel スプレッドシートの準備
Excel スプレッドシートをインポートする前に、そのスプレッドシートの構造がモデルの最高のパフォーマンスを達成するのに
適していることを確認します。以下のガイドラインを考慮します。
● サポートされている Excel 関数のみを使用する
サポートされている Excel 関数のリストについては、サポートされる Excel の関数 [187 ページ] を参照してください。
● コンピュータへの負荷が高い関数は必ず小さなデータセットとともに使用する
以下の Excel 関数は Dashboards でサポートされていますが、大きなデータセット (100 行超) とともに使用した場合、モ
デルのパフォーマンスにネガティブに影響する可能性があります。
○ SUMIF
○ COUNTIF
○ HLOOKUP
○ VLOOKUP
● データを論理的に体系化する
スプレッドシートを分かりやすくするためには、データを論理的にレイアウトします。関連するアイテムをグループ化し、
色、ラベル、罫線を使用してセルの構造と機能を表します。
● 色、ラベル、罫線を使用してデータタイプ(入力と出力)を識別する
ビジュアルモデルの管理を容易にするため、色、ラベル、罫線を使用してスプレッドシートのセルまたはセル範囲を識別
し、その用途を表します。色の意味を示す凡例を追加すると、モデルの整合性と使いやすさの維持に役立ちます。
● 頻繁に使用するデータとロジックをスプレッドシートの上部に配置する
コンポーネントにバインドするデータの選択を容易にし、スクロールの必要性を最小限に抑えるため、頻繁に使用する
か、一般的であるデータまたはロジックをスプレッドシートのタブの左上に配置します。
● 複数のタブを使用する
スプレッドシートが大きくなり、データを照会するのに長いスクロールが必要となる場合、データを複数のタブ(またはワー
クシート)に分割することを検討します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
183
6.1.2 埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する
1.
ファイル
基本設定 をクリックします。
2. [基本設定]ダイアログボックスで、左側のリストから[Excel のオプション]をクリックします。
3. [Excel のオプション] タブで、次のオプションを選択します。
オプション
説明
Live Office
互換
Dashboards において、Live Office 対応のスプレッドシートを使用できるようにします。このオプションを有効にした場
合、その他の Microsoft Office プログラムのパフォーマンスに影響する可能性があります。このオプションが有効にさ
れていない場合、LiveOffice を Dashboards の外のスプレッドシートで設定および使用し、そのスプレッドシートを
Dashboards にインポートする必要があります。
LiveOffice は SAP Bu inessObjects Dashboards でのみ使用できます。
最大行数
このオプションを使用して、選択し、コンポーネントにバインドできる埋め込みスプレッドシートの最大行数を設定します。
ソフトウェアが範囲選択でサポートする行数に制限はありませんが、コンポーネントを大きな範囲選択にリンクさせると、
モデルのパフォーマンスに影響する可能性があります。デフォルトでは、範囲において最大 512 行を選択することがで
きます。
スプレッドシ
ートの最適
化
このオプションを使用して、ランタイムのスプレッドシートを最適化します。このオプションを有効にしている場合、モデル
をエクスポートして SWF と共に保存すると、ソフトウェアでモデルの式が計算されます。モデルのプレビューまたはエク
スポートには時間がかかりますが、計算はすでに完了しているため、ランタイムでのファイルのパフォーマンスは向上し
ます。
Excel の式
のエラーを
無視
このオプションを使用して、スプレッドシートにおける式のエラーが原因で、モデルにエラーが表示されないようにしま
す。このオプションが選択されている場合、式のエラーを含むすべてのセルが空白のセルとして扱われます。
注記
式のエラーが無視されると、エラーがあるセルを参照する ISERROR などの関数が埋め込みスプレッドシートで正し
く機能しません。
4. [OK] をクリックします。
6.1.3 Excel と埋め込みスプレッドシート間のデータの同期
埋め込みスプレッドシートは、Excel スプレッドシートからインポートされたソースデータに接続されていません。ある場所でデ
ータを変更しても、別の場所のデータは自動的に更新されません。埋め込みスプレッドシートと Excel でデータの同期コピーを
維持する場合は、変更されたデータを Excel にエクスポートし直すか、変更されたセルをコピーしてソーススプレッドシートに
貼り付けます。
184
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.1.3.1
Excel スプレッドシートをインポートする
既存の Excel スプレッドシートをモデルのソースデータとして使用する場合、スプレッドシートを埋め込みスプレッドシートにイ
ンポートすることができます。
警告
Excel スプレッドシートをインポートすると、埋め込みスプレッドシートに現在存在するデータはすべて上書きされます。コン
ポーネントがすでに埋め込みスプレッドシートのセルにバインドされている場合、インポート時にセルのバインド場所は変わ
りませんが、データが変更される可能性があります。
注記
Excel ファイルをインポートすると、データがコピーされ、元のデータとの繋がりはなくなります。元のソースファイルを編集し
ても、埋め込みスプレッドシートにインポートされたデータは変更されません。
1.
データ
インポート をクリックします。標準ツールバーのスプレッドシートのインポート (
) をクリックすることもでき
ます。
2. [警告]ダイアログボックスで、[はい]をクリックします。
3. インポートするスプレッドシートを選択し、[開く] をクリックします。
6.1.3.2
Excel と埋め込みスプレッドシートとの間でデータをコピーする
Mixrosoft Excel スプレッドシートから埋め込みスプレッドシートに、スプレッドシート全体をインポートすることなくデータを追加
するには、必要なデータを Excel でコピーし、埋め込みスプレッドシートに貼り付けることができます。
Dashboards の 2 つのインスタンスを開いて、ソフトウェアの 1 つのインスタンス内で埋め込みスプレッドシートからもう一方に
データをコピーして貼り付けることもできます。
注記
Excel スプレッドシートのセルをコピーした場合、値と式を埋め込みスプレッドシートに貼り付けることができますが、条件付
き書式設定は保持されません。
1. デスクトップで Dashboards を開き、データを追加するモデルをロードします。
2. Excel または、デスクトップで Dashboards の別のインスタンスを開き、データのコピー元となるスプレッドシートまたはモ
デルをロードします。
3. コピーするセルを選択して、 Ctrl + C を押します。
4. 埋め込みスプレッドシートでセルを選択して、 Ctrl + V を押します。選択するセルは、コピーした選択箇所の左上のセ
ルになることに注意してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
185
6.1.4 コンポーネントとスプレッドシートのデータのリンク
モデルを作成する場合、コンポーネントのプロパティを埋め込みスプレッドシートの特定のセルにバインドまたはリンクできま
す。これらのセルには、数値データ、Excel 数式、またはテキスト (たとえば、ラベルまたは製品名) を含めることができます。
また、特定のコンポーネントではデータをセルに出力できますが、この場合は空のセルにリンクされている必要があります。
外部データ接続を追加している場合、データが埋め込みスプレッドシートのセルに挿入されるよう外部接続を設定することもで
きます。これで、モデルの実行時に、コンポーネントがこれらのセルまたは前述の出力セルからデータを使用できます。
注記
クエリは、埋め込みスプレッドシートを更新しなくても、コンポーネントに直接リンクすることができます。
コンポーネントが埋め込みスプレッドシートのセルにバインドされると、更新されたデータのインポートや埋め込みスプレッドシ
ートの変更が可能になり、変更内容がコンポーネントに反映されます。ただし、以下の状況は除きます。
● 1 つ以上のコンポーネントにバインドした後で範囲を移動させる場合 (たとえば見出し行をスプレッドシートに追加する)、
このソフトウェアでは新しい情報が保持され、新しい範囲への参照が変更されます。ただし、範囲の一部のみを移動させ
る場合、バインドされたセルのセル参照は更新されず、コンポーネントの [プロパティ] パネルを開き、それを新しい場所
に再バインドさせる必要があります。
注記
範囲を移動させ、セルを挿入して範囲を拡大するか、セルを削除して範囲を縮小しても、[プロパティ]パネルには変更
された範囲値が表示されません。ただし、モデルをプレビューまたは公開すると、コンポーネントでは新しい範囲値が
使用されます。
● コンポーネントにバインドされたデータの並べ替え順序を変更した場合、モデルをプレビューまたはエクスポートすると、コ
ンポーネントの表示が更新されます。設計モードにおいて、コンポーネントで新しい並べ替え順序が表示されるようにする
には、コンポーネントを並べ替えられたセルに再バインドします。
スプレッドシートのデータが頻繁に変更されるものの、その構造は変化しない場合、外部 Excel スプレッドシートのデータに基
づいてモデルをエクスポートすることができます。たとえば、同じスプレッドシートレイアウトと異なる値を使用し、複数の顧客に
対して同じモデルを生成する必要がある場合、モデルを作成し、コンポーネントを埋め込みスプレッドシートのセルにリンクさ
せた後、外部 Excel ファイルをデータソースとして使用して、モデルをエクスポートするオプションを設定することができます。
それにより、各顧客について外部ファイルのデータを更新し、スプレッドシートを再アップロードせずにモデルを生成して、コン
ポーネントを再リンクさせることができます。詳細については、外部スプレッドシートを使用して SWF ファイルを生成する
[186 ページ]を参照してください。
6.1.5 外部スプレッドシートを使用して SWF ファイルを生成する
同じスプレッドシート構造と異なる値を使用して同じモデルを生成する必要がある場合、外部スプレッドシートを使用してモデ
ルをエクスポートすることができます。
注記
このオプションでは、埋め込みスプレッドシートのデータは更新されず、外部スプレッドシートからデータが取得され、SWF
ファイルが生成されるだけです。モデルをプレビューするか、別の形式にエクスポートする場合、Dashboards では埋め込
みスプレッドシートのデータが使用されます。また、外部スプレッドシートの構造は、埋め込みスプレッドシートの構造と同じ
186
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
にする必要があることにも注意してください。2 つのスプレッドシートが異なる場合、コンポーネントがバインドされているセ
ルが空白か、不正な値を含む可能性があるため、正しく動作しません。
1.
ファイル
エクスポート設定 をクリックします。
[エクスポート設定]ダイアログボックスが開きます。
2. [別の Excel ファイルを使用]オプションを選択し、リストでファイルフォルダをクリックして、使用するスプレッドシートファイ
ルを選択します。
注記
モデル内のコンポーネントは、セルのバインドを維持するため、使用する Excel ファイルが同じ構造であることを確認
してください。
3. [OK] をクリックします。
4.
ファイル
エクスポート
Flash(SWF) をクリックします。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
5. SWF ファイルのパスと名前を入力し、[OK]をクリックします。
6.1.6 Excel にデータをエクスポートする
データを Excel の埋め込みスプレッドシートで表示するか、埋め込みスプレッドシートと Excel ソースファイルとの間でデータ
を同期する必要がある場合、Microsoft Excel で開けるようにデータを Excel 形式で保存することができます。この機能は、
Dashboards のすべてのバージョンで使用できます。
1.
データ
エクスポート をクリックします。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。
2. Excel ファイルのパスと名前を入力し、[OK] をクリックします。
6.1.7 サポートされる Excel の関数
このソフトウェアは、次の Excel 関数をサポートします。
A
● ABS
● ACOS
● ACOSH
● AND
● ASIN
● ASINH
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
187
● ASSIGN
● ATAN
● ATAN2
● ATANH
● AVEDEV
● AVERAGE
● AVERAGEA
B
● BETADIST
C
● CEILING
● CHOOSE
● COMBIN
● CONCATENATE
● COS
● COSH
● COUNT
● COUNTA
● COUNTIF
注記
大きなデータセットで使用する場合、この関数はパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
D
● DATE
● DATEVALUE
● DAVERAGE
● DAY
● DAYS360
● DB
● DCOUNT
● DCOUNTA
● DDB
188
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
● DEGREES
● DEVSQ
● DGET
● DIVIDE
● DMAX
● DMIN
● DOLLAR
● DPRODUCT
● DSTDEV
● DSTDEVP
● DSUM
● DVAR
● DVARP
E
● EDATE
● EOMONTH
● EVEN
● EXACT
● EXP
● EXPONDIST
G
● GE
● GEOMEAN
● GT
H
● HARMEAN
● HLOOKUP
注記
大きなデータセットで使用する場合、この関数はパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
● HOUR
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
189
I
● IF
● INDEX
● INT
● INTERCEPT
● IPMT
● IRR
● ISBLANK
● ISERR
● ISERROR
● ISEVEN
● ISLOGICAL
● ISNA
● ISNONTEXT
● ISNUMBER
● ISODD
● ISTEXT
K
● KURT
L
● LARGE
● LE
● LEFT
● LEN
● LN
● LOG
● LOG10
● LOOKUP
● LOWER
M
● MATCH
● MAX
190
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
● MEDIAN
● MID
● MIN
● MINUS
● MINUTE
● MIRR
● MOD
● MODE
● MONTH
×
● ×
● NE
● NETWORKDAYS
● NORMDIST
● NORMINV
● NORMSINV
● NOT
● NOW
● NPER
● NPV
O
● ODD
● OFFSET
● OR
P
● PI
● PMT
● POWER
● PPMT
● PRODUCT
● PV
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
191
Q
● QUOTIENT
R
● RADIANS
● RAND
● RANGE_COLON
● RANK
● RATE
● REPLACE
● REPT
● RIGHT
● ROUND
● ROUNDDOWN
● ROUNDUP
S
● SECOND
● SIGN
● SIN
● SINH
● SLN
● SMALL
● SQRT
● STANDARDIZE
● STDEV
● SUM
● SUMIF
注記
大きなデータセットで使用する場合、この関数はパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
● SUMPRODUCT
● SUMSQ
● SUMX2MY2
● SUMX2PY2
● SUMXMY2
● SYD
192
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
この
● TAN
● TANH
● TEXT
● TIME
● TIMEVALUE
● TODAY
● TRUE
● TRUNC
● TYPE
U
● UPPER
V
● VALUE
● VAR
● VDB
● VLOOKUP
注記
大きなデータセットで使用する場合、この関数はパフォーマンスに影響を与える可能性があります。
W
● WEEKDAY
● WEEKNUM
● WORKDAY
Y
● YEAR
● YEARFRAC
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
193
6.2
データ接続およびクエリの使用
Dashboards では、外部データソースにモデルを接続できます。モデルの実行時に、データが外部データソースから更新され
るので、モデルが、ダッシュボード作成時に使用可能であった情報ではなく現在の情報に基づくことになります。
モデルを外部データソースに接続するには 2 つの方法があります。
● [データマネージャ] を使用して外部データ接続を設定します。
● BI プラットフォームのデータソースからクエリを作成します。
注記
外部データソースは Presentation Design ではサポートされておらず、特定の外部データソースは Crystal Dashboards
でのみ使用できます。各製品バージョンでサポートされる接続の詳細一覧については、製品エディション [6 ページ]を参照
してください。
6.2.1 データ接続の管理
このソフトウェアは、複数タイプの XML 準拠のデータ接続をサポートします。 データ接続はすべて [データマネージャ] を介し
て追加および管理されます。 データマネージャを開くには、
データ
接続
をクリックします。
注記
外部データソースはサポートされていないため、Presentation Design では [データマネージャ] は使用できません。
注記
SAP Crystal Dashboards および SAP BusinessObjects Dashboards では、モデルごとにサポートされる最大接続数が
決まっています。 詳細については、データの最大接続数 [197 ページ]を参照してください。
注記
[データマネージャ] を使用して追加された接続は、モバイルデバイスで作成されたダッシュボードではサポートされませ
ん。 詳細については、モバイルダッシュボードでサポートされない機能 [289 ページ]を参照してください。
このソフトウェアは次のタイプの接続をサポートします。
接続タイプ
説明
Web サービスクエリ (Query as a Web Service)
Query as a Web Service ツールを使用して、ユニバースからクエリ
を定義して、そのクエリをスタンドアロン Web サービスとして公開す
ることができます。 その後、[Web サービスクエリ] 接続を作成し、
モデルをそのクエリに接続します。
194
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
接続タイプ
説明
Web サービスクエリを作成するには、SAP Help Portal
(help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
から入手できる Query as a Web Service ガイドを参照してくださ
い。
Web サービス接続
[Web サービス接続] により、HTTP プロトコルを使用して外部デー
タソースに接続できるようになります。 接続をモデルに追加すると、
Web サービスによって提供されるデータをリアルタイムで受信でき
ます。
SAP BW 接続
SAP BW 接続は、Business Warehouse リポジトリからクエリデー
タを取得します。
SAP BW 接続は SAP データソースと見なされます。 SAP BW 接続
の設定方法については、SAP BW 接続を設定する [265 ページ]
を参照してください。
注記
データを SAP BusinessObjects Business Intelligence プラッ
トフォームにデプロイしている場合は、[データマネージャ] を介し
て接続するのではなく、[クエリブラウザ] を使用してクエリを作
成することをお勧めします。 詳細については、クエリを追加また
は編集する [227 ページ]を参照してください。
XML データ
[XML データ] 接続により、HTTP プロトコルを使用して外部ソース
に接続できるようになります。 この接続をモデルに追加した場合
は、データをサーバスクリプトに送信するとその日の売上合計がス
クリプトによって返されるなど、データを外部ソースに送信して特定
の情報を要求することができます。
Flash 変数
[Flash 変数] 接続により、HTML ソースから Flash ムービーの
_root レベルにデータや変数を渡すことができるようになります。
SFW を HTML としてエクスポートする際に、Flash 変数が
OBJECT および EMBED タグで生成されます。
ポータルデータ
[ポータルデータ] 接続により、SAP BusinessObjects BI ワークス
ペース、IBM WebSphere、Microsoft SharePoint との間でデータ
を送受信することができます。 この接続は、別の Web パーツ (コン
シューマ) からのデータを受信し、別の Web パーツ (プロバイダ)
にデータを提供するように設定するか、ユーザが実行時にパラメー
タ値を定義することができるようになります。
Crystal Reports データコンシューマ
[Crystal Reports データコンシューマ] 接続により、Crystal レポー
トからの情報を取得して、Crystal Reports が Crystal Reports デ
ータを Dashboards モデルとバインドするために使用する SWF フ
ァイル内にメタデータを埋め込むことができるようになります。
FS コマンド
[FS コマンド] 接続により、Flash FS コマンドをモデルに含めること
ができるようになります。 FS コマンドにより、Flash が Web ブラウ
ザ内で JavaScript を実行できるようになります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
195
接続タイプ
説明
注記
Dashboards では、[外部インタフェース接続] が、Web ブラウ
ザ内で JavaScript を使用したデータ転送で優先される接続で
す。 FS コマンドをモデルで使用する場合は、Adobe Flash のセ
キュリティ制限を考慮してください。 詳細については、FS コマン
ドの制限 [280 ページ]を参照してください。
LCDS 接続
LiveCycle Data Services (LCDS) 接続により、Adobe LiveCycle
Data Services を通じてリアルタイムデータを流すことができるよう
になります。 この接続をモデルに追加すると、サービスによって提
供されるデータをリアルタイムで受信できます。
外部インタフェース接続
[外部インタフェース接続] により、埋め込みスプレッドシート内で選
択されたデータ範囲を公開して、HTML Web ページに SWF ファイ
ルが埋め込まれている場合に JavaScript を使用してエクスポート
された SWF ファイルにデータを転送することができるようになりま
す。
Excel XML マップ
XML マップのある Excel スプレッドシートをインポートする際に、
Dashboards は XML ファイルの定義された構造と、スプレッドシー
ト内でのデータのマッピング方法を保持します。 Excel XML マップ
接続をモデルに含めると、モデルがロードされるたび、指定の間
隔、またはユーザが最新表示ボタンをクリックしたときに、データを
XML ファイルから動的に最新表示できます。
Live Office 接続
[Live Office 接続] により、マネージド Crystal Reports または
Web Intelligence データで作成された Live Office 対応のスプレッ
ドシートにモデルを接続できるようになります。 この接続をモデルに
追加すると、Live Office 対応のスプレッドシートによって提供される
データをリアルタイムで受信できます。
Live Office 接続は、SAP データソースと見なされます。Live Office
データ接続の設定方法については、LiveOffice データ接続の使用
[249 ページ]を参照してください。
Web Dynpro Flash Island
Web Dynpro 接続を使用すると、モデルを Flash Island として
Web Dynpro アプリケーションに埋め込むことができます。 モデル
と WD アプリケーションの間の接続は双方向です。 WD アプリケー
ションのコンテキストで行われた変更によってモデルが更新され、モ
デル内の変更によって WD アプリケーションが更新されます。
関連情報
LiveOffice データ接続の使用 [249 ページ]
SAP BW 接続を設定する [265 ページ]
データの最大接続数 [197 ページ]
196
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.1.1
外部データ接続を追加する
外部ソースのデータに基づいてモデルのデータを更新する場合、データマネージャを使用して外部データ接続を追加します。
警告
モデルが外部データソースに接続されている場合にモデルを実行すると、Adobe のセキュリティ制限が適用されます。モ
デルがローカルで実行される場合、SWF ファイルまたはホストアプリケーションファイルを信頼する必要があります。ファイ
ルが Web サーバーで実行している場合、クロスドメインポリシーファイルが必要です。詳細については、Adobe Flash
Player のセキュリティ制限 [278 ページ] を参照してください。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、リストから接続タイプを選択します。
3. 接続を設定します。データ接続の設定の詳細については、このガイドの各接続タイプの設定方法の説明を参照してくださ
い。
接続タイプの中には、モデルごとにサポートされる最大接続数が決まっているものがあります。
6.2.1.1.1
データの最大接続数
この表では、データ接続の種類ごとの最大接続数を製品のバージョン別に一覧にしています。
データコネクション
モデルごとの最大接続数 (Crystal
モデルごとの最大接続数 (Crystal
モデルごとの最大接続数 (SAP
Dashboards, Personal Edition)
Dashboards, Departmental
BusinessObjects Dashboards)
Edition)
Web サービスクエリ (Query as
a Web Service)
現在利用できません。
現在利用できません。
制限なし
Web サービス接続
2
制限なし
制限なし
注記
Web サービス接続は Web
サービスでの単一メソッドとし
て定義されます。同じ Web
サービスでの 2 つの異なるメ
ソッドの呼び出しは、2 つの
接続と数えられます。
SAP BW 接続
現在利用できません。
現在利用できません。
制限なし
XML データ
2
制限なし
制限なし
Flash 変数
1
1
1
ポータルデータ
現在利用できません。
1
1
Crystal Reports データコンシュ
1
1
1
ーマ
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
197
データコネクション
モデルごとの最大接続数 (Crystal
モデルごとの最大接続数 (Crystal
モデルごとの最大接続数 (SAP
Dashboards, Personal Edition)
Dashboards, Departmental
BusinessObjects Dashboards)
Edition)
FS コマンド
制限なし
制限なし
制限なし
LCDS 接続
現在利用できません。
制限なし
制限なし
外部インタフェース接続
1
1
1
Excel XML マップ
制限なし
制限なし
制限なし
Live Office 接続
現在利用できません。
1
1
Web Dynpro Flash Island
現在利用できません。
1
1
6.2.1.2
データ接続を削除する
データマネージャを使用して、モデルからデータを削除することができます。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. 削除する接続を選択し、[削除](
6.2.1.3
) をクリックします。
Web サービスクエリ (Query as a Web Service) 接続を設定
する
SAP BusinessObjects Dashboards で、Web サービスクエリ (Query as a Web Service) 接続を設定する前に、Web サー
ビスクエリを使用する Web サービスを作成し、その Web サービスにアクセスするための URL を設定する必要があります。
Web サービスクエリの詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
の下で入手できる Query as a Web Service ガイドを参照してください。Web サービスクエリ接続は、モバイルダッシュボード
でサポートされます。
注記
このデータ接続は、BusinessObjects Dashboards でのみ使用できます。
Web サービスクエリ (Query as a Web Service) 接続を使用して、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフ
ォーム のデータへのライブ接続を作成します。
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
198
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Web サービスクエリ (Query as a Web Service)] を選択
します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前。
WSDL
URL
Web サービスクエリが生成した WSDL の URL を入力するか、リストから URL を選択します。[インポート] をクリックしま
す。
モデルが Web サービスクエリにリンクされます。Web サービスクエリで定義された、メソッド、Web サービス URL、入力
値、および出力値がページの関連項目に表示されます。
メソッド
WSDL のインポート時に、このリストに Web サービスで定義されたメソッドが表示されます。この接続に使用するメソッド
を選択します。Web サービスクエリは、以下のメソッドを生成できます。
これらのメソッドと利用できるパラメータの詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
BusinessObjects
All Products
SAP
で入手できる Web サービス管理者ガイドを参照してください。
表 51:
メソッド
RunQueryAsAService
説明
この Web サービス呼び出しは、インデックスを認識しない
プロンプト用に生成されます。
このメソッドは、年のプロンプトの値として、
Enter_Year_As 文字列を必要とします。
RunQueryAsAServiceEx
この Web サービス呼び出しは、インデックスを認識する
プロンプト用に生成されます。設定する入力パラメータお
よび出力パラメータは、年のプロンプトの値の入力を
除き、RunQueryAsAService メソッドと同じです。
このメソッドは、年の LovValueIndex のインスタンスを必
要とします。
Valueof_
このメソッドは、Web サービスクエリに少なくとも 1 つのプ
ロンプトが含まれる場合に、その名前の基となるプロンプ
ト値をリストする目的でのみ生成されます。
Web サー
ビス URL
WSDL のインポート時に、このボックスに Web サービスクエリで定義された Web サービス URL が表示されます。
ヒント
Flash 変数を使用して Web サービス URL の値を制御する場合、WSDL によって提供された URL を埋め込みスプ
レッドシートのセルにコピーすることができます。次に、セルセレクタ (
) をクリックし、[Web サービス URL] ボック
スをそのセルにリンクさせます。別のサーバーを指定するには、別の URL を使用してセルを更新するよう Flash 変
数を設定することができます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
199
オプション
説明
入力値
WSDL のインポート時に、Web サービスに対して定義された必須の入力およびプロンプトがこのリストに表示されます。
各プロンプトの値を設定するには、リストから入力オブジェクトを選択してから、[読み取り元] オプションを設定してモデル
にマッピングします。
注記
Web サービスクエリ入力オブジェクトには、BI プラットフォームのユーザ ID とパスワードが含まれます。Dashboards
により、必要に応じてユーザにこれらの値の入力を要求するログオン画面が生成されます。これらのプロンプトの値と
動作は、Web サービスクエリで定義された認証設定に基づきます。これらの項目に特定の値を設定しない場合、通
常はこのページで値を指定したり、モデルにマッピングする必要はありません。
警告
ここで特定のユーザ名とパスワードの値を入力すると、それらの値は暗号化されずに Dashboards オブジェクトに保
存されます。セキュリティ上の理由から、これらの入力項目には特定の値を入力しないのが賢明です。
読み取り元 入力値リストに Web サービスクエリで定義されたプロンプトが含まれる場合、入力項目を選択してから、セルセレクタ
(
出力値
) をクリックして、選択したオブジェクトが値を取得するセルを埋め込みスプレッドシートから選択します。
WSDL のインポート時に、Web サービスクエリの結果オブジェクトの出力パラメータが、Web サービスクエリが作成した
いくつかの追加パラメータとともに、このリストにツリー構造で表示されます。Web サービスクエリを使用すると、結果オブ
ジェクトの出力は、行ノードの下のテーブルノードに保存されます。
注記
結果オブジェクトのデータタイプを照会するには、マウスポインタをオブジェクトに合わせます。
各オブジェクトの結果値をモデルに追加するには、リストから出力オブジェクトを選択し、[挿入先] オプションを設定して
モデルにマッピングします。
また、1 つの保存フォルダに含まれるすべてのオブジェクトを、1 ステップでマッピングすることもできます。保存フォルダの
オブジェクトに対して必要な列数を照会するには、そのフォルダをクリックします。次に、セルセレクタ (
) をクリックし
て、指定列数に対して十分な大きさの範囲をスプレッドシートで選択します。必要な行数は、予想される受信データ量に
依存します。
挿入先
選択した出力値に対して、セルセレクタ (
みスプレッドシートから選択します。
) をクリックし、Web サービスクエリが取得した値を保存するセルを埋め込
注記
デフォルトでは、このソフトウェアにおいて、取得し、埋め込みスプレッドシートに挿入できる最大行数は 512 行です。
許可される行数を増やす方法については、埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する [184 ページ] を参照し
てください。
4. [用法]タブをクリックし、最新表示およびメッセージ オプションを設定します。詳細については、最新表示オプションを設定
する [220 ページ]およびロードメッセージとアイドルメッセージを作成する [222 ページ]を参照してください。
データを Dashboards で利用できるようになったら、コンポーネントをデータにマッピングする必要があります。コンポーネント
の Web サービスクエリへのマッピングは、埋め込みスプレッドシートへのマッピングと同じです。
200
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.1.4
Web サービス接続を設定する
[Web サービス接続] を使用し、モデルにライブデータ接続を追加します。
ヒント
Web サービスを使用して SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームに接続する場合、一般の Web
サービス接続ではなく [Web サービスクエリ (Query as a Web Service)] 接続を使用します。[Web サービスクエリ] の作
成の詳細については、Web サービスクエリ (Query as a Web Service) 接続を設定する [198 ページ]を参照してくださ
い。
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Web サービス接続] を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前を入力します。
WSDL
URL
Web サービスによって生成された WSDL の URL を入力するか、リストから URL を選択します。[インポート] をクリック
します。
モデルが Web サービスにリンクされ、Web サービスで利用できるメソッド、Web サービス URL、入力値、出力値がそれ
らのリストに追加されます。
メソッド
利用可能なメソッドは、WSDL URL ボックスで指定された WSDL によって定義されます。複数のメソッドがある場合、こ
の接続に使用するメソッドを選択します。
Web サー
ビス URL
利用可能な URL は、WSDL URL ボックスで指定された WSDL ファイルによって定義されます。この接続に使用する
URL を選択します。モデルの実行時には、WSDL URL ではなくこの URL が使用されます。
ヒント
Flash 変数を使用して Web サービス URL の値を制御する場合、WSDL によって提供された URL を埋め込みスプ
) をクリックし、[Web サービス URL] ボック
レッドシートのセルにコピーすることができます。次に、セルセレクタ (
スをそのセルにリンクさせます。別のサーバーを指定するには、別の URL を使用してセルを更新するよう Flash 変
数を設定することができます。
入力値
WSDL のインポート時に、Web サービスに対して定義された必須の入力がこのリストに表示されます。各項目の値を設
定するには、リストから入力オブジェクトを選択し、[読み取り元] オプションを設定してモデルにマッピングします。
読み取り元
[入力値] リストに入力が必要な項目が含まれている場合、入力項目を選択してセルセレクタ (
たオブジェクトが値を取得するセルを埋め込みスプレッドシートから選択します。
出力値
WSDL のインポート時に、Web サービスにおける結果オブジェクトの出力パラメータがこのリストに表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
) をクリックし、選択し
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
201
オプション
説明
注記
結果オブジェクトのデータタイプを照会するには、マウス ポインタをオブジェクトに合わせます。
各オブジェクトの結果値をモデルに追加するには、リストから出力オブジェクトを選択し、[挿入先] オプションを設定して
モデルにマッピングします。
また、1 つの保存フォルダに含まれるすべてのオブジェクトを、1 ステップでマッピングすることもできます。保存フォルダ
のオブジェクトに対して必要な列数を照会するには、そのフォルダをクリックします。次に、セルセレクタ (
) をクリック
して、指定列数に対して十分な大きさの範囲をスプレッドシートで選択します。必要な行数は、予想される受信データ量
に依存します。
利用可能な値は、WSDL ファイルによって設定されます。リストから出力オブジェクトを選択し、[挿入先] オプションを設
定してモデルにマッピングします。
注記
この処理を、モデルで使用するすべての値に対して繰り返します。
挿入先
選択した出力値に対し、セルセレクタ (
みスプレッドシートから選択します。
) をクリックし、Web サービスによって取得された値を保存するセルを埋め込
注記
デフォルトでは、このソフトウェアにおいて、取得し、埋め込みスプレッドシートに挿入できる最大行数は 512 行です。
許可される行数を増やす方法については、埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する [184 ページ] を参照し
てください。
4. [用法]タブをクリックし、最新表示およびメッセージ オプションを設定します。詳細については、最新表示オプションを設定
する [220 ページ]およびロードメッセージとアイドルメッセージを作成する [222 ページ]を参照してください。
5. Web サービス接続において SOAP ヘッダで転送される情報が必要な場合、[詳細] タブをクリックします。HTML 形式で
情報を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、情報を含む埋め込みスプレッドシートのセルを選択します。
注記
セルセレクタ (
) を使用すると、セルのテキスト値に <soap:Header> HTML タグが自動的に追加されます。したが
って、選択したセルに含める必要があるのは、たとえば <username>joe</username> <password>1234</
password> のみになります。
6.2.1.5
XML サービス接続を設定する
XML データ接続により、HTTP を使用して外部ソースからモデルデータを最新表示し、ライブデータをモデルから外部ソース
に送信することができます。たとえば、モデルで XML データ接続が設定されている場合、ユーザはモデルを使用して情報を
送信し、フォームのデータを収集することができます。XML データ接続の設定時には、ソースからデータが最新表示される方
法とタイミングを指定することができます。
202
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
XML データ接続では、1 つの URL により、機能が同時に送信およびロードされます。送信データは、ロードデータを取得する
前に URL に送信されます。これによって、送信されたデータと、送信された値に対応して返されるデータを検査するスクリプト
を作成できます。Web リクエストの場合とほとんど同様です。たとえば、サーバスクリプトにある日付が送信されると、そのスク
リプトはその日付に対する売上げを返すことができます。
Excel データの範囲は、行列構造を使用して XML にマップされます。たとえば、1 行 3 列の範囲“ExampleRange”は、XML
では次のように表現されます。
<variable name="ExampleRange"> <row>
<column> Row1 Column2 value </column>
row></variable>
<column> Row1 Column1 value </column>
<column> Row1 Column3 value </column>
</
“Row1 Column1 value”はその範囲の第 1 行第 1 列のセルの実際の値になり、以下同様に対応します。
範囲のグループ全体は、<data> タグにカプセル化されます。
モデルのロード中には、逆のプロセスで XML が Excel のデータ範囲に翻訳されます。
注記
XML データ接続は、単純な行/列構造に対応しています。より複雑な XML データソースにアクセスする必要がある場合
は、XML マップ接続を使用します。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[XML データ] を選択します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前を入力します。
XML データ
URL
XML データの URL を入力するか、セルセレクタ (
す。
) をクリックして、埋め込みスプレッドシートからセルを選択しま
注記
ハイパーリンクの場合は、「http://」を付けます。
MIME タイプ
複数の MIME タイプがある場合、このデータに使用する MIME タイプを選択します。
ロードを有効
にする
このオプションを選択した場合、接続がトリガされた時点で、XML データが指定された URL から指定された範囲にロ
ード(または受信)されます。
リストから範囲を選択するか、追加 (
) をクリックして新規範囲を追加し、その範囲の [名前] および [範囲] 値を設
定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
203
オプション
説明
削除 (
) をクリックし、リストから範囲を削除します。
注記
[XML のプレビュー]をクリックして、モデルが外部データソースからデータを受信するために必要な XML の構造
を参照することができます。
名前
[ロードを有効にする] オプションを選択した場合、リストの各範囲に対して名前を入力するか、セルセレクタ (
使用して、埋め込みスプレッドシートから名前を選択します。
)を
範囲
[ロードを有効にする] オプションを選択した場合、リストの各範囲に対して範囲を入力するか、セルセレクタ (
使用して、取得されたデータが保存される範囲を埋め込みスプレッドシートから選択します。
)を
送信を有効に
する
このオプションを選択した場合、接続がトリガされた時点で、指定された範囲の XML データが、指定された URL に送
信されます。変換された範囲は、POST メソッドを使用して、HTTP 形式で送信されます。
リストから範囲を選択するか、追加 (
) をクリックして新規範囲を追加し、その範囲の [名前] および [範囲] 値を設
定します。
削除 (
) をクリックし、リストから範囲を削除します。
注記
[XML のプレビュー]をクリックして、モデルが外部データソースにデータを送信するために必要な XML の構造を
参照することができます。
名前
[送信を有効にする] オプションを選択した場合、リストの各範囲に対して名前を入力するか、セルセレクタ (
用して、埋め込みスプレッドシートから名前を選択します。
) を使
範囲
[送信を有効にする] オプションを選択した場合、リストの各範囲に対して範囲を入力するか、セルセレクタ (
用して、埋め込みスプレッドシートから範囲を選択します。
) を使
指定範囲のイ
ンポート
このオプションを選択すると、定義済みの名前が Excel からインポートされます。
4. [用法]タブをクリックし、最新表示およびメッセージ オプションを設定します。詳細については、最新表示オプションを設定
する [220 ページ]およびロードメッセージとアイドルメッセージを作成する [222 ページ]を参照してください。
6.2.1.6
Flash 変数接続を設定する
モデルを HTML にエクスポートする場合、Flash 変数接続を追加し、ロード時に値をモデルに転送することができます。Flash
変数接続の設定時には、名前を指定し、スプレッドシートにおける値の保存場所を定義します。Flash 変数接続は、モバイル
ダッシュボードでサポートされます。
Flash 変数を使用して、モデルで処理および再利用されるグローバルセッション変数を送信することができます。たとえば、セ
ッショントークン、ユーザ ID、Web サービス URL、他の埋め込みスクリプトまたはコントロールから転送されたパラメータなど
を送信することができます。Flash 変数接続データは、その他の接続のデータソースとしても使用できます。たとえば、Flash
204
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
変数接続から取得されたデータを、Query as a Web Service 接続の入力値として、またはユニバースクエリプロンプトへの回
答に使用することができます。
注記
Flash 変数は安全ではありません。Flash 変数を通じて、パスワードなどの機密情報を送信しないでください。
SWF を Web ページで実行する場合、Adobe Flash Player を使用して、HTML からデータを直接処理することができます。
HTML ページを動的に生成する場合、ロード時に変数を SWF に転送することができます。Java スクリプトを使用し、外部イン
タフェース接続を用いてランタイム中に変数を動的に変更することもできます。それにより、他の HTML 埋め込みコントロール
が、HTML ページをリロードすることなくデータを SWF に転送できるようになります。
また、Adobe Flash Player を使用することにより、SWF が、ロードされるブラウザまたはパスにおいて、定義済みのパラメー
タから直接データを処理できるようになります。この方法により、1 つの SWF が別の HTML ページでロードされる別の SWF
にパラメータを転送できるようになります。
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Flash 変数] を選択します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前を入力します。
数字、文字、下線のみを使用します。名前の最初は数字にせず、また名前にスペースは含めないでください。
変数の形式
変数データ
変数を XML 形式と CSV 形式のどちらで SWF に送信するのかを選択します。
リストから範囲を選択するか、追加 (
) をクリックして新規範囲を追加し、その範囲の [名前] および [範囲] 値
を設定します。
削除 (
[指定範囲のイン
ポート]ボタン
6.2.1.6.1
) をクリックし、リストから範囲を削除します。
このボタンを使用して、名前を指定した範囲をスプレッドシートからインポートします。
モバイルダッシュボードにおける Flash 変数の制限
次の変数はモバイルダッシュボードでサポートされません。
● CELogonToken
● CESerializedSession
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
205
6.2.1.7
ポータルデータ接続の設定
ポータルデータ接続により、モデルが SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム、IBM WebSphere、ま
たは Microsoft SharePoint 環境に展開された場合に、SWF 間の通信が可能になります。ポータルデータ接続は、(データを
別の SWF (ポートレット) に送信する) プロバイダ (SharePoint では Web パーツとも呼ばれる) または (別のポートレットから
データを受信する) コンシューマとして設定することができます。また、ポータルデータ接続を設定することにより、実行時のユ
ーザ入力を可能にすることもできます。ポータル環境でのモデルのデプロイの詳細については、SAP Help Portal
(help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
の下で入手できる Dashboards SharePoint Installation
Guide、または WebSphere Portal Integration Kit ガイドを参照してください。
注記
サードパーティの Web パーツとの通信はサポートされていません。
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
6.2.1.7.1
ポータルデータ接続を設定する
モデルから別のポートレットにデータが提供されるようにするには、ポータルデータ接続をプロバイダに設定します。別のポー
トレットからモデルにデータが提供されるようにするには、ポータルデータ接続をコンシューマに設定します。ポータルプロバイ
ダ接続を使用するモデルからの情報を処理できるのは、SAP BusinessObjects Dashboards ポートレットのみです。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[ポータルデータ] を選択します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプショ 説明
ン
接続タ
イプ
データを別のポートレットに送信するようこの接続を設定するには、このオプションを [プロバイダ] に設定します。データを別
のポートレットから受信するようこの接続を設定するには、このオプションを [コンシューマ] に設定します。
範囲の
名前
範囲の名前を入力します。
注記
この名前は、ポータルにおけるポートレットの接続時に表示されます。名前を指定しなかった場合、この接続はポートレッ
トの接続に使用できません。
範囲の
種類
206
以下のオプションのいずれかを選択し、転送されるデータの量を定義します。
○ セル:別の Web パーツの 1 つのセル
○
行:複数列を含む 1 つの行
○
テーブル:複数の行と列
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
オプショ 説明
ン
通常、モデル間のデータの転送には、セルと行が使用されます。SharePoint では、ポータル一覧からのデータの転送にテ
ーブルが使用されます。
範囲
入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、受信データの取得 (プロバイダ) または書き込み (コンシューマ) が行われ
る埋め込みスプレッドシートの領域を選択します。
パラメ
ータ
ユーザがポータルから設定できるパラメータ範囲を定義します。範囲を追加するには、追加 (
択して、名前、範囲、種類の値を設定します。
名前
パラメータの名前を入力するか、セルセレクタ (
ます。
) をクリックし、各範囲を選
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルに名前をリンクさせ
注記
入力した名前は、SharePoint においてモデルの [プロパティ] ダイアログボックスに表示されます。名前を入力しなかっ
た場合、パラメータは SharePoint のパラメータ一覧に含まれません。
範囲
パラメータが設定されるスプレッドシートの領域を入力するか、セルセレクタ (
を選択します。
タイプ
次のパラメータタイプからいずれかを選択します。
オプション
テキスト
) をクリックして、スプレッドシートから範囲
説明
XLF においてチャートタイトルなどのテキストベースデータを設定し
ます。
数値
チェックボックス
アラートレベルなどの数値ベースデータを設定します。
セルの値をゼロと 1 の間で切り替えます。このオプションは、動的
ディスプレイを使用するコンポーネントの表示または非表示に使用
することができます。
日付
XLF 内の日付を定義します。これによって書式が "日付" に設定さ
れ、XLF において正しい日付値が使用されます。たとえば、ユーザ
はデータアクセスまたは表示するデータの量に対して日付範囲を
設定することができます。
リストボックス
パラメータにユーザの選択肢を作成することができます。このオプ
ションを使用して、ユーザが選択できるセット値を指定し、モデルに
適したエントリが選択されるようにすることができます。タイプがテ
キスト、数値、チェックボックス、日付の場合、ユーザエントリは制
限されません。
エントリ [タイプ] リストでリストボックスが選択されている場合にのみ使用できます。
ユーザがリストボックスから選択できる値を設定します。セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートから値を
選択します。
デフォ
ルトの
選択
[タイプ] リストでリストボックスが選択されている場合にのみ使用できます。
ユーザがリストボックスで選択を行わなかった場合に使用する値を指定します。
4. プロバイダ接続を定義する場合、[用法] タブをクリックして最新表示オプションを設定します。最新表示オプションの設定
については、最新表示オプションを設定する [220 ページ] を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
207
6.2.1.7.2
ユーザ入力のポータルデータ接続を設定する
ユーザがポータルからカスタマイズできるパラメータを定義するには、[接続タイプ] を "なし" に設定し、ポータルデータ接続を
設定します。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[ポータルデータ] を選択します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプショ
ン
説明
接続タイ
プ
ユーザ入力についてこの接続を設定する場合、このオプションを "なし" に設定します。
パラメー
タ
ユーザがポータルから設定できるパラメータ範囲を定義します。範囲を追加するには、追加 (
選択して、名前、範囲、種類の値を設定します。
名前
パラメータの名前を入力するか、セルセレクタ (
ます。
) をクリックし、各範囲を
) をクリックして、埋め込みスプレッドシート内のセルに名前をリンクさせ
入力した名前は、SharePoint においてモデルの [プロパティ] ダイアログボックスに表示されます。名前を入力しなかった
場合、パラメータは SharePoint のパラメータ一覧に含まれません。
範囲
パラメータが設定されるスプレッドシートの領域を入力するか、セルセレクタ (
を選択します。
タイプ
次のパラメータタイプからいずれかを選択します。
オプション
テキスト
) をクリックして、スプレッドシートから範囲
説明
XLF においてチャートタイトルなどのテキストベースデータを設定
します。
Number
チェックボックス
アラートレベルなどの数値ベースデータを設定します。
セルの値をゼロと 1 の間で切り替えます。このオプションは、動的
ディスプレイを使用するコンポーネントの表示または非表示に使
用することができます。
日付
XLF 内の日付を定義します。これによって書式が "日付" に設定
され、XLF において正しい日付値が使用されます。たとえば、ユー
ザはデータアクセスまたは表示するデータの量に対して日付範囲
を設定することができます。
リストボックス
エントリ
ユーザの選択肢をパラメータとして作成することができます。この
オプションを使用して、ユーザが選択できるセット値を指定し、モデ
ルに適したエントリが選択されるようにすることができます。タイプ
がテキスト、数値、チェックボックス、日付の場合、ユーザエントリ
は制限されません。
[タイプ] リストでリストボックスが選択されている場合にのみ使用できます。
ユーザがリストボックスから選択できる値を設定します。セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートから値
を選択します。
デフォル [タイプ] リストでリストボックスが選択されている場合にのみ使用できます。
トの選択
ユーザがリストボックスで選択を行わなかった場合に使用する値を指定します。
208
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.1.8
Crystal レポートデータコンシューマ接続を設定する
Dashboards モデルを Crystal Reports に埋め込み、モデルのデータを Crystal Reports から受信する場合、Crystal
Reports データコンシューマ接続を追加することができます。
注記
Crystal Reports データコンシューマ接続を追加する前に、接続する Crystal Reports データに対応するよう、モデルの埋
め込みスプレッドシートおよびコンポーネントを設定する必要があります。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Crystal Reports データコンシューマ] を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
行ヘッダ
セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートから行ヘッダラベルを選択します。
列ヘッダ
セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートから列ヘッダラベルを選択します。
データ
セルセレクタ (
) をクリックし、埋め込みスプレッドシートからデータ範囲を選択します。
説明
接続に関するオプションの説明を入力します。
モデルを Flash(SWF)形式でエクスポートし、SWF を Crystal Reports ファイルに埋め込みます。Crystal Reports において
SWF ファイルを Flash データエキスパートを使用して開くと、Flash データバインディングエキスパートで [Dashboards] タブ
を使用でき、SWF を Crystal Reports データに接続することができます。
6.2.1.9
FS Command 接続を設定する
Dashboards では、SWF ファイルが HTML Web ページに埋め込まれている場合、JavaScript を使用した Web ブラウザに
おけるデータの転送には、外部インタフェース接続を使用することが推奨されます。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[FS コマンド] を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前を入力します。
コマンド
FS コマンドのコマンドを入力するか、セルセレクタ (
パラメータ
FS コマンドのパラメータ値を入力するか、セルセレクタ (
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
) をクリックして、スプレッドシートからコマンドを選択します。
) をクリックして、スプレッドシートから値を選択します。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
209
6.2.1.10 LCDS 接続を設定する
LCDS 接続を追加するには、Dashboards LiveCycle Data Services (LCDS) をシステムにインストールする必要がありま
す。詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
の下で入手できる
Dashboards LiveCycle Data Services Gateway Installation Guide を参照してください。また、モデルと埋め込みスプレッド
シートを設定して、LCDS への接続準備を行う必要があります。
Adobe LiveCycle Enterprise Suite ソフトウェアのコンポーネントである Adobe LiveCycle Data Services を使用して、ビジ
ネスデータの最新のビューを提供するには、LCDS 接続をモデルに追加します。LCDS 接続によってリアルタイムデータがモ
デルに提供されるため、ユーザはデータの最新表示をリクエストする必要がありません。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[LCDS 接続]を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
ホスト
リストでこの接続に関連付ける LCDS ホスト接続を選択するか、[ホスト]をクリックして新規ホストを追加します。
次に、[ホストを管理] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、LCDS サーバのホスト名と URL を http://<
サーバ名>:<ポート>/<LCDS コンテキストパス>/xcelsius の形式で入力します。<サーバ名>は
LCDS サーバの名前、<ポート>はサーバポート番号、<LCDS コンテキストパス>は仮想ディレクトリのコンテ
キストルートです。たとえば、http://localhost:8700/flex/xcelsius のようになります。
クエリー
選択したホストから利用可能なフィード出力先に関する情報を取得するには、[クエリ] をクリックします。
利用可能なデータ モデルにバインドするために利用できるフィード出力先を 1 つ選択します。
の出力先
詳細
選択したフィード出力先に利用できる設定を拡張するには、[詳細]をクリックします。
現在の出力先 ID
[詳細]をクリックすると、利用することができます。
LCDS フィード出力先の ID 番号。
現在の出力先チ
ャンネルタイプ
現在の出力先チ
ャンネル URL
出力先データ
[詳細]をクリックすると、利用することができます。
使用されているチャンネルのタイプ(または通信プロトコル)。
[詳細]をクリックすると、利用することができます。
選択したフィード出力先に関連付けられた URL。
このセクションには、選択したホストから利用可能なデータ要素とそのデータタイプ(数値、テキストまたは真/偽)、
および形状または構造(シングルトン - 単一値、!D - 値の列または行、2D - 値のテーブル)が一覧にされていま
す。
データ要素を選択してから、右下にあるセルセレクタ (
) をクリックして、データが保存される埋め込みスプレッ
ドシート内の範囲を選択します。
6.2.1.11 外部インタフェース接続を設定する
[外部インタフェース接続] により、埋め込みスプレッドシート内で選択したデータ範囲を外部ソースに公開して、エクスポートさ
れたモデルと外部ソースとの間でデータをコピーすることができます。また、イベント通知機能が組み込まれているため、デー
210
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
タソースへの変更がモデルで即座に認識されます。外部インタフェース接続の設定時には、名前を指定し、スプレッドシートに
おける値の保存場所を定義します。
警告
外部データ接続をモデルに含める場合、Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、ユーザがデータソースにアクセ
スできなくなる可能性があります。詳細については、Adobe Flash Player のセキュリティ制限 [278 ページ]を参照してくだ
さい。
1.
データ
接続 をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[外部インタフェース接続] を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
範囲の名
前
範囲の名前を入力します。
範囲の種
類
数字、文字、下線のみを使用します。名前の最初は数字にせず、また名前にスペースは含めないでください。
次のいずれかのオプションを選択します。
オプション
説明
セル
範囲は単一のセルです。
行/列
範囲は単一の行または列です。
テーブル
範囲は複数の行または列から構成されます。
範囲
セルセレクタ (
) をクリックして、範囲内のセルを選択します。
アクセス
選択した範囲が入力対象、出力対象、またはその両方であるかを指定します。次のいずれかのオプションを選択しま
す。
オプション
説明
読み取り
外部アプリケーションは、範囲内のデータを読み取ることができ
ます。
書き込み
外部アプリケーションは、範囲内のセルにデータを書き込むこと
ができます。
読み取り/書き込み
外部アプリケーションは、範囲内のセルに対して、データの読み
取りと書き込みの両方を行うことができます。
6.2.1.11.1 外部インタフェース接続の設定
HTML への [外部インタフェース接続] が含まれるモデルをエクスポートすると、Dashboards では HTML ファイルおよび
SWF ファイルが作成されます。HTML ファイルには、SWF ファイルを表示するために必要な OBJECT タグおよび EMBED タ
グが含まれています。HTML ファイルが Web ブラウザで開かれているとき、埋め込まれた Dashboards SWF ファイルの外
部インタフェース接続の使用準備が完了したら、その SWF ファイルから JavaScript に通知されるように、JavaScript コード
を HTML ファイルに追加する必要があります。JavaScript コードの追加方法の詳細については、JavaScript による
Dashboards 外部インタフェース接続メソッドの使用 [212 ページ]を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
211
注記
外部インタフェース接続が含まれるモデルをエクスポートしたら、HTML を単一ファイルに結合することができます。ただ
し、各 OBJECT/EMBED タグのペアはそれぞれ別の SWF ファイルを表すことになるので、一意の名前/ID が必要です。
SWF モデルはそれぞれの名前/ID で識別されます。
注記
Dashboards 外部インタフェース接続方法を使用した HTML の追加サンプルについては、Dashboards インストールパッ
ケージの ...Xcelsius¥Connectivity¥External Interface フォルダに提供されているサンプルファイルを参照してください。
例
次のサンプルは、外部インタフェース接続が含まれる SWF ファイル用の HTML 出力を示します。
<HTML> <HEAD><TITLE>eic2.swf</TITLE></HEAD><BODY><OBJECT classid="clsid:D27CDB6EAE6D-11cf-96B8-444553540000"codebase="http://fpdownload.adobe.com/pub/shockwave/
cabs/ flash/swflash.cab#version=9,0,0,0" WIDTH="849" HEIGHT="300"
id="myMovieName"> <PARAM NAME="movie" VALUE="eic2.swf"> <PARAM NAME="quality"
VALUE="high"><PARAM NAME="bgcolor" VALUE="#FFFFFF"><PARAM NAME="play"
VALUE="true"><PARAM NAME="loop" VALUE="true"><PARAM NAME=bgcolor
VALUE="#FFFFFF"><EMBED src="eic2.swf" quality=high bgcolor=#FFFFFF WIDTH="849"
HEIGHT="300" NAME="myMovieName" ALIGN="" TYPE="application/ x-shockwave-flash"
play="true" loop="true"PLUGINSPAGE="http://www.adobe.com/shockwave/download/
index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"></EMBED></OBJECT></BODY></HTML>
<PARAM NAME="movie" VALUE="eic2.swf"> は SWF ファイル名を指定しています。複数の SWF に対する
HTML 出力を単一ファイルに結合する場合は、ファイル内に含まれる各 SWF の名前/ID が一意になるように
id="myMovieName" および NAME="myMovieName" を更新する必要があることに注意してください。
6.2.1.11.2 JavaScript による Dashboards 外部インタフェース接続メソ
ッドの使用
SWF モデルを HTML ファイルにエクスポートしたら、埋め込み Dashboards SWF ファイルの外部インタフェース接続使用の
準備が完了したときに setSWFIsReady メソッドを呼び出して JavaScript に通知できるように、HTML ファイルを編集する
必要があります。
ヒント
このようなメソッドを使用する HTML の追加サンプルについては、Dashboards インストールパッケージの ...Xcelsius
¥Connectivity¥External Interface フォルダに提供されているサンプルファイルを参照してください。
6.2.1.11.2.1 setSWFIsReady Callback 関数
この関数を、SWF の OBJECT/EMBED タグの下の HTML 出力に追加すると、HTML ファイルが SWF の呼び出しに応答で
きます。
212
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
構文
setSWFIsReady(movieName)
パラメータ
movieName (文字列): JavaScript で SWF の参照に使用される OBJECT タグの ID または EMBED タグの名前。
例
次の例では、myMovieName という名前の単一 SWF モデル用の HTML に、SWF の呼び出しに応答するための関数を追
加します。
<HTML> <BODY><OBJECTclassid="clsid:D27CDB6EAE6D-11cf-96B8-444553540000"codebase="http://fpdownload.adobe.com/pub/shockwave/
cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,0,0" WIDTH="270" HEIGHT="35" id="myMovieName">
<PARAM NAME="movie" VALUE="mymovie.swf"><PARAM NAME="quality" VALUE="high"><PARAM
NAME="bgcolor" VALUE="#FFFFFF"><PARAM NAME="play" VALUE="true"><PARAM NAME="loop"
VALUE="true"><PARAM NAME=bgcolor VALUE="#FFFFFF"> <EMBED src="mymovie.swf"
quality=high bgcolor=#FFFFFF WIDTH="270" HEIGHT="35" NAME="myMovieName" ALIGN=""
TYPE="application/x-shockwave-flash" play="true" loop="true" PLUGINSPAGE="http://
www.adobe.com/shockwave/download/index.cgi?P1_Prod_Version=ShockwaveFlash"> </
EMBED></OBJECT><SCRIPT language="JavaScript"> function setSWFIsReady(movieName) {//
Add additional code using external Interface connection// methods... }</SCRIPT></
BODY></HTML>
6.2.1.11.2.2 describeDataSources メソッド
このメソッドを使用すると、SWF 外部インタフェース接続で定義された範囲の XML 表記を取得できます。
構文
describeDataSources ()
戻り値
(文字列) 範囲の XML 表記が文字列として返されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
213
6.2.1.11.2.3 getDataSource メソッド
このメソッドを使用すると、SWF 外部インタフェース接続の範囲の現在の値を取得できます。
構文
getDataSource (rangeName):Object
パラメータ
<rangeName> (文字列): SWF 外部インタフェース接続の範囲の名前。
戻り値
現在の範囲の値。
6.2.1.11.2.4 setDataSource メソッド
このメソッドを使用すると、SWF 外部インタフェース接続の範囲の現在の値を設定できます。
構文
setDataSource (rangeName, value)
パラメータ
● <rangeName> (文字列): SWF 外部インタフェース接続の範囲の名前。
● <value> (オブジェクト): 新しい値。
214
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.1.11.2.5 addDataSourceChangeEventListener メソッド
このメソッドを使用すると、読み取り可能な特定の範囲値が変更されたときに SWF が呼び出す JavaScript のコールバック
ハンドラ関数を登録できます。
構文
addDataSourceChangeEventListener (rangeName, handlerFunctionName, sendCurrentValue)
パラメータ
● <rangeName> (文字列): SWF 外部インタフェース接続の範囲の名前。
● <handlerFunctionName> (文字列): 範囲が変更されたときに SWF が呼び出す JavaScript 関数の名前。詳細につ
いては、「handlerFunctionName Callback メソッド」を参照してください。
● <sendCurrentValue> (論理型): 現在の値をコールバックを介して SWF に渡すかどうかを示します。現在の値を送
信する場合は true、送信しない場合は false を設定します。
例
次の例では、slider 範囲への変更を受け取り、現在の値と範囲の変更値を myRangeHandler 関数に渡すコールバック関数
を登録します。
addDataSourceChangeEventListener("slider", "myRangeHandler", true);
6.2.1.11.2.6 handlerFunctionName Callback メソッド
このメソッドを使用すると、addDataSourceChangeEventListener メソッドで使用する <handlerFunctionName> を
定義できます。
構文
<functionName> (<movieName>, <rangeName>)
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
215
パラメータ
● <functionName> (文字列): addDataSourceChangeEventListener メソッドで、<handlerFunctionName>
パラメータにコールバック関数として登録した関数の名前。
● <movieName> (文字列):適切な SWF ファイルを識別する OBJECT タグ (ID) および EMBED タグ (名前) に指定され
た値。
● <rangeName> (文字列): SWF 外部インタフェース接続の範囲の名前。
例
次の例では、addDataSourceChangeEventListener メソッド内で使用される <myRangeHandler> 関数を定義しま
す。OBJECT タグの ID および EMBED タグの名前の値は myMovieName、範囲の名前は myRangeName です。
function myRangeHandler (movieName, rangeName); {
// Get the movie object
(browser dependant).
var movie = null;
if
(navigator.appName.indexOf("Microsoft") != -1)
{
// Browser is
Internet Explorer.
movie = window[movieName];
}
else
{
// Browser is not Internet Explorer.
movie =
document[movieName];
}
// Get the movie current range value.
var
newValue = movie.getDataSource(rangeName);
// Add additional code using external
Interface connection methods... }
6.2.1.11.2.7 removeDataSourceChangeEventListener メソッド
このメソッドを使用すると、JavaScript のコールバックハンドラ関数を削除 (登録解除) できます。
構文
removeDataSourceChangeEventListener (rangeName, handlerFunctionName)
パラメータ
● <rangeName> (文字列): SWF 外部インタフェース接続の範囲の名前。
● <handlerFunctionName> (文字列): addDataSourceChangeEventListener メソッドで、範囲が変更されたと
きに使用されたコールバック関数の名前。
216
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
例
次の例では、slider 範囲への変更の受け取りを停止するよう SWF を設定します。
removeDataSourceChangeEventListener ("slider", "myRangeHandler");
6.2.1.12 Excel XML マップの操作
Microsoft Excel 2003 および 2007 では、XML ドキュメントおよび XML スキーマをスプレッドシートに埋め込むことができま
す。XML スキーマをスプレッドシートに埋め込む際に、XML マップを作成します。XML マップにより、スプレッドシート内のセ
ルを XML スキーマ内の要素にマッピングすることができるようになります。これらのマップは、リモートデータソースからスプレ
ッドシートの行と列に XML コンテンツを変換するのにも使用できます。XML データを直接モデルにロードする場合、XML マッ
プを Dashboards 内の埋め込みスプレッドシートに含めることができます。
デフォルトで、XML 機能は Dashboards 内の埋め込みスプレッドシートに含まれていません。XML マップを Excel に定義す
ることができます。スプレッドシートを Dashboards にインポートする際に、XML ソースへのリンクと、XML スキーマへのセル
のマッピングは保持されます。XML マップを直接 Dashboards 内で作業する場合、埋め込みソフトウェアの XML 機能を有効
にすることができます。
注記
Excel のマッピング機能を使用してマップされたデータは、モデル内で接続最新表示ボタンコンポーネントを使用すると手
動で最新表示できます。
注記
XML マップ機能と一定間隔での最新表示で動的 URL を使用する場合には、式を含む Excel のセルに動的 URL を結合
する必要があります。
6.2.1.12.1 モデルに Excel XML マップを追加する
XML マップを埋め込みスプレッドシートに追加するには、Excel スプレッドシートでマップを設定し、スプレッドシートを
Dashboards にインポートするか、XML 機能が Dashboards で有効にされている場合は XML マップを Dashboards で作
成します。Excel XML マップの作成の詳細については、Microsoft Excel のオンラインヘルプを参照してください。スプレッド
シートでマップを利用できるようになると、キャンバスへのコンポーネントの追加とそのスプレッドシートへのリンク、および
Excel XML ソースからデータを取得するための XML マップデータ接続の追加が可能になります。
1. Excel XML マップをスプレッドシートに追加するには、次の操作を実行します。
○ Excel スプレッドシートで XML マップを設定する場合、Excel スプレッドシートをインポートします。スプレッドシートの
インポートの詳細については、Excel スプレッドシートをインポートする [185 ページ]を参照してください。
○ Dashboards における XML マップの直接作成:
1. Excel 2007 の場合、埋め込みスプレッドシートで [開発] タブをクリックして [XML データのインポート] をクリッ
クします。Excel 2003 の場合はツールバーで [XML データのインポート] をクリックします。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
217
2. [XML データのインポート] ダイアログボックスの [ファイル名] リストに XML データソースの URL を入力し、[開
く] をクリックします。
3. XML コンテンツにスキーマ定義が含まれていない場合、Excel でソースデータに基づきスキーマを作成すること
ができます。[OK] をクリックします。
4. [XML データのインポート] ダイアログボックスで、データを保存する場所を選択し、[OK] をクリックします。
5. 基盤となるスプレッドシートでデータを取得するために使用される URL を埋め込み、スプレッドシートのセルに静
的クエリ(XML データのインポートに使用されるものと同じ URL)などを入力します。
6. スプレッドシートで入力セルを設定し、スプレッドシートセルから値を読み込むフォーミュラを使用して、静的クエ
リを対話型クエリに変換します。
2. コンポーネントをモデルに追加し、スプレッドシートのセルにリンクさせます。
3.
データ
接続 をクリックします。
4. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Excel XML マップ] を選択します。
Excel XML マップ接続が接続のリストに追加されます。
注記
[Excel XML マップ接続]オプションによって接続が追加されるのは、Excel XML マップが埋め込みスプレッドシートで
定義されている場合のみです。
5. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
接続の名前を入力します。
XML データ URL モデルが更新されたデータを取得する場所を選択します。これを、XML データが保存された URL または対話型ク
エリフォーミュラを定義したスプレッドシートのセルにマッピングすることができます。
6. 最新表示およびロードステータスオプションを設定するには、[用法] タブをクリックします。これらのオプションの設定の詳
細については、最新表示オプションを設定する [220 ページ]およびロードメッセージとアイドルメッセージを作成する
[222 ページ]を参照してください。
7. モデルを保存し、適切な形式にエクスポートします。
6.2.1.12.2 埋め込みスプレッドシートでの XML の有効化
埋め込みスプレッドシートでは、デフォルトで Excel の全機能が使用できるようにはなっていません。Dashboards で XML マ
ップを定義する場合、埋め込みスプレッドシートで XML 機能を有効にする必要があります。XML 機能を有効にする手順は、
使用している Excel のバージョンによって異なります。
6.2.1.12.2.1 Excel 2003 で XML 機能を有効にする
Excel 2003 で Dashboards の XML 機能を使用するには、その機能を Excel ツールバーに追加する必要があります。
1. Dashboards か Excel が稼動している場合、両方のアプリケーションを閉じます。
218
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
注記
どちらかのプログラムのインスタンスが稼動していないことを確認するため、Windows タスクマネージャでプロセスを
照会します。実行中のプロセスのリストに、名前が Dashboards または Excel のプロセスが含まれているべきではあ
りません。
2. Excel 2003 を起動します。
これが、稼動中の唯一の Excel インスタンスであるべきです。
3. Excel で
ツール
ユーザ設定 をクリックします。
4. [ユーザ設定] ダイアログボックスで [ツールバー] タブをクリックし、[新規作成] をクリックして、XML ツールバーなど、ツ
ールバーの名前を入力します。[OK] をクリックします。
空白のフローティングツールバーが作成されます。
5. [ユーザ設定]ダイアログボックスで[コマンド]タブをクリックします。
6. [分類」リストで、[データ]を選択し、[コマンド」リストで、[XML ソース]、[XML データのインポート]、および[XML マップ
プロパティ]を選択します。これらの項目を、ステップ 4 で作成したフローティングツールバーにドラッグします。
7. フローティングツールバーをドラッグし、アプリケーションウィンドウ上部にその他の Excel ツールバーと並べて配置して、
Excel を閉じます。
Dashboards の次回起動時には、新しい XML ツールバーを使用できるようになります。
6.2.1.12.2.2 Excel 2007 で XML 機能を有効にする
Excel 2007 では、[開発] リボンタブから XML 機能を使用することができます。
1. Dashboards か Excel が稼動している場合、両方のアプリケーションを閉じます。
注記
どちらかのプログラムのインスタンスが稼動していないことを確認するため、Windows タスクマネージャでプロセスを
照会します。実行中のプロセスのリストに、名前が Dashboards または Excel のプロセスが含まれているべきではあ
りません。
2. Excel 2007 を起動します。
これが、稼動中の唯一の Excel インスタンスであるべきです。
3. Excel 2007 のメインアプリケーションメニューで、[Excel のオプション]をクリックします。
4. [基本設定]オプションから[開発タブをリボンに表示する]を選択し、[OK]をクリックします。
Dashboards の次回起動時には、[開発] タブをリボンで使用できるようになります。
6.2.1.13 Web Dynpro Flash Island 接続を設定する
Web Dynpro 接続を使用すると、モデルを Flash Island として Web Dynpro アプリケーション (WD アプリケーション) に埋め
込むことができます。Web Dynpro 接続を設定する際は、名前と接続タイプを指定し、WD アプリケーションにバインドするス
プレッドシートのセルを定義します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
219
モデルの埋め込みスプレッドシートと WD アプリケーションの間の接続は双方向です。WD アプリケーションのコンテキストで
行われた変更によって、対応するスプレッドシートのセルが更新されます。同様に、スプレッドシート内の変更によって、WD ア
プリケーションが更新されます。
注記
各モデルに設定できる Web Dynpro 接続は 1 つだけですが、スプレッドシートと WD アプリケーションの間のバインドはい
くつでも作成できます。これは、Flash Island (ダッシュボード) のデータコンテキストが 1 つだけであるためです。追加する
範囲は、そのコンテキスト内のプロパティ (単一値) とデータソース (テーブル) に対応します。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Web Dynpro Flash Island] を選択します。
3. 範囲の追加 (
) をクリックし、モデルのスプレッドシートと Web Dynpro アプリケーションの間のバインドを作成します。
4. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
種類
次の接続タイプからいずれかを選択します。
○ 単一値 (プロパティ)
プロパティを単一のスプレッドシートのセルにバインドする必要があります。
○
テーブル (データソース)
データソースをセルの範囲にバインドできます。
名前
接続の名前を入力します。
範囲
範囲に入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、スプレッドシートから値を選択します。
Web Dynpro アプリケーションの設定の詳細については、http://help.sap.com/saphelp_nw70ehp2/helpdata/en/
20/361af8255f4a33a2e8441956cc8f63/frameset.htm を参照してください。
6.2.1.14 最新表示オプションを設定する
Web サービスクエリ (Query as a Web Service)、Web サービス、XML データ、FS コマンド、ポータルデータ、SAP BW また
は Live Office 接続をモデルに追加する場合、モデルでその接続のデータが更新される方法とタイミングを指定することがで
きます。
注記
接続最新表示ボタン コンポーネントをモデルに追加する場合、そのコンポーネントの最新表示オプションを設定することが
できます。 最新表示オプションがデータマネージャで設定されると、データはモデルの実行時とコンポーネントのロード前に
最新表示されます。 最新表示オプションが接続最新表示ボタンに対して設定されると、モデルにおけるコンポーネントのロ
ード時に最新表示オプションが適用されます。 接続最新表示ボタンに関する詳細については、以下を参照してください。
Web 接続コンポーネントの使用 [149 ページ]
1.
データ
接続
をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. 最新表示オプションを設定する接続をクリックします。
220
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
3. [用法]タブをクリックします。
4. [用法]タブで、以下のオプションを設定します。
オプション
コンポーネ
ントのロード
前に最新表
示
説明
注記
Web サービスクエリ、Web サービス XML、SAP BW、および Live Office データ接続のみ
このオプションは、モデルがロードされるたびにデータを最新表示し、そのデータをモデルの初期データとして使用する
場合に選択します (リセットボタンコンポーネントを使用する場合、データが前回のモデルのロード時の値にリセットされ
ます)。
デフォルト
のクエリデ
ータを使用
注記
コンポーネントのロード前に最新表示オプションが選択されている場合の SAP BW 接続
このオプションでは、モデルの実行時にデータが最新表示される方法を決定します。 選択されている場合、クエリ値と変
数値に対して設定されたデフォルト値がモデルで使用されます。 選択されていない場合、各アイテムの入力値セットを
使用して、データがモデルで最新表示されます。 このオプションは、トリガまたはユーザのやり取り (ボタンのクリックな
ど) に基づく最新表示オプションに影響を与えません。
たとえば、モデルに国の必須変数が設定されていて、フランスの値が含まれる埋め込みスプレッドシートのセルに入力
値がリンクされている場合です。 モデルの実行時に、必須変数ダイアログボックスが開き、ユーザは国値にドイツを入力
します。 ドイツのクエリが初期化されます。ただし、[デフォルトのクエリデータを使用] オプションが選択されていない場
合は、入力値が評価され、国がフランスに設定されるため、モデルにフランスのデータが表示されます。 このオプション
が選択されている場合は、スプレッドシートの入力値はモデルで無視され、ダイアログボックスに指定した国のデータが
表示されます。
次の間隔で
最新表示
注記
Web サービスクエリ、Web サービス、SAP BW、および XML データ接続のみ
このオプションは、データを指定した間隔で自動的に最新表示する場合に選択します。 最初のリストでは間隔の値を選
択し、2 つ目のリストでは時間単位(分、秒など)を選択します。
トリガ時に
最新表示
[トリガセル]ボックスで、最新表示をトリガするセルを入力または選択します。 以下のオプションのいずれかを選択しま
す。
○ 値の変更時
○
[値の変更時]を選択し、最新表示をトリガする値を入力
注記
接続ごとに 1 つだけ、トリガセルを指定できます。 データを最新表示する前に複数の変数を設定すると、すべてのオ
プションが設定された後でユーザが最新表示をトリガできるように最新表示ボタンを追加するか、入力値の変更時に
最新表示がトリガされるようにすべての入力値を連結するグローバルトリガセルを作成するか、いずれかを実行でき
ます。
モデルのロード中に複数の最新表示を回避するには、最新表示の自動トリガではなく、接続最新表示ボタンを使用する
か、条件節などの Excel 関数を使用してトリガを慎重に設計します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
221
関連情報
データ接続の管理 [194 ページ]
Web サービスクエリ (Query as a Web Service) 接続を設定する [198 ページ]
Web サービス接続を設定する [201 ページ]
XML サービス接続を設定する [202 ページ]
SAP BW との統合 [263 ページ]
LiveOffice データ接続の使用 [249 ページ]
6.2.1.15 ロードメッセージとアイドルメッセージを作成する
Web サービスクエリ (Query as a Web Service)、Web サービス接続、SAP BW 接続、または XML データ接続を含むモデル
を作成する場合、モデルがロード中またはアイドル状態のときに表示されるメッセージを定義することができます。 また、ロー
ド中にカーソルが表示されるかどうか、およびマウス入力が可能かどうかも指定することができます。
1.
データ
接続
をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. メッセージを設定する接続を選択し、[用法]をクリックします。
3. [ロードステータス] で、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
メッセージのロード中
モデルのロード中に表示されるメッセージを入力または選択します。
アイドルメッセージ
モデルのアイドル中に表示されるメッセージを入力または選択します。
挿入先
ロードメッセージおよびアイドルメッセージが挿入される埋め込みスプレッドシートのセルを入力する
か、セルセレクタ (
) を使用して選択します。
ロードカーソルを有効にする
このオプションを選択すると、モデルのロード中に異なるカーソルが表示されます。
ロード時にマウス入力を無効
にする
このオプションを選択すると、モデルのロード中にユーザーによるマウス入力が禁止されます。
関連情報
SAP BW との統合 [263 ページ]
222
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.2 クエリの概要
6.2.2.1
クエリを参照する
[クエリブラウザ] を使用して新しいクエリを作成したり、現在のクエリを表示したりできます。[クエリブラウザ] は、SAP
BusinessObjects Dashboards でのみ使用できます。
[クエリブラウザ] が表示されていない場合は、
表示
クエリブラウザ
の順にクリックして表示します。
表 52:
アイコン
アクション
結果
注
クエリーを追加する
[クエリの追加] ダイアログボックス モデルの最初のクエリを追加するときにの
み使用できます。SAP BusinessObjects
が開きます。
Business Intelligence プラットフォームへ
のログインが必要になる場合があります。
クエリーを追加する
[クエリの追加] ダイアログボックス [追加/編集] ダイアログボックスが開きま
が開きます。
す。BI プラットフォームへのログインが必要
になる場合があります。
選択したクエリを編集
する
[クエリの編集] ダイアログボックス 編集手順でクエリの現在の状態に必要な
[追加/編集] ダイアログボックスが開きま
が開きます。
す。BI プラットフォームへのログインが必要
になる場合があります。
選択したクエリを削除
する
クエリがモデルから削除されま
す。
選択したクエリまたは
すべてのクエリを最新
表示する
選択したクエリまたはすべてのク
エリが最新表示されます。
クエリの順序を変更す
る
選択したクエリが、クエリの一覧内
の新しい位置に移動されます。
クエリ情報を展開また
は縮小する
選択したクエリの詳細が、展開さ
れるか非表示になります。表示さ
れる詳細は次のとおりです。
クエリ結果オブジェクト
情報を展開または縮
小する
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
○
結果オブジェクト
○
フィルタ (存在する場合)
○
プロンプト (存在する場合)
結果オブジェクトの一覧が表示さ
れます。
クエリを実行する前に新しいプロンプト値を
指定できます。
クエリには常に、少なくとも 1 つの結果オブ
ジェクトが含まれていますが、フィルタやプロ
ンプトは設定されていないことがあります。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
223
アイコン
アクション
結果
注
結果オブジェクトデー
タを埋め込みスプレッ
ドシートに挿入する
埋め込みスプレッドシートアイコン
が表示されます。
結果オブジェクトのデータを挿入するセル範
囲を選択できます。
埋め込みスプレッドシ
ートでセル範囲を選択
する
埋め込みスプレッドシートの [範囲 マウスで範囲を選択するか、テキストボック
の選択] ダイアログボックスが開き スにセルの名前を入力できます。
フィルタ情報を展開ま
たは縮小する
クエリに設定されている場合は、
すべてのフィルタオブジェクトが表
示されます。
複数のフィルタがある場合は、すべてのフィ
ルタと、それらの AND/OR の関係も表示さ
クエリに設定されている場合は、
すべてのプロンプトが表示されま
す。
プロンプト値を入力する方法には、クエリプ
ロンプトセレクタコンポーネントを使用する、
プロンプトを埋め込みスプレッドシートにバイ
ンドする、その他のコンポーネントによって
挿入する、の 3 つがあります。いずれかの
プロンプト情報を展開
または縮小する
ます。
れます。
方法で値を入力すると、他の 2 つの方法は
使用できなくなります。
プロンプトを埋め込み 埋め込みスプレッドシートの 2 つ
プロンプトは、埋め込みスプレッドシートの値
スプレッドシートに接続 の [範囲の選択] ダイアログボック を使用でき、値の一覧 (LOV) をスプレッドシ
する
ートに挿入することもできます。
スが開きます。
6.2.2.1.1
ユニバースおよび BEx クエリ
ユニバースおよび BEx (Business Explorer) クエリは、クエリの作成に使用するデータリポジトリです。これらのデータソース
を使用すると、データベース内の基になるデータ構造を意識せずにクエリを作成することができます。ユニバースおよび BEx
クエリは、オブジェクトをクラスに整理します。クラスとは、共通の目的を持つオブジェクトをグループ化するコンテナです。
ユニバースとは、大規模データベースのデータ要素を整理するファイルです。ユニバースは、ユニバースデザイナで設計およ
び最適化され、クエリで使用できる定義済みのフィルタを含めることができます。ユニバースに関する詳細については、SAP
Help Portal (help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
の下から入手できるユニバースデザインツー
ルのドキュメントを参照してください。
BEx クエリには、Dashboards でレポートを実行できる定義済みの結果オブジェクトのグループが含まれます。BEx クエリは
あらかじめ定義されていますが、クエリの構築中にクエリの結果オブジェクトを並べ替えたり、フィルタ処理したりすることがで
きます。クエリの構築の詳細については、クエリを作成する [230 ページ]を参照してください。
ユニバースおよび BEx クエリは、オブジェクトを以下のカテゴリに整理します。
カテゴリ名
アイコン
クラスまたはサブクラス (フォルダとも呼ばれます)
224
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
アイコン
カテゴリ名
分析ディメンション
日付分析ディメンション
レベルベースの階層
値ベースの階層
デフォルトレベルベースの階層
デフォルト値ベースの階層
階層レベル
ディメンション
属性
メジャー
フィルタ
階層名付きセット
計算メンバー
メジャーグループフォルダ
関連情報
クエリを追加または編集する [227 ページ]
ユニバースまたは BEx クエリを選択する [228 ページ]
6.2.2.1.2
クエリブラウザ
[クエリブラウザ] は、[オブジェクトブラウザ] に似たコンパクトなウィンドウで、クエリやクエリの編集ツールに素早くアクセスで
きます。[クエリブラウザ] を使用すると、クエリの新規作成、または既存のクエリの編集、最新表示、削除を行うことができま
す。
注記
[クエリブラウザ] を開くには、メインメニューから
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
表示
クエリブラウザ
をクリックします。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
225
[クエリブラウザ] のメインウィンドウには、現在のクエリとそのプロパティが表示されます。各クエリには、以下の情報がリスト
されます。
結果オブジェクト: クエリから返された未処理データ。
フィルタ: クエリの構築中に追加されたすべてのフィルタ。
プロンプト: クエリの構築中に追加されたすべてのプロンプト。すべてのプロンプト ([メンバーセレクタ] ダイアログボックス
または [フィルタ] パネルのいずれかで作成) をキャンバスにドラッグして、プロンプトにバインドされた [クエリプロンプトセ
レクタ] コンポーネントを作成できます。
ボタン
説明
新規クエリの作成
クエリの表示
クエリーの編集
クエリの最新表示
選択したクエリを上へ移動
選択したクエリを下へ移動
クエリ情報の展開
クエリ情報の折りたたみ
クエリの構築の詳細については、関連トピックを参照してください。
関連情報
クエリを追加または編集する [227 ページ]
クエリを削除する [245 ページ]
クエリーを最新表示する [245 ページ]
226
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.2.1.3
クエリを追加または編集する
クエリはユニバースのサブセットであるデータの本体です。クエリから返されるデータは、ダッシュボードの作成に使用されま
す。データは、埋め込みスプレッドシートにリンクしたり、特定のコンポーネントに直接バインドできます。
クエリを作成するには、[クエリブラウザ] を開いて [クエリの追加](
) をクリックします。
注記
[クエリブラウザ] を開くには、メインメニューから
表示
クエリブラウザ
をクリックします。
注記
クエリを編集するには、既存のクエリを選択して、編集 (
) をクリックします。
クエリの追加ボタンをクリックすると、クエリの作成に使用する [クエリの追加] ウィンドウが表示されます。クエリの作成プロセ
スは、次の 5 つのペインに分けられます。
● データソースの選択
このペインを使用して、メインのデータソースとしてユニバースまたは BEx クエリを使用するかどうかを選択します。
● ユニバースの選択/BEx クエリの選択
このペインを使用して、接続する Central Management Server を表示して、データソースを選択します。
注記
このペインの名前は、最初のペインでのデータソースの選択を反映したものになります。
● クエリの構築
このペインを使用して、クエリを構築します。このペインは、以下のパネルに分かれています。
○ ユニバース
○ 結果オブジェクト
○ フィルタ
○ データのプレビュー
[ユニバース] パネルから [結果オブジェクト] および [フィルタ] パネルにデータ要素をドラッグして、階層データ要素で [メ
ンバーセレクタ] を使用し、クエリをより詳細に絞り込むことができます。また、現在のクエリを [データのプレビュー] パネ
ルでプレビューすることもできます。
注記
[データプレビュー] パネルは小さくなりますが、その他の点ではまったく同じ、[クエリの追加] プロセス内の次のペイン
のバージョンの [クエリ結果のプレビュー] になります。
注記
このパネルでデータをプレビューすると、パネル名が [結果セット] に変わります。
● クエリ結果のプレビュー
このペインを使用して、現在のクエリの結果をプレビューします。クエリが適切で、ユーザ設定の最新表示オプションや、
メッセージのロードを設定しない場合は、次のステップをスキップできます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
227
● 使用オプション
このペインを使用して、クエリの最新表示オプションと、ロード中またはアイドル中の動作を設定します。
関連情報
メンバーセレクタ [234 ページ]
6.2.2.1.3.1 データソースを選択する
データソースの選択は、クエリ作成の最初の手順です。
注記
[クエリブラウザ] がまだ開いていない場合は、
1. [クエリブラウザ] でクエリの追加 (
表示
クエリブラウザ
の順にクリックします。
) をクリックします。
新しいクエリに対してのみデータソースを選択できます。クエリの編集中はここで行った選択を変更できません。
ヒント
クエリが存在しない場合は、[クエリブラウザ] にもう 1 つ [クエリの追加] ボタン (
) が表示されま
す。
[クエリの追加/編集] ダイアログボックスに [データソースの選択] ペインが開きます。
2. [ユニバース] または [BEx クエリ] をクリックします。
ペイン下部にある [次へ] ボタンがアクティブになります。
3. [次へ] をクリックします。
関連情報
ユニバースまたは BEx クエリを選択する [228 ページ]
6.2.2.1.3.2 ユニバースまたは BEx クエリを選択する
ユニバースファイルまたは BEx クエリの選択は、クエリ作成の 2 番目の手順です。RRI 送信者としてモデルを有効にする場
合、BEx クエリを選択する必要があります。RRI の詳細については、レポート間インタフェース [229 ページ]を参照してくださ
い。
228
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
注記
このペインのタイトルは、[ユニバースの選択] または [BEx クエリの選択] ですが、クエリ作成処理の最初のペイン ([デー
タソースの選択]) で選択した項目によって変わります。
1. Central Management Server のフォルダを参照して、使用するユニバースファイルか BEx クエリを見つけます。
特定の BI プラットフォーム接続では、フォルダまたはファイルの展開可能なツリービューに、複数のユニバースまたは
BEx クエリが含まれていることがあります。
2. ユニバースのファイル名または BEx クエリのファイル名をクリックします。
ペイン下部にある [次へ] ボタンがアクティブになります。
3. [次へ] をクリックします。
関連情報
クエリを作成する [230 ページ]
6.2.2.1.3.3 レポート間インタフェース
SAP BusinessObjects Dashboards で、モデルを有効にして、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォ
ームが提供する Insight to Action フレームワークサービスに接続できます。Insight to Action フレームワークを使用するこ
とで、BEx クエリをデータソースとして使用する Dashboards モデルがレポート間インタフェース (RRI) にアクセスできます。
RRI は、BEx クエリにアタッチされた "レシーバ" と呼ばれるターゲットへのジャンプ機能を提供します。ターゲットは、レポー
ト、その他のクエリ、トランザクション、Web アドレスの場合があります。ジャンプの一環として、RRI はコンテキスト依存のジャ
ンプを容易にするための選択条件を渡します。
モデルを RRI の送信者にできるようにするには、モデルに、データソースとして BEx クエリを使用して作成されたクエリと、キ
ャンバス上の階層テーブルコンポーネントが含まれている必要があります。階層テーブルを RRI の送信者にできるようにする
ための詳細情報については、セレクタコンポーネントの使用 [84 ページ]を参照してください。
ターゲットは、一般的に以下のことを実行するのに使用されます。
● 以下のような、さまざまな結果オブジェクト特有のターゲットへの移動。
○ [階層テーブル] の行にあるコストセンタの ID から、そのコストセンタのデータを含むその他のレポートへの移動。
○ [階層テーブル] の行にある営業員の名前から、その営業員の従業員ファクトシートまたは受注金額への移動。
● 以下のような、ワークフローまたはアクティビティの開始。
○ コストセンタごとのコストを表示するクエリから、会計担当者に送信される“確認要求”の作成。
注記
Dashboards で RRI を使用するためには、SAP 認証が必要です。
また、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームのインストール時に次の 3 つのプラットフォームサ
ービスを選択する必要があります。
● Web アプリケーション コンテナ サーバー
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
229
● RESTful Web サービス
● Insight to Action サービス
関連情報
セレクタコンポーネントの使用 [84 ページ]
セレクタ一般プロパティ [92 ページ]
クエリを作成する [230 ページ]
6.2.2.1.3.3.1 値ベースの階層と RRI
BEx クエリで結果オブジェクトとして値ベースの階層を使用する場合、呼び出された RRI ターゲットにコンテキスト依存の情報
を渡すことができないことがあります。たとえば、値ベースの階層をクエリに含め、RRI 送信者が有効になっている階層テーブ
ルコンポーネントにそのクエリをバインドすると、呼び出された RRI アクションが不正なデータを返す場合があります。
値ベースの階層から RRI ターゲットへデータを渡す場合は、値ベースの階層の代わりに、ディメンションオブジェクト (
たはレベルベースの階層 (
、
)ま
) をクエリの結果オブジェクトに追加します。
関連情報
レポート間インタフェース [229 ページ]
ユニバースおよび BEx クエリ [224 ページ]
6.2.2.1.3.4 クエリを作成する
[クエリの構築] ペインは、クエリ作成の 3 番目の手順です。また、既存のクエリ編集時には、編集が可能な最初のペインで
す。
フィルタ枠の表示/非表示 (
) かデータエクスプローラパネルの表示/非表示 (
) をクリックして、このペインを設定でき
ます。
1. 少なくとも 1 つのオブジェクトまたはオブジェクトのフォルダをクリックして、ユニバースパネルから結果オブジェクトパネル
にドラッグします。
結果オブジェクトとして使用できないユニバースオブジェクトもあります。
230
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
注記
クエリで階層結果オブジェクトを使う予定がある場合は、階層オブジェクトは 1 つだけで、1 つまたは複数のメジャーと
一緒に使用することをお勧めします。詳細については、階層テーブルのクエリの設計 [232 ページ]を参照してくださ
い。
緑色のアイコン (
コン (
) は、オブジェクトをドラッグしたパネルでそのオブジェクトが有効かどうかを示します。赤色のアイ
) は、オブジェクトが無効であることを示します。
2. 追加のオブジェクトまたはオブジェクトのフォルダをクリックして、ユニバースパネルから結果オブジェクトパネルまたはフィ
ルタパネルにドラッグします。
注記
タイプがディメンションとメジャーのオブジェクトは、結果オブジェクトまたはフィルタのいずれかとして使用できます。
注記
タイプが前提条件のオブジェクトは、フィルタとしてのみ使用できます。
注記
特定のディメンションまたはメジャーオブジェクトは、結果およびフィルタの両方として使用できます。
3. [データプレビュー] パネルの [最新表示] (
) をクリックすると、現在のクエリをプレビューできます。クエリにプロンプト
が含まれる場合は、それらのプロンプトに対して値の入力を求められます。
注記
[データプレビュー] パネルは小さくなりますが、その他の点ではまったく同じ、[クエリの追加] プロセス内の次のペイン
のバージョンの [クエリ結果のプレビュー] になります。
4. クエリに少なくとも 1 つの結果オブジェクトが含まれていると、ペインの下部にある [次へ] ボタンがアクティブになります。
[次へ] をクリックします。
[メンバーセレクタ] を使用すると、結果オブジェクトおよびフィルタを絞り込めます。[メンバーセレクタ] を使用すると、階層デー
タオブジェクトの特定のメンバー、子、親、または兄弟を選択したり、実行時の動的メンバー選択が可能なデータオブジェクトに
プロンプトを作成したりできます。詳細については、メンバーセレクタ [234 ページ]を参照してください。
関連情報
クエリ結果をプレビューする [243 ページ]
階層テーブルのクエリの設計 [232 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
231
6.2.2.1.3.4.1 階層データを含むクエリを設計するためのベストプラクティ
ス
階層結果オブジェクトを含むクエリを設計する場合は、追加の考慮が必要です。ここでは、階層データを含むクエリの推奨され
る形式について説明し、これに従わない場合に [階層テーブル] のデータがどのように表示されるかを示します。
6.2.2.1.3.4.1.1 階層テーブルのクエリの設計
クエリデータを階層テーブルにバインドしたときに適切に表示されるようにするため、クエリを設計する際は以下の点に留意し
てください。
● 階層結果オブジェクトは 1 つだけ追加し、メジャーは 1 つまたは複数追加する。ディメンション結果オブジェクトを含めた
り、複数の階層からの結果オブジェクトを含めたりしないでください。
● 階層結果オブジェクトを最初の結果オブジェクトとして追加する。
● メンバーセレクタで、親エントリを含めずにサブエントリを選択することを避ける。
たとえば、全体の売上データとともにイギリス、ミュンヘンの売上データを示す場合、最上位の "グローバル" エント
リ、"国" レベルの "イギリス" エントリと "ドイツ" エントリ、"市町村" レベルの "ミュンヘン" エントリを含む、"地域" 階層で
クエリを作成します。その後、適切な売上データのメジャー結果オブジェクトを追加します。
推奨される構造に従わないクエリにバインドされている階層テーブルの場合、次の形式が適用されます。
● ディメンション結果オブジェクトを含む階層テーブル:
ディメンションをクエリに追加する場合、階層テーブルがクエリにバインドされると階層テーブルに重複する行が表示さ
れ、一部の行は空白になる場合があります。
たとえば、先ほどの例のクエリに "国" ディメンションを追加すると、階層テーブルの "グローバル" エントリの直下に、デー
タベース内のすべての国の行が表示されます。これらの行の階層列は空白になります。この問題を避けるため、新しい
ディメンションを追加するのではなく、階層結果オブジェクトから適切な国をすべて選択する必要があります。
注記
ディメンション結果オブジェクトを階層テーブルにバインドしない場合も、この形式は変わりません。
● 親エントリが含められていない階層テーブル:
階層内のサブエントリを含める際にその親エントリを含めなかった場合、サブエントリが階層テーブルの上のレベルに移
動されることがあります。
たとえば、"地域" 階層から "グローバル" エントリ、"イギリス" エントリ、"ミュンヘン" エントリのみを含めると、階層テーブ
ルの "グローバル" エントリの下の同じレベルにイギリスとミュンヘンが表示されます。すべてのエントリが正しいレベルに
表示されるようにするには、関係する各レベルの親エントリをすべて含めるか、レベル全体を除外します。
関連情報
コンポーネントをクエリにバインドする [40 ページ]
クエリ内の未使用の結果オブジェクト [41 ページ]
メンバーセレクタ [234 ページ]
クエリ結果をプレビューする [243 ページ]
232
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.2.1.3.4.1.2 変数の依存関係を含む階層データ
BEx クエリには従属変数を含めることができます。たとえば、特定の階層変数を選択してノードを適宜更新する場合、階層ノ
ードは階層変数に依存します。ただし、これらの依存関係は SAP BusinessObjects Dashboards のみで処理できるもので
あり、エクスポートしたモデルでは処理できません。次の依存関係を含めないことをお勧めします。
● 階層変数に依存する階層ノード変数。
● キー日付変数に依存する BW 変数。
● BW 変数に依存する [クエリの構築] ペインに追加されたフィルタ。
フィルタの詳細については、フィルタオブジェクトのパラメータを設定する [239 ページ]を参照してください。
6.2.2.1.3.4.2 クエリプロパティを設定する
クエリ名、返す行数の制限、コンテキスト (使用可能な場合)、クエリに複数のプロンプトが含まれる場合のプロンプトの順序な
どの、クエリプロパティを設定できます。
クエリプロパティには、[クエリの追加] 処理の [クエリの構築] ペインからアクセスできます。
1. [クエリプロパティ] (
) をクリックします。
[クエリプロパティ] ダイアログボックスが表示されます。
2. [クエリプロパティ] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
○ クエリの名前を入力します。
○ 下表のデータオプションを設定します。
オプション
説明
重複する行を無視しない
重複する行エントリを取得します。このオプションは、年カテゴ
リや製品カテゴリなどの繰り返されても無用な、定期的なデー
タがある場合に、それらを未確認のままにするのに役立ちま
す。たとえば、クエリが年ごとに四半期単位の売上げを返す場
合は、クエリは次のように表示されます。
重複行を取得する場合:
2010
Q1
10,000
2010
Q2
12,500
2010
Q3
11,000
2010
Q4
9,750
重複行を取得しない場合:
2010
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
Q1
10,000
Q2
12,500
Q3
11,000
Q4
9,750
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
233
オプション
説明
空の行を無視しない (OLAP ユニバースでのみサポート)
通常空白行が発生するのは、複数ディメンションのクエリで 2
つ以上のディメンションのインターセクションにデータが存在し
ない場合です。
このオプションをオンにすると、結果セットに空白セルを含めら
れる行も含まれます。
このオプションをオフにした場合は、結果セットは空白でないセ
ルを含む行だけで構成されます。
最大受信時間
クエリが実行できる時間を秒単位で制限します。制限なしを指
定するには、この値を -1 に設定します。
最大行数
クエリが返すことのできるデータの行数を制限し、対応するリ
ストの中で行数を選択します。制限なしを指定するには、この
値を -1 に設定します。
注記
この設定は、最新表示時にクエリに適用されます。デザイ
ン時に、プレビューに表示される行数を制限することもでき
ます。
行のサンプリング
現在の選択基準の中で、ランダムなデータセットをサンプルと
して取得し、対応するリストの中で、返す行数を選択します。こ
のオプションは、データベースがサンプルデータをサポートす
る場合にのみ使用できます。
固定
[行のサンプリング] が選択されている場合は、このオプション
を選択し、サンプルクエリが実行されるたびに同じ行が返され
るようにします。
○ ユニバースで選択可能なものがある場合は、[コンテキスト] を選択します。
注記
リレーショナルデータソースが選択されている場合にのみ使用できます。
○ クエリに複数のプロンプトが含まれる場合は、プロンプトの順序を選択します。
3. [OK] をクリックします。
6.2.2.1.3.4.3 メンバーセレクタ
[メンバーセレクタ] では、階層結果オブジェクトのメンバーを参照して、クエリ内に含めるメンバーまたは、クエリから除外する
メンバーを選択することができます。
[メンバーセレクタ] ウィンドウを開くには、[結果オブジェクト] パネル内の階層データ要素に表示される下向きの矢印 (
)
をクリックします。
234
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
メンバーセレクタは半分に分割されています。上半分では、メンバーを参照して選択します。下半分には、現在選択中のすべ
てのメンバーの概要が表示されます。
上半分でのメンバーの選択方法は、以下のとおりです。
● メンバー
このタブには、階層結果オブジェクトが展開可能なリストとして表示されます。 階層を展開して表示することにより、あらゆ
るメンバーとその関連メンバーを手動で選択したり、[検索] オプションを使用してメンバーを検索したりすることができま
す。 このタブは、要素の子孫兄弟などの関連メンバーを選択する場合に最適です。 たとえば、オーストラリアのすべての
顧客を選択して、その所在地である州および都市を表示する場合などです。
● メタデータ
このタブには、階層結果オブジェクトのレベルが一覧表示されます。 このタブは、大量のメンバーを選択したり、データの
カテゴリを 1 つ選択する必要がある場合に最適です。
注記
結果オブジェクトが、レベルベースの階層ではなく値ベースの階層の場合、このタブには何も表示されない場合があり
ます。
注記
データソースが BEx クエリの場合、このタブはメタデータではなく [レベル] という名前になりますが、機能は変わりま
せん。
● プロンプト
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
235
このタブでは、プロンプトを作成できます。 プロンプトは、メンバーの選択方法ですが、付加的な機能があります。プロンプ
トは、クエリプロンプトセレクタコンポーネントに関連付けられます。 実行時にダッシュボードで動的にメンバーを選択でき
るように、コンポーネントをキャンバスにドラッグできます。 このタブは、ごく特定のメンバーを選択したり、ダッシュボード
のユーザが実行時にメンバーの選択を変更する必要がある場合に最適です。
警告
[プロンプト] タブの [パラメータの有効化] をオンにすると、[メンバー] タブまたは [メタデータ] タブを使用して選択した
既存のメンバーの [概要] をクリアします。
注記
データソースが BEx クエリの場合、このタブは使用できません。
● 相対的な奥行き
このタブは、データソースが階層ノード変数を含む SAP BW BEx クエリである場合に使用できます。 これにより、選択さ
れた階層データ要素に対する相対的な奥行きに基づいてメンバーを選択できます。 クエリのパフォーマンスを向上させる
ため、できるだけ小さい奥行きを使用することをお勧めします。
メンバーセレクタの下半分には、選択したすべてのメンバーの概要が表示されます。 概要を使用して、選択した条件を除外ま
たは削除できます。
6.2.2.1.3.4.3.1 結果オブジェクトのメンバーを選択する
結果オブジェクトに選択可能なメンバーが含まれる場合は、オブジェクトの右上隅に矢印が表示されます。
1. 階層結果オブジェクトを選択して、下向き矢印 (
) をクリックします。
[メンバーセレクタ] が開き、[メンバー] タブに最高レベルのオブジェクトが表示されます。
ヒント
個々のメンバーを [ユニバース] パネルから [結果オブジェクト] パネルの結果オブジェクトにドラッグすれば、[メンバ
ーセレクタ] を開かなくても結果オブジェクトにメンバーを追加できます。
2. 展開/縮小アイコンをクリックして、オブジェクトツリーを閲覧します。アイテムを選択し、右クリックしてオプションを表示し、
アイテムかその関連アイテムを [概要] に追加します。
オブジェクトツリーを右クリックして選択することもできます。選択したオブジェクトの一覧が、ダイアログボックス下側の
[概要] パネルに表示されます。この一覧を表示するのに開く (
) をクリックする必要がある場合があります。
注記
[概要] パネルでは、[除外] チェックボックスをオンにして特定のオブジェクトを除外したり、オブジェクトを選択して削除
(
) をクリックしてメンバー一覧からオブジェクトを削除したりすることもできます。[概要] パネルの右側にある [メン
バー選択のリセット] (
) をクリックすると、選択項目の変更をすべて破棄できます。
3. [OK] をクリックします。
選択したメンバーが結果オブジェクトに表示されます。
236
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
[メンバーセレクタ] では、次のタスクも実行できます。
表 53:
アイコン
アクション
結果
注
メンバーを検索する
[メンバー検索] ダイアログボック
メンバー名またはメンバーキーで
検索できます。
スが開きます。
すべてのメンバーを選択する
すべてのレベルのすべてのメン
バーが選択されます。
メンバー表示モードを変更する
モード一覧が表示されます。
子の件数を予測する
メンバーの子の予測数が、その
メンバーの横に表示されます。
すべての選択したメンバーを表
示する
すべてのレベルで選択したメン
バーが表示されます。
キャプション、一意の名前、また
はこの両方でメンバーを表示で
きます。
6.2.2.1.3.4.3.2 メタデータで結果オブジェクトのメンバーを選択する
結果オブジェクトに選択可能なレベル (メタデータ) が含まれる場合は、結果オブジェクトの右上隅に矢印が表示されます。
注記
結果オブジェクトが、レベルベースの階層ではなく値ベースの階層の場合、[メタデータ] タブに何も表示されない場合があ
ります。
注記
データソースが BEx クエリの場合、このタブは [レベル] タブになりますが、機能は変わりません。
1. 階層結果オブジェクトを選択して、下向き矢印 (
) をクリックします。
[メンバーセレクタ] が開き、[メンバー] タブが表示されます。[メタデータ] をクリックして、[メタデータ] タブに切り替えま
す。
ヒント
個々のメンバーかメンバーのレベルを [ユニバース] パネルから [結果オブジェクト] パネルの結果オブジェクトにドラッ
グすれば、[メンバーセレクタ] を開かなくても結果オブジェクトにレベルを追加できます。
2. メタデータツリーを展開して、クエリに含めたり除外したりするオブジェクトを含むレベルを見つけます。レベルをダブルクリ
ックして、[概要] に追加します。
注記
[概要] パネルでは、[除外] チェックボックスをオンにして特定のオブジェクトを除外したり、オブジェクトを選択して削除
(
) をクリックしてメンバー一覧からオブジェクトを削除したりすることもできます。[概要] パネルの右側にある [メン
バー選択のリセット] (
) をクリックすると、選択項目の変更をすべて破棄できます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
237
3. [OK] をクリックします。
編集したメタデータの一覧が、結果オブジェクトに表示されます。メンバーのレベルを除外した場合は、このレベルは取り
消し線で表示されます。
単純検索ボックスからメンバーのメタデータを検索して、メタデータツリーを展開したり縮小したりすることもできます。
6.2.2.1.3.4.3.3 結果オブジェクトのプロンプトを設定する
[メンバーセレクタ] ダイアログボックスが表示されます。ユーザがクエリを最新表示したときに、独自の実行時メンバーを選択
できるように (メンバークエリパラメータを選択できるように) します。
注記
データソースが BEx クエリの場合、このタブは使用できません。
1. [メンバーセレクタ] ダイアログボックスの [プロンプト] タブをクリックします。
2. [パラメータの有効化] チェックボックスをクリックします。
警告
このボックスをオンにすると、[メンバー] タブおよび [メタデータ] タブに追加した、すべての用語の概要がクリアされま
す。
3. プロンプトメッセージテキストをそのまま使用するか変更します。
これは、プロンプトの目的をダッシュボードユーザに対して説明するテキストです。このプロンプトをクエリプロンプトセレク
タコンポーネントに関連付ける場合は、実行時にコンポーネントに表示されるテキストです。
4. [最後に選択した値を維持] チェックボックスをクリックして、ユーザのパラメータ選択を [プロンプトに答える] ダイアログで
維持するかどうか選択します。
5. 実行時のプロンプトに選択済みの値を設定できます。それには、[デフォルト値の設定] チェックボックスをクリックします。
[編集] ボタンがアクティブになります。[編集] をクリックして、[パラメータ値の選択] ダイアログボックスでデフォルト値を
選択します。[OK]をクリックします。
6. [OK]をクリックします。
これで、階層結果オブジェクトがプロンプトに関連付けられました。クエリ作成時に値の入力を求められるようになり、キャ
ンバスにプロンプトに対する [クエリプロンプトセレクタ] コンポーネント連結を配置している場合は、ダッシュボードユーザ
が実行時に独自の値を入力できます。
関連情報
プロンプトをキャンバスに配置する [246 ページ]
238
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.2.1.3.4.4 フィルタオブジェクトのパラメータを設定する
より大きい、より小さい、等しいなどの論理演算子を指定し、演算対象となる値を設定することで、クエリ結果にフィルタを設定
します。
1. 次に示す論理演算子ボックスの横にある下向き矢印をクリックして、いずれかの演算子を選択します。
2. 論理演算子ボックスの右側の値ボックスの横にあるドロップダウン矢印をクリックして、次のいずれかを選択します。
○ 定数: ボックスに定数を直接入力します。
○ 値の一覧: [パラメータ値の選択] ダイアログボックスが開きます。詳細については、値の一覧としてフィルタパラメー
タを選択する [239 ページ]を参照してください。
○ プロンプト: [プロンプトの編集] ダイアログボックスが開きます。詳細については、フィルタプロンプトにオプションを設
定する [239 ページ]を参照してください。
6.2.2.1.3.4.4.1 値の一覧としてフィルタパラメータを選択する
[パラメータ値の選択] ダイアログボックスが開きます。オブジェクトを論理フィルタ演算子として設定します。
1. オブジェクトツリーまたは一覧を閲覧しオブジェクトを選択してから、[移動] 矢印 (
) をクリックします。
2. [OK] をクリックします。
これで、選択したオブジェクトがフィルタのパラメータになりました。
6.2.2.1.3.4.4.2 フィルタプロンプトにオプションを設定する
[プロンプトの編集] ダイアログボックスが開きます。フィルタをプロンプトとして設定します。
選択したフィルタオブジェクトのプロンプトを設定するには、次のいずれかを実行します。
● [新しいプロンプト] を選択してプロンプトを作成します。
オプション
説明
プロンプトテ
キスト
このプロンプトに対するクエリプロンプトセレクタコンポーネント連結に表示されるテキストを入力します。
値の一覧を このプロンプトに対するクエリプロンプトセレクタコンポーネント連結のドロップダウンリストに値の一覧を含める場合は、
伴うプロンプ このオプションをオンにします。
ト
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
239
オプション
説明
注記
複数レベルの階層フィルタオブジェクトが使用されている場合 (
○
○
一覧から選
択
など) は、次が適用されます。
複数レベルの階層では強制的にプロンプトは値の一覧を使用するため、[値の一覧を伴うプロンプト] がオンに
なり変更できません。
このプロンプトに対するクエリプロンプトセレクタコンポーネント連結のドロップダウンリストが、展開と縮小が可
能な階層リストになります。このリストでは、名前で要素を検索できます。
このプロンプトに対する [クエリプロンプトセレクタ] コンポーネント連結に、ダッシュボードユーザが自由な値を入力でき
ないようにする場合は、このオプションをオンにします。これにより、クエリプロンプトセレクタの値一覧を介してしか選択
できなくなります。
注記
複数レベルの階層フィルタオブジェクトを使用する場合 (
など) は、複数レベルの階層では強制的にプロンプト
は値の一覧を使用するため、[一覧から選択] がオンになり変更できません。
注記
[値の一覧を伴うプロンプト] をオフにした場合は、選択対象の一覧がないため、[一覧から選択] もオフになり変更で
きません。
最後に選択
した値を保
持
最後の選択を保持するにはこれをオンにします。このオプションをオフにすると、ユーザが Ctrl キーを押しながら選
択しない限り、設計時にクエリプロンプトセレクタコンポーネントを使用すると、それぞれの新しい選択で直前の選択が
上書きされます。
注記
このオプションは、設計時のモデルにのみ影響します。実行時にエクスポートされたモデルには影響しません。
オプションプ
ロンプト
このフィルタプロンプトへの入力が不要なときはクエリを実行し続ける場合は、このオプションをオンにします。
注意
フィルタプロンプトをオプションにできる場合にのみ、結果オブジェクトプロンプトは常に必須です。
デフォルト値 このフィルタプロンプトの事前選択済みの値を作成します。詳細については、フィルタプロンプトのデフォルト値を設定す
の設定
る [241 ページ]を参照してください。
● [ユニバースプロンプトを使用する] をクリックして、ユニバース作成者が作成した事前設定済みプロンプトのテーブルから
選択します。ユニバースに事前設定済みプロンプトが設定されていない場合、このテーブルは空であることに注意してく
ださい。
オプション
説明
プロンプトのテーブルから ユニバースに、複数のプロンプトが含まれている可能性があります。テーブルには、すべてのユニバース
選択する
プロンプトと次の情報が一覧表示されます。
○ プロンプトの名前。
○
○
240
プロンプトの質問 - このプロンプトに対するクエリプロンプトセレクタコンポーネント連結に表示される
テキストです。
文字列や整数などの、プロンプトに関連付けられているデータの種類。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
オプション
説明
選択したユニバースプロ
ンプトをオプションとして
使用する
このフィルタプロンプトへの入力が不要なときはクエリを実行し続ける場合は、このオプションをオンにしま
す。
関連情報
フィルタオブジェクトのパラメータを設定する [239 ページ]
プロンプトをキャンバスに配置する [246 ページ]
6.2.2.1.3.4.4.2.1 フィルタプロンプトのデフォルト値を設定する
[プロンプトの編集] ダイアログボックスで参照 (
) をクリックして、[パラメータ値の選択] ダイアログボックスを開きま
す。
フィルタプロンプトのデフォルト値を設定して、ダッシュボードユーザが実行時に値を変更したり、新しい値を入力する必要がな
いようにすることができます。
1. オブジェクトツリーまたは一覧を閲覧しオブジェクトを選択してから、移動矢印 (
) をクリックします。
2. [OK] をクリックします。
これで、選択したオブジェクトがデフォルトのプロンプト値になりました。
6.2.2.1.3.4.4.3 フィルタオブジェクト間に AND/OR 関係を設定する
論理 AND または論理 OR の関係を設定して、フィルタオブジェクト同士を関連付けることができます。[フィルタ] パネルに複
数のフィルタオブジェクトがある場合は、オブジェクト間の論理関係が必要です。デフォルトの関係は、常に AND です。
フィルタ間の論理関係を変更するには、次のいずれかを実行します。
● AND アイコン (
● OR アイコン (
) をクリックして、関係を OR に変更します。
) をクリックして、関係を AND に変更します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
241
6.2.2.1.3.4.5 オブジェクトの並べ替え順を管理する
注記
並べ替え機能は、リレーショナルデータソースを使用している場合にのみ使用できます。OLAP データソースでは、並べ替
えは使用できません。
[クエリの追加] ダイアログボックスの [クエリの構築] ペインで、クエリの結果オブジェクトの並べ替え順を設定します。
1. オブジェクトを並べ替えるには、[結果オブジェクト] ペインで 並べ替え (
) をクリックします。
[並べ替え] ダイアログボックスが表示されます。
2. [並べ替えオブジェクトの挿入] (
) をクリックします。
[オブジェクトを選択] ダイアログボックスに、ユニバース内のオブジェクトの展開可能なツリービューが表示されます。
3. ユニバースのツリービューを閲覧して、並べ替えるオブジェクトを見つけます。[OK] をクリックします。
注記
複数のオブジェクトを一度に選択するには、 Shift + クリック または Ctrl + クリック を使用します。
注記
[オブジェクトを選択] ダイアログボックスには、ユニバースの参照に役立つ、検索ボタン、すべて展開ボタン、およびす
べて縮小ボタンがあります。
注記
並べ替えの対象となるオブジェクトを選択したときにのみ [OK] がアクティブになります。階層オブジェクト、複合オブジ
ェクトなどの一部のオブジェクトは、並べ替え対象にできません。
並べ替えるために選択したすべてのオブジェクトが、[並べ替え] ダイアログボックスに一覧表示されます。
4. 一覧で並べ替えオブジェクトを 1 つ選択し、オブジェクト行の並べ替えアイコンをクリックして、ドロップダウンボックス
(
) を表示します。
5. オブジェクトの並べ替え順序として [昇順] または [降順] を選択します。
6. 上向きまたは下向きの矢印 (
) をクリックして、一覧内で並べ替えオブジェクトの位置を変更します。
7. [OK] をクリックします。
各結果オブジェクトには、オブジェクト独自のアルファベットによる昇順または降順の並べ替え順があり、並べ替えオブジェクト
一覧での位置もあります。
242
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
注記
[並べ替え] ダイアログボックスには、[すべて削除] (
) ボタンと [選択の削除] (
) ボタンもあります。これらのボタン
で、一覧から並べ替えオブジェクトを削除できます。
6.2.2.1.3.4.6 オブジェクトを削除する
[クエリの追加/編集] ダイアログボックスの [クエリの構築] ペインでは、[結果オブジェクト] パネルまたは [フィルタ] パネルの
どちらかに、少なくとも 1 つのオブジェクトが含まれます。クエリから結果オブジェクトまたはフィルタを削除するには、次のいず
れかを実行します。
● 結果オブジェクトをペインの外にドラッグします。オブジェクトをドラッグすると、緑色のアイコン (
) が消えます。
この方法では、一度に 1 つの結果オブジェクトしか削除できません。
● 削除する結果オブジェクトを選択して、選択したオブジェクトの削除 (
) をクリックします。
注記
Ctrl + クリック を使用して、複数のオブジェクトを選択できます。
● ペインからすべての結果オブジェクトを削除するには、すべて削除 (
) をクリックします。
結果オブジェクトを削除しても、結果オブジェクトがクエリから削除されるだけです。これらのオブジェクトは、これまでどおり
[ユニバース] パネルで再選択できます。
6.2.2.1.3.5 クエリ結果をプレビューする
クエリ結果のプレビューは、クエリ作成の 4 番目の手順です。また、既存のクエリ編集時には、編集が可能な 2 番目のペイン
です。
1. クエリにプロンプトが含まれる場合は、そのプロンプトに対して値の入力を求められます。値を選択すると、[OK] ボタンが
アクティブになります。
注記
モデルにオプションのプロンプトかすべてのプロンプトに対するデフォルトの値がある場合は、[OK] ボタンはすでにア
クティブになっています。
2. クエリにプロンプトが含まれない場合か、すでにプロンプト値を入力して [OK] をクリックしている場合は、クエリに返され
たデータを確認して、次のいずれかを実行します。
○ クエリの結果オブジェクトかフィルタを変更する場合は、[戻る] をクリックして [クエリの構築] ペインに戻ります。
○ クエリの結果オブジェクトとフィルタには問題がないが、クエリの使用オプションをカスタマイズする場合は、[次へ] を
クリックします。使用オプションの詳細については、使用オプションを設定する [244 ページ]を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
243
○ クエリの結果オブジェクトとフィルタに問題がなく、クエリの作成を完了する場合は、[OK] をクリックします。
注記
これにより、デフォルトの使用オプションでクエリが作成されます。後からいつでもクエリを編集して、クエリの結果
オブジェクト、フィルタ、および使用オプションを変更できます。
関連情報
使用オプションを設定する [244 ページ]
6.2.2.1.3.6 使用オプションを設定する
使用オプションの設定は、クエリ作成の 5 番目の手順です。また、既存のクエリ編集時には、編集が可能な 3 番目のペイン
です。使用オプションの設定はオプションです。直前のペイン ([クエリ結果のプレビュー]) でクエリの作成を完了できます。
● [最新表示オプション] を選択します。
○ コンポーネントのロード前に最新表示
○ 次の間隔で最新表示...
○ トリガ時に最新表示
値の変更時
埋め込みスプレッドシートから変更値を選択します。
次の値になった時
埋め込みスプレッドシートからしきい値を選択します。
注記
上記のオプションをアクティブにするには、埋め込みスプレッドシートでトリガセルを選択する必要があります。
● [ロードステータス] を選択します。
○ [メッセージのロード中] を選択します。埋め込みスプレッドシートのセルに保存されているメッセージを、ロード中また
はアイドル中にユーザに表示できます。
○ 埋め込みスプレッドシートから [アイドルメッセージ] を選択するか、メッセージを書き込みます。次に埋め込みスプレ
ッドシートでメッセージを挿入する場所を指定します。これにより、その範囲に応答する特定のコンポーネントが、そ
のメッセージを使用できるようになります。
○ カーソルとマウスの動作を選択します。
○ [エラーメッセージウィンドウの非表示] を選択します。オプションで、エラーメッセージテキストを受信する、埋め込み
スプレッドシートのセル範囲を選択します。
● クエリの使用オプションの設定が完了したら、[ OK ] をクリックします。
クエリが作成され、[クエリブラウザ] に追加されます。
244
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
6.2.2.1.4
クエリを削除する
既存のクエリを削除します。
1. [クエリブラウザ] で削除するクエリを選択して、削除 (
) をクリックします。
2. クエリにコンポーネントが連結されている場合は、警告ダイアログボックスに影響を受けるコンポーネントの一覧が表示さ
れます。[OK] をクリックして削除を確定します。
注記
クエリへのコンポーネント連結は、クエリが削除されると機能は失われますが、キャンバスからは削除されません。
注記
コンポーネントはクエリに直接連結することも、埋め込みスプレッドシートを介して間接的に連結することもできることに
注意してください。警告ダイアログボックスでは、削除しようとしているクエリへの間接的なコンポーネント連結は、一覧
表示されないことがあります。
関連情報
クエリブラウザ [225 ページ]
6.2.2.1.5
クエリーを最新表示する
[クエリブラウザ] を使用してクエリを個別に最新表示したり、すべてのクエリを一度に最新表示したりできます。クエリを最新
表示すると、クエリと選択されているデータソースとの接続が最新表示され、使用可能な最新のデータが返されます。
● [最新表示] (
) の横にあるドロップダウン矢印をクリックして、次のいずれかを選択します。
○ 最新表示
○ 新しいプロンプト値で最新表示
○ すべて最新表示
○ 新しいプロンプト値ですべて最新表示
新しいプロンプト値を使用するように選択した場合は、[プロンプトに答える] ダイアログボックスが開きます。プロンプトの
選択が必要な、最新表示中のクエリが左側のパネルに一覧表示され、考えられる選択肢の範囲が右側のパネルに表示
されます。すべてのプロンプトに答えると、[実行] ボタンがアクティブになります。
関連情報
クエリブラウザ [225 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
245
6.2.2.1.6
プロンプトをキャンバスに配置する
クエリを作成済みで、そのクエリに 1 つ以上のプロンプトが含まれます。そのプロンプトをクエリプロンプトセレクタコンポーネン
トにバインドして、結果オブジェクトやフィルタの選択を実行時に変更できるようにします。
1. クエリの展開矢印 (
) をクリックします。
2. [プロンプト] の展開矢印 (
) をクリックします。
3. プロンプトの名前をクリックしてから、そのプロンプトをキャンバスにドラッグします。
カーソルがプロンプトアイコン (
) になり、プロンプトに連結済みのクエリプロンプトセレクタコンポーネントが作成されま
す。
6.2.2.1.7
クエリ結果オブジェクトをスプレッドシートに挿入する
クエリ結果を埋め込みスプレッドシートに挿入し、そのクエリから返されるデータを他のコンポーネントで使用または表示できる
ようにします。
ヒント
[クエリブラウザ] を開くには、メインメニューから
1. クエリの展開矢印 (
表示
クエリブラウザ
をクリックします。
) をクリックします。
2. [結果オブジェクト] の展開ボタン (
) をクリックします。
3. スプレッドシートに挿入する結果オブジェクトを選択します。
4. [スプレッドシートに挿入] の展開ボタン (
5. 範囲の選択 (
) をクリックします。
) をクリックして、マウスカーソルを使用して埋め込みスプレッドシートのセル範囲を選択します。
6. [OK] をクリックします。
6.2.2.1.8
プロンプトをスプレッドシートに接続する
プロンプトによって入力された値をスプレッドシートに挿入します。この機能は、プロンプトへのクエリプロンプトセレクタコンポ
ーネント連結と併せて使用するのに適しています。これにより、実行時に入力が可能なクエリプロンプトセレクタのデータを、他
のコンポーネントで使用できるようになります。
1. [クエリブラウザ] で、接続するプロンプトを含むクエリの展開矢印 (
2. [プロンプト] の展開矢印 (
246
) をクリックします。
) をクリックします。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
3. スプレッドシートに接続するプロンプトオブジェクトを選択します。
4. [スプレッドシートに接続します] の展開矢印 (
5. [選択した値] (
) をクリックします。
) をクリックして、次のいずれかを実行します。
○ 入力ボックスにセル範囲を直接入力します。
○ マウスカーソルを使用して範囲を選択します。
[範囲の選択] ダイアログボックスが開きます。
6. [OK] をクリックします。
7. [値の一覧の挿入] (
) をクリックして、次のいずれかを実行します。
○ 入力ボックスにセル範囲を直接入力します。
○ マウスカーソルを使用して範囲を選択します。
8. [OK] をクリックします。
関連情報
プロンプトをキャンバスに配置する [246 ページ]
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
データソースの操作
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
247
7
SAP データソースとの統合
SAP BusinessObjects Dashboards では、モデルを外部の SAP データソースに接続できます。 これらのデータソースには、
以下が含まれます。
● SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
SAP BusinessObjects Dashboards では、Live Office 接続を使用して、マネージド SAP BusinessObjects
Enterprise データベースからデータを使用できます。 また、Dashboards オブジェクトは、適切な権限を持つユーザが表
示可能な SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームに保存することもできます。 Life Office データ
接続の詳細については、LiveOffice データ接続の使用 [249 ページ]を参照してください。
● SAP BW
1 つ以上の SAP BW 接続をモデルに追加して設定し、コンポーネントにリンクして、SW オブジェクト (TLOGO オブジェク
ト) として SAP BW システムでモデルを公開することができます。
注記
モデル内で BEx クエリをデータソースとして使用する場合、SAP BW 接続は、BE x クエリピボット結果設定のスナップ
ショットを返し、1 つのリクエストにある特性と変数のキーと値ヘルプを返します。 データソースとしての BE x クエリの
使用方法に関する詳細は、クエリを追加または編集する [227 ページ]を参照してください。
7.1
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
との統合
SAP BusinessObjects Dashboards では、SAP BusinessObjects Live Office 接続を使用してマネージド BI プラットフォー
ムデータから、対話型表示を作成できます。また、Dashboards オブジェクトを BI プラットフォームまたは Crystal Reports
Server に保存して管理し、適切な権限を持つすべてのユーザがそれらのオブジェクトを参照できるようにすることもできます。
制限
Dashboards は、マネージド Crystal レポートのみをサポートしています。アンマネージドファイルがある場合、それらをマ
ネージド環境に移動させ、Dashboards で Live Office を最新表示させる必要があります。マネージド環境への移動に関
する詳細については、help.sap.com にある
SAP BusinessObjects
All Products
で入手可能な SAP Crystal
Reports 2011 ユーザガイドの「プロンプトのベストプラクティス」を参照してください。
Dashboards の Live Office 接続と、BI プラットフォーム または Crystal Reports Server の Live Office Web サービスを使
用すると、マネージド BI プラットフォームデータに対してモデルを作成して最新表示できます。
注記
Dashboards から BI プラットフォームに接続する場合、シングルサインオンはサポートされません。
248
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
7.1.1 LiveOffice データ接続の使用
Live Office データ接続により、マネージド Crystal Reports または BI プラットフォームのデータから作成された Excel スプレ
ッドシートを使用して、モデルを作成できます。また、BI ラウンチパッド内からモデルのデータを最新表示したり、Crystal
Reports Server または BI プラットフォームとの接続を使用し、BI ラウンチパッドの外部からモデルのデータを最新表示したり
することができます。
Live Office データ接続をモデルに追加する前に、Live Office 対応のスプレッドシートが必要です。Live Office 対応のスプレ
ッドシートには、マネージド Crystal Reports ドキュメントまたはマネージド BI プラットフォームドキュメントのどちらかから作成
された、実際にはビューであるデータが含まれます。Dashboards の外部にある Microsoft Excel で Live Office 対応のスプ
レッドシートを作成してから、それをモデルにインポートして Live Office データ接続に追加できます。
Dashboards 内の Live Office で作業する場合、Live Office を Dashboards にインストールして、Live Office 互換モードを
有効にする必要があります。Live Office 互換モードの有効化の詳細については、埋め込みスプレッドシートの基本設定を設
定する [184 ページ]を参照してください。
7.1.1.1
Dashboards で Live Office 対応のスプレッドシートを作成す
る
Live Office 対応のスプレッドシートを作成するには、データが保存されているリポジトリに接続して、データの Live Office オ
ブジェクトを埋め込みスプレッドシートに挿入します。Dashboards にデータを挿入できるようにするには、Crystal レポート、
Web Intelligence ドキュメント、またはユニバースクエリがリポジトリで使用可能でスケジュール済みである必要があります。
これらのドキュメントのリポジトリへの作成および保存の詳細については、製品ドキュメントを参照してください。
Live Office 対応のスプレッドシートを Dashboards で作成して操作するには、Dashboards で Live Office 互換モードを有効
にする必要があります。Live Office 互換モードを有効にする場合の詳細については、埋め込みスプレッドシートの基本設定
を設定する [184 ページ]を参照してください。
1. 埋め込みスプレッドシートのツールバーで、[Live Office] をクリックしてから、挿入するデータのタイプ ([Crystal
Reports]、[Web Intelligence]、または [ユニバースクエリ]) をクリックします。
2. [SAP BusinessObjects Business Intelligence platform にログオン] ダイアログボックスが表示された場合は、ログオ
ン認証情報を入力して [OK] をクリックします。
3. [Live Office 挿入ウィザード] の手順に従って、リポジトリのデータを選択して設定します。
[Live Office 挿入ウィザード] の使い方の詳細については、help.sap.com にある
Products
SAP BusinessObjects
All
で入手できる SAP BusinessObjects Live Office ユーザガイドを参照してください。
4. データの選択と設定が終了したら、[完了] をクリックします。
レポートデータが、Live Office オブジェクトとして埋め込みスプレッドシートに挿入されます。
これで、挿入されたデータをコンポーネントにリンクして、モデルで表示させることができます。リポジトリのソースデータに対し
て、データを最新表示できるようにするには、Live Office データ接続もモデルに追加する必要があります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
249
7.1.1.2
Live Office データ接続を追加および設定する
Live Office データ接続をモデルに追加するには、マシンに SAP BusinessObjects Live Office がインストールされている必
要があり、Dashboards で Live Office 対応のスプレッドシートを開く必要があります。
モデルでマネージド Crystal Reports または Web Intelligence ドキュメントからのデータを使用し、ソースデータの最新表示
を可能にする場合に、Live Office データ接続を使用します。
注記
Live Office データ接続オプションは、Live Office 対応のスプレッドシートを開くまでは利用できません。
1.
データ
接続 をクリックします。
2. [データマネージャ] ダイアログボックスで [追加] をクリックし、[Live Office 接続] を選択します。
3. [定義]タブで、次のオプションを設定します。
オプション
説明
名前
Live Office 接続名を表示します。
セッション
URL
デフォルトの URL が Web サーバに接続されているか検証します。
BI プラットフォームまたは Crystal Reports Server にデフォルトの Web サービスがインストールされている場合、こ
のデフォルトの URL の Web サーバをセントラル管理コンソール (CMC) の名前で置換します。
範囲
このオプションは、返されるデータの行数を制御します。この接続が返す可能性のある全行数を含むように、この範囲
を設定します。
注記
列数には影響を及ぼしません。
4. [用法]タブをクリックし、最新表示およびメッセージ オプションを設定します。詳細については、最新表示オプションを設定
する [220 ページ]およびロードメッセージとアイドルメッセージを作成する [222 ページ]を参照してください。
モデルが Live Office データソースに接続されると、実行時に、最新表示オプション設定の定義に従ってデータが最新表示さ
れます。
関連情報
Live Office へのパラメータの転送 [250 ページ]
7.1.1.3
Live Office へのパラメータの転送
モデルに Live Office データ接続が含まれる場合、プロンプトまたはパラメータ値として、データ値を Live Office に戻すように
モデルを設定することができます。たとえば、セレクタコンポーネントをモデルに追加して、ユーザが実行時にプロンプトの値を
選択するようにできます。その場合選択された値は、取得データのパラメータ値またはプロンプトとして、データソースに送り返
すことができます。
250
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
注記
Dashboards の中から Live Office オブジェクトを挿入して設定するには、Live Office 互換モードを有効にする必要があり
ます。別の方法として、Microsoft Excel に Live Office オブジェクトを挿入して設定してから、Live Office 対応のスプレッ
ドシートを Dashboards にインポートすれば、Live Office 互換モードを有効にする必要はありません。
パラメータを Live Office に転送するようにモデルを設定するための全体手順を、次に示します。
1. Live Office 対応のスプレッドシートを Dashboards に追加して、Live Office 互換モードを有効にします。
注記
挿入される Live Office オブジェクトは、プロンプトまたはパラメータを受け入れて適用するように、ソースの保存場所
で設定されたレポートまたはドキュメントに基づいている必要があります。
2. Live Office データ接続を追加します。
3. この Live Office オブジェクトのデータに基づいたモデルを作成し、セレクタコンポーネントを追加して、ユーザがプロンプ
トの値を選択できるようにします。
4. Live Office のプロパティで、Live Office オブジェクトのプロンプトまたはパラメータを、埋め込みスプレッドシートのセルに
リンクします。
5. Live Office 接続の最新表示オプションを設定して、トリガセルが変更されたときに Live Office オブジェクトのデータが更
新されるようにします。
関連情報
Dashboards で Live Office 対応のスプレッドシートを作成する [249 ページ]
LiveOffice データ接続の使用 [249 ページ]
7.1.1.3.1
Live Office にパラメータを渡す
Live Office にパラメータを渡すには、モデルに Live Office 接続が含まれている必要があります。
SWF ファイルで単一値コンポーネント を調整すると、BI プラットフォームシステムにログオンするように求められます。正常に
ログオンすると、データが最新表示されて新しい値は SWF ファイルにも反映されます。
1. キャンバスに、ダイヤルやスライダなどの単一値コンポーネント を配置します。
2. 単一値 プロパティブラウザの [一般] ビューで、[データ] フィールドの横にあるセルセレクタ ボタンをクリックします。
3. 結合されたパラメータが含まれるセルをクリックし、[OK]をクリックします。
4. Live Office 接続を追加および設定します。詳細については、Live Office データ接続を追加および設定する [250 ペー
ジ]を参照してください。
5. [用法]タブで、[トリガセル]フィールドの横にあるセルセレクタボタンをクリックします。
6. 結合されたパラメータが含まれるセルをクリックし、[OK]をクリックします。
7. [変更時にのみトリガ]がオンになっていることを確認します。
この方法でトリガの動作を設定すると、SWF はそのセル(ここではパラメータ値)が変更されるたびに最新表示されます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
251
8. [プレビュー]ボタンをクリックして、SWF ファイルを生成します。
7.1.1.4
システム移行後の Live Office 接続設定の更新
コンテンツを BI プラットフォームシステム間で移行すると、SAP BusinessObjects Dashboards は SAP BusinessObjects
Business Intelligence プラットフォーム Web サービスアプリケーションの [アクセス URL] プロパティを使用して、Live Office
Web サービスの場所に対して行われた変更を処理します。システム管理者に連絡し、セントラル管理コンソールでアクセス
URL が正しく設定されていることを確認してください。
7.1.2 モデルでの Flash オブジェクトおよび Dashboards オブジェクトの
埋め込み
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム に格納されているモデルは、同じく BI プラットフォームに格
納されている Flash オブジェクトおよび Dashboards オブジェクトを埋め込むように設定できます。そのためには、ファイルの
呼び出しに使用する URL に DocumentDownload 関数を追加する必要があります。DocumentDownload 関数は、BI プ
ラットフォームに追加された Flash オブジェクトおよび Dashboards オブジェクトを開く標準の方法を提供します。
DocumentDownload は、2 次 Flash ファイルを Dashboards のスライドショーコンポーネントなどの中で開きます。これは、
BI プラットフォームの中に "ネスト" したモデルまたは "親子" モデルを作成するときに役立ちます。
注記
2 次 Flash ファイルの呼び出し時に、親の Dashboards モデルファイルからログオン情報は渡されません。
DocumentDownload からログオン情報を送信するには、CELogonToken を URL に追加します。
ヒント
ドキュメント ID を取得するには、BI ラウンチパッドのドキュメントに移動し、マウスをドキュメント名のハイパーリンク上に移
動させて、ブラウザのステータスバーで ID 番号を探します。ドキュメント ID は、セントラル管理コンソールから取得すること
もできます。URL 構文の例を参照するには、ドキュメントを右クリックして [ドキュメントリンク] を選択します。
SAP BusinessObjects Enterprise XIR2 における DocumentDownload の URL 構文
http://<server>:<port>/businessobjects/enterprise115/desktoplaunch/opendoc/
documentDownload?<parameter1>&<parameter2>&...&<parameterN>&CELogonToken=<token>
変数は、下の表の説明に従って置換します。
252
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
表 54:
変数
置換先
<server>:<port>
ドキュメントが格納された BI プラットフォームリポジトリが置かれてい
るマシンの名前およびポートです。
<document ID>
iDocID パラメータを使用する場合、<document ID> をドキュメント
のドキュメント ID 番号で置換します。
<path>
sPath パラメータを使用する場合、<path> をリポジトリにおけるドキ
ュメントへのパスで置換します。各サブフォルダ名は括弧で囲み、カン
マで分割します。
注記
すべてのスペースをプラス符号で置換します。
<document name>
sDocName パラメータを使用する場合、<document name> をリポ
ジトリにおけるドキュメントの名前で置換します。
注記
すべてのスペースをプラス符号で置換します。
注記
パスには [Public+Folders] を追加せず、Public Folders における最初のサブフォルダの名前から開始します。
Public Folders
folder 1
folder 1.1
folder 1.1.1
ドキュメントがフォルダ 1.1.1 に格納されている場合、sPath を [folder+1],[folder+1.1],[folder+1.1.1] に設
定します。
例
SAP BusinessObjects Enterprise XIR2 の DocumentDownload URL
http://cdi5boe:8080/ businessobjects/enterprise115/desktoplaunch/opendoc/
documentDownload?iDo cID=10348&CELogonToken=SERVER%408757Jxnge3URUJ8L4
下の表は、サンプル URL で使用される各パラメータを示したものです。
表 55:
プロトコル
http://
(https:// も可)
サーバ名
cdi5boe:
ポート:
8080/
関数
businessobjects/enterprise115/desktoplaunch/opendoc/documentDownload?
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
253
Document ID*:
iDocID=10348&
注記
iDocID は、SWF ファイルの ID または CUID です。
LogonCredential
s*:
CELogonToken=SERVER%408757JxmheURUJ8L4
注記
アスタリスク (*) が付いたパラメータは、documentDownload 関数では必須です。
SAP BusinessObjects Enterprise XI3x および SAP BusinessObjects Business
Intelligence platform 4.0 における DocumentDownload の URL 構文
注記
URL に FlashVar 範囲を追加することで、追加のパラメータを SWF ファイルに渡すことができます。たとえば、
Range1=yyy&Range2=zzz& のようにします。
親モデルから子 SWF に CELogonToken を渡すには、Flash 変数接続を 1 次モデルに追加する必要があります。データ マ
ネージャを開き、[追加]をクリックして、[Flash 変数]を選択します。CELogonToken に必要な接続の他に、追加したパラメー
タごとに Flash 変数接続が必要です。追加パラメータは、Flash Player によって FlashVars に変換されます。Flash 変数の
設定に関する詳細については、Flash 変数接続を設定する [204 ページ] を参照してください。
URL をモデルにおけるスライドショー コンポーネントの URL フィールドに直接入力することも、ユーザに URL の動的な変更
を許可し、埋め込みスプレッドシートのセルから URL を取得するようスライドショー コンポーネントを設定することもできます。
その場合、ユーザが選択を行う際にそのセルに異なる URL を入力するため、Excel CONCATENATE 関数を使用してセレク
タ コンポーネントを設定します。
XI3x の URL 構文は次のとおりです。
http://<server>:<port>/Xcelsius/opendoc/documentDownload?iDocID=<document
ID>&CELogonToken=<token>
XI4x の URL 構文は次のとおりです。
http://<server>:<port>/BOE/Xcelsius/opendoc/documentDownload?iDocID=<document
ID>&CELogonToken=<token>
変数は、下の表の説明に従って置換します。
254
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
表 56:
変数
置換先
<server:port>
ドキュメントが格納された BI プラットフォームリポジトリが置かれてい
るマシンの名前です。
<document ID>
iDocID パラメータを使用する場合、<document ID> をドキュメン
トのドキュメント ID 番号で置換します。
注記
iDocID の代わりに sDocName(ドキュメント名)パラメータを使
用することができます。
<path>
sPath パラメータを使用する場合、<path> をリポジトリにおけるド
キュメントへのパスで置換します。各サブフォルダ名は括弧で囲み、
カンマで分割します。
注記
すべてのスペースをプラス符号で置換します。
<document name>
sDocName パラメータを使用する場合、<document name> をリ
ポジトリにおけるドキュメントの名前で置換します。
注記
すべてのスペースをプラス符号で置換します。
<token>
Live Office BI プラットフォームから CELogonToken として自動的
に送信されるログオン情報です。
注記
ログオン情報を使用するには、CELogonToken という Flash 変
数接続を子のモデルに追加し、それをスプレッドシートの空のセ
ルにリンクします。その後で、<token> をテーブルセルへの参
照で置換します。SWF ファイルを BI ラウンチパッドにエクスポー
トするときに、このログオントークンが DocumentDownload
URL に追加されます。
注記
パスには [Public+Folders] を追加せず、Public Folders における最初のサブフォルダの名前から開始します。
Public Folders
folder 1
folder 1.1
folder 1.1.1
ドキュメントがフォルダ 1.1.1 に格納されている場合、sPath を [folder+1],[folder+1.1],[folder+1.1.1] に設
定します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
255
7.1.3 モデルでの BI プラットフォームドキュメントの埋め込み
モデルは、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームに格納されているレポートまたはほかのドキュメン
トを埋め込むように設定できます。そのためには、ドキュメントの呼び出しに使用する URL に OpenDocument API (アプリケ
ーションプログラミングインタフェース) を追加する必要があります。
OpenDocument API は、BI プラットフォームに追加されたドキュメントおよびレポートを簡単な URL を使用して開く標準の方
法を提供します。OpenDocument を使用することにより、レポートだけでなく、レポートパラメータを指定して、レポートによっ
て希望するデータのみが返されるようにすることができます。
モデルの URL ボタンコンポーネントの URL フィールドに、直接 URL を入力できます。ユーザが URL を動的に変更できるよう
にするには、埋め込みスプレッドシートのセルから URL を取得するように URL ボタンコンポーネントを設定してから、ユーザ
の選択時にそのセルに別の URL を入力するように、セレクタコンポーネントを設定します。
ヒント
また、OpenDocument は、BI プラットフォームに存在しない 1 次モデルが BI プラットフォームに 2 次ファイルを持つ場合
にも使用できます。ドキュメントの起動の前に、BI プラットフォームの認証情報の入力が要求されます。
OpenDocument URL の作成の詳細については、SAP ヘルプポータル (http://help.sap.com/bobip40/) にある
OpenDocument によるドキュメントの表示ガイドを参照してください。
SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム 4.0 における
OpenDocument の URL 構文
URL 構文は次のとおりです。
http://<server>:<port>/BOE/OpenDocument/opendoc/openDocument.jsp?
sIDType=CUID&iDocID=<document ID>&<parameter1>&<parameter2>&...&<parameterN>
変数は、下の表の説明に従って置換します。
表 57:
変数
置換先
<server>:<port>
ドキュメントが格納された BI プラットフォームリポジトリが置かれてい
るマシンの名前です。
256
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
変数
置換先
<document ID>
iDocID パラメータを使用する場合、<document ID> をドキュメント
のドキュメント CUID 番号で置換します。
注記
BI ラウンチパッドで、ドキュメントプロパティを表示する際に、ドキ
ュメント CUID も確認することができます。
CUID は一意なので、CUID を使用する場合 sDocumentName
や sPath を使用する必要はありません。
あるシステムから別のシステムにドキュメントを移行する際に、
CUID は同じままであり、これが CUID を使用するもっとも大きな
理由です。
<parameters>
パラメータの詳細については、SAP ヘルプポータル (http://
help.sap.com/bobip40/) にある OpenDocument によるドキュメ
ントの表示ガイドを参照してください。
例
iDocID を使用して、ドキュメント CUID ごとに Crystal レポートを開く
CUID が Aa6GrrM79cRAmaOSMGoadKI である Crystal レポートの場合、URL 構文は次のようになります。
http://mywebserver:8080/BOE/OpenDocument/opendoc/openDocument.jsp?
iDocID=Aa6GrrM79cRAmaOSMGoadKI&sIDType=CUID
7.1.4 BI プラットフォームにモデルを保存
モデルが SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームリポジトリに保存されている場合、設計時モデルと
実行時モデルの両方を 1 つのオブジェクトに統合した Dashboards オブジェクトとして保存されています。これらのオブジェク
トを BI プラットフォームまたは SAP Crystal Reports Server に保存して管理できます。
注記
ソフトウェアの初期のバージョンでは、Xcelsius オブジェクト (設計時モデル) と Flash オブジェクト (実行時モデル) は別々
に保存されていました。以前のバージョンのソフトウェアで作成したオブジェクトは、以前に引き続いてリポジトリで使用で
き、それを Dashboards で開くことができます。ただし、新機能を使用するには、これらのモデルを Dashboards オブジェ
クトとして保存する必要があります。Xcelsius オブジェクトを Dashboards オブジェクトに置き換えると、その Xcelsius オブ
ジェクトと対応する Flash オブジェクトの両方を置き換えることができます。それにより、Dashboards オブジェクトでは元の
Flash オブジェクトの ID 番号が使用されます。
オブジェクトが BI プラットフォームリポジトリに追加されると、適切な権限を持つすべてのユーザがファイルにアクセスできま
す。BI プラットフォームに保存されたオブジェクトは、BI ラウンチパッドおよびセントラル管理コンソール (CMC) を通じて管理
できます。
BI ラウンチパッドでは次の操作が可能です。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
257
● Dashboards オブジェクトのリストを表示する
● 特定のオブジェクトを検索する
● オブジェクトを異なるフォルダに移動したりコピーする
注記
ライフサイクルマネジメントコンソールを使用して、すべての BI プラットフォームオブジェクトが、すべての依存関係を維持し
た状態で移行されていることを確認してください。BI プラットフォームシステムの移行に関する詳細は、SAP
BusinessObjects Business Intelligence ライフサイクルマネジメントコンソールユーザガイドを参照してください。
CMC の管理権限がある場合、CMC 内の Dashboards オブジェクトに対する編集権限と表示権限を修正できます。
注記
BI プラットフォームでは、設計時モデルを変更することはできません。BI プラットフォームに追加された Dashboards オブ
ジェクトを変更するには、そのオブジェクトを Dashboards で開く必要があります。詳細については、BI プラットフォームフォ
ルダからモデルを開く [260 ページ]を参照してください。
Crystal Reports では、Dashboards オブジェクトを Crystal レポートに埋め込んで、オブジェクトでそのレポートからデータを
使用するようにできます。Dashboards オブジェクトをセットアップして Crystal レポートからソースデータを使用するには、
[Crystal Reports データコンシューマ] 接続をモデルに追加します。
[Crystal Reports データコンシューマ] 接続を Dashboards オブジェクトとして含むモデルを保存する場合、そのオブジェクト
を Crystal Reports ソースデータファイルに埋め込むことができます。Crystal Reports の操作に関する詳細については、
SAP Help Portal (help.sap.com) の
SAP BusinessObjects
All Products
で入手できる SAP Crystal Reports 2011
ユーザーズガイドを参照してください。
関連情報
Crystal レポートデータコンシューマ接続を設定する [209 ページ]
7.1.4.1
BI プラットフォームフォルダにモデルを保存する
新規のモデルを作成し、そのモデルをプラットフォームに保存する際に、デザインファイル (XLF) とランタイムファイル (SWF)
の両方が含まれる Dashboards オブジェクトとして保存されます。ただし、プラットフォームから既存の Dashboards オブジェ
クト (XLF ファイル) を開く場合、保存時にそのオブジェクトを新規の Dashboards オブジェクトの書式に保存し、既存のランタ
イムファイル (SWF) を保持するか、そのオブジェクトを新規の書式に保存し、既存のランタイムファイル (SWF) を削除するか
を選択できます。既存のランタイムファイルが Dashboards オブジェクトに加えられた変更を反映するように更新されていない
ため (現在は、Dashboards オブジェクト)、SWF ファイルを削除すると、どちらのファイルが正しいか (新規の Dashboards
オブジェクトまたは SWF ファイル) について混乱を避けることができます。
1. モデルの作成または変更を行った後で、[ファイル] をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。
258
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
オプション
プラットフォームに保存
説明
モバイ
ルのみ
新規モデルを作成した場合、または既存の Dashboards モデルを開いて変更した場合は、こ
のオプションを使用します。モバイルデバイスでサポートされない機能は除外されます。
注記
サポートされない機能の詳細については、[モバイル互換] パネルの使用 [282 ページ]を
参照してください。
プラットフォームに保存
デスク
新規モデルを作成した場合、または既存の Dashboards モデルを開いて変更した場合は、こ
のオプションを使用します。
デスク
新規モデルを作成した場合、または既存の Dashboards モデルを開いて変更した場合は、こ
のオプションを使用します。モバイルファイル内で、モバイルデバイスでサポートされない機能
は除外されます。
トップのみ
プラットフォームに保存
トップおよびモバイル
注記
サポートされない機能の詳細については、[モバイル互換] パネルの使用 [282 ページ]を
参照してください。
名前を付けてプラットフォームに
保存
モバイル専用 Dashboards
オブジェクト
このオプションは、既存の Dashboards モデルを開いて変更しているか、Xcelsius オブジェク
トを開いていてそのオブジェクトを新しい Dashboards オブジェクトとして保存するけれども、既
存のオブジェクトを上書きしない場合に使用します。モバイルデバイスでサポートされない機能
は除外されます。
注記
サポートされない機能の詳細については、[モバイル互換] パネルの使用 [282 ページ]を
参照してください。
名前を付けてプラットフォームに
保存
デスクトップ専用
Dashboards オブジェクト
名前を付けてプラットフォームに
保存
デスクトップおよびモバイル
用 Dashboards オブジェクト
このオプションは、既存の Dashboards モデルを開いて変更しているか、Xcelsius オブジェク
トを開いていてそのオブジェクトを新しい Dashboards オブジェクトとして保存するけれども、既
存のオブジェクトを上書きしない場合に使用します。
このオプションは、既存の Dashboards モデルを開いて変更しているか、Xcelsius オブジェク
トを開いていてそのオブジェクトを新しい Dashboards オブジェクトとして保存するけれども、既
存のオブジェクトを上書きしない場合に使用します。モバイルファイル内で、モバイルデバイス
でサポートされない機能は除外されます。
注記
サポートされない機能の詳細については、[モバイル互換] パネルの使用 [282 ページ]を
参照してください。
名前を付けてプラットフォームに
保存
Flash オブジェクトを
Dashboards オブジェクトに置換
このオプションは、既存の Xcelsius オブジェクトを開いていて、そのオブジェクトを
Dashboards オブジェクトとして保存する場合に使用します。この操作は、Xcelsius オブジェク
トを置き換えます。
2. [SAP BusinessObjects Business Intelligence platform へのログオン] ダイアログボックスに、以下の情報を入力しま
す。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
259
オプション
説明
システム
ファイルを保存するセントラル管理コンソール (CMC) の名前を入力します。
CMC は、BI プラットフォームシステムに保存されるオブジェクトの情報を格納します。CMC の詳細については、SAP ヘ
ルプポータル (help.sap.com) にある BI プラットフォームのドキュメントを参照してください。
ユーザー名 ログオン名を入力します。
パスワード
パスワードを入力します。
認証
適切な認証タイプをクリックします。
3. [OK] をクリックします。
4. 既存のファイルを置換していない場合は、Dashboards オブジェクトを保存するフォルダを選択し、ファイル名を入力し
て、[保存] をクリックします。
7.1.4.2
BI プラットフォームフォルダからモデルを開く
モデルは、Xcelsius オブジェクトまたは Dashboards オブジェクトのいずれかとしてプラットフォームで保存される場合があり
ます。プラットフォームからモデルを開く際に、どちらのオブジェクトタイプを開くかを選択できます。
1. 次のいずれかを実行します。
○ Xcelsius オブジェクトを開くには、
ファイル
プラットフォームから開く
Xcelsius オブジェクト
の順にクリックし
ます。
○ Dashboards オブジェクトを開くには、
ファイル
プラットフォームから開く
Dashboards オブジェクト
の順に
クリックします。
2. [SAP BusinessObjects Business Intelligence platform へのログオン] ダイアログボックスに、以下の情報を入力しま
す。
オプション
説明
システム
Dashboards オブジェクトを保存するセントラル管理コンソール (CMC) の名前を入力します。
CMC は、リポジトリに保存されるオブジェクトの情報を格納します。CMC の詳細については、SAP ヘルプポータル
(http://help.sap.com) にある BI プラットフォームのドキュメントを参照してください。
ユーザー名 ログオン名を入力します。
パスワード
パスワードを入力します。
認証
適切な認証タイプをクリックします。
注記
自分のログオン情報が不明な場合は、システム管理者にお問い合わせください。
3. [OK]をクリックします。
4. [開く] ダイアログボックスで、開くオブジェクトを含むフォルダを選択します。[開く] をクリックします。
選択したオブジェクトが Dashboards で開きます。
260
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
7.1.5 BI プラットフォームでのモデルの翻訳とグローバル化
モデルを複数の言語や書式で使用できるようにする場合、BI プラットフォームを介して使用可能なグローバル化機能を使用
できます。モデルを BI プラットフォームリポジトリに保存する場合、Dashboards では、地域の書式設定とテキストの翻訳とい
う 2 つのグローバル化機能を使用できます。
地域の書式設定は、日付、時刻、数値、通貨値の書式設定に関する機能です。たとえば、異なる地域では異なる通貨単位や
桁区切りを使用することがあります。テキストの翻訳は、モデルで表示されるテキストの異なる言語への変換に関する機能で
す。
モデルを翻訳したりグローバル化するには、次の全体手順を実行します。
● Dashboards で以下を行います。
1. グローバル書式の基本設定を設定します。標準の通貨記号形式を設定する [262 ページ]を参照してください。
2. モデルを作成し、地域の書式を使用することになるコンポーネント要素それぞれについて、テキストの書式を設定し
ます。テキスト要素を書式設定する [45 ページ]を参照してください。
3. モデルに翻訳の基本設定を設定して、翻訳が必要なスプレッドシートの範囲すべてを指定します。モデルの翻訳の
セットアップ [263 ページ]を参照してください。
4. モデルを BI プラットフォームリポジトリに保存します。BI プラットフォームフォルダにモデルを保存する [258 ページ]
を参照してください。
● トランスレーションマネジメントツール:
注記
トランスレーションマネジメントツールの使用の詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
BusinessObjects
All Products
SAP
で入手できるトランスレーションマネジメントツールのドキュメントを参照してくださ
い。
1. セントラル管理コンソール (CMC) からファイルをインポートします。
2. [言語管理] ビューを開いて、言語を [選択した言語] リストに追加します。
3. 翻訳エディタか [テキストエディタ] ビューを開いて、テキストを翻訳します。
4. 翻訳エディタを使用して、数値および日時の書式オプションを設定します。
5. ファイルを保存します。
7.1.5.1
地域の書式設定に関するモデルのセットアップ
モデルを BI プラットフォームのリポジトリに保存すると、デフォルトの書式オプションを使用する要素は、自動的に地域のデー
タ書式を使用します。地域のデータ書式はユーザが指定した優先表示ロケールに関連するものです。ただし、ある要素の書
式が特定の値を使用するように設定されている場合、その設定が地域の書式設定の一部として変更されることはありませ
ん。
次の Excel で書式設定された値は、ユーザの優先表示ロケールに基づいて地域の書式設定に適合するよう変更される可能
性があります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
261
注記
通貨の値については、地域の書式は通貨記号形式に影響を与えません。地域の書式設定は通貨の変換レートには適用
されないため、設計時に指定した通貨値が維持されます。数値の書式だけが地域の基本設定を反映して変更されます。た
とえば、数字の前後どちらに記号をつけるかや、桁区切りを使用するかなどです。
要素
例
長い月
January、February、March
短い月
Jan、Feb、Mar
長い日
Sunday、Monday、Tuesday
短い日
Sun、Mon、Tue
日付の区切り文字
“/”(01/01/1900 など)
時刻の区切り文字
“:”(12:00:00 など)
小数区切り文字
“.”1.5 と同様
桁区切りを使用する
“,” (1,000,000 など)
モデルでコンポーネントのプロパティを設定するときに、各要素のテキストの書式を設定できます。地域の書式設定を適用で
きるようにするには、テキストの書式オプションをデフォルトの値に設定します。テキストの書式をシステムの優先言語に正しく
設定するには、グローバルなテキストの書式をモデルに設定します。
7.1.5.1.1
標準の通貨記号形式を設定する
コンポーネントをモデルに追加するときに通貨に使用する特定の書式を設定するのに、標準の通貨記号形式を設定できま
す。コンポーネントのプロパティを設定するときに、選択したコンポーネントに対してこれらの設定を変更することも、そのコン
ポーネントに地域設定を使用することもできます。
注記
地域設定は、通貨記号には影響を与えません。地域の書式設定は通貨の変換レートには適用されないため、設計時に指
定した通貨値が維持されます。
1.
ファイル
基本設定
をクリックします。
2. [基本設定] ダイアログボックスで、[言語] をクリックします。
3. [通貨] タブでは、以下のオプションを設定します。
オプション
説明
負の値
負の通貨値に使用する書式を指定します。
小数点以下の桁数
通貨値を表示する小数点以下の桁数を選択します。
前置記号
選択した場合は、金額の前に表示する記号を入力します。
後置記号
選択した場合は、金額の後に表示する記号を入力します。
4. [OK] をクリックします。
262
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
7.1.5.2
モデルの翻訳のセットアップ
タイトル、サブタイトル、系列名、カテゴリ名、ラベルなど、コンポーネントプロパティに入力されるテキストのほとんどは、翻訳
できます。埋め込みスプレッドシートの文字列を翻訳するには、セルのグループを作成し、それを翻訳設定に含める必要があ
ります。
注記
外部のデータ接続を介してスプレッドシートに追加されたデータは、翻訳されません。翻訳されるようにするには、モデルを
リポジトリに保存するときに、そのデータがモデルに含まれている必要があります。
注記
式に含まれるテキスト文字列は、翻訳されません。
ヒント
テキストが翻訳される際に文字列長が変化すると、モデルのレイアウトとデザインに影響する可能性があります。たとえ
ば、英語で作成されたモデルに Sales という 5 文字のラベルがあるとします。これをドイツ語に翻訳する場合、ラベルは 8
文字の Verkaufe になります。語句の長さの変化がモデルのレイアウトに与える影響を小さくするには、各文字列の文字
数を制限するように、翻訳設定を設定します。
7.1.5.2.1
1.
ファイル
SAP
翻訳設定
を選択して翻訳設定にアクセスします。
翻訳設定を設定する
翻訳設定
をクリックします。
2. [翻訳設定] ダイアログボックスで、[コンポーネントテキストプロパティの翻訳を有効にする] を選択します。
3. スプレッドシートで翻訳される範囲を指定するには、次の手順を実行します。
a. [グループ] リストの下の追加ボタン (
) をクリックします。
b. [名前] ボックスに、選択の名前を入力します。
c. [ソーステキスト] ボックスで、翻訳するセルの範囲を入力するか、セルセレクタ (
) をクリックして、埋め込みスプレ
ッドシート内の複数のセルを選択します。
4. [OK] をクリックします。
7.2
SAP BW との統合
SAP BusinessObjects Dashboards では、1 つ以上のデータ接続を SAP BW に追加し、接続を設定してコンポーネントにリ
ンクさせ、モデルを BW オブジェクト (TLOGO オブジェクト) として SAP BW システムで公開することができます。 公開された
Flash モデルは、Enterprise ポータルロールに割り当てることができ、iView を通じてアクセス可能です。 これらのモデルは、
BW オブジェクトのデータウェアハウス移送を通じたライフサイクルをサポートします。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
263
SAP BW 接続は、BE x クエリピボット結果設定のスナップショットを返し、1 つのリクエストにある特性と変数のキーと値ヘルプ
を返します。
注記
Business Data Warehouse レベルの権限が適用されます。
また、この接続により、クエリおよび インフォプロバイダ 名、クエリフィルタ、キー日付、最新表示日、階層、現在のメッセージロ
グなどの、メタデータが提供されます。
注記
BEx クエリをデータソースに使う場合は、[データマネージャ] ではなく [クエリブラウザ] を使用する必要があります。 詳細
については、クエリを追加または編集する [227 ページ]を参照してください。
関連情報
SAP BW データを使用して Dashboards モデルをプレビューする [269 ページ]
7.2.1 SAP BW システムへの接続の前に
SAP BusinessObjects Dashboards BW コネクタを使用するには、以下の手順を実行する必要があります。
● SAP GUI 7.10 サポートパッケージ 12 (以上) および BI 7.0 アドオンを Dashboards と同じマシンにインストールします。
● Java および ABAP 7.0 ehp1 SP5 がインストールされていることを確認してください。
● SAP NetWeaver Java アプリケーションサーバコンポーネントと ABAP システムの間にシングルサインオンユーザマッピ
ングが確立されていることを確認してください。
詳細については、help.sap.com で入手できる SAP BW ドキュメントを参照してください。
7.2.2 SAP BW システムに接続する
SAP BW システムへの接続が必要なコマンドを入力すると、SAP BusinessObjects Dashboards がシステムに自動的に接
続しようとします。 許可が必要な場合、SAP BW システムにログオンすることを求められます。 SAP BW システムに接続する
には、次のアクションが必要です。
●
SAP
開く
●
SAP
公開
●
SAP
名前を付けて公開
●
データ
264
接続
をクリックします。
をクリックします。
をクリックします。
をクリックし、SAP BW 接続の追加および設定を行います。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
注記
シングルサインオンが SAP Netweaver Java Application Server Component と SAP Netweaver Application Server
for ABAP Component との間で設定されていた場合、Dashboards によって 1 回のみ許可が求められます。
7.2.3 SAP BW システムへの接続を解除する
SAP BW システムに接続している場合、そのシステムへの接続および公開が可能です。 別の SAP BW システム への接続ま
たは公開を行う場合、はじめに現在の SAP システムへの接続を解除する必要があります。
1.
SAP
接続解除 をクリックします。
2. [OK]をクリックします。
SAP BW システムへの接続が終了します。 別の SAP システムに接続したり、ユーザ認証を変更したりすることができるよう
になります。
7.2.4 SAP BW 接続を設定する
SAP BW 接続を使用して、Business Warehouse データへの接続を作成し、クエリデータ、現在の特性選択に関する情報、
クエリにおける特性の利用可能な値を取得します。 各データ接続は、1 つのクエリをサポートします。 モデルで複数のクエリか
らのデータが必要な場合は、複数の接続を作成できます。
注記
返される結果セットには、SAP BW 接続の設定時に設定およびプレビューする項目に加え、結果の詳細を示す少なくとも
2 行のデータが含まれます。 たとえば、これらの行には説明と、キー数値に関する情報が含まれます。 また、結果セットに
は、全体の結果を表す行も含まれます。 結果セットに全体の結果の行が含まれないようにするには、BW クエリで各特性
について [常に非表示] オプションに [結果行] オプションを追加します。
1.
データ
接続
をクリックします。
[データマネージャ]ダイアログボックスが開きます。
2. データマネージャダイアログボックスで追加をクリックし、SAP BW 接続を選択します。
3. [定義] タブで、次のオプションを設定します。
表 58:
オプション
説明
名前
接続の名前。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
265
オプション
説明
システム
現在接続している SAP システムの名前です。
注記
モデル内の異なるコンポーネントを異なるクエリまたはクエリビューに接続することができますが、すべてのクエリと
クエリビューが同じ SAP システムに存在する必要があります。
クエリ
現在選択されているクエリーまたはクエリービューの名前です。 [参照]をクリックし、接続されている SAP システムの
異なるクエリーまたはクエリービューを選択します。
注記
既存のクエリを置換すると、埋め込みスプレッドシートのクエリデータと範囲の間のすべてのリンクが削除されます。
次の形式で
値を返す
リストから次のいずれかのオプションを選択し、取得されるデータの形式を設定します。
○
未処理: データは書式設定されず、書式は Dashboard で適用されます。 このオプションは Excel の計算または
○
フォーマット: データは BEx 形式を使用し、スケール係数、小数点以下桁数、通貨、記号変更などの情報が含ま
チャートで使用するのに最適です。
れます。 このオプションは、ラベル、スプレッドシート、テーブル、およびスコアカードコンポーネントなどのテキスト
ベースのコンポーネントで使用するのに最適です。
入力値
クエリまたはクエリビューから返されるデータのカスタマイズに使用できる入力可能値および選択可能な特性が一覧表
示されます。
○
フィルタ: クエリに含まれ、クエリまたはクエリビューから返されたデータのフィルタ処理に使用可能な特性および
キー数値が一覧表示されます。 フィルタを使用すると、モデルユーザがデータセット全体のスライスにナビゲート
できるようになります。
○
変数: 必須または任意のクエリ変数の値を設定します。
注記
必須変数は、モデルのロード前に初期化され、標準 BEx ダイアログボックスを介して表示されます。 変数に
は、適切なデフォルト値が設定されている必要があります。また、終了変数によって、すべてのケースに対して
有効な値が内部フォーマットで返される必要があります。
注記
クエリに必須変数が含まれている場合は、モデルの実行時に変数ダイアログボックスが開くため、ユーザは変
数値を入力できます。 このダイアログボックスが開かないようにするには、モデルの開始 URL に URL パラメ
ータを追加します。 詳細については、SAP Help Portal (help.sap.com) の
NetWeaver Technology Platform
SAP Solutions
SAP
で入手できる SAP Netweaver Technology Platform 7.0 Library の
Business Explorer Web Design API の章を参照してください。
入力のたびに値を設定するには、このリストで入力オブジェクトを選択してから、[読み取り元] ボックスに値を入力する
か、セルセレクタ (
) をクリックして、選択したオブジェクトが値を取得するセルを埋め込みスプレッドシートから選択
します。
266
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
オプション
説明
出力値
クエリーまたはクエリービューによって返された値と、データが返された後にデータに適用できるフィルタが一覧表示さ
れます。
○
クロスタブデータ: クエリまたはクエリビューピボットテーブルのスナップショットが返されます。 ヘッダ行には、単位
と通貨、およびスケール係数に関する情報が含まれます。 基本キー数値、制限キー数値、および演算キー数値
は、使用可能なクロスタブデータです。 クロスタブデータには、結果行や並べ替え特性などの特性値表示設定が
反映されます。
○
特性: 特性が返され、[入力値] ボックスに適用されるフィルタの入力ヘルプテキストとキー、および階層情報が構
造化されます。
各特性には、次の項目が含まれます。
○
説明: 特性の説明です。
○
現在のフィルタ値 (テキスト): 特性の技術的な名前です。
○
現在のフィルタ値 (キー): 特性に対して現在選択されているフィルタです。
○
値のヘルプ: このカテゴリで使用可能なオプションは、InfoObject によって異なります。 これらは、特性の説
明および使用可能なすべての表示属性のオプションです。 このオプションを使用して、ユーザが値を選択す
るためのリストボックスを作成することができます。
○
変数: 入力ヘルプテキストとキー、および適用されたフィルタが返されます。
○
静的フィルタ: BEx Query Designer で定義された制約が返されます。 これらの制約を Dashboards で変更する
○
情報: 名前、最終の最新表示とデータ更新、およびキー日付値など、一般的なクエリテキスト要素が返されます。
ことはできません。
注記
Dashboards BEx クエリ接続でキー日付値を設定することはできません。
○
メッセージ: SAP BW システムからのエラーテキストメッセージが返されます。
各出力値の保存場所を設定するには、このリストから出力オブジェクトを選択し、[挿入先] ボックスのセルセレクタ
(
) をクリックして、クエリまたはクエリビューから取得された値を保存するセルを埋め込みスプレッドシートから選択
します。
注記
デフォルトでは、Dashboards において、取得し、埋め込みスプレッドシートに挿入できる最大行数は 512 行です。
許可される行数を増やす方法については、埋め込みスプレッドシートの基本設定を設定する [184 ページ] を参照
してください。
4. [データプレビュー]タブをクリックします。
5. [データプレビューを最新表示] をクリックします。
サンプルデータが生成および表示され、データ構造が示されます。
注記
データプレビューでは、BEx クエリからデータが取得されないため、[定義] タブで設定したフィルタおよびパラメータは
適用されません。
6. 以下のオプションを使用してデータ構造を照会し、必要に応じて調整します。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
267
オプション
説明
左パネルのツリ
ービュー
ツリーを展開すると、列、行、および自由特性が表示されます。 デフォルトでは、列、行、および自由特性は BEx
Query Designer での定義どおりに設定されています。
[上へ] ボタンと
[下へ] ボタン
データの順序を変更するには、ツリーでアイテムを選択し、上へボタンまたは下へボタンをクリックして、アイテムを
リスト内の 1 つ上または下の位置に移動させます。 アイテムの順序を変更した後、[データプレビューを最新表示]
ボタンをクリックし、変更を確認します。
アイテムの移動
メニュー
アイテムを別の構造要素に移動させるには、アイテムを移動先の場所までドラッグするか、アイテムを選択してアイ
テムの移動 (
) をクリックして、以下のオプションのいずれかをクリックします。
○
列へ移動: データを列構造に移動させます。
○
行へ移動: データを行構造に移動させます。
○
自由特性へ移動: データを自由特性構造に移動させます。
○
クエリデフォルトのリセット: 構造をクエリでの定義どおりに戻します。
アイテムの順序を変更した後、データプレビューを最新表示ボタンをクリックし、変更を確認します。
7. [用法] タブをクリックして、最新表示およびメッセージオプションを設定します。
注記
[コンポーネントのロード前に最新表示] オプションは、ユーザが入力値フィルタを指定するたびにクエリを実行します。
大量のデータが取得されないようにするには、[デフォルトのクエリーデータを使用]オプションを選択して、BEx クエリ
ーのデフォルト値を使用します。
最新表示およびメッセージオプションの設定の詳細については、最新表示オプションを設定する [220 ページ]およびロー
ドメッセージとアイドルメッセージを作成する [222 ページ]を参照してください。
モデルを設定し、SAP BW システムに接続したら、それを SAP システムに公開することができます。
7.2.4.1
SAP Business Explorer で変更されたクエリでの作業
SAP BW 接続を使用してモデルを作成すると、クエリデータはデータ接続の定義時に読み込まれます。 クエリが後で SAP
BEx Query Designer で変更される場合、その変更は Dashboards では認識されませんが、モデルの実行時に最新のクエリ
が使用されます。 変更によるクエリ構造への影響がなく、モデルロジックまたは構造への直接の影響がない設定しか調整さ
れない場合、モデルの更新は不要で、クエリの変更はモデルの実行時に自動的に有効となります。 ただし、クエリの定義また
は構造が変更されると、モデルの定義はクエリと一致しなくなる場合があります。
クエリの定義または構造が変更される場合、モデルで定義をチェックし、必要に応じて、データ接続でクエリを置換することに
より、クエリ情報を再インポートします。
注記
データ接続でクエリを変更すると、埋め込みスプレッドシートへのリンクがすべて削除され、セルまたはセル範囲へのデー
タのマップが再度必要になります。
以下のクエリ変更はクエリ構造に影響を与えることがないため、変更後、モデルを更新する必要はありません。
● 静的フィルタの追加/変更
● デフォルト値の追加/変更
268
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
● 特性の並べ替えに関する設定の変更
● 制限キー数値の定義の変更
以下のクエリ変更はクエリ構造に影響を与える場合があります。 クエリの更新が必要であるかどうかを確認するためにモデ
ルデザインをチェックします。
● 特性小計の追加/削除
● 自由特性の追加/削除
● 変数値の変更
以下のクエリ変更は、モデル構造に影響を与えます。 変更後、クエリをデータ接続に再インポートします。
● 特性表示オプション (表示なし、キー、テキスト、キーおよびテキスト、テキストおよびキー) の変更
● 行または列の追加/削除
7.2.5 SAP BW システムへモデルを公開する
このオプションを使用して、SWF を生成し、Dashboards モデルを SAP BW システムに公開します。 モデルを公開することに
より、その他の BEx オブジェクトと同様に移送および翻訳できるようになります。 モデルが公開されると、Dashboards によっ
て XLF、SWF、TXT の 3 つのファイルが公開されます。 TXT ファイルは、SAP BW システムにおける翻訳に必要です。
注記
モデルを、SAP BW クエリ接続が接続している同じ SAP システムで公開する必要があります。
1. 次のいずれかを実行します。
○ 新規モデルを保存するには、
SAP
公開
をクリックします。
○ 既存のモデルを別の名前で、または別の場所に保存するには、
SAP
名前を付けて公開
をクリックします。
2. SAP システムに接続されていない場合、[SAP ログオン]ダイアログボックスが開きます。 該当する SAP システムを選択
して、認証情報を入力します。 [OK]をクリックします。
注記
発行するのとは別の SAP システムに接続している場合、この手順に進む前に SAP ネットワークから切断する必要が
あります。
開くダイアログボックスが開きます。
3. ファイルを保存する場所に移動して、ファイル名を入力します。 OK をクリックします。
SWF ファイルが SAP Netweaver ABAP システムに公開されます。
7.2.6 SAP BW データを使用して Dashboards モデルをプレビューする
SAP BusinessObjects Dashboards モデルと SAP BW 接続が SAP システムに公開された後で、この手順を使用して、接
続された SAP システムからのデータを使用してプレビューできます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
269
注記
Dashboards でプレビューボタンを使用すると、モデル設定が表示され、基本的なワークフローをテストすることができます
が、SAP BW クエリおよびクエリビュー結果セットからのデータは使用できません。
1.
SAP
起動 をクリックします。
Web ブラウザセッションが SAP Portal ログオン画面と共に開きます。
2. ポータル認証情報を入力して、[ログイン]をクリックします。
ログインすると、モデルが Dashboards BW テンプレートをロードします。これには、単一モデルが含まれています。 この
URL を iView テンプレートで使用して、SAP Enterprise Portal ロールにモデルを追加することができます。
7.2.7 BW サーバから XLF ファイルを開く
1.
SAP
開く をクリックします。
2. [SAP ログオン]ダイアログボックスが開きます。 該当する SAP システムを選択して、認証情報を入力します。 [OK]をク
リックします。
開くダイアログボックスが開きます。
3. 開く Dashboards ファイルを選択し、[OK] をクリックします。
7.2.8 SAP BW システムでの Dashboards モデルの翻訳およびグロー
バル化
SAP システムにモデルを保存する際に、翻訳設定を有効にすることができるため、モデル内のテキストを BW オブジェクトとし
て翻訳することができます。 テキストが翻訳される際に文字列長が変化すると、モデルのレイアウトとデザインに影響する可
能性があります。 たとえば、英語で作成されたモデルに Sales という 5 文字のラベルがあるとします。 これをドイツ語に翻訳
する場合、ラベルは 8 文字の Verkaufe になります。 3 文字の追加が、ラベルとその周りのフィールドのレイアウトに影響す
る可能性があります。 各文字列の文字数に対する制限を設定することにより、翻訳設定する際にこの影響を制限することが
できます。
また、Dashboards では、数値、通貨、日付、および時刻の各値を、SAP BW ユーザロケールに基づいて設定された、地域固
有の書式で表示します。 以下の Excel 書式の要素も、SWF ファイル実行時に SAP プロファイルロケールに基づいて動的に
変更することができます。
要素
例
長い月
January、February、March
短い月
Jan、Feb、Mar
長い日
Sunday、Monday、Tuesday
短い日
Sun、Mon、Tue
日付の区切り文字
“/”(01/01/1900 など)
270
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
要素
例
時刻の区切り文字
“:”(12:00:00 など)
小数区切り文字
“.”(1.5 など)
桁区切りを使用する
“,” (1,000,000 など)
通貨記号
£100、50¢、10F50
次の制限は、Dashboards のグローバル化設定に適用されます。
● モデルが実行される地域で要素表示順序の異なる場所設定が使用されていても、実行時に値要素の表示順序が変更さ
れることはありません。 たとえば、場所設定で日付形式 MM/DD/YYYY を使用するオペレーティングシステムでモデル
が作成されているとします。 モデルが日付形式 DD/MM/YYYY を使用する環境で実行されても、新しい場所で月と日の
順序が更新されることはありません。 この制限は、通貨記号が値の前に付くか後ろに付く場合にも適用されます。
● 埋め込みスプレッドシート内の値のみがグローバル化されます。 実行時に値が [プロパティ] パネルまたは SWF に手動
で入力された場合は、これらの値がモデルが実行される場所設定に応じて変更されることはありません。
● モデルの作成および編集時に、場所設定の変更は既存のバインド済みコンポーネントには影響しません。 場所設定を変
更して既存のコンポーネントに変更を適用する場合、コンポーネントを埋め込みスプレッドシートに再バインドする必要が
あります。
● 地域固有の形式が埋め込みスプレッドシートのセルに適用されている場合、これらのセルの形式はモデルが別の場所で
実行されても変更されません。 たとえば、Microsoft Excel で、通貨形式を適用する場合、記号なし、簡単な記号、特定
の地域に関連付けられた記号のいずれかを選択できます。 簡単な記号 (たとえば [€]) を選択した場合、モデルが実行
される場所設定に応じて、記号は変化します。 しかし特定の地域向けの記号 (たとえば [€ French (France)]) を選択し
た場合、モデルが別の場所で実行されても記号は変更されません。
7.2.8.1
SAP BW システムにおけるモデルの変換を設定する
モデルの変換を設定する場合、モデルに SAP BW 接続があり、キャンバスで開くことができ、SAP BW システムに公開できる
必要があります。
変換用の静的テキストを設定し、Flash モデルを表示する際に変換されたテキストが表示されるようにすることができます。 変
換を可能にするには、変換対象のスプレッドシートのセルを指定する必要があります。 モデルが公開されると、指定されたセ
ルのコンテンツが SAP BW で使用可能になります。 変換を設定すると、SAP BW ユーザロケールに基づいて、実行時に変換
済みテキストがモデルに渡されます。 変換オプションの詳細については、SAP ヘルプポータル (help.sap.com) にある SAP
BW のドキュメントを参照してください。
注記
テキスト変換は Dashboards では使用できません。
1.
SAP
変換設定 をクリックします。
2. SAP システムに接続されていない場合、[SAP ログオン]ダイアログボックスが開きます。 該当する SAP システムを選択
して、認証情報を入力します。 [OK]をクリックします。
注記
発行するのとは別の SAP システムに接続している場合、この手順に進む前に SAP ネットワークから切断する必要が
あります。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
271
3. [変換設定]ダイアログボックスで、[変換のサポートを有効にする]を選択します。
4. [範囲]一覧の下にある、[追加]をクリックします。
5. [名前]ボックスに新しい範囲の名前を入力します。
6. 範囲ボックスの横で、セルセレクタ (
) をクリックしてセルを選択します。
7. 複数のテキストを変換するには、手順 4 から手順 6 を繰り返します。
8. モデルのデザインやスペースに対して変換された語句の影響を最小限にするために、以下の作業を行います。
注記
この設定は、SAP technology 7.0 Enhancement package 01 SP 05 ではサポートされていません。 しかし、各モデ
ルにこのオプションを設定することをお勧めします。これにより、SAP technology でサポートされるようになった場合
にもこれらのモデルが正しく機能し、再度公開を行う必要がなくなります。
○ 特定の値を指定するには、最大文字数ボックスの横で、手動編集 (
) をクリックして、文字数の設定ダイアログボ
ックスで、各文字列に指定できる最大文字数を指定します。
○ 埋め込みスプレッドシートから値を選択するには、最大文字数ボックスの横で、セルセレクタ (
) をクリックし、最大
文字数の値を格納するセルを選択します。
9. OK をクリックします。
272
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
SAP データソースとの統合
8
モデルのエクスポートと展開
モデルのコンポーネント、バインド、およびデータソースの設定が終わったら、モデルをエクスポートすることができます。サポ
ートされるファイル拡張子の一覧は、モデルのエクスポート [273 ページ]を参照してください。ダッシュボードのユーザも、エク
スポートされたモデルのローカルコピーを保存できます。ローカルコピーは、外部に接続しなくても開くことができます。詳細に
ついては、オフラインダッシュボード [277 ページ]を参照してください。
モデルを SWF ファイルとして配布する場合、Adobe Flash Player のセキュリティの制限が適用される場合があります。この
節では、ダッシュボードのユーザがエクスポートされた Dashboards のファイルをローカルドライブで表示できるように、
Adobe Flash Player の制限と、モデルで FS コマンド接続を使用する場合の制限について説明します。
8.1
モデルのエクスポート
この表では、サポートされるエクスポート形式を一覧にしています。
表 59:
エクスポート形式
SAP Crystal Presentation
Design
SAP Crystal Dashboards,
Personal Edition および
Departmental Edition
SAP BusinessObjects
Dashboards
Macromedia Flash(SWF)
Adobe AIR
Adobe Acrobat 6 (PDF)
Adobe Acrobat 9 (PDF)
HTML
Microsoft PowerPoint
Microsoft Outlook
Microsoft Word
BusinessObjects Enterprise
すべての形式において、モデルは Flash SWF ファイルとして保存されてから、選択したプログラムに挿入されます。モデルを
SWF ファイルとして使用する場合には、ローカルドライブで Dashboards を実行する必要はありません。モデルにユニバース
または BE x クエリデータが含まれる場合は、そのモデルを SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォーム
にも保存する必要があります。ユニバースクエリの使用の詳細については、クエリを参照する [223 ページ]を参照してくださ
い。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
273
注記
Dashboards によって作成される SWF ファイルでは、ユーザが SWF ファイルを右クリックして開くときに表示されるメニュ
ーに、項目が 1 つ追加されます。この項目は、Dashboards を識別するもので、SAP Web サイトにリンクされています。こ
のメニューに表示される情報は、テキストファイル ...¥Xcelsius¥assets¥RightClick.txt に保存されます。この
情報を変更するには、<menuItemName><URL> という形式を使用して、RightClick.txt ファイルを変更します。ここ
で、<menuItemName> はメニューの項目の名前 (「Dashboards について」など) で、<URL> はユーザがメニュー項目を
クリックしたときに開く Web サイトのアドレスです。SWF を再度エクスポートすると、変更が適用されます。
8.1.1 モデルをエクスポートする
Adobe AIR へのエクスポートを行う場合、Adobe Flex 4.0 SDK がシステムにインストールされます。 詳細については、
Adobe AIR に関するシステム設定を行う [276 ページ] を参照してください。
プログラムのすべてのバージョンで、すべてのエクスポートオプションが使用できるわけではありません。 サポートされるエク
スポート形式の詳細な表については、モデルのエクスポート [273 ページ] を参照してください。
1.
ファイル
エクスポート をクリックし、以下のオプションの 1 つを選択します。
オプション
説明
Flash (SWF)
スタンドアロンの Flash Player を使用してローカルで実行することも、ブラウザで開くことも、Web サイトの一部とし
て使用することも、多数の異なるプログラムにインポートすることもできる Adobe Flash (SWF) ファイルを生成しま
す。
警告
すべての外部ファイルは、モデルが保存されたフォルダ内のフォルダに保存されます。 モデルが正しく機能する
には、外部ファイルフォルダがモデルと同じフォルダに含まれている必要があります。
AIR
モデルを、複数のオペレーティングシステムのデスクトップで実行できる Rich Internet Application(RIA)形式のブ
ラウザのないランタイムにエクスポートます。 Adobe AIR にエクスーポートする前に、システムを設定する必要があ
ります。 詳細については、Adobe AIR に関するシステム設定を行う [276 ページ] を参照してください。
注記
AIR ファイルを実行するには、Adobe の Web サイトから AIR player
HTML
をインストールする必要があります。
Adobe Flash SWF モデルを HTML ファイルに埋め込み、コンピュータがブラウザで Flash ファイルを開けるよう設
定されていない場合でも、ユーザが 1 つのファイルを開いてモデルを照会できるようにします。
警告
モデルがエクスポートされると、HTML ファイルと SWF ファイルが同じ名前で生成され、選択したディレクトリにそ
れらが保存されます。 モデルが正しく機能するには、これらのファイルが同じフォルダに含まれている必要があり
ます。
PDF
274
ローカルで表示することも、ブラウザで開くことも、Web サイトに配置することもできる PDF ファイルを生成します。
PDF に埋め込まれたモデルは、動的な対話型です。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
オプション
説明
注記
Acrobat 6 およびそれ以降のバージョンまたは Acrobat 9 のいずれかと互換性があるように PDF ファイルを保
存できます。Acrobat 9 でモデルを表示するには、最新バージョンの Acrobat Reader がインストールされてい
る必要があります。 [名前を付けて保存]ダイアログ ボックスの[型として保存]リストで、Acrobat バージョンを選
択します。
警告
すべての外部ファイルは、モデルが保存されたフォルダ内のフォルダに保存されます。 モデルが正しく機能する
には、外部ファイルフォルダがモデルと同じフォルダに含まれている必要があります。
PowerPoint
スライド
同じ名前の PowerPoint (PPT) ファイルを生成します。 SWF は、この PPT ファイルに埋め込まれます。 モデルは、
PowerPoint プレゼンテーションの最初のスライドに含まれます。 プレゼンテーションが実行される際、モデルは動
的な対話型です。
警告
すべての外部ファイルは、モデルが保存されたフォルダ内のフォルダに保存されます。 モデルが正しく機能する
には、外部ファイルフォルダがモデルと同じフォルダに含まれている必要があります。
Outlook
SWF ファイルを生成し、カスタマイズと送信が可能な Microsoft Outlook メッセージに添付します。
Word
Microsoft Word ドキュメントを生成し、モデルの SWF をドキュメントに埋め込みます。 モデルは動的な対話型で
す。
注記
Microsoft Word のモデルが静的な場合は、Microsoft Word の [コントロールツールボックス] ツールバーの
[デザインモードの終了] ( ) をクリックします。
2. 次のいずれかを実行します。
○ Flash (SWF)、HTML、PDF、PowerPoint スライド、または Word にエクスポートする場合: エクスポートするファイ
ルの名前を入力して [保存] をクリックします。
○ Outlook にエクスポートする場合: メッセージを入力し、[送信] をクリックして、メッセージを送信します。
○ AIR にエクスポートする場合: 次のオプションを設定してから、[エクスポート] をクリックします。
オプション
説明
名前
アプリケーションの名前を入力します。 名前は、同一システム内
の各インストールで一意である必要があります。 この名前はイン
ストール画面に表示されます。 デフォルト値は、現在のドキュメン
ト名です。
ID
アプリケーションを識別するための一意の識別子を入力します。
ID は、同一システム内の各インストールで一意である必要があ
ります。 デフォルト値は、“<DOCUMENT_NAME>”。
バージョン
アプリケーションのバージョン番号を入力します。 デフォルト値は
1.0 です。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
275
オプション
説明
著作権
著作権情報を入力します。この情報は、ユーザーが Macintosh
システムにアプリケーションをインストールする際、インストール
画面に表示されます。
ウィンドウのスタイル
次のオプションからウィンドウのスタイルを選択します。
○
システム クローム:ウィンドウでは、実行している環境でウィ
ンドウズのスタイルが採用されます。
○
カスタム クローム(不透明):ウィンドウには、AIR 特有の外
観、および塗りつぶしの背景を設定できます。
○
カスタム クローム(透明):モデルのキャンバスが透明に設
定された場合、この設定を使用すると、ウィンドウの背景が
透明になります。
ウィンドウサイズ: カスタムサイズを使用
ウィンドウのカスタム サイズを設定するには、このオプションを選
択します。 [幅] および [高さ] ボックスでサイズ値を設定します。
注記
カスタム サイズが使用される場合、ユーザーは実行時にウィ
ンドウのサイズを変更できません。
アプリケーション アイコン(PNG のみ)
アプリケーション アイコンに使用する画像ファイルを選択します。
注記
Adobe AIR では、アプリケーション アイコンの画像に対して
PNG ファイルのみがサポートされます。
出力先
Adobe が AIR アプリケーション インストーラを保存する場所を入
力します。
注記
モデルのエクスポートで問題が発生した場合、[一時証明書
を使用したエクスポート] を選択します。
8.1.2 Adobe AIR に関するシステム設定を行う
モデルコンテンツを Adobe Integrated Runtime(AIR)デスクトップアプリケーションとしてエクスポートするには、Adobe Flex
4.0 SDK をインストールする必要があります。
1. Adobe Flex 4.0 SDK をダウンロードします。
2. ファイルを、圧縮された Adobe Flex SDK ファイルで以下のパスに抽出します。C:¥Program Files¥Adobe¥Flex
Builder 3 Plug-in¥sdks¥4.0
注記
SDK ファイルの場所を変更するには、Dashboards をインストールした後、<Dashboards' Installation
Path>¥Xcelsius¥assets¥air¥sdkPath.dat ファイルでフォルダの場所を変更します。
276
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
3. 32 ビット Java 2 Runtime Environment (J2RE 1.5 以上)をダウンロードしてインストールします。
エクスポートした AIR ファイルを実行するには、Adobe の Web サイトから AIR player
をダウンロードしてインストールす
る必要があります。
8.2
オフラインダッシュボード
Dashboards では、実行時にエクスポートされたモデルのローカルコピーを作成できます。ダッシュボードのユーザは、メニュ
ーオプションからローカルコピーを SWF ファイルとして保存します。ローカルコピーには、以下のプロパティが含まれます。
● 元のモデルのデータが保持されます。
● ローカルコピーから、別のローカルコピーを作成できます。
● すべての外部接続および特定のコンポーネントが無効になります。制限の詳細については、オフラインダッシュボードの
コンポーネントおよび接続の制限 [277 ページ]を参照してください。
8.2.1 オフラインダッシュボードを保存する
ダッシュボードユーザがオフラインダッシュボードを保存できるようにするには、モデルをエクスポートする前に、
ドキュメントのプロパティ
ファイル
をクリックして、[オフラインダッシュボードサポート] オプションが有効になっていることを確認しま
す。
現在のモデルのローカルコピーを保存するには、ダッシュボードユーザが以下の手順を実行する必要があります。
1. エクスポートされたモデルを開いて、任意の変更を加えます。
2. 背景のいずれかの場所を右クリックし、[現在のダッシュボードのコピーをローカルディスクに保存] をクリックします。
[名前を付けて保存] ダイアログボックスが表示されます。
3. ローカルコピーの保存場所を選択し、[保存] をクリックします。
制限
Dashboards がローカルディスクにインストールされている場合は、ローカルコピーを Dashboards のインストール場
所と同じディレクトリに保存できません。
現在の状態でエクスポートされたモデルのローカルコピーは、SWF ファイルとして保存されます。
8.2.2 オフラインダッシュボードのコンポーネントおよび接続の制限
外部接続
ローカルコピーでは、すべての外部データ接続が無効になります。これには、[データマネージャ] および [クエリブラウザ] を
介して追加されたすべての接続が含まれます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
277
注記
ダッシュボードがすでに開いているため、[ロード時に最新表示] または [コンポーネントのロード前に最新表示] に設定さ
れている接続は再確立されません。このため、ローカルコピーとして保存されるダッシュボードのデザイン時には、値また
は時間感覚によって接続が更新されるように設定することをお勧めします。
コンポーネント
以下のコンポーネントは、オフラインダッシュボードでは無効になります。
● すべてのアドオンコンポーネント。
● レポーティングサービスボタン。
● 接続最新表示ボタン。
● クエリ最新表示ボタン。
● クエリプロンプトセレクタ。
以下のコンポーネントは、オフラインモードでは機能が異なります。
● [階層テーブル] は最新表示できません。その代わり、ローカルコピーが保存された時点でモデルに含まれていたデータ
が表示されます。
● [ローカルシナリオボタン] は、デフォルトのシナリオを何もロードしません。その代わり、ローカルコピーが保存された時点
でモデルに含まれていたデータがロードされます。
その他のすべてのコンポーネントは、エクスポートされた元のモデルのコンポーネントと同じように機能します。
8.3
Adobe Flash Player のセキュリティ制限
Dashboards によって作成されたモデルは、Adobe Flash テクノロジーに基づいていて、そのセキュリティ保護ルールに従っ
ています。
Adobe Flash Player 9 以降のバージョンには、ローカルドライブに格納されているコンテンツファイルを呼び出す SWF ファイ
ルに影響のあるセキュリティの制限が含まれています。Dashboards SWF ファイルをローカルに実行する場合、Adobe
Flash Player Settings Manager 内の信頼できる場所にファイルを追加する必要があります。
Adobe Flash Player は、外部データソースへのアクセスも制限しています。SWF が Web サーバにホストされている場合、ラ
イブデータ用に SWF ファイルが接続する Web サーバには、Web サーバルート内にクロスドメインポリシーファイルが必要で
す。
Adobe Flash Player のセキュリティの詳細については、Adobe Web サイトにある次のドキュメントを参照してください。
注記
Flash Player のドキュメントはバージョンごとに異なり、以前のバージョンには対応していません。Adobe Flash Player 9
のユーザは両方のドキュメントを読む必要があります。
278
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
● Security changes in Flash Player 8
● Policy file changes in Flash Player 9 and Flash Player 10
8.3.1 ローカルでのモデル実行
URL ファイルリファレンスを使用してコンテンツファイル (画像データや XML データなど) を呼び出そうとしている Flash
(SWF) ファイルは、Adobe Flash Player セキュリティ設定でローカルドライブが信頼できる場所としてリストされている場合の
みコンテンツを配信できます。スナップショットを作成するか、(PPT、HTML、PDF、Word、SWF などの)ローカル形式にエク
スポートする場合、SWF ファイルやホストアプリケーション(PowerPoint、Microsoft Word など)を、信頼できる場所に追加
する必要がある場合があります。次のアプリケーションで Dashboards または Presentation Design のモデルを開く場合、
SWF またはホストアプリケーションファイルを Flash Player の信頼できる場所に追加する必要があります。
● ローカルの HTMLWeb ページ
● スタンドアロン型 Flash Player
● PDF 形式(Acrobat 9 以降)
● PowerPoint プレゼンテーション
● Microsoft Word ドキュメント形式
8.3.1.1
Adobe Flash Player 設定マネージャでファイルを信頼できる
ものに設定する
モデルをローカルに実行する場合、Adobe Flash Player 設定マネージャで信頼できる場所にファイルの場所を追加する必要
があります。
1. Adobe Flash Player 設定マネージャを開くには、 http://www.macromedia.com/support/documentation/en/
flashplayer/help/settings_manager04.html
に移動します。
2. [Adobe Flash Player 設定マネージャ]ページの[目次]で、[グローバルセキュリティ設定パネル]をクリックします。
3. [常に許可]を選択します。
4. [これらのファイルとフォルダを常に信頼する] リストで、
場所の編集
追加
を選択します。
5. SWF ファイル (または PowerPoint、HTML などのコンテナファイル) の場所を参照して、[開く] をクリックします。
6. [確認] をクリックします。
8.3.2 Web サーバからのモデル実行
モデルには Flash (SWF) ファイルが含まれるため、モデルが Web サーバにホストされている場合、ライブデータ用にモデル
が接続する他の Web サーバには、Web サーバルート (Web サーバごとに異なります) 内にドメイン間ポリシーファイルが必
要です。ドメイン間ポリシーファイルがないと、モデルは Web サーバに接続してデータを取得できない場合があります。
Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、SWF ファイルは SWF 作成元の Web ドメインの外部に存在するデータへの
アクセスを許可されません。SWF ファイルが外部データソースに接続しようとすると、Flash Player でさまざまなメッセージが
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
279
表示される場合があります。もっとも一般的なメッセージは、「URL をロードできません:http://boe-server:8080/
dswsbobje/services/session」です。
ドメイン間ポリシーファイルは、単純な XML ファイルであり、セキュリティダイアログボックスを表示せずに特定のドメイン内の
データにアクセスする Adobe Flash Player 権限を付与します。Web サーバー上のドメイン間ポリシーファイルは、どのドメイ
ンで稼働しているどの SWF ファイルが Web サーバーにアクセスできるかを制御します。サーバーのルートフォルダに配置さ
れている場合は、ユーザーにアクセス権を付与するためのプロンプトを表示せずに、そのサーバー上のデータへの直接アク
セスを許可するよう Flash Player に指示します。
8.3.2.1
クロスドメインポリシーファイルを作成する
Adobe Flash Player のセキュリティ制限により、クロスドメインポリシーファイルに権限を付与しない限り SWF ファイルがドメ
インをまたいでデータにアクセスできなくなります。Web サーバ上にモデルをデプロイして、外部データソースへのアクセスを
行おうとする場合、クロスドメインポリシーファイルを作成して、ファイルがアクセスする必要のある全サーバのルートフォルダ
にこのファイルを配置する必要があります。
1. crossdomain.xml ファイルをダウンロードするか、作成します。
たとえば、以下のクロスドメインポリシーファイルを使用することにより、任意のドメインで動作する SWF が Web サーバ
にアクセスできるようになります。
<?xml version="1.0"?> <!DOCTYPE cross-domain-policy SYSTEM
"http://www.macromedia.com/xml/dtds/cross-domain-policy.dtd "> <crossdomain-policy> <allow-http-request-headers-from domain="*" headers="*"
secure="false" /> <allow-access-from domain="*" secure="false" /> </cross-domainpolicy>
2. クロスドメインポリシーファイルを、モデルがアクセスする必要のある全サーバのルートフォルダに配置します。
たとえば、異なる BI プラットフォームサーバ間のアクセスを許可するには、次のクロスドメインポリシーファイルを各サー
バの関連 Tomcat フォルダに配置します。C:¥Program Files¥Business Objects¥Tomcat¥webapps¥ROOT
8.3.3 FS コマンドの制限
Flash Player 9 以降、Adobe は、外部インタフェースを使用して JavaScript と通信することを推奨しています (Dashboards
には Flash Player 9 以上が必要です)。そのため、FS コマンドではなく外部インタフェースを使用することをお勧めします。FS
コマンドは、後方互換性用にのみ提供されています。
FS コマンド関数により、SWF ファイルが Web ページ内のスクリプトと通信できます。ただし、ブラウザの
allowScriptAccess 設定が Web ページのスクリプトへのアクセスを制御します。allowScriptAccess 設定が
「always」に設定されている場合、SWF ファイルは常に Web ページスクリプトにアクセスできます。「sameDomain」に設定さ
れている場合、SWF ファイルは Web ページと同じドメインにあるスクリプトにのみアクセスできます。Flash Player 9 では、属
性はデフォルトで「sameDomain」に設定されています。
Adobe の FS コマンドアクションの使用法のいくつかは、Adobe Flash Player 9 ではサポートされていません。FS コマンドは
Flash Player にコマンドを直接渡すためには使用できませんが、Player をホストしているプログラムとの通信に、または、
Macromedia Director、Visual Basic、Visual C++、および ActiveX コントロールをホストできるその他のプログラムにメッセ
ージを渡すために使用できます。
280
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
Flash Player 内の SWF ファイルの操作に使用できる 6 つの定義済み FS コマンドのコマンドは、現在機能しません。これ
は、Adobe によって解決される予定の既知の問題です。Dashboards では、JavaScript など、Web ブラウザでスクリプティ
ング言語にコマンドとパラメータを渡すための FS コマンドアクションの使用がサポートされます。
FS コマンドを使用して、Macromedia Director にメッセージを送信したり、ActiveX コントロールをホストできるプログラムに
Visual Basic イベントを送信したりできます。これらの使用方法は、Dashboards で機能しますが、公式にはサポートされてい
ません。
8.3.4 Flash Player のエラー番号とメッセージ
エクスポートされたモデルは SWF ファイルとして保存され、Adobe Flash Player のポリシーと制限が適用されます。モデル
の実行中に Flash Player で問題が発生した場合、エラーメッセージまたは番号が表示されることがあります。これらのメッセ
ージは、Flash Player によって生成されます。
Adobe Flash Player の特定のエラー番号とメッセージの詳細については、Adobe web site
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モデルのエクスポートと展開
を参照してください。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
281
9
モバイルサポート
SAP BusinessObjects Dashboards では、ダッシュボードの利用者が、iPad などのモバイルデバイスでモデルを参照できま
す。モバイルデバイスでは、一部のコンポーネントおよびダッシュボードの機能を利用できないか、異なる動作となります。[モ
バイル互換] パネルを使用して、モデルをモバイルデバイスで正しく実行できることを確認できます。
Dashboards コンポーネント SDK を使用して作成されたアドオンコンポーネントには、モバイル互換性を持たせることができ
ます。詳細については、SAP Help Portal (http://help.sap.com/bodash41) にある Dashboards コンポーネント SDK のド
キュメントを参照してください。
注記
モバイルデバイスでモデルを表示するには、SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォームのインストー
ルが必要です。
注記
4.1 よりも古いバージョンの Dashboards で作成されたモデルは、Android デバイスで表示できません。
9.1
[モバイル互換] パネルの使用
[モバイル互換] パネルでは、モデルをモバイルデバイスで正しく実行できることを確認できます。モバイルデバイスでサポート
されないモデル内のコンポーネントや機能については、それぞれに対して警告アイコンが表示されます。[モバイル互換] パネ
ルでコンポーネントを選択すると、キャンバスでそのコンポーネントが選択され、そのプロパティシートが開かれます。
モデル内にある非互換のコンポーネントまたは機能をすべて表示するには、[モバイル互換] パネルで、最新表示 (
) をクリ
ックします。非互換のアイテムは次のように分類されます。
● 全般: キャンバスのサイズが大きすぎる、サポートされないテーマであるといった、さまざまな警告およびヒント。
● コンポーネント: サポートされないコンポーネント。コンポーネントの警告は次のサブカテゴリに分類されます。
○ サポートされないコンポーネント。モデルをモバイルで参照したときに、これらのコンポーネントはモデル内で表示さ
れません。このカテゴリに属するコンポーネントは、赤色の警告アイコンで示されます。
○ サポートされないプロパティを含む、サポートされるコンポーネント。モデルをモバイルで参照したときに、これらのコ
ンポーネントは表示されますが、動作が異なる場合や一部のプロパティが無効になる場合があります。このカテゴリ
に属するコンポーネントは、黄色の警告アイコンで示されます。
○ 視覚的に異なるコンポーネント。モデルをモバイルで参照したときに、これらのコンポーネントはすべての設定を維持
した状態でフォールバックコンポーネントに置き換えられます。たとえば、[メーター 2] や [メーター 3] は、モバイルで
は [メーター] に置き換えられます。このカテゴリに属するコンポーネントは、黄色の警告アイコンで示されます。
注記
すべての視覚的に異なるコンポーネントは、以下の例外を除いてサポートされていません。
282
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
○ 背景 2
○ 背景 4
○ 背景 5
○ 背景 7
○ メーター 8
● 接続: サポートされない外部接続。[データマネージャ] で追加されたすべての接続が含まれます。
9.2
モバイルダッシュボードでサポートされるコンポーネント
モバイルデバイスでサポートされるすべてのコンポーネントと、そのうちのサポートされないプロパティや機能の概要につい
て、以下に示します。
注記
すべてのコンポーネントで、モバイルデバイスでは [表示効果]、および [対話操作] > [マウスオーバー] が無効になりま
す。
チャートコンポーネント
コンポーネント
サポートされないプロパティ
棒チャート
●
縦棒チャート
●
[実行時ツールを有効にする]、[プロットエリア]、[タイトル領
域]、および [範囲のラベル] のすべてのオプション。
[縮小のみ許可]、[対数]、および [ラベルの固定サイズ] の各
拡大/縮小オプション。
●
[塗りつぶしを表示]、[境界線を表示]、[境界線の太さ]、およ
び [チェックボックス] の各凡例オプション。
バブルプロット
●
すべての下線フォントスタイル。
●
アラート
●
すべての [実行時ツールを有効にする] オプション。
●
[縮小のみ許可]、[対数]、および [ラベルの固定サイズ] の各
拡大/縮小オプション。
●
[塗りつぶしを表示]、[境界線を表示]、[境界線の太さ]、およ
び [チェックボックス] の各凡例オプション。
縦棒および折れ線チャート
折れ線チャート
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
●
すべての下線フォントスタイル。
●
アラート
●
[実行時ツールを有効にする]、[プロットエリア]、[タイトル領
域]、[凡例領域]、および [範囲のラベル] のすべてのオプショ
ン。
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
283
コンポーネント
サポートされないプロパティ
●
[縮小のみ許可]、[対数]、および [ラベルの固定サイズ] の各
拡大/縮小オプション。
●
[塗りつぶしを表示]、[境界線を表示]、[境界線の太さ]、およ
び [チェックボックス] の各凡例オプション。
円チャート
●
すべての下線フォントスタイル。
●
アラート
●
[プロットエリア]、[タイトル領域]、および[凡例領域] のすべて
のオプション。
マリメッコチャート
●
すべての下線フォントスタイル。
積み上げ棒チャート
●
[実行時ツールを有効にする]、[プロットエリア]、[タイトル領
域]、[凡例領域]、および [範囲のラベル] のすべてのオプショ
積み上げ縦棒チャート
ン。
●
[縮小のみ許可]、[対数]、および [ラベルの固定サイズ] の各
拡大/縮小オプション。
●
[塗りつぶしを表示]、[境界線を表示]、[境界線の太さ]、およ
び [チェックボックス] の各凡例オプション。
ウォーターフォールチャート
●
[マーカーのオーバーラップ] 表示オプション。
●
すべての下線フォントスタイル。
●
アラート
●
すべての [実行時ツールを有効にする] オプション。
●
[縮小のみ許可]、[対数]、[ラベルの固定サイズ]、および [補
助仕切] の各拡大/縮小オプション。
●
[塗りつぶしを表示]、[境界線を表示]、[境界線の太さ]、およ
び [チェックボックス] の各凡例オプション。
●
すべての下線フォントスタイル。
コンテナコンポーネント
コンポーネント
サポートされないプロパティ
キャンバスコンテナ
[スクロールバー] のすべてのカラーオプション。
Tab Set(タブ セット)*
セレクタコンポーネント
コンポーネント
チェックボックス
284
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
サポートされないプロパティ
すべてのプロパティがサポートされます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
コンポーネント
サポートされないプロパティ
アイコン
プッシュボタン
ラジオボタン
表示切り替えボタン
コンボボックス
ラベルメニュー
●
[スクロールバー] のすべてのカラーオプション。
●
ドロップダウンアニメーション
●
アラート
●
[常に拡張する] と [拡張対象] > [マウスクリック] を除く [対話
操作] のすべてのオプション。
リストボックス
リストビュー
スコアカード
●
[タイトル] のすべてのオプション。
●
アラート
●
[スクロールバー] のすべてのカラーオプション。
●
アラート
●
[スクロールバー] のすべてのカラーオプション。
●
実行時に [列の幅] を変更し、[列の幅] をパーセンテージで変
更します。
単一値コンポーネント
コンポーネント
メーター
サポートされないプロパティ
●
[オブジェクトの弾力性]、[制限項目] > [調整可能] および [開
く]、[マウスの感度]、および [マウストラッキング] > [垂直] の
背景 7
各動作オプション。
メーター 8
●
[再生ボタン] および [制限の背景色] の各表示オプション。
水平進捗バー
●
[制限項目] > [調整可能] および [開く] の各動作オプション。
●
制限の背景色
垂直進捗バー
水平スライダ
垂直スライダ
テキストコンポーネント
コンポーネント
サポートされないプロパティ
入力テキスト
すべてのプロパティがサポートされます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
285
コンポーネント
サポートされないプロパティ
入力テキスト領域
HTML フォーマットを有効にする
ラベル
●
[スクロールバー] のすべてのカラーオプション。
●
HTML フォーマットを有効にする
アートおよび背景コンポーネント
コンポーネント
サポートされないプロパティ
すべてのプロパティがサポートされます。
背景
背景 2
背景 4
背景 5
楕円
水平線
四角形
垂直線
画像
●
インポート (SWF ファイル)
●
SWF 背景色の非表示
Web 接続
コンポーネント
サポートされないプロパティ
URL ボタン
すべてのプロパティがサポートされます。
注記
サポートされないデータソースに [URL ボタン] をリンクすると、
動作しなくなります。たとえば、FlashVars はサポートされないた
め、FlashVars が OpenDocument URL によってモデルに渡さ
れることはありません。サポートされないデータソースの詳細に
ついては、モバイルダッシュボードでサポートされない機能
[289 ページ]を参照してください。
注記
iPad では、外部 URL (http://help.sap.com など) は Safari
で開きます。
286
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
ユニバース接続
コンポーネント
クエリ最新表示ボタン
サポートされないプロパティ
すべてのプロパティがサポートされます。
9.2.1 モバイルダッシュボードでのコンポーネントの使用
モバイルダッシュボードのユーザは、デバイスのタッチスクリーンを使用してコンポーネントを操作します。ユーザはタップ、タッ
チ、ドラッグによってコンポーネントやそのアイテムを操作できます。また、ピンチ操作によって、モバイルデバイスの解像度よ
りも大きいキャンバスサイズのチャートコンポーネントおよびモデルを拡大/縮小できます。
クリックまたはドラッグが関係するコンポーネントの操作はモバイルでも変わりません。以下は、コンポーネントを操作するモバ
イル固有の方法です。
詳細値の表示
詳細値を表示するためにコンピュータでモデルを表示する場合、ユーザは列、ポイント、スライスなどのチャート領域にマウス
オーバーできます。モバイルデバイスでは、ユーザは領域を短くタッチする必要があります。以下のチャートがサポートされて
います。
● 縦棒チャート
● 折れ線チャート
● マリメッコチャート
● 円チャート
● ウォーターフォールチャート
以下で例が示されています。
● 縦棒チャート:
● 円チャート:
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
287
フルテキストの表示
テーブルコンポーネントのセルのテキストがセルの幅よりも大きい場合、ユーザはセルをタップアンドホールドしてフルテキスト
を表示できます。テキストは、セルの上のツールヒントに表示されます。サポートされるコンポーネントは、[リストビュー] と [ス
コアカード] です。
ピンチ操作によるズーム
特定のチャートコンポーネントの目盛を拡大/縮小するには、ピンチ操作を行う必要があります。チャートの目盛を拡大/縮小
するためのピンチ操作は次のようになります。
9.3
モバイルダッシュボードでサポートされる接続
モバイルデバイスでサポートされるすべての接続の概要について、以下に示します。
288
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
注記
モデルをオフラインモードで実行中の場合、またはモバイルデバイスがネットワークに接続されていない場合、モデル内の
すべての接続が無効になり、利用できる場合はキャッシュされたデータが使用されます。
● すべての [クエリブラウザ] 接続がサポートされます。
● 以下の [データマネージャ] 接続がサポートされます。
○ Web サービスクエリ (Query as a Web Service)
○ Flash 変数
注記
サポートされる [データマネージャ] 接続は、アスタリスクで示されます。それ以外のすべての [データマネージャ] 接続
はサポートされません。
9.4
モバイルダッシュボードでサポートされない機能
モバイルデバイスでモデルを参照する際にサポートされない機能や部分的にサポートされない機能の概要について、以下に
示します。
フォント
モバイルでサポートされるフォントについては、http://iosfonts.com
を参照してください。ここに記載されているフォントの
うち、ローカルマシンにインストールされているものがすべて、[(iOS 5+)] を付加した上で Dashboards のフォントリストに追
加されます。選択したフォントがサポートされない場合、デフォルトは Verdana になります。
注記
モバイルダッシュボードを表示する場合、iOS では別の名前で呼ばれる Windows フォントも正しく表示されます。たとえ
ば、[Bradley Hand ITC] は iOS では [Bradley Hand] となり、[Euphemia] は [EuphemiaUCAS] となり、[Palatino
Linotype] は [Palatino] となります。
テーマ
[Nova] テーマのみがサポートされます。
注記
別のテーマを選択している場合は、コンポーネント表示のデフォルトは [Nova] となりますが、配色は同じままです。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
289
キャンバスサイズ
キャンバスがモバイルデバイスのネイティブ解像度よりも大きい場合に、ダッシュボードを [元のサイズ] で表示すると、スクロ
ールバーを使用することになります。iPad のネイティブ解像度は 1024x768 であるため、モデルを設計するときにはキャンバ
スをこのサイズに設定することをお勧めします。
モデルの接続
モデルをオフラインモードで実行中の場合、またはモバイルデバイスがネットワークに接続されていない場合、モデル内のす
べての接続が無効になり、利用できる場合はキャッシュされたデータが使用されます。
注記
すべての [クエリブラウザ] 接続がサポートされます。[データマネージャ] 接続は、アスタリスクで示されている場合はサポ
ートされます。
290
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
モバイルサポート
10 アクセシビリティ
より簡単にモデルにアクセスできるように、スクリーンリーダーが利用できるように設計されているコンポーネントや、キーボー
ドから移動できるコンポートがあります。
アクセシビリティは、以下の形式でモデルを表示している場合に使用できます。
● エクスポートされた Dashboards の SWF ファイル。
● Firefox または Internet Explorer 8 以上で実行している SAP BusinessObjects Business Intelligence プラットフォー
ム。
● SAP BusinessObjects InfoView。
● Flash Player 10.3。
● PDF 6.0 または 9.0。
● Adobe AIR。
● Microsoft PowerPoint および Microsoft Word。
詳細については、SAP アクセシビリティ ([email protected]) までお問い合わせください。
10.1 スクリーンリーダーの使用
一部のコンポーネントではスクリーンリーダーが使用できます。コンポーネントを選択すると、コンポーネント上のテキストを読
み取ります。コンポーネントは、マウスまたはキーボードで選択できます。キーボードを使用したコンポーネントの移動の詳細
については、キーボードを使用したコンポーネントの移動 [291 ページ]を参照してください。
次のコンポーネントがサポートされるようになりました。
● [クエリ最新表示]、[接続最新表示]、[プッシュ]、[表示切り替え]、[URL]、および [印刷] ボタン。
● 入力テキスト。
● コンボボックス。
● スコアカード。
スクリーンリーダー機能は、デフォルトで有効になっています。支援テクノロジーを無効にするには、基本設定を行う [15 ペー
ジ]を参照してください。
10.2 キーボードを使用したコンポーネントの移動
一部のコンポーネントは、実行時にキーボードを使用して移動できます。 Tab を押すと、[オブジェクトブラウザ] で定義されて
いる順番で、サポートされているコンポーネントを順番に移動します。 Shift + Tab を押すと、逆の順番でコンポーネントを
移動します。サポートされていないコンポーネントや非表示のコンポーネントはスキップされます。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
アクセシビリティ
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
291
サポートされているコンポーネントが選択されているとき、ダッシュボードのユーザは、キーボードを使用してコンポーネントを
操作できます。使用可能なキーは、選択されているコンポーネントの種類によって変わります。
次のコンポーネントがサポートされるようになりました。
● [クエリ最新表示]、[接続最新表示]、[プッシュ]、[表示切り替え]、[URL]、および [印刷] ボタン。
選択されている間、スペースバーを使用してボタンを押します。
● 入力テキスト。
このコンポーネントが選択されると、テキストボックスにテキストを入力できます。コンポーネントのテキストボックスにすで
にテキストが入力されている場合、矢印キー、 ホーム 、および End キーを使用して、テキストを移動できます。
注記
削除 、コピー ( CTRL + C )、スペース ( CTRL + V ) などの Flex 4 標準から継承されるキーはすべてサポートされ
ます。
● コンボボックス。
このコンポーネントが選択されると、現在選択されているアイテムが強調表示されます。現在、アイテムが選択されていな
い場合、ドロップダウンメニューの一番上にあるアイテムが強調表示されます。アイテムは、次の方法で移動できます。
キーの組み合わせ
機能
上矢印または下矢印
選択は 1 つ前または次のアイテムに移動しますが、 Enter を
押すまで確定されません。
前のページ または 次のページ
選択は 1 ページ前または次のページに移動しますが、 Enter
を押すまで確定されません。
ホーム または End
選択はドロップダウンメニューの一番上または一番下に移動しま
すが、 Enter を押すまで確定されません。
CTRL + 下矢印キー
ドロップダウンメニューが展開されます。
Enter または CTRL + 上矢印キー
ドロップダウンメニューが折りたたまれ、現在の選択が確定され
ます。
エスケープ
ドロップダウンメニューが折りたたまれ、現在の選択が破棄され
ます。
● スコアカード。
このコンポーネントが選択されると、現在選択されているアイテムが強調表示されます。現在、アイテムが選択されていな
い場合、データの最初の行が強調表示されます。アイテムは、次の方法で移動できます。
キーの組み合わせ
機能
上矢印または下矢印
選択は 1 つ上または下の行に移動しますが、 Enter を押すま
で確定されません。
データの最初の行が選択されている場合、上矢印キーを押すと、
ヘッダが選択されます。
ヘッダ内のいずれかの列が選択されている場合、下矢印キーを
押すと最初の行が選択されます。
前のページ または 次のページ
選択は 1 ページ前または次のページに移動しますが、 Enter
を押すまで確定されません。
292
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
アクセシビリティ
キーの組み合わせ
ホーム または End
機能
選択はリストの一番上または一番下に移動しますが、 Enter を
押すまで確定されません。
Enter
左矢印または右矢印
現在の選択が確定されます。
ヘッダが選択されている場合、選択は 1 つ左または右の列に移
動します。
スペースバー
ヘッダが選択されている場合、列の並び替え順序を切り替えま
す。
キーボードナビゲーションは、デフォルトで有効になっています。支援テクノロジーを無効にするには、基本設定を行う [15 ペ
ージ]を参照してください。
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
アクセシビリティ
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
293
重要免責事項および法的情報
コードサンプル
この文書に含まれるソフトウェアコード及び / 又はコードライン / 文字列 (「コード」) はすべてサンプルとしてのみ提供されるものであり、本稼動システム環境で使用することが目的ではあり
ません。 「コード」は、特定のコードの構文及び表現規則を分かりやすく説明及び視覚化することのみを目的としています。 SAP は、この文書に記載される「コード」の正確性及び完全性の
保証を行いません。更に、SAP は、「コード」の使用により発生したエラー又は損害が SAP の故意又は重大な過失が原因で発生させたものでない限り、そのエラー又は損害に対して一切
責任を負いません。
アクセシビリティ
この SAP 文書に含まれる情報は、公開日現在のアクセシビリティ基準に関する SAP の最新の見解を表明するものであり、ソフトウェア製品のアクセシビリティ機能の確実な提供方法に関
する拘束力のあるガイドラインとして意図されるものではありません。 SAP は、この文書に関する一切の責任を明確に放棄するものです。 ただし、この免責事項は、SAP の意図的な違法
行為または重大な過失による場合は、適用されません。 さらに、この文書により SAP の直接的または間接的な契約上の義務が発生することは一切ありません。
ジェンダーニュートラルな表現
SAP 文書では、可能な限りジェンダーニュートラルな表現を使用しています。 文脈により、文書の読者は「あなた」と直接的な呼ばれ方をされたり、ジェンダーニュートラルな名詞 (例: 「販売
員」又は「勤務日数」) で表現されます。 ただし、男女両方を指すとき、三人称単数形の使用が避けられない又はジェンダーニュートラルな名詞が存在しない場合、SAP はその名詞又は代
名詞の男性形を使用する権利を有します。 これは、文書を分かりやすくするためです。
インターネットハイパーリンク
SAP 文書にはインターネットへのハイパーリンクが含まれる場合があります。 これらのハイパーリンクは、関連情報を見いだすヒントを提供することが目的です。 SAP は、この関連情報の
可用性や正確性又はこの情報が特定の目的に役立つことの保証は行いません。 SAP は、関連情報の使用により発生した損害が、SAP の重大な過失又は意図的な違法行為が原因で発
生したものでない限り、その損害に対して一切責任を負いません。 すべてのリンクは、透明性を目的に分類されています (http://help.sap.com/disclaimer を参照)。
294
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
重要免責事項および法的情報
Dashboards および Presentation Design のユーザガイド
重要免責事項および法的情報
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
295
www.sap.com/contactsap
© 2015 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.
本書のいかなる部分も、SAP SE 又は SAP の関連会社の明示的な許可な
くして、いかなる形式でも、いかなる目的にも複製又は伝送することはでき
ません。 本書に記載された情報は、予告なしに変更されることがあります。
SAP SE 及びその頒布業者によって販売される一部のソフトウェア製品に
は、他のソフトウェアベンダーの専有ソフトウェアコンポーネントが含まれて
います。 製品仕様は、国ごとに変わる場合があります。
これらの文書は、いかなる種類の表明又は保証もなしで、情報提供のみを
目的として、SAP SE 又はその関連会社によって提供され、SAP 又はその
関連会社は、これら文書に関する誤記脱落等の過失に対する責任を負うも
のではありません。 SAP 又はその関連会社の製品及びサービスに対する
唯一の保証は、当該製品及びサービスに伴う明示的保証がある場合に、
これに規定されたものに限られます。 本書のいかなる記述も、追加の保証
となるものではありません。
本書に記載される SAP 及びその他の SAP の製品やサービス、並びにそ
れらの個々のロゴは、ドイツ及びその他の国における SAP SE (又は SAP
の関連会社)の商標若しくは登録商標です。 本書に記載されたその他すべ
ての製品およびサービス名は、それぞれの企業の商標です。
商標に関する情報および表示の詳細については、http://
www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/index.epx をご覧くださ
い。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
13
File Size
9 425 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content