close

Enter

Log in using OpenID

セイフアクセスシステム TMを利用したカテーテル管理

embedDownload
TM
Safe Access System
セイフアクセスシステム を利用したカテーテル管理
TM
(監修:独立行政法人 地域医療機能推進機構 南海医療センター 主任臨床工学技士 石田裕伸)
カテーテル挿入時
セイフAプラグ をカテーテル
TM
のハブに接続します。
セイフAプラグ は外さずに
TM
使用します。
セイフAプラグ
TM
回路接続時
セイフCカニューラを回路に
接続します。その後セイフC
カニューラとセイフAプラグ
TM
を接続します。
セイフCカニューラ 高流量タイプ
生食フラッシュ/ヘパリンロック必要物品
1 セイフCカニューラを付けた5mLのシリンジ
2 セイフCカニューラを付けた20mLのシリンジに生食
3 セイフバイアクセス を付けた10mLのシリンジに生
4 セイフバイアクセス を付けた2.5mLのシリンジに
を2mL入れたもの。
ヘパリン原液( 1mL=1000単位 )
TM
食を10mL入れたもの
を10mL入れたもの。
TM
セイフアクセスシステム を利用したカテーテル管理
TM
Safe Access System
TM
生食フラッシュ手順
1. セイフAプラグ をよくエタノール含有綿で消毒します。
TM
1
2. を利用し、
ダブルルーメン内に残存したヘパリンを3.0mL
吸引します。
2
3. を利用
し、
ダブルルーメンの先端に血栓が付着していると
想定して勢いよく吸引します。
4. 吸引した血液をシリンジ内に3.0mL程の残し、血栓が入らな
いように注意しながら血液をカテーテル内に戻します。この
動作を4回繰り返します
(血液が吸引されない場合は医師に
報告します)
。
ヘパリンロック手順
3
1. を使用
し、10mL生理食塩水を注入します。
4
2. を使用
し、2.0mLヘパリンを注入します。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
217
File Size
1 365 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content