close

Enter

Log in using OpenID

TOOLS NEWS B216J (8ページ/1002KB)

embedDownload
TOOLS NEWS
B216J
高能率仕上げ切削用正面削りカッタ
FMAX
超高能率切削と高精度を
実現した高速回転対応カッタ
* CGによるイメージ
高能率仕上げ切削用正面削りカッタ
FMAX
超高能率切削
超多刃設計により、超高能率切削(F ≧ 20 m/min)を実現しました。
ボディプロテクタと内部クーラント効果で切りくずを最適排出!
ボディプロテクタ
* イメージ図
内部クーラント
インサートのすくい面上に設けたボディプロテクタにより、理想的な切りくずカールを
生成し、カッタボディ表面の摩耗を抑制します。さらに、内部クーラントの効果に
より、良好な切りくず排出を可能にします。
市販のFMHアーバー(クーラント穴付)のご使用も可能です。
高速回転対応
飛び出し防止構造
ダブテイル拘束(逆テーパ溝形状)
により、
遠心力方向へのインサートの飛び出しを防止します。
ダブテイル拘束
軽量・高剛性ボディ
アルミ合金と特殊スチール合金の組み合わせにより、
カッタボディの軽量化と高剛性を実現しました。
アルミ合金
市販アーバー
特殊スチール合金
1
高精度、イージーセッティング
大調整スクリューと微調整ナットの組合せにより、複数回の再研磨に対応した調整量を
確保し、かつ、高精度な切れ刃正面振れ(5μm以下)のセッティングを容易に行うことが
可能です。
大調整スクリュー
微調整ナット
経済性、マルチユース
最大再研磨量は、切れ刃正面側及び外周側共に、0.6mmです。
ご使用状態に最適な再研磨に対応いたします。
PCD
アルミ合金
新材種
A.R.5°
2
高能率仕上げ切削用正面削りカッタ
正面削り用
< 高能率仕上げ切削用 >
仕上げ
FMAX
M
K
N
S
H
鋼
ステンレス鋼
鋳鉄
非鉄金属
難削材
高硬度鋼
図2
ø80
ø100
ø125
C
P
図1
y カッタボディ
øD8
øD1
C H : 0°
A.R : +5°
R.R : -0°
øD8
øD1
形式
寸法 (mm)
在庫
呼 び 記 号
ap
ap
L1
L1
L7
L7
L8
øD12
øD9
W1
L8
øD12
øD9
W1
カッタ
質量
刃数
R
最大切
込み量
標準形
最高
回転数
図
1
D1
L1
D9
L7
D8
D12
W1
L8
C
(kg)
ap (mm)
(min-1)
68
9.5
6
─
1.11
2
24500
多刃形
FMAXR08010C
a
10
80
45
25.40
24
13
FMAXR10012D
a
12
100
50
31.75
32
17
79
12.7
8
45
1.85
2
22000
2
FMAXR12516E
a
16
125
60
38.10
36
22
88
15.9
10
56
3.33
2
19600
2
FMAXR08014C
a
14
80
45
25.40
24
13
68
9.5
6
─
1.09
2
24500
1
FMAXR10018D
a
18
100
50
31.75
32
17
79
12.7
8
45
1.81
2
22000
2
FMAXR12524E
a
24
125
60
38.10
36
22
88
15.9
10
56
3.27
2
19600
2
* 超高能率切削では、最大切込み量は2mm以下としてください。
対応部品
インサート
クランプスクリュー
微調整ナット
大調整ねじ
バランス調整ねじ
カッタ
クランプボルト
HSS05005G
HSCX12030H
TSS04505S
KSN2
KSS2
HSS06006G
HSCX16035H
HSS08008G
HSCX20035H
レンチ
T10
レンチ
ø2.5
TKY10T
RKY25S
呼 び 記 号
FMAXR08010/14C
FMAXR10012/18D
FMAXR12516/24E
*
*
締付けトルク(N • m) : TSS04505S=3.5
インサート取り付け、刃振れ調整要領については、
カッタボディに同梱されている取り扱い説明書をご参照ください。
a : 標準在庫品
(インサートは、1ケース 10 個入りです)
3
インサート
GOER1408PXFR2
MD2030
a
寸法 (mm)
L1
L2
S1
F1
Re
14.0
9.0
4.2
2.0
0.8
L1
材 種
5
呼 び 記 号
在 庫
インサート
外観
R
F1
5°
10°
S1
e
L2
新材種MD2030の特長
超微粒ダイヤモンドを採用したダイヤモンド焼結体
a ミーリング加工専用材種
a 断続加工における耐欠損性を向上させました。
a 刃先エッジの安定性が得られ、面粗さ安定、バリ抑制効果があります。
微粒ダイヤモンドの結合
MD205
結合
耐
摩
耗
性
MD220
ダイヤモンド
結合材
MD230
MD2030
ダイヤモンド粒子−ダイヤモンド
粒子を強固に結合し、刃先エッジ
の安定性を確保
耐欠損性
インサートの再研磨
● 再研磨量は最大0.6mmまで可能です。
● 再研磨量が違うインサートの同一ホルダへの装着は推奨しておりません。
● バランスが悪い状態でのご使用は、工具破損や機械故障等のトラブルにつながる恐れがあります。
● 再研磨をすることで副切れ刃幅が小さくなり、仕上面品位が低下する場合があります。
● 外周切れ刃を再研磨するとカッタ径が小さくなります。
切れ刃径、切削幅等について、再研磨量に応じた再設定を推奨いたします。
最大0.6mm
※ 再研磨に関しては、最適な再研磨量の測定や再研磨を承りますので、お気軽に弊社担当者までご相談ください。
最大0.6mm
副切れ刃幅
4
高能率仕上げ切削用正面削りカッタ
推奨切削条件
被削材
特性
インサート材種
切削速度
VC
(m/min)
N
Si含有量
12.5%未満
MD2030
2500
(2000 ─ 3000)
切削幅
ae
(mm)
切込み深さ
ap
(mm)
≦0.2 D1
≦2
(0.5 ─ 3)
≦0.5 D1
≦2
(0.5 ─ 2.5)
≦0.8 D1
≦2
(0.5 ─ 2.0)
≦0.2 D1
≦2
(0.5 ─ 3)
≦0.5 D1
≦2
(0.5 ─ 2.5)
≦0.8 D1
≦2
(0.5 ─ 2.0)
送り量
(mm/tooth)
0.08
(0.05 ─0.2)
アルミニウム合金
Si含有量
12.5%以上
* 切込み深さ(
MD2030
600
(400 ─ 800)
)は、切削幅に応じて調整してください。
仕上げ面粗さ (Rz)
1.50
仕上げ面粗さ(μm)
1.40
1.30
<切削条件>
加
工
工
イ ン サ ー
材
回
転
送
り
切 込 み
1.20
1.10
1.00
0.90
切
0.80
8000
10000
削
形
物 : ADC12 シリンダーヘッド
具 : FMAXR12524E
ト : GOER1408PXFR2
種 : MD2030
-1
数 : 8000-12000 min
量 : 0.08 mm/tooth
量 : ap=2.0 mm
ae=68 mm x 3 pass
態 : 内部スルークーラント 4MPa
12000
回転数(min-1)
切りくず排出可能領域
切込み量 ap (mm)
3
2
1
0
20%
40%
60%
切込み量 (切削幅 ae) / カッタ径 D1
5
80%
100%
0.08
(0.05 ─0.2)
使用例
使
用
工
具
使 用 イ ン サ ート( 材 種 )
FMAXR10018D
GOER1408PXFR2(MD2030)
アルミ合金
加
工
FMAXR08014C
GOER1408PXFR2(MD2030)
アルミ合金
物
切削条件
回 転 速 度 (min-1)
8000
8000
切 削 速 度 (m/min)
2513
2011
0.2
0.13
28800
15000
切 込 み 量 (mm)
1.5
2.5
幅 (mm)
送
り
量 (mm/tooth)
テ ー ブ ル 送 り (mm/min)
50
20
ク ー ラ ン ト
湿式
湿式
使
横型
横型
切
削
用
結
機
械
果
従来条件に対し、加工能率2.6倍向上。
仕上げ面も良好で安定した切削ができた。
従来条件に対し、加工能率2.2倍向上。
仕上げ面も良好で安定した切削ができた。
顧客使用事例により推奨条件と異なる場合があります。
Memo
6
FMA
X
FMAX
高能率仕上げ切削用正面削りカッタ
安全について
●切れ刃や切りくずには直接素手で触らないでください。●推奨条件の範囲内で使用し、工具交換は早めに行ってください。●高温の切りくずが飛散したり、長く伸びた切りくずが排出されることがあります。安全カバーや保護めがね
などの保護具を使用してください。●不水溶性切削油剤を使用する場合は、防火対策を必ず行ってください。●インサートや部品の取付けは、付属のレンチやドライバーを用いて確実に取り付けてください。●工具を回転して使用す
る場合、必ず試運転を実施し振れ、振動、異常音がないことを確認してください。
加工事業カンパニー
http://www.mitsubishicarbide.com
営
業
本
部
流 通 営 業 部 03-5819-5251 仙 台 営 業 所 022-221-3230 新 潟 営 業 所 025-247-0155 南 関 東 営 業 所 045-332-6925
直 需 営 業 部 03-5819-5241 北 関 東 営 業 所 0285-25-8380 上 田 営 業 所 0268-23-7788 富 士 営 業 所 0545-65-8817
苫小牧営業所 0144-57-7007 営 業 企 画 部 03-5819-8770 グローバルキーアカウント部 03-5819-7057
名 古 屋 支 店
流 通 営 業 課 052-684-5536 直 需 営 業 課 052-684-5535 三 河 営 業 所 0566-77-3411 浜 松 営 業 所 053-450-2030
大
阪
支
●電話技術相談室(携帯電話からも通話可能です)
三 菱 ヨ
イ
工
具
0120-34-4159
店
流 通 営 業 課 06-6355-1051 京 滋 営 業 所 077-554-8570 広 島 営 業 所 082-221-4457 九 州 営 業 所 092-436-4664
直 需 営 業 課 06-6355-1050 明 石 営 業 所 078-934-6815
(仕様はお断りせずに変更する場合がありますのでご了承ください)
EXP-14-E012
2015.3.E(1.2C)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
1 001 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content