close

Enter

Log in using OpenID

大 鋸 勇 哉 - 佐賀県商工会青年部連合会

embedDownload
インタビュー企画
旬な青年部
×
第 11 弾!!
太良にカキあり!その美味さの秘密!
おおが
カキ焼き
る
こ
と
が
で
き
る
勇
栄
丸
の
大
鋸
さ
ん
ん
ご
自
身
は
ど
の
よ
う
に
し
て
自
社
で
働
く
大
鋸
:
は
い
。
う
ち
で
は
牡
蠣
を
お
客
様
が
自
分
有
明
海
を
望
み
な
が
ら
牡
蠣
を
焼
い
て
食
べ
お
店
に
な
っ
た
の
で
す
か
?
そ
し
て
大
鋸
さ
―
ど
の
よ
う
な
経
緯
で
現
在
の
ス
タ
イ
ル
の
や
市
場
に
下
ろ
し
て
い
ま
す
。
に
出
て
、
カ
ニ
や
ク
ラ
ゲ
な
ど
を
獲
り
、
店
以
外
に
も
漁
を
し
て
い
ま
す
。
自
ら
船
で
漁
月
だ
け
開
け
て
い
て
、
夏
場
は
牡
蠣
の
養
殖
大
鋸
:
は
い
。
店
は
冬
場
で
あ
る
十
月
~
三
て
い
る
と
い
う
こ
と
で
す
か
?
大
鋸
さ
ん
ご
自
身
が
牡
蠣
の
養
殖
に
携
わ
っ
い
る
と
い
う
わ
け
で
す
ね
。
と
い
う
こ
と
は
―
な
る
ほ
ど
。
お
店
の
牡
蠣
は
自
ら
育
て
て
の
要
因
だ
と
自
負
し
て
い
ま
す
。
新
鮮
な
カ
ニ
の
販
売
も
行
っ
て
い
る
ま
す
。
お
客
さ
ん
を
引
き
付
け
る
工
夫
な
ど
は
―
お
店
は
と
て
も
繁
盛
し
て
い
る
と
聞
い
て
い
ゆう や
勇栄丸 大鋸 勇哉
ル
が
ち
ょ
う
ど
い
い
と
思
っ
て
ま
す
。
と
仕
事
を
す
る
の
が
好
き
な
の
で
今
の
ス
タ
イ
ま
り
得
意
で
は
な
く
ど
ち
ら
か
と
い
う
と
黙
々
間
が
長
い
上
に
、
お
客
さ
ん
の
接
客
な
ど
は
あ
の
手
伝
い
に
も
入
っ
て
い
ま
し
た
が
、
拘
束
時
そ
の
当
時
は
時
々
、
コ
ン
ビ
ニ
エ
ン
ス
ス
ト
ア
完
全
に
今
の
状
態
に
な
り
ま
し
た
ね
。
ニ
は
七
年
ほ
ど
前
に
閉
め
ま
し
た
。
こ
う
し
て
そ
れ
か
ら
飲
食
店
を
今
の
形
態
に
し
、
コ
ン
ビ
う
と
い
う
こ
と
に
な
っ
た
ん
で
す
。
な
ど
が
行
わ
れ
、
う
ち
も
養
殖
か
ら
は
じ
め
よ
か
ら
始
め
ま
し
た
。
さ
ら
に
漁
協
の
試
験
養
殖
い
る
た
め
新
鮮
そ
の
も
の
で
、
そ
こ
が
人
気
な
説
が
あ
り
ま
す
が
、
と
に
か
く
太
良
で
は
海
も
ち
ろ
ん
太
良
町
と
言
え
ば
竹
崎
カ
ニ
出
は
じ
め
た
の
で
す
。
う
ち
も
二
十
年
ほ
ど
前
分
た
ち
で
養
殖
し
た
も
の
を
お
出
し
し
て
ま
せ
ん
が
、
な
ん
と
な
く
牡
蠣
焼
き
に
人
気
が
ん
で
す
。
誰
が
始
め
た
の
か
は
っ
き
り
わ
か
り
気
で
す
。
特
に
牡
蠣
は
こ
の
太
良
の
海
で
自
が
減
り
は
じ
め
ま
し
た
。
そ
の
原
因
は
い
ろ
ん
し
、
そ
の
あ
た
り
か
ら
牡
蠣
焼
き
が
始
ま
っ
た
ん
で
の
メ
イ
ン
商
品
は
「
牡
蠣
」
な
の
で
す
か
?
で
焼
い
て
食
べ
る
牡
蠣
焼
き
が
と
て
も
人
幸
が
と
て
も
有
名
な
の
で
す
が
、
こ
の
勇
栄
丸
さ
ら
養
殖
し
て
育
て
い
る
―
太
良
町
と
言
え
ば
、
竹
崎
カ
ニ
な
ど
有
明
海
の
物
の
販
売
を
行
っ
て
い
ま
す
。
こ
の
太
良
町
で
主
に
牡
蠣
(
カ
キ
)
焼
き
、
海
産
い
ま
す
。
店
の
名
前
は
「
カ
キ
焼
き
勇
栄
丸
」
、
大
鋸
勇
哉
さ
ん
(
以
下
、
大
鋸
)
:
大
鋸
勇
哉
と
い
い
し
ま
す
。
―
ま
ず
は
お
名
前
、
そ
し
て
お
店
の
紹
介
を
お
願
太
良
町
商
工
勇 会
栄 青
年
丸 部
カ
キ
焼
き
ケ
ー
シ
ョ
ン
が
人
気
勇
哉
他
で
は
見
な
い
大
粒
の
牡
蠣
は
な
ん
と
自
で で 町 る い し と 冬 夏 の 木 私 時 エ 大
も す で 決 生 か い 場 場 仕 課 は に ン 鋸
し 。 は 意 活 し う は が 事 を 港 漁 ス :
、 を 環 、 生 実 多 に 出 湾 師 ス も
ば
ま し 境 港 活 家 く 就 て 工 と ト と
ら
だ ま だ 湾 を に 、 き 、 事 い ア も
く
タ し っ の 送 帰 県 ま 潜 が う を と
す
イ た た 仕 っ り 外 し 水 し 仕 こ は
る
ラ 。 た 事 て 、 各 た 士 た 事 の 父
と
ギ そ め は い 漁 地 。 の い も 地 が
タ
漁 の 、 遠 た 師 に 港 資 と や で 飲
イ
が 当 帰 出 の の 出 湾 格 思 っ や 食
ラ
盛 時 っ も で 仕 て の を い て っ 店
ギ
ん は て 多 す 事 仕 工 取 、 い て と
の
だ こ 漁 く 。 を 事 事 り 高 ま い コ
漁
っ の 師 、
手 を は 、 校 し て ン
獲
た 太 を 厳
伝 し 主 工 で た 、 ビ
の 良 や し
う 、 に 事 土 。 同 ニ
量
苔
、
カ
ニ
な
ど
が
主
流
に
な
り
ま
し
た
。
し
か
大
鋸
有
明
海
を
見
な
が
ら
牡
蠣
焼
き
が
出
来
る
ロ
よ
う
に
な
っ
た
の
で
し
ょ
う
か
?
ら
し
い
眺
望
が
開
く
―
大
鋸
さ
ん
自
身
が
商
工
会
青
年
部
員
と
し
て
ブ
ロ
グ
で
広
が
っ
た
か
ら
こ
そ
、
取
材
も
受
け
船
を
甲
板
に
見
立
て
た
二
階
席
か
ら
は
素
晴
が
少
な
い
と
い
う
こ
と
で
し
ょ
う
か
?
あ
と
は
ど
う
し
て
も
天
気
が
悪
い
と
お
客
さ
ん
す
ぎ
る
と
死
ん
で
し
ま
う
こ
と
が
あ
る
ん
で
す
。
や
り
や
す
い
と
思
い
ま
す
が
、
水
温
が
高
く
な
り
い
と
い
け
な
い
ほ
ど
で
は
な
く
、
養
殖
と
し
て
は
り
受
け
な
い
し
、
管
理
も
そ
れ
ほ
ど
手
を
掛
け
な
ま
す
。
牡
蠣
は
台
風
や
赤
潮
な
ど
の
影
響
は
あ
ま
に
よ
っ
て
は
牡
蠣
の
生
育
も
心
配
だ
っ
た
り
し
が
必
要
で
は
あ
り
ま
す
ね
。
そ
れ
に
、
特
に
気
候
り
な
ど
、
違
い
が
あ
る
の
で
気
持
ち
の
切
り
替
え
夏
場
の
漁
や
養
殖
の
仕
事
、
冬
場
の
店
の
切
り
盛
大
鋸
:
一
年
を
通
し
て
仕
事
が
一
様
で
は
な
く
、
ん
で
す
か
?
―
で
は
、
こ
の
お
仕
事
で
苦
労
し
て
い
る
点
は
な
れ
た
の
で
は
な
い
か
と
思
っ
て
ま
す
。
こ
れ
ら
は
口
コ
ミ
で
広
が
っ
た
り
、
勇
栄
丸
の
厳
し
い
目
で
選
別
を
行
っ
て
い
る
さ
ん
が
と
て
も
増
え
て
い
ま
す
。
て
、
特
に
福
岡
や
大
分
な
ど
県
外
か
ら
の
お
客
る
と
い
う
の
が
お
客
さ
ん
に
も
伝
わ
っ
て
い
こ
と
も
大
き
く
、
牡
蠣
を
養
殖
し
て
出
し
て
い
あ
ら
ゆ
る
メ
デ
ィ
ア
で
取
り
上
げ
て
も
ら
っ
た
て
、
本
当
に
絶
景
で
す
よ
。
晴
れ
た
日
で
あ
れ
ば
干
潟
が
遠
く
ま
で
見
れ
を
作
っ
た
こ
と
も
喜
ん
で
も
ら
っ
て
い
ま
す
。
に
建
物
を
改
装
し
、
船
の
形
に
し
て
、
二
階
席
ョ
ン
は
と
て
も
受
け
て
い
ま
す
。
三
年
ほ
ど
前
が
ら
牡
蠣
を
食
べ
る
こ
と
が
出
来
る
ロ
ケ
ー
シ
ま
し
た
が
、
ア
ク
セ
ス
の
良
さ
と
海
を
眺
め
な
あ
り
ま
す
。
以
前
か
ら
こ
ち
ら
で
商
売
し
て
い
大
鋸
:
や
は
り
場
所
が
よ
か
っ
た
と
い
う
の
は
自
ら
育
て
上
げ
た
牡
蠣
は
自
慢
の
品
太良町の牡蠣をもっと有名にしたい。寡黙な仕事人の夢 ―
大
鋸
:
太
良
町
自
体
は
観
光
、
飲
食
店
の
町
で
も
み
ま
す
か
?
仕
事
で
の
今
後
の
展
開
は
ど
の
よ
う
な
こ
と
を
望
―
な
る
ほ
ど
、
で
は
青
年
部
に
限
ら
ず
、
こ
の
お
合
い
は
し
て
い
な
い
と
思
い
ま
す
。
(
水
・
池
・
米
・
新
・
誠
)
と
期
待
し
て
お
り
ま
す
。
漁
を
す
る
時
期
が
あ
っ
た
り
し
て
飲
食
店
の
顔
タ
ー
ト
へ
向
け
て
こ
れ
か
ら
頑
張
っ
て
い
た
だ
け
た
ら
を
し
て
い
る
仲
間
も
多
い
で
す
が
、
ど
う
し
て
も
太
良
町
商
工
会
青
年
部
の
次
の
エ
ー
ス
と
な
り
、
夢
の
ス
う
の
が
本
心
で
す
ね
。
青
年
部
自
体
に
は
飲
食
店
く
利
用
で
き
る
と
思
い
ま
す
。
大
鋸
さ
ん
ご
自
身
が
こ
の
る
こ
と
と
言
わ
れ
て
も
よ
く
わ
か
ら
な
い
と
い
―
そ
れ
ら
を
行
う
た
め
に
今
後
商
工
会
青
年
部
を
う
ま
席
す
る
く
ら
い
で
し
ょ
う
か
?
だ
か
ら
期
待
す
い
な
い
の
が
現
状
で
す
。
大
き
な
イ
ベ
ン
ト
に
出
う
気
持
ち
は
あ
り
ま
す
。
る
と
い
う
わ
け
で
は
な
く
、
な
か
な
か
出
席
し
て
を
牡
蠣
焼
き
街
道
と
言
わ
れ
る
く
ら
い
に
し
た
い
と
い
ち
ま
す
が
、
実
際
に
は
そ
れ
ほ
ど
深
く
関
わ
っ
て
た
い
で
す
ね
。
さ
ら
に
は
こ
の
通
り
(
国
道
大
鋸
:
商
工
会
青
年
部
に
入
部
し
て
十
年
ほ
ど
た
で
す
が
、
も
っ
と
も
っ
と
海
産
物
に
注
目
し
て
も
号 ら
線 い
)
207
今
日
は
お
忙
し
い
と
こ
ろ
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
で
い
る
時
間
も
限
ら
れ
て
い
る
の
で
、
深
い
付
き
か
せ
て
く
だ
さ
い
。
ほ
ぼ
な
く
な
り
、
今
は
カ
ニ
と
牡
蠣
、
海
苔
が
メ
イ
ン
あ
り
、
そ
の
中
心
は
や
は
り
海
産
物
。
タ
イ
ラ
ギ
漁
が
青
年
部
へ
の
関
わ
り
や
期
待
す
る
こ
と
な
ど
を
聞
お お が
ゆう や
大鋸 勇哉
昭和52年生まれ
佐賀中央工業高等学校卒業
繁盛店となったカキ焼き店を経営。
現在は太良町の名店の一つとなる。
カキ焼き 勇栄丸
佐賀県藤津郡太良町多良
4227-7
TEL:0954-67-0122
竹崎カキ・竹崎カニ
カウンター席16席
テーブル席41席(1テーブル4人)
あ
り
ま
す
か
?
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
71
File Size
684 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content