close

Enter

Log in using OpenID

「一期生 20 人による はじめての卒業制作展」

embedDownload
大同大学 情報学部
情報デザイン学科プロダクトデザイン専攻
「一期生 20 人による はじめての卒業制作展」
2012 年 2 月
リアリティを求めるプロダクトデザインのモデル製作において、様々な素材が切削できる MDX-40
の利用価値は、はかり知れません
井藤隆志先生(前列中央)と一期生:2010 年撮影
井藤 隆志 准教授(左)、境谷 慎吾 技術職員(右)
(准教授 井藤 隆志 先生談:2012 年 2 月)
プロダクトデザイン専攻の RP 造型機のひとつとして、Modela MDX-40 を 10 台
導入しています。
3 年次前期必修科目「CAD 製図応用Ⅱ」における木製スプーンのデザインおよ
び 3D サーフェスモデリング&ラピッドプロトタイピングによって、本校の学生は、
3 次元の CAD のスキルに加え、3 次元切削のスキルも養っています。
情報デザイン学科プロダクトデザイン専攻は 2008 年に設置され、この 3 月に初
めての卒業生を輩出することとなりました。
今回、卒業研究の成果として、2012 年 2 月 15 日~18 日の 4 日間で卒業制作
展を開催しました。
卒業研究は下記のような日程で進めてきました。
4 月 卒業研究開始
6 月 第 1 回プレゼンテーション <テーマ/コンセプト/リサーチ>
9 月 第 2 回プレゼンテーション
<リサーチ/アイデアスケッチ/ラフモデル>
12 月 模型完成
1 月 模型修正、検証、写真撮影、および論文提出
2 月 最終プレゼンテーション <最終モデル>、卒業制作展
実際に MDX-40 を使用し製作を行ったのは 19 作品中 8 作品で、約半数の製
作に活用されました。
素材もアクリル、ABS、MDF、ケミカルウッド、天然木と、各作品に適した材料が
使用されています。リアリティを求めるプロダクトデザインのモデル製作におい
て、前記の様々な素材が切削できる MDX-40 の利用価値は、はかり知れませ
ん。
展覧会には大学構内の展示ではありましたが、学生や大学教員以外にも、メ
ーカー、デザイナー、高校教員、高校生など様々な方が来場されました。中に
はデザイン試作メーカーの方も来場、熱心に見学され、各アイデアの発想と 3
D造形機を活用したモデルの完成度に驚かれていました。
来場者からは、下記のようなコメントをいただきました。
・1つ1つ個性のある作品で見ていて楽しかった。
・豊かな発想に感心した。
・形だけでなく機能も考えられており、実際に使ってみたい。
・近未来のアイデアが現実を踏まえた提案となっており、若者の未来を感じ
た。
・3DCAD、3D 造形機をフル活用していて大学らしさが出ている。
以上、概ね良い感想が得られましたが、モデルとしての最終表面仕上げの甘
さ、パネルのみでなく動画などで見たい、検証の追及など、今後の参考となる
有意義な意見も得られました。
20 名中 9 名、19 作品中 8 作品に MDX-40 が活用されました
青木貴哉「SCAPE」
写真や絵を利用するスピーカ
ー
安藤寿紀「BOOMERANG」
タブレット PC 型のミーティング
テーブル
榎本裕人「One’s」
異素材を組み合わせた男性向
けジュエリーの提案
小暮亜希子「iPass」
スマートフォンのアプリと連携
する新しいギフト提案
喜多川香里「blossom」
新スタイルの化粧品とそのケ
ースの提案
田中快・宮本健吾「Life」
生活の水回りをひとつにまと
めた回転型ユニット
平手絵光「réseau」
組み合わせを変えられるオリ
ジナル香水瓶
米津忠司「MEMO」
熟年層に使いやすく親しみや
すい携帯電話の提案
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
810 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content