図面A1縮小版(5頁)

⑥
施
度
6年
H2
縮
装
置
】
復 H 25
(伸 年
縮 度施
装 工
置
下
)
替
取
⑥
取
工
修
伸
【
修
替
取
工
面
【
伸
縮
】
置
⑥
断
断
伸
【
装
縮
工
工
施
度
6年
装
置
】
復 H 25
(伸 年
縮 度施
装 工
置
下
)
⑥
取
断 替
面 工
修
復( H
伸 25
縮 年
装 度
置下 施
) 工
H2
6年
度
】
置
面
工
施
H2
工
施
度
6年
H2
⑥
取
断 替
面 工
修 H
復 25
(伸 年
縮 度施
装 工
置
下
)
装
置
】
復 H 25
(伸 年
縮 度施
装 工
置
下
)
縮
断
面
【
伸
【
修
伸
修
伸
面
【
工
装
縮
A1 S=1:250
A3 S=1:500
替
工
施工 )
】 度 下
置 5年 置 工
装 H2 縮 装 度 施
(伸 6年
復 H2
面修
断
断
図
縮
替
取
⑥
面
伸
取
⑥
工
替
側
【
縮
装
置
】
復 H 25
(伸 年
縮 度施
装 工
置
下
)
H2
H2
6年
6年
度
度
施
施
工
工
大田原橋補修計画一般図(1)
【歩道部舗装】②コンクリート舗装撤去工 / ③橋面防水工 / ⑤コンクリート舗装工
H26年度施工(第1~4径間 左側歩道) H27年度施工(第1~第4径間 右側歩道、第5~6径間両側歩道)
【車道部舗装】①アスファルト舗装撤去工 / ③橋面防水工 / ④アスファルト舗装工
H26年度施工(第1~4径間 左車線)
H27年度施工(第1~第4径間 右車線、第5~6径間両車線)
195350
50
31500
50
33000
50
33000
50
33000
50
33000
50
31500
50
450
30700
400 400
32200
400 400
32200
400 400
32200
400 400
32200
400 400
30700
450
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
⑯落橋防止構造工
F
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
M
⑯落橋防止構造工
F
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
M
⑯落橋防止構造工
F
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
M
F
⑯落橋防止構造工
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
M
⑯落橋防止構造工
F
【高欄】
⑦嵩上工
H27年度施工
⑯落橋防止構造工
M
⑯落橋防止構造工
F
M
4400
6300
10200
12146
12200
12146
10200
6300
H.W.L 591.05
4400
計画河床 585.53
7000
A1
7000
P1
7000
7000
7000
P2
P3
P4
平
面
図
P5
A2
A1 S=1:250
A3 S=1:500
【照明装置】
⑩補修工
【照明装置】
⑩補修工
195350
50
31500
50
33000
50
33000
50
33000
50
33000
50
31500
50
450
30700
400 400
32200
400 400
32200
400 400
32200
400 400
32200
400 400
30700
450
【排水装置】
⑧補修工
H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H25年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H25年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H26年度施工(左車線)
H27年度施工(右車線)
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H26年度施工(左側歩道)
H27年度施工(右側歩道)
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H26年度施工(左車線)
H27年度施工(右車線)
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H26年度施工(左側歩道)
H27年度施工(右側歩道)
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H26年度施工(左車線)
H27年度施工(右車線)
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H26年度施工(左側歩道)
H27年度施工(右側歩道)
【照明装置】
⑩補修工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【親柱】
⑨補修工
【排水装置】
⑧補修工
H25年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工
H25年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H26年度施工(左車線)
H27年度施工(右車線)
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H26年度施工(左側歩道)
H27年度施工(右側歩道)
【親柱】
⑨補修工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【伸縮装置】
⑥取替工H25年度施工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
太田切川
【親柱】
⑨補修工
【排水装置】
⑧補修工
H27年度施工
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H27年度施工(両車線)
【親柱】
⑨補修工
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H27年度施工(両車線)
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H27年度施工(両側歩道)
【照明装置】
⑩補修工
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H27年度施工(両側歩道)
補修・補強計画一覧
断
面
A1 S=1:50
A3 S=1:100
図
工
橋
8200
350
【高欄】
⑦嵩上げ・横桟取替え
H27年度施工
7500
750
350
6000
750
3000
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H26・H27年度施工
【高欄】
⑦嵩上げ・横桟取替え
H27年度施工
3000
【車道部舗装】
①アスファルト舗装撤去工
③橋面防水工
④アスファルト舗装工
H26・H27年度施工
【歩道部舗装】
②コンクリート舗装撤去工
③橋面防水工
⑤コンクリート舗装工
H27年度施工
1595
【床版】
⑬断面修復工
【横桁】
⑫横桁補修工
【主桁】
⑪主桁補修工
875
[email protected]=6450
875
面
種
種
別
1
車道部既設As舗装撤去工
アスファルト舗装 t = 50~110 mm
2
歩道部既設Co舗装撤去工
コンクリート舗装t=3cm・縁石・中詰コンクリート
3
橋面防水工
シート系防水・導水パイプ
4
車道部As舗装工
密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型)
5
歩道部Co舗装工
中詰コンクリート(舗装一体施工)t=260~268mm・縁石
6
伸縮装置取替工
鋼製フィンガージョイント
7
高欄改良・補修工
アルミ製高欄嵩上げ・横桟取替
8
排水装置補修工
3種ケレン・再塗装,清掃,桝蓋設置
9
親柱補修工
コンクリートはつり・断面修復
10
照明装置補修工
3種ケレン・再塗装
橋
体
現橋主諸元表
t = 50~110 mm
工
主桁補修工
ひびわれ注入,断面修復,含浸材塗布
12
横桁補修工
断面修復
13
床版補修工
断面修復
部
考
橋
格
不明
橋
長
195.35m
長
30.70m+32.20m×4+30.70m
員
有効幅員7.50m,
支
11
下
備
工
工
幅
Rc-Ⅲ塗装系
Rc-Ⅲ塗装系
間
総幅員8.20m
上部工形式
6径間単純ポストテンション方式PCT桁橋
下部工形式
重力式橋台(直接基礎)・壁式(小判柱)橋脚(直接基礎)
平 面 線 形
直線
斜
θ=90°
角
設 計 荷 重
不明
地 震 係 数
不明
交 差 物 件
(一)太田切川
竣 工 年 度
1970(昭和45)年3月
平成27年度 社会資本整備総合交付金
橋梁長寿命化修繕事業 橋梁補修工事
1
補修計画一般図 縮尺 図示
5
番号
市道下街道本線
駒ケ根市 大田原橋
部長 片桐 課長 杉山 照査 山本 設計 遠山
駒ケ根市役所
1968(昭和43)年プレストレストコンクリート道路橋示方書
適用示方書
1968(昭和43)年道路橋下部工構造設計指針
設計会社
株式会社 管理技術者 近
長野技研 照査技術者 吉
ひびわれ注入,橋座清掃工
測量会社
主任技術者
橋脚補修工
ひびわれ注入,断面修復,含浸材塗布,橋座清掃工
調査会社
主任技術者
落橋防止構造工
コンクリート縁端拡幅
14
橋台補修工
15
16
藤
原
橋面補修図(1)
平
300
面
図
S=1:250
30900
32400
32400
32400
32400
30900
51×600=30600
54×600=32400
54×600=32400
54×600=32400
54×600=32400
51×600=30600
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26年度施工
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26年度施工
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26年度施工
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H27年度施工
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
300
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H27年度施工
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
1.既設車道アスファルト舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) t=50~110mm
H26・H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26・H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26・H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H26・H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H27年度施工
1.既設歩道コンクリート舗装撤去
2.橋面防水(シート系)
3.歩車道境界ブロック設置
4.中詰・舗装コンクリート打設
H27年度施工
H27年度施工
H27年度施工
H27年度施工
H27年度施工
H27年度施工
※歩道コンクリート舗装には,10m程度間隔でカッター目地を入れること.
195350
50
31500
50
33000
50
33000
50
33000
50
33000
50
31500
50
350
30900
300 300
32400
300 300
32400
300 300
32400
300 300
32400
300 300
30900
350
フレキシブルステンレス管φ25mm
H26年度施工
防水層(シート系)
フレキシブルステンレス管φ25mm
H26年度施工
防水層(シート系)
導水パイプφ18×30.9m H26年度施工
導水パイプφ18×30.9m H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H26年度施工
防水層(シート系)
導水パイプφ18×32.4m H26年度施工
導水パイプφ18×32.4m H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
導水パイプφ18×32.4m H26年度施工
防水層(シート系)
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
導水パイプφ18×32.4m H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
防水層端部処理図(A部)
導水パイプφ18×32.4m H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
防水層(シート系)
導水パイプφ18×32.4m H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
H27年度施工
S=1:20
歩車道境界ブロックB
180
導水パイプφ18×30.9m H27年度施工
導水パイプφ18×30.9m H27年度施工
導水パイプφ18×6.0m
導水パイプφ18×6.0m
導水パイプφ18×6.0m
H27年度施工
H27年度施工
H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
H27年度施工
注:導水パイプは既存排水桝に接続して排水すること。
:伸縮装置部は導水パイプをフレキシブルステンレス管に接続し,
桁端から排水すること。排水は下部工に当らないようにすること。
防水層端部処理図(B部)
50
10 250
S=1:50
導水パイプφ18×6.0m
H26・H27年度施工
フレキシブルステンレス管φ25mm
H27年度施工
防水層(シート系)
導水パイプφ18×32.4m H26年度施工
導水パイプφ18×32.4m H27年度施工
歩車道境界ブロック
上部工断面図
フレキシブルステンレス管φ25mm
H26年度施工
8200
350
7500
750
6000
3000
地覆
敷モルタル
350
205
750
3000
成形目地材
W=50mm t=5mm
中詰コンクリート
舗装一体
歩車道境界ブロックB
中詰コンクリート
密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型) 50~110mm
1.5%
導水パイプ
φ18
密粒度アスコン(13F 改質Ⅱ型)
S=1:20
端末処理材
As舗装 t=50mm
730
B部
防水層(シート系)
550
50
450
180
防水層(シート系)
防水層(シート系)
50
平成27年度 社会資本整備総合交付金
橋梁長寿命化修繕事業 橋梁補修工事
2
橋面補修図(1) 縮尺 図示
5
歩車道境界ブロックB
番号
1.5%
市道下街道本線
駒ケ根市 大田原橋
50
260
268
A部
歩道部断面図
1.5%
2.0%
2.0%
中詰コンクリート
部長 片桐 課長 杉山 照査 山本 設計 遠山
駒ケ根市役所
設計会社
鉄筋金網
D6 100×100
中詰コンクリート
舗装一体
注記) 1.補修個所の寸法は,現場計測にて再度確認すること。
株式会社 管理技術者 近
長野技研 照査技術者 吉
測量会社
主任技術者
調査会社
主任技術者
藤
原
橋面補修図(4)
高欄嵩上図(その1)
(平成27年度施工)
平
面
図
S=1/300
嵩上げ高欄総延長:390M500
注記
1.記入寸法はトップレールセンター押えとし、実長で示す。
2.図中○印は嵩上げポスト取付位置を示し、|印はトップレール継手部を示す。
3.嵩上げ高欄の製作勾配は全てレベル用とする。
4.記入寸法は現地実測により確認の上製作の事。
橋 長 195350
50
桁 長 31500
50
桁 長 33000
50
桁 長 33000
50
桁 長 33000
50
桁 長 33000
50
桁 長 31500
50
終 点
市道古田切線
起 点
市道古田切線
嵩上げ高欄長
[email protected]=192500
1300 75
350
75 1300
195250 H27年度施工
7500
A
A
A1
伸縮量50mm
伸縮量50mm
P1
伸縮量50mm
P2
伸縮量50mm
伸縮量50mm
P4
伸縮量50mm
P5
伸縮量50mm
A2
伸縮量50mm
大田切川
350
伸縮量50mm
伸縮量50mm
P3
75
1300
[email protected]=192500
嵩上げ高欄長
姿
図
1300
S=1/30
A-A
75
1300
2500
75
195250 H27年度施工
伸縮部
2500
2500
2500
450
伸縮部用スリ ーブ
400
親柱
50( 伸縮部)
A1
50
75
平成27年度 社会資本整備総合交付金
橋梁長寿命化修繕事業 橋梁補修工事
3
橋面補修図(4) 縮尺 図示
5
番号
市道下街道本線
駒ケ根市 大田原橋
部長 片桐 課長 杉山 照査 山本 設計 遠山
駒ケ根市役所
設計会社
株式会社 管理技術者 近
長野技研 照査技術者 吉
測量会社
主任技術者
調査会社
主任技術者
藤
原
橋面補修図(5)
高欄嵩上図(その2)
(平成27年度施工)
材料表
姿
図
S=1/30
全数(=390M500)
部番
L2
2500
2500
称
1
嵩上げポスト
2
トップレール
2500
寸
度
単
重
端
L1
考
概算重量
60
2.821
14.08
844.8
2.821
8.17
81.7
伸縮部
4545.0
10
2.821
12.82
128.2
伸縮部
3867.0
4
2.821
10.91
43.6
50.0
72
3.014
0.15
10.8
10
3.014
トップレールスリーブ
4
六角ボルト
M12x35
320
5
甲丸ボルト
M12x50
6
なべ小ネジ
M4x20
7
エンドキャップ
t3
端部
A6061S-T6
1.36
13.6
0.07
22.4
A2-50 SUS
N1,W1,SW1
640
0.09
57.6
A2-70 SUS
N1,W2,SW1
72
0.003
0.2
SUS304
W1,SW1
4
0.11
0.4
アルミ合金材
断面A-A
総重量
1916.9
M当り
4.9
注記
伸縮部
Kg
Kg/M
100
M
12x35
150
105
現地にて既設支柱側にφ20に穴開け。
A
A
B
B
C
C
45
261
A6061S-T6
嵩上げポスト
S=1/3
φ20穴
新設トップレール天端まで
460
アルミ 合金材
ト ッ プスリ ーブ
90
A6061S-T6
備
10
3
エンド キャッ プ
AC7A- F相 当
216
AC7A-F相当
3
▽新設ト ッ プレール天端
▽既設ト ッ プレール天端
4-M
12x50
A2-70
SUS
ア部
15
断面B-B
150
739
既設支柱
1105
1000
既設支柱に現地穴開け
180
154
15
R2000
R2250
30
90
30
車道側
150
105
460
713.6
4990.0
40
約 10
M
4x20
φ 90
4.46
ア部詳細図
50
ト ッ プレール
SUS 304
SUS
質
部
A6061S-T6
A2-50
材
S=1/6
継手部
105
総重量
2895.0
150
φ 90
1本当
160
450.0
嵩上げ高欄取付詳細図
数 量
φ20穴
L1
名
断面C-C
平成27年度 社会資本整備総合交付金
橋梁長寿命化修繕事業 橋梁補修工事
4
橋面補修図(5) 縮尺 図示
5
番号
市道下街道本線
駒ケ根市 大田原橋
350
注記
部長 片桐 課長 杉山 照査 山本 設計 遠山
1. 本高欄の設計仕様は(社)日本アルミニウム協会 土木製品開発委員会作成
「アルミニウム合金製橋梁用防護柵設計要領」(平成22年10月)による。
2. 本高欄の嵩上げポストは、レベル用を示し、0~2.5%勾配に使用とする。
駒ケ根市役所
設計会社
3. 本高欄の表面処理については別途打合せとする。
150
株式会社 管理技術者 近
長野技研 照査技術者 吉
測量会社
主任技術者
調査会社
主任技術者
藤
原
橋面補修図(6)
S=1:250
上流側側面図
レール取替え
H27年度施工
A1
P1
P2
P3
平
【親柱】
①全面はつり
②断面修復工
面
P4
P5
A2
図
【親柱】
①全面はつり
②断面修復工
195350
50
31500
【照明装置】
①塗装工
【親柱】
①全面はつり
②断面修復工
50
33000
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H25年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H25年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
50
【照明装置】
①塗装工
33000
50
33000
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H25年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H25年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
50
33000
【照明装置】
①塗装工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
50
31500
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
①排水桝清掃工
②排水管塗装工
③桝蓋設置
H27年度施工
50
【親柱】
①全面はつり
②断面修復工
【照明装置】
①塗装工
下流側側面図
支柱変形補修
H27年度施工
天端レール取替え
H27年度施工
親柱
レール取替え
H27年度施工
上部工断面図
全面はつり・断面修復工
レール取替え
H27年度施工
S=1:50
【排水装置・照明装置】塗替え塗装仕様
かぶり15mm以上
8200
350
7500
750
①
②
③
④
⑤
超高圧洗浄、ディスクサンダー等によるはつり、下地処理
鉄筋腐食部を防錆処理(エポキシ樹脂系防錆剤)
プライマー塗布
ポリマーセメントモルタル(左官方法)
養生
350
6000
750
3000
3000
2.0%
2.0%
1.5%
塗装種別
塗装内容
Rc-Ⅲ塗装系
素地調整 : 3種
下塗
: 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗
(鋼材露出部のみ)
下塗
: 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗
下塗
: 弱溶剤形変性エポキシ樹脂塗料下塗
中塗
: 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料中塗
上塗
: 弱溶剤形ふっ素樹脂塗料上塗
1.5%
平成27年度 社会資本整備総合交付金
橋梁長寿命化修繕事業 橋梁補修工事
5
橋面補修図(6) 縮尺 図示
5
鉄筋
番号
市道下街道本線
駒ケ根市 大田原橋
部長 片桐 課長 杉山 照査 山本 設計 遠山
駒ケ根市役所
排水管塗装塗替工
φ90 L=1.5m
Rc-Ⅲ塗装系
排水管塗装塗替工
φ90 L=1.5m
Rc-Ⅲ塗装系
設計会社
注記) 1.補修個所の寸法は,現場計測にて再度確認すること。
株式会社 管理技術者 近
長野技研 照査技術者 吉
測量会社
主任技術者
調査会社
主任技術者
藤
原