チェック・ポイント、新たなデータ・セキュリティ戦略の一環として ビジネス

2006年12月5日
【報道資料】
チェック・ポイント、新たなデータ・セキュリティ戦略の一環として
ビジネス情報セキュリティを強化
プロテクトデータ買収のための株式公開買付を発表
インターネット・セキュリティの分野で世界をリードするチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ・リミテ
ッド(Check Point® Software Technologies Ltd. インターナショナル本社:イスラエル ラマット・ガン、会長兼
CEO:ギル・シュエッド、NASDAQ:CHKP、以下:チェック・ポイント)は、エンタープライズ・データ・セキュリティ
分野のグローバル・リーダーである、ポイントセック・モバイル・テクノロジーズABの完全親会社であるプロテ
クトデータAB(publ)(PROT.ST)に対する総額約5億8,600万米ドルの現金による株式公開買付を発表しまし
た。この買付が成立するには、希薄化前または希薄化後の全Protect Data株式の90%以上の買収や規制当
局の承認、他の慣例的条件が満たされることが条件となります。
インターネット・セキュリティ分野のパイオニアでありリーダー企業であるチェック・ポイントは、世界中の企業
やコンシューマに最も包括的なセキュリティ・ソリューションを提供しています。また、独自のNGX™プラットフ
ォームを通して、ネットワーク全体を網羅する統一されたセキュリティ・アーキテクチャを提供する唯一の企
業です。 チェック・ポイントは、ノートPC、デスクトップPC、PDA、およびスマートフォン用データ・セキュリティ
の大手プロバイダであるポイントセックの買収より、企業の重要情報に対する保護を拡大するデータ・セキュ
リティ・ソリューション・レイヤの追加という次の事業戦略段階に進みます。このデータ保護は、チェック・ポイ
ントの統一セキュリティ・アーキテクチャのセキュリティおよびマネジメント機能の利点を利用することでさらに
強力なものになります。 ポイントセックの買収は、エンタープライズにおける全てのデータの保護という当社
のビジョンを達成するための第一歩です。
チェック・ポイントの会長兼CEOであるギル・シュエッド(Gil Shwed)は「データ漏えいや、厳格さが求められる
各種法規制により一段と厳さが増すビジネス環境において、セキュリティ保護をネットワーク・インフラストラ
クチャからデータそのものに拡大しなければならないのは明らかです。当社は、ポイントセックのデータ・セ
キュリティ分野における世界最高レベルのソリューションを取得することによって、当社の統一されたネット
ワーク・セキュリティ・アーキテクチャを補完する、最高の情報セキュリティをお客様に提供することが可能と
なります」と述べています。
プロテクトデータのCEOであるピーター・ラーソン(Peter Larsson)は、「チェック・ポイントの業界およびチャネ
ルにおけるリーダーシップにより、ポイントセックはイノベーションを加速するだけでなく、グローバルな市場
においてパートナーや顧客に当社の製品を提供することが可能となります」と述べています。
ポイントセックは、エンドポイントにおいて実証された確かな保護を提供する、データ自動暗号化ソリューショ
ンを実現しています。ポイントセックは、機密情報のセキュリティを確保することによって、企業によるリスク
の最小化、機密情報や情報資産の保護、また一般市民や株主の企業に対する信頼の強化を支援します。
ポイントセックのソリューションは数百万のエンドポイントにインストールされ、世界中の企業や政府機関を
保護しています。2006年1~9月のポイントセックの収益は前年同期比92%増の3億7,080万スウェーデン・ク
ローナ(5,240万米ドル)でした。また同期間の税引き後利益は前年同期比166%増の5,870万スウェーデン・ク
ローナ(830万米ドル)でした。
ギル・シュエッド会長兼CEOはさらに「今回の買収は、チェック・ポイントの統一セキュリティ・アーキテクチャ
をデータ・セキュリティへと拡大することを目的とする当社の戦略の第一歩となるものです。これによって新
たな市場機会が生まれ、当社のお客様およびパートナーにさらなるセキュリティと価値を提供できるようにな
るでしょう」と指摘しています。
重要な告知:この株式公開買付は、オーストラリア、カナダ、日本、南アフリカ、および公開買付の受諾に
関してスウェーデンの法律によって要求される書類以外の追加書類、申請またはその他の措置が要求さ
れるその他の地域の株主には適用されません。
Check Point Software Technologies Ltd.について
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ・リミテッド(www.checkpoint.com)はインターネット・セキュリティに
おけるトップ企業として、特に企業向けファイアウォール、コンシューマ向けインターネット・セキュリティ、および
VPNの世界市場においてマーケット・リーダーとして広く認められています。チェック・ポイントは、NGXプラットフォ
ームを通じて、企業ネットワークおよびアプリケーション、遠隔勤務者、支店・支社環境、およびパートナー各社の
エクストラネットのビジネス通信およびリソースを保護する、広範な境界、内部、Web、およびエンドポイント・セキ
ュリティ・ソリューションのための統一されたセキュリティ・アーキテクチャを提供しています。チェック・ポイントの
ZoneAlarm Internet Security Suiteとその他のコンシューマ向けセキュリティ・ソリューションは、今日業界で最も
高い評価を得ており、世界中で何百万人ものユーザをハッカー、スパイウェア、ウイルス、および個人情報窃盗
から未然に保護しています。またチェック・ポイントは、数百社におよぶ各分野のトップベンダーが提供する “ベス
ト・オブ・ブリード”ソリューションとの統合および相互運用性を実現するフレームワークであるOPSEC(Open
Platform for Security)により、自社ソリューションの能力をさらに拡大します。現在、チェック・ポイント・ソリューシ
ョンは、世界中の数千社ものパートナー・ネットワークを通じて販売、導入、サービス提供されています。チェック・
ポイントの顧客には、Fortune 100社の全社と何万ものあらゆる規模の企業や組織が含まれています。
Protect Data AB (publ)およびPointsec Mobile Technologies ABについて
ポイントセックは、世界のモバイル機器セキュリティにおいて事実上の標準となっています。最多の導入顧客を誇
り、最高レベルの各種認定を取得しており、他のどの企業よりも包括的に各種機器をカバーしています。ポイント
セックは、機密性の高い情報が保存されるにもかかわらず最も脆弱なポイントであるモバイル機器に対し、自動
的なデータ暗号化によって実証された確かな保護を与える、信頼性の高いソリューションを提供しています。ポー
タブルPC、PDA、スマートフォン、リムーバブルメディアに保存された機密性の高い情報のセキュリティを確保す
ることで、企業や公共機関はイメージを向上し、リスクを極小化し、機密情報を秘匿し、情報資産を保護し、一般
の人々や株主からの信頼を獲得することができます。ポイントセックの顧客には、世界中の優良企業や公共機関
が含まれています。ポイントセックは14カ国で事業を展開しており、全大陸でパートナーを持っています。
詳細は同社のウェブサイトwww.pointsec.comをご覧下さい。
ストックホルムに本社を置くProtect Data AB (publ)(PROT.ST)は、1988年に設立され、1997年よりスウェーデ
ン の ス トッ クホ ル ム 株 式 市 場 に 上 場 し て い ま す。 Protect Data は 、 100%所 有 子 会 社 の Pointsec Mobile
Technologies ABを中心に事業を展開しています。詳細は同社のウェブサイトwww.protecdata.comをご覧下さ
い。
####
2
©2003-2006 Check Point Software Technologies Ltd. All rights reserved.
Check Point, Application Intelligence, Check Point Express, Check Point Express CI, Check Pointのロゴ, AlertAdvisor, ClusterXL,
ConnectControl, Connectra, Connectra Accelerator Card, Cooperative Enforcement, Cooperative Security Alliance, CoSa,
DefenseNet, Eventia, Eventia Analyzer, Eventia Reporter, Eventia Suite, FireWall-1, FireWall-1 GX, FireWall-1 SecureServer,
FloodGate-1, Hacker ID, IMsecure, INSPECT, INSPECT XL, Integrity, Integrity SecureClient, Integrity Clientless Security, InterSpect,
IQ Engine, NG, NGX, Open Security Extension, OPSEC, OSFirewall, Policy Lifecycle Management, Provider-1, [email protected],
SecureClient, SecureClient Mobile, SecureKnowledge, SecuRemote, SecurePlatform, SecurePlatform Pro, SecureServer,
SecureUpdate, SecureXL, SecureXL Turbocard, SiteManager-1, SmartCenter, SmartCenter Express, SmartCenter Power,
SmartCenter Pro, SmartCenter UTM, SmartConsole, SmartDashboard, SmartDefense, SmartDefense Advisor, Smarter Security,
SmartLSM, SmartMap, SmartPortal, SmartUpdate, SmartView, SmartView Monitor, SmartView Reporter, SmartView Status,
SmartViewTracker, SofaWare, SSL Network Extender, Stateful Clustering, TrueVector, Turbocard, UAM, UserAuthority,
User-to-Address Mapping, VPN-1, VPN-1 Accelerator Card, VPN-1 Edge, VPN-1 Express, VPN-1 Express CI, VPN-1 Power, VPN-1
Power VSX, VPN-1 Pro, VPN-1 SecureClient, VPN-1 SecuRemote, VPN-1 SecureServer, VPN-1 UTM, VPN-1 UTM Edge, VPN-1
VSX, Web Intelligence, ZoneAlarm, ZoneAlarm Anti-Spyware, ZoneAlarm Antivirus, ZoneAlarm Internet Security Suite, ZoneAlarm
Pro,Zone Labs, Zone Labsのロゴは、Check Point Software Technologies Ltd. あるいはその関連会社の商標または登録商標です。そ
の他の企業、製品名は各企業が所有する商標または登録商標です。本書で記載された製品は米国の特許No.5,606,668、5,835,726、
6,496,935、6,873,988、および6,850,943により保護されています。その他の米国における特許や他の国における特許で保護されて
いるか、出願中の可能性があります。
《本件に関するお問い合わせ先》
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社
Email: [email protected]
Tel: 03-5367-2500 / Fax:03-5367-2501
3