close

Enter

Log in using OpenID

パイプライン速報 2015No1 2014/10/01 発行

embedDownload
2015 No.1
2014.10.1
TEL&FAX. 03-5531-5849
E-mail [email protected]
9 月 26 日、2015 年度第 1 回団体交渉報告
LPG事業統合。新会社は 2015 年 4 月発足
組合:労働条件は? 統合会社へは出向か?
当初「出向」
、将来「転籍」を危惧
会社:まだ何も決まっていない。年末までに大車輪で
女性の「活躍推進」
組合:法律の施行を待つことなく、より前向きに
会社:できるものは何でもやる
新年度本部役員
じて、労使協議を通じて目標を決めるべきだ。昭和シェルは他
【組合】9月13日に定期大会を開催して中央役員の改選をし
の日本企業に比べれば進んでいるので、
更に一歩進めるべきだ。
た。
(既に通知済み)
香藤会長が「性別管理はしていない(から性別賃金を公表しな
委員長
瀧 秀樹 (本社支部)
い)
」と言っているが、それではこれから取り残される。無意識
副委員長 柚木康子 (本社支部)
のうちにジェンダーバイアス(性差別あるいは性的偏見)がか
書記長
倉知 博 (本社支部)
かって差が生じている。性差がある場合、それが何によるもの
委 員
野口勝行 (厚木支部)
かを分析し、
是正する必要がある。
トップの意識改革が必要だ。
委 員
越川憲一 (SCJ支部)
【会社・大久保】昭和シェルは、仕組み・制度・運用とも進ん
委 員
大島伸一 (本社支部)
でいる。看護、育児とも高い数値だ。女性の積極採用は 10 年以
会計幹事 岡崎正典 (東京支部)
上前から取り組んでいる。これから突然何かを始める、という
年間要求は大幅に削減。就業から始業までのインターバル
11 時間以上を新たに要求。
【組合】大会で年間要求を決めたので提出する。今のところ(6
0歳定年前の)現役の組合員がいないこともあり、組合の理念
的なものに絞り、従来より項目を減らした。
「時間外および休日
労働、フレックス制度」要求で、
「次の就業までのインターバル
として 11 時間を確保すること」を新たな要求とした(EUでは
労働時間指令によって定められている)
。
前夜遅くまで勤務し翌
朝早くから、というのは健康に問題がある。月次フレックス制
度への管理職の理解も深めてもらいたい。
(7 時~22 時の範囲で
あれば、一日単位では通常「残業」は発生しない)回答指定日
を 12 月 12 日とする。
【会社・大久保】分かりました。
のではなく、ベースのところで先んじている。
【組合】大卒だけでなく、従来からいる非大卒の処遇も考える
べきだ。評価の中にジェンダーバイアスが入らないようにしな
いといけない。学歴に関係なく登用される、ということが分か
ることが重要だ。
【会社・大久保】女性を登用しようという考えはある。仕事を
する人が良い人で、
「男女」ではない。昔に比べれば変わった。
【組合】情報開示は、求職する人にとっても「この会社は働き
甲斐があるとどうか」を知る上で有効だ。良い人材を取るため
にも前向きな取り組みをすべきだ。
【会社・大久保】東洋経済にも踏み込んで開示してきた(それ
が、内閣府男女共同参画局の「女性の活躍 見える化」サイト
に紹介された)し、できるものは何でもやる。
女性の活躍推進。トップの意識改革が必要
【会社・新留】情報開示は社会が求めている。その傾向は更に
【組合】女性の活躍推進について、国が法律を施行する前に、
強まっていくと認識している。企業価値を高めるという観点か
積極的に具体的な数値目標を掲げて取り組むべきだ。臨時国会
ら判断していきたい。女性の登用も過去に比べて進んだ。一歩
で何らかの形でポジティブアクション法案が出る。企業は相変
一歩階段を上がるように進めたい。
わらず義務付けには反対しているが、
今問題になっているのは、
【組合】評価分布に性差がないか分析する必要がある。
どういう項目を企業に公開させるかということ。
例えば応募数、
LPG新会社へは「出向」が一般論
管理職数、賃金、評価など。会社はこれまで数値目標は作らな
【組合】来年4月に新会社が発足予定だ。事業所がどこになる
いと言ってきたが、最早そういう状況にない。会社の実態に応
か、労働条件は?、新会社へは昭和シェルからどういう身分で
太陽電池、電力事業の見通し説明を
行くことになるのか、人員構成・規模が組合として大きな関心
事だ。いずれも未だ決まっていないと思うが、労働条件はどの
【組合】太陽電池事業の宮城県・大衡村工場の建設進捗は?
ようなやり方で、どのようなコンセプトで決めるのか。
【会社・新留】2015年4月稼働で、順調に進んでいて、1
【会社・新留】今決まっているのは来年4月に設立するという
0月以降に機材が入る。
ことだけ。会社名とかロゴ、要員、労働条件等も含めて、各社
【組合】現在のソーラーフロンティアの社員は何名くらい行く
代表者が集まってスタディーしているところ。年内には何らか
のか。
の発表をしないと間に合わない。
【会社・大久保】オペレーションするのに知っている人がいな
【組合】国内シェアはどれくらいになるのか。
いといけないので、当初は 10 人とか 20 人は行くが、基本的に
【会社・新留】24%くらいなので、
(独占禁止法との関連で)
は新たに人を採用している。地元で 50 人くらいになる。
公取との関係はない。
【組合】日本の電力会社の配電電線の容量の問題などもあって、
【組合】各々の会社から新会社に出向することになるのか。
電力会社が再生エネルギー買取を止める事態にもなっている。
【会社・大久保】まだ決まってないが、一般論としてはそうな
そういう状況では、現在許認可されているもの(6000 万KWく
る。
らい)が全て建設されるとは思えない。一方で今後FIT価格
【組合】出向後何年かで転籍、ということも危惧される。ホー
が下がることが見えている。今、国内に重点を置いてやってい
ムソリューションにいる人はどうなるのか不安があると思うの
るが、
不安要素がある。
今後の見通しについて改めて聞きたい。
で、それを払拭することを人事が表明すべきだ。人事制度につ
また、2016年の小売電力の自由化に向けて、雨後の竹の子
いての検討は人事部から誰か出ることになるのか。
どころではない勢いで電力事業者が増えている。販売価格の競
【会社・大久保】検討することになれば出ることになるが、具
争も厳しくなる。その面での事業見通しも教えて欲しい。
体的には決まっていない。年末までに大車輪でいろんなことを
7時以降就業原則禁止。早出残業は増えていない。
詰めて行くことになる。
【組合】(6月4日の団交で)「午後7時以降の就業原則禁止」
【組合】働いている人が将来に不安を覚えることがあってはな
に関し、フレックス制度との関係で問題あることを指摘した。
らないので、基本的な考え方をできるだけ早く開示することを
結果として早出残業が増えていることはないか。
求める。進捗状況を逐次知らせて欲しい。
【会社・青木】調べたが、そのようなことは耳に入っていない。
東燃ゼネラルとの協業は着々と
【組合】フレックス制度の主旨徹底をお願いしたい。
【組合】東燃ゼネラルとの協業の現状は?
以上
【会社・大久保】川崎地区でパイプラインによる融通、原油船
の共同運航、一部油槽所での相互利用開始。決めたことを着々
******************************************************
とやっている。
【組合】第二次高度化法が施行され、国の主導で業界再編をす
るような動きになっているが何か検討しているか。香藤会長も
パイプライン511号の訂正
8月27日発行の「パイプライン511号」2面で、LPG
「来るべき再編に備えて」
ということにたびたび言及している。
事業統合に触れて、
「エネサンス・トレーディング」と記載しま
【会社・新留】企業として将来勝ち残る姿は何かと考えた時、
したが、正しくは「エネサンス・ホールディングス」でした。
事業統合もあるだろうし、それにとどまらず会社統合もないこ
お詫びして訂正いたします。
読者からご指摘をいただきました。
とはない。いろんな可能性を検討してやらざるを得ない。再編
ありがとうございました。
があるかどうかにこだわらず、常に業界トップの競争力を保持
(パイプライン編集部)
するのはどの時代でも必要で、仮に再編があるときは、イニシ
アチブを取れる。
******************************************************
ダントツの具体例は
【組合】経営協議会(8月27日開催)議事録を読ませてもら
った。213 億円のコスト競争力改善とあるが、具体的なものを
教えて欲しい。以前の決算説明会で質問したところ、製油所の
火山噴火は予知できない!
メインテナンス期間を短縮した、との説明があった。他には何
川内原発再稼働は狂気の沙汰!
なのか、周囲に聞いても分からなかった。
9月27日、御岳山が噴火した。火山噴火予知の困難(実質
【会社・新留】要素は3つあって、コスト削減(経費支出の削
不可能)さが
減)
、原価低減、付加価値の向上だ。各々幾ら、というのは手持
改めて明らか
ちがないので、後でお知らせする。
になった。活
【組合】社員の間で共有化できているのか。
火山に囲まれ
【会社・大久保】各部署では代表例をお伝えしている。
た川内原発を
再稼働するこ
<後日、代表的なものとして、以下の報告があった>
となど、絶対
・アスファルトのコスト削減
に許せない。
・ハイドロカーボンマージンの改善
皆で声をあげ
・ベースオイルポートフォリオ最適化
よう!
・特定需要家規格の整理
写真は、鹿児島市天文館公園で開催された「ストップ川内原
・新支払いサイトの導入
発再稼働!9.28全国集会」
。7500 人が参加し、集会後はデ
・コールセンターの集約化
モ行進。組合からも 6 名参加しました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
336 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content