close

Enter

Log in using OpenID

Informatica 9.1.0 HotFix 4 Release Notes

embedDownload
®
Informatica Corporation
Informatica
9.1.0 HotFix 4
リリースノート
3月 2012
著作権 1998-2012 Informatica Corporation. すべての権利を保留する.
ホットフィックスのインストールおよびロールバック.............................. 3
インストール前の作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
グラフィカルモードでのホットフィックスの適用またはロールバック. . . . . . . . . . . 6
コンソールモードでのホットフィックスの適用またはロールバック. . . . . . . . . . . . . 7
サイレントモードでのホットフィックスの適用またはロールバック. . . . . . . . . . . . . 8
インストール後の作業. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ホットフィックスのインストールで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 4.......................................... 12
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 12
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
PowerCenter 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
PowerCenter 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . 15
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . 17
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . 17
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 18
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . 18
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 3.......................................... 19
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 19
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
PowerCenter 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
PowerCenter 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . 21
IN_RLN_91000_HF4_0001
1
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 21
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . 22
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . 23
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
Relational Data Adapter API 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . 25
Informaticaバージョン 9.1.0 HotFix 2......................................... 25
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 2で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 25
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2のサードパーティ製品の問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 2で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 2で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2に実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . 29
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 2で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 2の既知の問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 1.......................................... 32
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
PowerCenter 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
PowerCenter 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 1の既知の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 1の既知の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 1で解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
2
IN_RLN_91000_HF4_0001
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1のサードパーティ製品で解消された問
題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 1の既知の問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
Data Analyzer 9.1.0 HotFix 1で解消された問題. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
Informaticaグローバルカスタマサポート........................................ 42
このドキュメントには、Informaticaドメイン、PowerCenter、PowerExchange、Data
Analyzer、Metadata Manager、Informatica Data Quality、Informatica Data
Services、およびData Quality Contentのインストール、解消された制限、および既知
の制限に関する重要な情報が記載されています。
ホットフィックスのインストールおよびロールバ
ック
Informaticaホットフィックスには、Data Explorer、Data Quality、Data Services、
Data Transformation、PowerCenter、およびPowerExchangeアダプタへのアップデート
が含まれます。
Informatica 9.1.0またはInformatica 9.1.0 HotFixをインストール済みの場合、
Informatica 9.1.0 HotFix 4を適用できます。
Informatica 9.1.0より前のバージョンのInformaticaをインストール済みの場合、
Informatica 9.1.0 HotFix 4にアップグレードできます。Informaticaのアップグレード
ガイドを参照してください。
注: バージョン9.1.0 HotFix 4では、インストールクイックスタートガイドは、インス
トールユーザーガイドの付録セクションに記載されています。アップグレードクイック
スタートガイドは、アップグレードユーザーガイドの付録セクションに記載されていま
す。
ホットフィックスを適用する場合、既存のディレクトリのバックアップが作成された
後、製品の新しいバージョンがインストールされ、必須のコンフィギュレーションファ
イルおよび実行時ファイルがリストアまたは更新されます。Informaticaでは、
Informaticaサービスおよびクライアントにホットフィックスを適用するために別々のイ
ンストーラが提供されます。Informaticaホットフィックスを適用するには、以下の手順
を実行します。
1. インストール前の作業を実行します。
2. ホットフィックスを、グラフィカルモード、コンソールモード、またはサイレントモ
ードでInformaticaサービスに適用します。
3. Informaticaサービスに対してインストール後の作業を実行しします。
IN_RLN_91000_HF4_0001
3
4. ホットフィックスを、グラフィカルモードまたはサイレントモードでInformaticaク
ライアントに適用します。
ホットフィックスをロールバックする場合、Informaticaのバージョンが、以前にインス
トールされたバージョンにリストアされます。Informaticaサービスおよびクライアント
のホットフィックスは同時にロールバックされます。Informaticaロールバックを適用す
るには、以下の手順を実行します。
1. インストール前の作業を実行します。
2. ロールバックを、グラフィカルモード、コンソールモード、またはサイレントモード
で適用します。
3. インストール後の作業を実行します。
Windowsでは、グラフィカルモードまたはサイレントモードでインストーラを実行できま
す。UNIXでは、グラフィカルモード、コンソールモード、またはサイレントモードでイ
ンストーラを実行できます。
インストール前の作業
ホットフィックスを適用またはロールバックする前に、インストール前の作業を実行し
ます。
1. コマンドプロンプトとコマンドラインプログラムを含む、インストールディレクトリ
とサブディレクトリにアクセスするすべてのプロセスを停止します。
2. ホットフィックスを適用またはロールバックするすべてのマシンでInformaticaクラ
イアントを閉じます。
3. Informaticaディレクトリおよびサブディレクトリを閉じます。
4. ドメインのすべてのノード上のInformaticaサービスを停止します。サービスの停止
の詳細については、『Informaticaインストール&環境設定ガイド』を参照してくださ
い。
5. 使用しているプラットフォーム用のホットフィックスインストールパッケージをダウ
ンロードします。
6. ホットフィックスインストールパッケージの内容を解凍します。注: Windowsでは、
zipファイル名を含むディレクトリパス全体の長さは60文字以下にする必要がありま
す。UNIXでは、ネイティブのtarまたはGNU tarを使用してインストーラファイルを抽
出します。 インストーラを実行するユーザーは、インストーラファイルディレクト
リの読み取り/書き込み権限と、install.shの実行権限を持っている必要がありま
す。
4
IN_RLN_91000_HF4_0001
7. ホットフィックスを適用する場合、リポジトリおよびウェアハウスファイルをバック
アップします。ホットフィックスをロールバックするときにこれらのファイルが必要
です。
¨
PowerCenter、PowerExchangeアダプタ、データトランスフォーメーションの場
合、PowerCenterリポジトリ、Data Analyzerリポジトリ、Data Profilingウェア
ハウス、およびMetadata Managerウェアハウスをバックアップします。データト
ランスフォーメーションの場合、ServiceDBリポジトリをバックアップします。
¨
Data Explorer、Data Quality、およびData Servicesの場合、モデルリポジトリ
およびプロファイリングウェアハウスをバックアップします。
8. ホットフィックスを適用しており、Metadata Manager Serviceがある場合、
Metadata Managerのimm.propertiesファイルをバックアップします。
9. ホットフィックスを適用しており、Reporting and Dashboards Serviceがある場合、
Jaspersoftリポジトリリソースをエクスポートします。
Jaspersoftリポジトリリソースのエクスポート
9.1.0 HotFix 4を適用する前に、Jaspersoftリポジトリリソースをエクスポートする必
要があります。
1.
INFA_HOME\ jasperreports-server-4.0.1-bin \buildomaticディレクトリに移動します。
2. 以下のコマンドを入力して、Jaspersoftリポジトリリソースをエクスポートします。
js-ant export ?DexportArgs=”--roles <role name> --roles-users <user name>
--uris /<Report_Folder_Name> --repository-permissions --report-jobs
--include-access-events” - DexportFile=<File_Name>.zip
オプシ
ョン
引数
説明
-roles
role
name
エクスポートするロールのカンマ区切りリスト。値を指定しない
と、すべてのロールがエクスポートされる。
-rolesusers
user
name
エクスポートするユーザーのカンマ区切りリスト。値を指定しな
いと、すべてのロールがエクスポートされる。
--uris
/folder
name
リポジトリ内のフォルダの名前。
-reposi
torypermis
sions
IN_RLN_91000_HF4_0001
エクスポートするフォルダに関連付けられている権限。
5
オプシ
ョン
引数
説明
-report
-jobs
エクスポートするレポートに関連付けられているスケジュールさ
れたジョブ。
-includ
eaccess
events
エクスポートするアクセスイベント。
3. エクスポートするすべてのレポートフォルダに対して、上記の手順を繰り返します。
グラフィカルモードでのホットフィックスの適用またはロールバ
ック
グラフィカルモードでインストーラを実行すると、コンソールウィンドウが開き、バッ
クグラウンドで実行されます。このウィンドウを閉じると、インストールが停止しま
す。
1. インストール前の作業を実行します。
2. システムユーザーアカウントを使用してマシンにログインします。以前のバージョン
のInformaticaサービスのインストールに使用したユーザーアカウントと同じアカウ
ントを使用する必要があります。
3. 他のすべてのアプリケーションを終了します。
4. WindowsまたはUNIXからインストールを開始します。
¨
Windowsでインストールを開始するには、ホットフィックスのインストールパッケ
ージを解凍または展開したルートディレクトリからinstall.batを実行します。
¨
UNIXでインストールを開始するには、シェルコマンドラインを使用してルートデ
ィレクトリからinstall.shを実行し、グラフィカルモードインストールのオプシ
ョンを選択します。
5. [Informatica 9.1.0 HotFix 4]ページで、[Informatica 9.1.0へのHotFix 4の適
用]を選択し、[開始]をクリックします。
[インストールのタイプ]ページが表示されます。
6. ホットフィックスまたはロールバックのオプションを選択します。
¨
ホットフィックスを適用するには、[ホットフィックスの適用]を選択し、[次
へ]をクリックします。
¨
ホットフィックスをロールバックするには、[ホットフィックスのロールバッ
ク]を選択し、[次へ]をクリックします。
[インストールの前提条件]ページが表示されます。
6
IN_RLN_91000_HF4_0001
7. ホットフィックスの適用またはロールバックを続行する前に前提条件を満たしている
ことを確認してから、[次へ]をクリックします。
[インストールディレクトリ]ページが表示されます。
8. Informaticaサービスの現在のバージョンがインストールされているディレクトリの
絶対パスを入力し、[次へ]をクリックします。
[インストール前のサマリ]ページが表示されます。
9. インストール情報を確認し、[インストール]をクリックしてホットフィックスを適
用またはロールバックします。
ホットフィックスを適用すると、インストーラによってInformaticaのファイルがイ
ンストールディレクトリにコピーされます。ホットフィックスをロールバックする
と、インストーラによって最新のホットフィックスが削除され、Informaticaが以前
のバージョンにリストアされます。
[インストール後のサマリ]ページに、ホットフィックスの適用またはロールバック
が成功したかどうかが表示されます。
10. ホットフィックスの適用またはロールバックが正常に完了したことを確認します。
11. インストール後の作業を実行します。
コンソールモードでのホットフィックスの適用またはロールバッ
ク
コンソールモードでインストーラを実行する場合、QuitおよびBackという単語は予約語
です。これらの単語を入力テキストで使用しないでください。
注: コンソールモードでインストーラを開始すると、サイレントモードインストールを
準備しているというメッセージが表示されます。Solarisでは、install.binファイルが
見つからないというメッセージが表示されます。これらのメッセージは無視してかまい
ません。
1. インストール前の作業を実行します。
2. システムユーザーアカウントを使用してマシンにログインします。以前のバージョン
のInformaticaサービスまたはクライアントのインストールに使用したユーザーアカ
ウントと同じアカウントを使用する必要があります。
3. 他のすべてのアプリケーションを終了します。
4. シェルコマンドラインで、ルートディレクトリにあるinstall.shファイルを実行しま
す。
ロケール環境変数が設定されていることを確認するよう求めるメッセージが表示され
ます。
5. 環境変数が設定されていることを確認します。
¨
環境変数が設定されていない場合は、「N」と入力してインストーラを終了し、環
境変数を適宜設定します。
IN_RLN_91000_HF4_0001
7
¨
環境変数が設定されている場合は、「Y」と入力して続行します。
6. ホットフィックスを適用またはロールバックするには、「3」と入力します。
7. コンソールモードインストールの場合は、「C」と入力します。
8. ホットフィックスを適用するかロールバックするかを指定します。
¨
ホットフィックスを適用するには、「1」と入力します。
¨
ホットフィックスをロールバックするには、「2」お入力します。
9. システム要件とインストール前の作業を確認します。ホットフィックスの適用または
ロールバックを続行する前に、すべてのインストール要件を満たしていることを確認
します。
10. Enterキーを押します。
11. Informaticaサービスの現在のバージョンがインストールされているディレクトリの
絶対パスを入力します。または、Enterキーを押してデフォルトのディレクトリを使
用します。
パスのディレクトリ名には、スペースまたは次の特殊文字を含めることはできませ
ん: @|* $ # ! % ( ){ } [ ] , ; '
12. Enterキーを押します。
13. インストール情報を確認し、Enterキーを押してホットフィックスを適用またはロー
ルバックします。
ホットフィックスを適用すると、インストーラによってInformaticaのファイルがイ
ンストールディレクトリにコピーされます。ホットフィックスをロールバックする
と、インストーラによって最新のホットフィックスが削除され、Informaticaが以前
のバージョンにリストアされます。
14. ホットフィックスの適用またはロールバックが正常に完了したことを確認します。
15. インストール後の作業を実行します。
サイレントモードでのホットフィックスの適用またはロールバッ
ク
サイレントモードでホットフィックスを適用するには、SilentInput.propertiesファイ
ルを作成し、このファイルを指定してインストーラを実行します。
Informaticaでは、インストーラで必要となるパラメータを含むサンプルのプロパティフ
ァイル(SilentInput_hotFix.properties)を提供しています。以下の例は、ファイルの
内容を示します。
# Use the following guidelines when editing this file:
# * Any error condition that leads to failure, such as an invalid installation
# directory, generates a log file SYSTEM_DRIVE_ROOT. For example:
# c:\silentErrorLog.log
######### *INSTALL_TYPE - set this value to '0' for apply hotfix
# and '1' for rollback hotfix
8
IN_RLN_91000_HF4_0001
INSTALL_TYPE=0
# * The USER_INSTALL_DIR variable must point to a valid directory with write
# permissions enabled.
USER_INSTALL_DIR=c:\Informatica\9.1.0
プロパティファイルは、Informaticaサービスのホットフィックス用もクライアントのホ
ットフィックス用も同じです。
1. インストール前の作業を実行します。
2. インストールファイルを含むディレクトリのルートに移動します。
3. SilentInput_HotFix.propertiesという名前のファイルを探します。
4. そのファイルをバックアップしてから変更します。
5. テキストエディタを使用してファイルを開き、値を変更します。以下の表に、変更可
能なインストールパラメータを示します。
プロパ
ティ名
説明
INSTALL_TYPE
ホットフィックスを適用するかロールバックするかを指定します。
値が0の場合、現在のInformaticaインストールにホットフィックス
が適用されます。値が1の場合、現在のホットフィックスがロール
バックされます。
USER_INSTALL_DIR
ホットフィックスを適用またはロールバックするInformaticaイン
ストールのディレクトリ。
Informaticaサービスにホットフィックスを適用するには、現在の
バージョンのInformaticaサービスがインストールされているディ
レクトリの絶対パスを入力します。
Informaticaクライアントにホットフィックスを適用するには、現
在のバージョンのInformaticaクライアントがインストールされて
いるディレクトリの絶対パスを入力します。
ホットフィックスをロールバックするには、現在のバージョンの
Informaticaサービスまたはクライアントがインストールされてい
るディレクトリの絶対パスを入力します。
6. プロパティファイルをSilentInput.propertiesという名前で保存します。
7. コマンドウィンドウを開きます。
8. サーバーまたはクライアントのインストーラディレクトリのルートに移動します。
9. ディレクトリにSilentInput.propertiesというファイルが含まれていることを確認
します。
10. silentInstallHotFix.batファイルをダブルクリックして、ホットフィックスを適用
またはロールバックします。
ホットフィックスを適用すると、インストーラによってInformaticaのファイルがイ
ンストールディレクトリにコピーされます。ホットフィックスをロールバックする
と、インストーラによって最新のホットフィックスが削除され、Informaticaが以前
のバージョンにリストアされます。
IN_RLN_91000_HF4_0001
9
11. ホットフィックスの適用またはロールバックが正常に完了したことを確認します。
12. インストール後の作業を実行します。
インストール後の作業
ホットフィックスを適用したら、インストール後の作業を実行します。
¨
UNIXでオペレーティングシステムプロファイルを設定します。
¨
ディレクトリ<InformaticaInstallationDir>\server\binのpmimpprocessを再設定します。
pmimpprocessの設定の詳細については、『 Informatica管理者ガイド』を参照してく
ださい。
¨
InformaticaドメインにMetadata Manager Serviceがある場合、Metadata Managerウ
ェアハウスのコンテンツをアップグレードしてから、Metadata Manager Serviceを開
始します。
¨
Custom Metadata Configuratorで、コンマ以外の区切り文字を使用してカスタムリソ
ースの要素とマップの関連付けファイルを構成した場合、これらのリソースのワーク
フローを再生成する必要があります。
¨
InformaticaドメインにMetadata Manager Serviceがある場合、以前のバージョンの
imm.propertiesファイルを9.1.0 HotFix 4バージョンのpropertiesファイルとマージ
します。
¨
ホットフィックスをPowerCenter 9.1.0 HotFix 1またはHotFix 2に適用しており、再
現可能なデータマスキングにIDM_SUBSTITUTION_STORAGEテーブルを使用している場
合、格納テーブルをアップグレードするにはスクリプトを実行する必要があります。
Oracle、IBM DB2、Sybase、またはMicrosoft SQL Server用のSubstitution_Upgrade
SQLスクリプト実行します。これらのスクリプトは、次のディレクトリにあります。
<PowerCenterのインストールディレクトリ>\client \bin\Extensions\DataMasking
¨
InformaticaドメインにAnalyst Serviceがある場合、アクセスマッピングの仕様とマ
ッピング仕様の結果のロードの特権をユーザーに付与します。
¨
Reporting and Dashboards Serviceがある場合、default_master.propertiesファイ
ルをINFA_HOME\BACK_FROM_HF4\jasperreports-server-4.0.l-bin\buildomatic から、またはINFA_HOME
\BACK_FROM_HF4\jasperreports-server-4.2-bin\buildomaticディレクトリからINFA_HOME\jasperreports-server
\buildomatic\ディレクトリにコピーします。
¨
Reporting and Dashboards Serviceがあり、 Jaspersoft 4.0.1をインストールした
場合には、Jaspersoft 4.2にアップグレードします。
ホットフィックスをロールバックしたら、インストール後の作業を実行します。
¨
10
ホットフィックスのインストール前手順で作成したバックアップファイルから、
Metadata Managerリポジトリ、PowerCenterリポジトリ、およびソースリポジトリを
リストアします。
IN_RLN_91000_HF4_0001
Jaspersoft 4.2へのアップグレード
Reporting and Dashboards Serviceがあり、Jaspersoft 4.0.1がインストールされてい
る場合、Jaspersoft 4.2にアップグレードする必要があります。
1. Jaspersoftの前のバージョンをアンインストールします。
2.
INFA_HOME\tomcat\tempディレクトリに移動し、Reporting
and Dashboards Service <サー
ビス名>ディレクトリを削除します。
3. Jaspersoftリポジトリのデータベースユーザー名がJaspersoft 4.0.1および4.2と同
じ場合は、データベースコンテンツを削除します。JaspersoftリポジトリがOracle
上にある場合、データベースからユーザーを削除します。同じデータベースユーザー
名を使用する代わりに異なるデータベースユーザー名を使用する場合があります。
4. Jaspersoftアプリケーションをインストールします。
Jaspersoftのインストールとアンインストールについては、『 Informatica管理者ガ
イド』を参照してください。
5.
INFA_HOME\jasperreports-server\buildomaticディレクトリに移動します。
6. 以下のコマンドを入力して、ホットフィックスを適用する前にエクスポートした
Jaspersoftリポジトリリソースをインポートします。
js-ant import ?DimportFile=<File_Name>.zip
ホットフィックスのインストールで解消された制限事項
CR
説明
27016
2
Reporting and Dashboards Serviceがあり、以下のプラットフォームでサーバーのイ
ンストール、サーバーのアップグレード、サーバーホットフィックスの適用を行う場
合、<InformaticaInstallationDir>/jasperreports-server-4.2-binディレクトリに
ある一部のファイルが実行権限を持たない。
-
AIX(64ビット)
HP-UX(64ビット)
Solaris(64ビット)
Linux(64ビット)
Linux(86ビット)
回避策: サーバーのインストールまたはアップグレード後、またはサーバーホットフ
ィックスの適用後、<InformaticaInstallationDir>/jasperreportsserver- 4.2-bin
ディレクトリに移動してコマンドchmod -R 775*を実行し、フォルダ内のファイルに実行
権限を付与します。
IN_RLN_91000_HF4_0001
11
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 4
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
287891
アプリケーションサービスを有効にするコマンドラインを使ったが、アプリケーショ
ンサービスに有効なライセンスがない場合に、例外が発生する。
回避策: サービスを有効にするコマンドを実行する前に、アプリケーションサービス
に適切なライセンスを割り当てます。
283522
MRX_PDOビューでクエリを実行した場合に、データ型変換エラーが発生する。
282327
複数のクライアントがWebサービスにアクセスし、Webサービスマッピングにフォルト
トランスフォーメーションが含まれている場合に、Data Integration Serviceが予
期せずに停止する。
282150
複数のクライアントがWebサービスに同時にアクセスした場合に、Data Integration
ServiceのWebサービスモジュールが32ビットLinuxで予期せずに停止する。
280828
Reporting and Dashboards Serviceを設定し、レポートソースをPowerCenterまたは
Metadata Managerリポジトリに追加後、UNIXでのデータソースのインポートがラン
ダムに失敗する。
280825
Reporting and Dashboards Serviceにレポートソースを追加する前にJAVA_HOME環境
変数を設定していない場合、レポートのインポートが失敗する。
280770
9.1.0 HotFix 3を適用した後、jasperreports-server-4.0.1-binディレクトリがINFA_HOMEの
場所からバックアップディレクトリに移動されない。
279645
Administratorツールで接続を構築し、ドメインが英語以外のマシンで実行されてい
る場合、説明を入力できない。
273575
Reporting Serviceの作成先のフォルダを選択したときに、[フォルダの選択]ウィ
ンドウを閉じることができない。
263431
SQLデータサービスのストアドプロシージャ実行で、Data Integration Serviceに対
して設定された結果セットキャッシュからではなく、元のデータソースからデータが
読み取られる。
259173
フォルトトランスフォーメーションを含むWebサービスマッピングの実行が遅くな
る。
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項
CR
説明
288961
Javaメモリエラーのために、Administratorツールが使用できなくなる。
12
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
回避策: ACJVMCommandLineOptions環境変数でメモリ設定を増大させてから、ドメ
インを再起動します。デフォルトでは、Javaは次の値を使用します。
-XXPermSize=64m -XX:MaxPermSize=64m
-Xmx512m
例えば、以下を設定します。
ACJVMCommandLineOptions=-XXPermSize=128m
-XX:MaxPermSize=256m -Xmx512m
285633
同じマシン上で、サイレントモードでPowerCenter 8.xまたはInformatica 9.0.xか
ら Informatica 9.1.0 HotFix 4にアップグレードした場合に、アップグレードが
失敗する。
回避策: アップグレードを行うには、SilentInput_upgrade.propertiesファイルの
代わりに、 SilentInput_upgrade_NewConfig.propertiesファイルを使用します。
280882
JasperReports Serverでは、PowerCenterおよびMetadata Managerのレポートに以
下の問題があります。
- データソースがSybaseリポジトリにある場合、トップ10セッションと拒否された
行(昨日)レポートおよびトップ5セッションエラーメッセージレポートが正しい
情報を示さない。
- データソースがIBM DB2バージョン9.1に保存されている場合に、PowerCenterダ
ッシュボードを実行できない。
- Metadata Managerレポートからリネージュを起動できない。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
287855
FastExportプロセスが完了するまで、セッションが待機しない。
284965
Configuration Support Managerが英語以外のWindowsマシンのシステムとメモリ情
報を収集できないために、デフォルトの自動キャッシュ値が誤って使われる。
283420
パイプラインルックアップトランスフォーメーションが大文字と小文字を区別しな
い文字列比較を使用するように設定されている場合に、 Integration Serviceが大
文字と小文字を区別する比較を使用する。
282433
reqhdlr.cppのアサートが原因で、PowerCenter Integration Serviceがシャットダ
ウンする。
282078
ターゲットテーブルに複数のインスタンスがある場合に、 pmrep UpdateTargPrefix
コマンドを実行してもテーブル名のプレフィックスがアップデートされない。
281917
PowerCenterのユーザーグループが、Linuxのオペレーティングシステムプロファイ
ルユーザーの二次グループとして誤って継承される。
281710
複数のパーティションを含むトランスフォーメーションインスタンスをアップデー
トする場合に、pmrep massupdateコマンドが不明な内部エラーのために失敗する。
279265
コンカレントワークフローの実行中に、重複レコードが同じワークフローの実行ID
とインスタンスIDをOPB_TASK_STATSに挿入する。
IN_RLN_91000_HF4_0001
13
CR
説明
275756
PowerCenter 9.0.1のWindows 64ビットで、SQLServerストアドプロシージャのセッ
ションが予期せずにシャットダウンする。
274566
SybaseでのSQLトランスフォーメーションにエラーが発生して失敗した場合に、SQL
トランスフォーメーションは残りのステートメントを無視する。
274428
デプロイメントグループコピーウィザードに、PowerCenter Integration Serviceを
選択するオプションが表示されない。
271788
[FTP isStaged]オプションを使ってXMLターゲットを生成している間に、セッショ
ンが予期せずにシャットダウンする。
271694
ディスクに空き容量があっても、容量制限のためにファイルへのデータ書き込みが
できず、エラーが発生してセッションが失敗する。
265545
廃止されたTeradata Warehouse Builderの外部ローダー接続をPowerCenter
Workflow Managerで構築できる。
242469
データマスキングセッションで高精度を有効にした場合に、データマスキングトラ
ンスフォーメーションがnull値を戻す場合がある。
226381
環境変数のNLSPATHがオペレーティングシステムのプロファイルユーザー環境で表示
されない。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項
CR
説明
2887
95
固有の出力とルックアップ条件を含む置換マスキングを設定した場合に、データマスキ
ングトランスフォーメーションは、datetime値に予期しない結果を戻す場合がある。
2887
18
datetime値に式マスキングを設定した場合に、データマスキングトランスフォーメー
ションは再現可能な出力のディクショナリ値を保存しない。
2887
15
置換マスキングにdatetime値を適用するマッピングをエクスポートした場合に、
CONDITIONCOLUMN値を削除すると、依存マスキングを適用して値をシャッフルできな
い。
2885
52
社会保険番号のマスキングを設定した場合に、無効な開始数値を入力できる。
2878
75
5つ未満の固有値を持つディクショナリファイルを選択した場合に、非固有の置換マス
キングに例外が発生して、失敗する。
2871
61
再現可能な出力を設定しない場合に、datetime値について置換マスキングが失敗す
る。
2864
18
2つのパイプラインルックアップトランスフォーメーションが同じテーブルを検索した
場合に、大文字小文字の区別比較が機能しない。
14
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
2861
89
IPアドレスをマスクした場合に、IPアドレスのクラスやプライベートネットワークが
マスクされないために、データマスキングトランスフォーメーションで非固有値が戻さ
れることがある。
2857
22
Webサービスのエンドポイントにデータマスキングトランスフォーメーションを作成し
た場合に、Data Integration Serviceが予期せずにシャットダウンする。
2852
99
ジョイナルックアップトランスフォーメーションが大文字と小文字を区別しない文字列
比較を使用するように設定されている場合に、 Integration Serviceが大文字と小文
字を区別する比較を使用する。
2848
13
クレジットカード番号をマスクした場合に、クレジットカードの発行会社をマスクする
と、データマスキングトランスフォーメーションで非固有値が戻されることがある。
2846
45
[パーティションポイント編集]ダイアログボックスで、最後に作成されたパーティシ
ョンしか削除できない。選択されたパーティションが最後に作成されたものでない場合
は、選択しても削除できない。
2793
40
ロシア語ロケールを選択した場合に、データマスキングトランスフォーメーションでキ
リル文字と英数字が戻されることがある。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
28609
7
2つの比較トランスフォーメーションに同じストラテジを適用した場合に、2番目のト
ランスフォーメーションの入力フィールド名がアップデートされない。代わりに、1
番目のトランスフォーメーションのフィールド名が2番目のトランスフォーメーショ
ンに保持される。
28604
1
Census Tract(人口調査統計区)番号ポートが、誤ってCensus Track番号ポートと呼
ばれている。
28495
1
ルックアップトランスフォーメーションを含んだ再使用可能なマッピングを実行した
場合に、 Data Integration Serviceは、テーブルインテントロックを取得してマッ
ピングが完了するまでルックアップデータベースにインテントロックを掛ける。
28456
5
9.1.0 HotFix 1からアップグレード後、不良レコード例外マッピングの例外トランス
フォーメーションにROW_IDENTIFERという名前のカラムが含まれている場合に、Data
Integration Serviceが予期せずに停止する。
28383
7
データビューアが表示するよりも多くの行を読み込むように設定されている場合に、
ソート済み入力を含むジョイナトランスフォーメーションのマッピングのデータプレ
ビュー中にData Integration Serviceが強制終了する場合がある。
28326
2
多数のオブジェクトと参照テーブルを含むマッピングをリモート接続でPowerCenter
にエクスポートする場合に、エクスポートが失敗する。
28239
9
Informatica 9.0.1をバージョン9.1.0 HotFix 2にアップグレードして、9.1.0
HotFix 2モデルリポジトリから参照テーブルを読み込むマッピングをエクスポートし
た場合に、エクスポートが失敗する。
IN_RLN_91000_HF4_0001
15
CR
説明
28192
3
SQLオーバーライドを使ってTeradataデータベースでキャッシュされていないルック
アップを行うマッピングを実行した場合に、Data Integration Serviceはルックアッ
プテーブルを見つけることができない。
28012
9
64ビットHP-UXで、JavaトランスフォーメーションがinvokeJExpression APIメソッド
を使用できない。
28008
8
出力ポートよりも入力ポートの数が多い重複レコード例外トランスフォーメーション
のマッピングを実行する場合に、Data Integration Serviceが予期せずに停止する。
27965
7
プッシュダウンの最適化が有効化され、式にMicrosoft SQL ServerのBITカラムに由
来する値が含まれている場合に、変換エラーが発生して、マッピングが失敗する。
27940
8
9.1.0 HotFix 3へのアップグレード後、コンソリデーショントランスフォーメーショ
ンの新しい詳細プロパティのデフォルト値が正しく設定されない。
27907
6
マッピングに100MBのポートがあるトランスフォーメーションが含まれ、100MBのデー
タがポートを通過した場合に、ランタイム中にマッピングがハングする。
27867
1
Address_Validatorトランスフォーメーションで[クイックアウトライン]コンテキ
ストメニューオプションを選択した場合に、予期しないエラーが発生する。
27840
4
パーサートランスフォーメーションを、トークンセットでデータをパースするように
設定し、トークンセットが選択されていない場合にトークンセットを削除するオプシ
ョンを選択すると、Developerツールでエラーが発生する。
27694
9
カスタマイズされたデータオブジェクトでソート済みポートの順序を変更した場合
に、Data Integration Serviceは誤ったカラムに基づいてソートする。
27324
4
スコアカードを開いて[ドリルダウン]ボタンをクリックしても、スコアカードデー
タにドリルダウンできない。
27180
6
大量のデータ品質トランスフォーメーションを含むマッピングを作成し、そのマッピ
ングの複数のインスタンスを同時に実行すると、マッピングが失敗する。
27080
5
例外トランスフォーメーションのマッピングに、Doubleデータ型のデータ値をハード
コード値に設定する式が含まれていると、Data Integration Serviceが予期せずに停
止する。
24578
9
パラメータを使用してトランスフォーメーションストラテジを設定した場合に、設定
したストラテジを別のトランスフォーメーションにコピーできない。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項
CR
説明
287993
Informatica 9.0.1からバージョン9.1.0 HotFix 4にアップグレード後、関数に誤
ったデータ型割り当てが存在するディシジョントランスフォーメーションが含まれ
るマッピングがすべて無効になる。
16
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
回避策: アップグレード後、トランスフォーメーションに含まれる関数のデータ型
をアップグレードします。
287281
リレーショナルデータソースをプレビューする、またはマッピングを実行して
Developerツールのユーザー名の大文字小文字がInformaticaドメインユーザー名と
異なる場合に、次のエラーが発生する。
No execute permission on connection.
回避策: Developerツールのユーザー名の大文字小文字が、Informaticaドメインユ
ーザー名の大文字小文字と一致していることを確認します。
285649
Webサービスプロバイダマッピングにエラーが発生した場合に、Data Integration
Serviceにメモリリークが発生し、予期せずに停止する。
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
288398
実行部インスタンスの数が1よりも多い一致トランスフォーメーションを含むマッピ
ングをPowerCenterにインポートできない。
288213
ポート名に連続した数列の拡張子が付いているルータトランスフォーメーションを
含むマッピングをPowerCenterにインポートできない。
281942
Informatica Data Quality 8.6.2リポジトリからInformatica 9.0.1モデルリポジ
トリにコンテキストパーサーを移行した場合に、モデルリポジトリで作成されたト
ランスフォーメーションが移行されたトランスフォーメーションに設定された参照
データを読み込めない場合がある。
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項
CR
説明
288683
参照テーブルカラム名がデータベースで設定された制限よりも長い場合に、エラー
が発生する。
回避策: 参照テーブルを作成する場合には、カラム名の長さを短くします。
287992
複数の連続したアドレス検証マッピングを実行した場合に、Data Integration
Serviceは過度のメモリを消費し、予期せずに停止する場合がある。
回避策: Content Management Serviceのプレロード設定を確認し、システムで用意
できる以上のメモリを必要とする設定になっていないことを確認します。設定を編
集した場合は、Content Management ServiceおよびData Integration Serviceを再
起動します。
IN_RLN_91000_HF4_0001
17
CR
説明
287893
大文字小文字変換プログラムトランスフォーメーションを使ったマッピングを実行
後、Data Integration Serviceはインメモリキャッシュをクリアしない。
287129
データ品質トランスフォーメーションをWebサービスとして複数の連続したマッピン
グを実行した場合に、Data Integration Serviceは過度のメモリを消費し、予期せ
ずに停止する。この問題は、24時間以上にわたって50の並行Webサービススレッドで
マッピングを実行した場合に、発生する。
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
285512
Analystツールでアンマネージド参照テーブルを作成した場合に、エラーが発生す
る。
284154
9.1.0 HotFix 3で、多数のカラムを含んだリレーショナル参照テーブルを作成でき
ない。この問題は、70列のカラムを含むテーブルで発生した。
283018
外部データベースソースからマネージド参照テーブルを作成する手順に、[列追
加]オプションが含まれるが、このオプションを選択してもテーブルにカラムが追
加されない。
217082
値の頻度データの生成中に、プロファイリング結果がレコードのタイムスタンプを
秒以下のレベルまで読み取らない。複数のレコードにhh:mm:ssレベルまで共通のタ
イプスタンプがあっても、それらのレコードの秒以下のレベルが異なる場合、値の
頻度の結果はいずれかのレコードのデータのみを表示する。値の頻度の結果をドリ
ルダウンすると、表示されない値を表示することができる。
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 4で解消された制限事項
CR
説明
283499
PowerCenter Integration Serviceは、非UnicodeのSAPシステムから拡張されたデ
ータソースセグメントを正しく処理しない。
282851
リスナセッションが分割されている場合に、リスナセッションが予期せずに終了
し、送信要求セッションが同時に複数の送信要求を送信する。
282088
Salesforce Bulk APIセッションがupsert処理を実行しない。upsert行が拒否ファ
イルに書き込まれる。
281023
WebサービスコンシューマトランスフォーメーションがリモートWebサービスプロ
バイダから送信されるエラー応答のパースに失敗した場合、prefix n4はどのURI
にもマップされていないという内容のメッセージが表示される。
276121
BAPIテーブルタイプの出力によって64000バイトを超える長さのマルチバイトデー
タが戻された場合に、テーブルタイプのパラメータを含むBAPI/RFCトランスフォ
ーメーションのセッションが失敗する。
18
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
260377
SAP BWからデータを抽出して、セッションが予期せずに終了した場合に、SAPシス
テムのプロセスチェーンの状態が赤に設定されない。
205215
Webサービスコンシューマトランスフォーメーションを含むセッションを実行し
て、PowerCenter Integration ServiceのIgnoreResourceRequirementプロパティ
が[No]に設定されている場合に、次のエラーメッセージが表示される。
リソース要件[PowerExchange for Web Services]は、メモリが利用可能な[ノード名]が[2]個見つかりました
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 4の既知の制限事項
CR
説明
28810
7
HDFSフラットファイルの読み取りまたは書き込みタイプの変数またはセッションパラ
メータを使って、コードページを設定できない。コードページはリストから選択する
必要がある。
28793
9
セッションのプロパティで読み取りタイプを変更した場合、重複ソースインスタンス
が表示される。
28358
9
HadoopソースにN-Wayパーティションの読み取りを使用した場合に、セッションが終
了する。
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 3
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
274974
ネイティブドライバを使用する、接続プール
が有効になっているMicrosoft SQL Server接
続でプロファイルまたはWebサービスを実行し
た場合、Data Integration Serviceが予期せ
ずにシャットダウンする。
回避策: Microsoft SQL Server接続の接続プ
ールを無効にします。
268885
IN_RLN_91000_HF4_0001
Reporting and Dashboards Serviceのプロパ
ティを編集するときに、環境変数を追加でき
ない。
19
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
281222
Developerツールから5つを超えるジョブを同時に実行した場合、Administratorツ
ールの[モニタリング]タブには最初の5つの実行中のジョブのみが表示される。
280882
JasperReports Serverでは、PowerCenterおよびMetadata Managerのレポートに以
下の問題があります。
- データソースがIBM DB2バージョン9.1にある場合、JasperReports Serverから
全オブジェクトのバージョン履歴レポートを実行できない。
- データソースがSybaseリポジトリにある場合、トップ10セッションと拒否され
た行(昨日)レポートおよびトップ5セッションエラーメッセージレポートが正
しい情報を示さない。
- Metadata Managerレポートからリネージュを起動できない。
280825
Reporting and Dashboards Serviceにレポートソースを追加する前にJAVA_HOME環
境変数を設定していない場合、レポートのインポートが失敗する。
回避策: Reporting and Dashboards Service用にJAVA_HOME環境変数を設定し、サ
ービスを再起動します。
269270
Reporting and Dashboards Serviceの特権を持たないユーザーがJasperReports
Serverにログインできる。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
27815
2
CURRENT_RESTARTで開始されたセッションで1つ(のみ)のUOWが処理された場合、以
降の再起動がそのセッションのCURRENT_RESTARTの位置で発生する。再起動のトーク
ン値は、2つ目のUOWがターゲットに送信されるまで更新されません。
27760
8
Event-WaitのFile-Watchタスクと対応するワークフローを同時に停止する際に、
PowerCenter Integration Serviceがosmonitor.cppへのアサート(159行目)でシャ
ットダウンする。
27648
4
カラム名がIBM DB2 CDCソースの最初の文字として数値を含む場合、テーブルをイン
ポートできない。
27522
1
再現可能なマスキング用に設定されたデータマスキングトランスフォーメーションが
フラットファイルディクショナリの検索に失敗する。
26956
1
ワークフローを別のリポジトリにコピーできない。
26889
7
OracleからMicrosoft SQL Serverにイメージを読み取る際に、イメージサイズが8Kを
超える場合、SQL Server用DataDirect ODBC Driverがデータをロードできない。
26698
6
ユーザー定義の関数を使用するワークフローを実行すると、PowerCenter Repository
Serviceでメモリリークが発生する。
20
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
26536
7
マッピングに複数のTeradataソースが含まれる場合、プッシュダウンの最適化用に生
成されたマージクエリが失敗する。
25952
1
PowerCenter Integration Serviceがフェイルオーバーした後、pmcmdの戻りコード
に、終了したワークフローに対する間違ったステータスが示される。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
27997
2
データが一重引用符を含み、カラムが再現可能なマスキング用に設定されている場
合、式データマスキングが失敗する。
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
273546
プロキシサーバーを使用してSalesforceに接続し、500より大きなコード番号のHTTP
エラーを受け取ると、PowerCenter Integration Serviceが接続を再試行しない。
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
278229
不良レコードテーブルのオープンおよびクローズ要求を連続して複数回行うと、
Analystツールがタイムアウトする。
270014
Developerツールで実行したスコアカードをAnalystツールでもう一度実行すると、
スコアカードのスコアが失われ、Analystツールで更新されない。
263422
不良レコードテーブルに大文字と小文字が混在するカラム名が含まれる場合、
Analystツールでこのテーブルを使用できない。
257408
管理されていない参照テーブルを作成する手順に、ODBCテーブルに接続するオプシ
ョンが含まれる。このオプションはサポートされていません。
248529
参照テーブルを作成して、監査テーブルを作成するオプションをクリアすると、
Analystツールに不正なエラーメッセージが表示され、予期しないテーブルメタデー
タがモデルリポジトリに書き込まれる。
IN_RLN_91000_HF4_0001
21
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
280325
インターネットブラウザのロケール設定が簡体字中国語で、エクスポートするファ
イル名にUTF文字が含まれる場合、ドリルダウン後に値の頻度データをエクスポート
するとエラーが発生する。
回避策: Microsoft Internet Explorerブラウザを使用している場合、英字のみを
含む名前でファイルを保存します。
280233
サードパーティのレポートアプリケーションを使用してプロファイルウェアハウス
からプロファイル結果を生成する際、文字間に"ORA_EMPTY"という語が入ったジャ
ンク文字の集まりとして空の文字列が表示される。この制限事項はOracleデータベ
ースに適用されます。
NULLおよび空の文字列("")カラム値の両方をスコアカードドリルダウンの有効な
値として選択した場合、ドリルダウン結果にNULL値を含む行しか含まれない。
279856
Microsoft SQL Server信頼関係接続を使用して参照テーブルのインポートを試行
し、スキーマ名を省略すると、インポート操作は失敗する。
278770
[フラットファイルの追加]ウィザードの[プレビュー]ペインでフラットファイ
ルデータ内をクリックして、固定幅のフラットファイルにカラムの区切りを設定で
きる。カラムの区切りの設定後に右にスクロールすると、カラム区切りの位置あわ
せが変わることがある。この制限事項は、Mozilla Firefoxインターネットブラウ
ザに適用されます。
回避策: フラットファイルデータ内をクリックするのではなく、[プレビュー]ペ
インの上部にあるヘッダ行をクリックして、カラムの区切りを設定します。
277844
[フラットファイルの追加]ウィザードで固定幅のフラットファイルにカラムの区
切りを設定する場合、カラムの区切りの位置あわせが正確でないことがある。
回避策: インターネットブラウザのズーム比率を100に設定します。
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
272715
PowerCenter 9.1.0 HotFix 1以前の認証レポートデータを書き込むアドレス検証マ
ッピングが、PowerCenter 9.1.0 HotFix 2で失敗する。
272394
再利用可能な同じディシジョントランスフォーメーションのインスタンスを含むマ
ッピングが2つ以上ある場合、複数のマッピングをPowerCenterリポジトリにエクス
ポートできない。
22
IN_RLN_91000_HF4_0001
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
27315
0
Data Quality 9.1.0と9.0.1で、ディシジョントランスフォーメーションが異なる結
果を生成することがある。
27554
3
ラベラトランスフォーメーションをトークンラベル適用モードで設定すると、トラン
スフォーメーションで正規表現として定義されているカスタムトークンが表示されな
いことがある。
27501
1
Data Quality 8.6.2から9.0.1にデータ品質プランを移行し、プランコンポーネント
が入力に依存するコンポーネントのアップストリームに表示される場合、移行が成功
しない。
27487
1
スキーマ名にアンダースコアを含むPowerExchangeデータマップから非リレーショナ
ルデータオブジェクトをインポートする際、物理データオブジェクトの名前が正しく
指定されず、Data Integration Serviceはその物理データオブジェクトを見つけるこ
とができない。
注: Informatica 9.1.0 HotFix 3以降にアップグレードする前にこのような非リレ
ーショナルデータオブジェクトをインポートした場合、オブジェクトを削除して再イ
ンポートする必要があります。
27457
7
ディシジョントランスフォーメーションに、Data Quality 8.6.2から移行したプラン
の一部であるDATECONVERT式とSUBST関数が含まれる場合、トランスフォーメーション
は式のパースに失敗する。
27106
5
Associationトランスフォーメーションからポートを削除しようとすると、選択した
ポート以外のポートが削除されることがある。これは、Informatica Developerが
Windows 7 Enterprise(スペイン語)システムにインストールされている、および
Informatica ServicesがWindows 2008(スペイン語)システムにインストールされて
いる場合に確認されています。
27087
4
加重平均トランスフォーメーションからポートを削除しようとすると、操作が失敗す
ることがある。これは、Informatica DeveloperがWindows 7 Enterprise(スペイン
語)システムにインストールされている、およびInformatica ServicesがWindows
2008(スペイン語)システムにインストールされている場合に確認されています。
27080
5
式トランスフォーメーションおよび例外トランスフォーメーションを含むマッピング
を実行すると、Data Integration Serviceが予期せずにシャットダウンすることがあ
る。
26943
2
入力データがトランスフォーメーションに達する前にクラスタIDでソートされない場
合、例外トランスフォーメーションによりData Integration Serviceがクラッシュす
る。
26912
3
例外トランスフォーメーションを使用するマッピングを実行してdate/time型の不良
レコードテーブルカラムを作成すると、マッピングが失敗する。
26736
1
AIXで、30以上のトランスフォーメーションを含むマッピングをDeveloperツールで実
行すると、失敗することがある。
26700
2
アドレスバリデータトランスフォーメーションから他のトランスフォーメーションに
ポートをコピーできない。
IN_RLN_91000_HF4_0001
23
CR
説明
26627
5
式トランスフォーメーションからアドレスバリデータトランスフォーメーションにポ
ートを接続すると、アドレスバリデータでポートの精度の値が保持されない。
26379
4
データ品質プランをData Quality 8.6.2から 9.0.1に移行し、移行したプランを比較
トランスフォーメーションでマッピングに変換すると、比較トランスフォーメーショ
ンポート名にエラーが含まれることがある。
26379
3
同じカラムからソースデータと参照データを読み取るスプリッタコンポーネントがデ
ータ品質プランに含まれる場合、Data Quality 8.6.2から9.0.1にプランを移行でき
ない。
26132
1
infacmd oie exportObjectsコマンドをinfacmdディレクトリの外部から実行すると、
エクスポートが失敗する。
25532
4
圧縮ファイルへのパスを指定せずに、モデルリポジトリから参照テーブルをエクスポ
ートできる。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
280233
サードパーティのレポートアプリケーションを使用してプロファイルウェアハウス
からプロファイル結果を生成する際、文字間に"ORA_EMPTY"という語が入ったジャ
ンク文字の集まりとして空の文字列が表示される。この制限事項はOracleデータベ
ースに適用されます。
スコアカードのドリルダウンに有効なカラムの値としてNULLと空の文字列("")の
両方を選択した場合、ドリルダウンの結果にNULL値を含む行のみが含まれます。
278451
ディシジョントランスフォーメーションで式エディタがIS_DATEやIS_NUMBERなどの
Boolean関数の検証に失敗する。
回避策: 関数スクリプトに括弧を追加します。以下に例を示します。
IS_DATE (( RIGHTSTR ( in_VALIDITY_FROM , 2 ) || '/' || SUBSTR ( in_VALIDITY_FROM , 5 , 2 ) || '/'
|| LEFTSTR ( in_VALIDITY_FROM , 4 ) ))
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 3で解消された制限事項
CR
説明
27538
9
backupCmdLineコマンドでMetadata Managerリポジトリをリストアできない。
24963
3
カスタムMetadata Configuratorが変更を要素の区切り文字およびカスタムリソース
用に生成されたワークフロー内の関連付けメタデータファイルに反映しない。
24
IN_RLN_91000_HF4_0001
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
275599
メモリが十分に割り当てられていない場合、Oracle Business Intelligence
Enterprise EditionリソースのXMI解析中にロードが失敗することがある。
回避策: Metadata ManagerとMetadata Manager Agentのヒープサイズを増やし
ます。
Relational Data Adapter API 9.1.0 HotFix 3の既知の制限事項
CR
説明
248621
リレーショナルデータアダプタにはタイプがfloat、short、character、また
はbyteのカスタム属性を作成できません。
回避策: カスタム属性を作成する場合は、以下のデータタイプを使用しま
す。
- floatの代わりにdoubleを使用します。
- shortの代わりにintegerを使用します。
- characterの代わりにstringを使用します。
- byteの代わりにstringを使用します。
Informaticaバージョン 9.1.0 HotFix 2
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 2で解消された制限事項
CR
説明
2671
96
Javaトランスフォーメーションを使用する仮想テーブルマッピングを連続的に実行する
と、Data Integration Serviceが予期せずシャットダウンし、次のエラーメッセージが
表示される。
out of memory error:permgen space
2671
37
Reporting and Dashboards Serviceのログイベントが、サービスログではなくドメイ
ンログに表示される。
2657
58
作業ノードからReporting and Dashboardsサービスにアクセスできない。
2654
90
マスタゲートウェイノードがWindows 64ビットで動作する場合にODBC接続をテストする
と、Administratorツールがハングする。
2644
90
Informatica_Installation_Server_Debug.logファイルおよび
Informatica_<Version>_Services_Upgrade.logファイルで、Node.logおよび
IN_RLN_91000_HF4_0001
25
CR
説明
Exceptions.logの場所が、<InformaticaInstallationDir>/server/tomcat/logsと記述されている
(正しい場所は、<InformaticaInstallationDir>/ tomcat/logs)。
2608
38
無効になっているデプロイ済みアプリケーションの名前を変更すると、アプリケーショ
ンのスタートアップタイプが有効に変わる。
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項
CR
説明
273585
Informatica Servicesを実行するWindows 64ビットマシンにIBM DB2クライアント
を不正確にインストールし、IBM DB2テーブルでデータプレビューを実行すると、
Java Platform SEバイナリが動作を停止し、Data Integration Serviceが予期せず
シャットダウンする。
回避策: IBM DB2クライアントを正しくインストールします。
272964
接続が変更されたリレーショナルデータオブジェクトが含まれるアプリケーション
を再デプロイすると、アプリケーションでは新しい接続が使用されるが、元の接続
が引き続き参照される。元の接続が削除されると、アプリケーションが起動に失敗
する。
回避策: アプリケーションが正常に起動するように、元の接続を保持します。
272523
Data Integration Serviceで、[拒否するホスト]プロパティまたは[許可するホ
スト名]プロパティにおいてjava式に基づくHTTP要求が検証されない。
272366
カスタムロールの割り当てを表示するときに、セキュリティドメインが表示されな
い。
271853
LDAPを設定してユーザーを同期した後、ユーザーのプロパティを表示できない。
回避策: ブラウザを更新します。
270180
ドメインにReporting and Dashboards Serviceの複数のインスタンスを設定できな
い。
269270
管理者ツールで作成されたユーザーが、特権が割り当てられていなくても、
Jaspersoftにログインできる。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2で解消された問題
CR
説明
27101
1
Windowsプラットフォームを除くすべてのプラットフォームで、DTM作成プロセス障害
の有無を確認できない。
26677
5
テストデータ管理のデータマスキングプランから生成されたワークフローで、ターゲ
ットデータに間違った改行が生成される。
26
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
26590
7
PowerExchange for Netezzaを8.6.0から9.1.0にアップグレードすると、データ型の
変換によってNetezzaマッピングが無効になる。
26553
8
CLOBからXMLファイルを読み取り、同じデータを大量のリレーショナルテーブルセッ
トに書き込むと、データが壊れる。
26258
4
デプロイメントグループ内の削除されたオブジェクトをインポートし、そのオブジェ
クトがターゲットリポジトリにあるときに、PowerCenter Repository Serviceが失敗
する。
25888
8
再利用不可能なオブジェクトをインポートして同じ名前の再利用可能なオブジェクト
を置き換えると、オブジェクトが再利用可能なままになる。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項
CR
説明
27349
0
デプロイ中にフォルダを比較するときに、Repository Managerが応答できないという
エラーが誤って表示されます。
回避策: プログラムが応答するまで待つ、またはRepository Managerが要求に応答す
るまで待つオプションを選択します。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 2のサードパーティ製品の問題
CR
説明
2735
44
Microsoft SQL ServerデータベースへのODBC接続にDataDirect 6.1の新しいSQL
Server Wire Protocolドライバを使用すると、自己署名SSL証明書を使用できない。
回避策: 認証機関によって署名されたSSL証明書を使用します。
作業要求の参照番号: W107120024
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 2で解消された問題
CR
説明
245047
SAPテーブルをソースとする既存のマッピングまたはマプレットをインポートする
と、マッピングが失敗する。
IN_RLN_91000_HF4_0001
27
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 2で解消された問題
CR
説明
26237
3
プロファイルされたカラムの値を、カラムを選択して参照テーブルに追加すると、
Analystツールが誤って値のパターンを参照テーブルに追加する。
26003
6
プロファイル名を編集して大文字と小文字を変更しても、Analystツールでプロファ
イル名が変更されない。
26009
4s
ODBC接続を使用してUNIXマシンからMicrosoft SQL Serverにテーブルをインポートす
ると、ODBC.iniでインストールディレクトリのパスが正しく設定されていないため、
Analystツールでテーブルのインポートに失敗する。
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項
CR
説明
271582
AnalystツールまたはDeveloperツールを使用してODBC接続上のデータオブジェクト
をMicrosoft Excelにインポートすると、オブジェクトのプロパティをプレビュー
できない。
回避策: 二重引用符を使用するようにODBC接続上のSQL識別子を設定し、Developer
ツールを介してオブジェクトをインポートします。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2で解消された問題
CR
説明
26911
1
一致トランスフォーメーションのマッピングが含まれるモデルリポジトリをバージョ
ン9.0.1 HotFix 2から9.1.0 HotFix 1にアップグレードすると、マッピングの実行に
失敗する場合がある。
26865
0
Oracleデータソースを一致トランスフォーメーションに接続するマッピングを設定す
る場合に、データソースの行IDをトランスフォーメーションのシーケンスIDとして使
用できない。
26771
8
同じサイズの2つのグループがマージされたグループに対し、関連付けトランスフォ
ーメーションで間違った関連付けIDが割り当てられる場合がある。
26688
9
XMLを解析または生成するトランスフォーメーションが含まれているマッピングが12
時間を超えて実行されたとき、メモリが大量に消費される。
26679
2
デュアルソースのIDマッチングに対して一致トランスフォーメーションを設定する
と、一致分析に対して選択したフィールドで精度10が使用される。
28
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
26669
7
バージョン9.1.0または9.1.0 HotFix 1で保存されたWebサービスコンシューマトラン
スフォーメーションを開いたときに、以下のカスタム入力ポートが標準の入力ポート
として扱われる。
- HTTPヘッダポート
- クッキーポート
- エンドポイントURLポート
- WS-Securityポート
ポート名を編集し、カスタム入力ポートを再度追加できます。
26635
7
Webサービスメッセージの階層の最初のレベルを抽出するよう選択すると、Developer
ツールで1つのノードが2つのポートに抽出される場合がある。
26634
3
Content Management Serviceを再開したときに、[環境設定]ダイアログボックスの
[コンテンツのステータス]ビューで参照データのファイルリストが更新されない。
26612
5
トークンラベル適用モードで設定されたラべラトランスフォーメーションに保存され
ている正規表現をインポートして置き換えると、トランスフォーメーションを保存で
きない。
26599
0
インポートされた1つ以上のコンテンツセットを読み取るようにData Quality 9.1で
ラベラトランスフォーメーションを設定し、そのトランスフォーメーションをData
Quality 9.1 HotFix 1にエクスポートすると、Data Quality 9.1 HotFix 1でトラン
スフォーメーション開いたときにインポートされたコンテンツセットが表示されな
い。Data Quality 9.1 HotFix 1のトランスフォーメーションのプロパティには、正
しい数のコンテンツセットが表示される。
26549
8
例外トランスフォーメーションをIBM DB2のデータベースとテーブルスペースに接続
すると、そのトランスフォーメーションでデータをプレビューできない。
25664
1
DeveloperツールからAnalystツール内のカラムプロファイルまたはマプレットルール
を開くと、Analystツールのログインページが表示される。
25628
5
Inputトランスフォーメーション、Outputトランスフォーメーション、またはWebサー
ビスコンシューマトランスフォーメーション内のグループの名前が、その親グループ
内のポート名と同じである場合に、Developerツールによって設計時検証エラーが表
示されない。 代わりに、次の誤解されやすいエラーがランタイムログまたはマッピ
ングのデータプレビュー中に表示される。MapValue:単純ではないノードタイプへの値
の代入はサポートされていません。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2に実装された拡張要求
CR
説明
26928
6
アドレス参照データに短い形式が含まれているときに、トランスフォーメーションが
米国の通りおよび市区町村名の短い形式を返すことができる。住所レコードに短い形
式を追加するには、[要素の略式表記]オプションを使用する。
26921
3
例外トランスフォーメーションによってテーブルが作成されるときに、プレフィック
スEX_がカラム名に適用されない。
IN_RLN_91000_HF4_0001
29
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 2の既知の制限事項
CR
説明
272653
ODBC接続を使用してExcelファイルに接続すると、次のエラーメッセージが表示さ
れ、プレビューが失敗する。
[LDTMCMN_0029] Error reading from the stream because of the following message: [The operation did
not run correctly because of the following error:
[RR_4035 SQL Error [FnName: Prepare -- [Microsoft][ODBC Excel Driver] Syntax error (missing
operator) in query expression.
回避策: Excelファイル用のリレーショナルデータオブジェクトを作成し、そのリレ
ーショナルデータオブジェクトをプレビューします。
272479
単一レベルの関数とネストされた関数を同じアグリゲータトランスフォーメーショ
ンに含めても、そのマッピングまたはマップレットはDeveloperツールで無効となら
ない。 ただし、マッピングを実行すると、検証エラーが発生してData
Integration Serviceがマッピングに失敗する。
272410
Webサービスのプレフィックスを変更すると、Developerツールによって操作出力内
の要素の場所プロパティが消去され、ユーザーが新しい場所を設定できない。
272096
一致トランスフォーメーションのIDマッチングのFamilyストラテジで、住所1と電話
番号の二次入力が必要な二次入力として識別されない。
271633
Webサービスコンシューマトランスフォーメーションの入力ポートをXMLとしてマッ
プすると、DeveloperツールによってKey_Requestノードの場所がマップされない。
ランタイムログに次のメッセージが表示され、マッピングが失敗する。
[[ERROR] XML generator component [Cookie0_R2H_Input] message code: [66046], message body: No fields
are mapped for location [/infasoapns:Envelope] in group [RequestInput]. Map the ports from the
input group to the nodes in the hierarchy group.].]
回避策:以下の手順を実行します。
1.Webサービスコンシューマトランスフォーメーションの入力ポートと操作入力の要
求ノードの間のリンクを削除します。
2.入力ポートをKey_Requestノードにマップします。
3.入力ポートを右クリックし、オプションを選択してXMLとしてマップします。
271430
以前のバージョンのData Qualityで作成した統合トランスフォーメーションをData
Quality 9.1.0 HotFix 2にアップグレードすると、トランスフォーメーションのキ
ャッシュサイズの設定が0バイトに変更される。
270493
Webサービスコンシューマトランスフォーメーションで使用されるエンドポイント
URLでlocalhostを指定した場合、Webサービスに接続できない。
回避策: エンドポイントURLでlocalhostではなく、ホスト名またはIPアドレスを指
定します。
270337
再利用可能な同じ例外トランスフォーメーションのインスタンスを含むマッピング
が2つ以上ある場合、複数のマッピングをPowerCenterリポジトリにエクスポートで
きない。
270098
Oracleデータソースと一致トランスフォーメーションセットを使用するマッピング
をIDマッチングモードで実行するように設定し、一致トランスフォーメーションに
接続するソースカラムのデータ型を変更すると、トランスフォーメーションでデー
タをプレビューできない。
269879
カラムプロファイルを複数回実行すると、最新の実行結果ではなく、以前のプロフ
ァイル実行結果がIDPV_COL_PROFILE_RESULTSビューに表示される。
30
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
269721
フラットファイルのデータソースでカラムデータ型を文字列から整数に変更し、
Informatica Analystで実行した後にデータソースでプロファイルを実行すると、
集計関数の間違った値に関するランタイムエラーが発生する場合がある。
268797
Webサービスのメッセージが次のエラーで失敗した後、Data Integration Serviceで
Webサービスのメッセージを処理できないか、Webサービスのランタイムエラーをロ
グに記録できない。
H2R2H_66000,[ERROR] XML parsing component [operation component name] message code: [66017], message
body: The following error occurred while running the XML processor: [Memory allocation failed- for
more information see file://].
回避策: Data Integration Serviceを再起動します。
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 2で解消された問題
CR
説明
267263
再利用可能なトランスフォーメーションで、リネージ図に未使用のポートが表示さ
れる。
267092
バージョン管理されている変更後のマプレットでリネージを実行するとNullポイン
トの例外が発生するが、マプレットの変更は関連付けられているマッピングに反映
されない。
266758
PowerCenterトランスフォーメーションにネストされたインラインSQLのある完全修
飾カラムのSQLオーバーライドが含まれる場合に、リネージ図でデータベースカラム
へのリンクが失われる。
265093
カタログテーブルのシーケンスの最大値がBIGINTデータ型の最大値よりも大きいと
きに、IBM DB2リソースのロードが失敗する。
264175
フォルダ数が200を超えるPowerCenterリソースへのリンクのあるカスタムリソース
をロードすると、メモリ不足エラーが発生する。
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 2の既知の問題
CR
説明
273665
backupconfigurationコマンドで、リソースに関連付けられているスケジュールが
バックアップされず、また、リレーショナルリソースに対して指定された更新オプ
ションもバックアップされない。
IN_RLN_91000_HF4_0001
31
Informaticaバージョン9.1.0 HotFix 1
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
2634
79
Windows 64ビットで9.0.1から9.1.0にアップグレードした後、ドメインが
java.lang.OutOfMemoryError.PermGen spaceエラーでシャットダウンする。
2631
01
Model Repository Serviceの9.0.1 HotFix 2から9.1へのアップグレードが、
[PRSVCSHARED_00026]内部エラーで失敗する。
2607
88
LDAPセキュリティドメインに重複するユーザーまたはグループが含まれる場合、8.6.1
HotFix 12から9.0.1 HotFix 2へのアップグレードが失敗する。
2606
48
モデルリポジトリをOracle 10Gまたは11Gにリストアする場合、Oracle DataDirectド
ライバの制限のため、例外が発生する。
2603
09
コマンドラインで、Data Analyzerリポジトリのリポジトリコンテンツのバックアッ
プ、リストア、または削除に対して追加のJDBCパラメータが正しく機能しない。
2597
42
8.6.1から9.0.1にアップグレードする場合、以前割り当てられていたカスタムロールの
特権が失われる。
2594
58
Service Managerがドメイン環境設定リポジトリのライセンスの使用状況を更新できな
い場合、マスタゲートウェイノードが予期せずシャットダウンする。
2589
16
PowerCenter Integration Serviceがグリッド上で動作する場合にワーカーサービスプ
ロセスを無効にすると、マスタサービスプロセスも再起動する。
2587
22
有効でないモデルリポジトリへの接続を作成した場合でも、接続テストにパスする。
2581
89
バージョン8.6.1から9.1にアップグレードした後、[Informatica Administratorにつ
いて]ウィンドウにバージョン9.0.0または9.0.1が正しく表示されない。
2576
95
Reporting ServiceがMicrosoft SQL Serverへの信頼関係接続で設定されているとき
に、Reporting Serviceが表示に失敗する。
2575
65
[他のユーザーのジョブの表示]ドメイン特権がないユーザーでも、[作業ビュー]タ
ブで他のユーザーのジョブを監視できる。
2575
20
リレーショナルデータオブジェクトに対してルックアップを実行するマッピングを実行
し、マッピングの実行に必要なメモリがData Integration Serviceプロセスの最大メモ
リサイズを超えている場合に、Data Integration Serviceがマッピングの実行に十分な
メモリがないことをレポートするのに時間がかかることがある。
2569
47
HTTP上でWeb Services Hubを実行した場合に、Webサービスレポートに正しくない情報
が表示される。
32
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
2551
25
Metadata Manager ServiceをPowerCenterリポジトリサービスと関連付けると、
PowerCenterリポジトリサービスの[依存関係の表示]グラフが表示されない。
2532
52
Microsoft SQL Server ODBC接続をAdministratorツールで作成し、Informatica が
Linuxにインストールされている場合、テスト接続に失敗する。
Informatica Domain 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項
CR
説明
26705
1
サービスを編集してノードを変更した後、Reporting and Dashboardsサービスにアク
セスできない。
26404
6
Administratorツールの[モニタリング]タブでハイパーリンク[統計のモニタリン
グ]をクリックすると、デフォルトで一部のジョブが表示されない。
回避策: すべてのジョブを表示するには、ジョブの一覧でデフォルトのフィルタを削
除します。
26315
7
[ドメインの概要]ビューのロードが完了する前に[接続]ビューをクリックした場
合、または管理者ロールがないユーザーが接続を作成しようとした場合、
Administratorツールがシャットダウンすることがある。また、[接続アクション]メ
ニューにオプションが表示されない。
回避策: Administratorツールからログアウトします。ブラウザのキャッシュをクリア
して、再度ログインします。[ドメインの概要]ビューのロードが完了するまで待機
してから、[接続]ビューをクリックします。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
2660
95
削除されたユーザーによってチェックアウトされたオブジェクトを、管理者がチェッ
クインできない。
2647
58
PowerCenter Integration Serviceが、workflowref.cpp(行番号4213)のアサートで
予期せずシャットダウンする。
2634
93
PowerCenter Integration Serviceが、workflowref.cpp(行番号4171)のアサートで
予期せずシャットダウンする。
2633
37
Windows 64ビット上の大規模バッファプールで構成されたセッションが、必要なメモ
リを32ビットオペレーティングシステムに割り当てられないというエラーで失敗す
る。
2633
20
複数のワークフロータスクを含む再利用可能なワークレットのインスタンスが複数あ
るワークフローを実行すると、PowerCenter Integration Serviceが予期せずシャット
ダウンする。
IN_RLN_91000_HF4_0001
33
CR
説明
2623
23
IPv6環境でIPv6インターフェイスが無効になっていると、Windows x64上のpmcmd、
pmdtm、およびその他のクライアントが、PowerCenter Integration Serviceへの接続
に失敗する。
2621
26
名前変更されたショートカットおよびDBDのある削除されたバージョンまたはソースに
関連する名前競合でデプロイメントが失敗する。
2620
78
Teradata ODBC接続が、高精度が有効な場合に10進数20桁のデータを不正確に書き込
む。
2620
75
高精度モードでTeradataターゲットにデータをロードすると、数値オーバーフローの
計算エラーが発生する。
2605
97
OracleまたはTeradata接続のワークフローに対するセッションプロパティでプッシュ
ダウンの最適化を選択した場合、Workflow Managerが予期せずシャットダウンする。
2600
34
ワークフローを変更または作成した場合、HP-UX Itanium上のWeb Services Hubが予期
せずシャットダウンする。
2593
23
複数の同時セッションが同じルックアップキャッシュを使用する場合、循環型の依存
関係のためにデッドロックが発生する可能性がある。
2588
21
PowerCenter Integration Serviceが、マスタゲートウェイのフェイルオーバー後に
Workflow Monitorからセッションまたはログをフェッチできない。
2582
41
XMLジェネレータトランスフォーメーションが、バイナリデータのパススルーポートに
NULL値を返す。
2571
42
ワークレットを含むワークフローをコールドスタートすると、PowerCenter
Integration Serviceがワークレット内のタスクを実行しない。
2570
67
SFTP接続がステージングしていないモードにあり、SFTP接続でIPV6アドレス指定形式
が使用されているときに、SFTPを使用するセッションがホスト名検証エラーが原因で
失敗する。
2569
47
証明書の追加後、安全なWeb Services HubのWebサービスレポートが正しく表示されな
い。
2564
95
PowerCenter Integration ServiceがUTF-8コードページで実行されている場合、2,000
文字を超えるマッピングおよびワークフローパラメータが誤って読み取られるか切り
詰められる。
2545
00
Sybase ASE 15.0.3リポジトリが実装されたSolaris SPARC 10 64ビットオペレーティ
ングシステム上でPowerCenterリポジトリサービスを有効にすると、PowerCenterリポ
ジトリサービスが終了する。
2528
31
[デバッグインスタンスの作成]を選択すると、Windows 64上でデバッガの起動に失
敗する。
2521
30
マプレットショートカットを含む静的デプロイメントグループを、同じマプレットシ
ョートカットを持つバージョン管理されていないリポジトリにデプロイできない。
34
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
2515
90
Windows 64の行エラーのログが有効になっているセッションで、エラーがない場合に
もPMERR_DATAおよびPMERR_TRANSテーブルに行が作成される。
2486
74
リアルタイムメッセージキューセッションがグリッド上にある場合、セッションで一
部の行がターゲットにコミットされない場合がある。
2438
99
PowerCenterリポジトリをリストアしたとき、以下の条件が該当する場合、
PowerCenter Integration ServiceはSQLクエリを切り詰める。
1.別のコードページからUTF-8コードページにリポジトリをリストアした場合。
2.リポジトリをバックアップしてから、別のコードページにリストアした場合。
3.トランスフォーメーションが、カスタムトランスフォーメーションか、カスタムト
ランスフォーメーション上に作成されたその他トランスフォーメーションである場
合。
4.SQLクエリが2,000文字を超える場合。
2376
20
PowerCenterインストールにライブラリがないため、データトランスフォーメーション
のソースとターゲットのセッションがHP-UXコンピュータで失敗する。
2276
32
SFTP接続を使用して、TumbleweedおよびIPswitchなどのサーバー上で生成されたター
ゲットファイルの権限を更新する場合、セッションが失敗する。
PowerCenter 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項
CR
説明
26607
2
セッションの状態が待機から実行中に変化した直後のセッションログのフェッチで、
例外がスローされる。
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
261510
BAPI/RFCトランスフォーメーションのエクスポートパラメータまたはインポートパラ
メータに「SY-*」などのデータ型が含まれる場合、セッションが予期せず終了する。
260840
ソースおよびターゲットのMSMQマシン名およびキュー名はパラメータ化できない。
260403
SAP BWから読み込む際、パイプラインでパケットのデータを処理している間にData
Integration Serviceでエラーが発生しても、SAP BWモニタのステータスが赤に設定
されない。
259204
SAP/ALE IDoc PrepareトランスフォーメーションCONTROL_SERIALポートが読み取り
専用である。
257121
バルクモード中、PowerExchange for Netezzaがターゲットテーブルのテーブル名を
オーバーライドしない。
IN_RLN_91000_HF4_0001
35
CR
説明
256773
IDoc Interpreterトランスフォーメーションで行レベルの処理を有効にし、DATS、
ACCP、およびTIMSデータ型フィールドがNULLの場合、PowerCenter Integration
Serviceはターゲットにランダムデータを書き込む。
240876
PowerCenter Integration ServiceをWindows 32ビットマシンまたは64ビットマシン
で実行する場合、ストリームモードでデータを抽出できない。
PowerExchange Adapter 9.1.0 HotFix 1の既知の問題
CR
説明
265138
ストリームモードでSAPからLRAWデータ型を読み取れない。
Informatica Data Quality 9.1.0 HotFix 1の既知の問題
CR
説明
265573
例外トランスフォーメーションが使用されるマッピングを使用してセッションを実
行し、重複レコードデータをOracleデータベースに書き込むと、重複レコードクラ
スタ内のレコードを統合または抽出するときに問題が発生する。Analystツールはク
ラスタ内のすべてのレコードをマスターレコードとして識別する。
265572
例外トランスフォーメーションが使用されるマッピングを使用してセッションを実
行し、不良レコードデータをOracleデータベースに書き込むと、Analystツールで
テーブルに対して操作を実行したときに問題が発生する。テーブル内の1つ以上のレ
コードに対して操作を実行すると、テーブル内のすべてのレコードが更新される。
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 1で解消された制限事項
CR
説明
25882
8
プロファイルのドリルダウン結果でフィルタを適用した後、フィルタを作成するか、
ルールを追加するか、またはプロファイルを再実行すると、プロファイルオブジェク
トを使用する複数のユーザーに関するランタイムエラーが表示される場合がある。
25876
3
テーブル名またはカラム名にスペースのあるテーブルに接続する参照テーブルを作成
できない。
25872
3
ルールをプロファイルに追加するときに、タグを使用してルールを検索できない。
25871
8
カラム名が小文字のテーブルまたはカラム名に大文字と小文字が混在するテーブルに
接続する、管理されていない参照テーブルを作成できない。
25769
8
参照テーブルにマルチバイト文字を追加すると、監査証跡のエクスポートが壊れる。
36
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
25725
3
空の文字列カラムのあるデータソースをプロファイルすると、それらのカラムのデー
タ型推測が成功しない場合がある。
25564
1
ODBCデータソースの[詳細フィルタ]タブでプロファイルをプレビューすると、
Analystツールによってエラーが表示される。
25543
0
SQLフィルタが適用されたリレーショナルデータソース上のプロファイルのデータソ
ースをフラットファイルに変更した場合に、AnalystツールによってSQLフィルタオプ
ションが正しく表示されない。
25013
7
参照テーブル名またはカラム名に「#」などの特殊文字が含まれる場合に、参照テー
ブルをインポートできない。
24170
7
プロファイルの初回実行時に、Analystツールによって[ジョブステータス]タブの
情報が表示されない。
23341
6
テーブル名が数値で始まる場合、テーブルのインポート中にデータベーステーブルを
プレビューすることができない。Analystツールにテーブルが無効であることを示す
メッセージが表示される。 ウィザードを完了すると、テーブルは正常にインポート
される。
Informatica Analyst 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項
CR
説明
262029,
262030
インターネットブラウザのロケール設定がフランス語またはドイツ語の場合、プロ
ファイルを実行するとエラーが発生する。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
2591
44
ラベラトランスフォーメーションで使用されるコンテンツセットの正規表現を更新し
ても、ラベラトランスフォーメーションでその更新が適用されない。
2589
40
ソースデータに大文字と小文字が混在しているかソースデータが大文字の場合でも、
結合分析で結合行が小文字で表示される。
2587
51
Developerツールによって、一致ペア出力タイプが使用されている単一ソースの一致ト
ランスフォーメーションでクラスタ出力分析の実行が防止されない。
Developerツールによって、一致ペア出力タイプが使用されている単一ソースIDの一致
トランスフォーメーションで一致タイプによるランタイム分析の実行が防止されな
い。
2587
32
Developerツールでは、DBO以外のスキーマが使用されているMicrosoft SQL Serverデ
ータベースに格納されている参照テーブルを使用できない。
IN_RLN_91000_HF4_0001
37
CR
説明
2587
24
例外トランスフォーメーションがWebサービスで使用されている場合、例外トランスフ
ォーメーションによってデータ品質テーブルに書き込まれない例外レコードがある。
2581
95
Developerツールからエクスポートされたマッピングに、引用符識別子文字および大文
字と小文字が混在する識別子が有効に設定されている接続を持つ例外トランスフォー
メーションが含まれている場合、PowerCenterセッションが失敗する。
2581
05
AIX、HP-UX、およびSolarisで、infacmd oieコマンドを使用して参照テーブルデータ
をインポートおよびエクスポートすることができない。
2580
86
パススルーポートのあるWeb Service Consumer出力グループからマッピング内の別の
トランスフォーメーションにすべてのポートをドラッグすると、Developerツールによ
ってJava例外が生成される。
2580
27
Developerツールが、信頼関係接続とDBO以外のスキーマが使用されているMicrosoft
SQL Serverデータベースに格納されている参照テーブルを使用できない。
2579
68
「infacmd oie -oo rtm:」コマンドを使用して、管理されていない参照テーブルをイ
ンポートすることができない。
2579
15、
2577
87
Developerツールによってポートのネイティブタイプがnvarcharに正しく設定されない
ことが原因で、トランスフォーメーションに貼り付けられた10進ポートが含まれるSQL
トランスフォーメーションのマッピングを実行すると、Data Integration Serviceが
予期せずシャットダウンする。
2577
99
異なる日付フォーマットを持つ文字列カラムに対して外部キー分析を実行した後、カ
ラムを検証すると検証結果が表示されない。
2563
84
プロファイルされたオブジェクトをプロファイルモデルから削除すると、Profilingウ
ェアハウスからプロファイリング結果が削除されない。
2571
78
参照テーブルのエクスポートおよびインポートが失敗したときのエラーメッセージの
詳細が不十分である。
2563
84
プロファイルされたオブジェクトをプロファイルモデルから削除したときに、
Profilingウェアハウスからプロファイリング結果が削除されない。
2562
37
プロファイルオブジェクト名が128文字を超えるプレフィックス文字列とサフィックス
文字列が含まれる複数のオブジェクトをプロファイルすると、Developerツールでラン
タイムエラーが発生する。
2556
20
コマンドラインによる参照テーブルのインポートおよびエクスポートで、ログファイ
ルが生成されない。
2555
11
プロファイルでカラム、プライマリキー、および機能依存性分析の実行後、-paオプシ
ョンを指定しないでinfacmd PS purgeオプションを使用してプロファイル結果をパー
ジすると、purgeコマンドによってProfilingウェアハウスからカラム、プライマリキ
ー、および機能依存性の結果がすべて削除される。
2546
69
一致トランスフォーメーションで、SequenceId入力ポートとGroupKey入力ポートの間
に入力ポートを追加すると、トランスフォーメーションエラーが発生する。
38
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
2535
64
結合条件とフィルタ条件に論理演算子ORが含まれ、OR式が括弧で囲まれていない場合
に、結合条件とフィルタ条件の両方が含まれるカスタマイズされたデータオブジェク
トが正しくないデータを返す場合がある。
2470
09
オンラインヘルプへのアクセス時にDeveloperツールによって断続的な例外が表示され
る。 この例外は、Eclipseバージョン3.5.2以前で使用されているヘルプのフレームワ
ークによって発生する。
2452
08
DTMがトランスフォーメーション間で文字列データ型を日時データ型に変換するとき
に、データビューア設定にあるデフォルトの日時形式の値が無視される。
2362
86
Developerツールで、参照テーブルを続けて何度も開くと、予期しない量のメモリを消
費する可能性がある。 Developerツールが反応しなくなり、他のマシンプロセスが影
響を受けるレベルまでメモリ消費量が増える可能性がある。
2348
90
参照テーブルに末尾のスペース文字が含まれる場合に、参照テーブルのインポートが
失敗する。
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1の既知の制限事項
CR
説明
2622
49
以下の場合に、ラベラトランスフォーメーションが文字セットのラベルオーバーライ
ドを誤って更新する。
1.ラベラトランスフォーメーションにラベルオーバーライドのある文字セットを複数
追加した場合。
2.親のコンテンツセットから文字セットのいずれか1つを削除した場合。
3.モデルリポジトリを切断して再接続した場合。
2616
80
管理されていない参照テーブルを持つマッピングをインポートすると、参照テーブル
データベースに対して接続が存在しない場合にエラーがレポートされない。
2613
86
Data Integration Serviceで例外が発生すると、操作マッピングに対する場合とWebサ
ービスクライアントからのWebサービス要求に対する場合でデータプレビュー中に異な
るシステムの実行時メッセージが返される。
2613
49
例外トランスフォーメーションが、データベース接続で指定したスキーマにではな
く、デフォルトのデータベーススキーマに例外テーブルを書き込む。
2589
21
データオブジェクトルックアップ条件で日付ポートを使用すると、データ変換エラー
が発生する。
回避策: デフォルトの日時形式に以下の形式のいずれか1つを使用します。
- MM/DD/RR
- MM/DD/YYYY
- MM/DD/RR HH24:MI
- MM/DD/YYYY HH24:MI
- MM/DD/RR HH24:MI:SS
- YYYY/MM/DD HH24:MI:SS
- MM/DD/RR HH24:MI:SS.NS
- MM/DD/YYYY HH24:MI:SS.NS
IN_RLN_91000_HF4_0001
39
CR
説明
入力文字列では、以下のトークン区切り文字に対して、ダッシュまたはスペースを使
用できます。
/, :, .
Informatica Developer 9.1.0 HotFix 1のサードパーティ製品で
解消された問題
CR
説明
229431
リソースにデータベース予約語またはドル記号($)文字以外の特殊文字が含まれて
いる場合、MySQLリソースをインポートまたはプレビューすることができない。
MySQL用DataDirect ODBCドライバのバージョン6.0.0.130 SP3で、データベース予
約語または「$」文字以外の特殊文字がサポートされていない。
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
26363
3
SAP R/3リソース上で1つまたは複数のユーザーセッションを使用して複数のアクティ
ビティを同時に実行すると、エラーが発生する。
25849
5
Metadata ManagerリポジトリがDB2であるときに、アプリケーションまたはリレーショ
ナルリソースのロードに時間がかかる場合がある。
25848
0
フォルダ名に特殊文字が含まれている場合、Metadata Manager AgentがDesktop
Intelligenceレポートの抽出に失敗する。
25512
9
Oracleリソースのロード中、S_M_FEATURE_MAP_FIRST_LOADセッションが一意制約エラ
ーで失敗する。
25783
4
PowerCenterリソースの接続文字列を更新すると、パラメータファイルの割り当てが失
われる。
25763
3
Metadata ManagerがDB2ウェアハウス上で実行されているとき、テーブルスペースが
32K未満の場合にMetadata Managerウェアハウスを作成できない。
25659
2
SAP R/3リソースをロードすると、STRG型およびRSTR型の型とデータ型がCHAR型として
ロードされる。
25645
2
PowerCenterとリレーショナルリソースをリンクすると、リンクビューに表示されるリ
ンク数が、エクスポートされた見つからないリンクの詳細ファイル内のリンクと一致
しない。
25438
3
リソースに関連付けられているソースデータベースを使用できない場合に、
PowerCenterリソースのリンクを作成できない。
40
IN_RLN_91000_HF4_0001
CR
説明
25390
0
ルックアップトランスフォーメーションのポートの順序とルックアップSQLオーバーラ
イドのカラムの順序が異なる場合、リネージが正しくない。この問題は、ルックアッ
プSQLオーバーライドにエイリアスが含まれるケースでは修正されました。
25376
4
再利用可能なセッションが複数のワークフローで使用され、これらのワークフローの
それぞれがさまざまなパラメータファイルに関連付けられている場合、再利用可能な
セッションの変数が正しく解決されない。
25194
6
Sun SPARC、IBM AIX、またはHP-UX IPF 64ビットプラットフォームにOracleリソース
をロードすると、パッケージ内のプロシージャと関数が抽出されない。
25079
9
マップレット内のルックアップトランスフォーメーションで、ルックアップテーブル
名がschema.table形式のセッションレベルでパラメータ化されている場合、セッショ
ンレベルのオーバーライドパラメータで指定されたスキーマへのリンクがリネージに
表示されない。
21584
7
抽出したアプリケーションコンポーネントの名前が一意でない場合、Microsoft SQL
Serverリポジトリ上で、SAP R/3リソースに対するインデックス処理がSQLExceptionで
失敗する。
Metadata Manager 9.1.0 HotFix 1の既知の問題
CR
説明
2638
30
ネストされたSQL式で、一番外側の式が最初に解析される。
2636
33
複数のSAPリソースを同時にロードすると、ロードが失敗することがある。
2650
11
Microstrategyリソースをロードした後、Netezzaオブジェクトへの接続がPostgre SQL
オブジェクトとして抽出される。
2594
73
IBM DB2エイリアスの影響のサマリに、べースオブジェクトの影響を受けるオブジェク
トが表示されない。
Data Analyzer 9.1.0 HotFix 1で解消された問題
CR
説明
2576
95
Reporting ServiceがMicrosoft SQL Server上で信頼関係接続での開始に失敗する。
IN_RLN_91000_HF4_0001
41
Informaticaグローバルカスタマサポート
電話、またはオンラインサポートからカスタマサポートセンターに連絡できます。 オン
ラインサポートのご利用には、ユーザ名とパスワードが必要です。
http://mysupport.informatica.comから、ユーザー名とパスワードが入手できます。
電話によるInformaticaグローバルカスタマサポートへの問い合わせ先は次のとおりで
す。
北米/南米
ヨーロッパ/中東/アフリカ
アジア/オーストラリア
フリーダイヤル
フリーダイヤル
フリーダイヤル
ブラジル: 0800 891 0202
フランス: 0805 804632
メキシコ: 001 888 209 8853
ドイツ: 0800 5891281
オーストラリア: 1 800
151 830
北米: +1 877 463 2435
イタリア: 800 915 985
オランダ: 0800 2300001
ニュージーランド: 09 9
128 901
ポルトガル: 800 208 360
スペイン: 900 813 166
スイス: 0800 463 200
英国: 0800 023 4632
有料(標準料金)
インド:+91 80 4112
5738
有料(標準料金)
ベルギー: +31 30 6022 797
フランス: +33 1 4138 9226
ドイツ:+49 1805 702 702
オランダ:+31 306 022 797
英国: +44 1628 511445
42
IN_RLN_91000_HF4_0001
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
16
File Size
405 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content