close

Enter

Log in using OpenID

変則 2DAY レースに万全の体制で挑む

embedDownload
S 耐‐043
■マークX がデビュ ーし
た 昨 年 の 鈴 鹿 ( 最 終 戦 )。
予選8位、決勝5位という
結果でした
■変則 2DAY レースに万全の体制で挑む
スーパー耐久第 3 戦は「SUZUKA“S 耐”サバイバル」というレー
スタイトルからもわかる通り、通常のシリーズとは異なるレー
ス形式で行われます。土曜日に A、B 両ドライバー出走しての予
選(20 分)が行われ、合算タイムで順位が決まるのは同じです
が、4 位以下のチームは「セカンドチャンス 100」という 100 分
レースに出場し、決勝(4 時間レース)進出をかけて戦わなけれ
できるのは上位 2 位まで。決勝に出られるのは 5 台(ST-3 クラ
ス)というわけです。
マーク X はここまで 2 レースを戦い、5 位、6 位と 2 戦連続で
完走していますが、予選の最高位は 6 位で、スピード面でまだ
まだライバルにおよびません。予選で 3 位以内に入ることや、
■決勝進出にはフェアレ
ディZやレクサス勢の一
角を崩すことが不可欠で
す
ばなりません。100 分レースに出走するのは 5 台で、決勝に出場
■まだまだ伸び代を秘め
ているマークX。前戦菅生
からのポテンシャルアッ
プに注目です
100 分レースで 2 位以内に入ることは、決して低いハードルでは
ありません。しかし、鈴鹿はマーク X が昨年(最終戦)唯一走
ったコース。前戦菅生ではスピードアップのためのヒントも見
つかりました。チームは約 1 ヶ月のインターバルの間、クルマ
の改良に取り組んできたので、まずはこの狭き門を突破するこ
とが目標です。また、決勝にコマを進めることができれば、表
彰台は目前。1 大会につき 2 回レースを行うのは体力的にもハー
ルに発揮できればマーク X 初の表彰台フィニッシュも夢ではあ
りません。
今回は店舗から 6 人(経験者 1 人を含む)のサービスエンジ
ニアがかけつけます。すでにファクトリーでのピット作業練習
会を 2 回行い準備は万端。鈴鹿で躍進する“緑の勇者たち”の
■マークXの熟成に努め
る3人のドライバー。モチ
ベーションは非常に高い
ドで、4 時間というレース時間も未知数ですが、チームの力をフ
活躍にご期待ください。
スーパー耐久タイムスケジュール
♯68
埼玉トヨペット GB マーク X G’s
第 3 戦 チーム体制
◆クラス/ST-3 クラス
◆ドライバー/
A ドライバー 番場 琢・B ドライバー 服部尚貴・C ドライバー 平沼貴之
◆サービスエンジニア
川越西支店 笠原武光・所沢北支店 松原史也・さいたま南支店 相原隆星
東 川口 支店 阿部 宏 司・所沢 支店 廣 瀬弘 雅・春日 部支 店 笹 川祐 太
◆モータースポーツ室エンジニア/関口 慎 坂本 貴大 杉野 芳彦
◆チームマネージャー/山岸 希
◆チームサポート/青柳 浩
◆チーム代表兼監督/岩田勝俊
◆6 月 11 日(土) 予選
10:30∼10:50 公式予選 A ドライバーGr.1
11:25∼11:45 公式予選 B ドライバーGr.1
11:55∼12:35 ピットウォーク
16:10∼
セカンドチャンス 100
(100 分間レース)
◆6 月 12 日(日) 決勝
10:00∼10:30 スーパー耐久ウォームアップ
12:05∼12:55 ピットウォーク
15:15∼
スーパー耐久決勝
(4 時間)
©2016 Saitama Toyopet co.,Ltd All Rights Reserved.
埼玉トヨペット Green Brave PARTNERS
協賛各社
赤城車体工業株式会社
株式会社アシスト・ワン
有限会社大宮クリーン社/
有限会社大進カーエアコン
株式会社 FM NACK5
埼群スリーボンド株式会社
トヨタ部品埼玉共販株式会社
株式会社フォーナインズ
丸和工業株式会社
株式会社テレビ埼玉
トヨタホーム東京株式会社
アルパインマーケティング株式会社
EMG マーケティング
合同会社(モービル1)
株式会社岡崎巧芸
株式会社カーグラス・JP
株式会社デンソーセールス
東京純豆腐
株式会社トヨタレンタリース新埼玉
富士ゼロックス埼玉株式会社
株式会社ハッポーライフ彩生
株式会社プロモーション
※50 音順
©2016 Saitama Toyopet co.,Ltd All Rights Reserved.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
51
File Size
771 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content