close

Enter

Log in using OpenID

パリ・水位・3.5メートル / セーヌ川研究家 佐川 美加

embedDownload
パリ・水位・3.5メートル
佐川 美加
セーヌ川研究家 セーヌ川に浮かぶ純白のクルーザー。輝くエッフェル
なければならなかった。21 世紀になった現在でも、同
塔やライトアップされたノートル = ダム寺院を眺めなが
じ規模の大洪水が来れば、その時と同じ景色がよみが
らのディナー。愛する人と最高の時を過ごすクリスマス・
える可能性は否定されていない。川の水がズワーヴの
イヴ。その日が来るのを指折り数え、遠く離れた国から
靴を洗うようになると洪水注意報が発令され、ふくらは
飛行機でパリに到着。
ドレスアップしてセーヌのほとりの
ぎまで上がってくると船は橋の下を通り抜けることが危
船着き場までやってきた二人は言葉を失った。桟橋に貼
険になり、船舶航行禁止命令が出される。
られた紙にはこう書いてあった。
「セーヌ川の水位がか
・・・船は岸から離れ、まもなく、川の中ほどで止まっ
なり上がっていますので、当社の船は通常のルートを航
た。静けさの中、エッフェル塔が一段と輝きを増した時、
行することができない状態です。
この船着き場を出た船
船の中で澄んだかすかな音が響いた。それは、ふたりの
は、
シテ島よりも下流の芸術橋とミラボー橋との間、エッ
シャンパン・グラスがそっと触れあった音だった。
フェル塔の周辺のみを航行します。皆様のご理解のほ
ど、お願い申しあげます」水上からのノートル = ダムの
夜景は楽しめない・・・
2010 年はパリのセーヌ川にとって特別な年であっ
た。半年間にわたって首都機能をマヒさせた史上最大
級の「1910 年の大洪水」から 100 年の節目の年だっ
た。パリの洪水シーズンは、冬。12 月に入り北フラン
スは雪や雨が続き、記念の年の最後を飾るかのように
セーヌ川は 4 年ぶりに増水し、24 日、水位は 3.5 メー
トルに達していた。
写真は、
アルマ橋の橋脚についている
「ズワーヴ」
であ
る。19 世紀のフランス植民地時代のアルジェリア歩兵
をかたどったもので、セーヌ川が増水すると、
この像がど
こまで水に沈んでいるかがパリジャンの関心事となる。
1910 年 1 月 28 日、世紀の大洪水のピーク時、セーヌ
川の水位は 8.62 メートルに達し、ズワーヴは肩から下
が水に沈んでいた。マリー・アントワネットが最期の日々
を過ごした、シテ島内の地下牢も深さ 2 メートルの水に
浸かり、今は美術館となっているオルセー駅は、川から
あふれた水によってガラスの大窓が突き破られた。地下
鉄のトンネルにも水が入り、川に近い街路はすべて水に
覆われ、人々はそこに浮かべた小舟に乗って行き来し
すい滴/パリ・水位・3.5メートル
●
3
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
161 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content