close

Enter

Log in using OpenID

<ヨーロッパ> < イギリス>

embedDownload
<ヨーロッパ>
マッハ , E.
<イギリス>
<アメリカ>
<オーストラレーシア>
フレーゲ , G.
ラッセル , B.
プラグマティズム第一世代
ポーランド学派
トヴァルドフスキ , K.
ウィトゲンシュタイン , L.
(前期)
(後期)
ウカシェヴィチ , J.
レシニェフスキ , S.
ムーア , G. E.
批判的実在論
パース , C.S.
ラヴジョイ , A.
ジェームズ , W.
サンタヤナ , G.
デューイ , J.
セラーズ , R.W.
ミード , G.H.
・実線のつながりは、師弟関係や影響
関係、その他の重要な関係を表す。
・実線のくくりは、学派や地域による
まとまりを表す。
・破線のつながりおよびくくりは、分
野やテーマの共有を表す。
・ヨーロッパ、イギリス、アメリカ、
オーストラリアという分類は、実線
に対してのみ意味をもつ。
・おおむね下にいくほど新しいが、そ
うでない部分も多い。
日常言語学派
タルスキ , A.
エイヤー , A.J.
ライル , G.
オーストラリア哲学
オースティン , J. L.
ポパー , K.
アームストロング , D.
論理実証主義
スマート , J.J.C.
プラグマティズム第二世代以降
カルナップ , R.
ルイス , C.I.
マーチン , C.B.
ウィトゲンシュタインの弟子
クワイン , W.V.
ジャクソン , F.
ノイラート , O.
アンスコム , G.E.M.
グッドマン , N.
パーゲッター , R.
ライヘンバッハ , H.
フォ ン・ウリク ト, G.H.
セラーズ , W.
プライア , E.
マルカム , N.
パトナム , H.
ウィンチ , P.
ローティ , R.
シュリック , M.
ギーチ , P.
トゥールミン , G.
ニュージーランドの論理学者
プライア , A.
チザム , R.M.
フィンランド学派
クレスウェル , M.J.
ヒンティッカ , J.
ヒルピネン , R.
会話の理論
ダメット , M. ストローソン , P.F.
サ−ル , J.
トゥオメラ , R.
グライス , P.
ライト , C.
デイヴィドソン , D.
メタ倫理学
マッギン ,C.
ヘアー , R. M.
ストラウド , B.
様相論理・可能世界論
ブラックバーン , S.
パーソンズ , C.
バルカン , R
ウィギンズ , D.
ハーマン , G.
モンタギュ , R .
マクダウェル , J.
ハート , H.L.A.
ルイス , D.
クリプキ , S.
オックスフォードの
文章の難しい人たち
法哲学・政治哲学
クワインの生徒
デネット , D.C.
カプラン , D.
エヴァンス , G.
ドゥオーキン , R.
形而上学
プランティンガ , A.
トゥーリー , M.
ヴァ ン・インワーゲン ,P.
サイダー , T.
ジマーマン , D.
メリックス , T.
ピーコック , C.
ネーゲル , T.
論理学の哲学・数学の哲学
規範倫理学
セン , A.
科学哲学
ロールズ , R.
ク−ン , T.
ノージック , R.
ファイヤーアベント
マッキンタイア , A.
ラカトシュ , I.
ウィリアムズ , B.
ラウダン , L.
カートライト , N.
チャーチ , A.
ベナセラフ , P.
ブーロス , G.
フィールド , H.
エチェメンディ , J.
, P.
認識論・知識論
ゲティア , E.
心の哲学
キム , J.
フォーダ− , J.A .
心理学の 哲学・認知科学
チャーチランド , P.
ブロック , N.
チャーニアク , C.
バージ , T.
シュ−メーカー , S.
ミリカン , R.G.
ライカン , W.
チャルマーズ , D.
ドレツキ , F.
ゴールドマン , A.I.
ノージック , R.
スティッチ , S.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
14 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content