close

Enter

Log in using OpenID

e+(イープラス)がおサイフケータイを利用した電子チケットサービスを

embedDownload
2009年5月25日
株式会社エンタテインメントプラス
e+(
e+(イープラス)
イープラス)がおサイフケータイ
がおサイフケータイを
サイフケータイを利用した
利用した電子
した電子チケットサービス
電子チケットサービスを
チケットサービスを開始
小型軽量リーダ
リーダ/
ライタで
本格普及を
目指します
~ 小型軽量
リーダ
/ライタ
で本格普及
を目指
します ~
チケット販売のe+(イープラス)[http://eplus.jp](株式会社エンタテインメントプラス、東京都品川区、
社長:橋本行秀、以下 e+(イープラス))は、フェリカネットワークス株式会社(東京都品川区、代表取
締役社長:芳野 弘、以下 フェリカネットワークス)と協力して、モバイル FeliCa(注 1) IC チップを搭載
した携帯電話の「おサイフケータイ(注 2)」を利用した電子チケットサービスを開始いたします。
3)」
」を利用するこ
e+(イープラス)はフェリカネットワークスのアプリケーションである「
「ピットモット(注
利用するこ
ピットモット
とで公演
とで公演チケット
公演チケット情報
チケット 情報を
情報を簡単に
簡単に 携帯電話へ
携帯電話 へダ ウンロード出来
ウンロード出来るようになり
出来るようになり、
るようになり 、ユーザーの
ユーザー の利便性が
利便性が格段
に向上、
向上、また専用
また専用リーダ
専用リーダ/
リーダ/ライタなど
ライタなどが
などが大きな据
きな据え置き型から持
から持ち運びが簡単
びが簡単な
簡単な軽量タイプ
軽量タイプになった
タイプになったこ
になったこ
とや、
とや、 入場時における
入場時におけるオペレーション
における オペレーション業務
オペレーション 業務の
業務 の軽減など主催者側の運用面も向上することなどから、電
軽減
子チケットの本格普及に向けての条件が整ったと判断いたしました。
このサービスは、おサイフケータイ(ピットモット)への公演チケットのダウンロードサービスと、会場の
ゲートでご利用いただく、小型かつ軽量化した電子チケット専用リーダ/ライタ(フェリカネットワークス
より提供予定)で構成されます。尚、同社のリーダ/ライタの仕様検討にあたっては、e+(イープラス)
がチケット販売のノウハウを提供しております。
また、現場
現場で
現場でチケット発券
チケット発券する
発券する場合
する場合の
場合の PC とプリンターも
プリンターも、e+(
e+(イープラス)
イープラス)が安価かつ
安価かつ軽量
かつ軽量な
軽量な商品に
商品に
独自の
独自のプログラムを
プログラムを搭載いた
搭載いたしました
いたしました。
しました。
これによって、電子チケット入場者のための会場での設備は持ち運び/設置が容易になりました。
電子チケットサービスの実公演、並びに会場での導入について、まずは、矢沢永吉の 2009 年秋ツア
ーにおいて、携帯公式サイト「E.YAZAWA」会員向けチケットにて、本サービスを利用することが決定い
たしました。携帯電話一つでチケットの購入から入場まで行えるという高い利便性の提供と、近年対策
の必要が指摘されているオークションへの不正出品の抑制を本サービスによって行えます。
スポーツの分野では、2009 年 7 月 28 日(火)に東京ドームで行われる巨人対中日戦にて、「e+(イ
ープラス)ナイター特別企画チケット」として展開する【オリジナル T シャツ付チケット】の販売を、本サ―
ビスを利用して実施いたします。また、横浜ベイスターズも会員向けサービスの一環として導入を予定。
e+(イープラス)では、今後スポーツチーム向けソリューションビジネスの核として展開していく予定で
す。
さらに、ライブハウスでは「shibuya eggman」と 「東京カルチャーカルチャー」が早期導入を予定。携
帯電話で簡単に公演チケット情報を入手し、かざすだけで入場可能という顧客との親和性が高い特徴
を活かして、今後 1 年間でライブハウスやイベントスペースなど 100 店舗以上へ導入を目指しておりま
す。
<電子チケットプレスリリース詳細> http://eplus.jp/e-ticket/
<電子チケット採用・導入予定公演>
・ポピュラー
【矢沢永吉 2009 年秋ツアー(主催:株式会社音)】
EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2009「ROCK'N'ROLL」の携帯公式サイト
「E.YAZAWA」会員向けチケットにて採用。
対象公演:2009 年 12 月 12 日(土)13 日(日)大阪城ホール
2009 年 12 月 16 日(水)17(木)19(土)~21(月)日本武道館
・野球
【読売巨人軍ホームゲーム(主催:読売新聞社)】
e+(イープラス)ナイターの特別企画として販売する「オリジナル T シャツ付チケット」
にて採用。
対象試合:2009 年 7 月 28 日(火)東京ドーム 「巨人 vs 中日」
【横浜ベイスターズ(社名:株式会社横浜ベイスターズ)】
横浜ベイスターズ会員向けサービスの一環として導入予定。
・ライブハウス 【shibuya eggman(所在地:東京都渋谷区神南 1-6-8 B1F)】にて開催の公演
株式会社エッグマンが運営するライブハウスで、ロック・ポップス系を中心に、
インディーズからメジャーまで幅広いジャンルのライブが楽しめる。
ミュージシャン、レーベル発信のイベントにも広く門戸を開放している他、
演劇、ファッションショー、お笑い等音楽以外のジャンルにも広く利用されている。
【東京カルチャーカルチャー(所在地:東京都江東区青海 1 丁目パレットタウン
Zepp Tokyo 2F)】にて開催の公演
インターネットプロバイダのニフティ株式会社が運営する、飲食店スタイルのライブハ
ウス。トークライブ、アコースティツク系のライブ、ファンクラブや顧客関連イベント、
プロモーションや記念も兼ねたイベントなど多目的なイベントに利用可能。
注 1:「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触 IC カードの技術方式です。
「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
注 2:「おサイフケータイ」は、現在、日本国内の携帯電話約 50%に達し、対応サービスも拡大、急速に
普及しています。「おサイフケータイ」は、株式会社 NTT ドコモの登録商標です。
注 3:フェリカネットワークスが開発したポイントやチケットなど、「おサイフケータイ」を利用した多彩なサービ
スを簡易に実現するプラットフォームです。おサイフケータイ対応アプリケーションとおサイフケータイ
に各種データを書込みするシステムから構成され、複数の企業が相乗りできるよう工夫されています。
生活者は、あらかじめアプリケーションを 1 回ダウンロードしておくだけで、計 300 程度のポイントカー
ド、クーポン、電子チケットなどを利用することができ、複数のカードを持ち歩く必要がありません。
これにより、おサイフケータイのアプリケーションの開発を行うことなく、各移動体通信事業者のおサイ
フケータイへのサービス提供が可能になり、導入コストを大幅に低減することができます。
「ピットモット/pitmotto」は、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。
詳細情報: http://www.felicanetworks.co.jp/pitmotto/
■設置イメージ
【リーダ/ライタのみ設置場合】
外形寸法:幅 73 mm×奥行き 117 mm×高さ 34 mm
重量:約 160g
※たばこと比較してもほぼ同サイズ。
たばこサイズ
・小型なので設置スペースを取らず、重さも約 160g と持ち運びが簡単。
・非接触型ICチップの採用により、チケット情報は0.5秒以下で読取終了(紙発券なしの場合)。
・ 光と音による複数パターンの認証判定が可能。
【リーダ/ライタと PC を設置した場合】
・PC とつなぐことで来場者のチケットの内容確認や各
種データの格納が可能。
・リーダ/ライタと PC の組み合わせでも約 1.4kg。
【リーダ/ライタ、PC、プリンターを設置した場合】
・プリンターにつなげば、レシートタイプのチケ
ット発券も可能。
・フルセットでも約 2.6kg と持ち運びが可能。
※リーダ/ライタは、フェリカネットワークスにて開発・提供予定。
※リーダ/ライタのレンタル料金は、e+(イープラス)からの提供は 2,000 円以上を予定。
PC とプリンターは、5 万円程度の汎用品に独自のプログラムを搭載して提供いたします。
■全体のイメージ
e+(イープラス
e+(イープラス)
イープラス)会員登録 登録料・年会費無料
チケット申込
チケット申込み
申込み
受取方法で「おサイフケータイ®」を選択。
チケットデータ
チケットデータをお
データをおサイフケ
をおサイフケー
サイフケータイに
タイにダウンロード
主催者は、2つの方法から選択可能
・案内メールを購入者から他者に送信することにより
購入者以外の携帯電話にもダウンロード可能。
・購入者の携帯にのみダウンロード可能。
おサイフケー
サイフケータイを
タイを持って会場
って会場へ
会場へ
携帯電話の電源を入れなくても、リーダ/ライタにかざせば入場可能。
■株式会社エンタテインメントプラスとは
ソニーグループとセゾングループにより 1999 年 7 月設立。「e+(イープラス)」のサービス名称で 2000
年 3 月にサービス開始。インターネットでのエンタテインメントのチケット販売及びインターネットを含む
各種媒体での情報提供サービスを実施しております。インターネットでのチケット販売で初めて抽選方
式『プレオーダー』、割引販売の『得チケ』、ネットで座席を選びながら購入できる『座席選択』を導入す
るなど、革新的なサービスを次々実現、業界の慣習を打ち破ってきた、会員登録数 700 万人の総合エ
ンタメショップです。
e+(イープラス) http://eplus.jp/ (PC・携帯共通)
■本件に関するお問合せ
株式会社エンタテインメントプラス 販売促進部 広報担当 Email:[email protected]
<電子チケットプレスリリース詳細> http://eplus.jp/e-ticket/
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
521 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content