close

Enter

Log in using OpenID

個人住民税 所得税 計算例

embedDownload
個人住民税
個人の方が地方公共団体に年間で2,000円を超える寄附をし、確定申告又は住民税の申告をした場合、次のアとイの合計額が寄附金控
除額として寄附をした翌年の住民税額から控除されます。
《計算方法》
ア[基本控除額]
〔年間寄附金額(総所得金額等の30%を限度)-2,000円〕×10%
イ[特例控除額]
〔年間寄附金額(総所得金額等の30%を限度)-2,000円〕×〔90%-所得税の限界税率0~40%〕
※イの限度額は、個人住民税所得割額の10%です。
「所得税の限界税率」とは、寄付者に適用
される所得税の税率のことをいいます。
所得税
個人の方が地方公共団体に年間で2,000円を超える寄附をし、確定申告をした場合、2,000円を超える金額が寄附金控除額として
寄附をした年分の総所得金額等から控除され、税率に応じて次の金額が所得税から軽減されます。
《計算方法》
[所得税軽減額]
〔年間寄附金額(総所得金額等の40%を限度)-2,000円〕 × 所得税率
総所得金額等から控除される金額
計算例
夫婦・子ども2人,年収700万円(個人住民税の所得割額:293,500円、所得税限界税率:10%)
寄附金額:35,000円のケース
[住民税基本控除額] (35,000円-2,000円)×10% =3,300円
[住民税特例控除額] (35,000円-2,000円)×(90%-10%) =26,400円(限度額29,350円)
[所 得 税 軽 減 額] (35,000円-2,000円)×10% = 3,300円
合計 33,000円の軽減
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
72 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content