close

Enter

Log in using OpenID

ユーロ導入前 図表1 CZK [式の係数 と精度] 全期間 当該期間 ペッグ

embedDownload
[式の係数
と精度]
関数式名 直線
式の係数 β=
α=
精度
R2=
DW=
[分散分析表] 判定
全期間
1995.11-20
04.06
0.989896
-0.002105
0.721485
1.866658
[**]
図表2
HUF
[式の係数
と精度]
関数式名 直線
式の係数 β=
α=
精度
R2=
DW=
[分散分析表] 判定
全期間
1995.11-20
04.06
0.812787
0.003522
0.731596
1.680001
[**]
ユーロ導入前
ユーロ
当該期間
ペッグ 管理フロート 導入後
1995.11-19 1995.11-19 1997.06-1998. 1999.01-200
98.12
97.05
12
4.06
0.901159 0.694609
0.982496
1.023503
-0.002143 0.000420
-0.002369 -0.001848
0.615815 0.504433
0.629017
0.758597
2.162900 1.361474
2.399400
1.570778
[**]
[**]
[**]
[**]
通貨バスケット構成
ユーロ
ユーロ
クローリン USD30%,
ペッグ
導入前
導入後
グ・ペッグ EUR70% EUR100%
1995.11-19 1999.01-20 1995.11-200 1999.01-1 2000.01-20 2001.10-20
98.12
04.06
1.09
999.12
01.09
04.06
0.658495 0.831248
0.740413 0.749114 0.882233 0.709093
0.009993 0.000022
0.007115 0.004264 0.002361 -0.004044
0.865141 0.736695
0.775992 0.831499 0.819542 0.572927
1.415583 2.006788
1.505888 1.556354 2.042742 2.274756
[**]
[**]
[**]
[**]
[**]
[**]
HUF 1995.01-2004.06 回帰分析
(1998.09,1999.01,2001.05,10,2002.09,12,2003.01,06除外)
0.06
lnX/USDtlnX/USDt-1
CZK 1995.11-2004.06 回帰分析
(1997.05,06,1999.01除外)
0.1
0.05
0
-0.08 -0.06 -0.04 -0.02 0
-0.05
-0.08
0.02
-0.1
lnDEM/USDt-lnDEM/USDt-1
図表3
PLN
[式の係数
全期間
と精度]
1995.11-20
関数式名 直線
04.06
0.5290623
式の係数 β=
0.0036223
α=
2
0.2966713
精度
R=
1.4710850
DW=
[**]
[分散分析表] 判定
図表4
SKK
lnX/USDt-lnX/USDt1
図表1
CZK
0.04
0.06
lnX/USDtlnX/USDt-1
理論値
ユーロ
導入前
1995.11-19
98.12
0.4872213
0.0086218
0.5165925
2.3703440
[**]
ペッグ
1995.11-20
00.03
0.4682182
0.0074784
0.2780738
1.5102290
[**]
0.04
0.02
-0.06
-0.04
0
-0.02-0.02 0
0.02
0.04
-0.06
-0.08
lnDEM/USDt-lnDEM/USDt-1
ユーロ
導入後
1999.01-20
04.06
0.5238227
0.0009419
0.2565568
1.3954020
[**]
0.06
-0.04
ペッグ
フロート
1999.01-20
00.03
0.5006659
0.0036038
0.1274201
1.0122108
[ ]
2000.04-20
04.06
0.5106299
0.0002616
0.2593872
1.3631233
[**]
[ 式の係数
ユーロ導 導入後(管 図表5
[式の係数
全期間 入前(ペッ 理フロー
SIT
と精度]
と精度]
グ)
ト)
1995.11-2 1995.11-19 1999.01-20 関数式名 直線
関数式名 直線
004.06
98.12
04.06
0.867003 0.590919 0.934474 式の係数 β=
式の係数 β=
-0.001177 0.000814 -0.001101
α=
α=
2
0.768709
0.727669
0.788431
精度
R=
精度
R2=
1.422252 2.355039 1.293438
DW=
DW=
[**]
[**]
[**]
[分散分析表] 判定
[分散分析表] 判定
lnX/USDtlnX/USDt-1
理論値
全期間
ユーロ
導入前
ユーロ
導入後
1995.11-20
04.06
1.0044099
0.0035997
0.9250249
1.6336891
[**]
1995.11-19
98.12
1.0508353
0.0029703
0.8447854
1.3580541
[**]
1999.01-20
04.06
0.9895252
0.0038388
0.9628486
2.0919372
[**]
lnX/USDt-lnX/USDt1
-0.08
PLN 1995.11-2004.06 回帰分析
(1996.01,1998.03,08,11,1999.01,04,2000.04除外)
0.08
0.06
0.04
0.02
0
-0.06
-0.04
-0.02-0.02 0
0.02
0.04
0.06
-0.04
-0.06
lnX/USDt-0.08
lnX/USDt-1
理論値
lnDEM/USDt-lnDEM/USDt-1
-0.08
0.05
-0.06
-0.04
0
-0.02
0
-0.05
0.02
-0.1
lnDEM/USDt-lnDEM/USDt-1
0.04
0.06
lnX/USDtlnX/USDt-1
理論値
lnX/USDtlnX/USDt-1
lnX/USDtlnX/USDt-1
SKK 1995.11-2004.06 回帰分析
(1998.08,09,10,1999.01除外)
0.1
-0.08
-0.06
SIT 1995.11-2004.06 回帰分析
(1999.01除外)
0.08
0.06
0.04
0.02
0
-0.04 -0.02-0.02 0
0.02
-0.04
-0.06
-0.08
lnDEM/USDt-lnDEM/USDt-1
0.04
0.06
lnX/USDtlnX/USDt-1
理論値
(出所)為替レートは,oanda.com のデータより月平均値を求めた。
(注 1)R2は決定係数,DWはダーヴィンワトソン比.β=は弾力性を示すベータの推定値.
(注 2)回帰式はlnEX/USDt−lnEX/USDt‐1=α+β(lnEDEM/USDt−lnEDEM/USDt‐1)
(1999 年 1 月以降,DEMの値はユ
ーロ).
(注 3)それぞれ以下の影響を受けたと見られるため,その月の値を除外した(共通:1999 年 1 月ユーロ移行)
.
CZK:1997 年 5 月,6 月:5 月 28 日の為替レート切下げ.
HUF:2001 年 5 月:5 月 4 日に±15%に変動幅拡大.
2001 年 10 月:10 月 1 日よりペッグへ移行.変動幅は同じく±15%.2002 年 9 月,12 月:経済混乱.
2003 年 1 月:1 月 15-16 日の通貨投機.2003 年 6 月:6 月 4 日の対ユーロ中心レート 2.26%切下げ.
PLN:1996 年 1 月:1995 年 12 月の切下げ.1998 年 3 月:2 月 26 日の変動幅拡大(±7%から±10%へ).
1998 年 8 月:8 月のロシア通貨危機.1998 年 11 月:10 月 28 日の変動幅拡大(±12.5%へ).
1999 年 1 月:切下げとユーロ移行.1999 年 4 月:3 月 25 日の変動幅拡大(±15%へ).
2000 年 4 月:4 月 1 日から変動制へ移行.
SKK:1998 年 8 月,9 月,10 月:ロシア通貨危機や 10 月の制度変更.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
105 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content