close

Enter

Log in using OpenID

こちら - 京福電気鉄道

embedDownload
平成 22 年 11 月 24 日
西日本旅客鉄道株式会社
阪 急 電 鉄 株 式 会 社
阪神電気鉄道株式会社
京阪電気鉄道株式会社
京福電気鉄道株式会社
国土交通省近畿運輸局
鉄道各社が連携し、関西三都の光のイベントを共同でPRします
~京都・大阪・神戸
“光と灯りの街めぐり”
冬の三都ファンタジア~
西日本旅客鉄道株式会社、阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社、京阪電気鉄道株式会社
および京福電気鉄道株式会社では、5 社共同で、本年 12 月に関西三都(京都、大阪、神戸)で開催
される光のイベント(京都・嵐山花灯路<主催:京都・花灯路推進協議会>、OSAKA光のルネサ
ンス<OSAKA光のルネサンス実行委員会>、神戸ルミナリエ<神戸ルミナリエ組織委員会>)につ
き、共同PRを実施し、3 つのイベントへの誘致と公共交通の利用促進を図ります。
和の情緒溢れる灯りと花で彩る「京都・嵐山花灯路」、光と水のハーモニーが水都を包む
「OSAKA 光のルネサンス」、そして光の回廊や壁掛けが幻想空間へといざなう「神戸ルミナ
リエ」。三都で行われるこれらの光のイベントは、12 月に時期が重なっており、かつ各々が特徴
的な魅力を持っていることから、今般、より多くの方に開催時期とその魅力をお伝えすることで、
“一足伸ばしてさらに別エリアの光のイベントへ”と誘うべく、「京都・大阪・神戸“光と灯り
の街めぐり”冬の三都ファンタジア」という統一の名称を設けたうえで、鉄道 5 社で連携し、3
つのイベントの共同PRを展開することになりました。
なお、この取り組みについては、観光庁および近畿運輸局のご協力をいただき、関係各機関お
よび近畿圏外でのポスター掲出等の展開を図ることで、官民一体で関西エリアの活性化の一助と
していきます。
また、来年の開催に向けては参画会社を増やすとともに、さらなる集客企画等を加えた連携を
目指し、公共交通の利用促進と京阪神エリアの活性化を図っていきます。
詳細は別紙のとおりです。
(別 紙)
《取り組みの概要》
1.PR期間 平成 22 年 12 月 1 日(水)~12 月 25 日(土)
2.媒
体 ポスター(日本語版、英語版)、パンフレット(日本語のみ)
3.場
所
西日本旅客鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、京阪電気鉄道および京福電気鉄道の
駅貼り・車両吊りポスターならびに駅置きパンフレット ほか
・媒体例(B3 ポスター)
《各イベントの開催概要》
・京都・嵐山花灯路
(1)期 間 平成 22 年 12 月 10 日(金)~19 日(日)
(2)会 場 京都・嵯峨嵐山一帯
(3)最寄駅 JR嵯峨嵐山駅、阪急嵐山駅、嵐電(京福電車)嵐山駅
(4)内 容 嵯峨・嵐山地域一帯が和の情緒あふれる灯りと花で彩られます。約 5 ㎞に及ぶ路
沿いには露地行灯やいけばな作品が飾られるほか、渡月橋周辺や野宮神社から大
河内山荘に至る散策路の竹林がライトアップされるなど、幻想的な夜が演出され
ます。
(5)主 催 京都・花灯路推進協議会
・OSAKA 光のルネサンス
(1)期 間 平成 22 年 12 月 11 日(土)~25 日(土)
(2)会 場 大阪・中之島一帯
(3)最寄駅 〔西会場〕JR新福島駅、北新地駅、阪神福島駅、京阪中之島駅
〔中央会場〕京阪淀屋橋駅、大江橋駅、なにわ橋駅
〔東会場〕京阪北浜駅、なにわ橋駅
(4)内 容 大阪の中之島を舞台に水都大阪を象徴する光の祭典が繰り広げられます。8 年目
を迎える今回は「西会場」「中央会場」「東会場」「河川一帯」と会場規模もさ
らにスケールアップ。クリスマスまでの毎夜、中之島はロマンチックな光の島と
化します。
(5)主 催 OSAKA光のルネサンス実行委員会
・神戸ルミナリエ
(1)期 間 平成 22 年 12 月 2 日(木)~13 日(月)
(2)会 場 神戸・旧外国人居留地及び東遊園地
(3)最寄駅 JR元町駅、阪神元町駅
(帰りはJR三ノ宮駅、阪急三宮駅、阪神三宮駅)
(4)内 容 阪神・淡路大震災での犠牲者の鎮魂と神戸の復興・再生を象徴する行事として開
催されてきた国内最大級の光のメモリアルイベント。様々なデザイン様式の木製
アーチに約 20 万個もの色とりどりの電球が施され、会場には眩いほどの光のシ
ャワーが降り注ぎます。
(5)主 催 神戸ルミナリエ組織委員会
以
本日、この資料は下記の記者クラブにお届けしています。
○青灯クラブ ○近畿電鉄記者クラブ ○京都経済記者クラブ ○関西レジャー記者クラブ
本件に関するお問い合わせ
西日本旅客鉄道株式会社 営業本部(販売企画)
06(6376)6104
阪急電鉄株式会社 広報部
06(6373)5092
阪神電気鉄道株式会社 経営企画室(広報担当)
06(6457)2130
京阪電気鉄道株式会社 経営統括室 広報宣伝担当
06(6945)4585
京福電気鉄道株式会社 事業本部 鉄道部
075(801)5328
上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
409 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content